Archive for 8th 10月 2012

フィギュアスケートジャパンオープン2012

富井も書いてますが、なでしこリーグのINAC神戸レオネッサ×ジェフユナイテッド市原千葉レディースをみにいってきたマイク松ですこんにちは。すごいおもしろかったです。レジェンドサワはもちろんすばらしかったですが、外国人選手の働きもよかったです。ベッキーいい選手。ずっとベッキーを追ってたのですが、実はFWなのにサイドバックをやってました。

さて、今日はフィギュアスケートジャパンオープンがありました。さすがにスーパーアリーナには見に行けなかったのですが、見に行かれた方楽しかったでしょうか?今回はテレビ放送があったので、見ておくことにします。ありがたいです。

フィギュアスケートジャパンオープン2012。実況は小島さん、解説はジュンジュン。

ジャパンオープンはFSの合計点で、日本・北米・欧州の3チームに分かれて戦います。(説明文)

日本チーム登場。このジャージいいですね。で、欧州と北米チームの紹介はカット。みんなキスクラでだらだらしていました。おもしろい。

日本チーム:高橋、小塚、浅田、鈴木
欧州チーム:プル兄さん、ブレジナ、ゲデバニシビリ、レオノワ
北米チーム:パトリックちゃん、バトル、猛禽ワグナー、ザワさん

緑効青汁のCMに白鵬が出ていた。おもしろい。

男子のスタートリストは、バトル、ブレジナ、小塚、パトリックちゃん、プル兄さん、高橋。

まずはジェフリー・バトル。バトルよく出てますよねー。好きなんかなあ。相変わらず男前です。「ピアノ・コンチェルト」。ステップからの3F+3Tはいい出来です。いけるやんかバトル。相変わらずのエッジワーク。3Aはなんとか。3Lz+2Tもしっかり。普通に難度の高いプログラムをこなしてますね。スピンの軸はしっかり。曲調変わってもしっかり雰囲気を切り替えられ、かつバトルらしさが出せるのがいいところ。3Lz、3S、3Loとぽんぽん成功。CiStで物語を表現出来るのはすばらしいですね。3S+2T+2Tを決めてChSt。笑顔が光りますねー。2Aからコンビネーションスピン。最後のタイミングもばっちりあわせました!うわーすごい!ノーミス決めてきました。この大会のために作ったプログラムですが、しっかり自分の世界を表現。さすがプロ最強スケーターですわい。160.86。早く復帰して!

CMでも高橋や浅田が出てくる。おもしろい。高橋の記者を助けおこすところって、ウルトラブレスレットを渡すセブンみたいです。

ミハル・ブレジナ。「アンタッチャブル」。これは去年の曲ですね。現時点でどれくらい調整してるかですが、まあほどほどにがんばって。4Sは手をつきましたが回ってますね。3Fはシングルに。3Aの迫力はさすが。でかいジャンプですねー。CiStは大きく手足を使ってみせてきますね。プログラムは滑り慣れてるし、完成度は高いです。3A+2Tはでかいけどセカンドはダブルですね。3F+2Tは成功、2Loはトリプル予定。3Lzは大きなジャンプ。3S+2T+1Tからスピン。もうちょっとスピードがほしいところ。ChStは音楽にフィットしてます。スピンでフィニッシュ。でもこの時期にこれだけできるのはむしろ競技ではありがたいですよね。151.53。がんばりました。

小塚崇彦。FSは今シーズンはじめて披露ということで。「ロンド・カプリチオーゾ」。衣装もがんばってますね今回。4Tはしっかり成功!いい調整してますね。それでいてつなぎのステップはさすがのスピード。4Tからのコンビネーションは転倒。どんまい。3Aはキレがあがってるしエントランスがよくなってます。スピンの軸も細い。ステップは曲のパートにしっかり解釈が入ってます。3A+2T+2Loを流れるように決めました!スパイラルから3F、3Loと流れをまったく切らない。そしてステップがまたスピードがすばらしい。3Lz+3Tはなんとか決めて、3Sからスピンでフィニッシュ!ばっちりです!さすが努力の人、またバージョンアップしてますね。スピンの質が上がれば、正直世界選手権で表彰台でしょう。今シーズンは楽しみ。プログラムもよかったです。165.08。

パトリックちゃん。木こりっぽい衣装ですがいいんですよなんでも。「ラ・ボエーム」。ほらこの滑りのクオリティ。最初の4Tは豪快に転倒。次のコンビネーションも転倒。まだ調整が進んでないみたいですね。3Lzはばっちり。ジュンジュンもいうようにステップの質でもりもり取り返してきます。曲が変わってお父さんステップからキャメルスピン。曲にあってますねー。3Aは転倒。これは仕様だからまあ。3Loは成功も3Lzで転倒。タイミングがずれていてあってないかもとジュンジュン。3Fはダブル。ChStのテンションと質はさすが。1Aからスピンでフィニッシュ。いやーまだまだ仕上がってない感じですが、まあ大丈夫でしょう。パトリックちゃんのピークコントロールはここにおいてないわけですから。きてくれてありがとう。今年もいい演技期待してます。137.42。来年はサンデュ先輩を連れてくるのはどうかなあ。お通夜キスクラ。

エフゲニー・プルシェンコ兄さん。「ロンド・カプリチオーゾ」。うわー小塚と同じですね。4Tは手をつきました。4T+2Tは凶悪に決めてきました!なーんだもう跳べてるんですか。3Aは高い!すごい!3Loはキレでしっかり成功。3Aは抜けてシングル。3Lz+2T+2Loはサードジャンプが高い。スピンはメリハリが効いてます。そういえばこのプログラムは宮本賢二兄さんが作ってるんですよね。「白鳥」につなげてステップ。2S+2A、2Aは転倒。だいぶ疲れてますね兄さん。ChStは独創的な構成。みていておもしろい。そしてコンビネーションスピンでフィニッシュ!うーんこのロシアナンバーワン兄さんは完全に帰ってきてますね。あとは体力面でしっかりリカバーすれば、十分世界で戦えるでしょう。156.21。ガチンスキーがんばれ。

高橋大輔。結構絞り込んでるし、筋力もつけて逆三角形になってますね。「道化師」。イケメン魔術師から道化師へ。4Tは最高の出来。もうここまで跳べるんですか。4T+1Tのコンビネーションは回転不足です。3Aは流れがある。重厚な曲にしっかりフィットするメリハリのあるステップ。威厳が感じられます。普通のレイバックスピンも曲のいいところに織り込んでますね。3A+3Tを大きく決めて、3Lo、3Sと成功。つなぎの部分もほんと手を抜かないです。3Lz+2T+2Loをぽんぽんと成功。3Fから場内を盛り上げてChSt。大きくリンクを使うステップからスピンでフィニッシュ!ぐわーすごい!このクオリティがもうこの時点で詰まってるとは。とりあえず今シーズンも隙がなさそう。172.06!ぎゃー!PCSが91.06ですか。勝ったッ!ジャパンオープン完!

みんな!タオルがさかさまだよ!

女子のスタートリストは、ゲデバニシビリ、鈴木、ザワさん、レオノワ、浅田、猛禽ワグナー。

まずはエレーネ・ゲデバニシビリから。また肩にテーピングしてますね。おだいじに。ジャンプの出来が気になるぜ。「ドン・キホーテ」。3Lzはシングルに。むー。2Aは高さがありました。3Sは流れがありますね。ステップはメリハリがあるし、チェンジオブペースもはっきりしてる。上下の動きもあるし。グッジョブやオーサー!3T+2Tはまずまず。3Sは手をつきました。スピンは速度も上がってる。3Tからステップもリズムにあってますね。2Aは豪快に転倒。スパイラルからコンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよしがんばりました!空元気で盛り上げるヨーロッパキスクラ。おもしろい。94.84。でもオーサーの指導が確実にグレードアップさせてますね。まだ時間あるし、少しずつあげていきましょう。頼むよ。

鈴木明子。シルク・ド・ソレイユより「オー」。最初から世界観をしっかり出せてますよ。3T+2T+2Loを最初に持ってきました!水辺の鳥をイメージしているらしい。1A+3Tはセカンドも大きいジャンプでした。3Fからスピン。安定してます。ステップはめまぐるしい構成。それでもリズムとの調和から物語を生み出してますね。すばらしいステップ。すばらしい。そのあとのスピンにも物語を感じます。明確な人物像がない曲を自ら選んだらしいですが、その解釈力はさすがですね。3Lzはステップアウト、3Loは手をつきました。3Sは転倒。少し飛び急いでますかね。1LzからChStからスパイラルはほんとに雄大さや繊細さや、もっと大きなテーマを凝縮しているよう。スピンでフィニッシュ。短い間にここまでできるとはさすがです。ジャンプなんかいくらでもこのあと調整できますからね。今日は新しい物語がみられて満足です。110.07。ごめーんとかいってますが大丈夫です。

アグネス・ザワツキー。「ラプソディ・イン・ブルー」。昨シーズンのプログラムですね。2A+3Tはセカンドで転倒。3Lzも転倒。まだジャンプは仕上がってないかも。でも体は絞れてるんですけどね。次のジャンプも転倒。そういうのはシズニー姉さんの担当やからほどほどにね。3Tはきれいに決まりました。よっしゃ。イナバウアーから2S+2T+2Lo。3Lzはステップアウト。2Aは決めました。片手ビールマンスピンは安定してますね。ChStはあんまり乗り切れてないですかね。まあしょうがないでしょう。スパイラルからコンビネーションスピン。まあ去年のプログラムを久しぶりに滑ってみましたという感じで、たぶん新しいプログラムを組み立て中なんでしょう。そっちの方をたのしみにしたいです。きてくれてありがとうザワさん。89.95。お通夜キスクラ。盛り上げろオマエたち!

アリョーナ・レオノワ。ビセンテ・アミーゴ「海の詩人」。滑りはじめるとさすがモロゾフという振り付け。3T+3T+SEQはスピードがすごい。バージョンアップしてますね。次は1Lo。3Lzも大きなジャンプ。こういう曲でも笑顔が出るのがレオノワ。スピンも安定してます。3Fからフラメンコパートに。3S+2Tを跳んで、ステップはまだ構築途中かも。でも雰囲気出てます。大きなスパイラルから3F+2Tをなんとか決めて、1Aからコンビネーションスピン。スピンの速度も気をつけてるみたいですね。笑顔でフィニッシュ。まだ新プログラムは試運転という感じですが、それでも期待を持たせる出来でした。レオノワのてへぺろという貴重な映像がみられました。ヨーロッパチームはちゃんとタオルの向きがあっています。

浅田真央。とりあえず新しいプログラムが楽しみです。「白鳥の湖」。動きに十分キレもありますね。3Loからスタート。2A+2Tはしっかり。3Fも余裕ありますね。3Lzも成功。つなぎのパートでもいろいろなことを伝えようとしている感じ。ここは今後楽しみです。3S、ステップからの3Lo+2Loもてきぱきですね。ビールマンスピンはポジションがすごいきれい。回転速度もありました。3F+2Lo+2Loを最後に入れてきました。スピンからChStはまたすごい密度の構成。浅田のステップはこうでないとですね。大きなスパイラルから直接フィニッシュ!これはいい演技でしたね!今年はこのプログラムにチャレンジですが、まだまだ構築途中ですし、これからもっともっといい演技になるのかと思うと楽しみ。浅田の毎年の楽しみですね。やっとタオルの向きがあいました。122.04。おおー。

アシュリー・ワグナー。「サムソンとデリラ」。3F+2T+2Tはすごい迫力あるジャンプ。2A+2Tも大きなジャンプです。アメリカの女子スケーターというすごい自覚が出てる。3Sも流れにのってる。スピンもきっちりまとめてますね。曲が変わっていい笑顔。しっかり切り替えてます。3Lzもいいジャンプ。新しい「サムソンとデリラ」をみせようという自信と気概が感じられます。3Lo+2A+SEQも出した。3Fをなんとかアジャストして成功。落ち着いてます。180度開脚のスパイラルからスピンでばっちりまとめました!やりましたねワグナー!このプログラムはすごい!今年は飛躍の年になりそうです。これからもっとよくなりそうな名プログラム。コーエンのコーチが指導してるらしいですが、ワグナーのいいところをがんがん引き出してますね。123.57。なぞのポーズがでました!なんだそりゃ。

1. 日本チーム
2. 北米チーム
3. 欧州チーム

この時期にほんとにみなさんありがとうございます&おつかれさまでしたというところですが、ただのプレシーズンマッチに終わらないこの大会の意義も少し固まりつつあるかもしれませんね。新しいプログラムと今シーズンへの期待を感じさせる大会でした。

日本チームはみんなよかったです。小塚や高橋は十分仕上がってて明日に世界選手権がきても大丈夫そうですし、鈴木と浅田はこのプログラムを春にどういうレベルに高めているのかがすごい楽しみ。もちろん他の選手もいるわけですし、このメンバーに負けないように上がってきてほしいです。主に末裔の人に。

北米チームはとりあえずバトルの強さが光りました。プロなのにあの出来ありかという感じですが、そういう選手がいてもいいでしょう。というかいい人だ。そしてワグナーの出来には脱帽。完全に覚醒してます。これがアメリカ女子。もっともっといい演技になったとき、何が起こるんでしょうか。楽しみ。というか一番はシズニーなんだからね!

欧州チームは相変わらずのスロースターターで。それでいいと思います。プル兄さんは相変わらずの野望を燃やしているようで何より。ゲデバニシビリはコーチのいうことをよくきいて、少しずつ向上させるように。レオノワはコーチのいうことはほどほどにきいて、自分らしさをキープするようにね。

フィギュアスケートシーズンがまた始まりますね。GPSの始まりはもう少しあとですが、それまでわくわくしながら待ってましょう。今年もたくさんの選手にとっていいシーズンになりますように。