Archive for the ‘野球’ Category.

陰徳野球や!オリックが僕らの目の届かないところで白星をゲットしてくる

川内さんプロになる。川内、公務員やめるってよ。この先どうなるかわかりませんが、大きな決断応援したいマイク松ですこんにちは。クラウドファンディングで遠征費とか稼げばいいでしょう。でも今年度いっぱいはやるんですね、職場に迷惑をかけないように。どこまでもえらい。

さて、その野球ぶりからオヤガイシャに迷惑的なものをかけまくっている種いも球団オリック。年度末と年度初めののみかいでしか会わない奇特なオリックファンの人がいるのですが、その人もファンクラブの更新をどうしようかと、もとオリ戦士サカグチの活躍を横目に考えていました。

今年のオリックの特徴は、弱いです。(ひと言)(毎年やけど)

そんなオリックも時々勝つのですが、今年の特徴として、どうも僕らが見られないとき、すなわちアウェイでJSPORTSでやらない、BS1でも中継しないときに限って勝っている感じがします。今日もロッテのホームゲームでみられないのですが、わりと調子のいいロッテに2連勝してます。

あとあまりにんほー局面のイラストを描く機会が多いため、今年からは何試合に1回描くようになったバファローズぽんたですが、ぽんたがイラストを描かないときに限って勝っています。なので今シーズンはいまだに勝ったイラストを描けてません。これでは昨年と同じやん。

このような特徴を踏まえると、ここまでのオリックの野球は陰徳野球ということがいえるでしょう。人がいっぱいみてるところでなんか勝たない。隠れて徳を積むように人知れず勝つ。もはやプロスポーツとは何かということを考えさせる今シーズンのオリックです。

カードが一巡したところで順位を確認しよう

ホームランを打ってるか打ってないかの基準が大谷の3本になっている富井です。
意外に強打者でも打ってないんですよね。オオタニサン、アメージング。
アメージングといえば(吉田正尚<オリックス>の決め台詞)プロ野球でリーグ内の全球団と試合が終わったところです。

■セリーグ    ■パリーグ
1.横浜     1.西武
2.広島     2.SB
3.ヤク     3.千葉
4.阪神     4.ハム
5.中日     5.オリ
6.巨人     6.楽天

セリーグは最初は横浜が出遅れて意外だなと思っていましたが、1巡してみれば昨年の勢いのままの1位。2位の広島はまあ、実力通り。3位は去年よりは強いだろうと思っていたヤクルトがピッチャーがいないにもかかわらず健闘しています。ま、これからどうなるかわかりませんが、横浜、広島は強そう。

パリーグは個人的に下馬評が低かったのが不思議だった西武が首位。そして春だけが多少弱いSBが2位。ああ、今年もSBが優勝するんだなあという感じ。ま、先発はイマイチですけど、今日なんか柳田がサヨナラホームランですごくいい感じ。柳田に吹き付ける強風もかっこよく魅せるための演出のよう・・・。

SB優勝は多分間違いないですが(と、ここに記すことで間違いにしたい)他のチームはどうでしょう。西武は強いと思いますが、後のチームもそんなに悪くなさそうですよ。そう思いたい。

さて、今日のオリックですが、山岡の快投と打者の大活躍により0-7で勝ちました。これでやっと4勝目。次こそは連勝して欲しいですな。

サンデースポーツで大越さんが本当に楽しそう(野球のとき)

かぜをひいているマイク松ですこんにちは。でましたね毎年恒例、マイク松の季節の変わり目かぜ。もうサイトをみたら一目でわかるようにしたい。サイトの色が青紫になってるとか、社章(アバウト参照)が赤くなってるとか。

さて、4月からサンデースポーツはリニューアルしています。今までと形式はそれほど変わってなくて、タイトルに2020がついたり、出演者が変わったりしています。

今回メインキャスターを務めるのがオレたちの大越さん。海外駐在経験もありキャスターとしてもそつなく仕事をこなせる高い能力をもっていますが、実は東大野球部のエースだったという経歴を持ち、野球には並々ならぬ情熱をもっています。最近はメジャーを視察したりといったオレ得企画を次々と実現させています。自分のキャリアは自分でデザインしていくもんですね。

そんな大越さんがスポーツニュースのキャスターに就任。当然ながら情熱をもって取り組んでいます。野球に対して。今日は最初にさっかーにほんだいひょうのカントク交代についてえらい人を呼んでインタビューしていましたが、あれは国際報道的なテンションでした。普通テンション。

その次のプロ野球では野球の情熱爆発。大学日本代表でいっしょだった(すごい)小早川さんとオータニのバッティングフォームについて語り合っていました。心からの言葉がたくさん聞かれました。野球テンション。

サンデースポーツのページでも「”スポーツをこよなく愛する親父”の代表として自ら楽しみながらお伝えする」といっていますので、有言実行です。たぶん野球をこよなく愛するの間違いだとは思いますが。

でもさっぱり詳しい野球番組が見当たらない現在、ほんとにありがたい存在です。ワールドスポーツMLBの前かあとに1時間くらい、BSで日本の野球ニュースやってほしい。思う存分。

オリック、5連敗を止めて勝つ!

今年は気温差が激しくて例年以上に鼻をぐずぐずさせています、富井です。寒いかと思えば暑く、そうかと思えば寒くなったりしてほんと、毎日服装に悩みますね。

悩むと言えばオリックですよ。
「あれ、この人、あんなに野球好きだったのにどうしたのかしら」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、セリーグは楽しく見られるのですが、パリーグは・・・というかオリックは・・・。
「今年は良い」という評論家の評判はもちろん当てになんかしてなかったのですが、まさか、ここまでひどいなんて・・・。4月に入って早くも5連敗ですよ。宗がレギュラーになったのは嬉しいですが、後藤駿太は一体どこへ行ったんでせうね。改名が大失敗だったのではないでしょうか。登録名を駿太に戻してみたらどうでしょう。駿太にしたら、福良監督が思い出す可能性があります。

さて、今日はディクソン×藤平。そりゃ、岸や則本が打てないのは分かりますが、藤平まで打てないと一体いつ勝てば良いんでしょうか。おまけにディクソンを6回で下げての吉田一将が銀次を四球で出してからの嶋に2塁打・・・。ああ、こりゃ無理だと思ったらなんと、その裏にTの四球からの宗の2得点で逆転!さすがに宗はいい振りしてるなと思ったら、大城もヒットで続きます。こりゃ、大量得点かと思ったら吉田正尚、ロメロは倒れます。

なんとかこのまま抑えて欲しいと思いましたが、なんと増井が1失点で同点・・・。運がないなと思ったら、9回にも再び宗、大城の連打でサヨナラ勝ちです。

まさか、大城が2回も打つなんて・・・もしかして覚醒ですか。まあ、後ろに吉田正尚がいるっていうのもあるんでしょうが、宗、大城の1、2番で3得点とはめでたいです。
いやー、これからのオリックは明るいね。次は未勝利のカード初戦で勝ってポンタを喜ばせてください。そしたらファンクラブに入ります。

軍神オータニが2勝目、アメリカの評価が急反転しまくる

絶望しないためのバックアップ。宣伝とはいえやっぱり大事だなと思ったマイク松ですこんにちは。今日やっておこう。紹介されてるこのHDDもよさそうですね。

さて、世間は軍神オータニの話題でもちきりですが、打撃では3試合連続ホームランに続き、また先発をして2勝目をあげました。すごい。

OAKとの再戦でしたが、前にも増して軍神のピッチングの質が上がっていました。小宮山さんに指摘されたスライドステップのとき制球が乱れるという問題に対しては、ランナーを出さなければ問題ないという回答。当たらなければどうということはないスピリッツで乗り切ってしまいました。

それどころか6回までさっぱりランナーを出さず完全試合ペース。試合の進行とともにいろんな記録を抜いていく感じです。7回にヒットを打たれましたが、そのあともおさえて、結局7回無失点1安打12奪三振で2勝目をあげました。まあ軍神ですから。

アメリカメディアは開幕前は調子が悪かったのもあって、さすがにメジャーでは二刀流は無理やろという論調一色でした。チャレンジするのはいいことやで的な。若手をつぶす常套句、意欲は買うけどというやつです。しかしさすがに1週間くらいで投手で2勝、打者で3ホームランとなると、少なくとも現時点では納得しないといけませんよね。

ということでアメリカの評価は急反転しまくっています。まあ軍神を評価するんですから当然かもしれませんが、その反転具合がすごい。

もちろん同僚やカントクの評価が高いのは当然として、メディアの取り上げ方もすごく、マスターズの次に大きい扱いというのもありました。アメリカだけじゃなくイギリスメディアが取り上げてるのもおもしろい。クリケットじゃないのに。異次元の期待を最初の1週間で超えたという書き方もよかったです。

あとはオオタニは明らかにこの惑星由来ではないがおもしろかったです。宇宙か。宇宙なのか。

そして軍神は23歳なのにものすごい人格者ですが、そこに感心するコラムニストも登場。「23歳でこんな発言をするアメリカ人のアスリートを私は知らない。前代未聞のメンタリティだよ」とのことでした。

ここまで活躍されるとプレシーズンで悪くいってたのはばつがわるいですよね。ならばあやまってしまおうという記事も登場。自分のブログで「拝啓 ショウヘイ様 ごめんなさい。この仕事において勘違いを起こすことは最悪だ」で始まるごめんなさい記事を書いたそうです。だいじょうぶ、懺悔すれば軍神は許してくれる。

でも悪くなったらまた急反転するのもアメリカ。このままずっといい調子を続けて、アメリカに軍神ブームを巻き起こしたいですね。

あと僕が「拝啓 種いもさま ごめんなさい」という記事を書く日が来るといいですね。来ないけど。