Archive for the ‘NFL’ Category.

NFL2018 NFCカンファレンスチャンピオンシップ LAR@NO

あなたのSNS投稿が危ない。このクロ現ナイスだったなと思うマイク松ですこんにちは。いちおうFalse StartにもTwitterはありますが、今まで一度たりとも写真入りのツイートをしてないのが自慢です(自慢にならん)。もちろんFacebookもInstagramもやってません。あげる写真がないからです。みなさんもお気をつけて。

NFLはついにカンファレンスチャンピオンシップに。勝った方がスーパーボウル進出です。今日はNFCカンファレンスチャンピオンシップ、LAR@NOです。

・NFCカンファレンスチャンピオンシップ、LAR@NO、実況は別井さん、解説は高野さん
・NOのテイサム・ヒルがなぜかスターターの12人目として紹介されていておもしろかったです
・序盤はNOペース、FGで加点していき、グリフィンへのTDパスも決まってリード、LARはデイヴィスのINTもでて、1Qは無得点
・2Qに入ってLARがFG決めたあとはパントが続きますが、2ミニッツオフェンスのLARがてきぱき攻めて、ついにガーリーのTDランが決まりました、前半はLAR 10-13 NO
・後半になってブリーズさんがふたたびTDパスを決めると(レシーバーはテイサム・ヒル)、ゴフも返しのオフェンスでTDパスを決めて打ち合いになります
・4Qに入ってLARがFGを決めて同点、しかしNOは2ミニッツに入って勝ち越しFGを決めます
・追いつめられたLARですが、てきぱき攻めて残り19秒で同点FGにつなげました、オーバータイムに突入、まじか
・OTはコイントスでNOが勝つのですが、プレッシャーを受けたブリーズさんのパスをジョンソンがINT!ここでビッグプレーが出ました
・LARのオフェンスも止められてしまうのですが、ここでLARは57ydsFGにトライ、見事に決めて試合終了、LAR 26-23 NO

・LARがスーパーボウルですよー、カート・ワーナー以来
・ゴフは25/40,297yds,1TD,1INT、もちろん十分な活躍
・ランは今日はCJがよく抑えられました、16att,44yds、ガーリーも万全じゃないのか4キャリーしかなし
・レシーブはクックやウッズといったところががんばってました
・でも今日光ったのはやっぱりディフェンス、いつも強烈なプレッシャーを与え続けました、2sck,1INT,1FF、あのNOオフェンスをトータル290ydsに抑えました

・NOも全然悪くなかった、ほんと紙一重
・ブリーズさんは26/40,249yds,2TD,1INT、互角以上
・ランはカマラもイングラムも十分封じられました、これが痛かった
・その分レシーブはカマラが11rec,96ydsとすごい、ヒルが1TDレシーブ
・ディフェンスはなんやかんやよくやられましたが失点は最小限
・本当に紙一重でした

NFL2018 NFCディビジョナルプレーオフ PHI@NO

富井と近くの温泉にいってきたマイク松ですこんにちは。最近熱いお風呂と水風呂に交互に入る交互浴がすばらしいと思っているのですが、富井も気に入った様子。あとは極東事務所に近い銭湯とかを探すだけだなと思いました。

今日はNFCディビジョナルプレーオフ、PHI@NO。これでチャンピオンシップに間に合いました。というかこの試合すごい接戦でした。やっと。

・NFCディビジョナルプレーオフ、PHI@NO、実況は笠井さん、解説は高野さん
・NOの調子はどうか、聖☆おじさんことブリーズの調子にかかってます
・ところがいきなり最初のパスをINTされてしまいました、ちょっと短かった
・PHIはフォールズからマシューズにTDパスを通して先制、次もフォールズのスニークでTDとりました、こちらは調子ばっちり
・NOの波の乗れなさがやばくてこのままではNOまずいと思っていました
・ここでNOの秘密兵器QBテイサム・ヒルがパントフェイクで1stダウン、そこからカークウッドにTDパスを通します、ようやく
・このあともオフェンスが停滞するたびにヒルが出てきてなんかやって盛り上げます
・3Qは長い長い長い長いドライブから最後はトーマスにTDパスを通しました、トーマス大活躍、これで逆転
・PHIの強いディフェンスにかなり悩まされなんとかFGを決めますが、まだ1TDで逆転できる点差
・PHIは最後のオフェンス、いい感じで進めていってこれはまずいと思ったら、レシーバーのドロップをラティモアがINT、これで勝負ありでした、PHI 14-20 NO

・この試合が一番どきどきしてぎりぎりの試合でした
・NOはブリーズさんが28/38,301yds,2TD,1INT、途中からしっかり盛り返すあたり聖人
・ランはカマラが16att,71ydsほか、まずまず引っ張りました
・レシーブはなんといってもトーマス、12rec,171yds,1TDの大暴れ、ブリーズさんもトーマスにパスを集めていってました
・ディフェンスはラティモアがほぼ勝負を決めるINTを2つ決めました、昨年はほんとにひどいタックルで勝ちを手放してしまったのですが、地獄から天国ですね
・でも一番勝負に影響したのはテイサム・ヒルでしょう、ランブロックもパスもランもパントカバーもなんでもできる万能選手、あいつがなんでもやるからチームが盛り上がる、富井は「光藤(ファイターズのキャプテンQB、ラン得意)のおかげやな」と感心していた様子、オレの光藤みたいに呼んでいました

・PHIはフォールズが18/31,201yds,1TD,2INT、でもしっかり勝ちにつなげるクォーターバッキングをしていました
・ランはトータル49yds、これがやっぱり効いたですかね、レシーブはジェフリーが5rec,63ydsなど
・ディフェンスは2sck,1INT,1FF、すごいプレッシャーをかけていました
・勝敗はほんとに紙一重でしたね

NFL2018 AFCディビジョナルプレーオフ LAC@NE

卓球の日本選手権みているマイク松ですこんにちは。女子では早田の卓球結構好きなのでがんばってほしいですが、相手が伊藤ですからねー。がんばってほしいです。

NFLもスーパーボウルまであと少し、今日はAFCディビジョナルプレーオフ、LAC@NEです。ヤジくん(リヴァース)の野望はどこまでいけるのか。ブレイディさんの調子次第なんですが。あとフォックスボロの気温次第。

・AFCディビジョナルプレーオフ、LAC@NE、実況は別井さん、解説は宍戸さん
・ヤジくんは氷点下の天気だと勝てないといういやなデータが紹介、もちろんフォックスボロは氷点下です
・NEは徹底的にランとショートパスで攻めます、特にランがよく出る、まずはミシェルのランでTD、ブレイディさんは楽に試合を進めてます
・LACも負けずにヤジくんがアレンに43ydsTDパスを通しました、ここまではよかった
・その後はNEが立て続けにランでTDとっていくのに対し、LACはなかなか前に進めずパント、ぐんぐん差がついていきます
・NEはミシェルで2つ、バークヘッドで1つランでTD、ドーセットにTDパスも投げて圧倒、前半でNE 35-7 LACと大きくリードしました
・後半はNEは無理せず時間を使っていきます、ランで基本攻めて無理せずパントに、もりもり時間を流していきます
・LACはなんとか追いつこうとがんばります、ヤジくんががんばってゴードンのランでTDも時間が過ぎる
・グリーンへのTDパスを通して食い下がりますが、INTくらったりしつつも時間がなくなってしまいました、最後はニーダウンで試合終了、NE 41-28 LAC

・NEはブレイディさんが34/44,343yds,1TDとばっちり、スコアこそランばっかりでしたがしっかり導きました
・ランはミシェルが24att,129yds,3TD、バークヘッドも1TDとランで4TD、しっかりしたランブロックでもりもりランで進んで時間を使いました、デヴェリンもいいブロック
・レシーブはエデルマンが9rec,151yds、ホワイトが15rec,97ydsほかいつものようにみんな活躍、グロンカウスキーは今日はランブロックで貢献してました
・ディフェンスは2sck,1INTほか、後半はLACに攻めさせてカタにはめていました

・LACはヤジくんが25/51, 331yds, 3TD,1INT、悪くないんですがブレイディさんがよすぎました
・ランはトータル19ydsと話にならず、レシーブはいろんな人ががんばってましたが
・ディフェンスは前半やられまくってトータル498yds、ランで155yds、4TDとられました、これでは勝てない
・ヤジくんのプレーオフ終わりました、残念

NFL2018 NFCディビジョナルプレーオフ DAL@LAR

富井とそこそこカフェを探しているマイク松ですこんにちは。もちろんおいしいカフェもいいのですが、気軽にいけて安くてコーヒーはそこそこおいしいところも知っておきたい。そこそこカフェは混んでないからいいです。

NFCディビジョナルプレーオフはDAL@LAR。こっちはそこそこじゃなく間違いなくおもしろいです。

・NFCディビジョナルプレーオフ、DAL@LAR、実況は横井さん、解説は輿さん
・ペイント・マニングとカート・ワーナーが並んでいるショットはぜいたくでした
・次世代スター対決、プレスコット&エリオット vs ゴフ&ガーリー、ガーリーはしっかり休ませて戻ってきました
・最初のLARはいいオフェンスをみせつつもFG止まり、それに対してDALはプレスコットからクーパーへのパスが通ってTD、ピータースの反則が効きました
・LARは徐々にペースをつかんでいって、FGを決めたあとC.J.アンダーソンのTDランで逆転、CJはCARからきていたらしいですがなんで出したんやろ
・DALはパントが続き、LARは負けじとガーリーがTDを決めました、OLがよくがんばってる
・前半は DAL 7-20 LAR
・後半はLARがFGを決めたあと、DALはエリオットのランでTDを決めて反撃、しかし4Q最初に4thダウンギャンブルを止められました
・LARは返しのオフェンスでCJがランで進んで最後はまたTDを決めました、強い
・DALはプレスコットのランTDで追いすがりますが、LARはランで時間をコントロールして試合を決めました、試合終了、DAL 22-30 LAR

・LARはゴフが15/28,186yds、がんがんパスでTDとっていくのではなく、今日はランで圧倒しました
・そのランはCJが23att,123yds,2TD、ガーリーは16att,115yds,1TD、トータル273ydsですよ、ガーリーのひざに負担をかけることなく勝てました、CJをあまくみてはいけない
・レシーブはウッズやクックといった人たちががんばっていました
・ディフェンスは1sckのみもよくプレッシャーをかけていました、

・DALはプレスコットが20/32,266yds,1TD+1ランTD、がんばりました
・しかしエリオットは20att,47yds,1TDとランを止められたのがきつかった、レシーブはギャラップやクーパーが奮闘してました
・ディフェンスは0sck、きっちりオフェンスラインに守られてゴフに安定したクォーターバッキングをさせてしまいました

NFL2018 AFCディビジョナルプレーオフ IND@KC

『FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実』読んだマイク松ですこんにちは。『炎と怒り』に比べると取材もしっかりしてるし何より分量が多いです。全体的にはホワイトハウスはとらんぷさんのせいで仕事が滞っているという内容です。

フォルス・スタート商会極東事務所はここまで丁寧に証拠や取材を集め、丁寧に記述するまでもなく仕事はいつも滞っています。それどころかおかねを生み出す仕事はそもそもありません。LOVE&PEACE!

NFLはAFCディビジョナルプレーオフ。KCは勝利につながる仕事を滞りなくがんばってください。

・AFCディビジョナルプレーオフ、IND@KC、実況は別井さん、解説は生沢さん
・INDはプレーオフで28点差を逆転されて負けた怨敵、今年はしっかりやり返したいところですが、INDは波にのっています
・アローヘッドは雪が降る氷点下の天気、これはKCに有利か
・前半はKCペース、INDはオフサイド連発、どうもカウントにひっかかってるらしく1stダウンとれず
・KCはマホームズのいいパスがでて、ランTD2つでリード
・マホームズのお父さんはピッチャーで横浜で活躍したらしい
・十分リードしても安心できないなと思ったら、パントブロックからリターンTDを決められました
・やっぱりやばい
・2Qの終わりにマホームズがTDランを決めて大きくリード
・INDもFGのチャンスでしたが、ヴィナティエリがまさかのミスで前半はKC 24-7 IND
・後半はINDディフェンスもアジャストしたか、KCのオフェンスがうまく機能しません
・おまけにファンブルロストしたりしてピンチでしたが、逆にファンブルさせて攻撃権を奪い返しました、今日はディフェンス頑張った
・INDはなかなか点が入らず、ようやく終わり際にTDパスをヒルトンに決めるのですが、逆にKCも終了間際にウィリアムズがTDランを決めてだめ押し
・31-17でKCが勝ちました

・今日はとてもいい勝ち方でした、殴り合って勝つというよりしっかり守って勝った、よく準備していましたね
・KCはマホームズが27/41,278yds、TDパスはありませんでしたがランTDを決めて試合をしっかり作っていきました
・ランはダミエン・ウィリアムズが25att,129yds,1TD、ダレル・ウィリアムズとヒルも1TDラン、今日はTDはすべてランでした
・パスはヒルが8rec,72yds、ケルシーさんが7rec,108ydsとしっかり支えましたね
・ディフェンスは3sck,1FF、INDをトータル266ydsに抑えました、ラックのパスをディフレクトすることをよく徹底した感じでしたね

・INDはラックが19/36,203yds,1TD,1FLとよく抑えられました、イージードロップがあったのでほんとは2TDくらい
・ランはなかなかコール自体少なくてトータル87yds、レシーブはいろんな人ががんばってましたがヒルトンをしっかりマークしていました
・ディフェンスは序盤は反則もありましたが4sck,1FFといい活躍、でも序盤にアホアホオフェンスを止めきれませんでした

・KCは次のチャンピオンシップはチーム史上初めてホームで戦えるそうです
・どっちがくるんだろう、いずれにしてもベテランQBがやってきます