Archive for 13th 7月 2012

大相撲7月場所2012:4,5日目

昨日は更新するのを忘れていたマイク松ですこんにちは。ちゃんと相撲のレビューはしたのですが、もう会議会議で疲れ果てて、見終わった時点で力尽きていました。

ということで今日は4日目、5日目をいっぺんにアップしますね。

4日目。実況は吉田さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が不知火親方。リポートは太田さん。

佐田の富士×勢。佐田の富士の突き押しで少し後退する勢だが、左を入れてはずから右上手をとって攻めます。徐々に佐田の富士も胸を合わせていい体勢になりますが、さっと体を入れ替える勢。いい技ですね。で引きつけて出るところで投げにいったら上手が切れました。まずい!しかし佐田の富士もだいぶ疲れてしまい、土俵際の突き落としも及ばず勢の寄り倒しが決まりました。これは攻防のある熱戦。すばらしいです。

栃乃若×隆の山。隆の山ずいぶん動きながらまわしを狙うが、栃乃若もしっかり相手を見て逃がさないようにします。うしろをむいた隆の山が背負い投げにいきますが、これはしっかり体を預けて寄り倒しました。

玉鷲×千代大龍。回転のいい突き押しで突き放す千代大龍。玉鷲の手数を上回り、引いてはたきこみました。引いちゃいましたがいい相撲。

宝智山×北太樹。立ち合いは互角。北太樹は下から押し上げ、もろ差しになりました。あとはしっかり腰を落として寄り切り。宝智山は突き放しきれませんでしたね。前に出る北太樹の相撲がよかった。

玉飛鳥×若の里。左四つになった若の里、しっかり胸を合わせて小刻みに紙相撲のように寄っていきます。玉飛鳥も動きを封じられて、紙相撲のように寄り切られました。うーん。

大道×宝富士。右四つ。宝富士が上手をとりますが、大道は右ですくいながらコントロール。宝富士が巻き替えにきたところを一気に出て寄り切りました。大道の相撲勘がいいですね。

舛ノ山×時天空。時天空の張り手にまったくひるまず、一気に出て押し出しました。これは力強い!張り差しにひるまない勇気をもった力士ですね。

豊真将×雅山。豊真将も十分前におちないように気をつけていますが、雅山の突き押しとリーチコントロールと回り込みのバランスが絶妙。ダンスのようにはたきこみました。

阿覧×魁聖。動いて上手をとりにいった阿覧。上手は取りましたが、右四つがっぷりになりました。ひきつけあい。体勢的には魁聖かと思いましたが、パワーで腰を浮かせて、上手投げで下しました。先に先に攻めたのが阿覧でしたね。めずらしい。

嘉風×高安。嘉風変化も全然高安に通じず。しかし突き押しから土俵際ではたき込みました。勝ってた一番でしたが。

十両この一番は木村山×人造人間。今日はしっかり上手を引きつけて寄り切りました。1つ1つやでー。

栃ノ心×豊響。グレートホーンから右四つ左上手。胸を合わせたら栃ノ心かと思いましたが、軽くがぶりながら腰を落としていきました。栃ノ心を寄り倒したのは大きい。四つも磨けてますよ。

臥牙丸×豪風。ボーン・ディス・ウェイの圧力を受け止めきれず。豪風もこういうときにはまともにいくのに。

若荒雄×翔天狼。若荒雄スペシャルにまんまとひっかかる翔天狼。だいぶふところに空間がありましたね。

妙義龍×栃煌山。妙義龍の突き押しを栃煌山がうまくあてがってはねあげて、かかえるようにしてつかまえてます。妙義龍が巻き替えてるところを出ていきますが、土俵際で妙義龍の突き落とし!栃煌山もそのまま押し出そうとしますが、栃煌山のひざが先に落ちてました。遠くからは微妙に見えたんですが、行司さんもよくみてます。

把瑠都×豪栄道。把瑠都の突き押しをまともに受けたゴーエードー、さっぱり相撲をとらせてもらえませんでした。GOEIDO!

隠岐の海×琴奨菊。菊が左四つで下手をとりました。隠岐の海が体勢を立て直そうとしますが、その前に菊がぶり発動。寄り切りました。隠岐の海も早く攻めないと。

稀勢の里×安美錦。アミー立ち合い頭で当たって一気に押し出し!土俵際キセがかいなをたぐっていきましたが、軍配はキセ。それはないわー。物言いで差し違い、アミーの勝ち。完全に立ち合い失敗してるし、土俵の砂をはきまくってるのに。あの軍配は反省してほしいですね。アミーはしてやったり、キセはショックな負け方ですね。インタビュールームの「また来ます」がかっこよすぎ。

豊ノ島×鶴竜。今日は突き押しあい。豊ノ島が差してくるのを鶴竜が待ってましたが、最後まで突ききりました。鶴竜も考えすぎたか。突き押しに弱いですねーと芝田山親方。

琴欧洲×松鳳山。松鳳山突き押していきますが、カロヤンが長い腕でがっちり両まわしをとってつかまえました。寄り切り。攻めも速かった。

旭天鵬×日馬富士。ハルマがいい立ち合いでしたが旭天鵬が左を差してつかまえました。これはいいぞと思ったら上手をとる前にハルマの下手ひねりが決まりました。このキレはすばらしい。

白鵬×碧山。白鵬突き押しからはたきで碧山ばったり。見事なばったりでした。

***

5日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が北陣親方。リポートは吉田さん。

栃乃若×宝智山。栃乃若が右を差しました。肩をつきつけるようにして出ます。宝智山もまわりこんでしのぎますが及ばず。おっいい感じになってきたんですかね。しのげしのげ。

勢×舛ノ山。舛ノ山が立ち勝って一発で吹き飛ばしました。勢は立ち合いに勢いなし。

佐田の富士×千代大龍。立ち合いいなした千代大龍。崩して寄り切りました。勝ってはいますが、今場所は引いたりしませんという宣言はどこへ。

若の里×北太樹。北太樹も上手をとりに動きました。若の里もそこはしのぎましたが、左を差した北太樹が低くなって一気に寄り切り。スピード相撲も光りますが立ち合いはしっかりしてほしいです。

玉鷲×大道。玉鷲のいいおっつけ。いい位置をおっつけているのですが、大道が土俵の丸みをうまくつかってまわりこみ出し投げ。玉鷲もついていけませんでした。おっつけはいいので左右に逃さないように工夫したいところ。

雅山×隆の山。突き押しといなしで攻める雅山。隆の山もなんとかしようとしますが押し出されました。突き押しのかいなをたぐってしまうのは相手に読まれてますし、それよりも相手を崩すことを第一にしてほしい。

玉飛鳥×魁聖。魁聖のかいなを小手に振る玉飛鳥。でも通じずのど輪でがっつり押し出されました。こちらは自分の相撲をとりきれない。大きな相手に考えた相撲が求められまする。

宝富士×豊響。長い相撲なのかいきなり組み合っているところから。左四つで宝富士は右上手をとってて、豊響は抱えている。でもかまわず豊響が出て、最後は小手投げになりましたかね。状況がわからんけど。

臥牙丸×時天空。時天空張り差しで突進を止めてすぐに上手投げ。ガガも立ち合いの当たりが出ませんでした。考えておこうね。

阿覧×嘉風。嘉風が動いて阿覧の右かいなをとりにいく。そのまま低くなって一気に出ました。ああなると阿覧も得意のどん引きにいくしかないので。結果呼び込んでしまいますよね。

高安×豪風。豪風変化もまったく通じず。しかしはたきはたきで高安も崩され送り出されました。豪風もひどいけど、あれで負ける高安もだめ。

栃ノ心×翔天狼。栃ノ心が押し込まれるも右を差してもちこたえました。上手をとって土俵中央に押し戻し、上手投げで崩して寄り切り。必殺の右差しになるように磨いてほしいんですが。

豊真将×松鳳山。松鳳山が回転のいい突き押しに出ますが、豊真将はしっかり距離をとってディフェンス。そして足が流れたところをうまく出て、逆襲にくるところをいなして送り出しました。落ち着いてとってましたが、松鳳山はリーチが短いのかさっぱり威力が伝わってませんでしたね。ディフェンスの勝利か。

豪栄道×栃煌山。澤井.vs.影山と紹介する藤井さん。名勝負になっていくんでしょうかね。栃煌山のもろ差しをよく読んでいたゴーエードー、立ち合いもろ差しをブロックしながらおっつけでばんざいさせました。送り出し。よく考えた相撲ですね。あれ、決まり手はすくい投げですね。あの時点で出てたか。

隠岐の海×日馬富士。立ち合いはハルマも隠岐の海が引っ張り込んで両かいなを抱えました。ハルマもろ差しも小手で左右に振る隠岐の海。しかしそのままハルマが出て寄り切りました。引っ張り込むのは悪くないと思ったのですが、そこからの相撲がまだ身についていないみたい。常日頃隠岐の海は貴ノ浪を目指せといっているのですが、その片鱗をみせてくれました。

把瑠都×安美錦。立ち合い低くいってうまくいなしたまではアミーもよかったのですが、はさみつけられて動きを止められてしまいました。把瑠都もばたばたしながらしっかりアミーに対応したのはすばらしい。

旭天鵬×琴奨菊。菊は今日は右四つ。左上手をとってやさしく寄り切りました。旭天鵬も腰高にされてしまってはきつい。

稀勢の里×豊ノ島。立ち合いの当たりからすぐ肩すかしにいってしまった豊ノ島。それはちょっと虫がよすぎる。キセも落ち着いて押し出しました。あわてませんでしたね。

若荒雄×鶴竜。若荒雄の突き押しががっつり決まって押し込まれる鶴竜。なんとかまわしをとってこれでやれやれかと思いましたが、引きつけた若荒雄が寄って寄ります。おお。土俵際で投げの打ち合いになりましたが、間一髪鶴竜が下手投げで星を拾いました。鶴竜もよくないですね。

琴欧洲×碧山。ブルガリア同士の対戦。記念の日ですね。立ち合いは互角、碧山が左を差していい体勢でしたが、カロヤンも上手を引いて引きつけます。碧山もがんばりましたが寄り倒されました。いい相撲でしたし碧山も収穫ありでしょう。

白鵬×妙義龍。妙義龍の立ち合いはよかったのですが、白鵬の圧力に足が流れてしまいました。そのままはたき込み。もうちょっと熱戦になってほしかったです。