Archive for 9th 1月 2013

フィギュアスケートロシア選手権2012(3):ペア

石川洋アナウンサー死去。うーん早すぎる。お悔やみ申し上げます。もっと下の世代の育成に力を尽くしてほしかったです。マイク松ですこんにちは。

今日はロシア選手権のペアです。今ロシアのペアはいいので楽しみ。まあ昔からですけど。

フィギュアスケートロシア選手権、ペアSP/FS。実況は小林さん、解説は岡部さん。ソチの会場は観客が少ない。交通機関がまだあんまり整備できてないらしいです。

バザロワ・ラリオノフが欠場だそう。

川口・スミルノフ。おー久しぶり。これがみられるのはロシア選手権みてよかったです。3Twから。ツイストリフトはまずまずですいつも。3Tはスミルノフがんばりました。決まってます。3LoThも高さと距離が出てますね。Dsはとても入り方がスムーズです。ソロスピンはまったくずれがない完璧なユニゾン。このカップルの武器ですね。リフトはきれいなローテーションに川口の安定感。ステップはリンクを大きく使った構成。そのままフィニッシュ。まだ万全ではないにせよ、いい演技でした。徐々にクオリティも高まっていくはず。70.19。

ストルボワ・クリモフ。若いカップル。3Twは高さが出ませんでしたね。3FThは流れよく決まりました。ステップはもうちょっとスピードを出したいところ。大きさが使えないですね。ストルボワのポジションはとてもいいですね。3Tはしっかり成功。Dsからソロスピン。クリモフがトラベリング。最後はすごい体勢でフィニッシュ。がんばりましたね。67.78。

アンティポワ・マイスラーゼ。マイスラーゼはペア組み替えしてるんですね。3Twはすごい高さありました。すごい。3LzThを決めてきてます。マイスラーゼのパワーで放り投げてますね。3Tはアンティポワが転倒でぶつかってしまいました。Dsは途中でやめてしまいました。ソロスピンは回転が速いけどあわせるのが難しい。マイスラーゼの技術ですね。リフトもすごい軽そう。ステップはちょっと接触があったり。まだ十分に練習できてない部分もあるみたい。ミスはありましたが、実際合わせられれば強くなりそう。56.96。

ダワンコワ・デプタット。ジュニアGPSファイナルで2位らしい。「ゴッドファーザー」。3Tは止まりましたが成功。3FThは距離がすごい出てました。プル兄さんが使ってるマートンの曲なので、プル兄さんが思い浮かびます。3Twはすごいいいキレ。リフトはゆっくりですが工夫されてます。Dsも問題なく。入り方に工夫があります。ソロスピンはうまくアジャストしてます。ステップは工夫した構成。チェンジオブペースもあった。最後はダワンコワをぶら下げて何秒か制止してました。さすが力ありますね。58.30。

ボロソザル・トランコフ。横綱登場。違うアレンジの「ゴッドファーザー」。スピードがすごいあります。そして3Twが高い。同じ高さでもこの滑りの速さが違いますね。3Sもばっちりタイミングもあってました。3LoThは高さと距離がどーんと。Dsもホールドによって円の大きさが変化してます。リフトも大きな演技。つなぎをしっかり表現しながらステップ。トランコフもしっかり演技してますねー。最後のソロスピンも速く、そしてよくあわせてました。うーん役者が違いますねー。何もかもレベルがすごい高いです。岡部さんも前のカップルと同じ曲でもずいぶん違うと評価。今シーズンでも結構いい演技だそうです。78.69。パーソナルベストでした。

マルチュシェワ・ロゴノフ。昨年は第3位。3Sはマルチュシェワがステップアウト。3FThは距離が出てましたがランディングがよくない。3Twは担いでしまいました。もう少し高さが出れば。ソロスピンはユニゾンがすばらしい。リフトはわりとコンパクトですね。Dsからステップ。このカップルはよくユニゾンをあわせてきますね。稽古はしっかりできてるみたい。あとは技の完成度を上げていくことでしょうか。57.65。マルチュシェワがすぐ帰ってしまいました。

○SP終わっての順位:
1. ボロソザル・トランコフ星人
2. 川口・スミルノフ星人
3. ストルボワ・クリモフ星人
4. ダワンコワ・デプタット星人
5. マルチュシェワ・ロゴノフ星人
6. アンティポワ・マイスラーゼ星人

FS。最初はエフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフという人たち。タラソワ・モロゾフですね。すごいサラブレッド感。でもモロゾフはドイツ出身らしいです。3Sから決めてきました。3Twはまずまず。3T+2A+SEQもスムーズです。ジャンプは得意なのか。ラッソーリフトはムーブがスムーズです。ソロスピンはユニゾンが少しずれました。コレオシークエンスはスパイラルをペアでは入れないといけないらしい。いいスパイラルでした。ラッソーリフトはワンハンドの降りがスムーズ。3LoThはツーフットですね。次のリフトが少し止まり気味。がんばれ。3SThはたぶん大丈夫(カメラが見切れた)。Dsは重そうです。ペアスピンは安定してました。やはりだいぶ長く感じましたが、よくがんばってました。164.29。SP8位でしたが、結構いい点に。

マルチュシェワ・ロゴノフ。最初の部分はなかなかよく考えられた振り付け。3Sはマルチュシェワが2Sになりました。2A+2A+SEQはなんとか。3Twはキャッチがうまくいかないです。Dsはいい実施ですね。つなぎの部分をしっかり意識してますね。3FThはランディングも流れてていいジャンプ。アクセルラッソーリフトは降り方に工夫。リフトは後半に固めてますね。スパイラルで離れて合流するコレオシークエンス。3LoThは手をつきました。ソロスピンは少しずれ。トゥラッソーリフトはローテーションがスムーズ。1つ1つのエレメンツのできばえに差が出ますね。次のリフトはちょっと上げるのに失敗。ホールドの肘が曲がるとエレメンツにカウントされないらしいです。厳しい。ペアスピンでフィニッシュ。エレメンツの完成度を高めていけばいいカップルになりそうなんですが。キスクラは二人きり。161.88。

アンティポワ・マイスラーゼ。アンティポワは歯の矯正中。「テイク・ファイヴ」。ちょっと違うアレンジ。3Twはものすごい高かった。4Twもいけそうなくらい。3T+3T+SEQを決めてきました。結構大きい。3FThも流れよく成功。いいぞいいぞ。ペアスピンをここでもってきてます。すごいトラベリングして違うエレメンツみたい。コレオシークエンスから3Sはアンティポワが決めきれず。アクセルラッソーリフトは軽々とポジションチェンジ。アンティポワの髪が引っかかってました。あぶない。3LoThは楽々。Dsから音楽変わってソロスピン。回転が速いです。ステッピングラッソーリフトはパワーで降りもワンハンド。最後にもう1つリフトはすごい入り方が工夫されてました。やはり技術的にまだまだでも一発の力はありますね。これからあがってきそう。178.80。

ダワンコワ・デプタット。最初からテンション高く演じてますね。3T+2Tはダワンコワが転倒。3Twはいいですね。3LoThはとてもいいジャンプでした。何もかもグッド。3FThはオーバーターン。2つそろえたいのに。ソロスピンはよくあわせてました。時々ホームビデオみたいな映像が入ってくる。Dsはキレよくまわしてますね。アクセルラッソーリフトは上でのポジションがもうちょっとできそう。コレオシークエンスは不思議なスパイラルが入ってました。複雑。2Aはまた転倒。どこか痛めてるのかも。トゥラッソーリフトはまずまず。スターリフトは降り方が少しぶつかってました。ペアスピンでフィニッシュ。中盤からテンションが上がらず、疲れてしまいましたね。161.76。

川口・スミルノフ。待ってました!いい衣装です。複雑なポーズの入り方。さすが川口の表現力はだいぶ他と違いますね。3T+3T+SEQを決めてきました。ダンスリフトも取り入れながら。2Aも決まりましたね。よく滑ってるしいいですね。3Twは高さが出ませんでした。Dsはきれいな円を描いてます。ソロスピンは相変わらずユニゾンばっちり。コレオシークエンスはイーグルがかっこよかった。アクセルラッソーリフトから、3SThも流れよくいけてます。時々入るダンスリフトがアクセントになってます。3LoThはてをつきました。スターリフトはポジションチェンジからキャリーリフトに変化。アクセルラッソーリフトは途中から片足キャリー。こうでないと成立しなくなってるらしい。最後のペアスピンでフィニッシュ。これから世界選手権に向けてあげていってほしいですが、いい出来でした。次につながる滑り。207.37。

ストルボワ・クリモフ。クリモフがおもしろポーズからスタート。なんだこれは。3Twは抱えてしまいました。得意じゃないのかな。3T+2T+2Tを決めてきましたね。クリモフのおもしろポーズが気になる。アクセルラッソーリフトはローテーションも加えて。Dsはホールドのチェンジからすぐ次の演技につなげてます。そしてペアスピン。エレメンツの切れ目がないのはいいですね。ソロスピンはポジションチェンジもあるのによくあわせてるし、「アダムス・ファミリー」の音楽になってもよくポイントをつかんでます。リフトのポジションチェンジと降り方に工夫。3FThは軸がゆがんで転倒。コレオシークエンスはダンスリフトをうまく使ってそこからスパイラルへ。工夫してますね。2Aを決めて工夫した入りのスターリフト。柔軟性もいかしてますね。3SThでフィニッシュ。不満な出来みたいでしたが、結構よくできてたのでは。これがばっちり決まったらすごいプログラムになりそう。よく考えられてました。195.46。

ボロソザル・トランコフ。最終滑走です。GPSファイナルで2位だったため少し修正したらしい。3Twはすごい高さ。余裕を持って降り。3Sも流れがあっていいソロジャンプでした。力ありますね。3T+2Tも決めてきました。ジャンプのレベルが高くてしかも決まる。Dsは回ってる間のボロソザルの表現も入ってる。ソロスピンの回転も速いし、つなぎの部分も余裕をもたせてます。3LoThは高さがはんぱないですね。どーんと。難しい入りのラッソーリフト。オリジナリティあります。次のリフトもワンハンドでねじってあげるみたいなすごい上げ方。コレオシークエンスはスパイラルとイーグルで交差しながら。3SThは足をつきました。高すぎるんじゃないかな。キャリーからローテーショナルリフトはボロソザルのポジションが難しい。最後のペアスピンまで見所満載でした。すごいです!228.92。ありがとうございます!

○最終結果:
1. ボロソザル・トランコフ星人
2. 川口・スミルノフ星人
3. ストルボワ・クリモフ星人
4. アンティポワ・マイスラーゼ星人
4. タラソワ・モロゾフ星人
5. マルチュシェワ・ロゴノフ星人

ボロソザル・トランコフはもうすごいレベルに達してますね。1つ1つのエレメンツのレベルがすごい。逆に川口・スミルノフはがんばらないとですね。20点つけられてしまいましたからね。

とはいえ次の世代にもいいカップルが出てきてます。アンティポワ・マイスラーゼも可能性を感じるカップルですが、ストルボワ・クリモフは表現力(おもしろポーズという意味でも)に注目したいですね。最近そういうカップルなかなか出てこないので。