Archive for 6月 2013

野茂とニオカとハンシンは回文に便利らしい

今日は小さいニュースばかりで記事にとりあげづらいマイク松ですこんにちは。駿太プロ初ホームランとか。試合負けてるし。

さて、最近パスピエの才能に惚れ込んでCD買っているのですが、彼らのアルバムは今のところ全部回文でできています。

ONOMIMONOは英字回文ですよね。すごい。でそこから妙に回文が気になっています。

で回文をネットで調べて便利なサイトに行き着いたのですが、ここではジャンルごとに回文がまとまっています。もちろん野球もたくさんあります

みてみるとなぜか、野茂とニオカとハンシンの回文がやけに多い。メカニズムはよくわからないのですが、野茂とニオカとハンシンは使いやすいんですね。特に「ハンシンは」がすでにこれが回文。あとは前後に短い回文をつければ完成。これは便利ですね。ということで、

  • 以後阪神は5位
  • 1位、阪神は1位!
  • 最低さ、阪神は最低さ!
  • 最下位さ、阪神は最下位さ!

といっぱいできるわけです。野茂も逆さにするとものになるので、間に回文をはさめば完成。

  • 野茂、大物
  • 野茂ら、肩が宝物
  • 獣は野茂だけ
  • 野茂、迂闊に使う物
  • 野茂は強者
  • 野茂、食べたもの

といっぱいできてしまいます。あとなぜかニオカが多いのですが、逆さにすると顔に、となるので…これは使いやすいのかなあ。回文もあまり上品なものがないです。

個人的には和田がもっとあってもいい。和田だわですでに回文ですからね。簡単すぎて回文メイカーたちのインスピレーションを刺激しないのでしょうか。

NFL新人研修にパックマンさん登場、そしてヘルナンデスタイホ

twitterにも書きましたが、高橋真梨子のSONGSみてました。相変わらずいい曲歌ってるんですが、それより尾崎亜美や都倉俊一の若さが気になったマイク松ですこんにちは。都倉俊一なんか60超えてるのに。すごいアンチエイジング。何飲んでるんだろう。

さて、先日お伝えした、NFLで毎年開催している新人を対象にした研修シンポジウムですが、今年もパックマンさんがご登壇してくださったそうです。よかったよかった。よくないけど。

今年は短い感じでしたが、なにしろパックマンさんは先日タイホされたばっかり。新人へのメッセージも力が入るってもんですよね。どうやら自分を見失わないように強調して、、「プレッシャーかけられたらそら逃げ出したくなるわな。せやけど、起こったことを考えて、きちんと向き合うっちゅうことが大切やで。周りの経験者の助言とかも無視したりせんことが大事やな」とのメッセージ。なにしろ2年連続登壇で、タイホされたてほやほやの人の、人生経験をふまえた助言ですからね。新人のみなさんは心してきいて、人生にいかすように。

そんなパックマンさんが熱弁をふるっているのをよそに、でかい事件が発生してしまいました。NEのTEヘルナンデスが第一級殺人容疑でタイホされてしまったそうです。まじか!

ヘルナンデスのことよく知らないし、また容疑だけなのではと思っていたのですが、事態はかなり悪い方に向かっています。NEはすぐにヘルナンデスを解雇したことを発表。早い。ばんばん証拠も見つかってるらしく、NEはヘルナンデスのジャージを無償交換することも発表しています。NEの対応早いですね。ざんねん。

NFLでいえば、ヘルナンデスはけががちのグロンカウスキーにかわって、NEのオフェンスをなんとか牽引してきただけに、離脱というかタイホは痛い。グロンカウスキーはまた手術してるし、なによりウェルカーがDENに移籍してしまいました。

そこからNEどうすんねん特集が。まあいろいろ書いてありますが、結論としては穴埋め無理ということのようです。どうすんねんNE!どうすんねんというか答えはいるか地区優勝と決まってるんですけどね。来シーズンが楽しみです。けけけけけ。

ということでNFLの新人のみなさん、犯罪はだめですよ!

大阪の残塁祭りとkawasaki再昇格!

おばんです、富井です。

27日ロッテ×オリ戦行ってきました!球場に着いたら既にロッテに2点入っていました。ハンデをつけたゲームかと思いましたが、それならオリックスに8点ぐらいは入れてもらわないと意味ないなと思いました。今江がホームラン打ったらしいですね。とほほ。

先発はオリックスが今季初登板の八木。近くに座っている人が「八木っていつからオリックス?ハムじゃなかったっけ?」と言ってました。糸井と一緒に来たんですよ!忘れてるかもしれないけど。でも、いきなり今江にホームランを打たれて2失点だったのでもう忘れていても良かったかもと思いました。キャッチャーもルーキーの伏見。前日最下位に沈んだというのに育成采配でしょうか。伊藤は今、デホの次に頼りになるになるバッターだというのに。

まあ前日あわや完全試合未遂に比べたら、残塁で塁を賑わせただけましでしたが、チャンスで打ってくれるバッターがいません。押せ押せムードがない。セリーグ相手に見せたようなたたみかけるような攻撃はどこかへ行ってしまいました。あーあ、荻野貴司とか欲しいなあ(好きな選手なので)。駿太もがんばっていいんだけど、俊足のチャンスに強いバッターがいればなあ。と思わずにいられませんでした。どうにかしてよ、後藤光尊。平野恵一はいつになったら戻ってくるのですか。

これ以上愚痴ってもしようがないのですごいビッグニュースを。2日前涙・涙でトロント・ブルージェイズから3Aのバッファロー・バイソンズへ降格した川崎ですが、ブルージェイズ外野手のカブレラがDLに入った為、再昇格だそうです。びっくりですね。球団のHPにも喜びのコメントが続々入ってます(下の方)。今度は正遊撃手のレイエスがいるので試合に出ることができないだろうから好調を維持するのも一苦労だと思いますが、控えとしての力も養って9月に再び活躍できるようがんばって欲しいです。

川崎は残念ながらマイナーに降格

カトーCに責任ない。またうやむやエナジーを高めているなと思うマイク松ですこんにちは。そりゃそういうよね。

さて、レイエスの負傷でコールアップされ、あっという間にトロントの人気者になってしまった川崎。みんな川崎が大好き。この愛され力、傾世元禳でももっているんじゃないかと思わせます。

しかしレイエスも負傷がいえて復帰。川崎がどうなるかが取りざたされていましたが、やっぱりマイナーに降格になったそうです。

あんなにがんばってて、あんなに愛されてるのになぜ!?などと思う人もいるかもしれませんが、そこは田口の本で学習済みなのでだいじょうぶ。あわてません。メジャーリーガーの契約にはマイナーに落とせない条項が盛り込まれていることが多いからです。

特に田口の本に詳しいオプションの仕組みは複雑ですが、考えようによっては順調にメジャーで経験を積んでいるのはすばらしいことともいえますよね。ともかく川崎は落とす人が他にいないから落とされてるわけなので。

川崎はそれを知ってか知らずか、いさぎよく「死ぬわけじゃない」「またほかのグラウンドで野球を楽しむ」「もっと実力を上げたい」などと語っていました。インタビューにはちゃんと通訳がついてきて、メッセージを伝えたおかげで、トロントの新聞には川崎の長い長い記事が載っていました。すごい。

それに同僚も別れを惜しんでいた様子。「誰もが彼に恋に落ちていた」ですよ。すごい。「彼はファンの間で不思議なヒーロー(cult hero)であるように、クラブハウスの中でも不思議なヒーローだった」ですよ。ありがたいことです。そして普通は特に何もいわずに、翌日みんなが気づくというパターンなのに、ちゃんとカントクがチームに説明したそうです。異例や。

今みたら「川崎がいなくてさみしくなる13の理由」っていう記事がもう出てた。(1)気高さ、(2)元気になる笑顔、(3)ダンス、(4)ポジティブエネルギー、(5)川崎のファン、(6)おもしろい発言、(7)英語をしゃべろうとする、(8)試合後の記者会見、(9)ファンとの交流、(10)勝負強いバッティング、(11)丁寧なおじぎ、(12)独特のセレブレーション、(13)次のホームラン、という感じでしょうか。ここまでいわれる外国人が日本にいるでしょうか。

新たな負傷者が出なければ、コールアップは9月の40人枠拡張までなさそうですが、しっかり経験を積んでもらいたいですね。3Aの試合にめっちゃ人が増えたりしたらおもしろいのに。

だいじょうぶ、川崎はもってる漢ですから!がんばって!

オリックスが古谷にあやうくノーノーやられそうになった

にしこくん始球式に登場。この前がんばって考えたのですが、バッターの方だったとは。常識にとらわれない考え方が大事だなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、今日は仕事が遅くなって、フォルス・スタート商会極東事務所にいったのは8時過ぎていました。自分の立場ではFS商会には出勤という形なのでしょうか。8時過ぎて。

そしたら富井がぐったりしていました。今日はいろんなところを走り回ってくたくたであることは知っていたのですが、「今大変なことが起きようとしているんだよ…」としょんぼりしていました。

なんか変。めっちゃ興奮して「大変なことが起きようとしているよ!ハニューの滑りがもう!」とかならわかるし、ぐったりして「全然だめだよ…ミッキー兄さん息してないよ…」とかもわかる。どういうことなのでしょうか。テレビを見ればわかるのかな?

映っているのはロッテ×オリックス。ああオリックスが負けてるからぐったりしてるんだなと思いましたが、それどころか。ロッテの先発古谷に、完全試合をやられそうになっています。もう8回。

納    得

これは大変。でも苦労人好きの僕としては、もう古谷がんばれモードにチェンジ。完全試合なんかめったにできませんからね。

とはいえ完全試合は難しい。8回裏に高橋信二(back numberの清水に似てる)にフォアボールを与えてしまい、完全試合はなくなりました。とはいえノーノーは継続。がんばれがんばれ。

ロッテの好守備とオリックスの拙攻に助けられ、9回ツーアウト。あと1人です。ここでバッターはサカグチ。空気読みそうにないなと思ったら、見事に右中間に三塁打。ノーノーが消滅しました。

うーん惜しい。とはいえ次のバッターを打ち取ってゲームセット。初完封で勝ちました。ヒーローインタビューでは別に普通みたいな感じでしたが、内心は悔しかったと思います。とはいえこれで今年は飛躍してほしいですね。

あ、オリックスさんは気がついたら7点もとられ、1安打完封負け。今日は古谷がよかったですが、いきなり根元に初球先頭打者ホームランを打たれるなどいいところはありませんでした。それでもノーノーは阻止するところが空気を読まない感じですばらしい。明日は勝ってほしいですね。CD発売前に作った替え歌をのせておきます。

高嶺のAクラスさん (もとねた:高嶺の花子さん 歌詞)

敵から見たオリはきっと ただのBクラスのBクラス
たかがチームBに向けられた ピッチングがあれならもう恐ろしい投手だ

君を負けさせる投手はいないし
点を取るスラッガーも選手もいない
でも勝ちたい 隣で目覚めて「5割」と笑う日を

勝ちたいんだ
今すぐその順位から落ちてきてくれないか
夏の魔物に連れられて オリの下へ
先発とリリーフの質が違くたって
偶然と飛ぶボールとやらの力で Aクラスに
なるわけないか

大相撲7月場所2013:番付発表チェック

サザンオールスターズ復活。超めでたいマイク松ですこんにちは。確かにやれるときにやった方がいいですよね。ニューシングルもたのしみです。

さて、ようやく梅雨っぽくなってきている今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか。そんな中、名古屋場所の番付発表がおこなわれたようです。ちょっとチェックしてみましょう。

1. 妙義龍が関脇に!フレッシュな上位かと思ったら

上位に特に変化はなし。優勝争いをしたキセが東の正大関。カロヤンも無事というかなんというか大関にとどまっています。

そして!妙義龍がついに東関脇に上がってきました!今回の関脇は上位への足固めにしておきたいところ。西はゴーエードー。

小結は松鳳山。ようやく調子を取り戻してきましたが、あまりきれいな相撲で勝ってないのでちょっと不安です。こんなフレッシュな三役陣ですが、西小結になぜか時天空が。大負けの予感してきたぞ!

2. なにやらきなくさい幕内上位

フレッシュ+ベテラン1な三役に比べて、前頭上位は不穏な雰囲気。なにしろ筆頭が豪風ですよ。大負けの予(略)高安、栃煌山、ガガとまずまずなメンツが上位を固めていますし、時天空や豪風を倒して上位をうかがえる布陣です。

しかしその下には千代大龍とアミーというくせもの。何かが起きる。

勢、豊ノ島、把瑠都、隠岐の海といった5,6枚目は期待できそう。

3. よどんでいそうな幕内中位

中位はなんだかフレッシュなメンツが千代の国くらい。あとはベテラン勢が多く、ちょっとよどんでいそうですね。この中で元気なやつらが今場所大勝ちしそう。

よどみ~。

4. 新入幕1人、返り入幕3人、そしてあいつが帰ってきた

幕内下位は徳勝龍がついに新入幕。木瀬部屋最近元気ですね。長い間かかりましたが、幕内でいい相撲をとってほしいです。

返り入幕は琴勇輝、玉鷲、玉飛鳥。琴勇輝ようやく戻ってきましたね。のんびりしているとプロビデンスに巻き込まれてしまうよ。そして片男波部屋の2人が幕内復帰。助かります。玉鷲は長くかかった印象ですが、もうおちないように足固めをしたいところ。玉飛鳥もあがったり降りたりですからね。ここは。そういえば玉力道が二所ノ関親方になったそうですね。いいんですかね?

そして!訴訟を乗り越えてついに蒼国来が幕内に帰ってきました。やりましたね。今場所勝ち越すのは結構しんどいかもしれませんが、十両で足固めをしたほうが結果的に長くとれるかも。いい相撲をとってください。

オールスターで伊藤光が選ばれた!

トロント・ブルージェイズの11連勝に喜んでいる富井です。あんなにぶっちぎり最下位だったのに、強豪揃いのア・リーグ東地区で4位。3位のヤンキースに並んでしまいそうな勢いですね。そしてこの連勝が止まるまではレイエスを合流させないことを決めたそうです。レイエスが合流するって事は多分川崎が3Aに落ちるって事ですもんね。確かに流れが変わってしまう恐れもあります。いつかは連勝も止まりますが、なるべく長く連勝が続くといいなあ。

ところで、日本のオールスターのファン投票の結果が発表されました。なんと、パリーグのキャッチャーは伊藤光です。イケメン悪の司令塔でおなじみの伊藤光です。西がノーノーをしたときのキャッチャーです。正直意外です。てっきり嶋だと思ってました。

しかし、今年の伊藤はよく打つし、大きな怪我もしてません。チャンスはいくらでもやってくる訳でないですから、そこら辺も加味して投票した人も多かったのかもしれません。ありがとうございます。

平野、イデホ、糸井は実績もあるし、妥当だと思いますが、ファン投票でオリックスから4人も選出されるというのは12球団随一の不人気球団からそろそろっと抜けつつあるんでしょうか。いろいろ問題が多い球団ではありますが、数年前と違っていい選手が揃いつつあるので、伊藤も世間の皆様に覚えていただけるとありがたいです。あとは・・・チームが強くなるだけだな。

サヨナラホームランの堂林に大量の水があびせかけられる

お芝居をみてきたマイク松ですこんにちは。帰りに富井とうどんたべましたが、不思議なお店でした。うどんはおいしかったです。

さて、帰ってきたらカアプの試合やっていました。今日はマエケンが先発だったのですが、バレンティンにスリーランを打たれてリードされてしまいます。マエケンで落とすのはしんどい。

そしたらヒロセがツーランで追撃。1点差にします。まあいつもの追いつかない程度の反撃かと思いながら9回に。エラーでランナーをおいて、堂林が登場。最後のバッターになるかと思いましたが、ここですばらしいホームランが出ました!サヨナラ勝ちです。すごい。なぜかポヨギがムカエに水をかけていました。

当然ヒーローインタビューに堂林。すごい元気でテンション高くて、こんなんやったっけ?と思っていたら。

ヒーローインタビューの背後のボードみたいなのがありますよね。あのうしろに選手どもが水をもって隠れています。あやしい。そしてみっちりしてる。

そいつらが一斉に出てきて、インタビュー中の堂林に水をかけました。

め っ ち ゃ か け て る

この様子この様子。もはや祝祭感よりも防火とか消火とかいうワードが頭に浮かびます。この写真もよくとりましたね。水ではないけどものすごい必殺技、ネビュラストームを思わせます。

堂林も想定外(想定できない)大量の水をかけられて、なんだか混乱していた感じでした。とはいえ堂林が1つの結果を出したのはとてもいいこと。これでもっとあがっていってほしいです。

これから暑くなりますが、カアプの大量の水をあびせるのが今年はやりそうです。

ムラカミハルキっぽい記事のタイトルだけを考える

昨日すごい重いものを運んだせいで、めっちゃ筋肉痛のマイク松ですこんにちは。筋肉つけた方がいいのかなあ。

さて、先日のマエストリの記事のタイトルを結構工夫してみました。ムラカミハルキの新作のタイトルに似せようとしたのです。そして見ての通り失敗でした。Twitterにも書きましたが、「イタリア代表にパワーもらえないマエストリと、彼の見殺しの日」「貯金をもたない森脇ひろしと、彼の受難の年」あたりにしておけばよかったのかもしれません。

そこから富井と、ムラカミハルキの小説になぞらえた記事のタイトルを考えてみた次第です。タイトルだけなので記事の本体はありません。

個人的には飛ぶボール関連のやつが上手くできていると思うので、できればうやむやにならないうちに使いたいです。

イタリア代表にパワーもらえないマエストリと、牛の思い出に励まされるユーセー

さっきBS1でザ・ローリング・ストーンズの特集をしていましたが、ミックもキースもめっちゃ元気。特にミック・ジャガーさんの元気さはすごい。元気なお年寄りはいっぱいいますが、あれだけ動きにキレのあるお年寄りはいない。70前の老人の動きじゃない。あやかりたいマイク松ですこんにちは。

さて、毎日サッカーのいい試合がみられて楽しいですが、そんな中ひっそりと、ほんとにひっそりと、プロ野球も再開しています。この調子でカトーCの問題もひっそりとうやむやにされるのでしょう。

オリックスの先発はマエストリ。久しぶりに一軍で先発していますね。マエストリといえばイタリアがあんまりいい試合ではないにせよ勝利していました。代表から刺激を受けるか?と聞かれたマエストリ、堂々とこう答えたそうです

「わしは野球選手やから、サッカーからパワーはもらえへんよ、そういうことやんか」

最後はいたずらっぽく付け加えてみましたが、よく考えればそうですよね。元気をもらったとかいいますけど、元気があったら勝てるのかと。イタリアで野球の花を咲かせようとしているマエストリからすると、そう簡単な話でもないのでしょう。

ということでがんばって先発したマエストリですが、あっさり見殺されてしまいました。富井も「たべすぎておなかいたくなったよ」といってごろごろしていますが、打線さえ打ってくれれば。とはいえ6回2失点は十分。マエストリが復活すれば、ローテも楽になりますね。

ところで相手の先発はユーセー。無失点で完封リレーを演出しました。交流戦あけもいい出だし。今回オリ戦ということで、おもしろコメントをしてくれています。

「小さいころ牛を手なずけていた」

おじいちゃんおばあちゃんが牛を育てていたからだそう。まあいいイメージをもっていることは確かのようですね。

マエストリはイタリア代表は関係なく、ユーセーは小さい頃の牛が励みになる。おもしろいですね。

そしてナベキュウの「幼稚園の頃、ホルスタインに追いかけられて、泣いたことがある」というおもしろエピソードは全然関係ないですね。なんだ牛にかんする秘話て。

にしこくんがヤクルトの始球式に登板するらしい

なんだか台風が近づいていて、すごい雨降ってますね。明日もたくさん降るみたいで。気をつけましょうね。マイク松ですこんにちは。

さて、この世はゆるキャラブーム。愛媛のゆるキャラバリィさんも結構がんばっているようで、それに乗じて愛媛のほかのゆるキャラもがんばってほしいものです。

ところでいったことはないのですが、西国分寺市というところに「にしこくん」というゆるキャラがいます。後輩に「にしこくん超おもしろいんですよ~」と知らされていたのですが、ご覧の通り誤ったビグ・ザムみたいなゆるキャラです。足が妙にしなやかで、足も結構速そうな感じがしますよね。

そんなにしこくんですが、このたびヤクルトの始球式に登場することになったそうです。当人も意気込んでいるようです。

この始球式、早速いろんなところで心配されています。見ての通りにしこくんはみたところ手がないですよね。どうやって投げるのかと。まあビグ・ザムも手がないのにすごい強いし、ジオングも足がついてないのに偉い人にはそれがわからんのですといわれたりしているので、パーツがないことは悪いことではないのです。問題は始球式ということなのです。どうやって投げるつもりなんでしょうか。

(1)この日だけ手が生える
 仮面ライダーBLACK RXも、怒りからロボライダーに、悲しみからバイオライダーに進化したりしました。にしこくんも始球式でボールが投げたいぶーんという気持ちから、突如ものすごい屈強な手が生えるのかもしれません。進化。

(2)足で投げる
 正確には投げるというよりキックなのかもしれませんが、足でつかんで投げる。それでベースに届いたりしたらすごい。間違いなく妖精です。

(3)顔のあたりから発射する
 にしこくんは武蔵国のあぶみ瓦の妖精なんだそうです。その力があるなら、瓦の真ん中の口からものすごいボールを発射できるのかもしれません。170km/h。

(4)念力
 妖精ですから念力くらい使えるのかもしれません。ウルトラ念力みたいな。バッターに立っている石川内野手が死んじゃいそうですが。

(5)にしこくんが投げられる
 当日はにしこくんといっしょに誰かがやってきて、にしこくんを投げるのかもしれません。石川内野手に特攻するにしこくん。砕け散る瓦。

(6)脱ぐ
 ゆるキャラの常識を打ち破ってきたにしこくん。ここで最大のタブーに挑むのかもしれません。脱いで、投げて、着る。

いずれにしろにしこくんの登板、すごい楽しみです!がんばれぶーん!

カープうどんをたべるおじさんのオブジェができていました

マドリガル入団会見。マッド・ドッグといわれているらしいですが、翻訳もそれっぽく、「明日ブルペンに入れば、もう準備OKだ。2,3日あれば(一軍でも)投げられるぜ」「今からでも野球がしたいくらいだ」とかいわせてますが、やっぱりドミニカンの様子。ネルソンみたいなやつだったらおもしろくなりそうだと思うマイク松ですこんにちは。

さて、以前聞いて唖然としたままほっておいたニュースを思い出したので、とりあげてみたいと思います。

カープうどんおじさん登場

勝っても負けても、負けても負けても楽しめるボールパークを目指し、いろんなものを作っている(としかいえない)カアプ。Aクラスにならないとあえないかーぱくん親子ほか、どんどん球場がワンダーランドになっていっているのですが、その中でも謎なのが、人のオブジェをたくさん作っているということです。アカマツとかアマヤとかを作るのはいいとして、最近おもしろいものを作りました。カープうどんをたべているおじさんです。

もう一度いわせてください。カープうどんをたべているおじさんです。

無名です。名もなきおじさんがカープうどんを食べているのです。別にカープうどんを食べているナガカーさんとか、カープうどんを食べていて脇腹にデッドボールをくらってガッツポーズをしているイシハラとかではないのです。すごい。

CCダンスをしている売り子のおねえさんはまだ、記念撮影とかできそうですが、カープうどんをたべているおじさんと写真をとって何かあるのでしょうか。謎です。

…うん、やっぱりただのおじさんということはないのかもしれない。実はどこかの神社のご神体が埋め込まれているとか、強力な妖怪が封じられているとか、ブロンズ像にされたウルトラマンが入っているとか、トレードされたはずのペローンが埋まっているとか、何かあるのかもしれません。最後のは殺人事件ですね。黒猫といっしょに掘り出してくれるまでほっておきましょう。

たとえただのおじさんでも、子供心にはすごいインパクトなのかもしれない。そんな深層心理、原風景を狙ったオブジェかと思うと、ただものではないですね。そんないろんな妄想をふくらませる、カープうどんをたべているおじさんです。

そしてどうやらカアプは今後もこういうオブジェが登場するといってるみたいです。拙攻をなじるサラリーマンとか、被弾をヤジるおじさんとかのオブジェができないように、交流戦後もがんばってほしいですね。

パックマンの白熱反面教師教室2、開催決定

サッカーナイジェリア代表にはムバとムサという選手がいます。ぐりとぐらみたいだなと思うマイク松ですこんにちは。♪ぼくらのなまえは ムバとムサ このよでいちばん すきなのは サッカーすること はしること ムバ ムサ ムバ ムサ

さて、NFLは新人の契約も進み、トレーニングキャンプに入っていますが、この時期おこなわれるのが新人選手へのNFLの研修。新人シンポジウムというやつです。ここでは新人が一堂に集められ、いろんな話を聞くのですが、特に気をつけて指導されるのが、悪いことをしないようにねということです。わりと暴れん坊多いですからねー。

そこでNFLは、過去にひどい過ちをおかしてしまった人を呼んで、その体験談を聞かせることにしました。刑罰はそのおそろしさを知ることで犯罪抑止力になるわけですからね。

昨年はNFLを代表するもと犯罪者と、NFLを代表する犯罪予備軍(もと犯罪者)に登壇を依頼。そう、マイケル・ヴィックさんとパックマンさんです。こちらにばっちりまとめているように、かなり生々しいメッセージが次々と発せられ、新人にはかなりいい影響を与えたようです。よかったよかった。

そんないい企画、今年は誰かな?と思っていたら、どうもまたパックマンさんにご登壇願うことになったようです。2回目!パックマンの白熱反面教師教室2!

もちろん犯罪でタイホされている人たちはいるのですが、いまいち犯罪にインパクトが足りないのでしょうか。そして折悪しく、パックマンさんはタイムリーに、女性への暴行容疑でタイホされているのです。記事を読む限り悪気はないみたいなのですが、とりあえず登壇してよといわれたら断りづらいことは確かですね。

今年も生々しいエピソードで、新人たちをどん引きさせてください!

振分親方の著書が発売

3人程度。まあ何人用意しても結果は同じですが、いよいようやむやにする気だなと思うマイク松ですこんにちは。ファンはすがすがしいほどに置き去りです。

さて、引退してからもどうやら忙しい日々が続いている、もと人造人間高見盛こと振分親方。都議選の期日前投票をPRしたりしています。ロボコップはネット選挙に強そうですが、人造人間高見盛は力士回路がはたらいているので、あまり政治的なことは考えられないようです。

そんな振分親方、いつの間にか著書を執筆していました。もう発売になってますね。

弱虫ロボコップ「もう一日がんばる」勇気

またすごいタイトルの本ですね。でも内容は結構いい感じのメッセージにあふれたもののようです。

考えてみれば振分親方は大相撲で、いろんな人に勇気やら楽しみやらを与えてくれていたんですね。引退してもこういう声がどんどんかかるのもいいことです。でも人造人間高見盛は結構強い力士だったので、そっちの方も取り上げてくれるといいのですが。

これで引退した力士がどんどん本を書ける地ならしができたぞ。焼き肉のもうけをいかして執筆開始や☆

横浜のモーガンがすごいおもしろい(別人格が)

川内さんが隠岐の島ウルトラマラソンでトップでゴール。例によって病院に搬送されてしまったのですが、今日は熱中症で倒れる人が全国で続出し、ニュースではその中の1人に数えられていました。たいてい倒れてるんだから川内さんははずしてあげてほしかったマイク松ですこんにちは。

さて、昨日の話ですが、横浜は西武に逆転勝ち。立役者は今季からの助っ人外国人、モーガンでした。いいスリーランでした。

でモーガンのヒーローインタビューはじめてみてしまったのですが、なんかすごかったです。お立ち台に上がって最初にまずアリガートゴザマースとあいさつ。質問に答えていたのですが、なんだか頻繁にタイムアウトのポーズをしているんですよね。トイレにでもいきたいのかな?

でもなんかそのタイムアウトのポーズを、スタンドのファンに向けて、すごいにこやかに送ってるんですよね。なんだろう、ストリウム光線

そしたらなんだなんだ、通訳をしている間にどんどん踊り始めました。すごい陽気な笑顔。そしてまたスタンドに向けてTポーズ。ちっちゃいTポーズもしてる。すごい。スタンドのファンもTポーズで返しています。タイムアウトのポーズじゃないんだ。

最後には「アバヨ!AHHHH!」と絶叫して終了。こいついったいなんやねん!?

ということでちょこちょこ調べてみたのですが、どうもあのすごい明るいキャラクターはわりとファンの中でもおなじみになっているみたいですね。そしてモーガンはもともとミルウォーキーにいて、青木とポジションを争っていたみたい。押し出されて日本にきてくれたんですね。助かる。

で問題のタイムアウトのポーズですが、どうもモーガンは試合になると、別人格の「トニー・プラッシュ」に変わるそうです。野球をエンターテインメントと考え、ファンを楽しませるために明るく攻撃的な人格にチェンジするんだそうです。結構自由にコントロールできるんですね。仙水か。

ということでさっきのタイムアウトのポーズは、トニー・プラッシュのTということでした。T-岡田早く戻ってこい、ボールも飛ぶようになったから、というサインではなかったんですね。

でもモーガン超おもしろい。明るいキャラクターで横浜を盛り上げてくれそうだし、スロースターターみたいなのでこれからもっと調子を上げると意気込んでいるよう。がんばってほしいですね。

それにしても多重人格おもしろい。昔ハラカントクも聖ハラと魔ハラという二重人格を作ったことがありましたし(こっちが勝手に考えた)、現振分親方こと人造人間高見盛も、恐怖を振り払うためにスイッチオンで戦う気持ちを盛り上げていました。サンデーにもそういう話あるし。意外によくあるこういうの。

戦う気持ちを盛り上げるために、取り入れてもいいマインドセットなのかもしれませんね。誰ですか!悪いことをしたら別人格のせいにしたらいいとかいっている人は!頭が混乱していたとかいっている人は!もう!

ものすごい勢いのうやむやエネルギーが発生

ジェイソン・キッドがブルックリン・ネッツの新HCに。早い!めちゃ早い!マイク松ですこんにちは。でもキッドならやってくれそう。いざとなったらPGで現役復帰してもいい。あまり期待せず、周りにいいスタッフをつけてやってほしいです。

一方では新しいHCに期待する新しい風が吹いているのに、他方ではよどみまくった空気でまったく希望が感じられません。そう!今ホットホットトピックのカトーCです。例のボール変更の問題で、今日12球団の代表者に説明をおこないましたが、予想通り別にカトーCの辞任とかにはつながらなかったようです

どうやらNPBと12球団は一体のものという考えがあるようで(そもそもこれがおかしい)、みんな「オレたちにも責任があるよ!」「みんなカトーCといっしょだ!しっかりやらないと」という感じのことをいっていたようです。きましたよ猛烈な勢いのうやむやエネルギーが!

カトーCもそんなお申し出を受けて、「12球団全体で反省しても間に合わない」とのことから、第三者委員会の設置を決めたそう。まあどうせお友達で構成されるやつですから、このままカトーCがしばらく雲隠れして、その間に猛烈なうやむやビームですべてなかったことにしてしまいそうです。まあ1億円の口止め料もうやむやになるような世界ですからね☆

とはいえ昨日がんばれ破滅に向かってなどと誤った応援をしたカトーC。無事破滅に向かって、地獄の門を開こうとしているのかもしれません。

灰燼と化せ 冥界の賢者 七つの鍵を持て 開け地獄の門。これが七鍵守護神の呪文ですが、冥界の賢者がカトーCだとするなら、あとは地獄の門を開くには七つの鍵が必要なのかも。

できれば球界全体が吹き飛んでしまわない程度の鍵にしておいてもらえると助かるんですが。ありそうなんですよねーあぶなそうな鍵。

カトーCは知らなかったらしいけどここはひとつ

カアプが逆転勝ち。いいところをみたマイク松ですこんにちは。ラクテンのノリモトがせっかく勝てるところを、クローザーが打たれて勝ち消えました。カアプの野手がバリントンに「オマエがいつもやられてるやつをやり返しておいたぜ!」とかいってたらおもしろい。バリントンも「お、おう…」くらいしかいえませんね。次はバリントンを勝たせてやろう。

さて、なんだか大騒ぎになってしまっているボールの変更問題。みんな「これじゃなくてこっちが問題だ」「これも確かに問題だが、中核となるのはこの問題だ」「整理すると問題の本質はこれである」という感じのことが多いみたいですが、要は問題が多すぎるということですよね。

カトーC(この表記おもしろい)はいろいろどうかと思う受け答えに終始し、事務局の人も昨日脳改造手術でもされたかのように泥をかぶろうとしています。実はNPBの内部者にショッカーの一員がいる可能性も。

とはいえどうせカトーCは辞任とかはしないでしょう。もともとコミッショナーは現代のザ・傀儡ともいえる典型的な人形。今回はその人形がしなくてもいいことをしてしまったというわけで。とりあえずNPBは明日12球団に説明することになってるみたいですが、ばばーんとオマエは悪くない的なお墨付きを与えてうやむやにしてしまうでしょう。エウロペアの十賢者のような球団上層部と、アンスラサクスのようなカトーC。

本当はカトーCは野球界のいらん人たちをすべて道連れにしなければならないのです。カトーCだけが辞任しても、後継者にまた次の傀儡が就任するだけです。口封じのために使われた一億円もカトーCのポケットマネーにするとか。飛行石をなんとかしてもラピュタは滅びぬ何度でも蘇るなどといわれるので、滅びの呪文を唱えなければならないのです。伯爵はただ欲をかいて死んじゃうだけじゃなく、太古の財宝をよみがえらせなければならないのです。

しかしカトーCは自分の身を犠牲にすることで、プロ野球界の未来を切り開くこともできるのです。闇を全て抱えて。身をもって王蟲の怒りをしずめてくださるのです。そしたら奇跡が起きるのです。なんといういたわりと友愛でしょうか。

とはいえ今は話を聞いてもらえないだけで激おこぷんぷん丸のSelfishなカトーC。そんなカトーCの生き方を導いてくれる、モデルがいることをご存じですか?

ミ ッ キ ー 兄 さ ん

そうです!あの兄こそ、相撲協会にTSUIHOされながら、角界最大の危機を救ったのです。その様子はM喜の黙示録にまとめられているのでよく読んでほしいのですが、球団どもの傀儡で終わってしまうよりは、そのわずかなC命をすべて使って、でっかい花火を打ち上げてみるというのはいかがでしょうか。

がんばれカトーC!傀儡C!破滅に向かって!

祝・就職!ティーボウがNEと2年契約!

不祥事を起こしたとは思っていない思ってください。マイク松ですこんにちは。同じようなことを外交とか、アメリカプロスポーツでやったらどんなことになるか、きっとよくご存じかと思います。

さて、長いこと就活中だったティム・ティーボウ。ドラフト後にNYJから放り出され他のチームも興味を示さず、CFLとかアリーナフットボールとかで雌伏するしかないのではという感じになっていました。

ところが急転直下!NEと2年契約を結ぶことができました。確かに契約金も激安だし、なんといっても不動の先発QBブレイディの控え。ひょっとしたらマレットに次ぐNo.3QBかもしれないとのことです。とはいえ就職が決まらないよりはいいです。しかもNE。

急に就職が決まったティーボウですが、NFL.comのアナリストはなんでNEが契約したのかを、私立探偵マイク松よろしく分析しています(前編後編)。それによると、

  1. ティーボウは道化にはならない …メディアへの露出を減らして騒がせない
  2. プロ入り前から相思相愛 …実は前から狙っていた
  3. マクダニエルスOCの存在 …DENのHCだったときにティーボウをとった
  4. メディアへの嫌がらせ …ちょっと前にベリチックはティーボウを評価してないという記事が出て、ベリチックが反発していた
  5. ティーボウの実力を図るため …使い方はとってから考える
  6. ペイトリオッツこそ最もフィットするチーム …ティーボウの真の力を引き出すことができる

なるほどー。確かにそういうところはあるかもしれないですね。前々から評価はしていても、引き金になったのは4かもしれないです。僕が考えるには、

  1. NYJの情報を得るため …サンチェス攻略の情報を教えてくれそう
  2. NYJへの鉄砲玉として使う …恨み骨髄に徹しているティーボウ、差し違えさせる
  3. ライアンHCへの嫌がらせ …文字通り
  4. うまく育成して他チームに売り払う …ティーボウかマレットをトレードで売りつけるやりくり主婦

意外に4はありだなと思います。マレットもティーボウも、たぶんいるかのバックアップとして最適。しっかり育てて、NEの情報をすべて教え込んでから、いるかに安値で売りつけてくれればうれしいです。

なにはともあれNEよくとってくれました。ティーボウもすごく喜んでいるみたい。競争に勝ち抜く必要がありますが、まあ大丈夫でしょう。がんばってほしいです!NYJへの恨みを晴らそうぜ。

私立探偵マイク松「ミスター・大相撲 ~2位の力士」

やっぱり飛ぶ球だった。替えるのはいいことですが、なんで黙っててと指示しているのかがわからないマイク松ですこんにちは。わからん。

さて、これももっと盛り上げてくれよと思うのですが、なんかにっかんがひっそりと、アイドルにあやかって、人気力士アンケート「第2回大相撲総選挙」を行っていたそうです。知らなかった。

で1位はキセ。まあミッキー兄さんも未来の横綱といっていた逸材ですからね。ザ・プロビデンスの予言は悪い意味で運命とつながっているので、今は苦労しているみたいですが、まあ人気があるのはいいことです。

3~6位の大関には妙義龍、鶴竜、白鵬、アミーと入っていました。横綱が意外に低いですが、まあ人気投票ですからね。優勝回数は増えるばかりですから。7,8位の関脇はハルマと舛ノ山。9,10位の小結は勢と隠岐の海。この辺は妥当というか。上位に若手力士がしっかり入ってきているのはいいことです。

さて、問題は2位です。

若 の 里

そうなんです!2位ですよ?2位がなんと若の里なんです。若乃花じゃありませんし、若島津でも、若人あきらでもないんですよ?(なんか遠くなってる)

ほかにも菊とかカロヤンとか、いろいろいるじゃないですか。なのに若の里。全国にそんなにワカノサッター(若の里ファンのこと、モノノフとか腹ペコみたいな感じ)がいるとは思いませんでした。いやいないでしょ!いったいどういうことなんでしょうか。久しぶりに私立探偵マイク松を呼んで、考えてみたいと思います!

(1)1人の若の里ファンが200通投票した

 たとえば若の里ファンのアラブのお金持ちとかがいるとするじゃないですか。すると国技館に現れて、「わたしもワカノサッターとして、若の里さんに山ほど投票しなくてはなりませーん」などという気持ちになっても仕方ないですよね。

 なんだかアイドルの人気投票とかは、1人で何票も投票してあげるんですよね?それに比べたらこっちは200票でいいわけです。がんばる人が一人くらいいてもいいですよね。若の里の笑顔はプライスレス。

(2)地元から若の里ファンが大挙して押しかけ投票した

 青森では英雄の若の里。まあ大相撲でも英雄ですが特に地元での人気は高いでしょう。ということで青森から若の里の後援会、通称ワカノサッターズが大挙して国技館に押し寄せたのかもしれませんね。

 ちょうど人気投票やってたということで、「こうなったら組織票だべ!」「若の里さ入れで、この場だけでも横綱にすっべ!」ということになったのかもしれません。見事横綱にできましたよ。でもそうなったらほかの力士ももっと伸びるはずですからね。

(3)ネットのファンがおもしろがって投票した

 なんかイナズマイレブンとかの人気投票やったら、ネットの人たちがおもしろがって、飛行機が1位になったんでしょ?こんな感じで若の里を1位にしようと、ネットのみなさんが動いたのかもしれません。

 誰を1位にしたらおもしろいか。行司さんとか呼出さんとかを1位にしても、彼らも部屋付きの人ですから別にいいのです。親方を1位にしても同じ。理事長とかを1位にしたらいろいろ改革が遅れそうなのでやめてほしいです。現役力士で誰を1位にするか考えると、そりゃ若の里でしょう。

 でもどうせ笑いをとるならミッキー兄さんを1位にしたほうがおもしろいですよね。というか投票して。

(4)地獄の鬼が投票した

 かつて(今もそれなりに)若の里といえば、稽古場横綱ミッキー兄さんとともに、大関にあがりそうな若手を「大関にあがりたくば、おれたちを倒してからいけ」とばかりに立ちふさがり、期待の若手をぶっつぶしながら、大関に上がる人にはどうぞどうぞと道を譲るという、地獄の門番ならぬ地獄のインフォメーションA&Bとして君臨したものでした。

 それを記念して地獄の鬼どもが若の里に投票したのかもしれません。もはやこの世だけではなく、あの世にもワカノサッターがいたとは。すごい。

(5)神の摂理

 ミッキー兄さんの運命を左右して無数のハチナナを生み出した神の摂理(プロビデンス)。それは常に大相撲をおもしろくしてくれました。おもしろがっていたのはわれわれだけといううわさもありますが気にせず。

 今回若の里が2位になったのは、なにやら神の見えざる手を感じますね。予兆です。天使の吹くラッパのような。

「見よ、彼は、人気投票に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼に投票した者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の力士はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アーメン」

ミッキー兄さんなきあと(死んでない)しばらく影を潜めていたプロビデンス。これは名古屋場所か秋場所、今年中に何かすごいことが起きる前触れかもしれないですね。うれしいことならいいんですが。

  • キセが横綱になる
  • 白鵬が連勝を伸ばす
  • 若の里優勝
  • 大関陣が全員負け越す
  • 統一球が飛ぶようになる
  • ハラカントクが腹カントクになっている
  • 交流戦でオリックスがアレしてまう
  • バリントンが見殺されず月間MVP
  • でかい台風がやってくる
  • Windows8のスタートボタンが復活する
  • あまちゃんSeason2が始まる
  • iPhoneがOS7になる
  • 焼き肉店のオーナーが角界入り、いきなり幕下付け出しデビューで幕下優勝・十両優勝を経て新入幕で優勝するかと思ったらやっぱりハチナナだった

この異変でみなさんにいいことがありますように。とりあえず若の里2位おめでとうございます!

井川、手ぶらで職場へ

火曜なのに野球がないことに愕然としています、富井です。交流戦の何が問題って、いつもの3試合じゃなくて2試合にしたために日程が飛び飛びになることですよね。それで日本シリーズも後ろにずれ込んでしまって忘れた頃にアジアシリーズになってます。オールスター前後も休みばっかりで、もっと日程をつめてやって欲しいと思います。

さて、今日のニュースは井川。なんでも用具を京セラドームへ送って、練習場のほっともっとフィールド神戸へ手ぶらでやってきたそうです。30歳過ぎてこのいい加減さ、どうなんでしょうか。3Aって自分で管理とかしなくちゃいけなくて苦労して大人になったかと思いきや、手ぶらって何ですか。まあ、ユニホームも忘れて手ブラで現れたとかじゃなくて本当に良かったと思います。

練習は星野投手コーチのファーストミットと昨シーズンのデホの靴を借りて事なきを得たようです。私もよく忘れ物をする人間だったので、体操服や教科書を借りまくっていた中学生の頃を思い出しましたよ。あんまりいい学校じゃなかったので、何人かは隣のクラスに借りに行くので借り物競走みたいだったなあ。井川もいっそのこといろいろ借りるとおもしろかったのに。

・タイガースのユニホーム
・審判のマスク
・給食のエプロン
HottoMottoの制服
・hottomottoののり弁
・西の笑顔
・糸井の頭脳

忘れ物には気をつけましょう。

カアプ「コイドルうちわ」発売

また川崎が登場。なんかすごい。ここまで人に愛される川崎がほんとすごいと思えるマイク松ですこんにちは。恐れるものは何もない、薩摩出身の幕末の志士みたい。がーひー!

さて、恐れるものはバリントンの見殺しやら先発3回持たず降板やら負傷者やらと怖いものだらけのカアプ。やっとエルドレッドが戻ってきたりと明るい兆しもありますが、やっぱり暗いです。

そんな中ファンには喜んでもらおうと、おそるべき企画力と未来的な製造小売りのスピード経済でチームを支えるカアプのグッズショップ。またすごいグッズを生み出しました。

「コイドルうちわ」発売

僕も現物はみたことないのですが、アイドルのコンサートとかでよく売られているアイドルグッズを、カアプが作ってしまいました。まあいいでしょう。これでしっかり応援してほしいと思います。

カアプのエースマエケン(負傷中)と、カアプのプリンス堂林(不振中)のグッズはよくわかるのですが、なぜか3つめは丸と菊池。しかも2人が同じうちわに盛り込まれています。1人では売れないからだといわれればそれまでですが、いっしょにのせるのはありなのでしょうか。

そんなことされたら、きっとファンのみなさんは竹とんぼのようにくるくるうちわを回して、丸と菊池のハイブリッド生命体をこしらえてしまうでしょう。いっそそういうふうに作ってほしいくらいですが。名前と写真をセットにするからこんな生命体を生み出してしまうのです。くるくる回すうちわをどうせやるなら裏表に、

  • バリントンの後ろに鬼(見殺されて怒っている鬼完成)
  • 松山のうしろにあんぱんまんの胴体(こげぱんまんの完成)
  • 今村のうしろにカピバラ(カピバラ完成)
  • ハムのサイトーユーキの後ろにカアプのユニ(赤いハンカチ王子完成)
  • ナガカーさんのうしろに宝塚の羽根飾り(ナガカー劇場完成)
  • ガッツポーズの石原の後ろにでかいボール(デッドボールで喜ぶ人完成)
  • クリハラの後ろにヘルシーの描き文字(ヘルシーなのに控え完成)

こういううちわを作れば、くるくるまわせばおもしろい感じになるでしょう。

うちわのいいところは1つ500円とお手頃なこと。薄利多売でどしどし売るためにも、おもしろうちわもラインナップに加えてほしいと思います。

もと武蔵丸の武蔵川親方が土俵開き

暑い中歩いてきたマイク松ですこんにちは。伊丹空港の周囲は公園が整備されているのですが、そこにいってきました。飛行機がよく見えてよかったです。暑かったです。

さて、僕らが昔から知っている名力士はみんな親方になりつつあり、部屋付きの親方になったり、実際に部屋を率いたりしています。親方も世代交代が進みつつありますね。

そんな中、もと横綱の武蔵丸も武蔵川親方として現在活躍中。今年4月に武蔵川部屋を再興しましたが、いよいよ土俵開きをしたそうです。おめでとうございます!

土俵開きには先代武蔵川親方や、もとオリックスカントクのA-岡田もきてくれたそうです。部屋は昨年閉鎖した中村部屋を居抜きで?借り受けることができたそう。これは楽ちんですね。

今は4人の弟子がすでにいるそうで、注目の親方のおいもがんばっているそう。しこ名は考え中だそうです。武蔵丸って結構いいしこ名ですよね。それに続くいいしこ名を考えてください。

  • 武蔵号
  • 武蔵侍
  • 武蔵大名
  • 川丸
  • 丸山
  • 荒丸
  • 武蔵
  • バガボンド
  • 二刀流
  • 巌流島
  • 武蔵サークル
  • 武蔵丸ちゃん
  • 丸ちゃん
  • 赤いきつね
  • 緑のたぬき

しこ名はともかく、武蔵川親方にはすごく期待したいですね。新しい考え方で弟子を育て、しかも伝統をしっかり受け継いで。それが新しい時代の大相撲を作る原動力になるはず。土俵の充実は育成から。武蔵川親方がんばってください!

連敗を2で止めた!

梅雨に入って全然雨が降らず、干からびそうな富井です。松山に住んでいた頃は渇水による断水を経験しているので少雨がとても心配ですよ。いますんでいるところのダムはどこなんでしょう。

さて、心配といえばオリックスがナゴヤドームで連敗して「ついに来たか、いつもの連敗癖!全国的にからからに乾いているのに打線が湿ってきたのか?」と思いましたが、逆に今日の横浜戦では打線もカラカラに乾いて乱打戦でしたね。オープン戦では全く登板せず、その割に開幕戦から投げ続けてるCK19こと金子投手もさすがに疲れてきましたかね。打たれたわりにはがんばり続けてましたが、後を任せた比嘉がきっちり金子の出したランナーだけ返しました。あまりに見事なので、宅急便の着払いみたいな完成されたシステムのようにも思えます。

しかし、直後の7回、ここ最近打撃がイマイチだったイデホにツーランホームランが飛び出し、8-9と再逆転に成功。7、8、9回は平井、佐藤、平野とつないでなんとか無失点に抑えて勝利しました。いやー良かった。今日負けたらきっと5連敗以上になってた。2連敗なんか連敗に入りませんからね(意味不明な日本語である)。

せっかく勝率を5割に戻したかと思ったら2連敗と再び5割の壁への挑戦ですが、こうなるともうバッファローじゃなくてカバにでも名前を変えた方がいいんじゃないでしょうか(5割の水面から鼻だけ出すから)。いや、5割が超えられないということは鼻すら出してないですね、シャチとかイルカとかの方がふさわしいかも・・・。なんて書くとマイク松から苦情が出そうなので今日はここまで。

どろん(忍者風)。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 エントリーチェック(2):女子シングル

腕時計の電池を交換したマイク松ですこんにちは。なかなか交換できるところがなくて、しばらく自動巻のバックアップを使っていたのですが、やっと動くようになりました。そのついでに阪神百貨店のタイガースショップにいってきました。ハンシンファンのワンダーランドにして、ファンじゃない人にとっても妙に楽しめるはず。その発想はなかった的なグッズがわんさかありますよ。

今日はフィギュアスケートグランプリシリーズのエントリーチェック。女子シングルでーす。

<アメリカ大会>
アメリカ大会は、メイテ、ゲデバニシビリ、マルケイ、浅田、ラジオノワ、タクタミシェワ、ヘルゲソン姉、ワグナー、キャロライン、アメリカの誰か。

男子と比べて国際色豊かですね。7カ国。ホームですしワグナーが有利かと思いますが、そこに浅田とタクタミシェワが挑むということになりそうです。浅田もここでしっかり結果を出しておきたいところ。

ゲデバニシビリはオリンピックに向けていい仕上がりをこのあたりで出しておきたいところです。今頃ジャンプがんばってるんだろうか。

あとアメリカの残り1人は誰になるでしょうか。

<カナダ大会>
カナダ大会は、ラコステ、オズモンド、カナダの誰か、セレブ、鈴木、キム・ユナ、レオノワ、リプニツカヤ、GAO、ゴールド。

今年のカナダ大会はいいメンバーですね。若手のホープ、オズモンド、リプニツカヤ、ゴールドがそろい踏み。この対決は見物ですね。優勝もなくはないです。

そして!ついにキム・ユナがGPSに帰ってきました。超めでたい。調整をかねての出場だと思いますが、まあぱぱっと優勝してしまいそうですね。若手も思い切りぶつかれそう。

とはいえ若手ばかりにやらせはせんぞと、他のベテラン勢、鈴木、レオノワが迎え撃ちます。レオノワもこのへんで力を出しておきたいところ。その上で鈴木が優勝が理想的なのかも。ガオも代表争いに割って入りたいです。

そしてどうやらカナダは1人あきがあるみたい。まあここに入る人は1人しかいないでしょう。今更他の人を入れて何になるのか。待ってますよ!

<中国大会>
中国大会は、ジージュン・リー、ケイシン・ジャン、中国の誰か、コストナー、村上、コロベイニコワ、ポゴリラヤ、ソトニコワ、ヘルゲソン妹、ザワさん。

中国大会ですからリーやジャンも出てくるしいい活躍しそうですが、なにしろ新型モビルスーツがどしどし開発されているロシアが、3人出してきています。ソトニコワにコロベイニコワに加えて、ジュニアで実績を積んでいるポゴリラヤ。実戦でどんどん鍛えていってもらいましょう。

とはいえここはコストナーと村上がいるので、2人の一騎打ちになるかも。村上も正面からぶつかっていってほしいですね。ザワさんも代表入りの力はあるだけに実績積みたいところ。

<NHK杯>
NHK杯は、ジージュン・リー、ゲデバニシビリ、マルケイ、浅田、鈴木、宮原、レオノワ、ラジオノワ、ゴールド、ミライ。

いいメンバーそろいましたねー。オリンピック前ですし盛り上がりそう。浅田・鈴木の2枚看板に加えて、ついに日本の新型、宮原が登場です。結構フレッシュな優勝者を出しているNHK杯ですが、さすがに優勝はきついにしてもいい戦いしてほしいです。

加えてロシアの先輩後輩、アメリカの先輩後輩と参戦。いいメンバー。ゲデバニシビリがきてくれるのも大きい。見に行きたいなー。無理やけど。

マルケイも欧州選手権ではいい戦いみせてましたからね。その調子です。

<フランス大会>
フランス大会は、セレブ、ギレロン=ゴリー、メイテ、シルート、キム・ユナ、ポゴリラヤ、ソトニコワ、ヘルゲソン姉、GAO、ワグナー。

豪華なフランス大会になりましたね。キム・ユナがフランス大会にも出場。日本勢はなぜか出場してませんね。もったいない。

そしてむしろ他の選手に貴重かも。新型ソトニコワ、全米チャンプワグナーが本気でぶつかっていける相手です。この戦いはオリンピックにも影響するかもですね。

伸び盛りのフランス3人衆もがんばりたいですし、合間を縫ってセレブやGAOの活躍にも期待。

<ロシア大会>
ロシア大会は、オズモンド、コストナー、今井、宮原、村上、リプニツカヤ、タクタミシェワ、ロシアの誰か、ミライ、ザワさん。

ロシア大会ですが、日本の今井、宮原、村上と3人そろってます。今井はこの1戦だけですし、いい戦いをみせてほしいです。宮原と村上もオリンピックの開催国での戦い、実りのあるものにしたいですね。

もちろんホームのロシアは負けられないですね。ロシアの誰かはたぶんコロベイニコワじゃないかと思いますが、誰かはわかりません。調子のよさをアピールしたいところ。

しかしここにはコストナーさんがきてますからね。勝たせてくれないでしょうか。オズモンドもいい戦いしたいし、ミライとザワさんも代表に向けてがんばりたいところ。

なんかさすがオリンピックシーズン、どの戦いもおもしろそうです。オリンピック代表の行方も楽しみですが、若手の台頭が興味深いところ。どんなブレイクがでてくるのか、楽しみです。

イガワが予告先発に対してもの申している

セルヒオ・ガルシアのスーパーリカバリーショット。あえて打ってみることを考えるのがすばらしいなと思うマイク松ですこんにちは。ガルシアの腕なら確かにいけますが、けががめちゃ心配。遊び心あるプレーです。

さて、今日もオリックスは逆転負けして、こないだ5割の壁を破ったと思ったら、壁はまたふさがってしまいました。ぬりかべのように。逆転した後でヒガとか、逆転してくれとばかりの慈愛采配。おかしいわ。

そんな慈愛采配に勝ちを消されてしまったのがイガワ。すばらしいピッチングで中日打線を封じ込めていました。戻ってきてからなかなかいい活躍。貴重な先発、がんばってほしいと思います。

しかしイガワはもともと歯に衣着せぬ、いまや不動のザ・KYこと西を上回る不思議言動で知られています。今回もなにげに爆発させていました。

予告先発つまらん!井川球界に仰天提案

タイトルそのままですが、しばらく3Aでゆっくりしているうちに、プロ野球はセ・リーグも予告先発になりました。それについてイガワはピッチャー不利や、それならバッターも予告オーダーを発表すべきではないかというものです。うん、意外に正論。

ある程度打順が固定されているとはいえ、ピッチャーばっかりというのは確かにありますね。どうしたらいいんやろう。

  • シーズンに何回か「ないしょ(はあと)」というカードが使える
  • 「明日の先発は誰でしょうか?(1)イガワ(2)チヒロ(3)KY(4)野うさぎ」
  • 予告先発の投手が投げている間は2ストライクでアウト
  • シーズンに何回か、今の球なしよ、が使える
  • シーズンに何回か、バッターのオーダーを相手チームが変えることができる(例:デホ兄さん→アダチ)
  • バッター全体にサラリーキャップをかぶせる
  • 予告先発インセンティブ
  • 予告先発累積で景品がもらえる
  • コミッショナーを代えることができる

最後のは予告先発関係ないですが、そういう要素が入ってくるのもおもしろいかもしれないですね。

いずれにせよイガワがんばってください。いやヒガががんばるのか。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 エントリーチェック(1):男子シングル

鍵が回りにくくなったら、鍵に鉛筆の粉をまぶして、抜き差ししてみるとすごい回りやすくなります。結構感激したマイク松ですこんにちは。ほんとはキースムーサーという潤滑剤があるのですが、鉛筆でも代用できるみたい。油をさすのはだめなんだそうです。

さて、鍵は全然関係ないですが、フィギュアスケートグランプリシリーズのエントリーが発表されました!毎年この時期に、次のシーズンを楽しみにするエントリー発表。しっかりチェックしていきましょう。今日は男子シングルです。

今年からGPSの出場の条件が厳しくなり、どうやら男子は160.68もってないと出られないみたいです(開催国のぞく)。そのせいかなんだかよく知ってる人しか出てない感じです。

<アメリカ大会>
アメリカ大会は、ジュベールお父さん、小塚、町田、高橋、デニス・テン、ガチンスキー、マヨロフ、マックス・アーロン、ライサチェック、アメリカの誰か。

いちおうライサチェックはエントリーされてますが、出る出る詐欺かもしれないので、見守りたいですね。一躍アメリカの顔らしくなってきたアーロン、がんばってほしいです。日本からは小塚、町田、高橋と3人出場。ジュベールお父さん、ガチンスキーとなかなかいいメンバー。いい感じで誰が勝つか楽しみです。

あとはアメリカの3人目が誰かですね。マーバヌーザデーかと思ったら、ついこないだ引退したみたいですね。うーんざんねん。ジェイソン・ブラウンあたりかなあ。

<カナダ大会>
カナダ大会は、パトリックちゃん、バルデ、ロゴジーン、ブレジナ、無良、将軍、アボット、ファリス、マイナー。

いつもはわりとパトリックちゃん以外の人も充実していて、カナダ大会はおもしろいのですが、今年はハニューとの一騎打ち。あとはアボットくらいしか勝てそうにないんですね。しかも4カ国しか出てない。これは制限の影響かもしれないですね。パトリックちゃんにとってはハニューがいてくれると勝負できますからね。歓迎。

ハニューはホーム的なカナダでしっかり実戦トレーニングというところでしょうか。あとは将軍と無良がパトリック討伐に遠征するわけですが、まあ勇ましいこと書いてみても勝てないので、2人ともしっかりコンディションを作っていってほしいですね。それはブレジナもアボットも同じこと。

<中国大会>
中国大会は、レイノルズ、ナン・ソン、イー・ワン、ハン・ヤン、アモーディオ、リーベルス、小塚、デニス・テン、コフトゥン、ドーンブッシュ。

結構バラエティに富んだいいメンバーになりましたね。8カ国。メンバーをみるといよいよ中国勢がGPSを制するかもしれません。みんながんばってますからね。

四大陸チャンプになったケビンがいい活躍見せるかもしれませんが、小塚とアモーディオを加えた3人で表彰台を争うことになるでしょうか。展開が読みづらいいい戦い。

<NHK杯>
NHK杯は、ベセリエ、無良、将軍、高橋、メンショフおじさん、ボロノフ、フェルナンデス、アーロン、アボット、リッポン。

これはおもしろい。ホームの高橋が優勝したいところですが、なにしろフェルナンデスがいるので、本調子だと難しいかもしれないです。などといっていると将軍が桶狭間的にSPトップという展開があるかもしれません。(SPなんだ)

アーロン、アボットのアメリカ勢も手強い。メンショフおじさん、ボロノフのロシア勢は手強いかもしれない、手強いんじゃないかな、まあがんばってという感じでしょうか。

NHK杯といえばマイナーですが、今年はこないみたいですね。リッポンはおもしろTシャツを着てきてください。

<フランス大会>
フランス大会は、パトリックちゃん、ナン・ソン、ハン・ヤン、ブレジナ、アモーディオ、ポンサール、フランスの誰か、ハニュー、ジェイソン・ブラウン、マイナー。

またパトリックちゃんとハニューが激突することになりますね。少なくともハニューはカナダとフランス、どっちかはパトリックちゃんに勝っておきたいですね。いけるいける。

アモーディオとブレジナも調子を整えていきたいですし、中国勢も十分表彰台を狙えます。がんばらないと。あと1人のフランスって誰ですかね。

<ロシア大会>
ロシア大会は、レイノルズ、ジュベールお父さん、リーベルス、町田、コフトゥン、プル兄さん、ロシアの誰か、フェルナンデス、ドーンブッシュ、ファリス。

でましたプル兄さん!無事出られてるといいんですが。コフトゥンとともにホームを戦います。ロシアのあと1人誰だろう。結構いますからね。

フェルナンデス、ジュベールお父さん、レイノルズがプル兄さんに襲いかかる。これはおもしろい。優勝争いは楽しみです。

町田はなぜかロシアに1人で参戦。がんばれ。

ということでGPSはソチの前哨戦にして、コンディションを整える絶好の実戦の場。有効に利用しながら、ピークをオリンピックにもっていきたいですね。

そんなところでも普通に勝負はあるわけで。楽しんでみられそうです。

アーミン・マーバヌーザデーが引退!

先日テレビを見ているとヘディングが持ち味というサッカー選手のジャンプ力を計っていましたが、66㎝ぐらいで、「あれ?これ糸井の方が垂直跳び飛んでないか?」と思って探してみると、糸井の垂直跳びは74㎝らしいです。糸井はサッカーやっても良かったんだろうな・・・。さて、そんな話はおいといて、グランプリシリーズのエントリーが発表されましたね。

そこで衝撃の事実が判明、なんとアーミン・マーバヌーザデーが引退していました。しかも6月3日に発表したようです。マーバヌーザデーといえば、学業も超優秀でピアノも上手いという才能あふれる青年ですが、わざわざコロラドスプリングスへ拠点を移してフィギュアスケートに打ち込んでいましたよね。先生もパトリック・チャンに四回転を跳ばせて世界チャンピオンにした凄腕の先生に代わったし。そんなんでオリンピックまでは続けるもんだと思っていたので驚きました。好きな選手だったので残念。でも彼にはフィギュアスケート以外にも活躍する場がありそうなので、幸多きことを祈ります!

デッドボールが認められずに勝ちました

今年初のほっともっとフィールド神戸へ行ってきました、富井です。今日勝てば勝率5割だということで、どうせ負けるんだろうなと思っていました。もう花火さえ見ればよし。負けても相手がカープならそれもよし!

序盤はカープのピッチャーの中村恭平が全くストライクが入らず四球ばかり。なのにもかかわらずオリックスは負けずに併殺打で得点0という展開。結構お客さんはいっているのに何とも締まらない感じでした。得点が入ったのは5回。やはり後藤が四球で出塁の後、伊藤が送りバント、山本ヒットで1,3塁、坂口四球で一死満塁の後、川端のゴロの間に後藤がホームインしてやっと1点をもぎ取りました。

何とか点が入ったと思っていたら、ここで地味なドラマが起こります。バルディリスがデッドボールで1塁ベースへ歩いて行こうとすると球審がバルディリスに近寄ってきて手を見ています。その後、デッドボールではなく、ファールだと打席に戻るように促します。バルディリスはエキサイトすることはないんですが、打席に戻る前にトレーナーを呼んで手にスプレーをしてもらいました。ん?さりげないデッドボールアピール?そしてそこからセンター前のヒットを打ち、0-3とカープを突き放しました。

結果的にこのバルディリスの2点が大きくものをいいました。ということでお立ち台はバルディリスだったんですが、ヒーローインタビューで球審にもお礼を言うという嫌みなのかなんなのかわからないコメントで場内を沸かせました。うむ、今日のヒーローは友寄さんだな。あそこでデッドボールだったらおそらく1点止まりでどうなるかわからない展開でした。サンキュー、友寄!

これで勝率5割復帰、ですがパリーグの他球団が負けないので相変わらず5位。今年もBクラスの予感がします。でも、見に行った試合が勝ったから良し!

旭川・スタルヒン球場で、道内初の屋外ナイターが開催

今日はオリックスが快勝でしたが、ザ・KYこと西が味方の援護もあってすばらしいピッチング。しかし最後のバッター丸にホームランを打たれて、ほくほく顔が暗転していました。でもそうやって最後にがっかりしながらやっていけば、結構勝てるんじゃないかと思ったマイク松ですこんにちは。せっかくサンデースポーツが取材に来たのに、しょんぼりな感じでしたが。あ、明日はディクソン×中村恭平です!わーい!

さて、今日は月初めの日曜日でCS無料放送の日。ということでGAORAで横浜×日本ハムを見ることができました。ありがたい。

ところで今日は旭川での試合。市営スタルヒン球場で、道内初の屋外ナイターが開催されたそうです。小雨も降ってだいぶ寒そうでしたが、やはりナイターは屋外。多くのファンが詰めかけていてよかったです。花火もあがってました。

しかし試合は横浜の大勝。土のグラウンドでイレギュラーが多く、ばんばんエラーや事実上のエラーが出て大変そうでした。ちゃんと練習しとこう。第一なんでオービキを使わないのか。いちおうホモフィーってところで土のグラウンドの経験も豊富なのに。

逆に横浜は攻撃も爆発、11点もとりました。守備もよく、三嶋に初勝利をもたらしました。あんなにいいピッチャーなのにまだ勝ってなかったんですね。おめでとうございます。

今日はハムにとってはしょんぼりな試合でしたが、屋外の試合はもっとやってもいいはず。野球王国北海道をもっと盛り上げるためにも、みたところすごいいい球場みたいですし、スタルヒン球場でもっと試合やってほしいですね。旭川ではレジェンドのスタルヒンですが、今のままではハムにとってはいやな名前になってしまいます。ホークスでは狭くて古い球場ですが、ホームランが出やすいということで、北九州市民球場はバッターにはほくほくされてるみたいですよ。スタルヒン大好き!的な感じになるように、しっかり対策してほしいです。

大谷がピッチャーの方で初勝利!

SONGS聖子ちゃんが登場。いろいろ考えさせられるマイク松ですこんにちは。聖子ちゃんのニューアルバム、初回版のジャケット水着ですよ!これがアイドルってもんですね。

さて、今日は野球がいっぱいみられてうれしかったのですが、注目の日本ハムのルーキー・大谷がピッチャーの方で5回3失点、プロ初勝利をあげました。おめでとうございます!なにげに援護した鶴岡兄さんもすごい!

サタデースポーツではセットでの投球が課題だといわれていましたが、クリヤマカントクに納得のいく球を投げるようにといわれ、しっかりそれはできたようです。さすがですね。11番を背負っているんですから、チームのエースとしてがんばってもらえればと思います。成長成長。

ところで大谷は二刀流といわれていますよね。ピッチャーとバッターの二刀流。これって正しい表現なんでしょうか。本当の二刀流は、

  • 二本のバットで打つ
  • ボールを両手で2つ投げる
  • 1球ごとに右手と左手を使い分ける
  • オーバースローとサイドスローを使い分ける
  • 右手はオーバースロー、左手はアンダースローで投げる

バッターで考えられることもっとあるかなと思ったのですが、スイッチヒッターが結構すごいんだなと思いました。いずれにしてもピッチャーとバッターは同時にできないので、二刀流というよりはフットボールでいうリャンメンだなと思った次第です。

ピッチャーとバッターは別のお仕事だから、2つのことを同時にやればみんな二刀流なんじゃないでしょうか。大谷のようなすごい能力などいらない。みんな二刀流です。

  • ピッチャーと投手コーチ
  • バッターとカントク
  • ピッチャーとグラウンドキーパー
  • バッターとバットボーイ
  • ピッチャーとコンビニ店員
  • バッターと証券マン
  • ピッチャーと主夫
  • バッターと哲学者
  • ピッチャーとSE
  • バッターと農家
  • ピッチャーとバッター

ピッチャーとバッターの二刀流がすごい。これが一周回ってあらためてみるとすごいという経験なんじゃないでしょうか。(違います)