Archive for 6月 2012

「大坂夏の陣」に参上したでござる

今年も行ってきました、大坂夏の陣。昨年もアレだと思っていましたが、今年は更にパワーアップしてました。

おつきあいいただくのは首位の千葉ロッテ。東軍“鴎”の黒い旗もかっこよく、どう考えても東軍が勝つだろうと思っていました。正直。でも、井川が先発だし、何とかなるのではないかと思ったところ、井川が大誤算。コントロールが定まらず、どんどん悪くなっていく一方。捕手伊藤や内野の後藤や大引がよく声をかけに行っていましたが(こんなにピッチャーを励ますチームでしたっけ?井川の人徳か?)3回3失点で降板。

もはやこれまでですなぁ・・・と城に火でも放とうかと思いましたが、次に投げた塚原が意外に好投。ランナーを背負いながらも無失点で粘ります。そして今日誕生日の大引がホームラン。さすが神の申し子、もってますね。

好投のグライシンガーが6回1失点で降板すると薮田が登場。しかし、2アウトで川端にデッドボールを当ててしまったところから流れが変わります。続く後藤、イ・デホに連打を浴びて1失点。続く打者はT-岡田で今日一番の盛り上がりでしたが、残念ながら三振。

その後オリックスも塚原に代えて香月を出してきますが、こちらもいきなり先頭バッターの岡田にあててしまい、荻野貴のバントで1死2塁。続く根元のヒットで1、3塁。3番井口は浅いセンターフライでホームに帰って来られず2死1、3塁。そしてサブローは四球。とこちらもすごい盛り上がり。満塁になったところで次のバッターは角中。そしてピッチャーは吉野に変わります。ここも最高に盛り上がりましたが、吉野が3塁ゴロに仕留めました。角中を仕留めた吉野は真田幸村並みの手柄といって良いでしょう。

8回の裏は実はもう満足したので帰途についてしまいましたが(悲惨なことになる前に帰ろうと思ったので)なんと、バルディリスの2塁打をきっかけに、大引のバントで3塁まで進め、代打北川のライトフライで同点に追いついたようです。しかし、反撃はここまで。9回には竹原が2塁打を打つというびっくりするようなことが起こったものの、勝ち越すことはできませんでした。

まあ、負けなかっただけよかったです。夏の陣と言うよりは冬の陣ぐらいには押しとどめられたかと思います。まだ秀頼も淀君も生きてる。外堀だけは埋められないようにがんばってほしいです。

浅田舞が五輪キャスターに就任

会社倉庫にロケット・ランチャー。久しぶりに北九州のニュースを聞いたと思ったら、相変わらずのデンジャラスさに苦笑いのマイク松ですこんにちは。武器庫て。

さて、今日は小さくても大きなニュースをとりあげたいです。

浅田舞、五輪キャスター!

浅田舞がその美貌がいかしづらい、民放ラジオ100局のロンドン五輪統一番組のキャスターに決まったそうです。おめでとうございます。スポーツキャスターとしてのキャリアを順調に積んでいってほしいです。

この話を聞いた浅田妹は、「冬じゃないけど大丈夫?」といっていたそうです。ちょっとおもしろいですよね。TUBEに「夏じゃないけど大丈夫?」というのとは違うのです。TUBEは大丈夫じゃないです。でも浅田お姉ちゃんは大丈夫です。カアプ篠田に「誕生日じゃないけど大丈夫?」というのとはだいぶ違います。篠田は誕生日じゃないと不安ですが、お姉ちゃんは大丈夫です。

NYYクロダに「援護ないけど大丈夫?」というのとも少し違います。クロダは援護なくても大丈夫ですが、できればあったほうがいいです。NYYどももクロダのスタンド能力ですっかり援護できないチームになっていますが、ちゃんと援護してください。浅田お姉ちゃんは大丈夫です。

将軍に「ジャンプぬけたけど大丈夫?」というのとはだいぶ違います。将軍はしっかり数えてください。お姉ちゃんは大丈夫です。ベルネルに「刺繍の文字微妙だけど大丈夫?」はあってます。むしろ勇名トラで歴史に名を刻んでいます。

サンデュ先輩に「練習してないけど大丈夫?」というのはあってます。先輩が練習してないのはいつものことだからです。浅田お姉ちゃんもそれくらい夏でも大丈夫です。

もと全米チャンプシズニーに「ジャンプ大丈夫?」というのはちょっと違います。ジャンプは大丈夫じゃないです。跳べなくても点はとれますが、跳べた方がいいです。手術からの回復は大丈夫でしょうか。

ミッキー兄さんに「優勝も十分に狙えますが」というのとはだいぶ違います。そういった時点で自縄自縛です。大丈夫じゃないです。浅田お姉ちゃんは大丈夫です。でもうまくいかなくても最終的に勝ち越すところはあやかりたいです。愛知におりますよ。

ホンダバンに「冬じゃないけど大丈夫?」というのとは違います。氷の上にいないホンダバンはただの宇宙刑事です。浅田お姉ちゃんは大丈夫です。「花は咲く」ではわりと演歌っぽいいい声をだしていますが、由規と間違えられるので気をつけて。お姉ちゃんは間違えられないでしょう。ということでがんばってくださいね。

ヴィックとパックマンの白熱反面教師教室

富井も喜んでいるように、小松が復活しています。でも小松聖という名前をどうしてもこまつひじりと読んでしまうマイク松ですこんにちは。高野聖みたいな感じ。諸国を漫遊し(遠征で)募金(犬向け)のためにリリーフをする投手という感じでしょうか。もう何でもいいのでとにかくおさえてください。たのみます。

さて、先日NFLのドラフト指名選手に向けて、新人シンポジウムがあるというニュースを取り上げましたが、このたび開催されたようです。僕はヴィックもパックマンもがんばれといっていましたが、こちらの予想を上回る、白熱教室だったようです。

まずはヴィック。当時を振り返り、

「刑務所におる時、わしはなんでここにおるんかようわかったわ。誰かてこないな形で選手生活終えたないわ。せやけど(タイホされる前)わしは『わしのやっとる事を止めるべきやろか』と自問自答しても、違法行為を止めへんかった。そこに規律はなかってん」

とのおことば。笑えない。全然笑えない。さすが収監されている人は違うわ。でもまあ、収監されてないけどトバークでツイホーされた人たちも同じ気持ちだと思うよ!続いてヴィックは、

「フットボールは自分らがおってもおらんくても続いていくんや。わしの運命はわしでコントロールできんねん。どんだけ長うこのリーグでプレイできるかは、ぜんぶ自分ら次第やで。これはわしらの責任を果たし、献身的な姿勢で臨み、試合への準備をしっかりするかにかかっとんのや」

と入魂のおことば。これはしみます。そしてほかには、これまでの経験から、ほんとに信頼できる友人は誰なのかをしっかり見極めることが大切とのことです。浅香山親方もいってましたが、おかねをもっているスポーツ選手にはいろんな人がすり寄ってきますよね。1億円おかねをもらいに来る人もいますよね。たしかに。

そしてブッダのフェイスもスリータイムズまでというように、いくらアメリカでもセカンドチャンスが与えられるとは限らないというおことば。

「わしはようけ選手らがリーグからおらんなってまうのを見てきたんや。わしがまだNFLでプレイできとることを神さんに感謝しとる。せやけど、これは保証されとるもんやなくて、明日には(わしも)おらんなっとるかもしれへん。自分らはほんまに素晴らしいチャンスを得とるんやで」

とのことでした。すばらしい。関西弁にしてしまったからかもしれないけど、鈴木啓示ばりの迫力です。投げたらあかんのやで。

続いてパックマンさん。こちらは今もう大変で、銃撃事件の賠償金を$11.7min払うよういわれているのです。リアルに大変。普通に大型契約の年俸分。すごいな。カアプの全選手の年俸払えますよ。そんな人の訓示に迫力がないわけないですよね。迫力感じないならオマエらの年俸よこせと。

そんなパックマンさんはこんなコメントからスタート。

「ここにおるオマエらには、わしのような経験してもらいたないな。毎日、わしの過ちがニュースに載るんは楽しいもんちゃうで。いやこないだな、今6歳になって文章読めるようになってきたわしの娘が、わしの名前検索しとってん…。そら娘にはそないなこと見せたないやろ」

きつい!胸に迫る!おとうさんの名前を検索したらクリミナルな姿が!青ざめる新人たちの姿が目に浮かびます。まあそんなのもわかってると思いますが、パックマンさんはさらに追い打つように釘を刺します。

「いやわしな、わしが参加した2005年の新人シンポジウムのこと、あんまよう覚えてないねん。たぶんまじめに聞いとらんかったからやと思う。これはあかんかったな。シンポジウムではその後、わしが直面したいろんな問題への対処法を教えてくれとったと思うねん」

わかってます。ちゃんと聴きます。弁護士さーん!そして強い自覚が大事なんだということを、こういうメッセージで伝えています。

「契約結んだら、自分らはみんな自分の会社のCEOになんねんで。まあいうたらアダム・ジョーンズ・カンパニーみたいな感じや。ほんで残りの人生、この役職から降りたい!いうてもできへんのやで。自分らの下すぜんぶの決断が重要やねん。それは今やのうても、いずれ影響を及ぼしてくるもんなんや」

ヴィックとパックマンの人選は大成功だったといっていいでしょう。これだけいいこというてくれるとは。バレスあたりも読んで、クリミナルストーリーのジェットストリームアタック(アローフォーメーション)でもよかったかも。

事前のねらいとは違って全然笑えない話でしたが、かえって新人には金言だったことでしょう。新人たちはヴィックさんとパックマンさんのいうことをよく聞いて、しあわせな選手生活を送ってほしいですね。

大相撲7月場所2012:番付発表チェック

野球がなくてみるものがないので、テレビでハングル講座をみていたら、ふとしたところに韓流スターが出てきていて、唐突感がおもしろかったマイク松ですこんにちは。語学番組はこういうところいいですよね。その次のイタリア語はだいぶ忘れてます。うーん。

さて、もう7月場所が近づいてきましたね。ということで今日番付発表がありました。めずらしくあったとたんにチェックしてみましょう。6,7月はあるとすぐできますよね。False Startの閑散期です。

1. キセが東の正大関に、そして妙義龍は新小結に

白鵬が一人横綱なのは変化なし。そして東の正大関にはキセが座りました。いちおう最後まで優勝争いをしたということになってるみたいですが、むしろファンには忘れてほしいような脱落っぷりに、さらに気合いを入れて名古屋に臨むそうです。そりゃがんばってほしいですのう。

関脇はゴーエードーに加えて栃煌山があがってきました。充実した関脇陣。そして小結についに妙義龍がきました。この勢いはすばらしいですね。先場所同様力強く相撲をとって、一気に関脇を陥れたいところです。もう一人は豊ノ島。ここで踏みとどまりたいですが、豊ノ島はいつも場所前の体調が気がかり。万全で迎えてください。

2. 筆頭に旭天鵬とアミー、多彩な前頭上位

前頭筆頭には先場所奇跡の優勝を果たした旭天鵬と、小結から降りてきたアミー。どういう濃密な筆頭かと。旭天鵬はますます意欲満載ですし、アミーもまだまだ上を狙える。土俵の充実はこの筆頭から始まりそう。

その下は碧山、隠岐の海、松鳳山といった若手に、若荒雄、豪風、阿覧、栃ノ心といったくせ者勢が埋めています。くせ者勢のくせ者相撲に不覚をとらないようにしてほしいところ。6枚目に豊真将がだいぶ下がってきてしまいました。大河ドラマにも出たし、平安スピリッツで上位を狙いましょう。

3. 玉飛鳥が一気に幕内カムバックの幕内中位

先場所十両では高橋大輔こと玉飛鳥が優勝しました。覚えてない?忘れたとはいわせませんよ!ということで玉飛鳥は幕内にカムバック、しかも一気に10枚目ですよ。うれしい。幕内定着目指してがんばりましょう。

中位はなんかバラエティに富んだ、しかもベテランが多いですね。おもしろくなりそう。あ、玉鷲が11枚目で、久しぶりに片男波勢が幕内2人になりました。ありがたい。

4. 返り入幕が熱い幕内下位

今場所は新入幕はなかったのですが、先ほどの玉飛鳥に加えて、隆の山、舛ノ山、宝智山、勢の5人が返り入幕。たくさん帰ってきましたね。隆の山も十両に下がったらすぐ上がってくるだけの力をつけているみたい。勢はもう往復で勉強することはないでしょう。がんがん上を目指していかないと。

個人的には栃乃若が幕内になんとか踏みとどまったのがうれしいです。あれだけ負ければ十両に下がっても文句がいえないところでしたが、踏みとどまるのはやはり期待の若手だからでしょうか。けがの具合は心配ですが、もし完治していたら優勝争いにもからめそうな位置です。

あと若の里がんばれ。あとがないけどここは下位で大暴れです。

だいぶ幕内の面々も土俵の充実に向けていい感じになってきましたね。まだいてほしい人が十両にいたりしますが、あとは熱い優勝争いを展開してほしいところです。

小松聖という救世主

どうもどうも、富井です!空元気、空元気ですよ!!

いやーオリックス・バファローズ、弱いですね。飛行機に乗るときは毎回非常時に備えてしおりを熟読するネガティブ人間な私でもここまで弱いとは思ってませんでした。もうすっかりパリーグの6位をがっちり固めてしまいました。もう今年はこのまんまじゃないですか(投げやり)。

交流戦前には心の友だった西武ライオンズもするすると順位を上げ、いつの間にかSB、楽天と3位を争っているじゃないですか。この4連戦もライオンズが2勝1引き分けと更に引き離されていますよ。このまま夕日のように沈んでいくばかりだな・・・。

と、思っていたらなんと、予想外の救世主登場です。1回と2/3で7安打3失点と始まったとたんにボッコボコにされた中山の代わりに出てきたのがあの小松聖。リングにタオルを投げ入れたつもりが松明を投げ込んだみたいに思えますが、さにあらず。4回1/3を無失点で抑え、勝ち投手に。続く吉野、香月、平野、岸田もなんと無失点。久しぶりですね、こういう勝ち方。・・・と思ったら一昨日も無失点だったらしいですね。もしかしてライオンズキラーなのか。知りませんでした。

それにしても小松で勝つなんてサイコーじゃないですか。オリックスファンだけじゃなくて全国の犬たちも大喜びですよ。今日のようなピッチングを続けて、ほとんどいないオリックスファンとたくさんの犬を喜ばせてほしいです。まだ間に合います・・・かね。

NFL新人選手のシンポジウムにヴィックらが講師で登場

ラン×スマみたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。洞爺湖マラソン景色もよさそうですが、僕らはウォーキングくらいでないと。マラソンのあとにビールがおいしいというのは納得。ビールよりも焼き肉がおいしそうでした。食べたいー。

さて、NFLのドラフト指名選手はラックを除いてだいぶ契約しているみたいですが、NFLにはやはり犯罪がつきものですよね。

いやいやそうなんですかという方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ激しい世界ですからね。でも基本的にタイホされちゃったりするともちろんキャリアにもよくないし、いかに再チャレンジに寛容なアメリカでもなかなか復帰できなかったりします。そりゃ未来ある新人にとってもよくないですよね。

そこでシーズン前に、ドラフト指名選手に対する新人シンポジウムが始まるそうです。そこに講師として、マイケル・ヴィックやアダム・ジョーンズが現役選手で、もと選手としてはマイケル・アービン、カール・エラーもきてくださるそうです。シンポジウムではフィールド外で直面した問題の経験談を後輩たちにレクチャーするそうです。

もうすっごい聴きたい。ヴィックやパックマンのリアルなクリミナルストーリーが聴けるわけでしょ?これはすごい。「とにかく動物は大事にせんとな」とか「オマエら司法取引って知ってるか?」とか「意外に刑務所でもトレーニングできんねんで?」とか「看守の人わりと気さくでなー」とか。僕がドラフト指名選手なら爆笑しながらメモとってるでしょう。

しかしこれはヴィックとパックマンばかりではもったいないです。もっとNFL犯罪黙示録のメンバーをいろいろ使って、ドラフト指名選手を恐怖と爆笑のずんどこに落としてやりましょう。

  • とりあえず銃は全部登録しておいて
  • 不法所持は結構あとあとまで処分がかかるから注意だよ
  • 安全装置をしっかりかけておかないと、間違えて足を撃って痛い上にタイホだよ
  • 彼女や恋人に、スキンシップをDVと間違えられないようにしないとね
  • ジャパンのマスクドライダーでは、力がコントロールできなくて水道の蛇口を壊したりするけど、あの精神でパートナーに接しよう
  • オーサカのナビオ族みたいに、車から大音響で音楽流しててもタイホされるよ
  • いけない葉っぱはとにかくNG、お薬はもってのほか
  • ナイトクラブではとにかくけんかしないこと
  • ほかの客にからまれそうなところにはいっちゃだめ
  • 飲酒運転とスピード違反はよくあるから気をつけて
  • だいたい飲酒運転と銃の不法所持がコンボでサスペンション4週が定番やね
  • 契約ができたらもうすぐお金もらえるから、昔の友達の家に忍び込んでお金盗んだりしないでね
  • チケットの横流しって儲かるなと思ったら自分を戒めて
  • オフのバスケとかはほどほどにしとかないとけがするよ
  • バイクで無茶な運転して、事故起こして空中浮遊の末に鼻を骨折したりですんだりするのは、ロスリスバーガーさんしかいねえよ

最後はうっかり個人名が出てきていますが、こんな話がわんさか。質疑応答セッションとか入れたら4日くらいかかりそうですね。

未来の犯罪者を増やさないためにもみんなどんどんクリミナルトークシンポジウムに協力してあげてください。あ、リッキーさんはきていただかなくていいですからね。時間足りないし。うっかり感動しちゃったりするんで。

オリックスでヒーローデーが開催、神谷明御大が登場らしい

SONGSaikoの回みたマイク松ですこんにちは。いやーいいものみました。僕らも今日阪急電車乗りましたが。やっぱ「時のシルエット」買おう。「くちびる」名曲すぎます。

さて、今日も素敵に力負けしたオリックス、千尋さんがまたひじの違和感で登板回避、A-岡田もびっくりよ、急遽登板した塚原もぼこぼこにされ、悪い方に出ただけやんという、悪い雰囲気たっぷりです。せっかくこっそりG-光尊が3番に復帰してホームランを打っているというのに。まったく目立ちません。まったく。

しかしチームは勝てなくても、優秀なオリックス企画部は次々と企画を繰り出してきます。チームの勝敗関係なくイベントは楽しくてお客さんはきてくれる。真のボールパーク目指して邁進中です。で今回企画しているのはこちら。

人気声優神谷明さん来場!「ヒーローデー」開催!

もうこの見出しでほとんど全部いってるわけですが、われらが神谷明御大が登場されて、選手紹介や選手呼び出しやショーをしてくれるというわけです。すごいすごい。

スタメン紹介はケンシロウがやってくれるそうです。それはうれしい。「3番セカンド後藤!オマエの血は…何色だぁああ!!」とか、「1番レフトスケさん!オマエの名をいってみろぉおおお!!」とか、「4番ファーストイデホ!退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」とか、「5番DH北川!オマエはこの世で最も強く そして美しい…」とか、「8番キャッチャー日高!オマエはもう死んでいる!」とかいってくれるんでしょうか。

そして選手呼び出しはキン肉マンが「うぐいすヒーロー」をしてくれるらしいです。これもうれしい。「3番セカンド後藤!へのツッパリはいらんですよ!」とか、「1番レフトスケさん!ロビン戦法NO.1!獲物はにがすな!」とか、「4番ファーストイデホ!ロビン戦法NO.2!相手の誘いには絶対のるな!!」とか、「5番DH北川!彼にヒットを打たせれば、家族を一泊二日の温泉旅行に招待するぜ!」とか、「8番キャッチャー日高!あ…シューズのひもが…」とかいってくれるんでしょうか。

そして神谷明御大とハカセの掛け合いショーが行われるらしいです。ハカセもブルとベルを作った科学者ですが、扱えるロボの数なら御大の方が上でしょう。たとえ巨大ロボのスラッガービッグロボを出してきたとしても、御大はゲッターロボのパイロットできますからね。でもスラッガービッグロボって、バビル二世のポセイドンぽいですよね。そっちを呼び出すのも手です。

選手には御大のパワーを感じて、野球に突っ込んでほしいです。もう全部必殺技の名前を叫びながら投げたり打ったりすればいいと思います。「大雪山おろし!」とか、「ハイドロブレイザー!」とか、「マッスル・スパーク!」とか、「無想転生!」とか。

神谷明御大のように、ヒーローの魂を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。未来へ夢をつなぎ、ヒーロースピリッツの発展を願っている方もたくさんいられます。オリックスの選手のみなさんもその一人だと信じます。プロ野球選手の一員であることを誇りとして、これからを歩んでください。

まだ間に合います。たぶん。

プル兄さんが宮本賢二兄さんとタッグでFS作ってるらしい

先日NHKで「新・兵庫史を歩く」というローカル番組があり、「KOBE発・清盛の平安へ~神戸市中央区・兵庫区~」という特集が組まれていました。清盛ゆかりのお寺や神社がわんさか紹介。ウォーキングマップも公開されていたので、今日はこれに従ってウォーキングやってみたマイク松ですこんにちは。

神戸の近くに住んでいてもなかなかメリケンパークとかいかないので、海が見られてうれしかったです。結構おなかすかせながら、てくてく歩いて行きました。お寺や神社を順番に巡って、途中で洋食屋さんでごはんたべて、最後までめぐってきました。たのしかったです。これはいいコースでした。

さて、今はフィギュアスケートのオフシーズンですが、この時期は来シーズンのプログラム作りに精を出す時期でもあります。ぽつぽつと新しいプログラムの情報も飛び込んできてますよね。

それでロシアの宇宙人ことプルシェンコ兄さんも、新しいプログラムを作っているそうなのですが、そのFSの振り付けを、われらが宮本賢二兄さんが担当しているそうです。びっくり。

記事によるとプル兄さんは今イタリアにいて、新しいプログラムはニーノ・ロータの「ロミオとジュリエット」になるそう。今ミーシンコーチとプル兄さん、そして賢二兄さんで作っているそうです。そういえば賢二兄さんのブログは現在、空港からどこかにいくところが最新ですが、どうやら行き先はイタリアなんでしょうか。

ミーシンによるとプル兄さんはごっつええ感じで練習していてわしも満足、けがの方もめちゃめちゃ元気やで~とのことだそうです。そこに賢二兄さんのいい振り付けが加われば鬼に金棒、ブレイディにウェルカー、栃煌山にもろ差し、代打に前田先生ですよ。

それにしても賢二兄さんの振り付けが素晴らしいのは重々知っていましたが、プル兄さんの相棒に選ばれるとはうれしい限りです。それも復活に向けての武器として使ってくれるなんて。賢二兄さんもがんばってほしいですね。

そしてプル兄さんもコンディションはばっちりとのこと。けがには気をつけてほしいですが、もうなんともいえねえ的な異次元の演技、またみせてほしいですね。

フィギュアスケートを育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。未来へ夢をつなぎ、フィギュアスケートの発展を願っている方もたくさんいられます。プル兄さんもその一人だと信じます。フィギュアスケーターの一員であることを誇りとして、これからを歩んでください。

まだ間に合います。ソチにも全然。

もと魁皇の浅香山親方が日経「こころの玉手箱」に登場(してました)

Twitterにも書きましたが、あめとーくの広島カープ芸人の回みたマイク松ですこんにちは。富井は山本・衣笠のアベックホームランで喜んでいました。僕はランスとアイルランドがみられてうれしかったです。ああいうイメージでした。

さて、日経にはときどきおもしろいスポーツ記事が出てくるんですが、夕刊に「こころの玉手箱」というふしぎコーナーがあります。たぶん自分の大事なものみたいなので綴るエッセイなのですが、今週はもと魁皇こと浅香山親方でした。そこであげられていた親方の大事なものは、

  • 自分でろくろでつくった飯茶碗
  • ラジコン模型
  • 武双山との一番
  • 特急かいおう
  • 奥様

の5つとのことです。月曜日火曜日まではほんとにまじめにやってるのかと思いましたが、終わってみればいいコラムでした。

<月曜日>魁皇の作った飯茶碗は青織部の名品っぽい雰囲気。ちゃんと作家の方がしっかり仕上げてくださったみたいですが、まず飯茶碗というかどんぶりを作ったのと、ずっと使っていたのが魁皇らしいです。ミッキー兄さんも地元だから陶芸でもやればよかったのに。釉薬の向こうにハチナナが見えたり、見事な縄目文様が描かれたり。

<火曜日>力士は車を運転できないのと、車に憧れたのでラジコン模型を作っていたそうです。棚に飾られた模型の中にはドムとシャア専用ザクも並んでいます。ガンダム世代ですからね。ミッキー兄さんもプラモ作ればよかったのに。そういえば名前もタミヤやし。

<水曜日>武双山の優勝のかかった一番、自分の勝ち越しのかかった一番2000年初場所千秋楽で手ひどく負けて、ここから気合いが入って大関昇進につながったのと、本当の人付き合いを学んだそうです。うちとかは魁皇のお友達にはなれそうもないです。ミッキー兄さんもあんなにいっぱい負けてたのに、悪いお友達とのつきあいは(略)

<木曜日>特急かいおうは今でも走っているそうですが、それを直方市のみなさんが実現してくれたことに感謝し、それを含めてファンの熱さに感謝していました。確かに自分のしこ名が特急について電光掲示板に表示されてたらうれしいですよね。木佐貫も特急きさぬきができるようにがんばってほしい。ミッキー兄さんもツイホーされても署名を集めてくれるファンがいましたよね。恩返しに焼き肉や!

<金曜日>最後は奥様。魁皇の奥様はもと女子プロレスラー。その現役時代の写真が最後の回に堂々と載っていました。奥様には感謝しきりの様子。奥様の引退時の「趣味は魁皇です」は名言中の名言だと思います。ミッキー兄さんの奥様には僕らの方が感謝してもしきれません。焼き肉屋を成功させてあげてください。

なぜかミッキー兄さんの話題が混入していますが、いい記事でしたのでぜひお読みいただければと思います。浅香山親方になっても夫婦の戦いはまだまだ続くでしょう。いい弟子を育ててください。

それにしてもこのようないい話は浅香山親方ならずともいっぱいあるでしょう。もっと積極的に情報発信してほしいです。そのことによって認識が広まったり、問題点が明らかになったりすることでしょう。そういうムーブメントに期待したいです。

浅香山親方のように、大相撲を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。未来へ夢をつなぎ、大相撲の発展を願っている方もたくさんいられます。現役力士のみなさんも、親方のみなさんもその一人だと信じます。相撲協会の一員であることを誇りとして、これからを歩んでください。

まだ間に合います。

タネヒルは3番手でも深い意味は無いそうです ほか

日経の「私の履歴書」で今、米沢富美子先生のシリーズになっています。物理はまったくわからないので、その天才ぶりと偉業が素直にすごいと思えておもしろいマイク松ですこんにちは。わからないのでいいこともあります。

今日はNFLの記事まとめ。誰も待っていないタネヒル情報もあるよ!

1. タネヒルは3番手でも深い意味は無い

いるかの希望タネヒル。いったいギャラードとムーアと誰が開幕先発になるのかという話題でもちきり(一部の一部の一部で)ですが、どうやら開幕先発が遠ざかっています。

キャンプの中でいつも先発はギャラードで、タネヒルはだいたい3番手です。1日目はギャラードが1番手でもフィルビンHCは「今はこんなん意味あらへん」といってます。2日目もタネヒルは3番手。これでは序盤は先発争いで劣勢という話になっていました。このまま待ちぼうけのまま開幕を迎えるのでしょうか。

希望があるとすればおちょでしょう。今のところプレーブックの勉強に時間を使っているみたいですが、おちょをうまくつかいこなせれば先発も近づくのでは。

こうやってタネヒルを毎回とりあげていますが、いるかにとっては切実なんです。ドラ1QBなんで。カアプの堂林みたいなもんなんで。

2. ハービンがトレード要求、誰の計略か

なんだか知らないけどある時期から突然、長期契約を望みだしたMINのWRハービン。あと2年残ってるのに。早くない?

当初はキャンプまでに解決したいといっていて、HCもなんとかなるやろと思っていたのですが、ここにきて状況は悪化、トレードを要求する事態に発展してしまいました。もちろんGMはすぐ拒否る。そりゃハービンですからね。なぜかジャレッド・アレンも取材を受けて、なんやらようわからんといってるようです。

これは誰かがニセメールを送ってハービンの忠誠心を下げているに違いありません。久しぶりにニセメールという言葉を使ってうっかり胸が熱くなりましたが、誰が計略を仕掛けているんでしょうか。

ちなみにいるかはまったくWRが足りてません。よろしくお願いいたします。

3. じぇいこぶすさんに貯金を送ったこどもがじぇいこぶすさんと会う

こちらはモスやらジェイコブスやら、もりもり選手層が厚くなっているSFのおはなし。いいなあ。

NYGからSFに移籍したRBジェイコブス。その前にNYGに残ってほしいと思ったアーメントくん(6歳)が、ぼくの貯金やるから残ってよと、3.36ドルを送ってあげたそうです。カアプの選手ならともかく、NFLの選手はそんなはした金では残ってくれず、結局ジェイコブスはSFに移籍するのですが、そのアーメントくんにジェイコブスが会いに行ったそうです。いっしょに公園で遊んだあと、NYGのサイン入りヘルメットと、少し利子をつけた5ドルをあげたそうです。よかったですね。

それにしてもNFL選手に何を送ったら残留してくれるのかさっぱりわかりません。

事件から たのしいメッセージの やりとりが

ミッキー兄さんへ

大相撲の力士、親方、関係者のタイホが相次ぎましたす。たくさんのトバークが行われ、大相撲関係者を混乱させ、力士、親方を苦しめていました。私は理事長という立場で心を痛めてきました。

こんなことがなぜ続くのか。ミッキー兄さんのほかに、いったいだれが永世大関なのか。
今回は、理事長が私でよかったと思っています。
大学相撲のスーパーエースとして鳴り物入りで角界入りし、同じ鍋のちゃんこを食い(部屋だから)、横綱に向かって、悔しいときも悲しいときもハチナナのときも本気で涙を流してきました。ファンに愛され、(稽古場では)強くある稽古場横綱を目指し、6場所連続ハチナナ、永世大関昇進も成し遂げました。

大相撲を育てたり育てなかったり、守ったり守らなかったり、停滞させたりしてきた偉大なオーゼキどもがたくさんいられます。未来へ夢をつなぐ若手もいれば、あんまりつなぎそうにない先輩もいられます。ミッキー兄さんもその一人です。

偉大な永世大関であることを誇りとして、これから焼き肉屋がんばってください。
永世焼き肉屋にはまだ間に合います。

理事長

ミッキー兄さんへもまずはこんなメッセージが送られてほしかったなと思うマイク松ですこんにちは。そしたら理事長へっていうメッセージが送れたのに。あと自分で書いて気づきましたが、永世焼き肉屋さんへの戦いはすでに始まってるんですよね。食べに行かないと。肉を。

突然なんだかよくわからない事件が降ってわいています。とりあえず何かをもみ消すために、よくわからない人たちに1億円払ったらどうなるんでしょうか。ちなみにミッキー兄さんは問答無用で解雇されちゃいましたが。

ともかくタイミングといいネタの質といい、ダメージ度がかなり高そうですよね。

大相撲も新しい時代に突入しましたが、ハチナナの丘で人柱になった永世大関がいることを忘れず、まだ危機は去っていないことを忘れず、土俵の充実に努めてほしいですね。

不思議なメッセージのやりとりでそのことを思い出しました。今時お手紙の交換て。こんな不穏なやぎさんゆうびんみたいなのはじめてみました。読まずに食べればよかったのに。

きよたけさんゆうびん

きよたけさんからおてがみついた
たつのりさんたらよまずにたべた
しかたがないのではんろんした
まだまにあいます

たつのりさんからおてがみついた
きよたけさんたらよまずにたべた
しかたがないのではんろんした
わたしはかんちしておりません

でもいろいろ妄想がふくらみますよね。実はキヨタケは聖ハラと魔ハラの魔ハラで、2人は同一人物とか、このメッセージを書いてるのが全部色紙の妖精とか。今日はこれを肴に富井と語り合おうと思います。10分ほど。

『ジョニー・ウィアー自伝』読みました

ジョニー・ウィアー自伝』読みましたよ。表紙からもうジョニー・ウィアー以外何物でもありません。原題は『Welcome to my world』。まさにジョニーワールドがカラフルに広がっていました。

私は最近までウィアーの自伝が出ていることを知らなかったのですが、日本では昨年の4月5日に発売されてたんですね。早速図書館で借りて読んでみましたが、厚い。みっちり280ページ。こういう本はブログを転載してスカスカのペラペラなんだろうと思っていましたが、すごいボリュームです。内容も生い立ちから現在(2011)まで書いています。

まず最初の写真からおもしろいものがあるのですが、一番驚いたのはバンクーバーオリンピックの開幕式でのライサチェックとのツーショット。実は2人は仲良しなのかと思いきや、それはそれで正真正銘のライバルだったようです。ライバルだから悪口は出てきませんが、フィギュアスケート選手としては一番よく出てきました。あとはプルシェンコや限られた友達以外はあまり関心がないようで、2008年のスケートアメリカでは「無名の日本人選手が優勝した」と素っ気なく書かれていたりしました。もちろんこれは小塚のこと。まあ、世代がちょっと違う小塚やパトリック・チャン、アダム・リッポンなどのことが書かれてないのはわかりますが、アボットとかも1行程度。

しかし、アメリカのスケート連盟やジャッジについては恨み辛みが満載。こんなにも冷遇されていたとは知りませんでした。率直に語るのがウィアーの魅力ですが、どこの国でも正直者は生きにくいものなんですね。それからファッションに対するこだわりもすごい。由希奈さんも子供の頃にお母さんの靴紐の結び方が気に入らないなど、自分が良いと思うことに決して妥協せず「こだわりさん」と呼ばれていたこともあったらしいですが、芸術家気質の人間は常人には理解しがたい「美へのこだわり」がないと駄目なんでしょうね。

昨年の同性婚の相手については書かれてませんが、初恋のことも老人じゃないんだからそこまで書かなくても・・・と思うぐらい赤裸々に書かれていますし、コーチとのエピソードも満載。しかもここまで書いたからにはもうフィギュアスケートの世界から足を洗うつもりなのかと思いきや、今シーズンはグランプリシリーズにエントリー(ロシア大会、フランス大会)。3回目のオリンピックも射程に入っているんでしょうか。

サラ・ジェシカ・パーカーなどのセレブとの交流やパーティー、ファッションとどれだけ自分の好きなことに囲まれてもウィアーはフィギュアスケートが大好きなんですね。主観だらけの採点、夕飯にトマト1つだけというような過酷なアスリート生活。それでも自分を一番表現できるのは競技としてのフィギュアスケートなんでしょうね。一体どんなプログラムになるのか、ジョニーが今世界に伝えたいことは何なのか、とても楽しみです。ジョニー・ウィアーファンで未読の方はは安心してぜひご一読を。翻訳も安心の田村明子さんです。

大坂夏の陣でリアル戦国合戦ゲームとかいうのがあるそうで

ジェロ、カバーアルバム第5弾は時代劇の主題歌集ジェロがカバーアルバムを5枚も出しているのにびっくりしましたが、本作「カバー5」のセレクションのよさに驚喜するマイク松ですこんにちは。「ねがい」は本作のリードトラックだと思いますが、必殺シリーズの曲が7曲中4曲。熱い!必殺仕掛人暗闇仕留人必殺商売人必殺仕事人Vでしょ!?いいセレクションじゃないですかー。個人的に「荒野の果てに」はジェロにぴったりです。

さて、今日は時代劇にはなりそうもない、オリックスの大坂夏の陣についてです。夏の陣に突入するまでもなくすでに外堀も埋まっているし城も燃えているという噂もありますが、あまりイベントのときに勝率がよくないと知っていてもがんばらなければいけませんよね。

ところでイベントを盛り上げようと、なにやら不思議なイベントが開催されるようです。

「お主も武士なら参陣せよ! Bs大坂夏の陣2012 リアル戦国合戦ゲーム」

僕はあいにく武士じゃないので参加しなくてもよさそうですが、内容をみてみると、

「岡田将軍から発布された出陣令によると…。 東国から漆黒の軍団が攻め入るらしい。総力戦となる為勝敗を決するには岡田将軍を援護する武士が必要との事。謀略行為が横行する戦国時代なので、信用できる者だけを認めるらしく、“合言葉”を見つけ出さなくてはいけない。」(サイトより)

認められると戦力になるのではなくサイン入りユニがもらえるだけですが、要はクイズビンゴゲームみたいな感じですね。僕はテレビゲームは信長の野望(武将風雲録まで)三国志(IIIまで)しかやったことがないので、そういうものかと思うところでした。あぶない。

  • 試合中に施しでお金をばらまいたりすると選手の忠誠心が上がる
  • 音楽は全部ビープ音
  • 選手紹介もすごいドットが粗い
  • バットに当たるとビープ音
  • 茶会を開くと選手の知力が上がる馬を選手にプレゼントすると忠誠心が上がる
  • 高代ヘッドや森脇チーフコーチが助言をするけど、しばしばはずれる(知力100じゃないので)

ところでこのゲームでは赤(バファローズ)と黒(マリーンズ)甲冑軍団が情報戦を展開するとかなんとか書いてあるのですが、こういう記述があります。

(黒の方に)赤の真田軍から寝返った者が紛れているという。偽の情報に惑わされるな!

なんでしょうか。移籍した人ということでしょうか。確かにオリックス→ロッテに行った人は光原がいますけど、寝返りじゃないし。とらえようによっては赤の真田軍から黒に寝返って埋伏していると考えることもできますよね。ロッテ→オリックスにいった人は辻、齋藤、竹原と結構いるのですが、こちらも新天地でがんばってるし。人聞きが悪いですよね。

しかしなんだか不穏な雰囲気。ひょっとしたら味方の足をがっつり引っ張るエラーとかまずい守備とか、先発の足をがっつり引っ張る中継ぎの炎上とか、すてきな拙攻とか素敵な炎上とかがあるのかもしれません。A-岡田には夏の陣当日までに、埋伏は血祭りにあげておくことをおすすめします。

フィギュアスケートの表彰祝賀会とコーチ変更と四大陸の開催場所

大阪のてっぺん、能勢町では浄瑠璃の町としてがんばっているようなのですが、今日電車の中つり広告に、浄るりシアターエキサイティングな演目をがんばっているという感じのがありました。かっこいいでしょ?ちょっとえぐざいるっぽいし。なんかすごい無茶な演目をやってみたい衝動に駆られるマイク松ですこんにちは。すっごいくど~いギャグとか、ヒップホップとかやりたいんですが。

さて、こちらはまじめにがんばっているフィギュアスケートの面々。えらいえらいということで表彰祝賀会が開かれたそうです。サンデースポーツで映像がみられましたが、高橋&トランとか鈴木とか、高橋、こっちはDeNAベイスターズ風にいえばD.高橋の方ですが、あとハニューも表彰されてました。スピードスケートの高木は高橋と並んでいちばんえらいで賞をもらっていました。村上がすごい大人っぽくなってました。

で既報ですが、ハニューはオーサーと、そして高橋はまたモロゾフと組むことになりましたね。オーサーならジャンプをばんばん跳ばしてくれると思うし、ハニューもFSでは4Tと4Sを入れると意気込んでいるそうです。いっしょにゲデバニシビリがいると思うので、そっちも手伝ってあげて。お願い。

高橋はモロゾフからいわれたそうで。モロゾフについて演技がおもしろくなくなる心配があるんですが、高橋も映像では「やつのいい部分を吸収してソチに備えたい」といってたので、そのへんは大丈夫でしょう。意欲的なプログラムにしてほしいものです。モロゾフは将軍と組んで高橋と切れたわけですが、「いやいやあのときはすまんかったのう」といってるみたい。2人ともがんばってほしいですね。

あとスケート連盟の事業計画が承認されたようですが、NHK杯は予定通り11月23~25日に宮城県セキスイハイムスーパーアリーナで開催されることになりました。でどうやら四大陸選手権が来年の2月6~11日、大阪市中央体育館であるらしいですよ。やった。例年このあたりは時間がとれないのですが、来年はなんとかなりそうな気が今からしているので、人のあまりこなさそうなペアのSPとかアイスダンスのSDだけの日があったらいってみたいです。

今度は貴乃花部屋にムトンボが来訪

玉乃島断髪式。当日は360人もの人がはさみをいれてくれたらしいのですが、女性にも参加してもらうためステージも用意したのがいきだなと思うマイク松ですこんにちは。ずっといっしょに切磋琢磨してきた片男波親方に大銀杏を落としてもらった玉乃島。ほんとにおつかれさまでした。でも西岩親方にはまだまだやらなければならないことがありそう。福島を相撲で盛り上げてください。

さて、先日は韓流アイドルのT-ARA訪問してくれた貴乃花部屋。今度はNBAのスーパースターがきてくれたようです。

ムトンボ興奮、貴乃花部屋を訪問

うわームトンボ!ちょうど今NBAはファイナルやってるわけですが、そこで長年スーパーセンターとして活躍したディケンベ・ムトンボがきてくれてます。見出しはムトンボらですが、写真でムトンボの横にいるのラドマノビッチですよ。ウォリアーズの。ロケッツのサミュエル・ダレンバートもきてくれてるらしい。そして田臥勇太もいっしょにきてくれてます。日本を案内してるんかなあ。

ともかくムトンボたちは稽古をみてすごく感心してくれたらしいです。「テレビでは見たことあるけど、こない近くで見るの初めてや。ごっつトレーニングしとったで」とか「たくさん食うて体つくって、ごっついトレーニングをしていてほんまびっくりしたわ。自分の考え方変わったで」とか。田臥も「迫力を肌で感じた。いい刺激になった」とのことだそうです。

実際富井といつも話し合っているのですが、大相撲の部屋には身体を大きくするノウハウが詰まっているはずなんですよね。力士の身体はおそろしい量のパワー系筋肉と、けがを防ぐ脂肪の鎧でできているのはよく知られていますが、これは他のスポーツでも活用できるところ。長年センターとして活躍したムトンボにはその重要性がやはり見えるんでしょう。こういう機会をもっと増やしてほしいところ。

それにしても貴乃花親方は相撲部屋を徹子の部屋かなんかと勘違いしているのではと思われるかもしれません。しかしそれはおそらく貴乃花親方の思い描く、未来の相撲部屋の姿なんだと思います。がっつり稽古に打ち込む力士の姿をもっと幅広い人たちに見てほしい。そして何かを感じてほしい。それが部屋の力士にいい影響を与える。そういう相撲部屋、悪くないと思います。できればもっと大規模にみられる場所を作ってほしいと思うのですが。

だからこそ貴乃花親方がムトンボ達のユニをもらって喜んでいても大丈夫なのです。ちょっとマイケルっぽい赤いジャージで写真に写っていても大丈夫なのです。というか親方今でも胸を出したり、四股踏んだりしてるんですね。そりゃ人も見に来るわ。

株主総会ってなんですか?

すっかり梅雨ですね。来週はずっと雨予報で憂鬱な富井です。その上野球もしばらくお休み。見るものがないので「ジョニー・ウィアー自伝」を図書館から借りてきました。こんな本があったとは。

この時期になると、タイガースの親会社の株主総会が話題になりますね。今年は(も?)熱い意見があったそうですよ。

虎株主が指摘!マートン今年は熱気ない
株主総会で批判続出「ゆとり野球」「昔の巨人みたいになってしまう」
阪神株主総会「城島と小林宏は不良債権」

なんと辛辣な。まあ、去年は真弓監督の起用法について意見があったらしいし、成績が低迷すると張本さんばりに喝を入れ、成績が良いと褒めにやってくる阪神の株主。・・・でも、株主総会ってこんな事ばっかり話し合っているんですかねえ。

と今更ながら疑問に思って阪神阪急ホールディングスの株主総会の資料を見ると梅田にできるビル、新築マンション販売など不動産が中心。タイガースは「クライマックスシリーズに出られないことなどにより減収」ぐらいしか触れられていません。そもそも阪急電鉄の子会社が阪神電気鉄道で、その100%子会社が阪神タイガース。株主総会の質疑応答で子会社の子会社の事について(ばかりかどうかは知りませんが)質問が相次ぎ、それがスポーツニュースで大きく取り上げられる阪急電鉄としてはどういう気持ちなんでしょうか。にやにやしているのかうんざりしているのか・・・それを見に行くだけでも株主になろうかと思いましたが、株価が下がっているとはいえ40万円弱かかるようなのでやめました。株主になるのも、ものいりね。

A-岡田の教育発動により連敗脱出

昨日更新がなかったのは、ユニコーン「Movie23」を見終わって、その流れで「蘇える勤労」を見返していたからです。つまりナチュラルに忘れていたマイク松ですこんにちは。ごめんなさい。でもしょうがない、なんという才能のかたまりなんだと感嘆しています。

さて、その前はちゃんと野球をみていたのですが、オリックスさんはちゃんと勝ったみたいです。それもそのはず、その前日にしょうもない負け方で負けたあと、A-岡田がマジックワードを繰り出したからです。

「教育が悪いんやろな」

でた教育!もはやこのワードにその字義以上の多義性を見いだしているA-岡田。まあ悪い例ですがポアみたいなもんですよね。ついに出たかという感じ。そりゃエンドランのサインでバッターが見送りとかきついです。ノリさんの決勝ホームランを浴びたのにも「ほんまびっくりするよ」とディス。

ともあれこれできゅきゅっと締まったバファローズ、次の試合ではデホさんが3ラン打つし、塚原が17年ぶりに10代で初勝利するし。まあぼやきは止まってないわけですが、いったいどのような教育を施したんでしょうか。というか教育とは何でしょうか。20世紀少年でいうともだちワールド行きみたいな感じなんでしょうか。

ともかく次の教育の犠牲者は誰か気になるところです。あ、この使い方は絶交みたいな感じか。みんながんばって打って。アイドルユニットもできてるんやから。

ということで教育といえば東京事変。これから「Bon Voyage」みます。たのしみ。

炎上日和 (もとねた 歌詞)

京セラはホーム?
Tは何処へやら
今日が青く冷えていく大阪
戦略は皆無
グッチどこへやら
セが勝ち星を奪って乾く

「打ちたい気持ちは連なってボールを見極められずにいる」
と云うと疑わぬ岡田
「ゴロだって好くて沢山の三振が不甲斐ない」
と攻撃にならぬ”拙攻試合の論理”で
ダメをダメだとみなすことで即刻ファーム行きのヒトとなる

凡退をしているんだ
あなただってきっとそうさ
殊勲打を回避している
塁が埋まったって
ゲッツーの完成を待って
何とも思わない振りで笑う

突き刺すバックホームとランナーの息が合わさる衝突地点
少し田口を思い出す返球精度

答は無いの?
誰かの所為にしたい
ちゃんと教育して叱ってくれ
京セラはホーム?
誰か此処へ来て
青く燃えてゆく大阪の試合

ついに荻野貴司復活!早速出場、盗塁成功!

予約していたユニコーン「Movie23」が届いたので早速見ているマイク松ですこんにちは。やっぱすてきですねーユニコーン。のものも、今のバンドには作れない曲ばっかり。初期のあの大名曲をついに披露。これは感激しました。

さて、今日は会議が目算より早く終わったので、ほくほくしながら帰って野球を見ていました。そしたらすばらしいニュースが飛び込んできました!

荻野貴司1年ぶりの一軍復帰!!!

ついにやりました!ずーっと二軍をチェックしていて、ばんばんヒット打ってたので、そのうち上がってくるだろうとは思っていたのですが。どうやら今日のQVCの二軍戦で4打数3安打1打点と活躍、それを見ていた西村監督がすぐ決めたそうです。よかったよかった。ほんとよかった。もうけがしないように、じっくり活躍してください。

その活躍の舞台となるのはカアプ戦。これはうってつけのような、点が入っても守備固めはなんだかだし、出るときあるのかなと思ったら、さっそく3点リード。グライシンガーもいいピッチングで、せめて守備固めと思いましたが、角中、岡田、清田の外野陣に代わるほどでもないし。

しかし8回、1死満塁になったところで前田先生登場。ものすごい盛り上がるQVC。先生は期待に応えて犠牲フライ。このあとポヨギのタイムリーも出て1点差に追いつくも同点にはできず。いよいよ9回を迎えます。

ロッテはもちろん藪田。ウェルカムトゥザジャングル。タクローがなんとか塁に出て、代走中東。ここでプリンス堂林登場。いいところにまわります。そして堂林が大きな当たりをかまします。藪田もがっくりくるほどでしたが、スタンドインはならず。そしていい打球処理からいい中継プレーを経て、ホームに突入した中東がアウトになってしまいました。あーあ。

しかし堂林を2塁においたところで丸が四球を選び、代走で出場していた小窪が打席に。なんか打つんじゃないかと思いましたが、ほんとにタイムリーで堂林を迎え入れました。うわー!そのあとのアマヤはもちろんアウトになりましたが、同点に追いついてしまいました。これで荻野が出るチャンスが出たかと思いましたが、9回裏はあっさり終わって延長に。

10回はカアプもいいチャンスを迎えましたが、代打を使い果たしていたのか、チャンスで中東に回って三振。そして10回裏。井口には出てほしいなあと思ったのに平凡なライトフライ。しかし丸がなかなかプロでやらないようなエラーをしてしまい、井口が出塁。

ここで代走荻野貴司がコールされました。前田先生のときと同じくらいの大歓声。ついに荻野が帰ってきました。すまん丸。ありがとう丸。

荻野は今村のいい牽制にあぶないところもありましたが、きっちり二塁に盗塁成功!やはり速い!スライディングを安全にしていた感じですが、十分セーフでした。あとはサヨナラだけですが、しかしそのあとは凡退して、結局引き分けになりました。

交流戦優勝を狙うロッテにとっては痛い引き分け。カアプも同点には追いついたものの勝ち越せませんでした。しかし今日は荻野が見られてほんとによかった。丸のしょうもないエラーがなければ出られなかった。これからは気をつけてほしいですが、今日は丸のおかげです。

荻野という機動力を手に入れた今、ロッテのオフェンスももっといい感じになるでしょう。しっかり使ってもらいたいもの。そして荻野はとにかくひざを大事にしながら、シーズンを乗り切ってほしいと思います。がんばれ荻野!駆け抜けろホームまで!

おちょがいるかと1年契約、とOCNNも報じる

BS3で録画したサンボマスターのライブをみているマイク松ですこんにちは。相変わらずのアジテートがすごいですね。がっつりあげたと思えばちょっと引いたりするのがおもしろいしすごい。

さて、こないだNFLのスーパーWRの一人おちょしんこがNEを解雇されたというのをお伝えしましたが、おちょはまだまだできると思ったらすぐにいるかがワークアウトを決めたそうです。早い。いいよね、WR足りないから。

そして11日にワークアウトをして、速攻でおちょと1年契約で合意したそうです。よかったよかった。足りないからねWR。野球でいえば内野が2人とかそういう状態だったからね。おちょも働き場所を得て、もう一花咲かせてほしいものです。

これでQBも気合いが入るでしょう。現在はギャラードが先発争いで一歩リードという状況は変わってないみたいですが、タネヒルもおちょをいかすパスを勉強してくださいね。

ところでこれのちょっと前に、オーウェンスと合同ワークアウトをしたそうです。オーウェンスもがんばってほしいのですが、これを伝えるのがここなんだそうです。

オチョシンコ・ニュース・ネットワーク(OCNN)

うわー!ほんとにある!

まあおちょは確かに誤解されやすい言動や行動が多いわけですが、それならと自分でニュースネットワークを作るのがすごい。右上の「Ochocinco brings YOU the news: Straight from the sources」がすべてを物語ってますね。新しい情報の伝え方だ。てっきりおちょのことしか伝えないのかと思ったら、ほかのこともわりと伝えてるみたいですし。

なんかいるかでの活躍も楽しみですが、OCNNの今後も楽しみになってきました。

プリンスの条件

今やプリンスと言えば堂林、堂林と言えばプリンス!ですね。
昨日、その堂林にヒットを打たれた小松を今日はリベンジとばかりに再び登場させたオリックス。しかし今日はヒットではなくホームランを打たれてしまいましたね。「キターッ」とお立ち台で絶叫した新人王の小松ですが、一体いつになったら輝きを取り戻してくれるのでしょう・・・。

はっ、今日はオリックスの話じゃありませんでした。
プリンスです。プリンス。日ハムの斎藤が高校生の頃「ハンカチ王子」と呼ばれて高砂の球場にまで「ハンカチメモリアルスタジアム」と命名させてしまうという王子っぷりを見せつけていましたが、プロに入ってからは斎藤、せいぜいゆうちゃん呼ばわりで、意外にももはや王子ではないですね。「北のプリンス」とか「ハムプリ」とか聞きませんよね。
私はプリンスと言えば虎のプリンス、浜中治、新庄剛志ぐらいしか思いつかないのですが、いませんよね。そのハマちゃん以来久しぶりに現れたプリンス。ということでなぜ堂林がプリンスなのか、プリンスの条件について考えてみたのですが、

1 さわやかで華奢なイケメン(小顔)
2 野手
3 高卒
4 チームが暗黒

この4条件を満たすとき初めてプリンスが出現するのではないかと思います。

まず1ですが、そりゃそうですね。これまで広島カープと言えば「平たい顔族」か「野獣顔」の2タク。丸もなかなかいい顔をしているのですが、去年のブレイクでプリンスの称号が得られなかったのは自分から「顔が大きい」とかいってしまったからではないかと推察するからです。イケメンの条件は小顔。わからない人は中日の浅尾くんの写真を見て納得してください。

2ですが、やはりプリンスは毎日いることに価値があるのです。大体ピッチャーでもよければ中日の浅尾くんが「名古屋の皇子」「尾張のプリンス」と呼ばれない意味がわかりません。

3はハマちゃん、新庄、堂林と高卒野手ばかりがプリンスに指名されているのと早大を経由した斎藤がプロに入ってきた頃には既にプリンスと呼ばれなくなっていたからです。もし斎藤も高校卒業してすぐプロ入りしていればきっとプリンスだったことでしょう。

4は一番重要なことですが、プリンスが求められるとき、それはチームが暗黒であると言うことです。現に今虎に鉄人はいても王子はいないじゃないですか。プリンスという希望をファンが求めるのは暗黒だからなのです。でなければ浅尾きゅんが(以下略)

ということで堂林はプリンスの条件をすべて兼ね備えている、ということがわかりました。がんばれ堂林。それから浅尾も早く復活してほしいです。

貴乃花部屋の稽古をT-ARAが見学にきたそうで

前田先生と堂林とバリバリバリントンがヒーローインタビュー。前田先生がおこたえのときは堂林が直立不動できいていたのがおもしろかったマイク松ですこんにちは。そりゃそうですよね。

さてようやく待望の関取が誕生、盛り上がっていきたい貴乃花部屋。新十両の貴ノ岩も稽古に励んでいるようです。がんばれ。

ところで貴乃花親方は結構いろんなところに顔を出して、大相撲を盛り上げようとがんばってますよね。

そんな貴乃花部屋に、韓流アイドルのT-ARAが稽古の見学にきてくれたそうです。きっと貴乃花親方が方々に頼んで実現したのだと思いますが、T-ARAはモンゴルでも有名らしく、貴ノ岩も喜んでくれたそうです。よかった。

稽古を見ての感想は、「真剣な姿に感動した」「痛そうだ」「(力士は共同生活で)合宿はわたしたちも一緒」といったものでした。はじめて稽古なのに「立ち合いの当たりの角度が高い」「脇が甘いからすぐ右を差される」「相手に押されるとすぐ足がそろう」などの感想が出てきたり、現役時代の貴乃花親方の相撲を「やはり横綱相撲といえば親方ですよね」「白鵬関の鋭い踏み込みに対して親方はがっちり受けて自分の体勢にする立ち合いで」「土俵際もつれるってことがなかったですよねー」のような思い出話に花が咲いたりしたらよかったのですが(よかったのか)、興味をもってくれるのは本当にありがたいです。T-ARAはえらい人たちですよね。

Yo Ri Yo Ri (もとねた 歌詞)


Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Oh
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Ah Ah
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Oh
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Ah Ah

どうしてまわし離しちゃったの?
土俵際で突き落とされたでしょ?
溜め息で 染まる 君の顔
足も出ない
Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Yo Ri Oh

すっかり負けこんじゃったのね
(原因は 原因は 原因は張り手)
あんなに強かったのに
(Change one’s mind Change one’s mind you)

Throw him Throw him
お願い Throw him
こんなに こんなに 右四つなのに
You’re so weak (so so weak)
こっち差して (こっち差して)
すくい投げて もう一回

☆~☆ 繰り返し

なぜかカアプとエヴァンゲリヲンがコラボを、と思ったら

ひちょりとコヤノがコント。中止になったときお客さんを楽しませるのは、お客さんのことを考えるとすばらしいですよね。でもコントはすごいなと思うマイク松ですこんにちは。わりとアドリブだけで場を持たせるのって、結構芸達者ですよね。インプロビゼーション。

さて、今日は球団のふがいない戦いに頓着せず、相変わらずいい企画をどんどん出してくるカアプのグッズ企画部についてです。大フィーチャーしている堂林野村はもちろん貴重な収入源としてどしどしグッズを出しまくっているのですが、今回さらに、なぜかエヴァンゲリヲンとのコラボTシャツを登場させました。

初号機TシャツのデザインはATフィールドを展開する初号機がスコアボードをまたいでいるもの。レイTシャツはもちろん、レイがカープのユニをきてグラブをはめているものです。これはファンにはうれしいところなんだと思います。そして背面には「エヴァンゲリヲン新劇場版:」のロゴが入ってます。たったこれだけでコラボにまで持ち込める企画部の交渉力はいったいなんなんでしょうか。もちろん初号機ブラックTシャツ買いますけどね。

そもそもカアプとエヴァンゲリヲンの共通点は何なのでしょうか。まあ何もないのですが、あえて探してみると、

  • 現場のあずかり知らぬところで陰謀が進んでいる(補強なしとか)
  • 指揮官が悩んでいる
  • 指揮官がある意味破天荒
  • ユニフォームを着ている女子が3人いる
  • スタッフが無茶を言う
  • 巨大戦力の敵に襲われ続ける
  • 味方も正体がよくわかってない生物がいる
  • 現場の選手が逃げがち
  • 現場の選手がすぐ活動限界に
  • 現場の選手がミスをしてディラックの海に(連敗地獄)
  • 現場の選手が指揮官に裏切られてひどい目に
  • 強い相手に特攻した選手がひどい目にあう(DH今村)

ここまで考えてがいなっくすがオッケーしてくれたとは思わないのですが、あちらなりにカアプにがんばってほしいというエール的なコラボだと思いたいです。まあ確かにどんな顔をしたらいいかわからないような試合ばっかりですが、きっかけにしてほしいです。投球をセンターに入れてバントですよ。

とここまで書いたのですが、ご指摘されて実は全球団とコラボしていることがわかりました。ありがとうございます。なーんだ。そりゃそうですよね。

おちょの新天地はいるかになるのかな

MIL青木、サヨナラホームラン。シェービングクリームの祝福を受けたみたいですが、なぜか通訳が巻き込まれているのが結構おもしろいマイク松ですこんにちは。

今日は野球のニュースを料理しようと思ったのですが、オリックスが再三の好機を逃している間に金本アニキの壮絶なホームラン(放送終了後)が出たり、広島があんまりなかった好機を逃してマエケンの勝利を導けなかったあとに降雨コールドになったりしているので、ガンバレ日本プロ野球!?の金本アニキの回を見返してます。ニカウさん超おもしろい。

ということでNFLのいるかのニュースを振り返ってみたいと思います。というかなかったんですけどね最近

かろうじてあったのは、NEからおちょしんこが解雇されたというニュースのあとに、じゃあおちょの新天地はどこ?という記事がありました。おちょは衰えたんじゃなくてブレイディのオフェンスになじめなかっただけなので、新天地なら大丈夫という感じのようです。

でその新天地候補の中にいるかがありました。ほかはJAX、DAL、STL。でも基本的に、JAXは知り合いがOCになってる&売り上げに貢献できる、DALはジェリー・ジョーンズオーナーが問題児を受け入れてくれる、STLはフィッシャーHCならおちょとるやろという理由に対して、いるかはWRが足りないからというシンプルな理由。足りないところには必要ですよね。誰ですかそんなんわかってたことやんかとかいうA-岡田みたいな人は!もう!

そうそう、おちょはマイアミにすんでるらしいんですよね。だから自宅から通えるというアドバンテージもありました。なるほど。タネヒルもおちょくらいのレシーバーがいれば助かるし、ディープターゲットはどっちにしても必要。ここは検討してもらえると助かります。流川ばりに入団した理由が「近いから」と記者会見で説明すればいいじゃない!それでいいじゃない!

八角親方がヤンキースタジアムを視察

みんなのうたスペシャルを見返しているマイク松ですこんにちは。いろいろいい歌多いですが、「空にはお月さま」の出来は秀逸すぎますね。別役実にしか書けない歌詞。ムムムム ムムムムム。

さて、今日は大相撲の話題です。5月場所の千秋楽でカロヤン休場に激怒した八角親方。まあ広報部長なので当然なのですが、ちゃんと広報部長として精力的に働いているようです。人気球団の運営を学ぶため、ヤンキースタジアムを視察したそうです。僕もこういうお仕事ならいくらでもしてみたい

視察して感銘を受けたようで。若者風に意訳すると「あんなに昔からやってんのに時代についていけてるとかまじやばい。もっとファンサービスのやり方とかまねしたい。協会に帰ったらがんばりたい」といっているようです。若者風とかいいましたが、まじやばい以外は小学生みたいな感じになりました。ごめんなさい。

それでもMLBやヤンキースタジアムから学ぶのはとてもいいことです。八角親方も今頃こんなことを考えているのでしょう。

  • 中入りに「私を国技館に連れてって」をみんなで歌う
  • 十両前に始球式みたいに有名人にぶつかり稽古を
  • ロイヤルボックス的な豪華観覧席を国技館に
  • 豪華観覧席には親方が解説役につく
  • 枡席をファミリー席やカップル席やシニア席などなど細分化
  • 国技館のグルメを全部重量級に
  • 超巨大かつ丼とか、超大盛りカレーとか
  • ちゃんこレストランを併設
  • 大相撲エクスペリエンスとしてプチアスレチックを併設
  • 花道から桟敷下に入るときに出ばやしが
  • 十両前に力士のトークショーを
  • 相撲ファンのユニみたいなのを作って、そこにサインしてもらう
  • オーロラビジョンを併設
  • 横綱が負けると大きな滑り台からひよの山が滑ってくる
  • 大相撲カレンダーをイケメン仕様に
  • 協会ショップで力士グッズ多数プロデュース
  • プロ仕様の浴衣オーダーメイド
  • 特定の力士を特集する力士デーを作る
  • レジェンド取組として引退した親方を土俵にあげる
  • プロアマ交流で親方が相撲講習会を
  • 高校大学相撲部との地域合同イベント
  • 幼稚園や小学校を力士が訪問
  • ミッキー兄さんを1日だけ大関に戻して断髪式

最後の方に八角親方の考えではなさそうなアイディアがありそうですが、いっしょに実現するといいでしょう。NFLでは1日契約と引退は普通におこなわれてるんですよ。

負け試合の楽しみ方

今日行ってもおそらく負けるだろうな・・・という予感がありながらヤクルト×オリックス戦へ行ってみました。まあ、結果は残念ながら予感が当たってしまったのですが、周りを見ていて負け試合でも楽しみ方があるんだなと思ったのでメモしておきたいと思います。

・売り子のお姉さん他、球場の人と友達になる
あいさつするたび友達増えるね、を実践している人がいました。友達がいれば負け試合もたのしいよね

・食べ物を探してうろつく
おいしいものを食べれば幸せになれるよね

・スケールズのテーマソングを一緒に歌う
西武中島の「♪しあわせですとー」みたいな感じで、「♪じーんせい楽ありゃ、苦ーもあるさー」と大声で歌う。歌うとたのしいよね

・野球を見ている人にAKBの選挙速報を流してあげる
「第7位はなんと!」と大きな声で言ってる人がいました。試合を見ながらAKBの選挙結果もわかって便利だね

今シーズン木佐貫を見たのは4回目。いつものとおり、粘り強く投げるものの、ああここで点を取られそうだと思ったところで3失点。せめて1点で抑えてくれると勝ち星も増えると思うんですが。そうはいっても5安打と全くロマン、バーネットを打ち崩せなかった打撃陣がいけません。いつも同じパターンなんだよね。

しかし、そのあとの塚原ももう一つ。4回1失点は良いと思いますが、9回の表が15分ぐらいかかりました。間合いが長くて疲れました。ここで帰った人も多かった。

ま、負けるときはこんなもんよ。
それにしても坂口がいなくなって坂口ギャルがめっきり減りました。Tー岡田がいないのもただでさえ少ないお客さんが更に減っている要因です。二人とも早く戻ってきてほしいです。「勝ちは最高のファンサービス」落合イズムは正しいですな。

スケさんつながりで水戸黄門ナイター@茨城やったらどうだろうか

ブーマーの教え。「ヒーローになること。そして戦犯になることを恐れてはいけない」はかなりの名言だと思うマイク松ですこんにちは。

さて、最近スケさんことスケールズでばんばん書いてますが、もう1回だけやらせてください。僕もなぜここまでスケさんに入れ込んでいるのかわからないので、そのうち飽きると思います。

この前は水戸黄門ネタを展開してみましたが、ふといっそのこと、水戸黄門をモチーフにしたプロデュースデーをやってみたらいいんじゃないかと思いました。水戸黄門ナイト。

場所はやはり茨城でしょう。ご老公のご当地で、地元のファンも納得の水戸黄門ナイトを展開したいところです。

  • 始球式に里見浩太朗さま
  • 打席にはスケさん
  • ハッスル黄門がマスコットとして登場
  • ハカセがハッスル黄門に黄金色のお菓子を送るも拒否
  • チアは全員くノ一の格好
  • 当然チアのまとめ役はお銀
  • 5回のグラウンド整備時にはお銀が入浴
  • チャンス時にも入浴シーンが
  • 5回のグラウンド整備時には御神輿にお風呂をのせたのに入浴しながら練り歩く(マドンナばりに)
  • 選手紹介時、選手は全員助さん格さんの格好
  • 当然A-岡田はご老公のコスプレをがんばれ
  • スケさんはこの日だけ登録名を佐々木助三郎に変更
  • 茶店に団子が売られる(食べてもおなかは痛くなりません)
  • ちりめん問屋がスポンサーに
  • 先発はイガワ(茨城なので)
  • 相手チームがアウトになったら八兵衛がディスる
  • 盗塁チャンスや盗塁成功になったら弥七のテーマが流れる
  • ファンは風車をもって応援
  • チャンスになったら印籠のシーンが流れる
  • チャンステーマは戦いのシーンのテーマが流れる
  • 点が入ったらひかえおろう!のシーンが流れる
  • ラッキー7はみんなで「あゝ人生に涙あり」を合唱
  • 葵のご紋が描かれた風船をとばす
  • 勝ったら歴代ご老公の高笑いシーンが連続で流れる
  • そのあと旅のシーンで流れるメインテーマが延々と
  • ヒーローインタビューは問答無用でスケさんが助さんの格好で登場する

問題は負けたときの対応ですが、まあご老公一行は負けたときのこと考えて旅はしませんので。坂口あたりにご老公の格好をしてもらって、『大日本史』でも読んでもらいましょう。試合終了後2時間ほど。バラードバージョンやボッサバージョンの「あゝ人生に涙あり」を流しながら。

大坂夏の陣で選手にしこ名をつけてみて軽くトーク

昨日の野球好きニュースでスラィリーが野球川柳を詠んで、掛け軸に揮毫していました。スラィリー字かけるんだと驚いたマイク松ですこんにちは。成り行きかもしれませんが、特にセ・リーグのマスコットはなにげに知能が高いところをみせてますよね。それでいいのか。ゴーヤなんかただの植物なのに。

さて先日、スケールズをスケさんと呼ぶつながりで水戸黄門ネタを考えてみましたが、そういえばもうすぐ大坂夏の陣ですね。ATOKはちゃんと大阪じゃなくて大坂夏の陣って変換します。すごい。

それより大坂夏の陣って何よ?という方いらっしゃるかもしれませんね。例の豊臣氏が滅亡した戦ですが、現代(の一部の地域[の一部のファンの間])では、オリックスの夏のイベントを指しています。大阪方が滅亡するというとてつもなく縁起の悪いイベント名ですが、どっちにしろ負けるときは負けると割り切っているのか、もう数年続いています。

そこでは戦国時代だけあって全員名前が漢字で表記されます。カブレラ→亜力士、バルディリス→英火、ヘスマン→兵州男、フィガロ→飛牙呂、マクレーン→巻道などなど。あとなぜかT-岡田が暴君竜という漢字を当てられています。これでいくとスケールズは「鱗図」か「天秤図」か「規模図」とかになりそうです。それならいっそ助三郎にしてほしい。スケさんだから。

でもこれだと日本人は普通に「後藤光尊!」とか紹介されるのであんまりおもしろくありません。日本人も外国人もちょっと変わった漢字で表記するにはどうしたらいいか。

ということでしこ名をつけてみました。なぜそういう展開にというご意見はディクラインする方向で。

<スタメン>
1. 光尊山
2. 栃野中
3. 助の里
4. 大浩ノ海
5. 英火泉
6. 日高富士
7. 琴崇義
8. 神大引
9. 南半球
P. 千尋国

<ベンチ>
P. 木佐貫洋
P. 雅平野
P. 旭護
P. 戦闘員
P. 南隼人
P. 大井川

B. 玉北川
B. 白駿太
B. 難智隆
B. 丁

…これで記事を終わるのはなんぼなんでも不親切かなと思ったので、軽く富井とトークで補足したいと思います。

富井:スタメン発表はやっぱり呼出に呼んでもらうんだよな?
松:そうですね、「ひが~しぃ~、光尊山、みつた~か~やぁ~ま~」みたいな感じです。
富井:たぶん東も西もないからな。行司さんには打順とポジションをいってもらおう。
松:ベンチは取組紹介みたいな感じでぱぱっといってもらって大丈夫でしょう。
富井:じゃあチェックしてみようか。光尊山はなかなかスタンダードだよな。
松:「こうそんざん」みたいに音読みで読んでもいけてるのはいいですよね。野中には伝統の栃をつけてみました。
富井:栃乃洋に音も似てるしいいな。3番はスケールズだな。
松:助さんだから助の里。所属するなら鳴戸部屋ですね。
富井:結構強そうだな助の里。4番は大浩ノ海。デホのうみか。
松:まあ大きいですし、大きいという字も名前に入ってるから、ちょうどいいですね。いちおう李がついてるから、ずばり「李」でもいいですけど、この前までいましたからね。
富井:栃乃若のもとの名前だな。李。バルディリスの英火泉は?「えびいずみ」って読むのか?
松:これはなかなかいい名前。水戸泉以来しばらくでてない泉の字をつけていい人ですね。英火泉も読みやすいし。
富井:日高富士はスタンダードだな。富士をもらうとは日高なのに。
松:生意気じゃないですよ。川端は最近よくがんばってるから、伝統の琴の字をあげましょう。
富井:琴崇義はことそうぎでもことたかよしでもいいな。早く出世しないと永世化するかもしれん。
松:川端は大丈夫でしょう。大引は大道みたいにずばり大引でもいいような気もしましたが、せっかくだから神つけてみます。
富井:誰だ南半球って?
松:これはシドニーですね。だから。琴豪州とかでもいいような。
富井:完全に琴欧洲のぱくりやん。区別しづらいし。
松:ピッチャーは国をつけてみました。ちひろにあいやすいような。
富井:フォームががっちり安定しているようなイメージだな。
松:漢字だけはそういうイメージを作りましょう。

富井:続いてブルペンとベンチだな。あれ?木佐貫変わってないじゃん!
松:これはキサヌキナダって読むんですよ。名前を変えずにしこ名完成。
富井:それはすごいな。彼岸の2人はまず平野は雅がついてるよ?
松:京都出身だと聞いたもので。別に雅山は京都じゃないけど(茨城)。
富井:なかなか音もいいな。岸田は旭護かー。きょくまもる?
松:あさひまもるでもいいですね。9回を守るのでそういうのにしようかと思いましたが、音を重視しました。
富井:いちおう旭って字には9って入ってるからな。そうしとこう。
松:…ほんとだ!すごい!オリックスがかかると副部長の知力は40%アップしますね。
富井:どうやって測ったんだよ。ところで戦闘員っていう力士がいるけど…?
松:昔戦闘竜っていう力士もいましたから大丈夫でしょう。きっと。
富井:寺原は宮崎だから南隼人だな。そんなイメージ。大井川はなかなか考えたな。
松:井川はでかいですからね。それに川の名前とひっかけて。
富井:そして北川は玉北川か!オマエが玉をつけるんだからよほどだな!(註:マイク松ごひいき力士だった玉春日に由来)
松:北川はもう北川でいいかなと思ったりもしましたが、せっかくですからつけてあげました。名前で売っていくのもありなんですけどね。
富井:駿太は白がついてるのか。白鵬みたいになってくれということか。
松:昔駿傑という力士がいたので駿太でもいいかと思いましたが、名前と同じですからね。
富井:なんだよ難智隆って?
松:自分で性格に難があるっていってましたから。
富井:な~んとも~たぁ~かぁ~って呼び出すのか?呼びにくい。
松:なんちりゅうでも悪くないと思いますけど。
富井:なんちりゅういいな!そっちそっち。そして…Tは丁なのな。
松:もと栃乃若も李~、李~って呼ばれてましたから。「てぃ~、てぃ~」って呼んでもらえばいいでしょう。

富井:これでみんなに親しみもってもらえるかな?
松:とりあえずDJの人には呼び出せなさそうだから、「センター、難智隆!」とかいってもらうんですね。
富井:もう大坂夏の陣とかじゃなくて、たんに「大阪場所」とか「大阪巡業」とかにした方がいいんじゃないか?
松:その方がいいかもしれませんね。妙義龍やゴーエードーに始球式やってもらって。
富井:相手チームはまわししめてプレーだな!
松:そうしてもらいましょう。そしたら勝てそう。

大坂夏の陣からいつの間にか大阪場所になってしまいました。まあいいですよね、部分月食してたし。

浅田は吉田沙保里とメル友なんですって

JCDやCDTVでも「花は咲く」がランクインしはじめました。いつでもホンダバンを探してしまうマイク松ですこんにちは。いつでも探してしまう、どっかに君の姿を

Twitterにも書きましたが、いつもホンダバンと間違えて由規を指してしまいます。もはや現代社会の罠。しっかりみきわめたいものです。由規が出てきてもあわてず少し様子を見ていると、ますますぷっくらした人が出てきますよ。

さて、今日は未解決事件をみていたのでぐったり。書く気力がないのでちょっとニュースにふれておきたいです。あまりの取材の蓄積に脱帽。

フィギュアスケートのトップ選手のソチでの合宿が中止になったそうです。どうやらまだリンクができてないらしいですね。まああと2年ありますから。がんばってつくってください。工事が遅れることはよくあるって、チェブラーシカにもありましたよ。

で浅田は今年はSP、FSともに新プログラムで臨むそうで楽しみなのですが、同じニュースの中でもどうもレスリングの吉田沙保里@人類最強とメル友だというのがおもしろかったです。パワーを送りたいといってるそうで。吉田は大丈夫だと思いますけど、いちおう送ってあげてください。

あと浅田のお友達で、戦ってもかなり強いと思われる筋肉をお持ちのフィギュアスケート選手がカナダにいらっしゃるでしょ?あの人と力比べとかさせてみてはどうでしょうかね。いい戦いをすれば復帰してくれるかもしれませんし。

スケールズの出ばやしが「あゝ人生に涙あり」なのは

マエケン「勝てたのが一番」。気合いの入ったいいピッチングをしていましたが、9回はまたあやうく悪夢を繰り返すところでしたね。今村ががんばっておさえてくれました。もしまた逆転されてたら、憎しみによって呼び出された勇者アモンとマエケンが合体してデビルマンになってしまうところでした。カアプもマエケンをデビルマンにしないようにがんばってほしいと思うマイク松ですこんにちは。きっと200km/hくらい出せるし、決め球はデビルアローとかですけど。

さて、オリックスは交流戦で黄泉瓜と対戦。いつもは上司へのおつきあいで応援しているオリックスですが、今日ばかりは本気で応援していました。そして今日はまたブレーブスデー。ブーマーが始球式をやって、ブレービーも登場。これだけラッキーチャームがそろえば、病み上がりらしいサワムラとやらを打ち崩すのもそう難しくはないですよね。デホはかなりブレーブスのユニが気に入ってるのか、大当たりでした。

ところで契約早々にスタメン出場が続くスケールズ。この前のブレーブスデーはなぜか「シーズン・イン・ザ・サン」が出ばやし。この頃はやっていた音楽をよく流していたので、その一環なんだろうとそのときは思っていました。しかし今日の出ばやしは「あゝ人生に涙あり」でした。水戸黄門の主題歌。この曲はあの頃じゃなくてもいつもはやってますし、なにゆえこの曲なのか。スケールズが好きなのかと思っていました。

そしたらどうやら、スケールズの愛称をスケさんにするというところからきているんだそうです。まじで!?あまりの意外さにかなり感動してしまいました。オルガンで弾くのでのどかさ倍増。そういう歌詞だって知ってるのかな。

でもスケさんはなかなかいい愛称。森繁もマルティネスをマルちゃんって愛称をつけたら活躍したっていってるし。せっかくならいい名前をつけてあげましょう。

ということで今日はオリックスの選手で水戸黄門を考えてみることにします。黄門様はA-岡田固定。ほかを考えてみましょう。

<活躍するご老公一行>
ご老公…A-岡田
助さん…スケさん
格さん…バルさん
弥七…デホさん
お銀…シドニー
八兵衛…ブレービー
町娘…ベロス@育成

八兵衛「ご隠居!だんごがありますよ!」(このあと腹痛、町娘に助けられる)
町娘「お代官が私腹を肥やしているんです」
ご老公「おかしなことやっとる」
(弥七は偵察、お銀はお風呂)
弥七「やっぱりそういうことらしいですよ」
ご老公「そういうことやんか」
代官「ご老公?世迷い言を申すな!こやつらを引っ捕らえい!」
ご老公「やってしまいましたなあ、これは大変なことやと思うよ」
代官「ご老公であろうとかまわん!斬り捨てい!」
ご老公「スケさん、バルさん、むちゃくちゃしたれ!」
(戦い)
ご老公「代官オマエ毎回こんなんやんか!そらファームよ。私腹肥やすやつはいらんよ」
ご老公「オマエまだおったんか!」

<活躍したりしなかったりするご老公一行:投手編>
ご老公…A-岡田
助さん…平野
格さん…岸田
弥七…フィガロ
お銀…金子ちひろ
八兵衛…西戦闘員
町娘…中山

八兵衛「ご隠居!オーナーが見に来てますよ!」(このあと暴投)
町娘「がんばっても白星がつかないんです」
ご老公「いつも3巡目よ。100球超えたらインコースにも力がなくなってくる。」
(弥七はファーム、お銀は見殺される試合も)
弥七「小松をあげずに私をあげてください」
ご老公「そらそうよ、おるメンバーでやるしかないよ、そういうことやんか」
代官「ご老公?世迷い言を申すな!こやつらを引っ捕らえい!」
ご老公「もったいない、結局あの1球だけやろ、外投げとったら届かへんのに」
代官「ご老公であろうとかまわん!斬り捨てい!」
ご老公「逃げるピッチャーはいらん。みんなファームよ」
(会見拒否が続くもようやく助さん格さんたちが相手を倒す)
ご老公「すっとはいかんなあ…すっとはいかんけど、1つ1つよ」

<最近いまいち活躍してないご老公一行:打者編>
ご老公…A-岡田
助さん…G-光尊
格さん…T-岡田
弥七…大引
お銀…日高
八兵衛…坂口
町娘…伊藤光

八兵衛「ご隠居!フライがとんできましたよ!あたたたた!」(肩を痛めて離脱)
町娘「オリックスが負けが込んでいるんです」
ご老公「もう1本出ないもんな。そりゃこういうふうになるよ」
(弥七は不振、お銀はファーム、町娘もファーム)
弥七「打線の援護がなくて見殺す試合が多いです」
ご老公「オマエにいわれんでもわかっとる!」
代官「ご老公?世迷い言を申すな!こやつらを引っ捕らえい!」
ご老公「そりゃこういうふうになるよ、弱いんやろな」
代官「ご老公であろうとかまわん!斬り捨てい!」
ご老公「おんなじことの繰り返しや。ほっとんど打ってへんもん」
(みんなががんばるもお互いに決定打を欠き、延長戦へ)
(ご老公は会見拒否)

今のところスケさんはいい活躍しているようです。ご老公を喜ばせるような試合をどしどし作っていってほしいものです。そのためにもブレービーとオルガンを常設に。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2012 エントリーチェック(4):アイスダンス

セ6球団、ファン獲得で協力。どうせどこかの球団のエゴで仲違いするくせにと思うマイク松ですこんにちは。でも努力する姿勢をみせるのは大事ですよね☆

今日はフィギュアスケートグランプリシリーズのエントリーチェック4回目、アイスダンスです。選手の名前は富井にチェックしてもらいました。ありがとうございます。

<アメリカ大会>
アメリカ大会は、ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)、ネッリ・ジガンシナ/アレクサンドラ・ガジ(ドイツ)、ロレンザ・アレッサンダリーニ/シモーネ・ヴァトゥーリ(イタリア)、イザベラ・トラビス/デルビダス・スタグニャス(リトアニア)、エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロヴィエフ(ロシア)、メリル・デービス/チャーリー・ホワイト(アメリカ)、リン・クリエンライラット/ローガン・ギウリエッティ=シュミット(アメリカ)、アメリカの誰か。

まあ優勝はデイヴィス・ホワイトで決まりでしょうけど、2位をウィーバー・ポジェと、ボブロワ・ソロヴィエフが争う展開になるでしょうか。例によってロシアは下からの突き上げもあるし、ボブロワ・ソロヴィエフもきっちり2位をとってファイナル出場を楽にしたいところです。ウィーバー・ポジェも世界選手権で4位になって、1つ大きくなっていることも考えられます。カナダ大会に出られない怨念を晴らしましょう。

あとはジガンシナ・ガジおじさんのところも。ジガンシナは弟がすごいがんばってて今回シニアに登場するので、ますます気合い入れてがんばらないとですね。そしてジュニアで個性的な演技をみせた、イタリアのアレッサンドリーニ・バトゥーリは注目です。おもしろい演技みせてほしいです。

アメリカの誰かは誰なんでしょうか。カップルのシャッフルが続いて誰が誰と組んでいるのかさっぱりわからなくなってきましたが、カナダに出てるハベル・ダナヒューか、今回出てないですがクリンクライラット・ジュレッティシュミットか。そして世界ジュニアで3位に飛び込んでる、オルドリッジ・イートンも気になります。いちおうアメリカのAチームに入ってるのはハベル・ダナヒューなんですが。Aチームといっても特攻野郎じゃありませんよ?

<カナダ大会>
カナダ大会は、ユリア・ズロビナ/アレクセイ・シトニコフ(アゼルバイジャン)、パイパー・ギルス/ポール・ポーリエ(カナダ)、キャリス・ラルフ/アッシャー・ヒル(カナダ)、テッサ・ヴァーチュー/スコット・モア(カナダ)、ペルネル・キャロン/ロイド・ジョーンズ(フランス)、アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ(イタリア)、エカテリーナ・リャザノワ/イリア・トカチェンコ(ロシア)、マディソン・ハベル/ザチャリー・ダナヒュー(アメリカ)。

もう1位を争う必要がないので、ヴァーチュー・モア以外のカップルは2位が最高だと思ってがんばりましょう。優勝争いをすることが千秋楽まで大事なことなのです。ギルス・ポーリエは、ギルス・ダナヒューとクローン・ポーリエだった男女がシャッフルして組んでます。ゲッターロボみたいだな。もっといえば光速電神アルベガス。ともかくギルス・ポーリエはカナダ選手権で3位になってるので、今回も上位に食い込んでいきたいところ。地元ですし。ラルフ・ヒルは世界選手権13位。がんばれ。

しかしッ!2位は渡さないッ!!(イタリアだけに) 2位はカッペリーニちゃん with Lの指定席ですよ。もっといえばカッペリーニちゃんの指定席ですよ。もうベテランですし、ベテランらしい滑りで表彰台をいただきたいところです。

そうはいってもリャザノワ・トカチェンコは手強いし、ハベル・ダナヒューはダナヒューの能力は高いだけにハベルさえがんばれば上位に進出しそう。ズロビナ・シトニコフもじっくり伸ばしてください。ということでなかなか盛りだくさんのカナダです。

<中国大会>
中国大会は、ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)、シントン・ファン/シュン・ジェン(中国)、中国の誰か、ナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルーザ(フランス)、シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファブリ(イタリア)、エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロヴィエフ(ロシア)、ヴィクトリア・シニシナ/ルスラン・ジガンシン(ロシア)、マディソン・チョーク/エヴァン・ベイツ(アメリカ)。

地元中国のファン・ジェンは世界選手権でも12位。中国らしくリフトが得意です。あとの1組は誰がくるのかな。というかNHK杯に出てるユ・ワンでしょうけど、調子を見て世界ジュニア14位のジャン・ウにも経験を積ませる可能性を残してるのかも。

ここではペシャラ・ブルザがいるので優勝争いはこちらの美男美女と、アメリカ大会に引き続いて激突するウィーバー・ポジェ、ボブロワ・ソロヴィエフの三つどもえの争いになりそう。なかなか読めませんね。たのしみ。

そしてロシアのシニシナ・ジガンシンが登場。昨シーズン出場したすべてのジュニアの大会で優勝した、ロシアの次世代を担う逸材です。もちろん世界ジュニアチャンプ。この2人がどのあたりに入ってくるかもみどころです。

チョーク・ベイツはこの大会だけ出場。イタリアのギニャール・ファブリは欧州選手権11位の人たちです。コーチにフーザルポリ・丸刈り男のフーザルポリがついてます。

<ロシア大会>
ロシア大会は、テッサ・ヴァーチュー/スコット・モア(カナダ)、ネッリ・ジガンシナ/アレクサンドラ・ガジ(ドイツ)、ペニー・クームス/ニコラス・バックランド(イギリス)、エレーナ・イリニフ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)、クセニア・モンコ/キリル・ハリャービン(ロシア)、ヴィクトリア・シニシナ/ルスラン・ジガンシン(ロシア)、アレクサンドラ・ナザロワ/マキシム・ニキチン(ウクライナ)、マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(アメリカ)。

ここにはアイスダンス界の双葉山ことヴァーチュー・モアが出てますので、1位はもう決まってます。そこに挑むのがロシア勢、イリニフ・カツァラポフと、モンコ・ハリアビン、シニシナ・ジガンシンという豪華布陣。ジェットストリームアタックですね。攻撃は豪華ですが、双葉山は踏み台にせずとも優勝できると思います。

でもロシア勢が2,3位をがっちりとれればいいんでしょうけど、そこに割って入るのがシブタニ兄妹ですね。正直2位はシブタニ兄妹とイリニフ・カツァラポフの一騎打ちになりそう。2位ですけど。シニシナ・ジガンシンが表彰台に滑り込む展開もなくはなさそうです。

クームス・バックランドはイギリスのアイスダンスを背負うカップル。けががなおったらいい演技してくれることでしょう。がんばれ。ジガンシナ・ガジおじさんはジガンシナが弟には負けぬとがんばってくれると思います。上位進出を期待しましょう。ナザロワ・ニキチンはウクライナの枠で出てきてるのか。ヘッキン=ケネディ・ドゥンは何してるんだろう。けが?

<フランス大会>
フランス大会は、パイパー・ギルス/ポール・ポーリエ(カナダ)、ペルネル・キャロン/ロイド・ジョーンズ(フランス)、ナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルーザ(フランス)、フランスの誰か、アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ(イタリア)、エカテリーナ・プシュカシュ/ジョナサン・ゲレーロ(ロシア)、エカテリーナ・リャザノワ/イリア・トカチェンコ(ロシア)、マディソン・ハベル/ザチャリー・ダナヒュー(アメリカ)。

とりあえず地元のペシャラ・ブルザの優勝をみんなで盛り上げる大会という形になりそうですね。それでいいと思います。キャロン・ジョーンズも少しでもレベルアップしてきてほしい。フランスの誰かは世界ジュニアで5位に入ってる、パパダキス・シズロンがいいんじゃないかと思います。

2位はカッペリーニちゃん(L)にとってほしいんですが、リャザノワ・トカチェンコとの争いになるか。ギルス・ポーリエがどれくらい仕上がってるかにもよりますが、2位はカッペリーニちゃんにとってほしい。

あとはプシュカシュ・ゲレーロのカップルとしての融合具合と、ハベル・ダナヒューのハベルの成長がポイントとなりそうです。

<NHK杯>
NHK杯は、ニコル・オーフォード/トーマス・ウィリアムズ(カナダ)、 シントン・ファン/シュン・ジェン(中国)、シャオヤン・ユ/チェン・ワン(中国)、ペニー・クームス/ニコラス・バックランド(イギリス)、キャシー・リード/クリス・リード(日本)、エレーナ・イリニフ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)、メリル・デービス/チャーリー・ホワイト(アメリカ)、マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(アメリカ)。

ホームの日本だけ出てきているリード姉弟。まだ仕上がりが十分じゃないのかもしれないですが、NHK杯でいい演技してほしいです。

優勝争いはアメリカの2組、デイヴィス・ホワイトとシブタニ兄妹、そしてロシアのイリニフ・カツァラポフで争われそう。たぶん1位はデイヴィス・ホワイトですが、波乱要因はありそうですね。気になるところ。

中国のカップルがファン・ジェンとユ・ワン2組が出場。中国大会は1つ誰かになってるのに。クームス・バックランドのバックランドは弟も世界ジュニアでがんばってるみたい。カナダのオーフォード・ウィリアムズは世界ジュニアで6位に入ってる逸材です。

こうみるとアイスダンスもジュニアの若手がどしどし入ってきて、なかなかいい感じです。特にロシアは世界ジュニアで1,2,4位をとってますが、シニアにはシニシナ・ジガンシンしかきてないとあって、あともつかえてますからね。そのあたりのせめぎ合いもたのしみ。欧州系のダンス重視のカップルの台頭を期待している人もいるかもしれませんね。

うー、普通にアイスダンスたのしみです。