全米フィギュアスケート選手権2017(6):男子FS

50歳のJリーガー」三浦カズさん、お誕生日おめでとうございます。若い頃あれだけ凄くてまだ現役ってすごいですね。富井です。イチローも25歳ぐらいで引退しても伝説だったと思うのですが、まだ現役ですからね。すごいな。フィギュアスケーターも40歳まで現役を目指して欲しいですね。実況は赤平さん、解説は岡部由起子さん。

フリーはグループ3、4だけののレビューにします。まだまだ欧州、四大陸もありますので。

エマニュエル・サヴァリ。「House of flying daggers」他。4Sはステップアウト。3Aは転倒。ちょっとスピードがないな。4S+2Tは成功。キャメルスピンはゆっくり。慎重ですね。ステップは曲に合わせているのかツイズルが多くてステキ。3Fはステップアウト。シットスピンはちょっと腰が高いような・・・。1Loの後に2A+2T、ちょっと疲れてきたかな。3SはOK。サルコウが得意なんですね。コレオシークエンスの後2A+2T。コンビネーションスピン。ちょっと残念そうな顔。でも、まずまずの出来だったのでは。200.73

アレクサンダー・ジョンソン。ピーター・ガブリエル「In your eyes」。3A+2Tは成功。続く2Aは3Aを予定していた感じ。3Lz+1Lo+3Fも成功。ステップはスケートが良く伸びますね。素晴らしい。シットスピンのポジションも素晴らしい。2A+3TもOK。スパイラルをはさんで3Lo。3Fも流れがあります。3Sからコンビネーションスピン。コレオシークエンスもスケーティングが気持ちいい。1Aになってしまったのは残念ですが(でも、2Aは3つ入れられないらしいのでこれで正解)、キャメルポジションからのコンビネーションスピンも素晴らしい。美しいスケートでした。233.39

ジョーダン・メラー。映画「ロミオ+ジュリエット」より。3A+2Tはちょっとバランスを崩しましたが回転は大丈夫。3Fもいいですね。3Lzのあと、シットスピン。ステップは難しそうだけど、もう少しスピードが欲しいところ。2AもOK。3Aも高さがありますね。3Loはステップアウト。キャメルスピンは回転が速い。3Lz+1Lo+3Sも成功。コレオシークエンスは曲にあってますね。3T+2Tも成功。コンビネーションスピンから最後のポーズまでの流れがかっこいい。225.85

ティモシー・ドレンスキー。「Sometimes I Dream」。スピンが上手と岡部さんイチオシの選手。最初のジャンプが1Aになってしまいました。幅はあったのですが。3Aもステップアウト。3Lzは片手をあげて。コンビネーションは確かに美しい。ステップも身体の使い方が優雅ですね。身のこなしはトップ選手のそれですね。あとはジャンプか。3A+2Tをつけましたが、途中で両足をついています。3Lz+2Tはなんとか。2A+1Lo+3Sは成功。イーグル、スパイラルは素晴らしいです。3FもOK。キャメルスピンも回転が速くて良いですね。3Loも大丈夫。最後のコンビネーションスピンも美しかったです。やっぱりジャンプですね。3Tが入ってないのも残念ですね。228.76

アンドルー・トルガシェフ。クィーン「ボヘミアン・ラプソディ」。衣装が謎。3Aはちょっとランディングが乱れました。4Tはなんとか。3F+2Tはランディングはよかった。キャメルスピンも回転が速いです。なんか、フレディの声が入ったり消えたりするのが気になる。ステップはもう少しスケートのなめらかさが欲しいですね。1Loがもったいない。3Lz+2Tのあと、シットスピン。3Loも成功。2A+1Lo+2S、3Lz。コレオシークエンスはもう一つ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。選曲が違う方が良かったんじゃないかな。15歳、これからが楽しみですね。225.35

ジェイソン・ブラウン。マイケル・ナイマン「ピアノレッスン」より。3A+2Tはきれいですね。3AもOK。キャメルスピンは見事なポジション。ステップも緩急が自在で見ていて一緒に滑っているような気持ちになります。3F+3Tは素晴らしいジャンプ。コンビネーションスピンも見事。流れるようなスパイラルのあとに3Lz。2Aも成功。再び2A。コレオシークエンスもスパイラルとバレエジャンプ。3Loもきれいですね。2Lz+2Tになってしまい、また間にターンが入ったので2Tがノーカウントなのがもったいないですが、その後のコンビネーションスピンの複雑なこと。これから「ピアノレッスン」と言えばジェイソン・ブラウンを思い出しますね、これは。素晴らしい!!点数とかじゃない。254.23

グラント・ホッホスタイン。歌劇「道化師」より。4Tはステップアウト。3A+2Tはフェンスの近くでしたが成功。4T+2Tも成功。ステップも叙情的でステキ。キャメルスピンもなかなかのスピード。3Aは手を付いてしまいました。3Lz+1Lo+3SもOK。シットスピンもいいですね。3F、3Loも成功。3Lzは着氷した後がかっこいいですね。イーグルもかっこいいコレオシークエンス。コンビネーションスピンまで迫力がありました。248.31

ロス・マイナー。「クイーン・メドレー」4Sは成功。3Aは跳ぶ前にバランスを崩してしまいました。3Lz+3TはOK。ステップは上手いですね。イーグルからのシットスピンも素晴らしい。3Aは転倒。3LoはOK。コンビネーションスピンも回転が速い。2Lz+1Lo+2Sになってしまいました。ミスが多いなあ。3Fは跳ぶ前が難しいですね。コレオシークエンスも曲想にあってます。イーグルの後2Aの流れはかっこいい。コンビネーションスピンもかっこよかったんだけどだけど・・・ジャンプミスが多かった。でも、ロス・マイナーの上手さは伝わりましたよ。240.34

ネイサン・チェン。「ダッタン人の踊り」4Lz+3Tは見事。優勝は決まりました。4FもOK。イーグルからの4T+2T+2Loも簡単に。4Tもきれい。コレオシークエンスも魅せますね。3Aも入りました。4Sのあと、3Lz。なんなの。3F+3Tときて、キャメルスピン、コンビネーションスピン。もう、ここから立ってても良いと思う。なのにステップシークエンスも疲れ知らずか。最後のコンビネーションも素晴らしい回転。頭がおかしくなりそう。318.47。すごいね。フリーだけで4回転5本時代の到来ですね。3本で凄いといってた時代がもう過去に。

ヴィンセント・ジョウ。映画「カサブランカ」より。3Lzは途中で降りてしまいました。4S+3Tは成功。3A+2TもOK。シットスピンの回転も速い。コレオシークエンスのスケートの伸びも素晴らしいですね。4Sも成功。3Aはちょっとランディングが乱れました。3FもOK。キャメルスピンもきれい。ステップも上手。3LoもOK。3Lz+1Lo+3Sのルッツは両手を上げて。コンビネーションスピンもポジションが多彩。良い選手ですね。この人も16歳ですか。263.03

○最終順位
1 チェン回鍋肉
2 ジョウ豚肉の黒酢炒め
3 ブラウン麻婆茄子
4 麻婆ホッホ
5 マイナー青椒肉絲
6 ジョンソン棒々鶏

1位はフィギュアスケートの歴史を塗り替えるネイサン・チェンさん。ああ、プルシェンコさんが元気な15年前くらいに出てきて欲しかった。すごすぎです。これに比べると地味ですけど、ヴィンセント・ジョウも4回転2本入ってるんですよね。スゴイ選手です。

でも、ネイサン・チェンとヴィンセント・ジョウはホントに凄いんだけど、ジェイソン・ブラウンの素晴らしさを愛でたい。ここしかもう見る機会ないんでしょうか。「ピアノレッスン」は「リバーダンス」に劣らないマスターピースなので、来年も続けて欲しいです。そしてホッホさんも良かったんですけど、ルッツがノーカンなのはなぜですか。分かりませんでした(→くりかえしは2回転でもだめなんですね、3A2回、2T2回だったため、3Lzがノーカウントになったみたいです。なんたる悪ルール!全然ルール改正についていけてなくてすみません)。

マイナー、ジョンソンは美しいスケーティングが持ち味の選手で素晴らしかったんですが、ジャンプで高得点が積めないと難しい時代ですね。マイナーはジャンプミスが多すぎました。ジョンソンは3Aが揃うようにがんばってください。

全米フィギュアスケート選手権2017(5):男子SP

すっかり日差しが春ですね。春になると身体のあちこちが痛くなる富井です。すみません、言うことが年寄りで。さて、実況は赤平さん、解説は岡部由起子さん。

アレクサンダー・ジョンソン。ジプシー・キングス「バンボレオ」他。3Lzは何とか成功。3Aは両足着氷かな。キャメルスピンはいいスピン。2F+3Tになってしまいましたが、3Tを付けられたのは良かったですね。シットスピン、ステップも上手。上に行くのにはジャンプだけですね。コンビネーションも回転が速い。75.19

樋渡知樹。17歳。Big band Voodoo Daddy「somethings」。目標は8位以内らしいです。4T+3Tでしたが、手をついてしまいました。3Aも回っていたと思うのですが、転倒してしまいました。もったいない。キャメルスピンはOK。皆殺しイーグルで盛り上げます。3Lzは成功。シットスピンも無難に。ステップはもうちょっと丁寧にと岡部さん。雰囲気は織田信成将軍に似ているんですけどね。コンビネーションスピンまで元気いっぱい。転倒が残念ですが、まずまずではなかったでしょうか。あ、面白いヘアスタイルの振り付け師だ。71.79

アンドルー・トルガシェフ。「Le Temps des Cathedrales」。15歳。滑りがなめらか。3Aはステップオーバー。4Tは転倒。もったいないな。コンビネーションスピンはシットポジションが高いと岡部さん。3Lz+3Tは上手くいきました。キャメルスピンはポジションがいいですね。シットスピンもOK。ステップもスピードがあります。でも所々バランスを崩し気味だったかな。77.82

ティモシー・ドレンスキー。Mumford and sons「Awake my soul」。24歳。小芝居系のはじまり方。スピードがありますね。片手をあげた3Lzは成功。幅のある3Aもいいですね。低い姿勢からのキャメルスピン。ポジションが美しいですね。3F+3Tは3Tが両足着氷になってしまいました。ステップは身体を使って美しかったんですが、イーグルで引っかかって手をついてしまいました。もったいない。フライングシットスピンも美しい。コンビネーションも回転が速くてポジションがきれい。うーん、もったいなかった。78.86

ショーン・ラビット。映画「エデンの東」より。ベテランですね。3F+3Tは成功。イーグルからの2A(計画通り)。シットスピンは回転がきれいですね。3Lzはちょっとバランスを崩しましたが持ちこたえました。キャメルスピンもOK。曲の盛り上がりとイーグルがもうちょっとあってなかったかな。でも、ステップはさすがベテランの味。イーグルからのコンビネーションが雄大でいいですね。曲想にあっています。73.41

オレクセイ・メルニク。Quincy Jones「Blues in the night」。19歳。タイミングが合わず3F+2Tになってしまいました。イーグルからの2A。3Lzはステップが付いてなかったかな。キャメルスピンはOK。ステップはゆっくりですが、丁寧に。曲想にあってますよね。コンビネーションスピンはポジションが多彩。シットスピンはもう少し回転が速いと良かったですね。去年まではジュニアで出場していたそうです。59.86

デニス・ファン。「Just Be」。31歳だそうです。アメリカはいろんな選手が出てきますね。3Loは成功。3F+3Tも無事着氷。2Aも成功してジャンプはなんとか決まりました。フライングシットスピンはまずまず。キャメルスピンはちょっと身体が硬いかな。ステップはちょっと滑りが短いかな。コンビネーションスピンはOK。久々の全米選手権にしては上手くいったんではないでしょうか。日本もこういう選手が出てくると面白いですね。60.78

ジミー・マ。「エミネム・メドレー」。21歳。エミネムになりきっているのか客席を煽ります。顔芸もワルそう。高さのある3Aでしたがステップアウト。3Lz+3Tもちょっとバランスを崩しました。キャメルスピンはまずまず。シットスピンは回転が速いですね。3FはOK。ステップは結構ラッパーぽい(?)ナチュラルにワルそうだったクチピー(なつかしい)を見て研究して欲しい。コンビネーションスピンはOK。良くまとめましたね。70.41

大森勝太朗。ピアソラ「Invieno Portneno」。21歳になりました。3Aはスピードがなくて転倒してしまいました。3Lz+3TはOK。キャメルスピンは身体が硬いけど大丈夫。シットスピンもいいですね。次の2Fになってしまってノーカウント、残念。ステップは工夫されていてステキ。コンビネーションもポジションが面白い。ちょっともったいないところが多すぎましたね。58.81

ダニエル・クーレンカンプ。Jason Marz「I won’t give up」。タイトルがいいですね。昨年は10だったらしいです。慎重な3Aでしたが回転不足だったでしょうか。3Lz+3Tも2つめの回転が心配。キャメルスピンはいいですね。3Fも高さがなかったですが、何とか成功したようです。ステップは面白いですね。シットスピンは上手ですね。コンビネーションもポジションがおもしろい。65.08

マックス・アーロン。すみません、いきなりうちのDVDが、1分20秒までとんでしまってレビュー不能です。なんで、マックス・アーロンにこんな仕打ち。コンビネーションスピンは素晴らしかったです。最初の4Sで転倒、3Aも手をついてしまい、3Lz+3Tも転倒だったようです。うーん、大失敗。うちのDVDはマックス・アーロンのファンだったんでしょうか。72.54

セバスチャン・ぺヤネット。22歳。Pink Floyd「The great gig in the sky」。3Aはステップアウト。3Lzもステップアウトしてしまいました。シットスピンはきれいですね。ステップは面白いですね。個性的な振り付け。キャメルスピンの回転が速い。3Fは転倒してしまいました。コンビネーションスピンも独創的。この人、面白いプログラム滑りますね。57.07

スコット・ダイヤー。「アディオス・ノニーノ」他。5度目の全米選手権。3Aはまずまず。3Fも成功かな。キャメルスピンはもう少し工夫が欲しい。スパイラルが入るところがきれい。シットスピンは面白い形。3T+3Tは成功。ステップはタンゴっぽい。片足で滑るのが長いですね。コンビネーションスピンの入り方が面白かった。良いスピンでした。69.90

グランド・ホッホスタイン。ホッホさんだ!「Due Tramonti」。4回転のコンビネーションの予定でしたが、2Tになってしまいました。3AはOK。キャメルスピンはポジションがきれい。シットスピンも素晴らしいポジション。イーグルも見事。3Lz+3Tは素晴らしい。ステップは身体のラインが美しいですね。やっぱりグランプリシリーズに出ている選手って感じです。コンビネーションスピンも素晴らしいスピンでした。ああ、最初のジャンプがもったいなかったですね。でもそれ以外は素晴らしかった。79.10

ヴィンセント・ジョウ。サム・スミス「Writing’s on the wall」。16歳。4Sは成功。素晴らしいですね。スピードがあります。3Aはランディングが危なかったですが、耐えました。シットスピンも回転が速い。フライングキャメルスピンは背中が柔らかくて良いですね。3Lz+3Tはルッツで手を上げてました。ステップはイーグルもかっこいい。16歳とは思えないですね。コンビネーションも素晴らしい。有望な選手ですね。すごいなあ。87.85

エマニュエル・サヴァリ。「Viejos aires」。19歳。身体の動きがきれい。4Sは成功。3Aはステップアウト。3F+3Tの3Tは両手を上げて。シットスピンは途中の形がどうだったかな。キャメルスピンはまずまず。ちょっとスピンが苦手?ステップももう少しスピードが欲しいな。コンビネーションスピンはスピードもあって良かった。73.75

ケビン・シューム。「エリノア・リグビー」。19歳。2Aでしたが、きれいな2A。3Lz+3TもOK。キャメルスピンは回転がゆっくり。3FもOK。ステップは上手ですね。もっとスピードがあるとよりよかったですが、スケートがよく伸びます。シットスピンはまずまず。コンビネーションスピンは面白い形もありました。71.77

ネイサン・チェン。バレエ「海賊」より。4Lz+3Tがまるで普通のジャンプみたい。4Fも全然普通。キャメルスピンもきれい。イーグルからの3Aも軽々ですね。シットスピンの回転が速くてすぐ終わります。ステップはまあ、姿勢はきれいだけどまあ、全米の中でも普通ですよね。コンビネーションスピンは速い。流れが全く途切れませんでしたね。106.39。全米選手権歴代トップスコアだそうです。

ジョーダン・メラー。「We’re so far away」。3Aは高さがあって良いですね。キャメルスピンは回転も良いしポジションがきれい。あ、ここもとんでしまいました。途中どうなったかわからないのですが、3Fは成功。コンビネーションスピンは止まりそう。76.24

ロス・マイナー。ビリー・ジョエル「New York state of mind」。3Aはいいですね。3Lz+3Tは着氷がもう一つでしたが成功。ステップは上手いですよね。音楽とぴったり合っています。歌うようなスケーティング。キャメルスピンも美しい。3Fはどうだったでしょう。シットスピンも見事。イーグルもいいですね。コンビネーションスピンもいい。スゴイガッツポーズ。マイナー、こんなに熱い男だったとは。88.67

ジェイソン・ブラウン。サム・スミス「Writing’s on the wall」。ステキなはじまり方。3F+3Tは幅のあるビッグジャンプ。しかし3Aは転倒。シットスピンは素晴らしい速さ。キャメルスピンのスピードも素晴らしい。3Lzは両足着氷で回転はどうだってでしょう。ステップはすごい躍動感。素晴らしいですね。コンビネーションスピンの回転も素晴らしい。79.23

○SP終わっての順位
1 チェン回鍋肉
2 マイナー青椒肉絲
3 ジョウ豚肉の黒酢炒め
4 ブラウン麻婆茄子
5 麻婆ホッホ
6 ドレンスキー豚肉ともやしの香味炒め

ネイサン・チェンはもはや別次元。ジャンプだけじゃないとか言いますけど、やっぱりジャンプが凄すぎです。もう他の人はどうして良いやら。2位のロス・マイナーは久しぶりに完璧な演技。熱かった。

3位と4位が同じ曲だったんですよね。16歳のヴィンセント・ジョウはこれからを感じさせる素晴らしい演技。ジェイソン・ブラウンはジャンプが決まらなかったのが残念でしたが、素晴らしさは感じました。ホッホさんも最初のジャンプがだめだっただけで全体的にはとてもよかった。ドレンスキーはグループ1で滑ったのに6位というのがスゴイ。フリーも楽しみ。

フクラカントクの鬼軍曹グッズが開発中

オープン戦をJSPORTSでみているのですが、記事を書きながらのながら見に最適だなと思うマイク松ですこんにちは。ちなみにあさってから沖縄にいきますが、今みているのが沖縄でやってる試合のようです。あとぼくらと行き違いでヤクルトがキャンプを打ち上げます。タイミング悪!

さて、侍Jがソフバンに抑え込まれるなどの素敵ニュースがある中、地味なニュースしかない種いも球団オリック。明るそうな話題だったカネダも戦線離脱するなどお先真っ暗です。フクラカントクの悩みは深そうですよね。だったらそんなカントクの気持ちをそのままグッズにすればいいじゃないヤーマンとばかりに、オリック企画部がグッズを開発しています。

福良監督の「鬼軍曹グッズ」出る!田口2軍監督バージョンも

先日まとめたように(ほんとに誰もいなくなりそうですが)今シーズンのフクラカントクは本性を現し厳しく指導しています。そんなカントクの鬼軍曹グッズを作るんだそうです。そしてなぜか田口が道連れにされています。鬼軍曹とか田口の指導方針からすると対照的だと思うんですが、巻き込まれてしまうんですね。

いつのまにか怒ブームとかいうよくわからない言葉まで作られていますが、結構気合い入れて作っているようで、最初のデザインは差し戻したりしているよう。できあがりが楽しみですね。でも問題は、これ何に使うの?ということです。

いくらオリックのレジェンドとはいえ、かっこいいから買う、かわいいから買うという性質の人ではないでしょう。また一部のおじさま好きとオールドファン向けという狭いセグメントのグッズを作るとは、有能なオリック企画部には思えません。となるとなんらかの効能をアピールするようになるんじゃないでしょうか。つまりもっているとなんかいいことがあるという路線です。

獅子舞みたいに邪気を祓う縁起物として売り出したいのかもしれませんが、あいにく鬼軍曹ぶりを発揮しても、チーム全体に漂うものすごい邪気が祓えないのであれば説得力がないですよね。イメージ的にはQの異能に支配されている感じ。助けて太宰。

それとは逆にヘビーメタルやパンク的に、邪悪なものを身につけるという路線はあるかもしれませんね。そりゃドクロとかモンスターとかは怖いかもしれませんが、こちとら完全最下位を実現するほどの縁起の悪さですからね。メタルロゴ風にフクラとかタグチとかをデザインして売れば売れるかもしれません。オレはこれだけおそろしいものを身につけているんだぞ的な。でもそれならわざわざ鬼軍曹グッズを身につけなくても、普通のグッズで事足りるような気もします。

ここまで書いたところで僕は、このグッズの真の狙いを理解しました。今唐突に理解した…これが真理…!

フ ァ ン が 鬼 軍 曹 に な る

そうなのです。いくらフクラカントクががんばっても所詮鬼軍曹は1人なのです。しかし、もし鬼軍曹が1万人いたとしたら…?さすがの種いもたちも目に見える圧力を感じ、発芽が促されるかもしれませんよね。オリックの全ファン鬼軍曹化計画がついに始まったッ…!

ということでもしこのグッズを手に入れたら、投手の炎上、打者の凡退、チームの連敗、チームの低迷、チームの最下位、カントクの休養、若手の育成機関の到来などに、こぞって鬼軍曹を演じましょう。一番使いやすいのはお面だと思いますが、首にタオルを掛けるだけで鬼軍曹になれる、暑いので帽子をかぶるだけで鬼軍曹になれる等のホスピタリティも追求してもいいかもしれません。そして夏の陣あたりで無料でファン全員に鬼軍曹おめんを配ってスタンドを鬼軍曹で埋め尽くす。これがオリック企画部の真の狙い…!

でもどっちにしても田口を巻き込むことはなかったなと思いました。同じ巻き込むならミヤウチオーニャーでしょう。負けが込んだらオーニャーが鬼オーニャーお面をかぶって桃太郎侍的に登場。そしてお面をとったら鉄板の「面をとれ!」につなげる流れですね。

全米フィギュアスケート選手権2017(4):アイスダンスFD

いまさらですが、Suchmos「THE KIDS」がめっちゃ売れててびっくりなマイク松ですこんにちは。いやこれだけいい音楽やってるからこそ売れないんだと思ってました。日本捨てたもんじゃないわ。うれしい。

全米選手権はアイスダンスFDです。

全米フィギュアスケート選手権2017、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。エアロスミス「ドリーム・オン」。最初はよく雰囲気作れてました。CuLiはホールドが難しい。MiStはしっかり滑れてますがもっとエッジを使っていきたい。ツイズルはいい出来ですね。RoLiはそのままダンススピンにつながります。このダンススピンは軸がばっちりでうまくできました。SeStは2番目のステップだからもっと攻めてもいいのかも。SlLiは安定してます。このカップルの武器。コレオスピンとコレオリフトをちょうどクライマックスに入れてました。ある程度基準になりそうな滑り。147.15。よくやったよジョジョ。

ジュリア・ビークラー&ダミアン・ドッジ。シーア「ブレス・ミー」。StLiからいきなり入りました。これは効果的。いい出来です。ツイズルはいい回転のキレでした。武器になりそう。SeStはてきぱきと滑ってます。CuLiはもっとバリエーションをなめらかにいきたい。コレオツイズルからダンススピン。リフト的な部分も入れた構成にしてますね。DiStはスピード重視。いけてますね。RoLiは最後にStLiとしてのコレオスピンでフィニッシュ。結構工夫のあるプログラムでした。こっちの方がいきいき滑ってた感じがします。152.19。FDのパーソナルベストだそう。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。SDの出遅れを取り戻したい。ビリー・ポーター「タイム」。CuLiはバリエーションが音楽にあわせた雰囲気。いい出だしですよ。DiStはあっという間に。RoLiはバリエーションがなめらかで、そのままダンススピンに。いい構成です。カヌーシオの表情を滝野さんがほめてます。SeStはマクマナスの腰が引け気味だと滝野さん。ツイズルはSDよりもよくなってました。SlLiは難しいポジション。コレオリフトからコレオスピンでフィニッシュ。最後はよかったのですが全体のつながりで盛り上げていくのはまだまだ課題かも。153.35。なんとかトップに。

エリアナ・ポグレビンスキー&アレックス・ブノワ。注目したいです。「ペルシアン・レジェンド」ほか。ダンススピンから入りました。すごい独創的なポジションですね。ポグレビンスキーはビールマンポジションいけるんや。CuLiはエッジがすごい深い。あぶないです。SeStはエッジがよく滑ってます。なんかシニアデビューなのに風格がある。滝野さんのいうようにエレメンツ感がないです。コレオスピンも効果的に使えてます。SlLiは入り方もよかったです。久しぶりにこれだけ振り付けで物語を作ってくるのみました。ツイズルは確実に。音楽が変わってスピードを上げてきました。DiStはしっかりファーストステップと差別化してます。RoLiも安定してます。コレオリフトでフィニッシュ。単調な音楽なのにグルーヴで盛り上げていける力がありますね。170.29。これは自信になる得点ですね。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。リスト「愛の夢」。いいスピードで入ってきてますね。CiStは足も近いし、ツイズルが入っててもぱっと戻れる。しかしツイズルで手をついてしまいました。ノーバリューになってしまうそう。本調子じゃないのかも。CuLiは見事なポジションでした。DiStはユニゾンがよくできてますね。RoLiは安定した回転。ベイカーがんばってますね。コレオツイズルはばっちり。ダンススピンはこれまた安定してます。ばっちり。SlLiはこれまた転倒してしまいましたね。コレオリフトでフィニッシュも、今日は信じられないくらいミスが出てしまいましたね。まあそういうこともあります。どんまいやで。160.06。

マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ。「エボリューション」。清浄な入りからダンススピン。すごく安定してるし加速してました。すばらしい出来です。SlLiはすごいポジション。なんであれでバランスがとれてるんだろう。エッジがなめらかだから浮遊感も出せるんですね。SeStはもちろんハイクオリティな滑り。アレックスの足がフェンスにぶつかってもまったくぶれない。StLiは導入からの安定感がすごい。ツイズルはどんどん進んでるのにパーフェクトユニゾン。すごいわ。RoLiはもうエレメンツじゃなくて振り付けの一部ですね。DiStはもっと攻めてきますね。コレオリフトはあぶないバリエーション。コレオツイズルでフィニッシュ。いやー見事な出来。これは世界選手権が楽しみ。この完成型はすごいものになりますよ。200.05。リフトのタイムバイオレーションをとられてますね。

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。ラブメドレー。RoLiをいきなりかましてきました。テンションあげますね。つなぎ部分でハベルが転倒。なんかリンクに落ちてるんかな。でもSlLiをすぐにばっちり決めてきました。このへんはさすが。CiStはエレメンツじゃなくてなめらかなつながりで演技の一部にしてる。その流れのままCuLi。浮遊感がすごい。音楽とともにいい雰囲気を作ってます。ダンススピンは一度足をついてしまいました。ツイズルは少し離れましたがいい出来。DiStもすごくシンプルかつベーシックな出来。コレオスピンとコレオリフトでフィニッシュ。いい出来だっただけに転倒は痛かったですね。191.42。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。デヴィッド・ボウイ「アンダー・プレッシャー」。かっこいい入り!グッドですね。スピードに乗ってSlLiは双方のバリエーションが効いてます。SeStはエッジもよく滑ってますね。あわせにくい音楽によくあわせてると滝野さん。CuLiはまたいいバリエーション。というかベイツはよく動けるんですね。ダンススピンも最後まできっちり変化できてます。ツイズルはばっちりあわせてました。RoLiはすごいローテの速さでパワーを表現。DiStはフレディ・マーキュリーのヴォーカルをよくとらえて表現してる。コレオリフトはまたすごく独創的。コレオスピンでフィニッシュ。見事な出来ですね!なんか渾身のプログラム。おー199.04。惜しかった!でも全力を出し切った滑りでした。見事!

○最終結果:(クノールカップスープ的に)
1. シブタニポタージュ
2. チョック・ベイツコーンスープ
3. ハベル・ダナヒューほうれん草のポタージュ
4. ポグレビンスキー・ベノワオニオンコンソメ
5. ハワイエク・ベイカー栗かぼちゃのポタージュ
6. カヌーシオ・マクマナスクリームオニオンポタージュ

シブタニ兄妹が優勝、2連覇になりました。最後はぎりぎりでしたが、なんとか逃げ切れましたね。すごい上質のFDはまだよくなりそう。たのしみです。チョック・ベイツはすばらしいFDプログラム。ボウイの力を借りてきたような滑り。それでいいんだ。こちらもたのしみです。ハベル・ダナヒューとハワイエク・ベイカーは今日はミスが出てしまいましたね。でも本来の出来ではなかっただけでしょう。何より今日はポグレビンスキー・ベノワの躍進が光りました。ピューターとれましたよ。若手の台頭がアイスダンスをおもしろくします。今後がたのしみですね。

全米フィギュアスケート選手権2017(3):アイスダンスSD

本当は明日からドイツに本社を探しにいく予定だったのですが、中止になってしまってものすごい落ち込んでいるマイク松ですこんにちは。いきたかったドイツ。ううー。でも来週予定変更で沖縄にいくことになりました。フォルス・スタート商会の本社の情報をもっている飛天御剣流の継承者が陶磁器作家として身を隠しているのは沖縄という情報もあったので。こっちはいけるといいな。

全米選手権、今日はアイスダンスSDです。全米のアイスダンスはどうなっているのかな。

全米フィギュアスケート選手権2017、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は滝野さん。リズムはミッドナイトブルース。

ジュリア・ビークラー&ダミアン・ドッジ。今シーズンからシニアデビュー。エイミー・アービング「テインテッド・ラブ」ほか。さすがアメリカ、こんなジャジーな雰囲気も若いのにしっかり出せる。パターンダンスは慎重に、パーシャルステップはもっとがんがんいきたいところ。ツイズルはまずまずの出来。MiStはもっとスピードがほしい。RoLiでフィニッシュ。若いんだからもっとがんがん攻めていってほしいです。59.15。

エリアナ・ポグレビンスキー&アレックス・ブノワ。ブノワの衣装がすごい。エルビス・プレスリー「トラブル」。最初にCuLiをもってきました。これはうまい。ポグレビンスキーのバリエーションがよかった。パターンダンスとパーシャルステップは曲をうまく使ってエルビスの雰囲気を失わないようにしてますね。お得な使い方。ツイズルもよくあってました。MiStはこれまたうまいユニゾン。最後までがんばってました。これは全然初出場とは思えない。自分たちの滑りをしてました。67.17。いい点出ましたね。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。ジョジョや。ロビー・ウィリアムス「アイ・ワナ・ビー・ワイク・ユー」。まずまずの入りからパターンダンス。前のカップルと比べると慎重に滑ってる感じですね。ツイズルはちょっと乱れてる感じがします。MiStもどうも2人の距離が安定しないです。動きはとてもユニークなところを出してるんですが。おもしろいコレオリフト的なのもありました。自分らしく滑れてはいるんだと思います。芸達者を磨いていこう。57.96。がんばれジョジョ。

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。おっ出てきましたね。「フィーリング・グッド」ほか。さすが動きが違いますね。そしてスピードに乗っていきます。パターンダンスは全然規定感がなくて。雰囲気をしっかり出しながらも正確な滑り。パーシャルステップも足が近くて。ツイズルはヒップホップにうまく乗りながらも正確。SlLiはハベルのポジションをいかして、しかも曲にのってます。ただのダンスじゃなく、ばんばんヒップホップを演じてきます。DiStに入るまででしっかり会場を味方にして、DiStはユニゾンばっちりでした。いい滑りでしたね。ヒップホップを完全に味方にしてました。79.72。ロウゾンは何でも指導できるんやなー。

マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ。ディフェンディングチャンピオンですよ。フランク・シナトラ「ザッツ・ライフ」。入るまでの正確無比な振り付けでレベルの違いを見せます。さすが滑りが速い!エッジがなんたるなめらかさ。パターンダンスにきてもまったくスムーズ。パーシャルステップはもっとダイナミックに。でもスタート位置と離れていたと滝野さん。ツイズルは見事のひと言。MiStは完全にシンクロしてます。このカップルの武器ですね。RoLiの入り方から降り方までよどみなしでした。82.42。ハベル・ダナヒューもいいと思いましたが、それを軽く上回ってきましたね。これは全米のSD記録だそうです。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。マイケル・ブーブレ「フィーリング・グッド」。パターンダンスにぱっと入ります。滑りが丁寧な印象。パーシャルステップはよりダイナミックに。ツイズルはダイナミック。ちょっとこわごわ。MiStは最後の方でバランスを崩しました。ハワイエクホールドのところもあって。ヒップホップをうまい使い方してる。RoLiもローテがダイナミックでした。いい演技でしたね。持ち味をわかってる印象。72.60。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。「アップタウン・ファンク」ほか。CuLiをいきなり。すごいバリエーションが激しくてなめらか。やりますね。このブルーズをうまく料理してます。パターンダンスはこれまたブルージー。曲の解釈がすさまじい。パーシャルステップもうっかりそれと忘れるほどの。曲が変わってツイズルはスムーズ。MiStもよくリズムをとらえてました。ミニリフトでフィニッシュ。課題をよく理解した構成と滑り。79.96。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。「ハーレム・ノクターン」。やっぱりこういう曲が滑りやすいですよね。パターンダンスは滑りは速いですがいまいち正確ではない様子。パーシャルステップは曲の雰囲気をより表現してました。ツイズルはミラーの形。でもちょっとユニゾンがうまくなかったですね。ヒップホップはよく踊れてます。CiStをもってきました。でもこの構成おもしろい。音楽をいかしてますね。RoLiまでしっかりもっていきました。ヒップホップはよくあってましたね。56.94。あれー?もうちょっとあってもよかったような。

○SD終わっての順位:(クノールカップスープ的に)
1. シブタニポタージュ
2. チョック・ベイツコーンスープ
3. ハベル・ダナヒューほうれん草のポタージュ
4. ハワイエク・ベイカー栗かぼちゃのポタージュ
5. ポグレビンスキー・ベノワオニオンコンソメ
6. ビークラー・ドッジチキンコンソメ

結構高得点が出ていますね。あとヒップホップがうまく刺激を加えていておもしろいです。

シブタニ兄妹がトップ。スーパーツイズルの分上回っているともいえます。隙のない滑りがあるからこそですが。でもチョック・ベイツもハベル・ダナヒューも上を狙っている様子。あとポグレビンスキー・ベノワの健闘が光りました。やりますね。