フィギュアスケート全米選手権2015(2):男子シングルSP

「ITエンジニアのためのハイプレッシャー下での対応術」。読んでみたいマイク松ですこんにちは。灰皿がとんでくるのってなかなかないですよね。

全米選手権、今日は男子シングルSPです。

全米フィギュアスケート選手権2015、男子シングルSP。実況は赤平さん、解説は杉田さん。よろしくどうぞ。

第1グループ。

フィリップ・ウォーレンからスタート。楽しそうに滑ります。3F+3Tから決めてきました。堅実です。3Aは高さはありましたが転倒。キャメルスピンはゆっくり。苦手っぽい。ステップはアピール力は高いです。こういう選手にもっとうまくなってきてほしいんですが。ステップからの3Lzはエッジは微妙。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。キスクラでもいい人っぽいです。61.13。

ロス・マイナー。ここで出てきますね。「追憶」。さすがの滑りのよさ。年々エッジワークがうまくなってます。ステップからの3Fもキレありました。ここは堅実にいきたい。3Aも成功しました。やった。キャメルスピンは姿勢がばっちり。水平って感じです。3Lz+2Tは間にターンが入りました。どんまい。シットスピンは軸ばっちり。最後のコンビネーションスピンはスムーズなポジションチェンジでした。最後はイーグルでフィニッシュ。いい出来でしたね!マイナーらしい演技でした。82.25。

アレキサンダー・ジョンソン。コロラド出身。3Aは慎重に決めました。3Lzは前向きに降りてきてしまいました。キャメルスピンはまずまず。安定しないですね。3F+3Tはステップアウト。ジャンプがそろわないですねー。シットスピンからステップ。がんばれがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。キスクラのマタギみたいなコーチが気になる。68.46。

セバスチャン・ペアネット。「ロミオとジュリエット」。全米初登場。地味なロミオになりそうです。最初は2Aから。シットスピンは脚が長い。うまくいかせてますね。見た目はアボットっぽいのですが。3Tはバランス崩しました。コンビネーションだったか。キャメルスピンからコンビネーションスピン。なんとか。3Sは前向きに降りてしまいました。これはカウントされるのか。ステップではよく情感を表現してました。無念そうなロミオ。42.26。

ネイサン・チェン。期待の選手、15歳。「マイケル・ジャクソン・メドレー」。3F+3Tから入りましたが、リラックスした軽いジャンプ。ステップからの3Lzもなんなく成功。キャメルスピンまでライトな演技でしたが、ステップから「スムーズ・クリミナル」で一気にマイケル化。ムーンウォーク入ってます。3Aはダブルになりました。浅いシットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。確かに才能感じますね。将来のアメリカを背負ってほしい。キスクラではゆかいな15歳でした。76.20。PCSがよく出てる。

第2グループ。

アダム・リッポンから。4Lzは回りきってますね!すぐタッチがあったもののいいジャンプ。3Aもいけました。いつものリッポンならここでミスってるところでした。キャメルスピンもさすがのスキルをみせてきます。3Lz+3Tはファーストで手あげ。ジャンプそろったわー!ステップではさらに気迫を見せてきます。バレエジャンプも高い。躍動感もあるし足下のスキルがさすが。シットスピンから、レイバックポジションもみせるコンビネーションスピンでフィニッシュ。やったやった。きましたねリッポン!珍しく会心の演技。84.71!きたー!

ショウタロウ・オオモリ。3Aは軸が傾いて手をつきましたね。3Lzはコンビネーションにならず。3F+2Tでコンビネーションをリカバー。杉田さんにも重いといわれていますが、もっとステップでは軽やかさを出したいところ。シットスピンでフィニッシュ。なかなかうまくいきませんでしたねー。55.60。プログラムが難しかったのではと杉田さん。

キャリエールが故障で欠場したそうです。無念。みたかった。

ジミー・マー。なかなかゆかいな選手っぽいぞ。3Lz+3Tはセカンドで転倒してしまいましたが、そこでも笑顔が。3Aはダブルになりましたがスムーズ。つなぎの動きの中途半端さがすごい。もっと動こうぜ。3Fはいけました。シットスピンはいい感じです。いちいち顔がついているのがすてき。ステップはおもしろいんですが、全体的に何かやりそうでやらないという微妙さがかっこいい。妙に引きつけられる演技でした。59.09。

ロバート・プルゼピオスキー。だいぶ苦労している感じですが大丈夫でしょうか。3Lz+2Tはオーバーターンになりました。2Aは予定通りか。シットスピンはまずまず。3Fはいけました。シットスピンは最後によろっとしました。ステップは大きくリンクを使ってます。キャメルスピンから、最後はヤッホー的なポーズでフィニッシュ。テーマがわかりづらかったですががんばりました。50.07。結構うれしそう。

第3グループ。

ダグラス・ラザーノ。4Tはかっこいいスライディングタックルになりました。キャメルスピンはもうちょっとポジションチェンジがあってもいい。ステップはなかなかのダンスをみせてます。でももうちょっとできるやろ。3Aは回転不足。3T+3Tはいけましたか。コンビネーションスピンはいい実施でした。最後もコンビネーションスピンでフィニッシュ。もうちょっといい演技だと思ったのですが、けがでもしたんだろうか。74.01。あれ?点が出てる。

ジェイソン・ブラウン。相変わらずのラブリースマイル。リトル・ウォルター「ジューク」。最初からしっかり踊って観客を味方に。3Aはなんとか。3F+3Tは大きなジャンプ。ゆったり回ってます。そしてシットスピン。このへんになにげに技術。そしておもしろ振り付け。でもどんなにおもしろでも、きっちりリズムをとってきてるからしっかりみえますね。ずっと踊っていてもブルージーな雰囲気をキープ。3Lzは片手あげ。キャメルスピンのいいポジションに引き続き、コンビネーションスピンでフィニッシュ。なんか1人だけリラックスして滑ってる感じでしたね。あ、またゆかいなヘヤーのコーチがいるぞ。93.36!すごい点出た!

リチャード・ドーンブッシュ。また順番が悪い。がんばれ。キャイーンポーズから。相変わらずエッジワークに物語を感じますね。3Tはもともと4Tの構成のようですが自重。3Aは少し流れて手をつきました。キャメルスピンもただ回ってるだけじゃない。ステップは音楽のリズムをしっかり演技にいかせる。3Lz+2Tからシットスピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。調子はいまいちでしたが、持ち味は出せたか。79.24。おー結構出てる。よかった。

パトリック・ルップ。全米初登場。いきなりサンバダンサー的な衣装で登場。「キューバン・ビート」。でかいジャンプで3Aなんとか成功。あの青い衣装だと新しいポケモンみたいです。3Fは手をついてコンビネーションにならず。キャメルスピンはがんばってます。陽気なラピュタのロボットみたいだ。3Lz+3Tはセカンドでツーフット。ステップは陽気さをしっかり表現。歌いながら演じてます。シットスピンからコンビネーションスピン、最後は「See Ya!」でフィニッシュ。楽しませてくれました。こういう選手がもっと出てきてほしいんですが。56.29。

ショーン・ラビット。「サムソンとデリラ」。3F+3Tをきれいに決めてきました。いいですね。2Aは流れのあるいいジャンプ。きびきびしてます。キャメルスピンはゆっくり。3Lzはいけました。その前のステップがちょっと簡単と杉田さん。ステップはちょっと疲れたかも。がんばれ。笑顔はいいです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いまいちこの演技で何を表現したいのかがみえてこないですね。明確なテーマをもった演技がほしいところ。71.39。

最終グループ。

ジョーダン・モーラー。ジェイソン・ブラウンと同門ですね。全米ジュニア2位。「別れの曲」。3Aは手をつきました。跳ぶ前にスピードが落ちた。3Lz+3Tはセカンドでまた手をついてます。キャメルスピンのポジションはとてもいいですね。柔軟性がある。シットスピンはポジションチェンジがスムーズ。ステップはエッジを大きく使ってますね。3Fは成功。最後のコンビネーションスピンが途中で終わってしまいました。あれは大きい。ノーカウントですかね。67.81。

グラント・ホクスタイン。新しいキューピーみたいなヘヤー。「カルミナ・ブラーナ」。逆回りの選手。3Lz+3Tはくるくるっとまわってます。キレある。3Aもなんとかふんばりました。キャメルスピンは歌舞伎みたいなおもしろいポジション。続いてシットスピンは小さくなってくるくるまわってました。3Fはきっちり成功。ステップはちょっと疲れた。最後のコンビネーションスピンはいろんなバリエーションがありました。75.70。いい点でましたね。

マックス・アーロン。相変わらず鍛えられてますね。「フットルース」。スピードに乗ってます。4S降りました!あぶないところでしたがふんばりました。パワーでこらえた。シットスピンはくるくると回る。次はアップライトスピン。先にやっておこうというところか。3Lz+3Tはでかいジャンプでした。その前のステップもとても軽快。3Aも大きく決めました。ジャンプそろったらこっちのものですね。ステップはばんばん楽しんで滑ってる。こうでないとですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい滑りでした。ジャンプそろえてこそアーロン。85.78。

ジョシュア・ファリス。「ギブ・ミー・ラブ」。3Aはいいジャンプ。流れもありました。シットスピンは安定した回転軸。そのあとすぐキャメルスピンからコンビネーションスピン。ユニークなポジションもありました。3F+3Tはセカンドでステップアウト。おしい。キャメルスピンはまたディフィカルトポジション。スピン武器になりますね。ステップは曲をよく聞いてしっかり合わせてます。ステップからの3Lzでフィニッシュ。がんばりましたねファリス!これは1つ壁を乗り越えるような演技でした。いったんちゃうか。90.40!まじか!まさかのスーパー得点!

ティモシー・ドレンスキー。3Aはいいジャンプぽかったですが転倒。3F+3Tはきれいに決まりました。シットスピンは安定しています。ステップからの3Lzもいけました。キャメルスピンもいいポジション。ステップは優雅な構成。曲にあわせてエッジをゆったり使ってました。最後は高速スピンでフィニッシュ。しっかりいけましたね。68.41。

最終滑走はジェレミー・アボット。今年も出てくれてありがたいです。ヴォーカル曲をいかした振り付け。さすがの出来です。3F+3Tは流れもあってばっちり。いいぞ。ただ滑るだけで軽やか。ステップからの3Lzは終わってからのイーグルまで一連の動き。アップライトスピンはすごい速かった。3Aはしっかり踏んばってジャンプそろえました。おっけー!あとは思う存分!コンビネーションスピンも1つ1つのポジションにメッセージがあるよう。ステップはもう天衣無縫の境地。常人ではこなせない動きが次々と可能に。しかもヴォーカルの曲をいかしてます。シットスピンでフィニッシュ。さすがのアボットの滑り。また伝説が生まれてますね。この技術は誰かに受け継がれるんだろうか。有香ちゃんも喜んでおります。89.93。もうちょっと出てもよかった。

○SP終わっての順位:(回転寿司のねた風に)
1. ジェイソン・ブラウン三昧
2. びっくりファリス巻き
3. アボット軍艦
4. あぶりマックス・アーロン
5. 京風リッポン押し寿司
6. マイナー細巻き

トップはジェイソン・ブラウン。一番この全米の舞台を楽しんでいましたね。プログラムも自由ですが、あのマイペースさはすごい。それにしても点出ましたね。

2位はファリス。こんなところに出てくるとは。ほんとにファリスかと思わせますが、クリーンプログラムだったことは間違いない。3位はアボット。どこで引かれたかわかりませんがファリスよりは上だったような。もちろん狙うは全米チャンプ。

4位はアーロン。アーロンらしい滑り。あれやって4位はむしろいいポジションでしょう。FSの爆発が楽しみ。5位はリッポン。リッポンの実力が出せましたね。これくらいやれるよ。6位はマイナー。第1グループで滑ってこの順位。待つ間何してたんでしょうかね。

フィギュアスケート全米選手権2015(1):女子シングルSP

今日おひるに回転寿司たべたのですが、隣の親子が「本まぐろ三昧」(810円)を連発したり、高いネタばっかりたべていてびっくりしたマイク松ですこんにちは。おかねもちすぎるやろ。ちなみにわれわれは安いネタばっかりたべていて、速攻で金額抜かれてしまいましたが、富井はともかく僕は安いネタが好きなのです。好きだから食べているのです。

さて、JSPORTSも契約して、いよいよ海外フィギュアスケートの大会をみていくシーズンになりました(参考)。今日は全米選手権の女子シングルSPです。好きだからみているのです。

全米フィギュアスケート選手権2015、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

第1グループ。

最初はキャロライン・ジャン。キャロラインは地区予選から出ているそうです。そうなんや。「オペラ座の怪人」。最初は3Lo+3Lo。着氷リカバーしました。3Fはエッジが微妙でしたがジャンプは成功してます。スピンはまずまず。2Aはしっかりでジャンプはそろえてます。コンビネーションスピンもまずまずですね。堅実な演技。ステップからレイバックスピンでフィニッシュ。今回はきっちりまとめましたね。ちょっとまとめすぎな気もしますが。55.40。まだ21歳やからね。

アシュリー・シン。昨年は全米ジュニアで第3位。「マイ・ウェイ」。3F+2Tをしっかり跳んできました。なかなかダイナミックなジャンプ。3Loもいいぞ。シットスピンはよかったけどレイバックは途中で終わってしまいました。2Aは大きなジャンプ。いいコーチについて表現力をつければ、けっこうやってくれそう。がんばってほしいです。ステップは曲をしっかりいかしてました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。53.67。

アンバー・グレン。昨年の全米ジュニアチャンプらしい。「サマータイム」。眼力ありますね。3T+3T跳んできましたね。おお。シットスピンは回転が速いし、コンビネーションスピンはポジションが多彩。もうちょいキレがあるといいかも。ステップはリズム感はありますね。3Loはキレのあるいいジャンプ。2Aもしっかり、3つそろえました。つなぎ部分でもう少しリズムをとらえてほしいですね。レイバックはいいビールマンポジションでした。これはなかなか素質ある選手出てきましたね。しっかり育てたいですね。63.04。

アンジェラ・ワン。「黒くぬれ」。3Lzを狙いましたがシングル単独になり、点数は入らないそうです。3Lo+2Tでコンビネーションをリカバー。コンビネーションスピン、キャメルスピンは軸がしっかりしてるし回転もいいですね。2Aはしっかり。このプログラム、フラットちゃんが振り付けしているそうです。いい振り付けやで。エッジワークのいいステップのあと、レイバックスピンでフィニッシュ。最初のジャンプをミスしてしまったのが痛かった。滑りは悪くなかった。51.02。

マディソン・ヴィンチ。なんだかやさぐれた感じの選手。東部地区1位。「トライアングル・タンゴ」。雰囲気はよく出せてる。過剰に。3Lo+2Loはセカンドで手上げ。テクニカル。3Sはまわってましたが手をついてしまいました。惜しい。シットスピンからつなぎの演技はよくできてる。表現系の選手ですね。イーグルからの2Aはなんとかリカバーした。次のスピンも一工夫されてる。ステップはタンゴをなかなか踊りこなしています。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なかなかいい滑りでした。雰囲気出せてた。伸びてきてほしい選手ではありますね。45.38。

第2グループ。

クリスティーナ・クリーブランド。「エイント・ノー・サンシャイン」。衣装に合わせてヘヤーも紫です。3Lz+2Tは予定を変えてコンビネーションに。セカンドは手上げ。3Tを単独にしてきました。ジャンプは軽やか。シットスピンはくるくるっと回ります。ステップはエッジも使えてるし上半身の動きもいい。見栄えのするステップです。2Aはなんとか。コンビネーションスピンはとてもいい。得意なんですね。最後は回転の速いレイバックスピンで決めました。と思ったらちょっと時間余ってしまいましたね。45.24。

ケイティ・マクビス。全米初出場。「ジャズ・ホット」。動きはいいですね。2Aから入りました。ステップからすぐ。3Lo+2Tは間に少し間ができましたがおっけー。レイバックスピンに入るときバランス崩していっぺんやめてしまいました。この場合は1つやってしまったことになるそう。レイバックもよかったし、3Fもきっちり。シットスピンもキレがあります。赤い衣装がよく目立つ。ステップもしっかり観客にアピールできてますね。最後のスピンはカウントされないかもしれないけど、やるしかないですね。あーやっぱり最後のはカウントされないのか。45.36。よくがんばったよ。

リア・カイザー。「月の光」。いきなりいい笑顔が出ましたが、プログラム的にちょっと意図がわからないですね。3T+3Tはなかなかのビッグジャンプ。これは加点つきそう。3Lzは余裕ありましたねー。まわってゆっくり降りてきた。シットスピンはもっと低いといいかも。ステップはみかけによらずあんまり得意じゃないかも。2Aは終わってからのポジションもよかった。ジャンプはとてもいいのでそれ以外がもっと伸びてくると戦えそう。コンビネーションスピンからレイバックスピン。ビールマンスピンもきれいでした。やりますね。60.89。

コートニー・ヒックス。シスの暗黒卿みたいなメイクですが大丈夫でしょうか。「コードネーム・ヴィヴァルディ」。3F+3Tはでかくて高かったです。さすが暗黒卿。レイバックスピンは堅実に。3Lzも高さ出てました。2Aもきっちりでジャンプそろえた。ステップはなかなか密度の高い構成。最後まで練習していたツイズルもうまくいきましたね。キャメルスピンからシットスピンにするおもしろいスピンでフィニッシュ。やっぱいままでとはだいぶ違いますね。しかもノーミスでいけました。65.01。

フランチェスカ・キエラ。素敵な衣装です。「ルナ」。2Aは流れがありました。3Fは少しバランス崩してコンビネーションにならず。コンビネーションスピンはポジションチェンジでもスピードが落ちないですね。ステップからの3Lz+2Tでコンビネーションをリカバー。かつセカンドで片手上げ。シットスピンからステップ。表情がよくついてますね。長い間やってました。レイバックスピンもいいポジションでした。しっかり実力は出せました。判定に時間がかかってるけど、52.91。

第3グループ。

最初はポリーナ・エドモンズ。相変わらずきれいな衣装ですねー。いい人が作ってくれてるんかな。スピードに乗ってる。3Lz+3Tを決めてきました。回転は微妙とのこと。そしてレイバックは回転が速い。遠心力に逆らうようなビールマンスピンです。力つけてきてますね。3Fはフォロースルーはきれいですが、エッジが気になると岡部さん。キャメルスピンはポジショングッド。2Aもきっちり成功です。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションもいいけどつなぎもスムーズです。ステップはタンゴの曲をなんともユニークなリズムの取り方で滑ってました。すごい力つけてますねー。上を目指してよく努力してるのがうかがえます。66.04。

タイラー・ピアース。昨年は全米ジュニアで第2位。「ボイス・フロム・ザ・フォレスト」。昨シーズンと同じプログラムだそうです。3T+3Tを決めてきました。キャメルスピンもしっかりレベルとってる。ここで2Aを跳んできました。しっかり。つなぎの部分もよく雰囲気作ってますよ。3Lzはジャンプはうまくいきましたが、その前のステップがあんまりなかったのが気になると岡部さん。レイバックスピンからステップ。体がよく動いてる。笑顔も出てますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後のI字スピンは柔軟性がよく出せてました。柔軟性もあるし素質感じますね。なんか誤ったサンデュ先輩みたいなコーチがついてる。あれ誰だろ。ピアースは器械体操の選手だったそう。60.28。

アシュリー・ワグナー。目指すは全米チャンプですね。「スパルタカス」より。3Lz+3Tは成功ですが回転が気になるとのこと。キャメルスピンからのコンビネーションスピン、シットスピンはしっかり堅実に。2Aを決めてからのイーグルがスケールの大きな見せ方。さすがです。3Fからステップ。チェンジオブペースが効いてるし物語表現もよく入ってますね。ベテランの味。レイバックスピンでフィニッシュ。72.04。いい点出ましたね。PCSがよかった。

マリア・ヤン。全米初出場。とても動きにキレありますね。昔のキャロラインみたい。3S+3Loに挑みますがセカンドでツーフット。でもそれいけるんですね。3Fは回転がどうだったか。でもギリギリで挑んできてるんですね。ステップも大きなエッジワーク。元気あります。キャメルスピンからつなぎの部分で何もないのに転倒してしまいました。もったいない。イーグルから2Aのあと、コンビネーションスピンもすごく難しい構成に挑んでいました。ここの舞台にいろいろ準備してきたのがわかります。レイバックスピンでフィニッシュ。ナイスチャレンジ。42.79。両側をゆかいなコーチがはさんでます。

アシュリー・ケイン。ケインはシード。「ミッション・インポッシブル」より。3Lzは転倒。豪快ですねー。3Loはきれいに決まりました。レイバックスピンは難しいポジション。回転も速いです。シットスピンもとてもポジションがいい。衣装のせいでそう見えるのかも。ステップはキレのあるエッジワーク。結構のびてますねーケイン。2Aはあぶないところでしたが。スピンはいいポジションでした。でもコンビネーションジャンプにできんかったんですねー。54.35。コンビネーションジャンプがノーカウントなのにこの順位はなかなか。

サマンサ・シザリオ。「ムーア人の踊り」。3Lo+3Loを跳んできてます。セカンドは回転足りてたか。レイバックスピンをここでもってきてます。つなぎのステップも工夫がある。シットスピンは回転が速い。イーグルから2Aもいけてる。3Fも流れがありました。ステップはよく動いてます。躍動感のある演技。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。あとはジャンプの回転ですが。59.21。うーんのびませんねー。

最終グループ。

ハンナ・ミラー。「火の鳥」。動き軽快ですね。キャメルスピンをいきなりもってきて鳥っぽさをアピール。これはうまい。3T+3Tはきっちりいけてましたね。キャメルスピンからのコンビネーションスピン。速い。とにかく全部速い。曲のスピード感を表現してますね。3Fもその前のステップに工夫。レイバックスピンもあっという間にビールマンまでいってます。ステップはとにかくよく動いています。躍動感をよく出せてる。最後の2A決めて笑顔でフィニッシュ。毎回おもしろいイメージありますが、今回も攻めのプログラムでした。59.81。もうちょっと出てもよかったか。めざせ8位。

クリスティーナ・ガオ。「リヴァー」。最初からよく踊れてますね。3T+3Tはしっかり成功。2Aはその前からスピードが落ちてました。ステップアウト。シットスピンはまずまず。スピードが落ちてる。出していこうぜ。3Loは転倒。軸が斜めになってしまいました。コンビネーションスピンはいつもながらポジションがきれい。ステップはもうちょっと大きくエッジを使いたい。レイバックスピンでフィニッシュ。ガオは外弁慶なところがありますが、今回もよくなかったですねー。50.78。お通夜キスクラ。

グレイシー・ゴールド。ディフェンディングチャンピオン。足の疲労骨折の具合どうなんでしょうか。無理しないでほしいです。グリーグ「ピアノ協奏曲」。3T+2Tはセカンドでツーフット。ちょっと迷ったような感じでセカンド跳んでましたね。レイバックスピン、キャメルスピンはばっちり。回転が速いしキレがあります。3Loはしっかり。つなぎ部分もまだちょっとこわごわいってる感じはあるかも。2Aは成功。ステップはとても密度の高いプログラム。よくこなしてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。67.02。まずまずの点数ですね。この時点で2位。

マライア・ベル。地区予選から。おでこがいい。「リトル・トーク」。3T+3Tは回転不足か。3Lzはいけてました。シットスピンのポジションもかっこいいぞ。2Aはダイナミックなジャンプ。このへんは持ち味ですね。レイバックスピンはしっかりビールマンまでもってきてる。ステップでは会場で手拍子が起こってます。とてもさわやかで元気。キャラクターにあってますね。コンビネーションスピンで最後はおっけーサインでフィニッシュ。いい演技でしたね。またあのにせサンデュ先輩が出てきてる。57.35。がんばりましたね。やっぱりいいおでこだ。

カレン・チェン。15歳。すばらしいまゆげしてます。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」。いい柔軟性してますね。スピードに乗って3Lz+3Tは回転がどうだったか。キャメルスピンは回転が速い。フリーレッグを振り回してます。コンビネーションスピンもいろんなポジションにチェンジしてても速い。3Loは余裕あったし、すぐ2Aも成功。ステップはリンクを大きく使ってますし、全身を使って大きく表現してました。レイバックスピンもすごい速い回転でした。いい素質してますねー。パワフル。64.66!いい点でました!

ミライ・ナガス。最終滑走です。「パガニーニの主題による狂詩曲」。3F+3Tは回転が足りてなかったかも。ジャンプはいけてます。キャメルスピンは少しトラベリング。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションを丁寧に。スパイラルをはさんで3Loはいけてました。いけててほしい。イーグルからの2Aはきっちり成功。ステップはのびのあるエッジワーク、最後のレイバックスピンはビールマンポジションが美しかったです。65.28。おー結構いい点出ました。

○SP終わっての順位:(回転寿司のネタ的に)
1. 本ワグナー中とろ
2. 活ゴールド
3. エドモンズ巻き
4. 焼きミライ
5. ヒックス暗黒卿セット
6. チェン軍艦

ワグナーがトップにきましたね。ここにきて安定感がものをいいました。技術に偏りがちな全米にあって、さすがの表現力もみせてましたね。全米チャンプに返り咲けるでしょうか。

2位はゴールド。ちょっとまだ疲労骨折の影響はあるかもしれませんが、それでも2位。上が追えるかどうかはそのコンディション次第ですが、無理はしないでほしいですね。3位はエドモンズ。ワグナーの最大のライバルはエドモンズになるかも。FSでもSPの勢いがあれば表彰台の一番上もありうる。4位はミライ。結構上にいけましたね。表彰台は目の前です。5位はヒックス。今回はとても勢いがあったし、コンディションはよさそう。調子あげていきましょう。6位はチェン。新星ながらおもしろい存在でした。

大相撲1月場所2015:10日目

オリ姫イベント。相変わらずなオリックですが、オリ姫の方の「いいにおい」という感想が意外だったマイク松ですこんにちは。これならイケメンは関係ない。高い香水でもつければキシダでもコマツでもアダチでも戦力化可能です。ジムとボールの大量生産でオリ姫攻略や!

大相撲はまだ10日目。地道にやります。

10日目。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が竹縄親方。

常幸龍が休場。しんどそうでしたもんね。というか10日連続で満員御礼とかすごいな。

鏡桜×千代丸。鏡桜がもろ差し。しっかり前に出て最後はあおって寄り切り。九重メソッドへの対処。

松鳳山×荒鷲。松鳳山のもろ手の立ち合いに対して荒鷲がとったりで下しました。手順通り。

蒼国来×佐田の富士。蒼国来右の前まわしからおっつけに。佐田の富士の左をケアしているみたい。佐田の富士も右おっつけ。そこから出て行き、最後は右をつきつけて押し出しました。蒼国来もかいなにしがみついていましたがそれでは無理か。

玉鷲×徳勝龍。徳勝龍意外に勝ってますね。突き押しで徳勝龍が押し込みますが、突き落としで玉鷲の勝利。土俵際粘ったのが効きました。

琴勇輝×豪風。豪風右に動きました。それには琴勇輝もついていきましたが、さらに動いてひっかけ。相撲取った気がしない感じ。

妙義龍×旭秀鵬。今日は妙義龍が一気にもっていきました。こういう相撲が毎回とれればいいんですが。

時天空×佐田の海。佐田の海がおっつけで出ますが、時天空が肩越しの左上手。出る佐田の海に対して時天空がうっちゃりにいきますが及ばず。

旭天鵬×嘉風。嘉風左を差しました。旭天鵬も小手投げにいきますが、前に出た嘉風が寄り切り。足にもいってましたね。

隠岐の海×大砂嵐。隠岐の海が前に出て圧倒。意外な展開。そういう相撲もとれるんですね。北の富士さんはいつものようにさらなる精進を要請。

魁聖×誉富士。誉富士の引きで魁聖ばったり。足が流れてしまいましたね。

千代鳳×常幸龍。常幸龍の休場で千代鳳不戦勝。ラッキー。でも常幸龍今場所がんばってたのに。

照ノ富士×豊ノ島。豊ノ島もろ差しになりましたが、照ノ富士もかかえて応戦。しかし肩越しの上手をとったところで豊ノ島が寄り切りました。あれは豊ノ島の罠なんですよねー。とったら脇の下に入ってさらにおこされる。

豊響×勢。豊響のグレートホーンに勢も吹き飛ばされてしまいました。今場所はあかんなー。

高安×栃ノ心。右四つ。高安は栃ノ心の上手をケアしながら、しっかり胸を合わせて寄り切りました。栃ノ心は上手がほしかった。

宝富士×栃煌山。栃煌山が前さばきのうまさでしっかりおっつけたかと思いましたが、土俵際宝富士の突き落としが決まりました。すごく宝富士落ち着いてますよね。あれだけやられてもしっかり土俵際を見据えてる。

安美錦×豪栄道。ゴーエードーは今日はしっかり押し出し。張り差しで出足を止めましたね。カドバンパゥワーか。

稀勢の里×遠藤。立ち合い遠藤が突き放していい立ち合いでしたが、キセもひるまず圧力をかけて寄り切りました。むしろ遠藤は左下手への対応が先だったか。動き回らないと。

日馬富士×琴奨菊。ハルマ立ち合いから当たって突き押しで押し出し。菊も全然勝負になりませんでしたね。

逸ノ城×鶴竜。鶴竜張り差しからもろ差しで寄り切り。スムーズ。

白鵬×碧山。白鵬右を差して起こしにかかります。じわじわと起こしたところで豪快な肩すかしが決まりました。碧山も一回転。

NFL2014 AFCチャンピオンシップ IND@NE

ガメラ優勝。すごい名前だなと思うマイク松ですこんにちは。確かにガメラは強い。飛んだらすぐ42kmくらいいけるし。それにしてもなんで大阪国際にいつもきてくれるんやろうガメラ。くるよ。ガメラはきっとくるよ。

やっとAFCチャンピオンシップみることができました。いい戦いになりそうです。

AFCチャンピオンシップ、IND@NE。実況は浅井さん、解説は河口さん。

INDオフェンス。期待したのに普通に3&out。あれ。

NEオフェンス。ランは出ましたが、パスが浮いてパントに。しかしPRがはじいてNEがダイレクトにリカバー!これはでかい。ランも出て、最後はブラントのランでTD!まあINDにしてはあそこでターンオーバーしたらしょうがないですよね。ブラントが鉄砲隊のところでポーズとってました。

INDオフェンス。3&outかと思ったら反則で継続。ここからオフェンスが続いてますね。40yds付近でオフェンスがつながらず。51ydsFGを狙いますが、これは右にはずれました。風も強いからか。

NEオフェンスはいいポジションから。ランパス織り交ぜて前進。ぽんぽんという感じではないですが、大事なところでエデルマンやグロンカウスキーに通ります。最後はFBのデヴェリンにショートパスでTD!止められそうになりましたが、FBらしく突っ込みました。

INDオフェンス。全然出ずにパント。こんなんあるかな。

NEオフェンス。ブラントのランがどしどし出ます。全然止まらない。しかしエンドゾーンが見えてきたところでINTがありました。

INDオフェンス。ウィルフォークのもったいない反則で前進。反則があったおかげでオフェンスがつながるようになりました。いいキャッチがどしどし出てくる。そしてティップトンのランでTDとりました!やっとINDがTDとりました。

NEオフェンス。こちらのパスも通ります。どうもグロンカウスキーをうまくおとりにしてスペースをあけてるみたい。ブラントのランもよく出ます。エンドゾーン前で4th&inchesになりますが、ブレイディさんの男気スニークで1st&goal。そのあとは守られてFGになりました。INDディフェンスもよく守りますねー。

後半、NEオフェンス。ブラントのランをどしどし出してます。ブラントも止まらないタイプですが、ずるずると出ますね。オフェンスラインのブロッキングもほんとにすばらしい。3rd&1で有資格レシーバーのTソルダーへのパスでそのまま突っ込んでTD!みんな大喜びです。ソルダーはキャリア初キャッチ・初TD。

INDオフェンス。プレッシャーがきつくて3&out。

NEオフェンスはいいところから。サックもされましたがエデルマンに通してダウン継続。ブラントのランで進んで、最後はグロンカウスキーに通してTD!止まりませんNEオフェンス。がんばれINDディフェンス。さすがに大丈夫かと。

INDオフェンス。パスをリーヴィスがINT!ここで出ましたかー。さすが。そしてすぐにブラントが粘り強いランでTD!大きく突き放しています。

ふたたびINDオフェンス。プレッシャーがきつくてパント。オフェンスが形にならない。

NEオフェンス。いいリターンがありました。時間をじっくり使って前進。ランもパスも止まらず。ゆっくり使って最後はブラントのランでTD。どないしたんやINDディフェンス。前の試合はがんばってたのに。

すごい雨降ってきた。

そのあとはお互いにパントパントで試合終了。IND 7-45 NE。

NEがスーパーボウルに進出しました。NEは何もかもよかったですよね。

ブレイディさんは23/35,226yds,3TD,1INT。ばっちりです。この日はなんといってもラン。ブラントが30att,148yds,3TD。OLのブロックもあってどんどん走りました。レシーブはエデルマンが9rec,98yds。ディフェンスはすばらしい活躍。河口さんがいっていたようにコリンズはこれから大きく成長しそう。

INDはどうしたんでしょうか。NEがスーパーボウルにいったのは喜ばしいのですが、INDがここまでぼこぼこにされるとは。そりゃミスも多かったけど、あそこまで封じられるものでしょうか。

ラックは12/33,126yds,2INT。ランはヘロンが10att,51yds。こうみてもわかるようにポゼッションが全然少ない。ディフェンスもランもパスもどっちも止まりませんでした。あんなにDENのときはよかったのに。

ともあれNE.vs.SEAのスーパーボウルになりました。SEAに勝てるのかと思いましたが、GBがあそこまで追いつめたのを考えると、策はありそうです。

大相撲1月場所2015:9日目

TODOリストを作って細々こなして最後にWOWOWの解約をしました。富井です。WOWOWは相変わらず電話しないとダメなんですが、機械が解約を受け付けてくれました。ありがとう!機械の人!!さて、初場所は九日連続満員御礼だそうです!実況は刈屋さん、正面は二子山親方(元雅山)。向こう正面は放駒親方(玉乃島)。

時天空×嘉風。時天空が中に入らないように突っ張った後に右のまわしを取ります。嘉風がまわしをきって起こすと更に張り合いになりますが、中に入ろうとする嘉風をはたきこんで勝ちました。最初から攻防のある良い一番!

松鳳山×大砂嵐。激しくなりそうな取り組み。立ち合いから低い姿勢でつっぱりながら攻める松鳳山。大砂嵐はいなしながら下がるだけでした。大砂嵐も低い相手はまだ難しそう。

佐田の富士×誉富士。立ち合いは互角、誉富士が上手を取ると上手投げで崩して頭をつけます。しかし攻めあぐねて膠着し、最後は一気に押しだしました。佐田の富士も策がなかったなあ。

蒼国来×琴勇輝。琴勇輝の一気の突き出しに蒼国来は下がるだけでした。琴勇輝、良かった。

徳勝龍×豪風。がっちり組んだ徳勝龍の寄りに豪風も為す術なし。豪風がはたく隙もありませんでしたね。

鏡桜×千代鳳。鏡桜が張りにいきましたが、千代鳳が何もなかったように前に出て寄り切りました。張ってもさせないと意味ないですよね。

旭天鵬×荒鷲。前まわしを取りに行きましたが、すぐに巻きかえてもろ差しの荒鷲。旭天鵬も両腕を決めて振ろうとしますが、荒鷲の身体が低くて上体が伸びて力が出せませんでした。荒鷲、グッド。

千代丸×豊響。豊響立ち合いから押し込みますが、千代丸のはたきにすぐ体勢を崩してしまいました。

隠岐の海×旭秀鵬。立ち合いから低く上手を取って攻めた旭秀鵬ですが、土俵際で逆転されそうになった後、こらえて隠岐の海に上手を取られるとすぐに上手を離して下手投げ。

魁聖×玉鷲。玉鷲のあたりが良くて魁聖が押し込まれます。捕まりそうになったところをふりほどきながら押し出し。

佐田の海×常幸龍。常幸龍が押し込みますが、膝が入ってしまってバランスを崩し、寄り倒されました。金星は良かったけど、その後が大変ですね。

豊ノ島×妙義龍。激しい立ち合いから妙義龍が攻めますが、豊ノ島が巧く中に入ってもろ差しになると寄り切りました。

遠藤×栃ノ心。張りにきた栃ノ心、遠藤は中に入るともろ差しから栃ノ心に右を取らせず、上手を切ってからの下手投げ。

勢×栃煌山。立ち合いは互角、栃煌山の肩すかしで低い体勢でがんばっていた勢がばったり。タイミングが良かったですね。

高安×宝富士。左四つになった高安でしたが、もろ差しになった宝富士に引いてしまいましたね。宝富士は頭をつけたのが良かったのかな。

碧山×照ノ富士。大きな身体で寄ってくる碧山ですが、照ノ富士もそれをこらえて押し返しましたね。照ノ富士のパワーすごいな。

稀勢の里×琴奨菊。立ち合いは琴奨菊。しかし左をがっちり掴んだ稀勢の里が琴奨菊のがぶりを止めますが、その後の攻めが遅くて振られた稀勢の里の膝が入ってしまったようで、突き落とされてしまいました。うーん、勝てそうなところで星を落とす稀勢の里らしい取り組みでしたが、足が心配ですね。

安美錦×鶴竜。立ち合ってすぐ引いた安美錦。軍配は鶴竜に上がりましたが、取り直しに。今度は突き起こした鶴竜があっさり勝ちました。

白鵬×逸ノ城。立ち合いの後はたいた白鵬でしたが、逸ノ城落ちず、右まわしをとった逸ノ城。さすがだなと思っていましたが、攻められないままに白鵬に寄り切られてしまいました。チャンスは2回ぐらいあったんですけど。

日馬富士×豪栄道。立ち合いから踏み込んだ豪栄道でしたが、引いたところをすかさず日馬富士が押しだしました。速かったですね。