Archive for 6月 2011

「フットボール・コップ」登場!

「SONGS」クイーンのライブをみたマイク松ですこんにちは。フレディ・マーキュリーの熱いヴォーカルとパフォーマンスはほんとすばらしいです。元気を与えるとはこういうことですよ。梵天丸もかくありたいの気持ちになりました。

さてあんまり番組でフレディフレディいうもんですから、フレディさんどうなってるかなと思ってNFLのニュースをチェックしていたら、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

マニング兄弟出演の『フットボール・コップ』が人気沸騰

マニング兄弟がなぜか出演しているCM、その名もフットボール・コップ。まずはこちらの動画を見てみてください。

Football Cops Trailer

みられない人はもうすでになぜかドメインとって公式ウェブサイトまで登場してるんですよね。こちらを参照。

みましたか?なんというあほさ加減。以前からCMではおもしろ加減を発揮しているといわれていましたが、ここまでとは。正直見直しました。苦労人好きの当サイトではそのエリートな経歴から毛嫌いしてきたのですが、認識を改めないといけませんね。

公式サイトではいけてる感じの写真が次々とスライドショーされています。なんですかあのひげは。全然意味ない。すばらしい。もうちょっとそこはかっこよくしてやればいいのに。イーライはともかくおでこの方は、今からでもOCあたりからはじめられそうな風格。ずばりおっさんですよね。すばらしいです。

映像をまずチェック。どんくさい感じでパトカーにもたれながら銃撃を避け、イーライがドロップバックからパスをなげると、銃撃していた男の胸にボールが刺さりました。刺さったー!!いきなり絶命する銃撃していた人。そんなごむたいな。やめてあげてお父ちゃん!

そして敵のアジトに踏み込み、銃を持った5,6人の人たちをパスでどしどしやっつけます。ここはなぜか刺さらないのですが。そして取調室でもイーライがパスをなげてボールが壁に刺さったり(ここは刺さる)、よくわからないまま、なぜか捕らえられて爆弾を仕掛けられた美女の映像に。そのスイッチを持っているマフィアのボス的な男出てきたり。この紋切り型の展開すばらしすぎる。

そしてそのボスに対してロングパスを投げるイーライ。惜しくもパスはスイッチではなくテーブルのブランデーグラスに当たってしまい、「インコンプリートや、がははは」といっていたら、別のパスがボスの葉巻を落とし、その火が燃え移ってあえなくボスは焼死。また死んでる。イーライの後ろからおでこがでてきて「チームスポーツやで」と声をかけたりしています。もうなにがなにやら。

とにかくつっこみどころ満載。アメリカの笑いの懐の深さを感じました。ここまでしっかり笑わせる気概と自由。これが自由の女神のたいまつの中にあるアメリカの笑いのスピリッツです。

とりあえずマニング兄弟はこのあほあほシリーズ、出来る限り続けてほしいと思います。この僕が初めてオマエたちを応援します。がんばってください!

大相撲7月場所2011:番付発表

ちりがみ王子初勝利。やりましたね七条!僕らはハンカチとちりがみなら断然ちりがみです!これからもがんばってほしいマイク松ですこんにちは。

今日は先日ようやく発表された、名古屋場所の番付チェックです。なんか久しぶりやなー。

前回のギノーシンサバショとかいうのの成績を反映して、今場所も番付の移動があったわけですが、ヤオチョーでツイホーされてすかすかの番付になっていたため、幕内も新入幕が多くなりました。宝冨士・高安・大道・冨士東が新入幕、磋牙司が返り入幕ですね。冨士東はようやく出てきた玉ノ井部屋の力士。栃東が育てた力士が入ってくるとは。もう次世代に移り変わっているんでしょうか。

白鵬はひとり横綱、今場所で8場所連続の優勝を狙うそうです。すごいな。大関は把瑠都とハルマが東西の正大関。魁皇とカロヤンがそこに続きます。変わり映えのないメンバー。

関脇は菊とキセ、鶴竜が座っています。菊は大関取りとかいわれていますがどうなんでしょうか。初日の体つきをみてみないとですね。小結はゴーエードーと栃ノ心。個人的にはどっちかが大勝ちしそうな予感がするんですが、どっちがというのと理由はわかりません。

しかし幕内以下の番付はなんだかすごい混沌としていますね。ギリョーシンサバショとかいうのをさっぱりマークしてなかったので、そんなことになってるの?という感じです。土佐豊と嘉風が筆頭で、旭天鵬、豊ノ島と続いています。すごいな。意外性のある番付ばかり。謎が多すぎる。

そしてツイホーの関係で、人造人間高見盛と木村山は負け越したのに番付があがるという不思議な結果に。6-9の栃乃洋は番付に変動がなく、7-8の力士も動かなかったそうです。もうないようにしてほしいですね。

とりあえず相撲が見られるのはとてもいいことです。7/10初日。日常が戻ってくる日が楽しみです。

あのぬいぐるみがDr.ツツミだったら

不惑コンビ黄忠・厳顔の老将コンビで葭萌関撃破や!それにしてもこの写真がかっこよすぎるマイク松ですこんにちは。かっこいい生き方ってありますよね。

今日は西武×楽天戦をみていたのですが、なかなかの拙攻合戦で。ホシノカントクがどしどし加齢していく展開で、乱闘があってもゆっくり出て行ってました。カントク、皇潤ですよ!皇潤!ラクテンイチバで手に入れましょう!

ところで西武ベンチにはレオくんのでかいぬいぐるみがおいてありますよね。あれはいつもレオくんが応援してるよということなんでしょうか。

ロッテでは今江が長期離脱するときに身代わり?のゴリラくんぬいぐるみがおいてありましたが、西武では目立ってけがしていた人いないような気がしますし。G.G.のかわりなんでしょうか。

でもぬいぐるみといえば気になるのがPLUTOに出てくるDr.ルーズベルトですね。トラキア合衆国で大統領を影で操る巨大コンピュータ。7体の高性能ロボットを破壊する陰謀を実行します。その会話するインターフェイスにはテディベアが使われています。

ひょっとしたらあのレオくんも西武グループの巨大なコンピュータにつながっているのかも。そしてナベQ以下のスタッフはその指示を聞いているのかも。まあかりにDr.ツツミと名前をつけてみますが、何をつぶやいているのでしょう。

「オーイシがでてこないね」
「ユーセイがやっと投げたけどね」
「キシが復帰したね」
「ホアシはだめだったね」
「ワクイはこのところ勝てないね」
「ニシグチさんは相変わらずだね」
「アサムラは1番でも活躍できるね」
「クマシロは応援のくまがかわいいね」

なんだこれ、普通に状況を伝えてるだけだ。これではDr.ツツミはちょっとしたプログラムで大丈夫だ。Windows95で大丈夫だ。ペンティアムの1MBあたりで大丈夫だ。もっと他球団の状況を。

「ウチカワが離脱したね」
「ノブヒコが干されてるね」
「オオタニはいいピッチングしてるけど勝てないね」
「荻野貴司はいつ戻ってくるのかね」
「G-光尊はなかなか調子あがらないね」
「ニシユウキは調子取り戻せるのかな」
「ホシノカントクはちゃんとおいしいもの食べてるのかな」
「ルイス・ガルシアはなかなか男前だね」
「ナカタショーはほんとにダルビッシュのときにはほんと打つね」
「ダルビッシュは鶏の唐揚げの衣はとって食べるってほんとかな」

これも他球団のことをだべってるだけだ。そのへんの野球好きのおっちゃんがプログラムで表現されてる。あと僕らがしゃべってるのが2つくらいある。これではペンティアムIIの2MBくらいで大丈夫だ。Windows97で大丈夫だ。もっと他球団の戦力を落とす恐ろしい陰謀を考えていかないと。

「イワクマは今最高のピッチャーだね。だけどね、彼を離脱させるいい方法があるんだ。それはね…」
「T-オカダは昨年のホームランキングだね。だけどね、彼をスランプにするいい方法があるんだ。それはね…」
「マサルは投手陣の柱だね。だけどね、彼を勝たせないようにするいい方法があるんだ。それはね…」
「サブローは選手会長だね。だけどね、彼を試合に出させないようにするいい方法があるんだ。それはね…」
「タムラさんは打撃陣の主力だね。だけどね、彼を試合に出させないようにするいい方法があるんだ。それはね…」

うーん…悪巧みはしてるんだけど、ほんとにこのぬいぐるみは答え教えてくれてるのかという感じですよね。特に最後のやつなんか、A.ほっといたらそのうち離脱するとか平気でいいそうだ。Windows2000とかでも動作しそうだ。Meは無理だけど。

真相はわかりませんが、ナベQやコーチがぬいぐるみの前でうなずいてるとか、妙にぬいぐるみに耳を近づけているとか、あとぬいぐるみの前で泣き崩れる選手とかいないかどうか、注意しておきたいと思います。

再起の達人、登場

金曜日からの出張から帰ってきたマイク松ですこんにちは。疲れました。いろいろありました。いつもひげそりを用意するのを忘れてしまうので、今買っておきました。

でもいつも出張で肩がこったり疲労が蓄積してしまいます。世の中には出張がうまくできる人もいるんでしょうねー。ばんばん出張しても疲れないとか、新幹線に乗りまくって本を読みまくっても酔わない人とか。あー出張の達人になりたいわー。

と思ったら僕の知っている身近な人が、達人であることがわかりました。えーまじー?教えて教えてー!

「再起の達人」ペニントン、シーズン全休で来季復活へ

カムバックかーい!どないやねーん!

僕らのQBペニントンが来シーズンをまるまる治療に当てて、来々シーズンに復活するとのことです。しかし「再起の達人」て!NFL.comもおもしろいこと書くなあと思ったら、どうやらこれはペニントンが自分でいってることらしいです。「わしゃケガからの復活の専門家みたいなもんやねん。今回も克服してみせるでー!」とのこと。”It seems like I majored in that (injury comebacks).”ですってよ。自分でいってるとは。確かにカムバック賞2回とってるんですけど。

でも再起の達人っていっても、その前にけがしてるわけですからね。ある意味けがの達人ですよね。全然いばれない。ちょっと太鼓の達人みたいやし。

しかし!ペニントンは自分で達人を気取ることで、他の人を勇気づけているんですよ。みんなこれなら何かの達人。もともととくべつなおんりーわんとかいうやつですわ。達人ならいいですよね。

  • ニートの達人 a.k.a. ザ・ニート
  • 犯罪の達人
  • 犬の達人
  • 計算間違いの達人 a.k.a. 跳びすぎの達人
  • 肉襦袢の達人
  • お父さんステップの達人
  • 小芝居の達人
  • 引きこもりの達人 a.k.a. 行方不明
  • 勝ち越しの達人 a.k.a. ハチナナ
  • 途中までの優勝争いの達人
  • 若手をぶっつぶす達人 a.k.a. K.W.B.
  • 拙攻の達人
  • 投壊の達人
  • 炎上の達人
  • 退場の達人
  • 満塁で点が取れない達人
  • 埋伏の達人

日ハム強い・・・

「【ロッテ】後藤、後藤で最下位」と書いてあるので、うわー今日も打ちまくりだったかと思って記事を読んでみると「後手、後手で最下位」の間違いだった富井です。暑いからボケも一層ひどいです。ちなみに後藤は5打数無安打と勝利に全く貢献してなかった模様です。

さて、パリーグが再開していきなりの首位決戦。ソフトバンク×日ハムは連日ハムが勝利と意外な展開ですね。昨日はダルビッシュだったのでハムが勝つのも納得ですが、杉内×武田勝で日ハムが連勝というのは意外というほどでもありませんが、セリーグ相手に無敵だったソフトバンクがねぇと思うとちょっと不思議。もちろん絶好調だった内川や多村がいないのは痛いでしょうけど、それを補って余りある打線。明日は絶対に負けられない。

それにしても日ハム強いですね。陽とか日に日に強くなってるような気がするんですけど、やっぱり北海道の旨い食べ物が身体を作るんですかね。うらやましい。シャウエッセン食べたい。

話は変わりますが、毎年史実通り惨敗してしまうオリックスの真夏の祭典「大阪夏の陣」ですが、今年もえらいことになっているようですよ。今年はイケメン真田十勇士を従え既に大阪市内でイベントをやっているらしいです。

このままのローテーションでいけば、夏の陣は山田、杉内、摂津VS寺原、近藤、フィガロになるようです。きっとここで杉内100勝目達成だね!

「今日は大変なプレーが出そうや」と予告したら・・・

プロ野球が再開しました!家に帰ってテレビをつけると野球がある日々。ささやかな幸せです。

さて、まずこちらの記事を読んでください。

・【オリックス】マリン「ドームにせな」
 オリックス岡田彰布監督(53)がQVCマリンのドーム化を熱望した。試合前練習では風速12~13メートルの強い風が吹き、打球が押し戻された。バックスクリーン上で激しく揺れる国旗、球団旗を見て「これホンマに12メートルか。もっとあるんちゃう」と、しかめっ面。T-岡田外野手(23)らがノックで飛球を取り損ねると「今日は大変なプレーが出そうや」と予告し、最後には「ここはもうドームにしないかんな」と苦い顔をつくった。

かねがね岡田監督はエスパーなんじゃないかとこのサイトで書きたてていますが、この記事通り8回裏に大変なプレーがでてしまいました。なんとG-光尊とT-岡田が1塁線のファールを取りにいって激突。ぎゃー。G-光尊の右手が下敷きに!しかしボールを落とすことなく、その後問題なくすぐに送球していました。・・・あれ?大変なプレーはこれじゃないのかな。じゃあ、次のうちどれでしょう。

・成瀬に対して10連敗だったのが止まった
・スンヨプがホームランを含む3打点
・G-光尊が開幕戦以来のホームラン
・G-光尊がお立ち台

うん、大変なゲームだったね。ちなみにお立ち台でG-光尊はT-岡田とぶつかったことについて「大丈夫です。軽く軽トラにはねられたぐらいで・・・」とコメントしてました。ぐふふ、ですな。

ロッテのうぐいす嬢さんが日経で紹介

今日は驚きが2つあったマイク松ですこんにちは。1つは杉良太郎が刑務所の役職についてその改善活動に取り組んでいたことです。慰問から始まったすごいボランティア歴にびっくり。さすが僕らの江戸の黒豹や!今回は久しぶりに爆笑問題のニッポンの教養当たりでした。来週もたのしみ。

もう1つは中西圭三が健在だったことです。それどころかTIMINGChoo Choo Trainが中西圭三作曲だったことがわかりました。今のEXILEの隆盛は中西圭三が支えていたんですよ!チケット・トゥ・パラダイス!

この音楽色満載のリードを渡して今日は勇み足に任せようと思っていたのですが、6/23づけ日経の朝刊におもしろい記事が出ていたので、こっちを取り上げたいと思います。

ウグイス嬢は裏方の4番(有料記事)

ロッテのホーム、QVCマリンの球場アナウンスを担当する、谷保恵美さんの記事。僕もやっぱり最初に思いましたが、「サブロ~~~~~~~~~~~~」っていってる人です。元気に呼ぶために始めた工夫だそうですが、サブさんの場合はサブさんに頼まれたそうです。そのことをサブさんは覚えてないそうですが、何しろサブさんですから。ちゃんと考えたそうです。

小さい頃から野球ファンで、ずっと子どもの頃から野球を見て、高校では野球部のマネージャー、短大生のときに大学リーグのうぐいす嬢をやって、これを仕事にしようと、球団に電話をかけまくって、ロッテに拾われたそうです。これが夢をかなえる就活ってもんですよね。最初は経理からはじめて、意外に早くうぐいす嬢の仕事がまわってきたそうです。

マニュアルはなくて独自の工夫をこらしているということですが、その1つが呼ぶ前にタメを作ること。その例はやっぱりコバマサでした。「おー!!」という歓声もあれば、「大丈夫かよ!」という歓声もありましたが、適度なタメは演出としてもいいですよね。

場内アナウンスはやはり、めったにない味方の逆転などあった日にゃ「おおおおおらあああああああああいいい!!!」と言葉にならない絶賛アナウンスをするオリックスと、ロッテの谷保さんが印象に残りますね。安定した明るい声質は聞いていてうれしくなります。これからもがんばってほしいものです。

選手は球場で何を食べているの?

ガッテンで歯周病菌の脅威をみたマイク松ですこんにちは。気をつけないと。歯磨きじゃ歯磨きじゃ。

さて、今日はおもしろい記事があったので考えてみたいと思います。

選手は球場で何を食べてる

さすがのさんすぽも試合の谷間で記事がないと悟っていたのか、ちゃんとつなぎの企画を用意していたようです。選手が球場で何を食べているのか、5球団に聞いているようです。おもしろいですが、僕らが知りたいのは「オヤガイシャの製品はメニューに入っているのか」でしょう。気が利いてないですね。

ヤクルトはYMSの栄養士さんがちゃんと考えているようです。すぐ吸収される炭水化物が中心。ワイナイナも食べるうどんは定番ですね。試合中もおにぎりが用意されているらしい。もう横で富井が球場で食べるおにぎりに思いをはせていますが、ここには当然生きて腸に届く乳酸菌製品も入っていると思いたいです。

日本ハムは銀座ライオンに外注、というかライオンはサッポロホールディングスの一員なので北海道関連なのですね。それもあるのか北海道のアスパラガスを入れたり、日本ハムのシャウエッセンを出したりしているようです。これはなかなか球団の色が出てます。というかシャウエッセンを食べるとイトイヨシオやダルビッシュのようなマッスルな選手が出来るんだ。ですってよホシノさん

ロッテは業者は明らかになってませんが間違いなくロッテの関連会社でしょう。文面からしてバイキング形式のよう。外国人用のパスタやテギュン用キムチなど、さすが外国人への配慮は行き届いているようです。もっとテギュン用のメニューをそろえれば調子があがるのかも。トッポッキとか。ペンやマーフィー、そして新加入のカスティーヨのためにもロッテリアのハンバーガーを重視したいですね。マクドじゃないとだめ?ぜいたくいうな!(勝手にキレる)

横浜の選手用食堂は報道陣用食堂の隣にあるそうです。栄養士のバイキング形式で栄養のバランスは考えられていますが、その気配りを無にするように目玉焼き3つのせのスペシャルチャーハンが報道陣にも選手にも人気とのこと。横では富井が「明日作ろうかな」「というか今食べたい」と思いをはせています。マルハの缶詰ばかり食べさせられているということはなさそうです。あと黄泉瓜の食堂は個性も何もないのでパス。

それにしても東京から調査しやすいところばかりで迫力不足ですね。なぜ12球団やらないんだろう。しかたがない、僕らが想像で埋めておきますよ。

—以下想像—

ソフトバンクはファミレスチェーンに依頼。特徴は九州の食材を中心にメニューを組んでいるところ。めんたいこごはんに加え、本格的なとんこつラーメンがいつでも食べられるが魅力。球団は「スープさえしっかりしていれば、細麺は早くゆでられるし便利ですよ」とのこと。醤油ラーメンや塩ラーメンは作ってもらえません。頼んでもほんとにとんこつラーメンと醤油が出てきます。

楽天はグループ会社の「楽天デリバリー」が担当。幅広く良質で安価なバイキングは選手にも好評。山崎先生用にいつもでかいエビフライが用意されていますが、他の選手のカスタマイズリクエストにも柔軟に応じます。英語が話せるスタッフがいるので外国人にも好評です。というか英語しか話さないので、選手も注文の時はメニューを指さしたりぷりーずとかいったりします。あともっと笹かまぼことか入れてあげたいですね。

中日は徹底的に無駄を省いて効率と質を重視した提供体制。栄養士の考えるメニューは栄養価も考えられていますが、やはり人気があるのは名古屋メニュー。味噌煮込み、味噌カツ、きしめん、ひつまぶし、あんかけパスタ、手羽先などのメニューはローテーションで出され、ロードのチームの選手ものぞきにくるほど。あと朝早く球場にきても豪華なモーニングが食べられるのが多方面(主に報道陣)に好評です。

ハンシンはH2Oホールディングスの粋を集め、味の追求に力を入れています。基本は食べたいものを食べるという姿勢のもとで選手のリクエストを受けていますが、提供の仕方はバイキングにすると、選手と関西支社所属の報道陣が「もとをとらないと」と試合前に食べ過ぎる傾向があるので、定食形式にしています。うどん定食、お好み焼き定食、たこやき定食など、炭水化物+ごはんの形式が一般的。この定食形式否定すると関西風のうどんだしを浴びせかけられます。

西武はもちろんプリンスホテルグループのケータリングサービスが担当。若いチームのためにがっつりメニューが多いです。若手の中には試合が終わってもごはんを食べて帰る選手も多いので(ワクイとか)、営業時間が長いのが特徴。中村おかわりのもってくる顔大のおにぎりはチャレンジメニューとして用意されていますが、たいていの場合はタッパーで持って帰ることになります。

オリックスはレストランサービス会社に外注。安くてたくさん食べられるという学食のような理念のもと、たくさん食べられます。外国人選手の口にあう洋食メニューも完備。栄養に気をつけるという姿勢はあまりないようです。名物は「どんでんうどん」。関西風だしのおいしいうどんで、汁まで飲んでしまうほどです。どんでん。しかし球場外のお客さんのメニューも充実しているので、名物いてまえドッグをまわしてもらう選手もたまにいるそうです。

広島はコスト節減のため、カープうどんをまわしてもらったり、お好み焼きをまわしてもらったり、おにぎりをその場で握ったりしています。しかし緊縮な割にはおいしいメニューが食べられると好評。むしろロードでの食事を楽しみにしている選手が多いのが悩みの種です。いいんですけど。

—想像おわり—

選手が何食べているかはすごい気になりますよね。こないだの野球好きニュースでも西武の選手プロデュースメニューが紹介されましたが、もっと球場グルメを特集してもおもしろいと思います。

クルムとキョウとリコ

なんせネタが尽きがちな6月。面白いニュースはないものかと探っています。クルム伊達公子がウィンブルドン大会の初戦に勝ったとか、そのことでガーディアンズの一面を飾ったとかいう素晴らしいニュースもあれば、一緒におみくじを引いたら浅田真央は「大吉」だったのに小塚崇彦は「凶」だったという話もありました。私も初詣で「凶」を引いたマイク松に、「凶」なんてなかなかでてこない、これはネタ的においしいじゃないか、うらやましいのぅ・・・と言っていたら自分も引いてめちゃくちゃ落ち込みました。
小塚よ、すぐに次のおみくじを引くのじゃ。凶がでたら凶以外がでるまで神社を回るのじゃ。そして凶以外がでたらもうおみくじを引くのはやめるのじゃ(神様風に)

さて、小塚崇彦といえば祖父から3代にわたってフィギュアスケーターというサラブレッドの訳ですが、日経の記事でお父さんは実はフィギュアスケート以外をやらせたかった・・・という話を読んだことがあります。理由は採点競技は他人の主観で決められてしまうからということだったと思います。それでも息子はフィギュアスケーターになり、世界選手権で銀メダルを取ってしまうのだから、全く子どもの人生なんて親の想像を超えてしまうものですね。

親の想像を超えると言えば、女子アマチュアゴルフで先日ソフトバンク・ホークスの秋山監督の娘と元西武の工藤公康投手の娘が同組でラウンドしたとのこと。秋山・工藤といえば西武・ダイエーでチームメートだったスーパースター。まさかその2人の娘がゴルフをやり、こうやって戦うなんて想像したでしょうかね。東尾理子を見て「娘にさせるならゴルフだな」と考えたらそれもあるかもしれませんが・・・。

選手入場曲チェック2011(1):SB編

Mike:ハーイ!毎日暑いね!オレたちは替え歌ユニット「勇み足」さ!僕は替え歌担当のMike!
Tommy:おやつ担当のTommyだよ!
Mike:サッカー選手が頭に巻くゴムみたいなのがあるよね?あれがファッションになってるから(ニシノカナとやらもやってたよ)、コマネジャー富井に荷造りビニールひもを巻いてもらったけど、「八つ墓村みたいだな」ってがっかりしてたよ!
Tommy:寿司折りだったらよかったのにね!
Mike:ちなみにマイク松は「頭にビニールひもを巻いている人」だったよ。あまりのメッセージ性のなさにびっくりしたよ。
Tommy:ちょっとロールケーキみたいだったよ!

Mike:さて、なんで僕らが出てきているかというと、今週は金曜日まで野球もないし、まだ相撲の番付発表もないし、NFLは相変わらずロックアウト中だし、フィギュアスケートはオフシーズンだしで、さすがに書くことがないんじゃないかと思うんだよね。
Tommy:大体毎年この頃にネタが尽きるね!
Mike:そこで!書くことのないときにやってくるカプセル怪獣のような僕ら勇み足が、いいネタを持ってきたんだよね。
Tommy:チャーハン食べたい!
Mike:そもそもCDTVをみていて、アラシ「Happiness」が登場曲の選手誰だっけ?と極東事務所は大騒ぎになったんだよね。
Tommy:僕はチャーハンの事で頭がいっぱいだったけどね!
Mike:だいぶ考えたあとにロッテの岡田だって思い出したんだけど、結構選手は自分の登場曲もってるよね。ということでいちおう音楽ユニットの僕ら勇み足が、それをチェックしようと思うんだ。これなら少なくとも11回(黄泉瓜はやらない)はできるからね!
Tommy:安直だけど、あんこは美味しいよね!
Mike:ということで今日は第1回、ソフトバンクホークスの登場曲をチェック・イット・アウト!完全に僕らの個人的な好みでみていくよ!ごめんね!
Tommy:基本、醤油だよ!

Mike:なぜSBからだというと、「Happiness」は本多じゃなかったっけ?みたいに最初間違えてたんだよね。本多はドリカム「何度でも」だったよ。まあそれはともかくSBはさすが、あるやつにはやふうミュージックへのリンクがついてるね。商売上手!
Tommy:大将、コレうまいね!
Mike:まずは投手からだけど、両巨頭の杉内とつよくんは吉川晃司THE イナズマ戦隊。なかなかやるね。だけど次世代の若手の選曲はちょっとぱっとしないなあ。
Tommy:でもチャーハンはぱらっとしてほしいな!
Mike:唯一評価できるのが久米のザ50回転ズだね。久米は伸びる!そう予感させるよ。あとファルケンボーグがMetallicaなのはグッドだよ!
Tommy:メタリカはいいよね!あたりめもいいけどね!
Mike:捕手に至っては控え組の選曲のイマイチ度がより高く。それじゃきよしのズンドコ節の細川さんからレギュラーは奪えないよ。がんばれ!
Tommy:僕の心のチャーハン愛も消えない!
Mike:かわって野手。ほかの球団と違って、SBは内野手と外野手をいっしょに紹介しているね。ベテラン勢はわりと同じ曲を使い続ける人が多い。信彦なんかずっと同じだよ。
Tommy:信彦は今年もお酒を控えているのかな?
Mike:本多のドリカムはいいとしても、野手ももうちょっと選曲考えてほしいなあ。全体的にロック分が足りないよ。
Tommy:もっとコテコテでぱらりと!
Mike:わかってると思うのは今宮の秦基博「Halation」かなあ。「水無月」に替えてもいいと思う。あとカブレラの「Shots」はG-光尊のチャンス時の出ばやしと同じだから注意!
Tommy:日本要注意!(サッカー実況の山本さん風に)
Mike:あとは球団が使う音楽だけど、ホークスファミリーBGMはがっつり濃厚ロック分が感じられるね。あんな平和そうなやつらなのにおさえるところはおさえてある。そしてリリーフ(リクエストなし投手)はすべてホワイトスネイクだね。渋いな。
Tommy:渋いっていうか、そろそろビールお願いします、大将!
Mike:なにげに相手投手交代の時にはディープパープル「BURN」なのがおもしろい。どっかの蛍の光大合唱に比べるとディスってはないけどね。
Tommy:イエモンの「BURN」も推したいところだけどね!

Mike:ほんとにざっと見るだけになってるね!まあSBだししょうがないか!あと10球団あるから、ちょっと楽しみだね!おつきあいヨロシク!それじゃまたね、チャオ!
Tommy:ごちそうさまでしたー!

カアプ、初夏の営業攻勢2011

夕方に富井とさんぽにいってきたマイク松ですこんにちは。フォルス・スタート商会の会議はいつも歩きながら開催しています。メモはとりません。パ・リーグの球団は地域密着と共にサービスの方向性を資金に頼らない方向に確立しつつあるのではという意見で一致しました。とてもいいことですよね。

さて、カアプは無事に交流戦尾位が決まったわけですが、今日は福井のナイスピッチングで交流戦最後の試合をなんとか勝利。よかったですね。福井の活躍はやはりチームに勇気を与えますね。勇気といえば赤いサイトーユーキは何をしているんでしょうか。

そんなカアプは交流戦の成績とは裏腹に、営業面の創造性は夏が近づくにつれてますます冴え渡っています。稼ぐ夏!お金を!ということでそのラインナップをチェックしておきましょう。6月のもの。

1. 「ここまでもってコイTシャツ」「ここまでもってコイトート」

さっぱりあそこまでもっていけないカアプ打線に当てつける祈りを捧げるように考案されたTシャツトートバッグ。まねきねこがモチーフだけにホームランとともに収入ももってきてほしいという願いが込められています。営業!

2. 広電とコラボ、記念乗車券2発売

さっぱりすいすい安全運行とはいかないチームに当てつける勢いをつけるように広電とコラボ。記念乗車券第2弾を発売しています。でも乗車券よりも坊やをあしらったパスケースがかわいすぎる。営業!

3. スラィリーがマスコットどもと営業攻勢

がんばってもがんばってもマスコットより目立てない選手たちに当てつける元気を与えるように、スラィリーが北海道や東北に営業。すごいいいポーズでB.B.と記念写真を撮ったり、ボードを掲げたりしています。また広島に来てくれたハリーホークとオリックスのバファローブル・バファローベルをしっかり接待。CCダンスを教えたり、知名度の低いオリックス新マスコットたちを励ましたりしていました。営業!

4. 選手プロデュースメニュー第2弾、選手試食会実施!

なかなか自分たちをプロデュースできない選手たちに当てつける力を与えるように、選手プロデュースメニュー第2弾が発表されました。結構充実しているマツダスタジアムの食事ですが、その特徴はわりとおいしい充実度と、適当につけている名前のギャップです。

  • 前田先生:侍!地元!熊本ラーメン
  • クラ:京風!さっぱり美味しい!倉流“豚しゃぶ丼”
  • キムショー:弾丸!マヨネーズが決めて!昇吾流味噌カツバーガー
  • ヒガシデ:ポイントゲッター!はまってます、移動のお供!東出“焼き鯖寿司”
  • 福井:FRESH!さわやか瀬戸内の味!福井“磯辺揚げ丼”
  • 今村:勇猛!鶏肉が元気の源!今村“鶏肉の香味焼丼”
  • ポヨギ:盗塁王!さわやかカクテル カシス・Ball・オレンジ
  • アマヤ:SPEED!スィーツ大好き!あまやんマンゴーアイス

前田先生の侍!地元!あたりは群を抜く秀逸さ。今村は勇猛!鶏肉が元気の源!とのことで、見頃されながら他球団の打線に立ち向かう力を与えてほしいと思います。そうでなくても全部おいしそう。営業!

5. 前田先生のお誕生日Tシャツ発売

ふがいない若手どもに当てつける気合いを入れるように、今年見事40歳をお迎えになられた前田先生の40歳記念Tシャツが発売されました。写真が小さいので最初はよくわかりませんでしたが、よく見ると前田坊やがケーキを持っていて、クリームがほっぺについてます。すごいかわいい。もちろんウェブ通販は速攻完売。営業!

6. ふわふわカアプ坊や、外回り開始

あんまり夢がふくらまないファンに当てつける大きな夢を見せるように、スタンド横でふくらんでいるふわふわカアプ坊や。噂ではしぼむときにすごいホラーだということらしいですが、ふわふわカアプ坊やのレンタルが開始されました。すごい。まさに外回り営業!今すぐ代理店に電話や!

このようにチームの成績に関係なくビジネスを展開する外商部門。ビジネスに大切なのは真摯さってことですよね。この調子で夏に向けて業績拡大してほしいものです。

ファンが恵まれている&恵まれていないNFLチーム

仕事で追い込まれているマイク松ですこんにちは。たーいへーんだー。

さて、NFLは労使交渉が大きく前進したという情報も。早く合意に至らないとNFL.comの書くことがなくなってしまうー。

…ということもなく、毎日トッポッキ、いや突拍子もない記事を書き続けています。がんばってますね。今回は地元ファンがもっとも恵まれているチーム恵まれていないチームというランキングを考えていました。どうも各チームをオーナー、街での暮らし、スタジアム、ファン、天候、ユニホーム、歴史を5段階で評価したらしいです。

恵まれているチーム恵まれていないチーム
  1. GB
  2. PIT
  3. CHI
  4. NO
  5. KC
  6. SEA
  1. STL
  2. BUF
  3. CIN
  4. TEN
  5. MIN
  6. DET

なんと恵まれていないチーム1位はSTL。再移転の話がだいぶマイナス要因になっているようです。球場はまあいいとして、どうもセントルイス市民がラムズの移転とカージナルスのプーホールズの移籍どちらを心配しているかという問題がでかいそうです。いやいやプーホールズですから。正直ハンシンなんて、たとえば涌井や杉内と杉山を同格に考えたり、T-岡田やナカタショーを関本と同格に考えたりしていますよ。そりゃプーホールズ心配してるでしょう。チームも上昇気配だしそんなに悪くないです。

2位はBUF。主にスタジアムと天候がだめみたいですけど、スタジアムはともかく天候はしょうがないですよね。ほかはいいだけにそこがかなりだめなんでしょうか。3位はCIN。オーナーに勝つ気がないと断罪。カアプみたいなところなのかなあ。

4位はTEN。地元ファンが恵まれていないのは選手の犯罪が多いからじゃないかと思うんですが。しっかりして。5位はMIN。新しいスタジアムを作れとのこと。6位はDET。街と天気がだめみたい。やっぱり犯罪がらみか。

それに対して恵まれているチーム1位はGB。まあ納得ですね。天候が少し厳しいって。あんなに寒いのに。それでも市民球団という位置づけはダントツですよね。2位はPITもいいですかね。確かになんでHCがこんなに少ないんだろう。食べられてるのかな。3位はCHI。大統領がファンの代表ですからね。4位にNOは結構意外かも。でもNOファンはすばらしいらしいですよ。そしてなぜかここでユニのデザインが取り上げられてます。なぜ。そんな基準あったっけ。

そして5位にKCがきました。これはよく知ってるすばらしいファンがいますが、それは過小評価されていると指摘。これはうれしい。そしてアローヘッドの飲食はリーグ1位かもとのこと。そんなにおいしいものがそろっているのか。オリックスのいてまえドッグみたいなもんか。6位はSEA。ファンがいいらしいですし街もよさそう。いってみたいなー。

いるかはどのあたりに入ってるんだろう。気候はいいんだけど。

プルシェンコがソチオリンピックに挑戦するそうな

昨年、無断でショーに出たことでISUからアマチュア資格を剥奪されていたプルシェンコですが、先日許されて再びアマチュア資格を得たそうです。これでソチオリンピックを目指すことができますね。

とはいえ、プルシェンコもソチオリンピックでは31歳。金メダル1つ、銀メダル2つを取っても尽きない闘争心。今年の世界選手権でガチンスキーが銅メダルを取ったし、バンクーバーオリンピックとは違いソチオリンピックはわざわざプルシェンコがでなくてもそれなりにロシアもよい成績が残せそうな気がします。でも、目指す!パトリック・チャンのSPから4-3を跳ぶのを見て、武田信玄に対する上杉謙信、アムロに対するシャアのような気持ちになったのでしょうか。四回転上等!みたいな・・・。

ピークからすると力が落ちているといえ、プルシェンコを見られるのは嬉しいです。ガチンスキーもおちおちしてられないとがんばりそう。それに高橋大輔もプルシェンコより先に引退するわけにはいきませんよね!

どっちの死球がアレかなあ

僕はパソ使い始めたときからずーっとATOK派ですが、xpの更新パッチをあてるたびにMS-IMEがデフォルトになるのががまんならないマイク松ですこんにちは。しばらくいろいろなお仕事の能率が半分になります。変換精度と予測変換に普段からずいぶん助けられています。

ということでなえなえになって記事を書く気がかなりなくなって、もう活動限界寝ようかなあと思っていた矢先、おもしろい記事の見出しをみつけました。

千金死球!ダル謝らせた

ほんとにさんすぽのハンシン番はおもしろ見出しを作りますよねー。昨日は暗黒から抜け出しつつあるハンシンがなんとダルビッシュから白星をあげたわけですが、確かにあの試合の流れが大きく変わったのはひーやんへのデッドボールでした。

でも謝らせたて。ダルビッシュちゃんとひーやんに敬意表してるっちゅうねん。いい子やって。こんな見出しは昔世界のNAKATAがヘディング空振りしたのを必殺・真空ヘディングって書いてた時以来です。

そしてデッドボールといえば今年はカアプの石原のサヨナラデッドボール。あのときはTシャツまで作られましたが、どっちのデッドボールがネタ的に上かなあと考えていました。

あと最近あるばらでほとかいう投手が新たな埋伏としてがんばりはじめているのではという疑惑が。ロメロさんと並んでダダA・B・Cのような存在ではないかと勘ぐっています。

最後に岩瀬さん、日本新記録おめでとうございます。300いきましょう。

交流戦の優勝はホークス

昨日マイク松も書いていましたが、田口の奥様の『メジャーリーガーの女房』はむちゃくちゃ面白いです。メジャーリーガーの奥様との交流だけでなく、自分自身の苦悩まで書いているところがすごい。もっと華やかなことだけ、苦労したけど素晴らしい体験をしました・・・という話でまとめてもいいのに、そうしないところがさすがだと思いました。もはや遠い人とは思えない。一方的に友達になったような気がします。ツマガリのケーキ差し入れたい。

カブス時代には現役引退も考えた田口選手だそうですが、交流戦は(14日までの記録では)坂口に次いで打率2位。止まりませんねー。今日は珍しくスタメンじゃありませんでしたが、交流戦後も楽しみです。

さて、今日はついに交流戦の優勝がソフトバンク・ホークスに決まりました!おめでとうございます。2敗しかしなかったわりに決まるのが遅かったですね。日ハム、息を吹き返したオリックスがどれだけ強いんだという話ですが、ホークスはその遥か上を行く強さでした。もうクライマックスシリーズ進出は確定でしょうね。今年こそ悲願の日本シリーズ優勝ダ。

一方今日はダルビッシュが開幕戦以来の黒星らしいです。まあ負けることもありますね。といっても暗黒暗黒言われていたタイガースが日ハムに連勝。ロッテも伊志嶺がラッキーボーイになって4連勝とか。あれ?2チームとも暗黒が晴れてきてる・・・?未だ暗黒なのは・・・・。

『メジャーリーガーの女房』が壮絶におもしろい

Japan CountDownには永谷園がスポンサーでついているのですが、そこでおいしそうなチャーハンのCMをみてしまい、今日チャーハンを作ったマイク松ですこんにちは。永谷園の食べ芸ってすばらしいですよね。お茶づけ海苔あさげの人すばらしい。ダルビッシュなみの直球の威力。

今日も野球を見てましたが、ぱらぱらと読んでいた本に途中からずっと釘付けになっていました。気がついたらマリサポが西村ダンスを踊っていました。西村ダンスすてきですよね。

『メジャーリーガーの女房』

オレたちの誇り田口壮の奥様、田口恵美子氏の本です。田口のアメリカでの苦闘はすでに『何苦楚日記』『タグバナ。』『脇役力』と3冊本になっているのですが、これはもちろん文章とネタ作りが最高にうまい田口の書いたものです。もちろんですが。

しかし本書は田口の奥様のもの。しかしこれが壮絶におもしろいです。田口が基本笑いを追い求める余りあえて書かなかった部分も含め、しっかり描かれています。文章力もあり読ませます。田口の3冊に加えて読むことで、あの8年間がしっかり理解できる。必読参考書です。

いや参考書といっては本書のオリジナリティが損なわれてしまうでしょうか。プロ野球選手の妻、メジャーリーガーの妻、マイナーリーガーの妻、そして家族の中の妻。その時々で翻弄される中、役割を懸命にこなす姿が克明に描かれています。「波瀾万丈」という言葉がこれだけ当てはまる本も珍しいですわ。

そして田口が言わなかった、書かなかったこともしっかり記述。特に「はじめに」のところで「田口さんみたいにはなりたくない」といったメジャー挑戦者(誰だ)に対して堂々と言い返したところは、長年の田口壮ファンとして胸がすっとしました。

一時の勢いはなくなったとはいえ、これからもメジャーを志す選手は出てくるでしょう。その選手たちはどんな人も必ず田口の本は読んでおくべきです。そこに強力なラインナップが加わりました。また野球に興味のある人は間違いなく楽しめるし、1つの家族が異文化で格闘する生々しい姿は、エンターテイメントを超えた意義深さが味わえますよ。ぜひ。

あ、もちろん長谷川の本も読まないといけませんけどね。

そして!長らく長らく待っていました田口の日記が、ついにブログとして復活しました!うーん…おもしろい…。なんだこのおもしろさは。おもしろい!がちで!(使い方あってるかな)

オールスターゲームのファン投票中間発表結果が出ているよ

マーベリックスが初優勝。ほんとにうれしいマイク松ですこんにちは。おめでとう、ジェイソン・キッド!もちろんノビツキーにいちばん拍手を送りたいですが(最終戦もすごすぎ)、念願のチャンピオンリングをようやくキッドが手に入れてくれたのが超うれしいです。ほんとよかった。ヒートはまた優勝の機会ありますよ。

さて今日はプロ野球のオールスターゲームの中間発表があったらしいので、チェックしてみようと思います。日頃から何のためにやるのかよくわからない微妙な位置づけで知られるオールスターも、今年は宮城で第3戦をおこなうことも決まり、日本を元気づける意味でもがんばらないといけないですよね。ということで中間発表の状況をみてみるっす。(変な語尾)

セントラル・リーグパシフィック・リーグ
投手(先発)
由規(S)ダルビッシュ(F)
投手(中継)
浅尾拓也(D)森福允彦(H)
投手(抑え)
藤川球児(T)馬原孝浩(H)
捕手
アベ(G)嶋基宏(E)
一塁手
畠山和洋(S)小久保裕紀(H)
二塁手
渡辺直人(YB)本多雄一(H)
三塁手
村田修一(YB)松田宣浩(H)
遊撃手
サカモト(G)川崎宗則(H)
外野手
青木宣親(S)内川聖一(H)
バレンティン(S)中田翔(F)
チョーノ(G)糸井嘉男(F)
DH
稲葉篤紀(F)

とりあえずカアプとオリックスとロッテの選手がいない。何やってるんだ!(誰にいってるんだ)1位でいうとセ・リーグはヤクルトが4人ですね。2位に黄泉瓜、3位にムラタと直人が入った横浜です。直人入ってるのはなんかうれしいけど。最多得票は浅尾きゅんのようです。

パ・リーグはSBが7人!交流戦の強さも影響しているんでしょうか。次いでハムの4人、楽天・嶋の1人。オリックスとロッテに加えて西武もいないんですか。2位以下にはコンスタントに顔を見せているみたいですが。パ・リーグの最多得票はウチカワのようです。へー。

それでもカアプは下位には結構レギュラーは出てきてますし、外野にはなぜか丸も顔を出してます。ロッテもあんまりいないけど出てる。遊撃手には荻野貴司の名前も入ってます。ありがとうございます。楽天も嶋1人では。マーが2位につけていますが、他にももうちょっと出してあげたいところ。

問題はオリックスで、全体を見ても岸田(目をむいてる人)、平野、T、坂口しか入ってません。4人て。フィガロはどうした!G-光尊は!バルディリスは!田口はおらぬか!…呼ばわってみても出てくる気配がありません。オリックスファンはなんとかしないと。

いちおう12球団のオールスターですから。選ばれていない球団の選手もいれてあげてほしいものです。

早朝ウォーキングのあと野球中継をはしご

朝5時に目が覚めたので(早朝に活動する珍走団がいた)、以前からやってみたかった早朝ウォーキングにいってきたマイク松ですこんにちは。すごい有意義でした。結構歩いて行ったにもかかわらず、終わってもまだ9時。今度は京都とかにいってみよう。どんどん年寄りになっていくぞー。

さて、今日はそんな感じで午前中を有意義に使ったので、午後からは野球中継をはしごして過ごしました。気がついたことをメモしてお茶を濁します。お茶を濁すってわりとおいしそうなイメージあるの僕だけですかね。

西武×ハンシンは西武の企画、OBの真剣勝負で、ナベQ対マユミカントクの対決が実現!でもナベQは打撃投手をよく務めている上に今回もちゃんと準備してきたそうで、マユミカントクを寄せ付けませんでした。でかくなったのでメジャーらしい上半身主体のピッチング。

この試合菊池ユーセーが先発!やっとプロ初先発きましたか。よかった。しかし1回は直球の制球が定まらず、3回は連打を浴びて3回もたず降板。あーあ。でも2回はよかったし次につなげてほしいです。

西武の9番熊代は愛媛出身(今治西高)。外野席を見ると、かわいいくまのゲーフラが3つ並んで上下していました。かわいい。その応援にこたえてタイムリー。足も速い、肩も強い、これで打撃があがれば西武の外野に食い込めるかも。

その後他の試合をみていましたが、気がついたら大差がついていてびっくりでした。ハンシンの先発安藤は2回もたず降板。菊池よりは長く投げたかったですね。

SB×ヤクルトはなかなか点が入らない展開。そんな中ヤクルトが摂津から2点をとりました。摂津はカアプ坊やに似ていると富井がいってました。顔のパーツが全部丸いものでできているからだそうです。

3点差で9回、ヤクルトはいむちゃんよんが登場。しかし信彦が、オレたちの信彦がやってくれました。大きなソロホームラン。2点差にしました。結局そのまま終わってしまいましたが、ウチカワの加入ですっかり干され気味だった信彦。しかし多村先生の離脱で活躍の場が巡ってきました。SBにまた功労者を干させるような愚を犯させないためにも、信彦にはがんばってもらいたいです。

ロッテ×広島は唐川と福井の投げ合いに。とてもいい試合でした。

広島はまず1回にフォアボール、パスボール、犠牲フライで1点をとられてしまいます。しかし福井は3回までノーヒット。4回の1点も的場犠打菩薩のゴロの間にとられたものでした。

カアプの方はクリハラとヒガシデのタイムリー。ヒガシデのタイムリーは見事な打ち方でとてもよかったのですが、そのあとは立ち直った唐川の前に凡打凡打凡打凡打と凡打を繰り返します。すてき。ザ・拙攻。

福井も打たれながらもなんとか持ちこたえていたのですが、8回的場和尚のヒットからピンチを招き、打席に伊志嶺を迎えます。3-0からストライクをとりにいった直球を痛打され、3ランになってしまいました。とはいえここまで福井はよくやってくれました。思い切ったバッティングをした伊志嶺をほめましょう。

結局このままロッテの勝利。今日は伊志嶺の家族が観戦していて、しきりにカメラも映していたのですが、ヒーローインタビューのあとのフィールドシートの方に家族を呼んでくれて、最後はいっしょに記念写真。ロッテらしいいい風景でした。

広島は丸の応援にマルちゃん(東洋水産)のマークをあげている人がいてすばらしかったです。ロッテは伊志嶺はもちろん、今日2安打1打点の的場和尚の活躍が見逃せません。巧みなリードと法力に加えてバッティングがあがればもうこれは。期待したいです。

あとカアプの応援団がすごい。マリサポとレフトライトに分かれて紅白野球合戦を展開。その迫力はさすがでした。

夜はオリックス×黄泉瓜。この試合しかなかったのもあって、結構みていました。

オリックスの先発はCK19。先発復帰2試合目ですが、今日はいいピッチングで、黄泉瓜に的を絞らせず、らみれすのソロだけに抑えます。

黄泉瓜の先発はサワムラ。1回にわれらが田口壮とG-光尊のヒットのあと、Tの内野ゴロの間に田口のいい走塁で1点とります。いい攻撃。しかしそれからはサワムラに抑え込まれてしまいます。

試合が大きく動いたのは8回。黄泉瓜が先にチャンスを迎えますが、ここはCK19がしっかり抑え込みました。見事なピッチング。

そしてその裏オリックスがTの2塁打でチャンスをつかみ、北川が勝ち越し2ラン!やりましたね!打ってくれないかと思っていましたが、見事に仕留めました。このあと岸田が締めてオリックスのいい勝利でした。

いやー北川やりました。がんばりました。CK19は北川に「まさか北川さんが打ってくれるとは、ありがとうございます」といっていました。さすが。そして今日もわれらが田口壮はがんばっていました。北川のホームランでめちゃくちゃ喜んでたし。若手よもっと田口から学べ。生き様から学べ。脇役力を読め。

「THE ICE」の出演者がいいラインナップ

山とか歩きにいきたかったのですが、雨なのとかぜ(病気の方)なのとで養生していたマイク松ですこんにちは。この土日でなんとかなおしたいです。

さて、いいお芝居でもないかなとぴあをみていたら、「THE ICE」があるのを見つけました。愛知の中京テレビ主催で、もちろん名古屋のスケーターを中心にしたイベントですが、海外のスケーターもきてくれるみたいですね。キャストをチェックしてみましょう。

  • 浅田真央
  • 浅田舞
  • 村上佳菜子
  • 小塚崇彦
  • 羽生結弦
  • 無良崇人
  • ジェフリー・バトル
  • フローラン・アモディオ
  • アダム・リッポン
  • アリッサ・シズニー
  • 長洲未来
  • メリル・デイビス&チャーリー・ホワイト
  • シニード・カー&ジョン・カー
  • 高橋成美&マーヴィン・トラン

うーん、すばらしいラインナップですね。誰がチョイスしたんだろう。僕?もちろん浅田姉妹や村上、小塚の名古屋勢に加えて、羽生と無良という表現力ある男子が参戦。ありがたい話です。

そしてわれらがアリッサ・シズニーが!全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニーがきてくれますよ!ありがたい話だ。ちなみに今アメリカではチームAに入っているのは女子ではシズニーだけなんですよ。フラットちゃんとか他の人もいれてあげようよ。男子ではチームAはドーンブッシュだけなんですよ。暴動起きるぞ。ほかにはミライもきてくれるみたいです。よかった。

加えて男子ではバトル、アモーディオ、リッポンですか。リッポンをいれるあたりセンスを感じますわ。アモーディオは日本に元気をくれそう。がりがり踊りまくってくれよ。

そしてアイスダンスではデイヴィス・ホワイトとカー姉弟が。カー姉弟みられるのはほんと貴重。一度みてみたいスケーターです。そして高橋・トランもきてくれるみたいです。これから躍進するペアの演技を今みておくのもいいですね。

もちろんお値段はめっちゃ高いのですが、この大会の利益は義援金として被災者に寄付されるとのこと。チャリティイベントならお金出してもいいですよね。神戸でみたときもとてもうれしかったし。興味のある方はぜひ。全米チャ(中略)シズニーがみられる絶好の機会ですよ!

名古屋に加えて大阪にもきてくれるんですよねー。これはどうしようかと。なにしろ極東事務所の財政は逼迫しておりまして。幻の本社から事業資金がぽーんと送られてこないかなあ。

あと日本の選手が一同に会してランビエールやボロソザル・トランコフがきてくれるDream on Ice 2011や、キャンデロロ、ジュベールお父さん、ベルネルという濃ゆい面々が金沢福岡に襲来するFantasy on Ice 2011も開催されますね。福岡はキャンデロロ、ウィアーとランビエールになってる。どっちにしろウハウハラインナップ!お近くの方はぜひぜひ。

人造人間高見盛、しこ名入り甚平を寄付

夜中に寝る部屋ににっくき蚊が出現。蚊取りマットを使ったらのどを痛めてしんどいマイク松ですこんにちは。今日ノーマットを買いに行ってみたら、詰め替え用は目・はな・のどに刺激の少ない低刺激無香料があることを知りました。これなら大丈夫なのかなあ。

さて、今日は唯一のプロ野球の試合、カアプ×西武をみていたのですが、梵のバンザイ・アタック的なスリーバントスクイズが決まり、これはいい試合になりそうだと思ったら、マエケンにかわったサファテさんがナカジMAXに同点ソロを打たれてしまい、一気に体調が悪化しました。やばいです。

ということで今日は短く終わって早く寝ようと思います。今日のニュースはこれだよ!(ザ・チャンス風に)(古い)

人造人間高見盛、しこ名入り甚平を寄付

浴衣用の反物でいろいろ作ってあげるというのは相撲の文化としてありますが、子供用に270着作ったそうです。がんばってますね。こどもたちも「高見盛」って書いてある甚平を着れば元気が出るでしょう。今の季節涼しそうやし。

同じようにミッキー兄さんの浴衣用の反物で作ってあげたい。どうせ今使わないからね!

ふと子どもが甚平を見たら琴M喜のしこ名が。子どもはなんて思うだろうか。トバークの人とか思うだろうか。しかし琴M喜はいつも何かに導かれるようにぎりぎりで勝ち越すという非常に縁起のいい力士なのです。七転び八起きならぬ八勝七敗なのです。そしていざとなったら自分の身を十字架に架けて粉々に砕け散り、大事なものを救ってくれるというお守りでもあるのです。ほら、今砕け散ってるし。

このようにせめてミッキー兄さんの甚平から日本を元気にしていって、のちほどご本人登場という流れも悪くないですね…。

ヴィックが自叙伝を発表!読みたい!

カアプ連敗止める。めでたいマイク松ですこんにちは。でもノムケンも「どうしたら通常に戻れるか」といっているので、まだトンネルを抜けたとは感じていないようです。今日はノムケン、外野でぼんやり立ち尽くしていたし。がんばれよ。

さて今日はマイケル・ヴィックさんがご出版のニュースです。おめでとうございます。

ビック7月に自叙伝を発売

タイトルは「ファイナリー・フリー(Finally Free)」。半生を振り返った自叙伝ですが、どうやらタイホされてから出所して復帰するまでの話が、かなり生々しく書かれているようで、その一部が公開されています。エキサイティングな記述はニュースの方で。

この本について、トニー・ダンジーが、「ファイナリーフリーは、めっちゃええ話やで。これは美談ちゃうけど、ほんまの話や。この本は、神さんやアメリカが失敗からやり直す第2のチャンスを与えてくれるいうことを示してると思うで」といってます。アメリカの失敗から立ち直るスピリッツを象徴してますね。ぜひ読んでみたいです。

このニュースをみて、ミッキー兄さんも自叙伝出したらいいやん!と思ったら、ミッキー兄さんはまだ立ち直ってませんでした。ごめんごめん。

あとヴィックはついに出所したバレスに対して、自分の経験を生かしたいいアドバイスをしています。それは貴重やわ。ミッキー兄さんにもアドバイスしてあげて!と思ったら、ミッキー兄さんはまだ出所してませんでした。…いやいや入所してないから!あぶねー!勘違いしないでよね!(かわいく)

もう1つ、ポストシーズンでの大失態。なーんだ全部QBですか。フレディ・ミッチェルさんを入れておくれよ。あの消えっぷりを報じておくれよ。

ガムと田口とへびとどや顔

「ストップ・ザ・ソフトバンク」とか「ストップ・ザ・白鵬」とかよくいわれますけど、これのもとねたは「ストップ・ザ・死亡事故」でいいのかなと思うマイク松ですこんにちは。これ前にどこかで書いたぞ。

今日はダルビッシュのまったく隙のないピッチングにあきれたりしながら、オリックスの試合をみていました。

今日の先発はフィガロさん。オリックスが久々に当てたいい外国人ですよね。今日もいいピッチングでヤクルト打線を抑えていたのですが、ヤクルト打者の揺さぶりにちょっといらいらした雰囲気を出してきました。すると解説の人がおもしろいことを。

「フィガロはガムのかみかたでいらいらしているかがわかるらしいですよ」

それからしばらく中継はフィガロさんのアップが続くことに。「速くかんでますね」「ああー力強い感じです」「でもゆっくりになったしまだ大丈夫かな?」。野生動物のドキュメンタリーみたいな雰囲気になっていました。草を食べていますねみたいな。

今日は田口さんの活躍で打線も爆発。2番・田口はA-岡田の最高の妙手ですよね。普通に打率も高いのですが、時には攻撃の起点、時にはつなぎ、時には打点を上げるなど、すばらしい戦力になってますね。すばらしい。

そして巷でいわれているようにほんとにベンチで大きな声を出してますし、外国人枠としてしっかりコミュニケーションをしてます。今日はフィガロさんだけに声かけしてました。一度ずーっと外国人エリアを映すカメラを作ってほしいです。

結局今日も勝って7連勝。A-岡田も上機嫌です。ほかの監督はともかく、A-岡田ってどや顔っていわれることが、結構多いですよね。やっぱりどんでんと関係あるんかなあ。

あとベンチに誰かがおいていったへびのおもちゃにジョージ・フォスターが驚いてまわりの選手が大爆笑というおもしろニュースがあったそうです。「雰囲気の良さがうかがえた」とかいいますが、雰囲気が悪ければ色紙の妖精みたいな話になってしまうんでしょう。

でもとりあえずオリックスも交流戦で大復活。上位もみんな勝っているのであんまり上位との差は詰まってませんが、とりあえず上司がほくほくしているのでいいことだと思います。

スポーツで体験すべき?36の危険なこと

出張疲れであちこち痛いマイク松ですこんにちは。温泉いきたい。

さて、最近おもしろい本を見つけて買ってみました。これです。

子どもが体験するべき50の危険なこと

この本は子どもから危険を遠ざけることで学びの機会を奪っているという考え方から、ちょっと危険なことを保護者の監視のもとに安全に体験することで、危険を見極め対処する能力を身につけるというものです。「やりを投げよう」とか「目隠しで1時間すごそう」とか「電子レンジに変なものを入れてみよう」とかとか。そのままやったら危険なことを、きっちりした免責事項をまず確認し、危険や警告をしっかり提示した上で、手順とそこから何を学ぶかをてきぱき示しています。たとえば「ひとりで歩いて帰ろう」というそれ危険?っていうものでも、地図と携帯電話をもたせ、ちゃんとおとんおかんに相談してからトライしてという警告があり、手続きをきっちり説明してあるのです。ていねい。

ワークブックにもなっていますが、読んでいて普通におもしろいし。富井は「ミツバチの巣を見つけよう」「野宿をしよう」「つなわたりをマスターしよう」がよさそうだといってました。僕は「フランス人のようにキスであいさつしよう」「電気掃除機で遊ぼう」「かっこいい殺陣を学ぼう」がよさそうでした。

ところでこういうのって普通にスポーツで考えられますよね。思いつくままあげてみましたが、36も出てきました。もちろんこれは悪いことをしなさいというわけではないのです。これがよくないこと、やったらタイホされるよというのを、安全に経験することで学ぶというものです。

  1. 乱闘をしてみよう
  2. 退場になってみよう
  3. ヤオチョーの交渉をしてみよう
  4. 野球トバークをしてみよう
  5. 花札トバークをしてみよう
  6. 審判を買収してみよう
  7. 提灯記事を書かせてみよう
  8. 手に松やにを塗ってなげてみよう
  9. コルクバットで打ってみよう
  10. 相手チームを挑発してみよう
  11. サインを盗んでみよう
  12. ネット裏からピッチャーの集中を乱してみよう
  13. トラッシュトークで相手を怒らせてみよう
  14. スプラッシュスライディングをやってみよう
  15. ヒーローインタビューでやらかしてみよう
  16. 試合中にプロポーズしてみよう
  17. ジャンプで転倒してみよう
  18. ジャンプを跳びすぎてみよう
  19. バク宙をしてみよう
  20. ジャイアントスイングをしてみよう
  21. 隠し球を使ってみよう
  22. デッドボールでサヨナラゲームを決めてみよう
  23. 監督批判をしてみよう
  24. 監督のクビをとばしてみよう
  25. 口汚いヤジをとばしてみよう
  26. スタンドの心ないヤジに反応してみよう
  27. ファウルボールを選手から横取りしてみよう
  28. アウトカウントを間違えてボールをスタンドに投げ入れてみよう
  29. 警告試合にしてみよう
  30. 泥水をすすってみよう
  31. プロなのに甲子園の土を持って帰ってみよう
  32. ベンチをあたためてみよう
  33. 試合中ベンチ裏で遊んでみよう
  34. 考えないで野球をやってみよう
  35. 甲子園でアウェイチームを応援してみよう
  36. 暗黒期に入ったチームを応援してみよう

安全に経験してそれが危険であり、悪であるということをしっかり学ばなくてはならないのです。ということでたとえば「ヤオチョーの交渉をしてみよう」を例に、本書を参照しながら、詳しく作り込んでみましょう。

3 ヤオチョーの交渉をしてみよう 流れでお願いしてみよう。

学べるもの:技術 時間:1時間 難しさ:中くらい
危険:解雇、親方からの失望、同僚からの軽蔑、後援会解散、週刊誌、村八分、民事訴訟

<必要なもの>
・他の力士(5人くらい) ・携帯電話 ・相撲部屋(記者をシャットアウトできるところ)

<警告>
ヤオチョーは絶対にやってはいけない行為です。あなた自身の相撲人生を唐突に終わらせ、相撲協会にも多大なダメージを与えます。このエクササイズはあくまでその危険性と犯罪性を認識するものです。親方にはそこのところをよく理解させてから、他人の目に触れないところでやりましょう。練習で疑似体験するだけなら、タイホされることもないでしょう。

<やってみよう>
ヤオチョーの交渉には交渉力の他に創造力や計算力、コミュニケーション能力など多くの能力と、いけないことだと理解する倫理観が求められます。むしろ倫理観を生み出すことにもつながります。

1. 準備 たとえば5人で10日目まで終わった時点で、4人が5勝5敗、1人が0勝10敗だとしましょう。できるだけ多くの力士がいい成績で勝ち越すのに、どういう星勘定と金勘定をすればいいか考えてみましょう。

2. 交渉その1 まずは携帯電話を使いましょう。しかしメールを使ってはいけません。どうすればいいか考えましょう。

3. 交渉その2 次に直接対面し、具体的なプロセスについて考えましょう。自分の計算があっているかをお互いに確認してもらいましょう。

4. 破壊 携帯電話は押収されると大変です。まずは2つに折り、そのあと四股を踏みながら粉々に踏みつぶしましょう。通話記録データは意外なところから復旧できます。文字通り粉々になるまで四股を踏み続けましょう。

<もっとくわしく>
2010~2011年、ヤオチョーによって多くの力士が引退に追い込まれました。そして大相撲の本場所も2場所連続で開催できないことになりました(春場所は中止、5月場所は技能審査場所)。大相撲の根幹を揺るがす大事件に発展し、協会はいまだそのダメージから立ち直れずにいます。また普段特に相撲見てないファンにも悪印象を与えたばかりか、ヤオチョーあった割には日本人横綱や大関って出てないのな、という不思議感を植え付けました。ダメ、ゼッタイ。

なかなかおもしろい。この調子で36個、全部作ってみてもおもしろいかもしれません。

吉田沙保里様のALSOKのCMがすばらしい出来

昨日今日と出張で東京に行き、なぜか若者の街渋谷に泊まったのですが、夜出歩いていたら道の真ん中に小太りスキンヘッドの男が立ちふさがっていてじゃまだったマイク松ですこんにちは。無事でしたが渋谷怖いにょ~。

さてやっぱり家が一番じゃわいと、ハンシン@暗黒とオリックスの試合をミンポーでみていました。関西ではどこかでハンシンの試合をやっているのです。そこで見事な暗黒っぷりと、それに呼応する川藤さんと赤星さんの解説を聞いてにやにやしていました。関西では川藤や赤星のゆかいなCMもみることができるのです。

そしたらすばらしいCMをみることができました。これです。

安心戦隊 ALSOK

YouTubeにもあがっていますが、ALSOKに所属する吉田沙保里様が、すばらしい演技をみせてくれています。はじめてみたわけではないのですが、いつか取り上げようと思っていました。

とにかくCMの作りがすばらしすぎます。吉田のポージングがいちいち決まってたり、3人が交差する宙返りが入っていたりと、作った人はきっと特撮の専門家の協力を得てますね。というか東映のチームでしょう。主題歌は串田アキラ先生ですね。それを考えてもやはりサンバルカンが重要モチーフになっているでしょう。動画を見てもオマージュ感じますね。タイトルロゴやアクションはダイナマンのいいところを使ってるでしょうか(動画)。戦隊ものの動画と比べても遜色ない。むしろ戦隊ものの醍醐味、爆発とメカをまったく使ってないのに遜色ないのは、丁寧に作り込んでいる証拠でしょう。原作:八手三郎って字幕が入っても驚きません。

串田アキラ先生の主題歌もキレキレです。醍醐味であるシャウトをしっかり盛り込みながらも、伝統の子どものコーラスを入れているのが評価ポイントですね。歌詞はこんな感じ。

ALSOK (シルバー!) おばあちゃん家にすぐ駆けつける (シルバーパック!)
ALSOK (イエロー!) おじいちゃんを見守りメールする (見守り情報!)
ALSOK (ブルー!) 敵から家の安全守る (ホームセキュリティ!)
1,2,3,4 ALSOK
「あなたのお宅も守ります!」
ホームセキュリティはALSOK

そしてこのCMは戦隊ものの勘所をしっかりつかみつつ、おもしろ要素をしっかり盛り込んでいるところです。おばあちゃんとかおじいちゃんとか歌詞に入れたりというポイントもグッドですが、やはり世界最強乙女の吉田沙保里様がおばあちゃんの部屋のドアを開けたり、目からレーザーを出したり(おじいちゃん攻撃してない?)とおもしろ映像満載。屈強なALSOK警備員を引き連れ闊歩するラストは安室ちゃんもかくやの風格。どこまでも心憎い演出と作り込みです。

そして今回は吉田沙保里様お一人で3人演じていますが、現在世界最強の日本女子レスリングにはまだまだ人材がいます。伊調千春、伊調馨の伊調姉妹、アニマルの血を引く浜口京子、そして復活した山本聖子。この5人がそろったときに史上最強の戦隊ものが作れるでしょう。所属の違いを乗り越えて、がんばってもらいたいところです。

ちひろがやりました!

さて、ここで問題です。次のチームのうち、ホンモノの暗黒期に入ってしまったのはどこ?
A まりーんず
B ごーるでんいーぐるす
C たいがーす
D かーぷ
・・・どこですかねぇ・・・。

今日は出かけていたのでどこも試合を見ていないのですが、こんな日に限って凄い試合が各地で繰り広げられたようです。ロッテは0-0で9回までしのぎなからに最後に平田にサヨナラホームランを浴び、楽天は18安打も打ちながら残塁14で、結果5-13でヤクルトに打ち負け、カープは1回にジオの乱調で1点失いそのまま完封負け・・・と、どれもドラマチックな負け方してます。この中で見れば無敵の若鷹軍団に1失点というカープはわりとがんばったような気さえします。ジオ、次もがんばって。

さて、阪神はオリックス@甲子園。ここで金子千尋が今季初登板。怪我で出遅れていましたが6回3失点と上々の出来ですね。というか、金子はともかく今日は打線が爆発、14点も取ったそうです。あの貧打のオリックスが。3割打ってるのが田口しかいない打線が。よく見てみるといつの間にやら坂口も3割ちょうど。ここ数日でものすごく追い上げましたね。全然打ってるイメージないんだけど。

しかも久保、小嶋、若竹から打って、久保田、福原は打てないって・・・なんなんですかね。見てなくてもA-岡田監督のご機嫌な様子が目に浮かびます。これでオリックスはパリーグ最下位脱出(4位)だそうです。セリーグ様々ですね。というかパリーグ相手じゃまた勝てないのかな。ともかく、金子の復活は大きいです。ちひろ、がんばれ。

つい暗黒、暗黒言うてますけど、見違えるように強くなったように見える横浜もこの4チームと大して変わらない成績なんですけど。

さすがMLBはすごいなと思ったこと

気温はむしむしするし、国会は足の引っ張り合いだし、野球も特に驚く出来事ないし・・・ルーニーが植毛した話でも書こうかと思いましたが、ルーニーは去年のワールドカップで見たぐらいであまり知らない人だしと思っていたら、こんなニュースがありました。

MLB、巨人-楽天戦に被災地の球児招待

震災で被災した野球少年たちを2泊3日で東京に招待して、練習試合やバーベキューなどで交流した後に東京ドームでの巨人-楽天戦を見たそうです。さすがMLBだなと思わせる支援。こちらが被災地へ行くのではなく、少年たちを招待するというのは思いつきませんでした。しかし、この方が傷ついた心身を休めることになるのでは。

“覚悟”とかいうスローガンを掲げるわりに存在感を感じさせることのできない日本プロ野球もここはひとつがんばって、夏休みなどにNPBが主催してどんどんやるべきではないでしょうか。こんな時ぐらい球団、リーグというのでなく、プロ野球機構として力を発揮すべき。そのための予算も協力して球団の枠を越えたグッズを販売とかどうですかね。

おお!名古屋場所開催決定!中継もある

タイムスクープハンターをみて、いやー村が戻ってきてよかったなとほんとに思っていたマイク松ですこんにちは。オマエ誰だ~!いやいや来週もめっちゃおもしろそう。

さて、相撲協会が理事会で、7月の名古屋場所の開催を正式に決定しました。いやーよかったよかった。白鵬も喜んでます

もちろんほんとにヤオチョーの再発防止策は終わったの?とかいう人もいるかもしれませんが、もういいでしょう。どうせ世間の人はみんなそんな気にもしてなかったでしょといいたい。それよりも相撲がある日常を取り戻したい。

相撲で被災地に元気をとか、やれることはまだまだあると思いますが(理事長が被災地を慰問するらしい)、まずは普通に相撲やりましょう。それから東北に夏巡業ですよ。巡業パワーはすごいですよ。なんか近くにきてくれるのは普通にうれしいし。もう被災地の人は全員無料で招待でいいでしょう。でも巡業パワーの源泉はやっぱり場所なんですよね。そういう意味でもナウイズザタイムということです。

無事にNHKの中継も決定。ほんとうれしい。でも1回は名古屋に乗り込みたいかも。せっかく再開することだし。全国の相撲ファンの盛り上がりに期待したいところです。

ああ1年前にはまだミッキー兄さんは現役だったわけですが、最後の場所になったあれから1年ですか。ミッキー兄さんはツイホーされ、玉春日も引退、中野友加里も引退、ファーヴアニキも引退。ミッチェルさんはニートのまま(それいるか?)。僕がいろんな意味で大好きだった人たちは現役を退き、サイトを3ヶ月休んだりしましたが、それでも僕は今も記事を書いています。ぷかぷかおふろに入りながらそのことを考えていましたが、やはりスポーツのある日常を愛しているからだなと思いました。

大相撲にもそんな日常が戻ってくるでしょうか。番付発表はまだですが、いい場所になってほしいものです。

連続無得点がとまったよ

今日は広島でカープ×オリックス戦。ということをすっかり忘れていて、試合を見はじめた頃には既に0-6になっていました。バリバリバリントンは交流戦に入って調子が悪いですね。慣れない疲れがでてくる頃なのかもしれませんね、打線は湿りっぱなしだし。

打線といえば、ついに50イニング無得点というリーグ記録を作っちゃいましたね。東出が2塁打を放ち得点が入ったところで勝ったような球場の喜びに涙。先日は阪神が連続無得点で話題になりましたが、さすがにカープには及びませんでしたね♪その影でハムが5試合連続完封とか。もうどうなっているんだセリーグ。ロッテがけが人続出もあって低迷しているのを除けばパリーグがほぼ上位を占めてます。これからの巻き返しに期待したい・・・がんばれ、ほんとうに。

しかし、カープの弦本は期待したいところ。気の強さが伝わってきます。今日もランナーを出しながらひるむことなく投げ、無失点でした。いーよ、いーよ、はっちゃけていこー!(西の応援の人みたいに)

一方オリックス。こちらも打線が湿りっぱなしでしたが、坂口、後藤、T-岡田が打ちました。これをきっかけにして欲しい。田口、大引は相変わらず好調を維持しているようです。ふむふむ。

さあ、明日はマエケン×ちひろ?それとも西?どちらでも楽しみですわ。

フォルス・スタート商会業務日誌 2011/6/1

担当:マイク松

kjが入院。十分養生してほしいですが、元気になったら♪胃腸が悪そうな奴は大体友達って歌ってほしいマイク松ですこんにちは
・おだいじにkj
・今日は業務日誌です
・ほんとは横浜ベイスのハーパーと、阿覧が似てるという記事にしようと思ったのですが、一行で終わってしまったので

BUFのリーダーとして成長続けるQBフィッツパトリック、おお
・フィッツパトリック(ハーバード卒)には結構期待、というか開花してくれないかなと思っていたのでうれしいです、WRエヴァンスもええんちゃうかといってるみたいですし
・でも合同練習でやったのは練習のマネジメントに加えて、宣伝役、旅行の手配係、宿屋の主人だそうです
・なんかQBの役割間違ってないか、それでいいのか
・でもますます期待できます、がんばれ

高橋がご満悦、うわー、店員姿めっちゃ似合う
・エクストラコールドを自分で注いで自分で飲んでるみたいです、ついであげて、ついでもらって
・高橋が店員のイベントならすごいお客さん入るでしょうねー、通常の3倍の値段で、高橋やランビエールやジュベールお父さんが注ぐお店、入りますね
・片隅でプルシェンコが自分で注いで自分で飲んでる感じで

名古屋場所開催決定へ、よっしゃ
・なんでもいいからテレビ中継してください
・場所もみにいこうかなあ、名古屋なら
・僕らはいつ大阪場所見に行くんでしょうか(まだいったことない)

ロッテ、けが人続出で5位転落、きついです
清田の離脱はほんとにほんとに痛い、痛すぎますね、荻野と清田は新しいロッテの象徴ですから
・いくら和の力でもきついかも、がんばって西村監督、がんばってロッテ
・骨折といえばビッグバンブー先生が粉砕骨折、粉砕!!
・カアプも44イニング連続無得点ですが、前向いてがんばってください、大丈夫、暗黒面に突入しているハンシンもおつきあいしてくれてますよ!

・それにしてもダルビッシュすごいですね、156km/h
・ハンシンの今日の試合前の記事が惨劇の予感でめっちゃ笑ったのですが、惨劇も起きず普通に完封され、今度は予想通りの零敗になってました、予想通りの零敗!
・だめとらは社会的に造られているんじゃないかと思いました

マイク松(署名)


<コメント欄>

(富井はG-光尊復帰即タイムリーなんてうれしくなんかないんだからね休取得により職印省略)

後藤が戻ってきた、そういうことやんか

5月12日に登録抹消されていたG-光尊が本日戻ってまいりました!
いやー、長かった。別に期待している訳じゃないのですが、やっぱりいないと物足りんやんか。そいうことよ・・・と岡田監督も思ったのかどうか知りませんが、早速3番セカンドでスタメンです。得点には絡みませんでしたが、2安打となかなかがんばっていました。

それにしても寺原がいいですね。木佐貫といい、寺原といいくすぶっていた投手を再生させています(個人的に木佐貫はよくやっていると思いますが、なんせ相手がエースばっかり)。その割に小松はどうしてああなんだとも思いますが・・・。とにかく金子も近藤も戻ってくるらしいので、後は打てない野手をどうするかですね。2軍にヴェテランの赤田や坪井がいるんで、だして欲しいですねー。打ってない選手と入れ替えて使って欲しい!でも誰と入れ替えたらいいのか分からないぐらい(田口さん以外)打ってない!みんながんばって!

なお3試合連続完封負けの某チームやら、10年ぶりに暗黒の匂いを醸しはじめた某チームやら、交流戦最下位のチームについてはどういじっていいのか分からないので放置することをご了承下さいませ。