大相撲7月場所2019:番付発表チェック

寝起きが悪くて今日は一日ぼんやりしていたマイク松ですこんにちは。やはり朝シャキーン!をみなくては。

さて、もうすぐ7月場所です。7/7からだそうで。近づいてきましたね。番付発表がおこなわれましたので、チェックしておきます。ねむいけど、駅ピアノみながらがんばります。

横綱は正大関が鶴竜で、白鵬は西の横綱。大関は貴景勝がカドバンで、栃ノ心が大関復帰です。まあ復帰できてよかったですね。お互いけがには気をつけましょう。

関脇は御嶽海と玉鷲。どちらも返り咲きですね。御嶽海もそろそろけがもいえてきた感じでしょうか。まだかな。しっかり見極めたいです。玉鷲は自分らしくがんばって。

小結はなんと2人とも新三役なんですね。阿炎と竜電。確か入幕もいっしょだったライバル同士。お互い上がったり下がったりしながら、ついに新三役ですね。2人が切磋琢磨していけば角界も盛り上がります。竜電は一度関取経験者がけがで序ノ口に陥落して、後に新三役になった史上初めての力士になったそうです。すごい。

前頭上位は、まず先場所優勝した朝乃山が筆頭になりました。まだ三役は早かったですかね。でも上位を狙うのはこれから。がんばってほしいです。朝乃山はハチムラがNBAに指名されて盛り上がっているだけに、いっしょに富山を盛り上げたいそうです。富山やばいな。

他にもかなりの実力者がそろった前頭上位。これは荒れそうです。いいこと。

前頭中位は上がったり下がったりの力士が多い中で、いきなり10枚目に新入幕がきました。貴源治です。なぜかハチムラとつながりがあるらしいのですが、タカノハナオヤカタの忘れ形見(死んでないけど)ですよね。がんばってほしいです。

前頭下位はなんかおもしろいメンバーがそろってきて、幕内に入ってすぐに楽しい取組がみられそう。豊ノ島と琴勇輝が再入幕。2人とも上がったり下がったりですが、なんとか定着したいですよね。

最後にオッキー兄さんについてです。今場所は西8枚目ですね。先場所は悪いようないいような悪い結果になりましたが(悪いね)、今場所はトピックもたくさんあるし、オッキー兄さんが自由気ままに相撲が取れる条件が整いつつあります。気がついたら場所が終わってるくらいの無関心さをみんなで貫けば、誰だか知らない人が優勝争いしてるぞみたいな感じにできるはずでしょ!(変な語尾)

ハラカントクの交流戦語録を読み解く(オリックにかんする)

今日も自転車でおでかけしてきたのですが、昆虫館にいってきたマイク松ですこんにちは。僕はたいていの虫はだいじょうぶなのでいってきたのですが、ちょうちょがたくさんとんでる温室がありました。以前シンガポールにいったときにも昆虫館いったのですが、暑さでちょうちょが全滅していて逆ギレしていたおばちゃんにみせてあげたかったです。

さて、プロ野球は交流戦が終わりかけで、ソフバンがしっかり優勝しましたが、なぜか種いも球団オリックも上の方にいて、最終戦を残してなんと2位にいます。いいことですね。リーグ内では普通に最下位なのですがね。パ・リーグがまんべんなく強いからだ。

ところで交流戦まあまあがんばってた黄泉瓜は結局1位にはなれませんでしたが、ハラカントクがまたゆかいな言説を次々出していたらしく、よせばいいのにそれをまとめた記事がありました。かねてから四次元とのつながりを口にしたりしていたハラカントクですが、ここでなんと!オリックにかんして言及しているのです。色紙の妖精とかから何かオリックの秘密をきいてないですかね。みてみましょう。

◆18日オリック戦(6回2失点と好投したイマムラに白星が付かず)「私のミスでしょうね。申し訳ないと、彼にも伝えました。自分の中で定義というものがあるんだけれども、その定義に反した選手に期待をかけて出してしまった。鬼になり切れなかった。自分の中で反省しているところですね。それ以上のことはちょっと言えません」

イマムラとやらのことはよく知らないのですが、ハラカントクの言説からは、どうも自分の中でこの試合に出すなんかの基準があったのに、それに外れた選手を出してイマムラとやらを援護できなかった、鬼になりきれなかった、ということをいっています。謎だらけですね。

この試合を勝つための選手というのがある、これはたぶんもとオリ戦士のことを指しているのでしょう。もとオリ戦士がチームを強くするのは今年のNPBのブームですからね。MLBのフライボール革命みたいな感じです。それをやればいいのにやらなかったということでしょう。

黄泉瓜にはナカジさんという立派なもとオリ戦士がいるのです。なぜ出さなかったのかと悔やんでいるようですね。どうももとオリパゥワーを過小評価して今までのスタメンを使ってしまったと。ナカジさんさえ出せばイマムラとやらに勝ち星がついたはずだと。ハラカントクがもとオリ戦士の重要性を痛感した日と解釈できます。

現に翌日19日にナカジさんを一軍登録しています。そしてよせばいいのにナカジさんはホームランを打ちました。さすがもとオリパゥワー。しかしその後悔していた前日は勝ってるのに、今回は負けてしまいました。まだまだもとオリパゥワーの使い方が手探りだということですね。

◆20日オリックス戦(好投したオリック先発のK-鈴木について)「非常に1つ1つの球種も素晴らしいしね。組み立て、緩急というか、クレッシェンド、デクレッシェンド、分かる? そういうものを見せながら投げているのは素晴らしいと思いました」

「クレッシェンド、デクレッシェンド、分かる?」といっています。わからんわとしかいえないのですが、組み立て緩急といっているのにわざわざ言い換えているのは何かあるのでしょう。ハラカントクにしか見えないものが。

ちなみにクレッシェンドは「だんだん強く」、デクレッシェンドは「だんだん弱く」です。これはちょっと無理ですよね。緩急というのは現在の野球では速いボールと遅いボールを使い分けるだけなのです。最初160km/hだったのにキャッチャーに届くときには100km/hとか、最初はゆっくり投げたのにミットに届いたときは150km/hとか。そういうのは無理です。

ひょっとしたらハラカントクはそういう投球術みたいなのを知ってるのかもしれませんね。四次元空間で。それをいってるってことは、まさかK-スズキはイカルス星人か、それに近いピッチングができているのかもしれません。それができるのはエスパーしかないのですが、かねてからオリックはドラフトのくじ引きを強くするため、チーム力の向上そっちのけでエスパーを育成していた過去があります。K-スズキはその成果なのかもしれないのです。くれぐれもハラカントクにばれないように気をつけてくださいね。

MLBで大活躍するもとマイアミ戦士

今日も自転車でいろいろまわってきたマイク松ですこんにちは。日焼け止めを塗り忘れて、手の甲だけがすごい日焼けしています。耳なし芳一みたいな現象が。

さて、種いも球団オリックは今日はカアプに競り勝ちました。現クローザーのディクソンが3セーブ目。ディクソンがクローザーとかどういうことだよと思いますが、もうマスイさんは先発させることになるのでしょうか。

オリックといえば球界のホットトピック、もとオリ戦士ですよね。望んで出て行ったカネコチヒロとニシだけがチームの勝ちにつながってませんが、現在フォルス・スタート商会が謎を解明すべく研究を続けています。NPBが研究費でもくれればいいのにな。

その研究成果というわけではないですが、今MLBでもとオリ戦士のような存在がいることをご存じでしょうか…?

以前イチローも所属していたマイアミ・マーリンズ。当サイトでマイアミというといるかを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、マーリンズの方です。オーナーたちが変わって、チームを解体的に出直そうとしたあげく、当時の主力選手をどしどし放出してしまいました。そのおかげで残留していた選手もこんなチームにいたくないということになり、結局トレードされてしまいました。そのもとマーリンズ選手が今は他チームで大活躍です。もとマイアミ戦士ですね。

今もっとも大活躍しているもとマイアミ戦士は、なんといってもイエリッチですよね。MLBトップのホームラン数はじめ、MILの主力どころかMLBで最も活躍しています。イエリッチは最初は放出されてなかったのですが、放出された選手たちと仲がよかったのでやる気をなくしてトレード志願したような。たぶん。

NYYのスタントンと、STLのオスーナはイエリッチとともに最強の外野陣を形成していたのですが放出されて今は活躍しています。SEAのゴードンもそのときに放出されてますね。ディートリックはそんな中で最後までマイアミに残っていたのですが、今はCINでこれまた大活躍。もうあの時代のもとマイアミ戦士を集めれば…!

ちなみに今のマーリンズはドアマットもいいところですが、それでもMLBザ・ベストプレー(好きな番組)とかをみてみると、そのときに獲得したプロスペクトが少しずつ育って、いいプレーをみせているみたいです。圧倒的にドアマットなのは変わりないのですが、復活してほしいですね。

もとマイアミ戦士ともとオリ戦士…謎が深まるばかりです。勝手に謎を深めていくの楽しいですよね。

ハチムラがウィザーズに1位指名を受ける!

ゴジラ最新作みてきたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。位置づけ的には「三大怪獣 地球最大の決戦」「怪獣総進撃」が少々という感じですかね。でもいかんせんスケールが違う。とにかくみんなでかくて強かったです。

さて、でかくて強いといえばハチムラルイですよね。(うまいつなぎ方!) 日本人初のドラ1指名とか夢のようですが、本当に実現しました。ばんざーい!!大きな節目になりますね。なんでラクテンTVしかみられないんだ。なんとかしてほしいです。

全体9位で指名したのはワシントン・ウィザーズでした。いいことですね。まだジョン・ウォールとかブラッドリー・ビールとかいるんですよね?そこにハチムラ入ってくれば一気に強くなるかも。NBAはそういう入れ替わり激しいですからね。たのしみです。

あーなんでBS1でみられないのか。みたい。なんとかしてー!

もとオリ戦士バッテリー、散る

かんじゃむで雨ソング特集がありました。「レイニー ブルー」「はじまりはいつも雨」がトップ3に入っていてよかったと思うマイク松ですこんにちは。でも11位以下の方がしっくりきます。

さて、当サイトでも逐一とりあげているもとオリ戦士。先日の記事でもとオリ戦士オールスターを考えた際にあらかたもとオリ戦士はとりあげたかと思っていましたが、今日もう一人見つけました。横浜にいるアカマです。そういえばイトーヒカルといっしょにいったんでした。

そのアカマとイトーがキセキのもとオリバッテリーを結成。これはめでたい。勝利はもらったと思ったら、競ってる試合を突き放されて散りました。オータに2ラン打たれたり。そういえばあいつももと黄泉戦士だった。あなどってはいけなかった…。

イトーヒカルがアカマと組むと昔を思い出してやる気をなくすとか、そもそもイトーの途中起用がよくなかったとか、凶世羅ドームに誰もいなかったとか、もとオリ戦士側としてはもっといい使い方があるといいたいですが、そもそも種いも球団オリックがK-スズキにほぼ完投負けさせているので、使い方うんぬんをいえる立場じゃないなと思いました。

もとオリブルー (もとねた 歌詞)

人影も見えない 午前0時
凶世羅ドームの外は雨
見慣れたツイッター 開きかけて
んほー 指を止める
冷たい雨に打たれながら
哀しい試合を思い出した
あいつのワイルドピッチ 決勝点
んほー 足を止める

もとオリブルー もう終わったはずなのに
もとオリブルー 何故追いかけるの
種いもの幻 消すように
私も今日はそっと雨