Archive for 2012

False Start アワード 2012

二人:輝け!False Start アワード 2012!

♪スポーツがあるから 笑いがある
 おちょくる心に 笑いがある

富井:さあ始まりました!False Start アワード 2012!今わたしたちはスカイツリーのてっぺんからお送りしています!
松:高い!というかもう高いのかどうなのかわからんくらい高いです!
富井:東京タワーの高いところから野球のボールが見つかったっていうニュースありましたよね?
松:ほんとですか?じゃあこの上には何があるんだろう?探してみましょう!
富井:あー誰かの携帯電話がありますね!工事現場の人が落としていったのかな?
松:でもこれ、こわれてますね!半分に折ってここに捨てていったのかな?誰のだろう?名前でも書いてないかな?(裏返す)

恵 那 司

富井:はい!ということでこんな初夢はいやだのコーナーでしたー!みなさんいかがお過ごしですか?
松:ずいぶんトリッキーなアワードの始まりですね。
富井:年末感が年々薄れているのがすごいな。もうすぐ今年も終わりとかほんと信じられんよ。
松:甥がガンダムのプラモデル作ってたんですが、あいつらはガンダムの歴史も知らないで作ってるんですよ。グフのパイロットが誰かも知らないで。
富井:何がいいたいんだ?
松:時代は変わったってことですよ。
富井:オマエはいつもうまいこというな。
松:気障なんですよ。

富井:適当に村上春樹っぽくするのはこれくらいにして、アワードの方進めていこうぜ。
松:はい、このアワードは今年のスポーツ界でがんばった人、変にがんばっちゃった人、やらかしちゃった人、あるいはがんばってなかった人などを勝手に表彰するという年末企画です。前半は各部門ごとの表彰、後半はアワードのノミネート者発表とFalse Start アワード 2012の発表になります。アワードに選ばれるとシェイムです。
富井:じゃあまずは各部門の発表から。どんな人が選ばれてしまったんでしょうか。
松:わりと部門賞はふつうにがんばった人を紹介してますからね。まずはNFLから。

<NFL部門>

おでこ:ヌードルアームからのカムバック賞
ランディ・モス:俺も昔はワルだったんだぜ賞
ケイパーニック:シンデレラ賞
タネヒル:暗黒背負ってがんばったで賞
ティーボウ:ミスチョイスキャリア賞
審判団:よく帰ってきてくれました賞

富井:まずはおでこだな。すっかり復活して、今はデンバーのファンを黙らせてる(本当の意味で)くらいだもんな。
松:やつに少し同情した自分が浅はかでした。もうすっかりにっくきおでこに戻りましたよ。だいたいKCも同じ地区なんですからもっと副部長も怒るべきです!
富井:KCはそんなレベルの暗黒じゃないんだぜ…?
松:すみませんもうやめときます。モスはいつの間にかチームにいい影響を与えてますよね。
富井:ケイパーニックにがんばれとかいってたよ。あのモスが。よかったよかった。でもケイパーニックはわりとまだびびりながらモスの言うこと聞いてるよな。
松:モスに「よくオレに投げたな!」っていわれて、「またまた、投げるって言ったじゃないっすかー」くらいのニュアンスで答えてたよな、表情見ると。
富井:そのケイパーニックも突然出てきてすごい活躍だ。ますますSFは安泰だな。
松:もちろんスミスが先発じゃなくなったのはしんどいですが、ケイパーニックもちゃんとスミスがいるから先発やれるというところもあるでしょうね。
富井:タネヒルはあの暗黒いるかをよく引っ張ってるよな。新人なのに。
松:そりゃラックもウィルソンもがんばってるし、RG3もあのWASをよく引っ張ってがんばってますが、引っ張る荷物の重さではタネヒルが一番でしょう。他のやつらが軽自動車を引っ張るとしたら、タネヒルは4tトラックを歯で引っ張るくらいしんどいですよ。
富井:ロシェット姉さんでない限り無理だな。そしてティーボウはDENの華々しい活躍から一転、失われた1年になったな。
松:先発が明らかに補償されないNYJを選んだ時点でこれは予想できてましたが、誤算はライアンHCに全然評価されなかったことでしょうね。すでに戦力外扱いですし。
富井:今度はいいところいってほしいな。カンザスシティにそういうチームあるらしいぜ。
松:ありますね。明るい話題が1つもないところが。あと審判団には心からありがとうといいたいですよね。
富井:あんなに混乱をきたすとは思わなかったな。リーグも「だいたいいけるやろ、代替審判だけにな(笑)」くらい思ってたはず。
松:そのおやじギャグはともかく、戻ってきてくれてほんとにありがたかったです。ホックリーのムキムキボディも輝いて見えました。

<フィギュアスケート部門>

羽生:スター誕生賞
ブライアン・オーサー:サンキュー賞
ハビエル・フェルナンデス:4回転王賞
町田&無良:すくすく賞
アシュリー・ワグナー:カクカク・ブラックスワン賞
ジョニー・ウィアー:おかえり賞

富井:今年はなんといってもハニューだな。スターオーラ全開だもんな。
松:エキシのしっとりしたプログラムから、SPのロックばりばりまで、幅広い表現力をもってますし、ジャンプの安定感もすごいんですが、なんといってもスターオーラでしょうね。オーラバトラーかと。
富井:まさにオーラロードが開かれてるよな。そういう意味でサンキューオーサーだな。
松:チーム・オーサー全員にサンキューですよね。スーパータレンティッドなスターをこれからもよろしくお願いします。
富井:フェルナンデスも同門だけど、いいクワドルプル跳ぶよな。オーサーも2人を競わせることで成長させようとしてるらしい。
松:フェルナンデスも大きく大きく成長しましたからね。グラシアスオーサーですね。
富井:町田と無良はともに1つ大きくなったからな。すくすくと。
松:無良はもともとよくまとまってたスケーターですけど、今年は僕は町田の覚醒がうれしかったですね。「火の鳥」はあんなに鳥の感情を表現できるとは思いませんでした。もっとほかのもみたいと思わせます。
富井:覚醒といえばアメリカの無敵女王になりつつあるワグナー。全米も楽しみだよな。
松:女王は女王ですが、無敵とはいわせませんよ!シズニーがいますからね。全米出るのかどうかわかりませんが、出なくても簡単にやらせはせんぞと。
富井:それオマエの事情だよ。そしてウィアーの復活はうれしいな。妖しさ倍増になってて。
松:うれしいですね。もはやウィアーの演技は笑いなしには見られません。三浦大知もいってましたけど、マイケルのステージはすごすぎて笑ってしまうと。あそこまで突き詰めた妖しさは笑いをもって受け止めるべきでしょう。これからもどんどん僕らをにやにやさせてほしいです。

<大相撲部門>

妙義龍:金星賞
日馬富士:横綱おめでとう賞
旭天鵬:ほんとに優勝しちゃった賞
岩木山:強くしてくれてありがとう賞
隆の山:マトリックス賞
稀勢の里:だんだんミッキー兄さんみたいになってるよ、気をつけて!賞

富井:大相撲は一時期はネタ要員しかあがってこなかったけど、今年はいい意味での賞が多くてうれしいわ。
松:希望の星の1つが妙義龍ですよね。来年最も期待できる、期待していい力士。大相撲全体を背負っている気持ちが求められます。
富井:いい力士が増えてきてるからな。一時期の豊ノ島みたいに、みんなが妙義龍に刺激されて切磋琢磨してほしい。ハルマはついに横綱になれたな。
松:横綱はほんとタイミングですよね。強さに加えて横綱になる流れをとらえられるかどうか。ハルマはとらえました。
富井:来年はもっとやってくれるだろう。それとは逆に、まったくノーマークで優勝しちゃった旭天鵬も痛快だったな。
松:あれから幕内全体も活性化しましたよね。チャンスは誰にでもある。そんな当たり前のことを全体が再認識したのがおもしろかったです。僕らも見過ごしていた問題を明らかにしてくれました。
富井:今は境川部屋の隆盛が際立つけど、やっぱり親方に加えて、岩木山に御礼をいっておきたいんだよ。強い兄弟子の存在が部屋をもり立てる。だらだら現役を続けるのはよくないけど、それでも下が育ってればまあいいかなって思えるようになった。
松:胸を貸すって意外に重労働ですよね。もちろん岩木山は現役時代も立派すぎて、逆に引退が惜しいなと思ってましたが、こんなに部屋を育ててたとは。花神ですね。
富井:「彼は、花神の仕事を背負ったのかもしれない。彼-岩木山、のちの関ノ戸親方である!」(ぱーんぱぱんぱーんぱぱんぱぱぱぱー)
松:マイブームで盛り上がってしまいますね。隆の山は相撲を盛り上げるのに重要な役割を果たしてます。
富井:土俵際のイケメン魔術師っぽいよな。早く幕内に上がってきてほしいわ。
松:イケメン魔術師はもう登録商標ですから、なんかほかのでお願いしますね。
富井:ミッキー兄さんみたいになるのはもうよっぽどだなという感じだけど、キセも流れをとらえそこねる日々が続いてるよな。
松:兄さんは流れをとらえるどころかプロビデンスに流されまくりなのでなんともいえませんが、キセもはやいとこなんとかしないと。護摩業とかいってみたら?

<野球部門>

森繁和(元中日コーチ):参謀賞
堂林:プリンス賞
オリックスのイベントを企画した人:エンターテイメント賞
マエケン・杉内・西:ノーノートリオ賞
カネモトアニキ:おつかれさまでした賞
サンテレビ:ラテ欄ワンダーランド賞
スケさん:弊社のハードディスク賞

富井:野球では今年は森繁のすばらしさがわかった年だったな。
松:あのすごい表紙の本はほんとおもしろかったです。ただ単にいい話やビジネス教訓的な話に終わらせず、どんどんおもしろいネタも放り込んでくるのがいいです。
富井:解説もおもしろいし、オールラウンダーだよな。どっちもみてみたいと思わせる。
松:そして堂林。今年のカープは堂林一色でした。これがプリンスってもんですよね。
富井:だって他に取り上げることがないんじゃ!ってところだよな。来年はこともあろうに7番を背負うことになってしまって。ますますがんばってほしい。
松:今からでも遅くないので、堂林の前の背番号のグッズは放出した方がいいですよね。それがドミニカあたりでばんばん配るとか。
富井:オリックスの企画部は今年もよくがんばったな。だんだんカアプの商品部に似てきたな。
松:オレたちが球団を支えるというスピリッツですよね。大事です。カントクも代わったし、もっと無茶していいはず。たのしみです。
富井:今年はマエケン、スギウチ・西と3人もノーヒッターが出たんだな。完全に1人間違いが混じってるって感じだけどな。
松:間違いにしてほしいのは小久保とSBですけどね。やっちまったもんは仕方ない。こうなったら球団の運命を西に託しましょう。
富井:そうしたらきっと5月くらいに故障するからな。あれは事故みたいなもんとして処理した方がいいよ。
松:小久保もそうですが、今年は大物の引退が相次ぎましたね。カネモトアニキはほんとおつかれさまといいたいです。
富井:ガンバレでいってたけど肩手術するんだよな?よくなったら何事もなかったように復帰してもいいよな。
松:マツイ兄さんと同じですよね。ともかくゆっくりしてほしいです。
富井:サンテレビはいつみても自由だけど、ラテ欄のおもしろさは異常だよな。
松:すべてのローカル局の見本ですよねサンテレビ。あんなに有名なのに関西ローカルて。自由とはこういうことさ的な、誤ったダンディズムまで感じます。
富井:誤ってるな。そして最後はスケさん。しんどいときに力貸してくれた。またオリックスでプレーしてほしいよ。
松:もうこっちからお願いする勢いですよね。賞の名前ですが、テレビにつないだ録画用ハードディスクに、なんか名前をつけろというので、今のところスケールズって名前にしてあります。当分スケさんのことは忘れないでしょう。

<オリンピック部門>

トランポリン解説の中田さん:トランポリンファンも納得のメンバーですね賞
フェンシング解説の齊田さん:よーしよしよし賞
平野監督侍:三人姉妹の長女賞
吉田沙保里:お父さんを肩車賞
小原日登美:旦那さんが号泣賞
伊調馨:お姉ちゃんの分までがんばった賞

富井:今年は特別にオリンピック部門も考えようぜ。まずは中田さんだな。
松:まあ完全に誤ったスタートですけど、僕の気持ちもまずは中田さんからです。トランポリンに対する愛情がすばらしい。もっとみたいって思います。
富井:同じ理由で齊田さん。「よーしよしよし!」ってほんとに試合に入ってたよな。解説なのに。
松:いいんですよ齊田さんだから。「ゆうきー!ゆうきー!!」「しゅーしゅー(息をする音)」とかいってて。これが解説でもう大丈夫です。
富井:そう思わせるからな。一番感動したのは卓球女子団体だったけど、ここは平野監督侍にあげよう。
松:福原も石川もみんながお祝いしてくれますからね。僕らは平野監督侍についていきます。苦しいときは平野監督侍の背中を見ます。
富井:吉田アネキは圧倒的な強さをみせてくれたけど、お父さんを肩車したし、コーチを押さえ込んだのがすごかったわ。
松:正直見えませんでしたよね動きが。手品のような速さ。そりゃ国民のみなさんっていっていいですよ。
富井:だんだんアネキの力で日本が明るくなる気がするもんな。小原もよくがんばった。
松:日経に記事出てましたけど、自衛官として女性隊員の力になりたいっていってるそうです。自衛隊ももうそういう地位を与えればいいと思う。女性隊員の力になりながら、同時にレスリングの指導もできる。いるだけでいいんです。
富井:伊調は「千春の声が聞こえた」はかっこよかったな。どこまでも強いけど、姉妹の力も強いわ。
松:この力でもっとレスリングをメジャーにしてほしいです。スキージャンプやバレーみたいに、よかったときがあっても長続きしないと。裾野を広げるいい機会ですからね。

***

富井:さて!いよいよFalse Start アワードのノミネートの発表です!
松:選挙では当選するとバラの花がつけられますが、ノミネートされるだけで般若の面がつけられるといわれるこのアワード、今年はどんな人たちがノミネートされたんでしょうか!

インディアナポリス・コルツ…10勝しているからチームとしては問題ないでしょうが、ブロンコスが強くなってチーフスファンは大変迷惑しています。
将軍…全日本でのコメント「慢心があった」に今川軍の慢心を突いて天下を取った家臣一同があの世でがっかりしていることでしょう。くれぐれも慢心しないようこれからも精進してください。目指せ天下統一。平手の爺もそう信じてます。
オーゼキの皆様…日馬富士は横綱になりましたが、全体的に終盤で盛り下げています。奮起してください。
まだ間に合います関連の皆様…脅されて1億円支払った事件が全くうやむやになっています。脅されて支払わなかった涌井は謹慎したということは支払ったら問題なかったのでしょうか。脅されたら素直に示談金を支払うべきなのかどうかはっきりさせてください。
オリックス球団…指揮を執るつもりで来たA-岡田に対して出勤した後にクビを言い渡すというのはひどすぎます。せめて前日帰る前に「明日はアレになるかもしれへんからスーツで来た方がいいんちゃうか」ぐらい伝えて欲しかったです。
CX…もうポエムが実況するのは解決しない領土問題レベルに諦めたので、一刻も早く「副音声は会場音のみ」の対応をお願いします。
テレアサ…GPSのプログラムを地上波でもてあましている感があります。あんまりやる気がないんならNHKに放映権をあげてください。

富井:さあこれだけのノミネートがあったわけだけど、
松:ちょっと待ってください!INDは明らかに副部長の私怨じゃないですか?
富井:なんでだよ!KCもOAKもSDも迷惑してるんだよ!せっかく混戦だったのに!
松:ラックはよくがんばってるし10勝してるんですから。
富井:なんだよ!おでこがいた頃はオマエもIND嫌いだっただろ?ドラ1のエリートQB手に入れて、ラックもどうせおでこみたいになっていくんだよ!
松:…そういえばラックがああなるのはいやですね。了解です、パントチームを追い返したりするなよという祈りに似た気持ちを込めて。
富井:将軍は確かに慢心はよくないけど、あれ確か「最初のジャンプがうまくいって安心してしまった」みたいな感じだよな?それって慢心じゃなくないか?
松:そういえば。それはただの油断ですよね。そうか!将軍は慢心などしていない!慢心の意味がよくわかってないだけなんだ!よかった!
富井:そうだなよかったってそんなわけねえだろ!さすがパトリックちゃんにノブナリやってもたわとかいわれるわ。
松:過労死とかみたいにイギリスの辞書にNOBUNARIってのが載る日も近いですね。つくづくドラマチックなやつです。来季の飛躍を期待したい。
富井:あとはだいたいふれてあるな。でアワードだけど、今回はまだ間に合いますだよな?
松:異存ございません。30人くらいで決めても明らかに満票でしょう。
富井:その善悪の問題もあるけど、お手紙をやりとりするのがすごいわ。それがいつの間にかうやむやになってるのも含めて、プロ野球の闇を感じたわ。
松:どうせなら公衆の面前で殴り合ったり、柔道やレスリングで勝負したりしてもよかったですよね。いつの間にかWWEが絡んできたりして。
富井:プロ野球はもっとがんばらないとな。
松:そうですね。正直まだまだ閉鎖的な文化が残ってて、改革は進まないなと思わせましたね。慈善活動や啓蒙活動も含めて、アクションが必要ですね。嶋選手会長の手腕に期待したいです。
富井:まあともかく、こういうときのためにFalse Start アワードがあるんだよな。2012はそういうことで。
松:おめでとうございまーす。(ほわーんほわーんほわーん)

富井:来年もスポーツが楽しめるいい年になればいいな。
松:今年もNFLでは審判の労使交渉がのびのびになりましたし、当たり前のものがなくなるのはきつい。そういう意味で何事もない1年になればいいです。あとオリンピックの余勢を駆って、いろんなスポーツが盛り上がってほしいです。
富井:そうだな。そういうのも見に行けたらいいな。近所でやってるかもしれないし。
松:さがしてみましょう。1つでも多くの種目に会えるといいですね。
富井:ということで今年1年お世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。
松:新しい年もFalse Startをよろしくお願いいたします!年末年始企画、どうぞよろしく!

表彰状

まだ間に合います関係者どの

あなたがたは怖い怖いお手紙をやりとりしたあげくに何もかもうやむやにしてしまい、当事者の所在も今はどこへやらです。プロ野球を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。未来へ夢をつなぎ、プロ野球の発展を願っている方もたくさんいられます。関係者のみなさんもその一人だと信じます。変なやぎさんゆうびんみたいだったことを恥として、これからを歩んでください。

まだ間に合います。



2012年12月31日
フォルス・スタート商会

2012年の記事を振り返る

片岡が登録名を変更。あんまり登録名変更していい結果が出た例思い出せないマイク松ですこんにちは。がんばってほしいです。でもこの調子でみんなが登録名変更したら、キラキラネームばっかりになって大変になりそう。

  • 1番:センター グチグチグッチ・ザ・ファイヤー
  • 2番:ショート ビッグプル・KEIJI
  • 3番:セカンド MITSUTAKA・G
  • 4番:ファースト D・H・L
  • 5番:DH 北の暴走列車
  • 6番:レフト T
  • 7番:サード 英火(A-B)
  • 8番:キャッチャー 敵か味方か?悪の司令塔
  • 9番:ライト 男前だヨ!赤田のアニキ
  • ピッチャー 絹さやじゃないよキサヌキだよ☆

さて、年末年始のFalse Startは毎年のように特別編成です。今日は2012年の記事を振り返るトークです。記事まとめ。

富井:うがー疲れた!帰省はほんと疲れるわ!
松:疲れますよね…。精根尽き果てました。
富井:帰りの特急の中で、奔放に鼻歌を歌うおっちゃんがいたよ。どん引きだったな。
松:ですね。オマエの家かと。ふふ~んとかじゃなくて、明確に歌詞を口に出してましたよ。やめてほしいです。
富井:さて、今年も記事まとめがんばるかな。毎年がんばった割にあんまりみられない企画だけどな。
松:まあ帰省とかされてパソコンに向かう機会が少ないだけでしょうけど、今はスマートフォンでもみられますよね。
富井:だな!ぜひぜひスマートフォンブラウザのブックマークに加えておいてください。
松:よろしくお願いいたします!

<2012年1月>
富井:1月だな。ロシア選手権のレビューとかしてる(来年ももうすぐやる予定)。おもしろいのといえば最初はスターズ・オン・アイスだな。
松:みにいってきたんですよね。コーエンを見られたのもうれしかったし、素晴らしい滑り結構ありました。そして会場から歩いて帰ったのもおもしろかったです。
富井:そっちもな。そして大相撲は初場所があって、閣下とやくさんがゲストというお年玉プレゼントが。
松:取組終わった力士をその場で呼びつけて話を聞くというすごい企画でしたね。臨場感もあるし、質問のおもしろさもあるし。今年もあるといいなあ。
富井:NFLはさっそくプレーオフ。PIT@DENはOTでDEN勝利、ティーボウ輝いてたな。
松:このときはティーボウに今みたいな末路が待っているとは思いませんでしたねー。好事魔多しとはこのことか。
富井:NO@SFもこのときはアレックス・スミスの見事なクォーターバッキングで勝利。このときは(以下略)
松:スミスはできる子なんですけどねー。そしてなんといってもHOU@BALですね。がんばりました。このときの経験があるから今年のHOUがある。プレーオフでもがんばってほしいです。
富井:NYG@GBのすごい短い記事があるけど。
松:それはもうなかったことにしてください。今年こそはやってくれるでしょうGB。
富井:そして把瑠都優勝してるぜ。このときの把瑠都は輝いて(略)
松:このときは把瑠都に(略)

<2012年2月>
富井:2月だ。やっぱりまずはスーパーボウルってことになるかな。
松:まあNYG勝利ということもありますけど、それなりに盛り上がったにせよ、マドンナへのリスペクトがすごすぎます。
富井:ハーフタイムショーはこのところ珠玉の出来のライブが多いけど、マドンナはすごかったもんな。あやかりたいな。
松:53歳ですからね。ホシノカントクが迷子になったときの恩人と再会してるのはおもしろかったですよね。
富井:ほほえましい事件。あれで宮古島にいこうってことになったんだよな。今年は誰が迷子になるんかな。
松:迷子っていいますけど、ホシノカントクの場合はわりと遭難に近かったので、やめておいた方がいいですね。
富井:そういえばあったなと思い出したのが、ヤクルトのピッチングマシンが自壊したってやつだな。ささいな事件だけどあのマシンどうなったんかな。
松:特に今年ヤクルトの打撃が向上したという話は聞きませんでしたからね。この記事の最後のインフルエンザの話のもっていき方は気に入ってます。
富井:もっていき方といえばヌードルアームがオレ気に入ってるんだよ。オマエにしてはおでこの復活を願ったりしてるよな。
松:まったく願い損ですよ。もうヌードルどころか完全復活してKCもぎったぎたのばんらばらにされてるし。
富井:おのれおでこめ!復活といえばプルシェンコが欧州選手権で優勝してるな。
松:プル兄さんの復活は結構衝撃でしたよね。名実ともに宇宙人になったというか。今は世界選手権で枠を取るためにがんばっているんでしょうか。
富井:カーリング選手権の記事があるけど、そういえばまだカーリングの番組ないよな。
松:まだみてないですね。夜中でいいからじっくりじっくりカーリングみたいです。そしてそれとフィギュアスケートカナダ選手権をつなぐ合い言葉がライーヨーというのが新たな発見でしたね。
富井:この一連の流れやばいな。声に出していいたい合い言葉ライーヨー。
松:世界の中心でライーヨーを叫ぶ
富井:記事には関係ないけど、この記事の最初の「愛媛大学は実在」は今考えてもひどいよな。
松:あるっちゅうねん愛大。こないだ同窓会報届いとったっちゅうねん。
富井:青木がニンジャって呼ばれたっていうのもうまく転がせてる記事だな。
松:今日のMLB番組では本人は「安易なニックネーム」「ばかにされてるのかと思った」とかいってましたが、ニンジャキャラを受け入れていたら今頃大変なことになってますよ。
富井:世界の中心でNIN-NINを叫ぶ
松:謎解きはシュリケンのあとで
富井:最後はワグナーが四大陸制覇。このあたりではもう完全に覚醒してるよな。
松:今年の全米も楽しみですよね。ムニスでてくるんですかね。

<2012年3月>
富井:3月だ。まず大ネタが来たな!「四次元のことを言い出す人は衰退していく」だよ?
松:改めて考えてもどこからどこまでもわからないですよね。
富井:そしてますますすごいのは、実際にムラタは衰退しちゃったってことだよな?
松:四次元のことを考えてしまったからですよね?実証されてしまったことを考えるとますますすごい。
富井:マイクさんの第10話が作られてるな。報奨金制度からなぜかバーベキューの話になってるけどな。
松:みんな勝手なことを言い出してそれをまとめるとおもしろいという、僕のおもしろいことの象徴みたいな話ですよね。結構好きです。
富井:一方でいるかがひどいことになってるのを、ライブレポート風に書いているかのポエムもつけるってのもあったな。このいるかのポエム好きだな。
松:これだけ長いライブレポートが書けるほど暗黒ないるかですが、今は結構がんばってるんですよね。今年はドラフト全体1位かなと思ってたら。
富井:いいたいことはわかるよ。どうせKCが全体1位になりそうってことだろ!次々!暗黒いるかはもっと引っ張って、替え歌3つも作ってる。
松:どうせなら今年もこれくらい悲観してたらいいのかもしれないですね。
富井:鶴竜も大関になってるな。これって今年の話なのか。
松:今年じゃなかったような気もしてました。いい話でした。でしたけどねー。

<2012年4月>
富井:4月だ。まあ毎年最初は誰も注目してないエイプリルフールだけど、今年のは結構よくできたな?
松:ですね。ミッチェルさんかくれキリシタン説は結構引っ張っていきたいです。
富井:カアプの浮上を祈るかーぱくんも作られたけど、浮上しないな!
松:浮上しませんね。堂林ビジネスは好調ですけどね。景気浮揚祈願だったのかな。
富井:あんまり使われない「その他スポーツ」カテゴリの羊の毛刈りのやつおもしろかったよ。
松:わりと羊がおとなしくしてるのがかわいいですよね。刈ると業者に喜ばれるのもおもしろい。
富井:オリックスの選手会プロデュースデーについて振り返るトークはすごいマニアックなトークになったな。
松:次に同じ感じでやるとしたら、大阪ドームの屋根が開くのか?で考えてほしいですね。まあ開かないんですけど。
富井:世界選手権でハニューが銅メダル、高橋が銀メダル。これも快挙だったんだよな。
松:このときもハニューはすごいと思いましたけど、今年ビッグに飛躍しましたからね。いい展開が待ってるもんですねー。
富井:この時期恒例の、Hotホットメニューレビューも熱いな。
松:4月に千葉に行く機会があればいいのに。寒い寒いっていいながらHotホットメニューたべたいです。
富井:NFLドラフトでいるかがタネヒル指名したら、NYJファンが過大評価だとやじってたみたいだな。
松:ぶっちゃけその報いはきましたよね。QBでぜいたくしたらもったいないおばけがくるんだ。はははは。
富井:あとこかーぱくんの話もおもしろかった。結局今年は親子の対面はかなわないんだな。
松:七夕の織り姫彦星の方がまだ会えますよね。もうなんとか前田先生の力とかで会わせてあげてほしいです。

<2012年5月>
富井:5月だ。まずオリックスの2軍戦でカレー食べに行ってるな。
松:球場でのおかもとカレーは今年たべたもののなかでもかなり上位に入るおいしさでした。またたべたいです。
富井:ベロスのホームランなつかしいなー。でももうベロスカットされちゃったもんなー。
松:今頃何をしているんでしょうか。達者で暮らしてほしいです。
富井:そのあと選手会プロデュースデーも見に行ってたな。しっかりした企画→宣伝→球場に見に行くという動線がしっかり構築されてるな。
松:これで試合に勝ってればいいシナジー効果が生まれるんですけどね。残念ながら負けてしまいましたが、いい企画ではありました。
富井:5月は5月場所だけど、そこでサンデースポーツの落合カントクの指摘があるな。理にかなってる。
松:はやいとこ横審に入ってほしいですよね。はやくはやく。
富井:その流れもあっていちばん稽古している旭天鵬がまさかの平幕優勝。今年の大相撲いい話の第1位だな。
松:旭天鵬は年末の大相撲この1年にも出るらしいですよ。なるほどです。現役力士を呼ぶのもいいですね。
富井:5月はよく野球見に行ってるけど、ブレービーの試合はおもしろかったな!勝ったし。
松:すっかりブレービーのファンになりました。また出てきてほしいなあ。なんともキュートでした。
富井:そして5月の締めは甲子園にハンシン×ロッテ戦。たのしかったなー。
松:さすがみんながいうだけあって、甲子園はすばらしい球場ですよね。ニシオカとかフクドメとかが入って暗黒的な雰囲気がなくなってきてるのが気がかりです。ゆっくりみられるには暗黒の方がいいんですが。
富井:おもしろ企画としてはツンデレになったミヤウチオーナーとか、マサル・ジョースターとかかな。
松:あとでまたツンデレは出てきますからね。ビッグバンブー先生の大きな愛とかも思い出されます。今村もこれで覚醒しましたから。
富井:あ、忘れてたけどキトナが先生になったんだよな。
松:高校教師は大変かと思いますが、GTKが大選手を育ててくれるはず。がんばれGTK!

<2012年6月>
富井:6月だ。やっと半分。最初にスケさんの記事書いてるな。
松:これはおもしろいですねー。なにげにA-岡田語録になっているのがおもしろいです。
富井:そこから水戸黄門ナイターのアイディアまできてるからな。
松:ぜひ茨城でやってほしかったんですが。意外なところにオリックスファンが。
富井:とはいえもうスケさんもA-岡田もいないんだよな…。あんまり信じられないわ。
松:いて当たり前だと思ってましたからね。森脇さんとかどういじればいいのかわかりません。
富井:その延長からオリックスの選手にしこ名をつけるという無茶な企画してるな。
松:自分でいうのもなんですが、この企画何なんでしょうね。すごいな。なぜしこ名を。でも大相撲ナイターという形なのかもしれません。実は水面下で結構交流あるみたいですから。
富井:その流れで行くと、八角親方がヤンキースタジアムを視察するのはとてもいいことだよな。
松:この方向でいけば国技館もすごいエンターテイメントな空間になるでしょうね。もうそういう時代に入っていると思うのですが。
富井:いろいろ動きは活発だったよな。T-ARAが訪問したり、ムトンボが訪問したり。さっきのテレビではNYYのグランダーソンも訪問してたよな。
松:いろいろイベントで使えて、いつでも稽古がみられるような場所がほしいですね。どこかの相撲部屋というより、月に1回レベルで入れ替わりで各部屋がかわりばんこに稽古に使えばいいんです。そしたら負荷も軽いし。
富井:野球でいえば荻野復活はうれしかったな。来年はもっと活躍してほしいところ。
松:伊東カントクになれば出番はより効果的になるのかも。スタメンで出てほしいですが、大事なときの秘密兵器というのも悪くないですね。
富井:オリックスはいろいろイベントを企画していて、ヒーローデーの企画とか、恒例の大坂夏の陣とか。やはり優秀な企画部だな。勝てないけど。
松:それをいっちゃ。でも勝てないのは企画日だけじゃなくいつもですから。最下位ですから。
富井:それをいっちゃ。NFLでは新人研修にもと犯罪者のみなさんたちが講師として登場するのはなんかすごいな。
松:実際にヴィックとパックマンの言葉は胸に迫りますよね。なにしろ講師候補はたくさんいますからね。そういう意味では貴重ですよね。
富井:そういえばこの時期ではまだ間に合います的な事件が起こってたけど、この人達もやがてはそうなるんかな。
松:ならないですね。そういえばあの人今どこにいるんでしょうねー。

<2012年7月>
富井:7月だ。まあ7月だろうが7月じゃなかろうがどっちでもいいけどな。
松:その村上春樹みたいなのやめてください。7月でいいんですよ。
富井:そうだな。オリックスは相変わらずで、大坂夏の陣で小松が先発して散ったりしたあと、なぜか西戦闘員がオールスターに選ばれてるな。
松:オーナーのツンデレぶりがすごいですよね。全国で1人くらいはこの妄想オーナーに萌えたりする人がでてこないかなと思っていたんですが。
富井:ほんとに誰得記事だよな。あとスケさんのパフォーマンスを考えたりしてるのに、もうスケさんいないんだよな。大引を平野の人的補償で出さない限り再契約もきついな。
松:そんな縁起でもないこといわないでくださいよ。さすがに暗黒度はもう十分です。
富井:人造人間高見盛.vs.宇宙刑事ホンダバンは、お正月映画のタイトルくらいの迫力はあるよな。
松:サブタイトルにお姫様を救うとか、秘宝を探すとかを入れれば完璧ですね。「~マッスル星のロシェット姫を救え!~」とか「~秘宝・貴乃花の化粧まわしをさがせ!~」とかね。
富井:ロシェット姫は明らかに3人で合体技で敵を倒す展開になりそうだけどな。コラボといえばつば九郎とせきトリくんの比較も考えてるな。これが実は年末への伏線になるとは思ってなかったけど。
松:そろそろ大相撲もでかい代理店に大金をつっこむ時期にきてると思いますけどね。仕掛けていかないと。
富井:7月はマツダスタジアムにもいってるな。もうぱっといってぱっと帰るというスタジアムになりつつあるな。甲子園はあんまりいかないのに。
松:あっちこそぱっといける距離なのにですね。あと7月は替え歌が多いですね。ここにもあるし、GOEIDOもあるし、ハンシンの暗黒についてもあるし。
松:勇み足も調子がよかったとみえますね。ネタに困らないのもあると思いますが。
富井:そして7月はフィギュアスケートの端境期だから、不動産屋さんみたいな記事も出てくるな。
松:なんとかかんとかひねり出すときにいいの出ますからね。オフシーズンのFalse Startにも要注目ですよ。
富井:おっ宣伝。7月は7月場所があるからそっちもやってるけど、英語実況は結構よかったよな。
松:そんなふうにいうんだと思いましたよね。やってるとは知ってましたがまじめに聞いたことなかったから。chest to chestとか、shallow his left handとか。
富井:うちも多国籍企業だからそういうのできないとな。
松:そうなんですか!?ただ本社がどこにあるかわからないだけなんじゃないんですか?
富井:…そんなこんなで7月場所はハルマ優勝だな。でまた野球に戻ると。グライシンガーZはいいグッズだよな。
松:なにをおいてもポイントなのは、里崎が運転してるってことですよね。よくわかってます。
富井:ネルソンがバスケ選手に間違われるは結構おもしろかったな。そういうことあるかと。まあオレたちも目の前にネルソンが出てきて認識できるかといわれるとあやしいけどな。
松:もうネルソンもソーサもドラゴンズにはいませんが、ネルソンはぜひまた復活してほしい。きっとほっといたらけがもなおりますよ。
富井:ネルソンはそう思わせる選手だよな。あと菊が始球式。秋場所も15日無失点とかいってるけど、そうもいかんかったな。
松:わりと炎上してましたものね。

<2012年8月>
富井:8月はなんといってもロンドンオリンピックだったな。あまのじゃくなオレたちはすっかり乗り遅れてたけど、トランポリンのおかげで追いつけたな。
松:トランポリンというか中田さんのおかげですね。まじ感謝です。フェンシングの齊田さんにも感謝です。
富井:今でも実況思い出すよな。そして卓球とレスリングとか、自転車とレスリングとか、ダグワドルジさんとか。
松:僕はほんとに卓球が一番よかったと思えました。悲願ですからね。平野監督侍の笑顔がでてくるたびによかったと思えます。メダリストになってほしかった。シンクロはついついフィギュアスケートに結びつけて考えていました。
富井:ロシアやスペインに勝てるのはフィギュアスケートが証明してるからな。がんばってほしいわ。そんな中でも野球の記事も多かった。スパイスとか。
松:もう関西名物ですよねサンテレビのラテ欄は。でも野球が多いと言っても、オリックスの暗い記事ばっかりですよ。監督やめるってよとか。
富井:マエストリの明るい記事があるっつーの。日高といい試合作ったりとか。もう日高いないけど。
松:よりによって中村ジェネラルのハンシンですからね。今のところ補強で盛り上がってますけど、ジェネラルが絶賛される日はくるんでしょうか。
富井:ハンシンが強くなってもそれはなさそうだな。
松:ですね。誰か知らない人の手柄ですね。

<2012年9月>
富井:9月だ。NFLと相撲のレビューで忙しいな。
松:いろいろ忙しかったですからね。その中でなぜか日高で盛り上がってますね。
富井:よっぽどやることがなかったんだな。今考えるとどうせ移籍するんだから今のうちに盛り上げておこうという感じだったのかな。
松:予知能力ですね。普通にラクテンの合コンイベントとかの記事もありましたよ。あ、ここでも日高のこと取り上げてる。そっちがメインだ。
富井:あのときのオレたちに目を覚ませといいたいな。カアプのクライマックス商法もがんばってたんだけどな。
松:これも今だけしか盛り上がれないという感じでしょうね。そしてきっちりクライマックスに向けて失速すると。黄金パターンですね。
富井:失速しないマネジメントが必要だな。やっぱ采配読まないと。そういえばここで、オレたちNFLの地区優勝予想してるんだけど(NFC,AFC)、結構当ててるんだよ?
松:ほんとだ!まだわかりませんけど、僕NFC東でWAS優勝ってしてますよ。すごいすごい。AFC東でいるかを予想するむちゃ予想が当たりました。いるかははずしてますけど。
富井:今のところだけどな。week17でがっつりはずしてしまいそうだな。
松:KCはどうやら逆予想的中になりそうですけどね。ドラフト全体1位獲得なるか。
富井:最尾位なるかってことだな。うう。NFLではもうすっかり忘れ去られてたけど、代替審判の時期はきつかったな。特にGB@SEA
松:結果的にあれが決め手になって労使交渉も妥結しましたけど。GBもファーストラウンドバイ決まりましたし。SEAもプレーオフ決まりましたし。
富井:神の見えざる手かな。大相撲ではハルマが横綱になってる。このときは盛り上がったな。
松:ハルマも来年は黄金時代を作らないといけないですね。とにかくこの結びの一番は今場所の最高の一番でした。こういう一番をなるべく増やしていかないと。
富井:A-岡田の休養は今年一番さみしいニュースだったな。岡田采配の限界を示した。替え歌もさみしい。
松:カントクの能力は絶対じゃないというか。チームによるんだなと。今頃ゆっくり休んでいるんでしょうか。
富井:ゆっくりしてほしいな。川崎・岩隈の新人仮装はおもしろいニュースだったな。
松:アナハイムの例のテーマパークには、もうあのキャラが登場してるんじゃないかと思います。夢と魔法ですよ。

<2012年10月>
富井:10月だ。さっきの流れで、マイクさん11話がつくられてるな。
松:これは結構気に入ってるんですよ。勝手にもりあがってる部分。今年は2話書けたのでうれしいです。
富井:なでしこリーグをみにいってる。サッカーみやすくてたのしいな。あんなに生で見るとおもしろいと思わなかった。
松:レジェンド澤のプレーすばらしかったです。1人だけ違う次元でプレーしてました。
富井:そしてフィギュアスケートシーズンに突入して、ジャパンオープンメダルウィナーズオープン。おもしろかったな。
松:いまだにジャパンオープンに意義があるのかどうかはよくわからないですけど、メダルウィナーズオープンはすばらしかったです。こっちはぜひぜひ続けてほしいです。ルール設定が今考えても絶妙ですね。
富井:NFLは唯一今年中継があったMIA@CIN。いるかが勝ったりしてるよ。もうちょっと放送してほしいけど。
松:めっちゃ中継しやすいAFC東なのに。1試合て。でも勝ってます。結構ルーキーQBの1年目にしては上出来です。タネヒルよかった。
富井:いいなー。来年はKCも☆ 大相撲ではロシア場所の開催が。いい場所にしてほしいな。
松:阿覧もがんばってるようですし。クラシーヴィーな場所になるといいですね。
富井:私立探偵マイク松は今年2回登場。高木カントクを扱ってるな。
松:関西だからか知りませんが、全然オフの話題に出てこないですね。それはそれでいいのかも。野球してないとめっきり老け込んだりとかないようにしてほしいです。
富井:でフィギュアスケートはグランプリシリーズに突入して、ハニューがいきなりすごい点を出してるな。ここからスター街道の始まりや。
松:衝撃はすごかったですね。ウィアーがはじめてグランプリシリーズに出てきたときのことを思い出します。こんなやついるんやと。それが日本の選手ですからね。
富井:最後に韓国プロ野球。盛り上がりがすごいのはいいことだ。で日本の都市対抗や大学野球もあれくらい工夫すればコンテンツの価値は高まるよな。
松:みんなで歌い出すとかすごいですよね。むしろプロ野球にはできないことをやれば、結構差別化できますよ。たのしみ。希望をもたせてくれます。

<2012年11月>
富井:11月だ。もうちょっとがんばろう。
松:がんばりましょう。これ(まとめるの)結構疲れますよ。
富井:11月なんかもうついこのあいだだけどな。いきなり文化の日にモスが活躍してるな。
松:このときはまだアレックス・スミスが先発だったんですよね。今みたいなことになるとは。うーん。
富井:こんなはずではといえばKC@PITもそうだな。こんなことになるとは…。
松:中途半端に負けるよりは全体1位ゲットの方がいいですよ。それにこのこの試合は最後の輝きでした。OTに持ち込んだりして。
富井:一瞬でも輝いたな。負けたけど。フィギュアスケートでは町田無良が初優勝。テンションあがったわー。こんな日がくるとは。
松:いいスケーターであることは間違いないですからね。これを機会に飛躍してほしいです。
富井:あとウィアーの復活もテンションあがった。あれからさっぱり出てこないけど、いいんだよ滑ってくれれば。
松:もはやレジェンドの1人ですからね。得点とか順位とかおこがましいわと。打席に立ってくれればいいんです。
富井:あれ?これだけ?印象に残ってるの。というかFalse Startの一番忙しい時期だからな。もう取り上げるイベントそのものが魅力的だよな。
松:レビューするだけで精一杯と言い換えることもできますけどね。あ、書き出し小説を作ったりしてますよ。
富井:大相撲編もあるな。今度野球編も作ろう。
松:「オレがルールブックだ。そうは傲慢になれないとしても、ケンジローの脳裏をよぎったのはそんな言葉だった。DHに偵察メンバーを使えないとか、そんな細かいルール、誰が知ってるだろう?」とかですかね。

<2012年12月>
富井:やった。12月きた。もうちょっとだ。スターハニューがNHK杯初優勝。これも記念すべきイベントだな。
松:早いですねー。まだ高校生なのに。ホンダバンの再来かと。うわ今いっしょにすんなというつっこみがきてるでしょうね。
富井:あいつもスターやったんやけどな。というかホープ。野球オフの話題として岸田とブルベルが登場はうれしかったわ。
松:わりとあるんじゃないかと思う会話を想像してみましたが、岸田のがんばりようはまじで営業として期待されてるんだなと思いました。社会人。
富井:今年も甲子園ボウルみられたな。NHKで中継してくれるようになったから、ジャパンXボウルとあわせて両方みられた。もうすぐライスボウル。
松:3つあわせて大事ですよね。甲子園ボウルはほんと一時期お通夜みたいになってましたが、まあ終わりよければすべてよしです。畑も復活してるみたいですし。ライスボウルがんばってほしいです。
富井:NFLの方ではSF@NEがすごかったな。こんなに荒れた試合になるとは。
松:特にNEは前の週にHOUを粉々にしてるだけに意外でした。ケイパーニックがんばってますよね。
富井:そのSFもこないだSEAに粉々にされて。NFLはこれだからおもしろいわ。やっぱり最終週までもつれるのはすごい。
松:これがビジネスシステムでこうなるように仕組まれてるからすごいんですよね。
富井:全日本フィギュアスケート選手権は男子シングルが盛り上がったな。まあオレたちが女子シングルFS録画できてないだけかもしれないけど。
松:もちろん女子も盛り上がってますが、スターハニューに挑むベテラン勢(年齢比)という構図がすばらしいし、ハニューがまさか全日本を制するとは。いやはや。
富井:高橋はFSですばらしい演技みせたし、若手の台頭があると高橋の強さがみえてくるよな。平常心というか。
松:高橋に平常心とか、若いときには一生ないなと思ってましたけど、今はほんとその通りで。普段通りを実践する強さはもはや世界の見本ですよ。
富井:野球はつば九郎関連が。FA交渉残留。盛り上げてくれるわ。
松:これだけの資産価値がつば九郎にあるとは。ムラカミファンドもびっくりですね。なにげに大相撲とからんでくれるのも助かります。

富井:やったー!終わったー!がんばったわ!
松:がんばりましたね。なかなか余裕のない中で、1年間よくがんばりました。
富井:ロンドンオリンピックがあって夏に盛り上がれたのもよかったし、内容の濃いシーズンだったよな。よかった。
松:オリンピック毎年やればいいのにって毎回思います。
富井:来年もスポーツにとっていい1年になるといいな!うちらもなんか考えよう!近いうちに!
松:わかりました!近いうちにですね!

NFL2012 week16 SF@SEA

NHKのメジャーリーグ番組に斎藤隆と青木と田澤が出ていましたが、斎藤隆の仕切りのうまさに感激したマイク松ですこんにちは。さすが東北福祉OB。おもしろいときいてはいましたが、つっこみの早さとうまさ、コメントの的確さ、他の人への気遣い、そして時々繰り出すボケのおもしろさ。楽天にいったのもうれしいですし活躍してほしいですが、その能力を発揮する場を作ってほしいです。

今日はSF@SEA。斎藤隆ばりに仕切りも上手く、時々繰り出すランの威力もある新人QBが今日は直接対決です。

week16, SF@SEA。実況は船岡さん、解説はゴサダさま。

最初キャロルHCにインタビューしてますが、すごいやかましいらしくてインタビュアーがキャロルHCの顔の近くで大声でインタビューしてる。耳の遠いおじいちゃんに話してるみたいだ。

SFオフェンス。ロングパスを果敢に狙います。ハーボーHCがケイパーニックを使うのはロングパスの能力があるからだとゴサダさま。パスを続けますが通らずパント。

SEAオフェンス。アンネセサリーラフネスでがっつり前進して、すぐリンチのランで一気にTD!SEAが先制しました!はやい。うまいブロックがありました。

SFオフェンス。早速クラウドノイズにじゃまされてタイムアウトとったりしています。クレモンズがものすごいおいますが、ケイパーニックの脚力に追いつけず。しかしスクリーンを読まれてパントに。

SEAオフェンス。ボールドウィンが一度ドロップするも空中でとりなおしてロングパス成功。すごい。オクングのいいブロックで前進し、最後もリンチへのパスでTD!SEA追加点。強いですねー。いつの間にこんなことに。

SFオフェンス。リポーターがこのスタジアムがどんだけうるさいかというのを実験。おもしろいけどほんとに周りの声で聞こえなくなってます。ゴアもファンブルしたりしてますが、その中でもケイパーニックはよくがんばってます。しっかりパスを通してます。TDはとれずFGになりますが、FGをブライアントがブロック!転がったボールをシャーマンが拾ってリターンTD!うわーでかい!3点とるのが7点とられるにかわりました。すごいプレーでました。

またSFオフェンス。しかし3&out。うーんだいぶクラウドノイズが効いてるみたい。

SEAオフェンス。スクリーンパスをはじいたところをウィリスがすぐ飛び込んでINT!これはビッグプレーでましたね!

SFオフェンス。前には進みますがTDはとれず。うーんよく守ってる。FGはなんとか成功。ようやく3点。

SEAオフェンス。ウィルソンがいいQBランでラッシュをかわして前進。ウィルソンはウィスコンシン大のすごい記録をいっぱい作ってるそうです。ようこの人ドラ3で残ってましたね。アンネセサリーラフネスでダウン更新。ウィルソンもオプションを使ってリンチと分担してもってますね。1st&goalでランを2つ止められますが、3rdダウンでウィルソンからTEマッコイにTDパス!ゴサダさまが無理しなくていいといっていたところで決めましたね!うわー。ウィルソンがハードカウントでマウスピースを落としてましたが、拾ってぎりぎり。

SFオフェンス。2ミニッツ入ってますがケイパーニックがパスパスで前進。モスにも通ってます。しかしそこからセーフティブリッツとプレッシャーでがっつり止められました。54ydsFGでしたが、エイカーズがしっかり決めました。さすが。このまま前半終了、SF 6-28 SEA。

後半、SEAオフェンスから。ウィルソンがすごいステップでてきぱきかわして走ります。すごいモビリティだ。なんとか1stダウンとろうとしますが、その前にだいぶ下がっていたので届かずパント。

SFオフェンス。マニンガムにパスが通りますが、足を痛めてファンブルしてしまいました。SEAリカバー!またターンオーバーが。

SEAオフェンスは中央から。リンチのランで前進。スペシャルプレーを出しますがINTされそうでした。しかしこれもゴサダさまによるとチームに楽しみを与えて展開を広げようとする意図があるそうです。すぐパスが通って1stダウン。あーフリンがサイドラインにいますねー。先発フリンかと思ったのに。レッドゾーンに入って、はじっこのボールドウィンに素晴らしいパス!ボールドウィンもしっかり足ドラッグしてました。また点入った!

SFオフェンス。TEセリックにパスが通りました。セレックのお兄ちゃんがPHIのセリック。ケイパーニックもがんばってパスを通すし、モスもがんばってキャッチ。そしてゴアのランが久しぶりに出ました。1st&goalにいきますが、3rdダウンのパスをまたシャーマンがINT!またやりましたね!

SEAオフェンス。リンチのランも出てます。そしてもう1人のタービンのランも出てます。ウィルソンもディフェンスを入れておいてのパスが1stダウン。落ち着いてますねー。うまく時間を使って、またボールドウィンにパスを通してTD!すごいオフェンス力!ほんとに50点取る気か。

SFオフェンス。ケイパーニックはさすがの肩、ロングパスを通して前進します。少しでも点とらないと。自分のランでもいいゲイン。レッドゾーンに入ってアンネセサリーラフネスで罰退しますが、なんとかウォーカーにパスを通して一矢報いました。このまま試合終了、SF 13-42 SEA。

まさかのSF完敗ですね。ぎゃー。やはりスミスの安定感はまだないか。スミスは負け続ける安定感もありますけどね。

SEAはウィルソンの力がたっぷり堪能できました。15/21,171yds,4TD,1INT+6att,29yds。あのモビリティはさすが。何より落ち着いていてちゃんと投げ捨てられるのがいいですよね。ちょうどこの前のロジャースのクォーターバッキングを思い出させました。ランはリンチが26att, 111yds,1TD。一時はファンブル祭りでしたが今日はばっちり。パスキャッチでも1TDキャッチ。レシーブは4rec,53yds,2TD。いろんな人に投げ分けてランを助けてました。ディフェンスはSFのオフェンスをがっつり止めてました。シャーマンが5-0, 1INTに加えてFGブロックリカバーTDを決めてました。大きいなー。

SFはケイパーニックが19/36,244yds,1TD,1INT+7att,31yds。きつい試合になりましたがそれよりもランがケイパーニックが一番走っているようでは勝てないですね。ゴア何してたんやろう。あとアンドレもマニンガムも途中で下がってしまいました。あれはきつい。ディフェンスはブレイディ・スミスが欠場し、全体のバランスが崩れてしまったのか。信じられないです。

これでSEAはプレーオフ進出決定、そして地区優勝の可能性も残しました。どっちになりますかねー。

全日本フィギュアスケートジュニア選手権2012

年末年始の特別編成に向けて、富井に記事をピックアップしてもらったのですが、結構忘れてることって多いなあと思ったマイク松ですこんにちは。年末年始は例年通りですのでお楽しみに。

今日は録画しておいた、ジュニアの全日本選手権をみておきたいと思います。3,4人ずつなので楽です。実況も副音声はないし。これをなぜ地上波でやらぬ。

全日本フィギュアスケートジュニア選手権、男子シングルFS。実況は鈴木さん、解説はジュンジュン。ジュニアなのにジュンジュンありがとう。

宇野昌磨。「Steps」。2Aから入りました。ジュニアなのにスピードありますねー。3Lo+2Tはしっかり。スピンは安定してますね。全然ぶれない。長い助走からの3Lzは成功、3Fはツーフットで回転も足りてないです。次の3Loは決まりました。ジャンプよく決まりますね。音楽変わってステップ。なめらかな動きややわらかい振り付けもしっかりできてます。3F+2T+2Tをぽんぽんと。ドーナツスピンもできます。2A+3Tはいいジャンプです。3Sは流れもありました。最後の方のジャンプはよく流れできてましたね。コンビネーションスピンも軸ばっちりでした。ちっちゃいのにもうジュニアの域はこえようとしてますねー。もっとジャンプが流れるようになったらとかありますが、これはすごい。190.58。

本田太一。中2。「カサブランカ」より。胸にバラが飾ってます。3Sはきれいに決まりました。3Lzは手をつきました。踏み切りがうまくいかなかった。3Fはコンビネーションにはなりませんでしたが持ちこたえてます。そのへんのコントロールもできるか。スピンは止まりそうですが、ピアノの小芝居もできますね。ステップはまだまだおにいさんたちに比べると躍動感がほしいですが、上下の動きもつけたり、音楽をよく聞いて滑ってますね。2A+3Tはきれいなジャンプ。3Loは転倒。後ろに傾きました。スピンはいろんなポジション。3F+2Tはこの前のコンビネーションをリカバーしました。3T+2Tも成功。ちゃんと計算できますよ。2Aからスピン。中盤スピードが落ちましたが、ちゃんと最後には戻してきました。スピンでおもしろいポーズでフィニッシュ。155.76。おお美栄ちゃんの弟子ですか。

日野龍樹。高3。いままでとはだいぶ違いますね。でかい。「ロビン・フッド」より。スピード出てる。3A+3Tを決めて来ました!ビッグジャンプでた。3Fもおっけー。3Lz+2Tもスピードのある助走、3Sとジャンプはばっちりですね。スピンは回転速度もある。ステップはわりと慎重にやってますね。スピンは軸がぶれません。後半に入って3Aはステップアウト。でもアクセルいけますね。3Loも成功。つなぎ部分をかなり丁寧に入れてますね。これはいい。3Lzを跳んで、2A+2T+2Loも決めて来ました。最後のスピンも高速スピンでフィニッシュ。特にガッツポーズはないですが、やりきった感じですね。エレメンツをしっかり確実に決めてました。まだまだのびそう。209.85。

田中刑事。おおディティクティブ。「アンタッチャブル」。3Aはステップアウトも転倒は踏みとどまりました。3A+2Tは決まりましたね。3Fも成功。フライングキャメルスピンからドーナツポジションはスムーズ。ステップは躍動感がありますね。このへんはさすがおにいさん。音楽変わって3Loは決まりましたが、3Fで転倒してコンビネーションにならず。そのうしろに「刑事」って書いた横断幕があった。刑事。3Lzはしっかり成功。流れもありました。スピンでもしっかり点をとります。3S+2T+2Loも決めましたね。しかし最後は2T。最後はガッツポーズでフィニッシュ。ジャンプが決まらないところもありましたが、しっかり演じられたと思います。189.46。2位になれずがっかりする。得点をみる目つきが悪い。

○最終結果:
1. リュージュ
2. ショーマ
3. ディティクティブ

日野はさすがの力をみせてくれましたね。図抜けた実力。とはいえシニアにはまだ力をつけていかないとですね。なにしろ向こうにはスターとかイケメン道化師とかサラブレッドとかノブナリとか(ノブナリは一般名詞です)、いっぱいいますからね。がんばれ。

宇野はあんなちっちゃいのに、選ぶプログラムが渋いし、そのへんの表現を大事にしてくれるのでうれしい。ちょっとずつ大きくなればいいでしょう。ディティクティブはとりあえず刑事もののプログラムやってみたらどうかな。ソチイヤーは。

女子シングルFS。

大庭雅。SP2位ですね。高2。ストラヴィンスキー「火の鳥」。2A+3Tに挑みましたがセカンドは1Tになりました。3F+2Tは大きく決まりました。3Sは大きなジャンプで流れもありました。3Lzはステップアウト。決まると大きなジャンプです。シットスピンは低い姿勢でまわってます。3Fは回転不足。3Lo+2Tはふたたびしっかり成功。得意なジャンプなんですね。スピンはポジションがとてもいい。持ち味です。ステップは手をしっかり使って大きくみせてますね。3Loからスピンでフィニッシュ。やはり大きな体をしっかり使ってみせてますね。ジャンプがもうちょっと決まればよかったですが。144.01。

宮原知子。中3。SPはトップでした。「ロミオとジュリエット」ほか。スピードに乗ると速いですね。3Lz+3Tをしっかり決めてきました!これはすごいですね。スパイラルから3Fも成功。ちゃんとつなぎの部分も入れてますし、シットスピンは両まわり。なにげに武器です。3Loは跳んですぐ2Aにつなげてます。レイバックスピンはとてもきれいなポジション。ステップは曲調にしっかりあわせてます。ここまで感情表現ができるんですね。それでいて足下もしっかりしてます。2A+3Tを決めてきました!3Lzからのコンビネーションはステップアウトでコンビネーションにならず。3S+2T+2Tでコンビネーションをしっかりリカバーしてきました。スピンでフィニッシュ。結構短く感じましたねー。テンポもよかったしジャンプも決まってました。172.68。

加藤利緒菜。SP5位。中3。「ゴッドファーザー」より。3Loは高いジャンプでした。2A+3Tはセカンドでちょっと着氷乱れました。でもよく滑ってるし迫力もある。3Fからステップ。すごくなめらかでテンポもいい。エッジワークがきれいだし、曲によくあわせてます。3Sも流れがある。スピンから3Lzは成功。ジュンジュンもいうように全然高さもスピードもキープできてますね。3F+2A+SEQも決まった。そして3Lo+2T+2Loも成功。最後はビールマンスピンでフィニッシュ。おおーいい演技!ジャンプの流れもよかったし、なにげにプログラム全体をまとめていたのがよかった。161.47。うれしそう。

本郷理華。高1。「白鳥の湖」。でも黒鳥ですね。3Lzは高さのあるいいジャンプ。でかいです。3F+2T+2Tをここでもってきますね。大きな体と長い手足が持ち味ですね。マッコーケルとは雰囲気というか姿勢が似てるんですね。今気づいた。2A+3Tはセカンドも高かった。でかい。レイバックスピンはポジションもさることながら、手をうまく表現に使ってますね。3Loは転倒。がんばれ。3S、ステップからの3Fも決めた。もうちょいがんばれ。ステップは大きな表現。スタミナはありそうですね。3S+2A+SEQからコンビネーションスピン。回転も速い!いい演技でした。アスリート能力がすごく高くて、いかんなく発揮した演技になりましたね。159.34。

○最終結果:
1. ミヤハラ
2. カトー
3. ホンゴー

宮原はさすがの技術。3Lz+3Tを決められては。それなりに表現力もあるし。今後が楽しみです。でも僕は加藤や本郷の方に可能性感じます。いろんなプログラムに取り組んでいけば、いいスケーターになりそう。パワースケーターのよさがよく出てました。

ジュニアの番組は1時間ですが、もっとみたいような気もします。とりあえず放送してくれてうれしい。

つば九郎がスワローズと交渉、残留で決着

グライシンガーロッテ残留へ。ロッテにはめでたいなと思うマイク松ですこんにちは。そういえばグライシンガーZにもなりましたが、グライシンガーって昔のロボットアニメっぽいですよね。UFOロボグライシンガーとか。

さて、ヤクルトからFA宣言をして交渉を続けていたつば九郎。前回に引き続いて、FC東京マネースクエア・ジャパンなどからオファーを受けていましたが、今日はスワローズと残留交渉をおこない、年俸現状維持の1万円で残留を決めたそうです。

残留交渉では社長に、「退団したら『何九郎』になるの。帽子と胸のロゴはウチの登録商標だから外してね。出て行ってもいいけど、どうする?」と説得され、白旗を揚げたそうです。年俸は28960円の提示を受けていましたが、めいわくかけたとして辞退したそうです。

記者会見では、「みやもとさんを てぶらで かえすには いかないでしょ」「やっぱり ぐらんどで はたらきたい」と述べたとのこと。さすが。

詳細な条件も明らかに。年俸1万円をベースサラリーとして、それに加え「ヤクルト400、タフマン飲み放題+遠征時ビールピッチャー3杯+東京都全域訪問の舞台」がついているとのこと。そしてインセンティブとして「バック宙ができるようになったら+2896万円」「主催試合2000試合連続出場達成で大幅増(現在1323試合連続出場中)」「子どもを泣かせたら/ペンギンと間違えられたら/つばみをいじめたら減俸」の条件がついているそうです。移籍するよりはこっちのインセンティブ、特にバック宙を磨いた方がいいですよね。2000試合で大幅年俸増になるんですから、年功制をしいてるんですね。

そういえば社長に「退団したら何九郎になるの?」といわれてたじろいだみたいですが、つば九郎も登録商標なんでしょうか。つばめは別にいいかと思いましたが、ツバクローとかにしたらいいんじゃないですかね。

あと帽子と胸のロゴは外さないといけないらしいですが、外すと死んでしまうんでしょうか。Xライダーのマーキュリー回路とか、BLACKのキングストーンみたいなものなんだろうか。それならきっと隠された能力がロゴの中にはありそう。飛べるとかね。

ともかく残留でよかった。ビジネスのやり方などでは正直MLBにかなわないですが、マスコットのインパクトでは絶対に勝てると思います。だって筆談できるもん。