Archive for 7th 4月 2011

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:ペアSP

ジャッキー・チェン、北京で震災支援を呼び掛け。旅行中に死んだというデマが流れていたのですが、まったく信じませんでした。信じててよかった、ジャッキー・チェンが生きててよかったマイク松ですこんにちは。確かにプロジェクトAのジャッキー・チェンは不死身ですよね。

さて、今日からJSPORTSで世界ジュニアフィギュアスケート選手権が放送されます。スポーツもあまりないし、今日からゆっくり8回かけてレビューしたいと思います。今日はペアSPです。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権、ペアSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

スイスのモロー・リーマン。ジェームズ・ボンドの曲から。リフトはそろっといってましたがジュニアにしてはいいのか。2TThがスロージャンプですね。2Twはいいですね。2Aはユニゾンしっかりとれてました。Dsは終わり方に工夫がほしいところ。SlStもよくそろってますね。結構将来的にうまくなりそうな、素質を感じます。ソロスピンはずれまくってしまいましたが。初出場ですがモローは別の人とオリンピックに出てました。経験はあるんですね。40.74。ステップでLv.4とったみたい。

アメリカのアンドリュース・レデュク。組んだばかりのカップルみたい。アメリカのジャッジもはじめて聞いたらしい。それでいいのか。「アダージョ」。2Twは高さあったし、その前に十分スピードが出てる。2Loは手をあげてました。リフトはスピードがあってよかったが降りでミス。3TThはツーフットか。この辺もっときっちりいければもっと上いけそうです。ソロスピンはよくあわせようとしてます。Dsのポジションはきれい。岡部さんは組んだばかりなのに丁寧に滑ってるとのこと。SlStのユニゾンはよかったです。いいカップルだ。40.16。

ロシアのアスタコワ・ボチコフ。初出場で国内選手権では第3位。「タンゴ・アモーレ」。ロシアらしいスタイルのいいカップル。2Aはばっちりそろいました。2Twはかなり高かったです。3LzThを狙いますがこれはツーフット。リフトは上げ方に工夫。ソロスピンはユニゾンもいいし普通にきれいなポジション。DsからSlSt、ステップはまだがんばれそうです。46.67。ロシアは強化が進んでますね。

イタリアのギレスピー・デマッテ。出まっせみたいでおもしろい。欧州選手権で12位に入ったそうです。2Twから入ります。リフトはワンハンドでとてもスムーズ。3TThはツーフットになりました。うーん。Dsはちょっと短いんじゃないかと岡部さん。あんまり得意じゃないのか。2Loをソロジャンプにもってきました。MiStはダンスっぽいステップを入れてますね。それもうまい。ソロスピンはちょっと離れてしまいました。でも全体的によくまとまっている感じ。最後は首を落とすようなおそろしいポーズでフィニッシュ。どうもジュニアは笑いに走る人がいないなと思ったらいましたわ。39.93。

アメリカのケイン・リーガン。全米ジュニアチャンプ。ここから第4グループ。2人ともでかい。映画「マトリックス」より。3TThが決まりました。ようやくか。リフトはポジションチェンジもスムーズ。ここからが本番ってことか。見ざるいわざるみたいなポーズがあった。2Twはうまく受け止めきれませんでした。で2Aでリーガンが転倒、靴ひもがはずれてしまいました。将軍現象。でも今年から中断で減点はなくなったそうです。将軍が減点をなくしてくれたのかも。靴ひもは切れてないので再開。ソロスピンからなので入りやすい。回転は速いですね。イーグルからのDsはなかなか技術ありますね。でも終わりの方でつぶれてしまったか。アクシデントを乗り越えてがんばりましたね。43.74。いい得点出ました。

日本の高橋・トラン。ジュニアGPSファイナルチャンプとして登場。グータッチで開始。「フィーリング・グッド」。2Aのユニゾンもばっちりです。スムーズな滑りから2Twは高さありました。やっぱ今までとは全然違いますね。ソロスピンのユニゾンがばっちり。スパイラルのポジションもきれいです。3TThは流れのあるいいジャンプ。SlStは密度の濃い構成。それでいてユニゾンもばっちり。リフトのポジションも難しいものをしっかりこなして。Dsのスピードもありました。うわーすばらしい。完璧じゃないですか。もうジュニアではここまで抜けてるんですね。57.85。全然違う。コーチはいい人らしいですが外見はシスの暗黒卿みたいです。

チェコのカドレコワ・ビダール。「リベルタンゴ」。2人でジャンプする振り付けがあっておもしろかった。でも滑りはうまいです。2Twはスムーズ。しかし3TThはスローが崩れて転倒。もったいない。2Loはクリーン。ダンスっぽいトランジションを入れてリフト。降りもスムーズでした。Dsはそれ自体もすばらしいし音楽をうまく使ってます。ビダールは男子シングル出身でうまい。ソロスピンはバランス崩しました。ちょこちょことしたミスがなくなったらトップ層でやれそうですね。タンゴのリズムでSlStは雰囲気をよく作ってました。42.90。ゆっくり育てましょう。

ロシアのバシリエワ・シェフチュク。実況陣は昔すてきだったコーチの変わりようで盛り上がっています。ロシア国内選手権2位。ミュージカル「チェス」ST。2Twは余裕があったしスピードがある。2Aはバシリエワの方が回転が足りなかったらしい。3TThは高さも距離も出てました。場内ざわめき。さすがロシア選手、でかいし手足が長いし見栄えがします。リフトは上げ下ろしがまだまだ。SlStはまだ滑り込みが足りないのかぎこちない。ここは改善が必要と岡部さん。素質は感じるしこれからでしょう。ソロスピンからおもしろポーズでフィニッシュ。45.83。

中国のスイ・ハン。ディフェンディングチャンプ。きましたね。「カントリーダンス」。いきなり別次元の動きが。速い。2Aもリズムにのって流れよく決めました。2Twも全然予備動作がない。3TThは高さと距離が出て場内がおおーって。すごい。トランジションの動きも引きつけられる演技。ソロスピンもばっちりあわせてます。リフトは最初からワンハンドでリフト。すげー。Dsまでまったく隙がなかったです。うわーすごい演技でました。スイのものすごい引きつけられる演技を、ハンがしっかりサポートしてます。もうコンビネーションまで構築してます。実況陣も大絶賛。59.16。シーズンベストではないのでちょっと反省会っぽく。コーチはよく知りませんがなんとかデラックスに似た感じです。

カナダのジョーンズ・ギャスケル。なんかさわやかな人たちでてきた。2Twは高さが足りないか。2Aはステップアウト。3TThは手をついたか。ソロスピンもずれてる。うーんスイ・ハンのあとという順番がなにぶん悪かったですね。このカップルも悪くないんですが。がんばってほしいですね。44.64。ギャスケルでかい。足が長すぎる。

ロシアのストルボワ・クリモフ。昨年の銅メダルらしいです。「アストゥリアス」。コネクティングステップからの2Tw。3TThは両手つきました。距離でてたのに。2Aは流れのあるいいジャンプ。きれいでした。リフトはスピードにのってて降り方もすばらしい。そしてユニゾンがほんときれいですね。美しいポジションできっちりあわせてきてます。細かいところのトランジションや工夫もしっかり点をとれるプログラムに仕上げてます。終わりはちょっとあわなかったですがすばらしかったです。ロシアのエースに育ってきそう。54.21。

カナダのプリーチ・シュルツ。カナダのジュニアチャンプ。「その男、ゾルバ」。2Aはシュルツの流れがよくなかったですがまあ大丈夫。3TThは片手つき。距離が出なかったですね。2Twは低くてもくるくるっとまわりました。Dsは安定してました。ソロスピンはもっとあわせていきたいところ。SlStはよく動いてました。あ、ぶつかりそうになった。フィニッシュでいきなり不満そうなしょんぼり顔になってました。あー。プリーチのかわいいところをもっとシュルツがいかしていかないと。47.33はシーズンベスト。思ったより出たのか喜んでいます。

○SP終わっての順位:
1号機 スイ・ハン
2号機 高橋・トラン
3号機 ストルボワ・クリモフ
4号機 プリーチ・シュルツ
5号機 アスタコワ・ボチコフ
6号機 バシリエワ・シェフチュク

どうもトップ3は去年と同じみたいですね。やはりトップ3がみんな出てるとのことでしたが、予想通りのトップ3。さすがにスイ・ハンと高橋・トランの出来はジュニアでは異次元ですね。ここにどう他のカップルが食い込んでくるかが鍵になりそう。