カーリング男子世界選手権2021:ノルウェー×日本

今日軍神オータニが試合をしたブルージェイズは、本拠地トロントはカナダに入国できないので、傘下1Aのフロリダ州ダンイーデンの球場を今のところ本拠地にしているそうです。人口38000人くらいということで、ちょうど僕の実家くらいの街ですが、そこでメジャーリーグの公式戦が行われて、地元の人は本当に喜んでいました。ダンイーデンよかったなと思うマイク松ですこんにちは。

カーリング男子世界選手権はノルウェー×日本。この試合時点でノルウェー首位なんですよね。でもランキングでは上。がんばろう。

カーリング男子世界選手権、ノルウェー×日本。実況は星野さん、解説は両角さん。

ノルウェーはボーグベリ、ヘイベルグ、ネルゴール、バルスタッド。

第1エンド、前にガードがあるのですが、両チームともまだショットはいまいち。清水のショットはダブルテイクアウトを狙ったら、もう1つのショットが跳ね返って、止まったシューターの後ろに見事に隠れるというキセキ。ついてない。ノルウェーが2点とりました。

第2エンド、日本はまだガードにひっかけたりしてる。ノルウェーも微妙に狙えそうなショットを用意したりしてるのですがそれでまたひっかけたり。もうドローの道もふさがれたりして結構大変。ノルウェーが1点スティールしました。

第3エンド、ノルウェーは中に入れて、日本はコーナーガード。最初はさえなかったが、うまくカムアラウンドしたストーンをノルウェーのストーンが守ってくれる感じ。でも次の2投目を残すことができませんでした。しかし松村の1投目はいいドローでいいところに置きましたが、ノルウェーはバルスタッドがタップでナンバーワンを取り返しました。日本はランバックを狙いますが当たらず、ノルウェーが1点スティールしました。このエンドはほんとによかった。

第4エンド、ハウスの中にごちゃごちゃしてくる展開。両チームともしっかり考えてるのですが、ノルウェーのストーンの方がいい位置にあります。ノルウェーはガードガードでスティールを狙う。日本はかなり狭いところを通させられることになり、ガードに少しチップして、結果ノルウェーが2点スティールしました。すごいなノルウェー。

第5エンド、お互いに少し急ぎめ。日本はストーンをためたいが、ノルウェーはガードをテイク。シンプルな展開になったが、うまくノルウェーがストーンをテイクできなかったため、日本はようやく2点とれました。

第6エンド、シンプルな展開になりましたが、伝説のサード、ネルゴールの指導なのか、みんなテイクのあとのストーンをほんとに残してくるんですよね。ノルウェーのストーンがたまり、最後のテイクショットもまさかのスルー。ノルウェーが大量4点とりました。そして日本がコンシード、ノルウェー 10-2 日本。

ノルウェー強かった。この時点でトップとはいえ、ランキング下位のチームに当たってるだけなんかなと思ったりもしましたが、やはりスウェーデンに勝ってるのはまぐれじゃないんですね。日本のプレーもなかなか決まらなかったのですが、ノルウェーのしっかりしたプレーが光りました。

投稿日: 作成者: マイク松 カテゴリー: ウインタースポーツ | コメントする

カーリング男子世界選手権2021:ロシアカーリング連盟×日本

軍団を作れば勝てる。すごい軍団だなと思うマイク松ですこんにちは。要はどういう軍団とかじゃなくて軍団なんですね。種いも軍団とか考えましたが、プロ野球の場合は相手も軍団なんでした。

カーリング男子世界選手権はロシアカーリング連盟戦。いろいろあってRCFですが、強いのには変わらないです。

カーリング男子世界選手権、ロシアカーリング連盟×日本。実況は佐々生さん、解説は両角さん。

ロシアはカラルブ、ミロノフ、クリモフ、グルホフ。

第1エンド、日本のセンターガードの後ろをめぐる攻防。最後にダブルテイクアウトを狙いましたが、これはうまくいかず。ロシアが2点とりました。

第2エンド、ロシアはセンターガード、日本はコーナーガード。お互いにカムアラウンドで隠してきます。ロシアはガードをずらしてシューターは中に入れてしかもガードの裏というほんとにミラクルなショット。その後も日本は形をつくれず、1点とらされました。

第3エンド、日本はガードが横に並びましたが、そのあとランバックでダブルテイクアウトを成功。いいですね。ランバック合戦になってきた。どんどんいいショットが決まります。しかし日本の最後のショットだけがだめで、チャンスをもらったロシアがダブルテイクアウトを決めて2点とりました。

第4エンド、どうもカラルブの1投目はすごく重いストーンらしい。そして谷田は今日めっちゃ調子よくて、ランバックからトリプルテイクアウト!すごいです!今度は日本がいい形で進めていって、松村の完璧フリーズショットが決まりました。そこでロシアはガードの後ろに隠して、日本は3点のチャンスでしたが、うまくテイクできず、逆にロシアが1点スティールしました。最後1つだけなんですよねー。

第5エンド、一転してフリーズ合戦に。そしてみんながガードにひっかけはじめた。なぜだ。前にストーンがちらばってる。すごい難しいランバックを強いられてる。がちがちにルートも狭められ、ロシアにもガードをおかれて、もう狭い間をぽぽんと抜けるしかないという。なんだと思ったら、強いショットで間を抜けて、なんとロシアのナンバーワンをテイクしてしまいました。日本3点!うそやん。こんなん見たことないわ。

第6エンド、ロシアはウィックを決めてきます。なんとかコーナーにガードを置いて、後ろにまわりこみました。これはいい。しかし次でまわりこめなくて、ロシアに攻め口をあたえてしまいました。ロシアが2点。

第7エンド、ロシア日本ロシアと3つたてに並んだ。両チームともほかのところで形を作りたいがなかなか。そのうちグルホフが3つとも出してしまいました。すごいな。しっかり1点とらせる形をつくり、日本1点とらされました。

第8エンド、ここはロシアのフロントエンドがうまくいってない。どんどん攻めていきたい。うまくガードの後ろに作って、スティールを狙いますが、最後のショットが曲がりきらず、またロシアにチャンスを与えました。ダブルテイクアウトされてロシアが3点とりました。ここで日本がコンシード、ロシア 10-5 日本。

大事なところでぜんぜんショットが決まりませんでした。実況もいってましたが、ストーンに問題があるんじゃないだろうかと思うほどです。次の試合までになんとかしたいですね。

投稿日: 作成者: マイク松 カテゴリー: ウインタースポーツ | コメントする

カーリング男子世界選手権2021:イタリア×日本

明日の朝ごはんは牛丼チェーンのみたいな和朝食にしようと思うマイク松ですこんにちは。たまに食べたくなりますが、家でつくればいいんですよね。家ではなんでもかけられるし。

カーリング男子世界選手権はイタリア戦。イタリア強いんですよね。がんばれ。

カーリング男子世界選手権、イタリア×日本。実況は飯塚さん、解説は両角さん。

イタリアはジョバネッラ、アルマン、モザネル、レトルナス。

第1エンド、両者ともアイスコンディションを読みあう感じ。なんか曲がってないですね。日本はダブルテイクアウトを決めてブランクも狙います。ブランクエンドになりました。

第2エンド、イタリアはセンターガード。その後ろをめぐる争い。ストーンがもりもりたまってきて、もう動かせなくなってきました。日本は1点あったのですが、もう1点はとれそうにないということでスルーしました。1点。

第3エンド、ガードの後ろにまわりこむ争いでしたが、結局両チームともストーンを残せず、ブランクエンドになりました。

第4エンド、前にガードがめっちゃ散らばる展開。日本はガードには隠せないし、ガードしようとしても隠しきれない。ほんと微妙にできてない。しかしなんとか隠せたストーンをテイクしようとしたイタリアのストーンがスルー。チャンス到来!2つ重ねてイタリアに難しいドローを強います。イタリアのラストストーンはショートして、日本が2点スティールしました。なんとか隠せたところからいい流れきました。

第5エンド、日本は3点リードということで少し余裕が出てきた。イタリアに複数点パターンを作られますが、お互いにミスがあって結果ブランクエンドになりました。

第6エンド、日本は中に入れて、イタリアはダブルコーナーガード。そしたらアルマンがトリプルテイクアウトを決めました。日本は遠くからのダブルテイクアウトを狙いますがうまくきまらず。イタリアが2点とりました。

第7エンド、イタリアがトリプルテイクアウトを決めると日本も決めて。結局ブランクエンドになりました。この試合ブランク多いな。

第8エンド、日本は複数点をとりたいのですが、イタリアがフリーズしてきてなかなか難しい。最後はくっついているストーンをダブルテイクアウトしましたが、1点止まり。スティールのピンチでもあったのでよかったです。

第9エンド、ガードの後ろにストーンがたまる展開。日本はクリーンな展開にしたかったのですがうまくいかず。しかし最後のショットでフリーズにして、通り抜けたけどいいところに置きました。イタリアはギャンブルにいきますが日本が1点スティールしました。

第10エンド、両チームとも全然時間がなくて、どんどん投げていきます。打ち合わせをするひまもない。でも清水のテイクショットは3つのストーンが集まるスーパーショットに。日本は1つずつストーンを出して、なくなった時点でイタリアがコンシード。イタリア 2-5 日本。

うまく勝てましたね。スティールで流れをつかんだのがよかったですが、なぜかブランクの多い試合でしたね。でも明るい顔がみられてよかった。ほんとに勝ちはいい薬です。

投稿日: 作成者: マイク松 カテゴリー: ウインタースポーツ | コメントする

カーリング男子世界選手権2021:アメリカ×日本

洋食屋さんでランチたべたマイク松ですこんにちは。とってもおいしかったのですが、それよりもいい感じで家庭的なところの方がおいしいなって思います。

カーリング男子世界選手権はアメリカ戦。相手は強いですが前向きにがんばりたいですね。

カーリング男子世界選手権、アメリカ×日本。実況は曽根さん、解説は敦賀さん。

アメリカはランドシュタイナー、ハミルトン、プライズ、シュスター。シュスターのアメリカチームの紹介VTRまで作られています。

第1エンド、阿部さんのショットはちょっとハウスにかかってしまい、両チームとも1つガードをつくって、ハウスの中のストーンを打ち合う展開。アメリカのストーンがぎりぎりかかってしまい、アメリカは2点パターンをつくりにきます。でも日本は入ってないと判断して普通にテイク。あとでメジャーしてみたら入ってなくて、アメリカが1点とりました。

第2エンド、アメリカがセンターガードを作って、その後ろにストーンがたまる展開。日本がいい形をつくっていましたが、シュスターのショットでばっちり隠れたところにナンバーワンを置かれてしまいました。松村のラストストーンはちょっと短かったですが、スイープでしっかりドローして、日本が1点とりました。1投でだいぶかわってしまいますねー。

第3エンド、またセンターラインにストーンがたまるのか。日本はいい位置にナンバーツーを置けたのでガードにいきます。ガードの作戦はとてもうまくいっていたのですが、シュスターがガッツィーコールで日本のストーンをトリプルテイクアウト!一気に形勢逆転。日本のドローはうまくいかず、アメリカが3点とりました。

第4エンド、日本はコーナーガードも2投目は中に入れてきました。ガードはなく打ち合いになりますが、アメリカのダブルテイクアウトがうまくいかず日本にチャンス到来。でもダブルで旨く出せませんでした。最後もダブルテイクアウトがうまくいかず、スティールかと思ったら、なんとか1点はとれました。

第5エンド、日本はダブルセンターガード。アメリカはテイクを狙ってきます。そして結局ガードの後ろにうまくストーンを置けました。アメリカはドローで1点。ちょっと短かったのですが、3人スイープで伸ばしました。

第6エンド、アメリカのストーンになんかかんで日本のガードをハウスに入れてしまいました。日本はチャンスだったのですが、どうも大事なところでうまく形が作れない。アメリカはばっちり1点とらせる形を作りました。日本1点のみ。松村も全然ドヤれません。

第7エンド、アメリカはウィックを狙ってきますが、そのポジションで後ろで日本はつくろうとします。しかしハミルトンのランバックでテイクされました。アメリカの複数点を防ぎたいのですが、アメリカは粛々と形を作って2点とりました。

第8エンド、日本は左右にコーナーガード、アメリカは3つたてに並べてきました。アメリカは日本のストーンを順々にテイクしていく。なんとか複数点をとりたい日本でしたが、なかなか難しい形になりました。日本はラストストーンでランバックを狙います。ダブルテイクアウトが成功しました!日本なんとか2点とりました。

第9エンド、ランドシュタイナーのウィックが決まりました。2つともばっちり。日本はなんとかガード、アメリカはテイクしてきます。日本はスティールしようとがんばるのですが、そのもくろみを次々とテイクしていく。うまいです。アメリカが最後はランバックでテイクして3点とりました。ここで日本がコンシード、アメリカ 10-5 日本。

なんかアメリカは勝てそうな雰囲気もしていたのですが、結果的には一番勝ち目がない感じでした。アメリカは大事なところでの決定率がすごい。3エンドのガッツィーコールで流れをつかんで、あとは楽しそうにやっていました。

投稿日: 作成者: マイク松 カテゴリー: ウインタースポーツ | コメントする

カーリング男子世界選手権2021:スイス×日本

軍神オータニリアル二刀流。見始めたらもうオータニが交代するまで見続けてしまいました。ほんとによくがんばった。もう少しで5回投げ切れたのですが…。悔しかったです。でも次も楽しみなマイク松ですこんにちは。

カーリング男子世界選手権はスイス戦。今年のスイスも強いんですかね。

カーリング男子世界選手権、スイス×日本。実況は佐々生さん、解説は敦賀さん。

スイスはタナー、デクルス、ミヒェル、シュワルツ。世界選手権で3位決定戦で敗れた相手で、対戦を心待ちにしていたそうです。

第1エンド、阿部さんの第1投はスルーしてしまいました。スイスはコーナーガードから後ろにまわりこみます。そして複数得点の形をよく作っています。松村がダブルテイクアウトを決めて、次のフリーズで1点とらせる形をつくりました。そしてスイスのラストストーンはショートして、日本が1点スティールしました。3点くらいとられそうな展開だったのにラッキーです。

第2エンド、お互いにガードを作ってその後ろにまわりこむ。いい形ができたところでスイスも日本もダブルテイクアウトを決めます。そのあとはコーナーガードの後ろをめぐる争い。スイスのストーンが横に並んだところで、それをバックガードにするフリーズがばっちり決まりました。しかしそのあとのショットをガードにひっかけてしまい、スイスが2点とりました。

第3エンド、スイスは中にストーンを入れたあと、日本に1点とらせるためにガードを置いてきてます。日本がガードをテイクしたところで、シュワルツが日本のストーンを一掃するショットを狙いますが、自分たちのストーンは全部出て、日本のストーンが1個残りました。日本が平行においても狙ってくるほどのパワーがありますが、惜しくも当たらず。日本が2点とりました。

第4エンド、日本は中のストーンをもりもり守るためガードをもりもり置いていきます。スイスは難しいテイクショットを決めるため苦労していましたが、遠くからのショットでストーンを一掃しました。そこから日本はロングガードの後ろにおいて、なんとかスイスに1点とらせました。

第5エンド、今度はスイスが中のストーンを守るガードをつくってきます。日本は2つはダブルテイクアウトできたのですが、1つスルーがあってスイスに形をつくられます。フリーズを決めたと思ったら、ソフトウェイトで出されてしまいました。ラストストーンはちょっと短かったですが、スイープで伸ばして1点とりました。

第6エンド、阿部さんのショットはまたスルー。しんどいんかな。大量失点の危機でしたが、なんとか2点に抑えました。こういうあぶなーい!ってなってからのって多いな。いいことです。

第7エンド、日本はブランクを狙います。順調にいっていたのですが、最後にスイスはリスク承知でカムアラウンドを決めてきました。日本は2点を狙いにいきますが、テイクがうまくいかず、スイスが1点スティールしました。罠だったかなー。

第8エンド、日本はなんだか知らんけどランバックを何度も強いられてる。しんどい。スイスはガードをどんどん置いてくる。なんとか中の形は崩せたものの、全部出すまでには至らず。1点とるしかなかったです。

第9エンド、今度は一転してフリーズ合戦。中央からずらずらっとタテに並んで難しい。もう1点とらせる形で日本はガードを置くが、スイスのラストストーンでシュワルツのスーパードローショットが決まって2点とりました。すごいショットだ。

第10エンド、なんかかんでホックラインオーバーもあってほんとについてない。最後はダブルテイクアウトでストーンが足りなくなりコンシード。スイス 8-5 日本。

今日はなんかみんな疲れてましたね。ミスも多かった。しっかり休んでまたスイスと戦えるようになってほしいです。

投稿日: 作成者: マイク松 カテゴリー: ウインタースポーツ | コメントする