大相撲1月場所2018:5日目

小室引退会見。小室を引退させるような社会どうなんだと思うマイク松ですこんにちは。このあふれる閉塞感。小室引退させてなんか得あるんですか。もっとゲットワイルドでいいんじゃないのかな。おつかれさまとか絶対にいわん。

初場所は5日目。みんなゲットワイルドや。この場所でやさしさに甘えるな。

実況は船岡さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が阿武松親方。

白鵬が休場。なんだかみんないなくなっていくな。

旭大星×朝乃山。旭大星が幕内で。しかし朝乃山が右差しから左上手で寄り切り。旭大星立ち後れてしまいましたね。

石浦×竜電。竜電左差しから強烈におっつけて寄り切りました。連敗止めた。前に出る相撲は迷わず続けてください。

大奄美×豊山。大奄美がのど輪で押していきますが、豊山の攻めのしのいだあとでどん引き。物言いの結果大奄美のかかとが先に出て軍配差し違え。あれは見えないと思いますが、豊山の圧力が効いていたんですね。

錦木×大栄翔。大栄翔突き押しから攻めますが、錦木がはさみつけるように前に出たところを回り込んではたき込みました。動きがいい。よく動けてます。

阿炎×輝。阿炎突き押しから思い切った引き落とし。輝もああいうのくらうほどでもないのに。

豪風×大翔丸。豪風当たって引き。大翔丸が出たところをもう一度いなして突き落とし。大翔丸もちゃんと最初のはもちこたえたのですが。

琴勇輝×蒼国来。琴勇輝が重い突き押しで圧倒。蒼国来も防戦一方でした。琴勇輝押しが戻ってきたか。

松鳳山×千代丸。千代丸いなしいなしで松鳳山の攻めをしのいでいきますが、逆に松鳳山がいなしたところでうしろにつかれました。動けてはいますが攻めをみせていかないと。

安美錦×千代の国。アミーは千代の国の突き押しをしのいでいきますが、前にでたところで千代の国のいなしでひざを痛めてしまった模様。なんとかがんばってほしいですが、無理するところでもないかも。

千代翔馬×魁聖。千代翔馬のいなしをしのいだ魁聖が上手をとりますが、千代翔馬にもろ差しになられてしまいました。投げの打ち合いは千代翔馬の下手投げ。あれ得意なんですよねー。

栃煌山×勢。勢いい立ち合いで押し込んでいきますが、栃煌山がいなして突き落としました。どうも最近前に落ちがち。

隠岐の海×遠藤。オッキー兄さんが遠藤に挑みます。左四つで先に上手をとったオッキー兄さん。しかし遠藤にも上手をあげる親切設計。遠藤が上手を切って寄り切りました。弱いですねオッキー兄さん!上手を先にとったのに。

宝富士×荒鷲。荒鷲を中に入れない宝富士の突き押し。押し出しました。

正代×逸ノ城。北の富士さんに低迷してるといわれたマサヨ。右四つになりました。巻き替えあったところで逸ノ城が出ましたが、出し投げと同時に俵の上でスピンして勝ちました。さすが北の富士さん!

貴景勝×阿武咲。両者当たりあったあとで阿武咲が引き落とし。これはタイミングよかったけど、2人の相撲にしてはあっさりですね。

御嶽海×玉鷲。これも好取組。御嶽海引く場面もありましたが、徹底したおっつけで玉鷲を起こして寄り切りました。玉鷲も密着されると結構きつい。御嶽海がうまくとったということでそふか。

北勝富士×高安。高安かちあげで起こし、いなしからさらに押して押し出しました。これは力強い。大関らしい相撲ですね。

豪栄道×栃ノ心。右四つになりました。自分の上手を先にとりましたが、栃ノ心に上手をやってしまいました。胸を合わせた渾身の寄りで栃ノ心の勝ち。力相撲でした。見事な相撲。

白鵬×琴奨菊。白鵬休場で菊の不戦勝。ラッキー。

鶴竜×千代大龍。立ち合い千代大龍が立ち後れました。上手をとった鶴竜が寄り切り。まあ楽な相撲でした。

嘉風×稀勢の里。なかなか大変なキセさん。でも相手は嘉風ですからね。キセさんつかまえたのですが、逆に嘉風がもろ差しになりました。もろ差しはいかん。決まり手は押し倒しですか。気力は充実してるんですがなかなか。

キムショーがクリケットに挑戦、先見の明あるわ~

関西になじめるかどうかのハードルはいくつかありますが、その1つにPiTaPa(Suicaみたいな交通系電子マネー)になじめるかというのがあります。オートチャージできるのでチャージの心配もなく便利なのですが、払うときに「ピタパで~」といわないといけないのが若干恥ずかしいからです。そんな電子マネーないわと思っていましたが、新しく発表された「d払い」はピタパよりもいやなんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。でぃーばらいで~。

さて、今日は野球ファンの大部分は???という感じですが、一部だけ盛り上がるニュースです。一部というのはここです。というか僕です。

木村昇吾がクリケット選手に転身!NPB所属の選手で史上初の挑戦

昨年オーストラリアでテレビを見てわくわくしっぱなしだったクリケットに、キムショーがNPB選手として初めて挑戦するそうです。

もうバッツマンとしての練習は積んでいるようで、ボールを素手でとらないといけないのにがんばっているそう。もとクリケット選手もやっていけると太鼓判だそうです。まあキムショーですからね。

それにしてもキムショー先見の明あるわ~。クリケットは今のところオリンピック種目じゃないですが、近い将来必ず入ってくると思います。競技人口は多いのに入らない理由はとにかく試合時間が長いことですが、トゥエンティトゥエンティという短時間のルールも整ってきてますからね。

のんびりみられるし、野球場があればオーバルとしてもなんとかいけるはず。日本でもどしどしはやっていけるのです。というか今年は絶対試合みにいきたいと思っているのです。

クリケットはルールがわからない?野球もたいがい難しいスポーツだし、どうして点が入っているのか、みんながなんで喜んでいるのかわからないというのはすごいおもしろいのです。まずはぜひネットで動画みてみてください。僕もNFL好きになったのって、今まで一生懸命ボールもってわちゃわちゃしてたのに、なんで突然蹴って相手に渡してしまうのん?と思ったからです。

とにかくキムショーの挑戦応援したいです。とにかく英語がんばって。ティータイムも優雅に楽しむんやで。僕らもルール覚えます!False Startのカテゴリーに「クリケット」が入る日も近いわァ!

大相撲1月場所2018:4日目

ロフトでねほぱほのグッズ買ってきたマイク松ですこんにちは。うれしい。というかねほぱほの本が出てるって初めて知りました。はやく電子書籍にしてほしいです。

初場所は4日目。力士だもの。

4日目。実況は大坂さん、解説は正面が鏡山親方、向正面が友綱親方。

大奄美×妙義龍。妙義龍が幕内で。低く入り過ぎて大奄美に上手をとられてしまいました。出し投げで負け。うーん普通に通用してない。

石浦×錦木。錦木がまっすぐおっつけていきます。石浦一本背負いにいった感じでしたが先に押し出されました。

阿炎×竜電。新入幕同士。阿炎の突き押しに対して中に入ろうとする竜電。引きについていきますが、回り込んだ阿炎が上手をとって上手投げで勝ちました。これはいい相撲。新入幕らしいです。

朝乃山×豊山。豊山押していきますが、朝乃山が左ですくって体を入れ替えて寄りきり。なんか次の世代のいい相撲が続きますね。

豪風×大栄翔。大栄翔突き押しから左四つで寄り切り。豪風も間合いを詰められて組んでしまいましたね。

蒼国来×輝。輝いい突き押しから突き出し。強烈なもろ手で突き放しましたね。

琴勇輝×大翔丸。大翔丸が最近勝っている対戦。しかし今日は琴勇輝をもろ手ではじき飛ばして押し出しました。これはいい相撲。そういう相撲いつもとりたい。

松鳳山×安美錦。松鳳山張り差しもアミーディフェンス。松鳳山に中に入られて、投げの打ち合いになりましたが、松鳳山がすくい投げで勝ちました。アミーにずっと勝ってなかったんですね。アミーがんばれ。

千代丸×魁聖。魁聖前に出て行きますが、千代丸がうまくいなして最後は引き落とし。魁聖が前に出てるけど、千代丸がうまくとりました。

千代翔馬×栃煌山。千代翔馬は栃煌山に勝ったことがないらしい。しかし今日も栃煌山がもろ差しから寄り切り。がばっと差されました。

千代の国×勢。突き押し合いになりましたが、勢が得意の右差しからすくってすくい投げ。いい形になれました。

隠岐の海×宝富士。オッキー兄さん宝富士の得意の左四つになりました。上手をとった宝富士が寄り切り。ばっちり組んでしまいましたが、特に対策はなかったのか。

遠藤×荒鷲。遠藤が突き押しから押し出しました。荒鷲も突き押し合いは予想してなかったか。

千代大龍×正代。千代大龍が当たったのですが、なぜかひざをつきました。決まり手はつきひざ。どこか痛めてないといいがと鏡山親方。とにかくマサヨは初日。

御嶽海×貴景勝。これは注目の対戦。突き押し合いで貴景勝どんどん突いていきますが、御嶽海が引き落としました。貴景勝をしっかり下した。今場所はやれそうですね。

阿武咲×玉鷲。阿武咲がおっつけていきますが、玉鷲は突き押しで押し込みます。しかし土俵際で阿武咲がはたき込みました。玉鷲いい感じで押し込めただけに勝ちたかった。阿武咲は涼しい顔がいいと鏡山親方。

豪栄道×北勝富士。先輩後輩対決。ゴーエードー中に入ろうとしますが、北勝富士は突き放します。しかし右を差したゴーエードーがかいなを返して最後はすくい投げ。流れがよかったです。さっと差した。

栃ノ心×高安。高安引きから体勢が悪くなりますが、まわりこんで左四つに。高安出たところで栃ノ心が突き落としました。物言いはつくかなと思いましたがつかず。巻き替えにいったところで高安に出られたそう。

鶴竜×逸ノ城。引っ張り込んだ逸ノ城も、鶴竜は逆にもろ差しからがぶって寄り切りました。引っ張り込むのは悪くなかった。

琴奨菊×稀勢の里。キセさんなかなか気持ちが盛り上がってくる感じでもなさそうですが。左を差した菊ががぶっていく前に右からの突き落としで勝ちました。菊はいい相撲でしたがキセさんの攻めが出てこないですねー。右が使えてないと友綱親方。

白鵬×嘉風。ふわっとした立ち合いから右をのぞかせた嘉風がはたき込むと白鵬手をつきました。やっぱり立ち合いからのリズムがばらばらですね。

大相撲1月場所2018:3日目

富井の取り上げるカネコおこづかい20万円問題ですが、確かに僕らからしたら20万円はお給料ですよね。フォルス・スタート商会はお給料もないし、IT業界のて○みくらぶとかは○のひみたいだなと思ったことは内緒です。また温泉いきたいマイク松ですこんにちは。

初場所は2日目が録画できていませんでした。しょんぼり。3日目です。

3日目。実況は沢田石さん、解説は正面が境川親方、向正面が不知火親方。

照ノ富士が糖尿病で休場だそうです。そうやったんか。

竜電×朝乃山。朝乃山がいい右差しをみせました。すぐそのまま出て行ってスピード相撲で寄り切り。朝乃山も負けてられないですよね。

石浦×大奄美。石浦変化からまわしをとって、うしろにつきながらこまたをすくって最後は下手投げ。これは流れのある見事な連続攻撃。スピード勝ちでした。

錦木×豊山。豊山が突き押しからのど輪で出て行きます。いい攻め。錦木が土俵際ではたき込みましたが、物言いの末取り直し。取り直しは逆に錦木がのど輪から起こして押し出しました。豊山も取り直しはもう少しがんばらないと。

豪風×阿炎。阿炎が立ち合いから鋭い突き押しで押し込んで最後は突き出しました。ようやく阿炎初日。よくがんばりました。不知火親方もひじが伸びた突き押しだったと評価。インタビューで「疲れた…」といってました。

大栄翔×輝。頭での当たりから輝の突き押しをあてがって、おっつけから一気に起こして押し出し。これはいい相撲。輝のいいところを出させませんでした。

蒼国来×安美錦。アミー立ち合いはたきにいきましたが蒼国来ついていって寄り切り。アミーめずらしく立ち合いにキレがない。

照ノ富士×大翔丸。照ノ富士休場で大翔丸不戦勝。ラッキー。

琴勇輝×千代丸。同タイプ力士対決。突き押し合いになりますが、千代丸の突き押しが重く、押し出しました。琴勇輝もあれで負けてはいけないんですけどねー。

栃煌山×魁聖。栃煌山もろ差し。あおっていってはずおっつけから押し出しました。これはいい相撲。今場所は栃煌山よさそうですね。

松鳳山×千代の国。突き押し合いから松鳳山が起こして突きだし。千代の国は動いていきたいですが正面から受けられました。

宝富士×勢。左四つになりました。これは宝富士もいける。上手をとって寄り切りました。右上手さえとれば。勢ももっといろいろ仕掛けていきたいところでした。

千代翔馬×遠藤。千代翔馬上手をとりにいって上手投げ。ハルマみたいな取り口。遠藤からしたら変化ですかねー。

正代×荒鷲。荒鷲左上手右差しからすくい投げ。攻めが速かった。どうもマサヨは受けにまわってますね。どこか悪いのかな。

隠岐の海×栃ノ心。オッキー兄さん差しはブロックして左四つにしたのですが、栃ノ心がかまわず逆の四つで寄り切りました。ディフェンスはよかったのですがオフェンスが出なかった。しょうがないオッキー!(語尾)

貴景勝×玉鷲。中に入って突いたあとで引いて、また例の微妙な距離が何度かあきました。貴景勝張り手(空振り)からもろ手で押し出し。はなから空振りを意図したフェイントだったか。

御嶽海×阿武咲。阿武咲いい突き押しで御嶽海を起こしますが、土俵際で御嶽海がいなして突き落としました。阿武咲とてもいい相撲でしたが、御嶽海は余裕ありましたね。不知火親方は押されても御嶽海が右下手を脇の下に常に入れていたと指摘。これは技術ですねー。

千代大龍×高安。千代大龍突き押しで出ますが、高安手を引っ張り込むような突き落としで勝ちました。余裕あり。あしらってる感じでした。

豪栄道×琴奨菊。ゴーエードーもろ差しになってすくい投げ。菊の攻めを落ち着いて受け止めていました。今場所は調子いいってのはほんとなんかな。

逸ノ城×稀勢の里。今日はキセさんも動かない相手だからとりやすいかも。と思ったら右四つで完全に胸を合わされました。

白鵬×北勝富士。突き押しから北勝富士が中に入って押し出しました。あれー!?白鵬上手とれずに引いてしまいましたね。

鶴竜×嘉風。鶴竜しっかり前さばきから突き落とし。問題にしませんでしたね。横綱はなんとか1人勝てました。

改めて堅実な金子を見習おう

お正月も遠い昔の出来事になったというのに、まだ年末の風邪を引きずっている富井です。とにかくやる気が出ない。やる気が出ないものだから、隙があればネットばかりしています。昨日もそうやってふらふらしていたら、「大金を稼いだのに破産…米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚」という記事を見つけました。

どうやらこのサイトでもたびたび名前が出ていたテレル・オーウェンスやたまに名前が出ることもあったかな?というヴィンス・ヤングも自己破産だそうです。テレル・オーウェンスなんか、選手生活長かったけどな。素行は悪いけど結構頭は良いと思っていたので意外です。確かに堅実そうなタイプには見えないけれども。

さて、そこで見習いたいのが日本球界ではおそらく一番年俸をもらっている金子千尋(オリックスのエースですよ)。年俸は5億円という話です。マーくんとか何年かで100億円以上とかよく分からない数字が出るのでそんなに多く感じないかもしれませんが、庶民から見るとかなりお金持ち。それにもかかわらず、お小遣いは月に20万円だそうです。

20万円と言えば私から見るとお小遣いじゃなくて月給だろ!と言いたくなる金額ですが、それで若手におごったりしているとしたらかなりキツキツの生活のはず。でも、それこそ数百億円の資産を持っていたはずのNFL選手達でもあっさり自己破産してしまうところを考えると、月20万円でやりくりさせる金子の奥様はかなりのやり手といえます。

金子の奥様と言えば、金子はドラフトにかかる時点で肩が悪く他球団が見送る中、オリックスが指名して、初年度は怪我を治すために費やしたのですが、この奥様はその金子と高校時代からつきあってたとかで「スカウト以上の目利き」とオリックスファンの友達と盛り上がったことがあります。それから15年以上経っても金子をコントロールしているところがとても素晴らしい。いろいろこの夫妻に見習いたいものです。