Archive for the ‘ウインタースポーツ’ Category.

カーリング日本選手権2019 女子予選リーグ:LS北見 vs. 中部電力

まぶたぴくぴくに悩むマイク松ですこんにちは。医学の謎の1つらしいですが、早くなおってほしいです。

ついにカーリング日本選手権も決勝トーナメント。同時進行でやってますが、決勝はどういう組み合わせになるんでしょうか。女子はLS北見 vs. 中部電力、北海道銀行 vs. 富士急になります。中継は前者。

カーリング日本選手権、女子決勝トーナメント、LS北見 vs. 中部電力。実況は曽根さん、解説は石崎さん。

第1エンド、両チームともセンターとコーナーガードをおいて攻めの姿勢。前にたくさんあるガードの隙間を縫っておいたストーンをお互いにテイクする展開。吉田姉が1投目のデータをしっかり使って2投目で見事なヒットアンドロールを決めました。あとはガードを置いてきます。いきなり難しい配置になってきた。LSはばっちりガードを置いたので、中電もどうにもならず、LSが1点スティールしました。

第2エンド、最初はフリーズ合戦になってきました。いい感じでストーンが固まる。しかし中嶋のテイクショットでLSのストーンが一掃されました。しかし吉田姉のテイクショットで今度は中電のストーンがなくなりました。高いレベルの技術の応酬。きっちりガードの後ろに隠してもテイクされるし。結局ブランクエンドになりましたが、ほんとに両チームとも技術高いですね。

第3エンド、ガードの後ろでなんとか形を作りたい中電ですが、また吉田姉にきれいにされます。めちゃくちゃ調子いい。でもそこからタテにがっつり並びました。急激だな。一気に崩そうとするLSのラストストーンはピールになってしまいました。2点のあと北澤がきっちりドローして3点目をとりました。さすがだな。

第4エンド、石郷岡がデリバリーの途中で何かにひっかかった感じ。終わってごしごししてました。お互いにウェイトコントロールに苦しんでいて、わりとクリーンな感じに。そう思っていたら中電のストーンが増えて、でもテイクしそこなってLSがワンツーをとりました。中電のテイクはナンバーワンをとれず、LSが2点とりました。

第5エンド、なんだか不思議なところで急激に曲がるポイントがあって両チームとも苦しんでます。中央のフリーズ合戦に。松村のショットで形を変え、またフリーズになってきたが、またLSのラストストーンがピールになってしまった。中電は3点チャンスだったが、また急に曲がるところにひっかかって1点止まりになりました。あそこ気をつけないと。

第6エンド、吉田妹がダブルテイクアウトのあとガードの後ろにロール。パーフェクトショットですね。コーナーガードの後ろをめぐる争いになりましたが、松村がソフトウェイトのテイクアウトでダブルを決めました。これはうまい。松村今日はいいですね。中電が1点とらせる展開になってきた。LSのラストストーンはいけるかと思いましたが、なんだかウェイトが落ちて、中電が1点スティールしました。

第7エンド、比較的シンプルな形。ヒットアンドロールの争いになっています。テイクテイクの展開でしたが、中電のラストストーンでうまくテイクできず残ってしまいました。LSはなんとかワンツーをとって2点とりました。

第8エンド、LSが2点パターンをみせてくるが、ちょっと近づいたところで中嶋のダブルテイクショットが決まりました。クリーンな展開になってきたので、ちょっと休憩みたいになっていいのではと石崎さん。なるほど。

第9エンド、ガードを置いたLSに対してハウスに入れる中電。中島のソフトウェイトのテイクアウトで中電は4つ置きました。LSは弱いウェイトのショットをスイープで引っ張ってきます。藤澤の加わった3人スイープは強力です。緊迫した試合の中で、なぜか北澤が1回早く投げてしまいました。ちょっと両チームが仲良くなる感じの時間でした。順番を間違えた場合は、そのまま進めて、飛ばされた人が最後に投げるんだそうです。中央をめぐる戦いは、そのとばされた松村のラストストーンにかかってきました。でもしっかりソフトウェイトのテイクアウトを決めて、中電が3点とりました。松村もいきなり最後に投げることになり大変だったでしょう。よくがんばりました。

第10エンド、LSはコーナーガード、中電はぽいぽい入れてきます。そしてテイクテイクでLSのストーンを出していきます。自分たちのガードもしながらためていって、最後はLSのストーンをテイクしたところでLSがコンシード。試合終了、中部電力 8-6 LS北見。

松村のインタビュー聴きたかったのでよかったです。誰も気づかなかったそう、もうラストストーンは投げたくないといっていました。中嶋は5エンドあとにどんよりしていたときに両角コーチが盛り上げてくれたそう。おもしろいことでもいってたんかな。

もう1つの試合は北海道銀行 9-7 富士急で北海道銀行が勝ちました。もう1回富士急みたかったな。

さすが見応えある試合でした。前半は互角な感じでしたが中電が離せなかった感じで、終始いい形は作っていたような気がしますね。後半のショットの精度はかなり高かったし、流れ上急にラストショットをやることになった松村にしてもきっちり決めるあたり、総合力あるなと思います。決勝もいい戦いしてくれそう。LSはそんなに調子悪くないしたぶん決勝にくるでしょう。

カーリング日本選手権2019 女子予選リーグ:北海道銀行 vs. 中部電力

思いつきで一風堂にいってきたマイク松ですこんにちは。おいしかったです。でも博多で食べる方がよりおいしい気がします。理由はわかりません。

カーリング日本選手権は女子予選リーグ最後の試合。きっとおもしろい。

カーリング日本選手権、女子予選リーグ、北海道銀行 vs. 中部電力。実況は田中さん、解説は金村さん。

練習のところで両角コーチがいっしょに投げていました。あれでリンクを読んでいるんだろうか。

第1エンド、後攻は道銀。石郷岡と船山さんがすばらしい入り。しかしそのあとはちょいちょいミスがあって、吉村の前にはストーンがありませんでした。ブランクエンド。

第2エンド、ドローがハウスに入ってきたのもあって、ハウス中央のフリーズ合戦になりました。すーごいごちゃごちゃしてきた。しかし小野寺のパワーショットで一気に散りました。さすが。そこから道銀はうまくコントロールしていくのに対し、中電は自分たちでストーンを減らしてしまいました。ビッグエンドもありましたが結局道銀は2点とりました。

田中さんはいつもスタミナ源のコメントは必ず拾いますよね。すてきだと思います。拾い方もうまい。

第3エンド、また道銀が先攻する形ですが、中嶋がレイズテイクアウトで形を変えます。そのあと道銀がうまくテイクできず、中電が複数点のチャンス。道銀の最後のショットは前に当たって、自分たちのストーンは出るし相手のストーンは強い位置に押すしで踏んだり蹴ったり。北澤はこのミスを逃さず、しっかりドローして、中電が4点とりました。

第4エンド、お互いガードをおいてガードの後ろに隠し合う。中嶋のショットは自分たちのストーンを出してしまう。なんとかフリーズっぽいショットで挽回するが、また道銀はショットがスルーしてしまう。またピンチ。しかし中電のレイズテイクアウトがうまくいかず、今度は吉村がいいドローで2点とりました。

第5エンド、両チームともなかなかうまく形が作れない。前のガードが結構ごちゃごちゃしていて、後ろのストーンを打ち合う。吉村のラストストーンはヒットアンドロールですばらしいところに入り、ピールが難しい形。中電は無理せず1点とりました。

ハーフタイムで両チームの食べるものにしっかり言及する田中さん。特に盛り上げるでなく、知識として提供しているのがいい。

第6エンド、テイクテイクの形でいっていたら、いつの間にか中電のストーンがいっぱいあるだけになっていました。道銀はフリーズのあと、吉村のダブルテイクアウトで2点とりました。これはすごい!スーパーショットです。金村さんは1点とらせる形でよかったのかもとのこと。

第7エンド、クリーンな展開。テイクテイクの展開から、中電が2点パターン。きれいに2点とりました。

第8エンド、中電は周辺において、道銀が置くガードをテイクする展開。松村がすばらしいダブルテイクアウトを決めたと思ったら、ほぼハウスのはじっこにあった自分たちのストーンに当たって出なかった。中央にストーンがたまったところで道銀はタイムアウト。ダブルテイクアウトができないところに置きましたが、北澤がスーパーコントロールショットでヒットアンドロールで、1点とらざるを得ない配置を作りました。これはすごい。道銀のラストショットはショートしてしまい、中電が1点スティールしました。

第9エンド、お互いに配置していく。中電のストーンが増えてきたが、小野寺のダブルテイクアウトが決まりました。とにかく中電は相手のストーンを減らしていきます。そして北澤のダブルテイクアウトが決まって道銀のストーンがなくなりました。道銀が1点とらされました。うーん。

第10エンド、石郷岡のウィックショットが決まりました。これはきれいに成功。でも次はスルーしてしまいました。難しいですからね。とにかく中電はテイクテイク。道銀はガードを置きます。中電はダブルテイクアウトがうまくいかなかったので、道銀はドローでいいところにおきたい。しかし少し伸びてしまって、中電のラストストーンはそののびたストーンに止められて、中電が1点とりました。試合終了、中部電力 9-7 北海道銀行。

さすが四強同士、いい戦いでした。お互いにミスもありながらも、とにかく負けないという気持ちを感じました。とにかくこの試合は北澤がほんとによかった。大事なショットを当たり前のように決めていました。このまま最後まで北澤の調子がキープできればいい試合ができるでしょう。北海道銀行はなんやかんや四強同士では勝てませんでしたが、惜しい試合ばかり。決勝では気持ちを切り替えて暴れてほしいです。

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. チーム東京

母による『クレイジー・ダイヤモンド』のコスプレ。そりゃ枕元にこれがいれば、自分もスタンド能力者になったと思いますよね。でもカーリングってわりとスタンド能力がいきるスポーツだなと思うマイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. チーム東京です。これで決勝進出チームが決まるようです。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. チーム東京。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。

第1エンド、探り探りと思ったら、最初からガードの後ろに縦に並ぶ展開。すごい。両角がどーんとレイズテイクアウトで形を変えました。最後はかなり遠いダブルテイクアウトがうまくいけばよかったのですが、うまくいかず東京が1点とりました。

第2エンド、ハウス周辺に微妙にどっちがナンバーワンかわからないストーンがある。最後までどっちなんかなという感じでしたが、国際大が1点とって、メジャーの末国際大が近かった。2点とりました。

第3エンド、テイクテイクでブランクエンドを狙っていきましたが、後攻の東京は残してしまって1点とりました。東京のスイーパーが転倒してそのあとうしろの方で次々転倒していました。神田にも温かい笑顔がみられました。めったにない。

第4エンド、テイクテイクでブランクエンドになりそうでしたが、偶然できたガードのおかげで、国際大が2点とることができました。

第5エンド、ガードの後ろの攻防。ひっかけたりスルーしたりしてます。国際大はテイクテイクしていましたが、最後に短かったりスルーしたりしてしまい、東京大チャンス。一気に3点とりました。

第6エンド、ハウスの前にガードがたまる展開。国際大はうまくガードの後ろに2つ並べていきます。しかし両角のいいテイクショットで後ろの構図がだいぶ変わって形勢が逆転。国際大はガードにひっかけたりテイクできなかったりしている間に、東京は1点とらせる形を作りました。国際大は1点とって同点に。

第7エンド、またガードの後ろをめぐる展開。国際大はダブルテイクアウトを危惧していいところにおくが、両角がまさかのスルー。しかしそのあとはガードの奥をダブルテイクアウトしました。シューターが残らなかったところで国際大はガードを作ってナンバーワンを守るもあまりうまくいかず。東京はブランクエンドにしたかったですが、ガードもあって1点とってしまいました。

第8エンド、コーナーガードの後ろをめぐる争い。東京の小さなミスをいかしてうまくテイクできないところに国際大は置いていきます。両角のテイクショットが自分たちのストーンを一掃してしまったので、国際大は3点チャンスも青木のショットがあまりいいところにいかず。東京はダブルテイクアウトのチャンスでしたが、神田のショットはノーズに当たって1つ止まり。国際大の3点チャンスに、東京はダブルテイクアウトじゃなくフリーズにいきました。しかしガードに当たってしまいました。4点チャンスも国際大は3点止まり。どっちもどっちですね。

第9エンド、みんなピールしたりスルーしたりとストーンが残せない。宿谷のダブルテイクアウトでストーンがなくなりました。東京はとにかくガードをつくり、国際大はテイクテイク。ブランクエンドになりました。

第10エンド、クリーンな展開になるかと思ったら、シューターが残ってガードになったためごちゃごちゃします。でもそのあとはお互いにいいところに置き合って、最後は東京が難しいダブルテイクが1つ止まりになったので、国際大が1点スティールしました。試合終了、札幌国際大学 9-6 チーム東京。

これでいろいろあって、1位札幌国際大学、2位コンサドーレ、3位名寄協会、4位チーム東京が決勝にいくことになりました。

なかなか両チームともに決め手を欠く感じでしたが、微妙な意味で最後まで目が離せない試合でした。最初はなかなかよかっただけに、アイスの変化になかなかついていけなかったのかも。チーム東京は決勝に残れてよかったです。再戦したら今度は倒したいですね。

カーリング日本選手権2019 女子予選リーグ:北海道銀行 vs. LS北見

英サッカープロリーグの試合に黒猫が乱入。なかなかいい上がりをみせるねこ。スペースを見つけていますね。マイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は女子予選リーグ、北海道銀行 vs. LS北見。宿命の対決です。

カーリング日本選手権、女子予選リーグ、北海道銀行 vs. LS北見。実況は田中さん、解説は金村さん。

両チームともいつものメンバー。ついに藤澤と吉村がスキップとして対決します。感慨深い。

第1エンド、ガードを置いたSL北見、ハウスに入れてきた道銀。鈴木がダブルテイクアウトに成功。そこからはテイクテイクになります。吉村の1投目がピールになったところで藤澤がカムアラウンドでガードに隠しました。道銀のラストストーンはガードにひっかけて、LSが1点スティールしました。

第2エンド、ハウス中央にすごいごちゃごちゃしてきました。さすが強豪同士。LSはいつもの明るい声が序盤に比べてでてきてますし、道銀もだいぶ民主的なチームになってきました。小野寺のパワーショットで少しばらけました。散ったところで藤澤がダブルテイクアウトでハウスにLSのストーンだけになりました。藤澤は1点とらせる形に加えて、うっかりピールしそうなところに。ドローするしかない。少し強かったですがなんとかナンバーワンにしました。あぶねー。

第3エンド、吉田妹がうっかりいいウィックをやってしまった。きれいです。今度は打って変わってクリーンな展開。ハウスの奥の方でナンバーワンを争います。道銀のラストストーンはピールになって、藤澤がイージーなショットで2点とりました。

第4エンド、両チームとも成り行きでガードをためていきます。そのうしろを巡る戦いですが、道銀がテイクしてからはわりとクリーンに。LSは1点とらせる形をつくりますが、道銀が最後の難しいドローを決めた上に、ちょっと相手のストーンを押して2点とりました。

第5エンド、ここは両者とも隙がなく、ブランクエンドになりました。いい戦いで前半終了。同点。藤澤がカメラに終われてえへへへへへって笑ってる。調子は悪くなさそうです。

第6エンド、道銀はうまくハウスの周辺に散らして、1点とらせにくる。LSは2点とれるチャンスもあったが、なんだかみんながめっちゃ笑うくらいストーンが速くなってしまい、1点止まりになりました。

第7エンド、LSはガードを置いて攻めの姿勢。テイクアウトもうまくいきました。LSはコントロールゾーンにどしどしストーンを置いてプレッシャーをかけるが、吉村がしっかりドローして1点とりました。

第8エンド、今度はしっかりLSがガードに1つかくして2点パターン。できるだけ道銀もテイクテイクしてみるが、確実にヒットステイを繰り返したLSが2点とって勝ち越しました。

第9エンド、船山さんのショットがスルーしてしまうが、近江谷がすばらしいダブルテイクで挽回。しかし両チームがハウスの中央をとりあう戦い。そして藤澤がボタンにヒットアンドロールできたのに対し、吉村のショットは自分のストーンをテイクしてしまいました。先攻のLSは自分たちのストーンを守って、道銀は難しいリフレクションショットを狙うものの、これは当たらず、LSが3点スティールしました。ここで道銀がコンシード、LS北見 9-4 北海道銀行。

最後はめっちゃ点差がついてしまいましたが、事前の予想通りいい戦いになりました。勝負しての3点スティールですからね。しょうがないです。それにしてもLS北見はとてもコンディションがよくなってました。きっと道銀を相手にテンションが上がってたのもあるでしょう。好敵手ですからね。道銀も全然悪くなかったので次にやりましょう。

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. コンサドーレ

清水音泉を救済したい。音泉魂は関西のイベントとしてもかなり質がいいし、がんばってほしいマイク松ですこんにちは。でもいつも日程が合わない。このKSRはいけるといいな。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. コンサドーレです。でも解説も注目ですよ。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. コンサドーレ。実況は曽根さん、解説は小笠原さん。まじで?!小笠原さん解説やってくれるんですね。

第1エンド、すごいてきぱきストーンを投げていきます。かなりブランクエンドになりそう。その間に小笠原さんがてきぱき情報を提供。増田さんみたいになってる。阿部さんは昔はリードだった、谷田、宿谷は将来性がある、青木はカーリング一家出身、松村は自覚が出てきている、岩井もいい顔してるとのこと。ガードの後ろに隠したりしましたが結局ブランク。

第2エンド、鎌田が2投目をスルー。なにやっとんねん。コンサドーレがストーンをためてきます。小笠原さんは明るい解説で今までにない感じ。それでいいと思います。コンサドーレは先攻でガード、国際大はテイクテイク。結局国際大は1点とらされる展開になりました。

第3エンド、センターライン上のストーンをどうやって残すかという感じの展開。宿谷は国際大の大学院生らしい。次第にストーンが減って、ブランクエンドになりました。

第4エンド、阿部さんは第2子がお生まれになったらしい。小笠原さんすごいたくさん情報入れてきますね。ハウスのセンターライン上にストーンが集中してきた。ハウスの中の3,4あたりがコントロールゾーンといって、この辺にストーンがあると相手にはじゃまになるらしい。コンサドーレはそこに並べてきて、国際大は割り込もうとしている。ごちゃごちゃしてきました。こうなる前になんとかしたかった。国際大は少しでも減らそうとするが減らない。

第5エンド、阿部さんの無精度、いや武将度が高まってきてます。コンサドーレはラストストーンに向けて難しいシチュエーションの罠を仕掛けます。岩井にプレッシャーがかかる。ラストストーンはほんの少しのびて、コンサドーレが1点スティールしました。惜しかった。

第6エンド、お互いの6エンドで悪くなる感はそんなになかった。コンサドーレは1点でおさえようとしますが、ナンバーワンを死守した国際大がラストストーンをドローして、2点とりました。同点に。

第7エンド、青木のパワフルなレイズのダブルテイクアウトが決まりました!これは強いですねー。その後はクリーンな展開になり、ブランクエンド。

第8エンド、ハウス中央に固まった国際大のストーンを谷田がトリプルテイクアウト。またクリーンな展開。ブランクになりました。

第9エンド、ハウス中央に両チームのストーンが並んでる。国際大はガードしたほうがいいんじゃないかと小笠原さんいっていたが、テイクにいったところで流れが変わり、お互いにテイクテイクしたらストーンがなくなりました。コンサドーレは自分たちが後攻で10エンドにいきたい。

第10エンド、コンサドーレはハウスに入れたあとガードをはずしてきます。でも国際大も負けずにフリーズしてごちゃごちゃしてきました。コンサドーレはタイムアウトをとってハードに形を変えようとしたら、中央に国際大のストーンだけが残りました。国際大もタイムアウトとってガードにしました。コンサドーレのラストストーン、少し押すイメージで投げましたが、ガードにかかってしまいました。試合終了、札幌国際大学 4-3 コンサドーレ。

意外な結末になりました。終始コンサドーレが押しているように思えていたのですが、終わってみれば惜敗。どうも相性的なものがあるんでしょうか。両チームとも技術高かったし、これは決勝でもいい戦いになりそう。

小笠原さんの解説おもしろかったです。情報がとても多い。自分で指示しているのもおもしろかったです。聞こえないし動かないし。ゲームみたい。