大相撲3月場所2019:11日目

イチローさんの引退会見みました。まじかー。なんか信じられないマイク松ですこんにちは。平成の終わりにイチローさんも引退か。1つの時代が終わる感がすごいある。すごいさみしくなりそうです。

春場所は11日目。いつかはみんな引退する。そのときまでみんながんばろう。

11日目。実況は沢田石さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が舞の海さん。

大奄美×琴恵光。大奄美が幕内で。琴恵光がもろ差しになって出て行きます。大奄美はきめようとします。琴恵光が出たところを小手に振って小手投げ。なんとか踏みとどまってます。

照強×千代翔馬。動いて上手をとった照強。出し投げで崩して寄り切りました。考えてとりましたね。千代翔馬は因果応報です。

豊ノ島×輝。豊ノ島のもろ差しをブロックした輝が突き落とし。豊ノ島負け越してしまいました。あせらず幕内の地力をつけて戻ってきてほしいです。

大翔鵬×明生。明生が立ち合いからしっかり突き放します。大翔鵬土俵際であてがってしのぎますが、しっかり明生が詰めて押し出しました。

豊山×矢後。突き押しあい。お互いいなして突き押します。矢後がどん引きではたき込み。まげで物言いがつきましたが反則はなかった。

佐田の海×友風。友風当たってどん引き。佐田の海追いますがなんとか友風がはたき込みました。なんか相撲がよくないんですよね友風。勝ったけどいやな感じです。

石浦×琴奨菊。石浦をしっかり追った菊が動きに対応して押し出し。体も動いてるしとてもいいですね。

朝乃山×竜電。朝乃山の突き押しをかいくぐった竜電が右四つ左上手。朝乃山も右四つはいけるのですが竜電いい体勢。頭をつけました。上手を遠ざけてます。朝乃山は巻き替えてもろ差しになりますが、竜電は左を絞って引きつけて寄り切り。あれでは朝乃山も下手が効きませんでした。

松鳳山×阿炎。阿炎の突き押しをあてがう松鳳山ですが、回転よく突いた阿炎が押し出しました。松鳳山消極的ですね。

隠岐の海×勢。勢立ち合いで下手を差しますが、オッキー兄さんが小手投げで転がしました。暗黒卿としてしっかり転がすことも修行のうちなのです。勢がんばれ。もう少しだ。大丈夫、今のでプロビデンスがね。

嘉風×阿武咲。阿武咲の当たりを受けながら差そうとする嘉風。どんどん圧力をかけて最後は引き落としました。嘉風勝ち越し。今場所はとてもいいですね。そろそろ本来の相撲をとってもらわないと。

碧山×逸ノ城。1敗対決。碧山の突き押しに対して受けながらまわしを探る逸ノ城。碧山も差しをすごく警戒していましたが、逸ノ城が圧力かけて最後は突き落とし。前に出られているのがいいですね。

栃煌山×宝富士。栃煌山左を差されてはたきにいきますが、宝富士がそのままついていって寄り切りました。栃煌山流れが悪いわ。

正代×妙義龍。妙義龍のおっつけに対して差しながら出るマサヨ。マサヨが寄り切りました。相撲やっと思い出してきたかな。

魁聖×錦木。錦木の差し手をブロックしてこれからという魁聖でしたが、バランスを崩して倒れてしまいました。もったいない。

遠藤×北勝富士。右四つになりました。北勝富士それでいいのかと思ったら、遠藤がしっかり体勢を整えて寄り切りました。北勝富士うっかり差してしまいましたね。

御嶽海×大栄翔。大栄翔の当たりをしっかり止めて出た御嶽海が押し出し。最近好調の大栄翔に全然相撲をとらせませんでした。

高安×栃ノ心。大関同士の対戦。一応ね。高安が右上手をとりました。栃ノ心が巻き替えにいったところを出た高安が出て、最後は突き落とし。栃ノ心も上手がとれないばかりか上手をやってしまいましたね。

千代大龍×豪栄道。ゴーエードーしっかり当たって押し出し。引きに警戒しながら攻めましたね。

玉鷲×鶴竜。突き押しで出る玉鷲を鶴竜が突き落としましたが、同時に鶴竜もダイブしました。物言いがつきましたが鶴竜の勝ち。

白鵬×貴景勝。今日の好取組。貴景勝はたきと押しで白鵬を追いつめますが、土俵際で白鵬にまわしをとられてしまいました。上手投げで一回転させました。はたきが多すぎた。もっと突いて押して出ないと。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. 韓国

イチローさん現役引退を表明。まだまだ信じられないです。マイク松ですこんにちは。古巣はもろ手を挙げて迎えてくれるのでは…?全然ポジションあいてますよ…?

カーリング女子世界選手権は韓国戦。韓国めっちゃ強いんですよね。がんばれ。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. 韓国。実況は塚本さん、解説は両角弟さん。

韓国はキム・ヤン・キム・キム。全員19歳で、パシフィックアジア選手権、ワールドカップでも優勝しているそうです。強い。中電はいつものメンバー。

第1エンド、様子見かと思ったら簡単な構図ながらも攻め合いに。松村のすばらしいテイクショットが決まりました。ラストストーンは両チームともうまくいきませんでしたが、なんとか日本が2点とりました。

第2エンド、今度もシンプルながらガードの後ろの戦い。日本はいいペースできていましたが、ラストストーンをガードに引っかけてしまい、韓国が2点とりました。

第3エンド、ガードが並ぶ中後ろに置きに行く形。韓国は後ろにいれますが、松村のダブルテイクアウトがまた決まりました。素晴らしい。しかしランバックに失敗し、ラストストーンもガードに引っかけて、韓国が2点スティールしました。あやうく3点になるところでした。

第4エンド、韓国はほんとに技術ある。どしどし置きたいところに置いてきますね。日本も食い下がっているのですが。韓国はガードの間をすり抜けて2つみせてきました。これは難しいショットを強いてきます。日本のラストストーンは北澤がいいところに置きました。すばらしいです!日本が1点とりました。

第5エンド、ほんとに韓国はぎりぎりをしっかり狙える技術がある。日本はどうもガードをかわせない。韓国は早くもタイムアウトをとって最善策を探す。日本はプッシュしますが十分に押せず、韓国が3点とりました。

第6エンド、日本はどうもガードに引っかけてしまう。韓国はよくフリーズしてる日本のストーンも楽々テイクしてる。韓国は3つみせて日本に1点とらせる形を作り、日本は1点とるしかありませんでした。しかし楽にとれると思っていたら意外に伸びて、韓国が2点スティールしました。まじか。

第7エンド、韓国は日本のガードストーンをウィック、奥の方まで押し込んでしまった。そこまでやるか。ランバックもしっかり決めてくるし。日本は粘り強く置くしかないんですが、スルーしてしまいました。韓国はスティールではなく自分たちのストーンもガードとしてテイク。そしてランバックでシューターもハウスに入れて2点パターンを作りました。まじか。日本は1点とりました。

第8エンド、ガードを置きにいきますがホックライン超えられず、次はハウスに入ってしまいます。セットアップできない。韓国はもうストーンはいらないとばかりにスルー。ガードはてきぱきテイクするし、残すときは必ずシューターも残してくる。韓国が2点とったところで日本がコンシード。日本 4-11 韓国。

いやー韓国めっちゃ強いですね。これはすごい。隙がない戦い方。中電もまだまだ成長の余地がありますね。でも今日はさっぱりアイスが読めなかった。次いこう次。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. カナダ

CDTVで私の平成No.1ソングという企画をやっているのですが、若いやつが生まれた年の曲を紹介していました。それぞれの曲があるんだなあと思ったマイク松ですこんにちは。ポータブルCDプレーヤー知らんとか言われたらもう何もいえんわ。まだあるで。

カーリング女子世界選手権はカナダ戦。強いぞーカナダ。がんばれ。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. カナダ。実況は田中さん、解説は石崎さん。

カナダはブラウン、ファーガソン、ウィルクス、キャリー。中電と比べてもでかいですね。パワーありそう。コーチはキャリーのお父さん。LSDで日本が後攻とりました。

第1エンド、ハウスの中のストーンをはじきあって様子見の展開。ブランクエンドになりました。

このあと中電の紹介VTRが。あれを紹介した2試合は勝ってるんですよね。吉兆。一番準備してた中嶋が微妙に遅れるやつ。

第2エンド、ガードを置いて戦闘開始。うまく日本はガードの後ろに隠れましたが、カナダがランバックでダブルテイクアウトを成功!さすがうまいです。クリーンな展開でヒットアンドロール合戦でしたが、カナダがうまくガードに隠しました。日本は1点とりにいきますが、うまくテイクできず、カナダが2点スティールしました。うーん。

中電のおひるごはんはおそらく清水が作ったであろうおにぎりだったそう。また田中さんのごはんチェックが。

第3エンド、前にストーンがたまってきました。両チームともにガードの間をすり抜けていきますが、カナダが先にひっかけてしまい、日本は2点パターンを作ります。最後は簡単なドローになって、日本が2点とりました。

第4エンド、コーナーガードをめぐる争い。日本はハウス周辺に散らしたところで、北澤のダブルテイクアウトが決まりました。カナダは次にドローで後ろに隠れて、日本はフリーズ。カナダのラストストーンはガードに当たってしまい、日本が1点スティールしました。これは僥倖!

第5エンド、ロングガードの後ろをめぐる争い。わりと後ろに通しやすかったが、カナダがひっかけてしまって日本チャンス。北澤のラストストーンでうまくガードの後ろにワンツー作りました。カナダはとても難しいショットでしたが、ドローはわずかに曲がらず、日本がまた1点スティールしました。これは戦略でとった1点ですね。

第6エンド、ガードストーンがハウス前にごちゃごちゃしてきました。日本はいいナンバーワンを作って、それをいろいろな形で守ろうとします。カナダもナンバーツーまではつくってくるのですが、日本のラストストーンはガードではなくフリーズになりました。2つ出すのは難しそう。カナダのラストストーンはその並んだストーンにそっと当ててナンバーワンをとりました。すごい技術!1点止まりでもすごい。

第7エンド、ハウス後ろの方にカナダのストーンが固まってきた。日本はその前のガードをはずして、その前にフリーズしてきました。カナダもそこに近づけてきました。まだ日本はナンバーワンで、2点目をとりにいきますが少し長すぎました。日本が1点とりました。

第8エンド、カナダはセンターガードをウィックしてシューターをロールインしてきた。これがすごいんですよね。日本はコーナーガードをテイクテイク。カナダのドローが少し伸びすぎてるようで、日本は1点とらせる形を作りました。カナダはスイープで引っ張ってなんとか1点。もう少しその前のショットで難しくしておきたかったです。

第9エンド、日本は石郷岡のウィック。うまく当ててはいるけどコーナーガード気味。カナダはガードを置いて、日本はテイクテイク。カナダのストーンをなるべく残さないようにします。とてもいいこと。うまくテイクできませんでしたが、カナダもガードに引っかけてしまったので、日本はドローでばっちり後ろに隠しました。カナダのヒットアンドロールはうまく決まらず、日本が2点とりました。これは大きい!

第10エンド、日本は普通に入れて、カナダはコーナーガードおいてきました。日本はさらにガード置いてきます。ファイブロックになって逃げ切る作戦はなかなか難しくなるそう。少しカナダのプッシュがあってまずい形になってきましたが、日本はタイムアウトをとって考えます。そして北澤のすごい狭いルートを通ったダブルテイクアウトを決めました!これはすばらしい!カナダは最後さらにすごい狭いルートを通ってテイクショットを決めますが、出し切れずに1点止まり。すごいチャレンジでした。試合終了、日本 7-5 カナダ。

カナダに勝てました。よかった。今回は勝負所でうまくショットを決めて、スティールを2点とることができました。なぜかカナダの調子もそんなによくなかったし、でもすごいショットをどしどし決めていました。技術はすごい。勝ててよかったです。

大相撲3月場所2019:10日目

BSPの偉人たちの健康診断は新しい歴史番組でみているマイク松ですこんにちは。今日の嘉納治五郎の回はほんとによかったです。そういうことになってたんかと。

春場所は10日目。力士がいるのも部屋で食べていけるからなんですよね。

10日目。実況は戸部さん、解説は正面が境川親方、向正面が立田川親方。

大翔鵬×千代丸。千代丸が幕内で。黄緑のまわし。押し込んでおいて思い切って引き落としました。もう少しで勝ち越しですね。

友風×千代翔馬。はたきにいった千代翔馬を押し込みにいきましたが、引いたところで千代翔馬が逆襲。最後は意味わからん感じで押し倒しました。

照強×輝。照強は足取りを狙いにいったのですが、立ち合いが不成立。照強いい感じで足がとれていたのに。3回目でようやく成立しましたが、輝はしっかりブロック、押し出しました。無念。

竜電×琴恵光。琴恵光とったり気味につかまえますが、竜電が徐々に上手をとって形を作ります。がっちり前まわしにして拝みながら寄り切り。琴恵光はもろ差しになりかけたのですが。

豊山×明生。明生しっかり立ち合いで間合いを詰めて、突き押しから押し出しました。明生の相撲も安定してきましたね。

豊ノ島×矢後。豊ノ島もろ差し!矢後も抵抗しますが、今日はしっかりもろ差しにこだわって寄り切り。絶対この取り口の方がいいですよね。

嘉風×勢。潜り込もうとする嘉風を必死にブロックする勢ですが、嘉風もしっかり動いて中に入って寄りきり。でもみんな勢のけがは知ってるんですよね。やさしい。

朝乃山×石浦。中に入ろうとする石浦。そしてとったりから振り回しますが、その勢いで崩れたところを朝乃山が突き落としました。スピードもあるし石浦悪くなかった。

碧山×松鳳山。碧山一度引いて下がりますが、松鳳山が出てきたところを出迎えるようにシュシュシュ突き押し。押し倒しました。下半身が安定してますね。

佐田の海×阿炎。阿炎いい突き押し。佐田の海なんとかつかまえようとしますが、阿炎が突き出しました。今日は自分の相撲とれましたね。

千代大龍×宝富士。千代大龍のど輪から引き落とし。はいはい。

琴奨菊×阿武咲。立ち合い差せなかった菊ですが、はさみつけてつかまえ、おっつけながら寄り切りました。つかまえてぱっぱと出たのがよかった。

栃煌山×隠岐の海。オッキー兄さん上手はとったのですが、栃煌山がすくいで崩して引き落とし。フットボールのようにセットしました。相撲では手ついちゃだめ!

錦木×正代。マサヨがもろ差しから寄り切りました。ようやく初日。よかったですね。錦木は負け越してしまいました。

魁聖×妙義龍。妙義龍が脇の下あたりをばっちりおっつけて寄り切り。魁聖の体浮いてましたよ。これが妙義龍の相撲なんですよね。めったにできませんけど。

御嶽海×遠藤。差しに行った遠藤、突き押しにいきます。御嶽海のはたきをなんとか残しましたが、続いた押しは残せませんでした。御嶽海しっかり粘れてます。

大栄翔×北勝富士。高校の先輩後輩対決。激しい突き押しあい。お互いにはたきますが残します。一歩も引かないという気迫を感じました。決まり手は大栄翔の突き落としでしたが、とてもいい相撲でした。

栃ノ心×豪栄道。ゴーエードー左上手をとりにいきました。栃ノ心に上手を与えず、上手ひねりで転がしました。いい勝負勘。

高安×逸ノ城。右四つになりました。高安が出て行きますが、逸ノ城が体を開いて突き落としました。これが決まるんですよね。

白鵬×玉鷲。白鵬がつかまえにいきましたが、玉鷲がふりほどいて小手投げから一瞬後ろにつきかけました。大チャンスと思ったら白鵬が後ろを向いたまま体をかわして突き落とし。まじかー。後ろが見えるんかな。

貴景勝×鶴竜。突き押しあいになりますが、貴景勝が中にぱっと入って最後は引き落とし。この突き押しの力ほんとにすごいです。引いていく鶴竜を逃しませんでした。

カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. ロシア

今使ってるHDDレコーダーは時々機嫌を損ねて録画しないときがあります。今回それに当たってしまったのですが、後継機がだめだめで、モデルチェンジするたびに改悪されるという感じです。そんなメーカーあります?このメーカーのこのHDDレコーダーはめっちゃ使いやすいというのが心底知りたいマイク松ですこんにちは。

ということでロシア戦は途中からです。無念。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. ロシア。実況は塚本さん、解説は両角弟さん。

レコーダーの調子が悪くて、第5エンドの途中からしか録画できてませんでした。第4エンド終わって日本 2-4 ロシア。

第5エンド、日本のガードストーンがハウスの前にある。ロシアはハウスの中に2ついれていって、日本はそれをダブルテイクアウトしにいきます。2つは動いたのですが、1つはハウスから十分に動かず、ロシアが1点スティールしました。出てしまえば2点とれたのですが。

第6エンド、日本はストーンをハウスにおいていたのですが、ロールした位置が悪くてロシアにダブルテイクアウトされました。こういうときはミスしないですね。

第7エンドはクリーンな展開。なんとか日本は2点みせることができ、待望の2点とりました。やっととれた。

第8エンド、日本はガードの後ろに隠れますが、ロシアはランバックからダブルテイクアウト。強いわ。どうも日本は自分たちのストーンを残せない。最後のフリーズを狙ったショットもスルーしてしまいました。ロシアが2点とりました。

第9エンド、中嶋のウィックショットっぽく、ハウスの両サイドに散らせるショットがまた決まった。これはうまい。しかしそのあとはミスもあってロシアは1点とらせる形をつくりました。日本はまたウィック気味に2つのストーンを入れるショットにチャレンジ。1点とっても難しいですからね。しかしうまくいかずロシアが1点とりました。ここで日本がコンシード、日本 4-8 ロシア。

後攻でやっぱり2点とることができなかったのがつらかったですね。ロシアはミスもありながら、次のショットで必ず挽回してくるし、なんやかんやで日本に難しいショットを強いる。何よりセットアップがばっちりなのが強さのひけつでした。