Archive for 23rd 7月 2012

大相撲7月場所2012:千秋楽と軽い総括

今プロ野球はオールスター休みですが、サンテレビの「タイガース激励SP 非常事態!解説陣集結 どうしたら勝てるんや虎に直言!」がおもしろかったマイク松ですこんにちは。90分にわたってぼやきが続くというすごい番組ですが、最後に解説者の直言がすばらしかった。矢野さんの「大和・良太をスタメンで」とかはまだいいとして、マユミもとカントクの「とにかく打て!」は味わい深い。サンテレビのタイガースローカルは誰も追いつけないです。

さて、大関ども(ハルマ以外)は誰も追いつけない優勝争いが繰り広げられている大相撲。優勝争いは白鵬とハルマに絞られました。結末はいかに。

千秋楽。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面は舞の海さん。リポートは吉田さん。

勢×旭日松。十両優勝決定戦のために先んじてやられたみたいで、映ってなかったですが勢いが勝ったらしいです。

雅山×千代大龍。似たような取り口の両者。立ち合いから突き押していく雅山、しかし千代大龍が間合いを詰めてはさみつけて出て行きました。寄り切りで勝ち越し。

十両優勝は千代の国。落ちたかと思ったらもう優勝。戻ってこられるといいですねー。

隆の山×魁聖。魁聖は勝てば敢闘賞。隆の山をよくみてしっかり押し出しました。今日はいつにもまして落ち着いてとってましたね。魁聖めでたい。

嘉風×北太樹。嘉風どしどし動き回って攻めますが、しっかり当たってないから北太樹にもみられてしまいます。そのうち間合いを詰められて寄り切られました。嘉風負け越し。やりなおしですね。

臥牙丸×豊響。千秋楽にいい取組が残ってましたね。グレートホーンとボーン・ディス・ウェイは互角。左をのぞかせた豊響がまわしをとられる前に先手必勝。いい寄りでした。

舛ノ山×翔天狼。舛ノ山も敢闘賞。気をよくして翔天狼に当たっていったら翔天狼が手をつきました。舛ノ山は大きく躍進しましたね。丸い当たりが強そう。

豊真将×若の里。若の里の差し手を警戒しながらおっつけで応戦する豊真将。若の里に右を差されますが、タイミングよく引き落としました。これは動きがよかった。

栃ノ心×大道。右四つ。栃ノ心がすぐに出て行って寄り切り。大道もさあこれからというところでその前にやられました。

宝富士×松鳳山。7-7の松鳳山、いきなり左四つで組みました。宝富士が出て行きますがうまくしのいで左四つに変更。少し中央で膠着します。上手を切られて宝富士が出ますが、ここでひらりと突き落とし。松鳳山勝ち越しました。これは大きな勝利ですね。勝ち越すという気概を感じました。

若荒雄×佐田の富士。いまいちだった人同士。若荒雄スペシャルはなんとか佐田の富士残しました。上手を引いて寄り切り。

栃乃若×隠岐の海。隠岐の海の立ち合いがよかった。下に入って起こして寄り切りました。栃乃若も10敗ですか。十両でゆっくりしてほしくはないのですが、まずは治療ですね。

碧山×時天空。時天空つっかけたあと当たって蹴返しなどもみせるが、碧山がリーチをいかしてどんどん押していって押し出し。碧山も三役が見えてきましたね。今場所は意義深い場所になりました。

玉鷲×安美錦。玉鷲が突き押しからおっつけていきますが、アミーのタイミングのいいはたきが決まりました。あのへんはさすが。

旭天鵬×宝智山。旭天鵬張り差しから左上手をとって寄り切りました。この2勝から始まればよかったのに。でも終わりよければですね。

玉飛鳥×豊ノ島。うまく差された玉飛鳥、土俵際で一本背負いにいきますが及ばず。片男波勢は今回はよくなかったですねー。

妙義龍×豪風。勝ち越しをかける妙義龍。豪風のはたきにも落ちず、しっかりついていって押し出しました!よっしゃ勝ち越し!最後はいい相撲で技能賞を受賞しました。よかったよかった。

高安×栃煌山。栃煌山なんかすごいテーピングしてますね。高安の攻めをしのいで、右を差しました。高安は上手を狙いに行きますが、それよりも攻めじゃと一気に出た栃煌山。高安を下しました。最後はまずまずの相撲。高安は8連敗のあと6連勝だったのですが、残念ナナハチにはならず。

把瑠都×阿覧。把瑠都が突き押して押し出し。阿覧も何もできませんでしたね。

鶴竜×琴奨菊。これより三役ですが、場内は結びに注目でどうでもいい感じ。最初から巻き替え合いになりますが、鶴竜が左からの下手投げで豪快に投げました。体勢を作られる前にしっかり動いておこうという感じか。今日は鶴竜らしさ出ました。

稀勢の里×琴欧洲。どうでもいい感じ2。立ち合い左四つからキセ右上手をとりますが、うまくカロヤンが巻き替えてもろ差し。がっつり寄り切りました。なんでキセももろ差しにされちゃったんだろう。

白鵬×日馬富士。全勝対決。昨日の取り口を見るとハルマのように思えるけど。右四つで先にハルマが上手を取りました。下手をとった白鵬でしたが、ハルマが大きく振って最後はがぶって寄り切り!ハルマ勝ちました。優勝です!

優勝したハルマもうれしそうでした。15日間リプレーとかみてると、序盤はラフな相撲が目立ちましたが、徐々に投げの精度が上がってきた感じはありますね。実況陣はこれを来場所続けられるかという話でした。そうでしょうね。

白鵬は今日終わって花道の途中で止まったりしてました。14日目での変化はやはりあの大横綱にしては異常でしょう。何かあったのかもしれません。ほかならともかく、ここ最近ではすこぶる体調がいいハルマには通用しませんでした。でも舞の海さんもいってましたが、そこまでして勝ちに来る横綱の執念は他の力士も見習った方がいいのかも。

ハルマ以外の大関は相変わらず引き立て役に。北の富士さんの苦言苦言ももはや、先日見たサンテレビの「タイガース激励SP 非常事態!解説陣集結 どうしたら勝てるんや虎に直言!」くらい暗かったです。おもしろいので2回目いってみました。ともかく大関はほっておきましょう。永世大関はほっておくと大勝ちしたりしてたんですが。

今場所も妙義龍のすばらしさは光りましたね。みるたびに強くなってて、来場所はついに関脇です。楽しみです。あとは松鳳山、碧山も勝ち越して、1つまた上がりそうです。ガガも迷わず当たっていって10勝、なにげに豊真将と豊響も9勝してます。このあたりはよさそう。そして魁聖と舛ノ山の躍進は心強いですね。

あと旭天鵬はおもしろかった。残り2日でなんとか2勝。がんばらないととか意気込んでいるのをみて大丈夫かなと思っていたのですが、案の定でした。肩肘張らず上を目指してがんばれるのは、今の角界では旭天鵬しかいないんですから。肩肘張って上を目指す若手か、肩肘張らず上を目指さない大関ばっかりなんですから。ゆっくりやってください。

今場所もおもしろかったです!