Archive for the ‘ウインタースポーツ’ Category.

カーリング日本選手権2020 女子決勝:ロコ・ソラーレ vs. 中部電力

マエケンのtwitter開始。すごい絵ですがこれでも多くの人がうまくなってるといっているようです。なんだかおもしろいニュースがなくてくさくさしていたのでうれしいマイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は女子決勝。こちらも3回目の対戦ですね。日本選手権も最後の試合、たのしみです。

カーリング日本選手権女子決勝、ロコ・ソラーレ vs. 中部電力。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。

第1エンド、アイスリーディングのエンドになってますが、攻撃的な姿勢はある。テイク戦になってますね。徐々に上にあがっていって中電のストーンがハウスの前になったので、藤沢が後ろに回り込もうとするもガードに当たりました。北澤が逆にヒットアンドロールでガードの後ろにきれいに隠れました。LSは1点とらされました。

第2エンド、LSは中に入れて中電はコーナーガード、中に入ったストーンにフリーズして対抗。いい形でしたが吉田姉のいい感じのショットで形を変えました。そのあとは思ったようなショットが続かず、両チームのストーンがハウスの中に散らばっています。藤沢がダブルテイクアウトを決めていい形。中電も1点とらされました。

第3エンド、両チームとも1投目はガード。中電は中に入れてそれをガードしていきます。気がついたらLSのストーンが前にごちゃっと固まって、吉田姉がヒットアンドロールで後ろに隠しました。続いてソフトウェイトで中電のナンバーワンを押した。調子よさそうですね。しかし北澤がうまくつけにきました。こちらもいい調子。ここから両チームともガードにひっかける展開が続き、LS2点チャンスもラストストーンが強すぎて1点止まり。

第4エンド、石郷岡がウィックショットを決めてシューターをハウスに入れてくる。調子いいですね。鈴木もそのストーンをテイクする。決勝らしい高いレベルの試合です。LSはテイクするも後ろのストーンに当たって出し切れず。中電は複数得点のチャンス。2点とりました。1つ自分たちのストーンを押してしまいましたが、あれは当ててなくても弱かったでしょう。

第5エンド、ガードの後ろのストーンをテイクしあう展開。中電はガードを置いていきますが、藤沢がダブルテイクアウト。中電のラストストーンは短かったので、LSはダブルロールをチャレンジ。しかしちょっと薄く当たって1点止まり。

第6エンド、ガードの後ろに隠し合う展開に。1つ前に北澤のショットがロールアウトしてしまって、藤沢がばっちりガードの後ろに隠しました。ソフトウェイトでテイクアウトする意図でしたが、薄く当たってしまって、LSが1点スティールしました。ほんとにわずかの差。

第7エンド、中嶋がヒットアンドロールでガードの後ろに隠してきます。これはうまいですね。しかし吉田姉がダブルテイクアウト。技の応酬ですね。松村のショットはスイープで伸ばしてガードの後ろに隠した。中電は複数点のチャンスだったが、あまり使ってないラインのショットがだいぶショートしてしまった。中電は無理せず1点とりました。

第8エンド、だいぶ狭いルートの後ろをテイクし合う展開。両チームだからこそできるんでしょうねー。ヒットアンドロールできた中電に対して、LSは直接ドローでガードの後ろにきた。中電はフリーズ。LSもさらにフリーズ。中電はタイムアウトをとって、強いショットをちょっと当てるテイクショット。これは見事!LSのラストショットはうまくテイクできず、中電が1点スティールしました。これは大きい。

第9エンド、LSはブランクを狙いにいきましたが結局点のとりあいに。中電はガードの後ろにうまく隠しました。吉田姉はランバックで自分のストーンと入れ替えてナンバーワンに。中電はヒットアンドロールでワンツーとりました。LSはショットがのびてしまって、中電がいいところにおいてかなりピンチでしたが、藤沢が遠距離のダブルテイクアウトを決めて2点とりました!これはスーパーショット!

第10エンド、LSはセンターガード。中電はコーナーガード。中に入ったストーンをLSはガードにいきます。中電はガードをダブルテイクできたのですが、後ろにあったストーンに当たってLSのストーンが2つ残ってしまいました。そこから両チームのフリーズ合戦に。LSはタイムアウトを取って考えてガード。中電も2点を狙っていきましたが1点止まり。これでエクストラエンドに入りました。

第11エンド、吉田妹のウィックショットで中電のガードが後ろに。微妙なところで止まったため、審判に判定してもらっていた。結局アウトでウィック失敗。おもしろかったです。そのあとも中電のストーンを入れてしまって、逆に中電チャンス。いっぱいガードを置いていきます。鈴木のショットはガードはかすっただけだったが、ハウスのストーンはテイクできた。不思議。中電はタイムアウトをとって展開を予想してガードを置いたが、少し短かったため、LSもタイムアウトをとって考えて、先にガードの後ろに入れてきた。ソフトウェイトで中電はテイクして、LSにプレッシャーをかけますが、藤沢がしっかりテイクして、1点とりました。試合終了、ロコ・ソラーレ 7-6 中部電力。

決勝にふさわしい名勝負でした。本当に両方とも強かった。どっちも強かったのでどっちが勝ってもよかった。LSはプレーオフで1回勝てたのが本当に大きかったんだろうと思いました。中電はより強くなってたし、世界選手権での試合もみてみたかった。これからも名勝負を期待したいです。

カーリング日本選手権、本当に毎日楽しかったです。毎日カーリングの試合がある日々、いいもんですよね。

カーリング日本選手権2020 男子決勝:TM軽井沢 vs. コンサドーレ

ころなういるすのおかげでいろいろ中止や延期になってしんどいマイク松ですこんにちは。楽しみにしていたお芝居を東京に見に行く予定だったのですが…。もちろん何の補償もないわけで、僕らはともかく中止になったイベント主催者の人々、なんとか生き延びてほしいです。推しを応援したいという気持ち、結構あると思うんです。なんとか還元できないもんか。

カーリング日本選手権は男子決勝。3回目の対決です。

カーリング日本選手権男子決勝、TM軽井沢 vs. コンサドーレ。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。

男子はプレーオフに入って、名寄市役所を破って準決勝に進んだSC軽井沢クラブと、一度コンサドーレに敗れたTM軽井沢が対戦し、TM軽井沢が決勝に進みました。3回目の対決です。

第1エンド、いきなりガードを作って攻めに行く両者。先攻のTMがハウスの中に離して2つ作って1点とらせにかかる。しかしTM最後のショットでコンサドーレのストーンを出し切れず。最後にドローしてコンサドーレが2点とりました。TMはうまくいってたのに。

第2エンド、1エンドに比べてなぜかうまく投げられない。岩井のストーンがなんかかんで逆に回るようになってる。すごい。前のストーンがごちゃごちゃしているうしろをドローで狙う展開。TMはダブルテイクに成功すれば3点のチャンス。これはしっかり決めたい。しかし1つだけになってコンサドーレが1点スティールしました。どうした両角。どうもフィーリングが違う。

第3エンド、ガードの後ろでTMが形を作っていい感じ。コンサドーレも失点を減らすべく、フリーズしたりガードを置いたりしてる。TMはガードをおかれて1点になるところ、3点を狙ってスーパーショットを狙うも、結局1点になりました。チャレンジはした。

第4エンド、遠いガードの後ろでフリーズ合戦に。さすがいい感じでごちゃごちゃさせます。お互いにタテに並べてややこしい。TMは失点を減らすかと思ったら、パワーショットでスティールを狙う。そして両角兄のショットでコンサドーレのストーンを一掃しました!すごい!ランバックのランバックからダブルテイクアウトというミラクルショット!コンサドーレのラストストーンは少しだけ短く、TMが1点スティールしました。スイープでよく伸ばした。敦賀さんもよくナンバーツーにしたと評価。

第5エンド、今回はクリーンな展開に。何事もなくブランクエンドになりました。阿部さんのいいショットはあった。

第6エンド、コンサドーレはコーナーガードを置くものの、また打ちあいになっている。ブランクエンドになりました。てきぱきとブランクにするのもまたトップの試合。

第7エンド、TMは相手のミスに乗じて1点とらせる形をつくる。しかし清水がランバックでテイクして、自分たちのドローがT奥にいったところでフリーズされる。ラストストーンは伸びすぎてナンバーワンとれなかった。コンサドーレが2点とりました。

第8エンド、クリーンな展開だったが、コンサドーレがピールアウトしてシューターを残せなかったので、TMは3点パターンをつくる。なんとか守ってきたが、最後のコンサドーレのショットでダブルテイクアウトを決められてしまった。ドローで2点とりました。

第9エンド、TMは先に入ったコンサドーレのストーンにフリーズ。両角弟の見事なドロー。コンサドーレはウィックを狙いますが不発。フリーズが効いててガードを置いて打っての繰り返し。勝負に出た両角兄がまたばっちりフリーズして、松村が1投目で出しに行くも出し切れず。ここでよく考えたTMが置いたところはほんの少し短いところ。コンサドーレがダブルテイクアウトを決めて、ぎりぎり1点とりました。

第10エンド、コンサドーレは中に入れてきて、TMはコーナーガード。ガードの後ろにつくったあとで、中央の主導権争い。コンサドーレはダブルテイクアウトを狙いましたが、自分たちのストーンを出してしまいました。TMチャンス到来でしたが、ちょうどダブルに出しやすいところに置いてしまい、ダブルテイクアウトされてしまいました。ドローで入れてきたTMのストーンをランバックでテイクして勝負あり。コンサドーレ 6-4 TM軽井沢。

決勝はいい戦いになりました。TM軽井沢は初出場で試合のたびに成長している感じでしたが、コンサドーレは経験の差が出ましたね。でも来年はどうなるか。戦国時代に突入するとおもしろくなってきますね。今のところはコンサドーレに日本を引っ張ってもらいましょう。

カーリング日本選手権2020 準決勝:北海道銀行 vs. 中部電力

NPBがOP戦、春季教育リーグ全試合の無観客試合開催を発表。本当にあのウイルスめんどいなと思うマイク松ですこんにちは。お客さんはみられませんが、JSPORTSでは普通に中継はあるみたいですね。こっちでみるしかないか。レギュラーシーズンに間に合うといいのですが。

さて、カーリング日本選手権はプレーオフに。この辺全試合やってくれると助かるのですが、まあリアルタイムですからね。まずは女子の準決勝です。

カーリング日本選手権、北海道銀行 vs. 中部電力。実況は曽根さん、解説は石崎さん。

どうも予選の最終戦は8-7で中電がLSに勝ち、プレーオフの最初の試合は5-4でLSが勝ったそうです。中電は勝ってもう1試合という感じでしょうけど、北銀も気合い入れてきてると思うので。

第1エンド、両チームにしては珍しく、シンプルに打ち合う展開。慎重にアイスリーディングをしてます。ブランクエンドになりました。

第2エンド、前のストーンに隠しに行く展開。中電はピールアウトしてしまいましたが、そこを北銀も追い切れずガードに引っかけてしまいました。そこは中電逃さず2点パターンを作りました。これで中電2点獲得。

第3エンド、最初中電は前にガードおきましたが、そのあとはぽいぽいハウスに入れてきて中嶋の十絶陣を作っていく。やっぱり北銀はガードにひっかけたり、スルーしたり。そのおかげで吉村にドローを強いて、伸びてしまって中電が4点スティールしました。4点!?ハウスの中での中嶋のスイープも実は強いんですよね…。

第4エンド、ガードがごちゃごちゃし始めた。ハウスに入れてもお互いに出される展開の中で、北銀がいいフリーズができたと思ったら、北澤がフリーズ返し。出せるかどうか難しい状況で、北銀はランバックにいくがうまくいかず。中電が1点スティールしました。

第5エンド、北銀はコーナーガードを作りますが、中電はまたセンター付近に集めてくる。今度は北銀もストーンを散らしにいったが、コーナーガードの攻めをフリーズで封じられた上に、全然使ったことがないラインを使わされることに。そして中央に固めて今度は1点とらせる形。今度は吉村がしっかり1点とりました。

第6エンド、中央のガードの後ろをめぐる争い。ハウスの中にばらついている感じですが、特に6エンドあるあるみたいなミスは両チームなかった。今回は北銀のドローがうまくいって、中電のラストショットがぎりぎり短く、中電が1点とりました。

第7エンド、真ん中に北銀も放り込んでるはずなのに、気がつくとハウスの中は中電のストーンが中央に近い位置にある。北澤のヒットアンドロールで真ん中にロールしたところから、北銀はダブルテイクアウトされるピンチでしたが、北澤のラストストーンが珍しくスルー。これは助かりますね。次のショットをしっかり決めて、北銀が3点とりました!これはいいですね。

第8エンド、石郷岡がウィックショットを決めて、シューターをハウスに入れるショットを決めた。北銀はガードをどしどし作っていく。中嶋がダブルテイクアウトを失敗してガードを外せない。さっきのエンドから何かずれてるみたいですね。北銀チャンス。中に入れました。北銀はあとはガードにいきますね。松村のダブルテイクアウトが決まりますが、北銀はガードガードでスティールを狙います。しかし最後のストーンが固まってしまい、中電がダブルテイクアウト。最初の頃にハウスに入れていたストーンが効いて、中電が2点とりました。ここで北銀がコンシード。北海道銀行 4-10 中部電力。

前半は中電の流れ。またおそろしいスティール合戦で勝ちきるかと思ったのですが、後半は少し中電にも乱れが出て、北銀のビッグエンドがありました。とはいえ結局はコンシードにもっていったわけですね。中電はLSと3度目の対決。どっちが勝つんでしょうか。

カーリング日本選手権2020 TM軽井沢 vs. コンサドーレ

台湾では日系のホテルに泊まったのですが、日本語が通じるばかりか、海外ではほぼ見当たらないウォシュレットがあるホテルで超快適でした。あまり海外ぽさはないですが、たまにはこういうのもいいなと思ったマイク松ですこんにちは。

さて、ちょっとアップするの遅れましたが、カーリング日本選手権まだみてます。今回はたぶんあとでもう1回みられるカードです。

カーリング日本選手権、TM軽井沢 vs. コンサドーレ。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。

第1エンド、様子見という意味合いもありつつ、しっかり両チームともオフェンスしている。ストーンがちらばってブランクはなさそうだったが、両角兄が全部出すところあった。あぶない。しっかり1点とらせる形を作り、松村が1点とりました。

第2エンド、だんだん両チームともしっかり投げられるようになってきたが、そのせいもあってクリーンな展開。ブランクエンドになりました。珍しいな。

第3エンド、コンサドーレはハウスの中のストーンを守る展開。TMはランバックで当てに行くが、全然当てられない。しっかりしてみんな。しかし両角兄のダブルテイクアウト&ピールで一気にブランクエンドになりました。さすがですねー。

第4エンド、両チームのセカンドがよくない。コンサドーレは中央のガードを軸にハウス中心にストーンを集めてくる。また両角兄に難しいシチュエーションを残してしまう。強いショットで押しに行くが当たらなかった。松村は簡単なガード。求められるレベルが違いすぎる。両角兄がヒットアンドロールで1点をとりにいきますが及ばず、コンサドーレが3点スティールしました。これは大きい。

第5エンド、なんとかTMは2点とりたい。2点パターンを作れていたが、ハウスに残せず。そういうとこやで岩井。でもコンサドーレのラストストーンはハウス中央で、最後にテイクしてまたブランクエンドになりました。

第6エンド、ハウスの中のコンサドーレのストーンが横に並んだため、宿谷がそれをバックガードに使ってフリーズ。これはいい攻め。結果的に両チームのストーンがハウスに点在することに。TMは大量点の形を作りたいが、コンサドーレはうまくストーンを減らしてくる。最後はドローでばっちり真ん中をとって、TMが2点とりました。Get Wild!

第7エンド、打って変わってシンプルな展開に。TMはガードの後ろに隠しに行きましたが、松村がソフトウェイトでテイクしました。TMはスティールにいくためにドローで勝負にいきましたが、うまく隠せず。松村がしっかり出して、コンサドーレが3点とりました。

第8エンド、複数点をとりたいTMですが、コンサドーレは中央にTMのストーンを置いて囲むようにして1点とらせる形。これは難しい。TMはラストストーンでドローを狙う。いいルートで進んでいたが、何かがかんで方向が変わって、1点止まりになりました。

第9エンド、阿部さんはウィックにいきました。1投目は成功したが、2投目はスルー。TMのストーンをテイクしてクリーンな展開に。最後の両角兄のストーンはスルーしてしまいました。両角兄が2回スルーとかほんとに珍しい。コンサドーレが3点とりました。ここでTMがコンシード。コンサドーレ 10-3 TM軽井沢。

初戦とは違うところをみせたいTMでしたが、点差は開いてしまいました。コンサドーレはいつも通りなのに対し、なかなかアドバンテージをとれるチャンスがなかったです。でもどうせ決勝もこの対決だから。

カーリング日本選手権2020 北海道大学 vs. チームTANI

カネオくんで冷凍食品が特集されていて、とりあえずチャーハンぎょうざたべたいマイク松ですこんにちは。よく考えられてるんですねー。

カーリング日本選手権、今日は北海道大学とチームTANIの対決です!まって!地味だけど見るとおもしろいから!

カーリング日本選手権、北海道大学 vs. チームTANI。実況は星野さん、解説は敦賀さん。

なぜこの試合?とも思いましたが、実はチームTANIはほとんど北大OBで、先輩後輩対決になるそうです。これはおもしろい!

北大は山下、高橋、松岡、河野。全員北大の学部生か院生です。ワイルドカードで日本選手権に初出場。チームTANIは山崎、岡村、水上、谷。昨年まで北大でいっしょにやってましたが昨年チーム結成。岡村以外は北大出身で、岡村肩身が狭いのかなと思ったら東大出身でした。なんだこの高学歴対決。

第1エンド、みんな手始めにアイスに慣れていく感じ。TANIが1点とらせる形をつくり、北大が1点とりました。

第2エンド、TANIがハウスの上に固めたりしていたが、北大がヒットロールでいいところに置いた。水上がガードの後ろをしっかりテイク。北大はラストストーンでヒットアンドロールでフリーズ。これをTANIがうまくダブルテイクアウトできず、北大が1点スティールしました。いい攻めだった。

第3エンド、北大が中にいい配置を作って、それをガードにしてくる。TANIもレイズテイクアウトを狙うがなかなか。中電なら恐ろしい精度でガードを作りまくるがそこまでの精度はない。でも相手も同じなのでガードにひっかけてしまいました。谷がようやくガードの後ろに当てましたがナンバーワンはとれず。TANIのラストショットは短くて、北大が2点スティールしました。これはいい攻めでしたね。

第4エンド、北大は最初はよかったものの、アイスが重くなってきたらしく、全然届かないショットが続く。TANIも同じだけどなんとかハウスに入れることができた。北大はそこから1点とらせるパターンをつくりました。ダブルテイクアウトで3点とるのにチャレンジしましたが、少しだけずれた結果、また北大が1点スティールしました。こんなに違うんですね結果。

第5エンド、北大はぽいぽい入れてきて、TANIはガード。難しい形になってきた。ガードをかわして後ろを作っていかなくてはいけない。北大はスティールを狙うが、フリーズが不利な形になってしまった。お互いによくないショットが続いたが、後攻のTANIがレイズテイクアウトで1点。メジャーで2点になりました。よかったね。

第6エンド、ハーフタイム後ということでお互い短かったりスルーしたりしてる。TANIはガードの後ろを守り切れず、クリーンな展開に。北大が1点とりました。

第7エンド、今度はTANIもハウスの中にうまく置けてる。北大はガードをはずしたりしていたが、やっぱりうまく置かれたので、失点を減らす策に。しかしTANIがハウスに入れられなかったので、北大はナンバーワンをダブルテイクアウトして、1点とらせる形を作れました。TANIが1点とりました。

第8エンド、北大は中に入れてガード。なんか先攻の方が楽しそう。フリーガードゾーンルールがあけるととにかくストーンを減らしていく。いいことです。TANIはごみがかんだのか、すごいいいコースに入ってタテに並んだ。これは僥倖。1点とらせるというよりスティールの形をつくりました。北大のラストショットは長すぎて、TANIが2点スティールしました。おもしろくなってきたぞ。

第9エンド、北大は山下がウィックでセンターガードをはずす。ちゃんと2つ成功させました。いいリードです。さすが医学部。ブランクエンドにする気ですね。クリーンな展開で、なぜかTANIのラストショットがハウスの後ろにいってしまいました。これで北大がテイクショットを決めればよかったのですが、少しずれてしまい、自分たちのストーンが全部出て行って、TANIが1点スティールしました。同点に。でも後攻はある。

第10エンド、今度は北大のウィックがうまくいかず。TANIのガードがはずせませんでした。TANIはセンターガードを作りますが、北大はなかなかはずせない。いずれにしてもブランクはなくなってますかね。TANIはナンバーワンを守っていましたが、あまりいい位置じゃなかったのでタイムアウトをとってレイズを狙うも、開いて真ん中のルートをあけてしまいました。真ん中にドローすれば北大の勝ちです。ラストストーンは河野がばっちり置いて試合終了。北海道大学 7-6 チームTANI。北大は初勝利ですね。

おもしろい試合になりましたね。スティールで同点になったときはこれはTANIの流れだなと思ったのですが、北大の調子を考えたら、ガードでもよかったのではと思いました。でも北大が初勝利できたしよかったです。