Archive for 30th 11月 2010

フィギュアスケートグランプリシリーズロシア大会(2):女子シングルSP

外耳炎になって耳が痛いマイク松ですこんにちは。折悪しく土曜日で日帰り出張の間に悪化した感じ。下手に綿棒使ったりしてさらに悪化。どうしたらいいんだろうと思ったら鎮痛剤を飲めとのこと。バファリンをみてみたら、最後に「耳痛の鎮痛」って書いてありました。結構痛くなる人いるんだろうか。

今日はロシア大会女子シングルSP。耳痛の中でがんばってます。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、カップ・オブ・ロシア:女子シングルSP。実況は振動、解説は横谷さん。はじめまして。

ロシアのソフィヤ・ビリュコワ。「トスカ」。3T+3Tをしっかり決めてきました。やりますね!ステップからの3Loもおっけー。この資質でジャンプを決めてくるとなると。スピンはビールマンスピンも。2Aも決まった。SlStはスピードよりも長く数多くステップを踏んでいます。最後はI字スピンでフィニッシュ。やりました!ホームの地の利が効いたのか、デビュー戦をいい演技で飾りましたね。あとはスピードをつけよう。ボルチコワがコーチに入ってるんですね。選手に近いコーチングができそう。54.99。

アメリカのアグネス・ザワツキー。これはサンデュ先輩も滑ったマンボですね。3T+3Tはファーストでよく踏ん張ってセカンドにつなげました。3Lzもなんとか成功。こちらはスピンにも回転の速さがあるしきれいなポジション。さすがですね。SlStは前半右足のみで。ちょっと疲れたか。イナバウアーから2Aを最後にもってきてます。そしてこれまた回転の速いI字スピンでフィニッシュ。これはいい出来ですね!全体のできばえもよさそう。56.84。大喜び。

カナダのミリアム・サムソン。映画「ポストマン」より。ゆったりしたスケーティングから3Lz+2Loにしてきました。2Aも流れがあっていいジャンプ。スピンもきれいでいい流れできている。3Fも成功。サムソンもがんばってますね。SlStをみていてもスケーティングがきれいですね。そのままフィニッシュ。SPをしっかり演じましたね。53.26。

エストニアのエレーナ・グレボワ。映画「セックス・アンド・ザ・シティ」より。3T+2Tは3-3を狙っていましたが自重。ステップからのジャンプも3S。2Aも決めましたがあまりビッグジャンプを狙わないみたいですね。スピンの回転は速い。途中で窓ふきみたいなポーズがあった。CiStは音楽をしっかり聴いてます。きっと映画みてたんでしょうね。しっかり演じました。45.78。ジャンプの難度が効いてるみたいです。演技はよかったんですが。

イタリアのバレンティナ・マルケイ。映画「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」より。すごい目力でジャッジをにらんでいます。3Lz+2Tはルッツであぶなかったですががんばりました。3Sは流れがありました。2Aもおっけー。この大会はみんなジャンプいいですね。なんでやろ。スピンはポジションがきれい。がんばってますマルケイ。ジャンプもよかったし、演技全体の雰囲気もよく作っていました。53.61。

アメリカのアシュリー・ワグナー。今日は猛禽系のメイクの人が多いですが、やはり猛禽類ですね。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」。3F+3Tはセカンドがツーフットでしたかどうでしたか。3Lzはちょっとエッジが逆だったか。いいジャンプではあるんですが。SlStはすごくメリハリがあっていいですね。横谷さんもよくエッジに乗れているとのこと。スピンは技術に加えて雰囲気によくあってます。そのへんも表現できるのが猛禽たるゆえんです。2Aから最後はビールマンスピンでフィニッシュ。いい演技でした!ジャンプがクリーンではなかったのでどれくらい点がでるかですが。56.17!結構でてますね!

ロシアのクセニア・マカロワ。頭にバラがついてる。フラメンコ。最初は3T単独になりました。3-3を狙っていたのに。3Lo+2Tはこちらをコンビネーションにしてきました。2Aは勢いもあります。SlStはよく曲を聴いて躍動感を出してます。これはいいステップ。こういう元気出してほしいですよね。I字スピンも軸が決まってます。ビールマンスピンのポジションもよかったです。最初のジャンプが決まっていればかなり上にきていたかも。地元の声援がプレッシャーでしたかね。52.93。ペトレンコさん男前ですね。

ロシアのアレナ・レオノワ。ロシアいい選手がそろってきてますね。舞曲「サーカス」ほか。いい滑りからスタート。3Lzは今日はじめて転倒。やっと転倒する人がでてきたわ。コンビネーションは1F+2Tになりました。うーん誰か調子の悪い人はでてくるだろうと思っていましたがレオノワになるとは。スパイラルからの2Aはきれい。表現の意志はしっかり感じますね。SlStも細かくしっかり。でも終わってしょんぼりしてしまいました。46.61。元気出せ。

安藤美姫。「ブロークン・ソロー」ほか。腰悪そうですねー。大丈夫か。最初は3Lz+2Loにしてきました。腰はロシアに入って痛めたんですね。3Fからスピン。結構きつそうですー。いつもの勢いがないです。2Aはきれい。でも懸命にSlSt。がんばれがんばれ。スピンがきつそうですが最後まで演じました。状態はよくなさそうですがなんとか踏ん張ってほしいものです。54.00。3Fの回転不足をとられてるんですか。

鈴木明子。リンクサイドからおひょいさんが見送ります。「ジェラシー」。さすがのいい滑り。スピードが違いますね。3F+2Tから。速い。3Lzもおっけー。スピンは音楽に乗せていいスピン。回転も速いです。スピンから自然な流れで2A。そしてきましたSlSt!これはすごい。今までとはレベルの違う表現力。曲とのシンクロナイズも完璧に近づいてきました。そのままフィニッシュ。これはいいですねー。どしどし完成度をあげてきているんですね。頼もしいです。犬のぬいぐるみが投げ込まれています。57.43。おっトップにきました!

○SP終わっての順位
1. すずき
2. ざわつき
3. もうきん
4. びりゅこわ
5. あんどう

ロシアのSPはすごくみんなミスが少なくて、すごく少ない点差に選手がひしめく展開になっていますね。いいことです。氷がいいのか。

トップは鈴木。納得の出来でした。表現力でもりもり点をとっていくところは頼もしいですね。2位はザワツキーが入りました。アメリカらしく勢いに乗って演技、それで強くなっていってますね。3位はワグナー。こちらは貫禄十分の猛禽。4位はビリュコワ。最初の滑走で気がついたら4位でした。確かによかった。

安藤は5位。腰のけがが心配です。無理しないでほしいですね。おだいじに。なむなむ。

フィギュアスケートグランプリシリーズロシア大会(1):男子シングルSP

胃検診を受けてきたマイク松ですこんにちは。バリウムを飲んで台の上でぐるぐるまわったりしました。

GPSも今日からロシア大会のレビュー。もう完全にフランス大会が始まってるのに。でもほんと最近忙しくて。どれくらい忙しいかというと、このレビューを一生懸命書いたのにその日にアップするのを忘れるくらい忙しいんです。この僕が書いた記事をアップし忘れるなんて!(自分にびっくり)

フィギュアスケートグランプリシリーズ、カップ・オブ・ロシア:男子シングルSP。実況はシミズさん、解説はサノさん。

ロシアのイヴァン・トリチヤコフ。ボロデュリンの代理として出てきたよう。「悲しきワルツ」。3Aはなかなかキレありますが、すごいゆっくり滑ってますね。がんばれ。3F+3Tはファーストであぶなかったですががんばって3-3。3Lzもジャンプはきれいですね。スピンのスピードはまずまず。SlStは前半右足だけでレベルアップ。ステップはがんばってます。スピンでフィニッシュ。国内選手権は6位という成績だったそうですが、先輩達に追いつくためにはスピードが必要です。キスクラでみると顔の中心にパーツがぎゅっと集まっている顔。65.61。なんかアットホームなキスクラですね。野球好きニュースみたい。

ロシアのコンスタンティン・メンショフ。「シルバーギター」。こちらはベテランだけあってスピードはまずまず。3Aは高さありました。次は4T+2T。クワドルプル入れてきましたね。いいジャンプもってるじゃないですか。しかし次が2Loになってしまった。ここは決めておきたかったなー。スピンから長いステップ。これをみても技術はけっこう持ってるんですね。国別対抗戦で日本に来たらしいけど、どうもその姿はみてないみたいです。でも4回転に加え他のところも手堅くまとめてきました。67.34。

ウクライナのアントン・コバレフスキー。おもしろ衣装できましたよ。「ストップ・タイム・ラグ」かなりおもしろい表現からスタート。でも3Aは転倒してしまいました。3Lz+3Tはセカンドがツーフット。3Loはなんとか。スピンはおもしろいポジションでまわってます。SlStの滑りはなかなかいいぞ。のびのある滑り。シットスピンも無難にまとめてきました。振り付けはとてもよさそうですが、ジャンプが決まりませんでしたねー。60.05。もらったあらいぐまのぬいぐるみがかわいい。

日本の町田樹。「黒い瞳」。3Aは回転速くまわったのですが転倒。おしい。3F+3Tはセカンドがオーバーターン&回転不足。苦しいですね。スピンは回転が速いしポジションチェンジがスムーズ。3Lzも手をつきました。今日はジャンプがよくない。ロシアに何かあるんだろうか。SlStは細かくて切れ味鋭い。がんばりました。前回のようにはいかなかったですねー。56.37。

日本の羽生結弦。川井郁子「白鳥の湖」より。しっかり身体もできてきている感じですよね。3Aは詰まりましたががんばりました。3Lz+3Tはとても流れのあるいいジャンプ。スピンのポジションもいいですね。3Fも問題なし。あれ?リンクサイドにタラソワがいる。タラソワの見守る中SlSt。あーすばらしいですねー。最後のスピンまでしっかり表現していました。さすがですね。70.24!おおっいい点でました!

スペインのハビエル・フェルナンデス。おもしろ衣装きましたね!いきなりおもしろい腰の回し方からスタート。3Aはよくふんばりました。3Lz+3Tはセカンドの方が高さありましたね。3Fはあぶないところでしたがミスは最小限。しっかりレベルをとりにいくスピンのあとまた音楽が変わっておもしろパートのSlSt。ステップの躍動感はさすがですし、技術も高いです。時々おもしろい振りも入っていて楽しいです。66.46。モロゾフもガッツポーズでした。

ロシアのアルツール・ガチンスキー。きましたね。ますます仮面ライダーっぽい衣装に。ピンク・フロイドの曲より。4T+2Tはキレがすごいですね!4-3も楽にいけそうです。3Aも決めました。3Loもしっかり。ジャンプは決まってます。スピンからSlSt。ステップはがんばって向上させている感じですね。前回よりよくなってる印象。イーグルの動きのところで激しくうどんを打つような振りが入った。でも演技全体を芸術的にまとめました。さすがです!72.41!いつライダーに変身するんだろうという衣装。

うわー!スタンドにプルシェンコが!ぷっくらしてる!ぷっくら!

フランスのアルバン・プレオベール。「タートル・シューズ」。最初は3F+3Tをしっかり決めました。3Aも成功。でもいつもより慎重に滑っている感じありますね。どろぼうステップのあと短いステップから3Lo。ジャンプ決まってますね。CiStはいつものように独創的な手の表現が入る。最後もぐったりしてフィニッシュ。今日の出来はよかったですね。ジャンプを慎重に決めてそのあとは思う存分表現するというシズニースキームを踏襲。70.50。キスクラにたくさんのぬいぐるみがおいてある。プレオベール人気ありそうですね。

イタリアのサミュエル・コンテスティ。前回はジャンプがよくなかったですがどうでしょうか。「ハンガリー行進曲」ほか。2Lz+3Tとファーストがダブルになってしまいました。3Aは成功。音楽に合わせた表現は健在。3Fはふらつきましたがぎりぎりセーフ。SlStは音楽表現がいっぱいあって個人的に好きですね。もっと躍動感がほしいところ。あとスピンにスピードがもっとあれば。65.69。あんまり点がのびなかったですね。

チェコのトマシュ・ベルネル。好調はキープできているのか。「雨に唄えば」。さっそく雨の小芝居。これもいい雰囲気ですね。3Lz+3Tは余裕がありますねー。間の表現もとてもロマンがあります。3Aはまずまず。3Fもばっちり。いいじゃないですかー。好調はキープしてます。SlStはほんとミュージカルの1シーンのよう。鮮やか軽やかオタスケマン。最後のスピンもとてもきれいでした。よっしゃ!あの強かったベルネルまで順調に戻りつつあります。74.10。

アメリカのジェレミー・アボット。あれ?有香ちゃんじゃないぞ。と思ったらだんなだ。「ビエホス・アイレス」。さすがの雰囲気を出してますね。3F+3Tはがんばって決めてます。プログラムの解釈はしっかり進めているようですね。3Aは流れがありました。ステップからの3Lzもばっちり。よしよし。この調子ならと有香ちゃんもボルシチとか食べに行ってるのかもしれません。スピンからSlSt。手の使い方が物語を紡ぎ出していますね。最後まで一貫した表現がみられました。ありがたいです。77.61。

カナダのパトリックちゃん。「テイク・ファイヴ」。さすがの滑りですね。4T+3Tを今日は決めてきました!すばらしいです。そしてパトリックちゃんの川中島、3Aは転倒。でもすぐに立ち上がるあたりはもはや転倒は表現じゃないかと思えるほどです。なめらかなスピンのあとは3Fはばっちり流れありました。スピンの正確性も高いですね。SlStは前半は片足、そして自由自在の技術により表現。そのままフィニッシュ。武田騎馬隊は氷上では無敵なんだぞということを思い知らせた技術です。川中島では撤退を余儀なくされましたが、スローでみても転倒のあとの復帰がすごい。変なところで感心してしまいます。81.96。

○SP終わっての順位 (風林火山で)
1. 疾きことパトリックちゃんのごとく
2. 静かなることアボットのごとく
3. 侵略することベルネルのごとく
4. 動かざることガチンスキーのごとし

1位はパトリックちゃん。転倒して1位かと思わせますが、まあ4-3跳んで加点が付いているので、そこで転倒分はちゃんと相殺しているんですよね。あとは滑れば滑るほど点が出るスケーティングで逃げ切ると。スルツカヤスキームですね。FSは必殺のプログラムだけに、どうなるでしょうか。

2位はアボット。ぐっと音楽表現を磨いてきていますね。さすが。この調子ならFSも期待できそうですよ。3位はベルネル。なんというか勝負よりもとにかく元の強さを取り戻してほしいので、あまり期待せずに復活の道を歩んでもらいたいです。4位はガチンスキー。とにかくもりもり力をつけていますね。あー。