Archive for the ‘野球’ Category.

SBに負けなかった(勝ったとは言ってない)

4連休から読書ブームがきててあまり野球を見ていない富井です。レイモンド・チャンドラーが面白くて、うっかり読みふけってしまいました。
そんな時、オリックは勝つんですよね。台風が日本に接近すると勝つという説もありますが私が見てないときも割と勝率高いです。

相手は天敵ソフトバンク。それがこの3連戦でなんと2勝1分。ソフトバンクからしたら「お得意様」らしいのでさぞ悔しがっているだろうと思って(ソフトバンクが2連敗した記事を)西スポを読みに行くと案の定、相当悔しがっていました。そーとー悔しがっていました。やーいやーい。

中嶋監督代行は今日勝ちきれなかったことが非常に残念だったようですが、山本、田嶋で千賀、武田に勝った上に和田にまで勝とうというのはちょっと欲張りのような気がしますよ。そう考えてしまうのは私にもすっかり敗者マインドが根付いているのかも知れません・・・。とにかくこのまま3連戦をちょっとでも勝ち越していってほしいものですわ。

Get Wild グラウンド整備

極東事務所は今めちゃねむくなっています。マイク松ですこんにちは。サウナは最高ですが、あの入り方だとねむくなります。そうなるように入りましたからね。

さて、今Get Wild退勤というのが話題になっているのご存じですか?どうも退勤時にGet Wildを聴きながら帰ると、「良い仕事をした感」を得られるというライフハックだそうです。僕らもオリック敗北時に「いざゆけ若鷹軍団」を脳内に流しながら凶世羅ドームの階段を降りると、負け犬感が増して早く帰れるというライフハックを発見しています。どういう意味でライフをハックできるのかはわかりませんが。

それをきいてたのしくなったので、いろいろなGet Wildを聴きながら野球をみていました。ちょうどハム×ラクテンで、雨が降ってたびたび中断していたので、ちょうどよかったのです。

そしたらラクテンのクローザーのぶせにっつが出てきたのですが、そのときちょうど雨が強くなって、グラウンド整備のスタッフが出てきて、マウンドに土を入れ始めました。ぶせにっつはこないだも土を入れてもらっていましたが、よほど日本のやわらかいマウンドがあわないらしく、どんどん土を入れてもらっています。その間にも雨は降り続いていて、ぶせにっつは投球練習を数球やったあと、また土を入れてもらいます。雨は降り続いています。

そこではちょうど卓球のGet Wild – Takkyu Ishino Latino Remixをきいてまして、ぴこぴこしたリミックスと、グラウンド整備のスタッフの動きが妙にマッチしていました。ぶせにっつはなかなか自分の納得するグラウンドにならないし、雨はやまないし、投げてみたら1球もストライクが入らず、降板してしまいました。よっぽど雨の中で投げたことがないんですかね。

その後同点延長戦になったこのカードですが、現在雨で中断しています。でもグラウンド整備の時にはGet Wildを流すことをフォルス・スタート商会はおすすめします。Get Wild and Tough。

おうさきくんに学ぼう!ブルベルも暗い過去を抱えてはどうか

9mmのトリビュートアルバム聴いたマイク松ですこんにちは。よくこれだけのメンツ集めたなというところですね。トリビュートアルバムってそれまでどんなふうに音楽に向き合ってきたかが問われます。1曲目からUSGがやってくれた。

さて、フォルス・スタート商会極東事務所は関西にあるので、東京は用事があるときにいくところですが、大崎のおもしろさは知ってますよ。なぜか大崎止まりの電車があるんでしょ。

そんな大崎駅が公式キャラクターを出しました。

大崎駅に新しいオリジナルキャラクター「おうさき」

おうさきということでうさちゃんが出てくるのはいいのですが、なんだか明るさのない、困った顔をしています。どういうことなのか。ちゃんと説明があるようです。

「『大崎ってなにもない』『大崎止まりの山手線はいらない』『他の駅と間違えて降りました』と言われ続け、そんな悲しさからだんだんと眉が下がってきてしまった」

なんてかわいそうな。大崎ってそんなに何もないんでしたっけ?結構あると思っていたのですが、ともかくそんな声を受けてしょんぼりしているのがおうさきなんだそう。

そして駅員さんたちは、そんな悲しそうな「おうさき」を笑顔にするため、駅では「駅社員一同、大崎駅の魅力向上に努めてまいります!」と気合いが入っています。これも新しいマスコットの仕事なのかもしれないですね。

さて、種いも球団オリックにはバファローブルベルというマスコットがいますが、勝っても負けてもファンにあいそをふりまくえらいやつです。しかし彼らには今がんばってるばふぁろーずぽんたと比べると決定的なちがいがあります。かなしみをなかなか表現できないのです。ばふぁろーずぽんたにはなんといっても「んほ~!!」がありますからね。

ブルベルが勝っても負けても明るくふるまっているから、ノーヒットノーランくらいそうになったり、13点とられて負けたりするのです。もっとあやつらに悲しい設定を加えましょう。

  • 悪の組織で作られたロボット、隠し武器がいっぱいある
  • 作った博士の記憶がどこかにしまわれている
  • その博士は悪の組織の幹部で大人数を虐殺してきた
  • 博士が組み込んだのに教えていない、48の技が使える
  • 使っているエネルギーをめぐって戦争が起きた
  • 特殊な笛の音で殺人マシーンと化す
  • ブルベルを作るまでにサンプルで多くの人が実験台に
  • チームが負けると力の加減ができなくなり、これまでに何人ものファンの命を…

だいたい最近読み直してる仮面ライダーSPIRITSが影響していますが、このようなダークな設定を入れておくと、ブルベルを笑顔にした~い!がんばって~オリック~!などということになるのです。より暗い設定を考えてどんどん組み込みましょう!チームの勝利のために!

祝田澤ルール撤廃

川崎入団会見。トゥヨスィもいっしょに会見するおもしろい会見になりました。試合みにいってみたいマイク松ですこんにちは。

さて、なかなか人の名前がついたルールって日本ではないですが、よくない方のルールで通称「田澤ルール」というのがありました。このたび撤廃されることが決まったそうです。

田澤ルールは高校生が直接米球界入りした場合は帰国から3年、大学生と社会人の場合は2年、12球団との契約が禁じられていたやつです。これで理論上は田澤もドラフトされる可能性があるそう。なーるほど。

ぽいぽい高校生や大学生がMLB入りするのを防ぐという後ろ向きな理由だったような気がしますが、NPBによると「プロ野球の育成環境が整備され、米国のマイナーリーグより待遇や練習環境が良いという評価がアマチュア球界に定着してきた」ので、田澤が帰国してBCリーグ埼玉でプレーする中で、撤廃を検討していたそうです。育成システムも整備されたのもありますが、向こうの環境がなんやかんやで伝わってきたのがあるのかもしれないですね。

田澤も喜んでいるようです。自分の名前のついた悪しきルールとか絶対いやですよね。連敗が混んだらカントクをすげ替えるオリック摂関采配とかいうのならいくらでもあるんですけどね。(僕が考えた)

捕手争いが起こっている!

サラリーマン球団社長」はとても面白くて印象的なところはたくさんあるのですが、一番響いたのはノムさんが某球団オーナーに「監督を変えたらチームが強くなると思ってませんか?」と聞いたところ・・・富井です。赤ペンで印をつけて付箋貼って送らなければいけないオーナーがもう一人関西にいます。

さて、楽天3連戦はようやく1つ勝てたオリックス。中嶋監督代行になって強くなったかと言われるとそうでもないのですが、試合を見るのがちょっと楽しみになりました。マスコミもそう思っているのかオリックの記事が増えてきたような気がします。そんな中発見したのが「『捕手気質』中嶋オリックスで若槻と伏見が熾烈争い」という記事です。記事は途中主語がわからなくなって意味不明のところがあるのですが(弊社でもしマイク松がこんな文を書いたら必ず書き直しだ)なんとオリックでフェアな捕手の競争が行われているらしいです。

個人的には捕手について日高が干された頃からおかしいと思っていたので、やっとこういう競争が行われているというのを聞くとまともな球団になれるんじゃないかと思っております。大体、打つキャッチャーがレギュラーとれるのがまともじゃないですか?打率は低いが勝率が高いなら納得しますが、そういうキャッチャーは終盤出せばいいと思うんですよね。

とにかくフェアな競争が見たいので中嶋監督代行は途中解任しないでくださいね、オーナー。