Archive for the ‘大相撲’ Category.

大相撲7月場所2018:千秋楽とプチ総括

明日から愛媛に帰ってくるマイク松ですこんにちは。豪雨被害でJRも不通のところもありますが、気にせず帰るのが大事だと思います。

名古屋場所は千秋楽。外に出るのも大変なので、千秋楽はダイジェストじゃなく場所をみました。ゆっくりしてていいですね。

千秋楽。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

御嶽海の優勝で、出羽海部屋は38年ぶりの優勝力士だそうです。出羽海部屋の先輩、舞の海さんも喜んでいる様子。地元もすごい喜んでました。

明生×錦木。明生が立ち後れてしまいましたが、そのせいでうまく左を差せて、土俵際で下手投げで勝ちました。これは千秋楽にいい相撲とれましたね。きっとまた上がれる。

千代丸×石浦。千代丸の圧力を受けても中に入って体を入れ替えるような出し投げで勝ちました。あれはきれい。

妙義龍×阿武咲。妙義龍一気に土俵際までもっていったのですが、惜しくも寄り切れず。阿武咲が逆襲で押し出しました。あそこまでいったら寄り切りたかった。

琴恵光×旭大星。旭大星しっかり受け止めて、その勢いのまま送り出しました。そういうスポーツじゃないんですけどね。琴恵光もまた戻ってこられる。

千代翔馬×隠岐の海。オッキー兄さん、ハチナナへの最後の修行です。ハチナナも大変なのです。千代翔馬を倒して、暗黒卿への道を歩むことができるか。

千 代 翔 馬 休 場

えー…。オッキー兄さんは土俵に上がるだけで最後の修行を終えてしまいました。逆に暗黒卿に近づいたわ。勝ち越しがかかる一番で相手が休場って。そんなんあります?これはプロビデンスのなせるわざですわー。無事ハチナナを達成したのはいいとして、全然緊張感なく土俵にあがってました。やってくれるゥ!

荒鷲×大栄翔。土俵際微妙な一番で物言いがつきましたが、荒鷲の勝ち。まげチェックで時間がかかっていました。

宝富士×竜電。左四つになりました。同じ四つなら宝富士の四つの強さがいきる。強烈に右上手を引いて寄り切りました。宝富士はナナハチ、竜電はハチナナ。

北勝富士×千代大龍。お互い待ったかな?みたいに止まってしまいました。だめ。次はしっかり立って、北勝富士が土俵際で突き落としました。北勝富士は御嶽海の優勝にとても刺激を受けているそう。調子さえよければできますからね。北勝富士も11勝ですか。

大翔丸×佐田の海。佐田の海のまげの乱れ方が先代佐田の海によく似てると北の富士さん。舞の海さんは先代に比べたらまだまだとのこと。

朝乃山×貴景勝。朝乃山が敢闘賞受賞。富山期待の力士とのこと。貴景勝も敢闘賞の候補だったそうです。ということで好取組でしたが、中に入った貴景勝が一気に寄り切りました。貴景勝は左上手をとられそうになって、おっつけで切りながら出るという技術だったそうです。

阿炎×碧山。碧山は足首のけがが大変だったそうですが無事勝ち越し。一番いいですよね。しかし今日は阿炎がのど輪で押し込み、どんどん押して押し出しました。取組前は元気はあるけど落ち込むのも早いとかいわれてましたが。すり足を徹底すればもっと強くなるとのこと。

勢×魁聖。勢は三役になるためには今日勝っておかないといけない情勢。立ち合いから押し込んでいく勢ですが、土俵際で魁聖の小手投げが決まりました。うーん勝ちたかった。決まり手は突き落とし。

正代×輝。立ち勝った輝でしたが、マサヨが右上手をとって上手投げで振り回して勝ちました。今日はパワーをみせましたね。マサヨももうちょっとがんばらないと。御嶽海に後れをとってしまいました。

嘉風×松鳳山。嘉風は土俵入りでもすごい声援をうけていました。声援が大きくなっていって、ありがたさを感じたそう。そして今日は立ち合い鋭くもろ差しになって一気に寄り切りました。最後の最後で嘉風らしい相撲がとれましたね。ばっちりでした。なんとか幕内に残れるといいんですが。

玉鷲×栃煌山。お互いタイミングがあわずふわっと立った両者。栃煌山が回り込みながらはたき込みました。玉鷲立ち後れてしまいましたね。

豊山×御嶽海。両親がきているそうな御嶽海。大関とりのためにも今日は勝ちたいところですが敢闘賞の豊山も強敵です。立ち合い一気にもっていった御嶽海でしたが、粘って豊山が押し戻していきます。寄りもしのいで逆襲。御嶽海も回り込んでしのぎます。土俵際ですくい投げの打ち合いも互角。そして土俵際でもう一度すくい投げ。豊山が勝ちました。投げの打ち合いで内股気味に跳ね上げたのが効きました。しかし千秋楽にふさわしい相撲でした。決まり手は掛け投げでした。

逸ノ城×遠藤。突き押し合いになりましたが、遠藤腰が入ってぱーんと押し倒されてしまいました。あららー。終盤戦にどこか痛めたのかもしれませんが、終盤戦失速してしまいましたね。

豪栄道×高安。こんな相撲に仕切り何回もいらんやろと思いますが、高安のもろ手突きがすっぽぬけてゴーエードーが寄り切りました。時間の無駄でしたね。

御嶽海の優勝インタビューもおもしろかったです。普通に賜杯が重いとか緊張しすぎてわけわからんとか。

名古屋場所は新大関の場所でもあってすごい最初は盛り上がったのですが、まさかの3横綱1大関が休場するという。さすがにこれはだめでしょう。たとえばオリックで、球場にきてみたらナカジさんもコヤノさんもイトーヒカルもサカグチさんもオービキさんもいないとなったらファンも怒るでしょ?

(しばらくお待ちください)

えー…失礼しました…とにかく!(栃ノ心ばりの力技で)そんなに休場しないようになんとかするしかないですね。えー…おだいじに!(狼狽)

とにかくこの場所が期せずして大チャンス場所になったのは間違いありません。終盤の優勝争いになっても、白鵬も鶴竜もキセさんも栃ノ心も出てこないのです。十二宮に入ってもあれ…?白銀聖闘士しか出てこないぞ…?みたいな感じです。その大チャンスをもちろん形ばかりのオーゼキにつかめるはずもなく。でも誰でもつかめるチャンスでもない。そのチャンスをがっちりものにしたのが御嶽海でした。こういうチャンスをつかめる人をいわゆる「もってる」というんじゃないでしょうか。

実際休場連発とかありえないんですが、災い転じて福となす。この優勝は御嶽海の同世代の大きな刺激になりました。最後まで優勝を争った豊山と朝乃山はすごい手応えとともに次は自分だという思いを強くしていたそうですし、北勝富士もオレにもできるという思いに至ったようですし。これは活性化するでしょう。わすれてならないのがマサヨ。オマエはもっとできるんだ。御嶽海に続く存在としてがんばってほしいです。もちろんベテラン勢も若手もがんばって、大相撲に乱世到来という感じでお願いします。来場所は少しは横綱も帰ってくるでしょうし。

最後にハチナナを達成したオッキー兄さんについてふれておきましょう。確かにハチナナを6場所連続で達成すると妖怪になる、いやいやプロビデンスの力を使いこなす(あるいは翻弄される)暗黒卿になるといわれていますよ。でもそのハチナナを不戦勝で達成するというのはなかなかないんじゃないでしょうか。あのザ・プロビデンス、ミッキー兄さんでさえ、ハチナナはあっけなく負けたり必死に勝ったりして達成していたのです。それが土俵に上がるだけの簡単なお仕事で達成するとは、さすがオッキー兄さん。パダワンの身でありながら大きな暗黒面を使いこなす、プロビデンスにバランスをもたらす者なのかもしれません。何はともあれ勝ち越しはよいこと。来場所はもう少し体を鍛えて、ごはんをしっかりたべて、ぱんぱんに張った体で初日を迎えてほしいです。

大相撲7月場所2018:14日目

G大阪監督に宮本恒靖氏。ツネももうカントクかと思うと感慨深いマイク松ですこんにちは。どう考えてもイケメン度ではJリーグ一。ガンバを再建してほしいです。

名古屋場所は14日目。いちおう立派に再建された大相撲。誰のおかげかな?(ヒント:永世度では角界一)

14日目。実況は藤井さん、解説は正面が尾車親方、向正面が雷親方。

佐田の海×竜電。勝った方が勝ち越し。佐田の海が前まわしをとりましたが、竜電は右上手。佐田の海のまわしがのびてしまい、引きつけた竜電が寄り切りました。竜電勝ち越し。

隠岐の海×荒鷲。やばい!このままじゃ負け越しちゃう!立ち合い右四つになりました。上手を引いたオッキー兄さんが腰をぶつけるように寄り切りました。これで7-7。ついにきました、ハチナナチャンス!やつに最後の修行をするときがきたようじゃ…。

千代丸×北勝富士。のど輪で押し込んでいく北勝富士。千代丸突き落としにいきましたが、逆に北勝富士のいなしが決まりました。突き落とし。北勝富士調子あげてきてますよねー。

千代翔馬×錦木。千代翔馬が張り手からがっつり右上手。そこから外掛けから一気に寄り倒しました。しかし千代翔馬が足が痛そう。どこか痛めたのかな。

碧山×旭大星。碧山突き押しからはたき込み。旭大星は相手になりませんでした。

宝富士×阿武咲。立ち合いから押していく阿武咲。宝富士まわしをとりにいきますが、そこで阿武咲の返しの引き落としが決まりました。終盤戦に向けて調子がいいです。

石浦×大栄翔。大栄翔の突き押しをかいくぐってもぐりたい石浦でしたが、その前に大栄翔のはたきが決まりました。石浦がんばっていたのですが負け越し。

遠藤×朝乃山。朝乃山はとりあえず勝利が必要。立ち合いで押し込んで、引き落としにいく遠藤を押し出しました。朝乃山は力が満ちてますね。遠藤は立ち合いで動きましたが押し込まれてしまいました。

大翔丸×琴恵光。大翔丸が一気に押し出し。もろ手をあてがいながらパワーを込めましたね。

明生×嘉風。明生に対してもろ差しになった嘉風、ついに寄り倒し!勝ちました!初日がでました!お客さんもほんとに盛大な拍手。また尾車親方の解説の時に勝てたのも大きいですね。優勝したような歓声でした。よかったね。

魁聖×妙義龍。妙義龍ぱっと差して、左からのすくい投げが決まりました。魁聖にこれだけの相撲がとれるんですからね。

勢×貴景勝。いつもの突き放してちょっと見合う貴景勝の相撲。そして張り手から中に入って押し出しました。脱藩浪士みたいなヘヤーの乱れ方ですが。

正代×阿炎。阿炎のもろ手からの突き押し。マサヨも回り込みますが、逃さず阿炎が押し出しました。どうしても阿炎の相撲を受けてしまうと乗ってきますよね。

御嶽海が入場してきました。これで勝ったら優勝かー。

玉鷲×千代大龍。千代大龍の突き押しをいなしてさあ玉鷲これからというところでなんと千代大龍が前まわしをとって寄り切りました。これは不意を突かれますよねー。

輝×松鳳山。松鳳山張り手と突き押しで攻めますが、輝はこういうのでひるまない。押しから最後は押し出しました。輝はほんと正々堂々と相撲とります。

栃煌山×御嶽海。きましたね。これで決まるでしょうか。というかこういう相撲に限って相手栃煌山とか。もちろん栃煌山も強いですが、このチャンスをものにしないとですね。立ち合い左を差した御嶽海、栃煌山が巻き替えにくるところで出て寄り切りました!御嶽海の優勝が決まりました。すばらしいです。インタビューでも泣いていました。そりゃうれしいですよね。

豪栄道×逸ノ城。ゴーエードー中に入ったのですが、肩越しの上手をとった逸ノ城がつぶすような投げ。物言いがつきましたが軍配通り逸ノ城の引き落としで勝利。まあどうでもいいですよね。

豊山×高安。高安の立ち合いもものとものせず、強烈なおっつけで豊山が押し出しました。完璧でしたね。

大相撲7月場所2018:13日目

今日は夕方から町歩きしてきました。暑かったですが昼間よりは歩きやすかったです。汗いっぱいかいたのですが、富井が「汗が油田のように出てくるな」というおもしろいたとえをしてました。油田はそういうところに使うんじゃないなと思うマイク松ですこんにちは。

名古屋場所は13日目。力士のみなさんも汗が油田のようにでてくると思いますが、水分はしっかりとりましょう。

13日目。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が二十山親方。

千代の国が休場。ひじですね。おだいじにしてください。

明瀬山×明生。明瀬山が幕内で。左四つから明瀬山が巻き替えにいきますが明生がこれをしっかりブロック。そしてそこから出て寄り切り。明瀬山結構がんばってたのにこれで負け越し。残念。

琴恵光×阿武咲。阿武咲当たってはたきで琴恵光ばったり。阿武咲勝ち越しました。こうやって下位で力を戻して、また上位に挑戦したいですね。

碧山×北勝富士。碧山のシュシュシュ突き押しに対してあてがう北勝富士。引くタイミングでしっかり出て押し出しました。碧山の強烈な突き押しの割にはあんまり北勝富士には効いてなかったですね。

佐田の海×錦木。前まわしを狙う佐田の海ですが、しっかりブロックした錦木が押し出し。意外に今日はだめでしたね。もうちょっと粘れたはず。佐田の海は。

千代丸×荒鷲。前まわしをとった荒鷲が寄り切り。千代丸もばたばたしてましたが何もできませんでした。

栃煌山×豊山。これが好取組ですね。どちらが優勝争いに踏みとどまるか。ってそんなことになってたのか。のど輪で一気に押し込んだ豊山ですが、土俵際で突き落とした栃煌山。軍配は豊山の押し出しで物言いはつかず。みていたら微妙に見えましたが、映像では確かに豊山の勝ちでしたね。

妙義龍×朝乃山。こちらも優勝争いにからむ朝乃山。妙義龍のいい立ち合いからの攻めだったのですが、突き押しをいなして左上手をとった朝乃山が寄って寄って寄り切りました。なかなかのいい相撲。妙義龍も途中まではよかったのに。巻き替えにきたところで逆襲しました。

石浦×旭大星。石浦がすぐ前まわしをとってもぐりました。旭大星が上手をとりにいくところで石浦のキレのいい下手投げが決まりました。旭大星は負け越し。

竜電×大栄翔。突き押し合いになってましたが左四つの体勢に。竜電の形ですね。頭をつけていましたが逆に大栄翔も頭をつけにいったところ、低くなってしまって引き落とされました。大栄翔も負け越し。

隠岐の海×輝。もうオッキー兄さんあとがないよ!と思ったら輝ががっつり差して起こして寄り切られました。いいとこなし。でもあとがないと思ったら今あとがなくなったのでした。7敗から巻き返すのがプロビデンスへの道です。

宝富士×貴景勝。貴景勝どーんと押し込みましたが、逆にそこで間があいてしまい、宝富士の上手出し投げでつぶされました。間をあけるのが逆に働きました。

阿炎×嘉風。嘉風そろそろ勝ってもいいやろ。がんばれ。阿炎の突き押しをはねあげた嘉風が出ますが、いなしたあと引いてしまい、逆に阿炎が寄り切りました。いい相撲はとってるんですけどどうもかみ合わないですね。

勢×千代の国。千代の国休場で勢不戦勝。これは大きい。

正代×千代翔馬。千代翔馬いい形でしたが、マサヨがひねりながら下手投げ。キレありました。そういう相撲とっていきたい。

大翔丸×松鳳山。松鳳山がくいついて一気に出たのですが、大翔丸が回り込みながら首もきめつつ小手投げで逆転しました。流れがよかった。相手のパワーも使って。

玉鷲×魁聖。玉鷲どんどん押していきました。魁聖もスピンしたりまわりこんだりしたのですが、玉鷲もしっかりついていって最後は押し倒し。

逸ノ城×千代大龍。上手に手がかかった千代大龍が出して崩したあとに押して押して押し出しました。僥倖ですねー。

遠藤×高安。立ち合いから高安がどーんと遠藤を吹き飛ばしました。どうも遠藤とこか痛めてる感じですね。なんかもろい感じがする。

豪栄道×御嶽海。ここはゴーエードーにしっかり勝って優勝を引き寄せたいですね。ゴーエードー待ったのあと、御嶽海がいなして最後は送り出し。まあ特に問題なかったですね。御嶽海の優勝が近づいてきてる。

大相撲7月場所2018:12日目

祇園祭「花傘巡行」猛暑で中止。もう暑さで行事が中止になるレベルなのかと思うマイク松ですこんにちは。でも今日ちょうど京都いってきたんですが、ほんとに暑かったです。

名古屋場所は12日目。熱戦が続くのはいいことです。

12日目。実況は船岡さん、解説は正面が陸奥親方、向正面が舞の海さん。

琴恵光×貴ノ岩。おっ貴ノ岩が幕内で。貴ノ岩当たってすぐはたき。完全に幕内の実力ですよね。

佐田の海×石浦。もぐってくる石浦をおっつけで止めてそのまま押し出し。攻防一体のおっつけでしたね。

碧山×竜電。碧山立ち合い変化。とはいえそんなに動けてないし、竜電がちょっと低かったですかね。

隠岐の海×錦木。オッキー兄さんこのままじゃ負け越しちゃう!もろ差しになるも錦木にきめて出られます。しかしそこからもろ差しで起こして寄り切りました。目指せハチナナ!

妙義龍×栃煌山。差し手争いから妙義龍が出て寄り切りました。今日は栃煌山差せませんでしたね。せっかく2敗で追っていたのですが。とはいえ妙義龍の立ち合いのよさでしょう。これで勝ち越し。もうちょっと伸ばしたいですね。

北勝富士×豊山。押し合いになるかと思ったら、テンポとパワーを兼ね備えた豊山の突き押しが勝りました。下半身の粘りが違いました。

千代翔馬×阿武咲。どんどん攻めていく阿武咲が手数でもパワーでも千代翔馬を上回りました。押し出し。

荒鷲×旭大星。荒鷲前まわしをとりましたが、その前に旭大星が強力な左上手をとりました。はずから攻めて寄り切り。

明生×大栄翔。大栄翔強い当たりからはたき込み。明生負け越してしまいました。粘っていたんですが。

千代丸×嘉風。日に日に嘉風への声援が大きくなってる気がする。千代丸のいなしで残せず押し出されました。なんとか初日出したい。

魁聖×朝乃山。これはいい取組。右四つになりましたが、朝乃山が出るも魁聖が体を入れ替えてあとは体を生かして寄り切りました。朝乃山負けてしまいましたが相撲は悪くない。それより魁聖が勝ち越し。パワーありますね。

千代大龍×貴景勝。貴景勝の例によってはじきあって止めてはじきあってを繰り返し、いつかで突き落とす。千代大龍の九重メソッドもこれには通じないか。貴景勝勝ち越し。おもしろいなー。

勢×宝富士。勢が先に右を差しますが一度抜いてまた差します。宝富士は右四つ。巻き替えにいくところを勢が出て寄り切りました。鼻血出たけどがんばった。

正代×大翔丸。マサヨが左差しを軸に大翔丸の動きについていって寄り切りました。これはよかった。こういう相撲がいつもとれればいいのに。

玉鷲×千代の国。千代の国突き放していく。玉鷲いなすも千代の国がもろ差しになった。そこで玉鷲の小手投げで千代の国がひじを痛めてしまいました。小手投げ自体は全然悪くも卑怯でもないのですが、こう力士がひじを壊してしまうとなー。

阿炎×松鳳山。阿炎の突き放しからのはたきがようやく決まりました。相手も研究してきてますからねー。

逸ノ城×輝。輝突き押しから押し込みますが、組んでしまい逸ノ城が上手とりました。輝が巻き替えにいくところを逸ノ城が強烈な上手投げで転がしました。わかってはいるのですがやるしかなかった。

豪栄道×遠藤。一度待ったのあと遠藤が引いたところをゴーエードーがついていって押し出しました。遠藤ももうちょっといい相撲とりたかった。

御嶽海×高安。御嶽海大関戦。御嶽海は左から前まわしといい体勢。高安起こされました。御嶽海出たところで高安も突き落としました。物言いで高安の勝ちになりました。相撲では勝ってただけに惜しかった。高安もカドバン脱出。

大相撲7月場所2018:11日目

BS1でドキュメント72時間的手法を使った「空港ピアノ」「駅ピアノ」が作成されていますが、ショート番組なのにすごいおもしろいマイク松ですこんにちは。イタリアやオランダは在野にすごいミュージシャンが多すぎる。

名古屋場所は11日目。すごい力士がいるのは三役以上だけじゃないですよね。

11日目。実況は厚井さん、解説は正面が境川親方、向正面が立浪親方。

菊が休場。相撲は悪くなかったんですが。本当に残念。

竜電×阿武咲。阿武咲のテンポのいい攻めに竜電ついていけず引き落とされました。このスピードがポイントになるか。

碧山×荒鷲。碧山が一気にもっていって押し出し。のど輪で吹き飛ばしました。こういう相撲もとれる。

朝乃山×錦木。右四つになった。朝乃山が右差しを力強く差して、土俵際で巻き替えあい。寄り切りました。錦木の巻き替えをそのままにしなかったのがよかった。上手をやらなかったのがよかったと立浪親方。

千代丸×明生。千代丸の突き放しをこらえた明生が前まわしから一気に入って寄り切りました。こういう攻めが本来の力なんでしょう。終盤に向けていい形。

佐田の海×豊山。佐田の海が豊山の突き押しをはねあげていましたが、そのあとのはたき込みはかわせませんでした。豊山は勝ち越し。勝っても冷静。

妙義龍×北勝富士。北勝富士が1回つっかけます。妙義龍は一気にもっていきましたが、土俵際で突き落とされました。北勝富士の突き落としは頭に入れておかないといけなかったか。

千代翔馬×石浦。腰高の千代翔馬の中に入った石浦が寄り切り。千代翔馬は負け越し。石浦は勝ち越しをあきらめません。

隠岐の海×大栄翔。大栄翔のはたきにまたあぶないところでしたが、今日はオッキー兄さんなんとかついていって押し出しました。そう何度もくわないですよね。

宝富士×琴恵光。宝富士おっつけでいい体勢になって、引きながらの上手投げが決まりました。さすがにキャリアの差があるか。

栃煌山×千代大龍。お互いに当たって引きを繰り返す感じだが、ばたばたと引く千代大龍に対してしっかり出て行った栃煌山が押し出しました。栃煌山の押し出しめずらしい。

旭大星×嘉風。なんとか嘉風初日を出したいですね。嘉風前に出て行きますが、旭大星引きながらのすくい投げがうまく決まりました。でも少しずつ嘉風っぽくなってきたぞ。

遠藤×貴景勝。勝ち越しをかける両者。突き放していく貴景勝。またいつもの流れかと思いましたが、当たってくるタイミングにあわせての遠藤の引き落としが決まりました。遠藤勝ち越し。遠藤は柔らかいので押しが伝わらないと立浪親方。

阿炎×輝。阿炎の突き押しが決まりましたが、輝いなして出て行きます。土俵際で阿炎の突き落としがありましたが軍配は輝。

正代×琴奨菊。菊休場でマサヨの不戦勝。ラッキー。

千代の国×松鳳山。激しい突き押し合いになりますが、うまく回り込んだ松鳳山が上手出し投げで決めました。合い口の良さがでましたね。しかし激しい相撲でいい勝負でした。

玉鷲×勢。出て行く玉鷲に対して勢の突き落とし。軍配は勢でしたが物言いで取り直しに。頭でいった勢が立ち合いで押し込んで、返しのはたき込みが決まりました。いいタイミングでした。

魁聖×御嶽海。実はこの取組は4-0で魁聖だそうです。御嶽海に意外な障害が。左に動いて立ち合った御嶽海、差し手からばんざいさせて最後は押し出し。流れがありましたねー。よく考えられた相撲。魁聖が巻き替えたところを出たんですね。

逸ノ城×高安。高安は差したり上手をとろうとしたのですが、そこは突き放していく逸ノ城。そしてそのまま押し出しました。粘りがないですねー。

豪栄道×大翔丸。ゴーエードー右差しからすくい投げ。大翔丸も突き落としにいきましたが物言いはありませんでした。決まり手は押し倒し。カドバン脱出。