Archive for the ‘フィギュアスケート’ Category.

全日本フィギュアスケート選手権2019(4):男子シングルFS

レビューをしていると、実写版「CATS」の予告を見ました。この映画は妙に酷評されてて逆に見たくなっている富井です。しかし、舞台を見慣れているせいかイマイチ不気味さがわからず、ちょっと残念でした。見に行くべきか、見なくていいのか考えどころですが、とりあえず男子シングルFSです。これは見たかった(終わって2日経っていますが)
解説はホンダバン。実況は西岡さん。

高橋大輔。SP14位。「Pale green ghosts」3Fはきれいに入りました。3A+2Tもやや着氷が乱れましたがOK。3Sも成功。すぐにシットスピン。ステップシークエンスは足元と上半身が連動している高橋らしいステップ。3Aは途中で開いてしまい転倒。3Lz+2Tは成功。3Loも入り方が工夫があります。3Fは転倒してしまいましたがまずまずジャンプをそろえてきました。コンビネーションスピンはちょっと短いかな。コレオシークエンスは音楽と合ってて素晴らしい。コンビネーションスピンもいいですね。SPは自由な感じでしたが、FSは競技会用のプログラムでしたね。素晴らしい最後だったと思います。・・・て、もう一回戻ってきてもいいと思いますよ。204.31

中村優。SP10位。「ロクサーヌのタンゴ」ほか。4Sは転倒。3A+2Tはいいですね。3Fもいいジャンプ。シットスピンもまずまず。1Aになってしまいましたがつづけて足換えのコンビネーションスピン。3Lzの予定がシングルに。3Lo+1Eu+3Sはきれい。コレオシークエンスもいい。3Lzは足をついてしまいました。ステップシークエンスはスピードがありました。コンビネーションスピンも回転が速い。193.39

須本光希。SP12位。映画「イル・ポスティーノ」より。3Aはやや着氷が乱れましたがOK。3Fは流れのあるジャンプ。3Lzもいいですね。3LoもOK。シットスピンは手が面白い。コンビネーションスピンもオリジナリティがあります。ステップシークエンスはスピードはないけど美しい。2A+1Eu+3Sは流れのあるジャンプ。3F+3Tはセカンドの方が高くていい。キャメルスピンもOK。コレオシークエンスはイーグルが美しい。2A+3Tも流れがあっていいジャンプ。後半にコンビネーションジャンプを固めて、それを全部成功させたのが良かったですね。220.28

今のところ1位は山本草太。山本草太が1位なら高橋と一緒に録画放送して欲しかった・・・・。

友野一希。SP11位。振り付けはミーシャ・ジー。映画「ムーラン・ルージュ」より。4T+3Tは高さがある大きなジャンプ。4Sも高い。素晴らしいジャンプだなあ。3A+3Tも素晴らしい。あれ、友野ってこんな選手だっけ?ステップシークエンスは音楽のとらえ方がすごい。シットスピンはOK。腰が高いかと心配しました。2Loになってしまいましたがこれから、これから。3Aは見事。コンビネーションスピンも回転が速い。3Lz+1Eu+2Sはちょっと残念だけど成功。3FはOK。コンビネーションスピンも回転が速くていい。コレオシークエンスも曲に合ってていい。すばらしい!マラジェッツ!!ズーパー!!友野のイメージが変わりました。ジャンプは高いし、音楽表現も素晴らしい。泣いても当然の出来ですよ、これは。244.69

本田ルーカス剛史。SP9位。映画「007シリーズ」より。3Aは何とか着氷。もう一度3Aでしたがステップアウト。続いて2Loと緊張しているよう。シットスピンはOK。3F+2TはOK。3Lz+3Tは高くていい。2A+1Eu+2SもOK。コレオシークエンスも面白い。音楽からしてもダニエル・クレイグだね。コンビネーションスピンもオッケーです。ステップシークエンスは拳銃を構えながら。爆弾はなくていいのか?3Lzはいいジャンプ。コンビネーションスピンも面白い。最後のポーズと最初が同じというのもシャレオツですな。209.96

木科雄登。SP8位。映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」より。3A+2Tはアクセルが素晴らしい。続く3Aは転倒、もったいないなあ。シットスピンは回転が速い。3Lo+3Tも成功。3Lzは転倒。ステップシークエンスもOK。2A+1Eu+3Sはなんとか成功。コレオシークエンスもイーグルがかっこいい。3Fの予定が2回転に。キャメルスピンは回転がもう一つ安定しなかったかな。3Loも成功。コンビネーションスピンは回転が速くていい。198.77

鍵山優真。SP7位。映画「タッカー」より。4T+2Tは大きなジャンプ。3Loはオーバーターン。4Tも幅がある。素晴らしい。3A+1Eu+3Sは流れが素晴らしい。キャメルスピンも上手。シットスピンも難しいポジションだ。ステップシークエンスも手の使い方が上手。バランスの取り方がいいですね。3F+3Tも素晴らしい。3Lzも見ていて気持ちがいい。3Aも素晴らしいジャンプ。コレオシークエンスもいい。コンビネーションスピンも素晴らしい回転スピード。おお、ノーミス!!ジャンプでスピードが全く変わらないのがいいですね。お父さんもこれは嬉しいよね。257.99

島田高志郞。SP5位。映画「アーティスト」より。4Tは手をついてしまいました。いいジャンプに見えたのですが。3A+2Tは安全に。3Loも流れがあります。2Fになってしまったのはもったいない。キャメルスピンも形が美しい。ステップシークエンスは華があります。2Aになってしまったのはちょっと残念。3Lz+3Tはよくこらえました。単独の3Lzは転倒。コレオシークエンスはまずまず。足換えのコンビネーションスピンはいい。コンビネーションスピンも回転が速い。うーん、ちょっと残念な出来でした。来年もこのプログラムでやって欲しいなあ。212.24

佐藤洸淋。SP6位。「交響曲第五番『革命』」4T+3Tは成功、これは大きい。3Aも着氷しました。もう一度4Tに挑戦しましたが2Tになってしまいました。キャメルスピンはまずまず。ステップシークエンスもOK。3A+2Tも成功。シットスピンもOK。続くジャンプが2Lzになってしまいました。がんばれ。しかし3Fは成功。コレオシークエンスはイーグルがいいですね。最後の3Loは軸が斜めになってしまいました。コンビネーションスピンはややトラベリングしたもののダイナミック。215.23

田中刑事。SP4位。映画「シャーロック・ホームズ」より。4Sは大きなジャンプ。4T+2Tもいいジャンプ。3Aもこらえました。コレオシークエンスのイーグルの雰囲気もいい。キャメルスピンの終わり方が好き。3Fも素晴らしい。3Tになってしまったのがちょっともったいない。シットスピンもOK。3A+1Eu+3Sも難しいかと思いましたがちゃんとコンビネーションに。3Lzも成功。コンビネーションスピンもベテランの安定感。ステップシークエンスも音楽表現が上手いのと最後のポーズがかっこいい。さすが宮本賢二さんの振り付けだなあ。選手のかっこよさを引き出しますよね。252.44

佐藤駿。SP3位。「ロミオとジュリエット」4Lzは惜しいところで転倒。もうちょっとだった。4T+2Tは見事成功。2回目の4Tも高い。コンビネーションスピンはまずまず。3A+3Tも成功。シットスピンはいいスピン。3Aはきれいなジャンプ。3F+1Eu+3Sも成功。ステップシークエンスはまずまず。3LoもOK。コレオシークエンスは音楽によく合ってロミオっぽい。コンビネーションスピンは変化のバリエーションがあっていい。もう少し回転が速ければもっといいな。246.50

宇野昌磨。SP2位。「Dancing on my own」4Fはやや危ないかと思いましたが見事な着氷。4Tも上手く着氷。3AはOK。3Loは手をついてしまいましたがたいしたことない。キャメルスピンはさすがに上手い。4T+2Tは見事なジャンプ。3S+3Tもいい。3A+1Eu+1Fはアクセルの着氷がもう一つだったところから3連続に。ステップシークエンスにはうっとり。コンビネーションスピンも回転軸が素晴らしい。コレオシークエンスは宇野の得意技。コンビネーションスピンは回転が速い。よくまとめました。ほんとグランプリシリーズに比べたらすごいです。最高ではなかったですが、実力は発揮できました。思わずランビエールに抱きつく宇野。よく立ち直りました。290.57

羽生結弦。SP1位。「Origin」4Loはステップアウト。4Sは素晴らしいジャンプ。コンビネーションスピンも美しいなあ。ステップシークエンスはやや元気がないかな。2Lzになってしまいました。4Tもステップアウト。4T+1Eu+3Fも両足着氷。3A+3Tは成功。3Aが転倒。コレオシークエンスは美しいの一言。シットスピンも素晴らしいしコンビネーションスピンも高速回転。うーん、4年ぶりの全日本は疲れがたまっていましたかね。もう25歳。静養してもおかしくないところをずっと出続けるのは見る方が考えるよりものすごいことなのではないでしょうか。なのに、ジャンプ構成が難しすぎますよ・・・。282.77

○最終順位(いだてんぽく)
1.やっぱり宇野はとつけむにゃあ男たい
2.やっぱり羽生はとつけむにゃあ男たい
3.やっぱり鍵山はとつけむにゃあ男たい
4.やっぱり刑事はとつけむにゃあ男たい
5.やっぱり佐藤駿はとつけむにゃあ男たい
6.やっぱり友野はとつけむにゃあ男たい

1位は宇野。羽生に勝ったのは初めてですよね。コーチ変更からの不調、からの優勝ですから格別の経験になりました。おめでとうございます。とはいえ、これで宇野の時代が来るのかというと簡単じゃないと思うんですよ。2位の羽生はイマイチ燃えてなかった。人並み外れた闘争心が今回は見えませんでした。もし誰か「もうお前の時代は終わったんだよ」とか「じじいが」とかうっかり言おうものならトム・ブレイディ(NFLの生きる伝説・チームを6回優勝させている。そしてじじいと言う度に復活する)並みにオリンピック3連覇してしまうような予感がします。とはいえ、ちょっと休養の取り方を考える必要があるでしょうね。とにかくしばらく休息だ。

さて、別次元にいる2人は置いといて、3位以下が非常に興味深いものでした。正直、女子の方が面白いと思ってたというか、そう書きました。でも、男子もレベルが高くなってきましたね。ごめんなさい。

3位の鍵山は踊れる選手というのがキャッチフレーズだけど私はジャンプが素晴らしいと思います。ジャンプに入る前と跳んだ後が同じスピードに感じるのは羽生結弦のよう。あのレベルまで行けるんじゃないかと密かに期待。お父さんが3位確定であんぐりしていたのをとらえたのは、ぐっじょぶ。4位の田中もすごく伸びた年だと思いますが、他が急成長しているのでさらにジャンプの精度を上げていかなくてはですね。でも、それ以外は本当に上手くなった。5位の佐藤駿はSPより緊張してしまいましたね。もっと気楽な順位だったら4Lzは成功したような気がします。ジャンプの加点ももっとついただろうな。

そして個人的に感動したのは6位の友野一希。こんなに大きなジャンプが跳べる選手でしたっけ?元々音楽表現はいいものもってていい成績を残すこともあるけど、正直もう一つだと思っていました。しかし今回のFSはジャンプミスもありましたが素晴らしかったし、一番心に残りました。ジュニアの鍵山・佐藤、上の羽生・宇野と強敵ですし、他の選手もどんどん上手くなっていますが、私は友野のFSを見て町田樹が急激に伸びた時を思い出したんですよね。あの時町田は盤石だと思われていた高橋・織田・小塚を蹴散らしてオリンピック代表になりました。ああなるんじゃないかというほのかな予感があります。がんばって欲しいです。

全日本フィギュアスケート選手権2019(3):男子シングルSP

法事があったので実家で男子SPを見たのですが、ライブで見ると長いですね。早送りの素晴らしさを思い知った富井です。さて早送りでレビューに行きましょう。解説はホンダバン。実況は西岡さん。

鍵山優真。ピアノ協奏曲「宿命」3Aはシングルになってしまいました。4Tは流れがあるジャンプ。キャメルスピンも形が美しい。3Lz+3Tも大きなジャンプです。ステップシークエンスもスピードがあっていいですね。シットスピンも回転が速い。コンビネーションスピンもポジションチェンジがスムーズ。77.41

佐藤駿。Jrグランプリ優勝者。映画「ロシュフォールの恋人たち」ほか。3Aは高さのあるジャンプ。3Lz+3Tはちょっとバランスが悪いな。キャメルスピンは回転が速い。シットスピンもOK。4Tは高い。素晴らしいジャンプ。ステップシークエンスも動きがいい。コンビネーションスピンの回転が速い。素晴らしいスピン。82.68

宇野昌磨。コーチがランビエール。「Great sprit」素晴らしいスピード。4Fは見事なジャンプ。4T+2Tも最初のジャンプに高さがありました。キャメルスピンも回転がいい。3Aも特大だ。足換えのシットスピンも回転が速い。コンビネーションスピンもポジションチェンジが速い。ステップシークエンスはまるでウィニングラン。素晴らしい。グランプリシリーズはすでに過去のもの。ノーミス!完全復活!ランビエールさえいればこんなものか。105.71

島田高志郞。背が伸びましたか?「Stay」3Aは高さのあるいいジャンプ。4Tはやや両足着氷に見えましたがどうだったでしょう。シットスピンは回転が速い。キャメルスピンの最後に手を開くのがエレガントでいい。2Lz+3Tになりましたがセカンドジャンプが3回転だったのは助かった。ステップシークエンスはもうちょっと情感が欲しい。手もだけど顔の向きが大事だよ。コンビネーションスピンも素晴らしい。ランビエールも拍手。80.59

田中刑事。「Hip Hip Chin Chin」踊りまくって欲しい。そう、逮捕されそうなぐらいね。・・・緊張している。3Aは大きなジャンプ。いいですね。4Sは手をついてしまいました・・・残念。キャメルスピンはいい。シットスピンも悪くないけどなんか、もっとこうアピールできるプログラムなのに。3Lz+2Tになりましたが悪くない。ステップシークエンスはやや音楽に遅れているような。コンビネーションスピンもかっこいい。振り付けはマッシモ・スカリだそうです。さすがはスカリ、いい仕事するな。80.90

佐藤洸淋。「チャップリン・メドレー」現役最後のシーズン。4Tはステップアウト。3Aは優雅。キャメルスピンもOK。ステップシークエンスはチャップリンらしい。3Lz+3Tも成功。シットスピンは上手ですね。コンビネーションスピンも変化がいい。最後までエンターテインメント。78.84

羽生結弦。「秋によせて」4Sは素晴らしい高さ。4T+3Tも流れがすごい。3Aも着氷と同時にイーグル。キャメルスピンもいい。シットスピンもポジションチェンジが速い。ステップシークエンスも途中のジャンプがかっこいい。コンビネーションスピンもすごい。体感で時間が他の人の半分ぐらいに感じる。旨いかき氷を味わっているような・・・。110.72

山隈太一朗。映画「君の名前で僕を呼んで」より。3Aはバランスを崩してしまいました。3Lz+3TはOK。シットスピンもいい。ステップシークエンスもおもしろい音楽を上手く使っています。選曲したお姉さんのセンスがいい。3Fは転倒。もったいない。キャメルスピンはやや短いかな?コンビネーションスピンは回転が速くていい。64.88

須本光希。「The feeling begins」3Aは手をついてしまいました。3F+3Tは流れがあっていいジャンプ。3Lzも軽快。シットスピンも音楽に合っています。ステップシークエンスもスピードがあっていい。キャメルスピンもOK。コンビネーションスピンもポジションが面白い。さすが上手。72.81

鎌田英嗣。こちらも現役最後のシーズン。「Tonight」2Aは成功。3Lz+3Tはバランスを崩したかと思いましたがセカンドジャンプをつけました。キャメルスピンはちょっと回転がゆっくり。3Loはまずまず。ステップシークエンスは丁寧。シットスピンもOK。コンビネーションスピンは足換えのジャンプで止まってしまいました。ああ、もったいなかった・・・。55.30

山本草太。映画「エデンの東」より。始まってすぐ躓いてしまいましたがまだ大丈夫。4S+2Tは成功。次が2Tになってしまいノーカウント。ああ、攻めていたのだけど。キャメルスピンはいいですね。3Aは幅のあるいいジャンプ。シットスピンもスムーズ。ステップシークエンスはエレガント。上品で王子様の雰囲気がある。コンビネーションスピンもよかった・・・ああ、あの2Tがなあ・・・。無難に3回転ジャンプでも良かった。68.16

高橋大輔。シングルからの卒業。33歳。「The Phenix」もうダンスだよね。3F+3Tはきれい。3Aは途中で着氷してしまいました。シットスピンはちょっと短いかな。キャメルスピンもやや回転が遅いか。3Lzは転倒。コンビネーションスピンはOK。ステップシークエンスは沸かせるけど、これは疲れる。フリーぐらい疲れるプログラムだわ、これは。でも勝つとか負けるとかじゃない。ノーガードで打ち合う。それが高橋。長光コーチも「フリーに残れるかしら」と言いながら、笑顔でねぎらうところはまるで夫婦漫才。あうんの呼吸。65.93

友野一希。「The hardest button to button」高さのある4T+3Tでしたがセカンドが両足着氷かな。そして次も2Sになってしました。シットスピンは回転が速いけどレベル1っていうことはポジションが高すぎたかな。コンビネーションスピンは個性的で良いです。3AもOK。ステップシークエンスは素晴らしく面白い。キャメルスピンもいいし、その後も面白かった。さすがフィリップ・ミルズさんだなあ。コーチにはミーシャ・ジーも。73.06

日野龍樹。「交響曲第三番 オルガン付き」3Lz+3Tは両足着氷かな。3Aは転倒、がんばって!キャメルスピンはOK。3Loも成功。シットスピンは上手ですね。ステップシークエンスは工夫されたステップ。コンビネーションスピンもポジションチェンジが多い。うーん、ジャンプが決まりませんでしたね。もったいなかったな。62.47。でもフリーは進出できました!

○SPを終えての順位(いだてんぽく)
1.そう、違う、そう、羽生
2.そう、違う、そう、宇野
3.そう、違う、そう、佐藤駿
4.そう、違う、そう、刑事
5.そう、違う、そう、島田
6.そう、違う、そう、佐藤洸淋

1位の羽生はもっといいときもあるけど、きっちりやりきりました。世界選手権はまず出場できるから多分、あまり燃えたぎる部分がないよね。2位は宇野。宇野はグランプリシリーズの不調を帳消しにする素晴らしいプログラム。よかった、よかった。

3位の佐藤駿はいきなりジュニアから飛び越えてきた新星。この子なら羽生、宇野に続けるのかな。ライバルの鍵山もかなりいいと思いました。4位の田中は・・・勝ちきれないなぁ、フリーでは3位になっていると信じているよ。5位の島田はがんばった。宇野がチームメイトになって吸収できることも多いはず。6位の佐藤は素晴らしい。ラストシーズンを大喜びで終えて欲しい。

全日本フィギュアスケート選手権2019(2):女子シングルFS

順番で行くと男子SPなのですが、追いついていないので女子FSを先にします。富井です。ちょっと前まで女子しか興味がなかったフジテレビですが、今や逆転。まあ、羽生、宇野、高橋はオリンピックメダリストだからそうなるんでしょうけど、日本の女子のレベルは高いのにもったいないな。解説は荒川さん、実況は中村さん。

竹野比奈。「ロミオとジュリエット」3Lz+2Tは慎重に。しかし美しく成功させています。3Fもお見事。2A+3Tも成功。良いスタート。シットスピンも回転が速い。続くジャンプが1LzになってしまいましたがステップシークエンスはOK。コンビネーションスピンも回転が速い。2Loになった後、2A+1Eu+3Sで転倒。少し疲れてきましたか。でも3Tは成功。コレオシークエンスはきれいなスパイラル。レイバックスピンはややトラベリング。でもポジションは美しかったですね。168.57

新田谷凜。「エクソジェネシス交響曲」3Lzは高い。3Fも流れのある素晴らしいジャンプ。3Loは慎重に跳びました。コンビネーションスピンも曲に合った回転。ステップシークエンスもOK。3SもOK。3Lz+3Tはルッツが高かった。2A+2T+2Loも流れがいい。2A+3TもOK。コンビネーションスピンもいいですね。一度完全に止まってからスパイラルの流れがドラマチック。レイバックスピンはややバランスを崩したでしょうか。でも滑りきりました。実力を発揮できました。顔が若い頃の安藤美姫に似てますよね。184.26

吉岡詩果。ハープ協奏曲「リラ・アンジェリカ」3Lz+3Tは大きなジャンプ。3Sは転倒してしまいました。2A+3Tはいいジャンプですね。コンビネーションスピンは回転が速い。3LoもOK。3Lz+2T+2Tも成功。コレオシークエンスはまずまず。2AもOK。シットスピンは姿勢がいい。3Fは転倒。レイバックスピンは回転が速い。ステップシークエンスよく音を拾って滑っています。171.44

川畑和愛。マイアイドル太田由希奈と樋口地蔵尊の教え子です。がんばって欲しい。「Yumeji Theme」「シクリアダス」スピードがある。3Lz+3Tはやや着氷が詰まりましたがいいです。3Loは流れのあるジャンプ。2A+3Tも高さと流れのあるジャンプ。3Fも高い。ステップシークエンスもいいですね。コンビネーションスピンも回転が速い。2A+2T+2LoもOK。3Lzもバランスを崩したように見えましたが見事着氷。3Sも流れがありました。キャメルスピンもいい。コレオシークエンスも踊りまくってますね。コンビネーションスピンも素晴らしい最後まで流れが止まりません。いい出来でしたね。こんなにジャンプが跳べるんだ。すごい。振り付けはランビエールだそうで、ジャンプ以外が素晴らしいのは納得なんですが。いい選手出てきましたね。193.96

横井ゆは菜。「オペラ座の怪人」スピードがいいですよね。2Aも大きい。3Lzはなんとか着氷を持ちこたえました。コンビネーションスピンもドラマチック。シットスピンもいい。ステップシークエンスも芝居がかってていい。3Loも準備なしに跳ぶのがいいですね。コレオシークエンスもいい。3Fは高い。3S+3Tもいい。3Lz+2Tは間にターンが入りましたが大丈夫。最終盤で2A+3T+2Tはすごいなあ。コンビネーションスピンも曲に合ってていい。いいなあ、横井ゆは菜。ほんとにミュージカルを見ているようでした。でも、よく滑っていた。やっぱりスケートはスピードですよね。190.92

永井優香。「アディオス・ノニーノ」3Lzは着氷。2A+3Tは上手にトーループを着氷しましたね。3Sもなんとか。レイバックスピンは美しい。3Lo+2Tも成功。2A+2T+2LoもOK。2Loになってしまいましたが3Tは成功。コンビネーションスピンは上手いな。ステップシークエンスもいい。コンビネーションスピンはやや曲と合わなかったかな。でも、良かったですよね。高校生の時に活躍してその後有望なジュニアに推された時代もありましたが復活ですね。173.88

山下真瑚。映画「セント・オブ・ウーマン」より。高さのある3Lz+3T+2Tは素晴らしい。ですが、次が1Aになってしまってもったいない。3Loは流れのある美しいジャンプ。次の2Aはきまりました。キャメルスピンもいい。コレオシークエンスは長いイナバウアー。3Lzは回転不足なのかな。3Fは両足着氷。シットスピンは回転が速い。ステップシークエンスはやや曲に遅れているかな。3Sはなんとか。コンビネーションスピンもちょっと回転がゆっくり。でも何とか最後までやりきりました。緊張していたのでしょうか。170.75

樋口新葉。「ポエタ」2Aはいいジャンプ。3Lz+3Tは高い。3Sも大きくて見栄えがします。さすが樋口というジャンプ。コンビネーションスピンはまずまず。3Loもダイナミック。コレオシークエンスはまあまあですが、2A+3Tはきれい。3Fはステップアウトでしたが高さはありました。3Lz+2T+2Loも見事。キャメルスピンは良かった。ステップシークエンスは動きがいいですね。スピードがあります。コンビネーションスピンも回転速度があっていい。最後に盛り上がりました。素晴らしい。206.61。これはいい点数ですね。

本田真凜。映画「ラ・ラ・ランド」より。3Lzは転倒。でも直後の動きはとてもいいです。2Aはきれいなジャンプ。3Loは入り方も工夫があっていいジャンプ。2Fになってしまった惜しい。コンビネーションスピンも素晴らしい。歌詞をつぶやいているようなステップシークエンス。やっぱり非凡ですよね。3Lo+2Tに入る前のスケーティングが良かった。3F+2T+2Loは成功。シットスピンも回転がいい。3Fは何とか着氷。ステップシークエンスもスピードがいい。レイバックスピンも素晴らしい。ジャンプミスはありましたが失敗したジャンプを次に成功させたのは良かった。181.34

宮原知子。「シンドラーのリスト」「鐘」2Aは降りた後もいい。3Lz+3T、これはいいジャンプだったんじゃないの?しかし次が2Lo。もったいないな。キャメルスピンは素晴らしい3Sも成功。どうして立っているのかわからないようなバランス。ステップシークエンスがすごい。3F+2T+2Loは回転不足。コンビネーションスピンはすごい。3Lzも手をついてしまいました。2A+3Tは成功。コレオシークエンスもコレオシークエンスの意義がある。レイバックスピンも素晴らしい。ジャンプが・・・もったいなかったなあ。拠点を変えての問題点が出てしまったのかなあ。191.43

坂本花織。映画「マトリックス」より。衣装がかっこいい。2Aは高さのあるジャンプ。さすが。3Fはコンビネーションにならず。3Lzは慎重な跳び方。3Sも成功。ステップシークエンスがすごくマトリックス。コンビネーションスピンもいい。3Lo+3Tはステップアウト。2A+3Tは転倒。珍しい。シットスピンは回転が速い。かっこいいコレオシークエンス、時間を操っている。3Lo+2Tはターンが入りましたがコンビネーションにしました。足換えのコンビネーションスピンも回転が速い。うーん、上手くいきませんでしたね。でもかっこよかったです。ショーナンバーにするときはサングラスをつけて欲しい。188.26

紀平梨花。「International angel of peace」3Sは大きなジャンプ。3A+3Tは見事としか言いようがない。3Fは回転が速いし飛距離もある。キャメルスピンも回転が速い。3Aは高さが素晴らしい。ステップシークエンスも動きが速い。3F+2Tも飛距離が素晴らしい。2A+2T+2Loも美しい。コンビネーションスピンもよい。コレオシークエンスも伸びやか、そこからの3Loは見事じゃ。レイバックスピンも回転が速いからあっという間。すごいなあ。もう横綱じゃ。229.20。圧倒的だ。

○最終順位(いだてんぽく)
1.やっぱり紀平じゃんねぇ
2.やっぱり樋口じゃんねぇ
3.やっぱり川畑じゃんねぇ
4.やっぱり宮原じゃんねぇ
5.やっぱり横井じゃんねぇ
6.やっぱり坂本じゃんねぇ

1位の紀平はこれが全日本初優勝とは信じられない横綱っぷり。おめでとうございます。2位の樋口も大復活ですね。期待されていた通りの成長。素晴らしかった。

そして3位の川畑ですよ。樋口地蔵尊と由希奈さんの教え子。それがあんなにジャンプが上手なんて。意外。でも、それ以外の所は思った通り素晴らしい。あこがれの選手はコストナーというところもいい。樋口地蔵尊&由希奈さんを世界選手権のキスクラに連れて行って!あなたなら出来る。

4位宮原はちょっとしたボタンの掛け違い。今日はたまたま上手く行かなかったけどより素晴らしくなっているのは間違いない。来年、5回目の優勝を楽しみにしています。周りは強敵ですができる、できる。そして横井はオリジナリティがある。ジャンプが揃えばかなり世界でも戦える気がする。6位の坂本はかっこよかったんだけどなあ・・・ジャンプが今日は上手く行かなかったけどここぞというところでは力を発揮するから今日は「ここぞ」ではなかった。そういう時もありますとも。

全日本フィギュアスケート選手権2019(1):女子シングルSP

世間の波に乗って「ワークマン」に夢中。富井です。ワークマン、丈夫でいいですよね。自転車に乗るときもお墓掃除の時もぬっくぬくです。おまけに、すぐ洗える!

さて(さてもなにも華やかな女子シングルにふさわしくない導入であったことに気づいてはいますがこのままつづけます)全日本フィギュアスケート選手権です!もう終わってるけど。2000年代は憂鬱な実況でしたがずいぶんさわやかになりましたよね。解説は荒川さん、実況は中村さん。

松田悠良。映画「You’ll never walk alone」3Sは何とか着氷。3F+2TもOK。キャメルスピンもきちんと回っています。2Aは流れのあるジャンプ。シットスピンもシットポジションがいいですね。ステップはテンポ良く。コンビネーションスピンはオリジナリティがありますね。52.34

竹野比奈。映画「ロシュフォールの恋人たち」2T+3Tと最初のジャンプが2回転になったのによく3回転をつけました。3LzはOK。ジャンプに高さがあります。キャメルスピンは回転にスピードがあります。2AもOK。コンビネーションスピンも回転速度が速い。ステップシークエンスも曲に合ってていい。レイバックスピンも素晴らしい。ジャンプがちょっと残念でしたがすごく良かったです。59.52

津内胡菜。大学4年生で初の全日本選手権。「ポエタ」振り付けはミーシャ・ジーだそうです。3Lzはゆっくりだったけど高さのあるコントロールされたジャンプ。3S+2Tも成功。シットスピンもOK。工夫のある入り方の2A。コンビネーションスピンは回転が速いしおもしろい構成。レイバックスピンはやや短いかな。ステップシークエンスは上半身の音楽表現が素晴らしい。よくまとめました。コーチは無良くんのお父さんだね。50.83

松原星。映画「アナスタシア」より。3Loの予定が1Loに。もったいない。コンビネーションスピンは美しい。シットスピンも回転が速い。2Aは成功。3S+3Tも成功。これは大きい。ステップシークエンスも上手。レイバックスピンも左手の使い方が美しいですね。すごくスピンが上手な選手ですね。50.43

川畑和愛。コーチが樋口先生だ!お元気そうで何より。「美しき青きドナウ」2Aは流れのあるきれいなジャンプ。3Lz+3Tも成功。シットスピンも素晴らしい。ワルツのリズムの取り方が上手。ステップシークエンスが華やか。3Loも成功。コンビネーションスピンの終わった後がすてき。キャメルスピンはもうちょっと工夫があったら良かったかな。すばらしい。ノーミスだ!お、キスクラに由希奈ちゃんがいるじゃないか!道理でエレガントなわけですよね。65.53

浦松千聖。「トゥーランドット」スピードがある。3Lz+3Tは美しい。シットスピンもいいですね。レイバックスピンも回転が速い。ステップシークエンスも曲に合ってて素敵。2Aは高さがある。3Fも成功。コンビネーションスピンも上手。みんな上手だなあ。59.16

紀平梨花。「Breakfast in Bagdad」3Aはステップアウト。3F+3Tは余裕があります。キャメルスピンは回転速度が速い。難しい入りの3Loも隙がない。コンビネーションスピンも最後のI字スピンがきれい。ステップシークエンスはスピードのチェンジが素晴らしい。レイバックスピンも美しい。最初の3Aがちょっと残念でしたが貫禄がありますね。もう横綱の風格。73.98

山田さくら。全日本に5年ぶりの出場。みんなそれぞれドラマがありますね。「スィート・リメンバー・オブ・ユー」3T+3Tは最初のジャンプは高さがあるいいジャンプでしたが転倒。3Loも高い。キャメルスピンはOK。2Aも流れのあるジャンプ。ステップシークエンスはちょっと物足りないかな。レイバックスピンは良かった。コンビネーションスピンも情感があります。終わって舌を出してしまいましたが作品としてはまとまっていましたよね。50.99。初めてのフリー進出だそうです。

永井優香。久しぶり。「白夜を行く」スピードなるスケーティング。3T+3Tは成功。バランスのいいジャンプでしたね。3Lzも大きなジャンプ。キャメルスピンは回転速度がいいですね。2Aも幅のあるいいジャンプ。ステップもさすがの巧さ。コンビネーションスピンもスピードが素晴らしい。レイバックスピンも背中のカーブが美しい。ノーミスでしたね!良かった!!64.78

佐藤伊吹。「テイク5・フォー・エリーゼ」手の感じがトゥクタミ風。3S+3Tはセカンドジャンプが回転不足ですかね。3FはOK。レイバックスピンもトゥクタミの影を感じる。キャメルスピンも美しいポジション。ステップシークエンスも曲に合わせて上手い。2Aも成功。コンビネーションスピンも素敵。最後のポーズもかわいい。50.35

坂本花織。「No roots」3F+3Tはややバランスを崩しながらも上手く着氷。キャメルスピンもいいですね。2Aも予備動作がほとんどないのに成功。コンビネーションスピンも回転が安定してていい。3Loもきれいだなあ、やっぱりジャンプが素晴らしい。レイバックスピンもOK。ステップシークエンスもコントロールされている。最後までパワーがありました。でも・・・去年や一昨年に比べるとやや気迫がないかなあ。大学に入った年って難しいよね。69.95

樋口新葉。「Bird set free」2Aは向き直ってすぐに跳んで素晴らしい出来。キャメルスピンもOK。3Lz+3Tはステップアウトでしたが最初のジャンプが高い。コンビネーションスピンも回転が速い。3Fも高さがある。レイバックスピンも回転軸がきれい。ステップシークエンスもよく曲を聞いて滑っています。ステップアウトがもったいなかったですが、坂本と同じ年のパワフルなスケーターが続いて満足感が高まります。欲を言えば、ただ滑っているような時間がもったいないかな。68.10

廣谷帆香。映画「サムウェア」より。3T+3Tは高さがありました。3Lzも成功。キャメルスピンは回転が速い。レイバックスピンも回転が速い。2Aも流れのあるジャンプ。ステップシークエンスはまずまずかな。コンビネーションスピンもきれいにまとめてノーミス。いい出来でしたね。54.68

宮原知子。「エジプシャン・ディスコ」ほか。始まったときから密度がすごい。3Lz+3Tは成功。2Aは幅もあるいいジャンプ。コンビネーションスピンはすごい回転。ステップシークエンスも複雑。こんなのできるの宮原知子しかいない。3Loも着氷。キャメルスピンもすばらしい。レイバックスピンもポジションが美しい。最後まで宮原の世界。曼荼羅のようにみっちり詰め込まれています。素晴らしかった。70.11

新田谷凜。映画「レッドバイオリン」より。高さのある3F+3T。素晴らしいです。2AもOK。コンビネーションスピンも変化がスムーズ。3Lzも高い。いいジャンプが揃いました。ステップシークエンスも音楽をとらえるのが上手ですね。シットスピンも回転が速い。レイバックスピンも素晴らしい。62.27

本田真凜。コーチがホンダバン。「セブンネーション・アーミー」スピードがすごい。3Lo+3Tはそのまま大きく跳んでいきました。3Fも成功。シットスピンもOK。2Aも跳ぶ前から良かったですね。レイバックスピンも回転が速い。ステップシークエンスはスケートが伸びます。見ていて爽快。コンビネーションスピンもきれいなポジション。最後のポーズまで流れが途切れませんでした。実力が発揮できました。65.92

笠掛梨乃。「Over the love」スピードが素晴らしい。3Loは転倒。勢いはあったのですが。コンビネーションスピンも回転が速い。シットスピンもOK。2Aもいいジャンプ。3F+2Tとここをコンビネーションに。レイバックスピンもいいです。ステップシークエンスは曲をよく生かしています。47.52

横井ゆは菜。「黒い十人の女」2Aは高さもあっていいジャンプ。レイバックスピンもスピードの変化が面白い。キャメルスピンもOK。時々入る小芝居がいい。3Fは音楽が鳴るのと着氷が同時なのがすごいインパクト。3Lz+3Tはステップアウトで残念。でもステップシークエンスはやはり芝居がかっていておもしろい。シットスピンも回転が速くて良かった。日本のジュベールと呼びたい。個性的だなあ。62.90

○SPを終えての順位(いだてんぽく)
1.紀平じゃんねぇ
2.宮原じゃんねぇ
3.坂本じゃんねぇ
4.樋口じゃんねぇ
5.山下じゃんねぇ
6.本田じゃんねぇ

1位の紀平はもはや貫禄。アクセルだけじゃなくほかのジャンプも高い。2位の宮原はみっちり詰まってる。回転不足がとられたようですが、フィギュアスケートはジャンプだけじゃないよね。とはいえ、結局ジャンプがものをいう世界なんだけど。

3位は坂本。爆発的な力は発揮できなかったけど、逆に言えば、そういう所じゃなかったからかな。勝負の所はここじゃない。4位の樋口はジャンプのキレが戻っていました。5位の山下は放送がなかった。男子の宣伝するぐらいならみせて欲しかったな。6位の本田も復活を印象づけるSP。

やっぱり日本女子はすごいですよ。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 ファイナル(4):女子シングルFS

職場の人たちに手料理を振る舞う機会があったマイク松ですこんにちは。以前富井に作ってあげて好評だったハッシュドビーフを作ったのですが、なにしろみんなすごいおなかすいてて、玉ねぎをいためるだけで「なんかめっちゃおいしそう!」とかいってました。もちろん好評でよかったです。

ファイナルは女子シングルFSです。そりゃ好評でしょうよ。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルFS。実況は三上さん、解説は荒川姐さん。

アメリカのブレイディ・テネル。いきなりテネってきましたか。がんばれ。「ニュー・シネマ・パラダイス」。3Lzは踏切が明確できれいにテネったジャンプでした。2Aもテネったあと3Sも成功。イーグルからの2Aと堅実にテネってきます。レイバックスピンからステップ。優雅に世界観を表現。このテネり具合がアメリカらしいです。3Lz+3Tから後半。今日は安定感あります。ファイナルだけど。3F+2T+2Loをテネって3Lo。音楽の変化もうまく表現。コレオシークエンスもテネってます。コンビネーションスピン2連発でフィニッシュ。今日は最高レベルのテネりができましたね。212.18。

紀平梨花。「イン・ア・モーメント・オブ・グレートネス」ほか。4Sに挑みますが転倒。でもナイスチャレンジですよ。3A+2Tは成功。あのあとで決めましたか。3Fは手あげ。キャメルスピンをしっかり回ったあと、3Aをまた決めました。自分のものにできてますね。ステップはもっとエンジンかけていきたいところ。3F+3Tから後半。2A+1Eu+3Sという組み合わせ。いいですね。コンビネーションスピンもてきぱき。コレオシークエンスも力抜いてないです。手あげの3Loからレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でした。今後につながりそうですね。216.47。

ロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ。上を狙っていこう。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」より。4Fを決めてきました!回転のキレがありますね。加点もついてます。4Sはダブルになりました。うーん。4Lzも普通に成功。入り方にも工夫あったし。2A+3Tと難しさを感じさせない軽やかさ。コンビネーションスピンもてきぱき。コレオシークエンスはものすごいイーグルがでてます。あれはすごいな。4T+1Eu+3Sを入れてきてますよ。これが新型MSの実力か。4Tは転倒。三上さんとやらは新時代新時代うるさいですね。3Lz+3Tからキャメルスピン。そしてステップもがんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。堪能しました。新時代新時代うるさい。233.18。

ロシアのアンナ・シェルバコワ。「グノシエンヌ第1番」ほか。4Lz+3Tはすごい助走からどーんと成功。強いです。4Fに挑みますが転倒。コレオシークエンスもじっくりみせて、終わり際に2A。助走スピードが速い。4Lzは回ってたか。キャメルスピンもいいスピードです。そして衣装の色が変わって、ストラヴィンスキー「火の鳥」へ。おもしろい。3Lz+3Lo、3F+1Eu+3Sとビッグジャンプをどしどし。3Lzは手あげでジャンプおわり。コンビネーションスピンも音楽をうまく使ってますね。ステップは笑顔で滑ってますが難しいステップ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。すばらしい演技でした。すごい新型がまだいるとか信じられないですね。240.92。

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ。期待したいですね。「ニュームーン/トワイライト・サーガ」ほか。3A+2Tはしっかり成功。もちこたえました。3Aは流れもよかった。2Aはステップの1つとして。スパイラルから3Loもエレメンツ感がない。コンビネーションスピンは表現力の一端をみせつけます。ステップは見事。しっかり世界観をつくってきます。3F+3Tはセカンドで手あげ。技術とスピード、そして表現力。3F+1Eu+3Sも決めました。つなぎの部分も丁寧です。3Lzでジャンプおわり。コンビネーションスピンのポジションも難しいな。コレオシークエンスのあとレイバックスピンでフィニッシュ。こりゃやりましたね。ほぼノーミスでした。247.59。世界最高得点だそうです。

ロシアのアリーナ・ザギトワ。「フィーリング・ビギンズ」ほか。3Lz+3Loは着氷がちょっとよくなかった。2Aで手をつきました。まじか。3Sは成功。スパイラルからの2Aも決めました。キャメルスピンは難しいポジションもやってます。コレオシークエンスのスパイラルは大きな演技。3Lz+3Tは少し回転が足りなかったかも。3F+2T+2Loもテンポよくなかった。3Fでジャンプおわり。コンビネーションスピンからステップ。大きな演技です。メリハリもありますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。NHK杯のようにはいきませんでしたがしっかりがんばりました。205.23。うーんもうちょい出てもよかったのに。

○最終結果:(シン・ゴジラの矢口蘭堂のセリフ的に)
1. コストルナヤ、まるで進化だ
2. 10年先にもシェルバコワを残す方が重要だ
3. トゥルソワはどう動いても人事査定に影響はない
4. あきらめず、最後まで紀平を見捨てずにやろう
5. 戦後は続くよ、どこまでも。だからテネルんですか
6. ザギトワはまだまだやれる、そんな気がするよ

ロシアの新型MSが力を見せつける結果になりましたね。それぞれの良さがあっていいんですが、コストルナヤが1位なのはとてもよかったと思います。他の2人みたいにどしどし4回転があるわけではないですが、どうせそのうち身につけるし、そうなると表現力の差が出ますよね。とにかく長い選手になってほしいです。シェルバコワも技術はもちろん、衣装チェンジで楽しませるスピリッツはある。トゥルソワはさすがの大爆発。あれだけジャンプきたらすごいですよね。

紀平は4位。やはり上を狙ってどしどしきますね。次につながる演技になったし、課題もまだありそう。テネルはあんなに安定感あるいい演技なのに。ザギトワは惜しくも6位でしたがまだ大丈夫。シーズンは長いし、NHK杯の演技ができたらもっと上を狙えるでしょう。新型にはないものをもってるんやで。