Archive for the ‘スペシャル’ Category.

なんかを買うついでにオリックの観戦チケットが手に入るとしたら何を買ってもらうか

明日から浜松にいってくるのですが、浜松にいきたいところが多すぎて悩むマイク松ですこんにちは。いいところ多すぎんよ~。

さて、僕はJ-Rock、邦楽ロックを好んで聴いているのですが、現在のロックシーンで存在感のあるバンドの1つにフォーリミがいます。彼らがニューシングルでおもしろい試みをしているようです。

04 Limited Sazabys、明日発売ニューシングルは“缶”

普段音楽に親しまれない方はどういうことだと思われるかもしれませんが、今CDが売れないので、いろんな特典がついてますよね。今回はそれを逆にして、缶を買うと特典でCDやDVDがついてきてるようです。おもしろい。フロントマンがいい感じのアイデアマンで、いろいろ意図があるらしいのですが、意欲的な取り組みですよね。

さて、最近調子いいねといわれはじめたところで、今日も西武にこなごなにされている種いも球団オリック。大事なところではあるので、少しでもお客さんにはきてほしいところです。ということでこういうチケットの売り方もあるよと。じゃあいったい何に付属してチケットを売ればいいのでしょうか。あくまでチケットは特典で、ものがメインです。富井と考えてみました。

富井:でも内野自由とかだったら、ふつうにある売り方だよな?
松:ですね。むしろおもしろい売り方に向いてると思います。なんか考えましょう。
富井:よしよし。考え方として、結構いいものにプラスチケットっていうのと、どうでもいいものにチケットがついてる、というのの2通りありそうだな。
松:なるほど。でもいいものといっても、「ハイブランドのバッグにオリックの内野自由席」とかだったら、どの層を狙ってるのかわからなくないですか?
富井:確かにわからんけど、だからといってどこかのチームみたいに、「新聞とってくれたらタダ券やるよ」とかいうのは違うと思うんだよ。おもしろさがない。
松:それを買っておもしろいなと思う上にチケットがついてると。後者の方はフォーリミに近いものですよね。
富井:どうでもいいわけじゃないけど、だいたいは「ちょうどよかった!まじで缶ほしかった!」っていう人はいないよな。
松:缶ぽっくりを作る人くらいですね。
富井:そういう意味でどうしても必要なわけじゃないけど、こんなのにオリックのチケットついてるのおもろいやん!みたいなニュアンスだよ。
松:そういうおもしろさを追求していきたいですね。
富井:よし!じゃあまず前者、何かそれなりに使えるものにチケットがついてるやつだ。普通ならぽんたセットみたいになるかな?
松:あのぬいぐるみを買うと指定日の内野自由席チケットがついてると。確かに悪くないですね。
富井:ほかにもお高い応援グッズ(ぽんたのぬいぐるみはもはや応援グッズ)を新しくはやらせるときにも使いたいな。
松:ヨシダのダンベルはおおはやりしてますけど、ほかに応援グッズがないからしょうがないですよね。
富井:たとえばシュンタが速く走るように、走馬燈のグッズを作ったとするだろ?
松:なんだか死にそうですけどだいじょうぶですか?
富井:もともと遊び道具だったらしいから。でそのシュンタ走馬燈、走馬燈のように流れるシュンタを応援グッズとして売り出して、そこにチケットをつけたら?
松:限りなく後者のどうでもいいものに近づいている気がしますけど、まあレアな応援グッズとみればいいかもしれないですね。
富井:じゃあ次、今度はほんとに後者のどうでもいいものにチケットをつけるというのを考えてみようぜ。
松:副部長、気づいてますか?ハードルが上がってますよ。シュンタ走馬燈よりもどうでもいいものを考えないといけないんですよね?
富井:あー!!しまったー!!孔明の罠だー!!
松:なんでなんでも考えられる例に、シュンタ走馬燈をあげてしまったんですか!?
富井:そうだよなー。マスイさんの受験お守りとか、イトーヒカルの売れ残ったグッズとかでもよかったんだよな。
松:前者はもっとどうでもいいし(効き目なさそう)、後者は意外に売れるかもしれませんよ。例の上げ方がエッジイすぎます!
富井:なんだろう、例としていいのは。フォーリミが缶だから、オレたちも缶詰とかにしようか?
松:基準に戻ってみればいいんですよね。缶詰…いてまえドッグの圧縮缶詰とか?
富井:あ!二軍の空気を感じてほしい的に、舞州の空気を缶詰にしたらどうかな?
松:あーどうでもいい商品ですねー。いいですねー。それを内野自由の値段で売って、特典として内野自由がついてくると。
富井:もう貨幣や交換の意味を考えさせられるな!
松:そういう常識に対するゆらぎみたいなのを起こしたいですよね。
富井:凶世羅ドームの土とかはどうかな?
松:意外に土は売れそうですよ。園芸とかやってる人に。甲子園の土もいい土らしいですからね。
富井:ぱっと思いついたけど、これはヒットの可能性ありということだな。あとはなんだろうな。
松:種いも球団だからじゃがいも1kgとかいいかなと思ったんですけど…。
富井:なんだ?
松:何を思いついても、シュンタ走馬燈よりは実用性がありそうだと思ってしまうんですよね…。
富井:もうこうなったら作ってもらうしかないな。シュンタ走馬燈。
松:シュンタさんが塁に出たら、みんながからからとまわす音がするんですね。一気にお盆やお彼岸気分ですね…。

結果的にどっちの方針をとっても、シュンタ走馬燈という、もっとも実用性がなさそうな応援グッズにチケットをつけるという結論に至りました。オリック企画部のみなさん、ご検討下さい。からからからからからからからから(まわす音)

新社会人マナー講座:もしパンの中に調整中のハラカントクの鼻が入っていたら?

かぜひきそうなマイク松ですこんにちは。銭湯いってきましたが、今回は跳ね返せるか微妙です。がんばれ僕。

さて、昨日うっかり書いてしまった、ハラカントク、畠を二軍再調整という記事をうっかり鼻を二軍再調整と読んでしまった話ですが、リードを書いた時点で、これこの話だけで書けばよかったと思っていました。せっかくなのでもう少し広げてみようと思います。

新社会人のみなさん、社会人デビューおめでとうございます!まだ希望に満ちた生活を送っているかもしれませんが、社会にはいろんな落とし穴があるものです。せっかくの社会人生活がふとした落とし穴で暗転するのはいやですよね。そんなときは企業名が「スタート失敗」であるフォルス・スタート商会におまかせ!ロールプレイで落とし穴に落ちないように勉強しましょう!

問題:あなたがランチでホットドッグのようなものをたべようとしたところで、誰かの鼻が入っていました。あなたはなぜかその鼻が、ハラカントクのものであるとわかってしまいました。すでに食べる気はだいぶなくなっていますが、どうしたらいいでしょうか?

なるほどこれは社会の落とし穴っぽい。なぜハラカントクの鼻が?と思いますよね。ゴーゴリ「鼻」の物語が下敷きになっています。これは対応を誤らないようにしたいところです。まず下記のような回答をする人はいませんか?

1. 店員さんを呼んでなんとかしてもらう

まあ普通はこうすると思いますが、他の人はともかく、あなたはなぜかハラカントクのものであるとわかっているわけです。それなのにみすみす処理を店員に任せてしまうと、あらぬとばっちりを受ける可能性があります。慎重に考えないと悪いこぶじいさんのように、調整中の鼻を押しつけられて、逆に自分の鼻をとられてしまうかもしれませんよ。

2. どこかに捨てる

ゴーゴリにおける主人公は悩んだあげくどこかに捨てようとします。まあ無難な選択肢ですが、ハラカントクの鼻は調整中ということは、すでに鼻単独で何かできる可能性があります。自爆でもされては大変ですよね。あるいは鬼太郎の手のように家についてきたりするかも。勘弁してほしいです。

3. 食べる

パンに挟んであるんですから、食べたらいいじゃないのと思うかもしれません。でもあぶない!すでに調整してあるハラカントクの鼻。食べたら歯の方が砕けた、くらいならまだましで、最終的にハラカントクになってしまう可能性もあります。もう大人なんですから、なんでも口に入れるのはやめましょう。

4. 上司に相談する

報告・連絡・相談が基本だという人もいるかもしれませんが、そこが社会の落とし穴なんですよね。相手はハラカントク。オマエを守ってやるという上司の行動はあまり期待できません。むしろ「オレは知らないからな!オマエがなんとかしろ!」などと組織の暗部をみせられることの方が可能性大。ましてハラカントクから1億円払えとか言われたらどうしたらいいのでしょうか。

このように常識的な対応がかえって社会の落とし穴に転落する事態を招いてしまうこともあるかもしれません。じゃあどうすればいいのか。大事なことはまず相手の話をじっくり聞くことです。そこにヒントがあるはず。最新のハラカントクのコメントを読み解いてみましょう。

「ハラカントクは鼻について『鼻くそが出ているね。『真っすぐいきますよー』っていって放ってたら、150キロでもそうそう抑えられない。それをやっぱり、きちっと試合前にわれわれが伝えられていない』」

なるほど。調整中の理由は鼻から鼻くそがでているということなんですね。ハラカントクもカントクなんですからいつも鼻くそが出ているのはよくないです。あまつさえカントクの鼻は鼻くそを150km/hで飛ばしてくるそうです。まずいですね。当たったらけがの可能性もあるし、コントロールもきかない。そして調整に出すのにあたっても、その状況を調整担当部署に伝えられていないそうです。

わかりやすくまとめると、ハラカントクは故障して鼻くそをすごい勢いで飛ばす自分の鼻を調整に出したのにその故障状況を伝えていない、ということになりますね。そして続けて、

「きのうも何とか勢いを止めてくれというところで、なかなか止められない。これだけヒットも点数も(多い)という部分は、普通じゃないわけだから。これは異常なんだからね。その部分を次は普通にしないといけない」

とおっしゃっています。故障であるということは認めて、なかなか自分でも鼻くその勢いも出てくる個数も多いのも止められない、これは異常だとおっしゃっています。故障を直すことが大事だということですね。ほら、話を聞けば対処もできます。そしてハラカントクはその鼻にどのようにすればいいのか、というところさえも、実はおっしゃっているのです。

「私たちの責任でもあるし、本人(鼻)もそこは自覚しないと。私も含めて担当コーチというものが“焼きごて”を入れるぐらいのね、反省をしないといけない」

どうも焼きごてを鼻に当てればいいらしいです。それで解決するのかなとは思うのですが、壊れてしまってもスペアで補うのかもしれないし、熱を加えることで故障箇所が直るかもしれませんからね。

  • ゴーゴリ
  • 調整中
  • 四次元
  • 1億円

いろいろ焼きごてのデザインは考えられますね。

ということでこの場合の正解は、

5. 頑丈に梱包した上で焼きごてを当てる

まず鼻くそが150km/hで飛び出して周りの人を傷つけないように、頑丈な箱に入れます。鉄製の箱がいいでしょう。その上で焼きごてを当てるわけですが、焼きごて係の人は鼻くそを当てられないように、フェイスガードや防護服を身につけましょう。その上でわかりやすいところにメッセージをこめた焼きごてを当てることで、反省を促しておきましょう。その上でハラカントクに連絡をとるといいでしょう。色紙の妖精から色紙がもらえるかもしれませんよ。

いかがでしたか?社会の落とし穴はあなたのミスを狙っています。新社会人のみなさん、少しずつ社会になれつつ、このようなロールプレイで華麗に落とし穴を回避しましょうね。フォルス・スタートはフットボールでもうっかりミスですよ!

新しい元号は「永世」です

今日は天気予報では絶賛いい天気だったのに、スコールが降ったりものすごい風が強かったりしました。風の中歩いてすごい疲れたマイク松ですこんにちは。こんなに予報はずれることってあるんや。うそみたい。4/1やから予報もうそやったん?

さて、今日は新元号が発表されました。令和です。令和生まれとかいわれるようになるんですかね。

しかし平成と違うのは、発表までにだいぶ間があったため、新元号が何かというのを予想するという企画が多くありました。それはいいことですよね。みなさんの予想当たりましたか?当てた人はすごいなと思うのですが、大事なのは予想することです。

われわれですか?もちろん予想しました。万葉集読んで。うそですが。今日は4/1ということで、予想した新しい元号をここで発表したいと思います。

(1)新しい元号は、「永世」です。

 今までなぜなかったのか不思議なくらい。今までが平成じゃなければ絶対永世でしたよ。この世界が永く続きますようにという願いをこめた、大本命元号です。永世元年。永世生まれ。永世大関。由来は神の摂理です。文学じゃなくて摂理。

(2)新しい元号は、「光喜」です。

 これもめでたすぎる。光り輝く時代で喜びに満ちた人生を送ろう。すごいわ。あてはまりすぎてちょっとかっこよすぎるくらいだ。由来は永世大関コトミツキですが、むしろかぶせてくるあたりがいいんじゃないでしょうか。光喜元年。光喜生まれ。光喜兄さん。

(3)新しい元号は、「真鯛」です。

 むしろめでたい要素ど真ん中。ちょっとこれはという人もいるかもしれませんが、閉塞感漂う日本にはむしろちょうどいいんじゃないでしょうか。めで鯛の気持ちで明るくいこうよと。由来は永世大関が釣り大好きというものですが、むしろ真鯛を広げることが大事です。真鯛元年。真鯛生まれ。

(4)新しい元号は、「羽生」です。

 これはめでたいを超えて、日本に漂う邪気を祓い、清浄な国に導くシンボルとしての元号です。元号なんで使うの?という疑問に一発回答。そりゃめでたいでしょう。羽生元年。羽生生まれ。

(5)新しい元号は、「種芋」です。

 おっとなんだか正直にめでたい感じがあまりしないのが出ましたよ。もちろん由来は種いも球団オリックですが、元号にしたらオリック分とかも薄まってしまうでしょう。そこから畑から芽が出るいものように、われわれも太陽に向かって成長していこうという気持ちが込められています。種芋元年。種芋生まれ。

(6)新しい元号は、「わくわく」です。

 スポーツ関係なく考えてみました。わくわく元年。わくわく生まれ。すごい頭が悪そうだ。海外には「WAKU WAKU」と通知されます。もちろん「WAKU WAKU させて」リバイバル大ヒット。東京オリンピックとかでも日本全体で歌います。かっこいい。

ここまで考えて富井にいってみたら、アルファベット1文字だとM、T、S、Hは使えないから、オマエの案で使えるのは永世(E)とわくわく(W)だけだといわれました。確かに…。あ!逆転の発想で、永世はProvidenceのPを使ってみるのはどうでしょうか。さすがにPは通常の元号では使わないから。チャンス拡大ィ!

4/1なのでフォローもせずに終わります。

False Start ディスコグラフィー 2018

Mike:ハーイ!ハッピーニューイヤー!オレたちは替え歌ユニット「勇み足」さ!僕は替え歌担当のMike!
Tommy:おやつ担当のTommyだよ!
Mike:ニューイヤーの駅伝みたけど、増田さんっていう人は聞き込みで何でも知ってるんだね!ジャパンの刑事みたいだよ!
Tommy:みんな心を開きすぎだよね!
Mike:ジャパンのドラマにはああいう刑事がいるってきいたんだけど。いろんな人がいろいろ細かい情報を話してくれるんだよね?便利!
Tommy:隣の家のパーマのおばちゃんにもじっくり話を聞いているんだろうね!
Mike:それはともかく、毎年恒例のディスコグラフィーだね。僕らの1年間の成果をアルバムにする日なのさ。今年はこちら!

False Start ディスコグラフィー
アルバム#14 “Unnecessary Roughness”


Mike:今年は16曲!わりとがんばってるね!Tommyも2曲作ってるから、充実したアルバムになったよ。
Tommy:土俵も充実して欲しいよね!
Mike:今年のタイトルは、フットボールではだいたい毎試合あるような反則が由来になってるんだけど、だいたいプレー外でけんかしたりするのでとられるんだよね。本場でもどん引きのタックルはやめてほしいね!
Tommy:タックルはやめてワッフルで心を満たして欲しいね!
Mike:年々忙しくなってくるけど、昨年は結構作れたから、これからもうまく時間みつけていきたいね!なにしろ今年のニューイヤーはアジアブランチ、普通にヘルシーだからね!
Tommy:アジアブランチはタイ料理のランチじゃないよ!
Mike:あとはハウスのキーを落とさなければピースフルに過ごせるでしょ!気をつけないとね!ワッチャウト!
Tommy:ハウスと言えばジャワカレーだからね!
Mike:あとは僕らがもう1回登場できるようにがんばるだけだね!シーユー!チャオ!
Tommy:ごちそうさまでしたー!

False Start お年玉大喜利 2019

新年あけましておめでとうございます。2019年もFalse Startをよろしくお願いいたします。2019年がこのサイトをごらんのみなさまにとって、またスポーツ界にとって、よい1年になりますように。

新年第1回の記事は、毎年恒例の「False Start お年玉大喜利」です。たくさんのご参加、お願いいたします。

***

富井:あけましておめでとうございます。
松:あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
富井:今年は帰省は1月中旬くらいにして、極東事務所で年越ししたな。今年の紅白なかなかおもしろかったな。
松:前半もまずまずでしたけど、後半の充実ぶりがよかったですね。わりかし質の高い出演者を前半の出演者がにぎやかすというフォーマットを継承してほしいです。
富井:なんだよあの石川さゆりの充実度は。あの流れで若手に勝ってるってすごいわ。
松:横綱相撲でしたね。Superflyからの充実した終盤戦の中でもしっかり締めてくれました。サザンがいい意味ではらはらできたのも、それがあればこそでした。

富井:毎年決めてる今年の目標なんだけど。
松:家の鍵を落とさないですね。決まりです。すでに決定してます。
富井:それオマエの問題じゃね?
松:極東事務所の鍵もついてたんですから。ほんとにつらかったんですよ。副部長も鍵を落とさないとは限りませんよ?
富井:オレはバッグに入れてるからいいんだよ。オマエはコートのポケットの脆弱性が問題なんだろ?
松:まさにセキュリティホールですよね。だから初売りでポケットの堅牢なコートを買いたいです。お年玉ください。
富井:オマエいくつだっつの!
松:ところで毎年きいてるんですが、首領はお元気ですか?(註:フォルス・スタート商会の本社は世界のどこかにあるらしいが、首領から壁のランプ越しに時々指示がくる、アバウトとかこちらの記事参照)
富井:ああ首領は今、VRで無防備な選手にタックルしたり、意図的にバッターにデッドボールを当てたりするゲームを開発してるよ。
松:だめじゃないですか!というかアワードいっしょに書いたの覚えてないんですか?絶対悪影響ありますよ!
富井:ゲーム懐疑論者はみんなそう思うんだよ。でもこういうのにワクチン効果があることも見逃さないでほしいな。横で「できなかったじゃすまされないぞ」とかいわれるから、いざ現実に不正を働けといわれても自分で考えられる。
松:なんか妙にリアル!
富井:あとメディアの謝罪会見に対応するシナリオもついてるから。横の進行役が勝手にキレたりするけど、がんばって対応することで忍耐もつく。現代のビジネススキルを学べるなんて、ニーズあるゥ!
松:あるんだろうかそんなニーズ…。

***

傲慢なリジチョーを説得するシナリオとかあるのかも気になりますが、とりあえずFalse Start お年玉大喜利、お送りしたいと思います。全部お答えいただいても、選んでおこたえいただいても結構です。

<共通編>と各スポーツ編に分かれていますが、どれでもお好きなものをお好きなだけとりあげていただければ結構です。特に各スポーツ編は結構ネタっぽいので、全部答える必要もありませんし。サイトをお持ちの方はご自身のサイトでお答えの上、こちらにその旨コメントかTBしてください。お持ちでない方はコメント欄でお答えいただければと思います。われわれの答えを下に書いておきますので、見ずに答えたいという方はその方向で。たくさんのお年玉、お待ちしてます!

<共通編>
・2019年飛躍を期待している人はだれですか?
・2019年ネタを提供してくれそうな人はだれですか?
・2018年一番エキサイトしたスポーツシーンを教えてください。
・2018年一番がっかりしたスポーツシーンを教えてください。
・2018年、選手の話で一番心に残った言葉は何ですか?
・書き初めを贈りましょう。誰になんて書きますか?
・2019年楽しみな対戦・対決・マッチアップは何ですか?
・10文字作文。テーマは「半端ないって」。

<NFL編>
・ずばり、今年2月のスーパーボウルを制覇するチームはどこですか?
・自分が好きなチームに欲しい選手は誰ですか?
・CLEは今年なかなかいい活躍。メイフィールドが救世主といわれていますが、実は勝利のためにこんなことをしていました。さて何をしていた?
・CLEがチャリティのために、大挙して日本にきてくれることになりました。何やってもらいましょうか?

<フィギュアスケート編>
・ずばり、今年の世界選手権金メダルは誰ですか?
・フィギュアスケート選手でゲーム「銀盤男子」を作ることになりました。どんな選手のどんな設定をつけましょうか?
・フィギュアスケート選手で「U.S.A.」をやることになりました。アルファベット3文字で何か表現するとして、何にしましょうか?
・熟女トゥクタミシェワが日本でCMに出てくれることになりました。何のCMに出てもらいましょう?

<大相撲編>
・2019年、期待している力士は誰ですか。
・次の大関は誰になるでしょうか。先着順です。思いつかないはなし!
・どうしたらキセさんを元気で丈夫な横綱にできるでしょうか。摂理を打ち破る以外のアイディアを教えてください。
・力士は浴衣が粋だといわれているらしいです。力士と浴衣で何かおもしろい企画を考えてください。

<野球編>
・2019年、活躍を期待している選手は誰ですか。
・オータニは今年は打者専念なのですが、せっかく1刀余ってるので、もう1つ考えて二刀流にしましょう。何をやってもらいましょうか?
・球辞苑でとりあげてほしいテーマを考えてみましょう。
ダニエル・クレイグの007、次の舞台は日本プロ野球なんだそうです。ボンドは何をしにきたのでしょうか?
・ニシムラカントク、秋季キャンプをみて「オレが鬼にならんとな…」さて、何をみた?
・ばふぁろーずぽんた、「FA」はふぁんとあゆむとかいうシャバイ意味だったそうですが、本当は別の意味だったそうです。さてどんな意味?

***

たくさんのお年玉、お待ちしています!いちおうわれわれのネタ、いや回答はこの下にあります。

False Start お年玉大喜利 2019 富井と松解答編