Archive for the ‘野球’ Category.

相手がオリックだと思って!

すーんごいいやなことがあったマイク松ですこんにちは。最近はこれだけ腹が立つことがあったら、自分を変える時だと思うことにしています。変えるチャンスだ。

さて、今日は月曜日でしたが、オリックとソフバンの試合だけやっていました。アルバース先生はとてもいいピッチングをしていましたが、先生が降板したあとに順調に点をとられて逆転負け。様式美!

ところで先日、オリックについて不思議な記事を見ましたが、僕の気のせいでしょうか。

「オリックスだと思って投げろと」

どうも西武のツジカントクがタワタにいったらしいのですが、記事には苦手なソフバンに投げるときに意識してしまうから、得意なオリックだと思って投げろといったとあります。

しかしこういうときは、理由はわからんけど得意な相手だと思って、というのが正しいと思います。たとえばタワタがなぜか今シーズン強いラクテンに対して対戦成績がいいなら、ラクテンと思って投げたらいいよというのは通用します。平幕ですがなぜか永世大関にだけ勝てているなら、永世大関と思って相撲をとれは通用します。NFLの中でかなり弱いチームのいるかでも、なぜかNEには強いので、あいつらだと思って戦えとかいうのはぎりぎりおっけーです。

オリックの場合はなぜ得意かはわかっているのです。弱いからです。弱い相手に勝てているのはタワタのせいではないのです。オリックが弱いからです。ということでツジカントクはお気づきかどうかはわかりませんが、今回のカントクのアドバイスはただのディスです。シンプルにディスです。どう考えてもディスです。『翔んで埼玉』は埼玉ディスでいいブームになりましたが、本当は埼玉はいいところだから成り立つのです。他の例でたとえるなら、

みたいな感じかもしれません。ボールですら侮れないんですから苦しい。これと、

  • ソフバンと戦うときに、相手がオリックだと思って投げろ(種いも球団)

を併置させるとどうでしょうか。しっくりきてませんか?ヒドラ市、劉禅、オリック。逆にヒドラ市、劉禅のすごみが出てきました。

しかしこのディスを力に変えるべきでしょう。こうなったら世間はどんどん「相手がオリックだと思って」を使っていきましょう。相手がオリックだと思って戦う。相手がオリックだと思って受験。相手がオリックだと思って告白。相手がオリックだと思って料理。相手がオリックだと思って募金。相手がオリックだと思って平和への祈り。そう、「相手がオリックだと思って」運動が世界を救うのです。普段なら自信がなかったり、少しの戸惑いやためらいがあることも、「相手がオリックだと思って」をつければできる。今までの自分を少し変えたい。そんな人は今すぐ、相手がオリックだと思って行動ッ!

そしてオリック自身も相手がオリックだと思って戦いましょう!少し勝てるかも!思ってはいけないのは他球団だけです!オリックだけどオリックじゃない。さよならだけどさよならじゃない。(やまかつwink)

新社会人マナー講座:もしパンの中に調整中のハラカントクの鼻が入っていたら?

かぜひきそうなマイク松ですこんにちは。銭湯いってきましたが、今回は跳ね返せるか微妙です。がんばれ僕。

さて、昨日うっかり書いてしまった、ハラカントク、畠を二軍再調整という記事をうっかり鼻を二軍再調整と読んでしまった話ですが、リードを書いた時点で、これこの話だけで書けばよかったと思っていました。せっかくなのでもう少し広げてみようと思います。

新社会人のみなさん、社会人デビューおめでとうございます!まだ希望に満ちた生活を送っているかもしれませんが、社会にはいろんな落とし穴があるものです。せっかくの社会人生活がふとした落とし穴で暗転するのはいやですよね。そんなときは企業名が「スタート失敗」であるフォルス・スタート商会におまかせ!ロールプレイで落とし穴に落ちないように勉強しましょう!

問題:あなたがランチでホットドッグのようなものをたべようとしたところで、誰かの鼻が入っていました。あなたはなぜかその鼻が、ハラカントクのものであるとわかってしまいました。すでに食べる気はだいぶなくなっていますが、どうしたらいいでしょうか?

なるほどこれは社会の落とし穴っぽい。なぜハラカントクの鼻が?と思いますよね。ゴーゴリ「鼻」の物語が下敷きになっています。これは対応を誤らないようにしたいところです。まず下記のような回答をする人はいませんか?

1. 店員さんを呼んでなんとかしてもらう

まあ普通はこうすると思いますが、他の人はともかく、あなたはなぜかハラカントクのものであるとわかっているわけです。それなのにみすみす処理を店員に任せてしまうと、あらぬとばっちりを受ける可能性があります。慎重に考えないと悪いこぶじいさんのように、調整中の鼻を押しつけられて、逆に自分の鼻をとられてしまうかもしれませんよ。

2. どこかに捨てる

ゴーゴリにおける主人公は悩んだあげくどこかに捨てようとします。まあ無難な選択肢ですが、ハラカントクの鼻は調整中ということは、すでに鼻単独で何かできる可能性があります。自爆でもされては大変ですよね。あるいは鬼太郎の手のように家についてきたりするかも。勘弁してほしいです。

3. 食べる

パンに挟んであるんですから、食べたらいいじゃないのと思うかもしれません。でもあぶない!すでに調整してあるハラカントクの鼻。食べたら歯の方が砕けた、くらいならまだましで、最終的にハラカントクになってしまう可能性もあります。もう大人なんですから、なんでも口に入れるのはやめましょう。

4. 上司に相談する

報告・連絡・相談が基本だという人もいるかもしれませんが、そこが社会の落とし穴なんですよね。相手はハラカントク。オマエを守ってやるという上司の行動はあまり期待できません。むしろ「オレは知らないからな!オマエがなんとかしろ!」などと組織の暗部をみせられることの方が可能性大。ましてハラカントクから1億円払えとか言われたらどうしたらいいのでしょうか。

このように常識的な対応がかえって社会の落とし穴に転落する事態を招いてしまうこともあるかもしれません。じゃあどうすればいいのか。大事なことはまず相手の話をじっくり聞くことです。そこにヒントがあるはず。最新のハラカントクのコメントを読み解いてみましょう。

「ハラカントクは鼻について『鼻くそが出ているね。『真っすぐいきますよー』っていって放ってたら、150キロでもそうそう抑えられない。それをやっぱり、きちっと試合前にわれわれが伝えられていない』」

なるほど。調整中の理由は鼻から鼻くそがでているということなんですね。ハラカントクもカントクなんですからいつも鼻くそが出ているのはよくないです。あまつさえカントクの鼻は鼻くそを150km/hで飛ばしてくるそうです。まずいですね。当たったらけがの可能性もあるし、コントロールもきかない。そして調整に出すのにあたっても、その状況を調整担当部署に伝えられていないそうです。

わかりやすくまとめると、ハラカントクは故障して鼻くそをすごい勢いで飛ばす自分の鼻を調整に出したのにその故障状況を伝えていない、ということになりますね。そして続けて、

「きのうも何とか勢いを止めてくれというところで、なかなか止められない。これだけヒットも点数も(多い)という部分は、普通じゃないわけだから。これは異常なんだからね。その部分を次は普通にしないといけない」

とおっしゃっています。故障であるということは認めて、なかなか自分でも鼻くその勢いも出てくる個数も多いのも止められない、これは異常だとおっしゃっています。故障を直すことが大事だということですね。ほら、話を聞けば対処もできます。そしてハラカントクはその鼻にどのようにすればいいのか、というところさえも、実はおっしゃっているのです。

「私たちの責任でもあるし、本人(鼻)もそこは自覚しないと。私も含めて担当コーチというものが“焼きごて”を入れるぐらいのね、反省をしないといけない」

どうも焼きごてを鼻に当てればいいらしいです。それで解決するのかなとは思うのですが、壊れてしまってもスペアで補うのかもしれないし、熱を加えることで故障箇所が直るかもしれませんからね。

  • ゴーゴリ
  • 調整中
  • 四次元
  • 1億円

いろいろ焼きごてのデザインは考えられますね。

ということでこの場合の正解は、

5. 頑丈に梱包した上で焼きごてを当てる

まず鼻くそが150km/hで飛び出して周りの人を傷つけないように、頑丈な箱に入れます。鉄製の箱がいいでしょう。その上で焼きごてを当てるわけですが、焼きごて係の人は鼻くそを当てられないように、フェイスガードや防護服を身につけましょう。その上でわかりやすいところにメッセージをこめた焼きごてを当てることで、反省を促しておきましょう。その上でハラカントクに連絡をとるといいでしょう。色紙の妖精から色紙がもらえるかもしれませんよ。

いかがでしたか?社会の落とし穴はあなたのミスを狙っています。新社会人のみなさん、少しずつ社会になれつつ、このようなロールプレイで華麗に落とし穴を回避しましょうね。フォルス・スタートはフットボールでもうっかりミスですよ!

杉本、後藤駿太がやりました!

4月だというのに毎日寒いですね。富井です。近所の桜も3月末からずっと咲いてて今日、ようやく散り始めた感じです。エンゼルスの大谷も今年は5月に入ってから試合に出るらしいですし、どうりで野球が開幕しないわけですよ。もう、井上陽水ばりに「野球がない」ですよね。

・・・と、今日まで思っていました。
しかし、今日のオリックの試合は良かったですね。
2軍で絶好調だった杉本が2ホームラン!
昨年ほとんど2軍で過ごした後藤駿太が4打数4安打1四球と全打席出塁!!!
山崎福也も4回投げて無失点です。

昨日のDeNAの伊藤光のホームランもすごく嬉しかったのですが、未完の大器杉本の活躍と登録名を変えて全く活躍しなかった後藤駿太と森脇監督がいなくなってなんとなく干され気味の山崎の白星は本当に嬉しい。

これで来週あたり、見に行く気力がわきました。
目指せ勝率五割!!

頓宮をなんと呼ぶかにかんするトーク

新紙幣発表。急に出てきましたが楽しみですね。マイク松ですこんにちは。一万円札久しぶり。個人的には新しい500円硬貨がたのしみです。

さて、今日から種いも球団オリックは(もう予測変換で出るようになりました)、ロッテと3連戦。今日ははアルバース先生の好投と、序盤に点をしっかり入れてリードしていたのですが、先生が降板してから暗雲が。マスイさんの不調で9回を投げたサワダが打たれて同点に追いつかれました。いつ勝つんですかね。

種いもどもの勝利を待っていても日が暮れるので…などといっている間にロッテがサヨナラ勝ちしたので、予定通り勝敗とは関係ない話題を扱ってみましょう。

今日もそうだったのですが、Tなんとかさんをはじめとする古参の選手はさっぱり働かず、大相撲以上に世代交代が進んでいます。そんな期待の新人に頓宮という選手がいます。トングーと読みます。字面はピングーみたいですが、問題はそのイントネーションです。

僕らは阪急とか阪神とかと同じイントネーションかと思っていたのですが、今日のBS1の中継で、コクボさんが神宮とかピングーとかと同じイントネーションで呼んでいました。トングーはなんと呼べばいいのでしょうか。

富井:まず世間の人たちが頓宮知ってるのか、あとちゃんと読めるのかの方が気になる。
松:確かにそうですよね。トンミヤみたいに呼ぶ人もいるかも。読めなくても大丈夫ですよ。
富井:これって呼び方そんなにないんじゃないの?
松:そうですね、だからそんなに盛り上がらないとは思いますが、トークしてみましょう。どうせチーム状況を考えてもですね。
富井:絶望だけだもんな。攻撃力のなさに絶望し、リリーフの弱さに発狂だな。
松:名前のイントネーションを考えるだけならね。ちなみに今のところは、

  1. 阪急 UFOと同じ
  2. 待遇 境遇と同じ

の2つですね。ほかにあります?
富井:うーん…逗留とか中流とかと同じイントネーションは?
松:なるほど…収集とかといっしょですね。トングー…中国語っぽくなってきましたね。
富井:中国語といえば、アィヤー!みたいなイントネーションもあるな。
松:アィヤー!と同じだったら結構大変ですね。いつも力強い。
富井:あと浜省(ハマショー)とか吉牛(吉野家のこと)みたいなイントネーションもあるよな。
松:なんかいろいろありますね。略語みたいに読んだら関西弁ぽくなるかも。意外な伏兵ですね。
富井:もちろんどう読んでもいいんだけど、コクボさんの話を聞いてると、どうもちゃんと読まないとバカにされそうで困るんだよね。
松:でもわれわれは阪急とかチャーハンとかと同じイントネーションですけど、それだと凡愚とか暗愚とかと同じですよ。
富井:なかなかのパワーワードと同じだな…。でもコクボさんの説明だと豚汁とか豚足とかと同じように思えるんだよな。
松:じゃあ流通とかと同じアクセントですかね。トングー。
富井:あんまり強そうじゃないな…。もうアィヤー!のイントネーションかな?
松:トングー!みたいな。字面はスカパー!みたいですね。
富井:強そうで思ったんだけど、僕らが阪急とかと同じイントネーションを考えるのって、MLBの選手と同じ感じだからじゃないか?
松:なるほど…。ハーパー。バーランダー。ジャッジ。フレディ・ミッチェルさん。
富井:最後のはMLBじゃないけど、これなら納得じゃないか?
松:そうですね。これが落としどころと考えたいです。そうでないとアィヤー!と同じしかないわけですから。

というわけでトングーはラーメンとかチャーハンとかと同じイントネーションで呼んでください。そしてトングーは僕らがいっぱい話題にできるように活躍してくださいね。

いまだ開幕しない種いも球団オリック2019

ピクニックにいってきたマイク松ですこんにちは。お湯をもっていって、外でラーメンつくりました。外で食べるインスタントラーメンは最高ですね。ピクニックに向いているインスタントラーメンはもちろん金ちゃんヌードル。ふたが密閉できるから、ごみを持ち帰るのもノーリスクなのです。

さて、まもなくプロ野球も開幕ですね。たのしみですね。

え?もう開幕してる?うそでしょ(笑)そんな(笑)使い慣れてない(笑)なんか使ってしまいますよ。なんなら(苦笑)とかも使いますよ。

まあ他球団は確かに。開幕?してるんじゃないですかね。でも種いも球団オリックはいまだ開幕していないんですよねー。なにしろこないだまで未勝利だったんですから。未勝利って何?みたいにおっしゃる他球団の方もいらっしゃると思います。あまりありませんよね?まだ勝ち星がないってことです。相撲でいう初日が出ないってやつです。

それはこないだ初勝利がようやく、だいぶ待ってからありましたので、これはようやく開幕かなと思っていたのです。でも桜の花も急に気温が下がってつぼみなのに咲かない、咲けないよ~みたいなことってありますよね。オリックもそんなことがあったのです。この話、下手な怪談より怖いので、閲覧注意ですぞ。(変な語尾)

今日の試合、オリックはなぜか点が取れて、先発のサカキバラも結構がんばって、勝てるかなと思わせるめずらしい試合だったのです。ところが今年(も)非常に不安定なマスイさんが同点に追いつかれてしまうのです。こ~わ~い~~(T_T)使い慣れていない顔文字とか使ってしまいます。

まあここまではよくある種いも接待試合なんですが、相手のラクテンは勝負の代打に出た関係で、キャッチャー2人を使い果たしてしまったのです。どうするラクテン。もうキャッチャーなしでいって全球ワイルドピッチにする?(笑)(使い慣れていない)

そこでキャッチャーになったのがギンジさん。実は入団は捕手だったということですが、かなりばたばたして登場。ずっとキャッチャーやってないし、これはパスボール三昧、盗塁三昧かと思いますよね。これがラクテンの接待試合か。楽天スーパーセールってやつか~!?

ところが。ギンジさんはとてもいいキャッチャーとして活躍。全然パスボールもないし、残り4イニングを1安打無得点に抑えて引き分けてしまったのです。がんばるなギンジさん。やめてギンジさん。2万光年譲って種いも打線のこともあるし、それはない話じゃないかもしれない。

あまつさえ、ギンジさんに盗塁を刺されてしまったのです。ニシムラカントクの標榜する(標榜するのは勝手)機動力野球で、キャンプからがんばってきたニシウラとやらに走らせたのですが、送球それてもタッチアウト。これが普通にスタメンキャッチャーに刺されるなら、カイキャノンに刺されるならともかく、急に出てきたギンジさんに刺されるのは。こ~わ~い~~(^^)(誤った顔文字)

もちろん今年まだオリック戦をみにいってません。なぜって開幕してないからなんですが、開幕しても夢も希望もないからというのが正直なところです。今日のこの身の毛もよだつ恐怖エピソードで咲き始めていた桜もさくらんぼに先祖返りですよ。この衝撃をなんとする。

ということで相手がそうくるなら、こっちも野球選手じゃない人をプレーさせればうまくいくような気がしてきました。盗塁のためにケンブリッジアスカと契約しましょう。バットもグラブも素人でいいのです。あと打撃も営業パーソンとか保育士さんとかに任せるとか、投手もIT技術者とか宮大工さんに任せるとか、コーチもミュージシャンとかラッパーとかに任せるとかしてみましょう。みんな必死にやってくれるかも。やがてオリックには野球経験者が一切いなくなるのです…!こ~わ~い~~:( (海外の顔文字いまだによくわからない)