Archive for the ‘NFL’ Category.

タネヒルさんが長期契約ゲット!でも他もいろいろ動いてる

オリンピック延期。しょうがないですよね。延期するのも大変だと思いますが、1年またオリンピックをたのしみにしましょう。マイク松ですこんにちは。

さて、ブレイディさんがTBに移籍というビッグニュースがあったNFLですが、他にもたくさん動きがありました。まずこの人をとりあげさせてくださいませ。

QBタネヒルとタイタンズが4年の契約延長に同意

記事のリード文に「晴れてライアン・タネヒルはナッシュビルで家を購入することが可能になった」とあるのがまた泣かせますよね、いるかファンにとっては。いるかからTENにいったタネヒルさんはなぜかプレーオフ出場の原動力となり、プレーオフでもいい活躍みせました。そのかいあって、TENと4年契約だそうです。おめでとうございます。これからもがんばってくださいね。いるかはどうなるかわかりませんが。

この契約が成立したので、TENは今回の最重要課題、デリック・ヘンリーにフランチャイズタグを貼ることができました。ヘンリーはどうせいい契約そのうちあるから。ちょっとまってて。なおはじき出される形になったマリオタはOAKに移籍するそうで、いるかにくることはなかったようです。

同じくタグといえば、DALはプレスコットを独占的フランチャイズタグに指定だそうです。いいんじゃないですかね。

契約といえばブリーズさんがNOと2年53億円で契約延長。よかったですねセインツ。まだまだブリーズさんはやれる。でもブレイディさんが同じ地区にきてしまいましたね…。テイサム・ヒルはどうなったんだろう。MINがQBカズンズと2年70億円で契約延長だそうですね。カーク船長もがんばったし、いいと思います。LACを出たヤジくんは1年27億円でINDと契約しました。ラックの穴埋めですが、まだヤジくんも意気軒昂ですからね。INDで一花咲かせよう。

なにげにビッグニュースなのが、CARがキャム・ニュートンにトレード許可を出しました。最近けががちだったニュートンですが、代わりはNOからブリッジウォーターを連れてきたのです。ブリーズさんがけがしていた間にしっかり代役を務めて、もうけがは完治したことをアピールできましたよね。ということでニュートンは事実上お払い箱になりました。なんか東の方のあったかいところにQB足りないところがあるらしいですよ…?

フォールズがトレードでJAXからCHIへもビッグニュースですよね。CHIはトゥルビスキーでいくんじゃないのかと思ったのですが、どうも昨シーズンはあまりよくなかったみたいで。フォールズでもトゥルビスキーでもどっちでもいける上に、競争させていい感じになるし、もしフォールズが先発になったらますますCHI強くなりますよね。そういうQB陣いいな。JAXはミンシューがものになるということで、フォールズをバックアップでもっとくよりはということのよう。トゥルビスキーはバックアップなんですかね。なんてもったいないことするんだ。

あとはDENがフラッコをリリースくらいですかね。フラッコも東の方にQB足りないところがあるらしいとお伝えしたい。なんかみんないいなー。フランチャイズQBって大事ですよね。

うわー!!ブレイディさんがTBに移籍!

富井がつくったお弁当をもって自転車のってきたマイク松ですこんにちは。急に上司にお弁当ブームがきたので作ってもらったのですが、これは助かります。僕がお弁当をつくると、暖色系と白以外の色がないようなお弁当になります。お弁当はそれでいいのです。

さて、びっくりニュースが飛び込んできました。すごいニュース!というかNFLのオフシーズンはちゃんとみておかないととチェックしていたのですが、なんとなく見逃していた1週間弱の間にすごいニュース多すぎません?なんか悔しい!すごい悔しい!

ブレイディがバッカニアーズと正式契約

NEの不動のQBだったブレイディさん。来シーズン契約するかどうかという問題がありつつも、どうせ残るんだろと思っていたのですが、17日にNEに戻らないことを表明したんだそうです。サラリーの問題かもしれませんが、いやー超意外でした。NFLってよくできたシステムなんですね。

そしてブレイディさん獲得にLACとTBが関心を示していたらしいのですが、先日TBと原則合意、そして今回正式契約に至ったそうです。

いやーTBとは意外でした。TBはウィンストンがいるし、それよりもLACとかいるかとか、あといるかとかが必要でしょう。どのあたりが気に入ったのかわかりませんが、NFCでやってみたかったのかな。もちろんブレイディさんが加入することでFAのウィンストンは移籍することになるでしょう。NEはいらないみたいですし、今のロースターでいけるといってるみたいですが。

TBはオフェンスのスキルポジションに結構いい人材がそろっていて、ブレイディさんが加わればいいオフェンスができるそう。というかTBってオフェンス3位やったんや。全然そんなイメージなかったのに。

何より今回の移籍がすばらしいのは、TBならわれわれのサポートチームに何の影響もないということです。NFC南地区はそりゃNOに活躍してほしいですが、正直どこが勝ってもだいじょうぶです。AFC西とか北とか東とか(いるか以外)、NFC北とかだと困ったのですが、NFC南ならいくら活躍してもだいじょうぶ。心からブレイディさんを応援します!

そうなのです!この10年以上、いるかはブレイディさんに煮え湯を飲まされてきたのです。まだ煮え湯を飲まされる方がましな事態に置かれてきたわけなんですが(たまにはちょっと暑くておいしいスープくらいは飲ませてたけどね☆)、もうだいじょうぶです。呂布さえいなけりゃオマエたちなんて怖くねえ的な感じで、ちょっと粉々にしちゃおうかなと手ぐすね引いて待っています。だいじょうぶ、BUFもNYJも同じような怨念をもってるはずですからね!来シーズンはNE最下位や!

ということでブレイディさんがんばってください。クラフトオーナーもベリチックHCもこれまでの貢献に感謝してますし、クラフトオーナーは絶対最後はNEで引退させたるといってるみたいですので、安心して7つめのチャンピオンリングをとりにいってください!

第54回スーパーボウル KC vs. SF

おはようございます!マイク松ですこんにちは。がんばって起きました。

今日はスーパーボウル!どっちが勝ってもうれしいですが、KC勝てるんですかね!

第54回スーパーボウル、KC vs. SF。実況は厚井さん、解説は大橋さん、リポーターは生沢さん。

今日に向けてのレジェンドの紹介やスペシャルムービーが豪華すぎる。オールタイムプロの紹介でベリチックが出てきたときはおもしろかったです。ここはマイアミやから。ブレイディさんもさすがにレジェンドの中では若造ですからね。

KCオフェンス。最初はウィリアムズのランから入りました。しかしパスインコンプリートで3&OUT。むしろ吉兆!パントはPRがファンブルしましたが自分でリカバー。

SFオフェンス。キトルのキャッチに加えてサミュエルのエンドアラウンドで前進。コールマンも元気になりましたね。スペシャルプレーも入れてどうしてもスコアしたいという意気込みを感じます。なんとかレッドゾーン前で止めました。ゴールドがしっかりFGを決めて、SF先制。

KCオフェンス。ランとパスで1stダウンを更新。ケルシーさんへのパスも通り始めた。リズム出てきました。エンドゾーン前ではよく守られ、マホームズのスクランブルで1stダウンを狙いましたが、4th&1。ギャンブルは成功!1ydをマホームズのランでTDとりました!KC逆転!

SFオフェンス。サンダース先輩へのパスで前進。しかしジョーンズがヒットして、ブリーランドがINT!これは大きい!投げ捨てが届きませんでしたね。

KCオフェンスはいいポジションから。ワトキンスに通して1stダウン。フォルススタートとオフサイドの応酬のあと、4th&1をしっかりランでギャンブル成功。もう全部ギャンブルしていこう。エンドゾーン前は守ってFGになりました。バトカーがしっかり決めて3点追加。

SFオフェンス。サミュエルのエンドアラウンド効いてます。そしてモズタートのランが出始めた。コールマンのランも出てます。そしてユーズチェックのキャッチからTD!ユーズチェックのパスキャッチは想定してませんでした。これで同点!

KCオフェンス。ランパス混ぜて前進。このまま前半終わりそうですね。なんとかスコアして終わりたい。しかししっかり守られてパント。時間も使えませんでした。

SFオフェンスは時間流して終わり。かと思ったらKCがタイムアウトとるんか。しかし1stダウン更新されて、今度はSFがタイムアウト。やばい。しかし次のキトルのキャッチはパスインターフェアをとられました。ソレンセン(なぜかFS)のディフェンスが効いた。このまま流して前半終了。10-10ですか。

ハーフタイムショーはジェニファー・ロペスさんシャキーラさん。ダンサーのクオリティがすごい。気合いを感じました。

後半、SFオフェンス。サンダース先輩にパスをヒットさせます。正面のランを出さないですね。うまくディフェンスの裏をかいている。しかし真ん中くらいで止めました。42ydsFGを成功。

KCオフェンス。マホームズがロールアウトからワトキンスへパス成功。じっくりいこう。ランパスのバランスがよくなってきたなと思ったらボサのファンブルフォースがあって大きくロス。そしてマホームズのパスをワーナーがINT!ぎゃー!!なんかいやな予感がしたんですよねー。

SFオフェンスは中央から。サミュエルにパスを通しました。サミュエルよく働きますねー。そしてピンチに今まで投げてなかったボーンに通しました。ユーズチェックのキャッチのあと、モズタートのランでTD!突き放しましたー。

KCオフェンス。元気出していこうぜ。ケルシーさんへのパスで前進。そうこうしているうちに3Q終わりました。サックされますがマホームズのランで挽回。しかし次のパスをヒルがはじいて、ムーアがINT!ぎゃー…。これは痛すぎるー。レッドゾーン前まで進んでたのに。パスが逆リードになってました。

SFオフェンス。ランかなと思ったらキトルへのパス。なんとかKCもよく守ってパントに止めました。でもよく時間も使った。

KCオフェンス。強烈なパスラッシュでなかなか時間がかかります。ヒルへのパスが決まったと思いましたが、チャレンジで覆りました。3rd&15でマホームズがヒルにロングパス成功!さすがです!ケルシーさんへのパスでインターフェアがあって1ydから。ケルシーさんへのパスでTD!3点差に迫りました!起死回生のロングパスが決まった。

SFオフェンス。時間を使いたいところでしたが、3&OUTでパント。ここはディフェンスがんばりました。いいぞスパグニョーロ!

KCオフェンス。マホームズがラッシュをかわしてケルシーさんへのパスを決めます。ジョン・リンチがサイドラインに降りてきてる。そしてワトキンスにパスをとおしてレッドゾーンへ!マホームズのランで進んで、ウィリアムズへのパスでTD!KC逆転!これがアホアホオフェンスやー!

SFオフェンスはあと2:39。KCファンがすごい元気になってきてる。大橋さんはランプレーを切りすぎないようにすることが大事と何度もいってる。不吉だ。オフェンスもよく進んでますが、ディフェンスもよく守ってる。4thダウンギャンブルでガロッポロをサックしました!よっしゃー!

KCオフェンスは時間を使います。SFはタイムアウトで時計を止めます。そしたらウィリアムズが一気に抜けてTDをとりました!これは望外!これは僥倖!ウィリアムズやってくれましたね!アホアホパワーすごい!

SFオフェンス。ガロッポロのロングパスをフラーがINTしました!ここでやってくれますか!

KCオフェンスはニーダウンにいきますが、シャナハンは勝負をあきらめずタイムアウトで時計を止めます。最後は5秒残して、マホームズが大きなロングパスで時間を使って試合終了!SF 20-31 KC。KCがスーパーボウルを制しました!アホアホチャンプや!アンディ・リードおめでとうー!ケルシーさんありがとう!

KCはマホームズが26/42,286yds,2TD,2INT。普段あまり出ないINTが出て苦労はしましたが、2TDパスに加えて9att,29yds,1TDランも。見事にチームを優勝に導きました。ランはウィリアムズが17att,104yds,1TD。1人で100yds走りましたし、パスキャッチでも4rec,29yds,1TD。これでなかなか名前を覚えない富井にも名前を覚えてもらえますよ。レシーブはヒルが9rec,105yds、ケルシーさんは6rec,43yds,1TD。ワトキンスも5rec,98yds。いい活躍してました。ディフェンスはランもパスもやられましたが、ほんとに大事なところでよく止めてました。2INTしてるし上出来。

SFはガロッポロが20/31,219yds,1TD,2INT。カンファレンス・チャンピオンシップでは8回しか投げませんでしたが、しっかり投げたらこんなもんですよね。よくがんばりました。ランは全員で141ydsも走ってるし、サミュエルはパスでも5rec,39yds。レシーバーはたくさんの人がキャッチしてました。ディフェンスは4sck,2INTとしっかりプレッシャーをかけてマホームズを苦しめました。きつかった。

ついにKCがスーパーボウルを50年ぶりに勝ち取りました。富井も喜んでいます。

思えばわれわれがKCを好きになったのは、ディック・ヴァーミール率いる第1次アホアホオフェンスのときでした。トレント・グリーン、プリースト・ホームズ、ダンテ・ホール、ジョニー・モートンなどなどが死ぬほど点を取るオフェンス。今のヤードをたくさん稼ぐオフェンスの走りでしたし、今のKCの第2次アホアホオフェンスのもとになっています。第1次と第2次のアホアホオフェンスの違いは、第1次はむちゃくちゃ点を取るのにそれ以上に点を取られて負けるというものでしたが、第2次はディフェンスも強くて勝てるということでした。

第1次アホアホオフェンスのあとしばらく低迷が続きますが、現在のアンディ・リードをHCに招いて復活。そのために伝説のQB、アレックス・スミスを呼び寄せます。このあたりのくだりを話すと富井が首をひねるのが謎で仕方ないのですが、今に続く強さの基盤はアレックス・スミスが作っているのです。本当です。ジャマール・チャールズとかもがんばってましたが、このあたりからプレーオフには出るもののなかなかスーパーボウルにいけず、しんどい時期が続きました。

そこでですよ、アレックス・スミスを人柱に(死んでない)、マホームズをはじめとするアメイジングウエポンの数々が入ってきて、第2次アホアホオフェンスが始まるのです。そんなにアンディ・リードがアホアホパワーをもっているとは思えないので、スパグニョーロの力もあってなんとディフェンスも強いというチームを作ることができました。そりゃ序盤は点とられますが、アホアホオフェンスがあればすぐ取り返せる。腐海になってもすぐ焼き払える的な自信をつけてスーパーボウルを制したわけです。

ディック・ヴァーミールの変なテンションに導かれKCファンになったという稀有な存在の富井。そんな富井の悲願が叶えられるとは思いませんでした。50年ぶりですからね。おめでとうございます、アンディ・リード。おめでとうございます、富井副部長!

NFL2019 NFCカンファレンス・チャンピオンシップ GB@SF

おはようございますマイク松ですこんにちは。この試合のレビューアップしたらお仕事いってきます!やっぱりみていけるときはいった方がいい。うっかりネットニュースとかで知ってしまうから。

カンファレンス・チャンピオンシップもう1試合はGB@SFです!

NFCカンファレンス・チャンピオンシップ、GB@SF。実況は笠井さん、解説は輿さん。

ディフェンスが強い両チーム、しっかり点とれるでしょうか。

SFオフェンス。ランがよく出ていたのですが、微妙な3rd&1をGBがしっかり止めてパントになりました。落ち着いてやってればとれたかも。

GBオフェンス。こちらもランをしっかり出してきます。しかし3rd&3をばっちりとめてパントに。守りあいになってます。

SFオフェンス。ランとショートパスで前進。サミュエルのランアフターキャッチもよく決まってます。ロスタックルで止めたかと思いましたが、RBモズタートが中央を抜けてそのままTD!SFが先制しました!ほんとにしぶといプレーしますね。

GBオフェンス。アダムスにパスを通して1stダウン。ボサがすごいタックルでRBをタックルしてます。そしてボサがロジャースをサック!パントにしました。PRジェームスがいいリターン。

SFオフェンス。ラフィングザパサーで前進。しかしLBファクレルにサックされました。遠いですが54ydsFGをゴールドがしっかり決めました。遠かったですけどメイクしましたね。

GBオフェンス。いいロスタックルのあとにウィリアムズがロジャースをファンブルフォース!なんとかGBがリカバーしましたが、パントがあまりとばず。

SFオフェンスは相手陣から。モズタートのランが出た。コールマンがひじを痛めてカートで下がってしまった。これは痛いですが、モズタートがオープンをまくってTD!追加点とりましたがコールマン心配。

GBオフェンス。ジョーンズのランがやっと出た。サイドラインのしょんぼりしているGBディフェンスが映されてる。元気だせ。と思ったらエクスチェンジミスでファンブルロスト!これは痛い…。

SFオフェンス。FBユーズチェックのブロックが効いてるんですね。モズタートのランが出てる。あー!ジェリー・ライスおじいちゃんも喜んでる。というかすごい現役感がある。今にもフィールドに入ってきそう。なんかフィールド内で走ってる姿が57歳とは全然思えません。エンドゾーン前で止められましたが、ゴールドがきっちりFG成功。

GBオフェンスは残り2分弱。なんとか前に進んでいきますが、ロジャースのパスをモズリーにINTされました…。一番やったらあかんやつや…。

SFオフェンスは残り1分で相手陣30yds。時間を使っていくランプレーでしたが、モズタートのランでTD!すんごいでかいホールがあいてました。ライスおじいちゃんも大喜び。逆にGBは痛い。

GBオフェンスは45秒。プレッシャーがすごくてノーゲインでパント。前半終了。GB 0-27 SF。

後半、GBオフェンスは工夫したプレーを増やして前進。難しいフリーフリッカーもやりますが、カバレッジがしっかりしてる。ボサが痛んで下がってる間にがんばろうとのこと。クイックスクリーンをよく使ってますね。スクリーン連発で、ジョーンズのTDパスまでもっていきました!やっとTDとれた。

SFオフェンス。ランをばんばん出してきます。ランブロック大会みたい。モズタートと返しのサミュエルのエンドアラウンドが出てます。すばらしいユーズチェックやキトル、そしてオフェンスラインのブロック。そして外をがっつりまわってモズタートがランでTD!オフェンスものりのりです。

GBオフェンス。とりあえずパスで前進。しかしディフェンスがけがをしている間に、ロジャースが50ydsパスをグレアムに通しました!…と思ったら直前でダウンの判定。でもジョーンズのランでTD。そして2ptはうまくいきませんでした。

SFオフェンス。時間を使います。じっくり使ってパント。

GBオフェンス。シャーマンのいるサイドになかなか投げなかったのですが、アダムスにパスを通しました!しっかり走ってスターンバーガーにTDパス!さすがロジャースです。xpは今度はキックで1点。これでGBのプレーオフTD記録でファーヴアニキを抜きました。

SFオフェンス。キトルにパスを通しました!やっとパス投げましたね。キトルもやっとかいという顔。その後はランで時間を使います。GBは早めにタイムアウトをとって時計を止めます。そしてゴールドのFGが決まりました。これは大きい。ゴールド安定してますねー。

GBオフェンス。アームステッドがロジャースをサック!そのあと1stダウンとりますが、ロングパスをシャーマンがINT!これで決まりましたね。ニーダウンで試合終了。GB 20-37 SF。

前半でSFが圧倒した感じですね。モズタートがあれだけランが出てると。時間も早く進むし。後半はGBらしいところをみせたんですが。

とはいえ今シーズンのSFがここまでくるって誰も予想してなかったんじゃないでしょうか。ジョン・リンチGMの才覚なんでしょうか。

スーパーボウルはSF vs. KCになりました。おもしろくなってきやがった!

NFL2019 AFCカンファレンス・チャンピオンシップ TEN@KC

おはようございますマイク松ですこんにちは。今日はカンファレンス・チャンピオンシップを両方みるために午前中はやすみました!ねむいですが早速AFCカンファレンス・チャンピオンシップからみます。たのしみ!

AFCカンファレンス・チャンピオンシップ、TEN@KC。実況は厚井さん、解説は大橋さん。

KCが悲願のスーパーボウル進出か、タネヒルさんのもといるかパゥワー発揮で、マイアミに舞い戻るのか!(そういう構図なのか)

TENオフェンス。ヘンリーのランで攻めます。さすがよく出る。フィールドポジションもよかっただけにレッドゾーンに入りますが、そこからは止めてFGに。今までTENはプレーオフで一度もFG蹴ってなかったらしい。おもしろい。

KCオフェンス。すっきり3&OUT。よくカバーされてます。

ここでようやくタネヒルさん紹介。そうなんですその人がQBなんです。

TENオフェンス。ヘンリーのランはよく出てます。CBバーフィールドがすばらしいプレーでINTしたようにみえましたが、レビューでインコンプリートに。惜しかった。2度オフサイドで相手を応援。浮き足だってるのか。でもレッドゾーン前ではしっかり守りました。ここでTENは4thダウンギャンブルを敢行、これが成功しました。ガッツィーなコールやります。1st&Goalに。そしてヘンリーへのダイレクトスナップでTD!やられました。

KCオフェンス。ヒルへのロングパスで前進。これはいいですね。4th&2でギャンブルにいき、ケルシーさんに通してフレッシュ。最後はジェットモーションからヒルに渡してTD!スピードではさすがに追いつけないですね。でもマホームズにプレッシャーがよくかかってます。

TENオフェンス。ランパスおりまぜて前進。タネヒルさんよくがんばってます。そしてこの時点でオフサイド3つめ。サポートしてますね。そしてもりもり時間を使ってます。そしてランは出るしA.J.ブラウンにパスも通すし。止まらないと思ったらオフェンスのホールディングがありました。助かる。しかし肝心なところでパスインターフェアでサポート。ゴール前にきて、エリジブルにしていたLTケリーにパスを通してTD!盛り上がります。

KCオフェンス。こっちはパスパスであっという間に進んでいきます。そしてヒルに通してTD!全然時間かけずにTDまでもっていきました。

TENオフェンス。たまにはヘンリーも止めないとね。スクリーンにいきますがなんとか止めてパントに。やっとパントになった。

KCオフェンス。あまり時間ない。ケルシーさんに通して1stダウン。てきぱきと投げていきます。でもパスカバーも強い。マホームズのスクランブルで前進。そしてスクランブルからサイドラインを駆け上がって、そのままマホームズがランでTD!これがアホアホオフェンスですねー。エンドゾーンまでいくとは。KC逆転!

このまま前半終了、KC 21-17 TEN。

後半、KCオフェンス。リードHCがチャレンジしてひっくり返し1stダウンとりました。いいチャレンジ。ウィリアムズのランも使うしマホームズのランも使って的を絞らせない。しかしヒルのドロップがあってパントに。

TENオフェンス。微妙なキャッチで1stダウンとったのでチャレンジされないようにぱっと始めたら交代違反もとれました。しかしホールディングがあって罰退。タネヒルさんのスクランブルをソレンセンがいいタックルで止めました。でもヘンリーのランを止め始めてる。

現地はとっても寒いので、タネヒルは手袋をとらず、タブレットを鼻でスクロールしています。何をいってるかわからないかもしれませんが本当なんです。スマートフォンで指でしゅっしゅっってやるでしょ。あれを鼻でやっているのです。寒いから。

KCオフェンス。難しいランプレーをしながら、マホームズのランで1stダウン。マホームズのランがよく出ますが、それだけパスカバレッジはしっかりされてるってことですかね。ヒルのパスが通って、サイドラインのカメラマンをハードリング。もう3Q終わった。最後はウィリアムズのランでTD!よくとれました。

TENオフェンス。デイヴィスへのパスで1stダウン。タネヒルさんも休養十分です。しかしプレッシャーが届いてタネヒルさんがサックされました!パント。

KCオフェンス。ワトキンスへのパスで1stダウン。ランもまぜて進んでます。時間を使うのが大事です。ちょこちょこ進んでると思ったら、ワトキンスへロングパスでTD!60ydsTDパスで追加点です!FSが上がってしまいましたね。

TENオフェンス。ソレンセンがスクリーンを読んでロスタックルし、オールモーストインターセプトも。ソレンセンの活躍でディフェンスも勢いづいています。パント。しかしここでPカーンがフェイクパントでパス!1stダウンとりました。これでまたオフェンスも勢いづきます。サックされてもがんばるタネヒルさん。そしてフィッシャーにTDパスを通しました!これがもといるかパゥワーの本領発揮や!

KCオフェンス。時間を使います。止められたらまずいと思いましたが、パスインターフェアで1stダウンもらいました。TENもタイムアウトが必要だからチャレンジできないんですよね。後ろとられてるし。じっくり時間を使います。パント。

TENオフェンス。2分しかない。KCディフェンスも必死で守ります。4th&6でタネヒルさんをクラークがサックしました!KCはニーダウンして試合終了!KC 35-24 TEN。

KCのアホアホオフェンスがついにAFCを制しました。KCはAFCになってからはじめてのスーパーボウル進出だそうですね。しかしTENも、タネヒルさんもよくがんばった。タネヒルさんをマイアミに連れて行ってやりたかったですが。

しかしラマー・ハント・トロフィーがついにKCに戻ってきました。おめでとうKC!