Archive for the ‘ウインタースポーツ’ Category.

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 中国大会(4):男子シングルFS

気づくとNHK杯も終わってしまって週末も近い!まずい!全然追いつけないばかりか引き離されてしまっています、富井です。解説はさのさん、実況はカクザワさん。

カナダのケビン・レイノルズ。「平和への道程」4Loの予定が1Loに。4Tは成功。4S+3Tはサルコウの回転がちょっと足りないみたいですが、上手くコンビネーションにしました。キャメルスピンはまずまず。コレオシークエンスはスパイラルポジションがきれいなのでもうちょっと長く見たい。3Aも成功。3F+3T+3Loは最後がちょっと回転が足りないかもしれないけど成功。3S、3Lz+3Loも成功。2Aももちろん成功。両足で回るアップライトスピンもいいでうsね。ステップもおもしろい。コンビネーションスピンは回転もはやくて素晴らしい。最高とは言えませんが、なかなかの出来。3連続のトリプルジャンプは結構久々に見る気が。コーチの先生もお元気そうで嬉しい。226.50

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。映画「黄金の腕」より。4Tの予定が2T。拳銃を構えるポーズはジュベールへのオマージュか。3A+2Tは予定通り。3Lzは降りた後がかっこいい。3Fの予定が1Fに。フライングシットスピンはいいですね。ステップシークエンス歌詞に合わせて手を振ってみたり。ステップからすぐ跳んだのですが、1Aに。2A+3Tは良かったのですが、3T+2T+2Loは2Tが3回目でノーカウント。スピンに入る前に転倒してしまってスピンもノーカウント。3Sは成功。コレオシークエンスはノリの良い曲で踊りまくっています。コンビネーションスピンは良かったんだけどな。ちょっと残念。186.04

中国の張鶴。「アラビアンナイト」4Sは高さがありましたがバランスを崩してしまいました。3Aも高かったのですがセカンドジャンプがつかず。3Lz+3Tは成功。足換えのシットスピンもなかなかいいですね。ステップは普通かな。曲は良く聴いていると思うのですが。2Aのあと、3Lzとちょっと惜しいジャンプが続き、3Loはステップアウト。フライングキャメルスピンはポジションがきれいですね。コレオシークエンスはもうひとつ物足りないな。3Fは成功。2Aは3連続の予定でしたが両足着氷。コンビネーションスピンは手の位置が個性的。167.58

アメリカのグラント・ホッホスタイン。ミュージカル「オペラ座の怪人」最初のポーズが良いんですよ。4Tの予定が2Tになってしまいました。3A+2Tは何とかセカンドジャンプをつけました。4Tは転倒。回転不足のよう。足換えのキャメルスピンのあと、ボーカルの入ったところでステップシークエンス。良いところで入る3Aでしたが1Aに。3Lz+1Lo+3Sは成功。フライングシットスピンもOK。3LoもOK。3Fも何とか成功。コレオシークエンスはイーグルが素晴らしい。3T+1Tになってしまいました。残念。コンビネーションスピンは回転もはやくて美しい。うーん、ジャンプが決まらなかったのが残念。良いプログラムだけに、完璧なのを見たい。216.44

アメリカのビンセント・ジョウ。映画「ムーラン・ルージュ」より。高さのある4Lz+3T!すごい。4Fは斜めになっていましたがなんとか着氷。4Sは転倒。足換えのシットスピンも上手。見事なイーグルのコレオステップ。4Lzはステップアウト。3Aは簡単に成功。4S+2Tは成功。3LoもOK。フライングキャメルスピンも背中が柔らかい。ステップシークエンスも上手。さすが昨シーズンのジュニアチャンピオン。3Lz+1Lo+3Fも上に伸ばした両手がまっすぐ伸びていてかっこいいですね。最後のコンビネーションスピンまで良かった。すごいなあ。256.66

ロシアのアレクサンドル・ペトロフ。「Chicago」ほか。4Tは両足着氷で、回転が足りなかった。3A+2TはOK。3Aは転倒。フライングキャメルスピンはまずまず。ステップシークエンスは身体の使い方が上手ですが、もうちょとスピードがあったらな。3Lz+2Tは何とかセカンドジャンプをつけました。3Fは3連続の予定でしたが転倒。3Lzも転倒。小粋な振り付けをはさんで3Loも転倒。足換えのシットスピンは歌を歌っているよう。リズムが変わってスピード感のあるコレオシークエンス2A+2Tは3つめの2Tがカウントされず。コンビネーションスピンもかっこいいんですけど、ジャンプが残念。でも、がんばりました。フランク・シナトラの雰囲気が良く出ているプログラムで面白かったんですが・・・次、次!!成功したらめっちゃかっこいいと思います。186.02。今シーズンから4転倒で減点6点になったんですね・・・知らなかった!

中国のハン・ヤン。銀髪(のワックス・・・多分)!モテに走っている感じですが、歓声もSPより多くて、ハン・ヤンの狙い通り。「I’ll take care of you」美しい3A+3T。ビッグジャンプですね。4Tも流れのあるジャンプ。3Aも高い。フライングキャメルスピンもOK。コレオシークエンスもブルースに良く合っている。3Lzはコンビネーションの予定が単独に。3Loも高さがあります。3Lz+2T+2Loはもう一つかな。3Sは両足着氷。3Fもややバランスを崩したか。足換えのシットスピンもいい。ステップシークエンスは音楽が難しいところだなあ。ちょっと合ってない感じが。でもハン・ヤンはスケーティングが上手。足換えのコンビネーションスピンも回転がはやくて良かった。全体的にはまだ完成されてないかなという感じ。特に後半。これからの仕上がりが楽しみ。254.61

アメリカのマックス・アーロン。「オペラ座の怪人」より。4T+2Tは成功。4Sは音楽にあったジャンプで良いですね。3Loも見事。ステップはもっとスピードがあればなあ。コンビネーションスピンは回転がはやい。4Tは何とか着氷。3A+2Tも成功。3Aも高さがあります。3Lz+1Lo+3SもOK。フライングシットスピンもいいですね。コレオシークエンスのあとすぐに2A。足換えのコンビネーションスピンもOK。ジャンプミスがなくて流れが途切れませんでしたね。良くまとめました。259.69。パーソナルベストを更新。コーチも嬉しそう。

田中刑事。「フェデリコ・フェリーニ・メドレー」4Sは成功。4Tの予定が3Tに。3Aは成功。足換えのシットスピンは美しい。ステップも身体の使い方が上手。手が高橋大輔っぽい。ものすごく研究していると思う。4Sの予定が3S。高さのある3A+2T+2Loは見事。3F+3TもOK。フライングキャメルスピンはもうちょっと回転数を上げて欲しい。何でも無いところで転倒。しかし3Lzは良いジャンプ。アクシデントもはねのけますね。コレオシークエンスはコミカルだけど顔が真剣。コンビネーションスピンはポジションが美しい。247.17

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ラ・マンチャの男」4Tの予定が3Tに。4Sのコンビネーションの予定も単独に。でも滑りが素晴らしい。3Aは両足着氷。コレオシークエンスは曲のとらえ方が素晴らしい。すぐに足換えのシットスピン。つながりが良い。3S+2Tとここも4Sの予定だったらしい。イナバウアーの後3Lo、これはOK。しかし3Aは単独になってしまい、ここはセカンドジャンプをつけるところでしたね。大きくはないけどジャンプミスが続きます。3LzはOK。2F+1Lo+2Sは大きなミスですね。コンビネーションスピンは見事。ステップはさすが上手。でもちょっとやる気が・・・。最後のコンビネーションスピンもステキ。ジャンプミスが積み重なってしまいましたね。転倒はなかったのですが。ま、不調と言うよりはオリンピックに照準を合わせているんでしょう。253.06

中国の金博洋。組曲「惑星」より。4Lzは着氷に乱れ。4Sもステッピングアウト。3A+1Lo+3Sは見事なコンビネーション。フライングキャメルスピンも良いですね。コレオシークエンスはジャズのリズムをジャッジへアピール。4Tは手をついてしまいました。続く4Tは転倒でコンビネーションにできませんでした。3Aは何とか着氷。3Lz+3Tは成功。3Fはステップアウト。良いのと悪いのが交互に来ますね。シットスピンの後、曲がスターウォーズに。ああ、この衣装、ルーク・スカイウォーカーね。ステップはもう一つかな。コンビネーションスピンはOK。うむ。後半にジャンプを集めすぎじゃないですかね。最後にステップを置いているのもしんどそう。264.48

ロシアのミハイル・コリヤダ。「エルビス・プレスリー・メドレー」ペトペトさんといい、アメリカンだね。4Lzは転倒。2Sは4Sの予定でしたが・・・。3A+3Tは高さがあるジャンプ。立て直した。フライングシットスピンはポジションも美しい。ステップは全身を使って難しいステップを踏んでいますね。4Tは流れのある美しいジャンプ。1Aになってしまいましたが、続く3Lz+1Lo+3Sは成功。3LoもOK。3Lz+2Tも最後のジャンプとは思えない高さ。コンビネーションスピンもいいですね。コレオシークエンスもエルビス。足換えのキャメルスピンもポジションが美しい。リンクサイドで見てる趙宏博兄さんの存在感がありすぎる。あんなに小さくしか映ってないのに!279.38。優勝にニッコリ。

○最終順位(551の旨い順で ※個人の感想です)
1.コリヤダ豚まん
2.金博洋焼餃子
3.アーロン海老シュウマイ
4.ビンセント・ジョウアイスキャンデー
5.ハンヤンちまき
6.フェルナンデスシュウマイ

1位はコリヤダくん。フリーは緊張していたようでしたが、何とか揃えました。まあ、上位が崩れたのも追い風になりました。でも、ロシアのエースとしての地位は固めつきありますね(コフトン・・・)。2位の金博洋も緊張してたな。難しいプログラムをこなすのが大変。でも、完成すれば面白くなりそう。

3位はノーミスのアーロン。ジャンプがきちんと入るとアーロンはすごい。上位が崩れるという条件も多少ありますが・・・4位のビンセント・ジョウもジャンプ構成がすごすぎるので、成功すればあっという間にフリーで逆転出来ますね。4Sの転倒がなかったら銀メダルだったかも。惜しかった。

5位のハン・ヤンは難しい曲に挑戦中。あの曲の流れでビッグジャンプを跳ぶのは難しいと思うけど、完成するのが楽しみ。焦らずがんばって欲しい。6位のフェルナンデスはグランプリファイナルに出るより、オリンピックの金メダルだけを目指しているとすれば、ここの順位は関係ないですね。いい調整を!

カーリング女子日本代表決定戦 第4戦 LS北見 .vs 中部電力

明日金沢にいくのですが、何も準備してないマイク松ですこんにちは。もういいわなんもせんで。

そんな僕とは違い準備万端の両チームのカーリング女子日本代表決定戦、第4戦です。

カーリング女子日本代表決定戦、第4戦。実況は塚本さん、解説は石崎さん。

第1エンド、静かな始まりかと思ったらハウスの中をめぐる攻防に。いきなりきたか。北見がストーンをおいていくが、中電のラストストーンがスルーしてしまい、北見が3点とりました。いい始まりやな北見には。

第2エンド、こっちはクリーンな展開。北見が1点とらせる展開と石崎さん。なかなかストーンをためられない中電ですが、今度はしっかり1点はとりました。

第3エンド、ごちゃごちゃしていたがサード以降でクリーンな展開に。ブランクエンドになりました。

第4エンド、ガードをめぐる攻防。しかし鈴木はガードの後ろをしっかりテイクしていきました。北見は2点パターンを作りにいきます。清水がヒットロールでばっちりのところに置きましたが、吉田姉がガードをかわしてテイクアウトしました。スイーピングも見事。中電は北見に1点とらせるべくガードしますが、藤澤のラストストーンをばっちりボタンに寄せました。2点ゲット。スイープとコールが連動してます。

第5エンド、ガードを作ってはじいてというところから、中電はどうストーンを残すかというところになるが、北見のテイクアウトがバックガードのために残ってしまい、中電は2点チャンス。しかしドローが短かったです。でも北見のドローも届かず、なんとか2点とりました。

第6エンド、中電はなんとか北見を1点におさえたいところですが、北見にミスが出ない、出てもすぐリカバーします。中電はちょっとずつ足りなかったりオーバーしたり。でも北見のラストストーンもショートして、北見は1点にとどまりました。

第7エンド、なんだかシートが重くなってるような気がする。どうもショートするショットが多い。なかなか中電もテイクがうまくいかない。北見はガードでドローを強いるが、それが効いてガードにひっかけてしまい、北見が2点スティールしました。最後はテイクでもよかったかもなー。

第8エンド、中電はコーナーガードで攻めにいきます。そして北見はテイクテイク。しっかり相手に1点とらせる展開にしてきます。中電も1点とらざるを得ませんでした。

第9エンド、北見は吉田妹がパーフェクトなウィックショットを決めます。中電はガードを作りますがすぐテイクされます。ハウスの外側ぎりぎりに2つおいて、北見はドローじゃなくてテイクにしますが、自分のストーンも出てしまって中電1点スティールしました。

第10エンド、吉田妹のウィックショットが2つパーフェクトに決まりました。すごいな。北見は確実に1つずつストーンをテイクしていきます。最後のテイクで自分のストーンも出てしまい、これで試合終了。中電 5-8 北見。

LS北見が悲願のオリンピックをようやく掴みました。なんだか喜びというよりもほんとに安堵という感じのインタビューでした。勝たないといけないプレッシャーもあったと思いますが、調子の波もだんだんすくなくなってきてました。なにしろ世界2位のチームですから。オリンピックでもいい戦いしてくれるんじゃないかと思います。

中電はなかなか全員が本調子にならない中よく粘っていました。戦略的にとても優れていましたし、ショットの精度とパワーが上がってくればもっといい戦いができる。日本一になった自信と今回の戦いを糧にして、もっと成長してほしいと思います。

どっちが勝ってもうれしかったですが、どっちが負けても悲しいもんですね。両チームともおつかれさまでした。

カーリング女子日本代表決定戦 第3戦 LS北見 .vs 中部電力

崎陽軒、筍煮4倍の「ドリーミング筍シウマイ弁当」と唐揚げまみれの「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」を発売。すごい企画だなと思うマイク松ですこんにちは。シウマイ弁当たべたくなります。なんでこのへんに売ってないんやろう。

ある意味ドリーミングな対戦の代表決定戦、第3戦です。

カーリング女子日本代表決定戦、第3戦。実況は曽根さん、解説は石崎さん。

第1エンド、最初からストーンがたまってきます。北澤が相手側のストーンを間違えて投げてしまいましたがすぐ交換。カーリングってだいたいなんでも話し合いで決めますよね。中電のストーンを吉田姉がダブルテイクしたあと、藤澤がガードの後ろにドロー。スイーピングが効いてますね。松村のショットがテイクのあとハウスに残り、リカバーできるかと思いましたが、ラストショットがうまくいかず、北見が1点スティールしました。

第2エンド、こちらは打って変わってクリーンな展開。お互いにアイスリーティングに徹してる感じですかね。ブランクエンドになりました。

第3エンド、今回はハウスの中央をめぐる展開。藤澤が絶妙のタップショットでボタン付近に北見のストーンが増えてきたが、ガードをはずしても中央のポジションが変わらない。先攻の北見はガードを置いてナンバーワンツーを守りに来る。ガードをあわせて難しいシチュエーションを作りました。ラストストーンは届かず、北見が3点スティールしました。これはすばらしい罠だった。

第4エンド、ガードがハウスの前にちらばってる感じ。その間を抜けてハウスにいかないといけない。清水のヒットアンドロールが決まっていい展開になりました。松村がガードにひっかけてナンバーワンツーを作った。藤澤のヒットアンドロールは伸びすぎて、松村のストーンも伸びすぎて、中電は1点止まり。

第5エンド、北見はクリーンに作ってきます。中電はたてに並べる。吉田姉のパワーショットでダブルテイクアウト。中央にドローした中電のストーンをテイクアウトして、北見が後攻で確実に2点とりました。

第6エンド、北見はハウスの中で、中電はガードを置いていきますが、中央でナンバーワンをめぐる戦いに。なかなかタップがうまくいきませんが、松村のダブルテイクアウトが決まって形勢逆転。しっかり2点とりました。

第7エンド、中電はガード、北見はそれをテイクの展開。ガードの後ろを狙う展開ですが、結局ブランクエンドになりました。

第8エンド、吉田妹はウィックショットでずらしにいきます。さすがきれいに決めます。中電はガードの後ろにまわりこんでスティールを狙いますが、しっかりプロモーションテイクアウトしてくる藤澤。今日はショット率高いです。中電のラストショットは伸びすぎてしまい、最後の藤澤のストーンもスイープで引っ張って2点とりました。この時点で中電がコンシード、中電 3-8 北見。

やはり3エンドのスティールが大きかったですが、北見は3時間でしっかり切り替えてきましたね。藤澤が背負い込まないようにしたらしいですが、それが好調を引き出したか。中電の調子はそこまで悪くなかったですが、藤澤がよくなるとここまで強くなりますね。

カーリング女子日本代表決定戦 第2戦 LS北見 .vs 中部電力

「スター・ウォーズ ジェダイの哲学」出るそうです。ジェダイへの道は大変そうですががんばりたいマイク松ですこんにちは。いろいろ使える便利な本になりそうです。

オリンピックの道はより大変そうですが、がんばりましょう。カーリング女子のオリンピック日本代表決定戦、第2戦です。

カーリング女子日本代表決定戦、第2戦。実況は杉澤さん、解説は敦賀さん。

第1エンド、石郷岡も吉田妹もスルーが出てる。このエンドは様子見。テイクテイクになったり藤澤がスルーしたりしてる。どうもウェイトの感じがつかめてないみたい。松村がサイドギリギリのストーンにかかるようにおけたが、藤澤が体勢を崩してテイクできず、中電が1点スティールしました。おもしろや。

第2エンド、中電は入れてきて、北見はガードの考え。北澤はほんとに調子よさそうですね。しかし鈴木も負けずにダブルテイクアウトきます。両セカンドはいいです。清水がスルーして北見にチャンス。ガードの後ろに置いたところで、中電は少し押す感じで並べてきました。フリーズ合戦の様相。松村のショットは今日はよさそう。最後の藤澤のストーンはいい感じでしたがナンバーツーはとれず1点とりました。

第3エンド、前のガードの後ろをめぐる展開。中電のストーンがたまってきてる。吉田姉のテイクショットが決まったところでしっかり4人で考える中電。しかしガードに当たって、吉田姉のプロモーションからのダブルテイクアウトが決まりました。清水のダブルテイクアウトも決まって一気にストーンが減りました。北見が1点とらせる展開にし、中電がしっかり1点とりました。

第4エンド、石郷岡がたてに2つ並べてきました。そこからガードを作ってはずす展開。鈴木のショットを吉田姉妹のスイープでいいショットにしました。北澤もうまくヒットロール。清水のショットがやっときれいに決まって兄みたいな笑顔。松村のショットで藤澤は難しいショットを狙うが、ガードにちょっとだけあたってスルー。中電はスティールのビッグチャンス。北見のラストストーンはガードにかかってしまい、中電が3点スティールしました。

第5エンド、中電は2つ入れてきます。そして北見のガードを中電が払う展開。吉田姉がテイクのあとで離れたところに平行に開くスーパーショットを決めました。見事見事。このまま北見が2点とりました。

第6エンドは最初からフリーズ合戦の様相。北澤のパワーショットで全部とばしました。松村のダブルテイクアウトでハウスからストーンがなくなって、結局ブランクエンドになりました。

第7エンドはガードからTラインの後ろまで惑星直列みたいな配置になりました。そしてハウス中央でナンバーワンをめぐる戦い。吉田姉のフリーズショットがばっちり決まって難しくなりました。中電は遅いウェイトで北見のナンバーワンを押しにいきますがまだナンバーワン。北見はしっかり押し込みたかったですが、ガードが短くなってしまいました。中電はラストストーンをボタンに入れて1点とりました。がんばりましたね。

第8エンド、ガードができたのでその後ろをめぐる展開。清水のテイクショットがガードを狙ったらうしろの相手ストーンに当たりました。苦笑い。タイムアウトをとって検討しましたがうまくフリーズできず。中電はダブルテイクアウトができず北見は2点パターン。しっかり2点とればよかったのですが、自分のストーンが出て1点しかとれませんでした。これは痛い。

第9エンド、北見はガードをがっちり作りに行きます。北澤がガードをダブルテイクアウトして勢いで自分たちのストーンも出しました。ぎりぎりまでガードを作った北見に対して中電もぎりぎりまでガードをはずします。最後ダブルテイクを狙いましたが、1つしか出せず北見が1点スティールしました。1点差ですが中電が後攻はもってる。

第10エンド、丁寧にガードを払っていきたい中電ですがいまいちうまくいかない。北見はタイムを取ってしっかり検討します。しかしガードが長くなっていまいち。最後は松村がしっかりテイクして1点とって試合終了。中電 7-5 北見。

難しいアイスには両方慣れて、いい感じになってきた中電が1つ取り返しました。とはいえ一気に突き放すような戦いはできなかったですね。まあチームカラーだとは思うのですが。北見は藤澤の調子がいまいち。最初はバランス崩すし。ビッグエンドになった第4エンドは期せずして罠になった感じでした。勝負は第3試合にかかってきそうです。

カーリング女子日本代表決定戦 第1戦 LS北見 .vs 中部電力

ちょっと目を離してるとオリックがいい戦いをするなと思うマイク松ですこんにちは。今日はスギモトとかいう小いもがプロ初ヒットが先頭打者ホームランだったらしいです。でも心細かった心境は小いもらしくていいですね。早く発芽して。あとラクテンがすごい弱くなってる。

さて、9月ですがもうカーリングにとっては大一番、カーリング女子のオリンピック日本代表決定戦が始まりました。5戦して3戦したら決まります。毎日いい試合がみられるのはいいのですが、2チームとも出られたらいいのにといつも思います。

今日は第1戦です。

カーリング女子日本代表決定戦、第1戦。実況は、解説は敦賀さん、石崎さんのダブル解説。

LS北見は吉田妹、鈴木、吉田姉、藤澤の世界選手権シフト。中部電力は石郷岡、北澤、清水、松村のシフト。中部電力は松村に似たねこのマスコットをみんなもってますが、あれは中電のマスコットでした。

第1エンド、石郷岡の1投目はスルーしてしまいました。吉田妹の1投目はコーナーガード。まだ両チームとも探り合いですね。鈴木のテイクショットに対して北澤のドローはなかなか正確ですね。サイドですが中部電力のストーンがたまってきた。しかしLS北見のストーンをうまく出せず、2点パターンになりましたが、自分のストーンを残せず1点止まり。

すごいストーンが曲がってる。そういうアイスセッティングになってるみたい。本番用。

第2エンド、吉田妹はいいところに置いてきた。石郷岡のコントロールもできてる。どっちがコンディションをおさえてきてるか。鈴木は序盤から安定してますね。中央付近のストーンをめぐる展開。吉田姉がうまくヒットロールして回り込みましたが、清水もプロモーションテイクアウトで応戦。しかし松村のショットがスルーしてしまい、LS北見はスティールのチャンス。中部電力は失点を最小限にするショットで、LS北見が1点スティールしました。ドローウェイトはLS北見がよくつかんでるか。

第3エンドは最初からテイクテイクの展開。アイスリーティングのエンドにするつもりか。テイクテイクでいって、最後はブランクエンドになるはずが、1点とってしまいました。

第4エンド、吉田妹のストーンが不思議なところにいって、それをテイクする展開に。サードで両方のストーンが出てしまい、後ろに回り込む展開に。最終的にはブランクエンドになりました。

第5エンド、中部電力は何かをかんでセンターガードになってしまい、LS北見はそれに当てられずスルー。北澤がプロモーションテイクアウトでいい形にもっていきました。センターガードを作ってはずす展開。入った中電のストーンをテイクできずスルー。それから奥の方でテイクテイクになります。めまぐるしい展開。最後はLS北見は1点とりました。ほんとはブランクにしたかったですかね。前半終わって中電 1-3 LS北見。慎重なゲーム運びでしたねー。

第6エンド、ガードに引っかかったりして、ハウスの前にガードがたまってくる。北澤がダブルテイクアウトを決めてる。まだ100%。ガードの後ろのハウスの中のストーンをめぐる展開に。LS北見のストーンがたまる一方、中電のストーンがガードにかかります。藤澤はスティールを狙います。狙い通りのところにおいて、中電にドローを強いる展開。ガードに当たってしまい、LS北見が4点スティールしました!ビッグエンドになってしまいましたねー。

第7エンド、LS北見はきれいな展開にするべくテイクテイク。中電はストーンをためたいです。なかなかそうはいってもたまらない。LS北見はナンバーワンを作りに行きますがひっかかり、2点パターンを中電はとりにいきますが、余裕でガードにかかってしまいました。LS北見が1点スティール。この大会は8エンドまではコンシードできないらしい。

第8エンド、LS北見はクリーンな展開。しっかり確実にテイクしていってます。しかし藤澤の最後のストーンがガードに当たってしまいました。これで2点とれたかなと思ったら、うすく当たってしまってかえって1点スティールされてしまいました。ここで中電がコンシード、中電 1-9 LS北見。

LS北見が普段通りのカーリングができた感じですが、中電もなかなか負け方が悪いという感じですね。しかも結構がまんくらべの展開でもじりじりミスを最小限にできたLS北見は強さが増してる感じ。中電は次の試合がポイントになりそうです。がんばってほしい。