NYYピネダ、不正投球で退場処分

カーリングの男子世界選手権みたマイク松ですこんにちは。今回は何敗するんかなと思っていったら、なんと7勝4敗。もう少しでプレーオフ進出というところまでいきました。タイブレイクでスウェーデンに敗れて惜しくもプレーオフは逃しましたが、スイープ力があがっているのが大きいです。

本当はカーリングの話で今日は書こうと思っていたのですが、導入に使おうと思っていたニュースの方がおもしろいので、こっちで書きたいと思います。

ピネダ、不正投球で退場

NYYの先発ローテの一角をつとめているマイケル・ピネダ。結構いい防御率でがんばっていたのですが、他方で前回松やにを使って滑り止めに使っていたのではというギワクが報じられていました。

で今日の試合なのですが、どうもピネダの首に、不思議な物質がついているようにみえます。でもあんなわかりやすいところに何かつけてたらすぐばれるやろと思っていたのですが、カントクのクレームで球審が確認にいったら、やっぱり松やにでした

ピネダはその場で退場。そのあとのリリーフ陣も楽しく失点し、NYYは1-5で敗れました。好調なイチローさんはベンチスタート、守備もアレなタシェアラさんを復帰させたりしたあげくに松やにともなれば、そんな今日はイチローさんはゆっくりしてよかったと思います。ピネダはサスペンションをくらう予定とのことで、ノバもいなくなってどうするんだと思わせますね。

とにかくどこかに松やにを塗っておくとそれはばれるでしょう。わかりやすいし。もうこうなったら、松やにが汗の代わりに出てくるよう、毎日松やにを食べるしかないですよね。プロポリスみたいな感覚で。そしたらいろんなところから松やにがにじみ出てきて便利。松やに妖怪ピネダの誕生です。

もう球審にも文句はいわせません。これは汗だと。だってほんとに汗ですから。涙かもしれない。もういろんなところから松やにが。難点としては毎日松やにフルコースを食べなければならないのと、ちょっと体がべたべたして暮らしにくいというのですが、たいした問題じゃないですよね。品種改良が進めば、ある程度おいしい松やにもできるでしょう。毎日食べる松やにフルコース。

  • 食前松やに酒
  • サーモンのカルパッチョ バルサミコ酢と松やにソース添え
  • 松やにと春野菜のスープ
  • ロブスターとスズキのポワレ 松やにクリームソースがけ
  • サーロインステーキ 特製松やにドミグラスソース
  • 松やにアイス
  • 松やにコーヒー

5月場所「赤ちゃんだっこ権付きチケット」完売

おばま大統領が来日し、シュショーとお寿司屋さんにいきました。お寿司がたべたくなったマイク松ですこんにちは。

さて、大相撲5月場所は11日より始まるわけですが、チケットは絶賛発売中です。見に行きたい。

ところで相撲協会も今はいろんなおもしろチケット、いやお得なチケットを発売しています。朝稽古を見学できるチケット、母の日チケット、貴乃花親方との写真撮影ができるチケットなどなど。しかし光るのはこれですね。

赤ちゃん抱っこ権付きチケット

昔から力士にだっこされると元気に育つといわれていますが、こっちのページでは「強いお相撲さんに抱っこされると丈夫に元気に育つ」だそうです。

そんなだっこ権がついたチケット。しかも白鵬、ハルマ、鶴竜、菊、キセというトップ5が出てきているのは大きいですね。さすが1日10組限定チケット。それだけあってもう完売しているようです。

伝統をうまくいかしたこの企画。赤ちゃんにとっても力士と記念撮影とか、想い出に残るでしょう。いいことですね。

はい、この時点で「どうせ例の流れだろ」と思われた方いらっしゃるかもしれませんね。その通りです。赤ちゃん抱っこ権付き焼き肉をやってみたらいいんじゃないかと。縁起がいいし。

トゥイホウされたエターナルオーゼキのどこが縁起がいいのかとおっしゃる方、おこさまに「必ず勝ち越せるパゥワー」(いわゆるハチナナパゥワー)を身につけてほしくないですか?すこやかに育ってほしい、しかし現実は厳しいのです。思うように 思うようには生きられない この世界で、必要なのはなんだかんだで勝ち越している人生ではないでしょうか。そこへいくとその焼き肉屋の店長、仮に琴M喜としておきますが(あっ)、6場所連続8勝7敗といった数々のレジェンドを打ち立てているのです。くいついたら離さないということですっぽんエキス(大切なあなたに飲んでほしい)を信奉するくらいなら、もはやエターナルオーゼキの店で肉を食べるだけで勝ち越せるレベルですよ。

さらに!あのエターナルオーゼキ琴M喜はハチナナパゥワーに加えて、充実した稽古ができる「稽古場横綱パゥワー」、若手の突き上げに負けない「K.W.B.(=念のため期待の若手をぶっつぶす)パゥワー」、ピンチのときに力を発揮する「カドバンパゥワー」など数々のパゥワーを同時に配合。あまつさえ神の摂理にすら導かれる(?)という縁起の良さなのです。いつ生きたご神体として神社にまつられてもおかしくない。焼き肉屋さんと神社の複合業態。こんな店長にだっこしてほしいと思いませんか。

いちおう勝ちを意識すると力が発揮できない「自縄自縛パゥワー」、同じ相手に何度でも負け続ける「28連敗パゥワー」、ギャンブルが好きになる「トゥバークパゥワー」なども身につく可能性もありますが、まあなんでも物事には光と影がありますよね。

西、4勝目!

NHKドラマ「ロンググッドバイ」にはまっています、富井です。柄本明がいいですよねー。田中正造と同じ人だというのが信じられません。俳優って恐ろしいですね。

今、楽天戦の衝撃的なAJのホームランを見た直後なのですが、今日もオリックスの話です。実は先日パリーグTVに加入したので西の1投目から見ていたのですが、わずか3球で1失点。この試合まで3試合無失点だったのに、わずか打者2人、3球で1失点。・・・これは大量失点で今までの試合と帳尻を合わせるつもりだなと思い、速攻で見るのをやめました。

家に帰ってBS1で楽天×西武を見ながら晩ご飯を食べていましたが、途中経過でなんとオリックスが5-1で逆転したとのことでした。5点取ったことより、あの状況で1失点しかしなかったことが驚きです。そして再びパリーグTVを見てみると、西が気合いの入ったいいピッチングをしているではないですか。すごいな、西。結局9回を投げきって1失点。防御率は0.28になったそうです。うーん、4試合終わってこの成績。金子、西と2人で今年の投手タイトルを総ナメにしてくれるんじゃないかとワクワクしてきました。そしてそれにもかかわらず最後に西武に抜かれてパリーグ4位で終わるという終わり方なのではないかという期待に胸を膨らませています。

クリス・ジョンソンがNYJに ほか

レキシニューアルバム「レシキ」収録曲発表。死ぬほど楽しみでしょうがないマイク松ですこんにちは。もう予約しました。はやく届かないかなーと思っていましたが、曲名みてテンションあがってます。

さて、しばらくNFLをほっといてましたが、いつの間にかドラフト一色ですね。マンジールってそんなにいい選手なんですね。

ニュースをまとめておきます。

1. クリス・ジョンソンがNYJに

TENのRBクリス・ジョンソン。FA戦線で最大の目玉だったのですが、ようやく落ち着き先がNYJに決まりました。めでたいですね。

ジョンソンは昨シーズンすごいたたかれたらしく、「批評家どもを見返したい」と意気込んでいるようです。まだまだ大丈夫でしょう。となるといよいよNYJも戦力が充実してきてますね。まあ地区優勝はいるかですけどね★(黒星)

2. フリン、GBと再契約

GBのQBマット・フリン。FAでしたが、めでたくGBと再契約になったそうです。よかった。

フリンはGBにいてロジャースのバックアップだとすごくいい成績を残すのですが、外に出るとさっぱり。よほどプレイコールの親和性が高いのかもしれません。

いずれにせよGBにとってはありがたい限り。ロジャースがけがをしないにこしたことはないのですが、フリンがいてくれればもしけがをしてもその間なんとかやってくれそうです。頼りにしてますよ。

3. SFのアルドン・スミス、空港で身柄を拘束される

おっ久しぶりにNFL犯罪黙示録に載りそうな感じですね。

SFのLBアルドン・スミス。激しいパスラッシャーですが、このたび空港で身柄を拘束されたようです。

どうも手荷物検査に非協力的なばかりか、自分は爆弾を所持しているとかのたもうたようで、あえなく拘束。うん、確かに空港の手荷物検査はめんどくさいですが、ちゃんと協力してあげてください。カスタム君もそういうてるよ。

今まで結構わるいことをしていたスミス。契約延長ができるのかといわれましたが、SFは今シーズンの年俸を$3min保障されているので、解雇するのはもったいないということになっているようです。それでも早速開幕からサスペンションをくらいそう。強く生きてください。ハーボーHCが。

4. チャド・ジョンソンがCFLでプレーすることに

もとおちょしんこことWRチャド・ジョンソン。しばらくぶりにプレーすることになりました。今度はCFLです。

以前はいるかに所属していたこともありましたが、DVで解雇されてからはどこにいったのやらというところでしたが、まだまだ意気軒昂の様子。がんばってほしいです。

もう「ジョンソンが現役復帰」が、「ミッチェルが現役復帰」にまじでみえてしまってしょんぼりしていますが、ミッチェルさんもどこかでプレーしてみたらどうかな。いやプレーしなくてもいいから、どこかで姿を見せてくれると助かります。

世界フィギュアスケート選手権2014(8):男子シングルFS

勝が史上最年少V。すごいですね。ところで勝はハンシンファンらしいので、明日のスポーツ新聞には「猛虎魂で最年少V」とか「六甲おろしが力与えたァ」などとおどるかなと思っていたら、すでにかぎつけられていました。記事の半分はハンシン関係。「そこで猛虎の出番だ」はほんとにすごいなと思ったマイク松ですこんにちは。

今日は男子シングルFSです。

世界フィギュアスケート選手権2014、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は樋口地蔵尊。南無阿弥陀仏。ブレジナは足首を痛めて棄権だそうです。その方がいいでしょう。おだいじに。

カナダのエラジ・バルデ。「クレイジー・ダイヤモンド」。4T決めてきましたね!しっかりと決めました。3A+2Tは入りは悪かったですが成功。3Fはロングエッジでした。ステップもなかなか感情こもってます。コンビネーションスピンもしっかり。3Aは軸が傾きましたがしっかりリカバー。こういう能力はありますね。3Lzはエッジが入りすぎたか手をつきました。3Lo+2Tは降りでよろけてしまいました。コレオシークエンスはちょっと疲れたか。3Lzはきっちりコントロールされてました。3Sからキャメルスピンでフィニッシュ。やりましたねバルデ!195.39。来年の2枠とるという目標に貢献しそうです。有香ちゃんのドレスがきれい。

カザフスタンのアブザル・ラキムガリエフ。なんとかかんとかFSに残れました。助かる。ラキムファンから黄色い声援が。奇特な人たちだ。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」。4Sに挑むらしいですがほんとか。と思ったら3Sをさらっと決めてきました。さんきゅー。3S+3Tは間にターンが入りました。音楽が変わったのでここからラキムの世界に引き込みましょう。3Aはしっかり降りてます。キャメルスピンからステップに。このあたりはもっとがんばってほしい。3A+2Tはファーストで止まりましたががんばりました。3Fはしっかりいけました。3Loもしっかり。ジャンプがよく決まってます。3T+2A+SEQ、2Aと成功してます。コレオシークエンスはここから楽しませてくれるかと思ったら終わりました。だいぶ疲れてる。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。演技としてはいい演技でした。183.55。モロゾフがついてるからさっぱりおもしろみのない演技になってますが、もっと自分を出してほしいものです。点は出たけど。

ポーランドのマチェイ・チェプルーハ。3AもってないのにFSに残れました。やった。「ラグタイム」。やっぱり滑りはいいですね。4Tに挑みますがダブルに。気にせずいこうぜ。3Lz+2Tはいけました。3Fもまずまず。シットスピンはいいポジションを速い回転で。ジャンプ以外はかなりいいですね。地蔵尊もおほめの言葉。3Lo+2Tから後半に。3Lz+2Tで無理につけようとして転倒。3Sはいけました。ステップはダンスは得意じゃないけどエッジワークはとてもなめらか。この長所がもっといきるはずです。3Loからコレオシークエンス、2Aをはさんでコンビネーションスピンはちょっとトラベリングしましたがフィニッシュ。ジャンプをもっと磨けば上で戦っていける選手ですね。ポーランドにいい選手でてきました。175.97。

スイスのステファン・ウォーカー。FSに残れましたね。「シェイズ・オブ・マーブル」。4回転はもってないので3Aが最大の奥義。しかし3Aは転倒してしまいました。もう一度トライするもシングルに。せめて2Aにしたかった。3Lz+3T+2Tは決まりました。キャメルスピンは難しいポジションでまわってます。女子みたいだけどパワフルといいとこどり。ステップは自分で振り付けも考えてるそう。もうちょっと躍動感が出せるかも。3Lzはステップアウト。3Fは転倒しました。シットスピンから3Sもステップアウト。ジャンプが決まりません。3Loはダブルに。コンビネーションスピンもおもしろいポジション。コレオシークエンスはだいぶ疲れてました。ジャンプの確率がもっと上がればいいいい演技になる。オマエがスイスを背負っていかないと。163.91。

ルーマニアのゾルタン・ケレメン。「ブレス」ほか。はじめて世界選手権でFSを滑るそうです。がんばれ。3Aはシングルに。3Lzはいけました。3Fも単独。後半にコンビネーションは残してるんですね。3Aは今度は決まりました。あぶなかったですが。キャメルスピンはしっかりレベルとれてる。ステップは中盤にもってきてます。1歩1歩をもっと長くと地蔵尊。3Loはステップアウト。3Lz+2Tは成功。3S+2T+2Tはなんとかかんとか。シットスピンからコレオシークエンス。2Aはシークエンスにはできませんでしたが、コンビネーションスピンでフィニッシュ。オリンピックのときよりも転倒してないしがんばりましたね。いけました。176.81。

フィリピンのクリストファー・カルーザ。グリーグ「ピアノ協奏曲」。カルーザも3Aはもってないんですよね。3Loから入りました。3Lz+2Tはしっかり2Tつけました。3Sはオーバーターン。ステップにいくまでも短く、結構詰めて入れてますね。躍動感もあるしステップは得意そう。シットスピンはもう少し回転が速かった方がいいかも。キャメルスピンはいけました。つなぎの部分もがんばってますね。スパイラルをしっかり入れてます。3Lo+2T+2Tをそこから成功。3F、2Aとぽんぽん決めます。ウォーレンから3Lz+2Tはきれいに跳べました。コレオシークエンスはまだまだ元気。動きも激しいです。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ!これは会心の出来でしょう!フィリピンにいい選手が出てきてます。マルティネスといい。193.23。鼻水でてるけどこれはいい演技になりました。

韓国のキム・ジンソ。「レジェンド・オブ・ザ・フォール」より。3A+2Tはでかいジャンプでした。これは大きな武器ですね。3Lzも流れがあります。3T+3Tもいける。すごくチャレンジする選手ですね。キャメルスピンはゆっくり。ステップはしっかり上半身も使っています。音楽変わってもステップが一連。3Aも高さありますねー。3Loもいけました。3Fはダブルになりました。2S+2T+2Tになったりと疲れてきてるか。がんばれ。2Aからシットスピン。コレオシークエンスは緩急ついてました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。この調子で4年後はいい選手になっていそうです。202.80。いい点でました。

カナダのケビン・レイノルズ。バルデがいい滑りしたから、レイノルズは自分の滑りしてね。でも靴がまだあわないみたいです。「エクセルシウス」より。4Sはきっちり成功してますが回転は回ってると信じたい。4Tはダブルに。3Aはステップアウト。ステップは緩急もついてるししっかりエッジワークしてます。ケビンにしては。4T+2Tはがんばりました。2Aは予定通りか。3F+3Loもきっちり。コンビネーションスピンから場内を盛り上げて3Lz。3S+3Tはセカンドでツーフット。コレオシークエンスを入れて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。靴があわない中よくがんばりました。5月に新しい靴が届くの楽しみですね。215.51。よし。

イタリアのイヴァン・リギーニ。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」。3Aは手をつきました。3A+2Tはいけましたね。3Lzは手あげ。不思議な顔をなでる動きからシットスピン。2Aは予定通りですね。ステップは細かいエッジワークがよく表現に結びついてます。キャメルスピンから顔をなでたら笑顔になりました。おもしろい。地蔵尊は「おしゃれな…」といってましたが違いますよ先生。3Lz+1Lo+2Sは3-1-3の予定だったか。3Loはいけました。2A+3Tも後半なのにしっかり跳んでましたね。コレオシークエンスから3Fはまた手あげ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これはよくできましたね。本人もめっちゃ喜んでいます。213.09。やったね。

カナダのナム・ニューエン。FSもがんばってほしいです。「G線上のアリア」ほか。3A+3Tはきっちり決めました。回転のキレがいい。ケビン的なやつだ。3Aもしっかり。いい出だしです。3Loからステップ。エッジののびもいいですね。シットスピンも回転が速い。3Lz+2T、3Lzとエッジもしっかりしてるし、3Sとよくジャンプがコントロールしてます。地蔵尊も若いなりに音楽を表現していると評価。手の動きがいいですよね。シットスピンからしっかり盛り上げて3F+2T+2Lo、2A。テンポがいいです。コンビネーションスピンまでしっかり表現してます。コレオシークエンスでフィニッシュ!これはいい演技きましたねー。ノーミスでしたよ。まじか。214.06。オーサーも喜んでますね。今の時期でこれだけできれば上々です。

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。「ラプソディ・イン・ブルー」。青い衣装です。3A+2Tは音楽にあわせて降りました。3Aは少しスピードが足りずステップアウト。3Lz+3Tはなんとか3Tつけてます。がんばった。ステップはよく動いてます。キャメルスピンはいいポジションと地蔵尊。つなぎの部分もしっかり表現してますね。3S+2T+2Tを後半最初で入れてきてます。3Lzはステップアウト。3Fはダブル。3Loはなんとかいけました。シットスピンは難しい動きも入れてる。コレオシークエンスは苦しそうな表現。ほんとに苦しいのかも。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。最後危なそうでしたがセーフでした。がんばりましたね。196.78。

第3グループ。場内アナウンスで「コフトゥンのお父さんはフィギュアスケートのコーチですが、一度も指導も受けたことがないそうです」といってました。富井と2人で顔を見合わせて、「それ、いる?」っていってしまいました。

アメリカのマックス・アーロン。「カルメン」。スピードに乗ってる。4S+2Tは両手をついてしまいました。4Sはステップアウト。でも回りきってはいるようです。ここでステップがきます。いやなことは先にやっておこうということかな。シットスピンは回転が速いし、コンビネーションスピンはとてもいい回転です。3Aはステップアウト。高さはありました。3Aもステップアウト。どうも今日はおさえられないですね。3Lzはなんとか。3F+1Lo+3Sはサルコウで手をつきました。3Loからコレオシークエンス。3Tからシットスピンでフィニッシュ。ジャンプが決まらないのではなかなかきついですね。225.66。それでも1位。

フランスのシャフィク・ベゼギエ。虫みたいな衣装ですが雰囲気あります。「パッション」ほか。4Sを決めてきました!そんなんもってるんや。3Aも軸がぶれましたがしっかり降りてますね。3Lzも同じくリカバー。コンビネーションスピンはまずまず。ステップからの3Loはきれいでした。ステップはなかなか踊れるところをみせます。ツイズルが得意ですね。不思議なパントマイムがありました。3A+2Tはあぶないところでしたががんばりました。3T+3T+2Tも決めてキャメルスピン。もうちょいつなぎがんばりたい。2A、3S+2Tを決めてガッツポーズ。シットスピンでフィニッシュ。これはいい演技でしたね。コーチがエキサイトしてます。フランスもいい人育ってますね。224.19。コーチ喜んでます。

アメリカのジェレミー・アボット。最後にいい演技を。「エクソジェネシス交響曲」。ゆったりと入ってますね。4Tをきっちり決めてきました。これは最高のジャンプ。3A+2Tはがんばりました。シットスピンのポジションもばっちり。3Fもしっかりコントロールしてます。いいぞ。無欲でいこう。ここからステップ。なめらかなスケーティング。強弱も緩急も全部入ってます。2Aからもう一度3A。決まりました。よし。3Sものびやかな流れがあります。3Lz+3T+2Tも、2A+2Tも決まってますね。よっしゃ。アップライトスピンからコレオシークエンス。会場も見入ってますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ!うわー!場内もスタンディングオベーションです!いい顔してましたねアボット。ありがとうお客さん。場内が餅まき状態になりました。アボットの最後の演技がこんなにいい演技で終われるなんて。神よ感謝しますわ。リンクサイドで有香ちゃんもすごい喜んでました。最後にコーチ孝行ができたな。246.35。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。すごいあとで滑ってますね。びっくり。「ノストラダムス」より。3A+2Tは強引に成功。4Tはきっちり決まりました。やった。3A単独はシングルになりました。キャメルスピンはしっかり回転数えてました。ステップはまあ普通。順番が悪かった。3Loはきっちり、3F+3T+2Tも決まりました。ジャンプはいいですね。3Lz+2Tもいけてる。シットスピンは回転速いです。3F、3Sからコレオシークエンス。疲れてますががんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。順番が悪くてすごい長かったけど。211.24。今まで考えたら大健闘です。

ドイツのペーター・リーベルス。リーベルスも成長している1人。「リヴ・フォーエバー」。4Tはうまくあがってましたが転倒。3Aも手をつきました。どこかけがしているというのが影響してるのか。3Fは決まりました。がんばれ。ステップはエッジワークがきれいです。3A+2Tは今度はしっかり成功。3Lz+2Tはあぶないところでしたがリカバー。シットスピンから3S、3Loもいけてますね。コンビネーションスピンもよくまとまってます。3Tからコレオシークエンス。体全体でしっかり表現。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後までがんばりました。ジャンプが決まらなかったのは最初だけでしたね。211.92。

ロシアのマキシム・コフトゥン。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」。4Sはシングルになりました。足を振り上げるのがあたってるみたいな感じでした。4Tはしっかり成功です。2つ決めたかったなー。3Lz+3Tもきれいに決まってます。コンビネーションスピンは最後に苦悩してます。ステップはチェンジオブペースがかっこいいし、音楽をよく聴いてます。この曲表現がコフトゥンの強み。3Aは流れよく決めたし、3A+2Tも成功。3Lzもクリーン。3S+2Tからコンビネーションスピンからコレオシークエンス。よく音楽を表現してる。疲れてるのに。2Aからシットスピンでフィニッシュ。結局決まらなかったのは最初のジャンプだけでしたね。いい演技でした。247.37。

最終グループ。

チェコのトマシュ・ベルネル。すごい歓声です。ピアソラのタンゴセレクション。4Tは手をつきました。まわってる。4Sはダブルになりました。大丈夫、次いこう。3Aもシングルになりました。3Fはきれいに成功。ここからステップ。これがベルネルのステップ。アボットにひけをとらないディープエッジと表現力。アップライトスピンからつなぎの部分もしっかり滑ってます。3Aはステップアウト。3Loもシングルです。3Lzもダブル。3Aは決まりました。シットスピンからコレオシークエンス。すばらしい動きと表現です。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後の演技はうまくいかなかったですが、日本にきてくれたことがうれしかった。おつかれさまでした。223.14。

町田樹。なんかひらひらが増えてるような気がする。「火の鳥」。いい演技頼むよ。4Tを成功させましたが、詰まってコンビネーションにできませんでした。でもでかいジャンプ。4T+2Tでコンビネーションはリカバー。いいですね。3A+3Tもいけました。これは大きい。シットスピンも回転が速いし姿勢も低い。ステップも火の鳥の躍動感がすごい表現できてる。すごい鳥っぽい。後半もがんばれ。3Aはしっかりこらえました。よっしゃがんばった。キャメルスピンの体勢もきれい、というか鳥っぽい。3Loは少しスピードが落ちてオーバーターン。3Lzはクリーンです。3F+2T+2Loも決まりました。3S決めてジャンプおわり!コレオシークエンス。まだまだ元気。最後のコンビネーションスピン。しっかり決めてフィニッシュ!やったー!!やったやった!このどや顔が見たかったわー!コーチも感極まってます。戦国大名が城を落としたときの顔や。かっこいい。282.26!すばらしい点出ました。

中国のハン・ヤン。「美しき青きドナウ」。3A+3Tきっちり決まりました。でかい。でかいでかいと思っていてもそれ以上にでかい。4Tはダブルになりました。3Aは転倒してしまいました。これはめずらしい。ちょっと跳ぶタイミングがずれた感じでしたね。大丈夫か。ステップは深いエッジと躍動感。地蔵尊も評価しています。つなぎの部分がすごい中途半端な感じだけど、さっき痛めたんだろうか。3Loはいけてますが、3Lz+2T+1Loになってる。かぜぎみだという話もあるんだとか。しんどいんかな。3F+1Tになった。体調がよくないのは間違いなさそう。スピン終わりで止まってるし。がんばれ。3Lzは決まりました。3Sもいける。もうちょい、がんばれ!最後のシットスピンはすごい速かったです。がんばりました。よくがんばりました。231.91。

羽生結弦。いい演技を。「ロミオとジュリエット」。気合い入ってますね。4Sはふんばって決めました!おー!4Tは流れのあるスーパージャンプです。すごいわ。3Fもすーっと流れます。ステップも複雑なエッジワークと上半身の表現が融合してます。コンビネーションスピンはドーナツスピンとビールマンスピンも入れてます。3A+3Tはセカンドであぶなかったですががんばりました。カウンターターンからの3A+2Tは難しい入り方。すごいわ。3Lo、3F+1Lo+3Sを強引に決めてきました。3Lzでジャンプ終わり。コレオシークエンスはよく盛り上げてます。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ!はーいスターでした。疲れましたががんばりました。すごい激しい餅まきが繰り広げられています。地蔵尊は今日はスピードを控えていたといってましたが、慎重にいってたんでしょうね。最初の4S決めたのが大きかった。オーサーたちはフェルナンデスの方にいってるのでキスクラはぼっちでしたが、282.59!うわー!僅差でかわしました!

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ピーター・ガン」より。4Tから決めてきました。さらっと。4S+2Tは間にターンが入りました。3Aは片足ターンからのダイレクトです。シットスピンからステップ。地蔵尊はエッジの浅さを気にしてましたが、本来はもっとできますよね。4Sはクリーンなジャンプ!決めてきてます。3Lz+2Tはルッツがシングルになりました。まじか。3Loは決まりました。3F+1Lo+3Sはいけてますね。コレオシークエンスはさすがの出来。みんなを盛り上げるすべは心得てます。3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい出来でしたが、1Lzはほんとみたことなかったですね。ちょっと疲れたか。275.93。

小塚崇彦。最終滑走です。がんばれ。「ロンド・カプリチオーソ」。4Tはちょっと両足でしたか。決まってる決まってる!(強引に)。3Aは手をつきました。3Lz+1Tはうまくいってましたがセカンドがシングルでした。スピンからステップに。さすがのエッジワークですね。なめらかです。3A+1Tは手をつきました。シットスピンの出来はさすが。ぜんぜん軸がぶれない。3F、3Sと決めてきます。コレオシークエンスはだいぶ疲れてますね。がんばれがんばれ。3Lz+2T、2Aからコンビネーションスピン。しっかり軸が安定していました。短い準備期間でも小塚らしいところはしっかりみせていました。238.02。

○最終順位:
1. ハニュー
2. 町田
3. フェルナンデス
4. コフトゥン
5. アボット
6. 小塚
7. ハン・ヤン
8. アーロン

ハニューが優勝しました。実は世界選手権初優勝。そりゃそうですがびっくりですよね。FSで上を追う気迫がすごく感じられて、トップをとる強さを感じました。4Sが決まったのは大きい。GPSファイナル、世界選手権、そしてオリンピックと、大きな大会を制覇しているんですね。まじか。

2位は町田。ほんとにすばらしかった。できれば今回、世界選手権は町田にとらせてあげたかった。トップをとるチャンスだった。でもこれまでのことを考えれば、2位は超すばらしい結果です。現役は続けてくれるらしい。というかこれまでの苦労から考えればもっともっと幸せにならないと。これからもがんばってください。

3位はフェルナンデス。なんだかんだで3位ですからね。やはり強い。欧州はこれからもっとおもしろくなります。ひっぱっていってほしい。4位はなにげにコフトゥン。なにげに4位ですよ。

5位はアボット。もう少しで4位でした。最後の演技であれだけの演技ができたのはほんとにうれしい。表現の高みに到達したという感じでしたね。今シーズンに全米のSPと今日のFSがみられてよかった。記憶に残る選手でした。おつかれさまでした。もうアボットのジャンプにひやひやできないのかと思うとさみしいわ。