オリックの新入団選手発表、確かに遠慮しないでいいわ

球辞苑で三塁打特集やってるんですが、三塁打ランキング上位に出てる選手の映像で、打たれてる球団がだいたいオリックでした。うそやろ。外野守備なんとかしようやと思うマイク松ですこんにちは。

さて、しばらくフィギュアスケートのグランプリシリーズや九州場所があったおかげで、強化月間ならぬオリック弱化月間に入っていたため、記事があまりありませんでした。まあ月間をもうけなくてもオリックは着々と弱化していったので安心してください。安心できないくらい弱くなったので安心してください。

だってみんないなくなったんですよ。FAだったニシに加えて、カネコチヒロも自由契約で同じリーグのハムに移籍し、ナカジさんもいなくなり、コヤノさんは引退して早速コーチ。まあナカジさんやコヤノさんがいなくなったところでという感じもしますが、とりあえず先発2枚が消えたのは衝撃です。ノードリームノーホープノーフューチャー。ぽんたもFAとかいって話題作りをしようとしましたが、終わったときには自分がいかに空気読めない企画をしたかという周囲の冷え冷えとした雰囲気を感じていると思います。何がファンと歩むじゃ。歩まないことを選んだ選手がいっぱい出たわ!

ところで今日、オリックの新入団選手発表がありました。新入団選手はよく期待と不安があるとかいいますが、ニシムラカントクはこのようにおっしゃっています。

「1年目だからといって遠慮することは絶対しないでほしい。自分がこのチームを引っ張っていくという気持ちでやっていってほしい」

さっきサタデースポーツでみましたが、確かにその通りですよね。

だって遠慮する対象がどしどしいなくなっているんですもん。たとえばソフバンとかだったら、いかに遠慮するなとかいってもヤナギダとかにはどう考えてもかなわないですよね。でもナカジさんやコヤノさんはもういません。遠慮する必要がない。たとえばハンシンとかならいかに遠慮するなといってもフジナミとかには気を遣ってしまいますよね。でもカネコやニシはもういません。いない人に遠慮はできない。実際遠慮している場合ではなく、はやく戦力になってほしいのです。即戦力候補かどうかとか関係ない。すべての新人は即戦力候補です。

ということで新人諸君は誰に遠慮することなく、どしどしアピールしてほしいと思います。これだけ新人がいきいきできる球団ありませんよ。新人にとって球界屈指のホワイト球団!お先は真っ暗ですけどね!

大相撲11月場所2018:12日目

今日は富井とお芝居みてきました。よくがんばっていたのですがおもしろさはそこそこでした。でもそういうときほど終わってからの話は盛り上がりますよね。マイク松ですこんにちは。

九州場所はとっくに終わっていますが、あと4回なので最後までみたいです。まあゴーエードーは休場しましたけどね。

12日目。実況は解説は正面が芝田山親方、向正面が稲川親方。

ゴーエードーが休場しました。変化とかする前に休場した方がよかったと思う。よりによって御嶽海戦を休むとか。

英乃海×千代丸。英乃海が幕内で。久しぶり。差し込んだ英乃海、千代丸に突き放させず寄り切りました。しっかり間合いを詰めましたね。

千代の国×大奄美。千代の国しっかり起こして右四つ。がっちり引きつけて寄り切りました。大奄美もまわしはとっていたのですが腰が高くなりましたね。

明生×隠岐の海。明生立ち合いからもろ差し!これで勝ち越しかと思ったらオッキー兄さんの逆転の小手投げが決まりました。プロビデンスに満ちたオッキー兄さんに右もとらずにいったらだめですね。やはり今場所は強い。ふところの深さがいきました。

佐田の海×荒鷲。前まわしをとった荒鷲ですが、佐田の海が腰を落として寄り切りました。連敗同士でしたがいい形になれましたね。

遠藤×豊山。同じ高校の卒業生同士らしい。豊山がどんどん突き押しますが遠藤はあてがっていきます。しかし遠藤の突き押しが1回はずれたところで豊山が押し出しました。互角の突き押し合いではあったのですが。先輩に勝ててよかったですね。

琴奨菊×碧山。菊が中に入って得意の形。起こして寄り切りました。碧山一歩後退。突き押しをかいくぐった菊がすぐに差しました。

阿武咲×大栄翔。突き押しとはたきあいになりましたが、阿武咲のはたき込みが決まりました。大栄翔も3敗になってしまいましたね。勝ち続けるのは難しい。

勢×大翔丸。負けた方が負け越し。大翔丸が変化で突き落とし。勢負け越しですがもう必死ですね。いろいろな部位を痛めているらしい。

貴ノ岩×千代翔馬。5-6同士。右四つから投げの打ち合いになりますが、貴ノ岩の強烈な下手投げが勝りました。かいな力で決めましたね。逆の四つだったら千代翔馬だったかも。

隆の勝×輝。おっつけあいになりました。圧力をかけていった輝に対して体を入れ替えた隆の勝でしたが、のど輪をたぐった輝がまた逆転のとったり。めまぐるしい。

千代大龍×松鳳山。押し込んで引いてきた千代大龍を押し込む松鳳山。そして張り手の打ち合いになります。そこから松鳳山がもろ差しになりました。これはいい形。千代大龍も抱えますが、松鳳山が下手投げで勝ちました。これで松鳳山勝ち越し。だいぶ慎重になってましたがすぐいけたでしょ。

宝富士×朝乃山。左を差して攻める朝乃山。右上手をとられると大変ですが、しっかり動いて宝富士につかまらないようにしながら寄り切りました。宝富士は上手とりたかった。

阿炎×嘉風。どんどん突き押していきますが、嘉風は両下手をのぞかせて粘り、中に入って寄り切りました。阿炎も悪くないのですが、嘉風に動き負けました。

妙義龍×栃煌山。妙義龍の当たりを止めた栃煌山が前まわしから寄り切り。妙義龍の当たりを止めたのが勝ちにつながりました。

正代×北勝富士。北勝富士が左前まわしをとりましたが、すぐに切ったマサヨが左四つに。北勝富士も上手を狙いますが、マサヨが振りながら突き落としました。四つの相撲ならマサヨが強いですよね。

貴景勝×玉鷲。貴景勝いい当たり。玉鷲も起こされて当たりにいきますが、ぱっといなした貴景勝が突き落としました。結局貴景勝が立ち勝ってる。

錦木×魁聖。はずから押していく錦木。魁聖あみうち気味に突き落としますが、錦木がぎりぎり残して押し出しました。もうちょっとで決まるところでした。

竜電×逸ノ城。立ち勝った竜電、もろ差しになります。逸ノ城も肩越しの上手で応戦、まわしがのびましたが上手投げで逸ノ城が勝ちました。あそこまで入られても上手投げで勝てるんですからね。

豪栄道×御嶽海。ゴーエードー休場で御嶽海不戦勝。御嶽海はラッキーですが。

栃ノ心×高安。これが今場所唯一の大関同士の対戦になるらしい。すてきな出来事ですね。激しい当たりから右四つになりました。栃ノ心の四つですが、上手は高安。上手出し投げで勝ちました。いい体勢になっただけに栃ノ心は上手がほしかったですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 グランプリファイナル(4):女子シングルFS

21歳中嶋がスキップに。中電もおもしろくなりそうだと思うマイク松ですこんにちは。中嶋スキップ、北澤フォースとか。テンションあがりますね。

今日は女子シングルFSです。これでGPSも終わりですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルFS。実況はカクザワさん、解説は織田信成将軍。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。「バーレスク」より。3F+3Tからスタート。いいですね。3Lzも片手あげ。3Loからステップに。体を大きく使えてますね。見栄えがします。シットスピンも低い姿勢ができてます。音楽変わって3Sから。音楽もよくとらえてます。2A+3Tも成功。3Fも決めました。2A+2T+2Loを決めてジャンプ終わり。このファイナルで思い切って演技できてますね。コレオシークエンスもそう。レイバックスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。すごいですね!このファイナルでSPとFSそろえてしっかり演じられました。204.33。

宮原知子。上にいこうぜ。「ブエノスアイレスの冬」。3Sからスタート。曲の緊張感をよく出せてます。3Lz+3Tも成功。よしよし。つなぎ部分もほんとに洗練された動き。シットスピンのポジションもいいです。3Loも流れの中で。キャメルスピンもばっちり安定しています。軸が動かない。ステップは曲をよくとらえた動き。調和がやばい。3Lzは斜めになりましたがしっかり降りてます。ナイスリカバー。2A+3Tも成功。最後までいこう。コレオシークエンスでいいスパイラルみせて、3F+2T+2Loをぽんぽんと軽やかに。2Aからレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした!この安定感と質よ。でも201.31。逆転までは至りませんでした。うーん。

坂本花織。思い切っていこう。坂本もだいぶ筋肉になってきましたね。ロシェット姉さんみたいに。「ピアノ・レッスン」より。スピードありますね。3F+3Tは高さばっちり。でかいです。2Aも流れありました。3Lzも流れある。いい入り方です。シットスピンからステップへ。大きなエッジワーク。3Sも大きいジャンプです。力がある。2A+3T+2Loは最後に転倒。ちょっと無理しましたかね。3F+2Tは決めました。コンビネーションスピンはポジションがんばってます。コレオシークエンスはスパイラルのスピードがすごい。昔みたいなスパイラル。3Loを決めてコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばったがんばった。できることはやりました。211.68。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。逆転ありますか。ビゼー「カルメン」。いきなりテンション高く世界を作ってきます。2Aもステップの中に組み込んでいます。3Lz+1Tはうっかり1Tになりましたね。3Sは音楽にあわせて。これポイントですよね。2Aもしっかりあわせてます。キャメルスピンのポジションも難しい。コレオシークエンスもいろいろがんばります。詰め込んでる。3Lz+3Loを高く跳んでいます。3F+2T+2Loも軽やか。ぽんぽん跳びます。3Fからコンビネーションスピン。回転速度をコントロールできてるのがいいですね。ステップもまだまだスタミナありますね。全然疲れをみせない。これがザギトワの強みですよね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。すばらしい滑り!以前ならこれで優勝って感じですよね。226.53。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。期待の若手に勝てるのは熟女だけだ。カロ・エメラルド「ユー・ドント・ラブ・ミー」ほか。優雅な始まり。この味熟女以外に誰が出せますか。3Aはオーバーターンも決まりました。確率上がってきてるな。3Lz+3Tも手あげで高さもある。3Fはてきぱき。このカメラクルーはトゥクタミシェワの撮り方をよくわかってると富井談。3S+2A+SEQも成功。シークエンスいいですね。おもしろいポジションのレイバックスピンもいいです。ステップはゆっくりしたリズムにあわせてますね。もっとエッジをがっつり使えるといい。2A+3T+2T、3Lzも質の高いジャンプ。加点つきます。3Loから会場のボルテージを上げていきます。熟女アジテーション。シットスピンもなにげに安定。コンビネーションスピンでフィニッシュ。さすがです!今トゥクタミシェワが一番見てて楽しいわ。215.32。2位に入りました。

紀平梨花。思い切ってやるだけです。ジェニファー・トーマス「ア・ビューティフル・ストーム」。スピードに乗って3Aはツーフット。回ってはいるかなあ。どんまい。3A+2Tはばっちり成功。でかいジャンプです。3Loは両手あげ。コンビネーションスピンは回転速いです。こういうところの質も力になります。美栄ちゃんの弟子ですからね。ステップは細かいステップワークでがんばります。またスピードに乗って3Lz+3Tを成功。セカンドジャンプが高い。3Fは手上げ。スピードをうまく力に変えてますね。レイバックスピンもてきぱきやります。3Lz+2T+2Loを跳んでシットスピン。エレメンツが連続してて切れ目がないみたい。コレオシークエンスもリンクを大きく使います。3Sを決めてフィニッシュ。最初以外はすばらしい出来でしたね。勢いと後先考えなくてもすむスタミナがすばらしいです。233.12。でかいな。GPSデビューで優勝とか。

○最終結果:(アジカンの曲的に)
1. 紀平の街まで
2. 迷子犬とザギトワのビート
3. 熟女という花
4. 坂本&坂本
5. それでは、サモドゥロワ
6. 宮原で愛を打ち鳴らせ

紀平が優勝してしまいました。えらいことになりましたね。ザギトワも十分いい演技しているのに、TESの高さでしっかり勝ちきった。強さが出てきましたね。美栄ちゃんの弟子だからこれからPCSも上がってくるしかないし。いい選手でてきました。ザギトワもこのままじゃないでしょう。楽しみです。3位にトゥクタミシェワ。わーいわーい熟女が3位だー。3Aの確率も上がってるし、なんやかんやしてるとトップにきますよ。坂本は4位。いいジャンプできてました。サモドゥロワはしっかり演技して順位を落としませんでした。意外に強い。宮原は試練の時かもしれませんね。きっと乗り越えられる。宮原だから。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 グランプリファイナル(3):男子シングルFS

御堂筋のイルミネーションをみてみようと思いついていってみたら、ちょうど帰宅ラッシュで、サラリーマンの流れと車のライトで全然イルミがみえませんでした。それはそれでいいなと思ったマイク松ですこんにちは。殺伐とした年末の雰囲気がクリスマスのラブラブな雰囲気を押し流す。押し流せ。

GPSファイナルはまず男子シングルFSからです。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルFS。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。これは順番がいいですね。映画「ローガン」より。4T+2Tはセカンドでおっとっとってなりました。あぶない。3Loは自重しました。いいと思います。4Tはきれいに成功。まだまだいけます。3Sを跳んでコレオシークエンスはもう少し盛り上げたい。3Aはまたおっとっとってなりました。3A+2T+1Loはアクセルはうまくいけました。3Lz+2Tも成功。キャメルスピンで立て直そう。ステップはよく動けてます。疲れててもがんばれがんばれ。もうちょい。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。もう少し音楽表現をがんばりたかったですが、ボロノフおじさんですからね。よくやりました。226.44。

韓国のチャ・ジュナン。上が狙える得点。一発かましたいですね。「ロミオ+ジュリエット」。4Tは転倒。まわれてはいましたかね。スケーティングにスピードは感じます。4Sは成功しました。きれいに降りられました。3Lz+3Loもテンポよく決めました。ステップは大きなエッジとともに手の使い方がよりうまくなってる感じ。日々成長してます。キャメルスピンからつなぎ部分もしっかり。コレオシークエンスから3A+2Tにつなげてます。3Aも決めた。3F+1Eu+3Sも成功です。これは大きい。3Loからコンビネーションスピン。軸も安定してます。シットスピンでフィニッシュ。やりましたね!この大舞台で自分の演技みせました。263.49。

カナダのキーガン・メッシング。「チャップリン・メドレー」。いいスピードに乗ってます。4Lzは着氷は乱れましたがすごいでかいジャンプ!やりますね。4Tはタッチありました。ジャンプの衝撃を受け止め切れてない。3A+2Tからシットスピンへ。おもしろパートに上手くつなげる。3Loはおっけー。ステップは滑りのうまさを出せてますね。なにげなうまさ。4Tに挑みますが2T+2Tになってしまいました。これ決まってれば大きかったですが。3S+3Tは成功。3Aは大きな転倒でしたがなんとか戻りました。音楽のせいでおもしろみたいにできてる。キャメルスピンで落ち着こう。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。なんとかがんばりました。もう少しでしたね。まだまだ成長できる、その過程なんだと思います。でもがんばった。236.05。

アメリカのネイサン・チェン。勝ちきりましょう。ウッドキッド「ランド・オブ・オール」。少し音が入るのが遅れましたが始めます。4Fは見事な流れ。すばらしいですね。4Lzは軸が斜めになって転倒。回ってはいましたね。4Tはステップアウト。3Aは決めました。キャメルスピンで落ち着きましょう。ステップは体を大きく使って。そのあと4T+3Tをしっかり成功。これは大きい。3Lz+3Tも決めました。うまくリカバーできてますね。3F+1Eu+3Sもテンポよく。後半は自分の滑りができてますね。コレオシークエンスからコンビネーションスピン2つでフィニッシュ。しっかり立て直せたのがよかったですね。282.42。

チェコのミハル・ブレジナ。ファイナルでしっかり自分の滑りしようぜ。スペンサー・デイヴィス・グループ「アイム・ア・マン」AC/DC「サンダーストラック」ほか。4Sは転倒しましたがさらっとリカバー。3A+2Tは決めました。できることをやろう。3Fは流れありました。シットスピンは1つ1つしっかりと。ステップは音楽を変えて。ゆっくりエッジワークをみせていきます。これもできることを1つ1つ。コンビネーションスピンを経て最後のジャンプへ。がんばれ。3Lzはきれいに決めた。3Aも成功。加点つきそうです。3F+2T+2Loも決めました。ここまで戻ってきたかブレジナ。3Loからしっかり盛り上げます。いいぞ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やりきりましたね!でも255.26。うーん惜しかった。

宇野昌磨。がんばってほしいです。ベートーヴェン「月光」。4Sはツーフットになりました。スピードには乗ってます。4Fは成功。いいジャンプです。4Tはなんとかもちこたえました。気合です。キャメルスピンも回転速度いい。コンビネーションスピンも音がしないなめらかさ。コレオシークエンスもなんてきれいなイーグル。すごい。4T+2Tはしっかり、3Aもでかいジャンプでした。3A+1Eu+3Fは最後に手をつきました。惜しい!3S+3Tは止まりましたが跳べてますね。かっこいい振り付けみたいになってる。最後のコンビネーションスピンも素晴らしい出来でした。がんばりましたね。275.10。PCSもよかったし。

○最終結果:(アジカンの曲的に)
1. ネイサン・チェン通り
2. 宇野を越えて
3. チャ・ジュナン part2
4. ローリングブレジナ
5. 新世紀のメッシング
6. ボロノフの破片

チェンがそのまま優勝。前半はあまりうまくいきませんでしたが、後半はしっかり自分の演技をしてましたね。宇野は2位。十分がんばりました。相手も強いんだしじっくりやりましょうや。チャ・ジュナンはついに表彰台までいけました。大快挙ですね。これからも優勝にからんでいくスケーターになっていくでしょうか。ブレジナは惜しくも4位。でもここまできたのがすばらしい。いいんだブレジナは自分の滑りをすれば。メッシングは1つ上がりました。地元の力を得られましたね。でももっといいプログラムのはず。ボロノフおじさんは文字通り破片になってしまいました。組み立てましょう。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 グランプリファイナル(2):女子シングルSP

007「慰めの報酬」みたマイク松ですこんにちは。ダニエル・クレイグのボンドってほんと大変そうですよね。ご苦労様という感じです。

今日はファイナルの女子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルSP。実況はカクザワさん、解説は織田信成将軍。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。ついにファイナルにきましたか。「ミッション・インポッシブル2」より。ちょっと衣装変わりましたかね。スピードある。3F+3Tを成功。キャメルスピンもいいポジションです。あのキャッチフットポジションかっこいいですよね。ステップは大きなエッジワーク。ここにしっかりあわせてきたんですかね。このGPSの中で成長してる。スピードを落とさずに3Loにつなげてます。2Aも決めました。レイバックスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。やりましたね!失敗を恐れない勢いが演技にでました。68.24。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。圧倒的な熟女。「アサシンズ・タンゴ」。最初の3Aはオーバーターンもなんとか成功。いいぞ。3T+3Tも余裕ありますね。シットスピンの回転も速い。このへんの技術は熟女ならでは。終わってからのステップへの切り替えもいいですね。ステップからの3Lzも流れありました。ステップになっても曲の雰囲気をしっかり作りながら。他の誰がこの味だせますか。曲の切り替えもうまく表現。コンビネーションスピンでフィニッシュ。見事です!熟女が元気だと盛り上がりますね。70.65。

紀平梨花。思い切って演技するだけですね。ドビュッシー「月の光」。最初に3Aをしっかり成功!いいジャンプですねー。スピードにのって3F+3Tも決めた。このジャンプが効くんですよねー。シットスピンもしっかり。いいスピードから3Lzは両手あげで。高いジャンプ。コンビネーションスピンもI字ポジションがきれいです。ステップもしっかり音楽を表現してます。さすが美栄ちゃんの弟子、つなぎの演技にもぬかりないですね。レイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした!3つのジャンプそろうと強いですね。82.51!いい点でましたねー。

宮原知子。パトリシア・カース「小雀に捧げる歌」。いい滑りですねー。いいスピードから3Lzは単独。でも軸が傾いてたからいい自重です。キャメルスピンで立て直す。つなぎ部分もよく表現できてるし、2Aへのつながりもスムーズ。軽やかなステップから3Lo+2T。コンビネーションスピンは各ポジションがほんとにきれい。磨き上げてますね。ステップはエッジワークが軽やかでなめらか。本当に質が高い。スパイラルにも必然性がありますよね。レイバックスピンでフィニッシュ。回転が速かったです。質の高い演技でした。67.52。

坂本花織。シャルロット・チャーチ「フロム・マイ・ファースト・モーメント」。滑りはとてもきれいですね。3F+3Tを成功。高さも出てましたね。2Aは流ればっちり。コンビネーションスピンはまずまず。ステップはがんばってますがちょっと順番が悪いかも。3Loはキレありました。回転のキレがすばらしいです。キャメルスピンは加速する構成。レイバックスピンでフィニッシュ。さすがのジャンプでした。70.23。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。横綱登場。「オペラ座の怪人」。緊張感ある入り。3Lz+3Loをまずは成功。すぐキャメルスピン。音楽にあわせて演技も見事ですね。ステップはさすがのエッジワーク。体がよく動いてます。2Aも入り方に工夫。レイバックスピンは回転速度いいですね。3Fは両手あげでばっちり。いいジャンプです。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションがきれいでした。あっという間に終わりましたね。貫禄ありましたが得点はどうか。77.93。やっぱりアクセルの違いですね。

○SP終わっての順位:(アジカンの曲的に)
1. 紀平の街まで
2. 迷子犬とザギトワのビート
3. 熟女という花
4. 坂本&坂本
5. それでは、サモドゥロワ
6. 宮原で愛を打ち鳴らせ

紀平がトップに立ちました。やはりプログラム構成はすごい効きますよね。体操でいえばDスコアの高さでまず勝負という戦いは一つの戦略ですよね。3Aもいい感じで決まったし。こうなったら優勝…とかいわずに、自分の演技をすればいいですよね。ザギトワは2位。質の高い演技はしていたので、FS逆転は十分ありますよね。トゥクタミシェワは3位。私の方が先に3Aやっとったで!的なジャンプもかっこよかったですが、1人別世界、熟女世界を構築していました。坂本は4位。さすがのジャンプの質でした。サモドゥロワも最初に出てきましたがいい演技でした。宮原が6位ってなんでやねんと思いますね。確かにジャンプはうまくいかなかったですが、あの全体的な世界観。FSではもっと上を狙いましょう。