フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 グランプリファイナル(2):女子シングルSP

007「慰めの報酬」みたマイク松ですこんにちは。ダニエル・クレイグのボンドってほんと大変そうですよね。ご苦労様という感じです。

今日はファイナルの女子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルSP。実況はカクザワさん、解説は織田信成将軍。

ロシアのソフィア・サモドゥロワ。ついにファイナルにきましたか。「ミッション・インポッシブル2」より。ちょっと衣装変わりましたかね。スピードある。3F+3Tを成功。キャメルスピンもいいポジションです。あのキャッチフットポジションかっこいいですよね。ステップは大きなエッジワーク。ここにしっかりあわせてきたんですかね。このGPSの中で成長してる。スピードを落とさずに3Loにつなげてます。2Aも決めました。レイバックスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。やりましたね!失敗を恐れない勢いが演技にでました。68.24。

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。圧倒的な熟女。「アサシンズ・タンゴ」。最初の3Aはオーバーターンもなんとか成功。いいぞ。3T+3Tも余裕ありますね。シットスピンの回転も速い。このへんの技術は熟女ならでは。終わってからのステップへの切り替えもいいですね。ステップからの3Lzも流れありました。ステップになっても曲の雰囲気をしっかり作りながら。他の誰がこの味だせますか。曲の切り替えもうまく表現。コンビネーションスピンでフィニッシュ。見事です!熟女が元気だと盛り上がりますね。70.65。

紀平梨花。思い切って演技するだけですね。ドビュッシー「月の光」。最初に3Aをしっかり成功!いいジャンプですねー。スピードにのって3F+3Tも決めた。このジャンプが効くんですよねー。シットスピンもしっかり。いいスピードから3Lzは両手あげで。高いジャンプ。コンビネーションスピンもI字ポジションがきれいです。ステップもしっかり音楽を表現してます。さすが美栄ちゃんの弟子、つなぎの演技にもぬかりないですね。レイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした!3つのジャンプそろうと強いですね。82.51!いい点でましたねー。

宮原知子。パトリシア・カース「小雀に捧げる歌」。いい滑りですねー。いいスピードから3Lzは単独。でも軸が傾いてたからいい自重です。キャメルスピンで立て直す。つなぎ部分もよく表現できてるし、2Aへのつながりもスムーズ。軽やかなステップから3Lo+2T。コンビネーションスピンは各ポジションがほんとにきれい。磨き上げてますね。ステップはエッジワークが軽やかでなめらか。本当に質が高い。スパイラルにも必然性がありますよね。レイバックスピンでフィニッシュ。回転が速かったです。質の高い演技でした。67.52。

坂本花織。シャルロット・チャーチ「フロム・マイ・ファースト・モーメント」。滑りはとてもきれいですね。3F+3Tを成功。高さも出てましたね。2Aは流ればっちり。コンビネーションスピンはまずまず。ステップはがんばってますがちょっと順番が悪いかも。3Loはキレありました。回転のキレがすばらしいです。キャメルスピンは加速する構成。レイバックスピンでフィニッシュ。さすがのジャンプでした。70.23。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。横綱登場。「オペラ座の怪人」。緊張感ある入り。3Lz+3Loをまずは成功。すぐキャメルスピン。音楽にあわせて演技も見事ですね。ステップはさすがのエッジワーク。体がよく動いてます。2Aも入り方に工夫。レイバックスピンは回転速度いいですね。3Fは両手あげでばっちり。いいジャンプです。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションがきれいでした。あっという間に終わりましたね。貫禄ありましたが得点はどうか。77.93。やっぱりアクセルの違いですね。

○SP終わっての順位:(アジカンの曲的に)
1. 紀平の街まで
2. 迷子犬とザギトワのビート
3. 熟女という花
4. 坂本&坂本
5. それでは、サモドゥロワ
6. 宮原で愛を打ち鳴らせ

紀平がトップに立ちました。やはりプログラム構成はすごい効きますよね。体操でいえばDスコアの高さでまず勝負という戦いは一つの戦略ですよね。3Aもいい感じで決まったし。こうなったら優勝…とかいわずに、自分の演技をすればいいですよね。ザギトワは2位。質の高い演技はしていたので、FS逆転は十分ありますよね。トゥクタミシェワは3位。私の方が先に3Aやっとったで!的なジャンプもかっこよかったですが、1人別世界、熟女世界を構築していました。坂本は4位。さすがのジャンプの質でした。サモドゥロワも最初に出てきましたがいい演技でした。宮原が6位ってなんでやねんと思いますね。確かにジャンプはうまくいかなかったですが、あの全体的な世界観。FSではもっと上を狙いましょう。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 グランプリファイナル(1):男子シングルSP

カネコチヒロ改名。カネコに理由は風水だからといわれたらなんもいえないですよね。ひょっとしたら移籍も「北方が吉、アンラッキーアイテムは種いも」とかいわれたんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。それならなんもいえんな。

フィギュアスケートグランプリシリーズはついにファイナルです。今日は男子シングルSP。今年のファイナルはバンクーバーなんですね。見に行きたいけど寒いんやろなー。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルSP。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。

カナダのキーガン・メッシング。「君はともだち」。いい入りですね。将軍っぽい演技。4T+3Tをなんとか決めました。上出来。キャメルスピンも回転が速くていい質。つなぎの部分もスピードがあります。3Aは手をついたようなそうでもないような。ステップはおしゃれな音楽をよく解釈できてますね。ちょっと疲れたかな。急に出場やから。シットスピンで落ち着こう。バレエジャンプから3Lzはばっちりでした。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプもなんとかそろえたし、やはり地元でしっかりエネルギーもらえましたね。79.56。

韓国のチャ・ジュナン。バレエ音楽「シンデレラ」より。韓国男子初のファイナル進出だそうです。そういえばそうか。4Sを決めてきました。いいジャンプです。3Lz+3Loを成功。いい出来。キャメルスピンから3Aも決まりました。そろえましたね。シットスピンも回転速い。ステップは途中でおもしろな動きですがしっかりがんばってますよ。あれなんなんやろ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね!オーサーも喜んでいます。89.07。おお。

チェコのミハル・ブレジナ。ファイナルに戻ってきました。7年ぶりか。「リヴ・フォーエヴァー」。4S+2Tは成功。よくこらえました。3Fも大きなジャンプ。キャメルスピンは軸しっかり。シットスピンもしっかり回転してます。3Aも決めました!ブレジナがジャンプそろえました。ステップもこれまでの苦しい時期を表現するような。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やりましたね!アイスショーのような余裕ある演技。詰め詰めにしなかったのもいいですね。89.21。上にいきました。

アメリカのネイサン・チェン。「キャラバン」。このプログラムが余裕を持って滑れたら。3Aは余裕ありましたね。4Fもうまくいきました。キャメルスピンはまずまず。コンビネーションを最後にとってありましたが、4Tはステップアウトでコンビネーションになりませんでしたね。こういうこともある。シットスピンからステップ。このステップ見栄えしますね。よくリズムをとってます。みるたびにステップは成長してますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。でも演技はとてもよかったです。92.99。コンビネーションなくてもトップ。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。また順番が悪い。ボロノフおじさんがんばって!「前奏曲ト短調」。4Tはなんとか決めましたがコンビネーションにならず。3Lo+3Tはしっかり成功。コンビネーションもリカバーしました。キャメルスピンがんばれ。順番が悪いとかいうな。3Aは止まり気味でしたがしっかり降りました。いちおうジャンプはそろってるんですけどね。シットスピンからステップ。みんな盛り上げて!おじさんに力を貸してあげて!でも水を打ったように静まりかえっています。あれ?みんなトイレ休憩とかじゃないのかな。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ああ人いましたね。82.96。

宇野昌磨。天国への階段。4Fはステップアウト。あぶない。4T+2Tは決まりました。キャメルスピンはてきぱき。スピードはよくでてますね。3Aはとてもいい流れ。すぐイーグルにつなげました。シットスピンも軸ばっちり。質が高い。そしてステップは音楽をうまく使って工夫のある構成に仕上げてます。これかっこいいステップですよね。コンビネーションスピンも回転が速かったです。すばらしい出来。91.67。惜しかったです。

○SP終わっての順位:(アジカンの曲的に)
1. ネイサン・チェン通り
2. 宇野を越えて
3. ローリングブレジナ
4. チャ・ジュナン part2
5. ボロノフの破片
6. 新世紀のメッシング

ネイサン・チェンがトップにきました。コンビネーションにならなかったですが、4F跳んでますからね。宇野は2位ですがそんなに差はない。ジャンプ以外のエレメンツもレベル高かったです。ブレジナが3位なのがうれしい。ここまできましたか。なんとか表彰台キープできるか。チャ・ジュナンは上出来ですね。歴史を作る選手になるのか。ボロノフおじさんは順番が悪い。いったいおじさんが何をしたのか。メッシングは急な出場でもがんばりました。

大相撲11月場所2018:11日目

先日喫茶店でスポーツ新聞を読んでいたら、ニシが故郷に錦を飾る的な記事が出ていました。その前の球団もいちおうプロ球団なんだけどなと憤慨していた富井の部下マイク松ですこんにちは。上司には関西ではハンシンにあらねばプロ野球にあらずですといっておきました。そうです、オリックファンは隠れキリシタンみたいなもんです。迫害はされないので安心してください。

九州場所は11日目。もうとっくに終わっていますが隠れ更新です。

11日目。実況は解説は正面が舞の海さん。

荒鷲×矢後。矢後が幕内で。荒鷲もしっかり当たっていきますが、矢後が右上手を引いて寄り切りました。しっかり上手とれましたね。

明生×隆の勝。頭で当たった。隆の勝突き放していきますが、明生の突き落としが決まりました。ちょっと間合いがあきすぎてしまいましたね。

千代翔馬×隠岐の海。いつの間にか7-3になってるオッキー兄さん。すごいな。あっさり勝ち越してしまうのか。千代翔馬の引きを残してがばっとつかまえ、右から強烈な上手投げで仕留めました。勝ち越しインタビューでは出来すぎといってます。まあその通りですね。

碧山×豊山。突き押し合い。お互いの突き押しをよくしのいでいきますが、碧山の突き落としが決まりました。今場所は碧山慎重に突き押してると舞の海さん。的確ですね。

佐田の海×千代丸。千代丸の突き押しをあてがう佐田の海ですが、これは千代丸のペース。どんどん押して突き出しました。今日は千代丸いい相撲でしたね。

琴奨菊×大奄美。あたってはずからいく菊ですが、右を差した大奄美が寄って寄り切りました。つかまえて動きを止めましたね。菊も攻めはいつもの通り悪くはなかった。

大翔丸×宝富士。大翔丸いい当たりだったのですが、宝富士の下からのすくいのような動きで大翔丸が裏返しに倒れました。不思議な相撲。決まり手は押し倒し。

勢×千代の国。勢立ち合いで押し込んで千代の国の突き押しをしのいでいましたが、うまく土俵際の突き落としをくらってしまいました。立ち合いはよかったんですけどねー。

阿武咲×松鳳山。阿武咲立ち合いで押し込んだのですが、松鳳山がもろ差しから逆襲で寄り切りました。今日はうっかりしましたね。引いてしまったところで差されてしまいました。

阿炎×遠藤。阿炎突き押しからなぜか組んでしまいました。遠藤がそこから逆襲、寄り切りました。組んだらあかん。きっと部屋でおこられますね。

大栄翔×輝。突き放していく大栄翔。輝あてがっていましたが押し出されてしまいました。なんだか元気がない。

正代×貴ノ岩。立ち合い左前まわしをとった貴ノ岩が寄り切り。マサヨ受けてしまいましたね。あっさり相撲。

朝乃山×竜電。右を差した竜電、朝乃山も差して右四つに。竜電が上手をとって上手投げで転がしました。朝乃山の体勢がいいかなと思ったのですが、上手をとって形勢が変わりました。

錦木×北勝富士。錦木おっつけて圧力をかけていきます。北勝富士はのど輪で攻めますが、錦木の左突き落としが決まりました。立ち合いから圧力をかけていったのが効いたか。

妙義龍×玉鷲。玉鷲突き起こしてはたきのあっさりクッキング。妙義龍中に入れませんでしたね。うーん。

貴景勝×栃煌山。注目の一番。貴景勝がいつものように突き放していきます。間があいたところではたき込み。わかっていてもなかなか防げないです。

御嶽海×嘉風。御嶽海が押し込んでいきますが、徐々に嘉風が起こして左差し。そこから上手をとって出し投げで仕留めました。あのスピードよ。

豪栄道×魁聖。ゴーエードーが中に入りました。魁聖も肩越しの上手で攻めますが寄り倒し。

千代大龍×栃ノ心。突き押し合いの中でなぜか千代大龍がニーダウン。つきひざで決まりました。

逸ノ城×高安。高安がおっつけあいから引いて逸ノ城が押し出したかと思いましたが物言い。先に逸ノ城の足が出ていました。行司さんよくみていました。さすが。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 フランス大会(4):女子シングルFS

休日なので少し歩いてお寺にでも行こうと歩き出したら歩きすぎたマイク松ですこんにちは。このあやまちよくやるんですが、全然反省をいかしてない。明日に差し障らないように歩くことはできんのか。

グランプリシリーズはファイナルが終わろうとしています。まだみてなかったフランス大会、女子シングルFSみてからみますね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、フランス大会、女子シングルFS。実況は大西さん、解説は織田信成将軍。

ロシアのスタニスラワ・コンスタンティノワ。「アンナ・カレーニナ」より。3Lz+3Tは片手あげ。ちょっと巻き足なんですよね。がんばらないと。2A+1Eu+3Sも決まりました。3Loも成功。いい出だしです。ステップはエッジを大きく使ってます。スピードがつけばもっといい感じ。2A、3F+2Tと決めてきます。ほんとはこれくらいはできる選手。3Lzからレイバックスピン。テンポもいいですね。イーグルをはさんでの3Fからコンビネーションスピン。コレオシークエンスからキャメルスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。ちょっとエレメンツが単調になってしまったか。189.67。

フランスのロリーヌ・ルカブリエ。ベス・ハー「アイル・テイク・ケア・オブ・ユー」。2A+3Tから入りました。地元もっと盛り上げてあげて。次は2Fになりました。3Tからコンビネーションスピン。回転速くていいスピンです。ステップは動きのスピードとキレがいいですね。ステップは得意というか好きなんかも。終わりにキャメルスピン。2A+1Eu+2Sになりました。トリプルの予定だったか。3Lzは成功。3Lz+2Tを決めてコレオシークエンス。音楽表現はまだできるかも。3Loは手をついてしまいました。おしい。レイバックスピンでフィニッシュ。最後決めておきたかったですねー。157.24。

スウェーデンのマチルダ・アルゴットソン。ランビエールの弟子ですね。「Firefries」。3Lzはシングルに。がんばれ。3Lo+2Tは決まりました。3Fもなんとか。1つずつやっていこう。3Loからコンビネーションスピン。スピンうまいですね。3S+1Eu+2Sをいれてきました。3Sを重ねてきます。コレオシークエンスはもっといろいろやりたいですね。2A+2Tからコンビネーションスピン。スピンで点とりましょう。ステップはよく体を動かしてます。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。できることを今はしっかりやっていくだけですね。146.35。ランビエールが励ましてくれてる。よかったね。

スイスのアレクシア・パガニーニ。今日はどうかな。「ラ・ラ・ランド」より。ほんとにもっと明るく入るララランドをやってくれる人はいないのかな。3Lzは転倒。3T+1Eu+2Sはステップアウト気味になりました。3Lo+2Tはしっかり。2Aからコンビネーションスピン。続いてコレオシークエンスにいきます。もうちょっと工夫したい。3Loはダブルになりました。3T+2Tは成功。2Aからレイバックスピン。このポジションいいですよね。ステップは音楽によく乗れています。よく体も動いてる。こういうふうにあのテーマは使いたいですよね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。曲をもっとうまく使っていってほしい。156.51。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「ミッション・インポッシブル2」より。ちょっとゆっくり入ってますね。3Lo+3Tから入りました。パワーでしっかり上がっています。3Fは成功。3Lzは転倒しました。スピードが落ちていると将軍。2Aからコンビネーションスピン。この曲もM:I2にしては静かな校正ですね。ステップは情熱的にいきたかったところ。2A+3Tから後半。コレオシークエンスは見せ場です。3Lz+2Tはまずまず。3Sも手つきました。キャメルスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。メイテにしてはよくがんばりました。ミスも最小限。そうやって少しずつできることを増やしていって。168.02。

フランスのレア・セルナ。「ラ・ラ・ランド」より。またきた。そしてまた静かな入り。3Lz+2Tから入りました。ふわっと降りています。3Fは転倒。まわっていたのですが。コンビネーションスピンはいいスピードとポジション。これは質高いですね。3Sは跳び終わりがいいです。コンビネーションスピンもてきぱき。ステップはリズム重視。もっと工夫はできそうですね。3Lzは転倒。3Tも転倒。がんばれがんばれ。2Aは決まりました。3T+2T+2Loは成功です。難しいジャンプじゃなければだいじょうぶ。コレオシークエンスは上下の動きがうまくできてる。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプが決まりませんでしたが、最後までしっかり滑りました。まだまだこれからですよ。しんどそうだけどがんばれ。149.49。

アメリカのブレイディ・テネル。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」より。最初の振りほんとに音楽にあってるんだろうか。2Aは流れのあるジャンプです。3Lz+3Loはしっかり今度は決めましたね。まわってるみたい。3F、2Aと流れよく決めてますね。今日は調子よさそう。レイバックスピンから音楽変わる。ステップはメリハリと強弱がうまくつけてますね。3Lz+3Tも決めました。3F+2T+2Loとジャンプ順調ですね。3Sからコレオシークエンス。ここも手をついたりしてかっこいい構成。スパイラルからコンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はいい演技できましたね!実は全米チャンプなんだぜというところをみせました。197.78。

ロシアのマリア・ソツコワ。ガーシュウィン「サマータイム」。3Lz+3Tは高さ出せてます。3Lo+2Loも決まりました。今日は調子よさそうですね。このままいきちあ。ステップは手足の長さをうまく表現にいかせてます。2Aからコンビネーションスピン。1つ1つのポジションしっかりがんばっってる。2Aはその前後のつなぎ部分もしっかりいけてます。2F+1Eu+3Sはなんとか。次も2Fになりました。もうちょいやがんばれ。3Loは成功。キャメルスピンはさすがのポジション。コレオシークエンスは大きなスパイラル。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプがいくつかダブルになりましたが、力はまずまず出せましたね。177.59。

本田真凛。映画「LOVERS」より。いいスピードから3Lzは単独になりました。まずはしっかり。3F+2Tでコンビネーション。コレオシークエンスはよかったんですが2Sになりました。2Aからコンビネーションスピンはさすがいいポジション。表現の一部になってるのがいいですね。袖口の使い方がきれいです。2A+3Tはきれいにきまりました。3Loは成功。つなぎ部分もほんとにいい表現してます。2F+2T+2Loはどうも抜けますね。ステップは見せ場なんですがもう少しスピードを出していきたい。キャメルスピンからレイバックスピン。雰囲気にあったスピンでした。まだうまくできそう。完全に仕上がったらほんとによさそうです。188.61。

三原舞依。SPトップでした。「ミッション」より。3Lz+3Tは成功。コレオシークエンスをここでもってきます。そこから2Aにつなげます。そしてスパイラルをはさんでの3Loと構成がいいですよね。コンビネーションスピンは音楽をうまく表現してます。3Fは決まりましたが2A+3Tはオーバーターン気味。シットスピンもいいんですがちょっと淡々としてきたかも。3Lz+2T+2Loはいけたのですが、最後が2Sになりました。うーん。ステップからコンビネーションスピンでフィニッシュ。エレメンツはよく決まりましたね。202.81。なんとかトップに立ちました。

紀平梨花。ジェニファー・トーマス「ア・ビューティフル・ストーム」。スケールはでかい。3Aはなんとか成功。2A+3Tは成功。ここは堅実に。3Loと序盤はいいですね。コンビネーションスピンはいいポジション。ステップは大きな身体の動き。エッジワークと両立してるから見栄えしますね。終盤スピードアップするのもグッド。3Lz+3Tをしっかり成功。大きなジャンプです。3Fは両手あげ。レイバックスピンのスピードもいいです。いいスピードから3Lz+2T+2Loと決めました。シットスピンからコレオシークエンス。3Sを最後に跳んでフィニッシュ。やりましたね。大きなエレメンツをしっかり決めました。守りに入ってもあれだけの演技ができる。

ロシアのエフゲニア・メドベージェワ。最終滑走です。「リベルタンゴ」ほか。2Aで体勢を崩しました。あぶない。3Lzは成功。3F+2T+2Tを跳んでキャメルスピン。コレオシークエンスは難しい構成を難なく。2Aは今度はだいじょうぶ。いいスピードはでてます。3F+2Tは手をついてしまいました。3Sは流れのあるジャンプ。3Loからコンビネーションスピン。がんばってます。ステップは表現の意志は感じます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。まだまだこれからですよ。見守っていきます。192.81。

○最終結果: (ニシノカナの曲的に)
1. 紀平に会いたくなるから
2. 三原の好きなところ
3. テネルッ
4. 会いたくて会いたくてメドベージェワ
5. たとえ、コンスタンティノワ…
6. もしも本田がいるのなら

紀平が逆転で優勝。TESの高さがやはり効いてますが、それだけじゃないところが強さですよね。NHK杯ほどではなかった演技でしたが、これからまだまだ強くなりそう。三原は2位ですが本人にとっても大きいでしょう。テネルが3位に入りました。完全に予想外でしたがそういえばこれくらいできる選手ではありました。メドベージェワは4位。本人もまだまだ適応の途中といってたので見守りましょう。だいじょうぶ。5位はコンスタンティノワ。最初に滑ったのに。SPの出遅れが響きましたがちゃんとやればこれくらい。本田は6位。こちらもシーズン全体を見据えてがんばってほしいです。

予告された敗戦の報告 week11 ビリーブランド@HOU

12月なのに暑すぎると思ったのもつかの間、本格的な冬が到来しましたね。富井です。NFLもプレーオフに向けてますます白熱していますが、ブラウンズはプレーオフには無関係なのでこのいい流れを変えないように頑張って欲しいものです。

今日の相手は強いテキサンズ。8勝3敗と現在地区首位。まあ、相手を見た時点で勝てないな・・・とは思いました。しかし、実際に試合を見るとその力の差は思った以上でした。

なんせ、オフェンスもディフェンスもラインが強い。そしてワトソンの足の速さと決断の早さ。あの決断力はメイフィールドも大いに見習って欲しいところ。また、ディフェンスも簡単にラインを破ってくるし、メイフィールドのロングパスを予想していいところを守られ3回もインターセプトを奪われます。前半は0-16と完封されましたが、後半は(まあ、テキサンズが守備を緩めたのもあるけど)ロングパス一辺倒でなく、ショートパスも使うようになり、タッチダウンも2本決まりました。

とはいえ、ブラウンスも悪かったわけではありません。ただ向こうが強かった。しょんぼりして方針を変えたりせず、今の攻撃、守備を磨いていって欲しいです。

ここまでの成績、4勝7敗1引き分け。