Archive for the ‘ウインタースポーツ’ Category.

カーリングミックスダブルス世界選手権2017 日本 vs. フィンランド

またかぜひいたマイク松ですこんにちは。今年に入ってもう4回目。1ヶ月に1回ひいてます。もうこの才能がすごい。これってスタンド能力なんじゃないか。そうとしか思えない。GWにがっくりへこんでいます。

カーリングの世界選手権は終わりましたが、ミックスダブルス世界選手権が開催されているそうです。そもそもミックスダブルスがよくわからないので、これで勉強したいです。

カーリングミックスダブルス世界選手権、日本 vs. フィンランド。実況は曽根さん、解説は石崎さん。カナダで開催されているそうです。

フィンランドはオアナ・カウステとトミー・ランタマキ。日本は阿部さんと小笠原さん。すごい強い。

ミックスダブルスはいくつかルールがあるのですが、まず最初のコンディション。通常は先攻がセンターガード、後攻はそのうしろのハウス中央においた状態で始めるそう。すごい。そしてエンドで1回だけ、パワープレーという展開を選ぶことが出来、そのときはコーナーガードとその後ろという配置から始めることができます。おもしろい。

ゲームの設定は8エンドゲームで、1エンドに5投、1人が1,5投目を投げて、残りが2,3,4投目を投げることになります。スイープは投げた人がやってもいいし別の人がやってもいいし、2人でやってもいいよう。先攻の2投目まではすべてのストーンをテイクアウトすることはできないそう。だからすごいストーンがたまる展開になるそうです。

第1エンド、フィンランドはハウス中央にストーンがたまり、日本はガードのようにハウスの前方にたまってます。前のストーンをレイズで使いたかったですが、前も守られてうまくいかず、結局フィンランドが2点とりました。ランタマキは不思議なスイープの仕方してる。ほんとに掃除っぽい。

というかミックスダブルスめっちゃ難しそう。

第2エンド、フィンランドは中央にどしどし入れてきて混んできてますが、日本はあまりいいところにおけてないですね。しっかり日本に1点をとらせる配置にされて、日本は1点しかとれませんでした。アイスはよく読めてます。

第3エンド、フィンランドはドローのラインをよく読めてます。また積み重なってきましたが、まずはレイズテイクアウトで中の形を変えました。日本は2点パターンを作り、フィンランドは1点とらされました。阿部さんのレイズがうまく決まりましたね。

第4エンド、日本のストーンがバックガードになってしまった。日本はまたテイクで形を変えるが、フィンランドはきっちり日本のストーンだけテイクしてきた。うまいですねー。しかしお互いのショットの結果ストーンがなくなってしまいました。そしてミックスダブルスではブランクにしても先攻後攻は入れ替わるため、日本はドローで1点とりました。8エンドなのでここで前半終了。

ほんとに2人ってきつそう。男女2人ずつの4人の方がいいんじゃないかな。

第5エンド、中央にストーンがめっちゃたまる展開。日本は失点を少なくするようにしていたが、ナンバーワンをもってるのでガードにしてスティールを狙います。最後のカウステのショットは形を変えるパワーショットでしたが、結局1点しかとれませんでした。

第6エンド、日本はパワープレイを選択。後攻時に1回だけ選択でき、コーナーガードにして得点を狙えます。日本はコーナーガードを作ってきますが、ガードの後ろを直接テイクされてしまいました。強い。でも最後のストーンがスルーしてしまい、日本が2点とれました。助かった。

第7エンド、今度はフィンランドがパワープレイ。しかしこのエンドはフィンランドにミスが出てきてます。日本はタイムアウトをとって相談。相手に1点をとらせるエンドにして、フィンランドも2点とりにいきますが1点止まり。パワープレイでしたが1点でした。

第8エンド、これが最後のエンド。フィンランドのガードが長くなり、日本は中央に放り込んできました。フィンランドはラストストーンの前にタイムアウト。ラストショットはガードにあたったのがよかった、すごいいいところにおけました。日本のラストショットは決まらず試合終了、フィンランド 6-4 日本。

うーんタイブレークに持ち込むためにいい展開になっていたのですが、フィンランドの8エンドのラストショットはラッキーなポジションにいってしまって、あれが日本にとっては痛かったです。でもよく戦いました。

でもミックスダブルスめっちゃ大変そうですが、いちおう2人でもできるのがメリットではありますね。

カーリング男子世界選手権2017 決勝 カナダ vs. スウェーデン

今一番アナーキーな番組は囲碁フォーカスだなと思うマイク松ですこんにちは。囲碁を教えてたと思ったら教えられていたダイアナが英会話を教える。すごい破壊力です。でも基礎から教えてくれるからほんとに助かります。

長い間みてきたカーリング世界選手権もついに最後の試合、決勝です。カナダ vs. スウェーデン、3回目の対決。

カーリング男子世界選手権、スウェーデン vs. スイス。実況は曽根さん、解説は石崎さん。そしてゲストに両角兄を呼んでいます。

第1エンドはクリーンな展開。ガードも置きませんでした。テイクテイクでブランクエンド。決勝だから様子見なんだろうか。

第2エンド、スウェーデンがガードを置いてナンバーワンを守ってきます。カナダはダブルテイクしたいのになかなかできない。スウェーデンのストーンがたまってきたが、カナダはなんとか2点狙いたいところ。しかしスウェーデンがしっかり1点とらせる形を作ったので、カナダは1点止まり。

第3エンド、カナダはガードの後ろにばっちり回り込んできたが、スウェーデンはガードを出していく。そしてカナダはそのストーンを出してガードの後ろにロール。技術の高いショットが続く。カナダはセンターラインにストーンがたまってきた早い段階でうしろのナンバーワンを守りにきたが、エリクソンがガードを一気に払って展開を変えてる。めまぐるしい展開の変化。結局スウェーデンがドローで1点とりました。

第4エンド、カナダは2つ出してコーナーガードになる。1つの狙いだけじゃなくて2つ3つの狙いを同時に実現してる。ガードの後ろに隠し合う展開。ヒットロールでガードの後ろに両方ともしっかり隠れる。最後カナダは2点を狙うが、1点止まり。グシューがウォーかけてるのに届いてなかったみたい。

第5エンド、センターにフリーズしあう展開。ぎゅうぎゅうになったところでカナダはテイクで形を変える。そしてダブルテイクでスウェーデンの中央のストーンを出した。そして自分の石はハウスに残す。なんたる技術。そしてグシューがすごい難しいダブルテイクアウトを決めました。強い。第5エンドにきてカナダの精度が上がってきた。スウェーデンのフリーズが少しずれたのに対し、カナダはテイクのあと縦に並べるすごいショット。スウェーデンは1点とらされましたが、少しでもプレッシャーのかかる展開を実現する。前半は2-2。どちらも後攻で複数得点とられてない。

第6エンド、カナダはコーナーにストーンを置いて、スウェーデンがロールしなかったのをみてコーナーガードにまわり、ワンツーを簡単に作ってくると両角兄。あそこまでが意図なのか。しかしスウェーデンもダブルテイクを決めてカナダのストーンをなくした。カナダは横に並んだスウェーデンのナンバーワンを出してもう1つのストーンの上に並べる。すばらしい。スウェーデンもブランクにするしかなかった。

第7エンド、カナダはこのエンドをブランクで終えたいみたい。ブランクなら普通に投げたら絶対できると思いますが、さすがに決勝だと緊張感ありますね。ブランクエンドになりました。

第8エンド、このエンドが勝負になるとのこと。ハウス中央のガードに隠し合う感じ。スウェーデンはハウスの中のカナダのストーンをダブルテイクで出しました。クリーンな感じになってきたぞ。スウェーデンのテイクアウトショットがいい感じの展開を生み出してる。カナダはダブルで出し切れず、スウェーデンは縦に並べるも、最後はカナダがブランクエンドにしました。

第9エンド、スウェーデンは必ずここで1点とらせることが重要。フリーズとテイク合戦になってきました。ほんとにハウス中央のちょっとした違いをめぐる戦い。スウェーデンのフリーズが少し横に並んでしまって、グシューのテイクショットでカナダが1,2,3とった。すごいショットきた。スウェーデンのラストショットはぎりぎりナンバーワンとれず。グシューのラストショットはばっちり中央に入って、ついにカナダが2点とりました。

第10エンド、スウェーデンはガードを置いて、カナダはそれをテイク。少しスウェーデンにも2点の希望があったが、グシューのダブルテイクアウトが決まりました。この場面でもきっちり決めてくる。これを出せば優勝のショットで、グシューは投げたあとですぐガッツポーズでした。しっかりテイクしてここでコンシード。カナダ 4-2 スウェーデン。

ほんとに息詰まる決勝戦でした。結局複数点とれたのは両チームで1回だけ。高等技術の応酬でした。カーリングの醍醐味を教えてくれました。世界のトップは強いわ。

ほんとにたのしかったです。次の番組いつ始まるんですか?

カーリング男子世界選手権2017 3位決定戦 アメリカ vs. スイス

海外でスマホを安く使う方法格安SIMもとてもいいですが、海外での使用はあまり得意じゃないみたいですね。でも安くすむからどうしようかなと思うマイク松ですこんにちは。こういうのを考えるのが大好きです。

そんないきたい海外の上位に位置するカナダでおこなわれているカーリング世界選手権、今日は3位決定戦です。

カーリング男子世界選手権、アメリカ vs. スイス。実況は塚本さん、解説は土屋さん。そしてゲストに山口を呼んでいます。導入からやる気を感じます。

第1エンド、アメリカが入れてきたので様子見かと思ったら結局攻め合いになりました。スイスは2点パターンに持ち込もうとするが、アメリカのシャスターが真ん中に2つ入れてフリーズかましてきました。スイスはプロモーションテイクアウトで逆転を狙うが、アメリカが1点スティールしました。しかし1つは出したから1点にとどめた。

第2エンド、アメリカは中に入れてガードを置くが、スイスはダブルテイクアウトで応戦。中に入れてきたストーンをアメリカはガードにひっかけてテイクできず、スイスが2点とりました。

第3エンド、スイスはガードを作ってきます。ガードの後ろに隠れ合う感じの展開。両チームともうまいですねー。アメリカがうまく2点パターンを作れず、1点とらされる形になりました。

山口は好き放題に話してます。でもおもしろいからいいですね。そういう解説でいいと思います。土屋さんともうまく両立してます。

第4エンド、スイスはうまくテイクアウトできず、アメリカは縦に並べていい形をつくります。スイスはなかなかうまくテイクできない。アメリカはスティール目指してどしどしガード。最後もしっかり隠しています。スイスはドローで1点狙いますが、ぎりぎりナンバーワンになれず、アメリカが1点スティールしました。

第5エンド、アメリカはフリーズの連続で形を作っていく。ナンバーワンをすぐ出せばいいのにと思われるかもしれないが、それがカーリングの深みなんだと山口。スイスはダブルテイクアウトを決め、2点パターンを作りにいきましたが、もう1つのストーンが残らなかった。結局ここからはテイクテイクでブランクエンドになりました。

第6エンド、スイスは2点パターンを作りに行くが、作り続けることがなかなか。アメリカはサードのジョージがダブルテイクを決めた。結局ここもブランクエンド。

第7エンド、フリーズの連続でハウスの中にストーンがたまってきた。なかなか前のガードをかわせなかったりもするが、両チームとも中に入れてくる。最高にごちゃごちゃしていた段階でシャスターのショットでだいぶ配置が変わった。山口も「やっちゃいましたねー」という、どっちかというとスイスに有利な形。スイスのシュワルツのショットでナンバーワンツースリー全部とった。アメリカはレイズテイクアウトで1つしかテイクできず、スイスはしっかりテイクして、4点のビッグエンドを作りました!スイス逆転!

第8エンド、スイスはクリーンな展開に。アメリカはガードを作ってきます。両方とも厳しいところをしっかりヒットアンドロールを決めたり、ガードの間をすり抜けたりしてきます。すごい技術の応酬。スイスは難しいショットを強いる形にしましたが、シャスターはダブルテイクを狙います。しかし1つしか出せず、1点にとどまりました。

第9エンド、スイスは中に入れてアメリカはガード。ガードの後ろをとりたいところだが、スイスはガードをはずしたあと、ダブルテイクアウト2発でアメリカの苦労しておいたストーンを出してしまいました。アメリカは仕方なく全部出してブランクを狙いますが、スイスは9エンドなので1点とりました。

第10エンド、スイスは徹底してテイクテイク。アメリカはミス待ちの展開。アメリカのストーンがなくなったところでコンシード。アメリカ 4-6 スイス。

鮮やかな逆転勝ちでしたねー。第6エンドまでは結構接戦だったのですが、7エンドのビッグエンドが勝敗を分けました。あれだけごちゃごちゃしたら形を変えないといけませんが、アメリカにとって悪い方に変わってしまいましたね。

カーリング男子世界選手権2017 準決勝 スウェーデン vs. スイス

TEDカンファレンスで、迷惑メールにひたすら返信し続けるというネタをプレゼンするコメディアンの回をみたマイク松ですこんにちは。ほんとにおもしろかったです。スパム業者もまじめな人がいるんだなと思いました。

カーリング世界選手権は準決勝。勝った方がカナダのまつ決勝に進みます。

カーリング男子世界選手権、スウェーデン vs. スイス。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。そしてゲストに清水を呼んでいます。物静かな清水。しょうがない。

第1エンドはクリーンな展開でブランクエンドになりました。男子の試合で第1エンドブランクって珍しいですね。

第2エンドはガードの後ろをめぐる争い。スウェーデンのストーンがのびすぎたすきにスイスは1点とらせる展開にしましたが、スウェーデンが相手のミスもあって真ん中にきました。いつの間にかヒット&ロールでスウェーデンがしっかり形をつくっていったが、スイスのシュワルツがトリプルテイクアウト!さすがです!しかも自分のストーンは残して2点パターン。スウェーデンも1点とらざるを得ませんでした。

第3エンドはまたクリーンな展開になってます。ガードが遠すぎるからヒットロールもしにくいのか。先にシュワルツが真ん中かつガードの後ろに回り込んだ。それをヒットしようとしましたが曲がりが少なくて出せなかった。スイスが2点とりました。

第4エンド、またスイスがダブルテイクしてる。正確なショットです。結局ブランクエンドになりました。レベルが高いことのあらわれなんだろうか。

第5エンド、スウェーデンも攻めようと思った矢先にスイスにダブルテイクされたが、そのあとスウェーデンがお返しのダブルテイク。すごい戦い。スウェーデンは2点パターンを作っていきます。スイスも1つずつしか出せず、スウェーデンが2点とりました。接戦ですねー。

第6エンド、スウェーデンがテイクテイクして形を作っていきますが、そこにスイスが見事にフリーズ。これで混沌としてきます。ガードなしで中央をめぐる争いに。しかしスイスのストーンが横に並んだとたんにスウェーデンにダブルテイクアウトされました。逆にスイスはダブルを狙って出せず。スウェーデンは難しい形を強いてきますが、スイスは今度はしっかり1点とりました。

第7エンドはスイスがナンバーワンストーンを必死に守ってガードを置いていく展開。しかしスウェーデンはテイクテイクしたあと、ガードの後ろをダイレクトに狙ってテイクしました。これは2つのルートを作るといった最初の狙いのBプランだったみたい。Bプランでこれか。スウェーデンはビッグエンドの形を作っていくが、シュワルツがラストストーンをボタンにドローで入れてきました。強いシュワルツ。エディンはダブルレイズテイクアウトでスイスのナンバーワンを出して2点取りました。なんかすごいわ。

第8エンド、スウェーデンは中に入れて、スイスはガードを置いてくる。しかしガードははじかれて中をめぐる争いに。いちいち両チームのショットの精度が高い。スウェーデンは1点とらせる形、あわよくばスティールできそう。難しい形でしたがしっかりスイスのラストストーンはボタンにからんできました。1点スイス。

第9エンド、中央でフリーズしあう展開。スイスは複数点とられないようにしたいが、前のガードからとばしてその形を変えられた。スイスはフリーズしますが、サードのエリクソンのショットで、4つ+手玉のすべてのストーンが外に出て行きました。そんなばかな。可能なのかそんなこと。これが効いてブランクエンドになりました。これは大きい。

第10エンド、スウェーデンのウィックが2回うまくいかなかった。しかしセカンドでダブルテイク。スイスは1個を守るんじゃなく、横に並べてドローを投げさせようという作戦。それに対してスウェーデンはダブルテイクを狙いますが、これがうまくいかず、スイスが1点スティールしました。起死回生!エキストラエンドに入りました。作戦勝ちですね。

第11エンド、スイスはガードをおいてきます。スウェーデンはテイクテイク。同じような展開でスイスも横に並べてきましたが、今度はスウェーデンがしっかり出してナンバーワンをとりました。試合終了、スウェーデン 6-5 スイス。

いやーほんとにおもしろい試合でした!ヨーロッパの強豪同士の対決で、パワーと技術を両方堪能できました。ここまできたらどっちにも拍手でしょう。スイスは10エンドでスティールする離れ業をやってくれましたし。

カーリング男子世界選手権2017 カナダ vs. スウェーデン

チェキがデジタルにこれめっちゃいいなと思うマイク松ですこんにちは。事前に加工もできてプリントもできる。

カーリング世界選手権は決勝トーナメントに入りました。そしていきなり頂上対決。楽しみです。世界トップの戦い。

カーリング男子世界選手権、カナダ vs. スウェーデン。実況は塚本さん、解説は土屋さん。そしてゲストに両角弟を呼んでいます。明るい入り。

第1エンド、最初から両チームのレベルの高さがすごい。カムアラウンドも正確にガードの後ろに隠してくるし、ヒットロールもきっちりガードの後ろ、ダブルテイクもガードをかわしてのテイクも正確。残す、残さないの区別がきっちり。スウェーデンは前を固めてくるが、カナダはカムアラウンドできっちりガードをかわした。スウェーデンはそれに対してプロモーションテイクアウトで難しい形を作った。カナダのラストストーンは少し長いかと思ったがばっちりでした。カナダが1点とりました。すごいレベル高い。

第2エンド、フリーズ合戦になってきました。そこからカナダのストーンが増えてきた感じ。カナダは奥のナンバーワンストーンを守る展開に対し、スウェーデンはプロモーションテイクアウトを狙いますが1つしかテイクできなかった上に自分たちのストーンが出てしまいました。カナダのガードに対してドローのラストショットはわずかに長かった。カナダが1点スティールしました。

第3エンド、このエンドはカナダのヒットロールがうまくいかずハウスから出てしまう。スウェーデンは乗じたかったがやっぱり2点パターンがつくれず、カナダは1点とらせる形を作る。しかも平行で完璧。スウェーデンはテイクで1点のつもりが曲がって自分のストーンが出てしまい、カナダが1点スティールしました。うーん。

第4エンド、スウェーデンはコーナーガードを置きますが(ばっちり)、カナダは中に入れたあとクリーンな展開。ヒットして真ん中にロールしていきます。しかし配置がバックガードになりやすい形になってしまい、スウェーデンはすかさずその中に。ポケットの中に入って無理やろと思ったストーンを、かっちりテイクしていきました。これは強い。スウェーデンは2点とりにいきますが、1点にとどまってしまいました。

第5エンド、カナダはできたら2点とりたいという感じ。クリーンな展開になってます。スウェーデンがレイズテイクアウトで手玉を残せなかったのをしっかりカナダが残して2点パターン。しかしスウェーデンが勝負のダブルテイクを成功させました。ブランクエンドになりました。

第6エンド、カナダは中に入れていくが、スウェーデンはフリーズしてきました。それでハウス中央がごちゃごちゃしてきます。カナダはうまく相手のストーンを減らして、自分たちのストーンを残していく。しかしスウェーデンはラストストーンをしっかりボタンに入れてきました。カナダは2点とりにいきますが、惜しいところでスウェーデンが1点スティール。これでわからなくなってきました。

第7エンド、カナダはブランクエンドを狙ってきます。偶数エンドで点を取りたいプラン。スウェーデンはガードをおいたりしていくのですが、ハウスにストーンを残したい。カナダは2点パターンに切り替えました。しっかり2つ残していく。スウェーデンはフリーズしたかったですが少しずれてしまい、カナダがそれを出して3点とりました。これは大きい。

第8エンド、スウェーデンはなんとか2点パターンをつくりたい。あまりいい形ではなかったが、カナダがダブルテイクに至らず。ドローで2点とりました。おもしろくなってきたぞ。

第9エンド、カナダはダブルテイクアウトに成功、スウェーデンはフリーズしようとしますがなかなか。しかしカナダの得点を1点にはできました。でもカナダにとっては1点でも積み重ねるのが正解。

第10エンド、当然カナダはクリーンな展開に。スウェーデンはガードをおいていきますが、確実にテイクテイク。最後のストーンも出して試合終了、カナダ 7-4 スウェーデン。

世界最高のレベルの試合を堪能できました。スウェーデンはミスもありましたが、他の国ならミスにならない程度。カナダだからこそミスが許されないということなんだと思います。両チームともすばらしい技術。自在にストーンを操っていました。こういう試合がもっとみたいですよね。