NFL2018 NFCカンファレンスチャンピオンシップ LAR@NO

あなたのSNS投稿が危ない。このクロ現ナイスだったなと思うマイク松ですこんにちは。いちおうFalse StartにもTwitterはありますが、今まで一度たりとも写真入りのツイートをしてないのが自慢です(自慢にならん)。もちろんFacebookもInstagramもやってません。あげる写真がないからです。みなさんもお気をつけて。

NFLはついにカンファレンスチャンピオンシップに。勝った方がスーパーボウル進出です。今日はNFCカンファレンスチャンピオンシップ、LAR@NOです。

・NFCカンファレンスチャンピオンシップ、LAR@NO、実況は別井さん、解説は高野さん
・NOのテイサム・ヒルがなぜかスターターの12人目として紹介されていておもしろかったです
・序盤はNOペース、FGで加点していき、グリフィンへのTDパスも決まってリード、LARはデイヴィスのINTもでて、1Qは無得点
・2Qに入ってLARがFG決めたあとはパントが続きますが、2ミニッツオフェンスのLARがてきぱき攻めて、ついにガーリーのTDランが決まりました、前半はLAR 10-13 NO
・後半になってブリーズさんがふたたびTDパスを決めると(レシーバーはテイサム・ヒル)、ゴフも返しのオフェンスでTDパスを決めて打ち合いになります
・4Qに入ってLARがFGを決めて同点、しかしNOは2ミニッツに入って勝ち越しFGを決めます
・追いつめられたLARですが、てきぱき攻めて残り19秒で同点FGにつなげました、オーバータイムに突入、まじか
・OTはコイントスでNOが勝つのですが、プレッシャーを受けたブリーズさんのパスをジョンソンがINT!ここでビッグプレーが出ました
・LARのオフェンスも止められてしまうのですが、ここでLARは57ydsFGにトライ、見事に決めて試合終了、LAR 26-23 NO

・LARがスーパーボウルですよー、カート・ワーナー以来
・ゴフは25/40,297yds,1TD,1INT、もちろん十分な活躍
・ランは今日はCJがよく抑えられました、16att,44yds、ガーリーも万全じゃないのか4キャリーしかなし
・レシーブはクックやウッズといったところががんばってました
・でも今日光ったのはやっぱりディフェンス、いつも強烈なプレッシャーを与え続けました、2sck,1INT,1FF、あのNOオフェンスをトータル290ydsに抑えました

・NOも全然悪くなかった、ほんと紙一重
・ブリーズさんは26/40,249yds,2TD,1INT、互角以上
・ランはカマラもイングラムも十分封じられました、これが痛かった
・その分レシーブはカマラが11rec,96ydsとすごい、ヒルが1TDレシーブ
・ディフェンスはなんやかんやよくやられましたが失点は最小限
・本当に紙一重でした

大相撲1月場所2019:7日目

今日はNFLのカンファレンスチャンピオンシップを1つみたのですが、もう1つをみてないのでネットをあんまりしてないマイク松ですこんにちは。最近は日経の速報とかでも結果が出たりするので油断できません。デイリーポータルZだけみていました。安心。

初場所は7日目。安心の相撲をとってほしい。

7日目。実況は藤井さん、解説は正面が境川親方、ゲストに三遊亭好楽さん。

御嶽海まで休場してしまいました。そして誰もいなくなるのか。

豊山×千代の国。好調同士の一番。すごい突き押しあい。豊山も押し返します。引いたところからがばっと差した千代の国が豪快な首投げで仕留めました!これはいい反応。

大奄美×琴勇輝。立ち合いで少し押し込んだ大奄美が押し込みます。いなして回り込んだ琴勇輝が逆に突き押して突き出しました。いい動きできました。だんだん幕内の相撲に慣れてきたかな。

矢後×大翔丸。矢後も突き放していきます。そして差し手を狙う。大翔丸引いてしまい、矢後が押し出しました。

琴恵光×明生。琴恵光立ち合い変化しますが、ついていった明生が押し出し。何のために幕内に上がったのかわからんそんな相撲じゃ。

千代翔馬×勢。張り差しの千代翔馬に対して体を寄せて寄り切った勢。でも頭がいたそうです。というか張り手が目に入ったかも。がんばれ勢。

宝富士×阿炎。阿炎が突き放しますが、宝富士がとったりで呼び込んでしまい、阿炎が押し出しました。突き押しはそんなに効いてない。

輝×遠藤。突き押しあいになりました。輝も押し切れず、差した遠藤が寄って出ます。輝も一度は残しますが、遠藤が寄り切りました。輝もいまいち取り口に迷っているような。

佐田の海×朝乃山。右四つ。佐田の海が先に上手をとりますが、朝乃山がどんどん振り回して投げ転がすような突き落としでした。小手投げで振り回したんですね。

魁聖×阿武咲。阿武咲立ち合いから引いてしまい、魁聖が押し出しました。だめな相撲でした。魁聖の圧力勝ち。

大栄翔×嘉風。大栄翔どんどん突き押していったあとで、間合いを詰めて押し出し。嘉風元気がない。

碧山×千代大龍。千代大龍の九重メソッドに碧山ダイブ。ちゃんとわかってるはずなんだから足出さないと。

竜電×隠岐の海。オッキー兄さん、サンデースポーツでみたのですが、負けて帰ってくる阿武咲の横で壁に向かって何かしていました。先日の負けをそういうところで返そうとしていたのか。土俵で返そう。今日は右上手をとって上手投げ。いよいよ調子出てきたかも。のろいの。

北勝富士×御嶽海。御嶽海休場で北勝富士不戦勝。ラッキー。というか2日連続で不戦勝ですか。2日連続の不戦勝は玉春日以来とのこと。片男波親方もずいぶん年とりましたね。

妙義龍×錦木。錦木が右差しをとったりにいきますが、しっかりかいなを突きつけて寄り切り。師匠も喜んでいます。いいぞいいぞ。

栃煌山×玉鷲。栃煌山が苦手な玉鷲ですが、今日はどんどん突き放して押し出しました。いい相撲とれましたね。

貴景勝×逸ノ城。逸ノ城をしっかり押して押し出した貴景勝。すばらしいです。逸ノ城は引くのを待っていたのかもしれませんが、それはないんですよね。腕がしっかり伸びているからまわしがとれないと境川親方。

高安×琴奨菊。菊左を差していきますが、体を入れ替えた高安、しっかりあおっておいて転がしました。突き落とし。

正代×豪栄道。マサヨ一度いい形で押し込んだのですが、ゴーエードーが残して右四つから寄り切りました。ようやく調子が出てきたか。遅いけど。

松鳳山×白鵬。今まで14-0とのこと。白鵬は10回以上対戦して一度も負けたことがない相手が6人いるらしい。相手をよくみながら突き放したあとはたき込みました。余裕ありましたね。

NFL2018 NFCディビジョナルプレーオフ PHI@NO

富井と近くの温泉にいってきたマイク松ですこんにちは。最近熱いお風呂と水風呂に交互に入る交互浴がすばらしいと思っているのですが、富井も気に入った様子。あとは極東事務所に近い銭湯とかを探すだけだなと思いました。

今日はNFCディビジョナルプレーオフ、PHI@NO。これでチャンピオンシップに間に合いました。というかこの試合すごい接戦でした。やっと。

・NFCディビジョナルプレーオフ、PHI@NO、実況は笠井さん、解説は高野さん
・NOの調子はどうか、聖☆おじさんことブリーズの調子にかかってます
・ところがいきなり最初のパスをINTされてしまいました、ちょっと短かった
・PHIはフォールズからマシューズにTDパスを通して先制、次もフォールズのスニークでTDとりました、こちらは調子ばっちり
・NOの波の乗れなさがやばくてこのままではNOまずいと思っていました
・ここでNOの秘密兵器QBテイサム・ヒルがパントフェイクで1stダウン、そこからカークウッドにTDパスを通します、ようやく
・このあともオフェンスが停滞するたびにヒルが出てきてなんかやって盛り上げます
・3Qは長い長い長い長いドライブから最後はトーマスにTDパスを通しました、トーマス大活躍、これで逆転
・PHIの強いディフェンスにかなり悩まされなんとかFGを決めますが、まだ1TDで逆転できる点差
・PHIは最後のオフェンス、いい感じで進めていってこれはまずいと思ったら、レシーバーのドロップをラティモアがINT、これで勝負ありでした、PHI 14-20 NO

・この試合が一番どきどきしてぎりぎりの試合でした
・NOはブリーズさんが28/38,301yds,2TD,1INT、途中からしっかり盛り返すあたり聖人
・ランはカマラが16att,71ydsほか、まずまず引っ張りました
・レシーブはなんといってもトーマス、12rec,171yds,1TDの大暴れ、ブリーズさんもトーマスにパスを集めていってました
・ディフェンスはラティモアがほぼ勝負を決めるINTを2つ決めました、昨年はほんとにひどいタックルで勝ちを手放してしまったのですが、地獄から天国ですね
・でも一番勝負に影響したのはテイサム・ヒルでしょう、ランブロックもパスもランもパントカバーもなんでもできる万能選手、あいつがなんでもやるからチームが盛り上がる、富井は「光藤(ファイターズのキャプテンQB、ラン得意)のおかげやな」と感心していた様子、オレの光藤みたいに呼んでいました

・PHIはフォールズが18/31,201yds,1TD,2INT、でもしっかり勝ちにつなげるクォーターバッキングをしていました
・ランはトータル49yds、これがやっぱり効いたですかね、レシーブはジェフリーが5rec,63ydsなど
・ディフェンスは2sck,1INT,1FF、すごいプレッシャーをかけていました
・勝敗はほんとに紙一重でしたね

NFL2018 AFCディビジョナルプレーオフ LAC@NE

卓球の日本選手権みているマイク松ですこんにちは。女子では早田の卓球結構好きなのでがんばってほしいですが、相手が伊藤ですからねー。がんばってほしいです。

NFLもスーパーボウルまであと少し、今日はAFCディビジョナルプレーオフ、LAC@NEです。ヤジくん(リヴァース)の野望はどこまでいけるのか。ブレイディさんの調子次第なんですが。あとフォックスボロの気温次第。

・AFCディビジョナルプレーオフ、LAC@NE、実況は別井さん、解説は宍戸さん
・ヤジくんは氷点下の天気だと勝てないといういやなデータが紹介、もちろんフォックスボロは氷点下です
・NEは徹底的にランとショートパスで攻めます、特にランがよく出る、まずはミシェルのランでTD、ブレイディさんは楽に試合を進めてます
・LACも負けずにヤジくんがアレンに43ydsTDパスを通しました、ここまではよかった
・その後はNEが立て続けにランでTDとっていくのに対し、LACはなかなか前に進めずパント、ぐんぐん差がついていきます
・NEはミシェルで2つ、バークヘッドで1つランでTD、ドーセットにTDパスも投げて圧倒、前半でNE 35-7 LACと大きくリードしました
・後半はNEは無理せず時間を使っていきます、ランで基本攻めて無理せずパントに、もりもり時間を流していきます
・LACはなんとか追いつこうとがんばります、ヤジくんががんばってゴードンのランでTDも時間が過ぎる
・グリーンへのTDパスを通して食い下がりますが、INTくらったりしつつも時間がなくなってしまいました、最後はニーダウンで試合終了、NE 41-28 LAC

・NEはブレイディさんが34/44,343yds,1TDとばっちり、スコアこそランばっかりでしたがしっかり導きました
・ランはミシェルが24att,129yds,3TD、バークヘッドも1TDとランで4TD、しっかりしたランブロックでもりもりランで進んで時間を使いました、デヴェリンもいいブロック
・レシーブはエデルマンが9rec,151yds、ホワイトが15rec,97ydsほかいつものようにみんな活躍、グロンカウスキーは今日はランブロックで貢献してました
・ディフェンスは2sck,1INTほか、後半はLACに攻めさせてカタにはめていました

・LACはヤジくんが25/51, 331yds, 3TD,1INT、悪くないんですがブレイディさんがよすぎました
・ランはトータル19ydsと話にならず、レシーブはいろんな人ががんばってましたが
・ディフェンスは前半やられまくってトータル498yds、ランで155yds、4TDとられました、これでは勝てない
・ヤジくんのプレーオフ終わりました、残念

大相撲1月場所2019:6日目

ようやく『いだてん』第2話をみたマイク松ですこんにちは。僕にはとてつもなく才能がないものがいくつかありますが、その1つに連続ドラマをみる才能がないということです。『いだてん』はかなりおもしろいドラマだと思うのですが、それとこれとは話が別。毎週ちょっとずつみるとか大変。あやうく1話で挫折するところでした。

初場所は1日目。なんやかんやで力士って才能に恵まれてますよね。

6日目。実況は大坂さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が玉垣親方。

豊山×大翔丸。実は先輩後輩同士。後輩の豊山が張り差し。一度大翔丸が押し込みますが引いたところを豊山が押し出しました。大翔丸初日が出ません。

石浦×千代翔馬。石浦が幕内で。脇の下にもぐりこむのはいい形。千代翔馬は右上手をとりますが、投げにいったところをわたしこみから崩してつぶしました。決まり手は下手ひねり。石浦の持ち味出ましたね。

矢後×琴恵光。矢後が左四つ右上手をとりました。がっちりつかまえて寄り切り。矢後は左を差し勝ったのが大きいと舞の海さん。いい形になれましたね。

千代の国×琴勇輝。なぜか琴勇輝に強い千代の国。どしどし突き押しあいになりますが、千代の国がうまくはたき込みました。合い口ですかねー。激しい突き押しでバランスを崩すのが効いてる。

大奄美×明生。下から起こしにいく明生。大奄美も引いてしまい、最後は押し倒しました。激しい相撲で主導権を渡しませんでしたね。明生も形ができてきたか。

宝富士×輝。輝がもろ差しになり出て行きましたが、土俵際で上手投げで宝富士が逆転しました。いいところまでいってるのに。突き押しがなくなったのがよくないのでは。

勢×遠藤。日に日にばんそうこうが小さくなってる遠藤。遠藤左に動きますが、しっかりついていって勢が押し出しました。勢いい相撲できましたね。遠藤は消極的。

魁聖×佐田の海。がばっともろ差しになった佐田の海、しっかり寄り切りました。いい立ち合いから相手の下に入って寄ったのがよかったですね。舞の海さんが佐田の海の下腹が魁聖の腹の下に入ったと表現。なるほど。

阿炎×朝乃山。阿炎突き押しからはたきにいきますが、朝乃山がついていって押し出しました。朝乃山ようやく初日。阿炎は安易でしたねー。もっと相手をみよう。

碧山×大栄翔。碧山の強烈なのど輪。押し込んでおいてまたタイミングのいいはたきで決めました。大栄翔は後手に回りました。

竜電×嘉風。嘉風左が入りました。しっかり起こして寄り切り。ようやく嘉風に初日出ました。ここからここから。

琴奨菊×千代大龍。やけに菊は千代大龍に強い。がんがんがぶって寄り切りました。千代大龍は何しにきたのかな。

阿武咲×隠岐の海。オッキー兄さん登場。期待の若手にどう立ち向かうか。K.W.B.なるか。しかし低い阿武咲についはたきにいってしまい、阿武咲が押し出しました。NO~!!ぶっつぶされたァ!

妙義龍×御嶽海。妙義龍強烈なおっつけから押し出しました。いい相撲!御嶽海土俵から降りたときに足を痛めてしまい、車いすで運ばれました。まじか。妙義龍なんもしてないのに。それはつらい。

貴景勝×栃煌山。栃煌山いなしから左上手をとりました。これはうまい。右も差してスピンから体勢を作ります。貴景勝も一本背負いにいきますが、うしろについて送り出しました。立ち合いがうまかったですねー。

逸ノ城×玉鷲。玉鷲がすばらしい当たりからどんどんおっつけて押し出しました。見事な相撲!強い玉鷲が戻ってきてますね。がんばれー!

松鳳山×豪栄道。松鳳山一度つっかけました。張り差しが空振りのゴーエードーをひっかけていく松鳳山でしたが惜しくも空振り。ゴーエードーが寄り切りました。あぶなかったですよね。

高安×錦木。左四つになりました。両者上手をさぐっていきます。錦木が小手投げにいったところを高安がうまく体を寄せて寄り切り。錦木は勝負をあせってしまいましたねー。じっくりいかないと。

正代×白鵬。左の前まわしをがっちりとった白鵬、下手もとって寄り切りました。いい立ち合いでしたね。舞の海さんも安心してみていられたと。

鶴竜×北勝富士。鶴竜休場で北勝富士不戦勝。ラッキー。