Archive for 2月 2013

サムライより落ち武者の方が強くてかっこいいと思う

ネクタイを締めるひまがなくて、あとで締めようとコートのポケットに入れて移動したら、気がついたらネクタイをなくしていたマイク松ですこんにちは。ちょっと社会人としてどうなんでしょうか。いろんなところに「不審なネクタイ落ちてませんでしたか」と聞いて回りましたが、みつかりません。誰かに食べられたのかなあ。

さて、ひじのせいでなんとなくWBC関連のニュースをとりあげてしまうのですが、どうしても景気の悪い感じになるのは、あのさむらいじゃぱんとやらが主力抜きのカアプやハンシンに負けてしまうからいけないのです。広島版デイリーには「強い強すぎる」「侍斬り」などの見出しが躍り、ハンシンに至っては「虎・メッセ、侍メッタ斬り!」「虎・西岡&福留、侍撃ちで喝!」などと体のいいかませ犬に使われてしまう始末。メッタ斬りかー。

そんな打線が低調な日本代表。いろんなところでさまざまな強がりが聞こえてくるのですが、そんな現状を冷静に見つめている主将もいます。アベとやらは冷静に見つめすぎてだいぶ落ち込んでいるようで、こんなことをいっています。

「今の自分は“ニセ侍”と言われてもしかたない。いや、サムライですらない。まさに“落ち武者”ですね」

この人は冷静なのはいいのですが、武士関係の理解を完全に誤っています。どうやらこの人は、

さむらいじゃぱん>サムライ>ニセ侍>落ち武者

こういう序列で考えているようです。とんでもない。そもそも現在のプラウドなイメージのサムライは江戸時代に確立されたものだと思いますが、平和な江戸時代ではどうせ戦で戦ったこともないわけですよ。それに比べて落ち武者は負けてもおちのびて再起をうかがう誇り高き存在。戦国時代まで戦をしているからこそ落ち武者にもなる。まあ少なくとも戦に出たこともないサムライは、落ち武者と戦っても確実に負けますね。ましてやさむらいじゃぱんは刀じゃなくてバットもってるんですから、かなり不利です。武将としての強さでいえば、

落ち武者>サムライ=ニセ侍>さむらいじゃぱん

になるでしょう。むしろ落ち武者の打たれ強さと、戦士としての誇り、地侍のような野心と勝負強さ、そして実戦の強さをもっと見習うべき。そのような意味を込めて、自分たちを落ち武者じゃぱんと呼称することが、反転攻勢のきっかけになるのではないでしょうか。

ところでにっかんって見出しで日本代表のことを侍日本って書きますよね。文字数が少ないからだと思いますが、これだとシブがき隊ですよね。

落ち武者・ニッポン (もとねた:サムライ・ニッポン 歌詞)

Woowa Sawa Yeah Yeah
Ochimusha Nippon

止めなよつらいぜ ツっぱるなよ
コージの目も泳いでるぜ
そっぽ向かずに試合を見ろよ
涙でベンチ濡らして 馬鹿だねお前

無理してアソビと割り切るお前さ
痛いね 悲しい昨日が見えるよ
併殺は生命のダイナマイト
吹き飛ばすぜ楽観論 打ってみろよ

もうぼやかせないぜ さあついて来なよ
いま見せてやるぜ 本当の漢

落ち武者・ニッポン
そこらの貧打じゃないぜ
格が違うぜ俺は アレが違う
落ち武者・ニッポン
死ぬまで落ちのびまくりさ
「次は勝つよ」と軽く言えないけれど
覚悟を決めなよ 戒厳令さ
奪いに行くぜ 落ち武者クーデター

相変わらず歌の力というものをびんびん感じるシブがき隊の曲。すごいですね。ちなみに落ち武者といった主将は今日は休みましたが、黄泉瓜に快勝して勢いづいたようです。よかった。この調子で粘り強く勝っていきましょう。落ち武者クーデター!(スローガン)

JSPORTSの沈黙とサンテレビの愛について、あとハンシン×キューバ戦も

Windows8搭載パソコンをさわってみたのですが、アプリケーションを起動するとか、終了するとか、電源を切るとか、当たり前の操作がまったくできなくて困るマイク松ですこんにちは。このわからなさすごい。今更OSの説明本とか買わなくてはいけないのかと暗くなっています。

さて、来シーズンのスカパー!のプロ野球中継のことについて調べていたら、なんかすごいことになっているようです。プロ野球のコンテンツ価値が下がってるのか上がってるのかたぶん下がってるのか。

  • 黄泉瓜:G+
  • ヤクルト:フジテレビONE
  • 横浜:TBSニュースバード
  • 中日:JSPORTS 2
  • ハンシン:スカイ・A、GAORA
  • 広島:JSPORTS 1
  • ハム:GAORA
  • 楽天:日テレプラス
  • 西武:朝日ニュースター
  • ロッテ・オリックス・ソフバン:FOX

昨シーズンまで5チームの試合を放送していたJSPORTSですが(それでも前年より減らしてた)、今年はなんと2チームですよ2チーム。それでいて1~4のばら売りをやめ、セット売りのみにするという。どういうことでしょうか。国内最大のスポーツチャンネルとやらが、2チーム。球団は12あるんですよ?というかみんなばらばらじゃないですか!

JSPORTSがもっていたパ・リーグの試合は、FOX bs238という新しいチャンネルにとられてしまったみたいですね。確かに3球団の試合はやってくれるみたい。他にもいろいろあるんですが、しょうもない映画とかはおいといて、1つだけ、マイク博士の猛毒動物一本勝負!というのだけは気になります。詳しくはないですが、僕も猛毒動物は大好きです。

確かにフィギュアスケートではだいぶお世話になっているのであんまり悪くはいえないのですが、カアプの試合をみるためだけに2400円/月も払うほど、フォルス・スタート商会はもうかっていないのです。まあそれどころかまったくもうかっていないのですが、この複雑な思い。神の不在について考えていると、富井が「こう考えるとやっぱりサンテレビってすごいよな」とつぶやきました。

確かにすごい。なんともいえない味のあるローカルCMでおかねを稼ぎながら、ハンシンファンのためにすさまじいクオリティのハンシンの試合を試合終了まで中継し続ける。以前から関西人はなぜハンシンファンになるんだろうと考えていたのですが、やはりサンテレビがあるからだといわざるを得ません。なんだか遠藤周作『沈黙』のことをいつも考えてしまうんですよね。地上波での中継がなく、こうして悲嘆に暮れるプロ野球ファンに対し、サンテレビはボックス席という愛を映すのです。

その時、見るがいいとテレビのあのチャンネルは野球ファンに向かって言った。見るがいい。お前の目の痛さをこの私はよく知っている。見るがいい。私はお前たちに見られるため、この世に生れ、お前たちの痛さを分かつためボックス席を映すのだ。

とりあえず4月からFOXだけにして、カアプ戦はサンテレビとBS1に頼りたいと思います!

前置きがすごく長くなりましたが、今日はハンシンがキューバ代表と強化試合をしていました。強打者のそろったキューバ。おもしろい名前が多いのでつい応援してしまうのですが、今日はハンシンも若虎中心のメンバーです。若虎は30歳でも若虎ですので、良太も若虎です。

ハンシン先発はスタンリッジ。キューバ打線をばっちり抑えます。さすが。対するキューバのデスパイネは立ち上がり、1死満塁からマアトンに2点タイムリーを打たれ、ハンシンが先制します。そのあともスタンリッジがしっかり抑えすっかりハンシンペース。遠慮無くスタンドで応援するファンも、最強軍団に勝てるかと期待が高まります。

しかしせっかく寒い日本に来てもらったのにいやな思いをさせてはいけないというサービス精神が、2番手ピッチャーにコジマを出してしまいます。そんなフォースに応えてコジマは5回に無死満塁のピンチを作っておいて、セペダに2点タイムリー、アブレイユに犠牲フライを打たれてあっさり逆転。この一気の逆転がコジマですよ。小鳥ですよ。

そのあとはお互いにいいところなく試合終了。手抜きではなく本当なのでしょうがないです。2-3でハンシンは負けました。とはいえコンラッドも結構いいバッターだし、若手も活躍してるし、福原も久保も試せたし、コジマのおかげでキューバも元気づけられたし、有意義な試合でした。

今年のサンテレビもたのしみです。もし5年後くらいにこのサイトがハンシン一色になったとしても、それはサンテレビの愛のなせるわざなのです。

オリックスとブラジル代表が強化試合(どっちのチームにとっても)

ピッチャーの肘を再生するトミー・ジョン手術ってありますが、あれをトミー・ジョーンズ手術と思っていたマイク松ですこんにちは。もちろんトミー・ジョーンズ博士がやってるんだと思いましたが、考案者はジョーブ博士で、トミー・ジョンに最初に施術したからそういう名前がついているそう。最初に僕に手術したらマイク松手術になるわけですね(そんなに悪くありません)。

それにしても結構自信もって間違えてました。トム・ジョーンズ(性爆弾の人)手術じゃないよと思っていたので。トミー・ジョーンズはこないだのインターナショナル ボウリング チャンピオンシップで優勝したプロボウラーでした。

さて、今日から?WBCの強化試合が行われているようです。夜はハンシン.vs.日本代表といういいカードが組まれているそう。しかし極東事務所に行くと富井が「録画しておいたからこれみようぜ」と再生したのは、おひるにおこなわれた、オリックス.vs.ブラジル代表でした。

富井は「ハンシンはキューバと日本代表なのに…」とぶつぶついってましたが、しょうがありませんよ。もしキューバと日本代表に当たってしまったらひょっとしたらこなごなに負けるかもしれませんからね。日本代表に自信はつけてしまうかもしれませんが。

ということで録画した試合をみることになったのですが、ブラジル代表のスタメンをみてテンションがあがりました。

1 CF パウロ・オルランド
2 2B フェリペ・ブリン
3 3B レオナルド・レジナット
4 1B 松元ユウイチ
5 LF チアゴ・マガリャンエス
6 DH 佐藤二朗
7 RF フアン・ムニス
8 C 平田ブルーノマサキ
9 SS 奥田ペドロ
P ラファエル・フェルナンデス

こんな素敵な名前の選手たちだったとは。当然ブラジル代表応援したいと思います。奥田ペドロが熱い。マガリャンエスも熱い。松元ユウイチはキャプテンだそう。オリックスは若手とベテランをうまく混ぜているものの、WBCメンバーを除くとこんな感じになるでしょうか。

会場はかなりお客さんも少なく、見に行ったらよかったなと思わせました。と思ったらあまり近づきたくない人相の、私服の日本代表たちが試合をみていました。何してるんだと最初は思いましたが、夜の試合の合間に偵察してるんだとわかりました。3回くらいでみんな帰りました。

ブラジル代表の先発はフェルナンデス、オリックスはディクソン。わりと渋い試合をしていました。ムニスもがんばってたし。そんなブラジル代表にオリックスは伊藤のスクイズで先制。渋い。

オリックスのアナウンスも国際試合仕様で、「5番、DH、竹原」という感じ。こんな感じのアナウンスは大坂夏の陣しかないので、あれ?夏の陣?冬の陣?いや夏の陣?と真田記念日状態になりました。

日本代表が帰って「遊びは終わりだ!」などと強くなったらおもしろいなと思いましたが、5回に打線がつながって、松元ユウイチのタイムリーで同点に。さらに逆転します。おおーいいじゃないですか!

オリックスは2番手に新戦力ハモンドが登場。思い切りのいいピッチングでどんどん打ち取っていきました。これはいいですね。ブラジルはフェルナンデスのあとゴーベア、金伏ウーゴ、吉村、ノリス、コンドウ、ヴィエリアなどとすごい名前の選手たちがどんどん続きました。

回が進むにつれてオリックスも実力を発揮。4点を奪ったりして6-2で勝利でした。オリックスにしてはチーム作りの大事な一戦。つまりブラジル代表にとってもオリックスにとっても強化試合なのです。本来そういうものです。オリックスは若手が特にいい走塁をみせていました。ブラジルはピッチャーの制球がよくなれば、結構バットが振れていたので打ち勝てるかも。がんばってほしいです。

あれ?ハンシンがどうも日本代表に完封勝ちしたみたいですね。ピッチャーはメッセンジャー、白仁田、川崎、伊藤和というリレー。…ある意味カアプに負けたときよりも衝撃的なリレーです。でも大丈夫!練習試合で完封されるのは吉兆だから。吉兆吉兆!

明日のブラジル×オリの強化試合について

WBCに興味がないと言いつつ、WBCがらみの記事ばかりですみません、富井です。

26日のブラジル×オリの強化試合のチケットの値段を調べたら、同日に日本×阪神の試合もあって、しかも2試合分の値段だそうですね。翌日は中国×オリとキューバ×阪神。ちゃんと夜の方がお客が入るようにしてますね。さすが商売上手のWBC。わかってる!

そういえばブラジル代表のピッチャーに16歳のダニエル・ミサキという選手がいるらしいのですが、彼に知っている日本選手を聞いてみると「アベ!」「ゲームでよくアベを使うんだ」と答えたそうです。

インタビューはそれだけなんですが、きっとこの後こう続いたのではないかと想像しています。
「オリックスの選手って知ってる?」
「オリックス・・・アア、オカネモチノカード」
「いや、それアメックスやから」
「サイキンワダイノケイザイノ」
「それアベノミクスやから」
「ゼイキン?」
「タックス?」

今年優勝してしまうチームだからって知らないよね!願わくば「オリックスいうチームは聞いたことなかったけどさすが日本プロ野球球団だな。なかなかやるやんか」ぐらいは思わせて欲しいです。ミサキくん、次はゲームでも金子とか岸田とか平野とか使ってね。では今日のオリ眠いい昔話です。

<牛彦虎彦>
昔ある村に牛彦と虎彦という若者が住んでおったそうな。
虎彦は村中の人気者、牛彦は影の薄い若者じゃった。ある日牛彦は鳴尾浜で村中の娘っこたちが虎彦を囲んでいるのを見て「これじゃあいけん、どげんかせんといかん」と思った。牛彦は強くなったら娘っこたちが虎彦のようにちやほやしてくれるだろうと考え、方々の村々を巡って武術を教えてくれる師匠を探して回った。口の悪い師匠、気の短い青い目の師匠、優しいけどいつの間にか本社の意向でいなくなってしまった師匠、難しいことしかいわない師匠・・・いろんな師匠について稽古したがなかなか強くならなかった。
しかし、優しくて男前の師匠について稽古をするとみるみる上達し、やがて牛彦にかなうものは村にはいなくなったようであったが、そのことは村人たちはだーれも知らなかったんだと。

おやすみなさい。

大相撲3月場所2013:番付発表チェック

肘の痛いマイク松ですこんにちは。ヘルニアのせいかと思って湿布とかは貼らなかったのですが、ものすごい痛くなって病院にいったら湿布を貼れといわれました。せっせと湿布を貼っていって痛み止めを飲むとだいぶよくなってきました。左腕が使えないとほんと不便です。

ということで養生しているのですが、もうすぐ大相撲の春場所が始まります。ということで番付発表をチェックしておこうと思います。忘れないうちに。

1. 大関が4人に、またアミーが小結に

横綱はハルマが東の正大関に。東西そろうと落ち着きますよね。

大関は把瑠都が返り咲きに失敗してしまったため、4人になりました。これくらいがちょうどいいですよね。上がってもらうためにも、もう1つくらいあけておいてほしいですよね。あ、もちろん横綱になってってことですよ☆

東の正大関はなにげにキセ。さすが横綱に最も近い男!今場所はみんな大関の存在感をみせてほしいものです。

関脇はそんなわけで落っこちてきた把瑠都とゴーエードー。小結は栃煌山にアミー。アミーは返り小結として上位を苦しめてほしいのですが、だいたい三役になるとあんまり調子がよくないので、期待せずにみておきましょう。

2. 前頭上位は若手に不思議な人たちが混じる

前頭上位は筆頭に高安があがってきました。このところの好調を反映してますね。上位でも暴れてほしいです。その反対側にはなにげに栃ノ心。

上位には千代大龍、妙義龍、勢、松鳳山など期待される若手がラインナップされていて、荒れる春場所を期待させますが、そんな上位には時天空や豊ノ島、阿覧などもいたりします。不思議だ。そんなに勝ってましたかね。碧山やガガも含めて、一時かなり悪かったヨーロピアンも増えてきましたね。

中盤にはベテラン勢も多数。このへんがしっかり活躍してくると、若手の活躍も引っ張り出されますね。

3. 前頭下位は新入幕2人、返り入幕3人

今場所は双大竜と大岩戸という2人が新入幕。2人とも東北出身ということで、がんばって地元を元気づけてほしいものです。まずは幕内定着を目標に。

そして常幸龍、千代の国、磋牙司の3人が返り入幕。千代の国が戻ってきたのはうれしい。けがさえなければ今頃幕内上位に定着していたことでしょう。出直しの場所がんばってほしいです。

栃乃若、舛ノ山、佐田の富士などの若手は地固めをしたいところですが、若手と競い合ってほしいです。玉鷲は10枚目にアップ。いいぞ。若の里は幕じり。やばいぞ。

全体的に若手の元気な活躍が期待される番付になってますよね。変わってきた。それが実現してほしいものです。

フィギュアスケート眠いい話

こんばんは!いい年をしてフリーセルに夢中になっている富井です。ゲームをしはじめると止まらず、いっそうだめ人間ぶりに拍車をかけています。早く真人間になりたーい(空虚な感じで)。

昨日の眠いい話が社内で好評だったので今日はフィギュアスケートで作ってみました。
フィギュアスケートといえば、ロシアの世界選手権代表が発表されたのですが、男子はコフトン、女子はソトニコワ、トゥクタミシェワ、レオノワだそうです。男子の枠取りにコフトンですか。確かにヨーロッパ選手権はいい成績でしたが、ロシアの国内大会では5位。可能性としては一番高いような気がしますが、どうなんでしょうね。フィギュアスケートって難しいですね。レオノワも実力的には申し分ないですが、国内大会では7位。んーどうなんでしょうね。ま、女子はオリンピックの出場枠で考えるとソトニコワ、トゥクタミシェワの2人がいれば誰でもいいような気がするので、それなら経験豊富なレオノワにって事になったんでしょうか。

それではロシアとは全く関係ない眠いい話です。

<時わらじ>
昔あるところに一人の殿様が住んでおったそうな。この殿様は少々変わったところがあり、家来たちからは「うつけ」と言われることもあったが、朗らかな気のいい殿様じゃった。殿様はお忍びで旅をするのが大好きで、ある日こっそり城を抜け出し、一人でお伊勢参りにでかけたそうな。
山道にさしかかろうとしたところで、わらじの鼻緒がぷつっと切れた。「やや、これはこまったことになった」としょんぼりしているとちょうどそこにわらじを売っている店先があった。しかしこのわらじ売りの店主は少しでも多く金をせしめてやろうとするずるい人間であった。
「これこれ、このわらじを1つおくれ」
「へい、だんな。ありがとうございます、18銭になります」
「18銭か、よし、1つ、2つ、3つ、4つ・・・」
と、殿が数えていたところ、突然店主が。
「すみません、今何時でしょう」
と、時間を聞いてきた。
「そうじゃな、八つ時じゃな・・・8つ、9つ、10、11・・・」
「ああ、もう八つ時ですか。」
「うむ、8つ、9つ、10、11・・・」
「八つといえばおまんじゅうですかね」
「まんじゅうはよいのう、えっと、じゅう、じゅういち・・・」
結局18銭のところを32銭払ってしまったが、殿は細かいことは気にせずそのまま楽しく旅を続け、欲深い店主は鬼に食べられてしまったそうな。

おやすみなさい。

優勝してしまうオリ、横浜に負ける

どうも!富井です。
実は最近マイク松が肘の痛みを訴えていて、「すわトミー・ジョン手術か(トミー・ジョーンズと書いていましたが、トミー・ジョーンズはボーリングの選手でした。トミー・リー・ジョーンズは映画の人。ちょいちょい間違えます)」と大騒ぎになったのですが、ちょっとキーボードを打つのを控えればいいと言われたそうです。ということで、しばらく連投が続きます。すみません。大体オリックス関係なのはネタがないのと何も調べなくてもほぼ想像で書けてしまうからです。いいな、いいな、オリックスっていいな。ファンが少ないっていいな。

オリックスはキャンプが終わって沖縄本島へ移動。今日からオープン戦やらWBC強化試合といろいろあるのですが、今年最初の試合は横浜とだそうです。オリの先発はノーヒットノーラン男・西。対するベイスターズは三嶋(ルーキー・法政大)。西は梶谷にツーランを打たれて2失点ですが、7安打とは結構打たれまくりだったようですね。対して横浜のピッチャー陣には完封リレーされ、3安打・・・。2-0とあっさり負けました。

オリは今年優勝してしまうんじゃないんですか、どうなってるのオーナー!(お約束)
普通に負けてしまってむしゃくしゃしたので「おやすみ日本」の日本眠いい昔話にならってオリ眠いい昔話を作って寝ることにします。

<うらしまデニー>
昔あるところに先発ピッチャーに困ってたピッチングコーチがおったそうな。
ある日の夕暮れコーチが海辺を散歩しているとビジネスマンたちにいじめられている亀がおった。コーチはかわいそうに思い、鬼のような形相でバットを振り回し、亀を助けてやった。
亀は助けてくれたお礼にと「竜宮城」というお店へ連れて行ってくれたそうな。そのお店は夢のように美しいチャンネーが舞い踊っていてしばし時が経つのを忘れ、先発ピッチャーがいないことも忘れておった。しかし「もう、アレよ」という声で我に返ると顔色の悪い男が首を回しながら隣に座っていたそうな。時計を見るといつの間にか朝になっていたので慌てて帰ろうとすると、その隣の男に「これは亀を助けてくれたお礼です。くれぐれも人に見られないよう大事に持って帰って下さい」と玉手箱を渡されたそうな。「これはもしかしてアレですか」と聞くと、男は「そらそうよ」と言い残して去った。

急いでホテルに帰る途中で中畑監督とすれ違ったが「先発ピッチャーを探してました」と言ってごまかし、部屋で箱を開けてみると中からもくもくとしたけむりと一緒にジップヒットがでてきたそうな。

おやすみなさい。

WBCブラジル代表は東京ヤクルト+ムニス!

昨日のオリックスの記事を書いた後で、そういえば、ブラジル代表って松元ユウイチ以外誰がでるか全く知らないなとウィキペディアで調べたところ松元ユウイチ以外にも(元を含めて)5人も東京ヤクルトスワローズの選手が名前を連ねていて驚きました。

・松元ユウイチ
・金伏ウーゴ
・ラファエル・フェルナンデス
・佐藤二郎(ツギオ佐藤・元ヤクルト)
・曲尾マイケ(元ヤクルト)

名前を聞いても知らない選手ばかり(すみません)なのですが、こんなにブラジルとヤクルトにつながりがあったとは!こうなったらつば九郎が全身黄色に染めて応援してあげるべきではないでしょうか。もしくはちょうど全身黄色の大相撲マスコット「ひよの山」が応援に駆けつけてあげて欲しいですね。魁聖(友綱部屋)もブラジル出身だし。新しいファンを獲得できますよ、貴乃花親方!

他の代表メンバーを見ても日系人が多く、また日本の社会人野球や大学で野球をしている人も多いんですね。ノムさんもぼやいてないで、ブラジル代表とかに押しかけて教えてあげたらおもしろいんですけどね。日本のスポーツ新聞は間違いなく盛り上がりますが・・・。

それからもう一つ驚いたのは千葉ロッテにいたムニスが代表にいるじゃないですか。もう応援歌の「ムーニス、ムーニス、ムニス」しか思い出せませんが、なつかしい。ブラジル代表は意外に親しみを感じる選手が多くてびっくりです。このメンバーで日本代表に勝ったらすごいなあ。何が起こるか分からないのが野球。ヤクルト軍団(元メンバーも含めて)の大活躍を期待したい。オリックスの強化試合はお手柔らかにお願いします。元代表の小松からホームランとか、いい感じに来ているT-岡田をすべてポップフライに仕留めるとか、やめてあげてくださいね。

キャンプはもう終盤、今年のオリはどうでしょう

佐賀に行ってきました。富井です。列車内からベストアメニティスタジアムをのぞきながら、ベストアメニティスタジアムっていうことは手を洗うところにに綿棒や歯ブラシなんかが常備してあるんだろうか座席に座るとおしぼりが出てくるとか・・・と妄想してきました。妄想するだけならタダですからね!

そんな私の列車の友達はスポーツ新聞。往きは関西版デイリー、帰りは日刊スポーツを読みながら帰りました。関西版デイリーはまさかのオリックスの記事なし。隅から隅まで探しましたが、糸井とイ・デホ以外の名前が見つかりませんでした。そして日刊スポーツでは記事があったのですが、金子右肘の炎症で2軍へというのと、岸田肉離れという怪我情報ばかり。・・・今年は優勝してしまうわけなんですよ、じゃないんですか。どうなってるのオーナー!ショートは安達できまりですか。

さて、先日カープの若手がWBC日本代表と強化試合をしてぼこぼこにしましたが、オリックスは2/26にブラジルと、2/27に中国と強化試合が組まれているそうです。これは楽しみ。結構いい勝負になるんじゃないかと期待しています。

<予想される見出し>
・ブラジル、パワーで互角!
・中国、乱打戦を制す
・大丈夫か、日本代表
・侍よ、これがブラジルだ
・侮れない・・・山本監督もため息

ポイントはどこにもオリックスって書いてないところだよ☆

日本カーリング選手権2013、男子決勝みました

旅行で佐賀に行ってきたマイク松ですこんにちは。いいところでした。昨日の夜ごはんをたべに居酒屋にいったのですが、料理が出てくるのが異様に遅かったです。富井と僕がいっしょにごはんをたべにいくと、よく注文を忘れられます。なぜだろう。

ということで今帰ってきました。録画してあった日本カーリング選手権を早速みます。

日本カーリング選手権、男子決勝、SC軽井沢.vs.チーム北見。実況は鳥海さん、解説は土屋さん。

第1エンド、なんかハウスの中に星座のようにストーンがずらずらっとタテに並んでました。これで全部テイクアウトしてペガサス流星拳という流れかと思いましたが、テイクテイクでちょっとずつストーンが出て、スキップ敦賀のテイクショットでちょうど黄色いストーンだけが全部出るというすごいショットがでました。軽井沢もスキップ兄のダブルテイクで応戦し、最後のストーンがまさかのスルー。軽井沢がスチールしました。

それにしても男子はやっぱりスイープでのびますねー。

第3エンド、軽井沢のセカンド清水がガードの間を通すナイスショットでテイク。しかし北見もヒットアンドロールで応戦。ナンバーワンをめぐる争いは、ラストストーンで兄がオーソドックスに2点ではなく、テイクで3点とりました。スーパーショット。

第4エンド、兄のテイクショットで軽井沢のストーンが残り、北見は1点とらされる展開になりました。

スタンドに札幌国際大の選手たちがみてます。

第5エンドは北見がうまくテイクできず、軽井沢は3点狙うも2点。前半戦は軽井沢がリード。北見はなかなか微妙なコントロールが微妙にできないですね。ほんと微妙なんですが。

第6エンドは軽井沢がハウスの中にストーンをためていって、また北見が1点とらされる展開。どうもガードにあたってしまいます。

第7エンドから軽井沢はテイク戦に持ち込んで、ハウスの中のストーンをはじいていく展開。1点ずつ取り合っていきます。

第9エンドは清水のトリプルテイクアウトが決まりました。それが効いて9エンドでギブアップ、SC軽井沢の勝利。すごい雄叫びがあがっていました。

男子の試合はすごいストーンのウェイトがあって、どーんどーんどーんとストーンがはじけるのは爽快ですね。女子は女子でいいウェイトコントロールがみられていいんですが。

これで日本カーリング選手権は終了。カーリングのある生活終了。楽しい時間が終わりました。もうカーリングは囲碁と将棋と同じように、日曜のお昼に毎週やるべきです。考えながらみる日曜の午後。最高じゃないですか。もっともっと試合がみたいです。世界選手権の放送あるといいなあ。

クチピーの日本語公式サイトを発見

高梨個人総合優勝。いやすごいですね。今日リュブノ大会BS1でみましたが、直前にゲート下げてるのに2本とも最長不倒。フォームのよさが半端ないです。この調子で世界選手権もいってほしいですが、試合後のインタビューで総合優勝のことをすっかり考えずに飛んでいたそうです。ピーターソンかと思ったマイク松ですこんにちは。

さて、お仕事に疲れてぐったりしていたところ、富井から衝撃のおしらせがTwitterで届きました。びっくりです。

氷上のダークサイド、ヘルズエンジェルス・オン・ジ・アイス、ジャッジみなごろし、のろいの口ピアス、フィギュアスケート殺人事件、俺たちのロカビリーナイト…さまざまな異名をもつクチピーことアドリアン・シュルタイスさん。今はけがの治療でおとなしくしていますが、どうやらやつのアジト公式サイトに日本語版があることがわかったのです。

アドリアン・シュルタイス公式サイト

これは便利!これまで謎に包まれていたクチピーの詳しい情報が、わかりやすくまとめられています。もともとわかりやすいのにオマエたちが謎で包んでいるんだというご意見はディクラインして、世界20億3千万人のクチピーファンにとってもありがたい限りです。

それにしてもプロフィールもしっかり記されていますね。僕はてっきりこんな感じのプロフィールなんだろうと思っていたのですが、僕の間違いでした☆

  • 職業:フィギュアスケーター、喧嘩屋
  • 趣味:抗争
  • 好きな色:赤は血の色、黒は罪の色
  • 食べ物:生肉
  • 飲み物:甘い汁
  • 音楽:ギャングスタ・ラップ
  • 言葉:喧嘩上等、天上天下唯我独尊
  • 場所:危険な場所ならどこでも。ブロンクスも悪くないね。でも、いつか行ってみたい場所がひとつあるんだ。関ヶ原古戦場だよ!検索してみて!
  • やる気が起きるのはどんなこと?:倒すべき敵が強ければ強いほど。
  • どんなことで笑える?:敵を倒したとき。
  • もし一日だけ誰か別の人になれるとしたら?:フリーザ様になって「わたしはあと3回変身できるんですよ」という。
  • 一番の教訓は?:力こそ正義

クチピーはヘルニアで手術をして、今復活の途中だそうです。がんばれクチピー。敵ではないけどたくさんのライバルが、オマエを待っていますよ。咲かせろ、悪の華!(エール)

そしてマヨロフ、死ぬほどがんばって、来年のクチピーの枠をゲットしておいてください。母より。

日本カーリング選手権2013、女子決勝みました

昨日WBC代表とカアプが練習試合やるのに、カアプは空気読むだろうなと書いてしまいましたが、ごめんなさいあのチームは破天荒でした。まさかの完封勝ち。鈴木とやらがすばらしい活躍で、カアプ側にいたマエケンもまずまずの投球。まあ先発勢があんまり出てないカアプに完封されたWBC代表ですが、結構最初にくちゃくちゃにやられるとあとで調子よくなるような気がするので、たぶん吉兆なんだろうと思うマイク松ですこんにちは。吉兆吉兆!

さて、今日は日本カーリング選手権、女子決勝をみました。しっかりニュースをシャットアウトして、万全の体制でみました。

プレーオフは1位北海道銀行が勝利、2位のLS北見は3,4位戦を勝ち上がった中部電力と対戦し、確実な試合運びで決勝に進出しました。決勝は北海道銀行.vs.中部電力。ずっとみたかったのに見る機会がなかった北海道銀行が最後にみられてよかったです。

今日はライブなのでいろいろみられてよかったです。北海道銀行は伝説のコーチフジロイミキさん。中部電力はご存じはと美さん。濃いですねー。メンバー紹介とかもありましたが、日本一を決めるにもアットホームな大会になってるのがカーリングのいいところです。

解説は金村さん、ゲスト解説にチーム北見の敦賀さん。ダブル解説はとてもわかりやすくてよかったです。2つの視点があるので、アプローチも複眼的だし、敦賀さんも大事なところのアドバイス的な解説ですばらしく見やすかったです。男子決勝もたのしみ。

試合は細かく書くときりがない、でもきりがないくらい書きたい、書けるようになりたいですが、刻々と変わるアイスの状態にうまく対応しながら、技術の高い試合展開になりました。息詰まる戦いで点を取り合いながら試合が進みます。

北海道銀行は小笠原・船山の技術と経験はさすがです。意思決定が早いし攻め口をたくさん考えてきます。リードの吉田とセカンドの小野寺も堅実なプレー。スーパーショットを決めたりして試合を進めます。

中部電力は天才スキップ藤澤のオフェンシブな指揮に対して他のメンバーも確実なプレーで応えます。試合を通じてどんどん調子を上げていったメンバー。最終的にはほんとに安定してました。

試合が大きく動いたのは第6エンド、ハウスにストーンがたまる展開になり、ハーフタイムあけで少しアイスの状態が変わったのが影響し、北海道銀行はうまく守れず、中部電力が5点というビッグエンドを作ることができました。たぶんみんな奥にある4点目のストーンが見えてなかったんじゃないかと思うくらい無視されていたのですが、これで中部電力が大きくリード。

北海道銀行はそれからなんとかビッグエンドを狙いますが、中部電力は強く確実なショットでてきぱきストーンをクリアしていき、1点ずつしかとれませんでした。9エンドの時点で試合終了。中部電力が3連覇、世界選手権に進むことになりました。

順位は決まりましたが、それぞれのチームがほんとによくがんばって、いい試合をしていました。おつかれさまでした。

世界選手権みたい!ぜひぜひ中継してほしいです。お願いします!

そしてカーリングほんとにおもしろい。しばらくは試合を見返しながら、用語や戦略を覚えていきたいと思います。

四大陸フィギュアスケート選手権2013(2):男子シングルFS

そういえばWBC代表とカアプが明日練習試合やるらしいですね。相手はカアプですか。カントクの意向もあるんでしょうけど、たぶん空気読んで無茶しないからだなと思う富井の部下、マイク松ですこんにちは。これがオリックだったら空気読まずに西が完封して、空気読まない発言とかするんだろうなと富井がいってます。やってほしいなあ。

今日はようやく四大陸フィギュアスケート選手権の男子シングルFS。カーリングで見るのが遅れました。しょうがないです。

四大陸フィギュアスケート選手権、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は杉田さん。

キム・ミンスクから。シルク・ド・ソレイユ「トライアングル・タンゴ」。3Aから成功。ゆっくりでも決めた方がいいです。3Tはダブルに。もう一度3Aにいくも今度はダブルに。スピンで持ち直してスピードあげていこう。3Fもシングルになりました。かなり緊張していると杉田さん。3Loもダブル。なんとか持ち直すきっかけがほしいですね。ステップはリンクを広く使ってます。2Aは決まりました。3S+2Loも成功。いいですね。コレオシークエンスから3S、スピンでフィニッシュ。これをいい経験にして成長してほしいですね。韓国のフィギュアスケートも盛り上がっていくんだろうか。137.63。

ブレンダン・ケリー。「アングリー・アンド・デッド・アゲイン」。4Tに挑みましたが転倒。3Aはシングルに。3Fはオーバーターンでアウトエッジになりました。うーん。ステップは動きはがんばってつけてますね。3Aもまたもやシングルに。3Lz+2Tはまずまず決まりました。3Loもシングルに。どうもタイミングがうまくつかめないですね。ほんとはジャンパーなんだと思うんですが。3S+2Tはセカンドがツーフット。もう1つ1A。ジャンプが最後まで立て直せませんでした。134.26。キスクラでもめっちゃしょんぼりしています。どんまいやで。

デイビッド・クランジェック。「ウォーク・ディス・ウェイ」。3T+2Tは間にターンが入りました。3Fは転倒。3Lzも転倒してます。スピンでちょっと落ち着こうぜ。杉田さんも「ジャンプがミスが多いですね」といってます。オマエにいわれんでもわかっとる!3Sはステップアウト。ステップのあと2Aはようやく決まりました。3Sは転倒。うーん普段はもっと決められてるんじゃないかと思うので、いい機会にしてほしいですね。がんばれがんばれ。115.82.

エラジ・バルデ。だいぶ早く出てきてしまいましたが、がんばりましょう。ベートーベン「月光」のアレンジ。最初にダンススキルをアピール。3Aは手をついてしまいました。3Lzはきれいに決まりました。いいぞ。3A+1Tはなんとかもちこたえました。3Loも成功。悪くない序盤。盛り上げてステップにいきます。足下はともかくよく体も動いてますよ。スピンはまずまず。3Lz+3Tを後半で決めてきました!3Fも成功。慎重に跳んでますね。キャメルスピンはいいポジションです。最後まできっちり演じました。まずまずの演技でしたね!有香ちゃんもそれなりにご満足の様子。176.33。

ジョーダン・ジュー。「マラゲーニャ」。3A+3Tは間にターンが入りました。ちょっと動きが少ないですね。3Lzは跳ぶタイミングが遅れて転倒。3Loはいけました。3Fはよくわかるアウトエッジ。シットスピンはゆっくり。3Lzは転倒。持ち直してほしいですね。ステップはリンクを広く使ってます。3Sは手をつきました。いくつかいいジャンプもありましたし、ジャンプをまとめていけば、カナダでいい練習ができればいいのかも。121.11。

第2グループ。

いきなりきました、アブザル・ラキムガリエフ。ラキムタイム!「アダムス・ファミリー」より。あやしい笑顔からスタート。3Tをきっちり決めました!よーし。蛇拳でやられた人みたいな演技のあとにターンから3A。3Loも成功です。ジャンプいいですね。WINKから蛇拳のような動き。ステップでもエッジをゆったり使ってますね。ポケットのごみを捨てるような動きから投げキッス。コンビネーションを全部後半においてあります。がんばれ!3A+2Tをまず成功。3Fはステップアウト。おしい!3F+2T+2Tはなんとか成功。3Sはクリーン。2A+2Tもきっちり。コレオシークエンスはだいぶ疲れてます。もうちょいや!キャメルスピン、シットスピンでフィニッシュ!よーし上出来です!185.81!いいじゃないですかー。この時点で1位。モロゾフも多少満足の様子。

イー・ワン。メタリカ「ナッシング・エルス・マターズ」。4T+2Tをまずは成功。4T単独はステップアウト。しかしすぐ3Loを跳んで立て直してきます。ステップは上半身の動きをがんばってますね。スタミナも自信ありか。シットポジションはもう少し深い方がよさそう。3Lzはステップアウト。3Fは手をつきました。うーん。3Sはまずまず。やっぱりスタミナがなくなってきたかも。3F+2Tはいけました。コレオシークエンスから2A、コンビネーションスピンでフィニッシュ。でもこれでもしっかり4Tを跳んでるんですから、これから伸びてくる選手かも。195.01。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。「マラゲーニャ」。どうもコーチがイリア・クーリックらしい。なかなか手の動きが印象的です。3Aは流れは止まりましたが成功。3Aもう1つはステップアウトでコンビネーションにならず。3Lzはクリーンです。コンビネーションスピンはおもしろいポジションのがあります。得意なんかなあ。ステップは技術はともかく表現力は結構あるし、振り付けをよくがんばってます。3Fはダブルに。3Loは手をつきました。スピードがなくなってきて勢いがつかないですね。3Lo+2Tはなんとか踏んばりました。3S+2T+2Tも何とか成功。イナバウアーから3Tを決めて、スピンからコレオシークエンス。みなごろしイーグルも入れたり、バランスがいい選手。最後はいいビールマンスピンでフィニッシュ!しっかり育てていってほしいです。めざせフィリピンのホンダバン。178.08。

イ・ジュンヒョン。「セビリアの理髪師」。王子っぽい衣装。もうちょっと最初はリズムをとらえてほしいところ。3Aはばっちりなので大丈夫ですね。3F+3Tはセカンドでオーバーターン。なんか微妙な表現力だ。3Lzはインエッジになりました。あんまり迫力が出ない感じがおもしろいです。そうそう、もっとスピードだそう。3F、3Lo+2Tと決めてきます。すごい惜しい表現が多いですね。3T+2T+2Tはサードでオーバーターン。3Sはいけました。やっといい感じになってきた。曲表現におもしろい感じがありますが、たぶんそういうのは狙ってないと思うので、いろいろチャレンジしてくれるとおもしろい存在になりそう。いろんな意味で。ちゃんとジャンプも跳べるし。176.39。

クリストファー・カルーザ。「ケベックの協奏曲」。3Lz+3Loから跳んできました。セカンドは回転が足りてなさそう。3Sも決めました。ジャンプ得意そう。イーグルから2Aもグッドです。スピンも回転が速いぞ。ステップもエッジをよく使ってます。シットスピンはちょっとバランス崩しましたが大丈夫。後半に入って3Tはダブルに。イナバウアーから3Lo+2T+2Tを跳んできました!やりますね。3Lzも入り方に工夫、すぐ2Aにもいきます。ウォーレンから3Lz+2T、セカンドは手あげ。喜んでコレオシークエンス。スパイラルのポジションもかっこいいです。元気な動きから最後のスピンでフィニッシュ!やりましたね!いい演技でした。感激するカルーザ。ベストは尽くせましたね!186.79。カルーザとマルティネスでフィリピンはおもしろい存在になりそう。すごい将軍にタイプが似てますね。

キム・ジンソ。シルク・ド・ソレイユ「ドラリオン」。3A+2Tはなんとか踏んばりました。3Lzは傾きましたがなんとか。3Loももちこたえてます。テンションは高いですね。3Fもなんとか。なんとかっていうジャンプが続きますね。跳び急いでるのかな。スピンで落ち着こう。3S+2Tは手をつきました。3Aも転倒。3T+3Tはいけました。ステップも細かくて躍動感がありました。ジャンプはいけそうなんですが、全体的に立て直せない演技になってしまいましたね。171.01。でもうまくはまったらいい演技できそう。

第3グループ。

ミーシャ・ジー。すでに演技に入ってますね。チャップリン・メドレー。チャップリンというかおもしろい人みたいです。3Aはツーフットでした。でもマイムはすごいうまいですね。3F+2Tは成功。3Lz+2T+2Loも決めました。ステップはいい表情がずっとついてます。こんな演技派とは思ってませんでした。3Lzはまずまず。拍手も起きてます。3Loからキャメルスピン。音楽が変わってしっとりみせるパート。この切り替えもいいですね。3Fから後半。3S+3T、2Aも決まりました。コンビネーションスピンからコレオシークエンスはまたおもしろい表情ついてます。日本のファンは愛されそうですね。というか見守ってやってください。最後の方は激しい演技になってフィニッシュ。これはベストは尽くせましたね。急にうまくなりましたねー。201.71。200点越えはうれしいでしょう。

ロス・マイナー。「海賊ブラッド」。滑りはよかったですが4Sに挑むところで抜けて転倒してしまいました。3A+2Tはばっちりでした。立て直していこうぜ。3Aはシングル。シットスピンはまずまず。音楽変わってタイホポーズ。つなぎの部分はきれいなエッジをみせますね。3Lz+3Tはクリーンでした。ステップはいいエッジワーク。3Lz+1Lo+3Sをばっちり決めてきました!これはきれいに決まりましたね。スピンは軸ばっちり。スピードもまだまだあります。3Lo、3Fをきっちり決めてコレオシークエンスから2A。コンビネーションスピンでフィニッシュ!序盤はつまづきましたが、後半は本来の滑りを取り戻しましたね。214.36。ぐんぐん成長してきてますね。

デニス・テン。「アーティスト」より。SPの続きです。3Tからスタート。自重しましたね。3Aは転倒。すごい傾いてました。3Lzは流れのあるいいジャンプ。ステップの技術はさすが。表現をしながらもてきぱきキレのいいステップ。キャメルスピンもしっかりレベルをとってます。つなぎの部分もこだわりの表現をいれてます。意欲的ですね。2Aを決めて、3Lzで転倒。ちょっと飛ばされてしまいました。2Lo+2T、2Fとジャンプで足を痛めたかダブルが続きますね。2Aからコレオシークエンス。がんばれがんばれ。きつそうですね。最後のスピンまでがんばりました。途中はすごいよかっただけに残念。でもプログラムはずいぶん詰まってきてますね。197.26。

無良崇人。あれ?マタギみたいな衣装から変えてますね。いいことです。「SHOGUN」。いい入りです。4Tはあやうくフェンスに当たるところでしたが、持ちこたえました。3Lz+3Tはまだ余裕ありましたね。3Aはでかいジャンプ。ランディングもふんばりましたね。いい出だしです。3Loはなんとか。3A+2Tはセカンドが微妙。ステップは速い音楽にしっかりついていってます。3Sからスピン。ちょっと疲れてきてますか。がんばれ!3Fはシングルになりました。3Lzもフェンスに当たりそう。あぶないわー。コレオシークエンスでフィニッシュ。随所に無良らしさは出せましたね。218.08。でもフェンス問題はちょっと考えないと。

アンドレイ・ロゴジーン。「インセプション」より。FSで巻き返しましょう。ロボっぽい動き。3A+3Tは入りがイーグル。3Aはまたイーグルから。もちこたえました。クワドルプルは入れないことで四大陸をゲットしたわけですが、今日は3Sがダブルになりました。うーん。3Fを跳んでスピン。お父さんステップからのステップシークエンスはキレのいい割にはエッジをもっと使いたいところ。今日はスピードもあんまりないですね。3Lzはインサイドエッジ。3Loもあぶないところ。跳び急ぐなよ。2F+2T+2T、2A+2A+SEQとあまりきれいなジャンプではないですね。がんばれがんばれ。コレオシークエンスからスピンまでへとへとでしたががんばりました。クワドルプルを回避してもほかのジャンプが決まりませんでしたが、シーズンベストは出していました。201.99。

マックス・アーロン。全米チャンプの意地をみせてほしいですね。「ウエストサイド物語」。スピードに乗って4S+3Tを決めてきました!よしよし。4Sもばっちり!今日はいいアーロンみたいですね。ステップはよくリズムをとってます。表現はまあアーロンですから。3A+2Tは高さ出しました。ステップからの3Lzもいいですね。3Aも流れがあってばっちり。きましたね!2A+1Lo+3Sは強引に決めてきました。3Fは詰まったしアウトエッジだったか。もうちょいやでアーロン!3Loを決めてフィニッシュ!最後は疲れが出てしまいましたが、それでもいい演技でしたね。スタミナがもったらえらいことになります。234.65。一気にきましたね。

最終グループ。これはたのしみ。

リチャード・ドーンブッシュ。驚きのSP3位。「ハーレム・ノクターン」ほか。4S+2Tから決めてきました。セカンドは手あげ。波があってこそドーンブッシュ。4Tは手をつきました。3Aを決めてつなぎの演技はさすがおもしろい。のってますね。もともとなかった四大陸、楽しんでます。表現の入ったステップ、スピンもきっちりです。3Lz+3Tは手あげ。セカンドで手をつきました。3Aはシングル。3Loはしっかり。スピンから時計をみて3Fを成功。3Sは手をつきました。コレオステップからコンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はまずまずのドーンブッシュでした。234.04。マックス・アーロンにちょっとだけ及びませんでした。

羽生結弦。いい演技を!「パリのノートルダム」。4Tはパーフェクトジャンプ。すごいわ。4Sはダブルになりました。3Fはいけましたがエッジがどうだったか。キャメルスピンはビールマンポジションまで。ステップはエッジワークと細かい構成がうまく両立してます。3A+2Tは詰まりましたがコンビネーションに。3A+2T+2Tと続けてきました。3Loは決めましたが、ちょっと動きがあんまりよくない。杉田さんは固いといってるみたいですが。3Lzは成功、3Fはシングルになりました。今日は珍しいですねー。コレオシークエンスからコンビネーションスピンはよかったです。あのシーズンベストには届かない滑りでしたね。まあそういうこともあります。乗り切れなかったか。246.38。

ハン・ヤン。FSではどういう演技をみせてくれるんでしょうか。ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」。3A+3Tはでかいジャンプ!すごいジャンプですねー。4Tは転倒。結構しんどい落ち方しましたが大丈夫でしょうか。3Fは成功。あのあとでもいけるのか。3Lz+2Tもいけてます。シットスピンも速いですね。ステップは大きな動きよりもエッジワークでしっかり表現。3F+2T+2Loもキレあります。後半に入ってますね。キャメルスピンから3Loはステップアウト。3Lzはきれいに成功。3Sからコレオシークエンス。最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。なにしろジャンプの魅力がありますね。もっとリズムにのっていけるような表現力を身につければ、すごい選手になりそうです。235.22。

ケビン・レイノルズ。やったれケビン!アンドレ・マテウ「ピアノ協奏曲第4番」。気合い入ってますね。4Sをキレよく成功!よーし。4T+3Tも決まりました!回転も足りてそう。3A+3Tも決めてます。ビッグジャンプ連発ですね。ステップのやわらかい演技もできるようになったと杉田さん。前からできてたような気もしますが。キャメルスピンは堅実に。後半に入って4Tも決まりましたよ!よしよし。3Aも決めて、3Fもしっかり。3Lzも踏んばりました。3S+2Loも決まった!いける!コレオシークエンスも気合い入ってます。スタミナもついたわー。コンビネーションスピンでフィニッシュ!おおー!!きたきた!ついにケビンがパーフェクトの演技をみせたわ!感慨深いです。回転足りてないのもあるかもしれませんが、今日はほんとよかったです。しかも高度なチャレンジを結実、ベストを出せました。250.55!うわー!ケビンが!トップにきたー!夢か!

高橋大輔。オペラ「道化師」。4Tはツーフットですね。4T+2Tは回転が足りてないみたい。3Aはオーバーターン。今日はジャンプが決まらないですね。スピンからステップで立て直そう。相変わらずすばらしいステップ。スピンからつなぎの部分の表現もいいですね。3Aは転倒。3Fはまずまず。3Sからの演技もいいですね。3Lzはツーフット。3Fからコレオシークエンス。スピンでフィニッシュ。うーん。やっぱりSPへの対応でFSの稽古が足りなかったでしょうか。モロゾフめ。表現はグレードアップしているとは思うのですが。222.77。低い得点に驚く場内。

ナン・ソン。チャイコフスキー「交響曲第4番」。最初の4Tは手をついてしまいました。ちょっとスピードがないですね。慎重にいこうとしてる。3A+3Tはいけました。3Aはまずまず。ステップはいい動きしてます。こういう感じでずっといってほしいんですが。緊張してるんだろうか。3Lz+2T+1Loになりました。3Fは止まってしまってアウトエッジ。3Loも跳べてはいるんですが、ずいぶん重苦しい演技になってしまいました。ぜんぜん滑ってないです。2A+2Tからコレオシークエンス、3Sで手をつきました。スピンでフィニッシュ。もうちょっとSPでは思い切りよく演技していたと思ったんですが。228.46。

○最終結果:(バレンタインは過ぎましたが)
1. チョコレートはレイノルズ
2. チョコレートはハニュー
3. チョコレートはハン・ヤン
4. チョコレートはアーロン
5. チョコレートはドーンブッシュ
6. チョコレートはナン・ソン
7. チョコレートは高橋
8. チョコレートは無良

ついに、ついにこの日が来ましたか。もうずっとこないと思っていました。

ケビンが、ケビンが四大陸で優勝です!圧倒的なジャンプの才能をもっていながら、これまで全然まとまらなかったケビン。あのマッチ棒がついにタイトルをとりました。めでたい。そりゃみんな苦労してましたが、ケビンは同世代にバトルやら、サンデュ先輩やら、パトリックちゃんやら、もりもり強い選手が現れて、タイトルを阻んできました。そりゃ今回もパトリックちゃんが出てるわけではないのですが、これでケビンも2013年四大陸チャンプといわれるようになるのです。これをいい機会にしてがんばってほしいですね。どうせパトリックちゃんには勝てないんですから気楽にいきましょう!

2位はハニュー。ハニューが本調子であれば間違いなく優勝でしたが、今回は4点差で2位。これからたくさんタイトルはとれますから今日は2位でよろしく。3位はハン・ヤン。すごい新星が現れたもんですね。注目していきましょう。4位はアーロン。なんだかんだで4位。底力あります。5位はドーンブッシュ。代理出場で5位は立派でした。

インタビューでケビンが「きょうは、きてくれた、みてくれた、ありがとうございました」と日本語であいさつしてくれました。うれしかったです。全部のジャンプで回転が足りてるとか今でも信じられません。おめでとうケビン・レイノルズ!

今日も日本カーリング選手権みていました

ロシアに隕石落下。映像みててもすごいなと思うマイク松ですこんにちは。そりゃちょっとでかかったら恐竜も滅亡するわ。

四大陸はこれからみようとは思うのですが、どうしても日本カーリング選手権みてしまいます。もうナイターレベルで毎日カーリングやってほしいです。

もちろん選手の名前を覚えているつもりですが、みていておもしろいので、男女とも適当なあだ名をつけながらみています。坊っちゃん的な見方です。つけたあだ名は、

ポカホンタス、サリー、めがね、和尚、信金、畜産、サンバ、嫁、出来杉くん、カリメロ、前髪、ファンキー、こぐま

などなどです。「今日はサリー調子いいな」「今のポカホンタスのショットはよかった」「和尚しっかりして」などと使います。坊っちゃんのあだ名使いこなしレベルはかなり高いと思うのですが、あのレベルにいきたいです。

今日の中部電力×LS北見の試合もいい試合でした。中電のスキップ藤澤はいつもナチュラルににこにこしていて表情もおもしろいので見ていて楽しいのですが、今日は調子がよくて何よりでした。

あと中電の長岡コーチの名前がはと美というのがかなりエキサイティングです。時代ははと美ですよ。

今日の実況は三瓶さんでした。堅実な実況でしたが、解説の金村さん、旧姓目黒さんの解説はかなりわかりやすいですね。助かります。もっともっと戦術を理解したいです。いつかレビューできるように。

引き続きカーリングを楽しんでおります LS北見×札幌国際大

WBCのメンバーが宮崎に招集されたそうですね。糸井がいなくなったので、宮古島の取材陣は引き上げてしまうんだろうなあ・・・と悲しくなんか思ってないんだからね、富井です。

さて、相変わらずカーリングがおもしろくてつい見入っています。レビューできる腕はないのが残念ですが、今日のBS1での放送はLS北見×札幌国際大。LS北見はご存じ本橋麻里のチームで、今のところ中部電力と並んでリーグ戦1位。対する札幌国際大は中2から同じメンバーで結成されたチームだそうです。一緒の学校に進むなんて、まるで漫画みたいですね。そして解説に金村萌絵さん、旧姓目黒萌絵さんですよ。元気そうで何より。それから解説がとても聞きやすくて上手です。まるでずっと解説者だったみたい。

試合は第1、第4エンドでLS北見が3点ずつ取り、第4エンドまでで6-1とLS北見が大量リード。しかし、第5エンドで札幌国際大のスキップが上手く2点入れ、6-3に。LS北見の一方的な展開にならずにすみました。

第6エンドではナンバー1ストーンを守るためにガードを固めてきた札幌国際大に対して最後の本橋が上手くカムアラウンドできず、先攻の札幌国際大に1点入り、6-4。第7エンドはLS北見が1点とって7-4。こうなるとLS北見の方が有利と金村(目黒萌絵)さん。

第8エンドではサードの1投目でヒットアンドロールの予定がスルーしてしまい残念な展開でしたが、LS北見のサードの1投目もガードをはじく予定がハウスの中の自分のストーンもはじき、これも残念なショット。これで札幌国際大のチャンスが広がったのですが、その後札幌国際大も自分のストーンを出してしまって1点しか取れずに7-5。

ここでLS北見は第9エンドで札幌国際大に1点だけ取らせて第10エンドに後攻をとるというのがセオリー。しかし、LS北見が第9エンドで2点を取って9-5。ここで札幌国際大がギブアップ。

うーん。札幌国際大もいい感じできてたんですが、LS北見のサードが堅実なショットを決めたのが大きかったかなと思います。

ここで予選は1位がLS北見(5勝0敗)。2位は中部電力と北海道銀行で、北海道銀行が中部電力を負かし4勝1敗で並んだそうです。中部電力負けたのか!意外!さすがベテラン北海道銀行強い(トリノの小野寺&林がいる)。根性ありますね。

4位が札幌国際大の3勝2敗。このままで行くと、前回トリノ、バンクーバー代表のチーム青森は予選落ちの危機。がんばって欲しいです。

日本カーリング選手権がおもしろすぎる

アミーが婚約を発表。おめでとうございます!という前にまだ結婚してなかったのかと新鮮な驚き。正直もっと強くなりそうで楽しみなマイク松ですこんにちは。そんなめでたい日に菊の方は逆に婚約破棄。性格の不一致だそうで。相撲は積極的に、婚約は慎重にやってほしいですね!

そういえばなんか浅田が結婚相手として、年上の優しい人で35歳まではOKといっているそうですね。35歳ならクーリックが今35歳なのであそこまでは大丈夫ということになります。長野の金メダリストだよ☆ クーリックはゴルデーワという奥様がいらっしゃるのでだめですが、あそこまで大丈夫なら、ホンダバンも大丈夫(31)。そしてこないだカナダでピースフルでハッピーな復帰を果たしたあの先輩も大丈夫です(32)。演技は思い切りよく情感たっぷりに、結婚は慎重にやってほしいですね!

—リード文おわり—

リード文でだいぶとってしまいましたが、今日は四大陸をみようと思ったら、録画していた日本カーリング選手権に夢中になってしまいました。めっちゃおもしろいです。予選ということでスタンドには中高年男性がいっぱいいて、みんな腕組みしてみていましたが、そりゃ腕組みしますわ。考え込みます。

中部電力×チーム青森は、最初はなかなか氷の状態をつかめず、スルー連発という感じ。なかなかチーム青森がペースをつかめない中、第2エンドで中部電力が4点という大量得点。リードとセカンドが調子よかったですね。

その後チーム青森もペースをつかみ、1点ずつ積み重ねて、第8エンドでついに同点に追いつきます。しかし第9エンドでスキップ藤澤のスーパーショットで2点。あれは見事でした。結局それで逃げ切って中部電力勝利。

頭使うしスポーツの楽しみは味わえるし、やはりカーリング超おもしろい。放送はまだまだあるので、戦略を覚えていきたいです。

四大陸フィギュアスケート選手権2013(1):男子シングルSP

NBAのロサンゼルス・クリッパーズに、もとピストンズのチャウンシー・ビラップスがいるのですが、今日BSベストスポーツで顔みたら、コストナーに似てきていてびっくりしたマイク松ですこんにちは。目が離れてるからかな。

さて、今日からJSPORTSでも四大陸が放送されますので、みていきたいと思います!今日は男子シングルSPです。

四大陸フィギュアスケート選手権、男子シングルSP。実況は小林さん、解説は田村さん。大阪ですので

パトリックちゃんは四大陸は予定通りスキップ、リッポンが欠場でドーンブッシュが代わりに来てくれました。

オーストラリアのブレンダン・ケリー。メタリカ「ナッシング・エルス・マターズ」。昨シーズンと同じですね。3Lz+3Tからスタート。3Aは手をつきました。ほんとは4Tももっていて結構ジャンパーです。スピンのスピードはなかなかないです。3Fはシングルに。貴重なオージーの選手だし、しっかり育ててくれればいいんですが。地元と北半球で往復すれば年中スケートができますよ。がんばれ。53.57。ミニマムポイントはクリアできず。へこんでいます。

カナダのアンドレイ・ロゴジーン。こないだみたばっかりです。なかなかがんばりました。「ブロークン・ソロー」。気合い入ってます。3F+3Tをきっちり成功。イーグルからの3Aは傾きましたがリカバー。スピンも堅実です。3Loも流れよくばっちり。好調を維持してますね。ステップは細かくステップワーク。最後のスピンでフィニッシュ、でっかくガッツポーズ!安定感はありますね。70.58。

韓国のキム・ミンスク。「1492コロンブス」より。3Aは大きなジャンプ。高さありました。3S+2Loは間にターンが入りましたが決めてきました。スピンは雄大でゆっくり。ステップからの3Fは回転不足でした。ステップからスピン。最後のコンビネーションスピンはがんばりました。3Aはよかっただけにジャンプはきっちりそろえたかったですね。51.43。

オーストラリアのデイヴィッド・クランジェック。「スパイ大作戦」より。3T+3Tは無理に3Tつけようとして転倒。うーん。3Fもダブルに。ずーっと両足でくるくるまわってます。2Aは成功、スピンのポジションはなかなかいいですね。ステップも技術的にはともかくよく演じてます。田村さんいますか?スピンでフィニッシュ。ケリーといっしょに育ててあげてください。40.51。

田村さんが副音声ばりにしゃべりません。がんばってください。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。「ボヘミアン・ラプソディ」より。3Aはがんばって成功。フィリピンで初めて3Aを跳んだ選手だそうです。ズボンのまたがみがすごい長いですね。3Lzは成功。スピンは回転もいいですよ。みなごろしイーグルから3Lo+2Tも成功。キャメルスピンは柔軟性をしっかりアピール。ステップもよくアピールしてます。伝えようとする意志を感じますね。I字スピンで足の長さをアピールし、すごいきれいなビールマンポジションでまわりました。こいつはすごい!技術的にこれからですけど、素質感じますよ。64.62。いいコーチについてほしいです。うれしそうです。

第2グループはカナダのエラジ・バルデから。こないだみました。フラメンコ。3Aは途中でダブルになりました。まあシングルにしなくてよかった。次も2Lz+3Tになりました。うーん。ステップはフラメンコにあわせてがんばってますね。気分も乗ってきました。ステップからの3Loは軸が傾いて転倒。今日は全然本来の力が出せませんでした。まあ次ですね。いい経験にしてほしいです。なかなかカナダにいないタイプだし。有香ちゃんも怒ってますね。51.91。キスクラでまったく動かず。

フィリピンのクリストファー・カルーザ。ちょっと前は全米選手権に出ていました。「アリス・イン・ワンダーランド」。いきなり何かにあやつられるような顔芸からスタート。気合い入ってます。3Lo+3Loを決めてきました。跳ぶ前スピードが落ちましたがなんとか。2Aも成功。スピンのポジションはいいです。スパイラルから3Lzは手をつきました。ステップの前にまた激しい顔芸。ちょっとバランス崩しましたが動きは大きい。コンビネーションスピンで最後はおもしろいポーズでフィニッシュ。気合いが入っていました。継続して追っていきたい選手。58.53。

韓国のキム・ジンソ。パコ・デ・ルシアの曲。3Aはすごい高かったです。韓国は得意なんだろうか。3Fはコンビネーションでしたが自重。いい判断です。シットスピンは回転の速さがほしいところ。ステップはリズムとの調和はともかく、メリハリのあるいいステップ。3T+3Tをなんとか成功。スピンはゆっくりでしたがしっかりまわりました。がんばりました。コンビネーションの対応力もあり。ずっと祈っています。58.04。ミニマムポイントをぎりぎりクリア。

韓国のイ・ジュンヒョン。韓国のチャンプ。それにしては衣装の背中の仕立てが雑ですね。「カポネ」。3Aはオーバーターン。3F+3Tはいけました。シットスピンはいい回転。3Lzはツーフット。今日はジャンプよくないですね。スピンは最後の方は回転速度が落ちます。ステップに向かうときの切り替えがだらっとしてますね。しかし技術はもってます。上手く決まったらすごいいい演技しそう。55.63。

台湾のジョーダン・ジュー。「ペリー・メイソン」より。3F+2Tは決まりましたが、次の3Lzがシングルに。2Aは決まりました。コンビネーションスピンはいろんなポジションをやっていました。スピンは得意そう。その最後のスピンもよかったです。あとは自分の持ち味をどうやって出していくかでしょうか。いつもしょんぼりしているのが気がかり。42.78。

中国のイー・ワン。グリーグ「ペール=ギュント」。4Tは手をつきましたがいいジャンプでした。いいのもってますね。3Aも大きなジャンプ。キャメルスピンもまずまずの出来。3F+3Tも決めました。そろえてます。スピンからステップ。曲が速く激しくなってますが、それにあわせてがんばってます。動きが激しい。動き回ってフィニッシュ。68.24。3Aは回転不足をとられたみたいです。でもいい演技でした。

第3グループ。知ってる人が増えてきます。

アメリカのロス・マイナー。ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」。よくスピードでてる。4Sを狙っていきますが、2Sになってしまいました。3Aはきっちり成功。これはいいジャンプ。スピンは軸しっかり。田村さんも評価。3Lz+3Tもクリーンに決めてきました。日本パワーをもっと使え。ステップはエッジを深く使いながらもメリハリが効いてます。会場の拍手も後押し。スピンでフィニッシュ。がんばりました。4Sはせめてトリプルにしておきたかったですねー。74.01。

きました!オレたちのアブザル・ラキムガリエフ!お父さんのベストみたいなのを着ています。あのグラデーションがラキムクオリティですね。がんばれ。「スティング」より。わたわたした動きのあとに投げキッス。ラキムー!おもしろ動きは健在です。3F+2Tをクリーンに決めてます。おっけー!3Aをしっかりふんばって成功。いいぞ。スピン終わって「あっぱー!」みたいなことを叫びました。いいぞ!3Loも決めてジャンプそろえました。ラキムの微妙なダンスに場内も笑顔に。ステップも自然に拍手起きました。つまづいても気にしない。スピンのあと顔をきっと決めてフィニッシュ!よっしゃ!さすがカザフのほっこり王子、場内の空気をある意味一変させましたね!モロゾフいい仕事してるわー。60.83。ミニマムポイントにちょっと足りず。ラキム枠で世界選手権に連れて行って!

アメリカのリチャード・ドーンブッシュ。U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」。代替出場のチャンスをいかせ。4T決めてきました!高さもあった。3Aは手をつきました。でかいジャンプでしたが。3Lz+3Tは回転のキレがよかったです。ステップはエッジワークはなめらかだし躍動感を出すのがうまい。そして全体のペースマネジメントが物語を作ります。スピンも安定した軸でした。これはばっちり!やりましたやりました。出場したかいあった。83.01!今日は強いドーンブッシュでした。

アメリカのマックス・アーロン。実は全米チャンプなんですよ!おっ散髪してる。ダフト・パンク「ミュージック・フロム・トロン」。4S+2Tはなんとか2Tつけました。スピードあります。3Lzもきっちり。スピンはポジションに工夫あります。助走のときにフェンスに接触してしまい、3Aで転倒してしまいました。うーんもったいない。ステップはエレクトロサウンドをよくつかんでます。かっこいい。スピンの回転速度も速かったです。ジャンプはミスってしまいましたが、アーロンのいいところはみられました。FSもがんばれ。72.46。

中国のナン・ソン。ハンシンの能見さんに似てる。「ミドル・イースト・サイド」。4T+3Tを決めました!流れは止まってましたがパワーで成功。3Aもキレばっちり。迫力のある演技をしてます。スピンもまずまず。音楽のテンポをうまくつかんで3Lz。高いレベルでジャンプ決めてますね。ステップも音楽との調和がいい味だしてます。最後は高速スピンでフィニッシュ!派手なガッツポーズしてますね。能見完封!81.16。これは高いスコア出ました。

無良崇人。がんばれ無良。「マラゲーニャ」。4T+3Tはセカンドでステップアウト。いい軸で回ってたんですけどねー。3Aはさすがのクオリティ。安定したスピンのあと、ステップからの3Lzもきっちり。すごいアップでカメラが寄ってました。キャメルスピンはIHIの看板の前でしたが、IとIのあいだから全く動きませんでした。ステップはチェンジオブペースを上手く使ってました。上出来ですね!78.03。よかったよかった。いい滑り出しです。

まさかのラキムのインタビューが。みんながいい演技ができることを祈っているそうです。世界平和を祈念するラキム。

最終グループ。

デニス・テン。「アーティスト」より。ラキムのためにがんばってくれデニス・テン。3Aはとてもいいジャンプでした。構成を変えているみたい。3F+3Tはセカンドでステップアウト。シットスピンはきっちりまわってます。調子は悪くないですよ。キャメルスピンはいいドーナツポジションで拍手。やっぱりワルツのリズムをきっちりとらえてますね。このへんが才能。ステップからの3Lzも問題なし。ステップはテンション高くて、しかも曲との調和。エッジワークもきっちり仕上げてきてます。コンビネーションスピンも回転が速かったです!久しぶりにデニス・テンのいい演技みた!よくがんばりました。78.05。ステップでLv.4とったみたいです。これでラキムが来年も出られるわい。

インタビューで、デニス・テンはSP/FS両方とも「アーティスト」ですが、飛行機の中で映画を見て感動して、ローリー・ニコルと曲を聴いたらすごいいい曲ばっかりだったので、SPとFSあわせて1つの物語になるように作ったという新しい試みだそうです。

中国のハン・ヤン。世界ジュニアのチャンプです。「タンゴ・ジェラシー」。スピードあります。3Aはすごい距離出てましたね!流れもすごいあって、スピードがまったくジャンプ前後で落ちないと田村さん。4Tもクリーンでした。ほんとに序盤けがしてたんですかね。スピンもコンビネーションスピン、キャメルスピンも音楽にあってます。曲の雰囲気もつかんでますね。3Lz+3Tもばっちり成功!すごいですね。エッジワークがとてもクリーンでなめらか。ステップもそれが存分にいきてます。すばらしい。ステップ終わりのシットスピンも見事でした。これは中国にえらい選手出てきましたね!スケーティングスキルに加えてジャンプのパワーがすごい。85.08!トップにきました!

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。フラメンコ。3Aはツーフットでした。3F+3Tはなんとか成功。3Lzも決めてきましたね。まとめてそろえました。キャメルスピンもまずまず。ここからフラメンコモードに。気迫の演技。シットスピンからコンビネーションスピン。A字スピンもポジションがいいです。そして最後のステップ。動きに気合いが入ってるし、音楽をしっかり聴いてます。めちゃめちゃ上半身を動かしてる。暴れ太鼓ですね。暴れて暴れてフィニッシュ。ジーこんな選手やったっけ?がんばりました。70.26。お父さんも満足。

カナダのケビン・レイノルズ。今年のマッチ棒はひと味違いますよ!「チェンバーメイド・スウィング」。調子をキープしているみたい。いい動きしてます。4S+3Tをばっちり成功!よっしゃ。3Aも決めてきました!こっちの方が不安ですからね。よしよし。もう一発いくかな。スピンを経てつなぎもがんばってる。4Tをなんとかふんばって成功!あとは回転不足をとられてないかですね。レイノルズの足の長さに驚く田村さん。結構長いよこの人?ステップはエッジを長く使って大きなステップ。今日も音楽にあわせてますね。コンビネーションスピンも回転が速かったです。よっしゃ!いったいった。いきました。今年は靴をかえてそれがいいらしいんですよね。78.34。やっぱ4Sと4Tが回転不足らしいです。みてみないとケビンの演技はわからないんですよね。でもジャンプは決まってた。

高橋大輔。すごい声援です。ベートーヴェン「月光」。プログラム変えてきたんですね。4Tはステップアウト。そして3Aで転倒してしまいました。久しぶりにみました転倒。がんばって!スピンはなめらかに。ステップからの3Lz+3Tは決まりました。スピンからステップ。田村さんのいうように1ヶ月でここまで仕上げているのがすばらしいです。実際モロゾフのぱっとしないプログラムのよくないところが今のところ出ていますが、世界選手権までには仕上がるでしょう。そっちを楽しみにしましょう。82.62。

羽生結弦。すごい歓声ですね。「パリの散歩道」。なめらかなエッジワークのステップから4T。田村さんも「これが正しい四回転の跳び方です!」。キャメルスピンはポジションが美しいし、シットスピンもてきぱきと回ってます。3Aも流れがすばらしいです。のってきました。しかし次が1Lz+3Tになってしまいました。ぎゃーもったいない。しかしステップでしっかり場内を盛り上げます。最後のコンビネーションスピンからガッツポーズでフィニッシュ!はーいありがとうございまーす。ジャンプのミスはなんとももったいないですが、ハニューらしさはよく出せてました。もう日本の看板ですからね。しかし87.65。すごいな。あのミスがあって87点て。

○SP終わっての順位:(バレンタインが近づいて)
1. チョコレートはハニュー
2. チョコレートはハン・ヤン
3. チョコレートはドーンブッシュ
4. チョコレートは高橋
5. チョコレートはナン・ソン
6. チョコレートはレイノルズ

トップはハニュー。ちょっとくらいミスがあってもトップ。いよいよパトリックちゃんと戦う体制が整ってきましたね。見事見事。2位はハン・ヤン。衝撃的な四大陸デビューでしたね。あの技術に表現力がついてPCSがついてくれば、世界のトップで戦えますね。FSもたのしみです。3位になにげにドーンブッシュが入りました。補欠だったのに。全米後でしたが好調をキープしてました。

4位は高橋。プログラム変更の影響を避けられませんでしたが、FSでは上を追えるいいポジションともいえます。高橋らしさを発揮して気がついたら表彰台みたいな流れをつくりましょう。5位にナン・ソン。こちらもなにげに5位。中国育ってきてますね。6位はレイノルズ。ダウングレードがありましたがちゃんとジャンプは降りられてますからね。あとさき考えずクワドルプルを3発入れられます。追っていきましょう。

全米フィギュアスケート選手権2013(5):アイスダンスSD/FD

アイスホッケー女子の試合しています。もうすぐオリンピック出場権を獲得しそうです。スタジオでは浅田舞ががんばっているんですよ。さっきも気合いをいれていました。がんばってほしいマイク松ですこんにちは。修行修行。

今日は全米フィギュアスケート選手権のアイスダンスです。コンパクトにまとめてくれててみやすいです。

全米フィギュアスケート選手権、アイスダンス。実況は小林さん、解説は河合彩さん。長野オリンピックの代表。

まずはSD、アナスタシア・カヌンシオ&コリン・マクマナス。ポルカとワルツ。パターンダンスは2人であってないところもあったけど2人の間は近い。ツイズルはミラーの体勢になっててしかもポジションも難しい。得意なのかな。MiStはなかなかレベルをとれないもんだそう。全部クリーンな滑りをしないとLv.4はとれないそう。RoLiはわりとひかえめでした。結構優雅な滑り。あまり今のアメリカの主流じゃないから新鮮。カヌンシオはお姉さんも選手だそう。56.33。

アナスタシア・オルソン&キーファー・ハベル。前はハベル兄妹だったやつら。「マイ・フェア・レディ」より。ここでRoLiを早速もってきました。いいポジションのオルソン。MiStはちょっとつまづきました。ヤンキーポルカに入ってすごいがんばってるんですが、なかなかエレメンツに一生懸命になってました。兄もまだまだ苦労してますが、よく動けてますよ兄。54.68。

マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー。おお早速ハベル妹が出てきましたね。「タイタニック」より。ツイズルはよかったんですがちょっと離れ気味。つなぎ部分のステップもしっかり優雅さを出してますね。そこからSlLiは膝に乗せていいポジション。ダナヒューはすごいよく動いてますね。ヤンキーポルカは笑顔で滑ってました。難しいのに。MiStはユニゾンをもう少しとりたいところですが、リズムはよかったです。67.75。兄カップルよりもだいぶ上でしたね。ヤンキーポルカはLv.4だったらしい。

リン・クリエンライラット&ローガン・ギウリエッティ=シュミット。難読スケーターNo.1の座をほしいままにするカップル。ポルカ・ワルツ・ポルカ。いい笑顔からスタート。動きもいいですね。こいつらに比べると前はちょっと重かったかな。そのままパターンダンスに。あんまりコンパルソリーっぽくない軽やかさがあります。こういうのみたかった。曲が変わっていい雰囲気。SlLiはエントランスが工夫されてました。ツイズルはまずまず。MiStも軽快さをキープしてフィニッシュ。64.69。演技はいい雰囲気だったと河合さんも評価。

メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト。もうでてきましたね。「ジゼル」より。動きの量とスピードが全然違う。すごい。ツイズルは速い、距離でてる、2人も近い。完璧です。CiStもエッジワークがすばらしい。どんどん滑ってますね。それでいてバレエの表現がよくできてると河合さん。パターンダンスはまったく規定ということを感じさせない、すごいスピードと軽やかさ。RoLiから見事なフィニッシュ。すばらしいの一言ですねー。ショートダンスになってやっぱりどうにもみんな固くなってしまいますが、初めて全体が1つの作品になってるなと思いました。河合さんがほんとに絶賛しているのがおもしろかったです。79.02。圧倒的ですね。

シブタニ兄妹。構成を変えてきているらしい。いきなりヤンキーポルカの部分をもってきてるそう。体力のあるうちにもってくることでレベルをあげようとする作戦か。ツイズルはパーフェクトユニゾン。拍手も起きてますね。MiStはこれまたすごい調和してます。CGみたいだ。RoLiからフィニッシュ。これはいい演技でした。もうだいぶ完成型に近づけているみたいですね。69.63。リフトのタイムオーバーをとられたみたいです。もったいない。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。シルク・ド・ソレイユ「キダム」より。ともに3人目のパートナー。いい雰囲気作れてますね。お客さんも引き込まれてます。チョックの表情の使い方がいい。CiStはエッジを深く使ってます。ツイズルは確実に決めてます。ここまでいいですね。ヤンキーポルカは足下をしっかりがんばりながら、同時にうまく表情をつけて、おもしろい表現力をしてました。RoLiはビールマンポジションでフィニッシュ。なんかアメリカらしくない、芸術表現をがんばってましたね。いいことです。70.80。

***

FD。カヌンシオ・マクマナスから。カヌンシオは仏像みたいな顔してますね。ありがたい。スピードを出して最初からテンション高く。DiStになるとやはりちょっと遅くなりますね。がんばれ。CuLi+RoLiはだいぶマクマナスが必死でした。ちょっと流れてしまいましたね。音楽に遅れてしまいます。RoLiはかなり腕力を使う感じ。がんばってます。CiStはわりと音楽に合わせてますね。その調子。ダンススピンはしっかり回ってロックンロールパートに。ツイズルは難しいポジションをしっかり決めました。RoLiは危険なポジション。酔いそう。がんばりました。142.32。

オルソン・ハベル兄。マイケル・ジャクソン・メドレー。ツイズルはちょっと兄が遅れたか。RoLiは片手で振り回し、オルソンがうまくポジションを変えてました。DiStはもうちょっとリズムを細かくとるとマイケルっぽいのに。SlLiは上に上げきれませんでした。ダンススピンは回転が速いですね。CuLi+RoLiはかなりぎりぎりの傾きでしたが持ちこたえました。パワーはさすが兄はありますね。CiStはスピードが出てこないですね。だいぶ疲れてるのかも。RoLiはまたすごい入り方でした。リフトで無茶してますが、まだ1シーズン目、もっとケミストリーを高めていかないとですね。130.67。

クリエンライラット・ギウリエッティ=シュミット。アデルの曲から。CuLiはポジションが両方ともきれい。曲によくあわせてます。CiStはエッジの深さに加えて曲のリズムをうまくとってますね。SlLiはすごいポジション。逆さづりにしてます。クリエイティブです。曲が変わってMiSt。ツイズルもしっかり。RoLiもてきぱきとこなして邪魔にならない。ダンススピンはバラードパートをよく表現してます。もともとこういうブルージーな曲が得意なのかもしれないですね。CuLiからまたおもしろいStLiでフィニッシュ。やりますね!すごくおもしろいアイディアに満ちたプログラムでした。独自のポジションを確立してほしいです。おもしろかった。あとは名前が呼びやすければ。160.01。

ハベル妹・ダナヒュー。ジプシー・キングスの曲ほか。ツイズルは手をたたきながらまわってました。CuLiは安定感あります。ダナヒューのパワー。ダンススピンは衣装をうまくいかして見栄えがする構成。SlLiは妹のポジションがすばらしい。CuLiはイーグルのポジションが見事。DiStはもっとスピードがほしい。終わりはよっこらしょっと起きてきました。最後のフラメンコパートは勢いがすばらしい。そこからRoLiは聞き追いよく回ってます。しっかりフィニッシュ。おつかれさまでした。だいぶ疲れてましたが、なんとかもちましたね。167.86。

シブタニ兄妹。少しマイアの衣装が変わってますね。「SAYURI」より。ダンススピンから。おおー回転速い。軸ばっちり。スケートがよくのびてるし、RoLiはキレあります。ツイズルはほんとにパーフェクトにあってますね。CuLiはなめらかな軌跡。憂いを秘めた表情がすばらしい。CiStは曲のテーマをしっかり表現しています。SlLiからDiSt。スピードが落ちませんね。まったくスムーズ。RoLiも安定感あります。最後まで1つの物語を演じきりました!すばらしいです!ここまで叙情を表現するプログラム。やりましたね!河合さんも見事な表現、テーマをエッジワークで表現できていたと高評価です。174.21。またリフトのタイムオーバーとられてます。しかしよかった!

デイヴィス・ホワイト。「パリのノートルダム」。ダンススピンはすごい難しい入り方。それがまた物語を紡ぎ出します。RoLiは激しい回転でもまったく安定。すぐにステップに入れます。DiStは入れ替わりながらスピードが出てますね。動きの洗練さが価値を与えてます。ツイズルはばっちり。CuLiはデイヴィスのポジションチェンジが難しく、しかも鐘の音にマッチ。2人のみつめあいながらのスパイラルぽい動きがエッジワークの確かさを物語ってます。CiStは感情表現をしっかりこなしながらも、よく計算されてます。音楽にばっちりあわせたSlLi+RoLi。緻密なプログラムを猛スピードでこなしてます。RoLiで超絶ドラマチックなフィニッシュ!いやーもうスタンディングオベーションが自動的に起こりました。なんという技術、なんという表現。1つの舞台でした。197.44。

チョック・ベイツ。滑りづらいと思うけどまあがんばって。「ドクトル・ジバゴ」。チョックはえりが豪華な衣装が好きなんでしょうか。CuLiは安定したホールドがあって、チョックのポジションチェンジがいいですね。ツイズルはよくあわせてました。滑りに勢いがあって、CiStでも持続。ダンススピンは両方で回転。SeLiはベイツの上でばんばん移動するチョック。すごい独創的。がんばってます。DiStもスピードを落とさずあっという間に。最後はStLiはデススパイラルのようないい表現でした。175.91。おー2位を守りましたね!すごいプログラムを滑り込んだのがよかった。

○最終結果:(バレンタインデーが近いので)
1. デイヴィス・ホワイトチョコ
2. チョック・ベイツチョコ
3. シブタニチョコ
4. ハベル妹・ダナヒューチョコ
5. リン・ローガンチョコ

デイヴィス・ホワイトが圧勝なのはまあ既定路線ということで。どこまでもチャレンジを忘れないカップルです。今回のドラマチックなプログラムは世界チャンピオンを狙うにふさわしいです。

2位にチョック・ベイツがきました。シブタニ兄妹を破って2位にきたのは大きい。しかもあのあとで滑りづらいところもあったと思いますが、自分たちの演技をできましたね。シブタニ兄妹は3位でしたが、タイムオーバーがなければ2位でした。滑りは悪くないし、今回のプログラムも大きく成長していました。世界選手権で完成型をみせてほしいところです。

結構ハベル・ダナヒューといい、読みにくいカップルといい、独創的なリフトをどんどん開発していておもしろいです。アメリカはそうでないとですね。

カナダフィギュアスケート選手権2013(1):男子シングルSP/FS

世間では四大陸選手権をやってるみたいですが、あさってからJSPORTSでみることにしています。結果をみないように気にしながら過ごしていますが、勢いでサンテレビで「熱血!タイガース党」をみてしまったマイク松ですこんにちは。なんかすごい番組。まだオープン戦も始まってない、キャンプ第1クールが終わったくらいなのに、1時間番組の100%野球の話。正直どんなスポーツ専門チャンネルにもまさる情報量でした。同時に関西人のハンシンリテラシーの高さにも驚かされるばかりです。

さて、今日はずっと前におこなわれました、カナダフィギュアスケート選手権をみておきたいと思います。男子シングル。あの人が、あの先輩が帰ってくるのです!いろいろ情報をおよせいただいたみなさん、どうもありがとうございます。

カナダフィギュアスケート選手権、男子シングル。実況は小林さん、解説は岡部さん。

うわー!いきなり画面にサンデュ先輩がー!!ぎゃー!ちょっと待って!心の準備が!ジャンプに加え、なかなかいいA字スピンをしていました。まあカナダではサンデュスピンですからね。おおー。生きてる!動くサンデュ先輩が目の前に!

SP。ということでいきなりエマニュエル・サンデュ先輩から。32歳。声援も大きいですね。「アルビノーニのアダージョ」。昔のプログラムを手直ししているそうです。ほほえみからスタート。ちょっとした滑り、移動にも気品があります。3F+2Tから決めてきました!跳べるんや!この細かいステップにもバレエの素養が。ステップからの3Loも成功。おおーすばらしい。キャメルスピンはもう回ってるだけで十分。ポジションはいいです。ステップは細かくぱたぱたしているかわいいところもあり、やはり動きがすばらしい。2Aも決めて、最後はA字スピン、サンデュスピンでフィニッシュ!やった!しっかり演技できました!場内がスタンディングオベーションです!ほんとに充実した笑顔です。60.42。いやいやこんなスコアはいい。いわせてもらいましょう。サンデュ先輩は、あれでいいんだよ!

ナム・イングェン。各カテゴリーで最年少優勝記録を次々と更新してきてる。「アンスクエア・ダンス」。3Aで転倒。ちょっとタイミングが遅れたか。ステップからの3Fはいいですね。キャメルスピンはポジションがきれい。そしてよく踊りますね。最初から。3Lz+3Tは止まってますが成功。ステップはリズムをしっかりとらえて、エッジを使って表現しようとする意図が頼もしい。最後のスピンもまずまずでした。オーサーの弟子なんですね。そういえばハニューの後ろで練習してたのがイングェンか。67.90。

リアム・ファルス。チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」。3Aは高さも出してきれいに決めてきました。ステップからの3Lzもすごいパトリックちゃんっぽい。でもいいジャンプです。スピンはもっと明確に回っておきたいところ。3T+3Tはセカンドで手をつきました。アップライトスピンをてきぱき回ってステップ。リンクを大きく使ってますね。エッジワークがうまい。にせパトリックちゃんでもここまでできればすばらしいです。最後の高速スピンもがんばりました。しっかりやれましたね。75.33。

アンドレイ・ロゴジーン。おもしろい文様の衣装。「ブロークン・ソロー」。ヴァイオリンを弾く小芝居を入れながらスタート。3F+3Tはきっちり回ったいいジャンプ。キレありますねー。3Aはなんとかふんばりましたね。キャメルスピンからステップをしっかり入れて3Lo。コンビネーションスピンはてきぱき。音楽変わってステップ。岡部さんに「おもしろみのない」といわれてしまいましたが、まあロゴジーンは全体的にそんなにおもしろくないので。スピンでフィニッシュ。がんばってはいるんですけどね。70.42。

エラジ・バルデ。おーひさしぶり!たのしみ。昨シーズンと同じ「フラメンコ」。3Aは大きく決めました。3Lzは転倒。ちょっとアウトエッジが深く入りすぎたか。キャメルスピンはキャッチフットポジションでよく回れてます。ステップはフラメンコのリズムをよくとらえてます。得意分野ですね。大きな動きで躍動感を表現。3Lo+2Tでコンビネーションをリカバー。スピンは1つ1つのポジションでしっかり回ってました。ジャンプの転倒があってしょんぼりしてます。68.47。有香ちゃんも浮かない顔。

ジェレミー・テン。相変わらず矢野に似てる。「グランド・ギニョール」。3Lzはステップアウトでコンビネーションにならず。3Aも転倒。つなぎの動きもせず集中してたのに。シットスピンはなかなかいいポジション。3Lo+2Tは決まりました。ステップはよくエッジを使ってます。ステップは得意なんですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なんか細かいところでレベルを高めきれない感じですね。64.06。

ケビン・レイノルズ。「チェンバーメイド・スウィング」。今年の世界選手権はカナダは3枠ですが、レイノルズががんばったから3枠とれました。SPとFSで5回クワドルプルにチャレンジするらしいです。4S+3Tをいきなり決めてきました!すげー!小林さんには「気をつけたいのはこのあとの3Aです」といわれるほどですが、今回は決まりました!やったわ。スピンは高速回転でぱぱっと終わらせます。4Tはステップアウト。でも上出来です。キャメルスピンはちょっとゆっくり。ステップはしばらく片足で滑っていました。相変わらずエッジワークがいいですね。前半と後半でステップを変えているのがいいと岡部さん。スピンでフィニッシュ。やりましたね!マッチ棒に完璧を求めてはいけないのです。これで十分でしょう。85.32!おー!!出ました出ました!4Tも回りきってるみたい。

パトリックちゃん。なんか日焼けしていますね。ラフマニノフ「エレジー」。相変わらずのすばらしいスケーティング。4T決めました!よっしゃ。よく滑ってますね。3Aもかなり高さ出てましたね!キャメルスピンもよし。3Lz+2Tはルッツですごい詰まってしまいました。シットスピンからステップ。もう場内も静まりかえり、音楽と氷のしゃりしゃりいう音だけが響いています。コンビネーションスピンも軸ばっちりでフィニッシュ!はーいありがとうございまーす。横綱相撲ありがとうございます。94.63。もう優勝!

FS。最初はエマニュエル・サンデュ先輩。JSPORTSはよくわかっとる!ちゃんと放送してくれるんですね。ありがとう同志!チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」。最初の動きとかみてるともうぐるぐるまわってるだけでいいんですけどね。3Loは成功。3F+2Tも決まりました。3Lz、3Lo+2Tと淡々と決めてますね。昔のスケートみたいや。ステップは上半身の動きとボディバランスだけで見る価値あり。樋口地蔵尊の「練習すればもっといい選手に」という幻聴が聞こえますが耳をふさぎます。岡部さんも独特の音楽表現と評価。続いてコレオシークエンスでスパイラル、イナバウアーを音楽と融合させてますね。2Aは決めましたが、3Fは転倒。疲れましたかね。3T+2T+2Tはサードジャンプで転倒。3Sは決めました!よっしゃ。最後はコンビネーションスピンからA字スピン、サンデュスピンでフィニッシュ!よかったよかった。すばらしいの一言です。176.18。2007年以来の出場で、コーチも振り付け師もトレーナーもいなくて1人で練習しててこの出来ですよ。それでここまで来てくれた。たった1人できてくれた。この奇跡をなんとたとえればいいんでしょうか。

ジェレミー・テン。「イル・ポスティーノ」より。3Aはまずまず。3Aもう1回いきますがこれは転倒。ステップはいいキレみせてます。3Loは成功、3Lz+2T+2Tはうまくいきましたが、2Aで転倒してしまいました。これはもったいない。跳び急がないで。3Sはまずまず。3Fは転倒。今日はどうしたんや。スピンでフィニッシュ。189.22。まずまずのSPだっただけに残念。しょんぼりしてしまいました。

ナム・イングェン。「G線上のアリア」ほか。3Aは転倒。ちょっと深く助走しすぎましたか。3Lzは成功。すごい拍手です。3Fも流れよく決めました。ステップはすいすいとなめらかなエッジワーク。スピンは回転が速いです。3Loから後半のジャンプ。3Lz+3Tをここで入れてきました。3Sからスピン。ポジションがしっかり固まってますね。コレオシークエンスから、3Lz+2T+2T、2A+2Tでフィニッシュ。14歳でここまでできるんですからすばらしいですよね。バンクーバーのエキシでちょっとでてきたときから、ぐんぐん伸びてきてます。やがてカナダのエースになるんでしょうか。200.69!200点こえて大喜びしてます。パーソナルベストを30点近くあげてきました。

エラジ・バルデ。ベートーベン「月光」のアレンジ。ちょっとロックダンスみたいなおもしろい動きをいれてますね。最初は3Tから。3Lzも決めました。音感がよくてうまくつかんでます。3A+2Tを決めて、3Loを跳んでステップ。ここからは曲表現もしっかり。曲の変化もメリハリに変えてますね。3Aは転倒。大きなジャンプだったんですが。3Lz+2T+2Tは決めてきました。粘り強く演じてます。キャメルスピンはポジションが明確ですね。次は2Fでアウトエッジ。コレオシークエンスはキレのあるダンスも入れて。3S+2Tを決めてコンビネーションスピンでフィニッシュ。まずまずの演技でした。204.44。しっかりした表現があったからこそ、PCSものびましたね。

アンドレイ・ロゴジーン。なんだかんだでSP4位。「インセプション」より。クワドルプルは自重して、イーグルからの3A+3Tを決めてきました。いいですね。次の3Aもイーグルから。3S、次の3Fも成功。これはいい出だし。世界選手権を本気で狙ってます。スピンからステップ。出だしがお父さんステップっぽかった。速い音楽で勢いをつけています。3Lzはエッジがあやしい。3Loは流れありました。3F+2T+2Tも決めてますがほんと疲れてますね。がんばれがんばれ。2A+2A+SEQを決めました!がんばった。スピンからコレオシークエンス。最後の力を振り絞れ。コンビネーションスピンまでなんとか滑りきりました。やることはやりましたね。クワドルプルは回避しましたがその分がんばりました。207.85。ガッツポーズ。

リアム・ファルス。「エクソジェネシス交響曲」。ほんとはけがをしててあんまり練習できてなかったらしい。3Aはオーバーターン。SPのときが3Aクリーンに決めたはじめてだったらしいです。3Lz+3Tはきっちり成功。3Fはよくわかるアウトサイドエッジ。キャメルスピンは不完全になってしまいました。もったいないぞ。2A+3Tは手をついてしまいました。3Loはきっちり降りたのに転倒。あれは惜しい。3Lzは慎重に成功。2A+2T+2Tを跳んでステップ。細かくがんばってます。3Sも転倒。どこか痛めてたのかも。けがっていってたし。コレオシークエンスからスピンでフィニッシュ。だいぶミスが続いてしまいました。202.41。うーん。

ケビン・レイノルズ。NHK杯のあと靴を替えていい感じだそうです。アンドレ・マテウ「ピアノ協奏曲第4番」。4Sをまずはきっちり成功。いい調子や。4Tはオーバーターン。転倒しなかったぞ。3A+3Tを決めました!このへんでいつもミスるのですが今日はいけてます。曲が変わってステップシークエンス。ステップのチェンジオブペースはレイノルズの一番うまいところです。キャメルスピンからつなぎの演技もよくできてますよ。4T+3Tを決めてきました!おおーすごい!次を2Aに自重したのもえらい。3F+3Loも見事です。3Lzは手をつきました。3Sは楽勝。コレオシークエンスも体力まだもってる。がんばれがんばれ。最後のスピンのポジションチェンジも見事でした。やったやった!ケビン会心の演技!ここまでいけたマッチ棒ははじめてだ。クワドルプルを3回きっちり成功させましたよ。新しい靴のおかげや。ぴょんぴょん跳んで喜んでます。あとは回転がまわれてるかどうかですが。261.26!きたあああああああ!!!!FSのTESだけで97.60です。もうキスクラはコーチはとびあがって喜ぶし、ケビンもまじかよ的な笑顔でした。やった!

パトリックちゃん。まあ大丈夫やって。「ラ・ボエーム」。4T+3Tは高い高いクオリティで成功。はーい大丈夫でーす。4T単独もおっけー。3Lzは距離出てますね。ステップは足下は岡部さんも「すごく難しいことをしている」そう。そして普通のつなぎの演技も同じように難しいんだそうです。スピンも音楽にあわせてなめらかに。3Aはダブルになりましたがいいです。ステップからの3Loも流れの中で。3Lz+2Tからシットスピン。軸もしっかりです。3Fは転倒。なかなか豪快な転倒。しかし慣れているのですぐ復帰します。コレオシークエンスもステップと同じように難しい。2Aからスピンでフィニッシュ。はーいありがとうございまーす。ケビンもがんばりましたが、かえって気合いが入ったようでした。273.75。どうもー。

○最終結果:
1. パトリックちゃん後輩
2. レイノルズ後輩
3. ロゴジン後輩
4. バルデ後輩
5. ファルス後輩

名誉優勝:サンデュ先輩

優勝はパトリックちゃん。まあいつもの通りですね。これでパトリックちゃんはカナダ選手権6連覇。でも上には上がいて、ストイコが7連覇、サンキューオーサーでおなじみオーサーも8連覇しているそうです。まあがんばってほしいものです。

2位はレイノルズ。いやー爆発しましたね。誰もが無茶だと思っていたあのプログラムがある程度決まると、TES95点というあほあほスコアが登場するようです。新しい靴がフィットしているみたい。パトリックちゃんが勝ったときは「どうやったら勝てんねん」みたいな顔してましたが、クワドルプル3つ決まれば、いつでも世界のトップで戦えますよ。この調子を維持してほしい。四大陸や世界選手権でどうなるか楽しみです。ロゴジンは堅実に演技した結果表彰台に。よかったですね。

そして、2007年シーズン以来もどってきたサンデュ先輩。もはや順位は関係ないのです。カナダ選手権3回優勝、2007年まで10年連続出場、10年連続表彰台という、実はレジェンドなのです。音楽やらダンスやらに取り組んでずいぶん回り道をしましたが、競技生活の最後を飾るため戻ってきた、オリンピックとかは狙ってないとのこと。なんと潔い。そして今回は終始笑顔だったのが印象的でした。以前はいつも神経質な顔していて、さすが練習嫌いだなあと思っていたのですが。楽しく滑ってくれればそれでいい。たった1人でリンクに戻ってきて大変だったと思いますが、それでも持ち前の表現の美しさは健在でした。見たあとだと他の人の演技が退屈に思えます。いいものみせてもらいました。ありがとうございます。11位?それが何だというのでしょうか。あと何回いえるかわかりませんので、もう1回いっておきます。

サンデュ先輩はあれでいいんです。

全米フィギュアスケート選手権2013(4):女子シングルFS

BlackBerryが日本撤退へ。心底がっかりしているマイク松ですこんにちは。まあすぐ使えなくなるわけではないらしいので、使えなくなるまで使ってみようと思います。あーがっかり。どうしたらいいんやろう。

今日は全米選手権の女子シングルFS。がっかりをリカバーさせて!

全米フィギュアスケート選手権、女子シングルSP。実況は藤吉さん、解説は千香ちゃん。

第1グループはモーガン・ベルから。SPは衣装のせいで首がなくて横に広がっている感じでしたが、今日は首はあるけど横に広かったのはもともとでした。ちょっと姿勢も悪いんですね。2Aからスタート。髪型がちょっと力士っぽいですね。3Lzはツーフットであやうくフェンスにぶつかり稽古、いや激突するところでした。2A+2Tは成功。2Lzからレイバックスピン。3Tのコンビネーションにいこうとするところで転倒。がんばれー。3Sもシングル。3Tはなんとか。柔軟性はまずまずあります。終盤はだいぶ滑りが重くなってましたが、なんとか最後までがんばりました。107.65。

ベッキー・ベレスウィル。「シンデレラ」。それらしい衣装ですね。3Lzはいいジャンプでした。いい出だし。3Tはシークエンスの予定。2A+2Tはきまりました。レイバックスピンはポジションがばっちり。これは姉弟子ゆずりの美しさです。ステップは音をよくとっていました。3Fはダブルに。がんばれ。3Tは転倒。後半に入ってジャンプが決まらなくなってきた。やばい。決めてもいいんやで?3Loはステップアウト。スパイラルポジションはとてもきれいでした。3S+2Tをようやく決めました。最後のスピンもグッド。後半にジャンプが決まらないのは体力的なものでしょうか。そこを乗り越えればいい感じ。123.57。まずまずの手応えのよう。

ソフィア・アダムス。「タイタニック」。最初は3Sから決めてきます。スピードもまずまず。3Loは入りはよかったのですが転倒。2Tに次もなりました。スピンで立て直そうぜ。アダムスは3種類しかジャンプを用意していないとのこと。スピンは軸が安定してます。3Loはシングルに。ちょっと跳ぶタイミングがとれてない。2Aは成功。3Sは転倒。うーん。ステップは例の音楽に乗せてよく動けてます。見せ場ですからね。そして大きな180度開脚のスパイラル。このあたりはさすが。2Aから最後はスピンの連続。I字スピンでフィニッシュ。ジャンプがなにしろ決まりませんが、自分の強みは打ち出せたんじゃないでしょうか。107.50。

レイニー・ディグス。「アランフェス協奏曲」ほか。2F+2T+2Tから跳んできました。2S+2Tは予定通りだったのかわかりませんがなんとか。次も2T。全部のジャンプがダブルになってる。ステップはしっかりポジションがとれてます。2Sからレイバックスピン。スピンは軸がぶれないですね。2A+2Tは成功。2Fからステップ。なかなかリズムが出せませんが丁寧に滑ってます。2Aに続いてスパイラルからスピンでフィニッシュ。すごいダブルジャンプの欧州でした。結構喜んでいるみたいです。102.80。どこかの帽子をかぶってる。

第2グループはジョエル・フォルテから。「The 13th Warrior」より。最初の3Lzはダブルに。3Fはしっかり決まりました。なかなか勇壮な曲ですね。3Sは転倒。シットスピンはまずまず。音楽変わってイナバウアーから2Aはいけました。ここからですよ。ステップはなかなかがんばってます。細かいステップでリズムを出してますね。3Lz+2Tは止まりましたがなんとか。3Tは転倒。ちょっと疲れもあるか。レイバックスピンから3S+2T、最後のスピンでフィニッシュ。中盤はしんどかったですが最後までがんばりましたね。124.95。

アマンダ・ホフマン。「ピーター・パン」より。センスのいい衣装。3Loは高かった。ランディングが惜しかったです。3Lzは転倒。3Fはツーフットか。ジャンプ得意そうなのに。コンビネーションスピンは速度を上げたりして。I字ポジションはいいですね。3Sはシングル。ジャンプは得意じゃないんですね。と書いたら2A+2Tきっちり。3F+2Tはフリップがツーフット。ステップは音楽にあわせた雰囲気を作ってるし、スパイラルのポジションが抜群にいいです。2Aからレイバックスピンでフィニッシュ。いいところもあればわるいところもあるという感じですね。いい選手になりそうなんですが。コーチがんばれ。119.14。

ヘイリー・ダン。相変わらず背が高い。ラフマニノフ「交響的舞曲」。最初は2A、うまくいったのですが、3Tで転倒。3Lzはシングルになりました。ステップからの3T+2Tは成功。ここからここから。2Aからレイバックスピン。よくはえるビールマンスピンです。2Fのあとステップ。もう少し上半身の動きがほしいところ。滑るのに一所懸命なのか。2Aはジャンプにならず半回転だけ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なかなかうまくいきませんでしたね。お通夜キスクラ。127.73。…と思ったら現時点でトップです。PCSは伸びてるのか。

キリ・バガ。「サムソンとデリラ」。3Fはきっちり回って降りました。3Lo+2Tも成功。2A+2Tはセカンドで片手あげ。いい出だしです!キャメルスピンは回転も速いです。3Tはコンビネーション予定だったかも。ジャンプは決まってます。3Sはクリーンです。3Tは手をつきました。2Aはシングル。シットスピンは不思議なポジション。ステップはスピードもあるしよく動けてますね。長い時間しっかり使ってる。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。いいビールマンスピンでした。よっしゃ。これはいい演技でしたね。今までとは少しレベルが違いました。140.71。

全米選手権は1人終わるごとに「Current Standings」と順位が出てくるのですが、あれを選手名と間違えそうになります。

第3グループ。6人滑ります。なぜ。

アンジェラ・ワン。「ラベンダーの咲く庭で」。3Lz+3T+2Tをいきなり決めてきました!3Fも高さも流れもばっちり。クラール先生すごいな。誰でもジャンプ跳ばせる。3Loもなんとか。3T+2A+SEQとぽんぽんジャンプ跳んできます。レイバックスピンは軸がしっかりしてます。3Lz+2Tはセカンドでステップアウト。スピンからステップに。よく動いています。3Sは転倒でヘッスラ。ちょっと跳び急いだか。2Aからスピンでフィニッシュ。よかったですね!終盤疲れましたががんばりました。もっとこれから表現力を身につけていかないとということですが、ジャンプがあれだけ跳べるといいですね。164.76。うわー。

キャロライン・ジャン。プッチーニ「トゥーランドット」。スピードあります。3Lz+2Tからしっかり成功。3Lzは大きな入りから決めました。2Aを跳んでキャメルスピン。ステップは躍動感をそつなく出してます。でももっと表現を身につけていかないと。3Lo+2T+2Loを後半で。3F+2Tもきっちり。2Aに続いて3Loもよく流れてました。音楽の盛り上がりにあわせて大きなスパイラル。盛り上げます。最後はI字スピンからレイバックスピンで決めました!ミスを最小限にしてまとめてきましたね。これは力出しました。161.89。トップにはこなかったですが。

アシュリー・ケイン。バッハ「アヴェ・マリア」。ボディビルみたいなポーズでスタート。3Loから。3Lzは両足。スピンは足の長さがいきてます。3S+2A+SEQもリズムよく決めてます。3Loは高さが足りず転倒。3Tも転倒。ちょっとタイミングがとれてない。スピンで持ち直そう。3S、2A+2T+2Loと決めてきました。持ち直した。スピンからSlSt。スタミナはばっちりでスピードをキープしてました。中盤のミスが痛かったですが、1つ1つエレメンツをがんばりましたよ。150.79。

ハンナ・ミラー。「ストーム」。3Lo+2Loから入りました。3F+2T+2Loとコンビネーションを続けてきます。スケートもなかなかよく滑ってます。3Lzはツーフット。ステップはしっかり密度の高い構成のステップをよく表現してます。スピンはちっちゃいのに大きなポジションで回転も速い。3F+2A+SEQを跳んできました。セカンドは足どうだったか。2Aも流れスムーズ。3Lo、3Sもてきぱき決めてきます。安定してるしキレもある。スピンからバレエジャンプ連発のコレオシークエンス、そしてコンビネーションスピンでフィニッシュ!これはすばらしい!ベストを尽くした演技でした!ジャンプのミスも最小限。164.68。もっとPCSが出るようになれば、いいスケーターになりそう。

グレイシー・ゴールド。鮮やかな青い衣装。出遅れた分FSでがんばろう。「ライフ・イズ・ビューティフル」。3Lz+3Tはでかくて高いジャンプ!いきなりやってくれますね。2A+3Tも成功。今日は気合い入ってますね。3Loもおっけー。レイバックスピンは回転も速いです。キャメルスピンはシットポジションになってすごい回転速度が上がりました。2Aは余裕あります。滑りのスピードも落ちませんね。3Lzも決めたあとしっかりアピール。3F+2T+2Tを決めたあとステップ。エッジワークもいいですね。それでいて表現もしてるし、リズムをきっちりとってる。こういうのがみたかった。3Sも決めてスパイラルもすばらしい。手応えありの表情。最後のコンビネーションスピンは高速スピンでフィニッシュ!ベリッシモな演技!うーんつくづくSPの出遅れが悔やまれます。これこそゴールドの滑りです!やりましたね!186.57!きたきたー!

サマンサ・シザーリオ。「ブラック・スワン」。3Lzはいいジャンプ。3Loも流れがある。出だしいいですよ。3F+2Tも成功。スピンもてきぱきまとめてます。3Sとジャンプはしっかり決めてます。3Fも飛び終わったあとの流れをよく作ってます。スピンから3Lo+2T+2Loも決めた。こんなにジャンプの安定感あったのか。ステップは主題をよく表現してますね。イーグルでパッションを出してます。これはいい。2A+2A+SEQを決めて、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ!やりましたね!ベストは尽くしました。170.15。

最終グループ。たのしみ。すごい6分間練習のリンクがカラフル。

クリスティーナ・ガオ。「リベルタンゴ」。やはりきっちりリズムにのってきますね。3F+2Tから。2Aもスピードにのってますね。3Lz+2Tもいけてます。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションを丁寧に。レイバックスピンから後半。3Fからイナバウアー。荒川姐さんにどんどん似てきてますね。3T、3Loと確実に決めたあと、3T+2T+2Loも成功。ステップもしっかりリズムを表現してますね。最後のスピンはちょっと止まってしまいましたが、全体は大きなミスなくいけました。いつもよりスケートが滑ってなかったかも。176.28。

ヤスミン・シラージ。楽しみです。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」。手の表現が最初からなめらかですね。スピードに乗った。3Fからきました。3Lz+2Tも成功。よしよし。3Sはなんとか。キャメルスピンはドーナツポジションが質が高いです。3T+2A+SEQもしっかり。3Lzはいけました。ジャンプまずまず決まってますね。スピンは両回転やってもスピードが変わらないと千香ちゃん。ステップは深いエッジを使いながらも手の繊細さがいきてます。3Tはふんばりました。2A+2T+2Loを決めて、コンビネーションスピン。シットポジションから一気にレイバックにいってました。いい演技でした!ジャンプに加点をどんどんつけていけるようになったら、もっと上に行けそうです。

コートニー・ヒックス。「レッド・ヴァイオリン」より。3F+3Tは高さありましたね!でかいジャンプ。3Sもパワーで跳んでます。3Lz+2Tは軸が傾きましたがしっかりリカバー。スピンも軸が決まってます。キャメルスピンの質が高い。イナバウアーから1Lo+2A+SEQはループが抜けました。3Lzはすばらしい質のジャンプ。でかいです。ステップはもっと滑って滑って。移動速度が速い。3Fもステップのあと。2Aからコンビネーションスピンはすごい難しいポジションでした。いい演技でしたね!こんなパワースケーターだったとは。これから楽しみです。177.92。これでもゴールドには届かない。

アグネス・ザワツキー。ザワさんがんばれ!「ラプソディ・イン・ブルー」。3Lzは流れがあった。3T+3Tも成功ですね。しかし次が2F。だめだめザワさん。スパイラルで笑顔を見せる。2Aを質よく決める。滑りはとてもなめらか。3Sもきっちりリズムに乗ってます。しかし3Lzで転倒!ぎゃー!2A+2T+2Loはなんとか。もちこたえろザワさん!キャメルスピンいいぞ。ステップはちょっとがっかりしてるか。もうちょっと。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました!あの転倒は痛い。うーん痛い。ノーミスでいきたかったですねー。179.63。

これでゴールドの表彰台が確定。やりますね!

アシュリー・ワグナー。きました!もうゴールドに勝てるのはオマエしかいない。「サムソンとデリラ」。3F+2T+2Tはサードジャンプで手あげ。2A+2Tもきっちり。相変わらずリズムはきっちりとってます。3Sもきっちり。スピンを2つ続けます。ポジションもいいし回転速度もいいですね。イーグルから3Loもなめらか。次の3Tで転倒!そして次の3Loでも転倒してしまいました。まじか!どういうことや!ステップで立て直そう。ちょっと勢いを失ってますかね。3Fは決まりました。最後のスピンでフィニッシュ。うーん久しぶりにあんまりよくないワグナーをみましたね。なんか動きがあんまりよくないなと思っていたのですが、まさかまさかです。緊張してたんかな。逃げ切れんかなー。188.84!勝った!なんとか上回れました。なんとか。あぶなーい。

最後はミライ・ナガス。サン=サーンス「交響曲第3番ハ短調」。3Lzを流れよく決めてスタート。スピードあります。2A+3Tを成功!いいぞ。3Fはツーフット。ステップはエッジワークと上半身の動きがしっかり連動。このへんも復調してきてますね。スピンはしっかり。3T+2T+2Tも決めてます。このまま。3Lo+2T、2Aと成功。もうちょい。スパイラルから3Loはこらえました。コンビネーションスピンは回転速度を上げてきます。最後のレイバックスピンの質はとても高かったです!ミスも最小限にできました。がんばった。173.75。あれ?なんでこんなに出ないんやろ。ミライもがっかりしてます。ジャッジシート見るとすごいダウングレードされてるみたい。

ワグナーがなんとか優勝。ゴールドがすごいジャンプアップ!表彰式にタラ・リピンスキーが出てました。千香ちゃんが「ずいぶん大人っぽくなってしまいましたねー」といってました。誰でもそうなるわ。

○最終結果:
1. WagnerBerry
2. GoldBerry
3. ZawasanBerry
4. HicksBerry
5. GaoBerry
6. SirajBerry

なんとかかんとかワグナーが逃げ切りました。SPでトップにいてよかったわー。体調が悪いのかと思ったら普通に緊張してたんだと思います。まあ最近すごいから忘れてたけど、もともとFSに強くはなかった。逃げ切れるだけよかったです。

2位はゴールド。ほんとにちょっとだけSPでジャンプ決めてたら優勝でしたよ。それだけFSはパーフェクトな出来。2本安定してそろえられるようになったらアメリカのエースに名乗りをあげられそうです。ゴールドの輝き。

3位はザワさん。なんだかんだで表彰台をゲットするあたりさすがですね。安定感はあるので、そのレベルをあげていけば。4位はヒックス。パワースケーターとしての力ががっつり発揮されました。本気で強化したらいけますよ。5位はガオ。もうちょっと上積みしたかったところ。

で6位にシラージが飛び込みました。ジャンパーが多い中で表現系のスケーターがもはや貴重。それが6位にきているのもうれしい。ぜひじっくり強化してやってください。

女子シングルは知ってるメンバーに新戦力が挑んでいって混戦でおもしろかったです。全米選手権って感じでした。

全米フィギュアスケート選手権2013(3):男子シングルFS

オレンジページをみて刺激されたのか、富井が突如お灸をはじめました。火をつけてあげたマイク松ですこんにちは。めちゃめちゃ元気になったらどうしようー。

さて、今日は全米フィギュアスケート選手権、男子シングルFS。お灸をすえられるような演技はしてほしくないですね!

全米フィギュアスケート選手権、男子シングルFS。実況は赤平さん、解説は杉田さん。

いきなりアーミン・マーバヌーザデーから。「ドクター・フー」。最初のジャンプは3Tでしたね。3Aはだいぶ傾いて手をつきました。3Lz+2Tはまずまず、3Loもいけました。シットスピンといいちょっと緊張してるんじゃないかと杉田さん。なぜ緊張する。ステップも大きな動きがないですね。体調がよくないのかも。3A+2Tはしっかり決まりました。いいぞ。キャメルスピンもおっけー。後半盛り上げていきたいですが、3Lzはシングルに。3F、2A+2T+2Loはいけました。コレオシークエンスはステップよりもスピードがでてますね。コンビネーションスピンはさすがの質をみせてくれました。うーん本来の出来にはほど遠いです。コーチもむーんという顔。192.77。

ハリソン・チョート。「十番街の殺人」。最初に3Loからスタート。おもしろい構成ですね。2A+3Tはセカンドがんばりましたよ。3Lzはエッジはインサイドでしたね。3Sはちょっと傾きましたがしっかりリカバー。スピンから小芝居パート。小芝居系なのか。ステップは表現がおざなりなときがある。3F+2Tはファーストで完全に詰まりましたがセカンドがんばりました。3Lo+2T+2Tもおっけー。杉田さんはっきりしゃべって。つぶやかないで。スピンから3Fはステップアウト。ちょっと跳び急いだか。コレオシークエンスは表現はよくできてます。2Aを終わりにつけてコンビネーションスピン。なんとか演じきりました。かなり必死でしたががんばりましたね。187.11。

言い忘れてましたが全米選手権は選手の紹介や曲名の紹介、点の提示などがすごいみやすい。GPSや世界選手権もこうしてくれるといいのに。

スティーブン・キャリエール。「白鳥の湖」「ブラック・スワン」より。3Sから入りました。ほんとはクワドルプル入れてくるんだろうか。3A+3Tは間にターンが入りました。4Sは回転が足りなくてツーフット。ここで入れてきましたね。キャメルスピンは途中でおわってしまいました。大丈夫か。ステップはいい感じで動けてますね。このへんはさすが。3Lzはきれいにきまりました。3Aは転倒。アクセルがうまくいかんですね。3Fはクリーン。3Lz+2T+2Tはサードで手上げ。まとめていこうぜ。3Loは成功、コレオシークエンスは曲によくあわせてます。コンビネーションスピンはポジションチェンジが多くてすばらしかったです。結局アクセルだけですね。しっかりまとめてはいたのですが。201.30。

ウェズリー・キャンベル。シューベルト「アヴェ・マリア」。3Loからスタート。3F+3Tはいいジャンプでした。キレありましたね。2Aも成功。コンビネーションスピンはなかなか軸が安定してますね。3Lzは流れもあって加点つきそう。鳥みたいなのを表現しようとしているのか。ステップはエッジもよく使えてる。杉田さんもよくほめてますね。3Lz+2T+2Tはまずまず、3S+2T、2Aを連続でまとめてきました。もっとスピードが出てくれば、パトリックちゃんみたいないい滑りになるんでしょうけど。3Fからコレオシークエンス。なんかリンクが癒やし系の雰囲気になりました。

ウィリアム・ブリュースター。「ロード・オブ・ザ・ダンス」。結構スピード出してますね。3S+3Tはセカンドは回転不足ですね。3Lzはほんとはコンビネーションだったらしい。2Aは予定は3Aも自重。キャメルスピンはゆっくりしてますね。ステップは緊張してるけどがんばってます。この音楽にのせてもらってる感じか。3Lzはダブルに。3Fはステップアウト。ジャンプがさっぱり決まらなくなりました。このへんでまとめていかないとですね。ちゃんと有香ちゃんのいうことをよく聞くように。170.13。

第2グループ。

ダグラス・ラザーノ。「クイーン・シンフォニー」。最初は4Tいきましたが、足ついてしまいました。がんばったんですが。3Aはシングルに。もったいない。3A+2Tは今度は成功。3Lzもダブル。流れが悪いですねー。スピンでいったん落ち着け。早まるな。ちょっとスピンはキレがほしいところ。音楽が変わって3T+3Tは流れよく決まりました。イーグルから3Sもいけた。よくなってきた。スパイラルから3Loも成功です。コレオシークエンスから、ウォーレンから2A+2T+2Loと成功。コンビネーションスピンでフィニッシュ。192.99。意外に出てきましたね。

アレクサンダー・ジョンソン。ビートルズ「エリナー・リグビー」。3A+2Tはなかなかよかったです。ジャンプの勢いもあって。もう1つ3Aもまずまず。3F+1Lo+3Tはいちおうわざとループをはさんでるんですね。3Loも流れがあるし、ジャンプはとてもいいです。SPはあんまりよくなかったけどいい調子。スピンものってますね。2A+2T。3Lz、3Loとテンポよく決めてきます。ステップもスピンもそつなくまとめました!これはベストが尽くせましたね。よかった。224.49。ジャンプが決まりましたねー。これはすごい。

ショーン・ラビット。「ダフニスとクロエ」。3Fで転倒。うーん。3Loもだいぶ軸がゆらいでます。スピンで立て直そう。ステップはもっとエッジを使って滑ってほしいところ。曲が変わって滑り自体は落ち着いてきたか。3Fはきれいに決まりました。3S+3Tも決めましたね。2Aもいけましたが3Lzは跳ぶタイミングがあわず転倒。うーん。コレオシークエンスから2A+2T+2Tを決めてフィニッシュ。うーんどうもジャンプはうまく決まりませんでしたね。ちょっとしたタイミングのずれなんですが。この辺の安定感が出てくれば、結構手堅くまとめてきそうなんですが。181.66。

グラント・ホクスタイン。「キング・アーサー」より。3A+2Tから入ります。3Tも成功。3Loは豪快に転倒。一瞬で都会から傷ついて帰ってきた姉みたいになりました。がんば。3Lz+2Tはセカンド手上げ。後半に入って勢いつけて3Aに挑みますがシングルに。3Sはいけました。ステップは結構頑張って動いてますね。3F+2T+2T3Lzはシングルに。最後のスピンはだいぶ疲れてしまいました。なんかキスクラでとうもろこしのかぶりものをしています。188.57。滑りは平凡でもそれはおもしろい。

キーガン・メッシング。「マトリックス」より。3Aは転倒。けっこ高さ出てました。すごい勢いできょろきょろしてました。3Aは今度はうまくいきましたよ。3Lz+3Tも決めてきましたよ。このままがんばれ。そういえばマトリックスに出てくるタンクに似てる。オペレータの。3Loも流れがあります。ステップはもうちょっと躍動感がほしいところですが、まあメッシングですから。3Aはシングルに。3S+2Tは成功しましたが、3Lzで手をつきました。コレオシークエンスは戦闘シーンですがだいぶ疲れてます。バレエジャンプから2F、コンビネーションスピンはがんばって回転速度を上げていました。最後は弾よけのばたばたをしてフィニッシュ。187.34。これがメッシングの限界だー!!

第3グループ。アメリカの選手はそこそこみんなうまいんですが、点をとるためにプログラムが似た構成になっていておもしろくないことが多いですね。欧州選手権は逆なんですが。書いててエレメンツを追う文章になってしまう。うーん。つなぎが少ないところがそうみせてるんだろうか。

フィリップ・ウォーレン。「ドン・ファン」。よく滑ってます。そこから3Lzを決めました。いいジャンプ。しかし3Aでずいぶん傾いて転倒。氷をがっつり削っていました。3Fは成功。シットスピンはポジションチェンジでスピードが落ちました。ステップはよく世界観を表現してますね。音楽もつかまえてる。3Aはステップアウト。次は2Lz+2T、3Sは手をつきました。後半になってジャンプが乱れてきましたね。3Lo、3T+2Tと決めてコレオシークエンス、スピンでフィニッシュ。まとめきれなかったなというところ。183.27。

ブランドン・ムロズ。バッハ「トッカータとフーガ」。3Sはなんとか。3A+3Tはほんとは4Loの予定だったらしいです。みたかったな。3F+2Tはおっけー。スピンはポジションがいいですね。このへんはまあムロズさんですから。音楽が変わって3Loを決め、3Aで転倒。うーん。3Lz+2Tは成功、3Sをなんとか決め、ステップはもっとアピールしてほしいところ。疲れてきてる。スピンから3Lzを決め、コレオシークエンスでフィニッシュ。ミスは最小限にできましたね。202.42。2位にきました。

アダム・リッポン。「Mr.インクレディブル」より。3A+2Tはだいぶ軸がぶれましたがリカバー。3Lzは手あげ。2Aからステップ。しっかりアピールしながらもやっと見栄えのする、躍動感のあるステップがみられました。音楽表現をがんばってますが、いまいち曲とあってないですね。もっと微調整がほしいけど、スケーティングはいいです。3Aはぎりぎりか。3F+3Tを後半で決めてきました。これは大きい。イーグルから3Lz+1Lo+3S。後半にビッグジャンプを残してましたね。コレオシークエンスはがんばって顔つくってますね。次は2Loになり、2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよしなんとか昨年2位の滑りはできましたね。229.87。がんばりましたね。

ジョナサン・カッサー。パジャマっぽい衣装。オペラ「道化師」。3Lz+2Tから入りました。2Aで転倒。3Fはいけました。高橋の道化師と違ってほんとに道化師っぽいステップ。もっとやってもいいのに。3Lo+2T、3Lzと決めました。3Sはなんとかリカバー。2A+2T+2Tを決めました。ここまでよく粘ってる。シットスピンから3Loからコレオシークエンス。スピンまでなんとかがんばりました。崩れそうなところもありましたが、しっかり粘って滑りきりました。196.49。

ジェイソン・ブラウン。リスト「愛の夢」。2Aから入りました。3A+3Tは回転はどうだったかな。I字ポジションをとる柔軟性をみせるものの、3Lzで転倒。決まってればかっこよかったのに。片手ビールマンスピンをいいポジションで決めてます。このへんは個性ですね。3Loはクリーン。しかし3Aで転倒。スピンの技術はすごくあります。イナバウアーから3Lz+1Lo+3Sを決めてきました!きれいです。ステップはよく動けてます。みかけによらずスタミナはあります。3F+2Tからコレオシークエンス。2Aを決めて最後はコンビネーションスピン。軸も安定してるし安定感ありました。ベストは尽くせましたね。223.29。ジャンプのレベルが上がりませんでしたが、それでもいい演技でしたよ。

最終グループ。アメリカはステップの構成まで似てる。自由にしてもいいのに。規定演技みたいな感じになってます。あとみんな難しいジャンプにトライしてどんどん転倒してる。最終グループはいい演技みせてほしいです。

マックス・アーロン。「ウエストサイド物語」。スピード出てます!そして4S+2Tを決めてきました!目が覚めたわ。4S単独もばっちりですね!気合い入ってます。よくわからん小芝居がはさまってステップ。そんなに難しいことはしてないけどいいステップ。スピンはそつなく。がっつり止まってるときがある。休みか。3A+2Tは間にターンが入りました。3Lzは軸の傾きをよくリカバー。3Aを決めてガッツポーズ。シットスピンから3T+1Lo+3S、3Fも成功!これはいい演技ですね。コレオシークエンスもがんばって、3Loでフィニッシュ!やりましたね!ビッグジャンプも決め、ミスも最小限にしました!255.00!キスクラはお祭り騒ぎ。ばんざいして喜んでいました。

リチャード・ドーンブッシュ。「ハーレム・ノクターン」ほか。なかなか雰囲気作ってます。4Tは手をつきました。4Tにもう1回チャレンジしますがまた手をつきました。3Aはシングルに。跳び急がないで。盛り上がらない顔でステップ。へこまないで。小芝居もしっかり入れてますが、まだもりあがってこないか。2T+3Tはほんとは3-3。3A+2T+2Loを今度は決めてきましたね。気をよくして!3Loからスピンは確実に。音楽変わってそのへんはちゃんと表現。3F、3Lzからコレオシークエンス。こっちはがんばってます。最後のコンビネーションスピンも速かったです。いかんせんジャンプのミスが多かったですが、PCSは結構出たみたいですね。228.81。

ロス・マイナー。「海賊ブラッド」。4S決めてきました!やるな!3A+2Tもしっかり成功。まだ余裕ありました。次の3Aはシングルに。うーん。なんかタイホされたみたいになってる。でましたタイホ。3Lz+3Tはなんとかがんばりました。ステップはおだやかな雰囲気。こういうのもちゃんと出せます。滑りはとてもいいですね。3Lz+1Lo+3Sも成功!回転の速いコンビネーションスピンから、工夫のあるステップから3Lo。3Fも成功。もうちょいや。コレオシークエンスは場内も盛り上げてくれてます。イーグルから2A、コンビネーションスピンでフィニッシュ!やったマイナー!渾身のガッツポーズ!やったわー。ミスもアクセル1つだけでしたね。しかしそれが響いたか、251.29。あれだけかー。

ジェレミー・アボット。きました。「レ・ミゼラブル」。いい雰囲気作ってます。いいぞ。4Tに挑んできますが転倒。むーん。3Lzはいいジャンプでした。スピンはまったく軸がぶれませんね。つなぎの部分もしっかり。3A+2Tはしっかり。コンビネーションスピンはとても表現力がある。曲に寄り添うようです。3Aと3Fを1つの流れの中で。スピンから3Lz+3Tをしっかり。次は2Lo+2Tになりました。コレオシークエンスもすごい高度。2Sからの表現はすばらしかったです。叙情たっぷり。しかしジャンプミスが続きましたね。リンクサイドに帰りづらい。249.33。はーい逃げ切れませんでした。もう僕も武士の情けで有香ちゃんの顔は見ませんでした。

ジョシュア・ファリス。ラフマニノフ「アレグロ・スケルツァンド」。3A+3Tを決めましたが、そのあとの4Tで転倒。3Lz+2Tからスピン。いい流れです。スピンはもうちょっと躍動感を。キャメルスピンはいいポジションでした。3Aはビッグジャンプですねー。ここでコレオシークエンス。スパイラルも入れながらいい雰囲気作ってます。終盤にジャンプをまとめてます。3Fは成功。イーグルをはさんで3Loもいけました。イナバウアーから3F+2T+2Loも決めて、3Sもいけました!最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ!これはいいジャンプだったし、ベストの演技でした。244.82。表彰台に届きませんでしたが、にっこにこです。

表彰式にはライアン・ブラッドレイがきてくれてました。久しぶりや。でもそういえばマックス・アーロンはSP1番手で、FSも最終グループ1番手でしたね。それで勝ったんですからね。

○最終結果:
1. はじめてのお灸アーロン
2. マイナーアロマ灸
3. せんねん灸アボット
4. せんねん灸ファリス
5. せんねん灸リッポン
6. 極上品もぐさドーンブッシュ

マックス・アーロンが全米チャンプに。そんな日がきましたか。よくいわれる表現ですが、今日はアーロンの日でしたね。たぶん世界選手権はそうはいかんと思いますが。2位はマイナー。なぜか3位に縁のあるマイナーですが、1つあげることができました。

そしてアボットはんは3位。よくけがをするNFL選手チャド・ペニントンがけがをしたとき「僕はリハビリのプロだからね」といっていましたが、アボットはもはや世界選手権を逃すプロですね。あれだけの技術をもっていながらなぜ。くちおしや。

どうにも筆が進まないFSでしたが、最終グループは楽しくみられました。そして世界選手権でアーロンとマイナーがどれだけがんばるか、楽しみですね。

カトラーが全米嫌われスポーツ選手の第4位にランク☆イン

富井のとりあげているバレンティンの節分。どうやら鬼になってこどもたちに豆を投げられ困惑しているようです。しかしこれはほんとすごい。鬼のパンツが入らず半ケツですよ。みんなバレンティンさんが何本ホームラン打っていくらもらっているかを知らないのでしょうか。そんなスーパースターが虎縞模様の鬼のパンツで半ケツ。ビューティフル。そしてたぶんバレンティンはやさしいいいやつ、略してやさしウィーやつなので、子どもたちのためにたぶん鬼の格好をして、カラーアフロをかぶって金棒までもってふれあいにいったと思ったら、子どもたちに笑顔で豆を投げつけられているのです。結構痛いのに子どもたちは喜んでるし。困惑するバレンティン。もうどこからどこまでつっこみどころなのかと驚喜するマイク松ですこんにちは。ちなみにリョーくんが勝負パンツをやめるという全ての文字が価値ゼロみたいなニュースがありましたが、半ケツだけで勝てますね。

さて、今日はお仕事の合間にネットをしていたら、すごいニュースを見かけてしまったので、ご紹介したいと思います。

カトラー、全米嫌われアスリートの4位にランクイン

ランクイン!じゃねえよと思ってしまいますが。ご存じない方のためにご紹介すると、このカトラーさんというのは、シカゴ・ベアーズのQBです。そんなにいいQBではなく、強いキセノサト弱いキセノサトみたいに調子に波があるのが困りものですが、だからといってだめなわけではなく、昨シーズンもチームをプレーオフに導いているのです。それなのにカトラーさんは、どうやらフォーブスの企画した嫌いなスポーツ選手でなんと4位にランクインしちゃったのです。

いやまったく意外だというわけではなく、私立探偵マイク松が登場するまでもないのですが、むしろ謎なのはなぜ4位なのかということです。ちなみに今回のランキングを10位までみてみると、

  • 1位:ランス・アームストロング(自転車)…ドーピングしちゃった
  • 2位:マンタイ・テオ(大学フットボール)…架空の恋人問題?で物議をかもしたらしい
  • 3位:タイガー・ウッズ(ゴルフ)…女性問題あったよね
  • 4位:ジェイ・カトラーさん
  • 5位:メッタ・ワールドピース(NBA)…もとロン・アーテスト、昔はワルだった
  • 6位:アレックス・ロドリゲス(NYY)…高年俸やら浮気やら
  • 7位:マイケル・ヴィックさん(NFL)…昔はドッグ、いやビッグな犯罪でこのリスト上位独占してた
  • 8位:カート・ブッシュ(NASCARドライバー)…なんかえらそうですぐかっとなるらしい
  • 9位:コービー・ブライアント(NBA)…昔しゃれにならない犯罪疑惑が
  • 10位:トニー・ロモさん(NFL)…いいところで打たないきょじんのバッターみたいな人

このリストをみておわかりかと思いますが、だいたいは女性問題か犯罪および犯罪的な事件に関与していて、そのせいでイメージが悪いのです。たぶんカトラーさんは犯罪には関与していないし、女性問題も起こしていないはず。ただたんにいやなやつなのです。そんなのでのってるのはブッシュとかいうドライバーと、ロモさんだけです。8位、10位。これくらいならわからんでもないのですが、カトラーさんは4位。アメリカで一番人気があるであろうスポーツ、NFLの選手で一番嫌われているのです。すごい。ある意味すごい。

確かにカトラーさんはひざを負傷して交代し(NFLでQBが代わるのはたいていもうプレーできないとき)、2番手が奮闘しているのにサイドラインでぼんやり立ってみていたり、自転車をのんびりこいでたりしてたというエピソードをお持ちで、だいぶ不興を買っています。負けたらオフェンスラインをなじったり、ほかの選手をなじったり、革新的なオフェンスを生み出した攻撃担当のコーチをなじってやめさせたりしています。いやなやつです。でも他方で7sck,4INTの夢をみていたよとか(野球でいえば7失策4併殺みたいなの)、おちゃめなことをいったりするのです。7sck,4INTは夢ではなく実際にやっちまってるんですけどね☆

あまりに感動して取り上げてみたのですが、ただたんにいやなやつだからということで4位はよっぽどですよ。もうこれからはプロテクターに凶器を隠しておくとか、相手を死ぬほど侮辱して反則を誘ったりとか、影武者を用意してプレーヤーがみんなカトラーになってるとか、ヒール道を究めてほしいと思います。がんばれカトラー!目指せ嫌いなアスリート、ナンバーワン!やっぱりカトラーがナンバーワン!(Foo! Foo!)

…とここまで書いたところでアーロン・ロジャースという若いリーダーQBがすごい立派な行動に出ているニュースをみて、やっぱ器が違うなと思いました。

なんとWBCの山本監督が宮古島に!

実は節分の豆(というか大豆)が好きな富井です。年の数より1つ多く食べろと書いていましたが、3日経った今でもポリポリかじっているので200個くらいは食べていると思われます。わしゃ鳩か。

すっかり話題に乗り遅れてしまいましたが、糸井・八木と大引・木佐貫・赤田のトレードは驚きましたね。糸井がオリックスに来たのはうれしいですが、大引・木佐貫・赤田と3人とも好きな選手で残念です。ほとんど出番がなかった赤田は日ハムの方が良いのかなあと思いますが、昨シーズン、ほぼローテを守ってくれた木佐貫、そしてオリックスの主力でありながら、幼稚園を訪問した際には園児から「誰?」と聞かれる「真の意味でオリックスの顔」大引がいなくなるのは痛い。でもハムで活躍して全国で名前の知られる選手になってくれればこれほどうれしいことはありません。金子誠や稲葉のような素晴らしい選手になることを祈っています。

さて、その糸井。5日にはWBCの山本監督や梨田さんが視察にいらっしゃったそうですが、よりによってその日に太ももの張りを訴えて別メニューで調整だそうです。軽傷らしいので怪我はたいしたことないようですが、すごいタイミングですね。

まあ、それはいいのです。それより気になったのは

山本監督は「WBCの選手がいるチームは仕上がりが早いね」と上機嫌だった。

というところですよ。言っていることは正しいんですけど、WBCに選出されたときは糸井はまだ日ハムでオリックスは横浜と並んで代表選出なしのチームだったんですよね。チームは関係ないだろと、ついつい思ってしまいますよ。むしろ「イ・デホとマエストリのチームですから。山本監督も負けないようにがんばってくださいよ」って言いたい。こんな感じで暴れてみたい。歌に託して聞いてみたい

宮古島の歌 (もとねた:「防人の歌」 歌詞

おしえてください
キャンプで生き生きとし生けるものの
すべての選手の様子がわかるのなら
後藤はどうですか グッチはどうですか
岸田はどうですか 金子は無事ですか
おしえてください

バルはどうですか 駿太はどうですか
平野はどうですか 平野恵はアゴですか
西は呼び出しですか 小松はドネーション?
私の知りたい平井もみんな
宮古にいるのですか

私も機会があったらぜひ宮古島へ見に行きたいのですが、ちょっと予定が合わず残念です。

団十郎さんと藤田玲司

遅れてBSベストスポーツのスーパーボウル直前特集をみたら、半分以上地震速報だったマイク松ですこんにちは。もっと早く見直しておけばよかった。

今日はスーパーボウルも終わったのでちょっとひといき。

市川団十郎さん死去。勘三郎さんに続き、名優の訃報が続きましたね。

それで日経のコラムにいいことが書いてありました。

弁慶でも助六でも、何を演じても役に収まりきらない天真爛漫が舞台の上に満ちていた。「団十郎はあれでいいんだよ」。そう言い合ってみんなで納得した。いつの時代にもそんな役者は一人二人である。

これを読んで、僕もこういうふうにいえるスポーツ選手が好きなんだと思わされました。とはいえちょっと違いますが。

スポーツは結果や点数がすべてではありません。名選手はたんに結果を出すだけではなく記憶にも残るんだと思います。しかし他方で、人の心に残るパフォーマンスができるなら、結果が出なくても、点数が出なくても、それでいいと思うからです。ありていにいえばこういうことです。

「サンデュ先輩はあれでいいんだよ」

はいそれはちょっと違うよという声声声が聞こえてきました。その通り、稀代の名優市川団十郎と練習嫌いのダンス好きスケーターサンデュ先輩をいっしょにしてはいけないと思うのですが、根っこではつながっている(いてほしい)と思います。それは芸術・スポーツをみる確かな目と、その中でいいものをいいということなんじゃないかと。

今日偶然ギャラリーフェイクをちらっと読んだのですが、第1話でフジタは絵に対する思いから高いお金をもらって贋作をつかませ、安いお金で真作を売ったりしています。よくわかりませんがそういうことなのかもしれません。僕もフジタのようになりたい。なれないけど。

確かな目といいものをいいということはどっちかだけだといけませんが、とりあえず僕は「あれでいいんだ」ということを結果にこだわらずいうのだけは忘れないようにしたいと思います。もっとスポーツがわかるようになりたいんですが。

団十郎さんの訃報にそんなことを考えました。ご冥福をお祈りします。

第47回スーパーボウル BAL.vs.SF

おはようございます!マイク松ですこんにちは。今日は早起きしましたよ!ということで第47回スーパーボウル、今年はナマでみます!

第47回スーパーボウル、BAL.vs.SF。実況は松野さん、解説は生沢さん。すごい盛り上がってます!早速レイ・ルイスさんがタックルしてます。

SFオフェンス。いきなりイリーガルフォーメーション。ランパスと試してみますが、がっちり守られてパント。

BALオフェンスは押し込んでいて中央付近から。最初はリーチへのパスから。スミスへのミドルのパスも通ってレッドゾーンに入りました。オフサイドがあって、ボールディンにパスを通してTD!うわー!BAL先制しました!しかもTDで!

SFオフェンス。クラブツリーに通して1stダウン。ドローのランも効きました。そしてケイパーニックのキープで1stダウン。リズムを作っていきます。今日はケイパーニックが積極的に走ってきますね。そしてデイヴィスにパスを通しました!1st&goalに。惜しくもパスは通らず、クルーガーがケイパーニックをサック!しかしエイカーズがしっかりFGを決めました。

アレックス・スミスもサイドラインでしっかり働いています。戦ってるよ。

BALオフェンス。すごいプレッシャーを受けるがピタにパスを通しました。ライスのランで1stダウン。またすごいプレッシャーを受けて完全に投げ捨てたかと思いましたが、ボールディンにパスが通ってロングゲイン。すごいな。冷静ですねフラッコ。プレッシャーは強く、フラッコがサックされてパント。

SFオフェンス。デイヴィスにいいパスが通ってゲイン。オプションも効いてきました。サッグスがうろうろしてる。しかしBALディフェンスがジェームスのランに集団でおそいかかり、ファンブルリカバーしました!強い!

BALオフェンス。このドライブはRBはピアース。よく出てます。それでピタがフリーになってゲイン。ディクソンにパスを通しました。ライスのランも出るしディクソンにパスが通り、フェイスマスクもありました。ぐんぐん前進。ランをはさんでピタにパスでTD!プレイアクションにひっかかってしまいましたねー。

レイ・ルイスさんとエド・リードが練習中にフィールドの隅で思い出話をして、エド・リードの出身に近いこのスーパーボウルで勝つぞという話をしたそうです。いい話。

SFオフェンス。と思ったらケイパーニックのロングパスをエド・リードがINTー!ぐわー!!

BALオフェンスは相手陣40yds地点から。ライスへのパスで1stダウン。その後はパスが通らず、FGにいこうとするが、Kタッカーがフェイクプレーでラン!しかし1stダウンはとれませんでしたー。攻めてきますね!これはBALディフェンスにすごい手応えがあるってことか。

SFオフェンス。がっちり止められてパント。オフェンス出ないですねー。

BALオフェンス。2ミニッツあけにジャコビー・ジョーンズにロングパスが通りました!そしてタックルできずに、起き上がったジョーンズがディフェンスをかわしてTD!ビッグプレー出ました!あれはディフェンスタックルせんと!

SFオフェンスは1:45残ってます。パスパスで攻め、ナタちゃんのラフィングザパサーで前進。ウォーカーにパスを通してレッドゾーンに入りました。パス通りますね。しかしエンドゾーン前からは進めず、FGになりました。これで前半終了、BAL 21-6 SF。

ハーフタイムショーはビヨンセはん。いきなり仕掛け花火登場!分身がいっぱいでてきたり、花火がついたギターがでてきたり。いつの間にか分身もすごい増えてる。ディスプレイを使った分身の術もすごい。残りの2人が出てきてデスティニーズ・チャイルド復活。またソロに戻った。最後までしっかり歌ってフィニッシュ。すごいステージでした。マドンナはんからのいい流れを引き継ぎましたね。

後半、いきなりジャコビー・ジョーンズがキックオフリターンTD!ぐわー!!ミスタックルとリーチのブロックが効きましたね!スーパボウル記録の108ydsキックオフリターンTD!SFもいちばんやられてはいかんことを…。ジャコビーはニューオーリンズ出身だそうです。

SFオフェンス。クラブツリーにパスを通して前進。アーサー・ジョーンズがケイパーニックの足をひっかけてサック!…ここで停電になって試合が中断。結構続きました。36分中断して再開。パスは通るもパント。

BALオフェンス。スミスにパスを通します。そのあとは止められてパント。

SFオフェンス。ようやくケイパーニックが走り始めた。そうそうそれでリズムを作ろう。ロングパスを投げるも惜しくも通らず。モスさんに通して1stダウン。パスはよく通してます。クラブツリーに通して、タックルにも倒れず、エンドゾーンに走り込んでTD!ようやく1TD返しました!

BALオフェンス。3rd&10にして、ブルックスがフラッコをサック!パントにしました。ディフェンスが流れを作ってますね。

SFオフェンス。ギンがいいリターンをしていきなりレッドゾーンから。ゴアのカウンタープレーでTD!ウォーカーと、モスさんのいいランブロックがありました!いきなり8点差!

BALオフェンス。ライスにパスが通りますが、ブラウンがファンブルフォース&自分でリカバー!うわー!SFに流れがきてる!停電以降!

SFオフェンス。ロングパスはウィリアムズにうまく守られました。FGはエイカーズが左にはずしてしまいますが、ランニングイントゥザキッカーをとられてやり直し。今度はど真ん中に決めて5点差になりました。よかったなエイカーズ。

BALオフェンス。ウォーカーの横からのすごいタックルでジョーンズを吹き飛ばしました。でもまずまずのポジションから。ボールディンへのパスで1stダウン。ランでもじわじわ進みます。これがBALの戦い方。ピアースのランでレッドゾーンに入りました。ライスのランとボールディンへのパスで1st&goal。しかしここでTDはとれずFGになりました。ふたたび8点差。

SFオフェンス。オーディブルからモスさんにパスが通りました!プレイアクションであいてましたね。オプションでゴアがビッグゲイン、レッドゾーンに入ります。そしてパスかと思いきや、ケイパーニックのラン!一気にエンドゾーンに飛び込みました!ついに出ました!2ptにもちろんいきますがこれは失敗。2点差になりました。

BALオフェンス。ボウマンがロスタックル!しかしパスインターフェアでBALに1stダウン。粘り強く進みます。1stダウンになるところでしたが、チャレンジで覆りました。しかしボールディンにパスを通しました。ライスのランも出た。3rd&2でパスにいきますが、これは通らず。FGをしっかり決めました。

SFオフェンスは残り4分強。オプションとケイパーニックのランで前進。デイヴィスへのロングパスは惜しくも通らず。クラブツリーに通して1stダウン。そしてリードオプションでゴアがビッグゲイン!1st&goalに。ラン1つ入れて2ミニッツに入りました。あと2分。パスは通らず3rdダウン。3rdダウンのパスも激しいタックルで通らず。運命の4thダウン、パスは通りませんでした!

BALオフェンス。ランで時間を使います。そしてパントにいくとみせかけて、しっかり時間を使ってセーフティにしました。2点とられますが、キックオフで遠くできます。いい判断でした。慎重に慎重を重ねます。キックオフリターンをとめて試合終了!BAL 34-31 SF。

フラッコがMVPに選ばれたようです。レイ・ルイスさんはいろんな人と抱き合っていました。

いい試合でした!両チーム死力を尽くした試合でしたね。よくがんばりました。これだけ盛り上がったスーパーボウルも久しぶりです!どっちも好きなチームだったし、どっちも勝ってほしかった。

BALは相変わらずオフェンスが好調でした。コールドウェルOCがこんなにはまるとは。フラッコもよかったけど、特にジョーンズがよかったですねー。MVPの次の賞くらいあげたい。キックオフリターンTDがなかったら結構試合展開も変わってたかも。ディフェンスはずいぶん苦しみましたね。電気で動いてたんじゃないかと思うくらい、停電後に変わりました。それでも最後の最後に守りきりましたね。

SFは一時は追いつきそうになりました。オフェンスの爆発が遅かったですが、一度爆発したらあそこまでくるとは。さすがキャプテン・カムバック。ケイパーニックもよくやりました。もう少しラン、オプションで攻めればよかったんじゃないかとは思いますが責められませんね。

ともかくいい試合でした。両チームおつかれさま。レイ・ルイスさんおつかれさま。

シーズンはやっぱりプロボウルで終わりたい。この興奮のまま終了とかあんまりよくないと思います。しみじみかみしめたい。

全米フィギュアスケート選手権2013(2):女子シングルSP

楽天・ジョーンズら“メジャーの力”強烈豆まき。すごいおもしろかったマイク松ですこんにちは。鬼や不幸が逃げる前にいじめやタイバツで訴えられそうですが、鬼役の報道陣の人おつかれさまでした。いじめだめぜったいソコロビッチは恵方巻。こっちの方がピースフル。

今日は全米選手権の女子シングルSP。残念ながらシズニーは欠場のよう。おだいじに。

全米フィギュアスケート選手権、女子シングルSP。実況は藤吉さん、解説は村主千香さん。村主姉さんと区別するため、千香ちゃんと呼んでいます。

いきなり始まった第1グループ、サマンサ・シザーリオから。19歳。「カルメン」。最初の雰囲気はよく出せてます。3F+2Tも決まりました。なかなかやりますね。2Aも流れありました。スピンはまずまず、3Loもいいジャンプでした。予選会東地区1位らしいですが、悪くないですね。ステップも気合い入ってるし。いい演技でした。55.74。水を飲むのがあんまりかわいくない。

ミライ・ナガス。なんかすごいがたいがよくなってますね。大丈夫か。ベニー・グッドマン「ダウンヒル・スペシャル」。しかしいきなりスピードに乗ってます。3T+3Tをばっちり決めてきました!スムーズでしたねー。イナバウアーから3Loも流れありました。やはりNHK杯で自信を取り戻したんだろうか。キャメルスピンはポジションがいいですね。2Aも決まってジャンプそろった。千香ちゃんもいうようにリズムによく乗ってますね。ステップはもっと曲と一体になれるかも。コンビネーションスピンから最後はレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技です!ノーミスで決めてきましたね。いよいよ復調は本物か。64.39。コーチの1人がTM Revolutionに似てる。

アンジェラ・ワン。ジュニアGPSで3位。高校のクラスにいるような顔。3Lzにいきますが転倒。3F+2Tは決まりました。スピンは回転が速くてうまいです。2Aはクリーン。キャメルスピンはポジションはきれい。ステップはまずまず、最後のレイバックはきれいでした。基礎的な技術はそろってますね。最初のジャンプだけでした。52.06。

ハナー・ミラー。16歳。「タンゲーニャ」。よくリズムをとらえた出だし。2Aまでのステップも工夫がありました。3Fはまずまず。昨年の全米ジュニア3位だそう。スピンのポジションもいいし、つなぎの部分をしっかりがんばってて、演技全体の雰囲気を作ってます。3Lo+2Loをなんとか成功。スピンからステップと常に動いている演技。笑顔をしっかり作っているのも印象的。最後のスピンまでしっかり演じていました。いい演技じゃないですか!華のある選手でしっかり育ててほしいところ。54.47。点はこんなもんですかね。少しずつ。

ヘイリー・ダン。19歳。長身の選手ぽい。「魅惑のワルツ」。3F+2Tをまず決めてきました。エッジにのびがありますね。優雅な滑り。しかし3Lzはシングルに。もったいない。レイバックスピンはすばらしいポジション。これは加点もらえますね。ステップもエッジワークがすばらしい。深いエッジだし、そもそも姿勢が美しいですね。パワーで押し切るんじゃない清楚さ。2Aはオーバーターン。しかしコンビネーションスピンもよく雰囲気を作っていました。点にはならなくてもいい演技。シズニーを目指してがんばってほしいです。コーチがいいコート着てる。44.96。

第2グループ。

ヤスミン・シラージ。「ダフニスとクロエ」。きびきびしたスケーティング。3T+3Tをまず成功。がんばりました。スパイラルをはさんで3Lz。ふんばりました。イナバウアーからレイバックスピン。軸がほしくて安定してます。キレがある。ステップはもっと大きくリンクを使いたいところ。キャメルスピンから2Aを決めて、すばらしい入りからコンビネーションスピンでフィニッシュ!おおーやりましたね!ずいぶん上達しましたねシラージ。57.88。あんまり出ませんでしたが2位。

コートニー・ヒックス。17歳。「コロブシュカ」。予選会2位、ジュニアGPSでもがんばってます。3F+3Tはフリップ距離が出てましたね。でかいジャンプ。スピンは軸がぶれません。おととし全米ジュニアチャンプ。キャメルスピンはドーナツポジションで速度アップ。ステップからの3Lzも高さありました。そしてすぐ2Aも成功。ジャンプそろえました。音楽が速くなるところでステップ。がんばってエッジを使ってます。コンビネーションスピンは難しいポジションをしっかりこなしてました。やりました!こちらもかなり上達してます。結構いい選手になりそう。59.72。

アマンダ・ホフマン。17歳。「天国への階段」。ちょっと工藤静香みたいな振りから。3Lo+2Tを確実に成功。3Fはツーフットに。コンビネーションスピンはまずまず。2Aは回転が足りませんでした。これはもったいない。しかしビールマンスピンはすごい細くなってました。ステップは最初と同じく手を動かしてます。千香ちゃんはもっとスピードに乗っていってほしいとのことでした。スピンのスキルはあるだけにジャンプを決めたかったところ。42.25。

ベッキー・ベレスウィル。「アディオス・ノニーノ」。有香ちゃんの弟子。予選会中地区2位。3Lzは高さがたりずあぶないところでした。3S+2Tはセカンドでステップアウト。リカバーしたかったんですが。しかしスピンはポジションもばっちり。部屋頭のスピンを見習ってますね。2Aは軸が傾きましたがしっかり。スパイラルのポジションもきれいですね。シットスピンからステップ。アクセントをしっかりとって曲にあわせてます。最後のI字スピンもただものではなさを出していました。ジャンプがきまればというのは部屋頭を見習ってますね。がんばれ。38.46。

このあと出てくる予定だった、リア・カイザーは欠場だそう。第2グループはここまで、第3グループに。

キャロライン・ジャン。「夜明けの翼」。3Lo+3Loを決めてきました!決まってるかな。3Fも笑顔で成功。やりますね。ドーナツスピンも一工夫できるのがキャロライン。2Aも問題なし。コンビネーションスピンもI字スピンでアピール。千香ちゃんもスピードの中でジャンプにいけるようになっていると評価。笑顔でステップできるのはこちらもうれしくなります。苦労しましたからね。これからはもっとスピードをつけていかないとですね。最後はビールマンスピンでフィニッシュ。いい演技でした!3-3が決まってればすごいですけどねー。49.99。やっぱり回転不足とられてましたか。

ジョエル・フォルテ。26歳。「フィーリング・グッド」。東地区4位。3Lz+2Tはまずまず。というか音楽がカラオケや。せめて主旋律入れてほしいですね。歌えってことかな。盛り上がりません。ステップはわりと細かく踏めてます。3Sはきれいに決まりました。2Aはキレありました。よくまとめましたね。もっと演技全体にアピールできるポイントができるといいですが。45.82。

キリ・バガ。17歳。「ミッション」からガブリエルのオーボエ。入りは清楚な感じを出せていたのですが、3Fで転倒。痛そう。3Lo+2Tは手をつきました。スピンの回転は速い。スケートの技術はあるしバレエジャンプも高い。2Aはばっちり成功。キャメルスピンもいいポジションチェンジでした。最後のビールマンスピンはすばらしいポジションでかつ高速回転でした。このスピンはすごい。だからジャンプが決まってほしかったです。46.66。

グレイシー・ゴールド。きましたね!注目したいです。「エルナンドの隠れ家」。キレもあるし音楽と一体化した振り付け。3F+3Tはファーストはばっちりだったのですが、セカンドで転倒してしまいました。もったいない。3Lzはばっちり成功。バレエジャンプも勢いあるし、つなぎの部分もいいですね。しかし2Aはシングルに。うーん。ステップはよく表現できてます。千香ちゃんもいうように、1つ1つリズムをつかんで、音楽との調和がすばらしい。レイバックスピンも手の表現がいいですね。富井は「達川さん風にいえば『ものが違いますよ。いわれんですけどね』」とのことでした。最後のスピンまでいい演技でした。なにしろ転倒が痛い。54.08。うーんきつい。でもFSでいい演技期待したいです。

レイニー・ディッグス。笑顔がいい。3Sは転倒。でも笑顔。3Tも転倒。でも笑顔。鍛えられてますね。レイバックスピンはうまくいきました。その笑顔でスパイラルもよくみえます。2Aはシングルに。うーんまずジャンプを鍛えていかないとですね。しかししっかり練習すれば人気出そう。がんばってほしいです。28.57。

最終グループ。

クリスティーナ・ガオ。「クローズ・ウィズアウト・タッチング」。3T+3Tを質高く決めてきました。これはすばらしい。2Aも問題なし。イナバウアーからフライングシットスピン。しかしポジションチェンジで転倒してしまいました。エレメンツにならないか。3Loは成功。レイバックスピンは堅実です。ステップはとても音楽表現豊。最後のスピンもよかった。うーんあのスピンがもったいない。つくづく。58.74。うわー。もったいない。

アシュリー・ケイン。17歳。中地区予選1位。前はペアでやってたらしい。3Lo+2Tを確実に決めました。3Sもまずまず。2Aとジャンプをまとめて決めてきました。シットスピンは泊まりそうになりました。レイバックスピンはビールマンスピンが途中で止まってしまいましたね。スピンはがんばらないと。ステップの動きはしっかりアピールできる。躍動感はありますね。コンビネーションスピンはがんばりました。ジャンプいけてただけにスピンがおしい。50.83。しょんぼりキスクラ。

ソフィア・アダムス。19歳。「サンタ・マリア」。3Sにいきましたが転倒。もう少し早く跳びたかったですね。3Loも転倒。今度は早すぎたか。痛そう。2Aはいけました。ダンスの部分はいけるのですが、もう少しつなぎ部分をたくさん入れていきたいところ。体の柔軟性はあるのでそれをいかしていければいいんですが。終わって頭をしばく。ジャンプを決めていきましょう。37.54。ためいき。

モーガン・ベル。「Shall we dance?」より。ちょっと衣装のチョイスを間違えたのかすごい横が太く見えます。それで3Lzで豪快な転倒。すごいな。3Tも転倒。ちょっと回転レシーブっぽい、銃撃をかわす的な転倒をします。最初といいリズムはよくとれてるのですが。イーグルからの2Aは決まりました。よし。I字スピンもちょっとウルトラセブンの技みたいにみえます。ステップの動きはよかったです。まず衣装を相談してください。37.78。

アシュリー・ワグナー。きました横綱!よろしくお願いします!「レッド・ヴァイオリン」より。優雅な中にも緊張感のある出だしから一気にスピード荷のあります。3F+2Tはセカンドで手あげ。いいですね。レイバックスピンは全てのポジションがばっちり。キャメルスピンも最後は回転速度があがってます。しっかり音楽にあわせたステップからの2Aは終わってすぐバレエジャンプ。すばらしい。3Loもいいですね。すぐステップ。細かなエッジワーク。最後のシットスピンでフィニッシュ。はーいばっちりでしたー。67.57。師匠も喜んでます。まあ3-3なくても大丈夫ですよね。

アグネス・ザワツキー。最終滑走です。「セックス・アンド・ザ・シティ2」より。いい滑りから3Lz。これは加点つきそう。3T+3Tもばっちり成功。いやーいいですね。ビールマンスピンの回転も速い。イナバウアーもちゃんと音楽に合わせてます。2Aで転倒!あーもったいない。ワグナーやばいなと思っていたところでしたが。もったいない。キャメルスピンもいいし、ステップも音楽表現をがんばってます。最後のスピンもきっちりまとめました。うーん惜しい。惜しすぎる。65.31。おー?転倒でこの点数ですか。

○SP終わっての順位:
1. 鬼は外、ワグナーは内!絶対内!
2. 鬼は外、ザワさんは内
3. 鬼は外、ミライは復活で内
4. 鬼は外、ヒックスは…ヒックスかー
5. 鬼は外、GAOは内(手のひらから伝わる豆)
6. 鬼は外、シラージは内、6位に入りましたか

SPトップはワグナー。安全策でも1位でした。FSは思い切って演技できますね。貫禄あります。しかし2位のザワさんは2Aで転倒しなければトップでしたね。それだけ攻めてました。FSは追う立場の方がやりやすいです。

3位はミライ。見事な演技で3位にきました。十分優勝も射程圏内ですが、まあ無理せずあせらず。4位はヒックス。こんなに上達していたとはびっくり。無欲でFS臨めそうです。5位はガオ。もっと上にいく力は十分ですから、FS追っていきましょう。6位はシラージ。おもしろい選手になってますね。上位をかきまわしましょう。

全米フィギュアスケート選手権2013(1):男子シングルSP

Facebookのいいね!ボタンはイタリア語ではBeneボタンなのかと思って見てみたら、Mi piaceボタンでした。英語でもLikeボタンやし。いいね!ボタンは結構訳工夫してるんだなと思ったマイク松ですこんにちは。

今日から全米選手権をみていきます!欧州よりは出場選手が少ないようです。そりゃそうか。

全米フィギュアスケート選手権、男子シングルSP。実況は赤平さん、解説は杉田さん。

グループ1はマックス・アーロンから。なんか骨みたいな模様が描かれたおもしろ衣装。すごい字幕がみやすい。ダフト・パンク「ミュージック・フロム・トロン」。曲を間違えたみたいです。4S+3Tをいきなり決めてきました!欧州とは違って第1グループでもやりますね!3Lzもばっちり。3Aも成功。ジャンプ全部成功、しかもクワドルプル入ってますからね。スピンはあんまり得意じゃなさそう。スピンもがんばってましたが、最後のスピンでちょっとタッチありました。でもよかった!苦手のスピンをなんとかすれば上にいけますよ。79.13。

ジョシュア・ハリス。ヨーヨー・マ「無伴奏チェロ組曲」。3Aは大きなジャンプ。でかいですねー。3Lz+3Tもなんとか。3Fは前のステップに工夫がありました。スピンもわりとなめらかにまわってますね。ステップはあんまり得意じゃなさそう。がんばってます。しっかりまとめてフィニッシュ。ジャンプもよくできましたが、演技全体がまとまってました。79.78。おー。

リチャード・ドーンブッシュ。全米は実力と滑走順は関係ないんですね。U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」。滑りはさすが上位選手。4Tは着氷が乱れましたがなんとか。3Aは手をつきました。むーん。スピンは安定してます。3Lz+3Tはセカンドでステップアウトぎりぎり。あんまりうまくいかないですね。ステップはいいエッジ使い。躍動感も出してます。コンビネーションスピンはしっかりまとめました。このまとまりのよさはさすが。でもジャンプが決まりませんでした。77.66。ジャンプにしてはよく出ました。

ジェイソン・ブラウン。結構歓声上がってます。プリンス「クエスチョン・オブ・ユー」。3Aは豪快な転倒。まわれてましたが。滑りはさすがにいいですね。3Lz+3Tはばっちりです。幅のあるジャンプ。フライングキャメルスピンはキャッチフットポジションがとてもきれい、シットスピンも回転が速いです。いいスピン。3Fもクリーンジャンプ。ステップはエッジワークの技術をみせてきます。リズムをしっかりとりながら、メリハリのある振り付けを踊るように演じてますね。すばらしい。最後のスピンも安定していました。うーん最初の3Aの転倒だけがもったいないです。74.05。転倒してるのによく出てます。

アレキサンダー・ジョンソン。ガーシュウィン「ヘ調の協奏曲」。3Aはまわれたかと思いましたが転倒。3Lz+3Tはセカンドでよくがまんしました。3Fもしっかり。コンビネーションスピンは軸ばっちり。スピンうまいです。フライングキャメルスピンも無難に。そしてステップはまたすごい技術。アボットみたいな足下のエッジワークで魅了します。曲もよく聞いてる。最後のシットスピンもしっかりまとめました。65.20。今度はあまり出ませんでしたね。ブラウンのあとだからかな。

第2グループ。

ハリソン・チョート。ペレス・プラド・メドレー。やっと知らない人が出てきた。3Lz+2Tは間にターンが入りました。3Fはよくもちこたえました。あぶない。曲が変わってマンボのところでがっつり場内を盛り上げてます。2Aからスピン。曲をうまく盛り上げに使ってます。ステップも場内を味方につけてます。スピンもがんばりました。最後はおちゃめにフィニッシュ。おもしろいやつじゃないですか!この調子や。57.66。

スティーブン・キャリエール。キャリエールももう23歳。生え際に気をつけろ!「カルメン」。3Aは大きかったですがステップアウト。3Loはクワドルプルにいくのは回避。フライングキャメルスピンは足換えのときに足をいためたか。3F+2Tは2つめは回転たりてないですね。ステップはさすがの技術をみせてくれます。エッジワークで表現してますね。最後のスピンの回転も速かったです。ジャンプが決まればいいんですが。62.77。うーん。

ジョナサン・カッサー。「レ・ミゼラブル」。3Lz+3Tはしっかり決まりました。空中でも安定してますね。イーグルからの2Aはしっかり。スピンはもうちょっとスピード出したいところ。ステップからの3Loは流れもよかった。シットスピンはさっきよりよかったです。ステップはもっと躍動感を出してほしい。イーグルはとてもきれいで場内を沸かせました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。演技全体のまとまりはありました。もっと攻めていかないとですね。キャロルおじいちゃんの弟子ですか。67.03。もっと出せと会場からブーイング。

ウェズリー・キャンベル。ラヴェル「ボレロ」。27歳です。最初の部分はよく考えた振り付け。3Lzはまずまず、3F+2Tは間で足ついてしまいました。もっと滑りにスピードがほしいところ。スピンから2A。シットスピンからステップ。まあ淡々と書いてしまいますが、やはりこの曲は円熟した技術と表現力がそろわないと退屈になってしまいますね。滑ってる方にはすべりやすいのかも。57.24。

フィリップ・ウォーレン。「ロシアより愛を込めて」。おもしろい振り付け。盗っ人みたい。ファンキーなやつです。007というよりルパンぽい。3F+3Tは高さがありました。3Aも高さありました。距離は出ませんがいいですね。スピンはゆっくり。また盗っ人みたいな振り付けがありました。3Lzはステップアウト。おしい。スピンはあんまり得意じゃないみたい。ステップは技術はともかく雰囲気をよく出してますね。笑顔もいい。最後のスピンでフィニッシュ。初出場にしてはなかなかよかったです。もっと小芝居系の演技を磨いて生き残ってほしい。キスクラでファンキーな水筒で飲んでます。66.48。

第3グループ。

アーミン・マーバヌーザデー。レッド・ツェッペリン「カシミール」。4Tに挑みますが転倒。果敢に挑戦しました。3Aはいけてました。スピンはなめらかによくまわってます。3Lz+3Tにいきましたがセカンドでステップアウト。いい結果でないですねー。ステップは深いエッジでしっかり表現。曲によくあってます。最後はドーナツスピンをまじえたコンビネーションスピンでフィニッシュ。うーんジャンプさえいけてれば。なんか実況陣はマーバを高評価してくれてるのはうれしいです。63.85。点が計算してなくて現在0位みたいになってました。計算してあげよう。

アダム・リッポン。プッチーニ「トゥーランドット」。髪型が変わりました。でも生え際を気にしてくれ。スムーズな滑りから3A。ばっちり決めてきました。いい出だしだ。3F+3Tはセカンドで転倒。うーんもったいない。シットスピンはポジションもいいし回転も速い。このへんはリッポンですね。3Lzは両手あげ。これはすばらしい!やっぱ手上げジャンプはリッポンですね。スピンの雰囲気も曲にあわせてる。ステップはエッジを深く使いながら、すごく物語性が発揮されてます。最後のコンビネーションスピンもすばらしい!拍手出てました。あのジャンプだけでしたねー。技術と表現力は十分に発揮されていたのですが。76.65。まずまずです。

ショーン・ラビット。ザヴィア・クガート「one mint julep」。曲はチャチャなのですが、衣装はそのへんのおっちゃんみたいです。3Lzはステップアウトですが、かっこいいステップアウトでした。技か。3S+3Tはきれいに決めました。ステップからの2Aもきれい。つなぎの部分もしっかりおもしろい踊り入れてきます。楽しんで滑ってる。キャメルスピンからステップ。最後はちょっと遅れてましたが、しっかり動けてました。スピンでフィニッシュ。なかなかいい滑りでした。滑りの楽しさが表現できるのはいいですよね。62.87。

キーガン・メッシング。ベニー・グッドマン「シング・シング・シング」。ずいぶんおっさんになってきましたね。がんばれ。あたふたしてるおっちゃんみたいでおもしろい。3Aは高く決めてきました。ランディングも持ちこたえた。4Tにここでトライしますが転倒。ヘッスラもかっこいい。スピンで持ち直しましょう。だんだん元気なくいだおれ太郎みたいにみえてきたぞ。ステップも元気はあるんだけどなー。3Lz+3Tはなんとかもちこたえる感じ。最後のスピンでフィニッシュ。ずーっと曲に遅れてる感じでしたが、元気はありました。こんなんやったっけメッシング?64.06。

ダグラス・ラザーノ。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。最初の3Aはだいぶななめになって転倒。3Loはオーバーターン。ここをクワドルプルにする予定だったらしい。スピンはまずまず。3T+3Tは成功しました。ステップは上半身はよく動いているんですが。キャメルスピンは軸がしっかりしていました。安定。最後のスピンもしっかりまとめてフィニッシュ。なんともぴりっとしない滑りでしたねー。63.31。お通夜キスクラ。

最終グループ。あと5人。

ウィリアム・ブリュースター。肩口がカラフルなおもしろい衣装。初出場です。おもしろいトランペットのマイムも入れて、3S+3Tはなんとかもちこたえて成功。2Aはいい流れ。キャメルスピンは無難に。3Lzはステップアウト。ちょっとルッツは難しかったか。スピンは安定してます。ステップは節目でつけるポーズがおもしろい。最後はスピンでフィニッシュ。うまくまとめてきましたね。まだまだ経験は積んでほしいけど、デビューとしてはとてもよかったのでは。有香ちゃんもやさしいほほえみをたたえています。よかったな。

ブランドン・ムロズ。フランク・シナトラ「マック・ザ・ナイフ」。体を絞ってきている印象。4Tはしっかりふんばってコントロールしましたね。3Aはステップアウト。全部決めたかったところ。キャメルスピンはまずまず。3Lz+2Tは3-3にはしませんでした。ステップは細かい振り付けがたくさんで密度が高い。それでいてメリハリが効いてます。スピンもしっかりまとめました。ムロズは滑りがシャープになって、エッジも効いてましたね。66.06。杉田さんから出来不出来が激しいといわれてます。まあそうなんですが。

ジェレミー・アボット。「スパイ」。もうスパイになりきってますね。かっこいい手の動き。3F+3Tは助走が少なかったですが、しっかり跳んできました。そして一気にスピードを上げていきます。3Lzは質の高いステップから成功。シットスピンは完璧なポジション。足がまっすぐ伸びてました。つなぎ部分の音のとりかたが最高。いちいち細かく拾います。3Aも成功!よっしゃジャンプそろえた!速いアップライトスピンからステップ。エッジは深いし躍動感はあるし。足下の技術がすばらしすぎ。メリハリで観客を盛り上げ、最後はコンビネーションスピンから高速スピンでフィニッシュ!うわー!やってくれましたね!さすが内弁慶!まだ役にはいって銃口を吹いたりしています。84.10。有香ちゃんもそこそこ喜んでいる様子。

ロス・マイナー。ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」。滑りが速いですね。4Sはなんとか決めてきました。足はどうだったかな。3Aは流れよく成功。コンビネーションスピンは軸がぶれません。3Lz+3Tも決めて笑顔!マイナーうまくなってるじゃないですか!ステップも笑顔で。ちょっと疲れてますが、がんばって体を動かしています。もうちょっと。シットスピンでフィニッシュ!よっしゃ!力を出し切りましたね!ここにしっかりあわせてきたんでしょうか。グッドです!80.99!

グラント・ホクスタイン。エンリオ・モリコーネ「ラ・カリファ」。3Aは傾きましたが成功。3Lzは転倒。向こうに倒れてしまいました。シットスピンはなかなか速い回転。3F+2Tは成功し、コンビネーションをリカバー。なんとか。キャッチフットポジションがきれいなキャメルスピン。ステップはツイズルが多いですが、よく動いてます。最後のコンビネーションスピンも回転速度がありました。そういう選手なんでしょうか。65.68。

○SP終わっての順位:
1. 鬼は外、アボットは内
2. 鬼は外、マイナーは内
3. 鬼は外、ファリスは…ファリス!?
4. 鬼は外、アーロンは内ってアーロンかい!
5. 鬼は外、ドーンブッシュはなにしてんねん!
6. 鬼は外、リッポン!6位て!

なんか第1と最終グループが豪華でしたね。そういう作りなんだろうか。

SPトップはアボット。さすが内弁慶!全米では無敵ですね。有香ちゃんも送り出すときはミスんなよミスんなよという感じでにらんでましたが、ちょっと満足。FSはもっとチャレンジしないとですね。2位はマイナー。このメンバーで2位はがんばりました。演技に安定感も出てきましたね。この調子。

3位にファリス、4位にアーロン。第1,第2滑走が3,4位にきてます。そういう作りなのかもしれませんがびっくり。がんばりました。ドーンブッシュ、リッポンが6位。良くも悪くもない順位。もっと若手に突き上げてもらいたいのですが、やはりジャンプが決まれば上にはいけるやつらですからね。

FSもアボットはがんばるように。今度こそ会心の笑顔を。有香ちゃんの。

フィギュアスケート欧州選手権2013(4):女子シングルFS

JSPORTSやNHKはやってるのになぜかCXのフィギュアスケート放送だけやらない「副音声は会場音」。一日も早く実現してほしいのですが、あれが「副音声は怪鳥音」ならおもしろいなと思ったマイク松ですこんにちは。もうアチョーアチョーうるさい。でもポエムの実況が主音声なら、僕は怪鳥音を迷わず選びます。

今日は欧州選手権、女子FSです。アチョー!

フィギュアスケート欧州選手権、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

ルクセンブルグのフローラ・マクスウェルから。「アサシンズ・タンゴ」ほか。ちょっと歌舞伎っぽいポーズがあった。最初の3Loで思い切り転倒。かなり痛そうな転倒でした。 3Lzはなんとか成功。次は2Sになりました。コンビネーションスピンはいいですね。I字ポジションがすてき。音楽が変わって3T、2Aと続けて転倒。がんばれー。3S+2Tは間にターンが入りましたがなんとか。2Aはアクセルにならず。スピンはとてもいいので、そっちからジャンプにつなげていければいいですね。113.01。しょんぼりするキスクラ。

トルコのシーラ・サイギ。チャイコフスキー「感傷的なワルツ」。最初の3Tはツーフットか。3Sはなんとかもちこたえて、1Tをつけました。イーグルからの2Aはいいですね。スピンからつなぎの部分で特に何もしてないのが気にかかります。レイバックスピンはまずまず。3Sは手をつきました。2Aはステップアウトぽい。ジャンプとそれ以外になってますね。そしてなんでもないところで転倒してしまいました。つまずいてしまったか。表現力はありそうなので、これからシニアを目指しながら、演技の確実性をあげていきたいところ。SPではコーチとべたべたしていましたが、リンクサイドでもやっぱりべたべたしていました。119.27。点が出てまたべたべたしています。

スイスのティナ・スタージンガー。すごい鮮やかな衣装。スイスっぽい。「チャルダッシュ」。3Lz+2Tからはいりました。がんばってスピードをあげようとしています。3T+1T+2Tという不思議な構成のジャンプ。3Lzはダブル。2A+2Tは高さはないけどキレでまわってますね。コンビネーションスピンは曲とは無関係にマイペースでまわってますね。曲聞いて。3S、3Tと決めています。スピンからステップに入りますが、ほんとにマイペースで滑ってます。このへんの曲との調和が出てくるといいですね。キスクラでは相変わらず目が大きい。シーズンベストを出して128.38。

イギリスのジェナ・マッコーケル。きれいな衣装です。「花はどこへいった」。3Lzは入りはよかったんですが転倒。次は2Fに。3T+2Tはきれいに成功。スピンは長身をいかしたいいポジション。3Fは決まりましたが次は1Sに。2A+2Tは決まったりとジャンプが安定しませんね。しかしイギリスの後継者がなかなか出てこないので、まだまだがんばってください。ケビンのいうことよくきいて。126.98。

ウクライナのナタリア・ポポワ。なんとかぎりぎりでFS進出。「ラ・バヤデール」。3Fからきました。結構いい雰囲気が出せる選手なんですが。3Loはステップアウト。3T+2T+2Loを決めてきました。ポポワそんなんできるんや。スピンは軸足がきれいにのびていていいポジション。点をとっていきたいですね。しかしなかなか滑りにのびがないので、蹴りけりしながらがんばってます。3T、3S+2Tはいけました。3S+2Tをもう1発。2Aからステップ。ステップはわりとがんばってます。滑りの技術をしっかり向上させれば、長くやっていけそうなんですが。ジャンプが決まってるのはよかった。128.54。

ノルウェーのアンナ・リーネ・ヤセム。サン=サーンス「死の舞踏」。死の舞踏ってリストとサン=サーンスの2つあるんですね。感心している間に演技が進んでます。ジャンプはまずまず決まってます。3Tもまずまず。3Loはオーバーターン。スピンもポジションチェンジはいいんですが、全然音楽とあってないですね。2Aはステップアウト。3S、2A+2Tはどうもツーフットっぽいです。アスレチック能力はありそうなので、ジャンプを磨いていけば上にいけそう。124.48。

第2グループ。

スロバキアのモニカ・シマンチコワ。「サムソンとデリラ」。2Aはあぶないところでしたがなんとか。わりとスピード出てます。3Fは高さはありましたがあぶない。3T+2T+2Loはいけました。3Loはツーフット。ジャンプは決まってますがちょっと単調感が出てますね。3T、3Sと成功。スピンがゆっくりになってきたあたりからちょっと疲れてきたか。がんばってステップ。コレオシークエンスがスパイラルといいイーグルといい、いい表現できてました。演技全体にメリハリをつけていくのが課題でしょうか。137.47。

グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ。いちおう昨年の銅メダリストなんだからね!「ドン・キホーテ」。いいスピードからの3Lzはダブルに。2Lz+2Tも。3S+2Tはいけました。ステップはやっと音楽をよく聞いてる人が出てきてうれしい限り。いい表現できてます。そりゃそうか。3S+2Tをもう1つ。2A+2Tを跳びましたが、もうすでに4つめですよ!あー。2Aはちょっと足をつきましたか。見逃して!3Tからコレオシークエンス。ここの部分がいいですねー。スパイラルから始まり、曲表現をよくがんばってます。最後のスピンは見事でした。まだジャンプが調整中ですが、まだ世界選手権ありますよ。じっくりやってください。142.71。ジャンプを跳びすぎてしまってきまずい顔。プリーズオーサー!

ベルギーのカート・ヴァン・ダール。「7月4日に生まれて」より。3Loは成功。3T+2Tはなんとか。3Sもいけてます。3S+1Tはなんとかセカンドつけました。ちょっと単調ですが、スピンは回転も速いです。ステップは長い間粘り強くがんばってます。この単調感はなんとかしないと。岡部さんはスケーティングスキルをあげる必要があると指摘してます。130.00。よろこんでます。

すごいリンクサイドでカメラマンが狙っているところが映されています。誰かフォトジェニックが現れるのか?

きましたー!オーストリアのキルシュテン・フランク!あの充実した下半身を写真におさめにきたんですね!3Lzは手をつきました。ちゃんとスケーティングスキルはあるんだからね!3S+2Tはわりと高さありました。軸が傾いても大丈夫。3T+2Tも流れあります。安定感(体型的な)はまかせてください!スピンからステップに。躍動感はあまりないけどしょうがないフランクだから。3Sは軸が傾きましたがリカバー。3T+2T+2Tを決めてきました。2Aは高さもあった。もう1つ2Aからスピン。コレオシークエンスをはさんでスピンでフィニッシュ!ガッツポーズでました!ジャンプがしっかり決まりましたね!143.56!トップにきました!

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。アモーディオが客席で応援してます。「ルーブルの怪人」ほか。メイテはみるたびに表現力が上がってますよね。3Fは手をつきました。あぶない。3Lzはいけました。3Loはステップアウト。2Aは流れよく成功。まずまずの出だし。ステップはリズムをよくつかんでいますね。エッジはクリアじゃないと岡部さん。コンビネーションスピンをしっかりまとめていますね。質が高いです。2A+3Tを後半に成功!コレオシークエンスはもっとエッジを使って滑ってほしいところ。このへんが課題だとは思うのですが。2Fから3T+2Tを跳んで、最後はレイバックスピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。しっかりプログラムの出来を高めてますね。今日はジャンプがいまいちでしたが、着実に世界選手権に備えているようですね。147.14。

デンマークのアニタ・マドセン。きれいな衣装です。「ポエタ」。3Lo+2Tはいいジャンプでした。と思ったら何でもないところで転倒。大丈夫か。3Tはいけた。2A+2Tからスピン。3Loはオーバーターン。次は2Sになりました。レイバックスピンからステップ。音楽からだいぶ遅れてますね。がんばれ。2Aからコレオシークエンス。最後に2Lz+2T+2Tからスピンでフィニッシュ。いい感じの出だしだったのですが、転倒してからぐだぐだになりましたね。あれはかわいそう。でもキスクラで両側の若いコーチは喜んでいます。133.35。3人そろって「Yes!!」と大喜び。133.35。

第3グループ。

フィンランドのユーリア・トゥルッキラ。衣装が豪華。トゥルッキラだけあって。「シェヘラザード」。3T+3Tに挑みますが、セカンドで前向きに降りて転倒。3Loも転倒してしまいました。立て直して!2S+2Tになりました。2A+2T+2Loは決まりました。ステップは上下の動きもあって躍動感があります。コレオシークエンスではきれいなスパイラルを入れてます。フライングキャメルスピンは軸がしっかりしていてよかったです。後半に入って3Sはツーフット。1A、2Loになってしまいました。リズムに乗れなかったのもありますがスタミナが切れてしまいましたね。もっとフランクを見習ってしっかり食べないと。130.79。

エストニアのエレーナ・グレボワ。「ブラック・マジック・ウーマン」。最初はよく体が動いてます。最初はいきなり1Lz。2Aは流れありました。大きなジャンプ。3Loは転倒。入りはよかったんですが。それでもしっかり挑んできます。3T+3Tを決めてきました!いいぞ!ステップはスローパートですが、躍動感出してますね。リズムを大事に。3S+2Tはターンが入りましたが大丈夫。3S+1T+2T、2Aと決めてきてます。ジャンプは持ち直しましたね。シットスピンは回転が速い。コレオシークエンスはがんばって動かしてます。スピンでフィニッシュ。がんばりました。ジャンプが決まらないときは大変そうでしたが、全体のリズム感をよく表現してました。143.45。

ドイツのナタリー・ヴァインザール。昨年よりSP8位は大躍進。映画「ハバナ」より。3Lzを決めてスタート。2Aは転倒してしまいました。軸がちょっと安定してない。スピードが出てる。3Lz+2Tはファーストでバランス崩しましたが、根性でリカバー。3Tは転倒。決まったり転んだり。ステップはもっとエッジを使っていきたいところ。3Loを後半で成功。3S+2Tはよかったです。3S+2T+2Tを決めました。スピンからコレオシークエンス、スピンでフィニッシュ。技術的にはまだまだですが、ジャンプが決まれば今回みたいに躍進できるポテンシャルはありそうです。147.52。点が出て喜んでいました。とんがり鼻。

スペインのソニア・ラフエンテ。「ウエストサイド物語」。あんまりこの音楽は好きじゃなさそう。3Fは決めてます。3Lzはロングエッジか。3Loは決めました。わりとマイペースに滑ってますね。最初だけ合わせようとしていたんですが。3T+2Tは成功、3Lo+2Tは間にターンが入っても大丈夫。3T、2A+2Tとジャンプは決めてるんですが、音楽と一体になってるわけではないですね。ステップもマンボとは無関係。このへんのメリハリをつけていかないと大きく成長しないですね。ジャンプはいけてただけに惜しい。152.29。

ロシアのニコル・ゴズヴィアニ。「ベルリン・コンチェルト」。3F+3Tから決めてきました!さすがロシアですね。3Loもステップからの流れがありました。3Sも成功。いい出だし。3Lzはダブルに。I字スピンは足が長くてすごいポジションになってます。曲の変化もうまく出してる。3Fはなんとか、2Aはシングルでツーフット。ちょっと疲れてきましたね。スピードが落ちてきてます。3T+2Tからレイバックスピン。柔軟性をいかしたいいポジションです。そこからコレオシークエンス。スパイラルのポジションがすばらしかったです。最後のフライングキャメルスピンも独自のポジションでした。いいものをもってます。154.41。ソチマネーがしっかり強化しているんですが、なにぶん層が厚いので。

フランスのルナエル・ギレロン=ゴリー。急に出てきたフランスの選手。「SAYURI」より。着物に独自の工夫を凝らした衣装。さすがフランス。3Lzはよくもちこたえました。3Loはステップアウト。それでもスピードがよく出てます。次は2F。スピンは音楽によく合わせてます。曲が変わってもいい表現。音楽をよく聴ける。3Fは手をつきました。スパイラルからの2Aはいい流れ。イナバウアーをはさんでの3Tも成功。コンビネーションスピンをみても基本的な技術が高いですね。ステップはひかえめ、3T+2Tからコレオシークエンス。フライングシットスピンでフィニッシュ。最後はX-Factor的なポーズでした。しかしよく全体をまとめましたね。143.75。それでもあまり点が出ませんでした。キスクラで足広げてたせいかな。

最終グループ。ロシア・スウェーデン・イタリアが2組ずつ。

ロシアのエリザベータ・タクタミシェワ。「黒い瞳」。3Lz+3Tから決めてきました!気合い入ってますね。3Lzも流れがすごいいいし、そのあとの表現もいいですね。3Fからレイバックスピン。しっかり軸が安定してます。回転速い。そこからステップ。1つ1つのメリハリが最高。物語を生み出してますよ。2A+3Tはでかいジャンプだし質はいいし。3S+2T+2Loもクリーン。今日のジャンプは全部質が高いですね。3Loからコレオシークエンス。すごい気合い。ポジション1つ1つに気迫が感じられます。2Aから最後のコンビネーションスピンまでノーミスで決めてきました!ベリッシモです!パーフェクトなタクタミシェワみられましたね!188.85!きました!

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。新型MSに対抗できる技術点はないのですが。3Lz+2Tはなんとかセカンドつけました。3Sも成功。3Loは跳ぶのが遅れてスピードがなくなりました。音楽が変わってステップ。妹はポニーテールを使うのがうまいですよね。意識して振り回しています。ステップもよく体を動かしてます。3Lzはステップアウト。3T+2T+2Loも決めました。2Aから音楽変わって、ジャッジにアピール。このへんの力強さが出てきましたね。2T+2Tは2つともオーバーターン。スピンでフィニッシュ。妹もがんばってはいたんですが、順番が悪かったですね。でも無駄ではないぞ。150.40。FSのシーズンベストは出しました。

イタリアのカロリーナ・コストナー。すごいいい衣装着てますね。去年はこのために貯金でもしてたのかな。ラヴェル「ボレロ」。すごいスピードから3Lzを決めてきました。2Aもリズムにのってる。3F+2Tもすごい速い入り。加点つきますねー。そしてスピンも質が高い。フライングキャメルスピンもポジションがすばらしいです。そしてこの振り付けがすごい。しっかり音楽と調和させてます。3Loも振り付けの1つのよう。3T+2Tも決めてます。2S+2T+2Loになりました。スピンの速い回転すら音楽にあわせてます。ステップのテンションも高い。メリハリ、エッジワーク、躍動感、上半身の動き、チェンジオブペース、何もかもが調和してます。そしてスパイラル。コレオシークエンス。最後は2Sでフィニッシュ!すばらしい!こんなにすばらしいボレロ、久しぶりにみました!コストナーはここまでできるようになったのかと。フィギュアスケートの可能性をみせてもらいました。これはまだ完成型じゃないのだと考えると、どこまであがるんだと思いますね。194.71!あのタクタミシェワを上回ってきましたよ。

イタリアのバレンティーナ・マルケイ。オマエやったかー。ここでヘルゲソン姉かと思ったのですが。「アーティスト」より。青い衣装にピンクの手袋。3Lzは高さありました。2A+3Tも成功!しかし次は2Lzになりました。スピンはしっかり。曲が変わってステップ。いい表現。音楽でしっかり切り替えてきますね。3Sは後半になってから。スパイラルからの3Lz+1Tはだいぶぐらっときましたがコンビネーションに。コレオシークエンスから2A。レイバックスピンからしっかりジャッジにアピールして、3S+2T+2Tを決めてきました!コンビネーションスピンでフィニッシュ!おおーやりました!マルケイなりのベストは尽くしてきましたね!やった!171.06。きた3位!

ロシアのアデリーナ・ソトニコワ。「アット・ラスト」「バーレスク」。速い!3Lz+3Tはセカンドはタッチありましたか。速い。次は3Fがシングルに。3Loはすぐ持ち直しました。フライングキャメルスピンは回転が速い。2A+3Tもしっかり成功。いいぞ。3F+2T+2Loとテンポよく決めてます。2A、3Sとジャンプはしっかり決めてますね。レイバックスピンからステップ。しっかり観客を盛り上げて、気合いのこもったメリハリのあるスピンです。レイバックスピンも回転が速い。コレオシークエンスでフィニッシュ!いい演技でした!スピードもあるし技術がすごい。でも逃げ切れるかなー。技術はあるんですがPCSが伸びてくるかどうか。193.99!惜しくも2位でした。

最後にヴィクトリア・ヘルゲソン姉。誰だこの順番考えたの。最初はいい滑りからでしたが1Fに。次の3Tはとてもよかったです。3Lo+2A+SEQを跳んできました。姉やりますね!フライングキャメルスピンからステップ。よくのびるエッジワークをいかしてますね。岡部さんもほめてます。何もないところでつまずいてますが大丈夫。3Tも成功。2A+2T+2Loも決めてます。3Loからコンビネーションスピン。1つ1つ丁寧にまわってます。コレオシークエンスもがんばってます。1Sからシットスピンでフィニッシュ。姉のベストは尽くしましたね。ただ順番が悪かった。155.72。

○最終結果:
1. 超高級温泉コストナーの湯
2. 新感覚リゾートソトニコワ温泉
3. 天然温泉タクタミシェワの湯
4. 古湯マルケイ温泉
5. 美肌姉湯ヘルゲソン温泉
6. 穴場の湯ゴズヴィアニ温泉
12. おなかいっぱい健康ランドフランクの湯

優勝はコストナー。内容的には圧勝でしたね。あのFSは完璧にできたらフィギュアスケートの歴史の中でも金字塔になりうるプログラムですね。コストナーなのであまり期待しないで待ってますが、欧州では余裕の勝利でした。

とはいえソトニコワ、タクタミシェワという新型MSによって追い上げられたのもありましたね。ソトニコワは技術満載でがんがん攻め立てましたし、タクタミシェワは技術と表現の融合をノーミスでみせてきました。ソチあたりではすごい選手になってそうですが、まあいかに新型MSとはいえ相手はフェラーリですからね。

しかしそんなフェラーリと比較するとフィアット、あるいはフィット(大衆車)といえるマルケイが4位に入りました。すごい。マルケイ4位はもう大殊勲ですよ。アッガイがジャブローに潜入したクラスの快挙。長いことやってたかいがありましたね。5位はヘルゲソン姉。あの順番でしっかり5位に。6位は富井のおすゴズヴィアニ。3Lz+3T跳んでるんですからね。気がついたら6位にいました。

下半身の充実度だけなら欧州チャンプのフランクは結局12位に。筋肉少女隊がキミを待ってるぞ!おいしいものも食べられる(食べられなくても食べる)、楽しい職場です!お問い合わせはアメリカのレイチェル・フラットちゃんまで!