Archive for the ‘野球’ Category.

ミヤウチオーニャーの最後通告訓示炸裂!

またカフェにいってスポーツ新聞読んできたマイク松ですこんにちは。そういえば僕らはなにげに受け入れてますけど、春になって他の地域から関西に来ると、スポーツ新聞の一面に大きく「鳥」の文字が躍っているときがあります。これは別に関西で鳥がいっぱいいるとか、鳥が人を突然襲うとかではなく、たんにトリタニ兄さんを扱っているだけです。気をつけて下さいね。

さて、先日は節分のニュースで種いも球団オリックが鬼を求めているというお話をしましたが、さっぱり緊張感がなくてカントクが鬼にならなくてはならない球団を見かねたミヤウチオーニャーが、種いもどもに恐るべきスピーチをしてくれました。ナイス!

オリックス総帥辛口訓示!「選手生活、今年が最後」

どうも種いもどもに対して、「みなさんの選手生活が今年が最後だと思ってやる覚悟がないと、キャンプも意味はありませんよ」とおっしゃったそうです。ぶっちゃけ活躍しないとクビだぞということですよね。そう!それをいってほしかった!いうてあいつらはほんとに危機感が足りないんですよね。チームをがっつり変えるために必要なのは夢や目標では足りないのです。

この記事はにっかんにしてはなかなかいい記事で、過去のミヤウチオーニャーの訓示をまとめてくれてるんですよね。助かります!

2015年は野球を勉強してくれとのことでした。確かにあいつらは野球自体わかってるかどうか不安だったので。2016年は年俸分働いてくれというオリックらしい発言。この頃にはちょっと投資過剰になっていたのでしょうがないのですが。そして2017年はクレイジーキャンプを推奨していました。結局シーズンがクレイジーになってしまったのですが。

なんやかんやで結構的確な訓示をしてくれてるんですよねオーニャーは。ということで今回の最後通告はチームに危機感を与えてくれるでしょう。今のところTなんとかさんも口だけはしっかりやるとかいってます。そして今度紅白戦がおこなわれるらしいのですが、オーニャーはこうおっしゃっています。

「ここで本当に若い選手が意外感(意外性)を持つような活躍をしてほしい」

記事では勝手に意外性みたいにフォローしていますが、いやいやこれ普通に若手が「あれー!?中堅ベテランがこんな活躍するの!?」みたいな意外な気持ちを持つような活躍をしてくれということですよね。今の中堅ベテランがそんな、活躍なんかするわけないやんという気持ちを若手はみんなもっているのです。もっといえばファンももっているのです。さらにいえば球団自体が一番そう思っているのです。そういう意味での意外な気持ちをもってもらう。今シーズンのテーマは意外な気持ちです。

プロ野球キャンプ2019における節分動向

明日はすっごい早起きしないといけません。本には早く寝ようとするんじゃなくいつも通り起きなさいと書いてありましたが早く寝るマイク松ですこんにちは。早く寝ても寝付けるし、それでも目覚ましがなかったら普通の時間に起きるからです。ねるねるねるね。

さて、当サイトではプロ野球でいつも節分のニュースが報じられることもあり、それを最近まとめはじめました(2017年2018年)。キャンプに節分がくるからだと思うのですが、なんかおもしろいですよね。

セ・リーグでは、まず吉見、谷元、松坂といったピッチャー陣が、鬼役のドアラに豆をぶつけています。めちゃいいピッチャーばっかり。ドアラも投げ返したりしています。鬼が豆を投げ返す展開おもしろい。

ヤクルトでは鬼にふんしたつば九郎に子どもが豆をぶつけています。ただのファンサービスや。でも金棒もってるし結構強そうだ。

横浜ではロペスとソトが豆を投げました。エル・チャモはちゃんと声出してたのに、ソトは無言だったそう。結構無言で豆を投げるのおもしろいですよね。まったく話さないサンタさんみたいな。別の記事では、ツツゴーがスペイン語で代弁しています。すごいなツツゴー。

ハンシンでは新しいピッチャーのガルシアとジョンソンが豆まき。ガルシアは中日時代に経験しているので楽しそうだったそうです。構図が悪そうに見えるのはなぜだろう。

あとどうでもいいですが、黄泉瓜の鬼屋敷ブルペン捕手が、名前からいつも鬼役をやらされるとぼやいていました

パ・リーグではロッテがなかなか存在感のある節分をみせつけました。新加入のレアードとバルガスががんばったそう。まずレアードが恵方巻きをイート。「ブリトーみたいな寿司だ!」と驚いたあと、バルガスに豆まきをレクチャー。そして豆をいい感じでぶつけたあと、わざわざバルガスが鬼も担当し、めちゃ怖い鬼をみせてきました。これは怖い。かなりはしゃいでいたそうで、これはロッテの助っ人ぽい。バルガス野球でも暴れてほしいですね。

ソフバンはクドウカントクが担当。まず恵方巻きをイートしたあと、餅まきをおこなったそう。肩は絶好調だそうで、ばんばん投げていました。豆よりも餅の方がいいですよね。

西武は外国人選手とマスコットが豆まきを担当(ページ中頃)。正義は勝つ的な構図なんなんですか。今時教育的配慮で戦隊ものでもやりませんよこんな露骨な構図。でもたのしそうでいいことです。

ラクテンはノリモトとマツイが鬼役のウチダと豆まきかなり激しく投げたそうですが、最終的にウチダを鬼役から解放し、バナナを差し出して仲直りしたそうです。なかなか意欲的な展開でおもしろいですね。ビジネスっぽい。

***

このように各球団は報道される限り楽しい節分を送っているようです。鬼は外ですよね、普通は。しかし1球団だけ、鬼が歓迎されている球団があるようですよ。

節分に鬼の顔出た!オリ・西村監督、初カミナリ「アピールまったく伝わってこない」

そうです、種いも球団オリックです。ニシムラカントクはチームを強くするために鬼になると。節分で鬼をトゥイホー、いやいや追放するとカントクがいなくなってしまいます。

そんなニシムラカントク、どうもキャンプで若手の活気がないと早速苦言を呈したそうです。全然アピールしてないやんと。まあ主力やベテランからポジションを奪う前にその主力やベテランが流出してるんですからそれほど競い合いもないのもわかりますが。

それよりカントクがカミナリを落とすと選手が一団となり、高校野球のように声を出していたそうです。そういう問題じゃない。他球団ではブルペンで何球投げたかとか、フリー打撃で何本柵越えしていたかとかが問題になっているのです。ビビる大木もいってましたが、声出して勝てるんならみんな声出してます。

まあともかくオリックだけは鬼が歓迎されているそうです。他球団から追い出された鬼のみなさん、オリックでは歓迎されますのでぜひいらしてください。そして危機感のない選手にかわって野球を覚え、レギュラーを奪ってください。200km/hの剛速球、200m超えの特大ホームラン、外野に転がっても余裕で一塁アウトの剛返球、妖術で塁間1秒の超俊足、当たったら確実に死ぬ強すぎる打球。これは勝てる。種いも球団オリックは鬼球団オリックになるのです。鬼は内!種いもは外!

オリック 種いも誕生

ニシノカナ活動休止。こんなにさみしくない活動休止もないなと思うマイク松ですこんにちは。われらがマーケター、売れる曲を作るにはインプットも必要ですよね。ごゆっくりされてください。

さて、今日はレイトショーで「アリー スター誕生」みてきました。レディー・ガガの歌超うまいですが、ブラッドリー・クーパーもよくがんばってました。いずれにせよOSTはマストバイですね

映画はガガさん演じるスターが誕生して、それを発掘したクーパーさん演じるスターは調子が悪くなっていく、というのがだいたいの話ですが、埋もれていた才能が解き放たれるように輝くガガさんの歌は感激します。

埋もれているといえば、われらが種いも球団オリックですよね。もれなく全員埋もれているか、出てきても発芽してないかのどちらかですが、こんな感じで誰かクーパーさんみたいな人が誰か発掘してほしい。それでベテランの居場所がなくなっていくとかいう、ある意味うらやましい図式を描いてほしいものです。FAとか自由契約とかでスターが出て行くのはよくあるんですけどね★(黒星)

ということでタイトルに「オリック 種いも誕生」とつけてみましたが、「アリー スター誕生」よりは、「グレムリン2 新・種・誕・生」の方に近くなってしまいました。出てきたのはスターじゃなくて新種。とりあえず夜中過ぎにえさを与えてはいけませんね!

以上若い人は置いてけぼりのネタでお別れします。おやすみなさい!

FAの勝者

NFLのプレーオフで、一押しだったヒューストン・テキサンズがいきなり大敗してショックを受けている富井です。あんなにいいところがないとは!ブラウンズしか見てなかったよ!

さて、プロ野球でのFA人的補償もちょうのさんとやらで終わりました。
改めて思ったのは「やっぱり広島ってすごいね」ってことです。

同一リーグから主力選手でしょ。めっちゃ、有名でしょ。すごい話題になるでしょ。
対してオリックは・・・違うリーグでしょ、めっちゃ無名でしょ、めちゃくちゃ在阪メディア無視でしょ・・・全然ちゃうやん。全然ちゃう。今回なんかなぜかダルビッシュさんまで人柄についてコメントしてるやん。

丸っていう今日本でも3本指に入る外野手出て行ったのに、まるでトレードしたみたいな言い方する人もいるじゃないですか。じゃあ、FA選手とるなよという感じもするけど、プロテクトから外したのはお宅じゃないですか?ってことになるでしょ。

あーなんでこんなに上手くいかないのかなー。
竹安、まじ頼むでー。

スギヤの下半身ウイエイ

Twitterで#米津玄師を知らないあなたは米津玄師だと思う画像を貼ってみてくださいという大喜利がありました。事前の予想通りヨロイ元帥は出ていましたが、玄海老師には思い至らなかったマイク松ですこんにちは。米津出ておいてよかったよ。がんばって。

さて、今はプロ野球選手は自主トレの人も多いと思いますが、オーストラリアで自主トレ中のハムのスギヤ。毎日がんばってトレーニングしているようですが、すごい疲れていて眠かったせいか、ホワイトボードに謎のトレーニングメニューを書いてしまったそうです。

  • 「フルガスラソ」
  • 「レスス」
  • 「下半身ウイエイ」

これは確かにじわじわきますね。特に下半身ウイエイは謎みがやばい。写真をみても下半身はなんとか書けてるんですからね。

しかしこれは笑い事じゃないです。もし来シーズンのスギヤがめっちゃ活躍したら、それはフルガスラソとレススと下半身ウイエイにしっかり取り組んだせいです。そのうちプロの間でも下半身ウイエイに真剣に取り組む人が増えるでしょう。10年後には高校の野球部でもフルガスラソとレススから練習を始めたり、意識の高い高校生はもう下半身ウイエイを始めている、みたいなことになるかもしれないのです。歴史はここが出発点なのです。

強くなれば名前なんかなんでもいいのです。ということで種いもどもは、来シーズンに向けて以下のトレーニングメニューに取り組んでください。内容は自分たちで考えるのです。そしたらこれが種いもトレーニングメニュー(TTM)として球界、あるいは日本全体に広まることでしょう。君達が歴史をつくるのです。

  • ウモパッポ10回×3set
  • タマンプ10分
  • ドゥーソ・アンドゥーソ各20回×3set
  • ヤ!ムミーチョ5往復
  • サッサミサッサ・ガ・ガ5set
  • トトタウ(愛の理屈)30分
  • ヌーヌヌーヌ10回+ニラニラチャボ5回×3set
  • 深ズッコモモモ