Archive for the ‘ウインタースポーツ’ Category.

カーリング男子世界選手権2018:決勝 カナダ vs スウェーデン

世間では明日からゴールデンウィークとやらが始まるらしいですね。僕のお仕事はGWにしっかり仕事を入れられているのです。だから全然ゴールデンじゃない。ウィーク。Wです。Wに何しようかなーと思うマイク松ですこんにちは。(こたえ:仕事)

今日はその世間でいうGWの前なので野球もやってないし、オータニのいるアナハイムも試合がない日です。なんもない。なんかないかなと思っていたら、かぜでみるのをやめていたカーリングの男子世界選手権がありました。せめて決勝だけでもみておきます。こっちは紛れもなくゴールデンカード。

カーリング男子世界選手権決勝、カナダ vs スウェーデン。実況は佐々生さん、解説はFC軽井沢から両角兄。

カナダはウォーカー、ギャラント、ニコルズ、グシュー。スウェーデンはスングレン、ブラノー、エリクソン、エディン。

第1エンド、スウェーデン後攻。カナダのガードの後ろで中央をめぐる争い。スウェーデンがカナダをダブルテイクアウトしたので、ガードを作ってきました。確実なテイクショットが続いてクリーンな展開になり、最後はブランクエンドになりました。

第2エンド、中央のストーンを守る展開から、コーナーガードに移ってきました。カナダは1点とらせる形を作りたいですが、スウェーデンはコーナーガードに隠してきました。しかし2つのコーナーガードの間を抜いてそのストーンをテイク。レベル高いです。ヒットロールの展開になりますが、結局ブランクエンドになりました。

第3エンド、ガードの後ろのストーンをテイクする形。と思ったらガードの後ろにストーンがたまってきた。予測不能だな。センターガードの後ろに回り込んだスウェーデンのさらに後ろに回り込んだカナダ。そのストーンをダブルプロモーションテイクで出して、シューターを置いてるストーンのガードにするスウェーデン。すごい。最後は繊細なショットを決めてスウェーデンが2点とりました。

第4エンド、カナダ後攻。コーナーガードの後ろをどうとろうかという感じの戦い。で気がついたらスウェーデンのストーンがたまってきてる。カナダはフリーズで対抗。これはうまい。これは2つ出せないやろと思ったら、パワーショットでワンツーをとって、カナダのストーンをはじいてナンバースリーになりました。これが男子のカーリング!!カナダも1点とるしかない。しかし最後のストーンはショートして、スウェーデンが2点スティールしました!あのエディンのスーパーショットが生んだスティールですね。

第5エンド、スウェーデンはクリーンな展開を狙います。カナダは完全に平行にガードをおいて、ガードを作ってきます。カナダはハウスの中のストーンにフリーズしますが、それをパワーショットで出してしまうスウェーデン。どういうことなんだ。しかし最後のストーンをガードにしたかったのですが、のびすぎてハウスに入りました。カナダはダブルテイクアウトで2点だったのですが、中のストーンをテイクできず、またスウェーデンが1点スティールしました。まさかあれが罠だったとは。

第6エンド、カナダはガードの後ろに置いて並べていきますが、スウェーデンはダブルテイクアウトはできず。カナダはダブルできないところにドローでおいてきます。カナダはスウェーデンのストーンをバックガードに使えるよう前に並べますが、エディンはその前に置かれたカナダのストーンをダブルテイクアウトして、カナダのストーンを一掃しました。まじか。できるんか。スウェーデンのストーンの間にフリーズしたのに、また完璧な角度でテイクアウトしました。他の国ならあの形になった時点で他のこと考えるレベルのいいショットなのに。テイクしてしまうのか。カナダは今度は1点とりましたが、とらされた形。

第7エンド、スウェーデンのスングレンがウィックショットをきめて、シューターをハウスに入れてる。すごい。クリーンな展開のスウェーデンに対しガードを置くカナダ。スウェーデンは複数点を狙います。カナダのヒットロールはややノーズでステイしてしまい、スウェーデンがそれをテイクして2点とりました。この2点は大きい。

第8エンド、スウェーデンはリードのストーンはスルー。カナダは点をとりにいきますが、スウェーデンは2点やっても大丈夫という感じです。カナダが2点とりました。そしてここでカナダがコンシード!カナダ 3-7 スウェーデン。

オリンピックで銀メダルだったスウェーデン、世界選手権でついに優勝しました。決勝ならではのスーパーショットの連続。堪能できました。すばらしかった。

ミックスダブルスカーリング世界選手権2018:日本 vs ポーランド、日本 vs ロシア

衣笠さん逝去。ご冥福をお祈りします。マイク松ですこんにちは。

今日もミックスダブルスカーリングです。ロシア戦だと思っていたら、ちょっとだけ先に短くポーランド戦をやってくれるようです。ジェンクーイェン!

ミックスダブルスカーリング世界選手権:日本 vs ポーランド。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。

ポーランドはスタシュチャク、グジェルカ。日本は初戦のニュージーランドに続いて2戦目のエストニアにも敗れています。でもポーランドも3連敗で始まっているよう。

第1エンド、なかなかいい形ができている。ナンバーワンをとっているポーランドはガードをつくってくるが、ちょっと短かった。藤澤のラストストーンはうまく回り込んで相手のナンバーワンを押せました。2点とれましたね。

第2エンド、今度は日本がナンバーワンをもっていて、ガードにいきます。ポーランドのダブルテイクアウトはうまくいかず、かえってガードになったので、ポーランドもどうにもならず、日本が1点スティールしました。

このあと日本が3,4,5エンド連続でスティールをかまし、第6エンドはポーランドが2点とったようです。6エンド終了で6-2。

第7エンドは日本がパワープレイを使いました。ニュージーランド戦は使ってなかったですからね。ポーランドは最初にコーナーガードをずらしてシューターを中に入れるしっかりした出だし。藤澤の最初のショットは最初から短かったですが、山口がスイープでしっかり伸ばしました。日本のストーンがたまってきてる。ポーランド苦しいですね。最後のストーンは後ろに隠しましたが、2つのストーンの間にいる。最後のショットで2つの間を抜けて、テイクに成功。4点とりました。これでポーランドがコンシード。日本 10-2 ポーランド。

だいぶお互いの投げ方の特徴に加えて、ミックスダブルス特有の戦術を理解してきたことが大きいとのことでした。とりあえず1勝ですね。今まで藤澤がブラシを立てて目標にしてましたが、今回は藤澤は最初からスイープにまわってますね。そういう工夫があるのかな。


ミックスダブルスカーリング世界選手権:日本 vs ポーランド。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。ロシアはコマロワとゴリアチェフ。コマロワはこの日20歳の誕生日だそうです。ゴリアチェフは23歳。若いペアです。

第1エンド、日本は中央のロシアのストーンにばっちりフリーズできました。そこからロシアのストーンがサイドに散らばる展開に。そしてロシアがダブルテイクアウトしてきました。日本はワンツーを作りましたがたてに並ぶことに。でもダブルテイクアウトは今度はできず、ロシアが1点とりました。

第2エンド、日本はガードの後ろでストーンをためてるいい感じ。しかしゴリアチェフのダブルテイクアウトが決まります。さすが。日本はしっかりテイクで形を作り、最後のドローでばっちり真ん中に入れました。1点は確実、もう1つはメジャーで日本でした。2点とりましたね。

第3エンド、ヒットアンドロールしあう展開に。ロシアの方がやはり少し正確ですが、日本もついていって、なによりシューターをちゃんと残してる。そして藤澤がダブルテイクアウトでロシアのストーンを全部出しました。ロシアは1点とるしかない。

第4エンド、山口のスイープはほんと力強い。ロシアはワンツーがいいところにきたのでガードにきますね。ロシアでもこういうときはガードなのか。日本はガードをはずしてシューター含め2つダブルロール。これはすごい。最後はロシアの置いたガードをかわさないといけないところでしたが、かわしてなんとか1点とりました。もう少しで2点だった。よくガードかわしました。

第5エンド、中央にストーンがならぶ中で、先攻の日本はナンバーワンをもって守る展開から、フリーズできたので1点とらせる展開に。うまく日本のストーンを残せたので、ロシアも1点とるしかありませんでした。これはうまく進んでますね。先攻のときの日本の攻め方がうまくつくれていて、相手に追いかけさせていると石崎さん。…ってロシアのラストストーンが短くて、日本が2点スティールしました!これは意外!普通に1点とられたと思って締めてました。霜がついてるかもという情報あったのですが。

第6エンド、ロシアがパワープレイを使ってきました。日本はコーナーガードを中央にずらすウイックショットが成功。自分のシューターは出てもいいんですね。日本がナンバーワンツーを作って、ロシアのストーンを減らす展開。ロシアがうまくBプランでナンバーワンをテイクしてから流れが変わり、ロシアが2点とりました。

第7エンド、日本が今度はパワープレイ。しかしロシアもセンターガードを作って攻めに行きます。そしたら藤澤はセンターガードをウイックしてシューターをハウスに入れるというスーパーショット。山口はロシアのストーンをガードをかわしてテイクしましたが、ロシアはスルーしてしまいました。ぎりぎり狙わないと。ガードのかわしあいで完全にこのエンドはリードして、ハウスに5つ入れてますね。ロシアはなんとかナンバーツーをとりましたが、日本はドローで2点とりにいくも、のびすぎて1点になりました。ここは2点とりたかった。

第8エンド、ロシアが日本のストーンをバックガードにできるような形でいいところにおいてきた。日本はタイムアウトをとって考えます。ロシアもタイムアウト。ロシアのショットはちょっとずれましたが、日本はちょっとだけ入るすきを与えてしまいました。ロシアが最後にワンツーとって2点とりました。エクストラエンドに。

第9エンド、日本はすばらしいスイープでフリーズをしっかり決めた。ロシアはタイムアウトをまたとりました。日本はダブルテイクアウトを決めましたが、ロシアのナンバーワンをテイクできなかった。ロシアは最後のショットでガードを割りました。日本もタイムアウトをとって考えて、最後はレイズでちょっと押してナンバーワンをとりました。試合終了、日本 7-6 ロシア。

ロシアに勝ちました!ほんとにロシアも技術すばらしかったし、ほんとに強かったですが、この試合は2人の力が十分に発揮されてました。アイスの変化をしっかり読んでいってましたね。グレイトでした。

ミックスダブルスカーリング世界選手権2018:日本 vs ニュージーランド

富井のかぜは絶賛継続中ですが、ちょっとかぜ薬買ってきてくれといわれ、いろいろ買いすぎたマイク松ですこんにちは。マツキヨの割引券的なものをもっていったのですが、割引額がやばい額になるほど買いました。もうね、自分がかぜで苦しんでいたのもあって、いくらかぜをひいても大丈夫なくらい買ってしまうのです。

さて、そんなかぜに企業の屋台骨を揺るがされているフォルス・スタート商会ですが、もともと屋台骨などない軟体企業なので安心して下さい。かぜにかまけてカーリング男子世界選手権もみられないままに、ミックスダブルスカーリングの方が始まってしまいました。ちょっとしか放送はないみたいですが、せっかくなのでみてみます。

ミックスダブルスカーリング世界選手権:日本 vs ニュージーランド。実況は佐々生さん、解説はFC軽井沢から両角兄。

日本は藤澤と山口。ニュージーランドはアドビエント、サーゴン。世界ランキングは21位です。日本は20位なのでこれまでは互角ですね。

第1エンド、日本が先攻。第1投目は藤澤が投げました。2投目まではテイクできないのでほんとにストーンがたまります。そして投げるまでの時間が長いので、コミュニケーションも時間がとれるらしい。反対側のラインが重いみたいでガードがもりもりできる。日本は1点とらせる形でガードにきました。このへんの割り切りのよさはミックスダブルスならでは。ニュージーランドも投げてないラインを確かめるようなショットで、ニュージーランドが1点とりました。

ミックスダブルスカーリング世界選手権は40チームあって、5つのリーグでベスト16を決めます。すごいチーム数。

第2エンド、左右からハウスの中央を狙う。ストーンがたまっていく中で、日本はガードにひっかけてしまいピンチ。山口のテイクショットで相手のストーンを減らし、最後の藤澤のショットがぱーっとテイクしたと思ったら3点とりました。すごい。解説も追いつかないようなショット。いずれにせよ大きいですね。

第3エンド、フリーズ合戦から始まります。日本のストーンをダブルテイクするチャンスでしたがニュージーランドはうまくできず。日本は1点とらせる形を作り、最後のショットは意図通りではなかったもののさらにいい形にして、ニュージーランドもあきらめて1点だけとりました。

2人だから会話もそんなに盛り上がらないし、囲碁将棋っぽさがすごい増してます。静かです。そんな中山口がスイーパーが誰もいないのにコールをするのをニュージーランドにいじられています。

第4エンド、中央に日本はナンバーワンをとれていますが、それをニュージーランドがはさんでいます。お互いに決定打を欠いて、日本が1点とりました。前半終わって日本 4-2 NZ。

第5エンド、ニュージーランドのテイクショットが決まり、大量得点の形を作りました。これはやばい。しかしガードの位置にニュージーランドがおけなかったので、日本も1点とらせる形をつくれるところだったが微妙。ニュージーランドが2点とりました。まあ2点でとまったのでよかった。

第6エンド、中央のストーンがごちゃごちゃしてたのを、山口のパワーショットでずいぶん形が変わった。ニュージーランドはガードにしてきて、難しいドローを強いられた日本でしたが、最後のショットはのびてしまって、ニュージーランドが1点スティールしました。

第7エンド、ここで日本はパワープレイはせず。でもいい形で点がとれる形になってきました。しかしニュージーランドのヒットアンドロールがフリーズの形に決まりました。これはうまい。日本はなんとか2点とる形を作り、3点を狙いましたがここは及ばず。2点とりました。

第8エンド、ニュージーランドはパワープレイ。すでにコーナーガードができた状態からスタートします。ここで藤澤がおもしろいポーズでタイムアウトをとりました。リンドコーチはセンターガードをおいていくことを指示。ニュージーランドはそのセンターガードの後ろを狙いました。ガードをテイクするところで自分たちのいい位置のストーンを出してしまいました。これは助かる。日本は1点とらせてエクストラエンドにいく作戦をがんばりますがなかなかきっちり決まらない。最後のショットも前に引っかけて後ろに隠れませんでした。これで万事休すかと思ったら、ニュージーランドの最後のショットがガードにひっかけてしまい、1点しかとれませんでした。僥倖!!すごい僥倖!!

第9エンド、日本はクリーンな展開にしていきます。ガードをピール。ニュージーランドはスティールを狙います。最後のナンバーワンをテイクするか、ドローで入れるかで、ドローを選択したのですが、全然短くなって、ニュージーランドが1点スティール、試合終了。日本 6-7 ニュージーランド。

とはいえほんとは8エンドで負けてましたからね。9エンドで負けてもそんなに変わらない。4人でできてることが2人だとなかなか大変なんだということなんですね。でも2人の試合はみていておもしろいです。

カーリング男子世界選手権2018:日本 vs オランダ

あらいぐまをみました。マイク松ですこんにちは。わりと市街地のところでしたが、ねこかなと思ってじっくりみたので間違いないです。暗くて写真とれなかったのが残念でした。

カーリングはオランダ戦です。オランダって強いんかな。

カーリング男子世界選手権:日本 vs オランダ。実況は三瓶さん、解説はFC軽井沢から両角弟。

オランダはクラスベアヘン、フックマン、ヘスヘンス、ファンドルプ。日本は青山、宿谷、岩井、青木。

第1エンド、テイクがうまくいかずオランダは1点とらせるパターン。日本が1点とりました。中央のラインはなかなか曲がらないらしい。

第2エンド、先攻の日本はハウス中央にしっかり入れて、オランダに1点とらせる形をつくっています。ファンドルプがフリーズを狙いますが横を抜けてスルーしてしまったので、日本はガードを置いてスティールを狙います。ガードが中途半端でオランダはヒットアンドステイで1点を狙いますが、ロールしてしまい、日本が2点スティールしました。僥倖!

第3エンド、せっかくいい形になっていたのに、自分たちで崩してしまいました。青木はダブルテイクアウトを決めましたが、オランダは2点パターンをつくり、なんとか2点とりました。

第4エンドはテイクテイクの形。途中からガードの後ろに回り込む形になりましたが、結局最後はブランクエンドになりました。

第5エンド、日本は相手のストーンをバックガードにして、ハウスの中にごちゃごちゃさせてきました。これはいい形。いつも相手にこういうの作られてきた。オランダはパワーショットでテイクしようとするが1つ止まり。日本が2点とりました。

第6エンド、お互いのストーンがのびています。日本は1点とらせる形を作っていましたが、ダブルテイクアウトされて、結局ブランクエンドになりました。

第7エンド、いきなり最初のストーンがスルーしたりしています。でも日本はリードしているのでクリーンな展開にしていきます。いい感じだったのにテイクに失敗してオランダが2点とりました。もったいない。

両角弟はチョークボードとかをなんとか使おうとしているのですが、使おうとすると画面が切り替わってしまいます。

第8エンド、オランダはハウス後方でフリーズしてごちゃごちゃし始めるが、岩井のテイクショットが決まります。今日は岩井いいですね。ハウスの周囲にオランダがどしどしガードして、最後のショットの前もガードを割ってよりルートを狭めました。それがきいて最後のストーンはガードに当たってしまい、オランダが1点スティール。追いつかれてしまいました。

第9エンド、日本はタイムアウトをとって検討。2点をとりにガードの後ろに回り込みますが、オランダはフリーズしてきました。ガードの後ろでオランダはうまくガードして、日本に1点とらせにきました。結構難しいところですが、あまり押せず、オランダが1点スティールしました。ついに逆転されたが、10エンドは日本後攻。

第10エンド、オランダもスティールのための戦略を考えるためにタイムアウトをとっています。日本は2点とって勝ちたいところですが、オランダはテイクしづらい形をつくってきました。そしてガードをしっかりつくってくる。まずい展開を青木のレイズが打破する。一気にオランダに難しい形に。オランダはスティールをあきらめてガードに。なんとか2点目を狙いましたが、結果1点になりました。

第11エンド、何かにひっかかったかハウスに届かないストーンが出た。でもなんとかガードを作って、ハウスの中をガードしていく。日本はタイムアウトをとってしっかりガード。オランダもダブルテイクアウトがうまくいかず、日本は最後のストーンを念力で止めていた。オランダのラストストーンはガードの間を抜いて当ててきたが、なんとかナンバーワンにとどまりました。日本が1点スティールして試合終了、日本 7-6 オランダ。

やっと世界初勝利。やりましたね。相手に助けられたこともありましたが、比較的今日はショットが決まっていました。これで波に乗っていってほしいです。

カーリング男子世界選手権2018:日本 vs ノルウェー

フォルス・スタート商会研修旅行で沖縄いってきたマイク松ですこんにちは。何回かいってますがだんだん固まってきました。沖縄そばをたべる、人のいない観光地をちょっとみる、ホテルでだらだらする。特に今回は天気が悪くてどうしてもこうなりました。ホテルがなぜか電子レンジのある部屋で、お部屋食が進みました。

カーリングしばらくみてませんでした。今日はノルウェー戦です。韓国戦はぼこぼこにされたらしいのでパス。

カーリング男子世界選手権:日本 vs ノルウェー。実況は佐々生さん、解説はFC軽井沢から清水。

ノルウェーはバーグバーグ(美味しそうな名前)、ネードレゴッテン、ヘイベルグ、バルスタッド。日本は青山、似里、岩井、青木。

ノルウェーといえばクレイジーパンツですが、今回はシックなデザイン。チーム的にいややっていったんだろうか。

第1エンド、日本の華麗なスルーによってノルウェーは2点取る展開。そのまま2点とりました。

第2エンド、ノルウェーは先攻で中央に入れてガードをしてきます。日本はプロモーションテイクができず前にストーンがもりもりたまっていきます。ノルウェーもコースをふさいでばっちりガードでスティールを狙います。しかし青木が最後にダブルテイクアウトを成功させてブランクエンドにしました。なんとかできたわ。

第3エンド、華麗にホックラインに届かないストーンがあったりしてピンチ。テイクがうまくいかずにノルウェーのストーンがたまっていきます。日本はハウス中央に入れてナンバーワンをめぐる争いに。いい形にはなったが最後のストーンがショートしてしまって1点止まり。

第4エンド、なんだかノルウェーが2点パターンを作っています。岩井のダブルテイクアウトとヒットアンドロールが決まってよかった。青木のダブルテイクアウトも決まってこれはブランクエンドかなと思ったら、うまく日本がガードの後ろに隠して、ノルウェーに1点とらせました。これはラッキー。

第5エンド、なかなかうまくセットアップできない。少しずつテイクアウトしていかないと。ナンバーワンをテイクするのはできなかったがいいナンバーツーにはなった。ノルウェーはガードになるところにおいたが、また青木がサイドの自分たちのストーンからとばしてナンバーワンをテイクアウトするというスーパーショット!2点とりました。あれできるんですねー。

第6エンド、日本は1点とらせる形をつくろうとします。テイクテイクの形。日本はタイムアウトまでとってスティールを狙いますが、最後のショットは全然短かったです。ノルウェーはハウスの中をテイクして楽々2点。

第7エンド、なかなかうまく展開が進まない。フリーズで流れをもっていこうとしたが、ハウスの中でぎゅうぎゅうになってしまいました。ノルウェーもタイムアウトをとってどうするか考えてますが、中の形が全然変わらない。でも日本はあのままでも1点はとれるので、1点とりました。最後まで複数点をとりにいくのはいいのですが、ナンバーワンがなくなるんじゃないかと不安でした。

第8エンド、日本がなかなかハウスに入れられない病を発症しているうちにノルウェーがチャンスをつくるが、自分たちでテイクしてしまった。そこからノルウェーが2点とりました。ハウスの横にぎりぎりどっちかわからんストーンがありましたが、あれでナンバーワンとれなかったのが痛い。

第9エンド、ノルウェーのストーンがたまっていく。しっかりテイクしていくから。またハウス中央にどしどしストーンがたまり、最後はプロモーションテイクにいきますが、これはうまくいかず、ノルウェーがスティールしました。ここでコンシード、日本 4-8 ノルウェー。

ノルウェーはとても堅実な試合運びでした。成功率も高かったし、しっかりテイクが決まっていました。日本はもう少しフロントエンドのセットアップを大事にしたいです。