Archive for the ‘NFL’ Category.

NFL2018 AFCワイルドカードプレーオフ IND@HOU

カアプにチョーノが。ちゃんと若手を守ろうとしているのがえらいと考えるか、功労者をプロテクトせずヤバイと考えるか。いずれにせよ勇敢に指名したカアプえらいと思うマイク松ですこんにちは。

さて!(強引に)NFLはワイルドカードプレーオフに突入しました。今日はIND@HOUです。同地区の争いになりましたね。

・AFC ワイルドカードプレーオフ、IND@HOU、実況は笠井さん、解説は輿さん
・久方ぶりにプレーオフに出てきた両者、結構強かったレギュラーシーズンの戦いができるかがポイントでした
・結果:INDの圧勝
・なんすかHOU、どうしたんすか

・最初からINDはエブロンへのTDパスが決まります、これはまあしょうがないでしょう
・HOUはまずパント、次はINT、ディフェンスがINTし返したあともパント、ギャンブル失敗とさっぱり点が入りません
・大してINDはTDを2つ、効果的に点をとっていきました、前半は21-0
・後半になってもさっぱりHOUのオフェンスは機能せず、パントパントで日が暮れます
・INDもおつきあいでパントパントになり、4QにようやくTD返したものの、その後はいいところなく試合終了、IND 21-7 HOU
・うそでしょ

・INDはラックが19/32,222yds,2TD,1INT、ランもなかなか効果的
・ランはマックがいい活躍、24att,148yds,1TD、勝利の原動力になりました、レシーブはヒルトンが5rec,85yds、ほかのやつもいい感じ
・ディフェンスも大事なところでしっかり止めて、4thダウンを2つ止めて勝利に貢献、ディフェンスとラン勝ちという渋い勝ち方でした

・HOUはワトソンが29/49,235yds,1TD,1INT+8att,76ydsとがんばりましたがさっぱりオフェンスになりませんでした
・ランが出なかったのがいちばん、レシーブはカウティとやらが11rec,110yds,1TDと気を吐きました
・看板のディフェンスもなんと0sckに終わってしまいました、流れがもってこられなかったです

・これでINDは第1シードのKCとやることになりました
・以前28点差を大逆転されて敗れた相手、リードも今度は負けないと思っているでしょう
・でもIND強いので気をつけてください

予告された敗戦の報告 week17 ビリーブランド@BAL

うっかり2万歩あるいた富井です。冬になると特に動かなくなるのでいいウォーキングになりました。ただ、かつめしとか食べたので全く痩せませんでした。走るしかないのかな・・・。

さて、ついに最終週。ブラウンズは2007年以来の勝ち越しがかかる試合になりましたが、相手もプレーオフがかかっていますから簡単に勝てそうにありません。というか、はっきり言うと負けました。

しかし!!そんなことどうでもいいのです。
2017年0勝16敗。
2016年1勝15敗。
そんなチームですが、新QBメイフィールドがルーキーQBタッチダウン記録を更新して歴代第1になったのです。そんな上り調子のチームに生まれ変わったのです。来シーズンは楽しみしかない。

今年はプレーオフに出られませんが、来シーズンは地区優勝に絡んでくるかもしれないというかすかな希望があります。今日の試合だって審判のミスとFGの失敗のどちらか一方でも起こらなければ勝てた試合だったんです。レブロン・ジェームズはいなくなりましたが、メイフィールドが新たなクリーブランドの希望の星になってくれるでしょう。
あとは・・・いいキッカーを見つけてくるだけです!

2018シーズンの成績、7勝8敗1引き分け。

今シーズンもいるかにご声援いただきありがとうございました

おいしい蕎麦を食べてきたマイク松ですこんにちは。おいしかったですー。高かったけどしょうがない。トンカツ大王のように、僕はおいしい蕎麦を食べるために働いているのです。

さて、NFLはレギュラーシーズンが終わり、これからプレーオフ。スーパーボウルまで楽しい日が続きます。Game Passはみられなくなる契約にしてありますが、NHKが今年もちゃんとやってくれるようでよかったです。プレーオフがみられないと大変。最初ネットの方には放送予定がなくて怖かったです。だぞーんめ。

ポストシーズンがあるチームがある一方で、ないチームももちろんあります。いるかももう今シーズンは終わりです。おつかれさまでした。NEにも1-1、今年はいい感じできていたのですが、いつものようにNEに地区優勝をさらわれてしまいました。ブレイディさんはほんとに好きなのですが、できればNEの後継者育成に巻き込まれてほかの地区のチームにいってほしいです。

あ、そういえば今年はマイアミのキセキがあったんでした。いい想い出でした。ラグビープレーでほんとにTDとれるんだと思いましたね。ああいうのがあるのとないのでは違う。

強くなる強くなるといわれて久しいのにいまだ強くならず。十分によくやってくれていたのですが、結果なのでゲイズHCは解雇されてしまいました。ありがとうゲイズ。十分がんばってたよ。

それより気になるのは、来シーズンタネヒルのくびが危ういということです。BALはジャクソンが先発になり、フラッコが退団するかもといわれているのですが、いるかもタネヒルに見切りをつけてフラッコを取りに行くのではといわれています。まじか。

タネヒルはけがをするのが難点。まずまずがんばっているのに。オフシーズンが気になります。

予告された敗戦の報告 week16 CIN@ビリーブランド

もう2018年も終わりですね。今年もいろいろありましたが、個人的な一番の驚きはブラウンズの試合を全試合見た(見る予定)なことです。今年の初めには思いもよらなかったなあ・・・もしかしたら来年は中日ドラゴンズの試合を全試合見るとか、カバーニを見にパリ・サンジェルマンの試合を見に行くとか、あるいは自分でカバディやっているかもしれません。

さて、好調のブラウンズは現在2連勝中。今度の相手は同地区のシンシナティ・ベンガルズですが、ベンガルズは6勝8敗と地区最下位。去年はブラウンズが最下位だったんですがね・・・全敗で。それがここまでやれるとは(といっても1分と1敗の差だけ)思いませんでした。

1Qはお互いパントを繰り返しますがブラウンズが先にTDをきめ0-7。メイフィールドのパスがさえます。その後もディフェンスがFGレンジに近づくとパスコースを上手く防いでなんと4Qまでベンガルズに得点を許しません。3Q終わりで0-24と完勝でした。もうこれ、ベンガルズ勝つ方法ないんじゃないか・・・なんて思っていたらベンガルズが凄まじい追い上げを見せ、18点とられてしまいます。ありゃりゃ・・・点を取られるのはいいけどあまりにとられるペースが速すぎるよ。しかし、最後はニーダウンを3度も繰り返して時間を使い切り、18-24で勝利しました。

なんと、3連勝。最終戦も勝って4連勝にしたいですね。相手はプレーオフのかかるレイブンズなので多分勝てないですけど、それでも勝ちたい!気持ちはYES!

ここまでの成績、7勝7敗1引き分け。

予告された敗戦の報告 week15 ビリーブランド@DEN

高橋大輔、すごかったですね。富井です。FSは高橋大輔らしさがあふれてて大満足でした。特にコレオシークエンスが!斬新でした。ジャンプも3Lz+1Eu+3Sなんてやってなかったコンビネーションに挑戦とか意欲的です。来季も見たいですね。

さて、ブラウンズはブロンコス戦。ブロンコスは地区内のチーフス、チャージャーズがめちゃくちゃ強いのでモチベーションが低下気味(希望的観測です)。勝てなくはないのではないかと思いつつ見ています。

最初のブロンコスのオフェンスはパント。ディフェンスがアグレッシブに攻め立てます。対するブラウンズは4回でTDと幸先の良いスタートで7-0とリードします。しかし次のドライブでは長ーい攻撃を続けられて7-7の同点。2Qに入って今度はFGを決められて7-10とリードを許しますが、ブラウンズもお返しとばかりにFG。10-10の同点で前半戦終了。なんかもつれそうないやな予感がよぎります。

3Qに入ってまたしてもブロンコスがFGを決め、10-13とリード。なんか、こうもやもやする展開。しかし、4QにブラウンズがインターセプトからTDを決めて17-13と再びリード。その後ブロンコスに攻められますがなんとかFGに抑え17-16と1点差。まだ4分以上時間が残っています。ブラウンズは時間を使おうとしますが、結局2度のファーストダウン更新でブロンコスに攻撃権を渡してしまいますが、ディフェンスの頑張りにより30秒ぐらい残したところで攻撃権を奪い返し、今回もメイフィールドのニーダウン。なんと連勝しました。

ここまでの成績、6勝7敗1引き分け。