Archive for 10月 2011

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 カナダ大会(2):女子シングルSP

かぜをひいたマイク松ですこんにちは。めっちゃしんどいです。明日はおやすみにしたので、なんとか治していきたいです。今日は無理して仕事したのですが、早く帰りたかったです。

しんどいしんどいいうてますが、フィギュアスケートはみてしまいます。今日はカナダ大会の女子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会、女子シングルSP。実況はカクザワ、解説は荒川姐さん。姐さんの登場はうれしい限りですが、相方がカクザワとは。やばい。

カナダのエイドリアナ・デサンクティス。最近あんまり使うことのなかった言葉を使わせてください。誰やねんこの人!「ストリート・シーン」。3Lzは手をついてコンビネーションにならず。身体は大きいのでパワーはありそう。3S+2Tでコンビネーションをフォロー。スピンはちょっとトラベリングしてますがポジションはいい。2Aはなんとかこらえました。スピンからSlSt。前半片足でレベルをあげにいきます。スピンでフィニッシュ。なんか地を這うような感じで躍動感に欠けるプログラムでしたが、なんかこいつはもっとできるはず。がんばって。47.14。

カクザワが「緊張感もたっぷり」とかいってました。たっぷり。

ロシアのエリザベータ・タクタミシェワ。きました新型モビルスーツ。「タンゴ」。もうのっけからぐいぐいタンゴの世界を展開。スピードに乗った滑りから3Lz+3Tをらくらく成功。ぎゃー。3Loも片手上げ。その流れを途切れさせず2Aとあっという間にジャンプ終了。スピンは回転が速いです。CiStは手の表現力とディープエッジが、いいリズムの取り方でより際立ちます。姐さんのいうように丁寧なステップですね。スピンの合間の演技でもしっかり物語を生み出しています。最後のスピンもそれはそれはすばらしいフィナーレでした。あれだけで1つの作品。いやー参りましたわー。さすがですニュータイプ。59.57。うーんもっと出てもいいような。

ドイツのサラ・ヘッケン。あのあと滑りづらいなー。「マラゲーニャ」。3T+2Tは3-3を狙いましたがオーバーターン。おしい。3Sは大きないいジャンプ。スピンもしっかりまとめてますね。ドイツチャンプの自覚か。2Aは流れもありました。スピンからSlStは前半片足。ステップに工夫があるというよりも体全体で大きくみせる演技。でも最後のスピンでちょっとミスしてしまいました。でもトータルでいい演技でしたねー。ヘッケンも成長しているんですな。44.50。

アメリカのアシュリー・猛禽類・ワグナー。ひさしぶりー。映画「ポロック 2人だけのアトリエ」より。3Lz+2Tはセカンドで両手あげ。工夫があります猛禽ジャンプ。でもこのプログラムではあまり猛禽猛禽してない。3Lzもおっけー。2Aもいいジャンプでしっかり3つそろえましたね。スピンはポジションがしっかりしてるしポジションチェンジもスムーズ。ビールマンを降りるのが少し早かったと姐さん。SlStは音を掴む努力をしっかりしてますね。大きなイーグル(猛禽だけに)からスピンでフィニッシュ。これはいい演技でしたね。SPとしては上々の演技。安定感あります。54.50。

カナダのアメリー・ラコステ。筋肉演技がみられるか。「サテンドール」。最初に2Aをもってきました。力強い。3Lo+2Loをコンビネーションにもってきましたね。3Lzはばっちり軸が傾いて転倒。スライディングタックル。つなぎの演技も入れながらスピン。どうもこの曲は単調感が強いですねー。もっとばりばり戦うみたいな曲の方がいいのに。SlStはがんばって元気さを出してます。スピンでフィニッシュ。もうちょっとプログラムをなんとかしてあげてほしいです。50.60。

後半はおもしろい5人がそろい踏み。たのしみ。

カナダのシンシア・ファヌフ。さすがの筋肉!パワーありそう。「スパニッシュ・ギター」ほか。これ前にもやってましたね。2Aからスタート。よく曲を聴いてますね。3Lzはシングルになってコンビネーションにならず。頼むYO!難しいステップから3T+2Tを跳んでコンビネーションをフォロー。スピンの安定感はさすが。終わりを曲にあわせたいところ。そのままSlStに入ります。このステップはあまり曲にあわせてないですねー。合わせないアレなのか。これもプログラムの構成がもりあがらない感じかも。曲と一体化したらもっといいのかも。48.70。

アメリカのレイチェル・フラットちゃん。スタンフォード進学おめでとう。そして相変わらずよく食べているようですね。わかります。映画「エデンの東」より。去年のですね。3F+2Tは向こうから迫ってくるようなアングルでした。まずまず。3Lzも着氷が軽やか。スピンは回転が速いし、終わりをうまくきれいにまとめてますね。この辺がさすが演技派。ステップからの2Aもばっちりだし、荒川姐さんがみている前でイナバウアーをいいところにもってきます。イーグルも曲にばっちりあわせて。カクザワが「フラットが大きく大きく見えます」。まあほんとに大きいんだけどな。しかし隙のない演技でフィニッシュ!さすがですわフラットちゃん!あの壮大な音楽をばっちり踊りこなせるのは見事の一言。何辛気くさくやってんだよ的な他のスケーターに対する檄を感じましたよ。勝手に。54.23。

アメリカのミライ・ナガス。今の調子はどうかな。「ダンサリン」。イナバウアーを交えた複雑なステップから3Lo。終わりもかっこよく決めてます。3Lzは転倒でコンビネーションにならず。ちょっとタイミングがあわなかったか。2Aはクリーン。カクザワが3つめでコンビネーションにしないとといって姐さんにあっさり否定されたりしています。熱い。キャッチフットスピンのポジションきれいですねー。大きくなって美しさも際立ってきています。SlStは歯切れのよいステップ。でも元気さよりも品がある滑りですね。I字スピンもしっかり回っていました。最後もかっこよくフィニッシュ。最初のジャンプがばっちりだっただけにルッツの転倒はもったいなかった。52.73。キャロルおじいちゃんといっしょにあの世で針の山を見上げるような目線でした。

ロシアのアリーナ・レオノワ。モロゾフ化していたレオノワ、あれからどうなったかな。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。3T+3Tはセカンドでステップアウト。大きなジャンプだっただけにおしい。3Fはクリーン。2Aはシングルに抜けてしまいました。跳び急いだか。スピンのあとしっかり表情つくってからSlSt。このへんの良さは引き継いでほしいです。ステップの間に振り付けも入れてメリハリを出してます。このステップはらしさが出ておもしろいですね。最後のスピンまでテンション高く演じました。なるほど!これは自分のよさがしっかり出ている演技でした。49.75。

鈴木明子。おひょいさんに送られて登場です。リスト「ハンガリー狂詩曲」。3-3に挑みますが、3Tで終わりました。でもあれ1Loついてるのか。コンビネーション扱いされないかな。3Lzをきれいに決めたのでこれはよしとしましょう。2Aは降りがとてもなめらか。そのままきれいなスピンにつなげます。SlStは姐さんも絶賛。エッジも深いしすいすいと滑っていきます。チェンジオブペースもメリハリがある。最後はきゅきゅっとスピンでフィニッシュ。さすがの表現力でしたね。そしてプログラムが華やかで若々しい。今までにない、意外になかったプログラムでした。52.82。おおいい点出てる。

○SP終わっての順位(機械企業的に):
1. タクタミシェワ製作所
2. ワグナー工業
3. フラットちゃんファクトリー
4. 鈴木エレクトロニクス
5. ミライ産業

1位はタクタミシェワ。シニアデビューということでPCSが伸びなかったのかあまり点が出ませんでしたが、終わってみれば余裕のトップですね。まああれを最初に見てしまえば、あとの選手は点が出づらいか。いきなりデビュー戦で優勝とか、まあ十分にありますね。英雄には伝説が必要なのです。ザクで戦艦を5隻沈めたり

2位はワグナー。しっかり安定した演技を見せてくれました。3つそろえたのも大きいですが、これなら表彰台もいけそう。3位はフラットちゃん。もうちょっと点が出る、というか僕はフラットちゃんが2位かと思ってました。PCSは勝ったみたいですし、FSもこの調子でいけば逆転もありますよ。前日食べ過ぎたりしなければ。

4位は鈴木。やっぱり最初のはコンビネーションになってるみたいですね。最小限のミスにとどまってます。FSでジャンプを普通に決めていけば順位はあげられそう。5位はミライ。ルッツの転倒は痛かったですが、その割には5位。FSで巻き返しましょう。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 カナダ大会(1):男子シングルSP

今、学級閉鎖になるほど風邪が流行っているという記事を読んで、いくら何でも早すぎるだろうと思っていたら、早速マイク松さんが風邪でダウンしました。さすが流行ものは押さえる男だな・・・てことで富井です。実況は大西アナ、解説は田村さん。

エラジ・バルデ。カナダの20歳・・・見たことない人だと思います。「マラゲーニャ」ほか。3F+3Tは着氷がちょっと悪いですね。続く3Aは転倒、がんばれ!3Lzはきれいにきまりました。フラメンコっぽい振りつけと姿勢がきれいなのでダンサーぽい。もう少しスピードがあればなあ。スピンもきれいだけどスピードが欲しいところ。55.99。ジャンプがもったいなかったですね。

ロス・マイナー。「パラ・ティ」。スピードはあったのですが、1Aになってしまいました。3Lz+2Tもルッツは良かったのに、残念。3Fはオッケー。スケーティングが良いですね。スピンも回転が速い。SlStも面白い。シットスピンも上手。やっぱり昨年の全米選手権で3位に入るだけのことはありますね。60.83

デニス・テン。ラフマニノフ「エレジー」。衣装のとってつけたようなひらひらが気になります。もっさりして見えるので一度ウィアーに相談してみて欲しいところ。3Aは一度降りたあとに手をついてしまいました。もったいない。3F+3Tはいいですね。3Lzはアメリカ大会では失敗したそうですが、今回は大丈夫。スピンもポジションが多彩で流石にデニス・テンだなあ。ステップも体全体をよく使えています。71.40

アンドレイ・ロゴジーン。カナダの18歳で今年の世界ジュニアのチャンピオンですが田中刑事さんのことしか思い出せません。衣装とかがモテ系。「ブロークン・ソロー」ほか。3F+3Tはオッケー。イーグルからの3Aも決まりました。3Lzもきれい。スピンもきれいですねー、さすがジュニアチャンピオンだ。ステップも振付もかっこいいというか、なんかモテ系。でもアップになるとクチピーと大して変わらない素朴顔だったので私の中で好感度が上がりました。67.28

ハビエル・フェルナンデス。今年からコーチがブライアン・オーサーとのこと。モロゾフからオーサーへ移る選手ってわりと多いような気がしますが。今年も黄色のカーディガン(?)という個性的な衣装。髪が短いな。「アイ・ラブ・パリス」。きれいな4Tに会場も沸きます。3Lz+3Tもきれい。3Aもオッケー。すごい。スピンもいいですね。振付は相変わらずコミカルな味付け。でも、オーサーのせいか、全体的に上品な感じになってる。垢抜けたというかアクが抜けたというか。いいですね!完璧な演技にスタンディングオベーション。84.71。すごーい!

アレクサンドル・マヨロフ。スウェーデンの20歳。世界ジュニアの3位でクチピーの舎弟(嘘)。「オースティン・パワーズ」。3Aは高さがある!3Lz+2Tはなんとか2つめをつけて。3Fはオーバーターン。振りはコミカルなんですが、顔に余裕がない。そのせいかハンシンのアライさんに似ているように見える。最後のポーズを決めたあとも1秒ぐらいでやめてしまった・・・。去年も言ったようなきがしますが、伝説のコストマロフさんのになりきって欲しいところであります。キスクラの横のコーチはかなりコストマロフ系の人のような匂いがします。65.14

アダム・リッポン。コーチはダンジェンさんかー。「コロブシュカ」。赤い衣装も似合いますね。両手を挙げた3Lz、すごいね。3Aは両足着氷で残念。3F+3Tは2つめが回転不足か?SlStも身体が良く動いてますね。バレエジャンプも音にぴったり合ってる。レイバックスピンも女子のようにポジションがきれいですね。ジャンプが残念でしたがリッポンらしいキレのある演技でした。72.89

ケビン・バンデルペレン。アメリカ大会に続けてはきつくないのかな。と思っていたら田村さんもそう言ってました。「フィーリング・ビギンズ」。2Aになってしまいましたが、やっぱり疲れかと思っていたら、3F+3Tは高くていいジャンプ。3Lzはあまり高くないけどちゃんと跳んでます。音楽に合わせて適当に両手を振っているところが結構好き。止まりそうなスピンも味があります。シットスピンもよかった。ケビンは2Aにちょっと不満そうです。64.01

パトリック・チャン。「テイク・ファイブ」。スピードがケビンの倍ぐらいに感じますね。4Tは手をついてしまいました。アクセルも2Aになってしまいましたね。3Lz+3Tは流石のジャンプですね。SlStの片足で滑るのも途中で加速しているように感じますね、すごい。しかし、やっぱりジャンプミスに気をとられているのかちょっと元気がなかったかなあ。キスクラでコーチと失敗を分析している模様です。83.28

高橋大輔。田村さん「高橋大輔選手、大チャンスですよ」・・・大チャンス打線か?「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」。3F+3Tはいいジャンプですね。3Aもきれいです。3Lzもばっちり。「暗い曲の方が僕のイメージ」と言ってたように、不思議な曲にぴったり合った滑りですね。ステップの動きはもちろんのこと、最後のスピンが超絶素晴らしい。でも、ちょっと音楽と合わなかったのか最後は苦笑い。でも、きれいでしたねー。カナダなのにすごいプレゼントの数ですね。84.66

日本シリーズにちなんで
1番 センター・フェルナンデスくん
2番 セカンド・高橋くん
3番 サード・パトちゃんくん
4番 ライト・リッポンぽん
5番 レフト・テンくん

1位は意外にもフェルナンデス。素晴らしかったですね。昔のスケーターのような上品な滑りと高さのあるジャンプがいい味出してました。フリーもどうなるのか楽しみだなあ。2位の高橋は持ち味を生かした良いプログラムですね、もうちょっとお色気路線でもいいかもですが。3位はジャンプをミスしたパトちゃん。まだまだ調整なのかな。

4位はリッポン。アボットと同じコーチになったのかな、リッポンもジャンプさえ決まれば上位争いに絡めたのに、残念。5位のテンもジャンプミスがもったいなかったなあ。

フリーのバンデルペレンは今回も3-3-3を決めてくれるかどうか、そこが楽しみだな。

オコノミヤキレースのご提案

かぜをひいた状態で接待イベントに携わり、へとへとのマイク松ですこんにちは。相手が喜んでくれればいいですよね。

さて、BSベストスポーツはアメリカ四大スポーツなどを取り扱っていてとても便利ですが、特にMLB関連の特集がおもしろいです。今日はインディアンズのボールパーク、プログレッシブフィールドを大特集。おもしろマスコットやすごいグルメなど、ほんとにベストボールパークに選ばれそうなところでした。

そこでなぜかおこなわれているらしいのが、ホットドッグレースというイベント。イニング間におこなわれて、3体のホットドッグがかけっこをするというすごいシュールなイベントです。しかもオニオンちゃん(女)と、ケチャップくん(男)とマスタードくん(男)はドリカム状態にあり、オニオンちゃんをめぐってケチャップくんとマスタードくんが足を引っ張り合うという構図になっているそうです。みていてすごい不条理を感じます。でも3人のうしろにはケチャップメーカーの広告があるようです。そういえば京セラドームでも住之江競艇が同じようなのやってたかも。

これをみて富井@親知らず抜糸完了が、「これカープでもできるやん!」といいだしました。お好み焼きレースだそうです。もちろん提供はオタフク。豚玉ちゃん(女)と、えび玉くん(男)、いか玉くん(男)が競走する。もちろんこやつらは全員広島焼で、関西風のお好み焼きはたまにでてくるもいつもびりにさせられるのです。おもしろいしオタフクソースからの広告料も入って一石二鳥ですね。ご検討いただければと思います。

あとの球団で考えてみましたが、福岡のラーメンレース、名古屋みそかつレースくらいしか思いつきませんでした。ラーメンレースは赤玉ちゃん(唐辛子だれ入りのとんこつラーメン:女)とこってりくん(男)とあっさりくん(男)が競走します。スポンサーはマルタイ。しょうゆラーメンや塩ラーメンやみそラーメンは走りません。みそかつレースではみそかつちゃん(女)とソースかつくん(男)とデミソースかつくん(男)が競走しますが、だいたいみそかつちゃんが勝ちます。スポンサーは矢場とん

富井はヤクルトは自社製品でレースすればスポンサーはとれないけど宣伝になるといっています。なるほど。ミルミルちゃん(女)と、ヤクルトくん(男)とジョアくん(男)が乳酸菌の数を競うのおもしろいかも。いつも単位は億ですけど。それと楽天はカニトップがスポンサーになって、リアルかに競走をしたらどうかという案もでました。勝負つくのかな。

書いていたらおなかすいてきました。飢えないうちに寝ます。おやすみなさい。

NFL2011 week7 MNF BAL@JAX

日本ハムが交渉権獲得。ハムのエスパーマネジメントがとても気になるマイク松ですこんにちは。でも親戚が重役やってる、自分より偉いエリートばかりの会社より、フリーの立場でいい社員たちにもまれて仕事した方がいいと思うんですけどねー。

さてこちらは抽選もなく完全ウィーバーのドラフトのNFL、もめごとはそんなにないですね。ということで今日はマンデー、BAL@JAXです。

week7, MNF, BAL@JAX。実況は野地さん、解説は高野さん。

BALオフェンス。パスが通らずパント。

JAXオフェンス。そういえばギャバートが先発なんですよね。ジョーンズドリューがファンブルしてる。気をつけて。パント。

BALオフェンス。レイ・ライスのランをロスタックル。パント。JAXディフェンス気合い入ってますよね。

JAXオフェンス。4th&1でパント。ギャバートもすごいプレッシャーを受けてますががんばってます。

BALオフェンス。ライスがファンブルロスト!これはでかいプレー出てしまいましたねー。

JAXオフェンスは相手陣から。ドリューのいいランでレッドゾーンへ。4th&2でなんとギャンブルに。ドリューのランでとりました!奇襲でしたね。しかしあと2ydsのところでドリューファンブル!ぎゃー!それはあかんわ。

BALオフェンスは1ydから。ばっちりパスを守ってパント。

JAXオフェンスはまた相手陣から。でもギャバートがサックされてパント。もったいないなー。っと思ったらスコビーが狙わせてくれといってFGに。54ydsFGを真ん中からばっちり決めました。漢やスコビー!JAX先制!やっと点入った。

BALオフェンス。リッキーさんにばっちりのロスタックルが決まってパント。すごいなディフェンス。なんだこの気合い。リッキーさんにはやさしくしてあげてよ。

JAXオフェンス。こちらも強烈なパスラッシュにギャバートもよけるのが精一杯。パント。

BALオフェンス。ロスタックルに加えてホールディング連発でもりもり罰退。3rd&35でOLがディフレクトしたが、そのボールがフラッコに戻ってきました。キャッチして走りますが結局タックルされてパント。でもパントがでかくてだいぶ戻しました。

JAXオフェンス。長いパスが2つ通りました。いいですねギャバート。そのあとは止められてパントになりますが、見事なランニングイントゥザキッカーがあって5yds罰退になります。そしたらスコビーの射程距離に入りました。また54ydsFGをばっちり決めました。真の漢やスコビー!

BALオフェンス。ロングパスを狙いますが届かずパント。どうもレイ・ライスは3rdダウンコンバージョンで使われてないらしい。リッキーさんが使われてる。それはきっとリッキーさんが調子いいからだよ。

JAXオフェンス。またドリューがファンブルしますが、これはチャレンジでひっくり返りました。妥当。しかしまたファンブル。しっかりして!高野さんはギャバートのハンドオフがよくないと指摘。パントになりました。

BALオフェンス。パスもドローもさっぱり出ずパント。ディフェンスのタックルが的確。このまま前半終了、BAL 0-6 JAX。フラッコの前半のパスヤード8yds。

後半、JAXオフェンスから。またドリューがファンブルしてる。でも倒れるぎりぎりまでBALディフェンスがねらってる。気をつけないと。3rdダウンでいいディフェンスが出ますが、ヘルメットトゥヘルメットをとられてオフェンス継続。WRヒルへのいいパスが通った。TEルイスにはギャバートのフェイダウェイみたいなパスが決まった。そしてRBカリームの力強いラン。そろそろディフェンスが疲れてきたのか。力を振り絞ってエンドゾーン前で止めますが、アヤンバデーヨがアンネセサリーラフネスで退場になってしまい、1stダウンを与えてしまいました。何やってますか。それでも懸命に守ってFGにおさえました。ポラードナイスカバー。

BALオフェンス。相変わらずJAXのディフェンスはすごい。フラッコをサックしてFGになりますがこちらは62ydsを最初から大きく右に曲げてしまいました。あれなら30ydsでも入らないですね。もうストーバーじゃないんですから。

JAXオフェンス、もうボールコントロールに入ってますが、まあもとからラン基調ですからね。パントもカバーチームの力で1ydパントに。

BALオフェンス。おっロングパス投げた!そしてディフェンスがめっちゃレシーバーに手がかかって反則とられました。でもそこからロスタックル、サックとビッグプレー連発。パントになりました。

JAXオフェンス。ランは出てますし、ときたま出るパスも通ります。ヒルもいいキャッチ。カリームを使ってどしどしボールコントロール。時間をたっぷり使ってパント。

BALオフェンス。パスでどんどん狙ってきます。3rdダウンのパスもよく通ってるし。レシーバーもよくがんばる。ボールディンもスミスも。1st&goalになりました。そしてボールディンに通してTD!2ミニッツ前に決めました!2点差。そしてオンサイドキックを狙いますが、10ydsとばなかったので失敗。

JAXオフェンス。ランでタイムアウトを使わせます。そしてスコビーがFGブロックをかわすキックで、51ydsFGをばっちりメイク!でかい!これで勝ったらスコビーの勝利ですね!

BALオフェンス。TDを狙ってがんばりますが、DBコールマンがINT!これで勝負ありましたね。試合終了、BAL 7-12 JAX。

スコビーの勝利です!

なにしろJAXは全得点をスコビーが。しかも4本中3本がオーバー50yds。ホームとはいえすごいです。一度はパントになるところを蹴らせてくれと志願のFG。それをど真ん中から決めました。ビバビバ。

でも他の人もがんばりました。ギャバートは苦しみながらも9/20,93yds。ジョーンズドリューは30att,105yds。こっちがキーになりますかね。でもファンブルは気をつけてほしいです。レシーブはヒルががんばりました。そしてなにしろディフェンスがすごかった。ほとんどタックルミスがない、確実に仕留めるタックルでトータル146ydsにおさえました。

BALはフラッコが21/38,137yds,1TD,1INT。きついですねー。それよりきついのがライスが8att,28ydsにおさえられてしまったことでしょうか。もっと3att,5ydsのリッキーさんを使うんだよ!(なぜ)レシーバー陣はボールディンを中心にがんばりました。ディフェンスもTDをとらせないさすがの出来でしたが、ランを出されたのがきつかった。スコビーは止められませんからね。

NFL2011 week7 IND@NO

K-POPにはあんまり関心がなかったのですが、パク・ヒョンビンが気になっているマイク松ですこんにちは。トロット歌謡という歌謡曲の歌い手。「シャバン・シャバン」とか「ゴンドゥレ・マンドゥレ」とか。ありそうでなかった歌です。

さて今日はテントレ・テントレのNOと、ヤバイ・ヤバイのINDが対戦。録画するの忘れたーと思ったらちゃんと予約してました。よかった。でも…よかったのかと思わせるような試合だったので、メモにしておきます。

・week7, IND@NO。実況は船岡さん、解説は河口さん

・いやーあまりにひどい試合でした、NO 62-7 INDて
・INDが点がとれないのはともかく、62点とられるって
・じゃあいるかは何点とられればいいんだって話ですよ
・ブリーズは31/35,325yds,5TD、コルストンは7rec,98yds,2TD、グラハムは6rec,54yds,2TD、大暴れです
・ランもイングラムが14att,91yds、スプロールズが12att,88yds,1TD+6rec,19yds,1TD、スプロールズの暴れっぷりもすごかったです
・ディフェンスも相手に1TDしか許さず、トレンスがINTリターンTDで60点にのせてます

・先週大けがしたペイトンHCはブースからコールを出してましたが、途中でごはん食べたりとゆっくりしてました
・車いすで孔明みたいに出てきたらかっこいいのにと思いましたが、やっぱりかっこわるいということになったのか

・INDは…特にまとめなくてもいいですかね
・もう実況席もばっきばきに判官贔屓で、すごいIND寄りに応援してました、おもしろかった
・INDは確かにどん底だけど、理由がありますからね、姫様ならぬおでこが戻るまでの辛抱ですよ
・いるかなんか特に理由なく、もしくは理由がありすぎて、暗黒まっしぐらなんですよ!どうしたらよいのやら
・とにかくどっちが初日を出すか、たのしみですね☆

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 アメリカ大会(4):女子シングルFS

お昼頃にプリンタが全然印刷できなくなって困ったマイク松ですこんにちは。復旧はものすごい簡単だったのですが、それを見つけるまでに試行錯誤して1時間ほど無駄にしました。

さて、シーズンが始まって選手も試行錯誤のフィギュアスケート。…と思ったら意外に仕上がっているんですね。昔のアメリカ大会ってこんなにみんな仕上がってたかなと思わせます。今日はアメリカ大会、女子シングルFS。シズニーの地元優勝なるか、あるいはなるかというトピックがありますが、正直コストナーにかわされるような気がしています。ご加護!ご加護を!

フィギュアスケートグランプリシリーズ、アメリカ大会、女子シングルFS。実況はシミズさん、解説は横谷さん。

最初はエレーネ・ゲデバニシビリから。「オペラ座の怪人」。3Lz+2Tからしっかり決めました!よしよしこの調子。3Fはシングル。2A+2T+2Tをここで出してきましたね。次は2T+2Tとジャンプは決まったり決まらなかったりです。がんばれがんばれ。3Lzはなんとか成功。3Sもおっけー。スパイラルは安定してるしよく滑ってますね。3Tはツーフットですね。横谷さんも動きがよくなってると評価。やっぱりそう思われますよね?SlStでもそのあたりは感じます。歯切れがいいし。スピンも回転が速いしポジションもしっかり。ジャンプがまだまだですけど、そのへんをしっかり調整すれば、今度こそ才能が開花するかも。たのみますよオーサー。140.12。

バレンティーナ・マルケイ。「ジャンピン・ジャック」ほか。またマルケイのいいところ引き出し系の曲ですね。3Lzはツーフット。3Fは決まりました。3S+2T+SEQは間にターンがはいってます。スピンの途中で曲がなぜかムーディーに。がんばってセクシーさを出そうとしていますが、今のところセクシー(笑)になっていますよ。スパイラルは足がよくあがってます。基本的に身体能力は高いんですよね。3Lz+2Tは今度は決めてきました!3T、2Aと成功してますね。また曲が戻ってます。3Sは豪快に転倒。SlStは元気に踊ってますね。最後はスピンからおもしろポーズでフィニッシュ。FSはなかなか持ち味を出せたんじゃないでしょうか。ジャンプがもっとチューンされれば、持ち味がもっとでてくるし楽しみです。135.17

ヨシ・ヘルゲソン(妹)。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」。3Lz+2Tはずいぶん慎重に跳んでました。3Loもぎりぎりか、回転足りてたか。3Tも決まってはいるのですがスピードがないですね。スピンで勢いつけましょう。スパイラルはちょっとだらっとしているところがあってその辺が妹クオリティという感じです。そのあとすぐ3Lzにつなげてます。ステップからの3T+2Tも成功。でもこのゆっくりではなかなか点が出づらいかも。3Sのあとのレイバックはポジションはよかったです。ステップの途中で豪快に切腹している振り付けがあったんですが気のせいかな。2A+2A+SEQを決めてCiSt。スピンでフィニッシュしました。今回はすごく慎重すぎたような気がします。もっとがりがりやらないと。133.98。あー点出ませんね。

クセニア・マカロワ。東京事変のはたさん(Dr)みたいな髪型してる。マリリン・モンローの曲。3Fは豪快に転倒。降りられてたのに惜しい。スピードはありますよ。妹のあとだとすごく速く感じる。3T+2Tは決まりました。3Loも成功。すぐスパイラルに入って指をかんだりしています。マルケイとは違うところをアピール。ビールマンスピンのポジションもきれいです。3Lo+2T+2Loとリズムにのってきましたね。3S+2Tも決めました。2Aはステップアウト。軸がずれてしまいましたね。2Aは手をつきました。どっちかコンビネーションにしたかったか。スピンからまた音楽が変わってSlSt。これは本来の滑りのうまさがよく出た演技に。最後までしっかり演じました。ジャンプはいくつか決まりませんでしたが、マカロワのよさは出せてましたね。がんばった。142.67。

ジョエル・フォート。映画「13ウォーリアーズ」より。3Lz+2T+2Loから決めます。つなぎの演技もしっかり入れながら3F。3Sも決めていい出だし。このままいきたいですね。スピンも安定してますよ。2Aはしっかりリカバー。スピンからスパイラル。アメリカならもうちょっとスパイラルにプラスアルファがほしいなあ。3Lzで転倒してしまいました。ここまでよかったのに。がんばれ。3T+2A+SEQを決めてきます。がんばってる。SlStは粘り強く上下の動きを入れていました。3S+2Tも成功!最後のスピンもがんばりました。ジャンプがよく決まってましたし、安定感ありましたね。でも139.70。確かに曲の解釈にもうすこし力をさかないとですね。

ヴィクトリア・ヘルゲソン(姉)。手にふわふわのがついてる。ミュージカル「サンセット大通り」より。3T+2T+2Loから入りました。動きにキレもありますね。3Lzは転倒してしまいました。出だしはよかったんですが。3Loはなんとか。CiStはエッジをうまく使って躍動感を出してます。スピンは曲が変わったのをうまく使ってますね。3Fはシングルに。ジャンプは最初はよかったのにFSはあんまりあわないですね。スパイラルで立て直そう。終わり際に2A。スピンは1つ1つのポジションをしっかり回ってますね。3Lo+2A+SEQはしっかりクリーンに決まりました。3Sは手をつきましたね。スピンのあと少し早く終わってしまいました。うーん今回はジャンプが決まりませんでしたね。スピードのあるキレのある演技だっただけに。145.75。あれ、妹がもう客席でリラックス。苦笑いのキスクラ。

今井遥。上位を狙ってがんばってほしいですね。「マイ・フェア・レディ」。ジャズの雰囲気よく出してますね。3Lo+2Tから入ります。いいぞ。3Lzも成功。曲調が変わって激しい動きも音をしっかりとらえてますね。3Tで転倒してしまいました。どうもトゥーループが苦手らしい。3Loはステップアウト。速いスピンで立て直していきましょう。曲が変わってすいすい滑りながら、3S+2Tはおっけー。スパイラルを挟んで3Sはあぶないところ。2Aは踏みとどまりました。降りに乱れがありますね。CiStは少し疲れてきたか。もうちょいもうちょい。スピンの回転は速い!ビールマンになってもあまり落ちません。そして最後のスピン!がんばりましたー。ジャンプのランディングが悪くても、その分表現でリカバーしてました。ほんと雰囲気ある選手。142.94。TESがのびませんでしたねー。

キャロライン・ジャン。ドヴォルザーク「チェロ協奏曲」。3Fはコンビネーションにはならず。3Lzは転倒。まだルッツの悪いところは完全に直ってはないみたいですね。2Aはクリーン。スピンはさすがの安定感です。3Lo+2Tは最初のをリカバーしたか。スパイラルは180度開脚。この柔軟性。3Fは転倒。2回目ですね。がんばって!3Lo+2Tでセカンドで転倒。どこか痛めたかもしれないですね。SlStもキレがないですね。場内も拍手で励まします。えらいぞアメリカのお客さん。2Aから最後のパールスピン→レイバックスピンの必殺技がついに出ました!これはいよいよ復活も近いですね。ルッツフリップのチューニングがうまくいけば。140.70。うーん伸びませんでしたね。

カロリーナ・コストナー。今日の調子はどうだろうか。モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番」。3Loは高い!すごい高さだ。そしてこの高速移動からの3Fもばっちり。今日の調子はよさそうです。スパイラルもみせますねー。2Aも流れのあるいいジャンプ。スピンのポジションチェンジもさることながらそれに手の表現力がついてます。速い滑りから2A+2T。ここまで安定してるとは。3T+2Tもクリーンそのもの。3S+2T+1Loは最後にちょっと乱れましたが大丈夫。SlStはこの曲調もいかしながら難度の高いエッジワークを。最後のスピンもまったく問題なくフィニッシュ。これはすばらしい!フェラーリの実力をしっかりみせてくれましたね。なにげない腕の使い方、足ののばし方から生まれる芸術。177.35!

全米チャンプ&ファイナルチャンプ、アリッサ・シズニー。うーんコストナーがほぼノーミスできているので、転倒だけは避けたいところです。緊張してないかな。スケートの神よ見守りたまへ。シベリウス「悲しきワルツ」。難易度の高い曲ですね。滑りはいいぞ。3Lz+3Tにトライしました!ちょっとセカンドは回転足りてないっぽいけど。3Fは手をつきました。3Loはあぶないところでした。スパイラルで持ちなおそう。がんばれがんばれ。曲が変わってフライングキャメルスピン。しっかりしたポジションからチェンジチェンジ。すばらしいです。3Lzは成功。3Sはダブルになりました。転倒しなければ大丈夫。3Lo+2Tは3連続は自重。2A+2T+2Loとここでリカバーしました。180度開脚スピンは相変わらず非の打ち所がないです。CiStはほんとに微妙なチェンジオブペースをエッジワークで作り出して物語を生成。最後は氷上の秘宝ビールマンスピンでフィニッシュ!ありがとうございまーす!うん、そんなにひどく転倒しなかった。だいぶ緊張してたっぽいからなー。でも完成すればものすごいプログラムになりそう。たのしみです。これはだめだろうなー…177.48!え!?うわーちょっとの差!鼻差で優勝です!やーったー!!あぶねー!!

○最終結果:
1. 全米モンドセレクションチャンプ&ファイナルモンドセレクションチャンプ・アリッサ・シズニー製菓
2. コストナー食品
3. ヘルゲソン姉菓子工房
4. 今井乳業
5. マカロワスナック

いやーあぶなかった。全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニーがなんとか優勝ですよ。地元やし顔たちましたね。コストナーにかわされたかと思いましたが、演技の中でも3連続をつけたり、少しでもがんばろうとしたのが効いたのかもしれません。はらはらしましたがシズニーにとってはこれくらい普通ですからね。そんな中でしぶとく勝っていきながら、勝たなくてもいいから結果を残しながら、3-3や3Sの精度をあげていきましょう。個人的にはいつものようにスケートの神様にお祈りしましたが、0.13で勝たせてくれるとは。感謝いたします。あの「悲しきワルツ」の完成型はほんとにすばらしいものになるでしょうね。

2位はコストナー。FSは当然トップ。今日のコストナーは最高でしたね。完全にやられたかと思いましたが、ミスはジャンプ1つとスピンのレベルがあんまりあがらなかったくらいですね。さすがの力です。いつもこの力出されたら無敵なのですが。曲もあまり盛り上がりのない曲を美しいプログラムにしあげてます。さすがコストナー。やっぱりコストナーはフェラーリや!

3位はヘルゲソン姉。1,2位とはだいぶ離されてますが、よくがんばって表彰台をつかみました。4位は今井。あと3点で表彰台だっただけに追い上げたかったところですが、4位は立派です。まだシーズンは始まったばかり、しっかりプログラムを仕上げてもらいたいものです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 アメリカ大会(3):女子シングルSP

KVDP Go (もとねた:Everybody Go 歌詞)

前の時代のチャンピオンさぁ掴めNo.1
3-3-3 Go カモンカモンカモン KVDP Go!

すべってGO GO! 超ゆっくりSPIN SPIN!
跳びあい まわりあい 気分上々!
ヤバイ演技なの? どのへんがSOSO?
ジャンプ決めれば気分はgood job!

ヴェテランの情熱で 明日を乱しにいこうぜ
ノリにのっかってGO K.V-D-P
3-3-3 GO

前の時代のチャンピオンさぁ掴めNo.1
歓声よため息に変われ!! アアー
気まぐれに過ぎていく 今しかない時間を
さあカモンカモンカモン KVDP Go!

まさかの男子シングルでのバンデルペレンの活躍に気をよくして、勇み足に替え歌を作ってもらったマイク松ですこんにちは。Mikeも僕ももとねたをまったく知らないのですが、おゆるしくださいね。EverybodyとKVDPが似てるなと思ったので。

さて!KVDPの活躍に気をよくして(関係ない)、女子シングルもがんばってもらいましょう!今日は女子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、アメリカ大会、女子シングルSP。実況はシミズさん、解説は横谷さん。今年は横谷さんでいくんですかね。

アメリカのジョエル・フォート。「シルク・ド・ソレイユ」より。スピードがある。でも3Lzは回転不足でオーバーターン、コンビネーションになりませんでした。あー。しかし次の3S+2Tでリカバー。スピンは回転が速いですね。SlStは前半片足で。粘り強くステップしてます。イナバウアーから2Aは成功。スパイラルもしっかりこなしてますね。たぶんジャンプは強そうなので、そっちの確実性を高めるか、表現力を高めるかだったら技術点をあげた方がよさそう。48.86。

アメリカのキャロライン・ジャン。おっとだいぶ分厚くなってるようですが大丈夫かな。「夜明けの翼」。しかし流れのいいステップから3F+2Tを決めてきました。これはよさそうですね。3Loもベリークリーン。スピンはエントランスが難しいと横谷さん。そして体の柔らかさは健在のスパイラル。2Aはステップアウトしましたか。I字スピンもやわらかく決めてますね。SlStもてきぱきと歯切れよく。途中でちょっとバランス崩した。そして最後のパールスピンからビールマンスピンでフィニッシュ。おーやりましたね!ついにジャンプの調整がうまくいったのかも。こんなにいい顔したキャロラインも久しぶりです。あとは滑り込んで絞るだけですね。55.05。

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン(妹)。映画「黄金の腕」より。こちらは筋肉少女隊でもしっかり鍛えてる。3Lzはちょっとタッチがあったか。3Fはタイミングがあわなくてシングル、しかもコンビネーションになりませんでした。スピンのポジションはよくて回転もキレがある。SlStは音楽にあわせてしっかり演技しているのがいいです。2Aはきっちり成功。レイバックからビールマンスピンはポジションきれいになった印象。ヘルゲソン妹もしっかりのばしてきてますね。グッドです!45.03。

今井遥。どんな演技みられるか。メンデルスゾーン「無言歌集109番」。雰囲気のあるきれいな動きですねー。3Lz+2Tはしっかり成功。3Loも決めました。しっかり滑り込んでいるからか、演技全体の流れがいい。ドーナツスピンはすばらしい出来!回転も速いです。中野以来のクオリティ。2Aもばっちり。スケートもよく滑ってるし、曲の解釈がCiStにも反映されてますね。レイバックスピンはポジションもきれいだし軸もばっちり。ビールマンになっても速度が落ちないです。最後のスピンもレベルのとれるきれいなスピンでした。おおーばっちり!これはすばらしいですね!村主姉さんのような演技の歯切れのよさと、クワンのようなファンタジーをみせてくれました。54.67。

イタリアのバレンティーナ・マルケイ。また有香ちゃん夫のダンジェンコーチが担当。おもしろいメイクだマルケイ。「マンボ・メドレー」。3Sはきれいなジャンプ。3Lzは転倒でコンビネーションにならず。これは痛い。スピンはきれいなポジション。マンボのダンスはさすがの迫力。とたんにいきいきし始めました。2Aもおっけー。スピンもきれいになりましたねーマルケイ。コーチの指導かな。SlStもますますいきいき。マンボ大好きなんだろうか。妙に真夏の太陽とか想像させる。後半はそのことしか頭に浮かばないくらいでした。オマエの表現力はすごい!マンボ限定!43.19。

スウェーデンのヴィクトリア・ヘルゲソン(姉)。「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」。スピードに乗った滑りから3T+2T。3-3を狙いましたが。ステップからの3Loはなんとか。レイバックスピンからチェンジエッジは今シーズンからのレベル上げの手段らしい。SlStはパワーをいかした躍動感のある構成。2Aはうまくいきましたが、フライングキャメルでバランスを崩してしまいました。しかしうまくまとめてフィニッシュ。まずまずといったところでしょうか。姉としてはもうちょっとやれたのにという感じですが。51.13は不満そう。

グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ。おー今年からブライアン・オーサーの弟子ですか。のばしてくれるだろうか。「タンゴ・ジェラシー」。2Lz+2Tとトリプルにはなりませんでした。タイミングちょいずれたか。3Sもダブルに。まだジャンプは調整中ですか。2Aはなんとかもちこたえました。でもCiStはこれまでにない密度の濃さ。途中あぶないところもありましたが、エレーネはこれくらい密度の濃い方が躍動感とスピードが出ていいですよね。小さくステップを挟んで最後はI字スピンから、なかなか終わらない終わり方でフィニッシュ。でもオーサーの狙いもなんとなく伝わりました。今はきつくても、もっと上にいくためにがんばってほしいものです。成長に期待。42.51。

ロシアのクセニア・マカロワ。ロシアパゥワーをみせてほしいですね。「マリア・アンド・ヴァイオリンズ・ストリング」。最初のマイムがきれいです。いい動きだ。3Fは慎重にいったんですが転倒。入りはとてもきれいだったんですが。スピードはよく出てます。3Lo+1Tでいちおうコンビネーションつけました。2Aはステップアウト。跳び急いでる感じですね。スピンもこころなしかしょんぼり。スピンはポジションがいいし、足もよくあがってます。SlStでもスケートがよく滑ってる。のびがありますね。最後のスピンコンビネーションもとても1つ1つの要素が際立つ、質の高いスピンでした。ジャンプがうまくいきませんでしたが、これがばっちりいけばいいプログラムだなーという印象ですね。しっかり強化してます。45.95。

全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニー登場。ありがとうございます。エディット・ピアフ「バラ色の人生」。最初のやわらかな振り付けでぐっと引き込みますね。3Lz+2Tは3-3を変更して確実に。こんなことができるようになったとは。3Fもきれいに決めました!転倒するならここかと思っていましたが。2Aも流れよく成功、ジャンプばっちりです。ありがとうございます!あとはシズニーのスタンド能力全開というところですね!スピンは超ビューティフル。CiStはこの曲から作られているのではと思わせる、上質の物語が。うっとりさせたあとで180度開脚のスーパースピン。そして世界の宝石、ビールマンスピンでフィニッシュ!これはすごい!これはすごいわ!3-3とかじっくり追求すればいいんですよ。それよりも3-2や単独ジャンプが安定してきているのがすばらしいです。64.20!良質な滑りと高度な技術、そして至宝のビールマンスピン。万人を目覚めさせる演技でした。ありがとう!

イタリアのカロリーナ・コストナー。あれ?その衣装はどこで買ってきたんですかね?いつもすばらしい衣装なのに。「ピアノ三重奏曲第2番」。3T+3Tを決めてきました!やりますね!スピードに乗った滑りから3Loはなんとかリカバー。あのへんの強さもありますね。独創的なポジションのスピンから2A。途中のステップで足をつきましたがジャンプには問題なし。CiStはまた足をついたか。少し氷があってないのかな。スピンでフィニッシュ。今シーズン最初にしてはコストナーもジャンプの調整ができてるし、これで滑り込んでいけばファイナルにはきそうですね。あと衣装をなんとかしてください。60.23。

○SP終わっての順位:(特に意味なくお菓子な感じで)
1. 全米モンドセレクションチャンプ&ファイナルモンドセレクションチャンプ・アリッサ・シズニー製菓
2. コストナー食品
3. お口の恋人キャロライン
4. 今井乳業
5. ヘルゲソン姉菓子工房

1位はシズニー。いやーなんともファンタジックでドリーミーなプログラム&演技でしたね。夢見心地になっているとあっという間に終わってしまいます。今日も転倒しなかったことをスケートの神様に感謝いたします。ありがとうございます。FSでも転倒しないようにがんばってください。

2位はコストナー。例年この時期はまだまだ仕上がってない感じですが、今年はもうジャンプにミスがなくなってて心配なくらいです。絶好調は時間の問題ですし、安心してみられそうです。今シーズンのプログラムもコストナーのよさを引き立ててます。3位はキャロライン。こんなに調子のいいキャロライン久しぶりに見ましたよ。よかったよかった。あれだけがんばってるのにまだ18歳ですからね。花咲くのはこれからです。

4位に今井が入りました。これはうれしいですが、技術的にも表現的にも順当な上位進出。リンクを自分の雰囲気で支配する能力を、今井も身につけはじめているようです。パワーで圧倒するよりも雰囲気で支配する能力は、村主姉さん以来かも。一歩ずつ高めていってほしいものです。

NFL2011 week6 PHI@WAS

もばげーべいすたーず。うーんうーんマイク松ですこんにちは。

さて勝っても負けてもファンのうーんうーんという声が聞こえてきそうな、セクシーフットボール絶賛開催中のWAS。セクシー先生の天下はいつまで続くのか。WAS@PHI戦です!

・week6, WAS@PHI、実況は松野さん、解説は大杜さん

セクシーフットボール、終了
・長らくご愛顧いただきましたセクシーフットボールは終了いたしました、セクシー先生の次回登板にご期待ください

・いやーみてくださいよ今日の成績、9/22,143yds,4INTっすよ
・そりゃ3Q途中で干されますよね
・得意のヘルシーなのにサイドライン炸裂
・味方のINTですごいいいポジションもらうも、逆にINTをプレゼントしてしまう始末
・途中からベックに交代、ベックも8/15,117ydsですがQBドローでTDとってます

・しかしセクシーさんにも不運はありました、OLの要2人とTEクーリーが負傷退場、おまけにC交代
・トレインのランもさっぱり出なくなるし、パスプロもざるざるになるし、得意の投げ捨てすらやらせてもらえないほど
・おまけにたまにいいパス投げてもレシーバーがドロップするし
・ディフェンスも健闘しましたが何しろ相手のオフェンスもよかった、しゃあない
・マッコイが26att,126yds,1TD、勢い余ってリードHCにスタイルしたまま突っ込んでいくほど、食べられちゃうよ
・ヴィックも18/31,237yds,1TD,1INT+7att,54yds、通算でラン5000yds突破だそうです、おめでとうー
・ちなみに一番おもしろかったのは、ヴィンス・ヤングが1回だけ出てきてその1回がINTだったことです、0/1,0yds,1INT
・でもこれでPHIの勢いもつけてしまいましたね、いるかがNYJの勢いをつけたように
・進めロード・オブ・ドアマット

・ということでシャナハンHCも堪忍貯蔵施設の建屋も粉々に吹き飛んだようで、セクシーさんとベックを部屋に呼んで、先発交代を2人に告げたようです
・くぬぎの実の身長測定ではないかという意見もありそうですが、シャナハンはベックに賭けているを信頼しているようですし、何よりOAKがトレード期限ぎりぎりにカーソン・パーマーを獲得したようなので、もうがんばるしかないようです
・まあベックがだめだったらまたセクシーフットボール復活や!それまではヘルシーなのにサイドラインでがんばろう!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 アメリカ大会(2):男子シングルFS

休養。この休養はまた微妙だなと思うマイク松ですこんにちは。横浜しか使わないのかな。でもこういう形で休養させておいて、実はものすごい至れり尽くせりのセレブな休養ライフをエンジョイしていたら逆にいいのにと思います。実際極度に疲労しているはずだし。新しいオヤガイシャが激怒するような、ものすごい休養をよろしく。いっしょに休養するコーチ陣も含めて、ほんとにおつかれさまです。

さてこちらは始まったばかりのGPS、今日はアメリカ大会の男子シングルFSです。いつもはいい演技をしてくれればいいと思うのですが、なんかケビンとかいう人がSP終わって4位に入ってるんですよ。上位を脅かしちゃうぞ!?

フィギュアスケートグランプリシリーズ、アメリカ大会、男子シングルFS。実況は森下さん、解説はサノさん。

サミュエル・コンテスティ。「バラ色の人生」。最下位からリカバー期待。3Aはしっかり成功。よしよし。3Fも慎重に決めてますね。3Lzはステップアウトにおさめました。スピンにはもうすこし速さがほしいところ。2つめはよくできました。CiStはさすがの表現力。ポケットの中身を細かく工夫してますね。後半に入って3A+2T、3Loとしっかり決めてます。観客におもしろアピールも忘れない。2Aは流れを切らさないいい感じ。3S+2T+2Loは間にターンが入ってます。3T+2A+SEQを決めてからスピン。しっかりまとめました。よしよし、今日はコンテスティの滑りをしっかり演じられましたね。表現の工夫もさすがのこだわり。みていて楽しかったです。トータル190.20。

アメリカのダグラス・ラザーノ。ライサチェックの代役ですね。今日23歳の誕生日だそうです。がんばれ。「アディオス・ノニーノ」ほか。3Aは流れがある。3Tはダブルになってしまいましたね。ここにトゥーループがあるということは4Tを将来的に入れるんじゃないかとサノさん。3A+2Tも成功。アクセル得意なんですかね。3Lzからスピン。ポジションもいいし回転速度もあります。技術的にまとまってる感じですね。後半に入って3T+2T。イーグルから3Sとしっかり。3LoからSlSt。ぱっと終わってる感じか。最後に2A+2T+2Loをもってきてます。スピンでフィニッシュ。丁寧な演技が光りましたね。コンビネーションのレベルをあげていけば普通に上で戦えそう。192.95。パーソナルベストだそうです。そんなにうれしそうじゃない。

フローラン・アモーディオ。出た!虎縞の衣装だ。ミナミで大量に買ってきたんかな。「ベサメ・ムーチョ」ほか。ジャパンオープンの演技ですかね。最初は4Tにチャレンジしますがトリプルになりました。3Aはきれいに決めました。あとはしっかりまとめていきたいですね。スピンからダンスパートに。サンデュ先輩の霊を召還せよ!さすがのダンスレベルです。3Loは軸がぶれましたがリカバー。3Aはダブルでコンビネーションにならず。3Lz+3T+SEQみたいな感じになりました。3A、2F、2Aと跳んでます。だいじょうぶかな。SlStはちょっと乗り切れないか。昨日は最後のスピンがLv.1になったらしいですが、今日は無難にまとめました。うーんジャンプを気にしすぎてダンスも乗りきれない感じでしたね。守りに入らずもっとはっちゃけていっていいのに。187.60。

アメリカのアルミン・マーバヌーザデー。きましたね。映画「キル・ビル」より。4Tは転倒で回転足りず。ちょっと高さが出せなかったか。3A+2Tは決めました。ステップから3Lzはシングルに。うーん。3Loはおっけー。CiStはエッジよく使えてますよ。若い頃の小塚みたいな滑り。3Aは高さが足りず転倒。スピンはさすがの出来。3Fは手をつきました。ジャンプがまだ調整できてないか。2Aでスピン、最後の3Lzはステップアウト。うーん。SlStはすいすいと滑っていきました。確かにサノさんのいうように4Tの失敗からリズムを立て直せない感じはありましたね。もっと全米チャンプ&ファイナルチャンプのシズニー先輩を見習って、そこからどうリカバーするかを考えるのです。179.07。

カザフスタンのデニス・テン。髪型がぽいぽいおもしろい感じでいわゆるアホ毛がいっぱいになってます。小宇宙が燃えているのか?「アディオス・ノニーノ」ほか。4Tは詰まりましたがしっかり決めましたね。3Aも流れに乗って成功。もっとスピード出してほしいな。3Lz+3Tもばっちり決めて波に乗ってきたぞ。CiStはローリー・ニコルっぽい振り付けですが、よく消化してますね。スピンもおっけー。後半もしっかりまとめてほしい。2A+2T+2Tは3Aにはならなかった。3Fで転倒。ちょっと疲れてきたか。持ちこたえて!3Lzもダブルに。3Loからスピン。このポジションはかっこいい。3Sもステップアウト。SlStは最後の力を振り絞る感じ。気合いはまだありますが、ステップ終わりに0.5秒ほど休んでる時間があった。うーん前半の出来を維持したかったですねー。あのままいったら表彰台もあったかと思いましたが。197.98。これから体力つけましょう。うしろの模様からキャロルおじいちゃんのうしろに後光が差してるみたいだった。

リチャード・ドーンブッシュ。「荒野の用心棒」ほか。いい出だしだな。4Tはやわらかいひざでなんとか吸収して成功。かっこいいです。3Lzもおっけー。3Aはツーフットになりましたね。まずまずや。SlStをここにもってきてるんですかね。おもしろい構成。ドーンブッシュはいつも一工夫してきますよね。スピンはばっちり。西部劇のおもしろさをへんな笑いの表現でもってきてます。後半に入って3Aは抜けてしまいました。3S+2A+SEQはクリーンに決めました。スピンから3Lz+3Tを決めて、一発銃を撃って笑わせます。3Fはダブルに。馬に乗ってCiSt。これもエキサイティングな構成。最後の3Loは転倒してしまいました。スピンでフィニッシュ。おおーこれはすばらしい。ジャンプのミスはありましたが、ついにアメリカに小芝居王が登場しましたよ。ジュベールお父さんの後継者は北米にいました!でもまったく流れを切らさない、ステップからも西部劇の緊迫感が出てくるような。こいつはやりますね。アメリカのガールズたちも応援してあげておくれ。202.27。

ケビン・バンデルペレン。またおもしろい衣装きてきたよ。がんばれ表彰台!「仮面の男」より。4Tはばっちりでした!あんなに助走にスピードないのになんで成功するんだろう。3Aはステップアウト。3Fはおっけーですね。基本的にあとはぐるぐるまわっているだけなのですが、なぜか目が離せない。ケビンもここでSlSt。もう疲れてるみたいに見えますが、ただたんにつなぎの演技に興味がないだけです。3S+3T+3Tきました!3-3-3!さすがですじゃ。3Lzはダブル。このへんでさっきのを帳消しにするあたりもケビン。3F+2TからCiSt。そのおわりに合わせて3Loもばっちり。2A+2Tから最後は止まりそうなスピンでフィニッシュ。うーんまさにKVDPの滑り!ビッグジャンプで驚かせても、あとではきっちり悪い方に帳尻を合わせてきます。そしてエレメンツ以外に興味はなし。これぞ漢の滑りというものですよ。212.48!おートップにきました!いちおう点にガッツポーズをしたりしてますが、ほんとに点に興味あるのかわからないところもすごい!

村上大介。映画「グラディエーター」より。3Lz+2Tは3-3の予定だったみたい。気にせずいこうぜ。3Aは高さもありましたよ。3つめにクワドルプルを用意。4Sは転倒してしまいました。おしいなー。CiStはしっかり戦いを表現してますね。動きもいいしケビンのあとのせいもあるけどすばらしく見えます。スピンも曲にうまくあわせてる。3Aはツーフットっぽかったか。3Fはおっけー。3Fはツーフットでコンビネーションにならず。3Loはクリーンでした。イーグルとかのエッジワークはとてもいいですよね。3SからSlSt。がんばってます。最後のスピンも回転速度ありました。がんばりましたね。曲全体で表現しようという意思を感じましたよ。193.32。村上もキャロルおじいちゃんなんや。

小塚崇彦。上を狙っていきましょう。「風の谷のナウシカ」より。さすがのスピードから4Tにいきますが転倒。ちょっとタイミングあわなかったですね。3Aはその前のステップからして最高です。3Lzで転倒してしまいました。これもタイミングずれた。スピンで取り戻しましょう。CiStは片足で長く滑ってましたね。曲にしっかり乗ってます。3A+2Tは詰まってしまいましたがなんとか。3Fは左足でウォーレンを入れているのはかなり高度とサノさん。なるほどー。3Lo、3Sもおっけー。3LzからSlSt。この表現もいいですねー。伝わってくるものがあります。スピンでフィニッシュ!よしよし少しずつ演技が固まってきましたね。でもジャンプの調整にはもう少しかかりそうですね。じっくりやって完成型をみせてほしいものです。212.09。うわー!1位じゃないのか。このままじゃケビンが優勝しちゃう!

ミカル・ブレジナ。しっかり優勝してくれよ。映画「アンタッチャブル」より。3Aはでかいしきれい。3F+3Tをここで入れてきました。4Tの予定を変更したか。3Sはここも4Sの予定を変更。賢明な判断ですね。CiStはさすがのうまさ。もっとエッジワークがよくなってます。と思ったら足ついたか。スピンから後半に入って3A+2Tはなんとか。3Fはほんとに高くて長い。3Loはシングルに。しっかり。ステップからの3Lzは転倒。最後も1A+2Tになってしまいました。大丈夫だよね?スピンももっと質を上げている感じ。SlStもでかい演技ですねー。1つ1つの演技が大きくて迫力がある。スピンで締めました。よしよし大丈夫でしょう。でもシーズン最初としてはよくまとまってますよ。これから詰めていきましょう。216.00!なんとか逃げ切りました。あぶねー。ケビンが携帯で電話してる。iPhoneかな。

○最終結果:
1. ブレジナ薬局
2. ケビンファーマシー
3. 小塚製薬
4. ドーンブッシュ薬店
5. デニス・テン漢方

優勝はブレジナ。結構リードつけてたけど、終盤でミスが続いて、すわケビン優勝かと思いましたが、しっかり逃げ切りましたね。いやーそれにしてもすべての面でパワーアップしてますね。きっと昨シーズンの終わりよりも、けがする前よりも大きくのばしてきてるんじゃないでしょうか。ヤグディン以来のイケメンパワータイプの復活でしょうか。ジュベールお父さん?お父さんはお父さんです。カテゴリーはお父さん。とにかくブレジナはファイナルにも出られるでしょうしこれからが楽しみ。

2位にバンデルペレンがきました!まじで!?あんなにジャンプ以外興味なさそうなのに。チヨタイカイに勝てない若手力士みたいな状況が。なにしろFSは1位なんですからね。電話してたのは「もしもしおかん?オレ表彰台あがったから!ビデオとっといて!」みたいな感じだったのかもしれません。すごい迫力のジャンプ、クワドルプルに3-3-3とたんなるジャンプマシーンを超えた存在。まじでもうちょっとで優勝でした。ブレジナが4Tと4Sに挑んで両方転倒してたら優勝でした。ケビンが完璧な演技?それはちょっとなさそうなので考えなくてもいいのですが、それでも2位でも最高にうれしいです。にやにやがとまりませんよ。おめでとう!

3位に小塚がきました。本人も収穫はあったといってましたが、この時期にあの難しいプログラムを仕上げるのは至難の業。むしろ3位に入ってすこぶる順調ですよね。どこまでも気持ちのよいスケーティングはすでに完成しているだけに、ここから完成型に仕上げていってほしいところです。提案ですがファイナルあたりからナウシカの伝承にしたがって、衣装を青くして、スケートのブレードをゴールドにするのはどうですかね?

4位はドーンブッシュ。すばらしい小芝居王の誕生です。アメリカから出てくるとは驚きですが、このままその表現力を磨いていってほしいところ。というかジャンプもいけてますしね。5位はデニス・テン。スタミナがもてば表彰台もいけたかも。相変わらず素質十分のやつです。

というわけでスケートアメリカはケビン・バンデルペレンが2位にきました。ヴェテランの活躍がリンクに嵐を巻き起こす!小規模の!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 アメリカ大会(1):男子シングルSP

楽天栗原獲り。もうシーズンも終了直前、来季に向けてスポーツ紙の記事のとばしあいが始まってますね。そんな記事の中でも、ブランコ「森コーチについていく」のスポーツ紙側の意図が読み切れないマイク松ですこんにちは。この計略はどういう意図なんだろうと考えるのは結構好きなのですが、これはたんにデイリーのいやがらせ以上のねらいを読み取りづらいです。

さて!(話題を360度変える言葉)いよいよフィギュアスケートもGPSが始まりましたね。今日は男子SPの放送がありました。結構豪華なエントリー。何人放送されるか楽しみだなー。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、アメリカ大会、男子SP。実況は森下さん、解説はサノさん。なんかすごい景気のいいオープニング映像がでてきましたぞ。

村上大介。「フィーリング・ビギンズ」。4S+2Tから入りました。決めてきましたね!キレのある回転。3Aもおっけー。3Lzも成功。ジャンプしっかり決めました。スピンはもうちょっとがんばっていきたいところ。SlStは上半身もしっかり使って表現してます。最後のスピンはキャッチフットのポジションもしっかりしてました。SPの演技としてミスなくがんばりましたね!70.67!おおーいい点でましたー。

アメリカのリチャード・ドーンブッシュ。久しぶりですねー。ホームズみてるとオマエを思い出してました。ベートーヴェン「運命」。手をぱたぱたしてます。3Lz+3Tは距離もありましたね。滑りも前よりよく滑ってる感じ。3Aも決めましたね。ここを乗り越えたのは大きい。スピンはポジションがユニーク。ステップからの3Fは決めるもエッジが微妙か。構成もアメリカっぽい滑りですね。SlStは前半片足だけで。またぱたぱたしてる。でも躍動感のある元気なステップ。サノさんはスピンのポジションをほめてました。回転もよかった。見事です!しっかり仕上げてきてますね。70.03。惜しくも村上に届かなかったけどいい位置です。

フランスのフローラン・アモーディオ。ジャパンオープンこないだ見直したばっかりですが、あれからどうかな。「サマータイム」ほか。ステップからの3Fからきました。これはいいジャンプ。3Aは流れがあっていいですね。やっぱり前より滑り込んできてる印象。曲が変わって「ジャンピン・ジャック」。しかし3Lzからのコンビネーションがダブルになってコンビネーションになりませんでした。やーばーいー。でもステップで盛り返そうぜ。さすがの躍動感とエッジワーク。場内も盛り上げて味方にします。最後のスピンもがんばりましたが、微妙な顔でのフィニッシュ。あのジャンプのミスはでかいですねー。どのくらいでおさまってるか。62.46。うーんこれはきつい。

ベルギーのケビン・バンデルペレン。まだまだやりますよー。もう29歳ですがやるしかないよね。がんばれ。ライダーの変身ポーズみたいなのから。「フィーリング・ビギンズ」ほか。滑りのスピードはないけど3Aはばっちり決めてます。ケビン力。3F+3Tもパワーだけでとんでます。さすが29歳。3つめは3Lo。サノさんによると3Loの点数があがったからこれでも悪くないとのこと。よしあとはやっつけのスピンとステップで締めようぜ!ゆっくりなスピンからSlSt。おっ前半片足だ。点を取る気はあるんだな。止まりそうなスピンでフィニッシュ。やりましたね。大きなミスなくしっかり。70.09!ドーンブッシュより上や。

イタリアのサミュエル・コンテスティ。おっまたこのプログラムなんですね。見たことある衣装。すでに演技入ってます。「ハンガリー行進曲」ほか。3Lzでは着地で転倒。うーんこれは決めておきたかった。3Aは高さが足りずステップアウト。3Fもダブルに。まだジャンプは仕上がってないみたいですね。でもジャンプ以外は相変わらずの表現力。エンターテイメントに仕上げてますよ。SlStの曲のつかみ方もさすが。しっかりした技術をみせるスピンでフィニッシュ。ジャンプ以外は大丈夫みたいです。まあこんなもんでしょう。コンテスティのジャンプ以外とバンデルペレンのジャンプが合わさればいいんだな。フュージョンだ!55.52。少な!

チェコのミカル・ブレジナ。おっ少し見違える。体をしっかり締めてきましたね。これは期待できそう。「ベスト・オブ・鼓童」より。3Aは高さも距離もばっちりでした。3F+3Tもすばらしい安定感。3Lzもまったく問題なし。ブレジナのジャンプが戻ってきたという感じですね。鼓童の音楽でちょっと忍者っぽいスピンの入り。ポジションもきれいです。回数をしっかり数えてます。SlStは音の取り方が見事。エッジも深いし力強い表現があります。最後のスピンもしっかりまとめてフィニッシュ。うーん今シーズンのブレジナはやってくれそうですよ。ジャンプの安定感に加えて表現力も大幅アップ。79.08!きましたねー。

小塚崇彦。「Inner Urge」。さすがの滑りのよさ。あっという間にスピードにのります。ウォーレンからの4Tにチャレンジしましたが惜しくも転倒。惜しい。3Aは手をつきましたか。でもまったくペースを乱さず質の高いスピンにつなげてますね。3Lz+3Tのコンビネーションはだいじょうぶ。SlStはエッジワークがすばらしすぎますね。チェンジオブペースがジャズのリズムと相まって物語が紡がれます。最後の高速スピンもばっちりでした。ジャンプのミスはありましたが、それ以外でしっかりリカバー。滑りの良さはしっかりみせましたね。70.69は2位。

はーいデニス・テンとマーバヌーザデーはスキップですね。10人なのに全員流してくれればいいのに。

○SP終わっての順位:(特に意味はなく製薬会社とか的に)
1. ブレジナ薬局
2. 小塚製薬
3. 村上薬品工業
4. ケビンファーマシー
5. ドーンブッシュ薬店

SPトップはブレジナ。安定感ありましたね。4回転にはSPは挑みませんでしたが、パワーのあるジャンプは健在。加えてしっかり滑り込んできた感じがします。FSはとても楽しみですね。というか今シーズンが楽しみ。

2位は小塚。ジャンプが決まりませんでしたが、それでも2位を決めてるのはさすが。その他のエレメンツでもりもり取り戻してきましたね。まあ当然です。FSではがっつり取り返して、しっかり優勝狙いましょう。

3位に村上がきました!村上といえば佳菜子じゃなくて大介やと。ダイスケといえば高橋じゃなくて村上やと。そんな因果な名前の村上ですが、今日は4Sを決めて3位にきましたね。FSでも思い切った演技に期待。4位はまさかのバンデルペレン。ジャンプ以外はほんとにゆっくりゆっくりやってますが、それでもジャンプはパワー満載。上位をうかがいましょう。29歳で表彰台や!ドーンブッシュは5位。堅実な演技をすれば表彰台もいけるかもしれんぞよ。

アモーディオは出遅れましたが、へこんでいる場合ではないですからね。少しでも上に順位を上げて、ファイナルを狙いましょう。デニス・テンとマーバヌーザデーはがんばっているらしいので、FSは演技がみたいです。

NFL2011 week6 MNF MIA@NYJ

WOWOWでのサマソニのダイジェストみているマイク松ですこんにちは。海外勢はさすがに日本くんだりまできてくれるだけあって実力派ぞろいですが、そんな中でも国内勢がんばってましたね。MAN WITH A MISSIONのパフォーマンスかっこよかった。テレビが映像に配慮してくれてるのがおもしろいです。the telephonesPerfumeTHE BAWDIESONE OK ROCKNICO Touches the Wallsも力強いパフォーマンスでした。好きなアーティストばっかりだな。

さて!力強いパフォーマンスといえばいるかですよ。まあ出来てないって意味ですけど、いまだ勝ち星なし。それなのに今年強いといわれていたNYJに、こともあろうにマンデーナイトでぶつけてきます。あきらかにかませ犬、いやさかませいるかでしょう。でも簡単には勝たせてやらないぞ。最終的には勝つにしてもだよ。

week6, MNF, MIA@NYJ。実況は星野さん、解説は生沢さん。

例の歌手がおろされて、おもしろいオープニングが復活しているのはいいのですが、ファイアマンエドがすごい気合いを入れています。やめてエド!気合いの無駄遣いよ!

NYJオフェンス。いるかDもしっかり守り、パスは惜しくも通りませんでした。パント。よかった。

MIAオフェンス。今日からムーアが先発QB。ブッシュが最初のランで大きく前進。よしよしもうオマエが頼りだ。マーシャルはすごく気合いが入っていて、MNFでは途中退場になるくらいモンスターのようになるといってたそうです。3rd&1でパスにいきますがとれずパント。大事にいこうぜ。おっ!パントは2yd。

NYJオフェンス。セーフティセーフティ!ちょっと進まれますがランはしっかり止めてます。パスも防いでパント。KRをブッシュがやってる。得点のチャンスが少ないことがよくわかってますね。

MIAオフェンス。トーマスがパスキャッチからいい当たりで1stダウン。よし。マーシャルがリービスのカバーをかわしていいキャッチ。わーい。相手陣からだったのであっという間にレッドゾーン。なんとかTDとれんかなー。しかしここはリービスに防がれてしまいました。でもFGを成功!なんといるかが先制です!い・る・か!い・る・か!

いるかキックオフでスクイーブを蹴ると、NYJのカバーチームに当たってMIAリカバー!やったー!これはうれしい!もうレッドゾーンですよ!3rd&7でパスにいったらリービスにばっちりどんぴしゃパス!なぜー!そのまま100ydsINTリターンTD!もうどういうことやねん!!!大事にいこうや!追加点のチャンスが逆転されてもうたわ!

ふたたびMIAオフェンス、今度はがっつり自陣深くから。トーマスのランはいいがパスが通らずパント。なぜ投げさせる!もうハンドオフでええやろ。客席にライアンHCのコスプレしたファンがいる。

でも次のNYJオフェンスはパント。ディフェンスはよくがんばってる。MIAオフェンス。ブッシュのランで1stダウン。マーシャルはワイドオープンでキャッチしましたが、走っているうちによろけて出てしまいました。TDいけたのにもったいない。でもレッドゾーン。ヒラードのスクリーンで前進。これはいいコール。トーマスは止まらず押し込んで、3rdダウンでパスはマーシャルが逆リードでとれませんでした。とってやってくれよ。FGは決まりました。マーシャルはTDチャンスでのドロップがとても多いとのこと。そういうのは強い他のチームでやってくれよ。

NYJオフェンス。今はショッテンハイマーOCのもとでパスを増やしているようで、それで批判が強まっているらしい。ここもパスが通らずパント。ずっとこの調子でやってほしいなあ。

MIAオフェンス。トーマスはいいランしてますね。と思ったらファンブルで前にこぼした!と思ったら前にいたファサーノがうまくリカバー。助かります。気をつけてあげて。相手の反則を利用して1stダウン。ズルしてでもいいから勝ちな!ブッシュがロスタックルされパント。

NYJオフェンス。ようやく最初の1stダウンがでました。いいランディフェンスでトムリンソンを止めますが、ケラーに通して前進。がんばってーディフェンス!トムリンソンへのショベルパスで不意を突いてレッドゾーンを前進。最後はサンチェスがQBドローで飛び込んでTD!これはやられましたねー。2ミニッツに入って追加点。きついよー。

MIAオフェンス。ブッシュがいいランもうしろからファンブルフォース!ボールが外に転がったので事なきを得ましたがあぶない。もうこのまま時間を流して前半終了、MIA 6-14 NYJ。

後半、MIAオフェンスから。生沢さんが指摘したらすぐファサーノにパスを通して1stダウン。FBクレイが抜けていましたが、長いパスは取り切れず。トーマスが個人技で1stダウンとりました。よしよし。ハートラインに通して前進。反則ももらいます。しかしムーアは投げ捨てずにロスタックルされるわ、ハートラインがドロップするわ。マーシャルへのロングパスは低すぎてクロマティに守られてパント。攻めが普通に下手すぎる。

NYJオフェンス。なんかパスが通り始めた。ボールコントロールでランをうまくつかってるからか。イリーガルコンタクトもとられるし、スクリーンは出るし。時間をたくさん使われるし。僕もなんだか息も絶え絶え。気を遣ってくれたのかディレイとられてる。ここからTDはとれずFGに。

MIAオフェンス。超ロングパスを狙うも3人カバーで通らず。むしろINTされなくてよかった。パント。

NYJオフェンス。パントにはなるもののパントはすごいいいところに。いるかのマリーノ以後の華麗なるQBリストが。速すぎてよくわからないくらいいる。

MIAオフェンス。マーシャルとリービスがボールを奪い合うようなキャッチはチャレンジでインコンプリートに。パント。もうオフェンスが出る気がしない。

NYJオフェンス。ボールコントロール。バレスならとれるパスでしたがドロップ。あぶねー。しかしホームズがパスキャッチし、味方のブロックをうまく使ってそのままエンドゾーンにTD!ぎゃー!!バレスのブロックですね。最高でした。

そしてまたMIAオフェンスはパントでNYJオフェンス。ばんばんホールディングしてくれる。これが響いてパント。ありがたい。ベスのリターンはさっぱり。

MIAオフェンス。おまけにベスがパスをファンブルロスト!わーい。もう集中力が切れたので早送りして試合終了。MIA 6-24 NYJ。

特に何もありません!予想通り!簡単に勝たせてしまいました!

…でもまああのリービスのINTリターンTDがなければ、最悪9-0だっただけに痛すぎましたね。序盤は狙い通りとさえいえたのに。ムーアのパスに頼るようなオフェンスはそもそもきついですよね。ペニントンが戻ってくるまで(来年だけど☆)、ラン中心のオフェンスでいってほしいものです。トーマスはいける。がんばれ。なんとか1勝しようぜ。(低い目標)

フィギュアスケートジャパンオープン2011(フォローの前半メモ)

富井の(元)親知らずは抜いたあとはちょっとはれているようで、だいぶおとなしくなっています。「やわらかいものが食べたい…」などというのでエクレアを買ってきてあげたマイク松ですこんにちは。でもハンシン戦をみながら「真弓監督の焼きおにぎり食べたい…」「下柳の五島うどん食べたい…」「男桜井豪快弁当食べたい…」「マートン平焼き食べたい…」などと甲子園グルメもう食べられなくなりそうな弁当に思いをはせていたので、比較的元気なようです。

さて、10月のはじめに放送があった、フィギュアスケートジャパンオープン。残念ながらキャッチしておらず、途中から見始めたメモだけになっていました。こないだBSジャパンで再放送がありました。前半だけチェックしてみようと思ったのですが、やっぱりみておいてよかったです。

フィギュアスケートジャパンオープン2011、実況は小島さん、解説は有香ちゃんとホンダバン。

オープニングで選手入場。今回はサラ・マイヤーが欠場になり、そこでなぜか代役でタクタミシェワが登場。代役が完璧超人とは。ということで欧州チームはタクタミシェワ、レオノワ、アモーディオ、ガチンスキー。フレッシュ。

北米チームはロシェット姉さん、全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニー。そしてパトリックちゃんと相変わらず男前なジェフリー・バトル。みんなでそろってがんばるぞー的なポーズを決めていました。やるな。

日本チームは鈴木、安藤、高橋、小塚。安藤はこれだけでもきてくれてほんとにありがたいですね。解説は有香ちゃんとホンダバン。ホンダバンさんなんであのメンバーに入ってないんですか。

まずはアモーディオから。いきなりすごい虎縞の衣装で登場。こういう人大阪のミナミには結構いるんですけどね。「ベサメ・ムーチョ」。てっきり桧山のテーマかと思ったら。4Sからチャレンジ。高さが足りなかったですがリカバーしてなんとか決めてきました。3Aもおっけー。ぱっと見ですがスピン練習してきてるみたい。曲が変わってサンデュ先輩の霊を召還し、すごいダンスがきました。CiStの部分みたいですがとても独創的。3Loはダブルに。3A+1Tとなんとかまとめてきました。2Lz+3Tとジャンプはまずまずのようですね。そしてジャングル的な音楽から2Lz+3S+SEQ、3F、1Aとジャンプをまとめきれないか。でもSlStは高橋に挑んでいくようにがんばってます。自分なりに課題を持って取り組むこの1年の決意が感じられるようです。よしよし、上々です。キスクラではロシア女子2人にはさまれてますが、もうちょっと出せよ的な雰囲気でした。すてき。

続いて小塚。映画「風の谷のナウシカ」より。これはたのしみ。4Tは転倒。でも曲の雰囲気をよく表現してますね。3A、3Lz+2Tと跳んできます。CiStはこれまたすばらしいエッジワーク。これはすごい。ぜんぜんうまくなってるじゃないですか。すごい。3A+2T+2Loはしっかり決めました。有香ちゃんのいうとおり演技者として大きく成長してる。ステップからの3Fも流れがある。3Lo、3Sは問題なく成功。3Lz+2TからSlSt。ちょっと足をついてましたがいいステップ。難しそう。最後はしっかりスピンでまとめてフィニッシュ。いやーすばらしいプログラム。もうこの時点でここまで仕上がってる上に、まだまだ詰めるところがある。それでいて表現するものがとても伝わってきます。いいプログラムやー。

なんかこの大会のキスクラ、同じようなのが3つ用意してあるんですが、向こうに信夫先生がいたような。どういう配置なんや。

続いてバトル。3F+2Tきれいに決めました。なんや全然いけるやん!エッジワークもまったくクリーン。3Aまで決めてきますよ。ぐわー。キャッチフットスピンもポジションがとてもいい。まだまだ滑りでどしどし物語を紡いできますよ。イーグルから3Lz+2T+2Lo。現役やん。3Sも軸がずれても修正。3Fはダブルに。イナバウアーから2Lo。そろそろ疲れましたかね。ステップで表現するところはさすが。これだけ抽象的なテーマを重厚に表現しているとは。2LzからSlStに入ってもまったく衰えない表現の意志。胸に迫るものがあります。最後のスピンの技術も最高。A字スピンとか教科書かと思えます。すごい。1人だけ引退してるのに互角に戦ってる。さすがバトルというところです。キスクラで左右のロシェット姉さんとシズニーの肩を抱き寄せるバトル。おとなしく寄る2人。それができるのもバトルですね。

2チームめはガチンスキーから。小島さんに「情念のスケーティング」っていわれてる。「インタビュー・ウィズ・バンパイア」より。4Tはスライディングタックルみたいになってかえってかっこいい。3Aは高さありました。3A+3Tを連続で成功。パワーとキレつけてきてますね。キャッチフットスピンのポジションもすばらしい。スピンも上達してます。短いステップにもしっかり表現。CiStは濃密かつ独創的な表現がありますね。有香ちゃんはもうちょっと流れを重視してとコメント。3S、3Loも余裕を持って。3Lzも大きいジャンプですね。3Lz+2T+SEQは間にターンが入りました。2A+2A+SEQからSlSt。勇壮な曲を華やかに表現。最後はちょっと疲れましたががんばりました。今シーズンは飛躍の年にしたいですね。さすがです。ポケモンをもってキスクラに。タクタミシェワもこの兄ちゃんは頼りになるわいという感じでした。

高橋登場。「ブルース・フォー・クルック」。なるほどー。こういうのも滑ってこそ高橋ですよ。4Tはツーフットで回転不足か。3Aはぎりぎり。3Sはクリーン。この曲調でもしっかりとした表現をうまく入れていますね。なるほど。あの華やかさをブルージーでソウルフルな表現にもっていけば、こんなかっこいいプログラムになるんですね。3Aはシングルに。3F+3Tは決めました。3Loはステップアウト。3Lzは転倒。だいぶ疲れましたか。3FからSlSt。音をうまくとりながらがんばってました。しっかり最後のスピンまで滑りきってフィニッシュ。これはいいですね!オリンピックシーズンにはできない、こういうチャレンジをしっかりやっていくことが大事です。この難曲を滑りこなしてほしいです。ホンダバンもナイスプログラムと太鼓判。がんばれ。

パトリックちゃん。どれくらい点を出すかが気になりますね。だいぶいい衣装着せてもらってる。「アランフェス協奏曲」。たのしみ。4Tは転倒も流れを切らさず。もうこんなにスピードが出てるし。さすがのエッジワークから4T+3T決めた。ぎゃー。3Aはしっかり転倒もCiStは芸術そのもの。流れに乗った上下動とチェンジオブペース、エッジワークだけでこれだけの表現。場内ももう静まりかえってます。スピンからつなぎの演技もしっかり。3Lz+2S+SEQ、3Loを流れに組み込んだ形で決めます。3Fもクリーン。3Lzは転倒。2AからSlStはカメラが追い切れないスピード。ぐんぐん滑ってきます。すばらしいエッジワーク。最後はしっかりフィニッシュ。うーんすごい。転倒は多かったですが、これが全部決まったらすごいことになりますね。ホンダバンの演技は史上最高ですが、これは違ったスタイル。こんなダイナミックでマーベラスなアランフェスははじめてです。スコアは…これほんとに3転倒入ってるんですかね?

間にゲストスケーターの演技。リード姉弟のプログラムは確かに雰囲気変えてきた感じか。がんばれ弟。荒川姐さんは相変わらず芸術性がどしどし増してますね。ホンダバンも日に日にうまくなってるとコメント。ホンダバンもがんばれ。バトルといい姐さんといい、プロスケーターの概念も変わってきたのでしょうか。

そしてスペシャルゲストとして羽生が登場。「白鳥の湖」は相変わらずすごい気迫。3Fの流れもすごくきれいだし、本当にショーにかける思いは強いものがあるんでしょうね。SlStは場内も息をのんで見守ります。あの片足でのシットポジションで移動するのすごいですよね。きてくれてありがとう。

そして後半戦、全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニー登場です。「悲しきワルツ」。最初の振り付けもしっかり曲をとらえてます。そして3Lz+3Tを決めてきました!うわー!すごい!3Fも決めてますよ!この序盤で3-3決めてきましたよ。信じられない。有香ちゃんが指導してくれたんだろうか。3Loもクリーンですね。スパイラルは100点。加点20(多すぎ)。小島さんの問いかけに5秒ほどフリーズしていたが、有香ちゃんによると3-3と、3Sを新しくエレメンツに加えているみたい。3Sはダブルになりましたが、3Lz+2T、2A+2T+2Loとジャンプにトライさせているみたいですね。180度開脚スピンは200点。加点50。SlStからビールマンスピンまでまさにゴールデンエレメンツの連発。これはすばらしいですね。全部しっかりいけばほんとにワールドチャンプもいけるかも。さすが有香ちゃん、ありがとうー!

…ということで残りは当日に書いた方をみてください。でもほんとに見直しておいてよかった。男性陣がこんなにがんばっていたとは。よかったです。今シーズンがますます楽しみになりました。

NFL2011 week6 MIN@CHI

富井が親知らずを抜きました。今家で伏せっているようです。明日は元気になったら消化試合を甲子園に見に行こうとかいっていました。回復を祈るマイク松ですこんにちは。いやただ弱っているだけなのですが。

ということで今日はNFL。MIN@CHIをみておきたいと思います。MINはあまり成績がよくないようですが、マクナブががんばってくれるのではと思います。OLはしっかり守ってほしい。

week6, MIN@CHI。実況は船岡さん、解説は宍戸さん。

MINオフェンス。ピーターソン3回でパント。穴があかないみたいですね。

CHIオフェンス。フォーテイのランをはさんで、カトラーの超ロングパス!走り込んでいたヘスターにばっちり通った!TD!すばらしいです!オマエたちのOCの名前を唱えよ!よっしゃー!CHI先制!

MINオフェンス。あやうくINTされそうなパスといい、パスドロップといいリズムに乗れない。パント。

CHIオフェンス。フォーテイのランがよく出る。インサイドではカットバック、オープンでは切れ上がり。個人技も強い。おっカトラーがアレンをランブロックにいってる。いいね。今度はロングパス通らずパント。

MINオフェンスは自陣5ydsから。そしてマクナブをアーラッカーがエンドゾーン内でサック!セーフティきました!DTパエアがいってるんですかね。CHIディフェンス乗ってましたね!

CHIオフェンス。またフォーテイの力強いランが出てる。そしてロイ・ウィリアムズにパスが通りました。ロイやりますね。こちらにきて輝いてる。またエンドゾーンすみっこを狙うが惜しくも通らず。今日のカトラーはよさそうですね。フォーテイのランと反則でエンドゾーン前3yds。最後はバーバーがすっごいいい穴をあけてもらってらくらくTD!オフェンスラインの勝利ですね!

MINオフェンス。やっとTEルドルフにいい感じのパスが通りました。わりとてきぱきとパスが通ります。バックに3人おくプレーも披露。進んでFGは決めました。ようやく得点。おっマイク・マーツが映った。

CHIオフェンス。フォーテイのランはいけてるけど、パスがターンボールになってパント。でもパントはいいところに落としてます。

MINオフェンス。マクナブのパスが安定せずパント。しかもパントがぜんぜんよくない。ヘスターを避けるあまりめっちゃパントが短くなってる。

CHIオフェンスは相手陣40ydsから。ヘスターへのパスでレッドゾーンへ。そしてサンゼンバッカーにパスを通してTD!今日のカトラーはキレてますね!

MINオフェンス。ベリアンに通して中央へ。がんばれマクナブ。スクリーンでシャンコーに走らせて1stダウン。その調子や。レッドゾーンにきました。しかしウェブのワイルドキャットをぎりぎり止められました。DB気をつけてましたね。ギャンブルにいこうとしますが、フォルススタートがあって結局FGに。しかもロングウェルが38ydsFGをひっかけてはずしてしまいました!ぎゃー。

CHIオフェンス。パスは通りますが、アレンがフォーテイをロスタックル。そしてグールドが51ydsFGをばっちり決めました。追加点。このまま前半終了、MIN 3-26 CHI。

後半、CHIオフェンス。アレンがカトラーをサック&ファンブルフォース!MINリカバー!ついにきました!久しぶりにフォー!ってやってるのみました!

MINオフェンス。後半はピーターソンが結構もってる。後半にとっといたのか。しっかりカットを切って前進。シャンコーへの縦パスが通ってレッドゾーンへ。ピーターソンにもたせて、最後もエンドゾーンに駆け込んでTD!MINがついにTDとりました。後半いい流れきたか!

しかしキックオフ、ヘスターがキックオフリターンTD!またやりました!すごすぎますね。MINのいい流れを一気に断ち切りました!すげー。もうディオン・サンダースに追いつこうとしてるんですね。

ふたたびMINオフェンス。マクナブをペッパーズがサック!そしてオコイエもサック!ぎゃー。勢いにのってきましたね。またすぐヘスターの出番になりましたが、今度は味方にぶつかってしまいました。

CHIオフェンスはまた相手陣から。TEデービスに通してレッドゾーン。しかしレシーバーが落球。FGになりました。ぷんぷん怒るカトラー。

MINオフェンス。ペッパーズがマクナブをタックルせずに押してサック。タックルするとパスをなげられるかもしれないのでそうしたと宍戸さん。なるほど。イドニジェイも連続サック!だいぶ押し戻してパント。

そしてCHIオフェンスはまたまた相手陣から。フォーテイのランが出る。もうボールコントロールですかね。セーフティバルブとしてもフォーテイは活躍。ヘスターにパスが通り、ラフィングザパサーももらってさらに前進。しかしTDはならず。FGでさらに追加点。

MINオフェンス。うわー!ポンダーが出てきました!NFLデビュー!ポンダーは2年で経営学学士とMBAを取得しているものすごい頭脳の持ち主らしい。すごいな。のっけから機動力全開!スクランブルで1stダウン、ラッシュをかわしてこれもスクランブル。でもホールディングで罰退。最初のパスはピーターソンへのラテラルパス。ハービンに長いパスも通して1stダウンきたぞ。なにしろパスラッシュをかわしてますからね。少しパスが逆リードになってしまいました。まだタッチがあってないみたいだけど、落ち着いてしっかり投げてます。追い立てられても機動力でかわしてしっかり投げ捨てました。ギャンブルにいきますがわずかに足りず。

CHIオフェンス。ボールコントロール。もうちょっと引っ張りたかったがパント。

MINオフェンス。ポンダーパスは投げ込んでいるんですがレシーバーとあわないですね。しょうがないですが。でもポンダーの機動力はほんとすごい。マクナブをいいお手本にしてがんばれそう。キャマリーオにパスを通して1stダウン。せっかく通してもホールディング。ギャンブルでパスを通しますがやっぱり届きませんでした。もう練習になってるな。このあとはCHIが時間を流して試合終了。MIN 10-39 NYJ。

CHIのいいところばかりがでましたね!マイク・マーツのいいところばかりがでましたね!(違う)

CHIはカトラーが21/31,267yds,2TD。ファンブルロストしたサックはありましたが、今日はそれだけ。プロテクションを増やしただけありましたね。フォーテイは17att,87yds。十分に試合を作りました。レシーブは今日はヘスターが5rec,91yds,1TD。加えてキックオフリターンTDが試合を決めましたね。ディフェンスも今日は10点におさえましたね。5sckはCHIディフェンスの面目躍如。

MINはマクナブが19/24,177yds。5サックでさっぱり調子も出ず。ペッパーズからも逃げ切れず。そのあとでてきたポンダーはさすがに元気。レシーバーとの呼吸が合えばもっといけそうです。あの機動力があればもっとやれますよ。ピーターソンは12att,39yds,1TD。もっと走らせてもよかったんですが。やっぱりNo.2RBをどうするかになるでしょうか。レシーバーはハービンの7rec,78ydsをはじめみんながんばりました。ディフェンスはFGに抑える集中力はあるのですが、あいにく攻められすぎましたか。OLはもっとがんばってあげないと。

ラッキーチャームが足りなかった・・・

最終試合にて、オリ、散りました!富井です。

いやー、最終戦の元気の無さ、ほとんどお通夜のようなベンチを見ていると全く逆転できそうにありませんでした。サッカー的に言うと「得点の匂いがしない」ってやつですか。得点の匂いどころか、加齢臭が漂うためか、CMもサントリーの加齢臭を絶つ石けんばっかりだったし。

珍しく応援ファックスもたくさん送られてきたみたいで(オリックス戦であんなにたくさんメッセージが読まれるのを初めて聞いた)、京セラドームもお客さんが入っていたんですけどね。

あのベンチを見ていると、やっぱり田口壮をクビにしたのは失敗だったと思いますよ。せめて坪井(やっぱりクビ)や北川(怪我)、下山(怪我)の誰かはベンチに欲しかった。A-岡田の恐怖政治は確かに強くはなるけど、ここ一番でのびのびやる力を引き出すことはできなかったのかな。西武の勝負強さとの違いはそこなのかと思いました。

それにしても、1ゲーム差を最後で逆転されるとは、ドラマチックな幕切れですね。去年も3ゲームを残したぐらいでちぎられ、あと1歩があと1毛まできたのですから、来年はAクラスを目指せるでしょうか。A-岡田のチームの理想に近づくにはあと打てるキャッチャーが足りないんですよね。伊藤が怪我をしなければ、それからT-岡田が去年ぐらいの成績を残せば、坂口が赤星並の盗塁をするようになれば優勝も狙えるチームになると思うのですが・・・うーむ。

クライマックスシリーズはソフトバンク、日ハム、西武になりましたが、このイケイケの西武をソフトバンク、ハムが止められるか、なんか去年のロッテのような匂いがするだけに気になりますね。

いよいよグランプリシリーズが開幕!BSで

A-岡田勝たなあかん。でもこの写真がうしろの人のあやつる文楽人形みたいにみえておもしろいマイク松ですこんにちは。一転してオリックスの自力優勝が復活し、フォルス・スタート商会極東事務所では富井のジンクスコントロールが活発になってます。「オレがみてたらロッテ負けるかも…」などといいつつ今日の試合もロッテに力を発揮させるべくチラ見。引き分けを呼び込みました。ひょっとして明日の試合も見ないのかも?いやさすがに見ると思うんですが。

さて(話題を大きく切り替える言葉)、いよいよフィギュアスケートのシーズンに本格突入!その号砲となるグランプリシリーズがもうすぐ開幕します!たのしみですねー。アメリカ大会はもう今週末ですよ!

GPSはテレアサが放映権をもってますが、アメリカ大会はなんかよく知らないスポーツニュース枠の中っぽいところで(ほんとに知らない)男子FSだけが放送されるようです。女子はどうなってるんだ。全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニーが出るというのに。

まあどうせチジョーハとやらは見るつもりはないので、BSアサヒではちゃんと男女シングルは放送されるようです。よかった。カナダ大会まで予定が出てるみたいです。

○アメリカ大会
10/22(土) 午後3:35~ 【男子ショート】
10/23(日) 午後3:20~ 【男子フリー・女子ショート】
10/24(月) 午後6:00~ 【女子フリー】

○カナダ大会
10/30(日) 午後1:00~ 【男女ショート】
10/31(月) 午後6:00~ 【男子フリー】
11/1 (火) 午後6:00~ 【女子フリー】

おさらいすると、アメリカ大会男子シングルは日本からは小塚と村上が出場。優勝争いはバンデルペレンはまだ出てくるのですが(かく乱部分)、ブレジナ、アモーディオと小塚が争うことになるでしょうか。もちろんバンデルペレンも出場はしますが。(かく乱部分)

女子は全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニーが地元を代表して登場。そこにコストナーとマカロワが挑みかかるも全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニーさまが余裕を持って優勝、という展開を期待しています。ヘルゲソン姉妹がそろって登場。日本からは今井が登場しますね。からんでいきましょう。

放送しないペアではサブチェンコ・ソルコビーがいきなり登場。W張やムーア=タワーズ・モスコビッチあたりが迎え撃ちます。アメリカのデニー・コフリンはまたパートナーかえたんですね。アイスダンスは地元のデイヴィス・ホワイトが横綱として出迎える形。ペシャラ・ブルザが上を狙います。

今度はちゃんと録画をミスしないようにしないと。あ、前回録画をミスしたジャパンオープン2011は、明日18日にBSジャパンで再放送があります。

菊の優勝パレードと菊弁当

大竹きたな。小指の粉砕骨折からようも復活しました。来年は小指に気をつけてがんばってほしいマイク松ですこんにちは。

さて今日はWOWOWで録画した『シャーロック・ホームズ』をみてしまったので、軽くニュースにふれたいと思います。映画はおもしろかったです。コミカルなホームズや強いワトソン君、アクティブな大泥棒のアイリーンとか、全体的にすごいルパンぽくて。

おっとっと、ニュースというのは大相撲です。

柳川で琴奨菊昇進祝い水上パレード

大関昇進が決まった琴奨菊、地元で昇進祝いのパレードがあったそうです。柳川は川下りが有名だそうで、菊のパレードもなんと水上で川下りをしながらのパレードになりました。かっこいいですね!

パレードにはご両親や後援会の人も参加。菊も喜んでいたようで、「強くなることが恩返し」といっているようです。この調子で強くなっていってほしいですね。

そして!大関といえば国技館の弁当!どうやら菊弁当の発注があったようです。やったね!

もちろん内容は福岡の食材がいっぱい。福岡県柳川市名物のうなぎ、明太子、有明のり、好物の高菜を入れるよう菊のリクエストがあったそうです。これをみる限りごはんが進みそうなものばかりですね。これはたのしみ。メインのおかずもしっかりお願いしたいところです。

それもこれも大関という地位がもたらすもの。菊にはがんばってほしいです。

NFL2011 week5 GB@ATL

尼崎でちゃんぽんたべたマイク松ですこんにちは。あっちのはなぜかとろみがついているんですが、めっちゃ熱くておいしかったです。冬に食べたらすごいよさそう。

さてこちらもまだ冬でもないのにめっちゃ熱いNFL、今日はGB@ATLです。ごーぱっくごー!

week5, GB@ATL。実況は星野さん、解説は高野さん。

今日はATL、エイブラハムが股関節を痛めて欠場だそうで。助かる。

ATLオフェンス。ターナーのランから。相変わらず強いですねー。インサイドよし、オープンよし。そしてパスもうまく通していきます。そしてダグラスに通して1stダウンに続いてジョーンズのリバースで前進。レッドゾーンに入りました。交代違反で罰退しますが、ゴンザレスに通して前進。最後はプレイアクションからホワイトに通してTD!見事な攻撃ですねー。ATL先制!

GBオフェンス。グラントのランで1stダウン。スタークスのオープンのランもよくでました。ディープを狙いますがこれは通らず。おしい。フィンリーに通してダウンは更新。グライムスのいいディフェンスがあった。ドローでグラントがいいランを見せるが、そこでファンブルロストしてしまいました。ぎゃー。

ATLオフェンス。スネリングのスクリーンで1stダウン。ジョーンズへのパスもいい。ライアンいいですねー。たいへん。フェイクを入れたインサイドのランが大きく出てレッドゾーン。強いオフェンス。ホワイトのキャッチとスネリングへのショベルパスでもう1yd。最後はターナーの樽生ランでTD!2人がかりのタックルも止められませんでした。

GBオフェンス。スタークスのランをウェザースプーンが止める。3rd&2でクーンの樽生ランで1stダウン。パスラッシュのカバーもいいですね。ロジャースもしっかりレシーバーを見極めてパス。さすがです。あークリフトンがけがしてカートで運ばれた。大丈夫かな。その影響か追い詰められるが、ロジャースがロールアウトからジェニングスに通して一気に1st&goalになりました。すばらしい!しかしウェザースプーンとシドバリーの連続サックでやられてFGに。やはりクリフトンの離脱の影響はありそう。

ATLオフェンスはパントに。GBオフェンスは相手陣から。クラブツリーに通して1stダウン。ロジャースも足をつかまれながらもネルソンに通してます。2ミニッツになりロジャースもスクランブルしますが、ホールディングで罰退してしまい、3rdダウンでフィンリーがドロップしてしまいました。ここもFG。

後半、GBオフェンスはパントになり、ATLオフェンス。ランを止められますが、ホワイトのパスキャッチで1stダウン。しかしフェイスマスクに手がかかりパントに。

GBオフェンス。ロジャースプレッシャーから逃げながらも、ジョーンズに通して1stダウン。すごい機動力。スタークスへのパスもよく考えられたプレー。しかし中央へのパスは惜しくも通らず。56ydsFGをクロスビーがばっちりメイク!すばらしいです!

ATLオフェンス。せっかくパスが通ったのにイリーガルフォーメーションでノープレイ。パントになりました。

GBオフェンス。ジョーンズにロングパスが通った!そのまま70ydsTDパスきまりました!よっしゃー!GB逆転!ロジャースは100TDめだそうです。2ptにいきますがこれは通らず。

ATLオフェンス。なんかランが出なくなってきましたね。ライアンのスクランブルが出るも惜しくも足りず。おまけにホワイトのアンスポーツマンライクコンダクトがあってギャンブルもできずパント。フェアキャッチインターフェアっぽかったのにとられず、逆にGBがアンスポーツマンライクコンダクトをとられました。どういうことだ。

GBオフェンス。ピンチもフィンリーに通して1stダウン。でもスタークスがドロップ。みんなしっかりして。コッブのキャッチで窮地脱出。そしてジェニングスのランアフターキャッチでエンドゾーンギリギリに飛び込んでTD!空を飛ぶようなすばらしいジャンプ!かっこいいです!

ATLオフェンス。ジョーンズが傷んだみたい。大丈夫か。パスキャッチがあったようにみえたがチャレンジで覆りました。パント。

GBオフェンス。パスはいいのですが、いまいちドロップ的なミスが多い。パント。

ATLオフェンス。うまくアンネセサリーラフネスもらった。てきぱきパスを通して前進。レッドゾーンに迫るが、ビショップのサックが炸裂!これは大きなプレー!そしてパスがはじいたところをペプラーがINT!というか後ろにいるDBが上にはじいたんですね。でかい!

GBオフェンス。エドワーズがロジャースをサック!だいぶ下がりますが、今度はフィンリーがキャッチ、大きく前進。グラントのランも出してボールコントロールもしてますね。ATLもタイムアウトで時計を止めますが、しっかり1stダウンとりました。2ミニッツのあとしっかり時間を使って、クロスビーがしっかりFG決めました。よっしゃ!

ATLオフェンス。どしどしパスを通すが、GBディフェンスも時間をしっかり使わせる。しかし最後はブッシュがいい反応からINTして決めました。試合終了、GB 25-14 ATL。

GBはロジャースが26/39,396yds,2TD。これで通算レイティングでワーニャーおじさんを抜いたらしいですよ。すごい。通算100TDもおめでとうございます。ランはスタークスが12att,40yds。グラントはファンブルに気をつけるように。レシーブはジョーンズが5rec,140yds,1TDと大暴れ。ジェニングスも4rec,82yds,1TDと多くの人がレシーブをしていました。ドロップが多いのでがんばりましょう。レシーブは4Qになって2INT。後半のアジャストが効きましたね。

ATLはライアンが18/32,167yds,1TD,2INT。後半結構わるくなってしまいました。ランはターナーが16att,56yds,1TD。前半の出来だとどれだけ走るんだろうと思いましたが、後半は走れませんでした。レシーブはゴンザレスとホワイトが6recずつ。ディフェンスは4sck,1FFとビッグプレーを演出しましたが、後半ロジャースの速いパスにディフェンスがついていけませんでした。

昨日勝ったけれども・・・

今日もオリ大敗です、富井です。

いやー、昨日は勝ったんですけどね。微笑み王子こと西がA-岡田のイヤミにもめげることなく再び1軍に戻ってきてがんばりました。正直な事いうと、どっちかといえば王子はロッテの上野だと思うんですがねぇ・・・愛妻王子。

今日は移動日なしの試合で、しかも北海道ですから結構しんどいとは思うんですよ。思いますけど、8-1とまあ派手にやられたもんです。この終盤に入ってバルディリスの調子が悪いのが結構ネック。気分を変えようにも、なんか陽気な感じの人たちはみんな中継ぎの投手ばかり。Aから離れてベンチにいないのが良いんじゃないかと推理しています。

推理ついでに、今後どういう人物が必要か言って見ましょうか、ワトソンくん。これでもシャーロキアンの端くれ(ドラマが面白かったので最近読みはじめました)刑事コロンボはほとんど見ているんですよ、奥さん(←知ったことではない)。

そうだなぁ・・・まずこのチームに足りないのは優勝を経験した人物。絶対負けてはいけないところの戦い方が分かってない。それから戦術的に相手の嫌がることが分かり、それを仕掛けていけること。ヒット狙いでなく四球狙いでしつこくバットにあてる技術、意外なところでセーフティバントを試みるなど相手ピッチャーをもてあそぶ余裕のある人物。

それから最近不調の選手とコミュニケーションをとり、リラックスさせてやる度量も必要だ。特に今、苦しんでいるのはバルディリス、李だ。日本語ネイティブにすら頭をひねらせる「そういうことやんか」「「どうしたら勝てるかだけやん」などマスコミからしか伝わってこない話の真意を伝え、自信を取り戻させることができること。明るくベンチを盛り上げることができる人物・・・それは田口壮、あなただ!

と、シャーロックばりに決めてみれば、田口は戦力外で今日肩の手術を受けたそうです

なんか、このチームには勝ち方が分かってないヤツがおる。意味が分からん。聞いてくるわ。・・・と聞きに行けたらどんなに良いことか!キーになるベテランを切り捨てて良くなるチームなんかないんですけどね。万全のソフトバンクですら柴原を10月に入ってあげてきましたやん。ヤクルトも最近勝ててないけども、肺炎のおっさんが鼓舞し続けてますやん。

田口がいなくなったのは本当にショック。まさかオリックスが手放すとは思わなかっただけに。とにかく田口が来年も野球選手でいられることを願っています。

NFL2011 week5 MNF CHI@DET

聞いてくるわ。こないだはネタ切れとかいっていましたが、新しいネタが登場したなと思うマイク松ですこんにちは。聞いてくるんだ。今フォルス・スタート商会ではこのネタが大流行しています。

さて今日のNFLはMNF、CHI@DET。久しぶりにDETの試合がみられます。うれしい。それにしても今年めっちゃ強くなってるってほんとですかね。聞いてくるわ!

week5, MNF, CHI@DET。実況は杉岡さん、解説は河口さん。

DETオフェンス。スタッフォードのパスはいまいちまだ安定してないか。1回1stダウンは更新するがパント。

CHIオフェンス。このドライブだけで3回フォルススタート!スタジアムのクラウドノイズがすごすぎる。サックも1回かました。パント。

DETオフェンス。ここは3&out。スタッフォードがサックされました。さすがCHIディフェンス。

CHIオフェンス。フェイスマスクで前進もフォルススタート4回目。インターフェアに対して、シュワルツHCがパスがディフレクトされたんじゃないかというチャレンジ。これは反則に対するチャレンジに結果的になるからナイスチャレンジ。そして成功しました。でもまたディフェンスのイリーガルユースオブハンズで1stダウン。反則だらけだ。GDGD。ディフェンスのオフサイドにラフィングザパサー。反則博覧会みたいになってきたぞ。フォーテイのランでじわじわ前進。でもレッドゾーンが近づいて、ランを読み切ってロスタックル。3rd&1でものすごい勢いで押し戻された。4th&1でギャンブルも、スーがロスタックルでギャンブル失敗!すごいなスー。チャレンジも失敗。

今マイク・マーツが映った!きたー!マイク・マーツやー!

DETオフェンス。今はめっちゃ場内も静かです。カルビン・ジョンソンについにパスが通りました!スティフアームでディフェンスをひきはがし、そのまま78ydsTD!すごいですね!今シーズンのホットラインがついに開通!カルビンの運動能力はシャックに匹敵するらしいですよ。そりゃすごい。

CHIオフェンス。フォーテイのランが出た。スクリーンは読まれてロスも次のパスは通す。クイックスクリーンを多用する。ロスもするけどパスも通る。カトラーもがんばってますね。最終的にはグールドのFGが決まりました。

DETオフェンス。ベストのランがようやく出ました。ベストが走ったわ!そして今度はパスキャッチ。オマエのがんばりがこれからは大事やで。どうもレシーバーのルートはいいのに、スタッフォードのパスが悪い。あってないのかな。河口さんはDBのバンプがいいのではという意見。

CHIオフェンス。ブリッツと入れ替わってフォーテイのランが出た。しかしまたフォルススタート。でもヘスターがカトラーのパスをうまくとりました。相手陣へ。しかしまたフォルススタート。6回目。フォーテイのランがよく出てます。さすがマイク・マーツですね。あの手この手でがんばってます。強烈なプレッシャーもカトラーがうまく逃げて、最後はデービスへのTDパスが決まりました!CHI逆転!マイク・マーツさんのおかげやー!今日はいいカトラーみたいです。

DETオフェンスは残り1分強。そういえばDETのOCはリネハンですね。もとラムズHC対決や。なんとか進んでいましたが、パスをムーアがINT!あー。このまま前半終了、CHI 10-7 DET。

後半、CHIオフェンス。スクリーンへのロスタックルが効いてパント。

DETオフェンス。大事なところでカルビンに通して1stダウン。すすーっとアクロスのパターンでした。ミススローもあるが、スタッフォードのパスをWRもがんばってとってる。そしてヘルメットトゥヘルメットでさらに前進。そして最後はペティグルーに通してTD!ふたたびDET逆転!

CHIオフェンスは自陣7dsから。セーフティのプレッシャーがあるが、フォーテイのランで危険地帯脱出。カトラーは今日はほんとにいいみたいですね。激しいプレッシャーをうけながらもよく見てパス。まさしくクォーターバックという感じ。しかし逆にランを封じられてきた。フォーテイへのパスも通らずパント。

DETオフェンス。ベストが一気にホールを抜けていったー!88ydsTDラン!これはビッグプレーでましたね!後半のDETはなんか違うんですかね?

CHIオフェンス。ランが出ず、パスはしっかりカバーされてパント。パントがDETの選手に当たりましたが、そのままアウトオブバウンズに出たみたい。あぶねー。

DETオフェンス。カルビンに通して1stダウン。そしてベストのランも出ました。どうもCHIのDLは7人でまわしていて、DETの9人に比べて少ないので疲労がくるのではと河口さん。ボールコントロールに入ったDETを止めないと。でも反則があってパント。

CHIオフェンス。マリオン・バーバーもランでがんばります。ホールディングがあって罰退。大変だけど今までホールディングなかったのはえらい。そして7つめのフォルススタート。こんな中でもカトラーはがんばってます。しかしDEヤングがカトラーをサック!パントになりました。パントシチュエーションでもフォルススタート。8つめ。

DETオフェンス。ベストのスクリーンが決まるが反則で罰退。これが響いてパント。安全策でいきます。

CHIオフェンス。サックは決まるものの反則で1stダウン。どうも右サイドが簡単に抜かれるらしく、対応にカトラーも苦労してるみたい。ジャクソンにサックされます。でもなんとかフォーテイに通して1stダウン。すごいなカトラー。フォルススタートが9つめ。カトラーもクイックパスを徹底しているが、それを見越してすぐタックルするDETディフェンス。グールドは49ydsFGを狙いますが、しっかり決めてきました。安定してますねー。

DETオフェンス。ベストが一気に抜けてロングゲイン!ホースカラーもとられてさらに前進、レッドゾーン手前。ベストは首のけがで長い間プレーできなかった大学時代を経験してるらしい。苦労人や。タックルをかいくぐってエクストラヤード稼ぎます。1st&goal。CHIディフェンスふらっふらや。DETはランで2ミニッツまで時間を使って、しっかりハンソンがFGを決めました。

CHIオフェンス。やっぱり右からのプレッシャーがきますね。それでも懸命にパスをなげ続けるカトラー。しかし時間切れで試合終了。DET 24-13 CHI。

すごい反則多かった!両チームで26個!

DETはほんとに強くなったんですね!まあオフェンスはスタッフォードは前半さっぱりで19/26,219yds,2TD,1INTとまずまず。ランはベストが88ydsTDを含む12att,163yds,1TDの活躍。やるじゃないですかベスト!レシーブはカルビンが5rec,130yds,1TD。さすがの活躍でした。何よりディフェンスがよかった。常にパスラッシュがかかってましたね。ランもしっかりはやく集まって。これはスタッフォードが安定してくればもっといけそうです。

CHIはしかしよくがんばりました。おもにカトラーが。倒されても倒されてもがんばる。昔のHOUのデヴィッド・カーもこんな感じの苦労を年中していたのかもしれませんね。カトラーは28/38,249yds,1TD。無事でいただけよかったわ。フォーテイは22att,116yds。点差がついてラン機会が減ってしまいました。レシーバーはサンゼンバッカーとかいう人がいる。誰だ。でディフェンスは途中からだいぶ疲労がきてしまった感じ。ゆっくり休んでくださいな。

…などとカトラーの健闘をたたえていましたが、今のマイク・マーツのもとではやってられへん発言が。あほかオマエは!OCの問題ちゃうやろ!

ええっ、まだ10月は1勝しかしてない・・・だと!?

帯状疱疹になりました、富井です。痛痒いから痛いへ。高齢者は痛みが残りやすいらしいのですが、もうわしも高齢者の部類にはいるのかのぉ。帯状疱疹は強いストレスを感じるとなるということですが、わしには心当たりがないんじゃがのう。

さて、今日の試合はオリ金子×ハム斎藤という対戦。普通に考えると楽勝なのですが、相手は心の強さに定評のあるハンカチ王子。ここ一番にびびってしまうのはオリの面々に間違いありません。どうなるのかと昨日からわくわくしていましたが、1回にあっさりオリが2点を取ります。あれ?ひょっとして今日は楽勝か?と思ってしまいましたが、そうは問屋がとか、いろいろ卸しませんでした。

更に今日は金子も珍しく四球を連発。4回には今浪、糸井の連打と稲葉の2塁打で2失点と追いつかれてしまいました。2失点ぐらい責められるものではありませんが、追いつかれたくなかった。そして斎藤が粘る粘る・・・さすが心の強さは並じゃない、結局7回2失点で降板とランナーは出しても追加点が取れませんでした。

金子が8回で降板したあとは、9回に平野が出てきましたが、延長に入り、10回は岸田。岸田がいきなりスケールズに2塁打を打たれ、無死2塁の大ピンチ。その後送りバントで1死3塁の大大ピンチになりますが、今浪、糸井を三振で打ち取り、どうにか無失点で切り抜けました。

10回裏は武田久を追い詰め、1死満塁までいったんですが、T-岡田、バルディリスがねぇ・・・特にT-岡田が低めを引っかけてゴロにするという、まさに久の思い通りのバッティングでA-岡田も激怒のようです。

ということで、今日は引き分け、西武様は圧勝とのことで、再び1ゲーム差に再接近。その上この引き分けでハムが2位確定ですから、もうオリは夢も希望もなく、3位死守を必死になってやるしかありませんね。ま、そういうことやんか。

NFL2011 week5 NYJ@NE

カアプの試合をみていたのですが、マエケンがノーヒットピッチングで、解説の達川さんがノーノーで盛り上がっていました。がんばれがんばれと応援していたので、センターオーバーのヒットを打たれたあとの達川さんを見るにしのびずチャンネルをかえてしまったマイク松ですこんにちは。マエケンおしかったな

さてNFLもweek5。今週は中継される3試合はかなりおもしろそう。まずはNYJ@NEです。

week5, NYJ@NE。実況は野地さん、解説は輿さん。

NYJオフェンス。3rd&2でパスを通せずパント。早。ドロップ気味。

NEオフェンス。しょっぱなのパスは通るもランが出ずパント。リービスはウェルカーについている模様。

NYJオフェンス。トムリンソンがランで1stダウン手前。しかしフォルススタートで下がって、3rdダウンでドロップ。ちゃんとしよう。パント。

NEオフェンス。おちょへのパスはあわず。ウェルカーにパスが通り、DBと入れ替わるようにランアフターキャッチ。グリーンエリスのランも出ました。レッドゾーンに入りランランで攻めます。最後もディフェンスをひきずりながらランでTD!NE先制しました!ランでとられたのは意外かも。

NYJオフェンス。ホームズがあいてたのにとれなかった。逆リードだったか。3rdダウンでも投げられずカバレッジサック。オフェンスが流れに乗れませんねー。

次のNEオフェンスもパント。NYJオフェンスもパント。なんでこんなに急ぐんだ。もつれるのか。

NEオフェンス。ちょこちょこ前進。RBはリドリーでいきます。途中で止まるもゴスコウスキーがロングキックをメイク。3点追加。

NYJオフェンス。プレイアクションがうまく決まってバレスに通りました。グリーンもいいランが出た。ホームズへのパスを通してランで攻めます。ホームズにまた通してレッドゾーンへ。このドライブは長くなってサンチェスもいいですね。そしてグリーンがごりごり押し込んでTD!ようやく1本とりました。いいホールがあいてます。

NEオフェンス。グリーンエリスがよくホールを見つけて走ります。ブレイディがサックされますがイリーガルコンタクトで前進。でもまた今度はほんとにサックされました。おちょのいいキャッチ2つでリカバー。ブレイディを助けてます。ブランチに通してレッドゾーンに入ります。ウェルカーが時間を止めるいいキャッチ。さすが。そしてヘルナンデスを狙いますが、ドロップしたところをクロマティがINT!TD防ぎました!これで前半終了、NYJ 7-10 NE。というかもうBSニュースだ。どんだけもつれるんやこの試合。

後半、NEオフェンス。ウェルカーにロングパスが通ってもうTDかと思ったらリービスが追いついてタックル。さすがリービス速いなー。でもエンドゾーン前。ブレイディが捕まりながらもパスをなげてブランチに通りますが、そこでファンブルロストしてしまいました!ぐわー!でもベリチックHCが靴下からチャレンジフラッグ。ダウンバイコンタクトに覆りました。これはナイス!そしてブランチが超ワイドオープンで待っていて余裕でTD!さっきの危なかったプレーを帳消し!

NYJオフェンス。マクナイトがいいキックオフリターン!一気にレッドゾーンに着きました。グリーンの強いランで1st&goal。そしてプレイアクションからルーキーWRカーリーに通してTD!カーリーはNFL初TDです。しっかりとりました!トムリンソンのブロックがナイス。

NEオフェンス。グリーンエリスのランで前進。しかしあまり進めずパント。

NYJオフェンス。すばやいタックルで1stダウンをとらせず。パント。

OAKのアル・デイヴィスオーナーがなくなったんですね。そうだったかー。ご冥福をお祈りします。

NEオフェンス。ウェルカーにはリービスがついているので、ブランチが活躍しています。そしてディフェンスのプレッシャーがきつくてウェルカーも思うようにキャッチができません。パント。

NYJオフェンス。激しいプレッシャーでパス投げられず。パント。

NEオフェンス。またブレイディがサックされた。今日はどうなってるんやろう。グロンカウスキーに通して前進。ヘルナンデスにも通しました。ウェルカーにも通った。リズム出てきましたね。ディフェンスもパスインターフェアでアシスト。グリーンエリスのパスで1st&goalに。ブランチに通りますがリービスがはたきおとします。さすが。最後はグリーンエリスが受け身っぽい前転でTD!強かったです!

NYJオフェンスは自陣深くから。バレスがサイドライン際でキャッチするも、またベリチックの靴下オープン。チャレンジでインコンプリートになりました。今日はチャレンジ当たりますね。パント。しかも全然とんでない。ウェルカーがいいリターンで戻しました。

NEオフェンス。もうほとんどレッドゾーン。ランパスでエンドゾーンに迫るも少しだけ足りず。FGで加点。

NYJオフェンス。パスが通るようになりました。ゆるく守ってるのか。サンチェスもヒットを受けながらパスを通しています。ロスタックルからバレスがドロップしてしまい、がっかりするサンチェス。追い詰められますが、ホームズにいいパスを通してTD!きた!ついにホームズに通りました!

NEオフェンス。グリーンエリスのオープンへのランがなんだか出始めた。ディフェンスに疲れも出てきたか。ずーっとランですね。中央のランも出てじわじわと。ついに2ミニッツに入りました。じっくり時間を使ってTD狙うも、3rdダウンでスミスがロスタックル。しかしFGをゴスコウスキーがしっかり決めました。これはすばらしい。確実に決めました。

NYJオフェンスは1分弱。ノーハドルで行きます。中央でスパイクして時計を止めて、バレスに通しますがドロップ。これは痛い。そしてアンダーソンにサンチェスがサックされて試合終了。NYJ 21-30 NE。

もっともつれるかと思いましたが、NEの最後のドライブが長くかかってただけでした。ははは。

NEはブレイディが24/33,321yds,1TD,1INT。今日は4サックくらってしまいましたが、しっかり後半は修正してがんばりました。そしてグリーンエリスが今日はすばらしい出来。27att,136yds,2TDですよ。あのグリーンエリスがこんなに走る日が来るとは。レシーブはウェルカーの5rec,124ydsをはじめみんながいつものようにがんばりました。ゴスコウスキーも3/3と試合を決定づけるFGを決めました。ディフェンスは相変わらずよくないですが。

NYJはサンチェスが16/26,166yds,2TD。2TDとるところがすばらしいですが、味方のドロップにも足を引っ張られましたね。グリーンは21att,83yds,1TD。もっと後半もランを使うのかと思っていたのですが。レシーバーにもっと確実性があったなら。今日はみんな手にバターをぬってたんじゃないか。マクナイトのキックオフリターンはよかったです。ディフェンスの活躍はあったのですが、終盤おもしろいようにランを出されたのはなんとかしないとですね。

戦力外通告された選手2011(10/9時点)

尻に火。気持ちはわかりますが、よく考えてみるとあんまりな言い方だなと思うマイク松ですこんにちは。どこに火がついても大変ですが、尻ですよ尻。

さて、今日はオリックス×SBはオリックスがいいところなく大敗し、A-岡田もいうことがないとかいったり、しかも西武が大勝したため1ゲーム差に。あまりといえばあまりの見事な西武の勝ち方に、富井も「もう西武がいったらいいやん!もう!」などと口を開けばため息ばかりです。A-岡田なんとかして!

という地獄のようなテンションの極東事務所なので、今日は暗いニュースというか、戦力外通告を受けた選手(10/9まで)についてまとめておきます。ほんと暗い記事だ。

ハンシンは下柳、葛城、杉山、桟原、桜井、阿部、育成枠の田中、高田の8人。みんな現役続行希望とのことですが、実際みんなそんなにだめになってるんですかね。第2の人生をしっかり追求してほしいです。

ヤクルトは高市、佐藤、高木、吉川、岡本、衣川、吉本亮、中尾の8人。高市、高木、吉本は現役続行希望。高木は宇和島東出身で現在一番若い選手。まだまだやれますよ。がんばれ高木!

横浜は大家、秦、杉原、松山、橋本、稲田、喜田剛の7人。大家はもう戦力外ですか。まだまだいけそうな気もするんですが。それに橋本将が!FAで移籍してもまったくいいところなし。まだまだいけますよ。ロッテに戻ってもいいのに。キダゴーがもう戦力外も驚き。なんもしてないのに。とにかく橋本がんばれ!

ソフトバンクは有馬、高橋、育成の内田、大城、大西の5人。いまいちわかりません。がんばって。

西武はG.G.佐藤、石井義、野田、岩崎、山崎、朱の6人。G.G.は手術してから一軍出場はなかった形。野田以外は現役続行希望とのこと。就活がんばってほしいですね。

ロッテは坪井、那須野、宮本、定岡、育成の吉田の5人。ナスノは一軍出場がまったくなかったのは意外でした。何回かはがんばってくれそうかと思っていただけに。しょうがないですかね。おつかれさまでした。

オリックスは長谷川、小島、梶本、坪井の4人。長谷川!キダゴーといっしょに迎との交換トレードでカープからきたわけですが、この場合どっちが得したんでしょうか。迎のこれからにかかってますね。梶本はこないだ打席に立ってたのにと思ったらピッチャーの方でした。坪井はせっかくきたのにもうちょっと長い目でみてほしかった。またハムに帰ろう。

そして楽天は鎌田、寺田、石田、木谷、岡本、栂野、松本、育成の佐藤の8人。いまいちわからないのですが、加えてなんと山崎先生を自由契約にしてしまいました。底力をみせようにも楽天の底力の象徴、山崎先生を出してどうしようというのでしょうか。結局直人を出して大ダメージをくらった教訓をあまりいかしてないんでしょうかね。

先生はホーム最終戦でヒットを放ち、胴上げされて次のチームを目指すとのこと。まだまだやれますよ先生。応援しています。燃え尽きるまで、燃え尽きて灰になっても山崎先生の戦いは続く。がんばってください!

結構ピンチ、10月は1勝しかしてない!?

そうなんです、10月に入ってもう3分の1も過ぎようかという今日この頃、わずか1勝のチームがあります。ロッテ?いえいえ(2勝)、ベイスターズ?ご冗談を(4勝)。カープ?ええ、カープも確かに1勝しかしてないのですが、引き分けが1つありますから(それにしても、今日の試合は惜しい。良いプレーが続出だったのに、残念だった・・・)。

答えは、みんなが興味のないオリックス。絶好調の9月が終わり、まー勝てません。2位狙いと息巻いていた頃が遠い昔に感じられます。2位ハムとは4ゲーム差。4位西武とは2ゲーム差。「10月が勝負」と8月から言っていたA-岡田は流石に良い読みをしていました。読んでいてもこの状態では、名将なのか迷将なのか判断に迷うところですね。

今日は久しぶりに最初から最後まで試合を見ていましたが、自分にA-岡田の霊がついているんじゃないかと思うぐらい「一球の重みが分かってないヤツがおる」「工夫がないんよ」「それじゃあ、今までの流れが意味ないやんか、ちぇっ」と口からでてくる、でてくる。いやー、どうしたらいいんですかね。テレビ前の1ファン(いや、ファンじゃないけど)にも何となく言いそうなことがわかるくらいなんですから選手たちも全員A-岡田の言いそうなことが耳元で聞こえるようになってることと思います。

もうサインがでなくても自主的にバント、サインがでなくても自主的に盗塁、等々行うべきではないでしょうか。もちろん失敗したらマスコミを通じて批判されたあげく、2軍に直行ですが、察して欲しい。そして成功させろ。これが本当のエスパー野球の神髄やんか。わかっとるやんそんなもん、ちぇ。

手放してしまったチームの勢いは一体どこに隠れているんでしょうか。Aに見つけることができるでしょうか。まあ、西武に最後に抜かれたところで、某人気チームとは違ってマスコミやファンに叩かれることはないのですが、このままずるずる負けるのは芸がないので最後に鮮やかにCS進出を決めてもらいたい・・・そうやね、木佐貫かスンヨプあたりに。

NFL2011 week4 NYG@ARZ

また山歩きに行ってきたマイク松ですこんにちは。今度はかなり長い歩いた道の果てに、地元のそば粉を使った蕎麦屋のある道の駅がありました。あのはらぺこの状況では何を食べてもおいしいですが、蕎麦がとてもおいしかったです。道の駅は結構あたりはずれありますが、あそこは当たりでした。またいきたい。

今日はそんなわけでへとへとなので、NYG@ARZをメモでレビューしますね。まじがんばれARZ。

・week4, NYG@ARZ、実況は中村さん、解説はゴサダさま
・まずNYGオフェンス、ブラッドショーがファンブルロスト、これはありがたい
・でもARZもFGにおさえられました
・というかARZはRBウェルズで大丈夫なのかと心配だったのですが、大丈夫でした
・ウェルズのランは力強いしランブロックも大丈夫そう、安心
・そしてNYGもコルブをサックしてファンブルリカバー、いい感じの戦いに
・ARZがFGにおさえられるのに対し、NYGはブラッドショーがランパスともに活躍、最後はランTDで逆転、前半にFGをもう1つ決めて前半はNYGリード
・後半もこの調子でやられるのかと思いましたが、ARZはようやくフィッツジェラルドへのディープのパスが通り前進、ウェルズのランで逆転!よし
・ディフェンスもドケットほかの活躍で押し気味、イーライをサックしてターンオーバーを奪ったり、いいぞよ
・そこでまたウェルズがねじ込んでTD、これで10点差
・でもNYGも温存していたジェイコブスを使ってごりごりランゲーム、ジェイコブスのランでTDを取り返しました、おまけにコルブからINTを奪います、やばい
・ARZディフェンスはがんばってオフェンスを抑え、ウェルズがまた、またTDとりました!頼りになります
・あとは守りきるだけだったのですが…
・NYGはTEバラードにTDパスを通し、残り3分強でARZのオフェンスを3&outに、とりきれなかったか
・そして判定でもめている間に集中力が切れたのか、一気にニックスにパスを通され逆転されてしまいます
・残り2分強でARZオフェンス、しかしギャンブル失敗で試合終了、逆転されてしまいましたあー

・コルブは20/34,237yds,1INT、試合は作ってくれたのですが、プレッシャーにあぶり出されるといまいちパスが決めきれない感じだったか
・でも試合を作ってくれる、後半はもっとできそうで期待です
・ウェルズがすばらしい活躍、27att,138yds,3TD、ばっちりじゃないですか、さすがドラ1、安心です
・フィッツジェラルドも8rec,102yds、ホットラインの精度を高めていきたいところです
・そしてディフェンスも前半は特によく守ってました、歯車がうまくかみあえばいけそうなのですが、SFが強いですねー
・まだ終わらんよー!

NFL2011 week4 MNF IND@TB

ヘニーが今季絶望。シーズン前にWASがセクシーさん先発で暗黒突入やとか、SEAはジャクソン先発で暗黒突入やとかいってましたが、2チームは意外にうまくいっていて、いるかが暗黒時代突入とかほんとに思ってなかったマイク松ですこんにちは。えへ☆(吐血)

でも今日はマンデーナイト、IND@TB。昨日みたいるか戦よりはおもしろいはず!というかだいぶ久しぶりにTBの試合みます。今どうなってるんだろう。

week4, MNF, IND@TB。実況は野瀬さん、解説は生沢さん。

あのオープニングで歌ってるハンク・ウィリアムス・ジュニアが政治的に不適切な発言をしたそうで、あのVTRはないんだそうです。何いったんだろう

そしてINDは今日はペインターがスターターQB。がんばってほしいですね。

INDオフェンス。なんとかクラークに通して1stダウン。レシーバーのがんばりもあり、ペインターがんばってますね。FGレンジに入ってきますが、そこから3rdダウン更新できませんでした。ウェインはあいてたんですが。ヴィナティエリが45ydsFGをしっかり決めました。

TBオフェンス。久しぶりにTBの試合みる。ブラントでかいですねー。フリーマンがパスを通せず、最初は3&out。ケーナンがいいパントみせました。

INDオフェンス。アダイが中心になってランで攻めます。3rdダウンでペインターがサックされファンブルロスト!ベネットが自分でサックして自分でリカバーしました!ビッグプレーでました!

TBオフェンス。もうすでに30yds手前。しかしパス通らずFGに。46ydsでしたがはずしてしまいました。これは決めたかったところ。INDディフェンスよくがんばってます。

INDオフェンス。RBカーターががんばってます。オフサイドで3rd&2でパスでいきますが、ルーキーDEクレイボーンの強烈なタックルで通らずパント。自分のオフサイドを帳消しにしましたね。

TBオフェンス。ブラントのいいランが出ました。エクスチェンジミスがあったけどウィンズローに通して変なスクリーンみたいになった。ホールディングで罰退するもスクリーン連発でクリア。そしてWRベンがパスを受けていいランアフターキャッチでTDとるも、先にサイドラインを踏んでたらしく認められず。残念。あんなに喜んでたのに。罰退したぶん進めずパント。

INDオフェンス。ペインターロングパスを狙いましたがまじで誰もいませんでした。パント。

TBオフェンス。ホースカラーをもらって前進。ブラントのランは重いですね。マイク・ウィリアムズにようやくパス通ったよ。キーション思い出すわ。そのあとはパスラッシュがきつくてパス通せず。ベセアにパスかきだされました。パントも今度は1ydパントに。スペシャルチームいいですね。

INDオフェンス。ディフェンスホールディングで窮地脱出。そしてガーソーンがタックルミスに乗じて87ydsTDパスキャッチ!これはでかいプレーですねー。タリブなにやってるの!サイドラインは踏んでなかったみたい。ペインターNFLで初TD!

TBオフェンス。ベンが今度こそいいパスキャッチで大きく前進。ブラントがランパスそれぞれで力強いプレー。エンドゾーンを狙うがDBたちにあやうくINTされるところだった。パーカーがパスキャッチで突っ込んで1st&goal。ブラントかと思いましたがQBスニーク!フリーマンがTDとりました!久しぶりの主砲の音。このまま前半終了、IND 10-7 TB。

2003年の対決が。まだチャッキーがHCで、ブラッド・ジョンソンがQBやってた。なつかしい顔がいっぱいだ。

後半、TBオフェンス。ブラントがすごいごりごりラン。今時珍しいパワータイプですね。気持ちいいです。ブラントドラフト外なんですよね。すごいわ。しかしパスにいくとなかなか。ホールディングもとられた。でも次にオフサイドがあった。ウィリアムズのスクリーンで長い1stダウンをクリア。これは大きい。でもそのあとはパス通らず。46ydsFGは今度は決めました。同点に。

INDオフェンスはパント、TBオフェンス。どうにもパスラッシュがきつい。うかせたパスはちょっとだけ長かった。

INDオフェンス。ガーソーンがスクリーンからうまくディフェンスをかわしてかわして、いいコースを選んでTDまでもっていきました!周りのブロックもよかった。すごい。

TBオフェンス。オフェンスがあっさり点をとったので、INDディフェンスがだいぶ疲れてるみたい。でもウィリアムズがプレイアクションのパスをおもしろドロップ。しっかり。パーカーへのパスはすごいオープンでした。サックがあるもアンネセサリーラフネスでアシストしてもらいました。でもオフェンスは苦労の連続。ドロー使うも4th&1。ここでギャンブル!QBがジョシュ・ジョンソンにかわり、オプションからQBキープで1stダウンとりました!これはスペシャルプレー決まりましたね!そしてパーカーがパイロン際に飛び込んでTD!また同点に追いつきました!

INDオフェンス。コリーがワンハンドでキャッチ、1stダウン。ガーソーンを頼りにしていますね。サックを受けるもクラークに通して更新。ディフェンスも追い詰めるのですが、ウェインにパスを通しました。マッコイがまたペインターをサック。レッドゾーン手前でディフェンスががんばってFGにおさえました。ヴィナティエリは43ydsFGはまあ大丈夫でしょう…って書こうと思ったらはずれたー!ホールドが少し乱れたみたい。

2002年のTBスーパーボウル優勝の映像が。なつかしい。TBのトレーニング施設にはグルーデンとか優勝メンバーの銅像があるみたい。

TBオフェンス。プレーは出るのですが、ホールディングやフェイスマスクでどしどし下がってます。ロスタックルもあってさすがにパント。せっかくいい流れきたのに。

INDオフェンス。フォルススタートに加えてクレイボーンのサックで下がります。これはパント。

TBオフェンス。フリーマンのスクランブルが効いて1stダウン。ブラントのランで攻めて、ブラントがあいたホールから一気に抜けてTD!ついにTB逆転しました!しかも残り3分!

INDオフェンス。パスパスで攻めますが、パスに絞ったディフェンスでなかなか通らない。あやうくINTされるところだったがパント。

TBオフェンス。フリーマンのQBドローで1stダウン。これはでかい。2ミニッツまでINDのタイムアウトを使わせます。そしてブラントがつかまっても足をかき続け、タックル受けてから5ydsくらい進みました!でもメジャーするとちょっとだけ足りない。ブラントのリアクションがめっちゃおもしろかった。ゴルフのパットでショートした人みたい。でもQBスニークで1stダウンとりました!これで決まりましたね。ニーダウンで試合終了。IND 17-24 TB。

はー!たのしい試合でした!(いるか戦と比較して)

TBはフリーマンは25/39,287yds,1TDとパスはいまいちでしたが、ランで6att,27yds,1TDと大事なところでのスクランブルやQBドローが効きましたね。でもランはなんといってもブラント。25att,127yds,1TD。決勝TDもありましたが、あのパワフルランはめざましいですよね。グラハムももっとがんばらないと。レシーブはウィリアムズよりもパーカーがいいところでとってました。ベンもグッド。ウィンズローもしっかり。オフェンスが流れに乗れない中、ディフェンスもしっかりがんばりましたし、Pケーネンがいいパントで流れを渡しませんでした。あと反則で下がりすぎなので気をつけましょう。

INDは相変わらずおでこ不在の中よくがんばりました。ペインターは13/30,281yds,2TD。ガーソーンとのコンビはなかなかよかった。少しずつ投げ分けていきましょう。アダイは11att,41yds。カーターとともに後半ランが封じられた印象ですね。レシーブはガーソーンが2recで2TD。ウェインもクラークもがんばった。ディフェンスもひたすらプレッシャーをかけ続けましたが、最後ランが止められなかったのがきつかったかも。

NFL2011 week4 MIA@SD

スティーブ・ジョブズ逝去。さみしい限りですね。ニュートンがこの世に生まれてなかったら、PDAからスマートフォンへの今の流れはなかった。ご冥福をお祈りします。マイク松ですこんにちは。

今日はMIA@SD。天国のジョブズに捧げる白星を。頼めませんか。

week4, MIA@SD。実況は船岡さん、解説は宍戸さん。

ここまでの成績比較。ヤジくんと比べてヘニーの方が少しレーティングがいいが、ここまで11サックもらってる。どうなってるんだ。今日SDはゲイツが欠場。まあちょうどいいハンデですよね。

SDオフェンス。フォルススタートもらってくれてる。しっかりロスタックルもアレンが決めてる。パントになりました。助かる。

MIAオフェンス。ニュートラルゾーンインフラクションで1stダウンもらったよ。うれしいな。しかしヘニーのロングパスをCBギルクリストがINT!ぎゃー!しかもMIAにホースカラーがあって前進。やーさすぅいーい。

SDオフェンス。ありがたくも3&out。助かる。

MIAオフェンス。ブッシュのランが出た。よし。ヘニーも追いまくられるも、なんとかハートラインに通しました。しかしオーディブルをかけたらプレーがあわず、スクランブルで肩から落ちて負傷。あーもうだめだー。脱臼してるみたい。マット・ムーアがQBになるが、最初のパスを通しました!張り切っとるのう。ロールアウトも落ち着いてパスを通し。よし。1st&goalになりました。そしてRBヒラードが突っ込んでTD!よっしゃー!い・る・か!い・る・か!…と思ったらちょっと前でひざがついていました。ぬかよろこび。ヒラードがダイブして今度こそTD!よっしゃー!い・る・か!い・る・か!今日1度もできないかと思いましたがよかった。

SDオフェンス。ジャクソンにロングパスが通り、タックルも振り切ってTD!早!こうなったらこのTDを守りきれとか思っていたらすぐにとられました☆

MIAオフェンス。ブッシュのランがいい。いるかはラン7位なんですね。他が全部悪いんですけど。ブッシュは親類など70人を呼んでるらしい。そりゃ気合い入りますよね。3rdダウンでスクリーンにいくもわずかに届かずパント。

SDオフェンス。ジャクソンへのパスで1stダウン。またジャクソンがディフェンスのベルを振り払ってロングゲイン。どしどし進むよ。あっという間にレッドゾーン。しかしOLがアンネセサリーラフネスをとられてめっちゃ下がりました。助かる。トルバートのパスで前進しますが、届かずFGに。

MIAオフェンス。Cパウンシーは兄ちゃんはPITのパウンシーらしい。すごいな。ベスががんばったりするもパント。パントはよかった。

SDオフェンス。ジャクソンがいないらしく、ヤジくんも組み立てに苦労。もうちょっとでINTできたのに。パント。ベスがいいリターンした。

MIAオフェンスは相手陣から。しかしブッシュがロスタックルされ、ムーアがイングリッシュにサックされました。なんとかFGに。41ydsFGになりましたがなんとかねじこみました。よし。

SDオフェンスは2分弱。でもトルバートに縦のパスが通って前進。ファンブルがあるもSDがリカバーしてしまいました。がっかり。FGを決めて前半終了、MIA 10-13 SD。

後半、MIAオフェンス。自陣から出られずパント。あー。

SDオフェンス。フォルススタートもあって追い詰められるも、ブラウンにパスを通して1stダウン。マシューズのビッグゲインが出て一気に1st&goalになりました。早い。最後は樽生トルバートがものすごいダイブでTD!突き放されました。

MIAオフェンス。マーシャルはどうにもドロップが多いというVTRが出ていたが、ムーアとのコンビネーションもあわず。パスインターフェアで1stダウンもらった。助かる。今度はマーシャルもキャッチ。エンドゾーンを狙うもこれは守られました。カーペンターがFGを決めて1TD差。

SDオフェンス。マシューズのランが出てる。苦しい。トルバートの樽生ランも止められない。フロイドに対するロングパスは一度アウトオブバウンズに出てました。おどかすない。でもベルのパスインターフェアで結果同じ。もうひどいわ。しかしTDはとれなかった。助かった。助かってないのかもしれないけど。FGで加点。再び10点差。

MIAオフェンス。3rdダウンでぎりぎりパス通してる。まだ終わらんよ…。ブッシュとヒラードのランでちびちび前進。ウェストコーストみたいになってきた。結局52ydsFGにトライ。長いけどカーペンターがんばって決めました!スパラノHCも大喜び。

SDオフェンス。ボールコントロールに入りました。ターンオーバーがほしいところですが。全然ランやスクリーンを止められず。ヤジくんもしっかりパスを通しています。レッドゾーン手前で止めるもFGは入れられました。

MIAオフェンス。もう4分くらいしかないが、武雄先生にサックされました。武雄先生のおもしろいセレブレーション。そしてウェドルにINTされました。ビッグプレーはあっちに起きましたね。あー。

SDオフェンス。なんとかタイムアウトで時間を止めようとしますが、ランでずるずる1stダウンとられてしまいました。そのままニーダウンで試合終了。MIA 16-26 SD。

ザ・いいところなし!もうまとめるのもいやになりました。

頼みのヘニーも負傷するわ、ランは最初しかでないわ、レシーバーとのコンビネーションも悪いわ、ディフェンスはずるずるラン出されるわ、パス通されるわ。よかったのはカーペンターくらいですかね。数字なんぞ必要ねえ!だめだから!SD?みんなよくがんばってました。ゲイツおだいじにね。

平野がホールドポイントのパ記録を更新らしい

昨日録画していた海外ドラマ「シャーロック」をみたマイク松ですこんにちは。死ぬほどおもしろかったせいで、どうしても今日シャーロック・ホームズが読みたくなり、買ってしまいました。読んでしまいました。やっぱりおもしろいです。近所の本屋にはないやろうなと思っていってみたら、目的の新潮文庫版が全部そろってました。けっこうやることたまってるのに!誰の仕業だ!

…ということでNFLの試合は見られませんでしたので、気になるニュースにふれておきたいと思います。

平野がHPのパ記録を更新

オリックスのセットアッパー平野。投げすぎちゃうのんという外部の批判もなんのその。だって投げすぎやから。しかしオリックスの屋台骨を支えるいい活躍をしています。A-岡田のどんでん方程式の要。同じく守護神の岸田と共に彼岸コンビを結成(これは僕がいってるだけですが、いつはやるかな)。なぜか球団のPVみたいなやつでもいっしょにおもしろ演技を披露したりしています。

そんな平野は今日も登板。味方のエラーに足を引っ張られたりしながら50球でなんとか失点を2点に抑え、勝利につなげました。そこでこの記事が出てきたわけですが、ホールドポイントになじみがない僕はどうにも意味がつかめず、何ホームページ?などと思ったわけです。なんだホームページのパ記録って?とか。でも悔し紛れに続きを読んでみると、意外にごり押しできそうな内容でした。

平野がパ・リーグのシーズン最多記録を更新する46ホームページ、最多に並ぶ40万ヒットをマークした。登板して8回までリアルタイム更新し、上司に迫られたが更新を守った。「もうちょっと早く更新せなあかん。何とか岸田さんに(お題の)バトンを渡せた」と苦笑交じりで話した。この日が66回目のリアルタイム更新で、50回と普段より発言数も多かったが「あしたもいきますよ」と疲れは見せなかった。

ほら、熱心なブロガーとか、実況大好きな管理人みたいに見えませんか?見えませんか、そうですか。しかもパ・リーグ記録とか。

明日はテラハラががんばって、彼岸を休ませてあげてほしいと思いました。おわり。

カーニバル・オン・アイス2011

なんかニュース見てたら北海道は積雪があったみたいで。これから寒くなるのかと思うと気が重くなるマイク松ですこんにちは。あったかい方がいいよー。

しかし寒くなるといいのはフィギュアスケート。今日は昨日のジャパンオープンに引き続いて開催された、カーニバル・オン・アイスをみていきます。こちらはちゃんと気がつけました。

カーニバル・オン・アイス2011、実況は小島さん、解説は有香ちゃん。有香ちゃん忙しいのにありがとうございます。紹介VTRはざっくりととばします。

羽生結弦。おもしろいポーズからスタート。アームストロング「ロミオとジュリエット」。4Tは成功しませんでしたがスピードありますねー。3Aはばっちりです。3Fからスピン。独創的なポジション。有香ちゃんがおもしろい言葉の使い方で「感心してます」とか解説してる。おもしろい。3Lz+2TのコンビネーションからCiSt。FSのプログラムですね。しっかり仕上がってるしショーとしての見せ場も忘れてない。成功しなくても3Aの高さと距離がすごい。3Tからイナバウアー。スピンもしっかり。SlStはメリハリがしっかりついてみせる構成。最後はビールマンスピンで決めました。これでジャンプの調整が終われば表彰台どころか優勝もいけるでしょう。強さを増してますね。…エキシですがFSみたいにみてしまいました。小島さんは「有香さん」って呼ぶんですね。ちゃんと取材しているみたい。

庄司理紗。ブライアン・ブロンバーグ「ザ・ハチャ・チャチャ」。3Lo+2Tからスタート。エッジワークがきれいになってますねー。2Lzからスピン。ステップから2A。落ち着いた雰囲気に有香ちゃんが「どっしりとした雰囲気」といってる。力士か。ビールマンスピンは軸がしっかりしていて速いですね。SlStはとても軽快なエッジワークでこのへんは向上してますね。じっくり成長してほしいです。

エリザベータ・タクタミシェワ。きました。「タンゴ」。SPナンバーだそうですね。というかすごい存在感。のっけからリンクをがっちり支配。3Lzからきました。ばっちり。ステップからの3Loも流れを意識。2Aも決めてあとはタンゴの雰囲気もりもり。CiStの表現力は群を抜いてますね。なんだ、こいつ14歳じゃなかったっけ。もりもりタンゴの光と闇が交差してる。これを14歳が。スピンもしっかり手を使って表現。最後までタンゴを演じきりました。富井も笑いが止まらない出来。わーい。これで3-3入れてきたら何点でるんかな。

鈴木明子。リスト「ハンガリー狂詩曲」。これもSPナンバー。なめらかなスケーティングから3T。3Lzもきれいに。もう開幕OKといったところですかね。スピンでも基本の中にしっかり表現が。軽快なエッジワークは昔のスケーターっぽくてすてき。2Aからコンビネーションスピン。回転が速いですね。SlStはチェンジオブペースが表現につながってますね。タクタミシェワにもないスピードコントロール。スピンもますますうまくなったんじゃないでしょうか。見事!

リード姉弟。ラテンダンス。エレメンツ以外のところでとても表現力が増してますね。ラテンダンスは好きな曲なのかも。CiStは滑り込んできているのか、エッジも深くてとてもあってますね。みせるステップ。SlLiはポジションチェンジもグッド。クライマックスに向けてますますのってきた。最後のRoLiも安定感ありました。今シーズンは楽しみ。

高橋・トラン。ジョン・レノン「イマジン」。3Tまでのスピードが速い。3Twや3SThと離れ業はまだ調整中かも。でもエレメンツ以外のところでもしっかり演技してるし(エキシだから当然ですが)、ペアスピンのポジションもきれい。SlLi+RoLiへのつなぎと実施もばっちり。Dsの叙情といい、競技会でもやってくれそう。

ジェフリー・バトル。Daft Punk「Harder,Better,Faster,Stronger」。ちょっと曲がサンデュ先輩っぽいな。…ってダイジェストかい!

全米チャンプ&ファイナルチャンプ、アリッサ・シズニー。ジャンプ降りた。今日のお客さんはラッキーですね!…ってダイジェストかい!

サブチェンコ・ソルコビー。もはやいつでも開幕OKの3Twが出たところでダイジェストかい!

アルトゥール・ガチンスキー。プルなみのサービス精神も持ちながら高速スピンのみでダイジェストかい!ダイジェストかい4連発!

小塚崇彦。「チェロ・ソング」。有香ちゃん振り付けだそうです。のっけからスムーズなエッジワークだけで魅了します。3Lzもおっけー。3Aもきっちり決めてます。有香ちゃん的にはなんかこだわりがあるようですがよくわからないのでまあいいでしょう。とにかくしっかり曲をつかんで、エッジワークの技術で物語を紡いでるのがわかりますね。ジャンプに全然呼び動作がないし、その中で振り付けの一部になってる。きれいなイーグルで魅了。すごいきれいなイーグルだった。いやー堪能しました。すばらしいです。富井も絶賛してます。確かにこれならパトリックちゃんと戦えるわ。有香ちゃんもうずうずして「私も入って滑りたい」とか言い出しました。かっこいい!まんがみたいだ。それだけの滑りということでしょう。

ジョアニー・ロシェット姉さん。なんか武器もってきた。鉄パイプか?クリスティーナ・アギレラ「バーレスク」より。かっこいい振り付けで場内も盛り上がってますが、まず堪能するのは筋肉美でしょうね。ステッキをおいてもジャンプはばっちり。なめらかなスケーティングでしっかり音楽にあわせた振り付け。相変わらずの機動力運動能力でした。ロシェット姉さんらしいプログラム。よくこの曲選んでくれましたね。

パトリックちゃん。なんか掃除してる!まじで!似合いすぎてるけど!マイケル・ブーブレ「ムーン・ダンス」。モップをもったまま演じていますが、さすがのエッジワーク。これモップもってできるスケーティングじゃない。モップをおいて本領発揮。3Lz+3Tはステップアウトしてもセカンドで3T入れてきました。力強い。普通の人ならすーっと滑ってしまう部分でもおそろしいエッジワークが。有香ちゃんの「自由自在に技術を使って表現できる」という言葉もうなずけます。ダブルジャンプは振り付けのうち。イーグルは別のエレメンツっぽい。最後は掃除をしてフィニッシュ。うーん強い。今シーズンもやってくれそうです。

荒川静香姐さん。ケルティック・ウーマン「Nella Fantasia」。最初にスピンから。それからのびやかなスケーティング。3Tの前後も流れありまくり。姐さんはいつ衰えるのか教えてほしい。よほど練習してるんじゃないか。2AからY字スピン。現役の時よりレベルアップしてそう。ショー用にチューンしたスパイラルはほんときれいですね。そして姐さんイナバウアー。ビールマンスピンのポジションもばっちりじゃないですか。正直いつでも競技に復帰できる感じ。だからこそプロでできることというのをしっかり考えられるんでしょうね。プロは競技の続きなんだ。だからすばらしいんだ。

高橋大輔。「The Crisis」。美しいピアノの曲にあわせて抑制された静謐なスケーティング。しかしジャンプの高さもキレもしっかり。単調な曲調にエッジワークでメッセージを紡いでいるよう。高橋もこんな境地にたどりついたんですね。うれしくなりました。日本フィギュアスケート界を背負う自覚が感じられました。アンコールはマンボメドレー。どっかんどっかん盛り上がる場内。さっきのあとでもまったく衰えない十八番のSlSt。千両役者ですね。

安藤美姫。リンクに横になる姿勢から。映画「ブラック・スワン」より。これはいいセレクト!今回は出てくれるだけでもありがたいですが、これは日本でも安藤しかできないプログラムでしょう。いつか競技プログラムの完成型をみてみたいです。おつかれさまです。

フィナーレ。サブチェンコ・ソルコビーのでかい3LoTh。シズニーのビールマンスピンのまわりを回るスケーターたち。美しい光景でした。

いやーいい演技でした。それにしても残念なのはシズニーやバトルなどの演技がダイジェストだったこと。あんまりじゃわい。そのほかの部分は紹介VTRをとばせば文句ないだけに、あそこはフルで流してほしかった。テレ東のロック魂はまだまだはじけられるはず。もっと硬派に、もっと顧客目線で。

ともかく選手の気持ちが伝わってくる、非常によいアイスショーでした。選手のみなさん、おつかれさまでした。ありがとうございます。

NFL2011 week3 DEN@TEN

今日は家で「キック・アス」をみたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。ヒット・ガールが大人気みたいですが、僕は普通にキック・アスの方がおもしろくて好きでした。

NFLでは普通に能力がある選手にがんばってもらいたいのですが、今日はDEN@TEN。能力はあるのにチームを出されてしまったハセルベックと、能力があるのかどうなのかなのに妙に信頼されているオートンの対決です。

week3, DEN@TEN。実況は船岡さん、解説は河口さん。

DENオフェンス。ファーストプレーはRBへのラテラルパス。オートンのために確実に決められるコールでリズムに乗せようという親心らしい。いやオートン何年QBやっとんねん。結局パント。

TENオフェンス。ハセルベックがてきぱきと投げて前進。安定してますね。ジョンソンのランもよく出る。ホールディングがあって罰退するもホーキンスへのパスでリカバー。しかしフォルススタートをとられ、DBウィルハイトのサックが決まってパント。

DENオフェンス。パントはよくとんだが、リターナーがいいリターンで中央から。TENのオフサイドやラフィングザパサーでもりもり前進。しっかり。でもいまいち統率がとれてなくて、最後はウィリスに通してTD!DENも相手の混乱に乗じました。

TENオフェンス。ドロップもあってパント。しっかり。

ブロンコスはめっちゃけが人だらけ。たいへん。いつの間にこんな野戦病院みたいになってたんだ。

DENオフェンス。こちらもパスが通らず3&out。拙攻合戦か。

TENオフェンス。クリス・ジョンソンがWRのようにナイスなパスキャッチ。能力高いなー。ハセルベックのパスもばっちり。ロングゲイン。いいディフェンスもあるが、ワシントンに通してレッドゾーンへ。最後もワシントンに通してTD!低いパスをいいキャッチでした。

今年からレフェリーはポケベル(モトローラ製)をもってるらしい。すごい。今リアルにポケベルが鳴らなくてができるのはNFLのレフェリーだけだ。

DENオフェンス。いいパスが通って河口さんも絶賛。しかし今度また浮かせたパスをなげたらマコーティがINT!ぎゃー!

TENオフェンス。すごいプレッシャーでハセルベックのパスも浮くが、思わぬコースに逆にディフェンス反応できず1stダウン。でもランディフェンスがすごくてロスタックル連発。ハセルベックもうまく投げてブリットに通しました。しかしブリットがひざを痛めてファンブルロスト!ひざ大丈夫かな。と思ったらカートで運ばれていきました。

DENオフェンス。オフサイドで前進するも、バビノーのロスタックルをくらってパント。どちらもランディフェンスはいいですね。

TENオフェンス。いいパスが通ったかと思ったらインコンプリート。その後も通らずパント。しかしPカーンがスナップが悪くてそのままスクランブル!1stダウンとりました!いい判断でした。オフェンス継続。でもその後はランがさっぱり効かず4th&3でギャンブル。ハットカウントでオフサイドを誘うがぜんぜん効かず。ファーヴアニキを思い出させました。46ydsFGをビローナスがしっかり決めました。

DENオフェンスは残り2分弱。オートンが全然前に進まないパスをなげたあげくに時間を残してパント。このまま前半終了、DEN 7-10 TEN。

後半、TENオフェンス。ランはさっぱりでないが、ハセルベックは割り切ってパスで前進。プレッシャーはきついけどがんばってます。レッドゾーンに迫りますがここはパスを守られてパント。

DENオフェンス。浮き沈みが激しいと河口さんにいわれるオートンだが、こないだ娘のオリビアちゃんが生まれたそう。パパとしてもがんばれ。いやむしろパパとしてがんばってQBはティーボウに。こちらもランは出ずパスで前進。TENディフェンスもフェイスマスクで応援。レッドゾーンでラーセンにいいパスが通って1st&goal。でもさっきからほんとにランが出ない。でも最後はマゲイヒーに狭いところを通してTD!

TENオフェンス。いきなりサックされファンブルロスト!ぎゃー!

DENオフェンス。ランは必死に止められるものの、エンクローチメント連発で相手に1stダウンもプレゼント。どこまで親切なんや。どうやらオートンのハットカウントがうまいらしい。でもパスはよくない。がつがつランで攻めるがやっぱり止められる。残り2ydsで4thダウンギャンブル。しかし全力で肉の壁が押し寄せギャンブル失敗!よく止めました。

TENオフェンス。ワシントンにパスを通して危険地帯脱出。フェイスマスクももらいました。しかしそこからは進めずパント。

DENオフェンス。ディフェンスのプレッシャーにうまくパスがなげられず。ディフレクトされてあやうくINTも。パント。ガマン比べ。

TENオフェンス。ハセルベックも懸命にパスを粘り強く通す。そしてTEスティーブンズにパスが通ってロングゲイン!一気にレッドゾーン手前まできましたよ。そしてジョンソンのランも少し出てます。ワシントンに通して1st&goal。そしてTEグレアムに通してTD!やっととれました!ワイドオープン。

DENオフェンス。マゲイヒーのランもやっと出ました。なんとか前進します。オートンもスクランブルでタックルを受けてます。FGレンジまでもうちょっと。しかしパスがディフレクトされ、ウィザースプーンがINT!これはビッグプレーでました!DENはFGも蹴られず。

TENオフェンス。DENもタイムアウトをとってきますが、TENもできるだけ時間を使います。というか最後はニーダウンで試合終了。DEN 14-17 TEN。

守りあいだったのか、拙攻合戦だったのか。

TENはハセルベックが27/36,311yds、2TD,1FL。頼みのランがさっぱり出なくて大変でしたが、その分ワシントンやTE勢でなんとかパスオフェンスを組み立てました。こういう試合展開の時は特に頼りになりますね。ディフェンスはウィザースプーンが1sck,1INT、マコーティも1INTと、結局勝負を分けるビッグプレーを出しました。

DENはオートンが24/39,173yds,2TD,2INT。まあこんなもんですよね。ランがどしどし出ないとまずいのですが、頼みのマゲイヒーは22att,52yds。これではきつい。レシーバーもがんばってくれたのですが。TENのファンブルロストやまずい反則とかに助けられましたが、結局やられました。はやくティーボウ出てこないかなー。

フィギュアスケートジャパンオープン2011(途中からメモ)

今日は久しぶりにウォーキングにいってきたマイク松ですこんにちは。なぜか公園内でココイチのカレーが売られていて、自然の中でカレー食べてめっちゃおいしかったです。

さて夕方まで歩いてへとへとになってぼーっとしながら野球をみていたら、今日がフィギュアスケートジャパンオープンの日だというのをすっかり忘れていました。不覚。途中からですがメモだけしておきました。再放送はあるらしいのですが。

チャンネルかえたら全米チャンプ&ファイナルチャンプのシズニーが演技していました。ジャンプも難度そこそこのコンビネーションをなんとか決め、あとはスピンとステップで会場を魅了。ジャンプ以外の調子は安定しまくってますからね。守備走塁にスランプはないみたいな感じでしょうか。指導者の有香ちゃんも初戦としてはよろしいと合格点。

キスクラがわりの看板の前みたいなところでは半ズボンのパトリックちゃんといい笑顔のバトルがシズニーをはさんでいました。ぞんざいな雰囲気が満載。でもジャパンオープンはそれくらいのリラックスムードでいいですよね。

次はレオノワ。そういえば今はモロゾフについてるんですよね。「弦楽のためのアダージョ」。いきなり安藤っぽい振り付けが。さすが。でもジャンプの入りがすごくなめらかで安定してるし、雰囲気も出てますね。ジャンプはまだまだ安定してないみたいですが、初戦ですしいいでしょう。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」に入ってもプログラムは濃密で、これをちゃんとこなせれば点が出そう。レオノワもオリンピックに向けて目の色変えてがんばっているというところでしょうか。本番ではレオノワの個性出してほしいんですが。

チームヨーロッパのキスクラはガチンスキーとアモーディオが陽気な雰囲気を出しています。おもしろい。

鈴木明子登場。「こうもり」序曲。鈴木の「こうもり」は楽しみですね。もう2A+3Tも仕上がってきてるみたい。滑りも速いし質も高い。今シーズンに向けた気合い入ってますね。ジャンプもとても安定してるし今までに比べて密度が高い感じ。SlStはとてもよい構成と有香ちゃん。ホンダバンが後半でもスピードが落ちないと補足。いたんだホンダバン!もういつでも開幕OKという感じですが、この先ますます表現力が上がっていくと期待できますね。

ジョアニー・ロシェット姉さん。久しぶりだ。「火の鳥」。昔のプログラムを使ってるんですね。3Fからパワフルなところをアピール。ジャンプは決まらないところもありますが、さすがに勝手はわかってる様子、コンビネーションをしっかり決めてきます。距離が出てるし。音楽の特性をよくつかんでいて、メリハリのある表現がありますね。かめはめ波を放つような動きがあってかっこいい。最後はその筋肉をしっかりアピールしてフィニッシュ。貫禄ありますねー。元気そうでなにより。キスクラでパトリックちゃんが喜んでました。

きましたねタクタミシェワ。「ベサメムーチョ」。3Lz+3Tをいきなり決めてきます。滑りが速いなー。直前出場が決まってもなんも関係ないみたい。マンボパートになってもその動きの良さがますます際立つ。スローパートではのびやかな滑りとスパイラル。これもいいですねー。ゆっくりしたスピンの中にも表現の意思があります。そして終盤に3S+3T。ばっちりきめてくれました。ありがとうございまーす。盛り上げるキスクラ。いつの間にかミーシンが横に座ってました。

最後は安藤美姫。すごいラメが光ってる。川井郁子「パッション」。安藤の得意な曲調になってますね。今シーズンは安藤はおやすみすることにしているので、出てきてくれただけでもありがたい話。いい演技してくれました。ゆっくりしてもらえればと思います。

順位はいちおう1.北米、2.欧州、3.日本とついたようですがまあどうでもいいでしょう。でも北米の喜びの表情がめっちゃおもしろくてうれしい限り。日本は拝んでましたが別にいいでしょう。男子はパトリックちゃん、女子はタクタミシェワが得点トップ。この2人呼んだらこういう結果になるでしょう。パトリックちゃんもう4-3跳んでるらしいですし。

男子は演技はみられませんでしたが、選手のむやみに元気な姿がみられてよかったです。女子の演技も出来はそれぞれでもシーズンに期待を持たせるものでした。18日にBSジャパンで再放送があるらしいので、男子の演技もみてみたいです。

それにしても見逃すとは不覚。もしごらんになった方、感想聞かせてください!

バファローブルが故障中らしい

今週末はお仕事のことはまったく考えないようにしたいと意気込むマイク松ですこんにちは。あそぶあそぶあそぶ。

さて、富井が「後藤打率4位だってよ!いかないと!」などとまた京セラドームにかけつけようとしているのを横目に見ながらネットサーフィンをしていると(今いわないよ)、おもしろいニュースを見つけました。

バファローブル修理中です

どうやらブルくんは僕らが見に行った翌日の京セラドームで始球式しているときに左手首の故障で現在修理中だそうです。道理で今日のお立ち台でバファローベルとあのいかがわしいハカセがいるなと思ってました。

えーっとまずですね、バファローブルってロボだったんですね。どうやら京セラドームの地下にあるオリックス・バファローズ研究開発室というラボであのいかがわしいハカセによって作られたんだそうです。たいへん。あんなに動きいいのに。アトムか。ロボというか汎用人型決戦兵器の方に近い。

しかも左手首の故障なのに「選手が頑張っている時なのに申し訳ない、CSには間に合わせたい」と話していたそうです。あやしい。手首の部品取り替えたらすぐ直せるわけじゃないんだ。CSまでってなんでそんなに時間かかるんだ。今頃天馬博士呼んでるんじゃないか。

そういえば妹らしいバファローベルは一部ですごい人気が出て、なぜか写真集が発売になるようです。信じられませんがほんとのようです。どうやらブルくんの方はその偏った人気にしょげているそうで、その葛藤で生命維持システムに異常が出たとかそういうことじゃないでしょうか。

ともかくあそこまで高性能なロボを2体作り、妹が萌えブームを巻き起こしたり、兄がトラウマで左手首を故障したりと、すごい複雑な生命を作り上げるBs研究開発室はすごいですね。できれば早くブルくんを復帰させてあげてほしいのですが、そんな研究開発室に別件で、ぜひ修理とメンテナンスをお願いしたいロボがいるんですよ。

角界で高見山博士によって開発された、力士回路を搭載した関取ロボなんですが、どうもラボが崩壊したからかさっぱり調子があがらないのです。このままでは十両の地位も守れないかもしれない。ということで少し手を加えていただきたい。多少バファローズ的な色彩が入っても、調子を戻してくれればおっけーです。

  • 化粧まわしの図柄がバファローブル&ベルに
  • まわしの色も紺に金の刺繍
  • ボーボーいうかわりにShotShotいうようになる
  • 時間になってタオルを差し出されると広げたりたたんだりする
  • 妙に立ち合いが猛牛っぽく鋭くなる
  • 相手が待ったしたら「は・よ・や・れ!」という歌を口ずさむ
  • インタビューされたら「そらそうよ」とか「立ち合いからいかなあかんよ。基本やん」とか「白星の重みがわかってない力士が2人おる」とか「はたきばっかりで落ちよる、同じことの繰り返しや」とか「あと100勝したら許してやる」とか言い始める

NFL2011 week3 MNF WAS@DAL

週末雨が降らないことを祈りたいマイク松ですこんにちは。ウォーキングにいきたい。いい季節だし。

さて今日はNFL、week3のMNF、WAS@DALです。例年ならごはんを食べながら流し見る試合ですが、今はWASはセクシー・フットボールの牙城なのです!恐怖!控えおろう!

MNFの注目の試合でセクシー・レクシーさん率いるセクシー・フットボールが華麗に展開されます。私的テーマソングはAC部「ユーロボーイズ」よりユーロボーイズ「デンジャラスゲーム」で。もう今日勝ったらセクシー・レクシー改めセクシー・トレンディー・クリスティー・グラヴィティーに!

week3, MNF, WAS@DAL。実況は松野さん、解説は大杜さん。

うわ!今WAS首位なんや!ぐわー!トレンディ!

WASオフェンス。モスにセクシーパスが通ります。よし。ハイタワーも元気にしている様子。クーリーに通してレッドゾーン手前へ。セクシー!そのあとはしょぼしょぼなオフェンスでFGになるものの、しっかり先制!トレンディ!

DALはオースティンがけがで欠場。それならロモも肋骨折ってるんやし欠場で、キトナ先生をだしてくれればいいのに。

DALオフェンス。ジョーンズのランから。そして今日はデズ・ブライアントが戻ってきてるんですね。パスは通らなかったもののパスインターフェアで1stダウン。ジョーンズへのパスでロングゲインきました。そこからは進まなかったもののFGで同点に。

WASオフェンス。ハイタワーの切れ上がりがいい。その調子。でも3rd&1でOLが破られて1stダウンとれずパント。なにやってんの!

DALオフェンス。パス通るもホールディング。オグルトリーにパスが通るもファンブルロスト!WASがリカバーできました!ランドリーのナイスファンブルフォース!いろいろあってターンオーバー成立!ナイスチャレンジシャナハン!

WASオフェンスは残り10yds。ランランもいきなりロスタックル。パスも通らず。LBショーン・リーがいいカバーしてました。それでもFGで加点。

DALオフェンス。1stダウンはとらせずパント。WASのディフェンスは3rdダウンを許さない率リーグ1位らしい。セクシー!(セクシー関係ない)

WASオフェンス。セクシーさんのパスをショーン・リーがINT!ぐわー!やられたー!今まで通っていたゾーンをマークしていたようです。

DALオフェンスはすでにレッドゾーン内。しかし3rd&1もまたごりごりランをばっちり止めました!FGで同点。FGばっかりや。

WASオフェンス。クーリーへのパスに加えてルーキーRBヘルーのランも効いてる。そしてTEデービスにいいパスが通りました。おうおうセクシー・フットボールの展開や!ヘルーはパスキャッチもいいですね。レッドゾーンに迫りますが、プレッシャーを受けてパスが浮きました。今度のFGは36ydsですが、なんとホルダーがスナップをファンブル!FG決められませんでした。これはきつい。オマエたちにはセクシー・フットボールがわかってないぞ!いやわかってるのか。

DALオフェンス。ロビンソンがパスキャッチ。こないだ契約したばかりだそう。ショートパスをうまく使って前進、レッドゾーンに入ります。プレッシャーはきついですがロモもよくがんばってる。しかしフレッチャーがロスタックルし、しっかり止めてこちらもFG。TD出ないですねー。

WASオフェンスは2ミニッツ。セクシーさんのサイドライン際のパスに加えてスクランブルも。トレンディ!時間を使いながら前進していきます。でもまだ遠いか。しかしサックされてしまいスパイクで時計を止めました。FGはかなり遠い50yds。しかしKガノーがばっちりメイク!前半終了、WAS 9-9 DAL。なんともグラヴィティーな試合やな!

後半、DALオフェンス。だいぶ深いところから。ブライアントに通して危険地帯脱出。しかしスナップが大きくそれてだいぶ下がってしまいました。そして長いパスをなげたところでバーンズがINT!トレンディ!

WASオフェンス。プレッシャーはきついがそこはセクシーさん、華麗に投げ捨てつつハイタワーにパスを通して1stダウン。ランを続けてレッドゾーンを進み、最後はハイタワーに通してTD!よっしゃー!セクシー!トレンディ!クリスティ!グラヴィティ!ついにTDとれました!

DALオフェンス。ジョーンズのロングゲインがでました。いいランだ。一気に中央へ。ウィッテンに通してさらに前進。しかしロングパスにいったのをうまく守られてFGになりました。

このあとWASはパント、DALオフェンス。またジョーンズが大きくゲイン。いいですねジョーンズ。ロビンソンに通して1st&goal。がんばって止めたようにみえたがディフェンスホールディング。ノーセクシー!それでもランを止めるディフェンス。そのあとはロモとレシーバーの呼吸が合わずFGに。あぶねー。グラヴィティー。

WASオフェンス。ヘルーへのスクリーンがうまく決まった。ヘルーいいですね。残り6分、じっくり時間を使いましょう。アンネセサリーラフネスももらいます。ウェアがオフサイドぎりぎりのスタートでサック!やめて!パントになりました。やばいー。グラヴィティー。

DALオフェンス。じっくり時間を使って前進。またエクスチェンジミスがあったがロモがリカバー。おしい!3rd&21になりました。止めて止めて!しかしブライアントにロングパスが通ってしまいました。あー。しかもフェイスマスクのおまけつき。あー。これはきついー。40ydsFGをしっかり決めました。

WASオフェンスは2分弱時間が残ってます。セクシー・フットボールの見せ所や!ハイタワーのスクリーンパスで前進。いそげいそげ。しかしスペンサーがセクシーさんをサック!ファンブルロスト!試合終了ー。WAS 16-18 DAL。

どこまでもセクシーでしたね!

WASはセクシーさんが22/37,250yds,1TD,1INT,1FL。かなりDALディフェンスに苦しめられましたが、まあセクシーさんにしてみればよくやった方ですよね。そんなに期待しちゃかわいそう。ランはあまりコールがなかったけど、ハイタワーやヘルーはまずまずだし、もうちょっとコールしてもよかったかも。レシーブは結構みんながんばってました。そしてディフェンスもTDとらせずよくがんばりました。ロモを苦しめましたが、惜しくも勝てず。あのFGミスがなかったら勝ってたのかも。

DALはロモが22/36,255yds,1INTも勝利。肋骨痛いのにがんばりました。ランはジョーンズが鬼の14att,115yds。やればできる子。レシーブはいろんな人ががんばってました。ディフェンスはセクシーさんに3sck。やめてあげて。

ともあれこのMNFという舞台で点の入らない試合を展開、最後に散るあたりさすがセクシー・フットボールの具現者。ほんとにユーロボーイズ「デンジャラスゲーム」をかけたらテンションがあがりました。まさしくデンジャラス。まかり間違って地区優勝したりしないようにがんばってください!