Archive for the ‘その他スポーツ’ Category.

実況!決勝戦だけ見て見ようをみました

躍動感さえあればミロのパッケージになれるはず。夏のミロは超おいしいですよね。飲み過ぎないようにしないとと思うマイク松ですこんにちは。海外ではマイロです。

さてご存じの通り、False Startはそんなにメジャーじゃないスポーツが大好きです。どんなスポーツでもおもしろいんです。そんなわれわれにぴったりの特集番組が放送されていました。

実況!決勝戦だけ見て見よう

そんなにメジャーじゃないスポーツのおもしろさを知るために、そのスポーツの決勝戦を、いい実況をつけてみてみるという番組です。僕らの企画かと思わせるすばらしい番組です。

スポーツだけでもおもしろいのに、わざわざ実況をつけてくれるのです。近藤祐司さんと小野塚さんを呼び寄せました。今はNHKアナウンサーはいろいろ忙しいので、キングギドラを呼び寄せたという感じですね。小野塚さんありがとう。

まずはへディス。卓球のルールで、小さいボールをヘディングだけで打ち合うというスポーツです。結構うまくプレーできててすごいんです。発祥と最強国はドイツだそうです。台の上にのっかってもいいし、そのときはボレーで打ってもいいらしいですね。

決勝はレッドホットチリヘッダーズミッシングペッパーとヘディックスという人(ニックネーム)の試合。すごいんです。ペッパーさんはめちゃディフェンスがうまく、ヘディックスは攻撃力がある。この試合はペッパーさんが10-2でマッチポイントを握るのですが、ここからヘディックスがまさかの大逆転!熱い試合でした。

次はキンボールスポーツ。直径122cm、1kgのすごいでかいボールを使うもので、バレーと同じようにサーブとレシーブを繰り返して落とすと負けという感じですが、3チームが同時にプレーするのと、4人1チームでサーブするときは全員がボールにふれていないといけないらしいです。発送と最強国はカナダだそうですが、日本は大学のチームが強く、世界のトップを争っているんだそうです。知らなかった。

決勝はキンボールスポーツワールドカップ。日本、カナダ、フランスの3国が対戦するものでした。実況は小野塚さん。40年の実況生活の中で最大のボールに挑むそうです。すぐにルールを把握して、無用にグルーヴを持ち込んできます。フリーになっているので勢いが多めです。ヒット(サーブ)をするときはレシーブをするチームを指名して、ヒットが決まると落としたチーム以外に点が入るということだそうです。そしてあるチームが11点になると、その時点で最下位のチームが脱落、13点マッチだそうです。カナダが優勝するんですが、技術も戦略も一枚上手でした。でもキンボールスポーツめちゃおもしろい。これははやります。

合間に紹介されたのがスポーツ枕投げ。ジャパニーズ文化の部分をしっかり残したまま、スポーツに昇華しているのがすごいです。相手陣のまくらを回収することができる「先生が来たぞコール」はほんとに斬新なアイディアです。

次はラート。鉄のわっかを2つ重ねた大きな器具、ラートを使った新体操的なスポーツ。長い歴史があり、1960年にはじめてスポーツとしての大会が開かれたそう。発祥と最強国はドイツだそうで、日本も体操の歴史から実力をつけているそう。直転、斜転、跳躍の3つの種目があり、採点競技です。これはめちゃおもしろい。

決勝戦は世界ラートチームカップ、ドイツ、日本、スイス、オランダで、日本で開催されているものです。ドイツのエースはキラー・ホマイヤー、総合得点で男子を上回る力を持ちます。日本のエースは高橋靖彦さん、世界選手権3回チャンプになっています。実況は近藤さん。いきなり「ジョーカーを出すチームはいますか?」ときかれます。1度だけ使うと得点が倍になるそうです。第1ラウンドで日本はジョーカーカードを使用。高橋の演技で思惑通り8点獲得。本当に体操のように技があって、できばえも評価されるようですね。第2ラウンドでドイツがジョーカーカードを使用、すぐホマイヤーがすごい演技で8点とります。離れ技を入れていました。最終ラウンドではエース対決になりましたが、1点差でドイツが勝利しました。ラートはすぐにオリンピックに入れるべきです。

合間に紹介されたのがホッケーン。いかにかっこよくいすに座るかを競うゲームで、Xゲームっぽいです。エモい競技。

最後はランニングバイク。子どもがよく、ペダルのついてない自転車をのってますが、あれを使うレースです。これの特徴は2~5歳の各クラスで行われ、6歳になったら引退という競技人生の短さですね。万博記念公園でおこなわれたのは日本の頂点を決めるストライダーカップ。5歳はすべてをかけた引退レース。実況は小野塚さん。決勝は12人なんですが、絶対王者といわれる子どもは2,3,4歳全部で優勝していて、完全優勝を目指すのに対し、そいつのおかげでいつも2位だった子どもが最後の試合で雪辱したいという争いでした。実際この2強はめちゃ速いのですが、最後まで勝ちきった絶対王者が完全優勝していました。すごい。小野塚さんは野球実況の絶対王者ですが、レース系の実況もうまいんですよね。

ここで紹介されたスポーツめちゃおもしろかったです。特にキンボールスポーツとラートのおもしろさは異常。絶対盛り上がってくる、盛り上がってほしいスポーツです。がんばってほしい!そしてこの番組第2弾熱烈期待です!

NBAは7月末開幕、MLBはまだかいな

「◯-Rod AからZまで揃う説」を検証してみた。結局メジャー経験者どころかマイナー経験者を含めてもAからZまでを揃えることはできなかったそうです。でも結構いけてる。Q-RodとかX-Rodとか明らかに無理っぽいですが、名前的にはないわけじゃないんだなと思うマイク松ですこんにちは。A-岡田も全部そろわなさそう。

さて、アメリカプロスポーツも少しずつ開幕に向けて近づいているみたいです。NFLはもう少しあとなんですが。

そのうちNBAは7月末開幕を決めて動いているそうです。どうせ試合がBS1でみられないから実感はないんですが、開幕するのはいいことですね。

しかしMLBは選手会と球団サイドで交渉が難航しており、MLB側の新提案がありましたが、どうも選手側はがっかりということのようで、なかなか開幕が近づきません。うーん。ワースポ×MLB(再開おめでとう)では交渉の難航ぶりが伝えられていました

ワースポ×MLBではあわせて、トレバー・バウアーのインタビューがあったのですが、今いるアリゾナは封鎖がまだましだから、練習はなんとかできていること、この状況は長期化するとして、ホームセンターで材料を集めて自分でマウンドを作って練習していること、フィジカル・ディスタンシングのために砂漠の真ん中で実戦さながらの練習をしていることなどが報告されていました。さすがバウアーですね。開幕前のキャンプは短いと読んでいて、もう十分仕上げてきているようです。

あとは交渉が妥結するだけですね。ほんとにはやくみたいですメジャー。

ニュージーランドは観客を入れて今週末のラグビー大会を開催

日曜日に自転車に乗ってうろうろしていたのですが、偶然甲子園球場のそばを通りかかったらユニフォームを着た人がたくさん歩いていました。無観客で練習試合をしていた時間帯だったみたいでしたが、やはり入れなくても球場に行きたいですよね。
私ですら球場の横を通っただけでなんか元気になったような気がしました。もはや甲子園球場は御神体、富井です。あのとき、膝の痛みがとれたんじゃ。

さて、ラグビーといえばオールブラックス。熱狂的なラグビーファンの多いニュージーランドですが、今週末から国内ラグビーリーグが開幕するそうですが、なんといきなり観客入場制限なしで開催するそうです。

というのもニュージーランドでは新規感染者が17日連続して確認されず、入院患者数もゼロになったんだそうです。なんだか別世界の話ですね・・・。台湾プロ野球も今は球場の4割の入場が可能なんだそうですが、いきなり入場制限なしはすごい。

昨年のラグビーワールドカップでラグビーの面白さはよくわかったので機会があればニュージーランドのリーグも見に行ってみたいもんじゃのう。

ッサワだアアーッ!!!

フジナミさん遅刻で二軍。遅刻しないでほしいマイク松ですこんにちは。アキヤマに負担かかってるやん。だからフジナミさん以外もみんないっぺん遅刻してみて。

さて、とどまることを知らない大評判の「あの試合をもう一度!スポーツ名勝負」、スポーツの再放送がこんなに盛り上がるって今までなかったです。Twitterとあわせるのはこういうコンテンツなんですね。

今日はサッカー女子W杯ドイツ大会2011の決勝戦。なでしこジャパンが優勝を決めた試合です。サメジマさんとクマガイさんが副音声を担当していたのですが、いいコメントしていました。

そして今回も視聴者コメントを募集していたのですが、なぜか当時の佐々木監督がどんどんツイートを寄せてきていました。助かりますね。

でもあの試合のサワさんはほんとにすごかった。1人だけ鳥なんじゃないかと思う視野の広さ。そして延長で同点に追いついたゴール。あのときの野地さんの「ッサワだアアーッ!!!」はほんとにエモいですよね。宮間のゴールやPKとともにすごい選手達がいたもんだと思いました。

NHKは2ヶ月のタイムラグが生じるとすると、あと2ヶ月くらいは再放送番組が楽しめそうです。視聴者コメントを求めながら放送すればなんでも成立しそう。もう必殺仕事人とかもめっちゃ盛り上がったりして。「背骨折ってるwwww」とか「刺される刺されるwwww」とか。

ビリー隊長が令和に復活

ねこはやらない ひとががんばれ。ねこがやらないなら僕がやるしかないなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、ステイホームしていると体がなまってしょうがない、しかし外に出ないことも大事。そうなると家でどれだけ運動するかが大事になってきますよね。僕は思ってました。こんなときにビリー隊長いればいいのにと。そしたらほんとに復活しました。

「令和版 ビリーズブートキャンプ」のネット配信がスタート

ビリー隊長さえいれば家でもへとへとになれますからね。でももう隊長のこと知らない人もいるのかも。

これはビリー・ブランクスさんという軍隊のインストラクターだった人が、軍隊式訓練の動きを取り入れたエクササイズ。結構激しく、最後までついていって、なおかつその間適切にごはんをたべていればかなりの確率でやせると評判になりました。しかし実績とかは関係なく、僕は隊長の指導風景をみてめっちゃ笑ってました。ほんとにおもしろいのです。

あれから時は流れ、令和版 ビリーズブートキャンプの特徴は、まずストリーミングでみられること。平成版はDVDでしたからね。そしてあまり器具は使用せず、ペットボトルとかおうちにあるものでできるプログラムになってること。そして平成版は特に腹筋にくる運動が多かったですがそれが多様になっていること、などが特徴だそうです。ストリーミングならいつでもどこでもできるのがいいですよね。

とりあえず紹介ムービーがありましたが、その魅力は何も変わってないようです。DVD出してくれたら買うのにな。見るために。って思ってたらあった~!!6月末発売か。めちゃ高いけど買うか。

ともかく体がなまっている人はブートキャンプに入隊するといいでしょう。ついでに隊長がウイルスを撃退してくれればいいのに。なんでもいいからウイルスなくなれ~!!