Archive for 4月 2011

フィギュアスケート世界選手権2011:女子シングルSP

世の中は連休中ですが、GWはためていた仕事を片付ける時間にあてるマイク松ですこんにちは。だからGWはGARIGARI仕事を片付けるWEEKですよ。あははは。(乾いた笑い)

さて、今日は世界選手権の女子シングルSP。久しぶりの選手もいてとても楽しみ。もちろんオレたちの全米チャンプも出ますよ!見守るぞ~。(腕が鳴る感じで)

フィギュアスケート世界選手権2011、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は太田由希奈さま。太田のことをなんと呼ぼうか悩んでいましたが、社内会議の結果由希奈はんにすることにしました。ご了承ください。

グループ3からですね。ここまでフランスのメイテがトップ。さすがですね。3T+3Tをばっちり決めて、ジャンプはミスなし。フランスの将来を担う逸材です。

まずはスペインのソニア・ラフエンテ。映画「ミッション」より。なかなかいい滑りから3Loにいきますが転倒。3T+2Tはうまくいきましたね。スピンのポジションはなかなかいい。ラフエンテも成長してきてるんですね。ドーナツスピンもしっかり安定したドーナツになってる。SlStは密度が濃い構成。すこしスピードが落ちてきましたが、最後のスピンもしっかりまとめました。あとはジャンプのレベルをあげていくだけですが、順調にあげてきているようです。がんばれ。44.59。

ハンガリーのヴィクトリア・パブク。コーチはお姉さん。シェベスチェン引退後しっかりハンガリーを背負っていかないと。「シェルブールの雨傘」。最初は3Sはまずまず。3Lzは転倒してコンビネーションになりませんでした。2Aもシングルに。あー。ジャンプ固めていかないとですね。でも全体的にスピードが足りないのでほかもなかなかきつい。シェベスチェンのあとはきついと思いますががんばってほしいです。33.70。キスクラはしょんぼりしています。5年ぶりの出場なんですね。

ベルギーのイラ・バヌット。初出場。力はあるんですね。最初の3Lz+2Tは成功。やはりバンデルペレンの指導があるのか。3Loもきれいな回転軸。スピンも大きな演技ですね。そしてSlStもしっかり歯切れよく。2Aも決めました。潜在能力もあるし身体もよくできてる。期待の若手ですね。49.23。少しずつです。

ドイツのサラ・ヘッケン。富井がヘッケンの顔を覚えているのがすごい。できるビジネスマンみたいだ。「タンゴ・デ・ロス・エクシラドス」。3T+3Tを決めてきました!この時点でもう3-3でましたか。音楽もよく聞いてます。3Sもしっかり決めてちょっとうれしそう。ちょっと心配してたか。スピンはちょっとあぶなかったですが大丈夫。2Aは流れよく決めました。スピンからSlSt。動きのバリエーションで勝負ですね。最後は変わったA字スピンでフィニッシュ!前はタイムバイオレーションをとられたので今回はぴったり終わらせたる!と意気込んでいたらしいのですが、今度はちょっと早く終わってしまいました。きまじめさんだ。52.73。きました!

スウェーデンのヴィクトリア・ヘルゲソン。ヘルゲソン姉。映画「もう一つの世界」。3Lz+2Tは最初がダブルに。3Loはあぶないところでした。着地がよくなかった。レイバックスピンはもうちょっとそりがほしいと由希奈はん。2Aはよかったですね。SlStは前半片足で。国内ライバルは妹ですが、妹に負けないようにがんばりたいですね。滑りののびはあるだけに。スピンはがんばらないと。45.40。あー。

客席に小塚が。佐藤夫妻&有香ちゃんとお祝いのごはんをたべたらしいです。おめでとうー。

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン。あー妹出てたんや!びっくり。3Lz+2Tはスピードもあっていいジャンプ。妹やりますね。3Tもしっかり。170cmあるらしいですよ。スピンは大きなビールマンポジション。ブラケットからの2Aも成功。いいじゃないですか!SlStは力強い上半身の動きと密度の濃い足下。最後はバンザイでフィニッシュ。これはいい演技でした。50.25。姉より5点上。

第4グループ。なんか客席にラキムっぽいやつがいるんだけど。あれラキムかな。何しにきてるんだ。勉強か。

村上佳菜子。なんかパーマが微妙な感じだけど大丈夫か。きっと大丈夫だ。だいぶ緊張してますががんばって。「ジャンピン・ジャック」。でも滑りはさすが速いな。あっという間に移動していきます。3T+3Tも余裕を持って成功!いいジャンプですね。ステップからの3Fはタッチあったかもしれない。ビールマンスピンもいいポジションです。2Aはステップアウト。跳ぶ前に体勢が低くなりすぎましたかね。おもしろい動きからシットスピン。SlStはまだまだ動きが固いですががんばって演技してます。後半の低い姿勢がかっこいいですね。最後のコンビネーションスピンまでしっかりまとめました。だいぶ緊張してたけどやりきりましたね。54.86。ジャンプで加点はとれなさそうでしたが、回転不足かレベルのとりこぼしかと由希奈はん。

カナダのシンシア・ファヌフ。カナダチャンプ。相変わらず浮世絵みたいな顔してますね。Jesse Cookのスパニッシュ・ギター。最初に2Aから入ります。流れがよくて加点つきそう。次のルッツが課題と小林さんの指摘の通り2Lz+2Tになってしまいました。ステップからの3Tもきれいに決めました。速かった。ジュニア時代からスパニッシュが得意だったと由希奈はん。スピンはほんとに安定してますね。きれいな軸。SlStもよく音をつかんでます。持ち前の筋肉もみせつけます。そして最後のスピンもきっちりレベルとれてました。これはいい演技!ルッツだけでしたね。アップで見ると高校球児みたいな顔してます。52.62。

ロシアのアレナ・レオノワ。うわー!すごいおばパーマだ!どんだけスルツカヤにあこがれとるんや。ってうわー!スルツカヤ解説にきてる!めっちゃきれいじゃないですか!幸せに過ごしているんだろうか。きっとそうだろう。オマエのアイドルは恩田美栄っていう人だよ。「サーカス」ほか。おおいい滑り。3T+3T決めてきましたよ!やるやん!ステップからの3Fもばっちりです。ホームの歓声をほんと力にかえてる。今日はノリノリですね。顔を見ればいい日かすぐわかると実況陣。2Aもスムーズに滑りました。レイバックの回転も速いし。SlStも必要以上に身体が動いてる。表現もノリノリ。ちょっとよろっとしたところもごまかしてる。終わってガッツポーズ!これは会心の演技!おばパーマが力を与えてますね!59.75!いい点でました。

イタリアのカロリーナ・コストナー。「ガリシア・フラメンコ」。3-3いけるかなあ。3T+3T決めてきました!おお!でも決めた次をミスするというのがよくあるけど、2Aですね。ばっちり成功。これはすばらしい。ステップからの3Fは転倒。あーやっぱり。3つそろえるのは難しいですねー。高いジャンプに挑んできましたが。CiStはさすがオンリーワンの表現力と技術。フェラーリのパワーをいかしきってます。速いスピンでフィニッシュ。3Fが決まっていれば全体でも上位でしたが、演技はよかったです。コストナーの力は出せてますよ。コストナーを見守る会の方々も安心してください。59.75!レオノワとまったく同じ点ですが、TESの高い方なので2位。

ロシアのクセニア・マカロワ。こちらもすごい歓声。フラメンコ。3T+3Tをこちらも成功させてます。やはりまとめてみるとレオノワとは違ったタイプですね。3Loも決まりました。その作戦はマカロワいいと思うわ。2Aも問題なし。大きな手拍子です。歯切れのよいスピンからSlSt。躍動感ある元気なスピン。これはいいですね。SPはFSよりも元気な曲が使いやすくて体力ももつと由希奈はん。スピンのポジションも決まっていて美しいです。最後はビールマンスピンでフィニッシュ!これはきましたね!ノーミスで決めてきました。ホームの力をいかせてます。61.62。シーズンベストを更新。

グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ。相変わらず金髪が似合わないですね。映画「シカゴ」より。3Lz+2Tはあぶないところでしたが成功させてますね。3Tはツーフットだったかも。もったいない。2Aは成功。そしてこのカラオケみたいなの全然改善されてない。誰か歌ってあげればいいのに。スピンもすばらしい。今日はいいエレーネのようです。SlStは前半片足で、ジャッジへのアピールも効いてるしよく身体が動いてる。最近の中ではかなりいいステップ。しっかり準備してきたみたいです。その準備のちょっとでも音楽につぎ込んでほしかったのですが。いい演技でした。エレーネものんびりしてられないぜ。51.61。うーん出ないですね。

最終グループ。豪華なメンバーでいいのですが、一人だけもう焼き肉食いまくって準備万端だぜみたいな人がいる。すごい存在感だ。リンクサイドで有香ちゃんが見切れてた。失礼な。解放されたレオノワとマカロワがすっかりお客さんになってる。のびのびしすぎ。
安藤美姫から。がんばって。映画「ミッション」より。3Lz+2Loから入りました。安全策いいですね。ステップからの3Loも高さありました。2Aも流れをまったく切らない。音楽表現になってますね。シットスピンはいいポジション。SlStのエッジワークはかなりがんばってましたね。大きな動き。速いI字スピンといいポジションのレイバックスピンでフィニッシュ。上々の演技ですね!これはよかった。調子が悪いとか伝わってましたがそういうときこそ強い選手。65.58。よしよし。

アメリカのアリッサ・シズニー。全米チャンプ!全米チャンプ!今日の調子はどうだろうか。「ヴァイオリン協奏曲作品32」。3Lz+2Tはしっかり決めてきました。やった!おだやかな曲調によりそうようなスケーティング。3Fもなんとかこらえました。あーぶねー。すばらしいスパイラルをはさんで2Aも成功!無事です!あとはスタンド能力全開や!ドーナツスピンもフリーハンドの方がしっかり表現。よりバージョンが上がってますね。CiStもエッジワークの美しさが際立ってます。ところどころに有香ちゃん仕込みの膝の柔らかさがあると由希奈はん。キャメルスピンからシットスピン、そして180度開脚I字スピンの美しさときたら。宝石ですよ。そしてビールマンスピンの異次元感で会場を魅了しました。完璧ですわ。この大舞台で。しっかり自分の演技をしてくれました。ノー文句@広沢ですよ!!61.47。もうちょっといってもよかったけど。まあいいです!転倒なかった!全米チャンプ!全米チャンプ!

フィンランドのキーラ・コルピ。セレブ登場です。「虹の彼方へ」。3Tで転倒してしまいました。セレブ珍しいですね。コンビネーションできるか。3Loは決まりましたがコンビネーションはつけないですね。スピンは安定してます。でもエッジはほんと美しいです。2Aは成功。セレブの雰囲気にあったすばらしいプログラムと由希奈はん。スピンからSlSt。これもよく身体が動いてます。最後のスピンもすばらしい出来。余韻もうまく作り出してました。うーんここでジャンプの転倒があったとは。珍しいです。55.09。でもしょんぼりしないで。

アメリカのレイチェル・フラットちゃん。すごい無用な威厳というか体調はよさそう。「エデンの東」。最初の3F+2Tは3-3になりませんでした。跳んでおきたかった。3Lzもダブルに。あれ?よくないな。スピンはしっかり。ステップから2Aは流れもよかったです。イナバウアーを音楽に合わせて豪快に決め、SlSt。この躍動感はすごい。足下の技術もあるし、勢いと技術が融合してます。最後のスピンでフィニッシュ!さすがのフラットちゃんでしたが3-3は決めてのっていきたかったですね。でもしっかり準備はしてきて、GPSファイナルあとから改良してきたそう。57.22。

浅田真央。3Aへの意志をしっかりみせてますね。緊張してるみたいだけどがんばれ。でもだいぶやせてますねー。シュトニケ「タンゴ」。3Aはツーフットになりました。3Loを次にもってきてます。3F+2Loも成功。180度開脚スピンはすばらしい。SlStはすごい密度です。だいぶ疲れてきたか。そして高度なスピンでフィニッシュ。いい演技でした。だいぶやせてパワーとスピードが不足してたでしょうか。でも大きなミスはなかった。58.66。うーん出ないですね。どこが引かれてるんだろう。3Aかなあ。

韓国のキム・ユナ。久しぶりですねー。6分間練習では変わらずよさそうでしたが。「ジゼル」。相変わらずスピードと迫力がある。でも3Lzはステップアウトでコンビネーションになりませんでした。3F+2Tでここにコンビネーションつけてきましたね。演技をしながらうまく2Aにつなげて、そこからまた表現。ジゼルをしっかり演じています。スピンもあまりみないポジションですごい回転が速い。SlStはなめらかなエッジワークとメリハリ。見応えあります。最後はI字スピンでフィニッシュ。すばらしいですね。久しぶりにみましたが、曲の表現をしっかりできてましたね。迫力はそのままに、滑るだけで醸し出す雰囲気を身につけてる。クワンに近づいていってますね。ジャンプのステップアウトは珍しい。練習では決めてたのに。65.91。おおーぎりぎりトップにきました。本人も驚いてる感じ。

○SP終わっての順位:
あぢーん:きむゆな
どう゛ぁー:あんどう
とりー:まかろわ
ちてぃーりぇ:ぜんべいちゃんぷ&ふぁいなるちゃんぷ、ありっさ・しずにー
ぴゃーち:れおのわ
しえーすち:こすとなー
すぇーみ:あさだまお
う゛ぉーすいみ:ふらっとちゃん

1位はキム・ユナ。実際久しぶりの試合でもあってミスがでてしまいましたが、それでもいい出来だった安藤の上をいくのがユナの力といっていいでしょう。でもいつもの楽勝ムードではないので、久しぶりにいい試合がみられそう。逃げ切れるかなあ。2位は安藤。安全策をしっかり確実にこなして、優勝が狙える位置に。これこそ安藤の戦い方ですね。やっぱり調子悪いとかいってると強いな。朝青龍がかぜひいてるときに強いみたいなもんかな。

3位にマカロワが、5位にレオノワがきました。ロシアのホームの歓声を力に変えています。それぞれの持ち味にあったプログラムをしっかり演じました。マカロワはいいところを全部出せましたし、レオノワは強い魁皇ならぬいいレオノワだったみたいで。ノリノリでした。いやーよかったわー。FSでも固くならずがんばってほしいものです。コストナーは単独ジャンプで転倒してしまいましたが、気がついたら6位。あれ?なんで?って感じですが、これがフェラーリの潜在能力です。ノーマークだと表彰台にきてしまうかもです。

浅田は7位。3Aが回転不足、3Fもちょっと足りないという判定だったよう。まあ上を狙うにはいい順位ですが、正直だいぶやせてて気がかりです。僕がそう見えるだけなんでしょうか。あんまりニュースとか見てないので知らなかったんですが。明日までにおいしいものいっぱい食べてほしい。ほんと心配。8位のフラットちゃんのエネルギーをわけてあげてほしいです。フラットちゃんもFSは爆発しそうだなー。

全米チャンプ&ファイナルチャンプ、アリッサ・シズニーは4位。いやー上出来でしょう。転倒しなかったし。十分表彰台を狙えますが、大事なのはシズニーらしい演技をすることです。そうすればおのずと結果はついてくる。今日観客を魅了したのはやはりシズニーでしょう。転倒せずがんばってほしいです。見守りましょう。全米チャンプ!全米チャンプ!

フィギュアスケート世界選手権2011:男子シングルFS

ロッテ、平日デーゲームは「今後につながる」。そういう前向きな考えをしてくれるのはとてもうれしいマイク松ですこんにちは。たのもしいです。

さて、今日は昨日に引き続いて世界選手権の男子シングルFS。頼もしい選手がいっぱいそろってます。どういう演技になるんでしょうか。そして2位以下の順位は!

フィギュアスケート世界選手権2011、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は杉田さん。

イタリアのパオロ・バッキーニ。シルク・ド・ソレイユの曲。最初にマイムから入ります。愉快なマイム。3Aは止まりましたが成功。SPでは転倒していたそうです。3Lz+2Tはルッツでものすごい体勢が崩れたのに降りていました。ある意味すごいわ。SlStはちょっと動きが少ない。3Loはいいジャンプでした。3S+3Tはがんばって3Tつけましたね。ジャンプこんなにできるやつやったっけ?3F+2Tもちょっときつきつな中でなんとか。2Aからスピン。どこも確実にこなしている印象ですね。3SからCiSt。これはさっきよりはがんばってる。2Aからスピン、最後はなかなか終わらない感じでフィニッシュ。バッキーニ的にはがんばった滑りでしたね。満足そう。183.13。

モナコのキム・ルシン。この世界選手権は初出場、ステップにしていきたいですね。「雨に唄えば」。3Aはまず転倒。うーん。3F+3Tは成功。イーグルからの3Lzも決めました。ゆっくり滑ってますが今はとにかく決めないとですね。頭にお皿を乗せるカッパのようなマイムで音楽が変わります。CiStでもそうみると全部カッパの演技に見える。きゅうりを見せびらかしたり、蓮の葉を傘に使ったり。いかんいかん。3Lo、3Lz+2Tと決めて、次は2Fになりましたか。得意の低いスパイラルで声援を浴びていました。ステップになりそうないい演技でした。171.93。

中国のナン・ソン。クワドルプルいくみたいですね。ピアノ協奏曲「黄河」。4Tにいどみますがダブルになりました。おしい。3Aも跳べてましたがオーバーターン。3Loも手をついてますね。ちょっと跳び急いでる。スピンで持ちなおそう。3Lz+2Tは成功。スローパートの表現もなかなかいいですね。そして3Aに挑みますが転倒。3Fは決めました。SlSt片足部分もありますね。最後はうまくまとめましたが、今日は武運つたなくジャンプが決まりませんでした。どんまい。176.09。

ベルギーのヨリク・ヘンドリックス。3Aなしで残った選手。ケビンの跡継ぎとなればがんばらんとですね。「マリオ・テイクス・ア・ウォーク」ほか。3Lz+3Tは高さはないけどキレはある。2A、3Fとまとめてきます。スピンは映像が寄りすぎててよくわからない。CiStはなかなか軽快。杉田さんもよく滑ってると評価。3Lzはクリーン、3Lo+2Tはセカンドで手上げ。3Sと確実に決めています。スピンのポジションも回転もいいですね。3Lo、2A+2T+2Tを決めてきました。ケビンのジャンプパワーとこいつのそのほかを合わせればすごい選手になりそう。ケビンにしっかり学ぶようにね。188.24。いい点が出て喜んでます。

カナダのケビン・レイノルズ。代役とはいえこの滑走順はきついですね。長いことけがで練習ができなかったのもあるか。ヨハン・シュトラウス・メドレー。4Sに挑みますが転倒。回転も足りなさそう。4Tも転倒。でもスムーズなリカバリーで流れを切らない。3Aはツーフットですね。やはり準備が足りてないか。3Loは流れよく決まりました。3Lo+3Tを決めてきた。でも今のマッチ棒にはこれが精一杯のようですね。スピンやステップはいいだけに、しっかり調整して戻ってきてほしいものです。来シーズンはパトリックちゃんの上に空気を読まずにきてほしい。187.23。それでもびりじゃないのはさすが。

カナダのジョーイ・ラッセル。カナダは第1グループと最終グループで間がないと実況陣。いるんだぜ!いるけど今ダンスをやってるだけなんだぜ!最初は2Aにしました。3Aにしませんでしたが加点がつきそうなジャンプ。3F+3Loはセカンドで回転が足りなかったか。滑りは軽快ですが3Lzなのかよくわからないジャンプで転倒。なかなかエモーショナルな転倒です。やるな!2AからのCiStはしっかりアピールをしながらのステップ。でも演技全体にメリハリがなくって退屈になってきました。これはパトリックちゃんが優勝しないとカナダは3人出られないんじゃないか。とか考えていました。次の世代を育てないと。168.73。

やっと第2グループ。もりあがっていきましょう。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「パイレーツ・オブ・カリビアン」。4Tはランディングでしっかりふんばって決めてきました!そして4Sはオーバーターンになりましたがしっかり。3Aは流れのあるすばらしいジャンプ。フェルナンデス、しっかりビッグジャンプ決めてきます。これはいい出だし。気持ちものったかCiStは表現の部分で気持ちがこもってますね。音楽変わって3A+3Tはセカンドで転倒。もったいない。3Lz+2A+SEQという珍しいコンビネーションは成功。3S、3S+2T+2Tを決めてきます。いいですね。3LoからSlSt。やはり何度も見てますがちょっとずつよくなってきてますね。上下の動きもついてるし、疲れている中で表現しようとがんばってます。スピンでフィニッシュ!クワドルプル2つなんとか決めたのは大きいですね!あとはスタミナつけないと。肉食べようぜ。218.26!

ベルギーのケビン・バンデルペレン。「リフレクション・オブ・アース」。どうも振り付けは自分でやったみたい。まあほとんど振り付けらしいものないからね!クワドルプル2回頼む!4Tは超クリーン!余裕たっぷりでした。さすが!次にコンビネーションいきますが2T+2Tになってしまいました。おちゃめなやつ。3Aはまずまず。CiStはまあ休み時間ってことで。疲れてるけど。2F+3T+3T!おしい!3Loはおっけー。次の3Lzはダブル。2A+2A+SEQを決めてSlSt。だいぶ疲れてますけどいいのです。点を取るためのスケーティングではないのです。直前に曲も変えたらしいし。というかコーチ変えたり自分で振り付けしたり、ケビンまだまだやる気ですね!ヘンドリックスが育つまでもっともっとがんばろうぜ。おつかれさま!197.10。フェルナンデスの下にきましたわい。

ウクライナのコバ兄さん。ペンギンみたいな格好でやってきてます。「パレルモ駅」。3A+3Tから決めてきました。まずまず。3Aは手をつきましたがなんとか。3Lz+2Tは手上げ。コバ兄さんの小さいテク。そして2Aも手上げ。3Loはきれいでした。スピンはなかなか回転が速い。SlStもよく動いてます。ちょこまかと。小さいマイムでつなぎ部分もしっかり。そして爆破事件。これを解決するためにのちほどドーンブッシュがやってくるという手はずになっています。3T+3T+2Tは決めましたが、3Sはダブルに。悲鳴からCiSt。ばんばん撃ちまくるコバ兄さん。かっこいい。2Aを決めてイーグルしながらなんじゃこりゃー!的なポーズでフィニッシュ。おつかれさまでした。コバ兄さんもちょこちょこミスありましたが、演技全体のできばえはとてもよかったです。201.64。

ドイツのペーター・リーベルス。どうも初めてFSにきたらしい。がんばれ。うーんマンダムのポーズから「シャーロック・ホームズ」。おおもうドーンブッシュを待たずにホームズやってきましたよ。オマエに解決できるかな?3Lz+3Tはランディングで乱れ。3A+2Tはなんとかこらえました。3LzからCiSt。よく動いてます。考えながらスピン。考える人スピン。スローな音楽でつなぎの部分はなかなかうまく表現できてますね。3Aはしっかり決めました。いいぞ。3Lz+2T+2Tはなんとか。3Loも成功。いちいちマンダムポーズで考えるのがおもしろい。3S、2AからSlSt。がんばれがんばれ。最後まで滑りきりました!リーベルスにしてはすばらしくよかったです!205.59!これはかなりでかいジャンプアップ!

アメリカのロス・マイナー。最初からCiStという構成。おもしろいですよね。アメリカ勢のいいところが出てます。3Aは助走で沈みすぎかと思いましたが成功。3Lz+3Tはセカンドトリプルよくいけました。3Aもう1発もおっけー。いい展開です。でも遠くから見たらウェイターみたいにみえる。と思ったら自分で水飲んでました。ウェイターやったんや。3Loはコンパクトなジャンプ。ステップからの3Lzは成功。エッジどうだったかな。イーグルからの3S+2T+2Tを決めてきました。工夫あるプログラム。SlStもなめらかな滑り。と思ったらまたバキューンって撃ってました。自国のドーンブッシュに解決してもらいましょう。3Fからスピン、2Aからまたスピンでフィニッシュ。おもしろい演技でした。アメリカ3位でもさすがこれくらいできますね。217.93。

イタリアのサミュエル・コンテスティ。ひげのコーチインパクト強すぎますね。アンデス民謡。最初は2Aになってしまいました。3Fは余裕あります。3Lzも成功。スピードがあるので加点つきそうですね。スピンからつなぎの部分もしっかり。だいぶ長いことこのプログラム滑ってる気がする。やはり完成度は上がっているんでしょうか。3A+2T+2Tと今度は3A決めました。3Lo、2A+2Tとてきぱきジャンプを決めます。SlStでは会場を盛り上げながら。でもオリンピック以降今年はぽかが多いシーズンになりましたね。しっかりせな。3S+2T、3T+2Tを跳んでフィニッシュ。あれ?ちょっとジャンプ多いか?196.40。

第3グループの前にペアのSPが放送されてる。うれしいけどレビューを楽しみにしておこう。

フランスのブライアン・ジュベールお父さん。ベートーベン「交響曲第9番」。4Tはとても美しいジャンプでした。流れもあるし。もう1発いこう。でもこっちは3Tと自重しました。3A+2Tは止まりましたがまあおっけー。CiStは足下のうまさをみせてきます。でもあんまり元気ない。3Lzは流れがあります。ジャンプの美しさで勝負してるんだろうか。3Aも前後に乱れがないですね。3S+2Tと軽快です。3Lo+3Tはセカンドでステップアウト。スピンのあと場内をしっかり盛り上げてSlSt。音楽をよくとらえていて結構いいですね。3Fから連続ターンで盛り上げて、最後のスピンでだいぶ時間あまったけどフィニッシュ!おおー!あんまりがつがつはしてないけど、これもお父にゃんの演技ですなー。227.67!おお笑顔も出ましたよ。

チェコのトマシュ・ベルネル。滑りの美しさではパトリックちゃんに迫るんですが、とにかくいい演技を。マイケル・ジャクソン・メドレー。4Tはちょっと跳ぶタイミングがずれたか。3Aはなんとかこらえました。よし。3Loはきれいに。もうすでに場内がめっちゃ盛り上がってます。楽しんで滑ってる。これでいいんですよ。CiStでのポーズもいちいちかっこいい。スピンから音楽が変わって。スローパートで3Aはダブルに。3Lzはきれいに決めてます。3Sもおっけー。3F+2Tとしっかり積み重ねます。3Lz+2T+2Loも成功させました。そしてSlSt。さすがのエッジワーク!十分に観客を沸かせました。よしよし、十分です。オレたちの誇りトマシュ・ベルネルが戻ってきた。来シーズンはこれ以上を目指して、じっくりコンディション整えてほしいと思います。ほんまおつかれさま。216.87。

アメリカのリチャード・ドーンブッシュ。きました探偵。事件解決してください。「シャーロック・ホームズ」。リーベルスよりおっさんのホームズ。でも滑りは速い。3Lzから入ります。3Aはもうちょっとで足をつきそうでしたが、なんとかかんとかふんばりました。力強い。3Fはエッジがアウトサイドだったかも。ステップを間にいれています。考える人スピン。謎が解けてきたかな。マッコリってなんだろうとか。あのSATOって象はなんだとか。3A+3Tを決めてきました。3Aコンビネーションは最初の方につけるのだったのをここに持ってきてるらしい。3Sはダブルに。3Lz+2T+2Loはまたエッジどうだったかな。2A+2A+SEQ、3Sがあぶなかった。CiStからスピン。音楽をうまく使ってフライングキャメルに。最後は謎はすべて解けた!的なポーズでフィニッシュ。おおーがんばりましたね!今の精一杯を出してくれました。222.42!コーチもナイスナイスっていってます。

チェコのミカル・ブレジナ。「パリのアメリカ人」。3Aはダイナミックなジャンプをばっちり決めました。そして4Tもきっちり決めました!でかい!そして4Sも成功させてます!序盤のビッグジャンプをすべて決めてきた。ブレジナもいよいよ本格的に復活ですね。SlStはエッジワークもずいぶん向上してます。体がでかいだけに見栄えします。スピンも安定してます。3A+2Tは飛距離も出てるしすばらしい。3Lz+3Tはセカンドをなんとか。2Aもおっけー。がんばってます。しかし3Lzで転倒してしまいました。うーんもったいない。3Fも転倒。ちょっとスタミナ切れましたか。CiStで会場があとおしします。最後まで滑りきりました!よっしゃよくやった!今年の手術のことを考えても上出来のフィナーレです!2つの転倒が今更もったいないですが、来シーズンはもっとやってくれるでしょう!順調に成長すればパトリックちゃんを追っていける選手です。キスクラのガッツポーズはそれを予感させますね。233.61。

アメリカのライアン・ブラッドレイ。モーツァルト・メドレー。いい笑顔してます。4Tをきっちり決めてます。よし。4T+1Tはクワドルプルでだいぶ体勢崩れましたが、なんとかつけました。3Aもあぶなかったですがこれは大丈夫。だいぶジャンプに集中してる感じ。やっぱりアメリカの出場枠はブラッドレイにかかってるわけですからね。3Lzからスピン。そしてSlStはしっかりジャッジにアピール。プリティなステップです。でもほんとにつなぎで何もしてないな。逆に頼もしい。3Aはダブルになって2A+2T。3Loはおっけー、3S+3T+2Tはあぶないあぶない。3Fからスピンでフィニッシュ。すっごい緊張してたみたいですが、なんとかがんばりました。212.71。うーんもうちょっとあげたかったわい。

カザフスタンのデニス・テン。キャロルおじいちゃんはアメリカの選手じゃなくてデニス・テンのためにきてるんですね。おもしろい。3Aにいきますが転倒。おしい。3Lz+3Tはばっちりでした。滑りもなめらか。3Sはきれいです。3Fを決めてスピン。安定してます。さすがの滑り。CiStもエッジワークと躍動感が調和していてかっこいい。これがデニス・テンの滑りです。スローパートも滑ってるだけですがいい感じ。3Aはまた転倒。タイミングが合わないですね。3Loはクリーン。3Lzから2A+2T+2Tと決めてきます。速いスピンからもう1つ高速スピン。そしてSlSt。きつそうですが大きく動いてます。しっかり音もとらえてる。そのままフィニッシュ。3Aの転倒2つは痛いですが、今の自分の演技はできてますよ。209.99。あとは髪を切らないとですね。

これで最終グループですね。どうなるんやろう。

カナダのパトリック・チャン。うわーいきなりか。けっこう緊張してるみたい。クワドルプルを2回入れているみたい。「オペラ座の怪人」。滑りが速い!なめらか!4Tからきました。しっかり踏ん張りました。ほんとはコンビネーションだったみたい。次に4T+3T!音楽の盛り上がりとともに完璧に決めました!あがー!動きもよくなってきた。3LzからSlSt。自由自在のスケーティング。すばらしいの一言ですね。スピンも安定感ばっちり。スローパートのつなぎの演技にもスケーティングスキルを感じるんですから困ったもんです。3Aはステップアウト。ここは決められなかった。3Lz+1Lo+3S+SEQも見事。スピンもてきぱきっと決めて、3Fも流れの中でステップの一部のよう。3Lo、2A+2Tも決めきって、CiStはさらに自由度を増したステップ。大きく自由に氷の上を躍動します。最後は高速スピンでフィニッシュ!はーいありがとうございまーす!!タラソワも立ち上がって拍手。GPSファイナルのスーパーな演技をさらに大きく超えてきました!そしてスケーティングだけでオペラ座の怪人を演じきってる。ベリッシモです!!FSだけで187.96!ありがとうございましたー!280.98。

織田信成将軍。うわー順番悪いな。でも将軍なら負けずにいけるでしょう。グリーグ「ピアノ協奏曲第1番・第2番」。3T+3Tからですね。クワドルプルはいけなかったか。3A+3Tは大きなジャンプでした。ステップからの3Fはいいですね。CiStもがんばってます。大きな動きと躍動感。スピンでちょっとバランス崩しました。3Aはランディングでしっかりリカバー。将軍足首。3Lz+2T+2Loもおっけーです。ステップからの3Loもかっこいい。よく考えられたプログラムですね。3S、2AからSlSt。大きくリンクをいっぱいに使って。スピンもしっかり決めてくれました。すばらしい演技でした。順番さえあれば。って実況陣がまたジャンプ跳びすぎじゃないかと話題になってます。あーそうか、最初に3T+3Tだから、次の3A+3Tで跳びすぎ、このビッグジャンプが全部なくなってるんですね!リンクサイドでもコーチたちがまたやっちまったぜという感じで苦笑い。232.50。今は将軍もやっちまったという感じのようです。実況陣がどうも静かだと思ったら、3A+3Tの時点で絶句していたようです。ルールブックをもう一度見直せとかいってます。なんで毎回こうなるんだろう。でもおもしろい!将軍最高!オマエ最高!

ロシアのアルトゥール・ガチンスキー。すごい盛り上がってます。ショスタコーヴィチ「ボルト」。最初の4Tばっちり成功!加点つきそうです。3A+2T+2Loは途中でターンが入ってしまいましたがすごい高かった。高すぎて失敗したみたいな。3A単独はおっけー。ドーナツスピンもまったくぶれません。3Lz+3Tも成功。そのたびに盛り上がる場内。3Loもリカバーしました。CiStは小芝居も入れながら見事なエッジワーク。意外に顔芸もできるんですよね。シットスピンのポジションもいいですね。おもしろい動きも入れながらロシアの伝統に則ってる。3Lz、3F、2A+2A+SEQとしっかりこなし、すばらしい威厳のあるスピンでフィニッシュ!きたきた!ガチンスキーきました!ホームの歓声を力に変えていい演技してくれましたよ!241.86!おおーきたきた!

高橋大輔。オマエは確実に頼むよ。がんばって!「ブエノスアイレスの冬」。いい滑りから4Tにいったところで靴が壊れてしまったようです。一時中断。あーでも足首やったかと思った。ねじを締めてますね。F1みたいだ。がんばれ。おおー戻ってきた。よかった。続きから。3Lz+3Tはしっかり成功!さすが気持ち強い。3Lo+2Lo+2Tも決めました。スピンに。よしよしこれで大丈夫ですね。CiStはさすがの表現力。メリハリがとても効いてます。3Aはステップアウト。3A+2Tは成功ですね。強い気持ちを持って滑ってますね。高橋はほんとに強くなった。スピンから3Sで転倒。3Fは成功ですね。3LzからSlStにいきます。さすがの技術、さすがの表現力。あっという間に終わってしまう。スピンでフィニッシュ!おおーよくやりました!強さを見せてくれました!いやー誇りに思いますね!あのアクシデントをよく乗り越えましたよ。232.97。これは得点じゃなく、高橋の強さをたたえたいですね。

小塚崇彦。これは表彰台狙えますよ。気合い入れていこうぜ、全日本チャンプ!リスト「ピアノ協奏曲第1番」。すばらしい動き!スケートに躍動感があります!しっかり準備してきてる。4Tをきっちり決めてきました!よっしゃ!速いですね滑りが!そして3Aもクリーンです。3Lz+2Tも成功。すごい気合い入ってる。でもスピンは正確無比。いいぞ。CiStは確かに杉田さんのいうようにパトリックちゃんのエッジワークに匹敵しますね。やわらかくてなめらか。3A+2T+2Loも決めてきました!大事なところ決めた。バックスパイラルから3Fはエッジどうやったかな。大丈夫かな。誰かなんかしゃべって。3Lz+3Tも成功です。3Lo、3Sも決めてきました!よっしゃ!スピンからSlSt。多彩なエッジワークと気合いのこもった表現。スピンは最後まで軸ばっちり、回転ばっちりでした!ベリッシモでした!!よっしゃー!!おおー佐藤夫妻もめっちゃ喜んでる!実況陣も絶賛してます。うおー!FSで180.79!258.41きました!パトリックちゃんに匹敵してる!

最後はフランスのフローレン・アモーディオ。マイケル・ジャクソン・メドレー。3Aはしっかりふんばって成功させました。動きもいいですね。3A+2Tはセカンドで手上げ。技術あげてきてます。3Loもいいですね。さて!ダーンスターイム!CiStはすごいメリハリだ。めっちゃ歌入ってるな。ダンスばりばり。スピンもしっかりしてますが、つなぎの部分のダンスがめっちゃキレキレ。さすがサンデュ先輩の後継者。3A+3Tはファーストがダブルに。3Lz、3Fと跳んできます。3Lz+2T跳んだところで録画がちょっと途切れました。SlStのあとで高速スピン。おおこれもスピリッツを感じるスピンです。持ち味をしっかり出せましたね。229.68。うーんこれは出なさすぎですかも。

○最終結果:
あぢーん:パトリックちゃん
どう゛ぁー:小塚
とりー:ガチンスキー
ちてぃーりぇ:ブレジナ
ぴゃーち:高橋
しえーすち:将軍
すぇーみ:アモーディオ
う゛ぉーすいみ:ジュベールお父さん

優勝はパトリックちゃん。3Aのステップアウトだけでした。そりゃあの点は出る。出てもまったく不思議じゃないし、ついにこんな来るべき時がきたんだと思いましたね。あのエッジワークが世界を制し、クワドルプルも制して誰もたどり着けない領域へ。ただただ見事な演技、見事な滑り。恐れ入りました。新しいモビルスーツの性能には誰もついていけなさそう。

…と思ったら小塚が2位に。すばらしい演技で、パトリックちゃんに勝てるという手応えを見せてくれましたよ。4回転もしっかり決めたし、この大舞台でノーミスで決めてくれました。佐藤夫妻もめっちゃ喜んでたし。久美子コーチが笑えば日本に幸せが舞い降りるのですよ。いやすばらしい!

ガチンスキーが3位に。地元の声援をしっかり風に変えました。ロシアの伝統を背負って臨んだ世界選手権でしっかり期待に応えました。表彰台はでかいですね。4位はブレジナ。こいつもパトリックちゃんと戦える選手の一人でしょう。来シーズンがほんと楽しみ。

5位は高橋。スケート靴のアクシデントでもうだめかと思いましたが、しっかり立て直す心の強さを見せてくれました。勇気づけられますよね。ほんとにすぐに立ち直り、ベストを尽くしてくれた姿が誇らしいです。靴を直したあのドライバーの人にも感謝です。

6位は将軍。例によって跳びすぎでもうだめかと思いましたが、しっかり日本に笑いを提供してくれました。笑っちゃいますよね。ほんとに何度も同じ間違いをしてしまい、ベストに笑わせてくれた姿が誇らしいです。あのプログラムはほんとよく考えてほしいものです。…いやでも6位ですから。よくやりました。ほんとに愛すべき男だわい!

いやー今回はほんとおもしろかった!選手はよくやってくれましたね!拍手です!

フィギュアスケート世界選手権2011:男子シングルSP

出席者0人の記者会見。前々からうすうす思っていたのですが、この人たちってすごいコントっぽいなと思うマイク松ですこんにちは。時勢が時勢なら残らずコントのネタに使えそう。これが事実っていうことがすごいです。

さて!いよいよフィギュアスケートも世界選手権が始まりました!今日は男子シングルSP。ペアやアイスダンスはもうちょっとあとみたいですが、みられるやつからみたいと思います。ソフトバンク×日本ハムもちょうどいい時間で終わってくれて助かります。

フィギュアスケート世界選手権2011、男子シングルSP。実況は小林さん、解説は田村さん。こないだのショーがよかったから、今日からヤマトって呼ぼう。勝手に。

小塚の予選の演技が出てるけどスキップ。そりゃ余裕でトップ通過ですよね。

グループ3からで最初に出てくるのはアメリカのライアン・ブラッドレイ。なんか笑かす準備万端という面構えに見える。頼もしい。4T+2Tからきました。ちゃんとクワドルプル決めてますよ。3Aも成功。こっちの方が不安だったけどよしよし。スピンからしっかり会場にアピールしたあと、ステップからの3Fも決めてきました。SlStではしっかり会場を盛り上げながら。しかしアウェイなのであんまり盛り上がりませんでした。最後はサルートでフィニッシュ。いい演技でしたね!動きはかなり固かったけど。70.45。

モナコのキム・ルシン。予選の成績は本戦の順番とかにはまったく関係してないそうです。ディスコな「オペラ座の怪人」。3Aに挑みますが転倒。がんばれ。手袋に工夫して仮面にするようにしている。3F+3Tはなんとか足りてたか。ステップからの3Lzも大丈夫ですね。低い姿勢のスパイラルで会場を沸かせます。ヤマトもこれは難しいと指摘。SlStは上下の動きも手の動きもすばらしい。得意そうですね。スピンもしっかりやってフィニッシュ。いいスケーターですね。3Aの転倒だけでした。惜しかった。58.81。

ウクライナのアントン・コバレフスキー。コバ兄さんにしてはいちおうホームですね。3Aはぎりぎりおっけー。つなぎの部分の小技はおもしろい。3Lz+3Tはだいじょうぶ。でもジャンプに高さはないですねー。3Loでは止まってしまいました。特に何がいいというところはないけど愛すべき男、それがコバ兄さん。SlStでも手の動きがおもしろくて引きつけます。スピンのポジションはなかなか見事なものがあります。場内ももりあげてくれました。いいですね。65.16。その微妙さがすばらしいコバ兄さん。おつかれさま。

カナダのケビン・レイノルズ。ショーン・ソーヤーの代役だそうです。4Sに挑みますが回転が足りないまま転倒。あー。せめて回転は足りておいてほしかったな。3Aはしっかりいけてました。3Lz+3Tを決めてここでコンビネーションをリカバー。軽いステップからスピンに。このあたりの技術はしっかり。SlStは片足で長く滑ったあとしっかりリズムをとってました。最後は軸のしっかりしたスピンでフィニッシュ。うーん大事なところで転倒が出てしまいますね。そんなところも魅力ですが。僕にとっては。64.36。オマエもプロビデンスの使い手なのか。

スウェーデンのアレクサンダー・マヨロフ。大学で講義も大変らしい。「オースティン・パワーズ」。以前に比べて最初の動きはずいぶんはじけてます。カストマロフ御大に習ったのか。3Aは手をついてしまいました。3Lzはシングルになってしまいました。あがー。3Fはおっけーでもコンビネーションにしてないか。せっかく動きもよくなったのにジャンプにミスが出てしまいました。SlStでは技術をみせていますが、マヨ的になんとかはじけてがんばってます。基本的にまじめなやつなんでしょう。最後もすぐがっくりしてしまいました。まあ今年はジュニアとのかけもちやし、来年がんばりましょうぜ。54.24。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ある恋の物語」。最初の腰の動きがラテン系のセンス。3Aをキレよく決めてきました。おお。3F+3Tはセカンドでステップアウト。3Lzはおっけー。スピンのあと曲がもっとアホアホな感じになり、フェルナンデスもあほあほな動きを。この思い切りがマヨマヨもほしいんですが。でもいきいきしてます。こういうのがあうんだろう。ほんとにSlStなのかと思うほどおもしろい動きを入れまくっています。そしてスピンでフィニッシュ。場内もすごく沸いてました。69.16。シーズンベスト更新です。

グループ3終了。デニス・テンがもう滑ってるんだ。現在1位。再放送のときにはのせてくれるかな。

フランスのフローラン・アモーディオ。実はヨーロッパチャンプ。「レジェンド・オブ・メキシコ」。3Aは流れもあるし高い。調子よさそう。3Lz+3Tもしっかり決めました。ステップからの3Fもしっかり成功。スピンはドーナツポジションもまずまず。そして得意のCiStはやんちゃな滑り。以前より意欲と技術がより高まってますね。最後のスピンも回転速度が速いしポジションもしっかり。ヨーロッパチャンプの自信がより高いステージにのせてくれたんですかね。すばらしいです!77.64。モロゾフもうれしそう。

おおー!客席にプルシェンコがみにきてる!おっさんや!

フランスのブライアン・ジュベールお父さん。きれいな衣装。調子はどうやろうか。同じ「レジェンド・オブ・メキシコ」。4Tはステップアウトでコンビネーションにならず。3Aは余裕ありましたね。スピンは音楽をうまく使ってます。ステップからの3Fは単独でコンビネーションにしませんでした。やってもよかったのに。CiStは密度を上げてじっくり見せています。最後のスピンのあとまねき猫みたいなポーズをしていました。あれがネクストステージのお父にゃんということなんだろうか。早送りをしていてもときどきサブリミナルのようにプルの渋い顔とかがインサートされていました。なんなんだ。71.29。

スウェーデンのクチピー。クチピー!!うわーオールバックがすごい。遠目で見ても少し邪悪さを取り戻してきているんじゃないかと推測。ブラック・ヴァイオリン「ニュークリア・ウォーヘッド」。核弾頭!オレたちのクチピーや!3F+3Tはキレよく決めてきました。3Aはステップアウト。おしい!不思議な手の動きでジャッジを幻惑。3Lzは転倒してしまいました。それも核弾頭やで!スピンは軸がしっかりしてるし回転もいい。しかしSlStで転倒してしまいました。ステップですっ転ぶとは。ヤマトもジャンプの失敗を引きずっているとのこと。あとは流してフィニッシュ。実際悔しそうです。58.41。やばい!FSも厳しいかも。

カナダのパトリック・チャン。「テイク・ファイヴ」。すごい滑りの技術…。すごいな。4T+3Tをばっちり決めてきました。うーん完璧。そして鬼門の3Aですがしっかり決めてきました。もう大丈夫ですね。スピンも音がしない感じのなめらかさ。3Fもコネクティングステップだけで点がもりもり入りそう。2つのスピンもポジションといい軸といいすばらしいです。そしてSlSt!片足だけでほとんどはじからはじまでいくエッジのクリーンさ。そこから細かなエッジワークと躍動する表現力。完璧に演じきりました。ベリッシモですね…。あきれるほどの技術。小林さんもヤマトもあきれてます。演技中もぜんぜんしゃべらなかったし。それほどの演技ですけどね。93.02!ぎゃー!銀河点きた!でもあの演技ならでるわ。

おお客席にタラソワが。うれしそう。

小塚崇彦。小塚にはがんばってほしい。滑走順はかなり悪いけどがんばれ。「ソウルマン・メドレー」。でも滑りはやはりうまい。パトリックちゃんと張り合えるクオリティですね。3Lz+3Tをしっかり成功させました。3Aは手をついてしまいました。高いジャンプだったのですが。3Fはおっけー。よしよし。SlStはすばらしい成熟度。構成も緩急といい表現といい、躍動感と華麗さをあわせもったものでした。きれいなスピンでフィニッシュ。よしよしよくやりました。77.62。順番が悪かった。

ベルギーのケビン・バンデルペレン。わっしょーい!「アート・オブ・ウォー」。4Tは派手に転倒。わっしょーい!3Aはきれいに決めてきました。流れもいい。ジャンプはほんとによくなりましたね。3F+3Tでコンビネーションにしておっけー。まあほぼここでケビンの演技は終わりなので。スピンとかやってますけどジャンプを振り返っておきましょう。いやー4Tはほんと勢いもあるしいいジャンプだったんですが(今SlSt)、ちょっと軸が傾いて勢いを上への力に変えられなかったです(今SlSt終わってスピン)。でも3Aはキレあったし、ちゃんとコンビネーションも入れたし。あ今終わりました。いい演技でした。68.34。キスクラでニモみたいなのをもらって自由に過ごしていました。

おっ第1,第2グループのVTRが出てる。ありがたい。

アメリカのドーンブッシュ。フラメンコの曲。3Lz+3Tをしっかり決めてます。滑りのスピードもある。3Aはちょっとタッチがあったけど大丈夫でしょう。スピンのスピードもある。ちゃんと世界選手権に向けて準備してきた感じですね。全米よりもだいぶ印象としてうまくなってる。高いバレエジャンプもはさみながら、ステップからの3F。難しい構成でしたが成功。スピンはほんとによくなってる。SlStはちょっと疲れてましたが滑りきりました。いい演技!70.54。

カザフスタンのデニス・テン。妖怪みたいなヘヤーになってる。大丈夫か。なめらかなエッジから3Aを決めてきました。3Lz+3Tはセカンドでぐらっときましたが大丈夫。ステップからの3Fも流れの中で決めています。今日はよさそう。スピンは回転が速い。タンゴの曲のリズムにあわせていいつなぎの演技。羽生の滑りと通じるものがありますね。SlStは足下のうまさでみせる構成。クールでかっこいいです。曲にあわせてます。最後はドーナツスピンでフィニッシュ。いい演技でした!その髪は何とかした方がいいぜ。71.00。

ロス・マイナーはとばします。すまん。最終グループだ。

チェコのミカル・ブレジナ。鼓童の曲から。ほんとは日本大会だったからあわせてくれたのか。3Aは高さがあってキレのある、ダイナミックなジャンプ。3F+3Tはセカンドでオーバーターン。3Lzもしっかり成功。音楽にあわせて決めるタイミングがかっこいい。スピンはポジションをしっかり決めてます。SlStも長く片足で滑り、体の大きさをいかしたダイナミックな滑り。ブレジナの持ち味がよく出てます。最後の決めもタイミングばっちりでした。すばらしい!よく練習して臨んでるみたいですね。77.50。ほとんど2位と変わらない。

日本の高橋大輔。パーソナルベストをこえていこう。「ある恋の物語」。会場もあとおししてます。3F+3Tはスムーズに決めてきました。流れを切らない。3Aもしっかり確実に。スピンから細かい手の動きも表現力を増してますね。3Lzも決めてジャンプおっけー。ドーナツスピンからSlSt。すごい盛り上がりですね。お父さんステップからよりダイナミックな動き。いつもより余計に動いてる感じ。スピンまでばっちり演じきりました。いい演技です!しっかり今のベストは尽くしてくれましたね。しかし80.25。いや普段ならめっちゃいい点なんですが。

チェコのトマシュ・ベルネル。ついにこの舞台にこの位置で戻ってきたんですねー。おお勇名トラのフラッグも。「雨に唄えば」。でもやっぱりうまい。滑りがすばらしい。4Tは転倒。しかししっかり挑んできました。3Aは高さがあるいいジャンプ!3Lz+3Tはセカンドでなんとかリカバーしました。なにしろ滑りがなめらか。すいすい滑ってきれいなスピンにつなげてきます。SlStはまさに曲の雰囲気を表す、物語のあるステップ。ほんとにみていてすがすがしい。最後も氷の音を聞いていたいような、情感あふれるスピンでした。十分です!今のベルネルはこれで十分です!ここまで戻ってきた。4Tの転倒はありましたが今の100%を出して挑んできた。ありがたいです。75.94。

ロシアのアルトゥール・ガチンスキー。ミーシンもプルシェンコもみつめています。今年はロシア1枠なんですよね。がんばらなあかんよガチンくん。ピンク・フロイドの曲より。4T+3Tはすごくキレがありますね。3Aは軸がゆがみましたがリカバーしました。よしよし。3Loはタッチがあって転倒しそうになりましたがなんとか。あぶない。スピンは安定していていいスピン。CiStは曲に合わせてダイナミックな表現。ちゃんと曲を解釈してますね。ドーナツスピンからさまざまにポジションを変えてのスピンでフィニッシュ。本人的には満足いってないみたいですががんばってましたよ。78.34!おおーよく出てるじゃないですか。よかった。キスクラは意外そう。

すごいヒゲのコーチに送り出されたのはイタリアのサミュエル・コンテスティ。もう演技に入ってます。「ハンガリー行進曲」ほか。いい動きだしスピードもあるよ。3Lz+3Tから入ります。3Aは抜けてシングルに。うーん。3Fは軸が傾きましたがなんとか。スピンからSlSt。曲をよくいかして指揮者になりきってます。このへんの演技力はさすが。小芝居を超えて全部演技ができるのはコンテスティの強みです。最後のスピンはもうちょっとがんばれそうですが、演技全体でまとまってました。でも3Aは痛かったですね。64.59。

最終滑走は織田信成将軍。どうもクワドルプルはいきそうだとひそひそ話す実況席。吉田兄弟「ストーム」。4Tはステップアウトもしっかり回ってました。すぴーどもあるし 調子はよさそう。3Aは成功。直前でバランス崩してたのにとヤマト。スピードのあるコネクティングステップから3Lz+3T。いいですね。スピンのスピードがある。ばっちり軸が細いし早いし。SlStでちょっとぐらっときましたがリカバー。このステップも躍動感がありますね。最後のスピンもクオリティの高いものでした。いい演技です!細かいぽかはありましたが、それでも滑りの質は高かったです。81.81!おおっ2位!

○SP終わっての順位(ロシアなので):
あぢーん:パトリックちゃん
どう゛ぁー:将軍
とりー:高橋
ちてぃーりぇ:ガチンスキー
ぴゃーち:アモーディオ
しえーすち:小塚
すぇーみ:ブレジナ
う゛ぉーすいみ:ベルネル

さあ!日本勢は2,3位をとれるでしょうか!注目です!

…っていう盛り上がり方をしちゃいましょう。それほど今回のパトリックちゃんのSPは圧倒的でした。もうあれだけ点ついてるんですから。滑りが一人だけ別次元。4回転を会得し、苦手のトリプルアクセルと和睦したパトリックちゃんに敵はいないのです。ホバークラフトのようなよどみのないスケーティング。滑れば滑るほど点がもりもりついていく。減点といえば3Aのちょっとした部分と最初のあやしい笑顔くらいですね。恐れ入り奉ります。FSもいい滑り期待してます。どうやらスケーティングスキルで10点出てるらしいですぜ。

パトリックちゃんはいい意味でほっといて、2位は将軍。細かなぽかがあったのにいい点でてます。スケーティングスキルがやはり高いからでしょうか。FSに勢いがつきそう。高橋は3Fでeマークがついているらしいです。でも2位は譲ってはいけないでしょう。将軍とのいい戦い期待しています。

ガチンスキーが4位に。TESは将軍に匹敵する点数を出している模様。表彰台に上がろう。ロシアに勢いをつけるためにも。5位はアモーディオ。ヨーロッパチャンプとしての自信と自覚が大きく育てているみたいです。6位は小塚。しっかり最終グループに残ってきましたよ。上を目指してがんばってほしいものです。

世界選手権はやはり豪華なメンバーですよね。FSもたのしみです。

あ、クチピーが25位でFSに進めませんでした。あのステップですっころんだのがなければいってたのに。まあそれも夜露死苦スケーティング!また来シーズン!

フォルス・スタート商会業務日誌 2011/4/26

担当:マイク松

・「素敵です!」と「素敵DEATH!」は紙一重だなと思うマイク松ですこんにちは
・これって名言っぽい!と思ったのですが違いました
・というわけで今日は業務日誌です
・ほんとの理由はオリックスが成瀬に10連敗しているからDEATH

ロックアウト訴訟は選手勝訴の判決、1つ節目になりましたね
・でも別に何か大きく動くわけでもないし、見守りましょう
・それよりもうすぐドラフト、いいドラフトになるといいんですが
・OAKはドラ1ないのは不幸中の幸いとかいわれてますよ、これでほんとに躍進したりして

・フィギュアスケートはもうすぐ世界選手権ですねー、やっと
小塚が予選トップ通過、小塚も予選滑らないといけなかったんですね
・でも勢いついていいかも、がんばってほしいー
・もちろんJスポーツでみますよ!ポエム封じ

技量審査場所の無料入場券、14万枚の応募
・大相撲人気あるじゃないですか!あれ!?
・もう国技館ぎゅうぎゅうにしてやりましょう!がんばろう土俵!

・カアプの5回のグラウンド整備時イベントにCCダンスというのがあります、これ
・というかなんでウェブサイトとかでみられないんだろう
・振り付けはラッキイ池田さん、わかりやすいし、ダンスほんとうまいですよね
・というかそれと同じくらいうまいスラィリーって
・ファンクラブ限定のダンスイベントも開催されることに、「カープ市場」といい赤松くん天谷くん人形といいふわふわカアプ坊やといい、カオス感ただようボールパークに着々と近づいている感じですよね

・ちなみにオリックスのホームゲームではラッキー7の風船飛ばし時にダンスタイムがありますが、MVD(MVPのダンス版)はうまく踊れているとかではなく、元気に暴れている人が選ばれます
・誰もチアのダンスに合わせて踊っているわけではなく、思い思いに踊っていいというストリートスピリッツあふれるダンスタイム
・いつもみていて自由だなあと思います、成瀬に10連敗しても、オリックスには自由があるんですよ、そういうことやんか

マイク松(署名)


<コメント欄>

(富井は岡田時代到来を待ちわびる休取得により職印省略)

ゆうちゃんだけで野球チームを作って試合ができるかを考える

楽天のチャンステーマのもとねたについてずっと知りたかったのですが、もとねたの八木山ベニーランドの歌がわかってめっちゃうれしいマイク松ですこんにちは。チャンステーマの歌詞もアツくて最高。歌いたくなる歌ですよね。以前からそう感じていましたが、楽天の応援団は野球応援の楽しさがなんたるかがよくわかってますね。

さて、今日も野球をみていたのですが、オリックスの西が前回に続いてすばらしいピッチングで勝っています。コントロールのいい投球で的を絞らせず、終わってみれば1安打。こんなピッチャーやったっけ。A-岡田も満点評価。ベンチでもしっかりチームを盛り上げていましたし、それがG-光尊の抜け目のない走塁やバルディリスのホームランなどを呼んだのだと思います。

ところで西は勇輝という名前なのですが、さっそくマスコミは初勝利から、ハンカチになぞらえた伝え方をしています。

「ゆうき」が開幕連勝
佑より凄い「ユウキ」西プロ1勝
“オリックスのユウちゃん”3年目の西がプロ初勝利

でも考えてみれば、ゆうちゃんって呼ばれる人って、そのへんにたくさんいますよね。特にゆうきとかゆうたとか、最近よく見かけます。それなら別にハンカチじゃなくてもゆうちゃんはいっぱいいそう。

ということで、12球団でどれくらいゆうちゃんがいるのかを探してみることにしました。というかたくさんいると思うので、ゆうちゃんだけでチームが作れるんじゃないだろうか。そしたらゆうちゃんだけのチームで試合しよう。パ・リーグとセ・リーグに分かれて、ハンカチーム・パとハンカチーム・セを作るのです。もちろんセの代表はハンカチも使ってないのに赤いハンカチ王子などと呼ばれている、カアプの齊藤悠葵です。

12球団でゆうちゃんがどれくらいいるか。調査の結果が下の表です。

ハンカチーム・パハンカチーム・セ
<カントク>
斎藤佑樹

<コーチ>
SB 鳥越裕介
M 井上祐二
L 河田雄祐

<投手>
E 鎌田祐哉 井上雄介
SB 久米勇紀 下沖勇樹
M 吉見祐治 大嶺祐太 唐川侑己 木村雄太 西野勇士(育成)
L 菊池雄星 中崎雄太
F ダルビッシュ有 石井裕也 斎藤佑樹 植村祐介
Bs 前田祐二 西勇輝

<捕手>
L 荒川雄太
F 荒張裕司

<内野手>
SB 本多雄一 小斉祐輔 大城祐二(育成)
F 飯山裕志
Bs 梶本勇介

<外野手>
E 楠城祐介
SB 長谷川勇也 柳田悠岐 
L 大崎雄太朗
F 関口雄大 谷口雄也
Bs 宮崎祐樹
<カントク>
齊藤悠葵

<コーチ>
G 会田有志



<投手>
YB 秦裕二 国吉佑樹(育成)
C 齊藤悠葵 福井優也 岩見優輝 弦本悠希
D 川井雄太 大野雄大 武藤祐太 久本祐一
YS 七條祐樹
T 安藤優也 川﨑雄介
G 久保裕也 古川祐樹 小山雄輝

<捕手>
C 白濱裕太
YS 水野祐希

<内野手>
YB 高森勇気
D 森越 祐人
YS 鬼崎裕司

<外野手>
YB 吉村裕基 内藤雄太
C 迎祐一郎
D 松井佑介
YS 松元ユウイチ 雄平
T 甲斐雄平 野原祐也

メンバーをみてみると、まず不足しているのはコーチです。これは意外だったのですが、12球団でゆうちゃんといえそうな人をあげてみると、ハンカチーム・パがSBの鳥越さんを筆頭に3人。鳥越もゆうちゃんだったのかと思うと笑えてきますが、ハンカチーム・セでは黄泉瓜の会田コーチしかいません。古い世代にはあんまりゆうちゃんっていない。ゆうちゃんって新しい名前なんですかね。石原裕次郎とかいたのに。

ということでカントクはハンカチがプレイングマネジャーとして務めることにしましょう。もちろんハンカチーム・セは赤ハンカチというか鯉ハンカチというかの齊藤悠葵。まあ今のままではカントク専念という感じですが。「先発オレ!」というとチーム内からブーイングが。

両チームに共通するのは、ピッチャーは充実してますが野手は不足気味ということです。ハンカチーム・パは2人しかいないのかと思っていたら、ホークスに本多をはじめ3人いたので足りました。ハンカチーム・セはかき集めても3人しかいないので、イトイヨシオ@何食ってんだの例のようにピッチャーからコンバートしたり、外野からコンバートするしかなさそうです。捕手は登録が少ないですが、両チームとも2人は確保できました。

チームごとにみてみましょう。まずハンカチーム・パから。なにしろピッチャーが充実してます。ダルビッシュ(そういえばダルビッシュもゆうちゃんなんだ)、唐川、西に加えて、頼りないけど大嶺、吉見もいます。プレイングマネジャーのハンカチが投げなくてもなんとかなりそうなくらい。菊池や木村などものになれば先発クラスも控えているし、久米や前田などの中継ぎで活躍してくれそうな人もいますね。投手陣は万全。

内野手はSB勢本多、小斉、ハムの飯山がいれば大丈夫そう。外野手はSB長谷川と西武の大崎がしっかりやってくれそうです。

対してハンカチーム・セですが、ピッチャーはまさかのハンシン安藤がゆうちゃんだということが判明。衝撃。そして若鯉福井、中日の川井と赤ハンカチでまわしていきたいところ。中継ぎに使えそうな人はいるのですが、全体的に今なにしてるんだろうという人が多いです。

内野手はかなりデプスが足りない感じ。1人でもけがしたらアウトです。ユーキリスとか、ユーイングとか、台湾系のユーさんとか、そういう名前の外国人の調査にすぐ乗り出してほしいものです。外野手はベイの吉村が一番メジャーな先発クラスの選手というカオスが。広島で伸び悩んでいる迎とヤクルトのユウイチを使えばなんとかなるでしょうか。

もちろん両チームの本拠地はハンカチ・メモリアル・スタジアム。ハンカチのために作られているようなものですから。毎回ここでハンカチームの試合が行われるのです。そういう試合をやってみるのはどうでしょうか。ハンカチチャリティーマッチとか。

どっちが勝っても負けてもヒーローインタビューにあがるのは誰があがってもいつもゆうちゃん。だって全員ゆうちゃんだから。そして投手も野手もベンチの選手もコーチも、みんなタオルハンカチで顔を拭くのです。何かうまくいったら「何かもってますね」とコメント。はははははは。

これで安心してハンカチも体作りやフォーム作りに専念できるのかもと思いました。注目度が高くて大変だと思いますががんばってください。大丈夫、野手のみんながいっぱい打ってくれるし、しっかり守ってくれるし、他の先輩ピッチャーがしっかり抑えてくれるから!カアプのゆうちゃんとか、周りは次々凡退するし、あまつさえ勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りても先輩ピッチャーが易々と勝ち星を消しちゃうんだゾ★←黒星

野球をはしご 2

今週は、ほっともっと神戸で火曜にダルビッシュ、金曜に田中マーを見て、土日は広島で福井を見る予定だったのに、風邪のため全てテレビ観戦となってしまった富井です。うーむ残念。

今日は広島と一緒にオリックスも見ていたのですが、この週末はコリアンデーだったらしく、ピッチャー交代で流れる音楽もK-POPでした。ジンギスカンのK-POP、なかなかエキサイティングでおもしろかったです。それにちなんでKARAのヒット曲「ミスター」を替え歌にしてみました。(本当は「岡田時代」にしたかったのですが、そんな時代は来てないとあっさりマイク松に却下されました)

Okada (元ネタ ミスター 歌詞

チェッ チェッ チェッ チェッ チェッ チェッ ・・・
(1,2,3,4,Everybody 凡退)
チェッ チェッ チェッ チェッ チェッ チェッ ・・・
(先発,中継ぎ,押さえも失点)

アレ以上 アレ未満
曖昧なスイングは 飽きてしもうたわ

トタトタ胸が チャクチャク熱い
イライラ願う ムチャクチャしたれ
得点したい Listen to my everything ねぇ誰のせい?

Heyいますぐに Okada 代打おくって Okada
その腕で Okada つたえてよ Okada
だって Okada こんなにも Okada
欲しいのは Okada あなただけ エスパー

今日のハイライトはG-光尊の隙を突いた走塁でしょう。カメラも全く押さえていませんでした。意外といえばその後にスンヨプも久々のヒット。これで来週もレギュラーででられそうですね。それから今日も無失点の西!しかもヒット1本だけ。テレビで見てもとりわけ素晴らしいというところがよく分からないのですが、とにかく飛びませんね。

それではみなさまも風邪にお気をつけ下さい。

野球の試合をはしごする休日

独災 (もとねた:独裁-monopolize- 歌詞)

勝ってるから わがままになってる
がんじがらめに縛りたい OTHER TEAMS
Bクラスにも閉じ込めちゃいられない
今日も勝手に 鯉は回ってる

打ちたいよ 君を今すぐ
(親)会社の都合 知っちゃいるケド
君の連勝 助ける度に
鯉はジジイになってく気がする

毎日毎晩 連敗もナンだし 新人を作るけど
期待するほど 勝ちもつかぬ徒労感
中継ぎにつぶされて

勝ってるから わがままになってる
がんじがらめに縛りたい OTHER TEAMS
Bクラスにも閉じ込めちゃいられない
今日も勝手に 鯉は回ってる

T.M.Revolutionインタビューを読んだのですが、いろいろ考えてるんだなと思ったマイク松ですこんにちは。変えない勇気も確かに必要ですよね。がんばってほしいものです。

さて今日は変えなければならないところが多すぎるにもかかわらず現在なぜか首位のカアプも含め、野球の試合をはしごしてみていました。雨なので。休みが必要だ。コーヒーで一息いれろといってる

鹿児島でおこなわれたSB×ロッテは、杉内や川崎、本多などゆかりの選手が多く、SBとしてはなんとしても勝ちたい試合。川崎はお姉さんの赤ちゃんを抱かせてもらってパワーを充填。杉内や本多は恩師に挨拶してプレッシャーをもらっていたそうです。今日もいきいきしまくっているウチカワの大活躍などでリードする展開。最近信彦がベンチのことが多くて気になります。がんばれ。

しかしロッテもこういう試合で空気を読まずに勝っていくチーム。西村カントクの地元の応援団もきてくれているそうですし。サブロー兄さんのソロが出たり、テギュンが復調気配だったりとチームも上り調子。そして調子のよくない馬原を打ち崩して9回に同点に追いつきます。♪あんまり調子がよくない人は ラジャ ラジャ 馬原ジャ

ところが9回に、開幕していきなり骨折していた小久保アニキがサヨナラヒット。SBとしては理想的とはいえなかったものの、勝利で飾ることができたようです。九州新幹線シリーズよかったですね。明日は熊本での試合、信彦がプレッシャーで打たない姿が目に浮かびますが、がんばってほしいです。

そのあとちらちらみていた広島×ヤクルト戦。今日はタクロー先生が大当たりでリードしますが、5回に1点差に迫られ、富井も「鹿児島の空見ようや、きれいやんか」「そういうことやんか」とSB×ロッテ戦の方をみていたのです。そういうことやんかといえばオリックス×西武は見事に西武に零封され、早々に興味を失っていました。あとの野球好きニュースで振り返っているときに「後藤は…?無視…?」と悲しげにみていました。

しぶといヤクルトを豊田先生やペローンでなんとかかんとかしのいでいたのですが、9回にサファテがバレンティンにでかい一発を食らって同点に。もう3時間半いっていたので9回裏にイムを投入され引き分けてしまいました。イムチャンヨンのイムってにみえますよね。

がんばっていた今日のカアプの先発中田は、バレンティンの一発を食らって絶望的な顔をしていましたが、それがオマエの球団の与える試練なのです。先発は最後まで投げて、1点も与えない気持ちで投げなければならないのです。早速世の中の無常を仏ではなく身内から教えられていますが、いいピッチングでしたし2安打というバッティングもよかったです。味方は点を取らないので自分でとる。マエケン先輩もそうしている、これまた学ぶべき点をすでに会得しているのはいいことです。次はがんばってくれ。

そして夜は楽天×ハムのナイター。今日はすごい雨降ってたのですが、夕方にはホモフィーの方はあがってて試合できました。よかったよかった。

試合は序盤はわりと点の取り合い。ハムの八木が序盤はしんどそうでしたが、徐々に調子を上げていって、気がついたら6回投げきってました。楽天の永井も4回に顔の小さいナカタショーに打たれて同点に追いつかれますが、8回まで投げるというすばらしい仕事。がんばりました。

そして8回、山崎先生が大きなバッティング。外野を抜いていきます。体を揺すってがんばって走る山崎先生は3塁を狙いますが、なにしろセンターはイトイヨシオ@何食ってんだ。レーザービームが返ってきて3塁でアウトになってしまいました。それでもホモフィーは大いにわきました。今のプロ野球の勝敗以外のところで求められていることをやってくれているなあと思いました。ホシノカントクもかすかに笑ってましたね。

これは延長だなと思っていたところ、出会い頭にルイーズがサヨナラホームラン。うわー。スパイアーが喜んで出迎えていました。スパイアーですよね。スティーブ・スパリアーじゃないですよね。

しかし神戸で1勝できてよかった。意義深い。明日はハンカチ.vs.戸村。戸村にはがんばってほしいです。そういえばハンカチのことを「何かもっている」っていいますけど、もういい加減何かに決めてあげればいいのにと思います。運とか実力とか。オリックスが「何かと何かが足りない」とかいったりしたら困るでしょ。何かとか使っていいのはカアプのような「何もかも足りない」とかいうときだけです。

一日野球を見ながら、変えてはいけないもの、変えない方がいいもの、変えた方がいいもの、変えなくてはいけないもの、何もかも変えてしまえばいいチーム、などなど、いろいろ考えていました。覚悟!

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:アイスダンスFD

twitterにも書きましたが、日本ハムの新外国人ホフパワー。今日もえげつないホームランを芯を外して打っていました。どこまでとばすんや。でホフパワーは今のところホフと呼んでいる選手が多いみたいですが、ここはひとつホフピーと呼んでみるのはどうかなと思ったマイク松ですこんにちは。だからどうだということはないんですが。

そして今日の記事も世界ジュニアフィギュアスケート選手権、アイスダンスFDでっす。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は渡辺さん。

フランスのパパダキス・シズロン。SDで女性が転倒してノーバリューになってしまった。FDはタンゴのプログラム。だからといってタンゴがめっちゃ得意というわけではなさそうですが。CiStはばたばたっとしているところがあるか。ツイズルはまずまず今度は大丈夫。RoLi+SlLiはよくポジションチェンジしてました。ダンススピンは回転も速くていいですね。CuLiはホールドが安定してた。MiStはステップになるとちょっとスピードがおちますね。エッジがなめらかになってくれば、美男美女の伝統を受け継いでいきそう。最後のStLiもよかったです。115.56。

アメリカのボナコルシ・メイガー。おもしろ衣装。メイガーの赤シャツがいけてない。映画「マスク」より。最初にダンススピン。テンション高くきてますね。ツイズルは若干あってなかったしちょっと離れましたね。SeStはなかなか雰囲気出してます。CuLiはちょっとぷるぷるしてたか。がんばれ。RoLiはそろそろっとまわしてます。DiStはよく滑り込んでるけどまだエッジが深くできそう。最後にSlLiを見せ場としてもってきてました。ちょっといなせな築地市場の若い衆みたいにみえてきましたが、文字通りいきがよくてよかったです。ジュニアらしくてよかった。117.26。

エストニアのシュトルク・ランド。きました!おおわりといい衣装着せてもらってる。「想いの届く日」。SlLiはイーグルポジションも安定してたぞ。もうシュトルクのプレッシャーにおびえていたランドじゃねえ。ツイズルもあってました。RoLiもしっかり振り回してます。パワーついてますね。CiStは曲をよく表現してた。ダンススピンはシュトルクの美しさをいかしてます。DiStはちょっとゆっくりですかね。RoLiからStLiにもってきてフィニッシュ。よしよし、ランドもずっとほほえみをたたえていました。がんばった。シュトルクは相変わらず冷たいですがくじけずがんばれ。117.50。

カナダのオーフォード・ウィリアムス。Vitamin String Quartetの曲。なかなか動きのあるいいステップからCiSt。上下の動きのあるステップ。うまくダンススピンにつなげてます。SlLiは入りまでの流れもスムーズだった。ステップのタイミングもよくあわせてますね。CuLiはよく見せ方をわかっていてリフト全体うまい。DiStはよくスピードも出てるし視線の合わせ方がうまい。すぐのRoLiは豪快に振り回してました。曲全体が統一感もあったけど、みやすくていい演技でした。カナダらしいすがすがしさがありましたね。122.22。FDのシーズンベスト。

フランスのザモフスキー・ミアート。おっいけすかないカップル。ラテン系のプログラム。それにしてはザモフスキーの動きがなかなかキレてますね。ツイズルを終わらせてCiStへ。スピードでてますね。CuLi+SlLiはザモフスキーの身体能力を見せつけます。これはうまい。ポジションチェンジもキレがあるし豪快。ダンススピンもいいですね。SlLiもジャッジに体の柔軟さをしっかりアピール。あとはミアートの方がしっかりパワーをつけていけば順調に育っていきそうです。いけすかなくても。128.16。

ロシアのコシュギナ・モロシュキン。SDのつまずきを挽回したいところです。ショパン「ワルツ第7番」。ものすごい正統派。さっきのいけすかなさとは正反対ですね。こいつらでNo.3カップルなのか。RoLiは途中まで片足ホールド。ツイズルもうまくいきました。DiStはワルツの優雅さを全面に。なにげないフリーハンドフリーレッグが雰囲気を作り出してます。女性ホールドのあと男性ホールドのダンススピン。SlLi+RoLiはモロシュキンのパワーあるホールド。そうはみえないけどかなりパワーありそう。CiStは少し疲れも出てきたが、ショートリフトでフィニッシュ。いい演技でした。125.43。うーん上にいけなかったか。

スペインのウルタード・ディアス。ぼんやり立っている最初から映画「NINE」より「Be Italian」。小林さんおすすめのSlLiだそうですが、これはすごい!2人のバランスだけでもっているすごいリフト!必殺技のレベルです。場内騒然。DiStでも曲の雰囲気をうまくつくってます。CuLiは降りもしっかりアピール。ダンススピンでもしっかり表現の意志が。女性ホールドのところもあり。CiStでもしっかりスピードを維持。ツイズルはユニゾン重視。曲をしっかりいかしさらに場内を盛り上げます。RoLiから怒濤のフィニッシュ!やりますね!いろいろあらはあるんでしょうけど、はじめて物語を感じる演技でした。120.41。いやこの演技は得点以上です。

ロシアのモンコ・カリアビン。さっそくSDで1位になり優勝を狙います。映画「フリーダ」よりフラメンコのプログラム。最初の高速ツイズルはモンコが足をもちそこねました。でもCuLiではすごいポジションをアピール。やりますね。CiStはエッジの深さとなめらかさが早速。そして手の表現力があちこちでみられますね。ダンススピンの前の動きのキレもあるし、ダンススピンはなんとも情熱的表現。RoLiは回転の速さとパワーがありました。DiStは足が近いし男女一体となった表現。最後はSlLiでフィニッシュ。さすがの質の高さをみせてくれましたね。144.16。逃げ切れるか。

アメリカのリッチマン・コペリー。おもしろい表現がみられます。映画「ビートル・ジュース」より。どんどん笑いを取りに行ってます。やるな。ダンススピンからすーっといい滑りに。質が高い。CiStはユニゾンがぴったり。そのままこれまたばっちりのツイズルにつなげてます。ちっこいコペリーは完全に一体型のスケーターだけに、細かいところの表現を忘れない。SlLiへのつなぎ方も考えられてます。そして細かいところで笑いをとる。MiStもスピードが落ちないし、CuLiのリッチマンのポジションもきれい。RoLiのキレはすばらしかったです。演技全体の表現がとても考えられてました。順番さえよければ結構上にいったと思うのですが。133.36。コーチもビートル・ジュースみたいだ。

スロバキアのヴィスノバ・ショレイ。「ノートルダム・ド・パリ」。雰囲気を出している出だし。DiStはフリーレッグの上がり方がよく練習してます。SlLiはヴィスノバの足がよくあがっていてきれい。柔軟性はCuLiにもいかされてますね。ダンススピンは迫力ありmさう。CiStは曲の雰囲気をよくあらわしてる。ツイズルはまずまず。RoLiから、最後はヴィスノバをぶら下げるというすごいフィニッシュでした。なにしろ格好が地味すぎるのですが、2人とも身体能力は高い。華やかなプログラムもみてみたいですね。126.07。

アメリカのカヌーシオ・マクマナス。「カルメン」。ツイズルから入ります。まずまず。RoLiはその前後に至るまでよく表現してました。DiStはよく動いてるし、SlLiもあぶない感じだった。ダンススピンはまずまず。CiSt…うーんいまいちこのカップルに魅力を感じないのはなんでなんだろう。SDのときもそう思ったんだけど。しっかりこなしてるし悪くはないんですが。なんだ。なぞだ。122.90。

ロシアのプシュカシュ・ゲレーロ。「スコーピオ」。最初からテンションの高い滑り。SeStは音楽をよくとらえてます。CuLiはしっかりアピール。ツイズルはまずまず。ダンススピンはポジションがきれいです。ロシアとヨーロッパの中間くらいの表現はさすがですね。SlLiはあぶないポジションをやすやすとこなしています。DiStはちょっと引っ張り合ってるか。RoLiは距離の出るリフト。StLiから最後はしつこいフィニッシュでした。さすがですが上には来ないかなあ。コーチを変えて滑りを改良してるとのことでしたが、まだまだトップカップルに比べて滑りがまだまだな感じ。うーんでも134.64。それほど離れてるのか。

○最終順位:
1. モンコ・カリアビン号
2. プシュカシュ・ゲレーロ号
3. リッチマン・コペリー号
4. ザモフスキー・ミアート号
5. ヴィスノバ・ショレイ号
6. コシュギナ・モロシュキン号
7. カヌーシオ・マクマナス号

上位に変動はあまりなし。トップ3はSDと同じでした。モンコ・カリアビンはさすがの無敵ぶりを発揮。ロイヤルな雰囲気をもりもり作っていってます。来シーズンはシニアになるんでしょう。しかし2位のプシュカシュ・ゲレーロはプログラムもおもしろいし、そのカラーが気に入っています。滑りを磨いていけば上にきそう。両方とも応援していきたいと思います。

3位のリッチマン・コペリーはあんまり華がないのに上にはきてる。まあアメリカはシブタニ兄妹がいるので困らないのですが、独自の道を歩むのも悪くないでしょう。4位にはいけすかないフランスカップル、ザモフスキー・ミアートが。いけすかないというのはもちろんほめ言葉ですが、特にザモフスキーの身体能力は注目です。

カアプが単独首位!何かのきっかけにしよう運動

歴代ライダー曲メモリアル盤。もちろん1971-1994だけ買おうと思うマイク松ですこんにちは。2000-2011も同じようにジャケットはかっこいいけど知らないので。1971-1994は選曲は悪くはないですが、まず「ぼくのライダーマン」が入ってないのが大いに不満です。結城丈二は仮面ライダー4号ですよ。そして栄光のアクションシリーズのうち「V3アクション」「Xライダーアクション」「アマゾンライダーアクション」を入れてない。いきなりセリフからはじまるV3アクション、水木アニキの熱唱Xライダーアクション、そして子門真人の金字塔アマゾンライダーアクション。なぜ入れない。これらはこのアルバムには入ってます。忘れてはいけないのが仮面ライダーBLACKの「BLACK ACTION」ですよ。戦闘シーンを伝統に基づき華々しく彩った名曲。石ノ森章太郎作詞ですよ。これらはこっちのアルバムに入ってます。

さて、富井のかぜは絶賛悪化中。薬も効いてる一方で悪化するところもあり、まるで不調のカアプのようです。打線をてこ入れしたら投手陣が悪くなるみたいな。

そんな富井の体調の悪化にあわせるように、カアプが絶好調。今日も乱打戦を勝って、引き分けを挟んで6連勝、単独首位です。そんな!カアプが単独首位ですよ!去年までつるっつるの歯車のようにかみ合わなかった投打がかみ合っています。

そして丸が!丸が活躍してます!あの丸が!オリックスの二軍戦でホームでマジ憤死していた丸が、早くもホームラン3本目。今日は3安打4打点。世界って本当にきれい!

この快進撃、春の珍事と受け流してはいけないでしょう。今までできなかったことを実行するきっかけにしたいところです。

  • 今まで会話がなかったお隣さんにご挨拶:「奥様!カアプが単独首位ざますよ!あ、わたくし隣の松と申しますが」
  • あこがれのクラスメイトに話しかける:「富井ちゃん!カアプが単独首位だって!知ってた?」
  • 難攻不落の取引先に飛び込み営業:「丸が4打点だそうですよ社長!この際この新商品なんですが買っちゃいませんか?」
  • 社内をまとめる社長の訓話に:「どうも今カアプは首位らしい。わが社も一丸となれば活路が開けるかも」
  • あこがれの先輩に告白:「丸がホームラン3本目らしいですつきあってくださいサンデュ先輩!」
  • ニート脱出:「オレもワークアウト受けようかな…丸にできるなら神の手をもつオレなら楽勝」
  • 雲隠れの日々にピリオド:「そろそろ大相撲の新団体を立ち上げようかな…」

やればできるという問題ではないです。やってもやってもだめだったのに今できているのです。そして今できているからといってこれからもできる保証はないのです。今だけかもしれない。だからこそ人々に勇気を与えるのです。がんばろう日本というより、今しかねえ日本です。うん。

そしてロッテも西武に3タテで波に乗ってきました。もちろん牽引しているのは荻野貴司。この調子でけがなく活躍すれば。ところでロッテの裏ローテは誰が投げるんだろう。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:アイスダンスSD

富井は絶賛かぜ中。看病をするマイク松ですこんにちはなのですが、富井のかぜが僕までうつってきそうな勢いです。2人かぜひいたらこの極東事務所はどうなるのでしょうか。助けて首領!どこにいるかわからないけど!

今日は野球でいいニュースがたくさんあるのですが、世界ジュニアフィギュアスケート選手権のアイスダンスをレビューしておこうと思います。もうすぐシニアの世界選手権、はじまりますし。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は渡辺さん。おおー。あの渡辺さん。

ショートダンスはパターンダンスがヴィニーズワルツ。シニアのゴールデンワルツに比べてゆっくりでステップも少ないんだそうです。

フランスのパパダキス・シズロン。すごい大人っぽいカップル。すげー。男女の情感表現もうまい。15/16なのに。すぐにパターンダンスに。スムーズなステップ。RoLiは安定していたのですが、ツイズルで女性が転倒してしまいました。これは痛い。いい雰囲気出していたのに。MiStはちょっとゆっくりですね。でも期待できるジュニアカップル。がんばって。45.68。お通夜のようなキスクラ。

カナダのオーフォード・ウィリアムス。今シーズン組んだばっかり。ビートルズ「ノルウェイの森」「ヘルプ!」。高度な開脚ツイズルがかっこよかった。安定してるし距離も一定ですね。パターンダンスは2人の足が近いしなめらかな滑り。いいトランジションからRoLi。降りが少しよくなかったか。MiStは躍動感のあるステップ。曲をうまくプログラムに取り入れてますね。終わりもきれいでした。工夫のあるプログラム。49.81。これも期待できるカップル。

エストニアのシュトルク・ランド。おお!あの思春期カップル。まだまだお互いに以前は照れがみられていましたがどうか。映画「アナスタシア」のワルツ。ランドもしっかり笑顔できてますよ。ツイズルは無難にこなしました。SlLiはいいポジションでランドもイーグルでLv.4ゲット。しっかりカップルとして成長してます。パターンダンスはうまくできてますね。エッジにも少し安定感が出てる。MiStはよくユニゾンがとれてました。これはいい演技!すっかりカップルとして成熟していますね。技術もMiStでLv.3をとったみたい。50.09。ランドはしっかりおっさんぽくなってランドさんみたいになってますが、シュトルクは相変わらずのツンツンぶりのようです。

ロシアのコシュギナ・モロシュキン。ロシアには期待のカップルがわんさかいるらしいですよ。ワルツ。いきなりMiStから。雰囲気のあるステップだったのですが、終盤で男性がよろけてしまいました。ツイズルは回転があってません。パターンダンスはスピードがある。今までがずいぶんゆっくりに思えます。哀愁漂う音楽によく雰囲気を作り出してますね。最後のRoLiもしっかりこなしました。最後はおもしろい感じのフィニッシュ。50.88。でもここまでで1位。

ロシアのモンコ・カリアビン。優勝候補の筆頭。音楽をかけ間違えてしまいます。改めてスタート。いきなりキレのある動きで世界観をがっつり表現。すごい。SlLiでは多くのポジションチェンジをしっかりこなします。カリアビンのホールドもばっちり。ツイズルは少しずれましたが、パターンダンスは滑りがいいですねー。すいーっと伸びていく。曲の雰囲気もしっかりあわせてる。つなぎの部分でも厳しい演技。MiStへうまくつなげています。ユニゾンもばっちり。最後までしっかり演じました。さすがエース候補。60.62。ぎゃー。でもいつもより5ポイント低いんだそうで。

ロシアのプシュカシュ・ゲレーロ。もりもり雰囲気を作ってパターンダンスへ。見つめ合う視線でダンスの雰囲気が出せてる。かっこいいー。ワルツの音もよくとれてる印象。ツイズルはまずまず。振り付けはロシアというよりヨーロッパの感じ(コーチの色らしい)。SlLiはちょっと短かったか。すぐにMiStに入ります。お互いの距離が変わりすぎると渡辺さん。しかし最後まで物語を作っていました。正統派のダンスというカップルで富井は気に入ってました。55.76。あんまり出なかったか。

スロバキアのヴィスノバ・ショレイ。パターンダンスはロシア組に比べるとやっぱりちょっとスピードとなめらかさがないか。後半はタンゴに音楽を変えてきました。タンゴは得意なのか、いい雰囲気出せてる。MiStも違う演技のようにそろってますね。ツイズルもよかったです。前半と後半はえらい違った感じ。パターンダンスは苦手なんでしょうか。52.00。おおシーズンベスト。

フランスのザモフスキー・ミアート。なんかいけすかないフランス人みたいなカップルだ。でも独特の雰囲気をもってます。パターンダンスの滑りはなかなかなめらか。SlLiはかっこいいポジションでした。ツイズルはあいませんでしたねー。MiStも少しユニゾンがとれてない。若いのに若々しくないカップルでした。48.96。ザモフスキーはエヴァンゲリオンに出てきそうな感じ。そういえばフランスのジャージってプラグスーツっぽい。

アメリカのリッチマン・コペリー。コペリーは十分年を取ってる感じで21にはみえない。アメリカの一番手らしいです。おお。滑りの勢いはある。いきなりツイズルからきました。パターンダンスはきれいな滑りなのにお互いが演技に手一杯でダンスの雰囲気が出てないですね。技術はいい。パターンダンス終わって小芝居で社交ダンスの雰囲気は作ってます。MiStはユニゾンがうまくできてる。最後にCuLiでフィニッシュ。ちょっとプログラムの作りに余裕がない感じはする。55.28。おお3位に入った。シーズンベスト更新。

アメリカのボナコルシ・メイガー。純白のドレスとタキシード。かっこいいわ。「マイ・テンダー・アンド・スイート・ビースト」。パターンダンスは2人がよくそろったステップ。よかったのですがツイズルで男性が手をついてしまいました。うーん。RoLiはもうちょっとホールドがんばらないと。MiStはよくそろえてました。うーんあのツイズルがおしい。いい雰囲気作ってたのに。48.63。

スペインのウルタード・ディアス。スペインの選手で初めてアイスダンスで世界ジュニアに出場したんだそう。おもしろい衣装です。今までとはがらっと変わって表現系の演技。パターンダンスは足下がおぼつかない感じです。表現の意志は十分感じるのに。ツイズルはそろってないです。そういう仕様でしょう。RoLiは安定してました。MiStはユニゾンはとれてますがレベルがとれてない。ここからスペインのアイスダンスが始まるんだと思うと、パイオニアとしてがんばってほしいです。48.84。

アメリカのカヌーシオ・マクマナス。最初はツイズル。大きな動きで迫力を出してますね。パターンダンスはソウルフルな曲をしっかり演じてます。RoLiから音楽を変えて雰囲気も変えてきてます。2つめのRoLiは激しい上下運動で酔いそうでした。体力系なんだろうか。頼もしい演技でした。50.94。シーズンベスト。

○SD終わっての順位:
1. モンコ・カリアビン号
2. プシュカシュ・ゲレーロ号
3. リッチマン・コペリー号
4. ヴィスノバ・ショレイ号
5. カヌーシオ・マクマナス号
6. コシュギナ・モロシュキン号
7. シュトルク・ランドさん号

アイスダンスの次世代はパターンダンスへの対応に苦慮している感じはありますね。みんなまだこわごわやってる感じ。でもさすがロシア勢が台頭してきているみたいです。すでに十分うまいですが、ジュニアはなんというか恐れを知らぬ若者たちがみられるところですし。FDも楽しみです。

Tとスンヨの新しい応援歌がかっこいい

進め!どんでんジャー (もとねた:進め!ゴレンジャー 歌詞)

トレード通告 背中に受けて
行く先ひとつ バファローズ
金満補強 渦巻く球界(まち)に
流れ流れた 五人の戦士
叩け古巣を もと同僚を
(ゴー ゴゴー)
余剰戦力を 一つに合わせて
阻め上位の 独走を
リユース戦隊 どんでんジャー

みんなのうたDVD-BOXセット発売!いろいろ乗り越えてできたんですねー。買おう。CDも全部オリジナル音源で5枚でるらしいですよ。まとめて手に入れたいマイク松ですこんにちは。みんなのうたはすごい。ということで勇み足も上の替え歌を作ってみたそうです。入れてくれないかな。(無理)

さて、キサヌキやテラハラやスンヨなど、他球団からの移籍組をうまく集めて使っているゾンビマスターA-岡田。開幕カードを1-1-1にしたまではよかったのですが、そこから楽天に負け越し、今日もダルビッシュにこてんぱんにやられてしまいました。あー。

先日富井といってきた甲子園での楽天戦では、お客さんの出足は予想に反してオリックスの方がよく(地元地元)、背もたれのないアルプスをとったことを後悔したのですが、中盤くらいにはどっちもよく入っていました。とはいえ全体的にオリックス×楽天というよりも野球の試合を見に来た人が多く、拙攻合戦投手戦に突入したあとは甲子園フードに舌鼓を打ったり、めっちゃかわいいビールの売り子さんをかまったりと、思い思いに過ごしている人が多かったです。とはいえいきなり試合が動き始めたあとはまわりも応援していました。

そして今日はホモフィーなのでいってみようと思っていたのですが、甲子園で富井がかぜをもらってきたのと、天気がよくなかったので極東事務所での観戦にしました。先制されるもののG-光尊のタイムリーで同点に。富井もぜいぜいいいながら「いいぞ…光尊…」「結構打ってるよね…」などと喜んでいました。

あまりツンデレで体力を使わせるのも悪いのでほうっておいたのですが、そのあとはダルビッシュのすばらしいピッチングで得点の糸口もつかめない。おまけに頼みのキサヌキもバックに足を引っ張られたり、イトイヨシオのえげつないバッティングで点を取られたりしてもりもり差がついていきました。上司の永眠安眠できる環境を整えてくれました。ありがとうございます。

試合を見ながら、新しくなったT-岡田スンヨの応援歌を調べていました。Tは「T!」というアクセントが効いていてとてもかっこいい。ショッカーみたいで。スンヨのは半分以上が韓国語という、関西ならではの渋すぎる応援歌。この応援団の苦労に報いてボール球を振らないようにしてほしいものです。

そうこうしているうちにハンシン×黄泉瓜はハンシンがサヨナラ勝ちしたようです。引き分け以下なら広島が単独首位というおそるべき事態になっていたところでした。ある意味ほっとしたわァ!

荻野貴司のグッズが登場

昨日は中日が和田先生のサヨナラタイムリーで勝ったわけですが、ファンも「輝く男」とか「光り輝けべんちゃん」とか的確に応援しています。それをまたテレビもとりあげたりして。技術・体力・努力・人格すべてを兼ね備えた野球人ですが、そういう意味でもリスペクトの対象だなと思うマイク松ですこんにちは。そういえばサンデースポーツで佐野慈紀さんが「ピッカリと光るルーキーをみたいですね」といってましたが、その路線は大歓迎なのでどんどん使ってほしいと思います。ピッカリ投法って世紀の大発明だと思うんだけど。

さて、今日はピッカリとは関係なくロッテの荻野貴司についてです。昨日は新人育成はお任せください@マリンブルーの風さんのロッテらしくハンカチに初勝利を献上、しっかり全国の期待に応えてしまうという失態を演じ、あまつさえ全スタメンがハンカチに対してコメントするという親切心を披露していました。でもちゃんと打ってはいますし(福井@鯉の方が成績はいい)、コメントも若干ディスりぎみですし、きっとシーズン通してはこてんぱんにするものと期待しています。とりあえずオーミネは猛省してください。

そういえばサイトーユーキサイトーユーキと連呼されていると、だんだん斉藤由貴に聞こえてくるんですよね。悲しみよこんにちはストレート。夢の中へカーブ。青空のかけらスライダー。白い炎チェンジアップ。

ハンカチは井口に早速2ランやらタイムリーを打たれるわけですが、こういうときプロの洗礼を受けるという言葉が使われますよね。でも意外にプロの洗礼を浴びるっていわれますよね。そんな激しく水浴びせなくても主的にも大丈夫ですよね。消防車か。

そしてハンカチの勝利からあらゆる写真にナシダカントクがからんでいっていたのがかっこよかったです。ピンショットがほしいマスコミにしっかり握手やらなんやらでツーショット。すてきです。

あれ、ずいぶん回り道になったけど今日は荻野の話でした。ついに荻野のグッズが出たらしいです。

荻野貴選手をモチーフにした『荻野貴行き先プレート』発売開始!!
ロッテ・荻野“快足グッズ”19日発売
快足・荻野貴のグッズを発売

鉄道っぽい作りのプレートですがかっこいいですよね。グッズができてよかった。応援にも使えるけど普通に飾れますね。ほしい。

球団が違うと「下位速 二軍行き」とか「特窮 Bクラス行き(連敗経由)」とかいうプレートになりそうですけどね!

甲子園のオリ×楽天の観客数は約2万7千人!

晴天のデーゲームということで、西×戸村という地味なカードにもかかわらず甲子園には26569人もの観衆が詰めかけました。我々もテレビで斎藤王子×大嶺を見るべきではないかと思いつつ、高校野球以外で甲子園に行くことがないので(うさぎのように臆病だから)めったにない機会とばかり行ってまいりました。甲子園では必ず焼き鳥を食べる富井です、こんばんは。

内野はわりと空いていたのですが、アルプス・外野はぎっしり。これが本当にオリ×楽天戦なのかと目を疑いました。一応3塁側に座ったのですが(別にオリックスファンじゃないです)人はたくさんいてもいつも通りのまったりした感じでした。周りに座っていた人が「三分の一は阪神ファン」と言ってましたがそういう感じです。あちこちで中日の三瀬の話をしていました。

ゲームは乱打戦になると思っていたのですが、最初に楽天が山崎先生の犠打で1点を取ってからほとんどヒットにもならない投手戦。西×戸村がこんな展開になるとは思いもよりませんでしたが、スタメンも両チーム共に「もっと打つ選手がいるはずでは・・・いや、いてほしい」みたいな並びで、代打も出てくることなく何だか淡白な試合でした。3塁側では早くも3回が終わったぐらいで「これ以上見ても時間の無駄」みたいな声も出るほど。

結局試合が動いたのは戸村が降板した後の8回から。7回から美馬に変わったのですが、8回の頭からちょうど1番から回る打順で、坂口のヒットをきっかけに5番北川まで全員がヒットでつなぎます。G-光尊に打順が回ってきた時は期待しないようにカニトップの看板を見ながらタラバガニのことを考えていたら打ったので嬉しかったです(ファンじゃないけど)。この連打で4-1と逆転。勝ち越したことで平野・岸田を投入しオリックスがこの3連戦で初めて勝ちました。

今年のオリックスは完全にT-岡田のチームの顔になってますね。4番のTががんばっています。応援もみんながT!T!ホームランT!言うのでショッカー軍団のようでした。駿太がでないのはまあ仕方ないかなとも思いますが、大引がベンチっていうのが残念。それから2軍に結構ベテランたちがいるのも個人的には寂しいです。がんばって上がって欲しいな。A-岡田だから難しいとは思いますが・・・。

来週の神戸で行われる楽天戦も見に行くつもりです!今度はKOSAKA#32のユニ着ていこうかな・・・。

カアプ市場登場

明日は甲子園に楽天×オリックスを見に行こうと思っているマイク松ですこんにちは。僕らがいくときはわりとピッチャーが地味なことが多いのですが、明日は戸村.vs.西。うん。ともかく甲子園とホモフィーの楽天戦はせっかくなので見に行こうと思っています。

さて、今日はいつの間にか顔がぱんぱんになっていた今村がプロ初勝利をあげたカアプ。カアプの試合も見に行けるときにみておこうと、来週末は広島に遠征しようかと思っています。主にお好み焼きとおにぎりのためなのですが、今カアプにはなんだか不思議なものができているようです。

「カープ市場」登場

球場の中のメインゲートのあたりに、なんだかかまぼこのようなグッズ売り場ができたようです。赤松くん天谷くん人形といいふわふわカアプ坊やといい、どんどんマツダスタジアムのカオス感が増していますね。このままじゃボールパークというよりボールジャングルとかボールブラックホールとかになっちゃう!

それにしても市場ですからね。魚市場とか青果市場みたいに新鮮なものがたくさん売られている場所を想像してしまいます。ただのグッズ売り場じゃないんじゃないか。何が売られているんだろう。

  • Tシャツ(ビッグバンブー先生手作り)
  • 応援メガホン(サイドマウンテン先生謹製)
  • ジェット風船(サイトーユーキ先生手作り)
  • カアプ坊や人形(ウメツ先生謹製)
  • おにぎり(ナガカー先生手作り)
  • ホットドッグ(シュルツ先生手作り)
  • ハンバーガー(ソリアーノ先生手作り)
  • お好み焼き(嶋先生が心を込めて焼きました)

このようにけがで出遅れたりして二軍にいる人たちが自分のお店を持っていたりしないかと思いました。一気にワンダーランド感が高まってきたぞ。

あ、嶋先生は普通に一軍にいました。強く生きてください!

フォルス・スタート商会業務日誌 2011/4/15

担当:マイク松

Superfly「Mind Travel」発売決定superflyの3rdアルバムがついに。絶対初回版ゲットやなと思うマイク松ですこんにちは
・初回版はミュージックビデオがついてるらしいのですが、Beep!!のPVがよすぎるので、このポリスメンのダンス一度みてくださいよ
・今日は業務日誌です

・NFLはドラフトが近づいてますね
TENのWRブリットがカーチェイスの末にタイホ、それでドラフトの戦略に影響が出そうとのこと
・これでTENがQBじゃなくWRにドラ1を変更すると、どうしてもWRがほしいSTLが上位でいいWRが指名できなくなって大変、とかになるらしい、でもTENは影響はないっていってるらしいですが
・それにしてもブリットちゃんとしてよ
・ARZは全体5位でQBを指名するかどうかについては議論があるらしい、ギャバートかパスラッシャーかとか
・フィッツジェラルドはドラ1はQBじゃない方がええんちゃうかと指摘、まあお金かかりますしね
・ちなみに現在HOUのライナートは先発に向けてがんばるとのこと、昔からがんばってほしかったなー

・フィギュアスケートはもうすぐ世界選手権@モスクワ、たのしみ
羽生結弦「スケートしかない」。twitterで富井もいってましたが、あらためて震災時の状況がわかりますね
・「『希望を持てた』と言われるような演技をしたい」とのことですが、神戸での演技はまさにその通りの演技でした、復興の希望としても、フィギュアスケート界の希望としても
・そういえば神戸の演技会は1200万円集まったんですね、そりゃあの演技は募金しますわ

白鵬、魁皇らが味スタで炊き出し、いいことです
・というかこの記事の魁皇が妙にちゃんこ番として似合ってますよね
・相撲部屋の料理人育成機能が指摘されていますが、今年はたくさんちゃんこ店が開店することになるんでしょうか
・今回ツイホーされた人たちのちゃんこ村とかができればいいのに、できれば移動ちゃんこ村みたいにして被災地を回ってほしい
ハウルの動く城みたいだ、リキシの動くちゃんこ村

カアプ、黄泉瓜と9回時間切れで引き分け、いーっひっひっひっひ(悪の笑い)
・9回終わった時点で3時間半こえてたらしいので、延長いったら負けてたか、それにしてもよく9回追いつきました、勝ちに等しい
・サワムラの勝ち星も消す空気読まない戦い、これこそカアプの生きる道ですよ、グッジョブ

これがカアプの生きる道 (もとねた:これが私の生きる道 歌詞)

近ごろ私達は けががち
悪いわね ありがとね 合流は遅れるね
Bクラス球団の いいところ
そういうことにしておけば
これから先も イイ感じ

もしもファンが 不安だっても 助けてあげられない
うまくいかずに ダメになっても それがカアプの生きる道

もえてる投手陣は いい感じ
開幕の あかしだね 10月が すこし見えたね
Bクラス球団の いいところ
そういう事にしておきな 角度変えれば またイイ感じ

・今日は甲子園のオリックス×楽天を見に行こうと思っていたのですが、雨が降りそうなのでいきませんでした、日曜にいきます
・でもマーの力投とか、山崎先生の激走とかみたかった
・そしてカネモトの連続試合出場記録が途切れました、もうちょっとちゃんとしてやればいいのに、フルイニングもこれもわりとベンチの采配で途切れてますよね
・でもおつかれさまでした

・野球が始まり、弊社でも日夜、荻野貴司の足の速さを賞賛したり、SBのベテラン功労者冷遇の是非を議論したりしています
・いいことだと思いました

マイク松(署名)


<コメント欄>

(富井はプルト君が気になる休取得により職印省略)

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:女子シングルFS

NHK「みんなのうた」年代別名曲セレクション。これは録画マストだと思うマイク松ですこんにちは。オリジナル音源・映像では実質DVDとかでの販売が望めない中、ベストセレクションの放送のチャンスは逃せない。万難を排して録画したいものです。

さて、今日は世界ジュニアの女子シングルFS。男子よりも女子の方が今回はおもしろいですよね。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は藤森さんのゴールデンコンビ。

ベルギーのイーラ・バヌット。なかなかのスピードから3Lz+2Tを決めてスタート。3Lz単独も決めています。3Fはちょっとエッジがはっきりしない。ビールマンポジションがとてもきれいなスピン。なかなか資質を感じますよね。3Lo+2Lo、2Aと決めます。要素をしっかり1つずつ決めていく。CiStはがんばってます。3Sはちょっと回転がたりないそう。藤森さんよう見えるな。(当たり前だ)2A+2T+2Loと3連続をここで入れてきました。最後のスピンが終わってガッツポーズ。同じベルギーのケビンを思わせる勢いのガッツポーズでした。でも演技はちょっと技術に偏っている感じですね。133.51。

中国のジージュン・リー。FSでどんな演技を見せるのか注目。「Until the Last Moment」。3Lzはエッジが逆でした。2A+3Tは切れよく回って成功。もう2-3いけるんですね。3T+2T+2Tを決めて、レイバックはほとんどパールスピンのポジションですね。めっちゃ体がやわらかい。3Loはステップアウト。それにトランジションでぼんやり滑ってる感じはしますね。3Fはちょっと回転足りないか。スピンのポジションのバリエーションが広い。3Loは転倒。今日はループの調子がよくないか。もったいない。SlStは疲れてきましたね。なんとか3Sを決めて、キャメルスピンは最後は限界か、ふらふらしてフィニッシュ。ちょっときつかったでしょうか。でも才能はあるのでこれからしっかり体力つけていってほしいところ。139.81。

庄司理紗。FSでは庄司らしいところを全開にみせてほしい。最初は3Lz、エッジがインサイドだったか。2A+3Tはクリーンなコンビネーションでした。滑りのスピードもある。3Fも成功。スピンからSlSt。曲に合わせて深いエッジと大きな動きでステップしてます。3Loはなんとか持ちこたえました。3Lzもインサイドエッジらしい。藤森さん厳しくなってきた。ビールマンスピンはとてもきれいなポジションですね。イナバウアーから3S。ジャンプの雰囲気がとても出せてる選手ですね。3T+2T+2Tはサードジャンプが回転が足りないか。だいぶ疲れてフィニッシュ。151.27。でも雰囲気を滑りだけでよく出せる選手。楽しみです。

フランスのイレータ・シュルート。ゴールドの衣装。フランス映画「アデル」より。独創的な最初の振り付け。よく考えられてます。スピードに乗って3Lzはオーバーターン。でもよくそれでおさめた。3Loはステップアウト。がんばれ。少し蛇拳の動きがあった。3Fは手をつきました。今日はジャンプがよくないですね。3S+2Tはなんとか。キャメルスピンはなかなか勢いがあります。3Loは少し回転足りない。CiStも独特の動きとリズム感がある。なかなか最近いい選手が出てこなかったフランスにも、いい選手が出てきたようですね。持ち味を失わずにがんばってほしいです。今日はジャンプがよくなかった。3Tは転倒、2Aは決めました。128.60。

アメリカのコートニー・ヒックス。全米ジュニアチャンプ。3F+3Tはセカンドがやっぱり回転不足。フリップはいいのに。でかいバレエジャンプからの3Sは藤森さんもほめていました。ステップからの2Aを決めてスピン。ドーナツポジションはいいですね。3Lz+2T+2Loはインサイドエッジだったり回転不足だったり。3Fも足りない。3Lo+2A+SEQは流れよかったです。3Lzはロングエッジ。やっぱりまだ苦手なんだろうな。CiStからスピン。最後のポジションで一気に観客が沸きました。ジャンプが安定しなかったですがなかなかいい選手。サーシャ・コーエンへの道は遠いけどがんばるように。追い求める価値のある目標です。150.92。

西野友毬。最初かける音楽を間違えられました。これはアンラッキー。もう一度集中しなおして。観客もあとおし。韓国の観客すばらしいです。バレエ音楽「海賊」。最初の3Lzはあぶないところ。3Fはちょっとエッジがあやしい。3Loは回転不足。藤森さんもずばずば指摘してきます。ズバットモードだ。3Lzは回転がたりない感じ。2A+2A+SEQはうまくいきました。3Tはダブルに。今日もジャンプがかんばしくないですね。3S+2Tも回転不足。やっぱりなんというかフラットちゃん化しているのが影響しているのかも。ロシェット・ブートキャンプで筋力とスタミナアップが必要なのでしょうか。ジャンプが決まればいい滑りに相乗効果が期待できるんですが。今回は曲間違いという不運もありました。がんばって。121.14。

アメリカのクリスティーナ・ガオ。3Fからのコンビネーションはステップアウトでコンビネーションにできず。これは痛いな。3Sはクリーン。3Lzはオーバーターン。ジャンプが安定しないですね。みんな緊張してるんかな。3Loはおっけー。2Aは回転足りないらしい。3F+2Tとコンビネーションをここで。でもちょっと演技全体の流れがなくなってきてる。SlStはあんまりキレがない。SPのようにいかないですね。3T+2Tからスピンでフィニッシュ。うーん今回はよくなかったですね。SPよかっただけに残念。155.27。キスクラでひつじのぬいぐるみをだっこしてます。

大庭雅。4歳から10歳まで器械体操をやっていたらしい。「だったん人の踊り」。3S+2Tから入ります。2A+3Tはセカンドのキレがよかった。3Lzはツーフットですね。3Sは流れがあった。勢いを維持してがんばって。次のスピンはなかなかいいですね。3Loも跳ぶまでがスムーズ。いいぞ。3Lo+2Tも続けました。2Aからスピン、SlStは大きな滑りで躍動感を出してました。スタミナももってる。最後までしっかり演じました!これはいい滑り!初出場でがんばりましたね。148.62。

ロシアのアデリーナ・ソトニコワ。ジュニアの無敵将軍。FSではどうでしょうか。「ロンド・カプリチオーゾ」。3Lz+3Loのビッグジャンプを決めてきました!ぎゃー!セカンドがでかい。3Fはステップアウト。ところどころ入れるポーズがいかつくてタラソワっぽい。2A+3Tもセカンドが高い!でかい!イーグルからの3Lzも成功。高さでジャンプを成功させるみどりさまメソッドですね。2Aからコンビネーションスピンはポジションも多彩。3S+2T、2Aはジャンプ後のフォロースルーもかっこいい。レイバックスピンはビールマンで回れませんでした。SlStは会場からも歓声が。でたこの気迫!1つ1つの動きにこめる気迫。最後はI字スピンでフィニッシュ!ぐわーすごい!この演技で14とは。ソトニコワが他と違うのはいちいち演技がダイナミックなところだけど、それは動きに気迫がこもっているから。これがタラソワが浅田にやらせたかったことだろうし、14歳でもうできてるのはすごいです。タイプとしては安藤に近いんだろうけど。174.96。

ロシアのエリザベータ・タクタミシェワ。ソトニコワのライバルになっていってほしい。「アストゥリアス」。スピードに乗った滑りから3Lz+2T。3-3にはしませんでしたね。3Lzはバックスパイラルを入れて余韻たっぷり。かっこいい。3Loもキレがあります。2A+3Tはランディングで乱れましたがなんとか。ビールマンスピンも完璧なポジション。そしてトランジションの部分の表現力がすごい。これが14歳。3Loも流れを見せつけるようなフォロースルー。2S+2T+2Loになってしまいました。片手あげの2Aも美しいです。レイバックスピンのポジションもきれいですね。CiStはメリハリのある要素と高速ツイズルが入ってみせる演技。最後のスピンもすばらしかったです。すばらしい!会場を圧するすばらしい演技!みせてくれました。169.11!

ロシアのポリーナ・シェレペン。ロシア三連星の最後。こちらはかわいい衣装。「コロベイニキ」。2A+3Tはスムーズに。距離も出てましたね。2A+3T+2Tはサードで片手上げ。得意技で押していきます。しかし3Lzで転倒。痛い。3Fはアウトエッジのよう。片手ビールマンはきれいです。3Lz+2Tはルッツでツーフット。今日はジャンプがいまいちなのか。3Sは少し回転不足。3Loはステップアウト。このスピンで立て直そう。SlStはフォークダンスの雰囲気をよく出してます。最後のレイバックからビールマンスピンもポジションがよかったです。終わってちょーしょんぼり。めっちゃ悲しそう。ジャンプがうまくいかなかったですねー。SPは得意そうだったのに。149.93。めっちゃ落ち込んでます。気持ちはわかるのですが。

アメリカのアグネス・ザワツキー。「ツィゴイネルワイゼン」「ハンガリー協奏曲」。2A+3Tからスタート。3Fはアウトサイドエッジ。元気のいい雰囲気を出しています。3Lz+2Tは高かった。ビールマンスピンはめっちゃ回転が速い。気合いがこもってます。3Loはまずまず。3Lzはしっかり。3Sは回転足りないみたい。藤森アイズは的確にキャッチします。3T+2T+2Loはおっけー。SlStは躍動感ある。ザワツキーにスタミナは心配ないですね。最後のスピンも高速I字スピンでした。いい演技。派手なガッツポーズでました。161.07。なんとか3位を死守。

○最終順位:
1号機 ソトニコワちゃん
2号機 タクタミシェワちゃん
3号機 ザワツキーちゃん
4号機 GAOちゃん(会えない季節にキミだけ足りない)
5号機 庄司ちゃん
6号機 ヒックスちゃん

なんかSPと違って今日は回転不足が多かったですね。でもリスクを負ってでも難しい技にチャレンジするということの裏返しと考えたいです。

ロシア三連星が大きなインパクトを残しましたね。ソトニコワのダイナミックなスタイルと、タクタミシェワのあふれる表現力。タイプは違ってもすでにかなり高いレベルにあるようです。今回は失速しましたがシェレペンの芸風も磨いていく価値のあるすばらしさ。ソチマネーが入ってきているんでしょうか。このままうまくシニアに移行できれば、すごい選手になりそう。どうするんだ。

そんな中しっかりワグナーが3位を死守。しかしロシア三連星の長所にどうやって勝っていくか。バランスでは勝負できなさそうですし。どうしよう。GAO、ヒックスもなかなか苦しそう。

庄司はいい演技で5位にあがってきました。SPの出遅れが悔やまれますが、力を持っていることは証明できました。庄司も滑るごとに雰囲気を作り出せるスケーターになってきているのでとても楽しみです。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:シングル女子SP

先日、神戸で行われたチャリティー演技会は大盛況でしたね。寄付金も1000万以上になるそうですよ。被災した羽生くんの演技は身体からものすごい気を発していて感動しました。練習拠点のリンクも早く元通りになって欲しいですね。それからもちろん太田由希奈のの美しさといったら!もう滑る仏像といっても過言ではありません。私にはそう見えました。レイバックスピンの手の動きの美しさは世界を魅了したあの頃のままです。いやーありがたいもの見てしもうた(手をすりあわせながら)。田村、ホンダバン、荒川姐さんも素晴らしかったし、真打ち・高橋大輔に至っては氷の上もすごかったですが、拍手する数百人の手が一糸乱れぬそろい方でそちらも迫力がありました。

さて、今日はシングル女子。実況は小林さん、解説は藤森さん。

アメリカのコートニー・ヒックス。国際大会は初めての15歳。「黒い瞳」。3F+3Tはフリップはとても高さがあって良かったんですがセカンドジャンプが回転不足残念です。2A、3Loはオッケー。スピンもステップもまんべんなく上手ですね。4の字みたいな形でしゃがみ込むという独創的なコンビネーションスピン!お、サーシャ・コーエンのコーチだ。何となくにていると思った。49.98

大庭雅。「リバティ・ファンファーレ」。こちらも15歳。予選では1位、がんばって欲しいですね。見事な3S+3T!2Aもいいですね。ステップから3Loもすぐに跳んでいいですね。レイバックスピンはもう少し回転速度が欲しいところ。最後のスピンコンビネーションは回転速度もいいですね。ジャンプが得意な選手なんですね。これからの期待大。51.82

庄司 理紗。「リベルタンゴ」。3S+3Tはこちらもきれい。ステップからの3Loは回転が足りないっぽい。2Aも申し分ないですね。ドーナツスピンがきれいですね。ステップもタンゴっぽい。これに鈴木明子の目力が加わればよりタンゴっぽいと思うのですが・・・これからの課題ですね。14歳ですしね。51.49。うわー、大庭選手と僅かな差ですね。

中国のジージュン・リー。「空飛ぶ家」。3F+2Tは2回転でもきれい。3Loは高さがありますね。レイバックスピンは反り方が美しい!スパイラルもきれいですね。身体が柔らかい。2Aも幅があります。最後のポーズも背中が手が氷に着きそうだ・・・。ルー・チェンを越える雰囲気があると藤森さんも絶賛。うんなんか雰囲気あるわー。51.00

ロシアのエリザベータ・タクタミシェワ。難しい名前の選手きた。「オリエンタルセレクション」。3Lz+3T!やりますねー。3Loも着氷の後がステキ。2Aは片手をあげて。レイバックスピンはトラベリングしてもポジションも回転もきれい。その後独創的なスピン。ステップに入っても足もさることながら上半身の動きも洗練されています。音楽にぴったりだな。ビールマンスピンのエッジの持ち方も面白い。最後の動きまで中東の踊り子みたいですごいなー。ギャー、ミーシンさんじゃないですか。期待の星なんですかね。58.60。これでも低いと感じるぐらい・・・今までの選手もみんな魅力的なんですが、この人はまたその上をいく感じ。

イタリアのアリーチェ・ガリッチ。優雅な曲に良くあった動き。3Loもいいジャンプですね。2Aはシングルになってしまいましたが、スピンは難しいポジション。雰囲気がシズニーに似ていますね。3S+2Tは着氷が今ひとつ。ステップは片足で随分長い間滑りましたね。レイバックスピンはトラベリングしてもポジションはきれいですね。そして衣装がセンスがありますね。43.67

ロシアのポリーナ・シェレペン。「白鳥の湖」。3Lz+3Tは流れもばっちり。3Loもいいですね。スピードがある。2Aも流れがきれい。スピンも軸がしっかりしてますね。ステップは割と普通かな。シットスピンがかっこいい。ビールマンスピンのポジションもきれいですね。でも、ジャンプがよくて美貌の割にアスリート系ですね。しかしこういう選手の方があとあと伸びそう。56.58

西野友毬。「私のお父さん」。3Lz+2Tは3Lzが回転不足のこと。3Loもいいジャンプに見えましたが回転不足。2Aは高さもあってオッケー。スピンは回転速度が速くていいですね。スパイラルの後にすぐスピン。ちょっとバランスを崩してしまいましたね。ステップは柔らかい滑り。レイバックスピンもきれいですね。うーん、ジャンプが残念でしたね。46.09

ベルギーのイーラ・バヌット。予選は5位。3Lz+2Tは両足着氷になりました。3Loのところが1Loに。なかなか味のある滑りをする選手なのですが、残念。ステップはいい感じです。2Aは成功。スピンが面白い。なんとなくケビン・バンデルペレンに似てる。41.12

アメリカのアグネス・ザワツキー。3T+2Tになってしまいました。3Loはジャンプまでに待ちがあると藤森さんの指摘。スピンの安定感はシニアですね。ドーナツスピンも上手。ストレートラインステップも伸びがありますね。イナバウアーから2Aもいい。レイバックスピンは回転が速い。フィニッシュも音楽に合わせてぴたっと止まりました。いいですねー。最初が3-3にならなかったことが悔やまれます。53.17

フランスのイレータ・シュルート。シニアでも優勝。「虚空のスキャット」。3F+2Tは成功。3Loもきれいですね。ステップは音楽によく合ってますね。もうちょっとスピードがあるとよりスキャットだと思う。レイバックスピンは伸ばした片腕がリリカル。2Aはきれいなジャンプでした。スピンも速度がある。シットスピンもいいなあ。おー、いいじゃないですか!50.24

ロシアのアデリーナ・ソトニコワ。今シーズン負けなし。「ワルツセレクション」。国内のシニアで2年ぶり2回目の優勝を決めた選手の登場です。楽しーみ。3Lz+3Tは回転不足みたい。3Loは高さがありますね。スピンはポジションもいいし回転が速い!スパイラルの後2Aは流れもあってきれい。コンビネーションスピンも長い。ステップもワルツのリズムに乗って伸びのあるステップ。男性的ですね。はーすばらしい。14歳。59.51

アメリカのクリスティーナ・ガオ。「バイオリン協奏曲」。3F+3Tはきれいに入りましたね。3Loもいいですね。ドーナツスピンのすぴんはいいですね。イナバウアーからレイバックスピンはなかなかスピードも。2Aは回転不足かな。ステップは流れるような感じが先輩のキム・ヨナに似ています。最後のコンビネーションスピンは素晴らしかったですね。56.80

1 ソトニコワちゃん
2 タクタミシェワちゃん
3 ガオちゃん
4 シェレペンちゃん
5 ザワツキーちゃん
6 オーバちゃん

1位のソトニコワは初めて見ましたが、噂通りのすごいヤツですね。パワフルで伸びのあるスケーティングで・・・これってタラソワさんの好きなタイプ?フリーはタラソワの振り付けらしいので楽しみ。2位のタクタミシェワはアート系。4位のシェレペンはアート系に見えてジャンパーと何というか多彩な選手を揃えてるロシア女子はソチオリンピックに向けて順調に強化が進んでますね。

3位のガオはソトニコワの後だったのでちょっとスピードが足りないような気もしましたが、まとまっていますね。完成しつつあるという感じ。5位はやはりアメリカのザワツキー。ジャンプが3T+3Tにならなかったのが残念でしたね。6位の大庭はノーミスでしたね。フリーもこの調子で。楽しみだなあ。

開幕からツンデレ炸裂!G-光尊が同点打

レベル7までいったら戻れないですが、これから戻るのか進むのか気になるマイク松ですこんにちは。

さて!今日からプロ野球が開幕です!ここまではマイクマイク雨マイクというヘビーローテーションだったのですが、これで富井の出番が増えて、僕も少し楽できそう。とはいえ今日は僕が書くのですが。

カアプはさっそくマエケンで取らなければならない試合を落としてしまい、暗黒面のとばりが降りてきています。楽天はロッテとの初戦をとりましたが、プロ野球参入当初のときを考えると明日が心配です。がんばって。横浜がサヨナラ勝ちで初戦を取りました!ヤマモトショーゴがいちおう戦力になっている。うん。

で今日はオリックス×ソフトバンクをみていました。SBは開幕投手つよくんがすごいいい出来。途中までヒット1本に抑えられ、木佐貫@鉄の好投も報われず…という小見出しが頭に浮かびました。

ところが8回にバルディリスのソロホームランが飛び出し、木佐貫@鉄も気迫のピッチングでなんとか抑えます。すると9回、G-光尊が貴重な同点ソロホームランをライトスタンドに放り込みました。すっかりあきらめていただけにびっくり。つよくんあと2人だったのに気の毒に。

富井は「補強した選手が活躍してええことですなあ」などと軽くディスっていたところのG-光尊の同点打に、「な、なかなか天才的なバッティングじゃない!あんたにしちゃ上出来だわ!…べ、別に!ファンじゃないんだから!興味なんかないんだからね!!」とツンデレが炸裂していました。富井屋!副部長屋!(歌舞伎風に)

その後12回にT-岡田のツーベースでノーアウト2塁とあと一歩のところまで追い詰めますがとりきれず、結局12回引き分けになりました。とはいえほとんど完封ペースまでいっていた試合を落とさなかったのは大きいですね。勝ってたらもっと大きかったのですが。

やはり野球が始まるとうれしいものですね。観戦計画を立てないと。カアプについては「おにぎりとお好み焼きを食べに行こうぜ」「直前でも大丈夫だよ」などと暗黒面からの観戦へのアプローチが目立ちますが。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:男子シングルFS

こたつを片付けたとたんに冷えてしんどいマイク松ですこんにちは。なんでまた冷える。かんべんしてほしいです。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は杉田さん。

ロシアのゴルデイ・ゴルシコフ。フラメンコ・セレクション。3Aはオーバーターン。でも思い切り挑んできてますね。その調子。3Lz+3Tはセカンドがまたオーバーターン。3Lo+2T+2Loはうまくいきました。3Fは流れもあるいいジャンプ。最初にジャンプをまとめてきてますね。スピンを挟んで3Lz。3Lo+2T、3Sはこらえました。ちょっとプログラムにメリハリがない感じですね。SlStは密度の濃い構成もスピードが落ちてきました。2Aからスピンでフィニッシュ。大きなミスはなかったですが、全体的にアピールがほしかったところ。177.34。

中村健人。FSはがんばってほしいですね。「マラゲーニャ」。3Aをきっちり決めてきました!これはいい出だし。3Lzはステップからの流れもよかった。3Fはロングエッジかもと杉田さん。スピンはゆっくりです。3Loと前半は単独ジャンプばかり。後半にコンビネーションを温存しているようです。CiStは表現がなされていていい感じ。後半に3Aに挑みますがタイミングが合いませんでした。3Lz+1Tで転倒。立て直して!2A+3Tに挑みますが転倒。3Sも手をつきました。どこか痛めたんかな。最後のポーズはめっちゃかっこよかったのですが、立て直せませんでした。残念。樋口地蔵尊はあいかわらずあざらしのティッシュをもってきてる。158.13。

木原龍一。「仮面の男」。3Lz+3Tを確実に決めました。2Aは流れを重視してこれまた堅実。ステップからの3Loもいいですね。とにかくミスなく演じる方針か。CiStは大きく体を使った演技。その調子。2A+2Tから後半のジャンプに。スピンのポジションはきれいですね。3F+2T+2Loは最初がエッジがわかりにくかった。3Lz、3Fとどっちか見分けにくいです。あそこはわかりやすく跳んでほしいところ。なんだかすごいでかいかぶみたいなぬいぐるみをもらっています。175.72。まずまずです。そうか初出場か。

中国のハン・ヤン。期待の選手だけにFSは盛り返したいところ。「ツィゴイネルワイゼン」。スムーズな滑りから3F。とてもなめらかなエッジですね。3Loもすいすい滑ってきます。これは気合い入ってますね。3Lz+2T、2A+2T+2Loとテンポよく決めてきます。これが実力というわけですね。CiStはきれいなエッジワークでみせます。遠くからみてもうまい滑りとわかりますね。エッジワークで物語を生み出してる。3F+1Tはなんでセカンドがシングルになったんだろう。3Lzとテンポがとてもいいです。イーグルからの3S、2Aとジャンプの質が落ちない。まだまだこれからの選手ですし、これでクワドルプルと3Aを会得したらすごい選手になりそうです。すばらしい滑りでした。187.49。点が出て喜んでいました。

アメリカのジェイソン・ブラウン。「トゥーランドット」。最初からしっかり表現していますね。2Aから入ります。3Lzはエッジがあやしい。3Fはおっけー。スピンのポジションは安定していますね。軽くスパイラルを経て3Lo。ジャンプはクリーンとはいえないけどミスはないし、スピンのポジションチェンジもスムーズ。2AからSlSt。ステップを中盤にもってきています。ステップはもう少し躍動感がほしいところ。3Lz+3Tはロングエッジ。ジャンプはいいんですが。3F+2T+2Loは決まりました。終盤にコンビネーションをまとめてくる。3S+2Tはちょっと回転不足かも。しかししっかりまとめました。ジャンプでまだまだ改良点がありますが、初出場でここまでまとめてくれば上出来です。185.44。

ロシアのジャン・ブッシュ。映画「ザ・ロック」より。2Aは跳ぶまですごい時間がかかりましたがなんとか。3F+2Tもなんとか。3Loはおっけー。3Lz+3Tを跳んできました。持ちなおしたか。スピンからつなぎのステップはなかなかキレのあるステップ。3Lz+2T+2Loはなんとか。3Sはきれい。ジャンプはぎりぎりですががんばってます。すごいゆっくりなドーナツスピンのあと3Fは転倒。2AからSlSt。だいぶ疲れてます。なんとか滑りきりました。174.92。

ラキムがとばされとるやん!というか出てたんや!

スウェーデンのアレキサンダー・マヨロフ。「だったん人の踊り」。3A+3Tをなんとか決めてきました。アクセルは高かった。3Lz+3Tも成功。たたみかけてきます。3F+2T+2Tはなんとか。3Loはステップアウト。ここからふんばっていこうぜ。スピンは速く回転。トランジションでもう少し表現がほしい。3Fは高さもあります。スパイラルからの2Aと確実に決めてきます。SlStは足下はうまいエッジワークです。3S、2Aから最後のスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。実力はしっかり出していました。195.71。よしよし。

ロシアのアルトゥール・ドミトリエフ。後ろに花の刺繍が。スカジャンみたいだ。ちょっとけがしているみたいで4回転はやらないそう。3A+2Tは跳んできます。3Lz+3Tは詰まってますが成功。「ジプシーダンス」。3Aはオーバーターンですがでかいジャンプ。3Fは決めてランディングでおもしろいリカバーの仕方があった。SlStはダイナミックな動き。でかいからより映える。スピンから3Lzはダブルに。3Loもなんとか。ジャンプのリズムが悪いと杉田さん。3Sは転倒してしまいました。そのあとのジャンプもずっと跳び急いでいます。そんなに詰め込んでいる印象もないのですが、あせってしまいましたかね。最後のスピンはやはりでかさがいきていました。181.19。ほんとの力ではなさそうなんですが。

ディティクティブ田中。がんばれ!ショスタコーヴィチ「ボルト」。ポイントといわれていた最初の3A+2Tは成功!そして3A単独でも決めました。よしよし。3Lzはちょっとエッジがあやしいか。3Loもいいですね。思い切った演技ができていると杉田さん。このままやで。3F+3Tを決めてきました。後半に。3S+2T+2Loも成功!今日はいいですね刑事さん!3T、2Aを決めてSlSt。がんばれがんばれ。最後のスピンまできっちりまとめました!よっしゃやりましたね!この大舞台でいい演技でした!196.98!

アメリカのキーガン・メッシング。マスクなしの仮面ライダーみたいなので出てきた。これは見覚えあります。「インクレディブル・ハルク」。最初の3Aは思い切り抜けてしまいました。あー。3Tはクワドルプルを修正してきました。うーんよくない出だし。ここから修正していこう。イーグルからの3Sはきれいに決めました。3Lz+3Tも成功。持ちなおしてきたか。3A+2T、今度は成功しました。そして回転の速いシットスピン。速い!小さいステップから3Loで転倒。跳ぶ前に転倒してしまいました。これは痛い。3F+2T+2Loは成功。最後に3Lzでフィニッシュ。うーんSPの勢いをいかせませんでしたね。コーチのロックスターもしょんぼり。195.07。

アメリカのマックス・アーロン。ヴィヴァルディ「四季」。3A+2Tから決めてきました。3Lz+2Tもおっけー。次の3Lzは転倒。順調だったのに惜しい。スピンで持ちなおそう。3Loは手をつきました。3Aは決めました。その前がぐるぐるまわってるだけなのが気になるが。3Fはロングエッジらしい。SlStみてもあんまりメリハリがないです。3S+2T+2Loは成功。2Aから最後は速いスピンでフィニッシュ。なんとも単調なプログラムですが、ジャンプは決めてますからね。193.92。

カナダのアンドレイ・ロゴジン。映画「ザ・ロック」より。3A+3Tを決めてきました。そしてイーグルからの3Aも成功。3S、ステップからの3Lzはエッジが違う。ステップからの3Fは大丈夫ですね。3F+2T+2Tを決めてSlSt。うーん特に表現するというステップではないですが、3Loを決めて終盤へ。2A+2A+SEQはセカンドで乱れました。しかしなんとか最後まで滑りきりましたね。これは逃げ切ったでしょう。200.13。優勝です。

○最終順位:
1号機 ロゴジン
2号機 ディティクティブ田中
3号機 マヨロフ
4号機 メッシング
5号機 アーロン
6号機 ハン・ヤン

うーん今年のジュニアの男子シングルはいまいちでしたね。さすがに羽生、ガチンスキー、デニス・テンなどが一気に抜けたらみどころも少なくなりますよね。全体的に単調なプログラムが多くてしんどかったです。

優勝はロゴジン。なんだか上位が崩れてたなぼたっぽいですががんばりました。3位はマヨロフ。マヨは富井も目をつけている逸材。いいコーチについてしっかりのびていってほしいものです。4位はメッシング。SPがあれだけよかっただけに残念。5位はアーロン。がんばれ。6位のハン・ヤンがすごいですね。SPの出遅れが響きました。

そして!われらがディティクティブ田中がなんと2位!あわや優勝というところまでいきました。SPのミスがほんとに惜しいですが、FSは1位。さすが刑事さん!初出場で立派です。これからも気合いで滑るそのスタイルを磨いてほしいです。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:男子シングルSP

かぜ療養中のマイク松ですこんにちは。かぜの本買ったのですが、のどにはねぎやにんにくの湿布をしなさいと書いてありました。民間療法が充実。

今日は世界ジュニアの男子シングルSPです。今はSPだけで精一杯。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権、男子シングルSP。実況は小林さん、解説は杉田さん。

アメリカのジェイソン・ブラウン。ソウルフルな名前のおばちゃんぽい感じの人。フラメンコなのになぜかカンフーっぽい動き。2Aからしっかり決めました。3Lz+3Tも成功。よしよし。スピンはなかなか速い。アピールがうまいスケーターですね。ステップからの3Loも決めました。スピンからSlSt。ずっと片足で滑ってる。疲れているけどスタミナも十分ですね。しっかりまとめてフィニッシュ。ノーミスで決めてきましたね。62.64。コーチと並ぶと同じ格好でおもしろい。

田中刑事。ディティクティブ田中。昨日みたやつがこんなところでみられました。倉敷出身。のっけからおもしろい振り付け。タンゴですね。3Aをしっかり決めてきました!がんばっとる。3F+3Tはセカンドが高かった。いいじゃないですかディティクティブ!スピンはシットが深くて安定してます。3Loもおっけー。スピンからのCiStもしっかり全身を使ったダイナミックなスピン。最後もしっかり決めました。よっしゃ!昨日は普通でしたけどこのときにピークを合わせてきていたんですね。64.06。

木原龍一。おひょいさんの弟子ですね。「タンゴ・デ・ロス・エクシラドス」。3Loはいい感じのジャンプ。センスを感じます。3Lz+3Tも問題なさそう。スピンの回転が速いですね。やっぱり鈴木の影響を受けているんでしょうか。2Aからスピン。安定しています。SlStの表現力もなかなかある。表現の意志をしっかり感じます。よしよし。58.75。シーズンベスト。おひょいさんと握手。

アメリカのマックス・アーロン。全米ジュニアチャンプらしい。映画「ムーラン・ルージュ」より「ロクサーヌのタンゴ」。3Aはダイナミックなジャンプ。しっかり降りました。杉田さんもそのパワーを魅力として指摘。3Lz+3Tも決めた。ステップからの3Loもおっけーです。曲がいつも同じところをリピートしていてちょっと気持ち悪い。ちゃんと作ってあげて。CiStはしっかり表現できてます。最後のスピンは気合いのこもった速いスピンでした。技術は感じますがプログラムの作りがよくないですね。キスクラでみるといいがたいしてますね。チャック・ウィルソンの横にいるからじゃない感じで。66.96。

スウェーデンのアレクサンダー・マヨロフ。おおっクチピーの後輩。キッチュなポーズからスタート。「オースティン・パワーズ」。もっと思い切った表現頼むよ。すぐカストマロフ先生に指導受けて!3Aはダイナミックで高さがありました。3Lz+3Tもコントロールされたいいジャンプ。3Loはオーバーターン。もっとおもしろみのある表現がほしいですがスピンみても技術はありますね。エッジワークのいいSlStもそれを感じさせます。将来性十分なので、もっと偉大な先輩達に、氷上の笑いがなんたるかを教えてもらうように。終わった後も「わしはこんなプログラム、しとうはなかった」という感じでした。67.12。

中国のハン・ヤン。ジュニアGPSで2勝、GPSファイナルで2位に入ってます。すげー。「コットン・クラブ」より。2Aから入ります。流れのあるいいジャンプ。3F+3Tも安定してますねー。3Loはステップアウトでしょうか。CiStもエッジワークがいい。すいすい滑っていて小塚タイプなのかもしれないです。高い技術をもっているだけに、メリハリをどうつけていくかが課題かも。杉田さんも期待の選手と位置づけているようです。60.89。

ロシアのゴルデイ・ゴルシコフ。ヴィヴァルディ「四季」。スムーズな滑りから3Aにいきますが転倒。あー。3Lz+2Tは間にターンが入りました。跳び急いでたかな。トランジションでは表現力あるところをしっかりみせてます。3Loはおっけー。SlStではロシアらしいエッジワークをみせてました。スピンもしっかり終えてフィニッシュ。最初のミスが痛かったですねー。惜しい。コーチのウルマノフがひげもじゃに。

中村健人。おー!樋口地蔵尊がリンクサイドに!なんかあざらしのかわいいものを抱えている。なんだ。最初の部分でおもしろい動きが。なかなかいいですね。3Aは跳べていましたがステップアウト。もったいないな。3Lz+2Tは3-3予定だったか。スピンからつなぎの部分ではおもしろい動きも。ステップからの3Loはダブルに。タッチもありましたか。SlStは躍動感あるステップにコミカルさも加えたいいステップ。これだけの技術があるだけに伸び悩んでいるのは惜しいですね。最後もスピンのスピードがなくなって転倒してしまいました。あーさっきのあざらしはティッシュなんですね。そして地蔵尊が2人の間に架け橋的においてあります。おもしろいな。55.33。お通夜みたいなキスクラにあざらしが魅力を振りまいていました。

アメリカのキーガン・メッシング。何を悩んでいるのかという顔です。「ロビン・フッド」より。スピードが速い!3Aもそれに乗ってきれいに決めました。GOE+2と杉田さん。3Lz+3Tもファーストでどうかなと思いましたが決めてきました。キャメルスピンもスピードがある。複雑なコネクティングステップからの3Loも成功。そしてスピンが速い!こりゃ速いですね。SlStも上下の動きがたくさんついていてダイナミック。技術もあります。そして最後のスピンも速い!最後はスピンが速すぎてぐらっときましたがフィニッシュ!すばらしい演技でした!やりますねメッシング!72.58!一気にきました!コーチがメタルのギタリストっぽい。

ロシアのアルトゥール・ドミトリエフ。お父さんはオリンピックの金メダリストで、ロシアのジュニアチャンプ。でかいなー。3Aはでかい!高いジャンプ!3Lz+3Tはセカンドでぐらつきました。3Loもさっさと跳びました。スピンは終盤速度が落ちましたが、なにぶんでかいのでSlStも迫力満点。スローな音楽になって繊細さもアピール。コンビネーションスピンでフィニッシュ。でかい演技でした。68.91。2位にきましたか。

ロシアのジャン・ブッシュ。シニアで3位に入ったそうです。「When I close my eyes」。最初から繊細な表現がしっかり。3Aはツーフットで回転不足か。長い間準備動作に入ってしまいましたね。3F+3Tはセカンドでちょっとバランスくずした。ドーナツポジションが三角のスピン。3Loはおっけーです。SlStはまだまだいけそうな感じ。もっとできそうな選手なんですが。でも初出場にしては上出来か。59.58。

カナダのアンドレイ・ロゴジン。ロゴジンなのにカナダ人、ブッシュなのにロシア人。おもしろい。グリーグ「ピアノ協奏曲」。イーグルから3A決めてきました!すごい。3F+3Tもしっかり。体がしっかりできてる感じですね。スピンは速い。3Loはコネクティングステップも複雑でした。トランジションもすいすい技術をみせてますね。SlStも迫力ある。気迫が前面に出てきてますね。ずーっと動き回るアスレチックなプログラムでした。いいですねー!67.27。顔は意外に地味ですが。

○SP終わっての順位:
1号機 メッシング
2号機 ドミトリエフ
3号機 ロゴジン
4号機 マヨロフ
5号機 アーロン
6号機 ディティクティブ田中

ディティクティブ田中はいい演技したと思ったんですが、まだまだ上には上がいたんですね。がんばらんと。

メッシングの高い能力にはおそれいったという感じですね。あのスピンの速さはすごい。ドミトリエフはでかいです。ロゴジンもすぐにシニアデビューできそう。マヨロフはまだまだのびしろがありそうで楽しみ。アーロンはがんばっていい音楽を作ってもらうようにね。

東日本大震災チャリティー演技会、いってきました

「マトリックス」をみたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。個人的に戦いの場面もいいですが、マトリックスの世界観自体がすごい衝撃的だったのを思い出しました。というかもう1000円ちょいで買えるんですかDVD。

さて、今日はフィギュアスケートのチャリティ演技会、「東日本大震災チャリティー演技会~復興の街、神戸から~」が神戸ポートアイランドスポーツセンターでおこなわれました。

普段はなかなか出不精なのですが、チャリティですしご近所での開催、かつ太田由希奈が出るという好条件がそろったため、がんばってチケットとっていってきました。かぜでしたが。

スポーツセンターは立見券も発行されぎゅうぎゅうの満員。僕らは早めにチケットをとったのですが、B席の前の方はフェンスがじゃまであんまりいい席ではなく、となりのおばちゃんたちと苦笑いしていました。最初に高橋がいつも通りぎこちないあいさつをしたあとで、演技会開始です。

トップバッターはオレたちの誇り太田由希奈。アイスショーは別に点がつくわけではないのですが、そうなるともう太田の独壇場ですね。ただ普通に滑って普通に手を伸ばすだけで、ただ普通にスピンして普通にレイバックするだけで、あふれる物語を生み出していく。わたがし製造器みたいですね。もちろん富井も大満足。バレエ的な所作は今日の誰よりもすばらしかったです。

安原綾菜。とてもキレのある演技でした。3Loをきれいに決めてきて会場から歓声。CiStがとてもよかったです。

田村岳斗御大。今回大きな声援をもらっていた御大ですが、ゆっくりながら3Lz、3Tをしっかりメイク。元祖セクシー担当だけあってしっかり会場を盛り上げていました。投げキッスのサービスも。御大おとろえてませんな。

新田谷凛。兵庫県西宮市出身。ご近所や。速いテンポの楽曲を元気に滑っていました。事前にそうやって元気を送りたいといっていた言葉通り。

國分紫苑。スピンが得意そうな選手。ドーナツポジションがとてもきれいにできていました。下の世代にもこんな素質ある選手がわんさかわんさ、わんさかわんさといるんですね。いえーいいえーいえいいえーい。

オレたちの誇りホンダバン。全日本6回優勝とえげつない戦績に富井が感心していますが、富井はホンダバンの戦績がでるたびにいつもはじめて聞くように感心します。ホンダバンは福島出身。今回も意気込んで滑っていました。手足の細かな表現力はないのですが(仕様です)、なにしろエッジワークが美しすぎますね。すいーって滑っていく。その天使のようなエッジワークは体重が増えてもまったくおとろえません。またジャンプも高く、降りるときにどすんって音がしていました。イーグルのあふれる情感に僕も感激していました。

整氷タイムに神戸ポートアイランドスポーツセンターのマスコット、ペンスケくんが登場。あまりの微妙なゆるキャラぶりに、マナーのよいフィギュアスケートファンも戸惑いを隠せない様子でした。最初テンスケくんって聞こえました。以前僕うっかり店舗のことを店輔って書いたことがあり、それを思い出させました。ちなみに高橋の名前も大舗って書かないようにしましょうね。ダイポ。大店法みたいになります。

村元小月。いろんな要素が高いレベルでまとまっている選手。その通りの演技をやってくれました。

田中刑事。ディティクティブ田中。いきなり仁義なき戦いの♪テレレー、テレレーっていうので始まります。刑事なのに。ステップは表現がうまくできていました。自分の目的に向かってがんばるといっていましたが、ジャンプを磨いてがんばらないとですね。いつか大舞台で、曲は宇宙刑事メドレーで演技したいものです。あ、これはホンダバンか。太陽にほえろか。

上野沙耶。兵庫県神戸市出身。今日のコンディションは出場した中でもかなりよさそうでした。雰囲気のある演技をしていました。意気込みも感じました。

羽生結弦。羽生は仙台出身ということで駆けつけてくれたそうです。演技はすべてが今までとは別次元。ジャンプもばっちり、表現もキレてました。チャリティに気合いも入っていましたね。演技が終わった後息を弾ませながらメッセージを読み上げ、アンコールにも応えていました。羽生の人柄がうかがえる演技でした。わざわざありがとう。

続いて荒川姐さん登場。やはりトリノオリンピック金メダリストの名は迫力ありますね。荒川姐さんも仙台出身ということで駆けつけてくれたそうです。演技は技術的ポテンシャルは正直昔のままですね。BMWがゆっくり走ってる感じで。3Tの流れのあるジャンプといい、現役じゃないのが信じられないくらいです。加えてプロで磨いた表現力。1つ1つの技に歓声があがっていました。またメッセージを読み上げて、アンコールでも別のショープログラムをフルで滑っていました。2連発に体力とこの演技会への意気込みを感じました。手を合わせたくなりました。

そして高橋大輔登場。もう高橋も氷上の杉良太郎みたいになってきていますね。流し目で歓声があがる。まわりがみんなホホー!ホホー!と高い声を出しているのを聞いていると、ジャングルにいるような錯覚を覚えます。盛り上がる高橋との調和をファンも楽しむ。おもしろいです。しかし高橋はSPをノーミスで滑りきっていました。なにもかもばっちり。世界選手権への調整は十分のようです。アンコールもしっかり盛り上げていました。

フィナーレで全選手が登場。ディティクティブ田中が3Aが抜けてしまっていましたが、そのあと入ってきたホンダバンもしっかり抜けていました。ほんとはばっちり決めておきたかったところですが。太田はレイバックスピンで宝石のような美しさを発揮していました。

高橋がまたぐだぐだなあいさつをしたあと(仕様です)、選手全員がサブリンクの方にきてくれました。僕らの席はサブリンクはよく見えるのですが、メインリンクの方はフェンスがじゃまであんまりみえなかったので、B,C席のお客さんは大喜び。僕も立ち上がって「ありがとうございます!」とお礼をいっておきました。そのあとはチャリティオークションの結果発表や選手による募金活動で盛り上がっていました。

急遽開催されたチャリティ演技会で思いがけずに演技を見ることができました。現役、プロ混合でいい演技をみせてくれたと思います。太田もホンダバンも元気そうやったし。かぜをおして見に行ってよかったです。選手・関係者のみなさん、観客のみなさん、おつかれさまでした。

マクナブの家に車が突っ込んできたらしいけど

かぜをひいたマイク松ですこんにちは。僕は毎日かなりかぜと腰痛に気をつけているのですが、それでもかぜをひいてしまいます。何が足りないんだ。なんかの効用があるのか。かぜの本買いました。

さて、そんな僕のために代わりに記事を書いてくれないかなと思っていたら、まさかのNFL Japanにみつけました。NFL.comのアダム・ランクという人です。ありがたい。この記事読んでみてくださいよ。

どうもマクナブの自宅の敷地内に、車が乗り入れフェンスに激突する事件が発生、どうもたんなる事故のようなのですが、ランクはこれはなんかあると判断、6人の容疑者をあげています

  1. MINのフレージャーHC
  2. テレル・オーウェンス
  3. シャナハン一家
  4. フレディ・ミッチェルさん
  5. ラッシュ・リンボー(ラジオパーソナリティ)
  6. レックス・グロスマンさん

正直他人とも思えません。われわれのドッペルゲンガーなんじゃないかと。だってこのご時世、フレディ・ミッチェルさんとセクシーを1つの記事に同時に登場させる人物が僕らのほかにいるのかと。いませんよ。いやーこの記事の転がし方といい、なかなかやるなと思わせます。

フレージャーHCはWASはキケンだからMINにこいよというアピールとのこと。ぶっちゃけマフィアのやり口ですよね。オーウェンスは普通に怨恨(普通て)、シャナハン一家は怨恨、リンボーはマクナブに舌禍事件を起こしているそうで、その怨恨だそうです。つまりフレージャーHC以外はみんな怨恨のようです。みんなそんなにマクナブ悪いことしてないから。逆恨みだから。

でフレディ・ミッチェルさんについて、ランクはいきなり「マクナブに悪意を抱いているかもしれない」と書き出しています。ミッチェルさんを悪くいうな!ただビッグマウスなだけなんだ!そして自宅のホワイトボードに恨んでいる人リストとしてマクナブ、オーウェンス、NEのベリチックHCの名前が書かれていても驚かないといっています。どんだけ陰湿なヤツやねん!失礼しちゃう!自宅のホワイトボードに書かれているのは自分のいいところ(ex.神の手)だけだよ!

セクシーさんについてはマクナブが出て行くことで利益を得る人間と、まっとうな犯行動機が書かれています。でもまあセクシーも日本のエターナルオーゼキが使う一種のフォース、プロビデンスの使い手だといわれてますからね。マクナブが出て行くと逆に先発が遠のくという神の摂理っぷりを発揮するかもしれません。魔除けのためにもドラフトでQBを指名した方がいいでしょう。

それにしても冗談と書かれているとはいえ他人とは思えない文章。こっそり富井が書いたんじゃないかと思えるほどです。それをわざわざ英語になおしたりして。この記事から勝手にランクをフォルス・スタート商会北米事務所の担当者に任命したいです。無給ですがこれからもがんばってもらえればと思います。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:ペアFS

なかなか咲かない桜に今年は春が来ないのかと思っていましたが、気がつけば満開になっていました。桜のみつを食べにきたメジロを見て1人花見を楽しんできた富井です。さてさて続いてペアのFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

イタリアのギレスピー・デマッテ。映画「シチリア・シチリア」。2Fはタイミングが合いませんでしたが、飛ぶまでは良く揃っていたのにな。スロー3Sは着氷が乱れましたね。。スパイラルもいいなあ。工夫のあるキャリーリフト。技術はまだまだ足りないけど、美しいペアなのでこれからが楽しみ。116.44

アメリカのアンドリュース・レデュク。「カルメン」。2F+2T+2Loはよく合っていますね。スピードもある。スロー3Tは転倒、残念。スピンは2人ともバランスを崩してしまい最後がよろよろっと。2Aはアンドリュースが回転不足。でもこのペアも魅せますね。ペアのジュニアってみんなこんなに上手でしたっけ?スロー2Loはオッケー。ペアスピンは面白いですね、もうちょっとスピードがあればもっと良かった。117.11

チェコのカドレコワ・ビダール。衣装が青い!ダブルツイストがきれい。スロー3Sは手をついてしまいましたが、スロー3Fと続けてスロージャンプ。ソロスピンはちょっと回転が合いませんね。リフトは片手でペアスピンは回転は速くていいと思いました。かわいらしいペアで好感が持てます。小林さんも期待しているようです。117.24

ロシアのバシリエワ・シェフチュク。シークレットガーデンの音楽。2Twは高いですね。3Sはバシリエワが転倒。スロー3Sもランディングが乱れました、がんばれ!3Tもちょっと回転が足りないか。シェフチュクはかなり完成されているのでまだ15歳のバシリエワが成長すれば見違えるほど良くなりそう。失敗が続いてもリフトで笑顔を見せるバリシエワに期待大。114.98

カナダのジョーンズ・ギャスケル。「マイフェアレディ」。3Twは見事。2Fはギャスケルがちょっと回転がきれいではありませんでしたね。スロー3Loはきれい。スロー3Sもいいし。ジョーンズがジャンプが得意なんですね。リフトが上手い。エレメンツがきっちりしていてさすが北米のペアという感じです。129.28

ロシアのアスタコワ・ボチコフ。「天使と悪魔」。ソロジャンプのシークエンスはばらばらになってしまいましたが、2Twは高い!しかしスロー3Loは転倒とちょっと焦ってしまっているのかな。スロー3Sも両足に。今日はちょっと良くない日でしたね。ソロスピンは回転が速いし、もっとできそうなペアです。次やな、次。118.75

アメリカのケイン・リーガン。「ロミオとジュリエット」。リフトの入り方がスムーズで美しいですね。さすが全米チャンプ。3Sも成功。スロー3Loもオッケー。2Twはちょっと高さがないな。2A+2Aシークエンスもなかなか。このペアも技がしっかりしていますね。トランジッションがシンプルという岡部さんの指摘。なるほどなー。135.40

ロシアのストルボワ・クリモフ。映画「道」。2Twは高さがありますね。スロー3Fは見事ですね。3T+2T+2Tはランディングがもう一つだけど成功。ソロスピンもぴったり合っています。つなぎ部分が高橋大輔っぽい。デススパイラルがきれいですねー。しゃがむ姿勢のスパイラルもすてきですね。スロー3Sも見事。リフトに入る前も降りる時も工夫があります。2Aはちょっとバランスを崩してしまいましたが、曲に良くあった良いプログラムでしたね。最後はわーいというポーズ。159.60

日本の高橋・トラン。「思いの届く日」。3Sはちょっと高橋のランディングが乱れて残念。2Twは高さがあってきれいですね。スロー3Sは手をついてしまいました。ソロスピンは回転も速いしよく合っている。デススパイラルもいいですね。2A+2Tのシークエンスで高橋が転倒・・・うーん、これは痛い。リフトは空中姿勢もきれい。イナバウアーからスロー3T。ペアスピンも曲に合ってていいなあ。今日は実力が発揮できませんでしたが、さすがに美しいですね。154.52

カナダのプリーチ・シュルツ。3Tはシュルツがツーフット。ピチピチした人たちですね。スロー3Sは成功。リフトは難しいけどこわごわやっているようで見ていて少し恐い。プリーチがキュートですね。2A+2Tは両方とも2つめがもう一つ。スロー3Tは流れはありませんでしたが成功。最後のペアスピンが長かったですね。129.97

中国のスイ・ハン。「街の灯」。2Aのコンビネーションでスイが転倒。スロー4Sはツーフットですが成功。3Tはまたスイが手をついています。珍しいですね。デススパイラルはハンが上手ですね。ソロスピンも回転が速い。スパイラルはパールポジション?ハン、すごい。スロー3Fは高さがすごい。3Twも何の問題もなく。それからリフトは何というかすごいとしかいいようがありません。いやー、ハンの安定感が半端ない。失敗は多かったですが、横綱相撲でしたね。167.01

1号機 スイ・ハン
2号機 ストルボワ・クリモフ
3号機 高橋・トラン
4号機 ケイン・リーガン
5号機 プリーチ・シュルツ
6号機 ジョーンズ・ギャスケル

スイ・ハンはすごいですね。このままいけばオリンピックで優勝は間違いないでしょう。・・・といっても、そう上手くいかないのがジュニア。このまま怪我なく育っていって欲しいです。スイの華やかさ、ハンの安定感。いやーすごい。もうジュニアはいいでしょう。
2位のストルボワ・クリモフはいい出来でした。ロシアらしいプログラムで基礎ができあがっている感じです。このまま順調に育っていけばソチオリンピックは国内での争いが大変そう。3位の高橋・トランは今日は残念でした。でも素晴らしかった。シニアとのかけもちで疲れてもいたでしょう。このままがんばって欲しいですね。

上位3組とそれ以下はかなり実力差がありますね。4位以下はどれも同じぐらい良かったです。全体的にペアのレベルが上がっているような気がします。楽しみだなあ。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:ペアSP

ジャッキー・チェン、北京で震災支援を呼び掛け。旅行中に死んだというデマが流れていたのですが、まったく信じませんでした。信じててよかった、ジャッキー・チェンが生きててよかったマイク松ですこんにちは。確かにプロジェクトAのジャッキー・チェンは不死身ですよね。

さて、今日からJSPORTSで世界ジュニアフィギュアスケート選手権が放送されます。スポーツもあまりないし、今日からゆっくり8回かけてレビューしたいと思います。今日はペアSPです。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権、ペアSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

スイスのモロー・リーマン。ジェームズ・ボンドの曲から。リフトはそろっといってましたがジュニアにしてはいいのか。2TThがスロージャンプですね。2Twはいいですね。2Aはユニゾンしっかりとれてました。Dsは終わり方に工夫がほしいところ。SlStもよくそろってますね。結構将来的にうまくなりそうな、素質を感じます。ソロスピンはずれまくってしまいましたが。初出場ですがモローは別の人とオリンピックに出てました。経験はあるんですね。40.74。ステップでLv.4とったみたい。

アメリカのアンドリュース・レデュク。組んだばかりのカップルみたい。アメリカのジャッジもはじめて聞いたらしい。それでいいのか。「アダージョ」。2Twは高さあったし、その前に十分スピードが出てる。2Loは手をあげてました。リフトはスピードがあってよかったが降りでミス。3TThはツーフットか。この辺もっときっちりいければもっと上いけそうです。ソロスピンはよくあわせようとしてます。Dsのポジションはきれい。岡部さんは組んだばかりなのに丁寧に滑ってるとのこと。SlStのユニゾンはよかったです。いいカップルだ。40.16。

ロシアのアスタコワ・ボチコフ。初出場で国内選手権では第3位。「タンゴ・アモーレ」。ロシアらしいスタイルのいいカップル。2Aはばっちりそろいました。2Twはかなり高かったです。3LzThを狙いますがこれはツーフット。リフトは上げ方に工夫。ソロスピンはユニゾンもいいし普通にきれいなポジション。DsからSlSt、ステップはまだがんばれそうです。46.67。ロシアは強化が進んでますね。

イタリアのギレスピー・デマッテ。出まっせみたいでおもしろい。欧州選手権で12位に入ったそうです。2Twから入ります。リフトはワンハンドでとてもスムーズ。3TThはツーフットになりました。うーん。Dsはちょっと短いんじゃないかと岡部さん。あんまり得意じゃないのか。2Loをソロジャンプにもってきました。MiStはダンスっぽいステップを入れてますね。それもうまい。ソロスピンはちょっと離れてしまいました。でも全体的によくまとまっている感じ。最後は首を落とすようなおそろしいポーズでフィニッシュ。どうもジュニアは笑いに走る人がいないなと思ったらいましたわ。39.93。

アメリカのケイン・リーガン。全米ジュニアチャンプ。ここから第4グループ。2人ともでかい。映画「マトリックス」より。3TThが決まりました。ようやくか。リフトはポジションチェンジもスムーズ。ここからが本番ってことか。見ざるいわざるみたいなポーズがあった。2Twはうまく受け止めきれませんでした。で2Aでリーガンが転倒、靴ひもがはずれてしまいました。将軍現象。でも今年から中断で減点はなくなったそうです。将軍が減点をなくしてくれたのかも。靴ひもは切れてないので再開。ソロスピンからなので入りやすい。回転は速いですね。イーグルからのDsはなかなか技術ありますね。でも終わりの方でつぶれてしまったか。アクシデントを乗り越えてがんばりましたね。43.74。いい得点出ました。

日本の高橋・トラン。ジュニアGPSファイナルチャンプとして登場。グータッチで開始。「フィーリング・グッド」。2Aのユニゾンもばっちりです。スムーズな滑りから2Twは高さありました。やっぱ今までとは全然違いますね。ソロスピンのユニゾンがばっちり。スパイラルのポジションもきれいです。3TThは流れのあるいいジャンプ。SlStは密度の濃い構成。それでいてユニゾンもばっちり。リフトのポジションも難しいものをしっかりこなして。Dsのスピードもありました。うわーすばらしい。完璧じゃないですか。もうジュニアではここまで抜けてるんですね。57.85。全然違う。コーチはいい人らしいですが外見はシスの暗黒卿みたいです。

チェコのカドレコワ・ビダール。「リベルタンゴ」。2人でジャンプする振り付けがあっておもしろかった。でも滑りはうまいです。2Twはスムーズ。しかし3TThはスローが崩れて転倒。もったいない。2Loはクリーン。ダンスっぽいトランジションを入れてリフト。降りもスムーズでした。Dsはそれ自体もすばらしいし音楽をうまく使ってます。ビダールは男子シングル出身でうまい。ソロスピンはバランス崩しました。ちょこちょことしたミスがなくなったらトップ層でやれそうですね。タンゴのリズムでSlStは雰囲気をよく作ってました。42.90。ゆっくり育てましょう。

ロシアのバシリエワ・シェフチュク。実況陣は昔すてきだったコーチの変わりようで盛り上がっています。ロシア国内選手権2位。ミュージカル「チェス」ST。2Twは余裕があったしスピードがある。2Aはバシリエワの方が回転が足りなかったらしい。3TThは高さも距離も出てました。場内ざわめき。さすがロシア選手、でかいし手足が長いし見栄えがします。リフトは上げ下ろしがまだまだ。SlStはまだ滑り込みが足りないのかぎこちない。ここは改善が必要と岡部さん。素質は感じるしこれからでしょう。ソロスピンからおもしろポーズでフィニッシュ。45.83。

中国のスイ・ハン。ディフェンディングチャンプ。きましたね。「カントリーダンス」。いきなり別次元の動きが。速い。2Aもリズムにのって流れよく決めました。2Twも全然予備動作がない。3TThは高さと距離が出て場内がおおーって。すごい。トランジションの動きも引きつけられる演技。ソロスピンもばっちりあわせてます。リフトは最初からワンハンドでリフト。すげー。Dsまでまったく隙がなかったです。うわーすごい演技でました。スイのものすごい引きつけられる演技を、ハンがしっかりサポートしてます。もうコンビネーションまで構築してます。実況陣も大絶賛。59.16。シーズンベストではないのでちょっと反省会っぽく。コーチはよく知りませんがなんとかデラックスに似た感じです。

カナダのジョーンズ・ギャスケル。なんかさわやかな人たちでてきた。2Twは高さが足りないか。2Aはステップアウト。3TThは手をついたか。ソロスピンもずれてる。うーんスイ・ハンのあとという順番がなにぶん悪かったですね。このカップルも悪くないんですが。がんばってほしいですね。44.64。ギャスケルでかい。足が長すぎる。

ロシアのストルボワ・クリモフ。昨年の銅メダルらしいです。「アストゥリアス」。コネクティングステップからの2Tw。3TThは両手つきました。距離でてたのに。2Aは流れのあるいいジャンプ。きれいでした。リフトはスピードにのってて降り方もすばらしい。そしてユニゾンがほんときれいですね。美しいポジションできっちりあわせてきてます。細かいところのトランジションや工夫もしっかり点をとれるプログラムに仕上げてます。終わりはちょっとあわなかったですがすばらしかったです。ロシアのエースに育ってきそう。54.21。

カナダのプリーチ・シュルツ。カナダのジュニアチャンプ。「その男、ゾルバ」。2Aはシュルツの流れがよくなかったですがまあ大丈夫。3TThは片手つき。距離が出なかったですね。2Twは低くてもくるくるっとまわりました。Dsは安定してました。ソロスピンはもっとあわせていきたいところ。SlStはよく動いてました。あ、ぶつかりそうになった。フィニッシュでいきなり不満そうなしょんぼり顔になってました。あー。プリーチのかわいいところをもっとシュルツがいかしていかないと。47.33はシーズンベスト。思ったより出たのか喜んでいます。

○SP終わっての順位:
1号機 スイ・ハン
2号機 高橋・トラン
3号機 ストルボワ・クリモフ
4号機 プリーチ・シュルツ
5号機 アスタコワ・ボチコフ
6号機 バシリエワ・シェフチュク

どうもトップ3は去年と同じみたいですね。やはりトップ3がみんな出てるとのことでしたが、予想通りのトップ3。さすがにスイ・ハンと高橋・トランの出来はジュニアでは異次元ですね。ここにどう他のカップルが食い込んでくるかが鍵になりそう。

世界選手権の放送日程が

「ゴルゴ13」作者、義援金500万円。さすがさいとう・たかをだと思うマイク松ですこんにちは。にっかんにはPV稼ぎか「ゴルゴ13が義援金500万円」と書いてありましたが、これはゴルゴをあなどりすぎですね。けしからん。

さてフィギュアスケートのジュニアの世界選手権が明日からJSPORTSで始まります。たのしみですね。

そしてそれより世界選手権の放送日程が決まりました。今度こそみられそうです。

  • 4月27日(水) 20:10 – 22:50 男子ショートプログラム(ライブ)
  • 4月28日(木) 17:55 – 22:00 男子フリー (ライブ)
  • 4月29日(金) 20:10 – 22:50 女子ショートプログラム (ライブ)
  • 4月30日(土) 18:25 – 22:54 女子フリー (ライブ)
  • 5月1日(日) 19:00 – 22:20 エキシビション (ライブ)
  • 5月9日(月) 17:00 – 19:00 ペア ショートプログラム
  • 5月9日(月) 19:00 – 21:30 ペア フリー
  • 5月10日(火) 18:00 – 20:00 アイスダンス ショート
  • 5月11日(水) 16:30 – 19:00 アイスダンス フリー

僕らはライブではみない予定ですが、しっかりみていきたいと思います。たぶん。

そういえば荒川姐さんが避難所を激励したそうです。そういえば東北高校出身でした。今後も継続的に支援していくとのこと。がんばってほしいです。

マッデンNFLのカバー選手選考進む

猪木が避難所訪問。このブレなさが熱いなと思うマイク松ですこんにちは。さすがに元気ですかはいうの迷ったみたいですが、最終的には若者に闘魂注入してました。被災者だけじゃなく避難所運営の人や復興に向けて動き出す人も元気づける人ってなかなかいない気がする。

さて今日はとても扱いやすいニュースが出てきたのでうれしいです。

マッデン最新作カバー投票ベスト8進出

大人気ゲームにして、その表紙にとりあげられた選手は翌シーズンだいたいひどいめにあうという、選ばれていいのか悪いのか、いや悪いやろというゲーム。今ファン投票トーナメントでカバーに選ばれる選手を選んでいるそうで、このたびベスト8がでそろったそうです。

QBドリュー・ブリーズ(NO).vs.RBエイドリアン・ピーターソン(MIN)
QBアーロン・ロジャース(GB).vs.RBダニー・ウッドヘッド(NE)
RBジャマール・チャールズ(KC).vs.RBペイトン・ヒリス(CLE)
QBマイケル・ヴィック(PHI).vs.LBパトリック・ウィリス(SF)

誰が選ばれても非常にきついですね。ほんとチャールズは勘弁してください。やっと現れたKC希望の星。同じ赤だけにカアプのマエケンとだぶります。チャールズの離脱によりKCに暗黒面のとばりがおりてきます。ほんとに。

もういっそ1回はためしに全然関係ない人を入れてみたらわかりますよね。もう絶賛ひま中のザ・ニートことフレディ・ミッチェルさんとか、絶賛ひきこもり中のミッキー兄さんとかを一気にカバーに抜擢すればいいんですよ!そして様子をみましょう。ああ!この2人はもうとっくにひどい目にあってるんでした!いっけね☆

じゃあもうすぐおつとめを終えて出てくるバレスとかか。いやこっちもせっかく出てきたのにまたひどい目とかかわいそう。なんだろう。自由に考えてみよう。

なにげにあげていきましたが、もういっそ1回は身代わり地蔵にした方がいいんじゃないでしょうか。

あとカアプの選手たちが開幕を前にしてマエケン以外の主力選手にけが人が相次いでいるのですが、誰かカアプの野球ゲームとか作っているんじゃないでしょうか。タイトルバックはノムケンにしておいてください。

いよいよ大相撲も炊き出し開始

スター・ウォーズ6作見終わったマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。エピソードIV~VIはもっと見劣りするかと思いましたが、すばらしい演技でかえっておもしろかったです。ということで当サイトでも当分スター・ウォーズネタが出てくると思いますがご了承ください。今見直してもいいかも!

ヤオチョー問題は相撲協会のオーダー4.1によりたくさんの力士がツイホー処分になってしまいました。まったく残念無念。これで終わってくれればいいのですが、おそらく終わってないでしょう。角界にバランスをもたらす選ばれた力士ことミッキー兄さんの出番はいつくるんでしょうか。

というか今回暗黒面に堕ちた認定を受けた力士は23人。十分場所できますよね。セ・リーグとパ・リーグとか、全日本と新日本みたいに別団体作ってもいいのでは。もちろんミッキー兄さん永世理事長兼永世横綱で。銀河帝国相撲。早く結成して被災地へGOですよ。

さて今日はヤオチョー問題に一応のけりをつけた相撲協会が、被災した方々のために炊き出しを行うことを決めたとのことです。ばたばたしている割には動きが早かったですね。土俵が水素爆発を起こし、ヤオチョー力士が流出しているのに。

炊き出しは東京武道館で6日に、千葉の小学校で11日に、味の素スタジアムで15日におこなわれるそうです。あったかくて栄養があるちゃんこ鍋は一番すばらしい炊き出しになること間違いなしです。

ここから被災地支援の動きがもっとがれきの撤去などの馬力面で広がっていけばいいのにと思います。当分稽古は肉体労働で。

永世大関もそろそろ動き出すときではないでしょうか。ツイホーされた力士を集め、みそぎという名の支援をおこなったのちに新団体旗揚げ。やるなら今しかねえ。

ドラフトで失敗しないための3カ条に追加しよう

連日スター・ウォーズをみているのですが、実はライトセーバーはフォースで出してるもので、ジェダイ以外は使えないと思っていたマイク松ですこんにちは。ソロ普通に使ってたし。びっくり。ジェダイとシスとで色が違うのはたんに違う種類のものだからだそうです。暗黒面に堕ちると色が変わるんだと思っていました。

さてNFLのドラフトは4/28あたりに開催されます。もっと早かったような気がしたのですが。それをひかえてこんな記事が出ていました。

ドラフトで失敗しないための3カ条とは?

NFLではドラフトで選手を当てるのは難しく、ドラ1なのに活躍してない選手をあげるだけで32本記事が書けそうな感じです。反対にドラフト下位やドラフト外で入団した人が大活躍することもあり。難しいですよね。

この記事では(1)即戦力になりそうな選手を見極める、(2)今年の豊作ポジション、DLで前評判に頼らない、(3)評価されていない選手を再評価し、必要ならコンバートもさせるべき、という内容でした。要はちゃんと見ろよということですよね。

False Start的にはもう少しここに付け加えたいなと思いました。

(4)今の先発がほんとにものになりそうか事前に考えておく

ドラフトでは指名が必要なポジション、つまり現時点でデプスが足りないポジションのことを考えがちだが、逆に今の先発で本当に大丈夫かということをよく考える必要がある。ARZはカート・ワーナー老の引退後、ライナートがその後継者と見られていたが、ふたをあけてみれば出来が悪くライナートは早々にトレード、デレック・アンダーソン老先発というありえない状況になってしまった。

(5)今の先発で不始末をしそうな選手がいないか事前に調べておく

能力的には大丈夫そうでも、精神面や性格面に問題がなさそうかをあわせておさえておく必要がある。シーズン2000ydsランを達成したリッキーさんはその後もチームを引っ張っていくと思われていたが、ハワーイあたりで暗黒面に堕ち、長らくチームを離れることになった。いけない葉っぱには要注意だ。またPITのロスリスバーガーはバイクで事故ったり、トラブルに巻き込まれたりして出場停止をくらったりしている。

(6)ニートを探す

能力的には高い(と本人がビッグマウスで公言している)のに野に埋もれている在野の選手を探すべきである。特に長いこと働いていないビッグマウスなWRがいるとフォースが知らせてきている。すぐに連絡を取った方がいいだろう。

(7)エスパーを雇う

誰を指名するか迷ったときに、超能力で解決するという手もある。ジャパンのベースボールチームのマネジャーが実際にエスパーの雇用を検討していたという情報も寄せられている。そのマネジャーは指名重複による抽選で3連敗しているが、エスパーがいればどうなったかはわからない。フォースを使うという手もあるが、使用には向かないし完全に暗黒面に堕ちているので、使い方には注意してほしい。

ほかにもありそうなので引き続き考えてみます。

カアプ蝋人形館構想

富井がtwitterでも書いてますが、JSPORTSのMLB中継の解説にロッテの堀さんが出ています。第一次バレンタイン政権の後メジャーに誘われたのは知られた話ですが、今はいかなくて後悔しているとのことでした。堀さんにお仕事が見つかってよかったなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、今日はこちらのニュースです。

広島本拠新名所「跳べ!赤松くん天谷くん」

アメリカでも絶賛された赤松のスーパープレーと天谷のスーパープレーを模した人形を作成、それがいかにすごいことかというのを実物大フェンスとあわせて展示するというもので、マツダスタジアム内に設置されています。この写真も分身の術みたいで結構おもしろいですよね。2人並べるとカトちゃんケンちゃんみたいです。

でもこの人形を使ったモニュメントはおもしろい。もっとたくさん作ってカアプ蝋人形の館みたいなの作りましょう。ほかに何ができるかな。

  • 躍動するマエケン
  • バッターボックスでピッチャーをにらみつける前田先生
  • 援護がなくても投げ続ける黒田
  • 援護がなくても投げ続けるルイス
  • 8回で逆転を許しグラブをたたきつけるビッグバンブー先生
  • フォアボールを連発し目線だけは強がるナガカー先生
  • インコースチェンジアップを空振りするシーボル
  • チャンスでレフトフライをあげてしまい天を仰ぐ嶋
  • 引退試合で被弾しボールの行方を見守る佐々岡
  • 敗戦の責任を選手に押しつける記者会見中のノムケン
  • 審判からボールをもらってこねながらマウンドに行く大野コーチ
  • 犬のような顔の小林カンエーコーチ
  • 二軍戦でホームクロスプレーでキャッチャーのブロックにつまずいて交通事故のように横たわる丸
  • ガムテープを口に貼られながら練習する山本

うん、のろいの蝋人形館ですね!これをみせてオレたちにどうしろって?って逆ギレするお客さんの顔が目に浮かぶようです。よそのチームからも助っ人を呼んでこよう。

  • 盗塁する荻野貴司
  • 3回目のくじも外し「大失敗よ・・・」とはずれくじを放り投げるA-岡田
  • 「利き手はやめろ!」と言う城島
  • 「絶対に許さない」と激高する金村
  • 「みんな書いていいよ」と激高するローズ
  • 「つらいですつらいです」と涙するアライ
  • コスプレ中の新庄
  • トイレから戻ってきたら中谷がホームランを打っていて驚くノムさん
  • ピッチャー交替でマウンドに行くオバナカントク
  • 被弾し呆然と半笑いで見送る西口さん
  • つば九郎
  • 英智

もういっそそういう蝋人形館でいいと思います!僕はみたい!

フォルス・スタート・ニュースアワー2011

(でんでけてーてーててー てーてててーててー)
From FSBC News Headquarter in Kansai, This is the World News Hour with Tommy and Matsu!

松:こんにちは。フォルス・スタート・ニュースアワーのマイク松です。
富井:どうも。富井です。さっぱり桜が咲きません。どういうことなんでしょうか。
松:ですね。それでは早速今日のニュースお送りしたいと思います。なお、この内容につきましては、投稿日をよーくご確認の上、ご了承いただければと思います。

松:まず最初のニュースです。

<NPB事務局内に奉行所設置、球界の方針決定機関>

プロ野球の開催日延期問題で発生したごたごたの影響を受け、日本プロ野球機構は意思決定の円滑化と信頼回復のため、NPB事務局内に野球奉行を頂点とする奉行所を設置することを決めました。これはどこかのオーナーの「開幕を何日にしろなんてお上が決めることかね」という発言を受け、決めるお上の必要性が議論されてのことです。これを受けてコミッショナー制度は廃止されることになりました。

野球奉行所は野球奉行が球界の方針決定や利益配分、社会活動等について強いリーダーシップを発揮するもので、文句を言うオーナーや利益優先を主張する球団はお縄にされます。また常に野球同心や野球岡っ引が不正を監視、不正を発見したらすぐにお縄にします。なお初代野球奉行には加藤剛さんの名前が候補としてあがっているとのことです。

富井:これほんとのニュースでいいんじゃないかな?
松:結局コミッショナーは少なくともファンのためには何の役にも立たないことがまたもやはっきりしたわけですからね。奉行でいいでしょう。
富井:でも加藤剛なんだな奉行は。
松:奉行は加藤剛ですよ。まずはそこからですよ。

松:次のニュースです。

<カズダンス選手権開催>

先日の日本代表.vs.Jリーグ選抜のチャリティマッチでゴールを決めてカズダンスを披露したカズにインスパイアされた人たちが一同に集う、カズダンス選手権が開催されることになりました。これはカズダンスのメッセージを受け取った人たちがとりあえずカズダンスでその気持ちを表現したいとの思いから開催されます。

カズダンスはゴールセレブレーションなので、PKを決めるところから始まり、いかに人の心に届いて揺さぶるようなカズダンスを披露できるかが審査のポイントになるそうです。開催担当者は「カズダンスのことばかり考えて、PKが決まらないと本末転倒。まずはシュート練習からはじめてほしい」とのことでした。

富井:そうだよなー、シュート決まらないのにカズダンス踊ってたらただのサンバダンサーだよな。
松:普通にのりのいい人ですよね。だからこれは日本の決定力向上へのメッセージになりそうです。
富井:ゴールはずしてカズダンス踊るな、だな!
松:だなって。

松:次のニュースです。

<突き押し力を利用した発電機開発、両国国技館の電力に>

本場所中の両国国技館の電気をまかなうため、日本相撲協会は闘志場と共同で、力士の突き押しのパワーを電力に変換する発電機を開発、両国国技館の電気の一部をまかなうことになりました。これは電力不足の現状に加え、最近の力士の稽古不足を危惧する相撲ファンの声に応えるもので、多くの力士が発電盤に対して一定のリズムでテッポウをすることで、稽古不足と発電の一石二鳥を目指すものです。

相撲協会では引き続き技術開発を行う方針で、今後は同様の装置を四股バージョンで開発したり、ぶつかり稽古を電力に変換するシステムを備えた胸を貸す人形「エレクトリック兄弟子」の開発、地方巡業中やボランティアに有効な移動式装置の開発などが構想されているそうです。

富井:これはぜひ実用化してほしい!
松:エレクトリック兄弟子いいですよね。とにかく発電のためにはノルマとしてぶつかるしかないわけですからね。稽古積めそうです。
富井:頭を押さえつける「エレクトリック親方」もほしいな。地獄の猛稽古を再現しながら発電も。
松:実は大相撲は電力問題を解決するのかもしれません。

<レイチェル・フラットちゃんさん、演技の質向上のため大阪のおばちゃんを講師に>

アメリカのフィギュアスケート選手、レイチェル・フラットちゃんさんが来日しました。今回の来日の目的についてフラットちゃんさんは「演技の幅を広げ、質を向上させる必要があるねん。そのためにはオーサカのおばちゃんに学ぶ必要があんねん」とコメントしています。

フラットちゃんさんは今シーズン「十番街の殺人」のプログラムで観客をある意味魅了していますが、さらなる氷上のマダムの完成には大阪のおばちゃんスピリッツを取り入れる必要があるとの判断があるそうです。今後はミナミでおばちゃんと話したりしながら、ありえないデザインの派手な服を着たり、喫茶店での支払いでもめて小銭をばらまいたり、電車の中で見ず知らずの人にあめを配ったりしながら調整を続けるとのことです。

富井:その手があったか!
松:まさに灯台もと暗し。副部長もやったことありますよね?関西にきたばっかりのときに。
富井:オレもあの瞬間は関西になじんだ気がしたな。いちおうもしものときのためにあめちゃんは常備してるんだぜ。
松:まあだいたいは自分たちで食べるんですけどね。

(アイキャッチ)

富井:特集です。4年3ヶ月にわたってお送りしている特集「フレディ・ミッチェルさんを探して」。視聴者のみなさまからも大変大変ご好評を頂戴しています。
松:ですねー。「とにかく働け」「働け」というご意見も頂戴するのですが、ほんとにわれわれもそれが気になるところです。前回は惑星カミーノで、極秘生産中のクローン軍隊製造工場を発見するもフレディは見つからなかったのですが、今回は沖縄の久米島を取材してみました。日本ですがアメリカ支局の勇み足記者のリポートです。

Mike:「フレディ・ミッチェルさんを探して」、今日は沖縄・久米島に来ています。やはりあったかいですねー!
Tommy:すばがものすごくおいしいよ!どこで食べてもおいしい!
Mike:あ!サトウキビの製糖工場の方に誰かがいます!ひょっとしたらあれがフレディなのでしょうか?
Tommy:サトウキビ栽培すると所得が増えるらしい!
Mike:…ああなんだ、あれはホシノカントクでした。道理でフレディにしては歩きすぎて消耗してるなと思った。あ!海の方にとことこ歩いて行く人がいます!あぶないー!
Tommy:フレディ・ミンチ肉さんになっちゃうよ!
Mike:…ああなんだ、あれはバーデハウス久米島に行く人でした。海水を利用したトレーニング施設なんですよね。ちょっと話を聞いてみましょう。すみません!
案内:プールだけど基本海水だから!飲むとすっごいしょっぱいさー。
Mike:ところでこのへんで、もとNFL選手のフレディ・ミッチェルさんをみかけませんでしたか?
案内:知らないさー。けがを治すためによくスポーツ選手はきてるんだけどねー。
Mike:トレーニングプログラムもよくできてるし。これならコマネジャー富井の五十肩もよくなるかもしれないですね!
Tommy:終わった後で飲む自家製シークワーサージュースがめっちゃおいしいらしいよ!いこうよMike!
案内:おっとっと、トレーニングしてからの方がいいさー!
Mike:まったくその通りだねTommy!以上久米島からお伝えしました。

松:まーた見つからなかったみたいですねー。
富井:オレたちがいったときは大学の野球部がキャンプしてたんだよなー。球場もわりと充実してたし。
松:ですよね!ラクテンへのサポートする気持ちも町中で見られたし。
富井:それにそこかしこに自然がいっぱいで、観光地化してないところも魅力だな。またいってみたいわー。
松:もうフレディのことはどうでもよくなってますけどね。

富井:今年は比較的前から4/1覚えてたな。余裕を持ってできた。
松:今年はタイトルだけ速攻で変えておいたのですが(もう戻してます)、個人的にもいいネタが書けたような気がします。どうせ反応はうすいですけどね!
富井:だな!それではフォルス・スタート・ニュースアワー、また来年。
松:さようなら。
(♪てーてーててー てーてーてーててー)