Archive for the ‘野球’ Category.

ピピピピピ!またオリックが外れ外れ1位

元オリ監督が評価する19年ドラフト逸材たち。モリワキさんのことですが、Full-Countにももとオリの文字が躍るようになったのですね。マイク松ですこんにちは。もとオリ戦士について知りたい球団はフォルス・スタート商会に研究費をください!

さて、今日はそのドラフト会議が開催されました。各球団どしどし指名していったわけですが、きっと種いも球団オリックの指名は富井がまとめてくれるので、ここは注目の事実をふれておきましょう。このように各球団が1位指名をしたわけですが、1位指名といえば競合のくじ引きですよね。オリックはどうなったのかな…?

外 れ 外 れ 1 位

またくじを2回はずしているじゃありませんか。今回1回はずしたのはハンシン、西武、ソフバン、ハム、ラクテン。2回はずしたのは黄泉瓜とオリックだけです。黄泉瓜はこれまでの因業がめぐってきているのだと思いますが、オリックは特に何も悪いことはしてない、ただただ弱いだけじゃありませんか。

というかエスパーはどうしたんですか。ノーモアゴトウシュンタを掲げて球団の地下施設で日々研究に励み生み出してきたエスパーたちは。あやつらの力でニシムラカントクに幸運をもたらすんじゃなかったのですか。

ひょっとしたらニシムラカントクが引く手を間違えたのではないかと疑ってしまいます。てぶくろをかいにみたいに、のろい力を授けた方とは別の手で引いたとか。親切なてぶくろやさんと違い、ドラフト会議はただはずれるだけですよ。

あとはそうですね、そういえばイギリスのEU離脱の条件でイギリスとEUが電撃的に合意したとニュースが出ていました。悲観的な見通しも流れていた中での合意、ひょっとしたらそっちにいっていた可能性もありますね。ジョンソン首相のヘヤーがおもしろいことになってたのってそのせいなのか。まあ欧州の将来を左右する交渉に比べたら、外れ外れ1位もやむを得ないのかもしれません。おつかれエスパー!宮城とやらがんばって!

ナショナルリーグチャンピオンはナショナルズ!

久しぶりに風邪を引いたら10日ぐらい経ってもまだ治りません。・・・しゃきっとせんのです。こういうとき大谷翔平がホームランを打ってくれたら咳も止まるような気がします。富井です。今シーズンのメジャーリーグは大谷がいなくなって日本では盛り上がらなくなりましたね(というか、盛り上がらない一人が私なのですが)。といってもまーさんのヤンキースはアメリカンリーグのチャンピオンシップを戦っていてまーさんの力で勝ち進んでいるんですよ。まーさんは本当に偉大です。

さて、ワールドシリーズに進出するナショナルリーグチャンピオンはなんとワイルドカードから上がってきたナショナルズ。今年はチームの顔だったブライス・ハーパーがフィリーズに移籍してすっかり弱くなったと思っていたのにシーズン終盤から8連勝でワイルドカードプレーオフに乗り込みブルワーズを下すと、絶対負けると思っていたドジャースもなぎ倒し、その勢いのままカージナルスを4連勝でスイープしてしまいました。どう考えてもナショナルズはドジャースだと思ったんですけどね。

ナショナルズといえばシャーザー。豪腕の上に右目と左目の色が違うというところがたまらなくかっこいい(典型的な中二病の中年)ので密かにファンなんですが、そのシャーザーもついにワールドシリーズに進出ということで試合後ぶるぶると震えていました。あんなベテランでも震えるぐらい嬉しいのですね。おめでとうございます。

どうでもいいことですがシャーザーのゴーグルも右目と左目の色が違うんですけど奥様が探してプレゼントしてくれたそうです。次のシャンパンファイトでは是非注目して下さい。

相手はヤンキースなのかアストロズなのか・・・アストロズのバーランダーとシャーザーが投げ合うという元デトロイト・タイガース対決が見たいような気がしますがまーさんと大トロ打線こと反則的な強打者たちのヤンキースも見たい。どっちにしてもナショナルズが不利に見えるぐらいの圧倒的戦力のチームなのが心配ですが、きっとまたナショナルズがやってくれるに違いありません。楽しみだな。

あつまる!種いもピーポー

最近タコライスを作っているマイク松ですこんにちは。タコスミートを作るとあとは簡単なので。

さて、ややこしい仕事が続いてなかなか記事が進まないのですが、種いも球団オリックの来シーズンの布陣が決まったよというニュースが出ていました。

こうみると田口は残留、コマツ、G-光尊、サタケ、キシダ、コヤノさんなどなど、もとオリ戦士がだいぶ集まってきましたね。もちろん厳密にはほとんどがもとオリ戦士ですが、最近までオリックだったみたいなやつが増えてきたということです。G-光尊とか一軍打撃コーチになりましたもんね。

こうなるとオリック自体にもとオリパゥワーが充満してくるのかもしれません。これがオリックを強くするのか、他球団のもとオリ戦士を強くするのか、研究が必要ですね。あつまる!種いもピーポー!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!ぽっ!potato!えっびっばーっでぃっ!

オリのかけらを探しに行こう作戦のご提案

ヤマモトがミヤザキに感謝。いい話ですがミヤザキはまだチームに必要だったような気がするんですよね…。マイク松ですこんにちは。

さて、記事を書くために最もアクセスが少ないと思われる種いも球団オリックの記事を探してみたのですが、Tさんは残留するようですね。生涯オリ宣言とかいってますが、これでトレードしたらおもしろいんですが…。

ニシムラカントクも2年目。全てが課題といってます。ニシムラカントクは間違ったことはいわないのですが、本当のことしかいわないので、盛り上がりにはなりませんよね。

当サイトで未知のエネルギーとして取り扱っているもとオリパゥワー。今は他球団に利用されてばかりなのですが、ここにきてオリック自身も、もとオリパゥワーを活用することを模索しているようです。

オリ、小谷野氏招へいへ 今季楽天打撃コーチでAクラス進出に貢献

実はもとオリ戦士のコヤノさん。お世話になりました。今年はラクテンのコーチになり、実はチームを強くしてるんですね。しかしヒライシカントクが辞任するということで自身もおやめになったそう。お仕事がないならきてほしいです。

というかもとオリ戦士のコヤノさんをコーチとして招聘すると、コヤノさんはもとオリ戦士だったオリック民ということになります。もちろん阪急時代も入れればたくさんのもとオリ戦士だったオリック民はできているわけですが、当サイトとしてはもとオリパゥワーの探究に向けて、コヤノさんを活用したいところです。

あれです、オリのかけらを探しに行こう作戦です。出て行ったり放逐したりしたもとオリ戦士を集めるのです。当サイトでは以前なぜかヨシダを9人集めるというオリック九吉田伝を提唱したことがありました。この記事でもいっていますが、ヨシダを9人集める理由がないのです。ただおもしろそうだから、くらいです。でももとオリのかけらを集める理由はある。もとオリパゥワーを集めるのです。

もうこうなったらオービキさんも集めるし、冷温停止されておられるサカグチさんも呼び戻しましょう。イトーヒカルも偽書疑心の計で呼び戻しましょう(だまして連れてくるともいう)。さっきのミヤザキもなんかで呼び戻しましょう。ぶらぶらしているもとオリも集めましょう。

この世に負けのはびこるとき、8人のもとオリ戦士が集まるでしょう…

こっちの方がもとオリパゥワーという面では合理性がありますよね。畑のすみの方にころがっている小いもを集めるように、集めよう!もとオリ戦士!

オリのかけらを探しに行こう Again (もとねた 歌詞)

今宵 オリのかけらを探しに行こう
ドームはもう屋根が動かない
勝ち忘れたことがあったから
もう一度 向い合せで野球しよう

初めてのシーズンみたいね こんなに負けが込んでる
夜空と街灯り輝いて最下位になる
宇宙ユニフォームが目印 勝ち上がりそうになっても
抱きしめて 両手で この順位で待ってる

きっと 遠すぎて 遠すぎて
少しずつ見えなくなった
だけど今 素直に呼べる気がする

みんな オリのチームをくぐりぬけて
他チームの波間に揺られてる
話し足りないことがあったから
もう一度 向い合せで野球しよう

なんというマエダ

でかいでかい台風がやってきているのですが、明日のバイトはなくなりそうにないマイク松ですこんにちは。台風の中出かけるのはいやですが、かといってバイトがなくなるのもいやですよね。

さて、ラグビーワールドカップに加えて、プロ野球はプレーオフ、Jリーグも予定通りなどなど、今はスポーツイベント花盛りです。

NHKのBS1はそれでなくてもいろんな番組があるのですが、ラグビーに人をとられて大変そう。大忙しです。ということでいろんな人がかり出されていておもしろいです。

今日はMLB、NLリーグ優勝決定シリーズ、WAS@LADの第5戦が放送されていて、いつもは相撲の吉田さんもかり出されていました。そりゃそうですよね。基本的にはなんでもできるはずなのです。

しかしなんとなく相撲の感じが出てしまうのは仕方ないところ。今日はLADのピンチにPOではリリーフを担当しているマエケンさんが登場。3者三振で向こうの流れを断ち切りました。このすばらしい活躍に吉田さん。

「なんというマエダ」

相撲をごらんの皆様なら、これは「強い魁皇」とか「ここで出た伝家の宝刀内無双」とか「まったく問題にしない白鵬」とか「コトミツキ」とかと同じニュアンスだなとすぐわかってしまうのです。この試合も両チームの死闘をエンターテインメントとしてしっかり実況していました。さすが吉田さんでした。