Archive for 2月 2012

フィギュアスケート四大陸選手権2012(5):ペアSP/FS

もうすぐ3月ということで、野球のオープン戦のチェックをしています。キャンプの初めは、今年はオリが強いとかいう噂がありましたが、最近全く聞きません。あれって噂じゃなくてデマだったってことですね。てへぺろ。
そういえば昨日レビューした、四大陸女子で優勝した黒い猛禽先生ことアシュリー・ワグナーのキスクラで、なんだか聞き覚えのある曲が流れていたので記憶をたどっていくと2011年度のオリが京セラドームで勝ったときに流れていた曲(Club Can’t Handle Me)でしたよね。ピンときた人プチャヘンザ!

さて、今日はイルでドープなペア。解説は若松さん、実況は小林さん。

アメリカのデニー・コフリン。ペアをチェンジしてから初出場。「エデンの東」。トリプルツイストは高いですね。3Tもいいジャンプですね。組んだばかりなのに、チェンジして正解だったということですね。SlStはもう少しスピードがあるといいなあ。リフトも降ろし方も上手。3FThもいいですねえ。デススパイラルもオッケー。すごくいいできでしたね。63.35

カナダのデュベ・ウォルフェ。ここも組み替え。トリプルツイストはオッケー。3Sも成功しました。国内選手権は散々だったのですが、状態をあげてきましたね。リフトもきれい。3LzThも流れがありますね。ペアコンビネーションスピンもオッケー。SlStもうまくいきました。57.68

アメリカのマーレイ・ブルーベイカー。ブルベイカーはチェンジして2年目。「雨に唄えば」。3Tは成功。さっきのペアよりスピードがありますね。トリプルツイストも放り投げるような高さ。スピンの回転も速くてきれい。3LzThは両足着氷と惜しい。SlStのダンスパートもいい感じ。リフトの上げ方がスムーズ。デススパイラルもブルーベイカーのポジションがいいですね。去年は今ひとつだったけど、今年はすごくいいですね。62.42。あー、両足じゃなかったら1位でしたね。もったいなかった。

カナダのデュハメル・ラドフォード。カナダのナショナルチャンピオン。「アランフェス協奏曲」。ここもデュハメルはペアをチェンジしてますよね。トリプルツイストは成功だけど、ちょっと低いかな。3Sは女性の着氷がちょっとどうかな。ペアコンビネーションスピンはトラベリング。SlStは曲にはよく合ってますが、ユニゾンとしてはちょっとずれているような。リフトの降り方がおもしろい。3FThは手をついてしまいました。うーん、ちょっと残念。57.53

中国のジャン・ワン。サン・サーンス「白鳥」。トリプルツイストはまずまず。3Tは女性が2Tに。リフトはポジションがきれい。3LoThは両足着氷。デススパイラルは手を変えてから足りてたかな。SlStはまずまず。ペアコンビネーションスピンはポジションがきれいですね。うーん、全体的にもう一つ。48.04

日本の高橋・トラン。「イマジン」。はじまりがすてき。3Sは高橋が転倒、もったいない!トリプルツイストもきれい。3SThはちょっとスピードが落ちてどうかなと思いましたが成功。スピンはとても美しいです。難しいリフトは入るところも降りるとこもきれい。SlStもぴったり合っているしメロディととても合っています。身体をくるっと回してデススパイラル。美しい!でも残念!転倒がなかったら余裕で1位だったと思うのですが。61.64

中国のスイ・ハン。16歳と19歳。「カントリーダンス」。すごいスピードで滑ってきて高さのあるトリプルツイスト、3Tもばっちり。3FThもすごい放り投げ方。SlStも芸達者というか何というか、ステップなのかどうなのかわからないぐらいいろんなことがはいっている。スピンも複雑なポジション。リフトもあの男の子のどこにこんな力があるのかと思うぐらい。デススパイラル以外は完璧ですね。お客さんもすごい拍手。66.75

アメリカのエボラ・ラドウィッグ。「私の彼氏」。トリプルツイストは高さがありますね。3Tは女性が両足らしい。スピンのポジションがシンプルだけどきれい。3LoThもきれいですね。スケーティングにベテランならではの味わいが。SlStもユニゾンが素敵。リフトもきれい。デススパイラルのポジションも良かったです。ロマンチック。60.75

カナダのローレンス・スィガーズ。「ビートル・ジュース」。まずスピンからですが、スピンの回転がはやい。トリプルツイストはランディングが斜めになりました。3Tはきれいに跳びました。デススパイラルも問題なし。リフトも女性が頭を下に下ろす難しい降ろし方。3LzThは手をついてしまったよう。SlStは楽しそう。最後のポーズも決まっています。57.97

1 スイ・ハン
2 デニー・コフリン
3 マーレイ・ブルーベイカー
4 高橋・トラン
5 エボラ・ラドウィッグ

SPはみんなハイレベルでしたね。5位までが60点以上。ほとんど得点差がないのでフリーで順位が変動しそうです。

—–

ジャン・ワン。「雨に唄えば」。ダブルツイストにしてきました。2T+2Tは成功。2Sも成功。リフトは上手ですが、サイド・バイ・サイドスピンでちょっと回転がずれてしまいました。3LoThはきれい。3SThはステッピングアウト。キュートなんですが、全体的にスピードがなくて残念な感じでした。女性の足にテーピングが見えるので、怪我をしているんじゃないかと詩子ちゃん。140.24

デュハメル・ラドフォード。コールドプレイの曲。トリプルツイストは流れがありますね。3Lz+2T+1Tは女性が着氷で失敗してしまいました。3Sも女性が転倒。サイド・バイ・サイドスピンはよく合っています。スパイラルのラインもきれいですね。3SThはオッケー。3FThは手をついてしまったような。リフトはスピードがあってきれいです。うーん、失敗が多かったですね。デュハメルはあまり失敗しない印象なのに。171.76

デュベ・ウォルフェ。「ヒーローズ」より。スパイラルからのトリプルツイストはまずまず。3Sはオッケー。リフトはノーハンドのところも。2Aでは女性が手をついてしまい、コンビネーションにならず。サイド・バイ・サイドスピンはいいですね。3TThも転倒。疲れてしまったのでしょうか。スパイラルはきれいですね。3LzThも崩れるように転倒。ペアスピンのラインの美しさは、さすがデュベちゃん。154.79

ローレンス・スィガーズ。映画「仮面の男」ほか。トリプルツイストは高さはないけどオッケー。3Tの予定が男性が2Tに。2A+2Aはやはり男性が詰まってしまいました。残念。デススパイラルの入り方が素敵。スパイラルもきれいですね。3LoThはオッケーですね。ラッソーリフトは入り方が悪くあげきれないかと思いましたが、がんばりました。3LzThも成功。最後のリフトは降り方がもう一つ。でも疲れても笑顔を忘れないスィガーズ。途中から疲れがでたみたいですが、最後までやりきったのは立派。スィガーズのキスクラでの顔色が悪いのも心配。158.66

エボラ・ラドウィッグ。27歳と31歳。そんなになりますか。「ダフニスとクロエ」ほか。トリプルツイストは流れがあります。3Tはふたりともステッピングアウト。3LzThは転倒。1A+2Aになってしまいましたが、そのあとのダンスリフトがきれい。デススパイラルもきれい。サイド・バイ・サイドスピンも素敵。スパイラルからの3LoThはとてもきれいでした。座っているようなリフトも見事。小林さんも言ってましたがこのペアはふたりが離れるところがとてもきれいです。最後のリフトの降り方はもう一つでしたが、いいプログラムでしたね。ミスが多くなったのはやっぱり高地のせいかな。167.99

スイ・ハン。大人っぽい衣装ですね。「ザ・ソウル・オブ・フラメンコ」。4TThは両足っぽいけど成功。3T+2T+2Tは揃ってなかったけど成功。クワドプルツイストはノーモンクの成功。強いていえばやっぱりデススパイラルはもう一つのような。つなぎの動きもフラメンコっぽい。スパイラルも女性のポジションは一体なんなんや。2Aもジャンプとしては成功。3FThも高くて大きなジャンプ。最初のリフトはとても複雑で長い。どんだけ体力があるんだ。ペアスピンもいいですね。最後のリフトもすごいスピードだ。最後まですごかった・・・。このまま成長したら間違いなく世界チャンピオンになりますね。これでジュニアに出るなんて反則。201.83

高橋・トラン。「ケベックの協奏曲」。トリプルツイストはまるでダブルのように優雅な回転。3Tはたたきつけられるような転倒。コンビネーションジャンプはふたりとも失敗して1Tに。デススパイラルはきれいですね。ペアとしての美しさはさっきのスイ・ハンより上だと思うのですが、ジャンプミスが大きいです。アクセルラッソーリフトのポジションもきれい。3SThも両足。3TThも両足になってしまいました。残念。ペアスピンは美しいです。最後のリフトも美しい。171.33。うーん、残念。

デニー・コフリン。「トゥーランドット」。トリプルツイストは高い。3LoThも流れのあるいいジャンプ。3Tも成功。女性が失敗して1A+2Aのシークエンスに。ペアスピンもおもしろい入り方。3FThもいいジャンプ。スパイラルも見事ですね。音楽によく合ったキャリーリフト。顔面を打つかと思うダイナミックなランディング。いやー良かったですね。185.42

マーレイ・ブルーベイカー。3Tのコンビネーションでしたが、女性が転倒。スピードがすごいですね。トリプルツイストも高さがすごい。2Aは女性がステッピングアウト。サイド・バイ・サイドは最後合わせましたね。デススパイラルはブルベイカーのポジションがきれい。3LzThは何とかこらえて。難しいポジションのスパイラル。キャリーリフトもきれい。3SThは両足に。ペアスピンも難しい。178.89

1 スイ・ハン
2 デニー・コフリン
3 マーレイ・ブルーベイカー
4 デュハメル・ラドフォード
5 高橋・トラン

いやー、スイ・ハンが初出場、初優勝。すごかった、というかもうジュニアに出るのはやめてください(世界選手権はシニアもジュニアもでるそうです)。クワドプルツイストは初めて見ました。デニー・コフリンはすごいですね。あんなにツイストが高く上がるんだとびっくりしました。ペアチェンジは大成功ですね。マーレイ・ブルーベイカーもマーレイがイマイチ垢抜けていないのが気になりますが、それだけにマーレイが一皮むけたら世界でもメダルを狙えるペアになりそう。デュハメル・ラドフォードは久しぶりにデュハメルの根性を見ました。それでこそよ!

高橋トランは優勝してもおかしくなかったのですが、この大会はジャンプが残念でしたね。美しさはピカイチだと思いますよ。世界選手権では実力を発揮してほしいです。応援してます。

フィギュアスケート四大陸選手権2012(4):女子シングルFS

昨日のマラソン、走る公務員の川内選手は14位とふるいませんでしたが、無職の藤原選手が2位という結果に驚きました。ここは無職の力士を大阪場所に呼んでもいいんじゃないですかね。そういうことなんじゃないかと思ったのですが、違いますね。

さて、職があるとかないとか、そういうことをを忘れさせてくれる美しいスポーツ、女子シングル。解説は藤森さん、実況は小林さん。

レジェン・マレー。映画「ホリデイ」。3Loは回転不足で両足に。2Sは3Sを狙っていたようですが、2Aはきれい。2A、2Fともう一つのジャンプが続きましたが、2F+2T+2T、2Lo+2Tとコンビネーションジャンプはちゃんと入りました。スピンはなかなかきれいなラインですね。SlStもまずまず。もう少しスピードがあればなあとは思いますが。コーチはお母さんらしいです。94.34

台湾のクリスタル・キアン。生まれ、育ちはアメリカ。完全に北米の選手の雰囲気。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。3Lz+2Tはランディングが両足。すごくゆっくり3Lo、3Fはスピードがないし、おそらく回転不足。コンビネーションスピンはトラベリングがすごいですね。スパイラルはきれいです。2Lz、2A+2T。滑っててもジャンプを跳ぶ前にきゅっとスピードが落ちますねえ。93.79

オーストラリアのシャンタル・ケリー。ブランドン・ケリーはお兄さん。コーチはお母さん。「アリス・イン・ワンダーランド」。2Aは回転が足りてたかな。3Loは両足。2F+2T+2T、手足が長く、スタイルがきれいなのでスパイラル、スピンなど映えますね。シットスピンのフリーレッグもおもしろい。2A+2Tはオッケー。2Lz+2T、2F。SlStの後2Lo。102.29

メラニー・スワン。映画「アメリ」より。藤森さんによればまだトリプルの技術を習得してないとのこと。2Lz+2Lo+2Lo、2Lo+2Lo、2F+2Loとループの連続に実況席もどよめいています。1A、2F、スピンはいいですね。SlStもすごく北米っぽい。2F、2Lzのあと、ビールマンスピンで終了。トゥループを入れないプログラムは初めて見ましたよ。96.16

フィリピンのジャイラ・コスチリアーノ。16歳。マニラ生まれ、練習はアメリカだそうです。2Lz、3S+2Tと、ジャンプの高さはあるのですが、次の3Sで転倒。レイバックスピンはビールマンも。2Aは両足着氷で回転不足。SlStは力強い。2A、2Lzと、後半に入って疲れてきたような雰囲気。2F。最後のスピンは回転もゆっくりでしたね。87.46

韓国のユン・イェジ。17歳。韓国も次々出てきますね。「シンデレラ」。3S、2Aは成功。3Fは転倒してしまいましたが、今までの選手より落ち着いてみられます。レイバックスピンもポジションがきれい。2S+2T、2A+2Tはステッピングアウト。スパイラルもポジションがきれい。身体が柔らかいですね。2Lzのあと、ドーナツスピン。2F。滑っているときは無表情だったのに、キスクラでは表情豊か。96.85

佐藤信夫コーチの世界殿堂入りの表彰があったらしいです。メダルをかけてもらっています。すばらしいですね!拍手に手を振っているところを有香ちゃんが写真を撮っていました。そのあと、有香ちゃんとふたりで写真に収まっていますね。そして、現役時代の写真も!信夫コーチ、若い頃も素敵ですね。有香ちゃんの現役時代の写真も!先生が育てた金メダリストが4人もいるんですね。みんな女子なので、次は小塚君の番ですね。

ここからグループ2。

シュア・チェヨン。「スペイン奇想曲」。3Tは転倒ですが、たぶん、ここまでではじめてみました。2Aはオッケーですね。3S+2T、スパイラルはきれいですね。というか、韓国の選手はみんなからだが柔らかくて小枝のように細い。3Sは転倒。転倒で痛めたのか、スピードがなくなりました。1A、2Lzとうまくいきません。でもSlStはがんばって大きな動き。2F+2T。最後のポーズはきれいに決まりました。うーん、なかなか良かったのですが、2転倒は痛かったですね。94.95。

アレクサンドラ・ナジャロ。映画「ブラック・スワン」。動きは良かったのに最初が1F。3Fは転倒。動きは音楽をよく表現していてさすがカナダ代表だと思うのですが、3Loはステッピングアウト。レイバックスピンは回転も速くてきれい。2T。3S+2Tで初めてジャンプ成功。2A+2T+2Tもオッケー。調子に乗っていけるかな。SlStも音楽によく合ってますね。バレエジャンプからイーグル、3S。後半の印象がいいのがよかったですね。でも本人はしょんぼり。117.11

ミミ・タチソン・チンダスック。映画「ミッション」。2Aは回転不足。3T+2Tは成功でにっこり。2F、2Lo+2T、シットスピンで回転を失敗してしまいました、残念。3Tで転倒。2F、SlStは少しからだが重そう。最初はスピードのあるいい滑りをしていたのですが。イナバウアーはきれいです。おお、客席にアリッサ・シズニーが!でも、隣がジェレミー・テンが座っているのはなぜ?97.19。

では、ここからはアリッサ・シズニーの隣にジェレミー・テンを見つけて「けしからん!」と波平並みの怒りを見せたマイク松がお届けいたします。

***

客席のシズニーをみてうれしくなっていたマイク松ですこんにちは。地元ですからね。シズニーの応援でアメリカ勢も気合いが入るでしょう。

サンドラ・コーポン。SP17位。「ミス・サイゴン」。滑るポジションはいいですね。2Aを決めてきました。2F+2Loも流れよく。3Sはツーフットですね。まずまずの出足。2Aからスピン。このあたりからスピードは落ちてきますが、スピンやスパイラルのポジションはいいですね。これからの選手。103.15。回転不足をだいぶとられて、あんまり点がのびてないですね。おしい。

チューイン・ジュー。「セント・オブ・ウーマン」。最初の3Tはステップアウトで転倒。3T+2T、3Sはしっかり決めました。スピンから2Fは転倒。全体的にスピードがないですね。次も1Aになってる。がんばってー。スパイラルで持ち直そう。2Aはステップアウト。2F+2T+2Loはなんとか。ジャンプが決まらないとしんどいですが、コンビネーションスピンはポジションもしっかりしていました。ジャンプをまとめれば演技全体もまとまりそう。キスクラで号泣していました。102.77。元気出して。

台湾のメリンダ・ワン。「トスカ」。3T+1Tから入ります。2F+2Tとしっかり自分のできるジャンプを決めてきますね。2Loも成功。今の力なのかミスなのかいまいちわかりづらいですが今の実力でしょう。2Aからスピン。スパイラルのポジションもいいですね。ちゃんと曲の変化に応じて雰囲気を変えてるのもいい。2Tとジャンプがまだまだですが、ジャンプを鍛えていけばすぐ上の方にいける素質はありそうですね。充実した演技で笑顔。103.69。

第3グループは今井遙から。「マイ・フェア・レディ」モダンバージョン。3T+3Tはセカンドでオーバーターン。3Lzはタイミングがあわずに転倒。トランジションでもっと表現力を発揮したいところ。3Fはステップアウト。がんばれ。3Lo+2Tは決まりました。スピンは安定した軸ですね。スピードはあります。すばらしい。3S+2T+2Tをまずは後半で成功。スパイラルからの滑りをみてもかなり有香ちゃんの滑りになりつつありますね。3Sは転倒、2Aは決まりました。ジャンプの安定が鍵になりますが、この調子で長い目で見守ればいい選手になるでしょう。まじ期待してます。レイバックスピンはとてもいいスピンでした。134.49。キスクラでは残念そうでした。

シンシア・ファヌフ。カナダのどんぐり2号。本人は意気軒昂です。「パガニーニの主題による狂詩曲」。3Lzはシングルに。やる気はあるんですが。3Loはいいジャンプでした。3Loはシングルに。がんばれ。スピンはとても速くて質がいい。3Sは決まりました。この先はきっちりいきたいですね。スパイラルから2Aはシングルに。3Tは成功。3T+2T+2Tも決まりました。なんともいえない中途半端な出来ですが、決まったときはいいんですよね。安定感さえあれば。147.47。

アメリー・ラコステ。カナダのどんぐり1号。今のファヌフの演技に対してどうか。「エビータ」より「アルゼンチンよ泣かないで」。ステップからの3Loをきっちり決めてきました。3Fも決まりました。確実にいってますね。3Sはステップアウト。転倒とられるか。レイバックスピンはとても質が高いです。SlStは途中でちょっとよろけました。うーんまさにどんぐり。3Fはシングルに。やばい。3Lo+2Loは回転どうだったか。スパイラルから2Aは転倒。追い込むように。2Sから最後のスピンはよかったです。こりゃどうかなー。147.65。うわーまさにどんぐりでした。

ビンワ・ゲン。「シルヴィア」。3Lzはツーフット。2Aは転倒しました。今日はみんなジャンプがよくないですね。2Tと決まりません。スピンからスパイラルの流れは表現力あります。あの手の動きがいいですね。3Lz+2Tは決まりました。ここからここから。2Sからフライングキャメルスピン。だいぶスピードが落ちてきました。疲れてきたか。3Tは転倒。がんばれ。1AからSlSt。だいぶへろへろですがなんとか。最後までなんとか演じました。きつそうでしたね。127.89。

ヴィクトリア・ムニス。ムニスきましたー!!ムーニスムーニスムーニースー。どんどどん、oi!どんどどん、oi!「シェヘラザード」。突き押しのような動きから3Lz+2T+2T決めてきました!よっしゃ。2Fは予定通り。3Lzは転倒。ドーナツスピンは妙に重量感がありますがポジションはめっちゃいいです。曲が変わっても特に表情の変化はなし。ムニス。1A+2Tになりました。3Loも転倒。がんばれムニス!スパイラルから3Loはステップアウト、2Aはオーバーターン。SlStは疲れているというよりもともと動きが足りないんだろうと思います。最後のコンビネーションスピンはすばらしい出来でした。相変わらず素質を感じますね。でもジャンプが決まりませんでした。117.83。だいぶ回転不足とかとられてますが、これを糧にがんばれムニス!ムーニスムーニスムーニースー。

カク・ミンジョン。ラフマニノフ「ボヘミア奇想曲」。3Lzは上に上がったようなジャンプでしたがなんとか。3Sは流れよく決まりました。2A+2Tからスピン、スパイラルはさすがのいい出来。でもつなぎの演技にはあんまり興味がないみたい。2Lz+2Tになったり3Sで転倒したりと最初のまとまりがなくなってきた。レイバックスピンで持ち直そう。しかし3Lzはダブルになります。SlStも最後はだいぶ疲れていました。しかし最後のスピンもよくがんばりました。だいぶ疲れていたみたいですね。130.52。終わって満足の笑顔。疲れたみたい。

最終グループはキャロライン・ジャンから。ドヴォルザーク「チェロ協奏曲」。3F+2Tからしっかり。3Lzも決めてます。2Aも問題なし。いいですね。コンビネーションスピンはとても軸が安定しているし、シットスピンも低い姿勢。3Loも成功です。これはいい演技になりそう。スパイラルもなめらかで安定してます。3F+2T+2Loも決めてきました。ジャンプの矯正はうまくいってますね。3Lo+2TからSlSt。前半片足もスピードは落ちないです。2Aもばっちり決めて、音楽に乗って最後のパールスピン→ビールマンスピンでばっちり決めました!おおー!!これはすばらしいです!キャロラインのクリーンプログラム久しぶりにみましたよ。ばっちりばっちり。176.18。きました!

アシュリー・ワグナー。ワグナーがどういう演技をするかたのしみ。「ブラック・スワン」。3F+2T+2Tを流れよく決めてきました。2A+2Tも大きなジャンプ。3Lzも流れがすばらしい。どんどん自分の世界を作っていきますね。スパイラルもかくかくした動きで魅了します。レイバックスピンもばっちり。イーグルからの3Loも成功、心配の3Sも決めました。これはすばらしい。3Lo+2Tに続いて3Fもばっちり成功。SlStも音楽にしっかりフィットしてます。寄り添うようなステップ。バレエジャンプも高い。最後のスピンまですきなしでした。おおおベリッシモです!ついにワグナーもこの領域まできましたね!大きな物語を演技全体で作り上げていました。黒い猛禽の誕生です。やっぱ全米チャンプは違いますねー。192.41!でかい!いっこく堂の師匠も呆然としています。

アグネス・ザワツキー。ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」。2Aはオーバーターン。3Fは決まりました。レイバックスピンもてきぱきと。スピードに乗った滑りから3Lz。質が高いですね。スパイラルのしかし次は2Lz+2T、1A+2Tとぬけます。3T+2T+2Loは決まりました。2SからSlSt。体力はありそうですがのりきれてないですね。I字スピンでしっかり決めました。でも実力は出し切れなかったですねー。クリーンプログラムでがっちり決めたかったところですが。157.23。

村上佳菜子。いい挑戦してほしいです。メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」。3Lzから入りました。これは高さもあります。3Loも入り方からしてクリーンです。3Fはぎりぎりステップアウトか。レイバックスピンは軸ばっちり。シットスピンも回転速かったです。こういうところをしっかりまとめられるのはすばらしい。スパイラルも表現できてますね。3T+1Tとセカンドで抜けました。3F+1A+SEQ、2Aとしっかり。SlStは音楽をよくとらえてるし、手の表現力が格段にあがった印象です。3S+2LoからI字スピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。終わってすごい苦しそうな顔してました。きつかったんですね。169.32。

浅田真央。いい演技してほしいです。リスト「愛の夢」。いい滑りから3A決めてきました!よしよし。3F+2Loも成功。3Lzは手を着きました。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションがグッド。2A+3Tもしっかり成功。キレありますね。3F+2Lo+2Loもスムーズです。3Sはダブルに。スピンからSlSt。さすがの浅田でもきついか。がんばってます。3Loからスピン、最後はスパイラルでフィニッシュ。いやーすばらしかったです。おそらくトップには届かないかもしれませんが、猛烈な幸福感を届ける演技ですね。あれだけの世界観をリンク全体で作り上げるのはさすがです。この力は世界トップにしかもてないんでしょうか。188.62。おしかったです。思ったより出てた。3Aはダウングレードですかー。

最終滑走はクーシン・ジャン。滑りづらいけどがんばれ。「恋は魔術師」。3T+3Tを決めてきました!気合い感じますね。3Lz+2Tも成功。3Lzも決めてます。いいじゃないですかー。回転の速いドーナツスピンからしっかりつなぎ部分も。スパイラルから後半にいきますが、3Fで転倒。このへんからきつくなってくるんですよねー。3Loは決まりました。スピンの回転がとても速いです。3S、2A+2Tもなんとか決めてます。気合いです。SlStからスピンまでしっかり演じきりました。これはいい演技でした。最終滑走であの演技は自信になりますね。162.59。

○最終結果:
1. 黒い猛禽先生
2. 浅田先生
3. キャロライン先生@アメリカ
4. 村上先生
5. ジャン先生@中国
6. ザワ先生
12. ムーニスムーニスムーニースー先生

ワグナーが四大陸を制しました。すごい演技でしたからねー。納得です。全米チャンプになってからますます状態をあげてきていました。それを地元で100%出しての優勝。世界選手権に弾みがつきますね。

2位は浅田。世界選手権に向けていいステップにできたのでは。大事なのは1つ1つ階段を上がっていくことですからね。でもどしどし滑っていくことで、プログラム全体のメッセージ性が上がっていたのは発見でした。やはり考えて滑ってるんですねー。

3位はキャロライン。クリーンプログラムで復活を印象づけました。もちろん一番よかったときに比べるとまだですが、あの無敵ぶりを思い出させるような。あの頃と違って自分の力を1つ1つあげる、地に足のついた演技がうれしいです。がんばれ。4位は村上。空気薄いのにがんばりました。

そしてムニスは12位のまま。なにげに上がらなかったけど下がらなかったですね。誰かあの素質を磨いてやってほしいです。ムーニスムーニスムーニースー。

それにしてもアメリカ勢がんばってましたね。やっぱシズニーの応援あってこそだな!

MIL青木におもしろいニックネームがついたらしい

横浜のナカハタカントクの前に自分の昔のユニをきたファンがサインを求めにきたところ、上に「ベイスターズ」って書いたカントク。すごい貴重なのに。あのファンはほんとえらいなと思うマイク松ですこんにちは。えらいから受け入れてやってくれ。本当にやってやってくれ。ありがとう。

さて、今日は四大陸をみようと思っていたのですが、サンデースポーツでおもしろいニュースをみたので、先に書いてしまいたいと思います。

ブルワーズの外野のポジション獲得を目指してがんばっている青木。ブラウンの処分がなくなったことで道のりがますます厳しくなっていますが、張り切って打撃練習に取り組んでいるようです。

そしたらチームメイトが青木におもしろいニックネームをつけたようです。

「ニンジャ」

映像では「ニンジャ!ニンジャ!」「ニンジャ~!」とすごい盛り上がりでした。青木は困惑していましたが。

しかしこれはとんでもない吉兆といえるでしょう。常々アメリカで活躍する日本人プレーヤーはなぜニンジャを自分から名乗らないのかと不思議に思っていたのです。ニンジャマスターのブランドヴァリューはカラテのブラックベルトに匹敵する高さを誇っています。NFLではNEのヘルナンデスがTD後にシュリケンを飛ばすセレブレーションをしていますが、外国人にやらせている場合ではありませんよ。

しかも誰もその人が本物のニンジャかどうかを追求するすべはないのです。なぜ自分から名乗らないのかと思っていましたが、なんと向こうからつけてくれましたよ。飛んで火に入る夏の虫。ここは青木もニンジャキャラをしっかりと確立し、ファンから「なぜニンジャを使わないのか!」などといわれるようにがんばりましょう。さっそく明日から以下のことを実行してください。

  • まずほっぺにぐるぐるマークを描く
  • サンバイザーにうずまきマークを書く
  • 自己紹介には「I’m from IGA」という
  • 語尾にはかならず「gozaru」「NIN-NIN」をつける
  • ときどきは「Datteba-YO!」という
  • 試合で名前を呼ばれたら印を結ぶ
  • 国歌を歌うときでも印を結ぶ
  • ファインプレーをしたらシュリケンポーズ
  • よくわからなかったら「NINTOMO-KANTOMO」という
  • 出ばやしは「カムイ外伝」「影の軍団」
  • セーフティバントは「変移抜刀霞斬り」と呼ぶ
  • 捕殺は「飯綱落し」と呼ぶ
  • 打席に入るときは背中からバットを出す
  • バックスクリーンの上からふろしきで空を飛ぶ

もう悪のりが悪のりを生んで、アメリカに大きなニンジャブームが。そしたら空気を読んだ川崎が続き、ニシオカが続き、しゃあなしでイチローもマツイ兄さんも続き。もう大変なことに。そして本家日本にニンジャブームが飛び火。前からニンジャにあこがれていた上司もニンジャに。日本を元気にするのはニンジャです。

フィギュアスケート四大陸選手権2012(3):女子シングルSP

くるみ割り人形といいますが、僕らくるみを割る機会もそんなにないですし、くるみ割り人形を持ったり使ったりしている人にも出会ったことがないです。同じようなものを日本の中で探してみたら、からくり茶運び人形とかになるんかなと思ったマイク松ですこんにちは。

今日は四大陸選手権の女子シングルSPです。当日とかその後のニュースとかは全然みてないので、よくわからないんですよねー。

フィギュアスケート四大陸選手権、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は藤森さん。

第2グループまで終了しています。ここまでで1位のタイのミミ・タチソン・チンダスックの演技が。3T+2T、2Aはしっかり成功。3Sはシングルに。体もほどよく絞れているし、動きの中に表現力もある。このままいい先生について伸びていってほしいけど。37.23。アメリカで練習してるらしい。

第3グループはまたタイのメラニー・スワンから。アメリカ生まれ。「イマジン」「イエスタデイ」。2Aで転倒。高さがほしい。ステップからの2Lzは予定通り。2F+2Tも成功ですね。堅くいってます。SlStは勢いよく入ってがんばってました。タイも2人入ってますね。力入れてるんでしょうか。31.21。

韓国のシュア・チェヨン。雰囲気ありますね。「エデンの東」。3S+2Tから。なんとか決まりましたが回転どうやったかな。しっかりコンビネーションにしましたね。2Aは踏み切りが合わずに高さが出ませんで転倒。3Tはいいジャンプ。スピンもステップもそつなくこなしてますね。やっぱ順調に育ってるんでしょうか。しっかり体を作って大きな選手になってほしいところ。36.24。コーチはもうちょっと

オーストラリアのジェイミー・ノブス。すごいがっちりしてますね。アスリート的に恵まれた体格。「スパニッシュ・ギター」。2Aはシングルになってしまいました。3Loは回転が足りてないですね。ステップからの2Lzはトリプルを跳ばなければならないのできつい。どっちでコンビネーションのつもりだったんだろう。SlStは見せ場ですが、あんまりスパニッシュなリズム感がないですね。本当はメインでは水泳とかやってるんじゃないだろうか。26.33。

プエルトリコのヴィクトリア・ムニス。ムニスムニスムーニースー。ペレス・プラド「コンチェルト・パラ・ボンゴ」。3Lz+2Tは手をつきましたがちゃんとセカンドつけてます。力業。3Fもなんとか。2Aも降りました。すごく運動神経がよさそうで、重量感があります。マンボの音楽にもあってる。SlStもよく雰囲気出してるし、ダンスパートでは拍手起きてました。選曲の勝利かもしれませんが、大きな素質を感じました。脂ぎったコーチがついてますが、誰か育ててくれないかなー。42.63。ジャンプが回転不足とられてますね。点が出てすごい顔してる。映ってるよー。

南アフリカのレジェン・マレー。3Loは転倒。3Sも転倒。ジャンプはあんまり得意じゃないんでしょうか。動きはいいしちゃんと体もつくってるんですが。スピンはポジションもいいしきれいな回転。2Aは決まりました。SlStもがんばってますね。ジャンプをしっかり決めればすごくのびそう。最後は忍者みたいなポーズでフィニッシュ。32.15。

カナダのアレクサンドラ・ナジャロ。「トリッチ・トラッチ・ポルカ」ほか。3Fはシングルになりました。3Sはタッチがあってコンビネーションにならず。スピンのポジションはいいのに。2Aも手をつきました。今日はジャンプがだめですねー。ドーナツスピンとかみていると今までとはレベルが違う選手ではあるのですが。あせってしまったのか終わってしょんぼりしていました。キスクラで白目をむいていました。37.08。

ここまででムニストップ!ムーニスムーニスムーニースー。oi!oi!

第4グループ、最初に浅田真央がきました。衣装が新しくなってますね。「シェヘラザード」。3Aはツーフットですね。回ってたかなあ。3F+2Loはスムーズです。スピンは難しいポジションです。3Loはステップからきっちり。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションがしっかりきれいです。SlStへ入るところの切り替えが、音楽に合わせてしっかりつけられているのがいいですし、相変わらずすごい密度。ビールマンスピンもしっかりまわってました。ありがとうございます。少し技術寄りに調整している感じでしょうか。3Aもトライしたし世界選手権に向けて順調ですね。64.25。さらばムニス。

カナダのアメリー・ラコステ。カナダチャンプ。世界選手権の代表は1つしかないので、ラコステかファヌフどっちかをこれで決めるらしいです。がんばれよ。「サテン・ドール」。2Aは飛距離があっていいアクセルジャンプ。3Lzはタイミングあわなかったかシングルに。うーん。3Lo+2Tはきっちりコンビネーションにしました。でもループループじゃないか。スピンは少しトラベリングと藤森さん。ホームには近いはずですが、あんまり調子よくないですね。いつもの力強さが演技にいきてない。そのあとはしっかりまとめました。しょんぼり。51.72。でもムニスよりは上。

中国のチューイン・ジュ。チャイコフスキー「くるみ割り人形」。3Fは前向きに降りてきて転倒。スピードはあるのに。2Tは踏み切りのタイミングがあわなかった。2Aは決まりました。ジャンプ決めたかった。スピンはもうちょっと回転速度がほしいところ。SlStはがんばってますが音楽にフィットしていきたいところですが。とても素材的によさそうなだけに今回は力を発揮できなかったか。36.43。

アメリカのアシュリー・ワグナー。全米チャンプ。映画「ポロック」より。体も雰囲気も全米よりあげてきている感じですね。3F+3Tをなんとか決めました!早い滑りから3Loも流れがある。2Aもばっちり。スピンはしっかりまわってます。レベルしっかりとっていってほしいですがトラベリングはしてます。SlStはしっかり音楽をとらえてます。もっと躍動感出して。イーグルから最後のスピン。しっかり決めました。大きなミスはなかったですがどうかな。64.07。惜しくも浅田には届きませんでしたが十分でしょう。笑顔。

村上佳菜子。だんだん風格でてきましたよね。体調はあんまり最近よくないみたい。「ヴァイオリン・ミューズ」。でもすごいスピードです。3T+3Tはすごいいいジャンプ!加点つきますねー。ステップからの3Fもキレのいい回転でした。スピンはヘアカッターの回転が速くなってましたね。2Aはその前のステップも難しかったですがしっかり。よっしゃ。SlStは表現力ついてますねー。伝わってくるものがあるし。最後のコンビネーションスピンもしっかり1ポジションごとにまわってました。これはいい演技!63.45。納得の演技だったみたい。喜んでます。スピンとステップ全部レベル4だったらしい。

今井遙。メンデルスゾーン「無言歌ニ長調作品109」。3Tは着地がうまくいかなくてコンビネーションにならず。3Loはタイミングがあわずにダブル。ドーナツスピンはポジションがすばらしいですね。2Aは着地で詰まりましたがまずまず。CiStはいいポジションでポーズがきまってますね。最後のスピンはいやーぐんぐんよくなってます。シズニー直伝のビールマンスピン、高速スピンはばっちりでした。しかしジャンプが決まりませんでしたね。45.19。有香ちゃんも怖い。ムニスよりは上だから怒らないで。

第5グループは中国のケンシン・ジャンから。初出場。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」。3T+3Tを決めてきました。いい出だし!3Lzは転倒。ジャンプはよかったのに。スピンは回転が速いしY字ポジションもいいですね。2Aもおっけー。SlStはメリハリもある。アクセントをうまくつけてますね。最後のビールマンスピンも回転が速くてすばらしかったです。これはいい演技。54.07。点を見てもうちょっとリアクションをしてほしいです。

韓国のカク・ミンジョン。めっちゃ大きくなってる!スケーターらしいいい体つくってますね。全然違う。「エデンの東」。ステップからの3Lzはいいジャンプ。3S+2Tもしっかり決まりました。シットスピンはもうちょっと低くいってほしいか。2Aからコンビネーションスピンはいいスピンでした。1つ1つのエレメンツを丁寧にやってますね。ビールマンスピンのポジションもいいです。SlStも音楽をしっかり感じていました。よしよしいい演技です!48.72。うーんルッツを回転不足とられてるらしい。でもガッツポーズでました。

アメリカのキャロライン・ジャン。復活しつつありますねー。「夜明けの翼」。3Lo+3Loはステップアウトしましたがジャンプはまわってたかも。3Fはばっちりですね。流れもあります。演技に力強さとゆとりもあるし、いよいよこの復活は本物でしょうか。シットスピンからスパイラルもなめらか。2AからI字スピンも安定してます。SlStはエッジワークがきれいであっという間に向こうへ。音楽を感じているのが笑顔でもわかります。そして最後はパールスピンからビールマンスピン。藤森さんにも「この選手の切り札」といわせる技術です。戻ってきてますねー。58.74。じっくりいきましょう。

アメリカのアグネス・ザワツキー。ザワさんはここが地元とのこと。ここで存在感みせておきたいです。「ハーレム・ノクターン」ほか。セクシーパートから3Tにいきますが転倒してしまいました。あらー。3Lz+2Tはここでコンビネーションをリカバー。やりますね。レイバックスピンは軸が安定してます。まだやる気を失ってないですね。SlStはほんとによく曲にフィットしてますね。きめ細かなステップと音楽表現。これはすごい。フライングキャメルはふわっと入る入り方がすてき。2Aを最後に入れてスピン。I字スピンでフィニッシュ。最初の転倒でもしっかり切り替えてましたね。52.87。きついですがFSでも頼むぜ。

カナダのシンシア・ファヌフ。ラコステが沈んでか元気ですね。「スパニッシュ・ギター」。でも2Aで転倒。オマエも何やっとんねん!3Lzも転倒。ぎゃー。3Lo+2Tはこっちでコンビネーションをリカバー。レイバックスピンはいいキレです。フライングシットスピンからSlSt。気合いは感じます。最後のスピンまで少し遅れてしまいましたね。ザ・どっちもどっちの演技。50.76。ラコステより下か。

中国のビンワン・ゲン。李成江の弟子ですね。がんばれ。「シェルブールの雨傘」。3Lz+2Tをしっかり成功。3Fは高さが出ず転倒。おしい。I字スピンはしっかりポジションできてました。スピンのポジションは総じてきれいです。イナバウアーから2Aはこれも転倒。うーん今日はあわないですね。SlStは密度も高くて雰囲気を作り出してました。最後のスピンでフィニッシュ。いい演技でしたが2転倒は痛いですね。46.98。しょんぼりしてます。

○SP終わっての順位:
1. 浅田先生
2. 猛禽先生
3. 村上先生
4. キャロライン先生@アメリカ
5. ジャン先生@中国
6. アグネス先生
12. ムーニスムーニスムーニースー先生

SPトップは浅田。このメンバーでは順当ですね。世界選手権の前に3Aもしっかりトライしてるし、1つのステップとして先を見据えているのがすばらしいです。FSもがんばってほしいです。ザワツキー

2位は全米チャンプワグナー。充実してますねー。地元アメリカですし、いい結果に結びつけてほしいです。3位は村上。曲の雰囲気も板についてきました。ぐんぐん成長している感じ。やっぱいろんな曲滑るって大事ですね。4位にキャロラインがいるのが気になります。表彰台狙えますよね。

ちなみに最終的にムニスは12位。身体能力も高いしラテンのリズムと感性を持ち合わせてますね。誰かちゃんと育ててくれませんかねー。

フィギュアスケート四大陸選手権2012(2):男子シングルFS

今日は暖かかったですね。もう春が来るんでしょうか。来てほしい、寒い!解説は岡部さん、実況は小林さん。2、3、4位が日本人と、全員好位置。カーリングでたとえると大量点がテイクできそうな状況です(?)。カマーラウンドを期待したいですね。イェス、イェス、イェース!

ブラジルのルイス・マニェーリャ。ジュニアと掛け持ちの初出場。3Lz+3Tは成功。3F+2Tはちょっとランディングがもう一つ。3Loは転倒。シットスピンは上手。3Sはオーバーターン、1Lzと疲れてきたでしょうか。よろよろとしながらSlSt、2Aは手をついてしまいました。2Lz、2Aとどうにかジャンプ終了。ステップはもう辛そうな感じ。空気の薄いところでシニアのプログラムですから、大変ですよね。でも、ブラジルからいい選手が出てきましたね。133.07

オーストラリアのニコラス・フェルナンデス。フラメンコの音楽に合わせてなかなか素敵な雰囲気。2Aは成功。3Loはステッピングアウトで手をついてしまいました。3Sはオッケー。3Lzはランディングが両足か。3S+2Tは成功。SlStはスピードがなくて止まっているように見えるところも。3Fは転倒。2Aもランディングがもう一つ。3Tもなんとか。上半身は上手く使えているのであとはスケーティングを磨いてほしいなあ。顔もごっつ男前だし。131.76

台湾のジョーダン・ジュー。カナダ生まれの16歳。3Lz+2Tは成功。3Sはステッピングアウト。3Fもランディングが乱れてしまいました。3Loは転倒。スケートは2人に比べるいいように感じるのですが、なんか地味ですね。2A+3Tは片手をついてしまいました。1Lz、3T+2T+1Tはだるそう。やっぱり空気が薄いのが影響するんでしょうね。2Aはオッケー。スピンでも転倒。最後のステップの後は息も絶え絶え。134.97

韓国のキム・ミンソク。18歳。4年連続4回目の四大陸。「トライアングルタンゴ」。3Aはきれいですね。3Loも成功。なんか見たことのあるような振り付け。3A+2Tはターンが入りましたが、コンビネーションになりました。3Fもオッケー。3Sもスピードがありますね。CiStもいいですね。2A+2Aも成功。ジャンプが良かったのですが、最後が1Loになり、3Tで転倒。もったいないなあ。でも今までの選手に比べるとレベルが違いましたね。あとはもうちょっと音楽に合ったステップがほしいところ。157.14

ブラジルのケビン・アルベス。カナダ生まれのカナダ育ち。「カルメン」。コスチュームも闘牛士っぽい。最初が2A+1T。3Lzは転倒してしまいました。3Fは何とか成功。滑りと音楽のリズムが全く合ってない。緊張で聞こえなくなっているんじゃないかと思うぐらい。3Lzも転倒。3Loはオッケー。1F+2T、3Sはシェーキーと今日はジャンプがだめな日でしたね。お控えなすってのポジションでスピン。132.94

オーストラリアのブランドン・ケリー。「ダーク・エンジェル」ほか。3Lzはステッピングアウト。3Aも手をついてしまいました。2Loとちょっとジャンプが合いませんが、コンビネーションスピンはきれいですね。3S+2Tは体勢を崩しながらも持ちこたえました。しかし次が1F。きれいなスピンの後2A、2Lz+3Tとへろへろになりながらも持ちこたえています。SlStは省エネという感じのステップ。3S+2Tもよく転ばずにがんばりました。144.26。ここまでの2位にうれしそう。

ここからグループ2。

アブザル・ラキムガリエフ。胸元から手が出ています。しきりにブレードの氷を気にするラキムガリエフ。「アダムス・ファミリー」。笑顔から始まります。4Tはダイナミックに転倒。3Aもスライディング。3Sは4回転回避で成功。スピンは回転が速くていいですね。不穏な音楽でまたもや笑顔のラキム。CiStの途中で何か投げましたが何でしょう?網?3Aも転倒。3Lzは成功で見ている方がほっとします。3Fもステッピングアウト。3Tはきれいにおりました。2Loは両足。最後のコレオステップは肩で息をしているラキム、がんばって!最後は投げキッスだけど、余裕がない投げキッスでしたね。でもがんばった。153.63

リチャード・ドーンブッシュ。3Tは転倒。3Lzも両足着氷、次は1Aと調子が上がりませんね。滑りはきれいなんですが。スピンに入る前もちょっとバランスを崩しましたね。何かをふんずけて笑いのマイム。再び1A。3S+2Aは成功。ステップからの3Lzの後にピストルばんばん。1F。マイムの入った楽しいステップでもジャンプが決まらないので残念ですね。怪我をしているんでしょうか。164.29

マーク・ウェブスター。3Aは回転不足で両足になってしまいましたね。2F、2Loと3回転になりませんね。スピンはきれいですね。CiStは曲と全く合ってませんね。3Sは何とか成功。3Tもオッケー。1S、2Aとこのままではコンビネーションが入らないまま終わってしまいそう。と思っていたら、最後は2A+2T。138.87

ジャーリャン・ウー。そういう衣装、どこから見つけてきたのと聞きたくなる肩にモップをつけたようなひらひらシャツ。3A、3Sと成功させましたが、3Aで転倒。3Lzも足をつくかと思いましたが、こらえました。CiStはぼんやりした感じ。3Lz+2T、2Lo、1A+2Tと明らかに疲れてきました。2Fとジャンプが決まりませんね。156.62

クリストファー・カルーザ。グリーク「ピアノ協奏曲」。3Lo、3Lz+2Tと成功。大きなバレエジャンプのあと、3F。CiStは上半身もよく動いています。2Aもオッケー。その後のスピンもいい。身体が柔らかいですね。イーグル、イナバウアー、スパイラルと見せた後に3Loがステッピングアウト。3S+2T+2Loも成功。ウォーレンジャンプのあと3Lz。音楽の盛り上がりに合わせてSlSt。最後のアクセルがすっぽ抜けてしまいましたが、全体的にとても良かったですね。172.60。高得点に本人もびっくり。

韓国のカム・カンチャン。生まれはニュージーランド。シュッとした顔。「ジャズミックス」。2Aですが、いいジャンプですね。3Lz+2Tも成功。3Loはランディングがもう一つかな。3Tもちょっと斜め。つなぎはほとんどありませんが、スピンもまずまず。しかし2つめのスピンでバランスを崩してしまいました、残念。動揺してしまったのか1Lz、しかし次は3T+2T。フラットちゃんのぷるぷるした足の動きのあとに1S、2A+2T+2T。最後のスピンもバランスを崩してふらふら。でも今まで見た韓国代表の男子の中では一番上手くなりそうな予感。顔もシュッとしているし。16歳。154.07

ここからシュッとした顔の人の多いグループ3。

ナン・ソン。4Tは転倒。3Tもステッピングアウト。3A+2Tは成功。3Aの回転が速いですね。SlStはちょっとバランスを崩したけどいいですね。途中マジシャンのようなマイムが入って1A、3F+2Tはオッケー。3Lzは音楽に合っていいですね。3Sはランディングがちょっと乱れました。なんかもっと出来そうなだけに残念。2A+2T。やっぱり最初の4Tがか入らなかったらかなあ。おっと、キスクラでは酸素吸入しています。そんなに大変そうに見せなかったのは偉いな。190.51

アダム・リッポン。「G線上のアリア」ほか。4Sはブレイクダンスのような転倒。イーグルから3A+2Tはきれいですね。3Loもオッケー。スピンはさすがの美しさ。CiStも優雅ですね。音楽とよくあっている。しかしすばらしかったのに次のジャンプが1Aになってしまいました。立て直して3F+3T。3Lz+1Lo+3Sはパトリックと同じか。両手をあげた3Lzも成功。SlStもいいですね。最後の2Aも成功。今日は力を出し切れましたね。2つジャンプミスはあったけど、あまり気になりませんでした。221.55

ケビン・レイノルズ。足首を怪我しているとのこと。「クロノトリガー」。4Sは見事。いいジャンプでしたね。次は2Tになってしまいましたが3Aもツーフットか。4回転の予定が2Loに。でもCiStはおもしろいです。スピンもいいですね。3Fで転倒。2A+3T+2Tは成功。3Lzも疲れが見え始めたけど成功。3S+3Tもオッケー。難しいコンビネーションスピン。苦しい中がんばりました。203.26

ジンリン・グアン。「カルメン」。3Lz+3Tはいいですね。3Sもオッケー。3Fはランディングがもう一つ。シットスピンの入り方がおもしろい。長いSeStのあと2A。体力あるなあ。3F+2T、2A+2T+2T、2Lz、3Loと後半にまとめて跳んできます。コレオステップも結構激しい。最後のコンビネーションスピンはよろよろしてしまいましたが、良かったですね。最後まで力強く、スタミナがありました。196.53。

ミーシャ・ジー。「ウォー・アンド・ラブ」。3Aはツーフット。3Fはオッケー。3Lz+3T、3Lzも大丈夫。ちょっとただ滑ってるだけのところが気になるかなあ。3F+2T、3Lo、3S+2Tとコンスタントにジャンプは決まっています。2Aも成功。キャメルスピンもちょっとトラベリングしたけどポジションはきれい。CiStは情熱的で観客も大盛り上がり。最後のSlStの前振りがすごい。SlStも倒れる寸前までがんばっています。真っ白な顔が真っ赤に染まって血が出てるのかと思うぐらいがんばりました。見せ方が上手かったですね。最初はずっと走ってたのに。キスクラでも元気いっぱい。196.53

ジェレミー・テン。だらーんとした感じからスタート。3Aはぱたっと転倒。2Lzと滑りはなめらかで美しいのですが、ジャンプが決まりません。3Tも転倒。CiStは詩情があります。スピンもきれい。ここから持ち直してほしい。3Lzも転倒。3Lz、2Aは何とか成功。3Sはオッケー。コレオステップももうちょっとスピードがあると止まるところがもっと印象的なのですが。最後も1Fになってしまいましたが、丁寧にスピンも回りました。159.22

ここからグループ4。がんばれ無良!がんばれ高橋!がんばれ町田!

町田樹。「ドン・キホーテ」。いい滑りですね。4Tは転倒してしまいましたが、これからですね。1A+2Tになってしまいましたが、3Loは成功。SlStはいいですよ。3Aは決まりました。3Lz+2T+2Loもオッケー。2Fはちょっと引っかかったみたいになりましたね。コレオステップはちょっと音楽と合ってないかな。引っかかってしまって1Lz。3S+1Tとなんとかまとめましたが、今日は残念な日でしたね。やっぱり高地は厳しかったか。208.04。それでもこの点が出るのはいい評価ですね。

高橋大輔。「ブルース・フォー・クルック」。4Tは両足かな。しかし1Aは痛いなあ。3Sは見事。それにしても音の取り方が上手いですね。3A+3T、3F+2T、3Loと中盤は安定しています。3Lz+2T+2Lo、3Fも成功。SlStに入る前に観客も熱狂。鼻歌を歌えちゃう感じのステップですよね。楽々やってるのがすごい。最後の終わり方もかっこいい。うーん、最初のアクセルがもったいなかったなあ・・・。それ以外は良かったけどなあ。244.33。

パトリック・チャン。「アランフェス協奏曲」。4T+3Tは小林さんが思わず笑うレベル。4Tもクリーン。3Aも決まりましたね。CiStもスピードありますね。3Lz+1Lo+3Sはリッポンと同じだけどスピードが違う。3Loもはやい。ダブルのウォーレンから3F。あきれるわ!3Lzはステッピングアウト。2Aの後はものすごいステップ。隙がないですね。273.94。

デニス・テン。「アディオス・ノニーノ」。4Tの予定が2T。次に4Tに挑戦しましたが転倒。3A+3Tは成功。CiStもダイナミック。スピンも形がきれいですね。2Lz+1Lo+3S、3Lo、3F+2T、2Aと後半にジャンプを固めてきましたね。ドーナツスピンも身体が柔らかいですね。最後は1F。コレオステップはダイナミックでいいです。最後のスピンがちょっと中途半端になってしまいましたね。210.03

無良崇人。「ブエノスアイレスの四季」。最初は2Tになってしまいました。3Lz+3T、3Aはステッピングアウトか。3Lzはオッケー。3A+2Tも何とか成功。2Sになってしまったけど気を抜かずにがんばってほしい。CiStも丁寧に。3Loはオッケー。2F。コレオステップはいいですね。うーん、どうだったかなあ。2S、2Fがもったいなかったなあ。217.16。ああぁ、残念・・・・。

ロス・マイナー。「アンタッチャブル」。スピードのある3A。3A+2Tも成功。3Lz+3Tは着氷が乱れましたが、高さがありますね。スピンも回転がすばらしい。CiStもなめらかですね。ちょっと最後はバランスを崩しましたか。イーグルからの3S+2T+2T。3Lzで転倒。ここまでいい流れだったのに。2Lo、2Aと疲れが見え始めました。3Fは成功。コレオステップはちからを振り絞って。最後のスピンは美しかった。223.23。どうにか3位に。

1 パトちゃん
2 だいちゃん
3 まいちゃん
4 りっぽちゃん
5 むらちゃん
6 でにすちゃん

1位はパトちゃん。そら(4回転2回入れたら)そう(優勝)よ。あのスピード、あきれるしかないですね。2位は高橋。30点くらい差がありますが、計算上は合わないけど4回転の差でしょうね。まあ、ここはパトちゃんのホームだし。3位のマイナーはやりましたね。さすが伸び盛り。4位のリッポンはSPの転倒さえなければメダルでしたねえ。

5位は無良。まあ順位からいうとかなり健闘したといえますが、ジャンプがねー、成功してたらねー・・・。楽々3位に入ったと思うのでもったいない。6位のデニス・テンは去年ぐらいから大人への脱皮を図る難しい時期だと思いますが、がんばりましたね。まあ、勝負強いのでゲデバニシビリ同様オリンピックの時期になるとぐんと実力を伸ばしてくるのではないかと。それより、これで来年も四大陸でラキムガリエフが見られることがうれしい。世界選手権もがんばれ、デニス、ラキムガリエフのために!

フィギュアスケート四大陸選手権2012(1):男子シングルSP

さあ、四大陸選手権。もう結果は知っていますが、楽しみ。コロラドスプリングスで開かれる大会。コロラドスプリングスといえば、グランプリファイナルで当時無敵だったプルシェンコがうっかりサンデュ先輩に負けてしまった大会を思い出します。今回もびっくりがあるのかな。解説は岡部さん、実況は小林さん。

ラキムガリエフが最終滑走らしいじゃないですか!楽しみ!!

オーストラリアのブレンダン・ケリー。17歳。3F+3Tはエッジが怪しいと岡部さん。そして何もないところで転倒。2Aは成功。ステップからは2Lzになってしまってステッピングアウト。CiStはゆっくりですね。コンビネーションスピンもよろっとな。47.01

カナダのジェレミー・テン。国内選手権で3位になって出場です。怪我からの復活、楽しみですね。「カム・トゥゲザー」。3Aは高かったんですが、ステップアウト。3Lzもステップアウト、次はコンビネーションになるのかな。スピンは上手いですね。3Lo+2Tとコンビネーションになりましたね。キャメルスピンのポジションもきれい。SlStも片足でもよく伸びます。本人は首をひねっていますが、まずまずの演技。61.37

フィリピンのクリストファー・カルーザ。アメリカ生まれのアメリカ育ち21歳。「アサシンズ・タンゴ」。イーグルからの2A、3Lz+3T、3Loとジャンプはすべて成功。スピンの回転が速いですね。タンゴをよく表現しています。SlStもたいしたことはしてないけど雰囲気があります。パッションを爆発させるような動きにバランスを崩したりしてしまいましたが、情熱は観客を盛り上げます。いいできに満足そう。フィリピンのジャージを掲げて喜びを表していました。58.02

オーストラリアのマーク・ウェブスター。21歳。映画「シャーロック・ホームズ」。2A、3F+2Tはターンが入ってしまいましたが、成功。3Loもオッケー。スピンはちょっと回転が遅いですかねえ。CiStは音に合わせてがんばっています。最後のコンビネーションスピンはいい感じでしたね。50.88

中国のジンリン・グヮン。22歳。「死の舞踏」。3F+3Tは2つめの方が高いように見えました。2Aは最初からの予定通りか。もっとスケーティングにスピードがあればおもしろくなるのですが。スピンの回転はきれいですね。3Lzはランディングがきれい。SlStは最初は良かったのにだんだん尻つぼみな感じになってしまったのが残念。もっと出来そうに見えるのでついつい要求が高くなってしまいますが、まずまずでしたね。66.36

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。20歳。ロシア生まれの中国育ち。今の練習拠点はアメリカというワールドワイドな選手。「白鳥」。3Aはステッピングアウトで回転も足りないかな。3F+3Tは成功。3Lzはいいジャンプですね。キャメルスピンも優雅。上半身の動きがきれいですよねえ。ちょっと曲のせいか、衣装のせいかジョニー・ウィアーを思い出します。スピンもいいし。64.49

アダム・リッポン。美しい有香ちゃんが半分だけ映りました。ボンド「コロブシュカ」。3F+3Tはきれいですね。スピードも今までの選手とは違います。3Aは軸が傾いたかと思いましたが、見事におりました。両手をあげた3Lzでしたが、転倒してしまいました。もったいない。SlStはいいのですが、ちょっと心ここにあらず的な・・・。バレエジャンプは高くてきれい。コンビネーションスピンも回転がいいですね。うーん、もったいない。有香ちゃんも微妙な笑顔。74.92

ロス・マイナー。伸び盛り。3Aはきれいですね。音楽に合ったスピードのあるスケーティング。3Lz+3Tもいいですね。流れのある中での3Fも見事。スピンも回転がいいし、ポジションがきれい。SlStも余裕を感じます。去年まで全く印象に残らない選手だったのにすばらしいですね。ノーミスでした。NHK杯より上手になっていると岡部さんも太鼓判。あの道産子Tシャツも印象に残りました。76.89

中国のナン・ソン。「レクイエム・フォー・ドリームス」。4Tはダイナミックに転倒。3Aもステップアウト。3Lz+3Tは成功。SlStは上半身も使って激しく動いていますが、やっぱりジャンプが決まらないともう一つ迫力に欠けますね。最後のスピンもトラベリングしてしまいましたね。うーむ、残念。69.34

パトリック・チャン。「テイク・ファイブ」。4Tは手をつきましたが、3Aは問題なく成功。でも、この氷が変わったかのように見える(byサノさん)の滑りはすごいですね。いい選手、いっぱい出てきたのに。3Lz+3Tは成功。SlStも練習のような感じで。実際練習気分なのかな。87.95

町田樹。「ダーク・アイズ」。3Aは高くていいジャンプですね。3F+3Tも成功。パトちゃんの後でも全く見劣りしませんね。スピンの回転もいいですね。3Lzも音楽に合っていいですね。CiStもエネルギッシュ。音楽に合わせて上下動の激しい動きに観客も大盛り上がり。ノーミスですやん!やりましたね。82.37。おお、高得点!!

リチャード・ドーンブッシュ。アボットがヒップの故障で欠場とのことで、代打出場。今年のドーンブッシュはなんだか体型が緩んで見えるんですが、気のせいでしょうか。去年のホームズとかすごく印象的だったのに。ベートーベン「交響曲第五番」。3Lz+2Tはフェンスぎりぎり。3Aは転倒。キャメルスピンはおもしろいですね。踏切がうまくいかなかったのか2Fになってしまいましたね。SlStはよく動いています。最後のスピンはシットポジションがおもしろいですね。岡部さんも元気がないとコメント。うん、去年と別人のようですよね。61.34

わー、最終グループはおもしろいメンバーだなあ。バラエティに富みすぎですねえ。

ケビン・レイノルズ。「チャンバーメイド・スィング」。滑り出しからいい感じ!4S+3Tは成功。でも3Aで転倒。なんでや!スピンは足がぐにゃぐにゃに見えるおもしろい。3Lzはオッケー。SlStはよく身体が動いています。最後のコンビネーションスピンも複雑でおもしろい。いやー、転倒はあったけど、カナダの国内大会より良かったような気がします。68.22

高橋大輔。日本語での応援がすごい。「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」。4Tは転倒。でもその後の動きはいいですね。3Aはきれい。スピンもいいですね。3Lz+3Tもランディングが少し乱れました。音楽にぴったり合ってますね。SlStは流れるようです。最後のコンビネーションスピンはきれいですが、最後のポーズは不思議な感じになってしまいましたね。82.59

ジャーリャン・ウー。26歳、今大会最年長。3Lz+3Tは大きいですが、次のジャンプが1Aになってしまいましたね。3Loはランディングが乱れてしまいました。高橋の後だとかなり物足りなさを感じてしまいますね。SlStはがんばってはいるのですが、フラメンコのリズムが滑りに反映されていませんね。56.19

デニス・テン。ちょっと体型が変わりましたね。ラフマニノフ「エレジー」。4Tは降りたかに見えましたが、転倒。3Aはきれいですね。3F+3Tは着氷が乱れましたが、何とかこらえました。SlStはデニス・テンらしい激しいステップですが、昔のような荒々しさがもうちょっと全体的にほしい。情熱的でないデニス・テンなんてちょっと地味すぎます。77.73

無良崇人。四大陸選手権は初出場とのこと、意外。「レッド・バイオリン」。4T+3Tは成功。ああ、いい出だしですね。そして無良といえば高さのある3A。3Lzも成功でのってきましたね。キャメルスピンもすばらしい。CiStもこんなに丁寧にやっているの見たことないってぐらいがんばっています。途中、バランスを崩してしまいましたが。ああ、良かったですね。お父さんも満足そう。まだまだ改善すべき余地があるからもっと良くなると思うと岡部さんも期待を寄せています。83.44。なんと、高橋を抜いて2位に!

アブザル・ラキムガリエフ。ラキムガリエフ、ちょっと派手な里崎(ロッテ)みたいだけど、大丈夫でしょうか。額のあたりも気になりますが、大丈夫でしょうか。「ターザン」。4Tは豪快に転倒、しかも回転不足。3Aは成功!3Fも豪快に転倒。身体の硬いキャメルスピン。CiStはやたら陽気!でもジャングルっぽい!途中、象みたいな動きも入っています。疲れ果てたようなフィニッシュ。52.10。17位と残念なできでしたが、ラキムガリエフを見れただけでオッケーです。

1 パトちゃん
2 ムラちゃん
3 だいちゃん
4 まっちちゃん
5 デニちゃん

1位はパトちゃん。うん、まあ、こんなもんですかね。元々ジャンプの人じゃありませんからね。そして2位が無良!今度こそこのチャンスをつかんで飛躍してほしい。ここ6、7年ずっと期待しているんですよ。がんばれ。そして3位は高橋。4回転の転倒以外はすばらしかったんですがねえ。そして4位も町田!日本人が続きますが、今日の町田は最高でしたよね。そして5位がデニス・テン。あれ、意外な結果。転倒したデニス・テンでしたが、確かにステップはすばらしかったですからね。

個人的に良かったのはロス・マイナー(6位)、フィリピンの人(14位)でした。ラキムガリエフは映っただけでよし。しかも4回転にも挑戦したし。フリーが楽しみ。

フォルス・スタート商会業務日誌 2012/2/22

担当:マイク松

・今フォルス・スタート商会ではカーリングのゲームがはやっています
・極東事務所用のAndroidタブレットを買ったのですが、カーリングゲームを入れたところおもしろくて、富井が知らないうちに練習していて、テイクがうまくなっていました
・まだスマートフォンに電話機能がなかった時代からやっていたマイク松ですこんにちは、その頃はCLIEでした
・明日から出張ですが、今はサッカーをみていて四大陸のレビューができないので、今日は業務日誌です

・NFLは近藤さんのコラムでプロボウル問題が取り上げられています
・確かにオールスターはNBAがはんぱなくおもしろいですから、危機感を持つのはわかりますが、やっぱり日程変更は裏目に出てますよね
・あのシーズンを振り返るようなゆるい雰囲気が大好きだったのに、今の日程は何のためのオールスターかさっぱりわかりません
・視聴率とかいいからスーパーボウル後にもどしてほしいです、それか野球みたいにweek8のあとオールスター休みがあるかですね
ロジャースの日、お祝いしたいです

・フィギュアスケートは四大陸の再放送&ペア・アイスダンスの放送が今週ありますね
・でもあらためて今年の欧州選手権のアイスダンス(SDFD)はよかったですね、いろいろ勉強になりました
・現在のアイスダンスのトップはもちろん北米勢なのですが、トップは今のルールや評価軸でトップなのであって、トップじゃない人がだめなわけではない、それがフィギュアスケートのおもしろいところですよね
・表現力だけで評価するルールなら、由希奈はんも日本のエースだったわけで
・欧州選手権ではそれぞれの国やカップルで自分のアイスダンスを追い求めるところがたくさんみられて楽しかったです
・トップ何人かしか知らない見方はフィギュアスケートのおもしろいところをだいぶスポイルしていると思いますし、いろんな演技をいろんな評価軸で楽しめるようになれれば、フィギュアスケートを見るのに一番大切な、「応援する文化」を体得することになるんじゃないかと思いました
・だから「ロミオとジュリエット」の演技の最後に思い切り切腹する演技があってもいいのです(そうかな)

相撲協会、赤字48.8億、わーいわーい
・普通にやばいですよね、これがあと3,4年続けば倒産です
・北の湖理事長も土俵の充実をうたっていますが、充実させるのは現役の力士ですからね
・1度の変化が、相撲協会の倒産を招くと考え、ほんとに厳しく指導してほしいです

・カアプは不思議なへらバットで練習したり、アマヤ小窪がハングリーになったりしています
・ほんとに大丈夫かと思ったのか、オーナーと広島市長がわざわざ視察にきたりしています、市長すごい
・あとノムケンとバーデンがおもしろいコミュニケーションをしています、おもしろ1おもしろ2
・これにせりふを入れてみるというのは大喜利としてありそう
 ・松:「やせるツボってあるんよ」「マジ?」→「ほらここ」「OH」
 ・富井:(順番逆に)「オマエはもう死んでいる」→「あべしで?」

・今日はお好み焼きを作ってみました、難しい
・また広島に遠征して食べに行かないと

マイク松(署名)


<コメント欄>

(富井はカーリングのカマーランドショット練習休取得により職印省略)

カスタム君に負けずにがんばってほしいひよの山

社会の窓ってすごい斬新な表現だなとあらためて感心するマイク松ですこんにちは。ひねりすぎててすがすがしささえただよってる。ほかのものもややこしい表現にしてごまかしたくなります。実存哲学の森とか、唯識無境の踊り場とか、脱構築の鞄とか。

さて、みなさんは税関はお好きですか?僕は大好きです。今となってはなぜ税関職員を目指さなかったのかと思っています。密輸ダイヤル(0120-461-961)に電話しないとと思ってしまいます。税関ポスターを見るととてもエキサイトします。いわゆる税関萌えです。いわゆる?

ところで税関にはカスタム君という微妙なマスコットがいるのですが、ゆるキャラブームが起きる前から結構長い間がんばっています。今日久しぶりに税関ホームページをみてみると、なんとカスタム君がTwitterをはじめているのを発見しました。すごい!フォローフォロー!

カスタム君Twitterは日々の出来事を写真で紹介したりもしますが、トピックを無理矢理輸入に結びつけたり、自分の答えたQ&Aを引用したり密輸ダイヤルを宣伝したりしています。萌え!萌え!

やはりマスコットはこれくらいがんばらなくては。ということで以前も考察したのですが、大相撲のゆるキャラことひよの山もそろそろTwitterをはじめてはいかがでしょうか。公式もがんばってはいるのですが、なにぶん連絡事項が多くて。もちろん中の人は稲川親方ですが、カスタム君はいいお手本。つぶやきからもっと大相撲の普及につとめてほしいものです。

  • もうすぐスカイツリー開業だけど、夏場所のいす席が高さにちなんで634円で発売されるプランがあるらしいよ。→詳細
  • 人のふんどしで相撲を取るっていうけど、まわしをつけてほしいよね!そういえばそんなまわしをつけた人たちが大阪に3月にくるらしいよ!→詳細
  • ガッテンでやってたけど、ストレッチするとすごい若返るらしいね!僕もやってみたいな!→詳細 ところで相撲にも股割りというおそろしいストレッチがあるんだ。すっごいつらいけどけがをしないようにみんな泣きながら取り組むらしいよ!
  • 相撲部屋がわからないときは大相撲ホームページへ。部屋別に力士がすぐ検索できます!→詳細
  • おはようございます。寒い日は朝稽古がつらいです。でもこれが終わってからすぐちゃんこ。がんばります。
  • 《ねえ、ねえ、ひよの山》立ち合いの変化はすごくつまんないんだけど、やっぱりあれは相撲の一部なの? →そういうのは理事長にきいてよ!
  • ヤオチョーをみかけたら、ヤオチョーホットラインにご連絡ください。お気軽に。
  • 「立ち合いするどく当たって…」ヤオチョーに少しでも関与するとツイホーされます!不審な誘いを受けたときや、おかしいなと思ったときは、ヤオチョーホットラインへ
  • ミッキーお兄さん、何をしてるのかな…?ミッキーお兄さんの消息を知っている人は教えてね!

フィギュアスケート欧州選手権2012(8):アイスダンスFD

アイスダンスやペアのカップルを略するときにペシャラ・ブルザ→ペしゃぶる、ボブロワ・ソロヴィエフ→ぼぶそろみたいにいうことがありますが、たとえばテヘニコフ・ペロリンガとかいうカップルはてへぺろって略するのかなと思うマイク松ですこんにちは。ペロリンガて。ペロリンガ星人か!(てへぺろ)←使い方あってますかね

今日は昨日の続き、欧州選手権のアイスダンスFDです。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は藤森さん。

ゼオビナ・シトニコフ。レネ・オーブリーの曲。なかなか独創的な選曲。入れ替わりながら滑るおもしろいステップも独創的です。ツイズルはまずまずですね。ファンキーな雰囲気を作りながらのSlLi。シトニコフもしっかり盛り上げます。CiStはスピードがでにくいけどアピールしてます。で曲が変わると雰囲気もがらっと変わりました。ダンススピンもしっかりみせます。CuLi+RoLiはすごいポジション。強力な武器ですね。おおーって思いました。CuLiもポジションがすごすぎる。アクロバティック。DiStではちょっとスピードが落ちますね。最後はStLiでフィニッシュ。これはおもしろいですね!ステップを磨けばもっと上にいけそう。アゼルバイジャンを盛り上げてほしいです。133.04。

ギニュール・ファッブリ。「ゴッドファーザー」。ツイズルはよくあわせてます。SlLi+RoLiはもうちょっとポジションチェンジがスムーズにいけばいいけど、さっきとは逆にこっちはステップがなめらか。MiStはワルツに乗ってディープエッジでスピードにのります。ダンススピンへの入り方が工夫あり。ストーリー性をよく表現していると藤森さん。CuLiはやっぱりよっこらせやっこらせみたいなポジションチェンジ。「ゴッドファーザー」ががんがん歌われる中、CiStからSlLiでフィニッシュ。よかったよかった。ファイエラ・スカリのような技術はないですが、しっかりステップをふんでいくカップルです。やっぱり期待できますね。129.46。コーチにフーザルポリが入ってます。やっとフーザルポリがどういう人か思い出しました。

キャロン・ジョーンズ。ジョーンズがかぜをひいているみたいです。大丈夫か。ガーシュウィンメドレー。いきなりStLiですてきな雰囲気を。これはきれい。ツイズルはセカンドでジョーンズが遅れました。かぜかなあ。DiStはとてもすてきな雰囲気。細かいステップが味わい深いですね。RoLiはばんばんまわしてますが、そのうち手を離してしまうんじゃないかと心配。がんばれジョーンズ。CuLi+RoLiはぶんぶんまわしてふわっと下ろす。メリハリがきいてますね。ダンススピンも雰囲気あります。曲の変化をうまくメリハリにいかしてるし、そのへんの切り替えもうまい。最後までしっかり盛り上げました。がんばったジョーンズ。終わって青い顔をしているところに苦笑いのキャロン。でもこのカップルこんなによかったっけ?すごく上達してますね。物語がどしどし生み出せるようになってきました。142.27。かぜでもがんばってよかったな。

ジガンシナ・ガシ。「ロミオとジュリエット」。これスタビスキーが振り付けしてるらしいですね。出だしはもろそんな感じ。と思ったらガシがおもいきり転倒していました。なんかあったんか。CiStはエッジをふかく使ってるし、相手との距離感もいい。SlLiはシンプルな出来。曲が変わっていきなり宇宙っぽい振り付けがあったんですがあれはなんのロミオとジュリエットなんでしょうか?DiStもエッジワークがいいですね。RoLiとCuLiで宇宙生物を表現して、最後は手を取って切腹。なんかすごい独創的な振り付けでしたね。さすがスタビスキー。富井が横でフィニッシュの時に爆笑してましたが、こんな話なんですよね?ともあれやっぱり技術あげてましたね。140.84。おおー、転倒したのにいいとこきてますね。

イリニフ・カツァラポフ。「アヴェ・マリア」。いい振り付けからRoLi。カツァラポフのホールドもよかった。CiStは流れるようなエッジワークに加えて手の表現がいいです。RoLiはぶうんぶうんと振り回しても安定してますね。ツイズルはおもしろい構成でユニゾンがあってなくてもわかりづらい。考えてますね。というかあってましたけど。CuLiはがんがんポジションチェンジしてるのに安定。カツァラポフの頑丈さはすごいな。ダンススピンはちょっと遅かったか。DiStもいいエッジワークでクライマックスにつなげてました。終わったあとですぐガッツポーズのカツァラポフ。モロゾフの振り付けだけどそこにカツァラポフの熱さがいい味を加えてますね。富井と藤森さんの意見があいましたが、あんまりモロゾフ色に染まらず、味を大事にしてほしいです。153.12。

カッペリーニちゃん with L。いい衣装。FDはカッペリーニちゃんのかわいさ押しでいこうぜ。「ラ・ストラーダ」。くるまのマイムを入れたり。ツイズルはスムーズなプロセス。やっぱりちゃんと技術は上がってますよね。CiStはうまくスピードを出してますね。曲を変えてもうまく雰囲気も切り替えて、そのままDiSt。RoLiのポジションがおもしろい。そして曲がかわったときのカッペリーニちゃんの表情は見事。ダンススピンの雰囲気にもつなげてます。SlLiはスムーズでスピードも出てました。RoLiのポジションもよかったし。ストーリー全体を表現しようとしてちょっと窮屈なプログラムになってた感じはあったけど、演技全体はよくまとまってましたね。153.09。0.04点差で2位。

ボブロワ・ソロヴィエフ。オペラ「ファウスト」より。衣装のコントラストがきれいですね。いきなりSlLiでかましてきます。ツイズルはよくあってるしCuLiはボブロワの身体能力がいきてます。CiStはあんまり進んでない感じ。そういう意図があるのか。曲が変わって今度はなめらかなエッジワークからダンススピン。DiStはよく伸びるエッジワーク。SlLiは音楽がすごいいいですね。どこの演奏なんだろう。RoLiも気合いを感じます。すごいいい演技だったのですがいつものスピードがちょっとなかったかも。この音楽に乗ってばっちりの演技できたらすごいと思ったのですが。160.23。1位にはきました。

ペシャラ・ブルザ。「パッション」ほか。エジプトをテーマにしたプログラム。すごいCuLiからきました。ペシャラのポジションがいい。CiStはリズムに乗ってスピードもあるしユニゾンもいいぞ。SlLiはなめらかでいいですね。ミイラのおもしろダンスも楽しませてくれます。ツイズルはまずまず。SlLi+RoLiはメリハリのあるポジションがとてもみやすいし目を引きますね。DiStは入れ替わりもきれいだしその合間の表現もしっかり。そのままダンススピンにつなげています。リズムもしっかりとれてるしダンスもかっこいい。洗練されたポジション。最後まで楽しませてくれました。独創性ありましたねー。これぞ芸術。プログラムの最後の盛り上がりは、キャンデロロに相談して作ったらしいです。なるほど。164.18。やった!1位になりました。ちょっと心配でしたが。涙ぐむペシャラ。

リアザノワ・トカチェンコ。スピリドフ「吹雪」より「ロマンス」。ダンススピンから入ります。いいポジション。DiStはじっくりみせてくれますね。SlLiもスピードがキープできてますし、ツイズルもよくあってる。RoLiは飛び十字のように入っていきます。CiStはドラマ性をぐんぐん高めていきます。RoLiは片手ホールド。トカチェンコのパワーみせてくれます。CuLiとSlLiでフィニッシュ。ドラマチックなプログラムでしたね。このカップルの持ち味を十分発揮していたでしょうか。もっと向き合ったときの視線の使い方とか、エッジワーク以外でできることはまだあるかも。それができたらすごいいいカップルになるでしょう。152.22。

トビアス・スタグニョナス。「オンリー・ユー」ほか。ツイズルはタッチしてしまいました。そのあとでおもしろ振り付けが「やっちまったぜ~☆」的な感じに見えておもしろい。ダンススピンも音楽に乗せて。音楽が変わるとSlLi+RoLiでしっかり雰囲気を作り出します。このへんはさすがヴァーチュー・モアらのコーチですね。MiStはしっかりお互いを見ながら的確に物語を作り出していきます。CuLiから音楽が変わります。DiStはチェンジオブペースも入れながらフィニッシュ。ツイズルのミスはありましたが、これから大きくなりそうな可能性はやはりありますね。139.53。でもやっぱりあのミスは痛かったか。結構みんな僅差でしたからね。

クームス・バックランド。最終滑走ですね。エルビス・メドレー。最初のポジションもかっこいい。またフラットちゃんぽい振り付けからツイズル。SlLiはすごい入り方!アクロバット最高です。そのままRoLiにもっていきます。すごい曲をうまくつかんで、躍動感がすごい。観客ものりのりです。DiStものせられてがんばってる。RoLiはやはり身長差があるから振り回しても回転が速い。CiStは音楽を変えてしっとりと。CuLiもバックランドもらくらくホールド。ダンススピンもしっかり締めました。これはよかったですね!アイスダンスの楽しさとおもしろさをしっかり伝えられたと思います。技術がもっとつけばもっとよくなる。カー姉弟がいなくなってもイギリスはまだまだ終わらないですよ。145.31。大躍進です。

○最終順位:
1. ペシャラ☆ブルザ
2. ボブロワ☆ソロヴィエフ
3. イリニフ☆カツァラポフ
4. カッペリーニちゃん(L)
5. リアザノワ☆トカチェンコ
6. クームズ☆バックランド

優勝はペシャラ・ブルザ。無事連覇できましたが、FDの表現力で差が出ましたね。ボブロワ・ソロヴィエフは勝つにはSDでもうちょっと離しておきたかったところ。エジプトを表現するのに細かく細かく積み重ねていくのはキャンデロロもやっていたこと。モチーフを散発的に入れていくよりもグルーヴが生まれますよね。いい演技でした。

ボブロワ・ソロヴィエフはFDでいいところが出せなかった感じ。世界選手権では少し変わるかも。イリニフ・カツァラポフはカツァラポフがすごいいいということが発見でした。モロゾフがついてるからよくなりそう。富井いちおしのトカチェンコたちはもうちょっとよくなるのにかかりそう。一度オースティン・パワーズみたいなおもしろプログラムかラブコメディとか滑ってみれば変わりそう。

カッペリーニちゃん(L)ももうちょっとで3位表彰台だったのに。あれはかわしておかないと。クームズ・バックランドやキャロン・ジョーンズといった次世代が出てきているのがうれしい。

今年の欧州選手権はなかなか発見の多かった大会でした。

フィギュアスケート欧州選手権2012(7):アイスダンスSD

歩きにいった先で入った普通のうどんやさんでスポーツシンブンを読んだのですが、ハンシンの記事がいっぱいありました。練習試合でも大勝したらしっかり喜ぶ。すばらしいですね。ほんとにもうはやく野球みたいマイク松ですこんにちは。

今日はフィギュアスケート欧州選手権のアイスダンスSDです。もうすぐ四大陸の再放送があるのではやくはやくですね。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は藤森さん。

イタリアのシャリー・ギニュール&マルコ・ファッブリ。明るい表情でスタート。サンバとルンバ。ツイズルは最後がずれましたがなかなか回転が速い。CiStはユニゾンをよく合わせている印象。で音楽が変わるとぱっと雰囲気を変えられるのはいいですね。パターンダンスは慎重にがんばってました。じわーっと。RoLiはダイナミックでした。なかなか大きくなりそうなカップル。大きな穴がない。ペアのベルトンは昔のアイスダンスのパートナーらしい。52.45。

ユリア・ゼオビナ&アレクセイ・シトニコフ。欧州は初出場。ルンバとサンバ。ツイズルはファーストが速い。パターンダンスはエッジの運びがうまくいってないところがいくつか。CiStは足の位置を近づけてがんばってます。でもサンバになってからもっと陽気さを出してほしいところでした。あんまり変化が出せてなかったかなあ。49.66。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。ここからは第3グループで知ってる人も出てきました。サンバ・ルンバ・サンバ。動きはとても激しいのですが、表情がつけられないのはソロヴィエフの仕様ですかね。ツイズルはだいぶ近すぎててぶつかりそうでした。あぶない。ルンバはやっぱり味が出しやすいみたい。SlLiはポジションチェンジが激しいです。もうちょっとスムーズならいいな。CiStは距離も近いしエッジがさっきまでよりだいぶ深いですね。いい演技でした。65.06。よく出てます。ボブロワのもってるくまがかわいい。

リトアニアのイザベラ・トビアス&デイビダス・スタグニュナス。サンバとルンバ。ツイズルは回転が速いですがちょっと回転軸がぶれたか。そしてここでRoLiをもってきます。回転が速くて豪快。パターンダンスはとてもスムーズで、よく練習してます。迷いなくステップ。サンバに戻ったらスタグニュナスがおもしろい動きをしていました。CiStはすごく表現もできてるしサンバらしい。いいですね!ぐっと力を上げてきたような。59.66。シーズンベストを大きく更新。力をつけたと実況陣。

フランスのナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ。久しぶりー。サンバ3曲。ぱっと明るい雰囲気を作り出せますね。CuLiはとても動きのあるいいリフト。パターンダンスでもすごく躍動感があって、難しさを感じさせませんね。CiStは伝わってくる表現がすばらしい。曲とのユニゾンもまずまず。ツイズルはユニゾンばっちり。堅実にまとめてます。最後は特にブルザの明るい演技が。ペシャラを軸に短いリフトも入れて回るブルザ。しっかり盛り上げました。貫禄でてますね。64.89。CiStでレベル2になってたらしい。なんでやろ。

ロシアのエカテリーナ・リアザノワ&イリア・トカチェンコ。ルンバとサルサ。パターンダンスはステップもなめらか。スピードも出てますね。CiStは入れ違う動きがかっこいいですがちょっと離れてるかも?CuLiはホールドが安定してますね。曲の変わり目をもっとよく表現してほしい。でも全体的にしっかりまとまってました。やっぱりあやしい笑顔のカストマロフみたいなのはロシアとしては特別なんかなあ。61.34。シーズンベスト。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。地元選手ですごい歓声。ルンバとチャチャ。RoLiは身長差があって軽いのからくらくまわしてますね。ツイズルは回転数がずれてたか。パターンダンスは無難にがんばってる。安全に。CiStは大きなエッジワーク。ユニゾンもいいし曲にあわせてますね。追加のリフトも激しい動きでした。カー姉弟の後継者としてはまだまだですが、大きくなりそうです。今のスポーティなアイスダンスにフィットしそう。59.78。よく出ました。

ロシアのエレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ。サンバ・ルンバ・サンバ。動きが激しくていいですね。よくスピードも出てる。CiStはすごいスピード。ステップに入っても落ちません。パターンダンスも思い切ったステップで攻めますね。ツイズルは激しい動きでしたがカツァラポフが離れていってました。アッパーな音楽の方が持ち味が出る見た。RoLiは大きな動きでしたが入りが音楽に対して遅れてました。藤森さんもおしいといってました。59.49。うーんいかんですな。最初のステップがLv.1だったらしい。もうちょっと密度が必要だったか。

スペインのサラ・ウルタード&アドリア・ディアス。陽気な衣装に藤森さんうけてますね。笑いはとったぞ。ルンバとサンバ。パターンダンスは正確ではないのかもしれませんがラテンの雰囲気をもりもり出してます。ラテン汁がすごい。SlLiはうねうねした動きがまたラテン汁満載。CiStは入りもおもしろかったしディアスの腰が妙に入っているのがナイス。ツイズルはラテンの割にはきっちりユニゾン。曲が向いてるのかもしれませんが、明るくなりました。49.35。うわー!コーチにロウゾンがついてるんだ!久しぶりや。

ドイツのネリー・ジガンシナ&アレクサンダー・ガジ。こちらは対照的に全然明るくない衣装。ルンバとマンボ。すごく伝わってくる表現。藤森さんも味があると評価。パターンダンスから続いてCiSt。こっちはエッジを慎重に使ってますね。ツイズルはちょびっとで終わりました。パターンダンスは音をしっかりとりながら、エッジを深く使ってます。曲が変わってその変化はガジのおもしろい顔でしっかり表現。RoLiはよく進む大きなリフトでした。おもしろいしガジの表情が豊かですね。あいつに注目だ。56.79。おっまずまず。

フランスのペルネル・キャロン&ロイド・ジョーンズ。キャロンがおもしろい一生。ジョーンズがいきなりよごれ的な動きで笑わせます。やるな。ツイズルはなかかな速い。タイミングをよくあわせてます。おもしろいわ。ルンバはちょっとやりにくそう。パターンダンスもじっくりいってますが、マンボにいってからまたいきいき。ちょっと疲れてましたががんばりました。ジョーンズの足が長いし、しっかり向上しているみたい。オマエにかかってるんやからがんばるように。57.40。

イタリアのアンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ。久しぶり。でもベテランになってきましたね。パターンダンスはエッジもなめらか。よしよし。ツイズルはセカンドからずれてしまってますね。しっかりラノッテ。サンバになってもスピードが出てないですね。ばんばん進んでこないと。終盤の爆発的なクライマックスがうまく出せませんでしたね。59.62。うーん不本意。

○SD終わっての順位:
1. ぼぶそろ
2. ぺしゃぶる
3. りあとか
4. くーばっく
5. とびすた
6. かっぺL

強いカップルが引退して、なんかアイスダンスもだんごになってきてますね。だんごというかどんぐりになってきているのかもしれませんが、誰が勝つかわからないのはいいことです。

ボブロワ・ソロヴィエフが1位になりましたが、ペシャラ・ブルザの方がよく盛り上がってましたね。あっちかと思いました。地元とはいえ4位にいきなり飛び込んできたイギリスのクームズ・バックランドが大躍進。イギリスの伝統を引き継いでほしいです。

そういえばマシュ・ケ・ナダがいっぱい使ってありましたね。由紀さおり&ピンク・マルティーニが火をつけているのか。つけてないけど。すごいいいアルバムです。

フィギュアスケート欧州選手権2012(6):ペアFS

田舎に出張してきたマイク松ですこんにちは。タクシーに乗って小銭がなかったので、5000円札を出すと、こまかいのないんかといわれたあとに、「銀貨入るけどええか?」(おつりに硬貨が混じるけどいいですか?)といわれました。銀貨!おとぎばなしの世界か。ひさしぶりに聞きました。3000円の札と500円銀貨2枚、100円銀貨3枚のおつり。銀貨。

さて今日は、昨日の富井がレビューした欧州選手権ペアの続き、FSです。

フィギュアスケート欧州選手権、ペアFS。実況は小林さん、解説は杉田さん。

バキロワ・カミヤンチュク。「セビリアの理髪師」。2Twはなかなか質が高いです。そして3LzThもうまくいきました。アクセルラッソーはちょっとイグジットで担いでしまいました。あんまり得意じゃないのかな。ソロジャンプは2S、2Lo+1A+SEQ。回転数は少なくてもしっかりしてます。でもソロスピンがばっちりずれてました。すごいぞ。実況陣も手厳しく。3SThは流れよく決まりました。リフトはRoLi+RRoLiですがやっぱり担いで下ろしてます。カミヤンチュクがもっとがんばってホールドしてあげないとですね。バキロワの身体能力も高いしこのままがんばってほしいです。122.25。

モンタルバーノ・クラシノポリスキー。すごい名前ですねー。「ミッション・インポッシブル」より。いきなりリフトから入りますが、ランディングはさっくり。3Sはずれましたがジャンプはおっけー。3SThはうまくリカバーしました。いい流れでしたがソロスピンでクラシノポリスキーが失敗してしまい、ノーバリューになりました。このとりこぼしはもったいない。スピードもあるし2Twもいいのに。3T+2S+SEQは最初がシングルになってしまいただの1Tに。うーんきつい。リフトは無難にがんばれてるだけに今日はクラシノポリスキーがよくない日でした。120.32。スピンとソロジャンプ1つずつがノーバリューはきつい。

ケンプ・キング。地元イギリスであかちゃんがちょちちょちしてますね。映画「遙かなる大地へ」。3Twは回りきれなかったか。2Aはケンプが転倒。杉田さんに心配されていましたががんばれケンプ。3TThはいいジャンプ。Dsはもうちょっとキングが低くポジションしないと。つなぎの小芝居はもうちょっとコミカルに頼むよ。2T+2T+SEQはしっかり決まりました。次のリフトはしっかり決まりました。わりとキャリアも長いし安定感は出していかないとですね。3TThも成功とスロージャンプはいいだけに、細かいところのレベルを上げていきたいところ。138.39。

ファルトマン・ヴァン=クリーブ。ファルトナーが公式練習でウェンデとぶつかってむちうちっぽくなってるらしい。がんばれ。「アイランド」。3T+2Tはいい出来でユニゾンもいい。出だしばっちりです。2Twも無難に。3LoThは高いジャンプでなんとか持ちこたえました。Dsはやっぱりホールドが高い。ソロスピンはあわせづらいですね。アクセルラッソーは降ろし方も工夫。3SThはしっかり降りてましたが、杉田さんはむちうちの影響があると指摘。それでもしっかりがんばってました。精神力は強いみたい。ドイツの次代を担ってほしいです。154.99。出てよかったですね。

ジェームズ・シュプレ。「ノスタルジア」。ラッソーリフトはすごく流れがあってスムーズな移動。3T+2T+SEQは間にターンが入りました。2Twは高さが出てました。3LoThは距離が大きく出てました。ソロスピンはよく合わせられてます。ばっちりじゃないですか。Dsはしっかりしてイグジットがスムーズ。組んで間がないのに力ありますね。スパイラルからリフト。スパイラルから3SThも流れがきれいでした。2Aはステップアウト。あんまりソロジャンプがまだみたいです。ペアスピンもゆっくりだけどユニゾンのところはしっかりできてるし、これからが期待できそう。151.93。

ポポワ・マッソー。フランス勢が続きます。「ブロークン・ソロー」。最初にダンスっぽい動きも入れて3Twは高さ出てました。3T+2T+SEQはファーストでステップアウト。キャリーリフトは常にワンハンド。パワーあります。2Aはなんとかがんばりました。Dsは早く終わってしまいました。スターリフトはしっかりポジションが作れてます。でも3Loはダブルになってしまいました。珍しいミスですね。そしてソロスピン、よくあってたのに最後の方で転倒してしまいました。これはもったいない。きっちりこなせたらいい点でそうだったのに。3SThもすごい勢いで転倒していきました。投げすぎ。投網か。初出場だしこれをいい経験にしてほしいと思います。キスクラは絵に描いたようなお通夜状態。139.98。

ハウシュ・ウェンデ。公式練習の衝突でウェンデのブレードが傷んだらしい。大丈夫かな。「ユア・ハイネス」。2Twに続いて3SThもきれいに決まりますが、3Tでウェンデが転倒。杉田さんがブレードのダメージが出るとしたらソロジャンプだといっていたのですが。2Aはなんとかかんとか。スパイラルはとてもいいポジションでした。アクセルラッソーは最初から最後までいいリフト。スターリフトはランディングがうまくいかず。3FThはステップアウト。ちょっと崩れてしまいましたね。でもリフトで盛り返し、最後までしっかり演じました。148.82。うーん

最終グループに入りました。まずはベルトン・ホタレク。「アルビノーニのアダージョ」。スピードもだいぶ違いますね。3T+2T+2Tは不完全ですね。ちょっとずつ回転が足りない。2Twはしっかり。キャリーリフトはベルトンのポジションがうまく変化。滑りはとても速くていいですが、3Sはホタレクがステップアウト。ジャンプよくない。ソロスピンはうまくリカバーしました。ラッソーリフトはローテーションが詰まってあぶないところでした。3SThはおっけー。力は持ってますがぽろぽろ取りこぼすカップル。杉田さんも難しいことをやってるんですが…という感じでした。3LoThはしっかりもちこたえました。惜しいカップル。158.99。ちょっとタイムバイオレーションもとられてますが、今までの中では1位。

これからロシア3連続。ストルボワ・クリモフ。寒そうな演技からスタート。「だったん人の踊り」。2Twはまだ余裕ありそう。3T+1T+2Tはずれましたがジャンプは成功してます。2Aはステップアウト。ジャンプいまいちですね。キャリーリフトはストルボワのポジションが独創的。考えてます。しっかり振り付けも練られてますね。ソロスピンは回転速度もあるしユニゾンもOK。スパイラルは足の高さもあわせてます。トゥラッソーリフトはイグジットがいいです。Dsはまずまず。スターリフトのバリエーションがすばらしい。身体能力をしっかり使ってますね。3SThのすばらしい流れでフィニッシュ。これはいい演技でした。さすがです。もうすでに自分たちのカラーを出そうとしてますね。171.81。川口・スミルノフの代役をしっかりつとめました。

ボロソザル・トランコフ。もうすでに小林さんが「ライバルはいません」宣言。もう。「ブラック・スワン」。最初の部分の振り付けがすでに芸術的。それから3Twの高さがすごすぎる。実況陣もあきれてますね。3Sもタイミングもばっちり。ミスがあるならここかと思ってましたがばっちり。3T+2Tもしっかりそろえてきました。ほかがすごいからソロジャンプで無理しなくてもいいですね。ソロスピンは少し最後の方でずれました。つなぎの部分もトランコフテンション高くがんばってます。3LoThは高くてでかくてすごい。アクセルラッソーは流れもいいけどトランコフのムーブが安定してます。ワンハンドのアクセルラッソーはボロソザルのポジションがすごい。3SThもばっちりきめました。次のスピンでは少しバランス崩しましたが、スパイラルからペアスピンときっちり表現しました。ぽろぽろミスはありましたが、もともとのレベルが違いますよね。210.45。うわー。

バザロワ・ラリオノフ。「ドクトル・ジバゴ」。3Tから入りますね。3Twも高さありました。でかいなー。つなぎの部分の小リフトも小粋。3FThを決めてきました。2A+2A+SEQはセカンドでバランス崩しました。ジャンプで点をとっていきたかったところ。スピードはあります。キャリーリフトはさすがのラリオノフの安定感。どっしり。3LoThも流れありました。ラリオノフのパワーでバザロワをいかしていくという路線はしっかりしているだけに、もっとバザロワに武器がほしいところですね。ソロスピンは微妙にずれてるか。Dsは低く決まってました。193.79。

○最終結果(文字化けっぽい当て字風に):
1. 暴露祖猿・闘乱虎婦
2. 場座露輪・羅利雄野婦
3. 巣捕暴輪・栗喪婦
4. 鈴豚・捕垂苦

ボロソザル・トランコフが圧勝という感じですね。サブチェンコ・ソルコビーと、川口・スミルノフがいない今回は勝負になりませんでした。でも表彰台をロシアが独占してしまいましたね。バザロワ・ラリオノフもストルボワ・クリモフも自分の味を出しながら成長してますね。

でもドイツとフランス勢もがんばってますね。大きくのびてほしいです。

フィギュアスケート欧州選手権2012(5):ペアSP

オープニングではカー姉弟が登場、ストリートファッションに身を包んだたくさんのスケーターも周りにいるのがイギリスっぽい。振り付け・プロデュースはロビン・カズンズだそうです。解説は杉田さん、実況は小林さん。

世界選手権常連のサフチェンコ・ソルコビーがサフチェンコの怪我のために欠場、川口・スミルノフはスミルノフが盲腸で欠場と少し寂しいですが、世界選手権でも上位に入る選手が多いのがペア。今大会、一番の見所に期待したいです。

フランスのジェームス・シプレー。ジェームスはカナダ生まれの24歳と20歳。「ロクサーヌのタンゴ」。ダブルツイストですが、オッケーですね。3Tも成功。3SThもオッケー。リフトも難しい。デススパイラルもいいですね。ステップはもう少しスピードがあるともっと見応えがありますが、変化のあるいいステップと杉田さん。いやー、いいですね。51.81

フランスのポポワ・マッソー。ポポワがロシア生まれの18歳。マッソーは22歳。フランス国内チャンピオン。フランス女子はいないのかなあ。ダブルツイストだけど、高さがあります。3Tは慎重に跳びました。3SThは幅がありますね。リフトからのランディングが独創的。CiStも独創的でおもしろいですね。ペアスピンも回転が速くていいですね。去年の6月に組んだばかりにしてはすごい。53.91。

イスラエルのモンタルバーノ・クラシノポリスキー。「アサシンズ・タンゴ」。ダブルツイストはさっきの組と比べると高さはないけど成功。3Sは女性が転倒。スパイラルから3LoTh。ペアスピンはなかなか素敵。SlStはちょっとばらばらに見えてしまいますね。デススパイラルの入り方がおもしろいけど、少し短いような気が。コーチは先日スターズオンアイスでもお見かけしたイナ・キョウコさん。美しいですね。41.69

ベラルーシのバキロワ・カミリュンチュク。19歳と24歳。ジプシーミュージック。ダブルツイストはまずまず、3Sは成功。3SThもオッケー。リフトは回転できなくて途中で下ろしてしまいました。SlStもちょっとしょんぼりしてしまった感じ。デススパイラルは女性の体勢がどうかなあ。ペアスピンもしょんぼりかん漂って、最後のポーズもアジャパーみたいな感じになっていました。39.06

イギリスのケンプ・キング。すごい歓声です。ベテランですよね。「無伴奏チェロ組曲第一番」。トリプルのツイストはランディングがもう一つ。2Aは女性がステッピングアウト。3LoThは見事に決まって歓声がひときわ大きくなりました。デススパイラルはさすがベテランの美しさ。個性的な入り方のリフト。SlStはよく揃っていますね。最初ははらはらしましたが、しっとりとまとめました。45.75

ドイツのハウシュ・ウェンデ。「ジョン・マイルスの音楽セレクション」。ダブルツイストは音楽の盛り上がりに合わせて。スロージャンプは高さがあるけど手をついてしまって残念。3Tも男性が手をつきました。SlStは途中で小さなリフトが入ってエキシみたい。スピンはまずまずかなあ。リフトは降り方が難しい。54.03

ロシアのボロソジャル・トランコフ。優勝候補。映画「デアデビル」より。トリプルツイストはすばらしい!!3Tも完璧です。3FThは手をついてしまいました。リフトもボロソジャルの身体能力を生かした難しい形。SlStも音楽に合わせて変化のあるステップ。デススパイラルもきれいですねえ。ペアスピンも回転が速い。あー、もう世界チャンピオンになるのも時間の問題ですね。100%のできではなかったですが、すばらしかったです。72.80

ロシアのストルボワ・キリモフ。ロシア選手権は2位。「ボレロ」。ダブルツイストは普通でしたが、3FThが流れのあるすばらしいジャンプ。3Tもユニゾンがすばらしい。SlStもボレロの曲想にあったいいステップですね。難しい入り方からのリフトもストルボワの身体が柔らかい。デススパイラルもいいですね。ペアスピンの形も複雑。最後までスピードがあって良かったですね。これが本当は代表に入らなかったぐらいなのでロシアのペアはレベルが戻ってきましたね。58.66

イタリアのベルトン・ホタレク。ラテンっぽい衣装。素敵ですねえ。「ハーレム・ノクターン」。3Tはスピードがありますね。リフトもきれいです。3LoThもきれい。ペアスピンも身体が柔らかい。SlStもすごく雰囲気が良かったのに、男性が転倒。うーむ残念。デススパイラルはちょっと体勢が低いかな。残念、無念。すごくかっこいいプログラムだったんですけどね。54.38

ドイツのファルトマン・ヴァンクリーブ。ファルトナーはお母さんが日本人だそうで、佐藤信夫先生に習ってたこともあるそうですよ。「サラバンド」。3Tは音楽にも合って見事。ダブルツイストは高さは十分。3SThは両足。リフトはまずまず。ペアスピンは上手ですね。SlStは男性のエッジがちょっと浅いような気がしましたが。デススパイラルは短かったような・・・。52.00

ロシアのバザロワ・ラリオノフ。「トスカ」。3Tはいいですね。高さのある見事なトリプルツイスト。3FThは低い体勢になりましたが、持ちこたえました。きれいなデススパイラル。ペアスピンも回転も速いしポジションも難しい。複雑な入り方のリフト。降り方もきれいですね。SlStもいいですね。お人形のようなバザロワがちょっとづつ個性的になってきて目立つようになりましたね。杉田さんはエレメンツの前に待つようなところがなくなったらもっと良くなるとのこと。66.89

1 ボロソジャル・トランコフ(ロシア)
2 バザロワ・ラリオノフ(ロシア)
3 ストルボワ・キリモフ(ロシア)
4 ベルトン・ホタレク
5 ハウシュ・ウェンデ
6 ポポワ・マッソー

ということで、SPはロシアがメダル独占。といってもベルトン・ホタレクは限りなく3位に近かったので、3位争いの行方は混沌としていますが、ボロソジャル・トランコフ、バザロワ・ラリオノフの1位2位はもう決まりでしょう。

ボロソジャル・トランコフはこのふたりにとって(特にいつもつまらなそうだったトランコフ)今までのトリノオリンピックやバンクーバーが何だったんだろうかと思うぐらいすばらしいペア。サフチェンコ・ソルコビーに限りなく近いペアですね。バザロワ・ラリオノフはジュニアから禁止薬物で2年間出場できなかった頃も知っているだけにどんどん上手くなっているのがうれしいです。

ストルボワ・キリモフももちろんすばらしかったけど、ベルトン・ホタレクはメダルのチャンスだけにがんばってほしいところ。ペアの雰囲気の素敵度で行くと1位をあげてもいい。ハウシュ・ウェンデはドイツの底力を見せつけ、ポポワ・マッソーはこれからフランスがペア王国になっちゃうんじゃないかと予感させるデビューを飾りました。フランスは団体戦にかけているのかな。

カーリングとカナダフィギュアスケート選手権をみていたら

愛媛大教授タイホ誤報。確かにあってはならないことですが、それよりひどいと考えられるのがやふうにゅーすです。このニュースを紹介したあとにリンクがついていて、「愛媛大学は実在」というのが添えてありました。あるわ。あるっちゅうねん愛大。ちょっと考えたらわかるやろと思うマイク松ですこんにちは。

先日日本カーリング選手権の女子決勝をみていましたが、そのあと夜中に男子決勝がありました。ちょっとブランクエンドが多くてしんどかったですが、敦賀のスーパーショットが2つあってかっこよかったです。やっぱりカーリングおもしろい。

みながら、そういえばカーリングとフィギュアスケートを結ぶ線のことを思い出していました。ちょうどレビューはしませんでしたが、カナダフィギュアスケート選手権のエキシビションがありました。いい演技していましたが、やはり最後のアイスダンスと男子シングルでしょうね。

ヴァーチュー・モアはテレサ・カルピオの「抱きしめたい」。普通にくっついたり離れたりの冒頭だけで十分に世界観を作り出します。そしてヴァーチューが宙を舞うようなRoLi+CuLi。すごい。普通に滑ってるときもステップがぴったりあってるし、すごいStLiもみせます。曲の盛り上がりに得意のSlLi。エキシだから直接跳んで降りてます。超絶RoLiのあと、最後に手をつないですっと終わり。さすがですねー。キスクラスペースで女子たちの目が残らずハートでした。なるほど。

パトリックちゃんはマディ・ウォーターズ「マニッシュ・ボーイ」。今のアレンジですがマディを選ぶとは渋いですね。いつものように白T&ジーンズ衣装ですがスケーティングは自由自在。単調なブルーズのメロディでもエッジワークで盛り上げる。漢はエッジで語る、ですね。冒頭に早速4Tとか、左右のウォーレンから3Tとか、十分SPでトップに立てそうな感じ。うっかり白Tがはやりそうな勢い。

ところでパトリックちゃんがカナダフィギュアスケート選手権5連覇なのは、誰以来だと思いますか?そう!オレたちのエルビス・ストイコです!おーっときました!カーリングとフィギュアスケートをつなぐパーツ!

  「ライーヨー」

ストイコといえばライーヨーですが、カーリングでもみんなが「ライーヨー、ライーヨー」と声をかけるときがありますから気をつけていてください。ラインオッケーとかLine is goodとかだめだめ。基本はラインいいよー、そしてその発展型としてのライーヨーをぜひカーリングの共通語に。これでライーヨーも歴史どころか永遠に残るのです。

ライーヨー、フォーエバー!(なんたる締め)

フィギュアスケート欧州選手権2012(4):女子シングルFS

新戦力とベテランがミックスされた男子シングルとは違って、欧州の女子シングルはここ数年おなじみの顔ばかり。まあ、来年からはタクタミシェワ、ソトニコワなど現ジュニアチャンピオンたちが続々現れるのでこの無風状態は今年まででしょうね。
解説は岡部さん、実況は小林さんということで、生中継はやっぱり小林さんなんですね。

スイスのロニー・ビュラー。「ジプシー男爵」。3Lzは見事な転倒でしたが3S+2Tは成功。3T+2T+2Loも何とかオッケー。2Aはなかなかいいジャンプ。スピンは伝統なのかきれいですね。3Tも成功して失敗したのは最初だけでしたね。3S、1A+2Tとジャンプの種類が国内チャンピオンにしてはちょっと寂しいかな。121.25

ドイツのナタリー・バインツアール。17歳。ジュニアとシニアの掛け持ちだそう。「ラブストーリー」。2F、3Loとスピンを挟んで3T+2Tとまずますの滑り出し。3Sはなかなか豪快ないいジャンプ。岡部さんもトランジションがもう少し入るといいとコメント。3Tは転倒してしまいました。うーん、確かにサラ・ヘッケンの代役にしては物足りないかもな。115.89

スイスのミリアム・ロイエンベルガー。25歳。サラ・マイヤーと同じぐらいの年ですね。「ベサメ・ムーチョ」。3S+2Tは成功。3Tはいいジャンプに思えましたが転倒、回転もたりてないかな。2Aのあとの動きがなんとなくサラ・マイアーに似ています。1A、2F+2T+2Lo、SlStはなかなかかわいらしい。ベテランだけあっていいところもあるのですが、ジャンプが3S、2F+2Tという構成なのでなかなか得点は伸びません。117.73

イタリアのフランチェスカ・リオ。「シェヘラザード」。3Loは危ない感じでしたが成功。3Lzも高さはあるのですが、ステッピングアウト。3Tも何とか成功。1Aとジャンプはもう一つですが、動きは音楽に合ってていいですね。2S+2T、2S、1Sとサルコーが得意なんだと思いますが、どれもトリプルになりませんでした。SlStもちょっと音楽に遅れ気味です。疲れてしまったのでしょうか。最後は音楽に合わず、タイムバイオレーションも取られてしまいました。108.66

デンマークのカリーナ・ジョンソン。生まれはアメリカの20歳。あごが立派ですね。「ロマンサ」。3Tはゆっくりと転倒。3Lzもごろりと。3Sもなんと転倒。大丈夫かな。1Lo、3Sは成功。会場も拍手。スピンやスパイラルはなかなかきれいなんですが。92.12

ウクライナのナタリア・ポポワ。「時の翼に乗って」。3Fはコンビネーションを失敗してしまった感じ。3Lo+2T、3T+2T+2Loは成功。楽しそうに滑るのが印象的。3T、3S+2T、3S、2Aと確実にジャンプを跳んでいく感じでつなぎの部分がもう一つないですね。SlStは音楽に合っていい感じ。138.60

アモーディオが客席でサインをしている様子が映りました。

ベルギーのイザベル・ピエマン。3T+2Tはいいですね。3T、3S+2Tと続けて成功。長身なので迫力がありますね。スパイラルも足が長い。2Lz+2T+1T、2Aで転倒と後半に入ってからジャンプが決まらなくなってきました。3Sもツーフットか。2Fもステッピングアウト。SlStはもう少しスピードがあるといいなあ。122.13

ジェナ・マッコーケルは地元出身なので大歓声。「花はどこへ行った」。「鼻はどこへ行った」だとゴーゴリですね。3Lzは回転不足かなあ。3Fは転倒。がんばれ、マッコーケル。1Tのあと音楽が変わって優雅な滑り。スパイラルのあと3Tはきれい。しかしそのあとが1Loに。2A+2T+2T、2T+2Aのシークエンス。SlStはダイナミックでいいですね。最後までがんばりました。125.41

ラトビアのアリーナ・フィヨードロワ。16歳。かわいい選手ですね。「ニューヨーク・ニューヨーク」。2A、3F+2T+2T、3S+2Tとジャンプのレベルが上がりましたね。スパイラルもいいですね。2A。音楽には合ってるんだけど、まったりとした滑りがちょっと気になるなあ。もっとスピードがあればいいんだけど。3Tはステップアウト。3S、3T+2T。133.48。

スロバキアのモニカ・シマンチコワ。ジュニアと掛け持ちだそう、16歳。すごくスケートが上手そうな体型。「グラナダ」。2Aはステップアウト。3Fはいいですね。3Loは両足だったかな。3S、3T+1Tはもったいない。おもしろい形のスピンは回転も速いし、将来が楽しみな選手ですね。スパイラルもきれい。3S+2Tは間にターンが入ってしまいました。2T+2T+2T。音楽とちょっとずれてしまったのが残念でしたね。136.79。

フィンランドのユリア・トゥルッキラ。「シェヘラザード」。3T+2T、3S+2T、2Loになりましたが、手を上げて。2Aは転倒。スピンは上手ですね。動きも手の使い方が優雅。3Sからの動きがかっこいい。3Tは手をついてしまいました。2Aも着氷が乱れましたが、シットポジションが上手と岡部さんも高評価。SlStもいいですね。うーん、さすがはフィンランド。あとはジャンプの難度が上がれば上位に入っていけそう。130.33

スペインのソニア・ラフエンテ。3Fは流れがありますね。3Lo、3T+2T+2Loと軽々と成功。3Loはステッピングアウト。2A+2T、3T、スパイラルを挟んで2A、SlStはなんかちょっと短く感じました。ほぼノーミスの演技に笑顔。133.64。思ったほど伸びないのは回転不足を取られてしまったようです。

ロシアのポリーナ・コロベイニコワ。15歳。「秋に寄せて」。3F+3Tは成功。さすが!3Lz、3Fも成功。2A+3T、3Lo、3S+2T+2Tもオッケー。2Aのあとのスパイラルもいいですね。15歳といっても完全にシニアの体つきなのにこれだけのジャンプを跳べるんだったらソチまで安定して成績を残せそうですね。SPは2転倒だったけど、すごい出来。164.13。ここまでの断トツトップですね。

フランスのイレータ・シルート。17歳。「レ・エキゾチカル」。2A+3Tは高くて男子のジャンプみたい。3Fは残念ながら転倒。動きにバネを感じますね。3T+2T+2Tはオッケー。3Lzはステップアウト。SlStもしなやか。でも、足下がちょっと寂しいかな。2Aはいいですね。3S、3Loはランディングが乱れました。これから期待できそうな選手ですね。145.50

エレーナ・グレボワ。「スパルタカス」。2A+3Tはオッケー。3Lzは両足着氷。3Loは転倒。3S+2T+2T。SlStは以前より上手くなりましたね。2S+2Tのあと、2Aはステッピングアウト。3Tは大丈夫。ジャンプを跳ぶ前にちょっと不安定な感じがしますね。もっと出来そうなので、世界選手権はがんばってほしいですね。141.92

マエ・ベレニスメイテ。「フィーバー」。2A+3Tは転倒。3Loも手をついてしまいました。3Lz+2Tは成功。3Fは回転不足気味か。2A+2T、3Lzは転倒。3Tはオッケー。今日はジャンプがもう一つですね。もう一つの出来に、だんだん元気がなくなってしまい、最後は投げやりな感じに。137.33

ヨシ・ヘルゲソン。妹の方は初出場。「ロミオとジュリエット」。3Lz+2Tは2Tで手を上げて。3Loは手をついてしまいました。3Sはいいですね。スパイラルはスピードがありますね。スパイラルからの3Lzもいいですね。3T、3S+2A、2A+2T+2Loとジャンプはまとめたのですが、CiStで転倒。残念ですね。145.11

ヴァレンティーナ・マルケイ。3Lzは大きな転倒。3Fはオッケー。3Sはステップアウト。ジャッジにウィンクをしてセクシーを演出。スパイラルはきれいですね。3Lz+2Tは成功。3Tで再び転倒。うーん、詰め切れない。2Aはオッケー。3Sのあと、SlSt。ステップは上手ですね。2転倒が残念でしたね。マルケイって有香ちゃんとこにいるらしいですね。146.84

さて、最終グループ。

キーラ・コルピ。「アイ・ガット・リズム」。3T+3Tは両足着氷になりましたね。3Sは高さはあったんですが、片手をついてしまいました。2Fでステッピングアウト。しかしジャンプ以外は美しいですね。3Lo+2T+2Loも軸が斜めだったような。3S+2T、3Loはオッケー。2Aのあとのレイバックスピンの美しいこと。SlStは音によく合ってますね。最後のスピンも回転が速くていいですね。166.94。ああ、最後の3Loが得点が入ってないんですね。ここはフリップにしたかったですね。

アリョーナ・レオノワ。「弦楽のためのアダージョ」ほか。3T+3Tは間にターンが入ってしまいました。3Loは成功。滑りがいいですね。しかし3Lzは転倒。3F+2T、3S+3T+2Lo、3Fとジャンプを決めていましたが、次が1Aに。もったいない。SlStは上半身もよく動いて力強い。最後のコンビネーションスピンもいいですね。158.78

エレーネ・ゲデバニシビリ。「オペラ座の怪人」。すごいスピードからの3Lz+2T。3Lzは両足着氷。2A+2T+2T、3Sもいいですね。スピンの回転も速い。スパイラルからの2Aも斜めになったけどオッケー。3T+2T成功。スパイラルのポジションはさすがですね。3Tのあとのスピンはちょっとバランスを崩してしまいました。SlStもすごい躍動感だ。よかったですねー、ゲデバニシビリ・・・と書いたところで最後のスピンでもバランスを崩してしまいました。もったいない。でも、スピードがあって良かった。ぞくぞくしました。165.93。あー、スピンをちゃんとしたら1位だったのに・・・。

カロリーナ・コストナー。モーツァルト「ピアノ協奏曲23番」。3Loは高いですね。3Fもオッケー。ゲデバニシビリもはやいと思いましたが、コストナーはそれ以上。フェラーリですねえ。2Aも成功。音に合わせてはいるモダンバレエのようなポーズもきれい。2A+2T、3T+2T、3Sとジャンプが決まります。3S+2T+1Tはちょっとバランスを崩してしまいましたね。SlStも素敵ですね。スピンの回転もきれい。クリーンプログラムですね、自分でも拍手。183.55

クセニア・マカロワ。3Fは回転不足ですね。3T+3T、3Loは成功。スパイラルで指をかむところが女優ぽくて好き。レイバックスピンはいいですね。3Lo+2T+1Lo、3S+2T、2Aと続けて成功。スパイラルの後の2Aも成功。SlStの滑りもいいですね。曲の終わり方がとてもフシギ。今日はなかなかよくまとめましたね。岡部さんからは曲と衣装が合わないんじゃないかと衣装の難しさを語っていました。159.59。回転不足が3つぐらいあって点が伸びませんでした。残念。

ビクトリア・ヘルゲソン。「サンセット大通り」。3T+2T+2Loはスピードがありました。3Tはきれいですね。3Loもオッケー。CiStもいいですね。動きが大きい。3Fは回転不足かなあ。2A+2Tはオッケー。3Lo+2A、3Sとなかなかよくまとめましたね。ダイナミックでした。ヘルゲソンもどんどん上手くなりますねえ。160.82

1 コストナー
2 コルピ
3 ゲデバニシビリ
4 コロベイニコワ
5 ヘルゲソン(姉)
6 マカロワ

コストナーは圧巻。ジャンプ構成は簡単でしたが、もうそれ以外がすばらしい。コルピはジャンプ構成が失敗してしまいましたね。でも、どちらにしても2位は動かないでしょう。今日のコストナーはよかったからなあ。

3位のゲデバニシビリはもしかしたら2位になれたかもしれなかったですね。ジャンプは良かったのに、スピンが残念でした。でも今日のゲデバニシビリには鳥肌が立ちました。音楽に負けない滑り。そして、4位は驚きのコロベイニコワ。女子は無風状態の大会だと思っていましたが、これは驚き。というか、3Lz+3T跳んだの一人だけだし。世界選手権も楽しみですね。5位のヘルゲソンはいい滑りでした。スケールの大きな滑りはこれからも楽しみ。6位のマカロワもちょっとしたミスを改善したらメダルに手が届きそうでした。ロシア、恐ろしいですね。

日本カーリング選手権2012みました

寅さんのおばちゃんこと三崎千恵子さんが死去。ご冥福をお祈りしたいですが、さっきBSニュースで寅さんのおばちゃんというのを寅ちゃんって言い間違えていておもしろかったマイク松ですこんにちは。とらちゃん。うしおととらおちちゃんを思わせます。

さて、さっきまで日本カーリング選手権の女子決勝をやっていました。相変わらずおもしろかったです。いいプレーもありミスもあり、おもしろい試合でした。スイーピングの質と土壇場でのいいプレーの分だけ、中部電力がまさった感じですかね。中部電力って長野のチームなんですね。そりゃ強いわ。LS北見も本橋も他の人もがんばってました。まだまだ強くなりそう。

海外のカーリングの試合はどこかで放送ないんですかね。ノルウェーやカナダの試合がみたいんですが。もうNFLレベルで毎週数試合くらい放送があってもいいのに。北米リーグや欧州リーグとかがあれば丸ごと買えるし。平日の真夜中とか、休日のお昼頃とかにまとめて放送してほしいです。

多様なチームがしのぎを削るようになり、日本のカーリングもいい感じになってきてますね。ここらでリーグでも作ってくれないかなあ。日本カーリングリーグ、JCL。野球を参考に考えてみよう。

  • 始投式は有名人やスポンサーがつとめる
  • その前にちびっこ始球式も
  • チームごとにマスコットも
  • チームロゴがデザインされたきれいなストーン
  • メンバーチェンジOK、代投とか
  • 5エンド終わったら少しハーフタイム
  • DJ的なアナウンス
  • ヒーローインタビュー
  • 会場にこだまする小林さんの名言の数々

フィギュアスケート欧州選手権2012(3):男子シングルFS

四大陸も終わっていますが、まだ欧州選手権の続きを。実況は小林さん、解説は藤森さん。プルシェンコは優勝するのかなあ。

ドイツのポール・フェンツ。SPは23位。全員放送するんですね。3Aは着氷が両足になってしまいましたね。3Lz+3Tも流れはないけど成功。3Loも流れがもう一つ。でも23位にしてはなかなかやりますね。CiStは丁寧に。スピンの形が個性的。ポジションはきれいなんですよねえ。あとはジャンプが良くなれば結構上位にきそう。3F、3S+3Tとまずまずのジャンプ。169.40はシーズンベスト。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。23歳。「シラノ・ド・ベルジェラック」。2Aは回転はまずまず、3Lzは転倒。2F+2Tと今日は調子が良くないのかなあ。CiStはいろんなことをやっているんだけど、もう一つ姿勢が良くないかなあ。3S+2T+2Tは成功。3Fはステッピングアウト、2Sと途中からつかれてきてしまったよう。そのあとのジャンプもばてばて。でも初出場だから、これからですね。141.19。

オーストリアのヴィクター・ファイファー。年に1、2回見かける選手。かなりベテランになりましたね。片手をあげた3Lzは美しいですね。しかし次が2Loになってしまいました。3Fは成功。音楽と一体になって優雅でいいんですが。3Lz+2T、2Aも流れがありますね。CiStもスピードがあります。3S+3T、3T+2T+2Tをきめるなど、ジャンプもまずまず。168.92。うーん、来年のダイレクトエントリーにはちょっと厳しいかな。

ポーランドのマシェイ・シェプチャ(?)。23歳。3年連続3回目らしいですが、昨年はフリーに進めなかったそうです。高さはあるけど1A。3Lz+3Tは成功。3F、3Sもオッケー。技と技の間は特に何もしてないけど要素はまずまずこなしています。SlStは雰囲気が良いとの藤森さんの評。3Lo+2T、3Lz+2T+2Lo、3Loと後半になるに従ってどんどん良くなってきました。166.86。コーチはスコット・デービスさん。

ウクライナのドミトリー・イグナテンコ。初出場。2A、3Lz+3Tはふたつめで転倒。3Lo+2Tは大丈夫。曲は「ハウルの動く城」とのことですが、どこでこの曲を知るんだろう。CiStはワルツっぽいステップでいいですね。3F+3Tは2つめで片手をあげて。3Lo、2Aもいいですね。3S、3Lzとジャンプがまずまずだったせいか、最後のステップではのびのび。154.88

エストニアのヴィクトール・ロマネンコフ。「ノートルダム・ド・パリ」。3Aは成功。3Lzは両足になってしまいましたね。3T+2T+2Tは最初のジャンプはとても良かったです。しかし次はジャンプに入る前に転倒。3Fも回転不足。まだジュニアと掛け持ちの選手なので動揺してしまったのかな。でも品があってすてきな選手になりそう。135.09

ペーター・リーベルス。3F+3Tはいいですね。スピードもある。3Aは慎重に跳びすぎて転倒。3Lzもランディングがもう一つ。CiStはバランスを崩すところもあったけどいい感じ。イーグルが雄大だけどカメラが遠い。3Aは再びステップアウトだけど、2Tをつけました。3Lz+2Tもセカンドでステップアウト。3Loはオッケー。3Sもまずます。176.75はここまでの1位。

キム・ルシーヌ。モナコの人。「ジャングルブック」。3F+3T間に2回ターンが入りました。3Loはきれいに決まりました。ジャングルパートは生き生きしていて素敵。3Lzも成功。さすが元フランス代表。体中をひっかくジャングルパート。この演技に小林さんも藤森さんもほっこり。3Sもきれいですね。スピンもおもしろい形。3Lz+2T、3F+2T+2Tと終盤にコンビネーションを連発。独特の感じがおもしろかったです。179.33

セルゲイ・ヴォロノフ。オペラ「道化師」より。衣装がモロゾフっぽい。4Tはまずまず。3Aは大胆に転倒。しかし次の3A+2Tは成功。ゆっくりしたスピンはもう少しどうにかならないかしら。CiStはそこそこ。うーん、ヴォロノフはもっと出来る子だと思うのですが。2F、2A+3T+2T、3Lo+2T、3Lo、3Sとジャンプを続けてきましたが、もうちょっとつなぎの部分がほしいなあ。195.89

デンマークのユストゥス・ストリート。滑りはいいのですが、3Aでステッピングアウト。3Fもステッピングアウトとジャンプに難ありか。3Lzもステップアウト。3S+2T+2Tはやっとうまくいきました。CiStはおもしろい。表現には優れているんですが。3Tは良かったけど3Fで転倒とやはりジャンプが課題。3T+2Tは成功。2Aもステップアウト。きれいな選手なんですけどね。156.33

ルーマニアのゾルタン・ケレメン。予選2位。映画「パール・ハーバー」より。3A+2Tはちょっと危なかった。3Lz+2T、3Aと何とかジャンプを成功させます。1Loはちょっと失敗。スピンは上手。CiStはスピードはないけど楽しそうでいい。3Fはステップアウトになってしまいました。2Lzはフェンスぎりぎりでコンビネーションに出来ず。178.02。シーズンベスト更新に大喜び。

パオロ・バッキーニ。「セビリアの理髪師」。見事な散髪マイム。軽快な3Aが両足着氷。3S+2T+2Tの3連続。スピードありますね。3Lzはスライディング。SlStは片足でしたが、もうちょっとスケートが伸びるといいなあ。3Loはいいですね。3S+3Tは大きなジャンプ。2Fになってしまいました。2Aは成功。170.11

ここから第3グループですが、第一滑走のケビン・バンデルペレンは腰の痛みのために棄権。これが最後の欧州選手権になるそうです。

ブライアン・ジュベール。ケビンの棄権で滑走がはやくなったジュベール。大丈夫でしょうか。もう27歳なんですね。映画「マトリックス」。4Tが入りました!3Aも成功。3Fも見事。今日は調子が良さそうですね。4Tが単独でシークエンス扱い。CiStもよく伸びますね。3Sは良かったのですが、3Lz+2T、3Fはステッピングアウト。所々半ズボンになるおもしろ衣装。3Fとコンビネーションが1つしか入りませんでした。207.83

アレクサンドル・マヨロフ。「フラメンコ・ボレロ」。3A+3Tは大きなジャンプ。3Lzは転倒。3Aは高さがありますね。滑る度に良くなりますね。SlStもいい動き。3F+1T+2T、2Aとボレロのリズムを以前よりよくつかんでいます。3F。2S+1T、2Aと失敗しながらも音楽に合わせようという努力を感じます。グランプリシリーズよりずっと良くなりました。がんばった、マヨロフ。193.18

ベルギーのヨリク・ヘンドリックス。ケビンの分までがんばってほしい。「ドラゴン」サントラ。3Aはステップアウト。3Lz+3Tは成功。3Fも回転が速いジャンプですね。体の使い方が上手。3Lo+2T+2T、3Lzもオッケー。3Loとだんだんジャンプの高さがなくなってきてるのが気になりますが、がんばっています。3S、2A+2Aのシークエンスもオッケー。スピンも上手ですね。204.63と、ここまでの2位。

サミュエル・コンテスティ。「ラ・ヴィアン・ローズ」ほか。3Aはきれいなジャンプ。3Fもいいですね。3Lzは手をついてしまいました。スピンのポジションがきれい。マイムをしながらCiStは見事ですね。3A+2T+2Tもいいです。3Loも高さがあります。2Aもステップの中で跳んでてすばらしい。こんなにいいコンテスティは久しぶり。3S+2Tはちょっと流れが止まりましたが、3T+2Aも成功。212.32。久しぶりに奥さんの笑顔も見た。
フランスのシャフィク・ゲセギエ。「ティア・ドロップ」。3T+3Tはセカンドジャンプでオーバーターン。3Aはステッピングアウト。何か焦っているような感じ。3Lzはオッケー。はやい音楽に合わせて躍動感があります。スピンもいいですね。3A+1Tはちょっとランディングが悪かったですね。2Lo、2A+2T+2T、3S、2Aとちょっとジャンプが雑な感じ。でも、全体的に良かったです。181.85

そして最終グループ。

トマシュ・ヴェルネル。「シング・シング・シング」。4Tは激しく転倒。3Lzはオッケー。1Aは転倒が響いているんでしょうか。CiStは緩急もあってかっこいいですね。さすが上手い。スピンの入り方もかっこいい。3Aは大きい。3Loも見事。3F+3Tは2つめが回転足りない模様。3Fはきれい。3Lo+2T+1Lo。サスペンダーを外してのSlStはなんだかわからないけど盛り上がった。225.36

エフゲニー・プルシェンコ。予選から出てきた29歳(怪我持ち)。「ロクサーヌのタンゴ」。4Tは成功。スピードがありますねえ。3Aはシェーキーでも大きなジャンプ。3Loはいいですね。3A+3Tはきれいなジャンプですね。スピンも以前より回転速度が上がってませんか?3Lz+2T+2Lo、3Lzももう一つながらせいこう。CiStもバンクーバーの頃より密度が濃くなっているような気がします。3S+2Aのシークエンス。コレオステップは楽しそう。すばらしい。そしてすぐに2A。最後回転しながらガッツポーズでフィニッシュ。まさに強くて危険な男!!261.23

ミハル・ブレジナ。「アンタッチャブル」。3Aは大きい!4Tは転倒。4Sの予定が2Sに。やっぱりあのあとじゃやりにくいかな。CiStはいい動きしてますね。3A+3Tもすばらしい。3F+3T、3Lo、3Lzと良かったのですが、2S+1A+2Tになってしまいました。残念。最後のシットスピンもかっこいい。229.30

アルトゥール・ガチンスキー。「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」。4T+2T+2Loは成功。4Tも成功。3Aは高さがありました。3A+2Tもオッケー。いい出だしですね。ツイズルが上手ですね。3Lz、3Sとプルシェンコに勝てそう。3Loはステップアウト、2A+2Aはオッケー。246.27。あー、プルシェンコに届きませんでしたか。

ハビエル・フェルナンデス。「椿姫」ほか。4Tはオーバーターン。4Sはきれいですね。しかしアクセルは飛び上がっただけ。CiStもいいですね。1A+2Tと珍しくジャンプミスが続きます。3Lzもランディングがよくありません。3Sはオッケー。うーん後半はジャンプミスだらけでした。気持ちが落ちてしまったか。222.26

フローラン・アモディオ。4回転に挑みますが、2Sに。3A+2Tは2つめのジャンプで片手をあげて。音の取り方はさすがアモーディオ。CiStはすばらしいですね。3Aはきれい。3Lz+2T+2T、3S+2T、3Lz、3Fと後半のジャンプはいいですね。でも、最後が1Aになってしまって残念。234.18

1 生きていたプルシェンコ
2 ガチンスキー
3 アモーディオ
4 ブレジナ
5 ベルネル
6 フェルナンデス

いやー、すごい大会でしたね。技術的にはガチンスキーが上だと思ったんですけど、あの熱さにはつい、点を出しますよね。私もプルの演技は3回見直しましたし。ベルネルもプルシェンコの存在は心強いでしょうね。伸び盛りの若手たちも勝てないとは、やっぱりプルシェンコってすごい存在だ。

個人的にはマヨロフが良かったです。どんどん上手くなっていく。次はクチピーも一緒に出てきてほしいなあ。

フォルス・スタート商会業務日誌 2012/2/13

担当:マイク松

・この間桂三枝師匠の創作落語「じいちゃんホスト」をみたマイク松ですこんにちは
・すっごいおもしろかったです、さすがの技術、さすがの力量、もっとみてみたいです
・今日は久しぶりに業務日誌です

次のスーパーボウルのハーフタイムショーは。ローリング・ストーンズ誌がまとめた次の期待、もちろん全部ロックバンドですが
・5位がAC/DC、4位がザ・ブラック・キーズ、3位がパール・ジャム、2位がヴァン・ヘイレン、1位がフー・ファイターズだそうです
・フー・ファイターズはとてもいいと思いますが、もう軒並みレジェンドクラスのアーティストは出ているのでしょうか、レッチリはまだかな
・キャリアを気にしなければグリーン・デイニッケルバックに出てほしいんですが、十分つとまりますよ

・フィギュアスケートは四大陸も終わったんですかね
・地上波の放送があったのか、サンデースポーツで遠くの方にうっとうしい声が聞こえたようなきがしましたが、JSPORTSで見るのでだいじょうぶ
・とはいえ録画に失敗したので、2月下旬に見ますね、全然とれてませんでした
・欧州選手権ではフランスに急にいい選手が出てき始めてますね、ジュベールお父さんが胸を出してやったおかげでしょうか(違う)

・大相撲では田子ノ浦親方が急死。はやすぎます
・圧倒的な素質をもちながら現役ではそれが発揮できなかっただけに、親方では長くがんばってほしかったのに、残念すぎます
・部屋はどうなるんでしょうか、出羽海部屋に吸収されるんですかね
・ご冥福をお祈りします

・プロ野球は絶賛キャンプ中ですが、徐々に紅白戦や練習試合がおこなわれはじめていい感じです、早く始まらないかなあ
・カアプはニュースをみてみれば丸が練習を早退したり、ミコライオとやらが制球難を露呈したりしていて、全然明るい兆しがありませんよ
・どうでもいいですがこの写真は「ミコライオと話す広島・野村」となっていて、もうカントクはいないんじゃないかと思わせます
ビッグバンブー先生が打撃投手、とにかくじっくりやってください先生
・あとオリックスにけが人続出してるんですが、ちゃんとお祓いとかしてるんですかね

マイク松(署名)


<コメント欄>

(富井は東京出張の疲れにより体ばっきばき休取得により職印省略)

ヌードルアーム(麺のような軟弱な肩)とはこれいかに

予定通りからだがぱっきばきのマイク松ですこんにちは。整理運動のためちょっとウォーキングにいったらめっちゃおなかがすいて、近くの神戸屋レストランに駆け込みました。パンとサラダをめっちゃ食べておなかいっぱい。なんかパン係の人がわんさかパンすすめてくれるので。でもめっちゃおいしかったです。いいところだ神戸屋レストラン。

さてNFLもスーパーボウルが終わってしばらくたちますが、もう来シーズンに向けての動きがいろいろ出てきているようです。そして今トピックの1つになっているのが、おでこことペイトン・マニングの復帰についてです。首を痛めていますが、どうせすぐ復帰するんでしょと思っていたらおもいのほか時間がかかっていて、もう復帰できるできないの問題になっています。絶望的という人もいれば、ばっちりやでという人もいて、難しいところです。

そしたらどうもINDの地元紙の記者が、今のおでこは「麺のような軟弱な肩」でいいボールは投げられないからさっさとドラフト全体1位指名権でQBを指名するべきだといっているようです。英語でも”noodle arm“とかいってるみたいですよ。まったくもう。

「麺のような」とはどういう了見ですか!(キレるところを間違えている)

まあこういう発言が出るあたり、アメリカの麺文化の未成熟度を物語っているといえるでしょう。きっとこの記者はカップヌードルは5分くらい待って食べるし、どん兵衛は10分くらい待って食べるんでしょう。(しかも注目するのはそこか)

たとえばイタリアで「パスタのような」とか、香川で「うどんのような」とかだったら、きっとほめ言葉に使われるはず。絶妙なゆで具合のパスタのしなやかさといい、うどんのやわらかくてこしがあるという矛盾の生み出す至高の感触といい、いずれもいいイメージしか浮かんでこないじゃないですか。そんなパスタがソースとからみあったハーモニーは見事に決まったプレイコールを思わせますし、すっきりとしていてグラマラスというまたもや相反する表現がふさわしいつゆとうどんの織りなす宇宙は、理想的なチーム状態を表しているといってもいいでしょう。おお。

とにかく記者はまずはカップヌードルを2分半、どん兵衛を4分半で食べるところからやり直してほしいと思います。そしておでこもきっと憎たらしく復活してくるはず。それを望んでやみません。オマエが戻ってこないとフットボール・コップはどうなるんだよ。

ヤクルトの250万円の新型マシン自壊&ヤクルトの効能について

また東京に出張してきたマイク松ですこんにちは。新幹線で往復すると体がばっきばきになりますが、車内で無線LANが使えるのはほんとすてきです。そしてネットや仕事をしたりするとますます体がばっきばきに。

というわけでこの間あったらしいおもしろいニュースを考えてみたいと思います。

ヤクルト250万新型マシン、打つ前に壊れる

どうやらヤクルトは150km/hが出る新型のピッチングマシンを買ったらしいのですが、その稼働初日にいざ使ってみたら、激しく壊れてしまったらしいです。すごいな。

ちなみに稼働前楽しみにしている小川カントク壊れたという流れです。

その壊れ方が、どうやら激しい音とともに穴から内部部品が飛び出したとのことです。すごい!アニメっぽい!クルマがタイヤとかドアとかが順番にはずれていって、最後シートだけが慣性で進んでいるみたいなのがイメージされます。

でも内部部品というのが気になる。何が出てきたらおもしろいかを、新幹線の中で考えていました。

  • 歯車
  • ばね
  • 破壊されたボール
  • 割れたDVD
  • ヤクルトの空き容器
  • はずれくじ
  • 古切手
  • 手羽先
  • ドアラの写真集
  • 昨年発注していた優勝記念グッズ
  • ハラカントク
  • ミニサイズのつば九郎がぞろぞろと

あと今すごいインフルエンザがはやっていますが、その予防にヤクルトが効くという情報があるらしいです。ほんとか。しかし小川カントクが「実際どういう効果があるかわからないから。もし本当にいいんだったら、今まで以上に飲まないと」といっているそうです。そこはカントク推してほしいところです。自社製品ですから。齋藤孝先生も学者なのにDHAがいいって推してるんですよ。「オレもやばかったけどヤクルト飲んだらウィルスが死んだように感じた」「選手にも毎日飲ませてる」「朝の目覚めがね、とってもいいんですよ」「ひざの痛みがなくなって上り下りも楽」とかなんとかいっておいてほしいものです。

フィギュアスケート欧州選手権2012(2):女子シングルSP

BSプレミアムで名探偵ポワロやっててみているマイク松ですこんにちは。複数の時計って読んだ記憶なかったから、いつも以上にすばらしかったです。

さて、もうすぐ四大陸選手権も始まりますが、いつものようにレビューは間に合ってません。今日は欧州選手権、女子シングルSPです。

フィギュアスケート欧州選手権、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

ベルギーのイザベル・ピアマン。フラメンコセレクション。長身で脚が長いですね。3T+2Tからしっかり。ステップからの3Sもなかなかよかったです。しかし2Aはステップアウト。もったいない。スピンは無難に。でもポジションは足の長さがいきますね。SlStはだいぶ疲れたみたい。全体的にプログラムにメリハリが足りないですね。もったりした演技に。44.39。

デンマークのカリーナ・ジョンソン。もともとアメリカの人らしい。「ホワイト・レジェンド」。はじまってすぐ2Aからさっくり決めてきました。おもしろいプログラム。3Lzは前向きに降りてきてしまいました。ステップからの3Sは成功。でもコンビネーションつけられませんでしたね。だいぶゆっくりのスピン。回転速度がほしいなあ。SlStは細かくがんばってます。密度を上げる工夫で。スピードがついていけばもっと見栄えがするかも。最後のアップライトスピンは足が高く上がっていていいポジションでした。38.21。コーチが競馬場にいるおっちゃんみたいだ。

ドイツのナタリー・ヴァイツィアール。サラ・ヘッケンのかわりらしい。見た感じジャンプは得意そうですが、3Lo+2Tは間にターンが入りました。ステップからの3Tはうまく決まりました。ジャンプの前にすごくカメラが遠ざかってた。やめてあげて。スピンはポジションチェンジをがんばってますが、2Aはシングルになりました。代わりの出場だけどがんばっていましたね。ジャンプはいけそうだし。遠目でみるとマイズナーにちょっと似ています。がんばって。42.56。

ロシアのポリーナ・コロベイニコワ。予選第1位。ロシアのニュータイプどもはみんな年齢が足りないのでこられません。3F+3Tはセカンドで転倒。あー惜しいですね。3Loも転倒。初出場で緊張しているのかと岡部さん。さっきのヴァイツィアールのような充実した下半身がほしいところ。あそこまで充実してなくてもいいですが。2Aは成功。スピンはさすがにすばらしいポジション。SlStはちょっと疲れてましたが、スピンまでなんとかもちました。2転倒が痛いですがいい雰囲気は出していました。コーチのボルチコワの若さに盛り上がる実況陣。49.41。2転倒なのにシーズンベスト更新。

ウクライナのナタリア・ポポワ。ぽぽわおもしろい名前。3Fはステップアウト。もちこたえられませんでした。3Lo+2Tはオーバーターン。ステップをしっかり入れての2Aはしっかり降りました。素材はとてもよさそう。スパイラルもよかったですが、曲がゆっくりでちょっと引きつけるにはやりづらかったかも。43.75。

フランスのイレイザ・シュルト。映画「ブラック・スワン」より。3T+3Tはしっかり決まりました。さすがの運動能力でバレエジャンプも高い。3Loは流れがありました。軽くスパイラルをいれての2Aも成功。ジャンプきまりましたね。スピンはゆっくりになりました。SlStはだいぶゆっくり。スピンもステップもあんまり得意じゃないのかも。でもジャンプがしっかり決まってるので、これを武器にのびていきそう。52.75。

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。「黄金の腕」。ステップからの3Lzは降りたあとがかっこよかったです。3S+2Tはセカンドは手上げ。SlStはさきほどまでに比べるとやはりスピードあるし密度高いし。がんばってます。スパイラルから2Aも決めました。表情をしっかり作ってるので見ていてアピールあります。最後のスピンも1つ1つのポジションをしっかりとっていました。さすが妹。最後はおもしろポーズでフィニッシュ。52.32。

エストニアのエレーナ・グレボワ。ひさしぶり。「天使と悪魔」。スピード出てますね。3Lzはしっかり成功。3T+3Tをここで決めてきました!グレボワいいじゃないですか。2Aとジャンプばっちり。体は固いですがスピンがんばってます。リンクをいっぱいに使ったSlStから最後のスピン。回転速度が速いです。最後はどや顔。力士みたいな顔していました。52.32。

スウェーデンのヴィクトリア・ヘルゲソン姉。「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」。3T+2Tは3-3を自重。3Loはさすがの出来。レイバックスピンは結構あっさりしてます。SlStは躍動感をよく出してますね。2Aを決めて最後のスピン。バタフライスピンもはじめ1つ1つのポジションをていねいにまわってました。さすが姉ですね。55.68。

フランスのマエ・ベニテス・メイテ。シュルトに負けたくないですね。3T+3Tは回転足りてたかどうか。3Lzはうまく決まりました。2Aは余裕ありますね。スピンはがんばってます。よくなってる気が。SlStはエッジが浅いと岡部さん。ドーナツスピンのポジションはしっかりしてるし、ビールマンポジションは大きなよさがありました。自分の武器を磨き上げてきてますね。49.86。あーやっぱり3-3は回転不足をとられてますね。

グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ。「タンゴ・ジェラシー」。スピードが全然違いますね。3Lz+2Tは3-3は自重しましたがジャンプは高いし、スケートにものびがあります。3Sも加点つきそう。スピンはトラベリングしましたが、2つめのポジションはおもしろい。2Aもすんなり。ジャンプ安定してますね!これならエレーネも本来の力をばんばん発揮できます。SlStもすごく表現力がついてます。これはすごい。スピンは最後はI字スピンでフィニッシュ。よっしゃよっしゃ。ありがとうオーサー!オマエならやってくれると思ったわ。どんどんよくなってるじゃないですか。57.14。あのスピン取りこぼさなければ60点いってた。

スペインのソニア・ラフエンテ。「クライ・ミー・ア・リバー」。なのに最初はめっちゃ勇壮。3F跳んでからジャズに。3Lo+2Tも成功ですね。2Aはあぶなかったですがリカバーしてます。ラフエンテも順調というほどではないですが、少しずつよくなってます。まだエレメンツを追ってる感じがあるけど、1つ1つのレベルを上げていけばいいのかも。技量が足りないわりに見応えがある。47.34。あーこっちも回転不足とられてる。

第5グループは知ってる人ばっかり。うれしい。

キーラ・セレブ・コルピ。「虹の彼方に」。滑りはいいですね。3T+3Tをきっちり決めてきました。よしよし。次ですね。3Loは成功!ループのキレが戻ってますね。スピンは軸がしっかり。フィンランドクオリティ。イーグルからの2Aも問題なし。強いセレブが戻ってきました。ストロングセレブリティ。SlStはやはりしっかり力を出せばここまでリンク全体を幸せな雰囲気にできますよね。グゥウッッド!61.80。

ロシアのクセニア・マカロワ。最初の部分の滑り、すごく芸術的です。3T+3Tはセカンドでなんとかかんとかこらえました。3Lo、2Aとしっかり決めてきますが、ちょっとセレブのあとだと差があるかも。でもトランジションのところの演技は見応えがあります。SlStはもっと体を伸ばしていけと岡部さん。スピンをさくさくっと決めてフィニッシュ。雰囲気のある選手だけど、57.55。

イタリアのバレンティーナ・マルケイ。マンボ2曲。そういえばこういうラテンなプログラムだったわ。3Lz+2Tから。3S、2Aはしっかり。とても体の使い方が激しくてかっこいい。岡部さんが頭の中で高橋と比べているといっていました。きっといまいちだといいたいんだと思います。うーんなんとかしてやってくれ。53.52。

イギリスのジェナ・マッコーケル。この欧州選手権はイギリス開催なのですごい歓声。というかいつまでジェナのあとが出てこないんだと思わせますね。2Aは大きなジャンプ。さすがでかいですね。3Lz+1Tはルッツで詰まってしまいました。3Tは斜めになって手をつきましたね。スピンで会場にアピール。SlStは前半片足。キックとかの大きさはさすがです。大きな演技で盛り上げますが、もっとイギリスの人も盛り上げてあげればいいのに。45.32。

イタリアのカロリーナ・コストナー。ショスタコーヴィチ「ピアノ三重奏曲」。3T+3Tはしっかり決めてきました。流れもある。芸術性はさらに高まってます。3Loはしっかりもちこたえました。2Aは大きく高く流ればっちり。レイバックスピンもポジションきれいですね。黄色い布(宝貝)の能力とフェラーリの能力を十分使ってます。CiStはちょっとつまづきましたが、スピンでもちょっと足つきました。取りこぼしたところもありましたが、十分な演技でしょう。63.22。はい。

アリョーナ・レオノワ。少し絞れてきたと実況席。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。3T+3Tはセカンドでツーフットだったか。3Fは成功。2Aからスピンとテンポよく。ビールマンスピンはよく足があがってます。SlStはよく表情つけてますね。しかし途中から遅れ気味になってしまいました。うーんベストの演技とはいかなかったみたいですね。なんでだろう。54.50。

○SP終わっての順位:
1. フェラーリ
2. セレブ
3. マカロワ
4. エレーネ
5. ヘルゲソン姉

さすがコストナーですね。難しいジャンプは跳んでないのに悠々首位。もはやコストナースキームはほかの選手にも広がっていますね。

2位にセレブが入りました。調子を取り戻せばセレブの安定感。セレブリティーズスタビリティー。よかったです。3位はマカロワ。いつもの演技とはいきませんでしたがなぜか3位。びっくり。ロシアのニュータイプどもが欧州に参戦しないうちにいいところとっておきたいです。

4位はゲデバニシビリ。やった!さすがオーサー(コレばっかり)。今はやりのコーチといえばやっぱり有香ちゃん with Dですが、オーサーもエレーネを復活させるんですから。こうなったらなんとか表彰台を狙ってほしいです。

カナダフィギュアスケート選手権2012(4):男子シングルSP/FS

大嶋がバックスクリーン弾。いいバッティングしてるなと思うマイク松ですこんにちは。すごい打球でした。たのしみ。

今日はカナダフィギュアスケート選手権の男子シングル。2位以下がどうなるかと、1位の人がどういう滑りをするかが楽しみです。

カナダフィギュアスケート選手権、男子シングルSP/FS。実況は小林さん、解説は藤森さん。

SP最初はシャキール・デイヴィスから。初出場。2Aはランディングがうしろがわにステップアウト。おもしろ。3F+3Tはなかなかいいジャンプ。ステップからの3Lzはダブルに。スピンのシンプルさにこれはLv.1しかとれないと藤森さん。もっと楽しませてあげて。SlStはがんばっていました。身体能力は高そうなので、これからジャンプをばんばん鍛えていってほしいところ。48.93。

サミュエル・モレ。おとなしい滑りでしたが3Aは成功しました。3Lz+3Tはセカンド回転不足みたいですがジャンプはいいですね。ステップからの3Loは成功。スピンはしっかりレベルをとりにいってます。SlStもそうですが全体的に平板な感じがしますね。もっと表現してほしいですが、よくいえばまとまってるのでがんばってほしいです。59.19。

デイヴ・フェルランド。会場にいぬみたいな遠吠えをする人がいる。ウェイターみたいな衣装です。3Loは手をつきました。3Aは転倒して、都会から傷ついて帰ってきた姉みたいになりました。3T+3Tは間にターンが入りました。いまいち強みがどこなのかがわからない選手。51.18。

ラファエル・ヤコビ=ハリス。アンデス民謡。3Aはきれいに決めました。3Lz+3Tは止まったけどしっかり決めてます。3Fはロングエッジでステップアウト。3つ決めたかったですけどね。スピンは途中で終わってしまいました。SlStもそうですが全然アンデスっぽさを表現してないのがもったいない。もっと冒険してほしいです。最後はだいぶ時間があまってました。56.19。おおオーサーの弟子ですか。

マキシム・ビリー=フォンティーン。ハイチ生まれ。いきなりダンシングなプログラムですが、すごいダンス得意そう。いいリズムで入ったのに1Aになりました。ステップもいいのに。3F+3Tは決まりました。よっしゃ。音感はよさそうで的確に音をつかんでますね。3Lzは転倒。ジャンプさえ決まればすごいいいのに。とはいえダンスパートは片足でもリズムあるし、身体表現がすごい。もっとサンデュ先輩に教えを請うべきですね。52.17。

なんかさっきから曲紹介が全然間違ってる。どういうことだ。

次は最年少。ナム・イングェン。13歳なのにすべての世代で優勝してるらしい。今回は経験のためにシニアに出さされるらしいです。2Aは流れがあって加点もらえそう。3Lz+3Tは止まってますがまわってますね。ステップからの3Fはツーフットですね。キャメルスピンはドーナツポジションもできます。SlStは感情表現が豊か。今までの選手の中でいちばん伝わってきます。最後もきっちり決めました。これはさすがに期待の新星。57.32。うわー13歳で2位。目標はこの大会でトップ5に入ることだそう。すごい。

リアム・フィルス。3T+3Tは高さがありましたねー。滑りがいいしよく伸びてる。2Aはランディングがビューティフル。雰囲気はパトリックちゃんみたいな感じですね。ステップからの3Lzも成功。シットスピンはとても回転が速いです。スピン得意みたい。SlStはワンフットのところでもスピードが落ちないし、手の動かし方もパトリックちゃんみたい。スピンでしっかりまとめました。これはいい演技!ジュニアのGPSでもがんばっているらしいですが、まだまだのびていくでしょう。66.34。

ジェレミー・テン。久しぶりですねー。3Aは転倒。3Lz+3Tはきっちり決めました。スピンのポジションはいいです。力は失ってないですね。ステップからの3Loはきれい。SlStもしっかり踊れてるし、雰囲気をよく作れていますね。最後のスピンはおもしろいポジションでした。ちゃんとがんばれてますね。けがしてたのか、休んでたのか。いずれにしてもジェレミー・テンが戻ってきたのは大きいですね。70.81。

アンドレイ・ロゴジーン。世界ジュニアのチャンピオン。「ブロークン・ソロー」ほか。クワドルプルを会得したらしいですが、今日は3F+3Tから。イーグルからの3Aはだいぶ着地で乱れました。でもさすがに技術はもってますね。ステップからの3Lzはダブルに。これは決めたかったところ。SlStは見た目ほど得意じゃないか。もっと滑らせていかないと。60.82。実力がぜんぜん発揮できませんでしたね。

エラージ・バルデ。「マラゲーニャ」ほか。3Aはターンが入りました。でもソウルフルなミス。3Lz+3Tはしっかりメイク。3Fはロングエッジとのこと。SlStは見せ場でした。よくフラメンコの演技ができてる。これはスケートカナダのときよりも上がってますかね。最後にスピンをまとめていますが、長髪を振り乱してパッションよく仕上げていました。いい演技でしたね。おおカメレンゴさんと有香ちゃんがついてるんだ。68.32。

ケビン・レイノルズ。「チェンバーメイド・スウィング」。今日はなかなか調子よさそう。がんばれジャンプ。4S+3Tを決めてきました!やりますねマッチ棒!3Aもばっちり。回転のキレがいいです。スピンからしっかり踊りも入れて。ステップからの3Lzも問題なし。いいじゃないですか!SlStは片足でも大きなスパイラルパートも入れたりして。これはかっこいい。すごくエッジワークもいいしリズムも歯切れがいい。最後のスピンもまとめました。これはすばらしい!久しぶりにマッチ棒の完璧な演技みましたよ。80.81。よしよし。

最後はパトリックちゃん。「テイク・ファイヴ」。すべって数秒で藤森さんの「うまいですねえ」がでた。4T+3Tをしっかり成功。あとは自由自在ですね。すごいエッジワーク。3Aも流れがある。ホームですし鬼門も突破。ステップからの3Lzもクリーンなばかりかその前のステップがかっこよすぎ。スピンもなにげにしっかりレベルゲット。そしてSlSt。片足でリンクのはじからはじまでいきましたよ。あっという間に。最後もばっちりでした。オマエの完璧な演技はみあきたわ!いうことないわ!で101.33がでました。100点出すなって。演技が終わって、上位陣とオーサー、有香ちゃんが渋い顔で拍手してました。おもしろい絵だった。

FSはナム・イングエンから。あのちっこいやつや。ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第1番・第5番」。3S+3Tから決めてきました。ジャンプは止まるけどしっかり決めますね。3Lzは流れがあった。その調子や。3Fもおっけー。SlStもスケートに伸び出してますね。いいぞ。3Loはシングルに。あー。3Lz+2Tは決めました。2A+2T+2Loも成功。トランジションも意識してやってますし、スピンは今日は回転が速い。3S、イーグルからの2Aとジャンプはかなり決まってます。13歳でここまでできれば、やがてはパトリックちゃんみたいになるのかも。終わってでかいガッツポーズ。やりましたやりました。179.28!すごいうれしそう。というか大きい人たち負けてるで。

アンドレイ・ロゴジーン。「ポエタ」。おっ気合い入ってますね。3F+3Tは止まってしまいましたが回ってはいますね。イーグルからの3Aはつまずいてましたが2Tつけてシークエンスに。3Aはもう1回いきますがステップアウト。3Aは今日はだめみたい。3Sは決まりました。つなぎの演技がずいぶん長い。3Lz、3Fと決まってきます。持ち直してますね。3Lo、2A+2A+SEQは成功。スピンからSlSt。がんばってますがフラメンコを表現しているとはいいづらいですね。というかだいぶ疲れてる。なんとか最後までがんばりました。188.64。ちびっこに負けてられないですよね。

リアム・フィルス。「アラビアのロレンス」。3Lz+3Tはエッジが正確できれいでしたねー。いい滑りしてる。3Aは転倒。音楽にあわせたしりもちがクール。でも試合でやるのは大事と藤森さん。3Fはロングエッジ。CiStはエッジワークが堪能できます。もっと大きく動いてほしいところ。2A+3Tは成功ですが、3Loはダブルになりました。もう一息やでー。3Lzもダブルに。3Lz+2T+1Loとなんか力尽きてます。SlStはチェンジオブペースが効いてます。最後の3Loで転倒。がんばれ。なんとか演じきりました。エッジワークに将来性を感じますし、この調子で伸びていってほしいところ。187.78。しょんぼりさん。

エラージ・バルデ。マイケル・ジャクソン・メドレー。たのしみ。3A+2Tはセカンドでステップアウト。3Lz+3Tは決めました。3Fはロングエッジ。「BAD」になって楽しさ満載のCiSt。ちゃんと音楽のいいところをおさえてます。シットスピンもいい流れ。表現の部分はまだ磨けば光りそう。2Aは大きなジャンプで加点つきますね。ステップからの3Lzも流れがある。3Loも高さがあるし3Sもしっかり。ジャンプのバリエーションありますね。こんなにうまい選手やったかと。スピン終わって「ビリー・ジーン」はお楽しみタイム。楽しそう。ムーンウォークもやりながら。2A+2Tから最後のスピンでフィニッシュ。大きなガッツポーズ。楽しんで滑るのが一番ですよね。有香ちゃんもそれでええんちゃうかという感じ。206.53!200点こえましたね。

ジェレミー・テン。「イル・ポスティーノ」。3Aは激しく転倒して都会から傷ついて帰ってきて階段から落ちた姉みたいになった。がんばれ。3Lz+3Tは回転にキレがありましたね。いいぞ。3Tも高い。CiStは音楽をよく表現してます。そうそうこういう選手でした。3Lo+2Tは間にターンが入った。3Lz+1T、2Aとジャンプをまとめてきてますね。3Sはオーバーターン。SlStは静かな雰囲気をよく作り出してます。3Fは転倒。あー最後のジャンプだったのに。スピンでフィニッシュ。全体的にがんばりましたが、ぽつぽつととりこぼしてましたね。それでも207.50。終わって泣いてました。

ケビン・レイノルズ。「クロノ・トリガー」。3種類のクワドルプルを用意しているらしい。すごいな。4Sはまず詰まりましたが成功。4Tもしっかりまわってます。3Aはしっかり成功。4Loにトライしますが、ツーフットで回転は足りてないみたい。でも4Loトライしてくれてうれしい。CiStはマッチ棒らしい丁寧なステップ。スピンも気合いはいってます。3F+3T+3Loを決めてきました!すごい!3-3-3を成功!2A+3Tはステップアウト。3Lzも詰まってますね。3S+3Loはセカンドどうやったか。でもマッチ棒の最大限のジャンプをみせてくれましたよ。もうへとへとだと思いますが、最後のスピンまでしっかりがんばりました。よっしゃ!それでこそオレたちのマッチ棒や!239.44!でかい点出しましたね!

パトリックちゃん。「アランフェス協奏曲」。4T+2Tはファーストであぶなかったですがしっかりリカバーしました。エッジワークとスピードでどしどし点が出て、4T成功。ありがとうございます。3Aは練習では失敗してましたが今は成功。CiStは自由自在のエッジワーク。スピードが落ちない。上がっていく。スピンもしっかりレベルをとっていきます。表現パートも磨きをかけてます。3Lz+1Lo+3Sもクリーン。3Lo、3F+3Tも難なく決めてきました。もうあとはぐるぐるまわってるだけでいいのに。3Lz、すばらしいイーグルからの2Aもばっちり。SlStもまさに自由自在。未知の表現。至高の技術。スピンの前にすでにスタンディングオベーションでした。完璧すぎる完璧な演技でした。どういうことだよ。憎々しさこそ横綱相撲なら、もうこれは貴乃花レベル。北の湖レベル。FSで200点突破。そしてトータルで302.14。300点て。まさに銀河点。

○最終結果:
1. パトリックちゃん300点
2. マッチ棒ほか

優勝はパトリックちゃん。確かにすごいけど300点て。出し過ぎ。でもわからんでもないです。だってあの演技ですからね。ホームということで、また追ってくる人がいないということでのびのび。SPもFSも実力をしっかり出していました。4回転もしっかり決めたし、4-3が4-2になったときに、あとで3-2を3-3にしてリカバー。やつは計算もできるんですよ。やれやれ。もう白目むきすぎとか普通のいいがかりしかできないじゃないですか。

2位はレイノルズ。あんなにがんばって、あんなにジャンプ跳んだのに、60点差がついています。わーい。でも世界選手権にはいける。世界のミナサンにレイノルズの底力みせてあげてくださいな。

3位以下ではバルデが気になりますね。どんどんよくなってる。サンデュ先輩に続く存在として追っていってください。

星野監督、迷子事件の恩人と再会、ほか

寒い、寒い。富井です。こんなに寒くてすることのない日はスクラブルにはまっています。今、タブレットでも出来るんですよね。ドロイド(機械)相手にコテンパンにやられています。一度ぐらい勝ってみたいものです。

さて、野球のキャンプも1週間以上経ち、おもしろいニュースもちらほら出てきましたね。

まず、なんといっても去年キャンプ初日に迷子になってしまった星野さんの話題。昨年その迷子を救ってくれた小学生3人と再会したらしいです。3人とももう中学生。大きくなりましたね。もし、あの時「どこへ行くんですか」と声をかけてもらえなかったら星野さんはどうなっていたのでしょうか。捜索隊が出るようなことにならなくて本当に良かったですね。

今年の話題といえば横浜の中畑監督一色ですね。迷子になるという他の人を巻き込む話題ではく、一人ではしゃいでそのままインフルエンザで隔離という離れ業。寝込んだ間に何を食べたかまでが記事になるなんて、生まれながらにして凡人とはどこか違うんでしょうね、やっぱり。カープの野村監督なんて何しているのか見出しを拾い読みするだけでは伺いしれません。まあ、監督が目立てばいいってもんじゃないですが、もう少し、こうおもしろい事件を起こしてほしいですね。そう、「DH今村」級の事件を

ハム(ダルビッシュ)、ソフトバンク(和田・杉内・川崎)と中心選手がメジャー等へ流出したことで相対的に戦力が向上しているのではないかという噂のオリックスはたまに岡田監督がぼやいている程度で例年通りあまり記事はありません。が、金子千尋が投球練習中止というのがヤフーにまで出ていましたね。うーむ、心配。

それからオリックスを戦力外になってしまった田口はアメリカから戻ってきて関西でトレーニングを続けているようです。まだ投げられないみたいですが、田口の元気な姿を今年も見たいなあ。

カナダフィギュアスケート選手権2012(3):アイスダンスSD/FD

スーパーボウルのマドンナのハーフタイムショーがすごくて、過去のを見直してみたマイク松ですこんにちは。昔のマイケル・ジャクソンのハーフタイムショーが今の流れを作ったそうで。でも最近ではやはりブルース・スプリングスティーンがよかったです。

さて、今日はカナダのアイスダンスをみておきます。なにげにアイスダンス先進地の1つカナダ。たのしみです。

カナダフィギュアスケート選手権、アイスダンスSD/FD。実況は小林さん、解説は藤森さん。ようやくゴールデンコンビが出てきました。世界選手権までないんじゃないかと思った。よかった。

SD最初はパイパー・ギリス&ポール・ポーリエ。ポーリエは新しいパートナーと出場。パターンダンスはエッジも深く滑れてるし、新しいカップルにしては技術ありますね。CiStをみてもポーリエの方がさすがにうまいです。入れ替わりもいいし演技安定してますね。ギリスはよくがんばってる。ツイズルはユニゾンもいいし。RoLiは流れにのった形だし、さすがにホールドが安定してました。いい演技。62.78。喜んでます。ギリスは昔はアメリカ代表としてジュニアに出ていたらしい。

なんとかとラリブ。ほんとにまったく名前の読み方がわからない。すごい。何度聞いても名前が頭に入らない。ちょっとツイズルもずれてるしいいか。藤森さんからも注文が続出していました。42.60。

ポール・オーフォード&トーマス・ウィリアムズ。初出場。若いカップルですね。ツイズルは前半はよくあってました。それにすごくみせる意志がある。パターンダンスはぎこちない部分もあるけど曲をよく感じてて好きな演技。RoLiは激しさがあって感情豊か。オーフォードの運動能力は高いですね。CiStはペアのようなユニゾンがしっかりしてる。このカップルは期待できそうですね。上にきてほしい。56.58。

テッサ・ヴァーチュー&スコット・モア。ヴァーチューはちょっと横に広がった感じですが、でも上半身の動きがすごい。あれは練習してがっちりしてるんですね。今までの演技とは全然違う。でもツイズルでヴァーチューがつまずいてしまいました。でかいけどいいハンデだ。パターンダンスはこれを標準にして考えたいという感じ。CiStはリズムにぴったりあってるし、RoLiは入る前に1Twはいってるという。すごい技でした。68.41。わーい。そしてすごい早くおわった感じ。

タラ・ハーベイ&ヒース・ギャノン。パターンダンスは距離も近いしコンビネーションがしっかりしてる。でもCiStをみても2人のポジションをもっとそろえたらかっこいいかもと思います。タイミングはあってるけど2人の形が違うというか。パターンダンスはエッジを深くしてと藤森さん。ヴァーチュー・モアに比べるとすごい長く感じました。RoLiは力強くてハーベイのポジションがかっこよかったです。53.87。キスクラでパンダもってる。

カレス・ラルフ&アッシャー・ヒル。ラルフの頭にアイ・スラッガーみたいな飾りがついてる。すごいダンサブルな入り。CiStはそのまましっかりステップふみながらもダンス大会。曲が変わってSlLiはよくみせてます。イグジットがあっさりしてるのでがんばってほしい。ツイズルで音楽がほわーんほわーんほわーんみたいな残念音楽になってヒルがつまずいてしまいました。あれは音楽が悪い。パターンダンスはエッジも浅いけど元気があるし笑顔もいい。がんばってほしいです。上に来てくれ。58.92。

アレクサンドラ・ポール&ミッチェル・イスラム。やっと知ってる人がきた。ポールの両親はジャッジらしい。パターンダンスはエッジも深いし慎重。間にSlLiをはさんでます。いいポジション。反対サイドも慎重さが伝わってきますがスピードはキープ。CiStは入れ替わる形がかっこいい。そしてツイズルがとてもよくあってました。これはいい。最後もばっちり。いい演技でした。57.30。あれ?あんまり出てない。

ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。ウィーバーのメイクが気合い入ってます。それよりラムちゃん柄の衣装。すごい。「ある恋の物語」。ねっとりした曲によくあった演技。アクセントも効いてます。パターンダンスはエッジも正確で、SlLiはリフトのタイミングがしっかり音楽にあってるだっちゃ!ツイズルはあんまり得意じゃなさそうだけど大丈夫。CiStはメリハリのきいた振り付けとステップ。最後の方は疲れてましたが最後まで盛り上げました。68.27。おおーいい点出ました。

○SD終わって:1 ヴモ 2 ウポ 3 ギポ 4 ラヒ 5 ポイ

FD。オーフォード&ウィリアムズから。映画「風と共に去りぬ」より。なかなかいい動きから入りますね。音楽をうまく使ってCiSt。物語性を感じます。ちょっと引っ張り合ってるかも。CuLiは普通にお姫様だっこみたいになってる。もっとホールドに安定感がほしいですね。ダンススピンはポジションすてき。ツイズルはうまくあってました。RoLiは激しい回転。この力強さは武器になりそう。DiStはまたメインテーマで。さっきのCiStよりはスピードでてる。SlLi、RoLiとリフト連発で盛り上げます。もっとウィリアムズに滑りの安定感がほしいですね。ちょっとばたばたしてるし。オマエの成長でこのカップルはもっとよくなる。トータル145.53。がんばれ。

ポール&イズラム。「トゥナイト」。RoLiは難しいポジションですがホールドしっかり。これはいいですね。ツイズルはセカンドで距離がずいぶんあいてました。CiStはエッジののびも深さもいいです。そして物語もしっかり表現。SlLiはエントランスが工夫がある。ダンススピンはポジションに工夫があると藤森さん。そしてまたRoLiがとてもいいポジション。運動能力があるし、雰囲気にすごくフィットした演技。FDが得意そうですよね。DiStもしっかりこなして、すごいリフトから叙情的なフィニッシュ。これはいいプログラム、いい演技!やりましたね。146.48。もっとのびそう。キスクラに5人入ってぎゅうぎゅう。

ラルフ&ヒル。タンゴのプログラム。ダンススピンにいきそうなツイズルの構成はとてもかっこいい。あわないのを逆手にとった構成からタンゴに入ります。CiStは藤森さんもほめるダンスの技術。基本的にダンスがうまいんですね。RoLiはダイナミックでぶんぶんふりまわします。CuLiはノーハンドで片足にのせてますね。すごい。StLiもその流れでいいメリハリになってる。ダンススピンはもっとできそう。SlLiは音楽にあわせた雰囲気の変換。だんだん早くなる音楽にもDiStはしっかりあわせてます。メリハリの使い方がうまいし、ホールドのポジションがかっこいい。最後もばっちり決めました!すごいガッツポーズ!ばっちり決めましたね!しっかり自分の力は出せました。147.51。かわして1位!

ギリス&ポーリエ。「ピュア・イマジネーション」ほか。ダンススピンから入ります。さすがポーリエの技術は高いですね。ギリスがいかに自分の力を発揮できるか。SlLiは飛び込んでいくような入り方がかっこいい。ツイズルはとてもよくあってました。CiStはしっかりリードしてる。CuLiは音楽にあった入り方。不思議なステップが入った小リフトがおもしろい。DiStも安定感があるし、SlLiはジャッジへのアピールを忘れない。かにさんリフト?も入れてフィニッシュ。これはすごく早く感じたし、いい演技でした。まだギリスにはのびしろがあるし、もっとよくなりそう。163.54。でました!

ウィーバー・ポジェ。「Je Suis Malade(灰色の道)」。相変わらずいい曲によりそうような演技。パッションを感じますね。ダンススピンの入り方もとても情熱的でみせます。RoLiは入り方に工夫。映画のような雰囲気。CuLiもその流れのまま。DiStも演技のようですが、ツイズルだけは慎重に慎重にきてました。それでいいと思います。RoLiは回転軸もしっかりしてるし速い。SlLiで最後の演技があって、最後のフィニッシュも男女の感情を感じました。いやーストーリーが重厚でしたね。いいカップルになりました。174.53。

ヴァーチュー・モア。ここまでいい演技が続いてるし、横綱相撲をみせてもらいましょう。「パリの恋人」。いきなりハピネス満載、スイングに乗って超絶ダンスが繰り広げられます。1人1人のダンスもかっこいいし。速いステップ、堅実なエッジワーク。DiStも文句のない出来。音楽と一体。もう十分だという完璧さ。音楽変わってしっかり雰囲気をチェンジ、CuLiは安定したホールド。また音楽変わってツイズルも回転、スピード、ユニゾン文句なし。ダンススピンも音楽にしっかりあってるのがすてき。ラヴな雰囲気も醸しだし、音楽に合わせてエッジワークまで変わるのかと。CiStはカップルたちをくっつけるフォースがありますね。そして1Tw入れたエントランスから超絶回転速度のRoLi!速い!リンクをいっぱい使ってハピネスを振りまきます。SlLiからまたすごい速いRoLi。フィニッシュまで完璧。藤森さんが「別格の演技」「FDでISUが求めている方向がこれ、リフトだけではなくステップ、トランジション、リンキング、音の取り方、すてきな構成、すばらしかった」と大絶賛するすごい演技でした。横綱相撲以上。無駄なステップが1つもない、物語そのものでした。ロングリフトはご愛敬、180.02。

○最終結果:
1. ヴァーチュー・モアのお二人
2. ウィーバー・ポジェのお二人
3. ギリス・ポーリエのお二人
4. ラルフ・ヒルのお二人
5. ポール・イズラムのお二人

優勝はヴァーチュー・モア。いうことない。もうすっかり演技を見ながらまとめるのに慣れましたが、このカップルはどうしてもベストの演技をされると手が止まってしまうんですよね。ウィーバー・ポジェがあんなにいい演技、最高のプログラムを最高の力でベストを尽くしたにもかかわらず、それを軽々と上回る演技でした。渾身の鳳翼天翔も通じず逆にギャラクシアン・エクスプロージョンで倒すみたいな。

そういうことでウィーバー・ポジェは2位。でも会場をしっかり魅了しました。ストーリーもしっかり作れていたし、すばらしい演技でした。上には上がいただけです。精進してほしいです。ギリス・ポーリエが3位。ギリスの力が上がればもっと上に来る。ラルフ・ヒルが4位。演じる力がある。ポール・イズラムが5位と、FDの得意そうなカップルが上位にきてます。カナダはまだまだ強くなりそうです。

第46回スーパーボウル:NE.vs.NYG

今日はいろんな人に「スーパーボウルの話をしないで」とお願いしていたマイク松ですこんにちは。本当です。おかげで大丈夫でした。

さて、今日はスーパーボウルの日です。いい試合になりますように。

第46回スーパーボウル、NE.vs.NYG。実況は松野さん、解説は河口さん。

NYGオフェンス。ブラッドショーのランから。しっかり止められるが、クルーズに通して1stダウン。レシーバーに投げ分けて前進。ランパスのバランスもいいですね。レドリックがイーライをサック!よくカバーされてました。そして3rdダウンでアンダーソンが強烈なサック!パントに追い込みました。ディフェンス集中してます。しかしパントもとてもよかった。

NEオフェンス。ブレイディがプレッシャーから奥に投げるもレシーバーおらず。エンドゾーン内でインテンショナルグラウンディングをとられ、セーフティになりました。思わぬ形でNYG先制!

NEキックオフでNYGオフェンス。ブラッドショーがタックルをかいくぐり、ライン際を走って前進!調子でてきてますね。あっという間にレッドゾーン近く。プレッシャーを感じてもしっかりパスを通します。クルーズにパスを通すもいいストリッピングでファンブルになるが、交代違反でそもそも無効。あーあ。そしてクルーズに通してTD!きました!追加点!ディフェンス何やってんねん。

クルーズのセレブレーション、サルサダンスは1回こっきりだったけど、周りのみんなが絶対やれっていってて続けてるらしい。

今日の両チームは29人のドラフト外選手がいるらしい。すごいいい選手がドラフトにかからなくてもいるんですね。

NEオフェンス。グリーンエリスのランを加速前にタックルするロス。おのれ。ブランチに通してダウン継続。そこからウェルカーにぽんぽん通します。さすがホットライン。レッドゾーンに入りました。うわもう1Q終了ですか。早い。しかしここからしっかり守られて、FGになりました。TDとっときたかった。

NYGオフェンス。ジェイコブスのランでダウン更新。力強いですね。ディフェンスもしっかり守りますが、ニックスに通して1stダウン。パスプロがもってます。しかしここはパント。

NEオフェンス。ピエールポールのお父さんがきてますね。こたえるようにディフレクト。でもお父さんは目が見えないらしく、音できいてるらしい。ユメンヨラのプレッシャーが効いて3&out。

NYGオフェンス。ランが出てますねー。プレーの組み合わせでランが出るようになっていると河口さん。ジェイコブスがショートヤードをがっつりとりましたが、ホールディングがありました。パントになりましたが、スーパーパントがありました。今日はスペシャルチームも気合い入ってます。

NEオフェンス。ウッドヘッドのランが出ました。よしよし。そしてようやくグロンカウスキーにパスが通りました。これは大きい。2ミニッツに入りました。パスが通るようになってきた。しかしオフェンスホールディングがありました。これはあかん。しかしリズムを取り戻したブレイディ、ヘルナンデスに通して難なく1stダウン。ノーハドルからウェルカーに通してレッドゾーンに近づきます。ウッドヘッドへのパスで前進しますが、ピエールポールのロスタックルがここで炸裂!また勢いをたたれたかと思いましたが、じっくりプレッシャーをかわしてブレイディからウッドヘッドにTDパス!ようやくきました!NE逆転!96ydsスコアリングドライブはスーパーボウル史上最長だそうです。

NYGオフェンス。フレッチャーがリターンにすごいタックル!このままニーダウンで前半終了、NYG 9-10 NE。

ハーフタイムショーはマドンナ。古代の兵士がすごい感じでマドンナを運んできました。すごい。どこまでも53歳の体とダンスじゃない。周りのダンサーも超絶一流。綱渡りの人すごすぎる。1曲終わってないのに、もうおなかいっぱいだ。古代のチアみたいなステージもまわりのダンサーがまったく乱れがない。ドラム隊ががっつり出てきた。でちょっと照明が変わったらそれがゴスペル隊になってた。壮大な歌のあとにマドンナ消えていって世界平和の文字。何もかもが完璧。世界最高のスタッフとキャストをそろえても色あせるどころかますます輝いて中心に君臨するマドンナ。すごい訓練を積んで太ももを痛めたりしていたらしいけど、なんというかマドンナ準備しすぎ。準備不足のすべてのスポーツ選手にいいたい、マドンナはあそこまで完璧に準備していたよ。世界平和っていうけど、世界中の人に勇気を与える、53歳のスーパーエンターテイメントショー。

後半、NEオフェンス。最初におちょへのパスが通った。おちょ!そしてウッドヘッドとグリーンエリスのランが出る。なんだろう、アジャストか。そしてヘルナンデスへのパスでTD!らくらくTDという感じですね。なんだろうこの違い。

NYGオフェンス。ディフェンスの集まりがいい。ニックスに通して1stダウン。ニックスのアクロスのパターンがよく通る。ライン際のパスにパトリックちゃんがハードタックルでディフェンス。いいタックル。FGで5点差になりました。

NEオフェンス。ピエールポールが脳しんとうか倒れてしまうが、場内からJPPコールで起き上がった。かっこいい。そしてタックがブレイディをサック!パントに追い込みました。

NYGオフェンス。ニックスへのパスとジェイコブスのランで前進。止まりませんね。悪い流れだ。しかしニンコビッチがサックしてFGにおさえました。じりじり追いついてくる。そしてブレイディは肩を痛めたみたいだけど気にせずがんばる。

NEオフェンス。ラッシュをかわしたブレイディがグロンカウスキーにロングパスを投げるが、ブラックバーンがINT!ぐわー!!ブラックバーンは一度NYGを解雇され、数学の先生になろうと思っていたらしい。呼び戻されてスーパーボウル出場。すごい。

NYGオフェンス。スパイクスがファンブルフォースしたがNYGリカバー。おしい。3rdダウンでニックスに通す。今日はニックスでいくみたいですね。と思ったらクルーズに2つ通します。すごい狭いところを通してる。相手陣に入りますが、うまく守られてパント。よく守った。

NEオフェンス。危険地帯でしたが3rdダウンでウッドヘッドにパスを通して危険地帯脱出。ウェルカーのリバースで前進。確実にパスを通すブレイディ。すばらしい。しかし中央から押し込めずパント。パスが通らずがっくりするディフェンス陣。

NYGオフェンス。マニンガムにロングパスが通った!一気にフィールド中央!でかい。やばい。徐々にFGレンジに入ってきた。ニックスに通してレッドゾーン!あー。ブラッドショーがホールを抜けて、時間を使うためにエンドゾーン前でブレーキをかけますが、入ってしまいました。逆転TD!やられましたね。でもブラッドショーの気持ちもわかる。

NEオフェンス。ブラッドショーがくれた1分弱をうまく使いたいです。しかしパスが通らない。きつい。そしてタックがブレイディをサック!ここで出た!しかし4th&16でブランチにパスを通しました!まだ終わらない。NYGも交代違反で応援。最後のパスはエンドゾーンに届きますが、レシーバーには収まりませんでした。試合終了、NYG 21-17 NE。

なんとなくこんな結果になる気はしていたんですよね…。それでもNEはよく闘いました。よかった。いい試合でした。そもそもNYGをスーパーまでいかせてしまったのが悪かったんだ。イーライもよかったけど、DLとOLがよかった。あいつらがすごかった。

…これで今年のフットボールシーズン終わりかと思うとまだ実感がないですが、今年はロックアウトでなくなるかもしれなかったんですよね。それなのにほんとにいいシーズンでした。よかったです。

今日でいえばとにかくマドンナ。年じゃないわ。器が違いすぎるとはいえ、日本の音楽業界もまだまだやること多すぎるわ。

全米フィギュアスケート選手権2012(3):女子シングルFS

ダース・ベイダー卿、通天閣をジャック。ビリケンにマスクをかぶせてダークサイドに堕としてご満悦とかいってますが、それはシディアス卿の仕事ではと思うマイク松ですこんにちは。通天閣はデス・スター建造の橋頭堡として使っていただいて結構です。

さて、今日は全米女子シングルFS。いよいよ全米チャンプが決まります!頼む!

全米フィギュアスケート選手権、女子シングルFS。実況は藤吉さん、解説は由希奈はん。

モーガン・ベル。「アバター」より。2Aから入ります。大きなジャンプでした。3Tからのコンビネーションはツーフット。ここは乗っていきたいところでしたが。スピンから2Lz+2T。エッジがわかりにくいな。イーグルからの3Tはおっけー。スパイラルもそうだけど全体的にもっと滑っていきたいところ。3Sは転倒。勢いがつかない。ヘアカッターからビールマンスピンはうまくできました。お客さんの声援のあたたかさを指摘する由希奈はん。あたたかい。3T+2Tはそのせいか決まりました。この滑りをもっとよくしていくことが鍵になりそう。112.48。

ジョエル・フォルテ。13th warrior。3Lzはツーフット。3Fは慎重に決めました。3Sも決めて波に乗ります。コンビネーションにならなかったときどうするのという質問に対しては「つけすぎても減点になるということもありますし」と由希奈はん。それはどこかの戦国大名みたいな人のことですね。スピンからスパイラル。わりとメリハリがない感じですね。3Lz+2Tをしっかり決めました。基本ジャンプは得意なのか。3T+2A+SEQも成功。SlStは体のやわらかくないところを存分にアピール。好感が持てました。3S+2Tからスピンでフィニッシュ。139.82。

アンジェラ・ワン。東洋的な曲。3F+2Tはフリップ高かったですね。3Lz+3Tはセカンドでステップアウトで3連続にならず。ジャンプは得意そう。イーグルからの2A、スパイラルはフリーレッグが高くあがってます。3Loからスピンは回転が速いです。3S、3Tも成功。由希奈はんはもっと表現の方を高めてほしいと注文。2A+2T+1TからSlStはだいぶスピードがおちましたが、このジャンプの安定感をもとにあちこち高めていけば上位にいけるかも。158.66。

エイミー・ブキャナン。3Sは降りていたのに転倒。2Aは決まりました。あんまり曲にあってない感じはしますが、まあ急遽出場だからしょうがないですかね。3Fは転倒。アメリカには自分たちには信じられないくらいまとまったオフをとるのはびっくりだと由希奈はん。北米の経験は豊富ですね。そうこうしている間にもばんばん転倒するブキャナン。ちゃんと見て!という感じでいいスパイラル。2Lo+2Loと決めていました。スパイラルははっきりしているんですね。2Lz+2Loとなかなかトリプルが決まりませんが、この経験を糧にしてほしいと思います。101.89。

第2グループ、マッキンジー・ダニエルズ。ガーシュウィンの曲。スピードがある。第2グループだからか。2A+3Tを決めてきました。3Lzはちょっとタッチあったか。ビールマンポジションにいってから結構まわってました。手足も長い。3Fは転倒。スパイラルから3Lo+2Tとジャンプはまずまず。3T+2T+2Loも成功です。はじめてのシニアにしてはよくがんばってますね。演技全体のメリハリは次の課題か。3Sはダブル。3LoからSlSt。難しい曲だけにあんまり合わせることを考えなくてもいいからいいですね。しかしよくがんばりました。140.42。今のところ2位。

キリ・バガ。「ラ・ストラーダ」。ステップからの3Fをきっちり。やはり才能を感じる選手。3Lzはシングル。あら。3Sは流れもある。ちっちゃくて日本人的。2A+2Tからスピン。おもしろいポジションをとってきます。3T+2Tはセカンドで手上げ。3T+2T+2Lo、2Aをまとめて跳んできます。スピンからSlSt。前半片足でメリハリをしっかりつけたステップ。由希奈はんも見栄えのする選手とのこと。そしてスパイラルはほぼ180度開脚。最後のスピンはビールマンポジションもとてもよかったです。この選手には大きく伸びて、アメリカを代表する選手になってほしい。149.38。

ソフィア・アダムス。「タイタニック」。最初からテンション高く滑ります。3Sは転倒。結構激しい。3Loは決めました。大きな歓声。わりと音楽をきいてますね。3Tは降りたんですがもちこたえられず転倒。Y字スピンは180度開脚。シズニーのスピンに近いですね。3Loはステップアウト。2Aは決まりました。表現はよくわかってるし、雰囲気もあるし、ジャンプの確率をあげていけばいい選手になりそう。あ、由希奈はんと意見があいました。125.22。コーチが誤ったサラリーマンみたい。

ヘイリー・ダン。「ロンド・カプリチオーゾ」。昨日は回転不足とられたらしい。なかなかいい雰囲気作ってます。3Sはステップアウト。3Lzは転倒。がんばれ。レイバックスピンはいいポジション。スピンは全部SPはレベル4らしいです。つなぎの部分がすばらしいと由希奈はん。3Fは成功。3T+2A+SEQはしっかり決めました。確かに後半になって落ち着いてきたか。2Lz+2T+2LoからSlSt。これはなかなかいいステップ。密度も濃いしスピードもありました。最後の転倒もあったしやっぱりジャンプに力を入れて上位に出てきてほしい選手。136.28。

整氷作業のときに、ミッシェル・クワンが殿堂入りするというセレモニーが。早いけど、国内9回優勝、世界選手権5回優勝、2回オリンピックメダリストだそうです。そりゃ入るわ。

リア・カイザー。「ドクトル・ジバゴ」。3Lz+2Tは成功しましたが、2Aは転倒。3Loは流れがありました。わりとつなぎをだらだら滑ってるけどきびきびした動きはあります。スピンの回転も速い。3F+2Tは決まりました。イナバウアーから2A+2T。3Sはステップアウト。まだエレメンツをこなすのが精一杯という感じですね。でもジャンプはいけてる。どっちとも高いレベルで備えるのは難しいんですね。キャロルおじいちゃんの指導でしっかり伸びてもらいたいです。145.55。

ヤスミン・シラージ。「ミサ・タンゴ」。なかなか洗練された動き。3Fはスピードに乗っていましたが転倒。動きよかったのに。3Lz+2Tは決まりました。つなぎの部分もしっかり演じてますね。2T+2A+SEQになりました。スピンはポジションチェンジがスムーズ。SPは全部レベル4だったらしい。しっかりレベル拾えてるみたいですね。3Sはジャンプにならず。スパイラルのポジションはきれいです。この辺がきれいなのはいいのですが、3Lzはステップアウト。CiStはきれいな動きでしたが、タイミングあわず終盤は飛び急いでしまってジャンプ決まりませんでした。やっぱり演技全体でしっかりまとめるのは難しいですね。138.83。お通夜。

ニーナ・ジャン。「トゥーランドット」より。いい流れでジャンプに入りましたが3Lzは転倒。3Tは成功。3Sも大きなジャンプ。やっぱり決まるといいジャンプなんですね。スピンの質も高い。3Loはシングルに。中盤にCiStをもってきてます。実況席は「トゥーランドット」についての話をしています。由希奈はんももちろんやってますからね。スパイラルもよく滑ってるし、イーグルからの2Aをしっかり決めます。イナバウアーからのジャンプは一度体勢を崩しますが、がんばって3T+2T入れました。ナイスファイトでした。ジャンプのバラエティもあるし力ももってるので、あとは武器をどう作るかでしょうか。146.42。

なんかスパイダーマンみたいな人が現れた。と思ったらフラットちゃんでした。「火の鳥」。火の鳥なんだ。3Lzは流れがあってフォロースルーもさすがフラットちゃん。勢いあります。3Fはダブルに。重量感がすごい。3Loもおっけー。正直これだけ分厚いのにしっかりジャンプ決めてくるあたりさすがです。スピンもいいし音楽にもしっかりあわせてます。曲が変わって3F+2T+2Loも成功。3Loも決めてます。由希奈はんは「アメリカは層が厚いので」といってますが、層が厚いというより分厚いんだと思う。3Lo+2Tも成功。最近になくジャンプが決まってきてる。2A+2Tも決まりました。国内では力発揮しますね。CiStは滑りがいいですねー。エッジワークもさすが。観客を盛り上げてフィニッシュ!おおおおお!すごい!やりましたフラットちゃん!久しぶりにすばらしい演技!いやー絞る絞らないじゃないんですね。キスクラではもちろんスタンフォードをアピール。164.98。よしよし。

ヴァネッサ・ラム。「パガニーニの主題によるラプソディ」。ちょっと戦隊ものみたいな衣装。西野友毬的な雰囲気がありました。3Lz+2Lo+2Loからスタート。3F+2Loも成功。かなりよさそうですね。と思ったら3Loはツーフット。スパイラルで持ち直そう。スピンもてきぱきとこなします。音楽にあわせるべく。3TからY字スピンはとてもすばらしいポジション。いいですね。イーグルからの2A+2A+SEQも成功。3Fで転倒してしまいました。これは痛い。3Lzも回転不足でツーフット。あー疲れてきましたかね。もうちょっと!がんばれ。SlStは力を振り絞る。なんとか最後まで滑りきりました。うーん終盤のミスが痛かった。前半は表彰台くるかもと思いましたが。157.62。

ようやく最終グループ。これで優勝の行方が決まります。

クリスティーナ・ガオ。「リベルタンゴ」。振り付けもこってるし動きもいい。3F+3Tを決めてきました!ルッツの質もすごい高かった。ちょっと途中でつまづいてる。2Aはおっけー。3Lz単独もすばらしい。キム・ユナみたい。アップライトとレイバックスピンもしっかり。つなぎの部分もちゃんと感情が見えますね。3Fは流れがあります。いつの間にこんなにうまくなったか。3Loも成功。しかし3Sでツーフット。回転もたりなかったか。スパイラルはビールマンポジション。3T+2TからSlSt。きびきびした動きにチェンジオブペース。アスリートとしての力が格段に増してますね。しっかりスピンでフィニッシュ。これはいい点出そう。166.36!上にきましたね!

ミライ・ナガス。「スパルタカス」。スピードに乗った滑りから3Lo+2T。2A+2Tは2-3の予定だったか。でもすごいスピードがあります。スパイラルはよく足があがってますね。忘れがちですが3Lz+2T+2Loはサードジャンプをつけたら転倒してしまいました。無理しましたかねー。でもスピードはまったく衰えない。攻撃的なスケーティングですね。3Lzはまた転倒。痛いなー。3Fもシングルに。3Loは成功。2AからSlStはだいぶテンションが下がってますね。がんばって。スピンの質の高さではさすがのところをみせました。でも2転倒は痛かったです。キャロルおじいちゃんも渋い顔。163.99。

キャロライン・ジャン。ドヴォルザーク「チェロ協奏曲ロ短調」。3Fはステップアウト。いきなり決まりませんでしたね。3Lz+2Tは決まりました。2Aからスピン。I字スピンはもっと回転速度がほしい。キャロラインのフリップとルッツのくせはだいぶ直ってきてると由希奈はん。そうかなあ。3Fは成功で、スパイラルはさすが。3F+2T+2Loも決めてきました。3Lo+2Tとジャンプ決まってますね。しっかり修正した。CiStから2Aで笑顔出た。最後はパールスピンからビールマンスピンでフィニッシュ。ビールマンスピンですごい長くまわってました。これはよかったですね。細かいところでとりこぼしがなければトップか。173.19!うれしそう。

アシュリー・ワグナー。「ブラック・スワン」。すごい会場が盛り上がってます。3T+2T+2Tからしっかり成功。2A+3Tも決めてきました。気合い入ってるし集中してる。音楽をうまく使ってますね。3Lzからスピン。曲にあってるし。猛禽スパイラルもすばらしい。あのかくかくするところがオリジナルですね。3Loは決まるも3Sがシングルになりました。あー。がんばれ!3Lo+2Tはおっけー。3Fを決めました。よっしゃ!SlStでは中盤にチェンジオブペースが。それで盛り上がる。バレエジャンプも高い。最後は高速スピンでフィニッシュ!やりましたね!あのサルコウだけでしたか。すごい気合いを感じたし、集中力で場内を引きつけていきました。ばっちり。187.02!うわー!ニックスおじいちゃんも手を掲げます。

アリッサ・シズニー。シベリウス「悲しきワルツ」。転倒しませんように。相変わらずすごいきれいなエッジ。あっという間にトップスピードですね。3Lzは手をつきました。あぶない。2A+2Tは成功。いいですね。3Fは流れのあるクリーンジャンプ。スパイラルはクリーンエッジをいかんなくアピール。そして曲が変わってスピン。表情の芸術です。3Lzは傾いて転倒。うわー。2Aはなんとか。3Lo+2T+2Loは成功です。よっしゃ。180度開脚スピンは相変わらずパーフェクトです。CiStは難解なエッジを軽々と滑りこなし、最後は至高の美ビールマンスピンでフィニッシュ。うーん転倒ありましたからねー。結構微妙なところです。有香ちゃんも腕組み。180.00。あーあ。悔しそうなシズニー。

アグネス・ザワツキー。「ラプソディ・イン・ブルー」。決められるか。滑りのよいステップから2A+3T。きっちり決めてきました。3Fも問題なし。スピンも歯切れよく。音楽を感じてますね。3Lzは転倒。うわー!緊張するなと画面に呼びかけた直後でした。スパイラルで持ち直そう。よしよし。3Lz+2Tはなんとか。フェンスにぶつかるところでした。3Sは転倒。うわー2転倒か。3Tはダブルに。がんばれザワさん!2AからSlSt。すごく躍動感あります。これはいいステップ。最後のI字スピンもばっちりでした。それにしても痛い2転倒。頭を抱えます。174.10。

○最終結果:
1. ワグナー卿
2. アリッサ・シズニー卿
3. ザワさん卿
4. キャロライン卿
5. GAO卿(会えない季節にフォースだけ足りない)
6. フラットちゃん卿

優勝はワグナー。ついに念願の全米チャンプになりました。今日はすごい集中力。見るからに気合い入ってたし。いつ優勝してもよかったですが、ついにそのときがきました。全米チャンプにふさわしい演技でした。

ついに…シズニーが全米チャンプじゃなくなる日がきました。あーあ。もう全米チャンプコールもできませんが、それでもシズニーらしさは失わない。全米チャンプはまた取り返す日が来ますよ。来年の今頃楽しみにしていましょう。大丈夫、あの滑りと有香ちゃんがいれば。

3位はザワさん。SPと2つそろえられませんでしたねー。ザワさんチャンプも盛り上がったかもしれませんが、まあ次がまだあります。4位はキャロライン、いい演技できました。ガオはほんとに力つけてきましたね。上位の常連となるかも。

そしてフラットちゃんが6位ですよ。正直絞れてる絞れてないという問題じゃないくらいの分厚さでしたが、それでも滑りの良さは健在。大事なのはきっちり演技を決めることなのです。しばらく精彩を欠いていましたが、前日にステーキでも食べたのか今日はスタミナ満点の演技。これがフラットちゃんですよ。めっちゃうれしかったです。勉強は忙しいと思うけど、できればスケートの方もそこそこがんばってください。

シズニーが全米チャンプじゃなくなって、わりと本気でへこんでいます!

土佐ノ海の断髪式があったそうです

もうあさってからスーパーボウルなのに、テンションがあがらないマイク松ですこんにちは。朝から晩までお仕事で生中継がみられないというのもあるのですが、まあNYGとNEですからね。NEへの期待が高まるのを待ちたいです。

さて、今日はもと土佐ノ海の立川親方の断髪式があったようです。見に行きたかった。富井は東京にいってたのに。

立川親方の断髪式には360人の人たちがはさみを入れたそうです。多い!横綱でもないのに。人望を感じます。

そして断髪式の中で、なんともと武双山の藤島親方、もと魁皇の浅香山親方、そしてオレたちの誇りもと玉春日こと片男波親方が一度に土俵に勢揃いしたそうです。これは見たかった。一時代を支えた4人がそろったことに胸が熱くなりますよね。いやいや感激するのは僕だけではないはず!

そしてこの4人はもう親方になってるわけです。新しい大相撲の時代が来る、そんな期待が高まります。土佐ノ海もゆくゆくは部屋を背負っていくことになるでしょう。いい力士をたくさん育ててほしいものです。

おつかれさまでした親方!

全米フィギュアスケート選手権2012(2):女子シングルSP

最近ネックウォーマーがありがたくて仕方ないマイク松ですこんにちは。すっごい安いやつ近所で買ったのですが、便利すぎて手放せずにいます。フォルス・スタート商会極東事務所は節電のためいつも室温が低いからでしょうか。

そんな室温の低さはウェルカムなフィギュアスケート、今日は全米フィギュアスケート選手権の女子シングルSPです。男子はFS録画に失敗しているので、女子から。

全米フィギュアスケート選手権、女子シングルSP。実況は藤吉さん、解説は由希奈はん。19人いるらしいです。19人!

ヤスミン・シラージ。「ダフニスとクロエ」。オリンピックでサラ・ヒューズが使ったとすぐ出てくる由希奈はん。やりますね。3T+2Tから決めてきました。スピードがある3Lzは転倒。イナバウアーやビールマンスピンの技術はしっかりしてます。CiStは前半は片足。音楽にあわせてフィニッシュ。シットスピンもいいですね。ステップからの2Aはきれいに決まりました。さすがにジュニアで実績があるだけありますね。この調子で体作りをしていけば結構いい選手になりそう。51.96。

ミライ・ナガス。こんなところで滑るんですね。キャロルおじいちゃんの弟子で黒髪といえばミッシェル・クワンを思い出すと由希奈はん。今日は好調ですね。「ダンサリン」。イナバウアーからの3Loはあやうく転倒のステップアウト。あぶない。3Lz+2Tは決まりました。エッジどうやったかな。2Aは流れもあってフォロースルーがきれい。ビールマンスピンがさすが別物というポジション。スピンのポジションはもっとよくなってる印象。音楽はメリハリのある音楽が好きなそうで、そのへんについて詳しく語る由希奈はん。アメリカ女子はすごく知識もってますよね。最後はI字スピン。いいポジションでした。最初のジャンプ以外はきっちりまとめてきましたね。でもループだし決めたかった。59.02。

ヘイリー・ダン。マートン「トスカ・ファンタジー」。大きいです。3T+3Tを決めましたが、セカンドは回転不足かもと由希奈はん。3Fは成功。長い手足をいかしたビールマンスピンは雄大ですね。素質ある。SlStはリズムのある音楽にがんばってついていってる。スパイラルから2Aを決めて、あとスピン連発。由希奈はんは曲がBGMにならずに一体となっていると評価。この演技は上出来ですね!51.41。うーん点がでないですね。会場からブーイング。

モーガン・ベル。映画「Mr.& Mrs.スミス」より「アサシンズ・タンゴ」。予選を勝ち抜いてきました。動きがいい。イーグルからの2Aはちょっとスピードが落ちたが2Aは成功。3T+1Tになってセカンドはツーフットですね。がんばれ。ステップからの3Lzは転倒。スピンは大きなポジションでみせていました。すごく動きが大きくて見栄えがするだけに、ジャンプを決めていきたいところですね。38.55。

第2グループ、最初は今のところ全米チャンプ、アリッサ・シズニーからです。全米チャンプ!全米チャンプ!「麗しのサブリナ」。転倒しませんように。きれいなエッジの滑り。3Lz+2Tはばっちりでした。ありがたい。3Loもステップからの流れも見事。よっしゃ。2Aはシングルになりました。あぎゃー。2Aは決めたかった。まあ転倒じゃないからグッド。スピンで盛り返しましょう。よしよし。CiStはもうすごい勢いで観客の視線が集まってます。由希奈はんもほんわかしてしまうそう。ほんわか。シットスピンから180度開脚。満点。そして地上の至宝ビールマンスピン。満点です!ありがとうございます!キスクラではちょい悔しそう。63.14。よしよし。いい点出ました。

マッケンジー・ダニエルズ。テイラー・スウィフト「ラブ・ストーリー」。てきぱきとしたステップから3Lo+2T。きっちり決めてきました。3Fも成功。逆回転ですね。シットスピンもてきぱき。2Aはスムーズ。でも次々演技を決めてる感じですね。もっと全体にメリハリをつけていった方がいいかも。由希奈はんは顔を上げて滑っているからいいとのこと。その辺が目の付け所なんですね。今日はすごく調子いいみたい(由希奈はんが)。ダニエルズは全体的にまとまっている技術ですね。49.96。もうちょっと出てもよかったのに。回転不足あったのかな。

ニーナ・ジャン。14歳。「黄金の腕」。最初の動きはキレありますね。3Lzはしっかりとした踏み切り。高さも出ました。イーグルからの2Aは入り方に工夫。3T+2Tはセカンドで手上げ。上々ですね。音楽をよく使って、視線の向け方もいい。予選から出てきているにしては技術しっかりしてます。もっと上にきてほしいですね。少しスピンが苦手かも。キスクラで見ると顔が誰かに似てる。力士の。53.66。

ジョエル・フォルテ。「シルク・ド・ソレイユ」より。3Lz+2Tはルッツで止まってしまいましたがなんとかつけました。ステップからの3Sはグッド。曲によくあってます。藤吉さんはフォルテが由希奈はんと同い年と指摘。若干困惑気味の由希奈はん。フォルテの演技そっちのけでそっちの事情を語っていました。アメリカでは20過ぎの選手は珍しいわけではないとのこと。フォルテはがんばっていました。48.13。

アンジェラ・ワン。「プリティ・リーグ」より。3Fは傾いて転倒。リカバーできませんでしたね。2Aにしてもでもステップが得意なのか、わりと音楽にのせたてきぱきした滑りが得意そう。由希奈はんは失敗してもしっかり切り替えられていると評価。SlStも滑りがのびていてかっこいいです。いいところをいかせばもっとのびていきそう。今実況席はポニーテールの位置について話していました。48.98。あ、猛禽先生だ。

整氷に入りました。ここまでの1位は全米チャンプ。

第3グループはエイミー・ブキャナンから。いい笑顔。「クララのためのセレナーデ」。3Sはステップアウト。どうも予選突破した人が棄権して繰り上げ出場らしい。2Aはスピード落ちましたが成功。ステップからの3Fはツーフット。スピンの回転は速いですね。得意そう。キャッチフットポジションもいい。SlStは手を大きく使った演技。がんばってます。この全米出場がいい方に向くといいですね。キスクラで採点に時間がかかってる。せっかくだからどしどし映してもらえ。37.77。

アグネス・ザワツキー。おおきましたね。いい演技期待したいです。「ハーレム・ノクターン」ほか。大人の雰囲気をもりもり出しています。3T+3Tをしっかり決めてきました!やっと3-3決まりましたね。ステップからの3Lzも流れに乗ったきれいなジャンプ。スピンの終わりもしっかり会わせてるし、曲が変わっても雰囲気を維持してますね。SlStは前半片足。力強いです。ドーナツスピンもよくできてるポジション。2Aを最後に決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。これはすばらしい!ザワツキーやりましたね!ノーミスのばっちりな演技でした。ザワツキーががんばってくれないとおもしろくなりませんからね。66.24!トップにきました!

ヴァネッサ・ラム。「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」。ステップからの2Aはテンポよかった。3Lz+2Loはてきぱき。3Fは突然ばっと振り向く感じの。ちっちゃくてもキレがあるからてきぱきまわります。スパイラル、バレエジャンプを経てスピン。回転も速いし見事なY字ポジション。フリーレッグのつま先がよく伸びていると由希奈はん。SlStは大きく表現しています。滑りのよさが身についてくれば、もっとのびそうな選手です。54.57。

キャロライン・ジャン。3Lo+3Loを決めてきました!すばらしいですね。回転足りてたかな。3Fもばっちりです。スピンは上向きでユニークなポジション。スパイラルから2Aも問題なし。I字スピンもすばらしいポジションだし、SlStの表現力も身についてますね。そしてパールスピンからビールマンスピンに引き上げる必殺コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい出来でしたね!本人も満足そう。60.18。もうちょっと出るかと思いましたが、やっぱり回転不足とられたかな。

アシュリー・ワグナー。猛禽も出てきました。みずみずしい音楽にあった振り付けからスタート。いいですね。スピードに乗った3F+2Tから。セカンドは手あげ。振り付けも由希奈はんも指摘するようにとてもかっこいいですね。3Loは加点つきそう。2Aもステップの中のように安定してます。スピン2つはいずれもきれいなポジションをしっかりみせるようなアピールの強さ。SlStはスピードがあってあっという間に遠くへ。それでいてチェンジオブペースも効いてます。イーグルからスピンでフィニッシュ。ばっちりでした!力強い猛禽ガッツポーズでました。63.06。いい点です。

第4グループ。一人なんかサイズの違う人が滑ってる。横に広い人が。

きましたー!レイチェル・フラットちゃん。でもすごい人気だ。大学生活はどうですかね。「エデンの東」。3Lz+2Tはちょっと踏み切りのタイミングがあぶなかったですが大丈夫でした。うまくリカバー。3Fは質の高いジャンプ。体力はありますからね。由希奈はんもジャンプのリカバー能力を評価してます。スピンから2Aがシングルになりました。あらー珍しい。イナバウアーはしっかり盛り上げます。SlStにそのままつなげてますね。相変わらず曲をつかむのがうまいです。最後までしっかり曲と一体になってました。終わって頭をぽんとたたいてました。うわースタンドの一角にスタンフォード大学の応援団が!ついにフラットちゃんボーイズも結成されたか。スタンフォードのTシャツをかざして。すごい盛り上がってる。でも点は52.71。ちょっと低すぎ。

ソフィア・アダムス。さっとスピードに乗ります。3Loは入り方もきれいでした。あと2つのジャンプもてきぱき決めました。180度開脚のスピンもすごいし、スパイラルのフリーレッグも高く上がってました。予選からの選手でデータがないらしく、観客も驚いています。SlStも密度を濃くしてがんばってる。最後のレイバックスピンもポジションがすばらしかったです。これはすごい。しっかり育てていってほしいです。拾いものですよ。51.40。

キリ・バガ。おもしろい名前だ。3Lzはしっかり成功。3T+2Tとコンビネーションも成功。練習ではうまくいってなかったらしく。よかった。スパイラルから2Aもきめました。スピンはすごいポジションでのスピン。アップライトの難しいポジション、シットスピンもおもしろいポジション。独自開発ですかね。由希奈はんが指摘するように滑りがいい選手。SlStにそのまま突入。さーっと向こうに行ってしまいます。音にしっかりあわせてますね。最後のヘアカッターからビールマンスピンも回転早く決めました。これはいい演技!ジュニアGPSで2位に入ってるらしい。50.15。何が悪かったかな。

クリスティーナ・ガオ。メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」。3-3に挑んでくるか。3F+2Tはファーストで乱れましたが、でもよくコンビネーションにしました。3Loは成功、スピンで少し曲に遅れたか。ビールマンスピンは大きなポジションですね。スパイラルから2Aも決めました。あとはのびのび滑るだけと由希奈はん。また自分が滑ってる気になってるな。SlStは大きなエッジワーク。最後のスピンもしっかりでした。終わって笑顔。54.83。いい点出ました。

リア・カイザー。結構大人っぽいですが14歳。3Lz+2Tはセカンドでふわっと転倒。おしい。3Fはばっちり。ジャンプ得意そうですね。スピンは回転が速いしフリーレッグの使い方がうまい。ビールマンスピンになってもスピードが落ちません。SlStを中盤にもってきてますね。ちょっと疲れてるけど2Aいけるかな。いけました。よかった。この才能をしっかりいかせば、将来トップ層に入れるかも。がんばってほしいです。キャロルおじいちゃんもまずまず満足。52.44。

○SP終わっての順位:
1. ザワさん
2. まだ今のところ全米チャンプアリッサ・シズニー
3. 猛禽ワグナー
4. キャロライン
5. ミライさん
6. GAO(会えない季節に君だけ足りない)

首位はザワツキー。安定した演技でトップにきました。ついにザワツキーが全米チャンプになるときがくるのか。いやまだ!(中途半端な反語)

オレたちの全米チャンプ(まだ)アリッサ・シズニーが2位にいますよ。上を追うにはとてもいい位置。3点差なんかすぐひっくり返せますよ。転倒しなければ引き続き全米チャンプになれるはず。信じたい。がんばれ。

3位はワグナー、4位はキャロライン、5位はミライといつものメンバーが続きます。6位にガオがきました。ガオも安定感出てきましたね。

全米フィギュアスケート選手権2012(1):男子シングルSP

インフルエンザがすごい流行しているみたいですね。おびえるマイク松ですこんにちは。みなさまどうかお気をつけて。

今日は全米フィギュアスケート選手権の男子シングルをみることにします。全米は男子がおもしろくなってくる予感。

全米フィギュアスケート選手権、男子シングルSP。実況は赤平さん、解説は杉田さん。

最初はリチャード・ドーンブッシュから。ベートーヴェン「運命」。これVTRなんや。スピードに乗った3Lzは着地しきれず転倒。これは痛すぎる。3Aもシングルに。このVTRなんで流してるの。スピンはしっかり。3Fもシングルに。ジャンプだめだめですね。この演技ほんとになんでわざわざ。スピンはとてもきっちり躍動感ある。SlStは音楽もよく解釈していたのですが、ふらふらしてる感じ。熱でもあるんかな。なんともしんどい感じでした。51.59。あーあ。しっかりして。

アダム・リッポン。SP2番滑走。杉田さんが「若手のホープさん」っていってました。ホープさん。「コロブシュカ」。3F+3Tは最初はクワドルプルの予定でしたが無難に。いいと思います。3Aもきっちり成功。ステップからの3Lzは両手あげ。得意のジャンプばっちり決まりました。ドーナツポジションもいいスピンに、曲にのったSlSt。よく踊れてるしリズミカル。成長してますね。バレエジャンプも高い。最後のスピンもばっちりでした。これはいい演技!上位きそうですね。2番滑走ですががんばりました。有香ちゃんもほくほくしてる。82.94!パーソナルベストを出して絶叫するリッポン。

おおまかな目安が出てる。80点以上はエクセレント、60-70が結構いい、50-60は平均みたいな感じでした。

スコット・ダイアー。「シング・シング・シング」。3S+3Loに挑みましたがセカンドで転倒。妙に転倒が音楽にあってました。いい表現だ。3Aはその前のステップもいいです。スピンはキャッチフットポジションもきれい。意外に技術もってますね。3Lzも決まりました。SlStは前半片足。音をよくとらえてます。シットスピンは入り方に工夫がありました。最後のコンビネーションスピンもしっかりいろんなポジションを使ってました。抜群でしたね。最初の転倒さえなければ。66.49。

アレキサンダー・ジョンソン。プッチーニ「私のお父さん」。2Aから入ります。しっかり。3Fは着氷もちこたえた。ステップからの3Lzはステップアウトでコンビネーションになりませんでした。もったいない。SlStは音楽に乗せた表現力がありますね。スピンは軸がしっかり。いい演技でしたが、ジャンプはいまいち。そっち伸ばして上位にきてほしい選手。57.73。

アレクサンダー・アイケン。「黒に染めろ」。おもしろい顔してます。序二段くらいにいそうな力士顔。2Aにいこうとして土下座で着氷しました。新しい表現やな!3Lz+3Tはセカンドでツーフット。スピンはすごいゆっくりでオルゴールみたいな表現。新しい。3Fはダブルに。スピンのポジションもちょいユニーク。SlStもこまかい雄大じゃない表現がおもしろかったです。なんか目が離せない演技でした。49.05。

第2グループ、ここからライブ。ウィリアム・ブリュースター。「タンゴ」。なかなか最初の振り付けがかっこいい。3S+3Tから入りました。3Lzはあぶないランディング。2Aはしっかり成功。ジャンプは先に跳んでしまう感じです。スピンはこいつもうまい。ちょっと奥様っぽいおほほスピンがあったぞ。ゆるやかな音楽に合わせてのSlSt、最後のスピンも軸ばっちりでした。いい演技でした。ジャンプはまだまだなのになんか技術感じさせる。と思ったらこいつも有香ちゃんなんや。道理でスピンうまいと思ったわ。55.70。

ロス・マイナー。がんばれ。3Aはでかい!大きなジャンプ決めてきました。おおー。3Lz+3Tはランディングがよくなかったけどなんとか。滑りも昔よりよくなってる。イーグルも交えたステップからの3Fはばっちり。技術あがってますよねマイナー。北海道Tシャツがよかったのかな。スピンもキャッチフットポジションがきれい。SlStはチェンジオブペースもうまく表現。最後のスピンからフィニッシュまできっちりまとめました。やるじゃないですか!78.90。まずまずの点数でましたよ。

ジョナサン・カッサー。「ロクサーヌのタンゴ」。タンゴばっかりやな。3Lz+2Tは確実に。アクセルも2Aにしてますね。スピンはシットが深い。ステップからの3Loはまずまず。スピンは回転が速いです。かっこいいイーグルからSlSt。ステップはまずまずといったところ。上位と勝負するにはジャンプのレベルをあげていかないとですが、技術はしっかりしてますね。キャロルおじいちゃんの弟子なのか。67.86。ジャンプの質を重視したのが功を奏した。

ウェズリー・キャンベル。「アランフェス協奏曲」。最初は1Lz+2Tになってしまいました。タイミングがあわなかった。2Aは大きくて高い。スピンはポジションはいいので回転速度を高めたいところ。リンクを大きく使ってますね。3Fもダブルに。SlStやスピンはしっかりいけてるので、やはりジャンプをしっかり決めないとですね。45.93。

ダニエル・ラード。ペアでもやってるらしい。すごい。かけもちだ。でも結構ある話らしい。滑りのスピードはありますね。3Aはまずまず。3F+3Tは間にターンが入りました。回転のキレはあるんですね。でも体が固い感じがあります。あ、やっぱり固かった。ストレッチしようぜ。杉田さんも固い固いいうてる。まだ若いのにおっさんぽいスケーティングで好感がもてました。ステップからの3Lzはなかなか激しい転倒。でも滑りきりました。47.11。あ!横にエルドリッジがいる!エルドリッジおじちゃん、そいつに柔軟を!

第3グループ、マックス・アーロンから。映画「Mr.& Mrs.スミス」より「アサシンズ・タンゴ」ほか。SPで4Sを予定しているそうです。4Sきっちり決めてきました!高さで回りきりました。やりますね!3Aもがっつり成功。これはのっていけそう。スピンもしっかり。3Lz+3Tはバランスを崩してもリカバー。あのリカバー能力はすごい。足首が強いんですかね。スピンからSlSt、最後のスピンも無難に決めてフィニッシュ。初出場なのにジャンプでかく決めてきましたね。スピンやステップがもっと上達すればいけそうですけどね。76.01。

グラント・ホクスタイン。ドビュッシー「月の光」。3Lz+3Tはゆっくりした回転ですが成功。3Aはブレイクダンス的な転倒から縁側に座る奥様的な形になりました。うっかり点を出してしまいそう。3Loはきれい。SlStはてきぱきがんばってるのですが、音楽にあってないんですよね。それでもバタフライスピンはいいポジションでした。67.89。コーチもまずまずじゃのという感じ。

ブランドン・ムロズ。「マック・ザ・ナイフ」。わりと内弁慶的なところありますからねムロズ。4Tはかっこいい転倒。スタントみたい。3Aも詰まってしまいました。やっぱ今シーズンはあんまりよくなかったからか。ステップからの3Lz+2Tはあぶなかったです。ジャンプが跳べないとなかなかムロズ的には苦しい。SlStは大きくみせているんですが。なんとかがんばりましたがきつい演技でした。67.47。うーん。

ダグラス・ラザーノ。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。あんまり絞れてない印象あるけどどうかな。3Aは流れよく決めてきました。パワーはあるみたい。4Tは転倒。スムーズなリカバー。なんかよくわかりませんが一度止まりました。3T+3Tは最初トリプルだったかな。スピンもいいしSlStは上下動をしっかりしているけど、なかなか個性が出せない感じですね。実況席もずっと無言でした。話してあげて。4Tがダウングレードされるときついですが、72.50。大丈夫だったみたいですね。足りないと思いましたが。

キーガン・メッシング。「ロビン・フッド」。いきなり弓の標的みたいなポーズからスタート。3Aはしっかり決めました。いいぞ。3Lz+3Tはあぶないところでしたが、なんとかリカバーしました。気合いでもちこたえた感じ。スピンはてきぱき。イーグルを入れてのステップから3Fも成功。シットスピンは手が幽霊みたいにだらっとしてました。またはカマキリスピン。SlStはばんばん矢を放ってます。コンビネーションスピンは回転も速くていいスピンでした。76.66。よくまとまってましたね。

最終グループ。ジェイソン・ブラウンから。2010年ジュニアGPSファイナルチャンプ。おおいい滑り。2Aから入りました。3Lz+3Tも高さが足りないですが成功。ステップからの3Fも余裕ありますね。キャメルスピンはポジションが大きくてきれい。SlStにいくまでのつなぎもしっかりしてるし、メリハリをつけてます。全身がよく使えてる印象。最後のスピンも軸ばっちりでした。SPにはしっかりまとまった演技をしてきましたね。75.68。シニアのパーソナルベストだそう。

ジェレミー・アボット。今日は頼むで。最初からいい演技。ほぐしていこうぜ。3F+3Tは非の打ち所がない出来。杉田さんも+3でもいいとの評価。3Aもばっちりコントロール、そのあとのメリハリもすばらしい。のってきたな。スピンものりを大事にしながら技術は完璧。音楽にもばっちり寄り添ってるし。すごい難しいステップをこなしたあとの3Lzも決めた。あとはSlSt。音をはずしてない。一体となってますね。観客に目線をやる余裕も。最後のコンビネーションスピンも何もかも完璧。有香ちゃんの最高傑作がついに力を発揮しましたね。完璧な演技。90.23。有香ちゃんもほくほくして、手をたたいていました。

アルミン・マーバヌーザデー。やりづらいけどがんばれ。「カシミール」。3Aは決まりました。いいぞ。3F+3Tもしっかり決めました。落ち着いてます。スピンはポジションが質が高い。ドーナツとかほんとにきれい。やっぱ力ありますね。ステップからの3Lzは問題でしたが、これも成功。よっしゃ。SlStは大きな動きを心がけて、よく練習してきた感じ。コンビネーションスピンは難しいポジションをしっかりやってました。これはやった!アボットの演技にのせられたか、すばらしい出来でした。80.66!おーパーソナルベスト。今日は順番がよかったんやな。

ジョシュア・ファリス。ドビュッシー「月の光」。去年は21位でしたと不安を感じさせる紹介が。おだやかな雰囲気を作っていましたが、3Aで激しいツーフット。「入」の文字を作っていました。かっこいい。3F+3Tはまたツーフット。3Lzは決めてきました。スピンはてきぱき回りますね。SlStは音楽であんまり躍動感が出せず。音楽表現に流された感じです。もっと元気にいこうぜ。65.43。

スティーブン・キャリエール。久しぶりですねー。「麗しのサブリナ」「マック・ザ・ナイフ」。3Aは側転気味の元気なステップアウト。3Lo+3Tはまずまず成功。力が落ちているわけではないみたいですね。CiStはジャッジにアピールしながら、いい表情を作りつつ技術はしっかり。3Lzをしっかり決めて、コンビネーションスピンもよくコントロールしていました。がんばりましたね。何してるんかなと思っていただけに、元気そうでよかった。71.82。

○SP終わっての順位:(冬将軍的に)
1. アボット冬将軍
2. リッポン冬大老
3. マーバ冬老中
4. マイナー冬若年寄
5. メッシング冬奉行
6. アーロン冬与力

SP首位はアボット。あのSPはすばらしかったですね。どこをとってもすばらしい出来。女子のシズニー、男子のアボット。有香ちゃんの求めるスケーティングの最高傑作が、結実しようとしています。それを感じさせる万全の演技でした。あれならSPだけならパトリックちゃんに勝てるかもしれない。

2位はリッポン。2番滑走なのに2位。それだけの出来でしたね。音をよりよく聞くようになってるし、曲との一体感も増してます。技術と表現がしっかり融合してました。そして3位はマーバ。富井いちおしのマーバ、ずいぶん芽が出るのにかかっていますが、今回はアボットのあとという順番を力に変えました。FSでもこの順位を死守してほしいものです。

さあ!FSたのしみやなー!と録画をチェックしてみると、録画するのを忘れていたようです。あわててJSPORTSの番組表をチェックしたら、もう再放送は終わっていて、再々放送は3月の予定だそうです。しょんぼり。

カナダフィギュアスケート選手権2012(2):ペアSP/FS

行き帰りの道わきに流れている川が凍っていてびっくりするマイク松ですこんにちは。今日はほんと寒かった。

しかし寒くても大丈夫、むしろ歓迎的なフィギュアスケートは盛り上がっています。今日はカナダフィギュアスケート選手権のペアです。

カナダフィギュアスケート選手権、ペアSP/FS。

まずはSPから。マガーレット・パーディ&マイケル・マリナロ。パーディは歌舞伎っぽい。最初の振り付けもちゃんとできてますね。3Twは肩に乗せてしまいましたね。3Tはまずまず。リフトはイグジットに工夫がある。よく練習していますね。3LoThは流れもあっていいですね。SlStはダンス的な動きも取り入れつつ。ユニゾンもいいですね。Dsは大きな回転でホールドも安定してますね。ペアスピンはポジションがきれい。そのままフィニッシュ。なかなかいい素材ですね。マリナロが安定したホールド。49.27。

ジェシカ・デュベ&セバスティアン・ウォルフェ。3Twはまずまず。3Sをソロジャンプにもってきました。ばっちり。リフトはこちらはエントランスでイーグル。上の空中姿勢も大きい。そして3LzThを決めてきました。技もってますねー。ペアスピンはスピードが落ちないと岡部さん。SlStはちょっともったりした感じ。ユニゾンはいいのでもっとてきぱきいって。Dsまでしっかりまとめました。ミスなくいきましたね!60.65。いい点出ました。

タイラ・スティール&ロブ・シュルツ。3Twはいいですね。スピードもある。2Aはスティールがステップアウト。3SThもいい。ペアスピンの回転もグッド。リフトの空中姿勢もいい。ほめてばかりだ。SlStも曲表現がよくできてる。Dsは最後の形がちょっともったりした感じ。そこだけが残念だったけど、全体の完成度は高い。岡部さんはシュルツの姿勢をよくしろといってました。46.68。期待の若手としてがんばれ。

ナターシャ・プリーチ&レイモンド・シュルツ。またシュルツ。元気があるカップルですね。3Tはシュルツがステップアウト。3Twはもうちょっと上でキャッチしたいところ。3LzThはプリーチがうまくリカバーしました。こらあかんと思っていましたが。SlStはもっとユニゾンを合わせろと岡部さん。Dsはてきぱき。ペアスピンは疲れてきたのか最初のキレをもうちょっと出してほしいところ。最後にリフトでフィニッシュ。今のところ元気のよさが最大の武器みたいになってるので、もうちょっとがんばってほしいです。47.42。

ブリタニー・ジョーンズ&カーティス・ギャスケル。「トゥ・ラブ・ユー・モア」。最初の部分は音楽表現でスムーズに演技に入れますね。3Twはまずまず。2Aはユニゾンもあっててジャンプもばっちり。やりますね!リフトはちょっとあぶなっかしいがいいですね。3LoThは距離がよくでてました。加点つきそう。その勢いをDsにもっていっててきぱきと。SlStはリンクをいっぱいに使ってます。ペアスピンまですきなく演じました!これはいい出来ですね!53.16。デュベ&ウォルフェにもうちょっと近くてもよかった。でもパーソナルベストらしい。

エイジ・ロレンス&ルディ・スイガース。昨年ペア3位。「ビートル・ジュース」。ペアスピンから入ります。回転が速い。よく曲表現してますね。3Twはおっけー。どんどんおもしろい踊りを入れていきます。かっこいい。3Tはロレンスが転倒。Dsは回転軸がいいですね。リフトは動きがいいし、イグジットがかなりデンジャラスでした。いきなりプロレスかと。3LzThは成功。SlStはスイガースが満面の笑み。なぜ。いちおう野獣的な位置づけをよく演じていました。58.55。

レーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。「アランフェス協奏曲」のスパニッシュギター的なバージョン。3Twはいい出来。このへんがやっぱトップとそうでないところの差ですかね。3Sはジャンプもユニゾンもばっちり。これはいい点出そう。Dsはデュハメルがいい動き。というかこれアランフェスじゃなくて必殺仕事人じゃないか。2人も仕事人に見える。ペアスピンからSlStもよく表現できていましたが、最後のリフトはあげるときに一度失敗してしまいました。でも3FThをなんとか間に合わせてフィニッシュ。あぶなかったですねー。60.92。おっトップにきましたよ!

キルステン・ムーア=タワーズ&ディラン・モスコビッチ。実はこのカップルがディフェンディングチャンプ。でもジャズの雰囲気よく出してる。3Twはまずまず。3Tはばっちり。このジャンプは質が高いですね。3LoThはうまく投げられてただけに転倒して惜しい。リフトはパワーを要するエントランス&工夫されたイグジット。見所のあるリフトでした。SlStはダンス的な要素も取り入れながら、深い曲表現。ペアスピンは両方の回転できっちり。最後もばっちりでした。音楽表現が一番できてたような。60.26。あーあの転倒さえなかったら。

○SP終わっての順位:
1. デュハメル&ラドフォード
2. デュベ&ウォルフェ
3. ムーア=タワーズ&モスコビッチ
4. ローレンス&スウィーガース(誰?)
5. ジョーンズ&ガスケル
6. パーディ&マリナロ

FS。4組だけ。ローレンス&スウィーガース。「三銃士」。おーなつかしい!キャンデロロ以来かも。3Twはまずまず。3Tをしっかり決めてきました!今度は大丈夫でしたね。リフトは大きく音楽にあわせて。2A+2A+SEQもまずまずいいですよ。のっていこう。観客がすごいもりあがってる。ソロスピンはユニゾンばっちり。Dsはエントランスでカーブリフトみたいな入り。スパイラルもよく表情が作れてるしなめらか。3LoThは手をつきました。「仮面の男」になってアクセルラッソーリフトは途中で降りてしまいました。もったいないな。3LzThはばっちり決まりました。なんでもないところで離れたり、後半は細かいミスが目立ちます。リフトからペアスピンでフィニッシュ。うーん最初はめっちゃよかったのに後半崩れましたね。切り替えたかったところですが。168.84。

ムーア=タワーズ&モスコビッチ。ディフェンディングチャンプなんですね。「ヘンリー5世」。3Tはきまりますが、シークエンスにいこうとしたところでムーア=タワーズが転倒。もったいない降りてたのに。3Twは無難に。リフトはてきぱきとポジションチェンジ。3Sはなんとか成功。Dsからペアスピン。ちょっと曲から遅れてきてると岡部さん。3LoThをきっちり決めて追いつこう。曲が変わってスパイラル。アクセルラッソーからキャリーリフト。いいリフトでしたがイグジットで勢い余って転倒してしまいました。もったいないな。3SThはクリーン。ソロスピンもずれてしまいました。ムーア=タワーズがどこか痛めてるんだろうか。終わって頭を抱えてました。うーん上位を追い切れないですね。お通夜みたいなキスクラ。164.42。

デュベ&ウォルフェ。フィリップ・グラスの曲。3Twは肩に乗せてしまいましたね。3Sはデュベが2Sに。リフトはきっちりこなします。2A+2A+SEQは今度はウォルフェが着氷うまくいかず。Dsからソロスピン。だいぶ近づいていて富井が「怖い怖い怖い怖い!!」とおびえていました。3LoThはとてもいい出来です。3Lzはタッチあったような気が。もうちょっとウォルフェがちゃんと投げてあげて。アクセルラッソーはゆっくりになってしまいました。のってないな。ペアとしてもうちょっと成熟していかないとですね。171.60。うわ今の1位になるんや。

デュハメル&ラドフォード。コールドプレイ「VIVA LA VIDA」ほか。3Twは高くあがりましたね。3Lz+2T+2Tを跳んできました!ペアで3Lzはじめてみたわ。しかも3連続。3Sは余裕ですね。Dsもいいポジション。トランジションにカーブリフトも入れてます。ソロスピンはポジションもいいしユニゾンもばっちり。これは決まりましたね。3LoThは手をつきました。ステップインラッソーはスムーズな移行。3FThを決めて大きくわく場内。リフトからペアスピン。終わってものすごいガッツポーズ!デュハメルもう演技終わり待ってないし。コーチのガッツポーズも派手すぎ。190.11!デュハメルオーマイガーいうてました。文句なく優勝です。

○最終結果:
1. オーマイガー

優勝はデュハメル&ラドフォード。SPとFS、2本そろえたのはこのカップルだけでしたね。そらそう(優勝)なるわな。3Lzをきっちり決めてきたのは拍手です。ほかのカップルたちもまずまずですが、どうも全体的によくなかったか。カナダのペアを盛り上げていってね。