Archive for the ‘ウインタースポーツ’ Category.

カーリング日本選手権2019 女子予選リーグ:北海道銀行 vs. LS北見

英サッカープロリーグの試合に黒猫が乱入。なかなかいい上がりをみせるねこ。スペースを見つけていますね。マイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は女子予選リーグ、北海道銀行 vs. LS北見。宿命の対決です。

カーリング日本選手権、女子予選リーグ、北海道銀行 vs. LS北見。実況は田中さん、解説は金村さん。

両チームともいつものメンバー。ついに藤澤と吉村がスキップとして対決します。感慨深い。

第1エンド、ガードを置いたSL北見、ハウスに入れてきた道銀。鈴木がダブルテイクアウトに成功。そこからはテイクテイクになります。吉村の1投目がピールになったところで藤澤がカムアラウンドでガードに隠しました。道銀のラストストーンはガードにひっかけて、LSが1点スティールしました。

第2エンド、ハウス中央にすごいごちゃごちゃしてきました。さすが強豪同士。LSはいつもの明るい声が序盤に比べてでてきてますし、道銀もだいぶ民主的なチームになってきました。小野寺のパワーショットで少しばらけました。散ったところで藤澤がダブルテイクアウトでハウスにLSのストーンだけになりました。藤澤は1点とらせる形に加えて、うっかりピールしそうなところに。ドローするしかない。少し強かったですがなんとかナンバーワンにしました。あぶねー。

第3エンド、吉田妹がうっかりいいウィックをやってしまった。きれいです。今度は打って変わってクリーンな展開。ハウスの奥の方でナンバーワンを争います。道銀のラストストーンはピールになって、藤澤がイージーなショットで2点とりました。

第4エンド、両チームとも成り行きでガードをためていきます。そのうしろを巡る戦いですが、道銀がテイクしてからはわりとクリーンに。LSは1点とらせる形をつくりますが、道銀が最後の難しいドローを決めた上に、ちょっと相手のストーンを押して2点とりました。

第5エンド、ここは両者とも隙がなく、ブランクエンドになりました。いい戦いで前半終了。同点。藤澤がカメラに終われてえへへへへへって笑ってる。調子は悪くなさそうです。

第6エンド、道銀はうまくハウスの周辺に散らして、1点とらせにくる。LSは2点とれるチャンスもあったが、なんだかみんながめっちゃ笑うくらいストーンが速くなってしまい、1点止まりになりました。

第7エンド、LSはガードを置いて攻めの姿勢。テイクアウトもうまくいきました。LSはコントロールゾーンにどしどしストーンを置いてプレッシャーをかけるが、吉村がしっかりドローして1点とりました。

第8エンド、今度はしっかりLSがガードに1つかくして2点パターン。できるだけ道銀もテイクテイクしてみるが、確実にヒットステイを繰り返したLSが2点とって勝ち越しました。

第9エンド、船山さんのショットがスルーしてしまうが、近江谷がすばらしいダブルテイクで挽回。しかし両チームがハウスの中央をとりあう戦い。そして藤澤がボタンにヒットアンドロールできたのに対し、吉村のショットは自分のストーンをテイクしてしまいました。先攻のLSは自分たちのストーンを守って、道銀は難しいリフレクションショットを狙うものの、これは当たらず、LSが3点スティールしました。ここで道銀がコンシード、LS北見 9-4 北海道銀行。

最後はめっちゃ点差がついてしまいましたが、事前の予想通りいい戦いになりました。勝負しての3点スティールですからね。しょうがないです。それにしてもLS北見はとてもコンディションがよくなってました。きっと道銀を相手にテンションが上がってたのもあるでしょう。好敵手ですからね。道銀も全然悪くなかったので次にやりましょう。

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. コンサドーレ

清水音泉を救済したい。音泉魂は関西のイベントとしてもかなり質がいいし、がんばってほしいマイク松ですこんにちは。でもいつも日程が合わない。このKSRはいけるといいな。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. コンサドーレです。でも解説も注目ですよ。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. コンサドーレ。実況は曽根さん、解説は小笠原さん。まじで?!小笠原さん解説やってくれるんですね。

第1エンド、すごいてきぱきストーンを投げていきます。かなりブランクエンドになりそう。その間に小笠原さんがてきぱき情報を提供。増田さんみたいになってる。阿部さんは昔はリードだった、谷田、宿谷は将来性がある、青木はカーリング一家出身、松村は自覚が出てきている、岩井もいい顔してるとのこと。ガードの後ろに隠したりしましたが結局ブランク。

第2エンド、鎌田が2投目をスルー。なにやっとんねん。コンサドーレがストーンをためてきます。小笠原さんは明るい解説で今までにない感じ。それでいいと思います。コンサドーレは先攻でガード、国際大はテイクテイク。結局国際大は1点とらされる展開になりました。

第3エンド、センターライン上のストーンをどうやって残すかという感じの展開。宿谷は国際大の大学院生らしい。次第にストーンが減って、ブランクエンドになりました。

第4エンド、阿部さんは第2子がお生まれになったらしい。小笠原さんすごいたくさん情報入れてきますね。ハウスのセンターライン上にストーンが集中してきた。ハウスの中の3,4あたりがコントロールゾーンといって、この辺にストーンがあると相手にはじゃまになるらしい。コンサドーレはそこに並べてきて、国際大は割り込もうとしている。ごちゃごちゃしてきました。こうなる前になんとかしたかった。国際大は少しでも減らそうとするが減らない。

第5エンド、阿部さんの無精度、いや武将度が高まってきてます。コンサドーレはラストストーンに向けて難しいシチュエーションの罠を仕掛けます。岩井にプレッシャーがかかる。ラストストーンはほんの少しのびて、コンサドーレが1点スティールしました。惜しかった。

第6エンド、お互いの6エンドで悪くなる感はそんなになかった。コンサドーレは1点でおさえようとしますが、ナンバーワンを死守した国際大がラストストーンをドローして、2点とりました。同点に。

第7エンド、青木のパワフルなレイズのダブルテイクアウトが決まりました!これは強いですねー。その後はクリーンな展開になり、ブランクエンド。

第8エンド、ハウス中央に固まった国際大のストーンを谷田がトリプルテイクアウト。またクリーンな展開。ブランクになりました。

第9エンド、ハウス中央に両チームのストーンが並んでる。国際大はガードしたほうがいいんじゃないかと小笠原さんいっていたが、テイクにいったところで流れが変わり、お互いにテイクテイクしたらストーンがなくなりました。コンサドーレは自分たちが後攻で10エンドにいきたい。

第10エンド、コンサドーレはハウスに入れたあとガードをはずしてきます。でも国際大も負けずにフリーズしてごちゃごちゃしてきました。コンサドーレはタイムアウトをとってハードに形を変えようとしたら、中央に国際大のストーンだけが残りました。国際大もタイムアウトとってガードにしました。コンサドーレのラストストーン、少し押すイメージで投げましたが、ガードにかかってしまいました。試合終了、札幌国際大学 4-3 コンサドーレ。

意外な結末になりました。終始コンサドーレが押しているように思えていたのですが、終わってみれば惜敗。どうも相性的なものがあるんでしょうか。両チームとも技術高かったし、これは決勝でもいい戦いになりそう。

小笠原さんの解説おもしろかったです。情報がとても多い。自分で指示しているのもおもしろかったです。聞こえないし動かないし。ゲームみたい。

カーリング日本選手権2019 女子予選リーグ:北海道銀行 vs. 富士急

NUMBER GIRLが再結成。これは個人としてもうれしいですが、若い世代にナンバーガールをみてもらえるのがうれしいマイク松ですこんにちは。いい活躍してほしいです。頼むよ向井。

カーリング日本選手権は女子予選リーグ、北海道銀行 vs. 富士急。すっかり四強という呼び方になってますが、四強同士の対決。絶対おもしろい。

カーリング日本選手権、女子予選リーグ、北海道銀行 vs. 富士急。実況は塚本さん、解説は石崎さん。富士急は今日はセカンドは石垣、あとは妹、淳子さん、小穴。北海道銀行は小笠原さんが今回おらず、船山さん、近江谷、小野寺、吉村。ついに吉村スキップ実現しました。

第1エンド、まだ探り探り。結局ブランクエンドにしました。

第2エンド、道銀のストーンが周辺に散り、富士急のストーンが中央に集まりました。大量得点のチャンスでしたが、吉村がうまくフリーズしていきました。最後のストーンは及ばず、でも富士急は2点先制。

第3エンド、後攻の道銀が2点とっていく展開を作っていきましたが、小穴のダブルテイクアウトが見事に決まりました。道銀はピールでブランクエンド。

第4エンド、前のガードの後ろをめぐる戦い。途中からストーンが減ってシンプルな展開になりました。富士急がガードに当ててしまったので、道銀は確実にとって2点とりました。富士急は相手ストーンが出て行きそうなときにあおいで出そうとしてる。おもしろい。

第5エンド、コーナーガードをめぐる戦いから、フリーズ合戦になってきました。そしてサイドに道銀のストーンが固まったところで、小穴のトリプルテイクアウトが炸裂!これは見事!想像以上のショットでした。富士急が2点とりました。

第6エンド、両チームともストーンがのびていたが、わりとシンプルな展開。そしてまた小穴のダブルテイクアウトが決まる!結構な距離があってかなり薄く当てないといけませんでした。結局ブランクエンド。

第7エンド、少しアイスが滑るようになってきたのかもと石崎さん。両チームともストーンが入っています。道銀がうまく作っているように思えましたが、富士急が道銀ストーンをバックガードにするような配置にしました。うまい。道銀はタイムアウトをとって考えました。中心にごちゃごちゃする形。道銀は形を崩したりしてきましたが、富士急のナンバーワンを崩せず、富士急が1点スティールしました。

第8エンド、道銀がうまくガードの後ろに隠していく。富士急はダブルテイクアウトがなかなかできず、道銀がビッグエンドのチャンス。小野寺は投げたあとに自分でスイープしていいところにおいてる。ミックスダブルス方式。一時は富士急にチャンスもきたが、結局詰め切れず、道銀が2点とりました。うーん小穴このへんが詰め切れてない。

第9エンド、小谷妹がすばらしいウィックショットをみせる。両方ともハウスに入れてる。ハウス後方にあるストーンをめぐる戦い。道銀はそれぞれ富士急のストーンの近くにつけて出されにくい構図を作る。富士急は1点とらされました。

第10エンド、ハウス右サイドが急に曲がるようになってきて、両チームとも翻弄される。道銀はなんとか2点以上とりたいが、ここにきて富士急のドローが全然決まらなくなってきた。最後の小穴のドローもスルーしてしまいました。何やっとるんか。道銀は大逆転のチャンスもあったが、ここは慎重に2点とりにいきました。しかし最後の吉村のショットものびてしまい、道銀は1点止まり。試合終了、富士急 6-5 北海道銀行。

さすが四強同士、いい戦いでしたね。富士急はほんとにこの日は調子よかったし、小穴のスーパーショットがばんばん決まりました。めったにないので気にせずいきたいですね。北海道銀行も調子は悪くなかった。船山さんリード、吉村スキップでいけるどころか最適な布陣ですね。まあどうせ決勝で会えるでしょう。

カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:札幌国際大学 vs. 名寄協会

夏木マリがDr.くれは。これはなるほどのキャスティングだなと思うマイク松ですこんにちは。なるほどー。

カーリング日本選手権は男子予選リーグ。札幌国際大学の試合たのしみです。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、札幌国際大学 vs. 名寄協会。実況は西阪さん、解説は敦賀さん。

札幌国際大学は鎌田、宿谷、青木、岩井。というかもとTEAM IWAIで、みんなの進学に従って変わりました。名寄協会は長澤、藤井、板垣、竹田。ほとんど名寄の職員だそうです。

第1エンド、国際大はハウスに入れましたが、名寄はガードにしてきました。いきなりフリーズ合戦。名寄は強いショットで形を変えて、どんどん出してきました。お互いにダブルテイクアウトがうまくいかず、名寄はダブルテイクアウトで2点のところが、結局1点スティールされました。だー。

国際大はインフルが蔓延しているらしい。だいじょうぶかな。

第2エンド、名寄は長澤ホックラインに届かず。しっかりして。その間に国際大がいいセットアップ。結構慎重に投げてアイスをつかもうとしているみたいですね。青木のテイクアウトショットもミス。今回のシートはすごく曲がる設定になってるらしい。名寄が2点を取りにくる中で、国際大はダブルテイクアウトできず。名寄が2点とりました。

第3エンド、コーナーガードはありますがハウスの中をテイクテイクする展開。結局ハウスの中にストーンがなくなり、これはブランクエンドかなと思ったら、竹田がヒットアンドロールでばっちりガードに隠しました。国際大も1点とるしかなかった。

第4エンド、ハウス中央とガードをめぐる戦い。と書いたけどだいたいのカーリングはそうですよね。いまいち国際大がうまくテイクできないのに対し、しっかりテイクできた名寄。竹田が自分のショットでみんなでどうするか相談してる。敦賀さんもいいチームだといってました。岩井が投げるときにバランスを崩しつつもなんとか投げたりしてます。結局名寄が2点とりました。竹田がしっかり帳尻合わせた。

第5エンド、途中まではフリーズ合戦みたいになっていたのに、スキップのショットがうまくいかず、でもクリーンな展開になり、国際大が2点とりました。前半は4-4。

インターバルでは名寄はおまんじゅうみたいなの食べてる。

第6エンド、インターバルをはさんでお互いショットに狂いが出てくる。ところが結果的にフリーズ合戦になり、ハウスにストーンがごちゃごちゃしてきました。そんな中で岩井が難しいダブルテイクアウトを成功!敦賀さんも提案したショットを決めました。ここで名寄は勝負にいって複数点を狙いますが、それとは逆になんと国際大が4点スティールしました!えらいことになった…。

第7エンド、国際大はクリーンな展開を狙う。名寄はストーンをためますが、青木のダイナミックなテイクアウトショットが決まりました。シューターが上に上がるような。しかしその後は名寄が2点とりました。とったはとったけど。

第8エンド、宿谷が前のガード2つと中のストーンを全部トリプルテイクアウト。すばらしいショットになりました。でかい。ブランクになるかと思いましたが、国際大が1点とりました。

第9エンド、ぽんぽんハウスに放り込んでくる国際大。名寄はガード置いたあとでテイクにいくが、華麗にストーンの間をスルーしていった。最後はギャンブル的にドローを狙うが、これもスルーしてしまって国際大が4点スティール。ここで名寄がコンシード、国際大 13-6 名寄。

前半は結構いい勝負だったのですが、後半に崩れてしまいましたね。名寄はむしろ前半はリードしていたくらいだったのに、ちょっとギャンブル的なコールで崩れてしまいました。国際大も敵失に助けられたところもあったかも。そんなに力に差はなかったです。

カーリング日本選手権2019 女子予選リーグ:LS北見 vs. 富士急

京都にお仕事だけにいってきたマイク松ですこんにちは。ほんとにお仕事だけで、ただただ京都は移動だけで味わいました。というか味わってないわ。寒かったし。

今日は女子予選リーグ。LS北見と富士急。すごいビッグマッチ。

カーリング日本選手権、女子予選リーグ、LS北見 vs. 富士急。実況は星野さん、解説は金村さん。金村さん今年もよろしくお願いいたします。

第1エンドからLSがガードを置いて早速戦い。いいぞ。セカンドに入って双方ともショートしてします。それもつかの間、ハウスの中にも外にもストーンがごちゃごちゃしてきました。すごい。両チームともガードの間を抜くショット。後攻の富士急のラストストーンは1つしか出せませんでしたが、メジャーしてみると富士急のストーンがナンバーワン。1点とりました。

第2エンド、富士急はガード置いたりフリーズしたり。リードの吉田妹と小谷妹の技術が最初からすごい。小穴のコールもとてもよくなってる。鈴木がもりもりテイクしてます。吉田姉のヒットアンドロールが決まる。きれいに。タテにストーンが並ぶとか強豪チームの試合ですね。富士急ラストストーンはうまくテイクできず、LSが3点チャンスでしたが、ドローがのびてしまって2点止まり。

第3エンド、またガードが前に並んできて、ガードの後ろをめぐる戦い。そこからナンバーワンをめぐってぎりぎりの戦いになってきます。いいショットが続いてる。吉田姉のヒットアンドロールで縦に並べるいいショットができました。藤澤のヒットアンドロールできっちりガードに隠したため、富士急が1点とらされました。

第4エンド、小谷妹のガードセットアップがうますぎる。ばっちりです。でも吉田妹のカムアラウンドも見事。小谷姉もいいフリーズみせました。またタテに並んでる。しかし鈴木や吉田姉のテイクショットでパワフルにストーンが散っていきます。レベル高い。そして吉田姉のレイズテイクアウトでストーンを一掃。コントロールが抜群でした。小穴がいいフリーズショットをみせてスティールを狙います。ガードがずれてしまいましたが、意外にそれが効いて、富士急が1点スティールしました。

第5エンド、当たり前のように小谷妹がガードを置いて始まる。富士急はガードの後ろに隠してくるが、LSが鈴木と吉田姉がもりもりパワーショットでテイク。すごくきれいな展開になってきました。残り3つでハウスのストーンはなくなりました。ブランクエンド。

インターバル、LSはさすがにがんがん食べてますね。富士急は淳子さんが千歳飴みたいなのたべてる。あれなんだろう。

第6エンド、富士急のセンターガードに対してLSはコーナーガードおいてきました。ガードの後ろでヒットアンドロールをつくる展開。富士急はうまくナンバーワンとツーを作って、LSに1点を取らせる形。藤澤今度はきっちり1点とりました。

第7エンド、吉田妹がホッグラインオーバー。富士急はコーナーガードおいてきました。少し氷が変化してきているらしく、少しずつ両チームとも意図と違ってきてる。わりかしきれいな展開で、うしろの方のストーンをめぐる戦い。LSは1点とらせる形になっていたが、ピールになってしまい、富士急がブランクエンドにしました。

第8エンド、ガードをがっちりおいた中で、ハウス中央をめぐる戦い。徐々にガードが増えてきてなかなかさわれなくなりました。富士急が淳子さんの必死のスイープでなんとかハウスに入れました。ナンバーワンとってもう1点狙いますがそれは及ばず。富士急が1点リード。

第9エンド、ガードをおかなかったことでクリーンな展開に。このままではブランクになってしまう。富士急もいろいろやってみますが結局ブランクエンド。

第10エンド、LSは2点とれる形を作った。富士急はタイムアウトをとって、淳子さん夫の意見もきいた。そのヒットアンドロールが見事に決まって形勢逆転。藤澤にとっては簡単ではないショットが残りましたが、しっかりドローで決めて1点とりました。エキストラエンドに突入。

第11エンド、小谷妹はウィックにいって、いい感じで決めました。そこから真ん中を開けようとする富士通と、はずそうとするLSの争い。お互いにタイムアウトをとってよく考えたのですが、富士通は狙い通りにいかず、そのあとのテイクショットをまさかのスルー。うーん。LSはがっちりガードして、富士通は最後のショットにいきますが及ばず。LS 5-4 富士通。

なかなかいい試合でした。強いチーム同士のいい試合で、ストーンの配置からして見応えありました。LSは藤澤の調子がさっぱりでした、なんとか最後は帳尻合わせましたね。逆に予選でこういう調子なら一番大変なところでいい調子になる。他の3人はばっちりだしいけるでしょう。富士急はいいチームになってますね。小谷妹の調子はばっちりだし、やはりサードの淳子さんは存在感あります。何より小穴がすごい大人になってて、淳子さんとしっかり話し合ってやってました。あれならプレーオフにはきますね。