全米フィギュアスケート選手権2017(4):アイスダンスFD

いまさらですが、Suchmos「THE KIDS」がめっちゃ売れててびっくりなマイク松ですこんにちは。いやこれだけいい音楽やってるからこそ売れないんだと思ってました。日本捨てたもんじゃないわ。うれしい。

全米選手権はアイスダンスFDです。

全米フィギュアスケート選手権2017、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。エアロスミス「ドリーム・オン」。最初はよく雰囲気作れてました。CuLiはホールドが難しい。MiStはしっかり滑れてますがもっとエッジを使っていきたい。ツイズルはいい出来ですね。RoLiはそのままダンススピンにつながります。このダンススピンは軸がばっちりでうまくできました。SeStは2番目のステップだからもっと攻めてもいいのかも。SlLiは安定してます。このカップルの武器。コレオスピンとコレオリフトをちょうどクライマックスに入れてました。ある程度基準になりそうな滑り。147.15。よくやったよジョジョ。

ジュリア・ビークラー&ダミアン・ドッジ。シーア「ブレス・ミー」。StLiからいきなり入りました。これは効果的。いい出来です。ツイズルはいい回転のキレでした。武器になりそう。SeStはてきぱきと滑ってます。CuLiはもっとバリエーションをなめらかにいきたい。コレオツイズルからダンススピン。リフト的な部分も入れた構成にしてますね。DiStはスピード重視。いけてますね。RoLiは最後にStLiとしてのコレオスピンでフィニッシュ。結構工夫のあるプログラムでした。こっちの方がいきいき滑ってた感じがします。152.19。FDのパーソナルベストだそう。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。SDの出遅れを取り戻したい。ビリー・ポーター「タイム」。CuLiはバリエーションが音楽にあわせた雰囲気。いい出だしですよ。DiStはあっという間に。RoLiはバリエーションがなめらかで、そのままダンススピンに。いい構成です。カヌーシオの表情を滝野さんがほめてます。SeStはマクマナスの腰が引け気味だと滝野さん。ツイズルはSDよりもよくなってました。SlLiは難しいポジション。コレオリフトからコレオスピンでフィニッシュ。最後はよかったのですが全体のつながりで盛り上げていくのはまだまだ課題かも。153.35。なんとかトップに。

エリアナ・ポグレビンスキー&アレックス・ブノワ。注目したいです。「ペルシアン・レジェンド」ほか。ダンススピンから入りました。すごい独創的なポジションですね。ポグレビンスキーはビールマンポジションいけるんや。CuLiはエッジがすごい深い。あぶないです。SeStはエッジがよく滑ってます。なんかシニアデビューなのに風格がある。滝野さんのいうようにエレメンツ感がないです。コレオスピンも効果的に使えてます。SlLiは入り方もよかったです。久しぶりにこれだけ振り付けで物語を作ってくるのみました。ツイズルは確実に。音楽が変わってスピードを上げてきました。DiStはしっかりファーストステップと差別化してます。RoLiも安定してます。コレオリフトでフィニッシュ。単調な音楽なのにグルーヴで盛り上げていける力がありますね。170.29。これは自信になる得点ですね。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。リスト「愛の夢」。いいスピードで入ってきてますね。CiStは足も近いし、ツイズルが入っててもぱっと戻れる。しかしツイズルで手をついてしまいました。ノーバリューになってしまうそう。本調子じゃないのかも。CuLiは見事なポジションでした。DiStはユニゾンがよくできてますね。RoLiは安定した回転。ベイカーがんばってますね。コレオツイズルはばっちり。ダンススピンはこれまた安定してます。ばっちり。SlLiはこれまた転倒してしまいましたね。コレオリフトでフィニッシュも、今日は信じられないくらいミスが出てしまいましたね。まあそういうこともあります。どんまいやで。160.06。

マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ。「エボリューション」。清浄な入りからダンススピン。すごく安定してるし加速してました。すばらしい出来です。SlLiはすごいポジション。なんであれでバランスがとれてるんだろう。エッジがなめらかだから浮遊感も出せるんですね。SeStはもちろんハイクオリティな滑り。アレックスの足がフェンスにぶつかってもまったくぶれない。StLiは導入からの安定感がすごい。ツイズルはどんどん進んでるのにパーフェクトユニゾン。すごいわ。RoLiはもうエレメンツじゃなくて振り付けの一部ですね。DiStはもっと攻めてきますね。コレオリフトはあぶないバリエーション。コレオツイズルでフィニッシュ。いやー見事な出来。これは世界選手権が楽しみ。この完成型はすごいものになりますよ。200.05。リフトのタイムバイオレーションをとられてますね。

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。ラブメドレー。RoLiをいきなりかましてきました。テンションあげますね。つなぎ部分でハベルが転倒。なんかリンクに落ちてるんかな。でもSlLiをすぐにばっちり決めてきました。このへんはさすが。CiStはエレメンツじゃなくてなめらかなつながりで演技の一部にしてる。その流れのままCuLi。浮遊感がすごい。音楽とともにいい雰囲気を作ってます。ダンススピンは一度足をついてしまいました。ツイズルは少し離れましたがいい出来。DiStもすごくシンプルかつベーシックな出来。コレオスピンとコレオリフトでフィニッシュ。いい出来だっただけに転倒は痛かったですね。191.42。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。デヴィッド・ボウイ「アンダー・プレッシャー」。かっこいい入り!グッドですね。スピードに乗ってSlLiは双方のバリエーションが効いてます。SeStはエッジもよく滑ってますね。あわせにくい音楽によくあわせてると滝野さん。CuLiはまたいいバリエーション。というかベイツはよく動けるんですね。ダンススピンも最後まできっちり変化できてます。ツイズルはばっちりあわせてました。RoLiはすごいローテの速さでパワーを表現。DiStはフレディ・マーキュリーのヴォーカルをよくとらえて表現してる。コレオリフトはまたすごく独創的。コレオスピンでフィニッシュ。見事な出来ですね!なんか渾身のプログラム。おー199.04。惜しかった!でも全力を出し切った滑りでした。見事!

○最終結果:(クノールカップスープ的に)
1. シブタニポタージュ
2. チョック・ベイツコーンスープ
3. ハベル・ダナヒューほうれん草のポタージュ
4. ポグレビンスキー・ベノワオニオンコンソメ
5. ハワイエク・ベイカー栗かぼちゃのポタージュ
6. カヌーシオ・マクマナスクリームオニオンポタージュ

シブタニ兄妹が優勝、2連覇になりました。最後はぎりぎりでしたが、なんとか逃げ切れましたね。すごい上質のFDはまだよくなりそう。たのしみです。チョック・ベイツはすばらしいFDプログラム。ボウイの力を借りてきたような滑り。それでいいんだ。こちらもたのしみです。ハベル・ダナヒューとハワイエク・ベイカーは今日はミスが出てしまいましたね。でも本来の出来ではなかっただけでしょう。何より今日はポグレビンスキー・ベノワの躍進が光りました。ピューターとれましたよ。若手の台頭がアイスダンスをおもしろくします。今後がたのしみですね。

全米フィギュアスケート選手権2017(3):アイスダンスSD

本当は明日からドイツに本社を探しにいく予定だったのですが、中止になってしまってものすごい落ち込んでいるマイク松ですこんにちは。いきたかったドイツ。ううー。でも来週予定変更で沖縄にいくことになりました。フォルス・スタート商会の本社の情報をもっている飛天御剣流の継承者が陶磁器作家として身を隠しているのは沖縄という情報もあったので。こっちはいけるといいな。

全米選手権、今日はアイスダンスSDです。全米のアイスダンスはどうなっているのかな。

全米フィギュアスケート選手権2017、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は滝野さん。リズムはミッドナイトブルース。

ジュリア・ビークラー&ダミアン・ドッジ。今シーズンからシニアデビュー。エイミー・アービング「テインテッド・ラブ」ほか。さすがアメリカ、こんなジャジーな雰囲気も若いのにしっかり出せる。パターンダンスは慎重に、パーシャルステップはもっとがんがんいきたいところ。ツイズルはまずまずの出来。MiStはもっとスピードがほしい。RoLiでフィニッシュ。若いんだからもっとがんがん攻めていってほしいです。59.15。

エリアナ・ポグレビンスキー&アレックス・ブノワ。ブノワの衣装がすごい。エルビス・プレスリー「トラブル」。最初にCuLiをもってきました。これはうまい。ポグレビンスキーのバリエーションがよかった。パターンダンスとパーシャルステップは曲をうまく使ってエルビスの雰囲気を失わないようにしてますね。お得な使い方。ツイズルもよくあってました。MiStはこれまたうまいユニゾン。最後までがんばってました。これは全然初出場とは思えない。自分たちの滑りをしてました。67.17。いい点出ましたね。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。ジョジョや。ロビー・ウィリアムス「アイ・ワナ・ビー・ワイク・ユー」。まずまずの入りからパターンダンス。前のカップルと比べると慎重に滑ってる感じですね。ツイズルはちょっと乱れてる感じがします。MiStもどうも2人の距離が安定しないです。動きはとてもユニークなところを出してるんですが。おもしろいコレオリフト的なのもありました。自分らしく滑れてはいるんだと思います。芸達者を磨いていこう。57.96。がんばれジョジョ。

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。おっ出てきましたね。「フィーリング・グッド」ほか。さすが動きが違いますね。そしてスピードに乗っていきます。パターンダンスは全然規定感がなくて。雰囲気をしっかり出しながらも正確な滑り。パーシャルステップも足が近くて。ツイズルはヒップホップにうまく乗りながらも正確。SlLiはハベルのポジションをいかして、しかも曲にのってます。ただのダンスじゃなく、ばんばんヒップホップを演じてきます。DiStに入るまででしっかり会場を味方にして、DiStはユニゾンばっちりでした。いい滑りでしたね。ヒップホップを完全に味方にしてました。79.72。ロウゾンは何でも指導できるんやなー。

マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ。ディフェンディングチャンピオンですよ。フランク・シナトラ「ザッツ・ライフ」。入るまでの正確無比な振り付けでレベルの違いを見せます。さすが滑りが速い!エッジがなんたるなめらかさ。パターンダンスにきてもまったくスムーズ。パーシャルステップはもっとダイナミックに。でもスタート位置と離れていたと滝野さん。ツイズルは見事のひと言。MiStは完全にシンクロしてます。このカップルの武器ですね。RoLiの入り方から降り方までよどみなしでした。82.42。ハベル・ダナヒューもいいと思いましたが、それを軽く上回ってきましたね。これは全米のSD記録だそうです。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。マイケル・ブーブレ「フィーリング・グッド」。パターンダンスにぱっと入ります。滑りが丁寧な印象。パーシャルステップはよりダイナミックに。ツイズルはダイナミック。ちょっとこわごわ。MiStは最後の方でバランスを崩しました。ハワイエクホールドのところもあって。ヒップホップをうまい使い方してる。RoLiもローテがダイナミックでした。いい演技でしたね。持ち味をわかってる印象。72.60。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。「アップタウン・ファンク」ほか。CuLiをいきなり。すごいバリエーションが激しくてなめらか。やりますね。このブルーズをうまく料理してます。パターンダンスはこれまたブルージー。曲の解釈がすさまじい。パーシャルステップもうっかりそれと忘れるほどの。曲が変わってツイズルはスムーズ。MiStもよくリズムをとらえてました。ミニリフトでフィニッシュ。課題をよく理解した構成と滑り。79.96。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。「ハーレム・ノクターン」。やっぱりこういう曲が滑りやすいですよね。パターンダンスは滑りは速いですがいまいち正確ではない様子。パーシャルステップは曲の雰囲気をより表現してました。ツイズルはミラーの形。でもちょっとユニゾンがうまくなかったですね。ヒップホップはよく踊れてます。CiStをもってきました。でもこの構成おもしろい。音楽をいかしてますね。RoLiまでしっかりもっていきました。ヒップホップはよくあってましたね。56.94。あれー?もうちょっとあってもよかったような。

○SD終わっての順位:(クノールカップスープ的に)
1. シブタニポタージュ
2. チョック・ベイツコーンスープ
3. ハベル・ダナヒューほうれん草のポタージュ
4. ハワイエク・ベイカー栗かぼちゃのポタージュ
5. ポグレビンスキー・ベノワオニオンコンソメ
6. ビークラー・ドッジチキンコンソメ

結構高得点が出ていますね。あとヒップホップがうまく刺激を加えていておもしろいです。

シブタニ兄妹がトップ。スーパーツイズルの分上回っているともいえます。隙のない滑りがあるからこそですが。でもチョック・ベイツもハベル・ダナヒューも上を狙っている様子。あとポグレビンスキー・ベノワの健闘が光りました。やりますね。

全米フィギュアスケート選手権2017(2):ペアFS

球辞苑みたマイク松ですこんにちは。左殺しといえば遠山、もっといえば遠山・葛西・遠山のリレーですよね。ほっこりした気持ちになります。遠山・葛西・遠山。

全米選手権、続いてペアFSです。アメリカのペアもなかなかしんどい時期ですね。

全米フィギュアスケート選手権2017、ペアSP。実況は小林さん、解説は杉田さん。

やっぱりケイン・オシェイはFS欠場だそうです。転倒で脳しんとうがあったらしい。おだいじに。

カリー・フジモト&ニコラス・バルシ・ライン。SPは10位。「王様と私」。3Twは少しずれましたか。2人の回転が逆になっていて、いつも対照的にあっていきます。3Tはダブル、3FThは回転足りませんでした。リバースラッソーリフトは安定した回転。Dsはもっと長くやりたいところ。ソロスピンは回転が逆なのでミラーのようになってます。こういうのあったらいいなと思っていましたがほんとにやる人いるんですね。アクセルラッソーリフトはもっと移動したい。3SThはステップアウト。コレオシークエンスはダンスリフトのようでこちらはスムーズ。3Tもダブル。ペアスピンは両回転。これは強みかも。グループ3リフトはキャリーが工夫されていてスピードいけてました。なんだか技術的に高まれば差別化しやすいペアかも。138.90。フジモトがぱんだもってる。

エリカ・スミス&AJ・レイス。「マレフィセント」より。スピードに乗って3Sは2人とも転倒。回転も足りないですね。3Twは高さも出たいいジャンプ。3LoThはツーフット。リバースラッソーリフトはわりとシンプルな出来。ソロスピンは回転速度ありましたがあってませんでした。ペアスピンのスムーズさもほしい。2A+2A+SEQはシングルに。アクセルラッソーリフトはよかったですが3SThは足つきました。どうもエレメンツがかっちり決まりません。コレオシークエンスからグループ3リフトはキャリーが効果的。スミスががんばってました。Dsでフィニッシュ。もう少し技術的確度をあげたいですね。159.59。これでもトップにきました。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。「エビータ」より「アルゼンチンよ泣かないで」。3Tはあぶないところでしたがなんとか。2Twはしっかり。アクセルラッソーリフトはスムーズな移行。3SThは幅が出せてました。いいぞ。ソロスピンはずれてるところもありましたが回転速度でごまかそう。ペアスピンはただ回るだけにならないようにしたいですね。リバースラッソーリフトはスピードをキープしてます。3Sは転倒。Dsから3LoThは入り方も工夫しててよかったです。コレオシークエンスからグループ3リフトはキャリーからお姫様だっこで終わりました。がんばりましたね。終盤はまとめました。またパンダがおる。168.90。

誰もソロジャンプをちゃんと決めてこない。誰か決めてくれ。

チェルシー・リュー&ブライアン・ジョンソン。「美女と野獣」より。美女役にしてはすごい黄色い衣装ですね。2A+2A+SEQは回転不足ですね。3Twはきれいに決まりました。3Sは転倒。Dsからペアスピンもなんとかレベルを上げてきてほしいです。アクセルラッソーリフトはスターに変化。コレオシークエンスから3LoThはなんとかランディングまとめました。ソロスピンは声かけあったりしてるのですがさっぱりあいません。苦手なのかも。リバースラッソーリフトはリューの難しいポジションでレベル高める。3SThはこれまたがんばってランディングしました。グループ3リフトはキャリーしまくり。終わりにダンスリフトに変えてフィニッシュ。がんばりましたね。159.96。

デアンナ・ステラト=デュデク&ネイサン・バルソロメイ。ストラヴィンスキー「火の鳥」。いくらでもよみがえるということか。3Twは抱えてしまいましたね。3Sは手をつきましたがなんとか。ダンスリフトをはさんで3LoThは転倒。うーん。リバースラッソーリフトは無難に。がんばりました。3T+2Tは間にターンが入りました。Dsにスムーズにつなげてペアスピンに。ポジションはがんばってるんですよね。スパイラルからリフトにつなげるつなぎ部分。アクセルラッソーリフトはダイナミックな終わり方。3SThはなんとかランディングしました。ソロスピンはまずまずあってましたね。グループ3リフトはキャリーでフィニッシュ。よくがんばりました!FSもここまでできれば上出来でしょう。173.50。トップにきました!上出来!

マリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン。ジャーニーのメドレー。ヤンキー座りからスタート。3Twはふわっと上げてました。ダンスリフトはほんとにこのペアはうまい。リバースラッソーリフトは難しいポジション。これはカステリの技術ですね。3Tはトラン転倒で回転足りない。3LzThはツーフット。ダンスリフトをはさんでペアスピン。両回転もまずまずです。3Sはツーフット。回転も足りてないですね。この氷はどうにかなってるのかな。グループ3リフトはさすがのポジション。アクセルラッソーリフトから3SThはきっちり決めました。ソロスピンはもうちょいまわってもいいのかも。コレオシークエンスからDsでフィニッシュ。いまいちでしたけどトップには立てるでしょう。186.28。

アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク。でかいカップルです。アンドレア・ボチェッリとセリーヌ・ディオン「ザ・プレイヤー」。3Twから入ります。これはまずまず。3LoThはなんとか。いちおう決まってる。スパイラルからのアクセルラッソーリフトは安定してます。2A+3S+SEQは回転が足りませんでした。3LzThは転倒。助走スピードがなかったです。というか全体にスピードが足りないと杉田さん。ステップインラッソーリフトは無難に。3SThは決まりました。グループ3リフトはもうちょっと頑張れそう。やっぱり緊張してるんかな。ソロスピンは難しいポジション。I字スピンとかできるのは強みです。コレオシークエンスはいいスパイラル。DsはI字ポジションから。ペアスピンでフィニッシュ。ちょっとずつ取りこぼしがありましたね。SPのような動きじゃなかったから。トップに立てるか。184.41。あー逆転されました。

ヘイブン・デニー&ブランドン・フレイザー。「ある日どこかで」より。いいスピードに乗ってます。3Twはとてもいい出来でした。カーブで入ってました。3LoThは踏んばりました。高さも出てた。3S+2Tはセカンドがシングルに。ダンスリフトを連続で入れてきます。2Aはシングルに。3SThはぎりぎりでした。アクセルラッソーリフトはまずまず。スピードあげていこうぜ。ソロスピンはゆっくりですがあってました。ペアスピンはいいポジションです。リバースラッソーリフトはワンハンドホールド。技術あります。グループ3リフトはまたワンハンド。Dsのポジションはよかったです。できるだけのことはやれましたね。188.32。逆転で優勝しました!フレイザーは信じられないみたいな顔。

○最終結果:(インスタント味噌汁的に)
1. デニー・フレイザー・ひるげ
2. カステリ・トラン・ながねぎ
3. ケイン・ルデュク・あさげ
4. ステラト=デュデク・バルソロメイ・ゆうげ
5. ファンド・サンティラン・とうふ
6. リュー・ジョンソン・赤だし

デニー・フレイザーが混戦を制して優勝。なかなかきっちり演技が決まらない中、まずまずの演技ができました。カステリ・トランは2位。もってる個々の力からしてこれくらいはいけますが、まだまだあわせていく必要はありそうです。ケイン・ルデュクは3位。トップ守れませんでしたが意義深い表彰だと思います。そしてステラト=デュデク・バルソロメイは4位。いつもなら表彰台惜しかったとかいうんですが、アメリカはピューターメダルがもらえるんですよね。よかったですね!この国内ならまだやれますよ。ちょっとおもしろくしてほしいです。ファンド・サンティランやリュー・ジョンソンも上を目指そう。

結局世界選手権の代表はシメカ・クリエリムに決まったそうです。実際ロシアと比べるとだいぶ差がありましたからね。あ、さっき言い忘れてましたが、シメカとクリエリムは結婚して、シメカはクリエリムになったので、クリエリム・クリエリムになるんですかね。

全米フィギュアスケート選手権2017(1):ペアSP

そういえばフィギュアスケートの解説だった藤森さん、お亡くなりになったそうですね。いい解説でした。やすらかに。マイク松ですこんにちは。藤森さんの解説にふれることができたわれわれはしあわせでした。

今日から全米選手権をみていきます。最初はペアSPです。

全米フィギュアスケート選手権2017、ペアSP。実況は小林さん、解説は杉田さん。よろしくどうぞ。今年は次々と選手がけがで欠場してしまって、シメカ・クリエリムも欠場してるそうです。アーロン・セトレッジはペアを解消したそう。

チェルシー・リュー&ブライアン・ジョンソン。初出場のペア。マイケル・ジャクソン「ブラック・オア・ホワイト」ほか。MJに最初から取り組むとは意欲的。Dsからスタート。3Sはシングルになってしまいました。3Twはいいキャッチでした。3SThもいいランディングで成功。ソロスピンはミラーみたいにきっちりずれていました。ステップは2人のユニゾンはまずまず。そしてアクセルラッソーリフトは降り方に工夫がありました。あの部分はがんばってました。57.02。

ヘイブン・デニー&ブランドン・フレイザー。久しぶりと思ったら昨年はけがで欠場だったそうです。フェリックス・グレイ「ドン・ファン」。3Twはスピードに乗ってました。3LoThは手をつきました。ここは決めたかった。3Sはステップアウトで回転が足りないぽい。Dsはデニーのポジションいいですね。ソロスピンはまずまず合ってました。ステップはアイスダンスっぽいホールドも入れながら。このへんから動きがよくなったと杉田さん。アクセルラッソーリフトはいいバリエーションでした。まずまずの演技。ジャンプに不安があったのかも。65.39。

アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク。ケインはシングルと掛け持ちらしいですが、ようやくこっちでもみられますね。アニー・レノックス「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。Dsはイグジットがかっこいい。勢いのあるDs。3Twは降りで足をつきました。3Loはきっちり成功。リバースラッソーリフトも流れがとてもスムーズでスピードを失わないですね。ペアのスパイラルを間に入れて工夫もある。3FThを決めてきました。これは大きい。ステップはユニゾンを合わせるところもメリハリがある。ソロスピンはポジションが難しかったです。これはレベルの高い演技ですね。69.33。ノービスやジュニアでも実績があるらしい。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。プリンス「パープル・レイン」。ダンスっぽい動きからソロスピンに。なるほど。回転もまずまず速いしよくあってます。2Twですが高さは出てます。3Sも決まりました。ダンスリフトをはさんで3LoThはステップアウトになりました。降りてはいたんですが。リバースラッソーリフトはなかなか激しいバリエーション。あぶない。ステップはもうちょっと難しい構成にできるかも。Dsでフィニッシュ。ちゃんと力出せてたのでは。58.05。

デアンナ・ステラト=デュデク&ネイサン・バルソロメイ。ステラト=デュデクは33歳、もとシングルで16年休んでいたそうです。カナディアン・テナーズ・メドレー。3Twはいいキレではありました。3Tを決めてきました。ダンスリフトをはさんで3LoThは流れのいいランディング。Dsは入りが重厚で雰囲気出せてます。曲もよくつかんでいる印象。ステップはしっかり、軽いリフトも入れながら。リバースラッソーリフトはキャリーに変化。ソロスピンはずれてもしっかりリカバーしていました。がんばりましたね!若いやつらとぜんぜん遜色ないし。65.04。いい点でました!

エリカ・スミス&AJ・レイス。エルトン・ジョン「タイニー・ダンサー」。歯切れのよい入り方。スピードもありますね。3Twは高さ出せてました。3Sは両者ともダブルに。3SThは大きな幅のあるジャンプになりました。ソロジャンプは最初離れてしまいました。リフトはレイスのパワーでがんがん回してました。ステップもよく動けてるしDsでフィニッシュ。あっという間に終わった感じでした。59.30。タイムバイオレーションで1点引かれてる。

マリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン。トラン久しぶり。今はアメリカです。アリシア・キーズ「フォーリン」。3Twは入り方も工夫ありました。つなぎの部分も雰囲気出してます。3Sは転倒。3SThはまずまず。トランはパワフルになってると杉田さん。確かにパワーありますね。ソロスピンはまずまずのユニゾン。ステップは間にダンスリフトも入れながら。このへんのリードがとてもうまい。リフトはローテもスムーズでした。Dsはダンスリフトから。いい演技でした。カステリがもう少しがんばれば結構上にいけそう。64.29。

タラ・ケイン&ダニー・オシェイ。ディフェンディングチャンピオン。「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」。3Twはちょっと高さが出ませんでしたね。あまりいい出来ではないか。3Sはきれいに決まりました。Dsも無難に。3FThは入り方がすごい工夫あったのですが、転倒で回転不足になりました。やっぱりけがで出遅れてるのが響いてるのか。ステップももう少しスピードでればいいのに。アクセルラッソーリフトはさすがのバリエーションでした。ソロスピンは結構ずれてましたね。実力が出てるとはいえませんでしたねー。61.80。というかケインがすごいつらそう。

○SP終わっての順位:(インスタント味噌汁的に)
1. ケイン・ルデュク・あさげ
2. デニー・フレイザー・ひるげ
3. ステラト=デュデク・バルソロメイ・ゆうげ
4. カステリ・トラン・ながねぎ
5. ケイン・オシェイ・豚汁
6. スミス・レイス・納豆汁

ケインが2人いるのでまぎらわしいですが、ケイン・ルデュクがトップにきました。混戦の中で抜け出してますね。いきなり出てきてトップ。デニー・フレイザーもそれほどの演技でもなかったですが2位。話題のペア、ステラト=デュデク・バルソロメイが3位に入りました。このままいけば表彰台も狙える。しかしカステリ・トランやケイン・オシェイはしっかり上を狙っていけばまだまだいけそうです。

ブレイディさんの映画を作るならいるかの映画も

宮崎にいく計画をたてているマイク松ですこんにちは。数年前におこなったトレ旅行。またがんがん食べてがんがん歩くという旅になってしまうのでしょうか。

さて、NFLはオフシーズンに入り、今はフランチャイズプレーヤー、トランジションプレーヤーのタグ付け期間に入っています。NFLの制度の中でもわかりにくいものですが、記事はそこそこわかりやすく説明してくれているので参考になりそうですね。

さて、NEはスーパーボウルをものすごい劇的な形で制したわけですが、そんなNEの活躍を映画にしようとかいう動きがあるそうです。

ブレイディ、バトラーの活躍が映画に?

スーパーボウルがあまりに劇的だったため、各地の実況解説は「ハリウッドでもこんな脚本は書けへんやろ!」とかいってたらハリウッドが「書けるわい!」と言い出した、ということのようです。これって日本でいう机が話してるという記事じゃないんですかね。でも確かにそれだけの出来事ではありました。

ブレイディさんは実写化してどしどし神格化すればいいと思いますが、バトラーはむしろアニメ向きじゃないかと。ディズニーに企画を売り込むといいでしょう。そしてアニメ向きの企画がもう1つあるので、ハリウッドのみなさんはお近くの日本人スタッフにこの続きをしっかり読んでもらって下さいね。ルックルック!ディスイズインポータント!

そうです、いるかの映画をつくればいいのです。(註:このいるかはマイアミのことですよ!)

いやいやページを閉じないで!まだ閉じないで。確かにいるかはプレーオフでもぼこぼこにされて弱いですが、だからこそ映画化することに価値があるのです。こんなオレたちでも一生懸命やってんだよという形で大衆の共感を得る。少しは興味が出てきましたか?あともう少しだけ読んでください。

でもいるかだろ?という方、ここからがアニメ化のアイディアなのです。つまりアメリカのアニメ技術を使って、フットボールチームを全部いるか(この場合はあのほ乳類です)にしてしまえばいいのです。いるかフットボールアニメです。そして弱小いるかチームががんばって成長して、最強いるかチームに挑むというストーリーですね。あとは海の生き物を適当にからめれば大丈夫でしょう。もちろんいるか(マイアミ)は全面協力。だってアニメ上とはいえ、強いいるかが実現できるのです。きっと2年くらいはファンも夢を持って生きられるはず。

あとはディズニーとかに企画を売り込むだけです。フォルス・スタート商会には売り上げの1%もいただければ十分です。ご検討ください。善は急げ!(この場合は急いで座禅を組めではなくて、いいことはすぐ実現に向けて動き出せという意味です)