大相撲7月場所2019:中日

患者無、いや関ジャムで佐藤竹善をみたマイク松ですこんにちは。やはりうまい。ソウルやグルーヴの源泉が歌い方にあるというのも納得です。

名古屋場所は中日。相撲のうまさに納得したいです。

中日。実況は船岡さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が霊長類最強の女性、吉田沙保里さん。

ゴーエードーが休場。あれ?いつけがしたんやろう。来場所はカドバン2人ですね!

琴勇輝×東龍。東龍が幕内で。しかし立ち合い変化から送り出し。琴勇輝調子よかったですからねー。

千代丸×炎鵬。千代丸変化にいきましたが不発も、炎鵬も中に入れず。千代丸が押し倒しました。あぶなく炎鵬の足がやばいことになるところでした。

矢後×佐田の海。突き押しあいになりましたが、矢後が右上手。左四つでがっぷりになりました。佐田の海先に出ていきます。矢後投げで返そうとしますが、佐田の海が寄り倒し。先に攻めたのがよかったですね。より方がよかったと舞の海さん。

照強×輝。照強いい角度で押し込みます。輝は体を入れ替えますが、照強また押していきます。そこで輝が引き落とし。照強も何か技をかけようとしていましたが、先に引き落とした輝が勝ちました。スローで見るとかいなをたぐろうとしたのかも。

魁聖×錦木。当たりは互角も錦木が押し出し。魁聖がんばれ。

琴恵光×栃煌山。差し手争い、琴恵光はおっつけで対応。強烈にあてがって栃煌山が引いたところを押し出しました。そういう相撲もとれる。

豊ノ島×貴源治。もろ差し狙いの豊ノ島、入りかけましたが貴源治逆襲で出ます。そして土俵際で豊ノ島のすくい投げが決まりました。きれいにいきましたね。これが豊ノ島!

妙義龍×大翔鵬。中に入った妙義龍が寄り切り。大翔鵬何がしたかったのかわかりませんがとにかくやられました。

千代大龍×松鳳山。立ち合いで左を差した松鳳山。千代大龍も上手をとりにいって膠着します。上手投げを打ってから寄ったらと舞の海さん。出し投げから引いてしまって呼び込んでしまいました。千代大龍の勝ち。

隠岐の海×志摩ノ海。海対決。おっつけあいから志摩ノ海が中に入りました。オッキー兄さんははさみつけようとしたところで志摩ノ海が引き落とし。オッキー兄さん四つんばい。連勝もストップ。日照不足!

琴奨菊×友風。左差しから出たのは友風。体をいかしてつりぎみに寄り切りました。菊の勢いが止まってます。冷温停止早い。

阿武咲×宝富士。阿武咲押し込みますが、宝富士が上手をとろうとしました。そこをかわした阿武咲が突き落とし。上手とれたら宝富士ばっちりだったのですが。

朝乃山×遠藤。遠藤はまわしをとりにいきますが、その前に朝乃山が前に出る相撲で押し込んで、強烈な上手投げで下しました。これは会心の相撲でしたね朝乃山。この相撲で先場所優勝したと舞の海さん。きっかけになりそう。

碧山×北勝富士。北勝富士しっかり当たっていなして送り出し。吉田さんのコメントが普通に解説ぽい。

阿炎×竜電。阿炎のもろ手をしっかりあてがう竜電、いい形でしたが、阿炎のかわしについていけず引き落とされました。しまったという竜電。あれが阿炎の力ですよね。あんまりかっこよくないけど。

御嶽海×逸ノ城。手つき不十分で待った2回。両者とも警戒してるんですね。逸ノ城張り差しにいきますが、あまりきかず御嶽海が上手を切って押し出しました。しっかり勝てましたね。

豪栄道×明生。ゴーエードー休場で明生不戦勝。ラッキー。でも初めての大関戦やったのに。

玉鷲×高安。玉鷲ののど輪と押しに対して高安あてがってかわし、高安が押し倒しで勝ちましたが、高安が左かいなを痛めているようです。いつやったんや。あー小手投げを打たれてるんですね。玉鷲よくやるんで気をつけて。

鶴竜×大栄翔。大栄翔押し上げていきますが、鶴竜がかわしながらはたき込み。余裕ありました。

正代×白鵬。白鵬前まわしをとりにいきますが、一度離れてマサヨもいい形。押し込まれますが白鵬まわりこんではたき込みました。動きはよかったですが、最近あんまり寄って勝たないですね。

吉田さんのコメントいちいちすごい。勝負師と格闘技の達人として、普通に舞の海さんの解説に合わせてきます。またどんどん呼んでください。もう場所中1日は呼びましょう。

大相撲7月場所2019:7日目

川崎宗則氏が現役復帰。回復したのもとてもうれしいですが、台湾で復帰、しかも選手兼コーチとは。どこまでも驚かせてくれる。台湾にみにいきたいマイク松ですこんにちは。台湾野球ずっとみたかったしな。日本で見られなくても、MLBよりは見に行きやすい。応援いこう。

名古屋場所は7日目。名古屋場所もみにいきたいです。大阪場所よりは遠いけど、両国よりは近い。

7日目。実況は佐藤さん、解説は正面がキセさんこと荒磯親方、向正面が稲川親方。

徳勝龍×照強。徳勝龍が幕内で。照強が変化から小手投げで崩して最後は押し出し。よく考えてます。このへんの抜け目なさを評価したい。

豊ノ島×佐田の海。豊ノ島押し込みました。もろ差しになりましたが、佐田の海がふりほどく。そして出たところを豊ノ島がとったりで逆転しました。勝ったのはいいけどもろ差しで仕留められないのが気がかり。

千代丸×琴勇輝。もろ手からの突き出しで琴勇輝。自分のスタイルになってきましたね。この調子で勝ちそう。

炎鵬×輝。実は同じ中学校出身。矢後も同級生ってことなんかな。炎鵬かいくぐろうとしましたがそれを許さない輝が押し倒しました。さすがよくわかってるんですね。

栃煌山×矢後。巻き替えあいになります。栃煌山がもろ差し気味になりますが、どんどん巻き替え合って最後は矢後の突き落とし。ぐるぐるぐるぐるしてました。

琴恵光×魁聖。魁聖は上手をとって投げの打ち合いに。琴恵光はぎりぎりで俵の上で残り、すくい投げで逆転しました。魁聖惜しかったです。

松鳳山×貴源治。松鳳山がもろ差しで中に入りました。貴源治は抱えにいきます。じっくり体勢を作る松鳳山ですが、貴源治が左から強烈に絞ってますね。松鳳山が出て寄り切り。あせって出なかったのがよかったですかね。

錦木×隠岐の海。オッキー兄さんは錦木と。もろ差しになりそうでしたが左四つに。そして下手投げで下しました。と思ったら上手ひねりの方だったか。組んでからの相撲で先手をとれてます。いいぞ。きっとキセさんが解説だったからだ。

阿武咲×大翔鵬。阿武咲が当たって一気に押し出し。立ち合いのパワーがありました。続けてとりたいところ。

千代大龍×友風。大学の先輩後輩対決。当たっていった友風でしたが、千代大龍が右から崩して送り出し気味に押し出しました。

琴奨菊×志摩ノ海。右四つで志摩ノ海が上手をとりましたが、菊がばんばん出ていきます。志摩ノ海は上手でコントロールして出し投げで逆転。これはうまかったです。正面から受けずにそらすようなコントロールでした。

妙義龍×逸ノ城。突き押しあいから妙義龍が一気にもろ差し。逸ノ城を寄り切りました。いい相撲とれましたねー。ぐずぐずしてると逆襲されるだけに、早い攻めがよかったです。

明生×宝富士。明生が右四つになります。宝富士きめて逆襲しますが、明生が引きに乗じて寄り切りました。やっと明生初日出ましたね。おつかれさま。

阿炎×北勝富士。これまでは阿炎が勝ってましたが、今日はつっかけたあとでもろ手で突き放しきれず、引いたところを北勝富士が押し出しました。立ち合いでリードできましたね。

竜電×玉鷲。玉鷲いい押しだったのですが、竜電スピンでいなして逆に突き落としました。玉鷲悪くなかったです。

御嶽海×朝乃山。朝乃山もここが踏ん張りどころですね。立ち合いは互角。御嶽海の圧力をなんとかいなそうとしますが、御嶽海が休まず出て押し出しました。相手が悪かったですね。未来の永世関脇なのかもしれないですからね。

碧山×高安。碧山低い立ち合いですが、高安がまわしをとりました。切れたところで突き押しに変えて押し出し。キセさんも低く入り込む姿勢がよかったとのこと。場所前の稽古でも違いを強調していました。ほんとかな。

豪栄道×遠藤。張り差しのゴーエードーに対してがばっと左まわしをとった遠藤、引きつけて寄り切りました。完勝でしたね。例によって張り差し失敗のゴーエードー。どうせインタビューでは何もいいませんからね。

大栄翔×白鵬。大栄翔の前に出る相撲に対してはたき連続の白鵬。どんどん攻めてくるのですが、白鵬は片手で動きを止めてはたくを繰り返し、結局はたき込みました。あれできそうでできない技です。

鶴竜×正代。マサヨ左を差したときには鶴竜が右上手をとっていました。寄り切り。

大相撲7月場所2019:6日目

代打ノムさん。なかなか親孝行、年寄り孝行なスワローズですね。こういう部分を押し出していくといいんじゃないでしょうか。目指せお年寄りにやさしい球団。マイク松ですこんにちは。

名古屋場所は6日目。本来は大相撲がお年寄りに一番やさしいスポーツでないといけないんですよ。

6日目。実況は解説は正面が鳴戸親方、向正面が玉垣親方。

栃ノ心が休場。左肩と右ひざだそうです。場所前から調子よくなかったんでしょうけど、結構しんどそうですね。おだいじに。

琴勇輝×魁聖。琴勇輝が九重メソッドで引き落とし。魁聖よくないですねー。

矢後×炎鵬。実は同学年。炎鵬が足をとりにいきますが、矢後は上からきめるように体全体を固めています。しかし炎鵬が徐々に体勢を作って前まわしをとり、かいなひねりできめました。鮮やかな決まり手!大きな矢後を一回転させてました。すごい。

千代丸×豊ノ島。千代丸は突き放し、豊ノ島はなんとか差しにいきますが、なかなか差せないままはたき込まれました。うーん。

照強×佐田の海。照強引きから右を差しにいきましたが、これは佐田の海ラッキー。あびせ気味に寄り倒しました。あやっぱり浴びせ倒しか。照強は連勝が止まりましたがすばらしい序盤。

琴恵光×輝。琴恵光引っ張り込むような立ち合い。しかし輝がつかまえて上手投げ。体をいかされると琴恵光もしんどい。

松鳳山×錦木。錦木が差しに行きましたが、松鳳山がそのかいなをきめて小手投げ。微妙でしたが物言いはなし。

栃煌山×大翔鵬。栃煌山もろ差し。巻き替えあいがあって左上手をとった大翔鵬が寄り切りました。栃煌山もろ差しになったのに。何がいけないんだろう。

貴源治×隠岐の海。オッキー兄さんに新入幕貴源治が挑みます。K.W.B.パゥワーでるか。左四つになり貴源治に上手を与えない。下手投げで決めました。でたぁ~!期待の若手は~、せーのー!(しーん)

千代大龍×阿武咲。千代大龍が九重メソッドではたき込みましたが、物言いがつきました。スローでみると千代大龍の足が出ていました。あれはちゃんとみてほしいところですね。物言いシステムナイス。

琴奨菊×妙義龍。立ち合いでがばっともろ差しになった妙義龍、一気に寄り切りました。これは会心の相撲。確かにおっつけにすると菊に差されますからね。いい作戦でした。

友風×宝富士。友風当たりましたが足がそろってしまってはたき込まれました。今日は別人みたいに固かったですね。なんだろ。自縄自縛?

志摩ノ海×逸ノ城。左上手をとった逸ノ城、一気に出て寄り切り。今日は上手が速かった。ぱっといきました。

明生×北勝富士。あ!厳しい行司さんだ。ちゃんと手ついてね。いい当たりで明生が寄っていきますが、北勝富士まわりこみから小手投げで逆転しました。明生なかなか初日が出ませんね。でもいい相撲はとれてる。

御嶽海×竜電。立ち合いは互角でしたが御嶽海が押して押し出し。いい相撲でした。竜電もこのあたりを強化していきたいですね。または考えるか。

朝乃山×玉鷲。玉鷲も初日が出てない。しかし今日は立ち合いから一気にもっていきました。やっと初白星。朝乃山は若干立ち後れてしまいましたね。

大栄翔×高安。大栄翔突き押しからもぐって出て行きますが、高安が土俵際ではたき込み。でも前には出てました。あと一押しで負けてたと鳴戸親方。

豪栄道×正代。マサヨが左四つ右上手!ばっちりですね!ゴーエードーの投げもしのいでしっかり寄り切り。詰めもよかったです。マサヨの相撲が戻ってきてますよね。

阿炎×栃ノ心。栃ノ心休場で阿炎不戦勝。ラッキー。

鶴竜×遠藤。突き押しで鶴竜。遠藤がぱっと中に入りましたが、鶴竜が引きながらはたき込みました。まあいつもの相撲ですね。

碧山×白鵬。なかなか立ち合いが合わない。碧山のシュシュシュ突き押しでいい流れになりましたが、白鵬もよくみてはたき込みました。今場所では碧山がんばりました。

大相撲7月場所2019:5日目

ダイジェストで相撲をレビューしていると、富井がよく「あれ?オッキー兄さんは?」ときいてきます。それまでの取組はちゃんとみているのに、なぜかオッキー兄さんの取組だけ見逃してしまうんだそうです。これはオッキー兄さんのスタンド能力なんじゃないだろうか。プロビデンス経由の。探究したいマイク松ですこんにちは。でも知らない間に取組が終わってる!どうしたらいいの?(A. 録画を巻き戻す)

名古屋場所は5日目です。見逃した取組はダイジェストを録画しておくといいでしょう。

5日目。実況は大坂さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が甲山親方。

矢後×照強。矢後が突き放して引いていきますが、照強がそのつど残して中に入っていきます。矢後も突き放せず、引いたところを照強が寄り切りました。

豊ノ島×琴勇輝。琴勇輝が突き押しで圧倒。自分のペースに持ち込めてる。いいぞ。

千代丸×魁聖。魁聖は右腕を痛めているらしい。どうも差せず、千代丸の突き押しをまともに受けてしまいました。なかなか難しいけどがんばれ。

栃煌山×炎鵬。栃煌山みていきましたが。炎鵬はスピードをいかしながら回り込み、もろ差しで中に入りました。そして右前まわしから出し投げで崩し寄り切りました。相撲にバリエーションが増えてきてますね。

佐田の海×錦木。佐田の海がもろ差し。しっかり寄り切りました。頭から当たって差し勝ちましたね。

輝×貴源治。輝が強烈なおっつけですが、貴源治が左四つ右上手。引きつけて寄り切りました。輝のおっつけは悪くなかったのですが、前への圧力で貴源治に差されてしまいました。

松鳳山×大翔鵬。右四つから大翔鵬が左上手をとりました。松鳳山は自分の上手がとれないか。大翔鵬も右を差したいですね。松鳳山が体を開いて小手投げにいきますが、これで呼び込んでしまいました。大翔鵬が寄り切り。

琴恵光×隠岐の海。オッキー兄さんは唯一の島根の力士なんですね。オッキー兄さんがいい形でおっつけていきますが、琴恵光がもろ差しで出て行きました。土俵際でオッキー兄さんの小手投げが決まって逆転!これはいい形にできましたね。

妙義龍×友風。友風引いたところを妙義龍が右四つに。友風も右四つは得意な四つ、圧力をかけていきます。妙義龍が打開しようとしたところで友風が小手投げで下しました。友風調子いいです。

阿武咲×志摩ノ海。いい立ち合いの志摩ノ海、突き押しで阿武咲を崩して引き落としました。準ご当所ということで応援団がすごいきてました。いいことです。

琴奨菊×宝富士。左を差した菊がどしどしあおって寄り切り。いつもの菊ですが、ちゃんと宝富士の上手を封じているのがうまいですね。

千代大龍×逸ノ城。立ち合いで前まわしをとった逸ノ城、引きつけて寄り切り。間合いを詰めればこっちのものですよね。

正代×明生。なんか立ち合いがあいませんね。行司さんが厳しいらしい。明生がチェックされている。やっとあいましたが、マサヨにもろ差しから寄り切られました。踏んだり蹴ったりですね。

大栄翔×玉鷲。今度は2人とも気をつけてました。突き押しあいになりますが、大栄翔がはたき込み。玉鷲は今はがまんのときですね。波を待つんだ。

御嶽海×北勝富士。御嶽海ばっちり押し込んだのに引いてしまいました。また前に出たところで今度は北勝富士がはたき込み。御嶽海はもったいない相撲とりました。

豪栄道×竜電。のんびり立たないゴーエードーにつっかける竜電。そして張り差しにいきますが、左四つから右上手。竜電を徐々に崩して右上手から寄り切りました。まあ卑怯ですね。

朝乃山×栃ノ心。調子が出ない栃ノ心。右四つから朝乃山が上手をとり、栃ノ心の上手をとられる前に左右に振って寄り切りました。見事な相撲。というか栃ノ心が。うーん。

阿炎×高安。高安が差しに行きました。阿炎もそれで突き押すというかまわりこんでしまい、しっかり追った高安が押し出し。阿炎もばたばたしているうちに負けてしまいましたね。

遠藤×白鵬。遠藤前まわしをねらいにいきますが、てきぱきとまわりこんで小手投げで転がしました。遠藤の取り口を把握してますよね。

鶴竜×碧山。突き押しあいになりましたが、鶴竜が上手出し投げで転がしました。碧山も突いてはいるんですが手だけです。

一塁盗塁やコンピューター判定を米独立リーグで実施へ

今日は梅雨の合間の貴重な晴れということで、自転車に乗ってきたマイク松ですこんにちは。なかなか乗れなかったのでうれしかったです。

さて、MLBでは次世代の野球のためにいろいろ実験をしているみたいですね。

「一塁盗塁」「ロボット審判」米独立リーグで実施へ

業務提携契約を結んだ米独立アトランティックリーグで、新しいルールを導入して試してみようとしているそうです。

まずは「一塁盗塁」。基本的には今の振り逃げと同じで、新ルールはいつでも走れるというものです。できたらいいなと思っていましたが、これはおもしろくなりそう。実際米ヤフー・スポーツは「俊足選手が圧倒的有利になる。投手は暴投やパスボールを恐れて落ちる変化球を投げづらくなり、速球に頼ることになるかもしれない」としているそうです。

いやいやこのルールだと大事なのは、相手投手に暴投を投げさせる能力です。「あいつの打席だとなぜかワイルドピッチを…オレはどうしちまったんだ…」という感じのやつ。ここにこそいつでもESPを研究してきた種いも球団オリックの出番です。シュンタさんにその能力をつけさせたとすると、

  • 打席に入る前にいつもふしぎなおどり
  • 呪文を唱えながら打席に
  • ジェスチャーで何かを伝えようとしている
  • 何かを演じている(ハト専門ジャグラータケシとか)
  • 打席でピッチャーに何かを問いかけてくる(種いもとは?みたいな)

これが実現したら、打席は野球勝負もありますが、打者が何をやってくるのかをしっかり見守るところになります。まあひと言で言えば笑いがとれるチームが強いですよね。もうばんばん笑いをとってみんな一塁に盗塁し放題。すさまじいオリックの最下位ギャグが球界を席巻するのです!勝った!

でもう1つはどうも球審のコールをトラックマンでアシストするというものだそうです。いわば球審ジャッジのコンピューター支援といえるでしょう。「ロボット審判」は違いますよね。ロボット刑事みたいだし。審判がロボット刑事Kだったら大変です。まず審判なのにリリーフカーならぬジョーカーに乗ってやってきます。判定は赤外線スコープやレーダーがあるので正確ですが、納得いかない選手がくってかかるとすぐにロボット破壊銃でバラバラにされるでしょう。チャレンジ(リクエスト)されたらすぐに「マザー!!!」と叫び、マザーのジャッジを仰ぐ。完璧やん!ロボット刑事でええやん!