Archive for 12月 2013

False Start アワード 2013

二人:輝け!False Start アワード 2013!

♪スポーツがあるから 笑いがある
 おちょくる心に 笑いがある

富井:さあ今年も始まりました、False Start アワード 2013!今わたしたちは、あの!クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」にのってまーす!
松:いやー聞きしに勝るスーパートレイン!豪華ですねー!
富井:夜はバーがオープンするラウンジカーに来ました!すっごいきれいですねー!
松:副部長、せっかくですからなんかオーダーしてみましょうよ!
富井:そうだな!あそこの人がバーテンダーの人かな?
松:すみませーん!

ふ な っ し ー

二人:あっ!
ふなっしー:ひゃっはー!梨汁ぶしゃー!

富井:はい!ということで今年もこんな初夢はいやだのコーナーでした!みなさんいかがお過ごしですか?
松:でもほんとにななつ星は乗ってみたいですねー。
富井:だな!客室が全室スイートとかあこがれるわ。ほんと九州は鉄道のワンダーランドだな。
松:一生に一度乗れるかってところですかね。九州の鉄道は全部のってみたいなあー。

富井:よっしゃ、今年もアワード進めていこう。
松:はい、このアワードは今年のスポーツ界でがんばった人、変にがんばっちゃった人、やらかしちゃった人、あるいはがんばってなかった人などを勝手に表彰するという年末企画です。前半は各部門ごとの表彰、後半はアワードのノミネート者発表とFalse Start アワード 2012の発表になります。アワードに選ばれるとシェイムです。
富井:じゃあまずは各部門の発表から。こっちはわりとがんばった人を選んでますよ。
松:本当のシェイムは最後に。まずはNFLから。

<NFL部門>

アレックス・スミス:ウェルカムトゥザKC賞
マニング兄弟:F.O.Y.P賞
カトラーさん:嫌われアーティスト賞
ボルティモア・レイヴンズ:お気の毒賞
マット・フリン:オマエの居場所はGBだ賞
レックス・ライアン:ダイエット賞

富井:アレックス・スミスに賞あげるのか?リードHCじゃないか?
松:確かにリードHCには感謝してもしきれないとは思いますけど、SFを追い出されてKCで花咲かせてるんですから。賞くらいあげましょう。
富井:花っていっても露草くらいだけどな。まあプレーオフがんばってほしいわ。マニング兄弟はなんといってもF.O.Y.Pだな。
松:DirecTVはもっともっとしょうもない路線を突き進んでほしいと思います。来年は何やってくれるかなー。
富井:そんなおでこに開幕戦でぼこぼこにされたBALはほんと気の毒で。
松:スーパーボウルチャンプがMLBの都合で開幕戦アウェイで、しかも空気の薄いDENで、おでこ相手という。偶然以上のものを感じますね。
富井:フリンはいろいろあってGBに戻ったけど、DAL戦はほんと熱かったな。
松:都会で傷ついて帰ってきた姉状態でしたが、GBではやっぱりいい仕事しますね。もうどこにもいったらあかんで。
富井:あと個人的にすごいなと思ったのはライアンHCのダイエットぶりだな。誰かわからんもん。
松:やってはいけない禁呪法に手を出した感はありますね。よいこも悪い子もまねしちゃだめ。

<フィギュアスケート部門>

ハニュー:スター賞
高橋:D1SK賞
町田:鳥賞
浅田:こたつで横になって賞
今井:覚醒賞
ゴールド:アメリカンアイドル賞
安藤・将軍:おつかれさま賞
小塚:くじけるな賞

富井:ハニューは去年はスター誕生賞だったけど、今年はスターだな。スタースタースターだな。
松:わかったわかった的な。オマエがスターなのはわかった的な。きっと歌舞伎とか宝塚とかみたらこういう気持ちになるんですよ。それ以上か。
富井:スターにはがんばってほしいな。高橋はなんとかオリンピックに選ばれてよかったな。
松:普通に世界ランキング高いし、けがさえなおればオリンピックでもメダル候補でしょう。今頃懸命に治療してますかね。
富井:おいしいものでもたべてがんばってなおしてほしい。町田は念願のオリンピック。自分でつかみとったな。
松:すごかった!もう火の鳥というかですね。
富井:いや普通に火の鳥でよくない?
松:火の鳥はあんなに悩んだりしませんから。宗教戦争が終わらないのはどちらも正しいからだとかいう存在ですから。オリンピックでも羽ばたいてほしいです。
富井:浅田の賞はなんだこれ?
松:もうみんな浅田はほめてくれますから。ニュースでくだらん質問に応じながら、お正月はこたつで横になりたいっていったのが印象的で。
富井:思う存分横になってほしいな。全日本の今井の演技はよかったなー。
松:日本のシズニーの名をほしいままにしている反面、転倒もほしいままにしていたので。ここから新たなステージが始まります。たのしみ。
富井:今年は海外の選手あんまりいないけど、ゴールドはアメリカの選手らしさを持ち合わせてるな。
松:将軍も喜んで写真とってましたからね。ワグナーとのツートップは今後大きく伸びていくでしょう。
富井:安藤と将軍には素直におつかれさまといいたいな。
松:ですね。競技生活はなにげに大変だと思います。コーチ席でみられる日がたのしみです。
富井:あと小塚。がんばれ。
松:ですね。ソチオリンピックの最中でも僕は小塚のことを考える予定です。なんかの金属でメダルをこしらえたい気分です。

<大相撲編>

把瑠都:おつかれさま賞
遠藤:大事に育て賞
大砂嵐:ラマダン乗り切れ賞
キセ:その未来は今賞
白鵬:平成の大横綱賞
ポール・マッカートニー:懸賞ありがとう賞

富井:大相撲はあんまりいないな。まあ北の富士さんにも「今年は平凡」とかいわれてたからな。
松:新大関・新横綱もでませんでしたからね。でもだんだん若手に入れ替わってきたところはありますね。
富井:把瑠都はあんなに強かったのに引退。おつかれさまだったな。
松:ひざはなかなか鍛えられないもんですね。ヨーロッパの相撲普及に力を貸してほしいです。というか昨日の腕相撲番組で元気にしてました。そういう活動にも力を貸してほしいです。
富井:希望の星の1人が遠藤だな。でも今年はけがで結果が出なかったけど。
松:幕内にあがれてよかったですよ。けがはなおりますから。来年は結構暴れてくれるでしょう。
富井:ほかの期待の若手たちに刺激になってほしいな。大砂嵐も今年はがんばった。
松:今は相撲を覚えていくときでしょうけど、上がらず下がらずで学んでいけば、じきに上位に定着するでしょう。ラマダンの時はとにかくがんばってほしいです。
富井:キセはもはや圧倒的な力を備えてるのに、なかなか横綱にはなれないな。
松:ミッキー兄さんもなれなかったんですから。タイミングが大事なんです。
富井:そこでM兄を出してくるのはどうかと思うけど、来年は綱取りのいい機会が来るといいな。でなんで白鵬が出てるんだ?
松:BS1で大横綱・大鵬の特集があって、あらためてすごいなと思ったんですけど、白鵬もそれに匹敵する力があるのにあんまりいわれないなと思って。
富井:大鵬は周りの力士も強かったからな。今は白鵬を倒そうという気概が大関以下に不足してるもんな。
松:間違いなく平成の大横綱ですよね。若手が奮起して白鵬に挑んでほしいです。それが土俵の充実につながります。
富井:そしてポール。よく大相撲に足を運んでくれた。感謝してもしきれんわ。
松:ロンドン場所とかやりましょう。ポールのために。

<野球編>

マー:無敗賞
カアプ:挑戦者のつもりで賞
前田先生:おつかれさまでした賞
ラクテン:悲願達成賞
バレンティン:新記録賞
落合GM:豪腕賞
川崎:ジャパニーズ賞
カネコチヒロ:最多完投負け賞
G-光尊:グッドラック賞

富井:野球は今年はなんといってもマーだな。
松:仕方ないですね。負けないんですもん。メジャー移籍もうまくいってほしいですね。
富井:どこになるか楽しみだな。カアプはついにCS進出して、Aクラスになったな。
松:ノムケンの「挑戦者のつもりで戦う」がすごいおもしろかったです。みんなが「挑戦者だろ」ってつっこむのが。
富井:挑戦者だもんな。前田先生は長いことBクラスカアプを見守ってくれたな。ありがたいな。
松:こないだ広島にいったとき、タワーレコードにも前田先生の記念DVD売ってましたよ。音楽じゃないし。すごいなと思いました。
富井:どこでもカアプグッズ売ってるもんな。ラクテンは日本一になったな。
松:来年もいい感じにきてますね。オヤガイシャのバックアップも大きい。ユーキリスくると思いませんでしたよ。
富井:A.J.の存在がでかいっていってるみたいだな。バレンティンは大記録達成。
松:来年こそはスワローズが躍進してほしいです。おはらいしてけが人の多さを克服してほしい。
富井:もうそういう流れなんだ。落合GMはいきなり大活躍だな。
松:相変わらず常識を打ち破ってきますよね。有無を言わさない交渉もはたからみてるとすごい楽しいし。
富井:モリシゲも復帰したし、チームが変わるといいな。川崎は来年もTORでやることになったけど。
松:さっさとメジャー契約してくれると助かりますね。内野の補強ってできたんだろうか。川崎がいるうちにトロントいってみたいです。
富井:いちおう最後にオリックス関連。最多完投負けってほんと?
松:調べてないですけど、こんなに援護に恵まれないピッチャーで、こんなに完投してるの、チヒロだけだと思いますよ。ほか誰かいます?
富井:いないな。うん。光尊のトレードは年末最大のショックだったよ。とほほ。
松:カントクも血の入れ替えとかいいだしてますからね。そのうちみんなの血が緑色になったりするんですよ。
富井:人じゃないんだ。
松:まだ動物だからいいじゃないですか。種いもとかもやしじゃないから。

富井:さて!いよいよFalse Start アワードのノミネートの発表です!
松:センキョでは当選するとバンザイですが、こちらはノミネートされるとブーイングですからね。さあ今年のノミネートは誰なんでしょうか?

ティーボウ:だめというかかわいそうすぎる。NYJを飼い殺しの後放り出され、NEに拾われるもロースターカット。今はどこにいるんですか。QB必要なところいっぱいあるんじゃないんですか。
パックマンさん:一度ならず二度までも、NFLの新人講習会に呼ばれ登壇。NFLでの犯罪がいかにリスキーかを新人に語ることになりました。もう毎年呼ぼう。
ミッキー兄さん:もう殿堂入りしたはずのミッキー兄さんですが、今年は久しぶりに名前を聞いたなと思ったらタイホ報道。そしてクリスマスにシャクホー。タイホ&シャクホー。2MCのラップグループの名前みたいになったわ。
森脇カントク:もう次々と生み出される名言の数々。名言製造器。これからもがんばってほしいです。光合成はほんとにおもしろかったですが、人はしないです。采配には特に文句はありません。
カトーC:もうやめちゃいましたけど、統一球問題はほんとに多くの選手に影響しましたね。そして予想通りのうやむや処理。サッカーはどんどん前に進んでいるというのに。
ソリス:ボクシング界の今年一番のニュースといえば、ソリスの減量失敗&試合に勝利。豪快なあきらめっぷりといい、それでも落ちないモティベーションといい、なぜか計量がなく試合にはリミット+8kgという凶悪なコンディションといい、久しぶりにすごい、すかっとするニュースでした。すかっとしちゃいけないんですが。

富井:今年は結構混戦だなー。
松:ミッキー兄さんは殿堂入りしてますからアワードはおいといて、結構みんな粒ぞろいですねー。False Start アワードというちんけな賞にぴったりの行状な人ばかりです。
富井:ちんけな賞っつったよこいつ。まあそうなんだけど。悩むね。悪の度合いでいくとカトーCなんだけどな。
松:そうなんですよね。でももうやめちゃいましたからね。新コミッショナーはもうボールに名前入れないっていってるみたいですし。
富井:やっぱり森脇カントクかソリスだな。どうする?
松:おもしろさでは互角ですけど、やはり記録的な意味を込めてソリスがいいんじゃないでしょうか。森脇カントクは来シーズンも名言を連発してくれると思いますけど、ソリスはひょっとしたらもうみられないかもしれませんからね。
富井:またあいたいしな。じゃあソリスにしようか。今後の人生に幸あれってことで。
松:このアワードがその狙いにあうかわかりませんがそうしましょう。おめでとうございまーす。(ほわーんほわーんほわーん)

富井:来年はもっとスポーツみにいきたいな。おかねないけど。
松:おかねないですけどね。でもトロントに川崎みにいきたい。あとカーリングみにいきたい。
富井:もっとメジャーじゃないスポーツがみられる機会があればいいな。
松:最近野球とかばっかりですからね。そうじゃないやつを。
富井:ソチももうすぐだし、スポーツで盛り上がれる年になるといいな。
松:手近なソチ、超たのしみです。
富井:ということで今年1年お世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。
松:新しい年もFalse Startをよろしくお願いいたします!年末年始企画、どうぞよろしく!

表彰状

ソリスどの

あなたは世界戦だというのに減量に失敗して、いい感じであきらめて、あまつさえ勝ってもベルトが手に入らない試合で勝ちました。とかく効率やら意義やらキセキやら説明責任やらが求められるこの時代、なんかすっきりしました。あなたが意図しなかったかもしれませんが、勇気めいたものを与えてくれたと思います。新しい階級でもがんばってください。今度は早めに体重減らして。


2013年12月31日
フォルス・スタート商会

2013年の記事を振り返る

体調が微妙に悪いマイク松ですこんにちは。11月の体調悪化の再現はいやだなあ。またこれから帰省するから。健康を得たし。

さて、毎年恒例の年末年始企画ですが、今年も例年通りやりたいと思います。ほかにやることもないので。

  • 12/30:今年1年の記事を振り返る
  • 12/31:False Start アワード2013
  • 1/1:False Start お年玉大喜利 2014
  • 1/2:False Start ディスコグラフィー 2013

今日は2013年の記事を振り返る記事まとめです。毎年いちばんめんどくさい企画ですが、やったあとだと結構おもしろいのあるな、やってよかったなって思います。どうぞ。

富井:ああー。明日帰省するのやだなー。
松:でましたね!毎年恒例の帰省いやいや病!どうせ帰るんですから。
富井:わかってるけどいやなんだよ!遠いよ!
松:帰省だと思うからいけないんです。巡礼です!修行です!
富井:しんどいのは変わらんよ!わーん!
松:はいはい、それよりも1年間の振り返りやりますよ。こっちもしんどいですよ。
富井:じゃあがんばるか。なんももらえんけどな。
松:せめてコメントでももらえますと幸いです!(やらしい)

<2013年1月>
富井:1月だ。いきなりライスボウルがあったな。まあ毎年あるけど。
松:今年は勝ってほしいですねー。応援いきたい。年末にある方がまだいきやすいのに。
富井:確かに1/3は混んでるからなー。クリスマス前後がいいな。でフィギュアスケートではロシア選手権を。
松:ちょうど今頃やってたやつですね。今年のロシア選手権、結果が気になります。
富井:主に男子シングルがな。あとは大相撲初場所と、NFLプレーオフ、いちばん忙しい時だな。
松:そうこうしているうちに欧州選手権もはじまりますからね。
富井:冬、忙しいんだな。
松:毎年ですけどね。
富井:あとどうでもいいけど、サンデュ先輩にオフィスの寒さを相談するというネタが、投げっぱなしだな。
松:相談して終わってますね。潔い。

<2013年2月>
富井:2月だ。まずはやはりスーパーボウルだな!
松:今年はリアルタイムで観戦できたんですよねー。やっぱリアルタイム。情報統制もしなくていいし。ハッピーマンデーよりもスーパーボウルを休みにすべきです!
富井:その余波を受けて(受けてない)の全米嫌われアスリートだな。これはおもしろかった。
松:すごいですよねカトラーさん。相変わらず活躍したりケガしたりしていますが、今度も地区優勝をかけてレギュラーシーズン最終戦がありますから、華々しく散って地位を安泰にしてほしいです。(相手はGB)
富井:散り際も美しいからな、悪い意味で。フィギュアスケートは全米選手権もあり、カナダ選手権もあり。そして四大陸選手権もあり。もりだくさんだ。
松:全米はゴールドの躍進、カナダ選手権はサンデュ先輩がちょっと出てたというのが見所ですね。今何してるんだろう先輩。
富井:何してるんだろうな。そしてカーリングをずーっとみてるな。
松:おもしろいですよねカーリング。今年は世界最終予選もみましたけどすごいおもしろかった。最後の試合は今見てもすごいですね。
富井:ソチでまたみられるよ。今度は男子のカーリングもたくさんみられる。楽しみだ。
松:男子カーリング選手権も放送してほしいですよねー。
富井:そういえば変なあだ名つけてみてたんだよな。
松:今でも変なあだ名はつけてますよ。そして時代ははと美というのも変わってません。
富井:フジ・ロイ・ミキコーチもいいぞ?あとクチピーの日本語サイトが発見されてるな。顔見られてうれしい。
松:今何してるでしょうねー。戦いに明け暮れてるといいんだけど。
富井:よくないよ。そしてWBCに向けてブラジル代表をフィーチャーしてるな、名前がおもしろいというだけで。
松:おもしろいですからね。そして侍Jは落ち武者ニッポンに。落ち武者クーデター!

<2013年3月>
富井:3月だ。とりあえず最初の頃はやることがないからか、おもしろ記事が続いてるな。
松:カロヤンの寸劇とか、侍Jの活用とか、待ジャパンとか、意欲的ですよね。
富井:ほんとはこういうおもしろ記事で埋め尽くされるサイトのはずなのにな。
松:それは結構しんどいですけどね。
富井:そうこうしているうちに春場所が始まり、世界カーリング選手権が始まったりしているな。
松:ドイツのシェップを魔除けよばわりしていますが、シェップは今年も元気でした。大学教授とは知りませんでした。
富井:フィギュアスケートの世界選手権も始まってるな。
松:今年はオリンピックもありますからね、ずーっと忙しそうですよ。カーリングは夏にやってくれればいいのに。(無理)

<2013年4月>
富井:4月だ。ウィンタースポーツのシーズンは終わり。野球の短い記事が多いな。
松:いちおうFalse Startのオフシーズンに突入してますからね。知ってましたか?
富井:そういえば落合カントクの講演会いってきたんだよな。よかった。
松:たのしかったですねー。神戸文化ホールのやつもいけばよかったです。
富井:野球はノウミサンアイシテルとか、HOTホットメニューとか、オリックスのプロデュースデーとか、相変わらず試合以外のことをしっかりとりあげてるな。
松:試合のレビューをちょっとどうかと思うほどやりませんよね。このサイト。
富井:そしてフィギュアスケート国別対抗戦を盛り上げ方中心にレビュー。
松:うん、このサイトしか書かないレビューですよね。最後の盛り上げ方チェックがやばい。
富井:NFLはドラフトまとめ。あとMLBで川崎が徐々にチームに浸透している。あとにあんなことになるとは、この時期には…。
松:ある程度は予想できましたが、あそこまでとはですね。

<2013年5月>
富井:5月だ。夏場所以外はわりとひまな月。
松:ひまとかいわんでくださいよ。ちゃんと毎日書いてますよ。
富井:オリンピックの除外種目のこと、そういえばあったなって感じだな。
松:あのころは結構な問題でしたね。レスリングはずすとか信じられん。IOCの見せしめっぽいですね。
富井:アライさんブラザーズをなんと呼び分ければいいのか考えるトークは、久しぶりにトークだな。
松:来年も兄弟でチームメイトですが、兄弟とも出番が減る危険を抱えてますね。
富井:まあどうせ外国人ははずれるから大丈夫だろ。パ・リーグ選手によるプリウスPHV試乗体験記チェックはおもしろい記事だったな。
松:コンテンツがおもしろかったんですが、今どこにあるんですかね。僕がみられないだけかな。
富井:あとどうでもいいけど、この小説っぽい文章はいったいなに?
松:ムラカミハルキっぽいことを書いてみたくなったんですよ。今見ると全然だめですね。やっぱプロはすごいわ。

<2013年6月>
富井:6月だ。やっと半分。
松:恒例のフィギュアスケートGPSのエントリーチェックはちゃんとやってますね。わりと楽しみ。前文のライフハックも注目!
富井:あれはすごいよな。野球ではイガワがもの申したりコイどるうちわが発売されたり、カープうどんをたべるおじさん像ができたり、にしこくんが始球式やったりしてるな。
松:にしこくんはバッターの方でびっくりでしたね。なるほど。
富井:統一球問題はほんとにうやむやになっちゃったな。
松:わかってたことですけどね。そしてカトーCもTSUIHO。ミッキー兄さんに続いてTSUIHO。破滅に向かって!
富井:破滅まではしないよきっと。お、私立探偵マイク松も久しぶりに出てるな。でもあれはやはりネット民のしわざかな。
松:よくわからん人が1位になりますよね。やっぱ会場の声だけでやるしかないですかね。
富井:すでに人気者になってる川崎は一度降格してすぐ昇格したな。もってるわ。
松:来シーズンもがんばってほしいですね。川崎ならできる。
富井:野球の記事じゃないけど、ムラカミハルキっぽい記事のタイトルを考えるのはなかなかおもしろいな。
松:だいぶあの頃とは情勢が変わりましたね。「やがて哀しきBクラス」「最下位争いのデッド・ヒート」「イトイ・イトイ・イトイ」は変わらないですね。
富井:あと回文。野茂とニオカとハンシンの便利さは発見。
松:おもしろいですよね。回文界で人気のニオカ。

<2013年7月>
富井:7月だ。いきなりネットセンキョの記事が出てる。なんだこれ。
松:僕もわかりません。全然スポーツ関係ないし。「スポーツっぽくなる予定だった」とかいってますが、どのへんからスポーツっぽくするつもりだったんでしょうか。
富井:ほっとこう。名古屋場所が始まった。把瑠都が出場できなかったんだよな。
松:もっとがんばってほしかったですけどね。もうちょっとあとですが、去り際はすがすがしかったです。
富井:カトラーさんとか、契約書読めとか、NFLの記事がわりとあるな。
松:ぽつぽつですね。シーズンが近づいてきてます。
富井:野球はオリックスが順調にBクラスに定着
松:…それ以上いいようがないですね。
富井:だな。A-岡田の解説のやつはおもしろかった。
松:A-岡田の解説のときはハンシン絶対勝たないと。負けるとこうなりますよね。
富井:リード文だけだけど、全身の張りについて扱ってくれたのはうれしかったな。
松:全身の張りが通じるならいくらでも休めますね。社会に広めよう、全身の張り!

<2013年8月>
富井:8月だ。なんといっても森脇カントクのおもしろコメントだな。今見ても謎!
松:地上に出てないということだけでよかったんですが、光合成をからめてしまって話がややこしくなりましたよね。
富井:そこからトークがあり替え歌があり、しばらくはオリックス・種いもズとか、ポテトズとかになってたな。
松:トークの結論はもやしだったはずですが、いつの間にか種いもズになりましたね。使いやすかったんでしょう。
富井:しかしカントクはイレギュラーを起こせとか、後で出てくるボールのやつとか、おもしろ発言連発だな。
松:まさに速+αってことですよね。来シーズンもぜひよろしくお願いしたい。
富井:勝とう。まず。野球ではカアプの水浴びせとか、サンテレビのラテ欄の人とか、おもしろ記事が多いな。
松:たぶんあんな人は関西にたくさんいますからね。今はおとなしくしてますけど、春になると虫たちといっしょに。
富井:虫たちといっしょにか。愛媛県ベストナインも考えててたのしかったな。
松:誰もが考えられる楽しみがありますよね。もとねたがいい企画です。
富井:NFLはいよいよプレシーズンが始まってるけど、なんといってもF.O.Y.Pだな。あれで兄弟はだいぶ株あげたな。
松:今でもちょっとしたときに「Ahan, Yeah」って出てますからね。僕の中のF.O.Y.Fが。
富井:オマエの中のか。あと相撲関連っちゃなんだけど、わたしを憶えていますか? M喜はすごいおもしろいな。
松:激流はやりましたよね。ふまえて読むとおもしろいです。みなさんも想像してみて下さい。いきなり「わたしを憶えていますか? M喜」ってメールがきたときのことを!

<2013年9月>
富井:9月だ。NFL開幕!その試合がえらいことになったな。
松:災難なのはBALですよね。これがなかったらとっくに地区優勝かも。ものすごい出鼻のくじかれ方。でも7TDはすごいことです。
富井:大相撲は秋場所だけど、その前に千代丸のどっきりおもしろいな。
松:大リーグの女装みたいに、大相撲の伝統にしてほしいですね。伝統はいつでも作られるのです。
富井:場所前に把瑠都が引退。おつかれさまだったな。
松:把瑠都の弟子が角界に押し寄せてくる日を楽しみにしていましょう。おつかれさまでした。
富井:秋場所も始まったけど、白鵬の「東京オリンピックまで引退せずにがんばるという目標ができた」というのはよかったな。
松:結構長いですけど、白鵬ならなんとかしてくれるかもしれないですね。間違いなく平成の大横綱です。
富井:野球はオリックスは順調に沈んでいるけど、
松:順調でしたね。
富井:うるさいよ!ここで例のボールにかみつけアダチが出てくるんだな。チーム的に末期だな。
松:いやいやあれでもがんばってチームを鼓舞しているんだと思いますよ。とてもいいカントクだ。ネタをくれるから。
富井:結局それだろ?ハンシン百貨店のタイガースショップはおもしろかったな。
松:いついってもあそこのワンダーランドぶりはすごい。TDRに匹敵するものがありますよ。
富井:ある意味夢と魔法の王国だからな。そして9月はあまロスに苦しんでいたな。
松:あまちゃんはほんとおもしろかったです。みてよかった。紅白たのしみ。

<2013年10月>
富井:10月だ。NFLはKCが強いな!ははは!
松:ほんといまだに信じられないんですけどね。でもDENさえ同地区じゃなければ…。
富井:それはいうな!フィギュアスケートもジャパンオープンがあって、いよいよシーズンが近づいてきたなって感じだな。
松:まだジャパンオープンをシーズンスタートとは位置づけられないですよね。
富井:そしてアメリカ大会でスタート。
松:やっぱりオリンピックシーズンは盛り上がりますね。グランプリシリーズも普段とは違います。
富井:オリックスは順調に…もういいや、でも全然違うところでオリオリオリ速とかいわれてるよ!もー!
松:(聞こえないふり)パイレーツは惜しかったですよね。こういうのがあるからアメリカプロスポーツはいいなって思います。オリックスとかも全然最下位から巻き返s
富井:聞こえてるやんけ!どうせ練習相手とかになったりしてるよ!
松:ほら、カネコチヒロが足を引っ張られたりしてるじゃないですか!
富井:なぐさめるならちゃんとなぐさめろや!
松:あ!そうそう、ドラフトは結構よかったんですよね!?ね!?
富井:そうやった。あれから全然情報が入ってこないからわからんけど、結構いいドラフトやった。FAでは負け組やし、あいつらが頼りや。
松:…(どこまでやっても完璧にはなぐさめられないな)
富井:大リーグではウエハラががんばってるよ!
松:パピに破壊されなくてよかったです。ジャイアントスイングから3SThに着地失敗でDL入りとかなくて。
富井:あとどうでもいいネタとして、モリシゲ宇宙は結構おもしろかったな。
松:勇み足がんばりましたね。Tommyさんがリュリュリュ…を竜竜竜…にしたらって提案したらしいですよ。ばっちりです。

<2013年11月>
富井:11月だ。ん?どうした?
松:…いや…僕あんまり11月の記憶がないんですよね…。
富井:当たり前だろ。オマエ11月は半分以上かぜで寝てるんだから。
松:そうか!それで副部長の記事が多いんですね!
富井:オマエNHK杯とかもたぶんぜんぜん見てないよ。みんないい演技してたのに
松:らしいですね。いつの間にか高橋軍の旗とかができてたのも知らなかったし。いけませんね。副部長の記事には助けられました。感謝です。
富井:相撲とNFLはオマエが書いてるけどな。記事中でも九州場所の初日からオマエのかぜ全開。
松:生きた心地がしませんでしたよ。で九州場所はずっと客を入れる算段をしてました。富井:ポールがありがたかったな。相撲大事にしてくれてる。
松:毎年招きましょうポールは。名誉親方でいい。歩雄流とかいう年寄名跡を作りましょう。
富井:NFLはみてはいるけど体調が悪くて記事が少ない。なおったころに関立戦みにいったんだよな。
松:まさかのスコアレスドロー。僕の全快祝いかと思ったら。どう喜んでいいか全然わからなかったです。みなさんフットボールの試合でスコアレスドローみたことあります?ある意味貴重!

<2013年12月>
富井:12月!最後!結構熱いシーズンなのに、いきなり宇宙通ロッテ古谷から。
松:宇宙通ですよ宇宙通。ほんとあなたは何通?って聞いて回りたい。
富井:やめとこう。NFLの記事が復活したかと思ったらKCがぼこぼこにされたり。
松:ソリスのニュースに救われますよね。熱いわソリス。たぶん明日の記事にも出てくる。
富井:熱くないよ。GB@DALの大逆転があったり、なぜかいるかがNEに勝ったりもあったけど、もうすぐプレーオフで、なぜかキトナ先生が復帰したりしてたり。
松:熱いわキトナ先生。オートンがだめなら後半からキトナ先生ですね。
富井:だな。国内では甲子園ボウルJapan X Bowl、両方レビューしたな。
松:ライスボウル勝って!勝ってファイターズ!
富井:大相撲は大砂嵐の幼稚園訪問があったな。
松:マニアックすぎてノー反応でしたけど、僕的にはやりきった感があります。いつかやってみたかった、夢十夜
富井:まあだいたいそういううすい反応だから。力士が宇宙的なカプセルに入ったり、おもしろいこともあったけど、やはりミッキー兄さんタイホがおもしろいな。
松:もう笑えないくらいおもしろいですよね。聖夜にシャクホーまで含めて1つの物語。
富井:ま、明日も出てくるな。
松:出てきますね。ひょっとして最後にも。
富井:フィギュアスケートではファイナルがあり、全日本があり。ファイナルは今年ちゃんとレビューできたな。
松:ペアとアイスダンスをちょっとずつやってくれたおかげですね。よく考えれば昔NHKがやってくれてたときも全部放送しているわけではなかったし、全然ないよりはずいぶんましです。
富井:全日本は結構壮絶だったな。オリンピックシーズンとはいえ。
松:オリンピックにいける人もいれば、いけない人もいる。こんな僕らでもできることは、いけない人のことを思うことです。
富井:安藤と将軍は引退しちゃうしな。かたや村主姉さんはがんばってたり。
松:みんな覚えてましょう。

富井:よっしゃー!終わった-!
松:毎年これやって思いますけど、365日書けば、なんかおもしろいものも書けますね。
富井:だな。結構おもしろい記事あった。
松:来年はソチオリンピックもありますし、忙しくなりますけどがんばりましょう。
富井:まずは体調を整えておこう。たぶん微妙な時間に起きたりしないといけないから。
松:HDDレコーダーの容量あけておかないとですね。
富井:それが大事!新しいのは買わないよ!
松:おかねないですからね☆

村主姉さんの挑戦は続いている

広島でレキシのライブにいってきたマイク松ですこんにちは。超よかったです。箱が小さいせいか、御館様のキーボードがいっぱい聴けてうれしかった。そして偶然ライブ後のバンドメンバーのみなさんに遭遇しました。富井も超感激していました。おつかれさまでした。

さて、壮絶な全日本フィギュアスケート選手権が幕を下ろしましたが、その後うれしいニュースに出会うことができました。そう思って下さる方も多いと思います。多いですよね。

村主章枝 32歳挑み続ける「もっと上手に」

同世代がみんな引退する中、いまだ競技生活に身を置く村主姉さん。そのチャレンジ精神は失われていないようです。よかった。所属先もあって今はスケートに専念しているそう。今度Kappaのもの買おう。

よく年齢のことをいわれると思いますが、ちょうど今はアンチエイジング技術の向上と古くからの習慣がぶつかりあう時なんだと思います。でも実例が出ればそれも変わる。イチローも同じこといってましたし、カネモトアニキがそれを実践しましたし。そういえば41歳のキトナ先生も雇われてました。

自分の滑りができればそれでいいといつも考えている自分としては、村主姉さんを応援する理由しか見当たりません。がんばれ姉さん。応援しています。やっぱすごいわ姉さんは。

そういえばももくろのライブに出演して元気をもらったそうですね。さすがももくろ。ありがとうございます。

キトナ先生がDALと契約で復活!

紅白歌合戦あまちゃん特別編の詳細が明らかになってきました。たのしみなマイク松ですこんにちは。GMTとアメ女のみんな(小野寺ちゃん以外)が出てくるのはうれしい。助かります。

さて、NFLもすでにweek16。プレーオフ争いはすごいおもしろくなっているし、もうたくさんのチームがプレーオフ状態。NO@CARも、ATL@SFも超おもしろかったです。ジェリー・ライスおじいちゃんがぜんぜん老けない。ほんとに節制しているのかもしれませんが、すごいスリムでびっくりしました。めっちゃかっこよかったです。

そんなNFLでDALもプレーオフを争っているわけですが、なんとかweek16で勝利を手にしたものの、頼みのロモが椎間板ヘルニアで、最終週の出場が微妙になっているそうです。12月のロモが悲惨だというのは毎年いわれますが、悲惨な出来事が起きる以前に出場できないというのは新しいですね。

もしロモがだめであればオートンが先発という、相手のPHIにとってはハッピーホリデーのハッピープレゼントになるわけです。ロモも間に合わせるとは思うのですが、なにぶん手術が必要なレベル。ということで3rdQBが必要になってきました。

先日3rdQBを選ぶワークアウトを開催。デビッド・カー、ジョン・スケルトン、タイラー・シグペンらをテストしたらしいです。その結果選ばれたのは…!

キ ト ナ 先 生

えー!!というわけでキトナ先生電撃復帰でっす!ハッピーホリデー!

そもそもキトナ先生は文字通り高校の先生で指導者をやっているはずだったのですが、よほど今現役の人たちが頼りなかったのか、はたまた現役のQBと契約するほどでもないなと思ったのか、キトナ先生に復帰してもらうことになったようです。やったー!ギャレットHCと旧知の仲というのもあったよう。

キトナ先生は僕の中ではマット・フリン(GB限定)に並ぶ最強のバックアップQBです。ヘルメットをかぶってサイドラインをうろうろしたり、出番が来たら勝利に向かって全力を尽くしたり。ロモにとっても、オートンにとっても、心強いバックアップになるでしょう。41歳?それが何か?

しかも!キトナ先生は今回の契約で得たサラリーを、がっつり仕事場の高校に寄付するそうです。漢!漢の中の漢!「なに、カネがねえ?じゃあオレちょっとNFLで稼いでくるわ」的なもんですよ!というかこの文字通りキトナ先生の写真おもしろすぎる!

キトナ先生は「実際にプレイする可能性はほとんどないだろうが、しっかり準備するつもりだ」とのこと。意訳すると「出番がきてほしい。きたら勝つ」ということですね。出番くるといいなあ。

塩サイドラインのメモリー (もとねた 歌詞)

キトナ その火をとびこえて
フィールドに書いた ウィミスユー

プロへ帰るの 誰にもいわずに
低気圧に乗って ダラスへ向かうわ
ロモに伝えて 無理はするなと
ジェリーに伝えて 試合に出して

塩サイドラインのメモリー 41歳は
寄せては返すオフェンスのように 激しく

キトナ その火をとびこえて
フィールドに書いた ウィミスユー
キトナ 出番つかまえて
三途の川の マーメイド
出番が少ない マーメイド

ハッピークリスマス!ミッキー兄さんがシャクホー

昨日のスポーツニュースで北の富士さんが今年の大相撲はどうでしたか?という質問をされていました。そんな着火剤を投入してはだめだと思ったマイク松ですこんにちは。もちろん「平凡な一年」に始まるぼやきタイムが始まったのはいうまでもありません。早送りされてたし。

そんな平凡と評された大相撲ですが、平凡じゃない人もいましたよ!もちろんミッキー兄さんです。もちろんってことはないですが。

しばらく名前を聞かないと思ったら、現在のアジトである焼き肉屋さんで雇っていた外国人が不法就労していたため、タイホされてしまったことはすでにお伝えした通りです。北の富士さんもこのニュースを耳にして「また土俵の危機が迫っている…」「大気が…大気が怒りに満ちておる…」と感じ、ぼやきタイムに突入されたものと思われます。大ばば様耳が痛いです。

しかし今日はクリスマス。ジーザスの慈愛が人々に降り注ぐ日です。ということでミッキー兄さんも罰金の略式命令が出てシャクホーされたそうです。ありがとうございます!

ちなみに罰金は兄さんが50万円、いっしょにしょっぴかれた店長が30万円。即刻納付でシャクホー。めでたい!これでミッキー兄さんも(比較的)おだやかな年末年始を送れそうですね。よかった。来年の目標はずばり「タイホされない」ですね。人として当然の目標ですよね。

それにしても波瀾万丈なミッキー兄さんの相撲人生。大学横綱→期待の若手→永世関脇→スランプもうヤダ→マダイ→ハチナナ→永世大関→トバーク→ツイホー→タイホ→シャクホー。うん、20年後には大河ドラマですね。タイトルはずばり「永世大関」。オープニングでは荘厳な音楽とともに惑星直列のイメージが。「PROVIDENCE」の文字。いきなり広い海でマダイのイメージ。出演者紹介。稽古場で期待の若手をかわいがる。「KEIKOBA」の文字が躍る。やがて国技館へ。白星黒星が画面上を流れ、それらが集まって「8-7」の文字を形成。それが爆発すると煙の中に携帯をもったエナツカサさんが。国技館から天空へ上昇し、エンジェルたちが舞い踊る天国へ至る。画面に「ETERNAL」の文字。こんなオープニングでいいでしょう。

ジーザスの誕生日はみんなが愛と慈愛のもと、寛容の精神を持つ日です。たのしい人も、ラブラブな人も。しんどい人も、ぼっちな人も。タイホされた人も、シャクホーされた人も。メリークリスマス&ハッピーホリデー。

安藤と将軍、おつかれさまでした

新コミッショナー。プロ野球界は何も変わらないなと思うマイク松ですこんにちは。それに比べるとスケート界って結構変革してますよね。

さて、壮絶な全日本選手権が終わりましたが、ここで現役を退く選手がいます。おつかれさまでした。

まずは安藤。復帰を決断してからの時間は十分ではなかったですが、やるだけやったあとでの引退はすばらしかったと思います。なにより準備期間が少なくてもあの全日本のジャンプはさすがだと思いました。

世界チャンプに2回なっているわけですし実績も十分。ここまで波瀾万丈とかいわれるようになるとは思っていなかったですが、強い選手でした。あのジャンプは万人を目覚めさせる。これからコーチになるそうですが、安藤みたいな選手が育ってくれれば、安泰でしょう。

安藤のことは忘れません。おつかれさまでした。これからは好きに楽しく生きて下さい。

もう一人は織田信成将軍。涙の引退表明だったみたいですね。さすが。

とにかくひざのやわらかさは世界一。すべてのスケーターが手本にすべきランディングですよね。全体にまとまった技術にそれが加わって、大きな成果をあげていました。結果が出たときの号泣はすでにお約束。よかったなと心から思えました。

ザヤックルールにひっかかったり、靴ひもが切れたりしたこともありました。いろんなことを含めて気がつけば二児の父。それも含めて記憶に残る将軍のフィギュアスケート人生。「敦盛」の通りですね。先祖のことをよくいわれますが、先祖にも胸を張って誇れるものになったと思います。

今後は指導者になるそうですが、あのひざの技術はぜひ後世に伝えてほしい。子どもに好かれそうだし、ひょっとしたら次代の層を厚くすることにすごく貢献できそうです。

将軍のことは忘れません。忘れられないし。おつかれさまでした。

全日本フィギュアスケート選手権2013:女子シングルFS

オリンピック出場を決めたカーリングの試合をみたマイク松ですこんにちは。6点エンドってできるんですね。すごいな。カーリングをする人をカーラーっていうんだと知りました。決まったときのアットホームな喜びはカーリングならではでした。おめでとうございます。

さて、こっちも代表選考が佳境のフィギュアスケート。今日は全日本女子シングルFSです。それから代表が発表されるそうです。

全日本フィギュアスケート選手権、女子シングルFS。実況は残念ながらポエム、解説はジュンジュンと荒川姐さん。

中塩美悠。火の鳥みたいな衣装。「アランフェス協奏曲」。3Lzから入りました。3Fも流れがいい。落ち着いてますね。2A+3Tも成功です。これもってるんですね。さすが西日本チャンプ。3Fと決めてジャンプにミスがないですね。スピンからステップに。音楽もよくあわせてるし、曲の解釈で攻めていかないとですね。3Lzは転倒しました。ジュンジュンがトリプルブフンとかいってたのですが。新しい種類かな。3S+2T+2Tは決めました。つなぎの部分もよくがんばって表現してます。3Tからキャッチフットスピンはポジションがおもしろい。手の表現もいいです。最後の顔が必殺仕事人みたいな顔でした。まあそういう音楽ですし。でもジャンプのミスが少なくてよかった。この安定感をキープしながらうまくなってほしいです。156.86。

本郷理華。「ミス・サイゴン」。いいスピードから3Lzをまず成功。3F+2Tはスピードに乗った助走から成功。足が長いですねー。スピンではそれが際立ちます。2A+1Lo+3Sのコンビネーションを決めてきました!そんなのもってますか。シットスピンは軸が安定してますね。2A+3Tも成功。ジャンプのレベルをしっかり高めてますね。3Loのあと3Fも決めました。後半ですし大きいですね。ポエム黙れ。3Sも決めてジャンプノーミスですね。コレオシークエンスも勢いを持続してます。最後のコンビネーションスピンも回転が速かったです。体力もあるし全体をしっかり滑りきりました。いい演技できましたね!176.31。いい点でましたー!

木原万莉子。メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」。ポエムは森の妖精というか妖怪になって森に帰って下さい。3Lzから入りました。次の3Fは転倒。どんまい。滑りは速いしいいですね。3T+2T+2Loは成功。ジャンプの軸も細いし質がいい。コンビネーションスピンはポジションチェンジがてきぱきしています。それでいて安定。イーグルからの2A+3Tもなんとか。よくまとまっているプログラム。3Sが流れの中で跳ばれています。ステップはゆるやかな音楽の中で味わい深い表現。3Loから後半。3F+2Tはファーストで乱れましたがなんとかコンビネーションに。なったかな。スピンからコレオシークエンス。このあたりにも非凡な表現があります。最後のレイバックスピンはさすがの出来でした。しっかり演技できました。美栄ちゃんのところにいい選手育ってきてますね。160.10。

大庭雅。「レ・ミゼラブル」。張り切るなポエム。3Aに挑みますが転倒。惜しいです!ナイスチャレンジ。3Fは余裕ありました。流れもいい。スピンも安定しています。3Sもしっかり成功。ひざがやわらかいですね。ステップはチェンジオブペースがいい表現に結びついてる。2A+3Tはなんとか。コンビネーションスピンはA字スピンが安定してました。きれいなA。3Sはツーフット。3Loは決めました。3Lo+2Tと続けて跳んでフィニッシュ。よしよし。おそれず3Aに挑んだのがよかったです。そうでないと。157.17。

最終グループ。CMがばんばん入る。

宮原知子。「ポエタ」。ポエムさんソチへのパスポートは行政機関の窓口にいったらとれますよ。それをもってボリビアにでもいってください。3Lz+3Tをしっかり決めました。コンビネーションスピンは逆回転。速い回転。いい出だしです。3Fはななめになりましたがリカバーしました。回転がどうだったかとジュンジュン。3Loはしっかり。2Aは余裕ですね。つなぎの部分でも曲が表現できる。強みですね。2A+3Tを決めてステップへ。エッジワークもじっくりなめらかにうまくできるようになってますね。3Lz+2T+2Tからレイバックスピン。ビールマンスピンの回転も速い。全体的にスピンの回転が速いですね。3Sからコレオシークエンス。スパイラルがなめらかです。ぐらぐらしないし。最後のシットスピンまでしっかり演じました。大きなミスなくいけましたね!これは自信になりそう。着実に成長してますね。191.58!おおーいい点出ました!

鈴木明子。「オペラ座の怪人」。いい滑りできてますね。3F+2T+2Loからきました!気合いののりもいいし落ち着いてる。2A+3Tもクリーンです!3Lzも流れよく。そしてスピン。1つの点でまわってますね。ステップは最初からすばらしい物語が。しゃべるなポエム。エッジワークもすばらしいし、空気が澄んでいくような物語。すばらしいですね。3Fから後半。しっかり着実に決めよう。3Loも慎重にきてますね。3S+2Tも大丈夫ですね。そしてすばらしいスパイラルから始まるコレオシークエンス。雄大な音楽に寄り添うような。3S跳んでガッツポーズ。スピンからスピンの間の表現まで鈴木のものです。最後までノーミスで決めてきましたね!この大舞台でよくやってくれました。助かります!おひょいさんも大喜び。215.18!ぎゃー!!いい点でました!!

安藤美姫。がんばれ安藤。ストラヴィンスキー「火の鳥」。3Lz+2Loは高いし流れがある。すごいな。3Sはシングルになりました。これはまさかですね。シットスピンから2A+3Tを決めてきました。いいジャンプ。コンビネーションスピンもまずまず。3Lzはシングルに。3Sは今度は決まりました。3S+2Tはオーバーターンになりました。2Aからコンビネーションスピン。ステップはだいぶ疲れてますね。それでもしっかり密度の高いステップをこなしています。いい軌道のスパイラルでフィニッシュ。ノーミスとはいきませんでしたが、十分やってくれました。華やかな火の鳥だけが火の鳥じゃないわ。171.12。すごい泣いてますね。コーチも手をあげていました。サンキューコーチ。

今井遥。転倒しませんように(儀式)。サン・プルー「恋人達の夢」。曲を待つ姿勢がすごいきれいです。3Loから入りました。流れがあるいいジャンプ。その調子だ。3Loもう1つも成功。得意なジャンプで流れに乗る作戦ですね。3S+2T+2Loも決まりました!いいぞいいぞ。スピンはさすがのクオリティ。花が咲くような華やかさ。ステップは手の表現が抜群ですね。エッジも深いし曲と一体になってる。よく音をとってますね。2A+3Tも決めてます。いいぞ。3Loを決めて、3Sも決まった。2Aは手をつきましたが上出来です!コレオシークエンスになっても曲表現がわんさか。すばらしい物語。そして最後のスピン。レイバックでここまでの情感を表現できました。きた!きたきた!きましたよ今井が!この演技は最高でした!この演技ができるなら!まだまだ今井のやれることはいっぱいありますよ。186.16!これは点じゃないわ。この演技は。

村上佳菜子。がんばれ村上。うまくいきますように。「愛のイエントル」。3T+3Tは高さがありました。パワフルなジャンプ。さすがです。3Lzも蹴り足に気合いが入ってますね。3Loも流れがあります。ステップはゆっくりとした構成ですがエッジワークもよく鍛えられてます。コンビネーションスピンもいいポジション。スピードに乗って後半に。3F+2Tを決めます。この調子だ。3Fも高いしでかい。2Aも決まったし、3S+2Lo+2Loを決めました!よっしゃ!コレオシークエンスはよく曲を表現してる。最後のスピンまで心がこもってました。またノーミスか!すばらしいわ村上!山田コーチも大喜び!202.52!やったか村上。

浅田真央。それでは結びの一番。よろしくお願いいたします。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。そのピアノの音がオマエの実況で聞こえないんですポエム。3Aはツーフットになりましたね。もう1つ3Aに挑みますがシングルに。どんまい。3Fも跳んでからの躍動感がすごい。スピンもレベル4じゃ足りないような質。回転も速いし終わりのタイミングもばっちり。つなぎの部分もよく滑ってる。2A+3Tは高い。高いですわー。3Sも間をおかずに成功。3F+1Loになりました。3Loと立て続けにジャンプを入れてきます。すごい密度だ。ビールマンスピンからステップに。この死ぬ気で滑れステップはなんという密度か。何もかも内包したクオリティです。スパイラルでフィニッシュ。今日は乗り切れなかった感じですが、まあこういうこともありますよね。199.50。

鈴木が優勝しました!えー!?予期してなかったみたいで喜んでいるようです。ともかく全日本チャンプですわ!こういういいことがありましたか。これは驚きました。

そしてオリンピック代表が発表されました。

男子:ハニュー、町田、高橋
女子:鈴木、村上、浅田
アイスダンス:リード姉弟
ペア(団体戦):高橋・木原

だそうです。そうですかー。

○最終結果:
1. 鈴木
2. 村上
3. 浅田
4. 宮原
5. 今井
6. 本郷
7. 安藤

まずは女子シングルの結果から。優勝は鈴木でした。これは予想外でした。鈴木もオリンピックを確実に決める堅実かつ芸術性の高い演技でした。でも全日本チャンプになる日がくるとは。よかったです。長い間やってて、がんばっててほんとによかった。鈴木が全日本チャンプ!何回もいいたい。

2位は村上。この日のためにがんばってきてよかった。村上のビッグジャンプが完全に戻ってましたね。結構回り道も多かったですが、戻れるところに戻れてよかった。もう見失わず自分の演技をしてください。

3位は浅田。代表は確実なので本番に向けての実戦練習といったところでしたが、まだまだ修正点はあるみたい。でもそれでいいです。本番で完成するのです。4位は宮原。見るたびにうまくなってます。順調にきてほしいなあ。

そして!5位に今井が入りましたよ!信じられない。誰だ今井にジャンプを跳べるようにしたのは。サンキュー!スパシーバ!助かります!全体の演技もすごくよかったし、全日本で5位に入ったのはでかすぎる。今井の滑りはまだまだ高められますよ。転倒がないだけでハッピーなのに。

6位は本郷。いいところにつけました。自信になります。安藤は7位。やるだけのことはやりました。あの滑りは順位も点数も関係ない。十分でした。

そしてオリンピック代表が決まりました。選手ははやい時点で知らされているみたいでしたね。連盟は難しい判断を特に男子シングルで迫られたと思いますが、どんな決定でも批判と賞賛が出たと思います。代表に選ばれた選手はなんといってもベストメンバーです。がんばってほしいです。

小塚と将軍はソチにはいけませんでした。ほんとみんな連れて行ってやりたいのですが、そうするとソチは一日中スケートをやってることになります。…今ちょっとそれ結構いいなと思いましたが、あいにくそうもいきません。大事なのは小塚は最高の演技をしました。将軍も結構いい演技をしました。ほかの選ばれなかった選手もいい演技でした。それがわからない日本のフィギュアスケートのファンではないでしょう。僕はしばらくは、選ばれなかった選手、特に小塚のことを考えて過ごしたいと思います。

選手のみなさんおつかれさまでした。

全日本フィギュアスケート選手権2013:女子シングルSP

高校駅伝をみていたマイク松ですこんにちは。すごいおもしろかったです。毎年楽しみにしているのですが、今年は母校が出ていたのでより楽しかった。最初は前の方にいたので、一瞬でも輝いたさ!

さて、男子シングルFSを先に見てぐったりしていますが、やっぱり気になるので、女子シングルSPみます。流行語大賞的にいうと、どうやらブラック実況のあの人、ヘイトアナウンスのあの人、PoeM2.5のあの人、映像の中にダメージを倍返しするあの人がまた実況を担当するみたいですね。や・め・て・く・れ。いつ交代させるの?今でしょ!

全日本フィギュアスケート選手権、女子シングルSP。実況は残念ながらポエム、解説はジュンジュンと荒川姐さん。

本郷理華。今年のジュニアチャンプらしいですね。「ドン・キホーテ」。3T+3Tを決めてきました。本郷も上がってきたみたいですね。3Fもステップからしっかり成功。滑りもとても質が上がってるし、レイバックスピンからビールマンスピンも手足の長さをいかして見栄えがします。2Aも余裕をもって決めました。ステップは躍動感があるし、ジャッジへのアピールもしっかりできてる。スピンもしっかり決めました。よしよし。ジャンプもそろえたし。59.25。

相変わらずポエムはうるさいですねー。もう疲れてるんだから静かにしておいてほしい。

宮原知子。「戦場のメリークリスマス」。最初からいい動きしてます。最初からステップで入るんですね。雰囲気をよく出してます。滑りも伸びるようになってきてる。順調ですね。3Lz+3Tをしっかり決めました!ジャンプの高さも出てきた。レイバックスピンも回転が速いですね。これはいい。黙れポエム。張り切るな。3Fはしっかり成功。キャメルスピンはポジションがとてもきれい。フリーレッグがよくのびてる。2Aも成功。そろえましたね。最後はI字スピンでフィニッシュ。演技全体のまとまりが出てきましたね。宮原らしい表現も随所に出せるようになってきました。いいことや。美栄ちゃんナイスや。66.52。いい点でました!

大庭雅。「テンペスト」。3Loは単独になりました。コンビネーションの予定だったか。3S+3Tはこっちでコンビネーションをリカバー。いいジャンプでした。加点もらえそう。スピンの回転も安定してるし、つなぎ部分の表現もしっかり意識してます。2Aはななめになりましたがしっかりリカバー。レイバックスピンはまったくぶれがなくてきれいな回転。そしてステップは大きな表現が見栄えしますね。スピンでフィニッシュ。しっかりまとめてきましたね。エレメンツの集まりではなく、ちゃんとしたプログラムになってました。いい表現や。55.07。

中塩美悠。今年の西日本チャンプ。「フォッシー」より。3T+3Tを決めてきました!力強く高さありました。3Fもしっかり。シットスピンからしっかり決めて、曲が変わります。ステップからの2Aも流れありました。なんかみんなジャンプ決めてきますね。スピンからステップ。この元気さをしっかり表現できるのはいいことですね。持ち味わかってます。最後のコンビネーションスピンのポジションチェンジもよかったです。まだいい選手でてきてますね。54.65。

今井遥。転倒しませんように。メンデルスゾーン「無言歌ニ短調作品109」。最初からいい雰囲気作れてるし、スピード出せてますね。最初の2Aは流れがあっていいジャンプ!よっしゃ。スケーティングの質が高い。3S+3Tを決めてきました!やった!レイバックスピンはさすがの出来。全然違いますね。ステップからの3Loも決めました!よっしゃ!ジャンプそろいましたね。ステップは持ち前のエッジワークが存分に。音楽が変わってもそれをしっかり表現に反映。レイバックスピンはすばらしいポジション。そしてコンビネーションスピンでフィニッシュ!よっしゃやった!久しぶりにいい演技みられました!転倒しなくてよかったー。60.63。いい点出た。キスクラも盛り上がってます。

なんかリア充っぽいCMがいっぱいでてくる。やめて。

木原万莉子。「コットン・クラブ」より。いい雰囲気作れてますね。ポエム黙って。3T+3T決めました。みんな3-3跳んできますね。スケートもよく滑ってるし。3Loも流れよく成功。コンビネーションスピンは足かえてからのスピードも速いし、レイバックスピンはいいポジションです。ステップはいい笑顔で滑ってますね。時々おもしろい表現があるのがおもしろい。2Aをしっかり決めて、シットスピンでフィニッシュ。しっかりまとめてきましたね。56.35。あー美栄ちゃんの弟子ですか。

最終グループにきました。

まずは安藤美姫。久しぶりに見ます。いい演技頼みます。「マイ・ウェイ」。3T+3Tはセカンドの高さがありましたねー。さすが安藤。3Lzも高い!うーんこれはすごい。シットスピンもてきぱき速いし、I字スピンも以前と変わらないですね。スパイラルから2Aも問題なし。「マイ・ウェイ」に込められたメッセージを体全体で表現してますね。ステップも密度が高いしいい表情で滑ってます。疲れてきてもその歩みを止めない。最後のレイバックスピンも軸ばっちりでした。うわーきましたねー。これが安藤の力です。よくここまで戻してきました。64.87。おおーきましたー。

浅田真央。安藤のあとでも大丈夫ですね。「ノクターン」。3Aを決めてきましたねー。高いわ。高い。すごいスピードと滑りのよさから、3Fも成功。コンビネーションスピンの速さもすごい。難しいポジションなのに速い。キャメルスピンも加速します。これまた難しいステップから3Lo+2Lo。自重してますね。そこからまたステップ。エッジワーク、音楽との調和、表現、滑りのよさ、密度、チェンジオブペース、メリハリ、すべての要素を満たしている感じ。最後のビールマンスピンまで王者の滑りでした。完璧でしたね。73.01。きました。まあこんなもんやなみたいな感じ。

村上佳菜子。あのあとやけどがんばれ。「ヴァイオリン・ミューズ」。変えてきましたね。スピード出してますね。いいぞ。3T+3Tは高くて流れありました。これはいいジャンプ。コンビネーションスピンは軸ばっちりでした。続いてシットスピンもまとめて、矢を放ちます。小芝居入りました。ポエム黙れ。3Fも大きなジャンプ。しっかり決めてきてますね。2Aも成功。ステップも気迫を感じます。表現も前面に出せるようになってますね。レイバックスピンからビールマンでフィニッシュ。おおーいい演技できました!よしよし。わーんって泣いてますね。やはりあのジャンプは決まるとでかい。67.42。キスクラ大騒ぎ。やったやった。

鈴木明子。がんばれ鈴木。「愛の讃歌」。いい滑りです。気合いののりはいい。3T+3Tをしっかり決めた!助かります!3Fもいいジャンプです!キャメルスピンもレイバックスピンも、ただまわってるだけではない、表現を、物語をしっかり含んだスピンですね。表情もついてるし、つなぎの部分もしっかり。2Aもきっちり決めました!よかった!あとはステップ頼みます。音楽と一体になった解釈の深さに、エッジワークのキレと笑顔。素晴らしい物語が。最後の高速スピンも見事でした。よっしゃー!鈴木だけミスとかあったらいやだなと思っていましたが、よかったです。ミスさえなければ。70.19。こういうことですね。

○SP終わっての順位:
1. 浅田
2. 鈴木
3. 村上
4. 宮原
5. 安藤
6. 今井

今日は放送されている限りですが、ジャンプがよく決まりましたねー!すごい。これがNHK杯だったら永久保存できるような。なぜわざわざやつのノイズが入る。

SPトップは浅田。GPSファイナルでもっとよくなるといっていましたが、ほんとによくなってますね。変な表現ですが、デフラグみたいにちょっとずつ、どこまでも詰まってきている感じ。横綱相撲が大横綱相撲になっている感じ。すごいです。

2位は鈴木。しっかり決めれば2位になりますよね。自分の滑りをするんだという気持ちが伝わってきました。それでいい。鈴木は自分の滑りさえしてくれればいいんだ。今日は大事だけど、点数とかはあとからついてくることですからね。FSもその調子で。

村上が3位に入りました。しっかりこの場にあわせてきましたね。持ち前のビッグジャンプが決まれば勝負できる。SPのプログラム変えたのが吉と出ました。やはり村上だ。4位は宮原。FSの安定感があれば、表彰台は狙えますね。

安藤が5位。よくここまで戻してきました。得点はのびなかったけど、気持ちは伝わってきました。雑音は関係ない。もう聞こえない。安藤は安藤でいいんですわ。今井が6位。すごいうれしい。いい演技ができるとキスクラがすごい盛り上がるのはうれしいです。

明日もいい演技ができますように。

全日本フィギュアスケート選手権2013:男子シングルFS

不毛な会議に出てきたマイク松ですこんにちは。世の中は三連休だというのに、僕はこの何のためかわからない会議で何のためかわからない話を聞いています。かえって心が静まりました。不毛すぎて。

さて、絶賛開催中の全日本フィギュアスケート選手権、本来なら女子シングルSPの順番だと思いますが、気になりすぎるので、男子シングルFSからみたいと思います。まだ結果を見てない方はご注意下さいね。

みんながいい演技ができますように。

全日本フィギュアスケート選手権、男子シングルFS。実況は西岡さん、解説はホンダバン。

田中刑事。ディティクティブ田中久しぶり!全日本ジュニアチャンプですよ。「ドクトル・ジバゴ」。4Tに挑みますが3Tになって両足。3A+2Tは慎重に成功。2F+2Tはほんとは3-2。ステップは大きな体をしっかり使っています。持ち味ですね。というか大きくなりましたね体。スピンもまずまず。3Aは決めました。アクセル得意なんですかね。3S+2T+2Loもテンポよく。安定してきました。3Lzからスピン。だいぶ疲れてきましたか。3Fは傾きましたがリカバー。3Loと最後までジャンプ跳びきりました。コレオシークエンスは最後の力を振り絞ってますね。スピンでフィニッシュ。がんばりました!シニアに上がったらもっとがんばらないとね。トータル211.52。

佐々木彰生。現役続行するそうで。助かります。「80s」。3Aはオーバーターンで転倒を免れました。3Lz+3Tをなんとか成功。盛り上がる曲はやはり得意ですね。3Aは勢い余って転倒しながら回転していました。さすが。それにしてもよく踊れますね。ステップにもしっかりそれを組み込んで盛り上げます。キャメルスピンはキャッチフットポジション。3Loはダブルに。助走の段階でスピードが落ちてしまいました。ねこポーズ。シットスピンしながらにゃーんってしてる。3S+2Tは成功。3Fは片手あげも転倒。3Lzは片手上げで決めました。2Aからコレオシークエンス。この部分は表現しまくりでいいですね。最後はにゃーんポーズでフィニッシュ。この表現力に技術が加われば、いいスケーターになっていきそうです。まだまだいけるよ。188.38。左右のコーチがものすごくぼんやりしているんですが大丈夫ですか。

無良崇人。「SHOGUN」。4Tはオーバーターンも回ってましたね。滑りはいいです。3Lz+3Tもしっかり。いい出だし。3Aにいきますが1A+2Tになってしまいました。3Aのミスは痛いですね。キャメルスピンの回転も速いしポジションもいい。3Loはシングルになりました。3A+3Tはセカンドでステップアウト。このアクセルはよかった。滑りの質はとてもいいんですが。3Fは成功。スピンをしっかりまわって、3Lzは高さもありました。もうちょいや。3Sからコレオシークエンスでフィニッシュ。うーん得意の3Aが決められなかったのはきついですね。ちょっと入れ込みすぎたのではとホンダバン。216.72。

最終グループ。いよいよ最終ですね。

いきなり羽生結弦。まあ最初にやっておけばいいですよね。「ロミオとジュリエット」。入れ込みすぎないように。4Sは挑みましたが転倒。何事もないように続けます。4Tはぎりぎり踏んばりました。いいですねー。3Fは余裕ありました。すぐにステップへ。深いエッジとなめらかなエッジワーク。何も心配いらないと滑りで訴えているようです。スピンは最後にビールマンポジション。つなぎの部分もしっかり感情表現ができていますね。3A+3Tもしっかり、3A+2Tはセカンドで手あげ。3Loと振り付けのように軽やかです。3Lz+1Lo+3Sもぽんぽんと。3Lzでジャンプ終わりです。大きなイナバウアーで盛り上げるコレオシークエンス。最後のコンビネーションスピンまでしっかり演じきりました。すばらしかったです!だいぶ緊張してたみたいですが、よくがんばりました。この経験でまた強くなるでしょうね。とにかくスターです。297.80。どういうことやこの点。

宇野昌磨。宇野大きくなりましたねー!しばらくみないうちに。「シークレット・ガーデン」より。3Aは転倒。スムーズな転倒。3Lzはしっかり決めました。3Loも成功。スピンはポジションがきれいですね。このあたりも持ち味。シットスピンは回転が速いです。曲が変わってステップ。ゆるやかな動きの中にもエッジワークと融合させてます。ホンダバンも体が大きく見えるステップだとのこと。3Lz+2Tを決めて、3F+2Tもしっかり。3Fのあとのつなぎの部分もちゃんと音楽をいかしてます。2A+3T+2Tを決めてきました。イーグルからだいぶ足にきている感じでしたが、3Sを決めました。もうちょいがんばれ!コンビネーションスピンでフィニッシュ!やりましたね!笑顔でフィニッシュできました。よかったよかった。体力ももちました。216.49!いい点でましたね!キスクラ大喜び。

織田信成将軍。がんばれ将軍。「ウィリアム・テル序曲」より。4T+3Tを決めてきました!よしよし。まわってるといいな。次に4Tに挑みますが3Tに。また難しい。3A+2Tはさっきのをうまくリカバーしてますね。やった。スピンからステップ。体はよく動いてます。動いてるよね。緊張してるけど。ゆるやかな曲の表現もできてる。3Aはひざのやわらかさで降りてます。3Lz+1Lo+3Sも決めてきました!いいリズムになってきた。3Fからスピン。すごい会場が静まりかえってますね。3Loから2Aで笑顔でました!盛り上がる場内。コレオシークエンスでいっぱいに表現します。最後のスピンまでしっかり演じきりました!よしよし、いい演技でした。256.47。よかった。最後に高橋に声をかけました。

高橋大輔。けがはしんどいだろうけどがんばれ高橋。ビートルズメドレー。4Tもまわってましたが転倒。4Tは前向きに降りましたね。3Aは決めました。ステップのキレ味はさすが。これだけ上手い人がでてきても高橋のステップは高橋ですね。スピンもしっかり。手から出血してますね。転倒したときかな。3A+2Tは手をつきました。3Lz+2T+2Loも決めましたが、3Loはダブルになりました。がんばれ高橋。3Sはしっかり踏んばってます。スピンからコレオシークエンス。いっぱいに演じます。最後のスピンまで全力で演じました。これまでの思いが全て凝縮されているような演技でした。ホンダバンはつらそうでした。荒川姐さんは最後まで挑んでいった、滑りは最後までよかったとのことでした。252.81。うーん。

町田樹。がんばれ町田。頼むよ鳥。ストラヴィンスキー「火の鳥」。だいぶ緊張してますね。気合いと信じたい。4Tはなんとかこらえました。降りるのが大事だ。4T+2Tもしっかりコンビネーションにしました。よくなった。3A+3Tを決めました!よしよし!スピンをてきぱきまわって、ステップにいきます。まだ緊張してますが、しっかり確実にステップをふんでいきます。後半、3Aは傾きましたがリカバー。よしよし。フライングキャメルスピンからジャンプが続きます。3Loは成功。3Lzもしっかり踏んばった。3F+2T+2Loも決めました。3Sも成功!よっしゃジャンプ終わりました。コレオシークエンスではつまづきましたが、最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ!よっしゃ!ベリッシモや町田!自分に打ち勝ったわ!観客にアピールするときにおだやかな表情をうかべていたのが印象的でした。277.04!よっしゃー!!

小塚崇彦。最終滑走です。がんばれ小塚。「ロンド・カプリチオーソ」。いい滑りしてます。いい動き。4Tはオーバーターンもしっかり降りました。大事大事。速いですねー。3Aも流れよかったです。3Lz+2T+2Loをここでもってきましたね。ステップは音楽の解釈がよく進んでます。曲との一体感がいいですね。3A+2Tを決めて、スピンは安定してます。小スパイラルからの3Fもばっちり、3Sもすぐ決めました。いいぞ。小ステップから3Lzにいきますが転倒。タイミングがあわなかったか。しかし2A+2Tを決めました。コンビネーションスピンはほんと軸がぶれませんねー。高速スピンでフィニッシュ!転倒はありましたが、ベストの演技ができたと思います。264.81!よしよしなんとか3位に入りましたね。

○最終結果:
1. スター
2. 町田
3. 小塚
4. 将軍
5. 高橋
6. 無良

優勝はハニュー。ここは決まってましたね。インタビューでは「オリンピックというよりも次の試合としてがんばる」とのことでした。それでいいでしょう。とにかく強かった。

町田が2位に入りました。すばらしかった。今シーズンの好調さはありましたが、この大舞台でいい演技をすることができました。こうやって大きな壁を乗り越えて成長していく町田。今回の全日本も大きな糧にすることができたと思います。

3位は小塚。しっかり3位に入りました。ジャンプで無理しなくても滑りで得点がもらえる小塚らしい滑り。ほんとに質が高いですよね。将軍は4位。がんばりました。いつでも自分の演技をしていましたが、今日もできました。

高橋が5位になりました。右ひざはどうみても万全ではなさそうで、かなりきつそうでしたが、それでも最後まで滑りきりました。すごく思いが伝わってきました。けがさえなければスーパーな演技ができたと思うとやりきれません。それを受け止めることもフィギュアスケートのファンとしては大事なところなのですが。

オリンピックの代表の発表は明日です。みんなよくがんばりました。おつかれさまでした。

全日本フィギュアスケート選手権2013:男子シングルSP

コーセーの能年ちゃんのCMで滑ってるスケーターが誰なのか気になるマイク松ですこんにちは。舞ちゃんかと思ったけど違うかなー。

さて、いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が始まります。オリンピック代表が決まるわけですが、正直みんな出られたらいいのにと思っています。大事なのはいけてもいけなくても、その選手はえらいってことです。

全日本フィギュアスケート選手権、男子シングルSP。実況は西岡さん、解説はホンダバン。どうも最終グループの前のグループから放送みたいですね。ほかもみたかったなー。

町田樹。がんばれ。「エデンの東」より。体はよく動いてますね。4T+3T決めてきました!もう十分!そして3Aは流れもいいですねー。よっしゃよっしゃ。フライングキャメルスピンはいいポジション。シットスピンは回転も速かったです。あと1つがんばれ。3Lzも成功!そろえましたねー。ステップでは笑顔も出てます。明確なエッジワーク。最後のコンビネーションスピンもしっかり決めました。やったやった。93.22!きたきた!やってくれたわ戦国武将が!

無良崇人。「ジャンピン・ジャック」ほか。4Tは手をつきました。ちょっと詰まりましたねー。3Aは相変わらずビッグジャンプ。きっちり成功。スピンはキレもいいし安定してます。3Lzはステップアウトでコンビネーションにならず。あー痛い。これは痛い。ステップは音楽にのってすばらしい出来。これはいいステップ!よく仕上げてますね。見事でした。しかし2つのジャンプの失敗はあまりにも痛かった。71.25。うわー出ない。もっとあげてやってくれよ。

村上大介。しばらく見ないうちに4Sを身につけているそうです。がんばれ。「レジェンド・オブ・メキシコ」ほか。スピードある。4Sに挑みますが転倒。でもスピードがすごい上がってますね。3Aは高さありました。体の使い方もうまくなってます。ステップからの3Lz+2Tは成功。スピンのポジションがきっちり決まってて質が高いですね。ステップは細かくかつ躍動感がある。コンビネーションスピンは疲れてるけど最後までがんばりました。この日のためにしっかり準備してきたのがわかりましたね。65.71。

織田信成将軍。「コットン・クラブ」より。4Tに挑みますが3Tになりました。でもきっちり3回転で降りてるのはえらい。3Aは流れ抜群。将軍のひざがすばらしいですね。スピンは落ち着いて回ってますね。しっかり確実に。3Lz+2Tはちゃんと考えて3-2にしてきましたね。成長!ステップはなめらかなエッジワーク。最後までいいステップを出していました。まだ笑顔で終わるのは早いな。77.72。

山田耕新。関大フィギュアスケート部主将だそうです。山田耕筰の子孫かな。「雨に唄えば」より。賢二アニキの振り付けだそう。3F+2Tはなんとか成功。よく踏んばりました。3Lzもよく踏んばってます。傘の持ち方にもうちょい存在感がほしいですね。2Aも見事。スピンはてきぱき。ステップは難しい構成をがんばってこなしています。賢二アニキの振り付けいいですね。スピンでフィニッシュ。がんばりましたね。ヤマト先生と美栄ちゃん久しぶり。49.89。

中村健人。かっこいい衣装。「ジプシーファッション」より。いい滑りから3F+3Tを成功。いい出だしです。スピードがありますね。次の3Aはダブルに。うーん。ステップはよく音楽を聴いてます。このへんは中村の強みですね。3Lzはなんとかふんばりました。あぶねー。スピンも含めて曲の解釈と情熱的な滑りは十分できていました。さすが樋口地蔵尊の弟子です。69.16。

最終グループ。

磯崎大介。19歳です。「Obseduction」。3Lzにいきましたが転倒。3Lo+2Tはしっかり成功しています。ここでコンビネーションをリカバー。スピンは得意みたいですね。安定感もあるしポジションもいい。ステップはメリハリがあるしよく表現できてます。曲が難しいのにがんばってくいついてる。2Aはなんとか。スピンでフィニッシュ。51.62。

羽生結弦。ちゃんとオーサーもきてくれてます。サンキューオーサー。「パリの散歩道」。力みがないですね。きっと勝った。4Tを完璧な質で成功。はい勝ちました。ドーナツスピンのポジションもよりよくなってる。シットスピンも迫力がありますよね。スターだから。ちょっと振り付けも工夫してますね。3Aはでかい、高い、スムーズ。滑りも速いし。3Lz+3Tをいい高さから余裕をもって決めました。あとは楽しんで滑ろう。ステップも大勢にアピールしながら。コンビネーションスピンでフィニッシュ。はいナンバーワンです。103.10。!SPで100点超えましたー。

高橋大輔。うわー高橋軍の!D1SK軍の旗がはためいておる!みんな応援してくれるよ。「ヴァイオリンのためのソナチネ」。いい気合いの入った滑りです。4Tはツーフットですね。でも流れを切ってない。なめらかな滑りから3Aは成功しましたが転倒。うーんあれはジャンプのミスかどうか。スピンもてきぱきと回転速く。3Lz+3Tはしっかり決めました。これで大丈夫でしょう。ステップはほんとに曲の解釈が進んでるし、音楽にしっかり寄り添ってますね。気合いののりがいいからそこにしっかり物語を加えています。スピンのミスにはホンダバンもあーっていってましたが、よくがんばりました。82.57。4Tと3Lzの回転不足をとられてるみたいですね。

小塚崇彦。こちらも気合いののりがいいです。コンディション次第ですががんばれ。「アンスクエア・ダンス」。4Tはオーバーターンもふんばってます。滑りの質はほんとに高い。3Aもしっかり成功。ここを決めたのは大きい。滑りがほんとにうまい。コンビネーションスピンの1つ1つがキレあるし、さすがのうまさです。3Lz+3Tは間にターンが入りましたが、なんとかコンビネーションに。気合いです。これまた質の高いスピンのあとはステップ。難しい曲とステップをしっかり表現してます。この日のためにがんばってきたんですね。最後までしっかりスピードをキープしていました。いい滑りです。90.70!おー!!90点いきましたね!

坪井遥司。岡山大学。「フィーヴァー」。3F+3Tは高さがありました。いいジャンプもってますね。3Aは詰まりましたがでかいジャンプ。アップライトスピンは回転が速いです。3Lzもしっかり決めてジャンプそろえました。ステップはしっかり長くがんばってます。ちゃんとジャッジにアピールにいってるし。スピンでフィニッシュ。ジャンプの質は高いですね。67.22。いいですいいです。

佐々木彰生。なぜか佐々木が最終滑走。ある意味ふさわしいです。期待。「風神」。いきなり観客をあおっています。3Aに挑むも転倒。結構痛そう。3Lz+3Tはセカンドが高かった。スピンは安定してますね。がんばって練習してる。ステップはよく踊れてるし、すごく躍動感がある。うまく作り込んでます。ステップからの3Fは片手あげ。しっかり成功。スピンから最後はいなせにフィニッシュ。3Aだけでしたねー。すごくがんばりました。エレメンツの質1つ1つが高かった。65.73。うちわもってる。

○SP終わっての順位:
1. スター
2. 町田
3. 小塚
4. 高橋
5. 将軍
6. 宇野(放送なかったけど)

しんどいことになってきましたねー。まあ予想できた話ですが。

SP1位はハニュー。ほんとにSPで100点超えてしまいましたね。まあ国内っていうのを割り引いてもすごい滑り。こんな領域まできてしまってますね。FSでも楽にやってください。

問題は2位以下ですね。2位は町田。やってくれました。これはきた。FSでも挑戦する気持ちを忘れないで、挑んでほしいです。その先にある結果が楽しみ。そして3位に小塚がきました。もちろん優勝争いにからんでくるとは思っていましたが、SPで90点出してくるとは。それでこそ小塚。

高橋が4位になりましたね。とはいえ3位以内はまだ射程距離ではあります。ここで高橋の底力が発揮されるところです。悔しそうな表情が印象的でした。FSの滑りはいいものになるでしょう。期待したいです。将軍は5位。まだ終わってないですよ。ご先祖様もその最後に笑顔で終われるかが大事だったわけですからね。宇野が6位。やっぱりすごいんですね宇野。

NFL2013 week15 NE@いるか

カーリング女子日本代表のソチ行きが決まったノルウェー戦、23日に再放送があるみたいです。助かったマイク松ですこんにちは。大事な試合だけみてないから。

大事な試合といえばNFLではNE@MIAです。いるかはもうプレーオフにいくためには負けられないのですが、相手はNE。いるかのプレーオフも風前の灯火です。台風の中の灯火です。勝てないかなー。

week15, NE@MIA。実況は船岡さん、解説は高野さん。

グロンカウスキーが今季絶望になったみたいですね…。ほんとにNEはレシーバーにけが人が多い。今はバリーンがメインレシーバーになっているらしい。

MIAオフェンス。ランとショートパスでちょこちょこ前進。RBミラーがんばってますね。OLのブロッキングもいいと高野さん。パスが通らずパント。でもそんなに悪くないですね。

NEオフェンス。ぜんぜん止まらないオフェンス。ブラントのランもいいし。パスも守れないし。大丈夫か。エンドゾーンに近づきますが、なんとかかんとかFGにとどめました。助かった。でもやばい。

MIAオフェンス。あっさり3&out。早いわ!

NEオフェンス。おっファンブル王リドリーやってきた。ファンブルよろしく!パスキャッチのときはバリーン。でも今回はLBががんばってパントにしました。守備は9位らしい。

MIAオフェンス。ウォレスにパスが通った。アリントンにサックされた。もう48サックでチーム記録を更新したらしい。される方ね。パントになりましたが、パントは1ydに止めました。

NEオフェンス。おっこちらはしっかり守ってる。その調子でもう点を取られないようにして。

MIAオフェンス。またサックくらいましたが、ウォレスがいいキャッチで1stダウンとりました。ウォレスの活躍で前進し、やっぱりサックされてしまいましたが、FG。しかしロングスナッパーとのタイミングがあわず、スナップしたボールがホルダーの顔に当たってこぼれ、NEがリカバーしました。だめだ。こりゃだめだ。

NEオフェンス。もう2ミニッツに入った。早いな。もりもりパスで進んで、フオマナワヌイに投げたパスをワンハンドでとってTD!これはスーパーキャッチですね!NEが点差を広げます。

MIAオフェンスは1分半。なんとかパスを通して前進。3rdダウンにはいくもののなんとかかんとか。そしてウォレスにパスが通り、うまくタックルをかわしてTD!やったー!!助かります!このまま前半終了、NE 10-7 MIA。あのしょうもないFGミスがなければ同点だったのですが。

後半、NEオフェンス。中央までいかれましたが、なんとか止めました。FGは48ydsでしたが、ゴスコウスキーがはずしてしまいました。助かります!

MIAオフェンス。ハートラインにパスが通って1stダウン。なんとか(ほんとになんとか)進んで、今度はFGしっかり決めました。同点。進んでるけど必ず3rdダウンまでいく。ぎりぎり。

NEオフェンス。ウェイクがブレイディをサック!やっと決まったか。というかカバレッジサックですね。パント。ランはよく出されるけどよく止めてる。

MIAオフェンス。いい感じでパスが通るし、ランもある程度出始めました。そしてロングパスでパスインターフェアもらいました。助かります。そしてトーマスにパスを通してTD!よっしゃー!勝ち越した!あとは守って!

NEオフェンス。てきぱきパスを通されます。プロテクションももってるし、エデルマンをしっかりマークしてほしい。しかしレッドゾーンに入ってからプレッシャーがきつくなり、なんとかFGに抑えました。

MIAオフェンス。あっさり3&out。やばいー!

NEオフェンス。相変わらずオフェンスをきっちり止められない。てきぱき早いタイミングのパスで攻め、エデルマンのランアフターキャッチでTD!あぎゃー。逆転された。せっかくリードしてたのに。

MIAオフェンス。キックオフアウトオブバウンズで40ydsから。助かる。でもサックされる。今日4つめ。もう気がついたら4Qで4分切ってる。やばい。4th&5でギャンブル。なんとかクリア。マシューズのサイドライン際のキャッチで前進。いいぞ。そしてシグペンにパスを通してTD!やったー!なんとかとれました。ファンにヘルメットを引っ張られるシグペン。

NEオフェンスは残り1:10。やっぱりパス通りますが、4th&8に追い込みました。なんとか止めてほしい。しかしアメンドラにパスが通りました。あっという間にレッドゾーン。アメンドラにパスが通ったかと思いましたがなんとかかきだした。あぶない。この期に及んでオフサイドをプレゼント。ああ。必死で守ります。最後はトーマスがINT!よかったー。勝ったー!

NEは対いるか7連勝中だったのですが、それが止まったようです。勝ちすぎや。でも今日は勝った勝ったー!

MIAはタネヒルが25/37,312yds,3TD。TDとって勝利に導いたのはすばらしいですが、それよりも4回サックされてもボールを失わなかったこと。慣れっこですからね!それに今日はFGのときにスナップされたボールをホルダーが顔に当ててファンブルロストしているからね☆ランはミラーが15att,61ydsとまずまず。トーマスもっとがんばれ。レシーバーはウォレスが6rec,105yds,1TD。ハートラインとともにチームを引っ張りました。マシューズがいいところでいいキャッチきめてる。ディフェンスは結局453ydsもとられましたが、大事なところで点をとられてない。ほんとにランパスともに結構やられてるのにディフェンスは9位という状態通りでした。今日はよくがんばったわ。

NEはブレイディニイサンが34/55,364yds,2TD,1INT。もうすっかり観念状態でしたが、最後にTDとれませんでした。それにしてもグロンカウスキーがいれば負けてましたね。なにしろエデルマンが13rec,139yds,1TD、アメンドラが10rec,131ydsとみんな派手にパスキャッチしてましたからね。ランはそんなわけでそんなにいりませんでしたが、ブラントは11att,47yds。ディフェンスはサックし放題のざるOLにサックを稼いでいたりしましたが、失点はしてました。まあサックできたから勘弁して。第1シードはとっていいから。

光尊と鉄平がトレード

ないものねだり(もとねた:KANA-BOON「ないものねだり」)

いつだって 中心選手を
よそに出すのね
君だってないものねだり
何が欲しいの
教えて 教えて
FA見たり トレードしたり
外様が好きなのね
君だって3割
打てる選手が タイプでしょ
答えて
ゆらゆらゆらゆら オリのスタメン
風に吹かれて
ゆらゆらゆらゆら オリのチームは
はなればなれ
ゆらゆらゆらゆら オリへの思いは
宙に舞ってく
ゆらゆらゆらゆら あぶくみたいに
消えてく

どうも、ファンじゃないけどそれなりにショックを受けている富井です。まさか、後藤光尊がトレードに出されるなんて。まだ数年後に解雇の方が驚かなかったです。A-岡田時代にはリーダーシップがあるタイプじゃなさそうなのに無理矢理リーダーにされ、森脇時代になると不振で使われないのは仕方ないですけど、急に隅に追いやられる感じでオリックスの冷たさを今年も感じる事になりました。

とはいえ、まあこんなチームだっていうことはずーっと前から知っているわけで、そんなにチームに対する失望もないんですが、後藤のことを思うと、FA取ったときに、中日にへ行っていればよかったなあと思います。もう金子も平野も求められるうちに出て行く方が良いな。

で、代わりに楽天から来るのが鉄平。果たしてオリックスに鉄平の再生を手伝うことができる人間がいるのかどうか分かりませんが、再び首位打者を目指してがんばって欲しいです。

光尊がオリックスの天敵って呼ばれる日を楽しみにしています。というか、オリックスからほかのチームへ行って活躍しない選手の方が珍しいと思うので、また常軌を逸した低めのボール球をホームランっていうのが見られると期待していますよ。また会おう!

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(8):アイスダンスFD

シャーロック シーズン2みたマイク松ですこんにちは。相変わらず最高。あの古典がこんなにいきいきとよみがえるとは。感激です。

今日は残っていたファイナルの、アイスダンスFDです。3組しかやらないのですが…。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、アイスダンスFD。実況はシミズさん、解説は若松さん。

ペシャラ・ブルザ。あれ?カッペリーニちゃんたちはスキップか。ばちあたりめ。「禁じられた遊び」ほか。今回はツイズルは完璧にあってました。すばらしいな。お調子者みたいな衣装ですが、フランスの技術がいきてますね。SlLiはペシャラのポジションがますぐでした。DiStはわりと慎重にやってましたね。CuLiはポジションチェンジがスムーズ。CiStはよく移動してました。CuLiはすごい難しいポジション。あぶない。ブルザのホールドが見事。音楽変わってダンススピンからスピードをあげていきます。RoLiはエントランスの部分に工夫。最後は抱き合ってフィニッシュ。結構動きが多い、アクロバティックなプログラムですね。オリンピックまでまだまだよくなりそうだし、注目したいです。169.11。

ヴァーチュー・モア。3人しか放送しない気か。バレエ「四季」より。のっけからステップの強弱だけで物語を作っていきますね。さすがのスピード。SlLiはモアが片足だけでスピード出してますね。CiStはエッジも深いし合わせるところはしっかりあわせてます。CuLiはモアのイーグルのホールドがすばらしい。力強いですね。ツイズルもまったくずれがないし回転が速い。すばらしいです。ダンススピンの前のつなぎ部分もきれいだし、そこからダンススピンにつながってます。RoLiは難しい入りからヴァーチューがドーナツポジション。もう1つRoLiも回転が速いのに安定してます。DiStはクライマックスに向けて盛り上げながらも基本をアピール。最後のChLiまでしっかり楽しませました。いやーすばらしいです。今の時点ではパーフェクトな出来でしょう。きっとまだまだあげてくるとは思いますが。190.00。

デイヴィス・ホワイト。豪華な衣装です。「シェヘラザード」。満を持して「シェヘラザード」ですね。またノエビア姉さんの解釈がすばらしい。人物になりきってますね。CuLiは入り方がすさまじい。そこからCiStはまた高度なステップ。あっという間に一周します。つなぎの部分もしっかり表現。SlLi+RoLiは支え方がもはやわからん。しっかり安定感も出してますね。ダンススピンの前後の流れがスムーズに移行。ツイズルもいつも通りしっかり。音楽にしっかりあわせながらも、エッジワークがすばらしい。DiStはチェンジオブペースがキレ抜群。強弱から物語が生まれる。RoLiの安定感ったらないですね。ChLiからフィニッシュまで隙なしでした。ベリッシモでした。勝ちにきてるプログラムでした。191.35。

○最終結果:
1. デイヴィス・ホワイト
2. ヴァーチュー・モア
3. ペシャラ・ブルザ
4. ボブロワ・ソロヴィエフらしい
5. ウィーバー・ポジェらしい
6. カッペリーニちゃん with Lらしい

FDを3組しか放送しないとは。やる気が感じられないですね。とはいえ1,2位と3位以下はだいぶ開いてましたねー。

デイヴィス・ホワイトはしっかり金メダルを取りに来てますね。プログラムにも気合い入ってますし、これから極限まで仕上げていけば間違いないですね。ノエビア姉さんのコンディションもとてもよさそう。期待したいです。

2位はヴァーチュー・モア。FDは完璧な演技でしたが、惜しくも届きませんでした。ソチもこの2カップルが金メダルを争いますね。ミスが許されない状況。

3位はペシャラ・ブルザ。SDのときのミスをしっかり取り返してジャンプアップ。本番までにはもう少しあげてくるでしょう。相変わらずあなどれない。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(7):ペアFS

ワクワクさんロッテへ。やっとまとまったようでよかったです。本部長も「ファンはワクワクしてくれると思う」といっているようですし、みんなワクワクさんと呼んでいけばいいでしょう。

今日はフィギュアスケートGPSファイナル。まだみてなかったペアFSみておきます。忘れてません。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、ペアFS。実況は振動、解説は若松さん。

彭程・張昊から。ムーア=タワーズ・モスコビッチはスキップか。ピアノ協奏曲「黄河」。いきなり4Twを決めてきました!まあハオのパワーならいけるとは思いますが、がんばりますね。3T+2Tもタイミングばっちりで成功。しかし2Aは転倒。そろえたかったですねー。ソロスピンはちょっとずれてますね。ペアスピンはてきぱきいけました。3LoThは高さも距離も出てました。彭程がんばりますね!かなりうまくなってる。スパイラルから3SThも余裕を持ってランディング。よしよし。スターリフトからDs。彭程のポジションもいいですね。ラッソーリフトはイグジットに工夫。アクセルラッソーからローテーショナル、キャリーとスムーズにチェンジ。ハオのパワーを見せつけました。おおーいい演技できましたね!まだまだうまくなりそうだし、4Twの大技もできた。次につながります。趙宏博兄さんも手応えありの笑顔。197.37。というか宏博兄さんかっこいい。

ほう清・とう健。映画「レ・ミゼラブル」より。2A+2A+SEQから。しっかり成功。3Tもいけましたね。3Twはキレありましたね。Dsは勢いがあっていいポジション。ソロスピンは間があいてしまいましたね。コレオシークエンスではスパイラルのポジションがすばらしい。しっかり物語を紡いでいきます。リバースラッソーリフトも表現の一部。3SThは流れのあるきれいなジャンプ。3LoThは降りた後の表現が伝わる者があります。最後はリフト連発。キャリーリフトもダンスっぽいステップにうまくつなげてます。最後のリフトにつながる必然性。音楽にしっかりあわせてきます。ペアスピンでフィニッシュ。洗練されてるプログラムと表現。いいですね。オリンピックでは完成型をみせてくれそうです。213.98。

サブチェンコ・ソルコビー。デュハメル・ラドフォードもとばされてるみたいですね。「くるみ割り人形」。3FThを最初にもってきましたね。しっかり成功。でかい。3T+3T+SEQを決めてきました!攻めてる攻めてる!Dsも音楽の優雅さにのってすばらしい表現。ソロスピンはしっかりあわせてます。さっきからサブチェンコのポジションがいちいち美しい。バレエの世界をしっかり表現してます。小リフトから3Twも振り付けの一部。イーグルから2Aはしっかりふんばりました。リバースラッソーリフトはほんとにエントランスが難しそう。キャリーリフトはイグジットの工夫がまた見事。ペアスピンはちょっと動きましたかね。アクセルラッソーはイーグルに変化。上のサブチェンコがまたポジションがいいですね。最後の3SThでフィニッシュ。どこまでもすばらしいプログラム。ソチで金メダルを取りに来てますね。気合いを感じました。感動。227.03。

ボロソザル・トランコフ。「ジーザス・クライスト・スーパースター」。滑りが速い!3Twのでかさ高さよ。すごい。3Sでボロソザルが転倒。これは珍しい。3Tでまた手をついてコンビネーションになりませんでした。Dsのポジションはとてもきれい。こういうのがDsって感じです。ソロスピンはばっちりあってました。つなぎの部分の表現もとても感情が伝わってきます。3LoThはすごい滞空時間。余裕あります。コレオシークエンスから3STh。でかい、高い。リフトは基本に忠実かつ高いレベル。ペアスピンは両回転。ラッソーリフトはワンハンドでおろしました。キャリーリフトからローテーション。降ろし方が右とでした。今日はジャンプがうまく決まりませんでしたが、その力は十分に堪能できました。223.83。おー!2位になりましたか!

○最終結果:
1. サブチェンコ・ソルコビー
2. ボロソザル・トランコフ
3. ほう清・とう健
4. 彭程・張昊
5. デュハメル・ラドフォード
6. ムーア=タワーズ・モスコビッチ

優勝はサブチェンコ・ソルコビー。完璧に演じたのもありますが、プログラムの出来がほんとにすばらしいですね。わりと昔から前衛的な、挑戦的なプログラムを作っていますが、やはり今回は集大成として、金メダルをとりにきてますね。その心意気やよし。楽しみです。

2位はボロソザル・トランコフ。実際ミスがあると逃げ切れないみたいですね。普通にやれば金メダルとか思っていましたが、これでおもしろくなってきました。3位はほう清・とう健。あのプログラムはまだまだよくなりそう。そういう意味で楽しみです。4位は彭程・張昊。たぶんオリンピックに出られるとは思うのですが、そうであればいい経験ができそう。伸び盛りです。デュハメル・ラドフォードとムーア=タワーズ・モスコビッチはみられませんでした。福岡でおいしいものでもたべてください。

NFL2013 week15 GB@DAL

ミレービスケットがうまいマイク松ですこんにちは
・なんだろうこのうまさは、おいとくとぱくぱくたべてしまいます
・今日はGB@DAL、意外な展開になりました

・week15, GB@DAL。実況は早瀬さん、解説は河口さん
・序盤からGBのだめっぷりが全開
・レイシーはがんばっているのですが、パスは通らないし、ディフェンスはどしどしざるざるに攻められるし
・逆にCHIに先週やられていたDALはどしどし点をとっていくし、FG,FG,TD,FG,FG,TDと着実に加点
・GBはINTはかますし、パントパントで日が暮れて、前半はGB 3-26 DAL
・あーもうやめたやめた

・ということで残りは猛烈な早送りで結果だけみることにしました
(早送り中)
・あーちょっとはがんばってるみたいや
・やっぱり点返されてる、だめや
・よしよし追いつけない程度の反撃ってやつやな
・おお迫ってきてる、逆転したったらええんや、できんけど
・…お?1pos差になった、おしかったな
・え!?逆転した!?

・なんかいつもより展開が早いなとは思っていたのですが、まさか逆転するところまでいくとは
・前半とはフリンの出来がまったく違う、4TDとってる!
・ちょっと逆転するところまで戻そう

・1pos差になってDALは時間を使いにいきますが、うまく使えない上に、ロモのパスをシールズがINT!逆転のチャンス!
・レイシーのランで攻め、最後はDLラジがFBに入り、そこをレイシーがダイブしてTD!ついに逆転しました!2ptにいきますがここは失敗
・とはいえ1:31あるので、DALとしてもFGで勝てるだけに、ざるざるディフェンスなら勝てそうな気がしていました
・サイドライン際へのパスで進むDALですが、パスをウィリアムズがINT!いったんはインコンプリートになりますが、オフィシャルレビューの結果ひっくり返り、試合を決めるINTになりました、ニーダウンで試合終了、GB 37-36 DAL

・なんか信じられん
・GBはフリンが前半はさっぱりだったのに後半は大活躍、26/39,299yds,4TD,1INTの活躍でした、最後まで熱く戦ってました、オレたちのフリンが戻ってきた
・ランはレイシーが21att,141yds,1TD、後半最初に60ydsのロングゲインがあって勢いづきました
・レシーブはボイキンやクオーレスとかが後半に目立ったみたい、そこにネルソンやジョーンズが加わってパスゲームをもり立てました
・ディフェンスも前半はさっぱりだったのに後半はウィリアムズやシールズがINTをかましたりして、最後はディフェンスで勝利を引き寄せました
・いったいどうなってるんだ

・DALは前半はばっちりだったのに後半は失速してしまいました
・ロモは29/48,358yds,2TD,2INT、マレーも18att,134yds,1TDとがんばっていたはずなのに
どうしてこうなったんだろう

・試合は最後までみないとわからんですね、とにかくGBプレーオフ争いに残った、まだ終わっていねえぜ

Japan X Bowl 2013 富士通フロンティアーズ.vs.オービックシーガルズ

北海道銀行、オリンピック決めた。いやーほんとにめでたいマイク松ですこんにちは。よかったよかった。

さて、昨日甲子園ボウルは無事ファイターズの勝利になりましたが、社会人の日本一を決めるJapan X Bowlが翌日にあります。今年は富士通とオービック。富士通は強さを見せてくれるでしょうか。

Japan X Bowl 2013、富士通フロンティアーズ.vs.オービックシーガルズ。実況は船岡さん、解説は有馬さん。

FFオフェンス。ランでいいゲインができたものの、バイロンとやらにQB平本がサックされ、足を痛めたようです。猫車みたいなので退場。あれはしんどい。出られるんやろうか。

OSオフェンス。FFディフェンスの集まりがよくパントにしました。いいディフェンス!

FFオフェンス。QB出原登場。ファイターズOB。がんばれ!と思ったら、ブリッツから砂川にサックされ、ファンブルロストしてしまいました…。いいブリッツでした。

OSオフェンスはレッドゾーン近くから。ランで進んだあと、QB菅原から木下へのホットラインでTDとりました!あっさり先制!xpはブロックされました。リターンするところでホルダーをやっていた菅原がタックルしました。

FFオフェンス。出原から善元にパスが通って1stダウン。ようやくとりました。しかしパスを砂川がINT!一気に相手レッドゾーンまで戻しました…。

OSオフェンスはあと7ydsまできています。ランで押し込んで、これはやられるかと思ったら、QB龍村を竹内がサックし、ファンブルしたところをDE岡本がリカバーしました!なんとか助かった。岡本がんばって戻しました。

FFオフェンス。ここはパスが通らずパント。どうも出原とレシーバーがあってない感じ。カバーはよかったです。

OSオフェンス。自陣深く押し込まれていたが、てきぱきとパスを通します。投げ分けている。パスを散らして前進し、最後は古谷にパスを通してTD!2ptも木下に通して成功、結局2TD分になりました。

FFオフェンス。エクスチェンジミスでファンブルロスト…。だめだ…。そこはちゃんとしとこう。

OSオフェンスはレッドゾーンから。清水にパスを通して前進。菅原がQBキープできたところを、アディヤミがタックルしながらストリッピングでファンブルフォース!そしてタッチバックにしました!助かるわー。

FFオフェンス。プレッシャーがきつくて投げられず。パント。パントはよかったです。

OSオフェンス。せっかく止めていたのにラフィングザパサーで前進。がんばって守ってるのに。そして萩山にロングパスが通って前進。FFのオフェンスの時間がない。しかしエンドゾーン前でパスをしっかり守ってなんとかFGにしました。

FFオフェンス。秋山にパスを集めます。よしよし。やっと使い始めた。秋山にボールを集めるんや。ロングパスはちょっと長かった。そして次のパスも通らずパント。解説の有馬さんも「ファイターズOB同士だから決めてほしかったですね」。

このまま時間を流して前半終了。OS 17-0 FF。

わかりやすくルールをお伝えするためか、反則の説明がひらがなが多くてかわいい。

ハーフタイムショーはしょこたん。きてくれてありがとうしょこたん。

後半、OSオフェンス。パスをしっかり守って、QBランに出た菅原をタックルしてパントに追い込みました。よしよし。とりあえず止めないと。

FFオフェンス。おっ平本が戻ってきました。頼むわ。と思ったらいきなり反則で罰退。中村にボールを集めて1stダウン。しかしケビン・ジャクソンとやらにロスタックルされました。そして3rdダウンのパスをバイロンとやらがINT!ぐわー!痛いー!

OSオフェンスはエンドゾーンまで4yds。萩山に一気にパスを通してTD!一発で決めました!点が入る!

FFオフェンス。なかなか平本もいい感じでプレーを決めてますね。20yds地点まで攻め込みますがそこからは進めず。FGはきっちり決めました。ようやく3点。ロングをしっかり決めました。西村いいキッカーですね。

OSオフェンス。ランとショートパスで時間を使います。その間にもロングパスを狙ったりしてます。そして止められてパントになりますが、ここでパンターに木下が入ってスペシャルプレーを狙いました。よく守って失敗。余裕ですね。

FFオフェンス。また出原が出てきました。もう平本は無理させないのか。パント。

OSオフェンス。龍村のロングパスをアディヤミがINT!いいプレーでした!そういうことでもないと。

FFオフェンス。秋山にいいパスが通りました。秋山に集めろ。反則で下がったりしながらも前進。TE大橋もいいキャッチ。エンドゾーン前で4th&1で、プレイアクションがしっかり決まってTD!よかったよかった。ここで2ptにいきますが失敗。

OSオフェンス。ディフェンスの雰囲気もよくなってきた。しっかり止めてパント。

FFオフェンス。ランパス織り交ぜて前進。しかし中村へのパスが通ったところで時間をだらだら使ってしまって結局タイムアウト。それはあかん。何度かランで当たり、最後は出原のQBランでTD!今度は1ptにしましたが、これでさっき2pt失敗したのは痛いです。

OSオフェンス。時間を使います。パント。

FFオフェンスはあと27秒。前進して最後のヘイルメアリーにかけますがこれは失敗。試合終了、OS 24-16 FF。

ずいぶん荒れた試合でしたが、富士通もあと一歩というスコア以上に、オービックの力がありましたね。富士通ももう少し早くエンジンがかかってればと思います。でも結構がんばりました。悲願の社会人日本一はそんなに遠くない。

これでファイターズの対戦相手はオービックになりました。オフェンスが少し心配ですが、いい戦いはできそうな気がします。バイロンをなんとかしておいてください。

第68回甲子園ボウル ファイターズ.vs.フェニックス

休日出勤だったマイク松ですこんにちは。来年からはこのへんに予定を入れないようにしたいです。

そう!今日はなんと甲子園ボウルの日だったのです!それなのに予定を入れてしまって。無念。しかしちゃんと録画してあったので、がんばってみたいと思います。ちなみに情報封鎖には成功。携帯の画面を見るのも控えました。今日は点入ってるといいな。

第68回甲子園ボウル、ファイターズ.vs.フェニックス。実況は松野さん、解説は板井さん。

NUオフェンス。池永がいきなりサック!ナイス!ランもロスタックルし、しっかりカバーしてパントに。よしよし。

KGオフェンス。いきなりネイキットからパス成功!鷺野のランもよく出てます。木下へのロングパスが決まって前進。レッドゾーンに入りました。鷺野へのショベルパス、ダイレクトスナップでじりじり詰めて、ランで詰めて、4thダウンでギャンブルで飛び込みますが、エンドゾーン1yd前でTDとれず!ガッツィーなコールでしたねー。

NUオフェンスは1yd地点から。ランで攻めるも出ずパント。

KGオフェンスは相手陣40ydsから。まずは大園にパスを通します。三好のランで前進、ダイレクトスナップ、梅本へのパス、ダブルTEから松島へのパスと、多彩なコールをみせてきます。また1ydがとれず、今度はFGで先制!

NUオフェンス。ランをしっかり止め、パスをしっかり守ってパント。いやーすばらしい。客席で乾杯してる人がいる。

KGのLB池田は負傷で欠場。本来なら日本代表の力量があるらしい。

KGオフェンス。オプションプレーで足を引っかけられて止められました。ここはパント。

NUオフェンス。山岸がパスをディフレクト。そして3rd&1でロスタックルをかましてパントに。ディフェンス強いですね。

KGオフェンス。木下へのパスが通って前進。しかしローブロックをとられて15yds罰退。鷺野へのパスで挽回して、木下へのパスで1stダウン更新。よしよし。逆サイドの梅本にもパスを通しました。中根のQBランで1st&goal、最後は木戸に通してTD!ようやくTDとれましたー。よっしゃ!

NUオフェンスはキックオフのミスキックでいい位置から。高橋のいいQBランで1stダウンとりました。そこからはしっかり守られてパント。いいパントでした。

KGオフェンス。レシーバーとの連携があわずパント。

NUオフェンス。ランがようやく出て1stダウン。どんどん高橋に走らせてますが、敵ながら心配。それでも高橋のランでレッドゾーンに入りました。高口のランが出ます。オプションプレーが決まってますね。しかしパスをディフレクトしてTDはとらせず。FGで3点を返しました。

KGオフェンス。パスが止められてパント。大園は負傷して手がうまく使えないらしい。

NUオフェンス。池永と小野がサック!しかしロングパスでインターフェアがあり1stダウン。うーん。しかしオフェンスホールディング、オフェンスパスインターフェアがあって下がります。みるみる下がっていく。これで前半終了、KG 10-3 NU。

後半、KGオフェンス。ブリッツが入ってQBランでいくも届かずパント。パントはうまくいきました。

NUオフェンス。RB竹内がいいラン。というかもと大産大附属高校勢すごすぎる。なにが起こっているんだろう。INTできそうだったのにできずパント。向こうのパンターなかなかいいですね。

KGオフェンス。ようやくTEひのもとにパスが通りました。しかしそこからは進めずパント。ちょっとこりすぎじゃないかと板井さん。

NUオフェンス。高口のランで前進。高口は要注意ですね。パスで1stダウン。CB田中が強烈なロスタックル!これはすばらしい。そしてDL松本(1年生)がサックでパントに追い込みました。でかい1年やなー。

KGオフェンス。木下にパスが通って前進。例のパターン。中根のQBランにフェイスマスクがかかって前進。レッドゾーンに入りました。しかしそこからは止められてFG。43ydsFGでしたが、三輪がきっちり決めました!

NUオフェンス。ロスタックルと池永のサックが決まりました。そしてロングパスにいったところをCB大森がINT!やりましたー!!

KGオフェンス。ラン主体で時間を使います。そしてコーナーブリッツがきたところで梅本にパスを通してロングゲイン!しっかり読んでましたね。しかしホールディングで罰退し、今度は37ydsFG。三輪がばっちり決めました。3/3。

NUオフェンス。そろそろロングパスを狙ってきますが通らず。ランもロスタックルで止められます。パント。

KGオフェンス。ロングパスを狙いますがうまく守られます。大園に通して1stダウン。鷺野のハードリングもいい。てきぱきとパスを通してきます。ボールコントロールにいきませんね。そして木戸に通してTD!でかさをいかしたTDレシーブ。NFLのTEの使い方みたいです。よっしゃ!

NUオフェンス。パスをディフレクトされたのを高橋がとってしまいました。そこでサックされて損する。高橋も奮闘しますが、4thダウンでサックされて攻守交代。

KGオフェンス。時間をしっかり使ってパント。それが一番。

NUオフェンス。ついに高橋が負傷しました。でもおなかにボールが入ったか。ほんとによくがんばったわ。来年再来年が怖い。しかし戻ってきました。パスパスで攻めます。時間がない中、最後松尾にTDパスを通しました。うーん高橋すごい。がんばってほしいです。そして試合終了、KG 23-9 NU。

ファイターズ3連覇、めでたいです!とりあえず点がとれてよかった。

KGは斎藤が25/35,279yds,2TD。ずっと試合を作っていましたね。無茶して試合を壊したりすることもなく。ランはそれほどでもなかったですが、ボールコントロールがもうちょっとできてれば。あとスペシャルチームはもうちょっと安全にいってほしいです。ターンオーバーの危機。トータル347ydsのオフェンスはよかったし、ディフェンスは変わらずいい活躍でした。

NUはトータル185yds、ランが82ydsとよく出ていました。なにより1,2年のおそろしさを感じました。来年は強くなりそう。いややなー。

とにかくファイターズはライスボウルに出られることになりました。今年は勝てるといいなー。

NFL2013 week14 MNF DAL@CHI

ゴールデンボンバーのBS3の特集みたマイク松ですこんにちは
・ほんとにおもしろいですよね、でいろいろ考えさせられます、人を楽しませることとか
・さて、今日はNFL、DAL@CHIのマンデーナイトです

・week14, MNF, DAL@CHI、実況は星野さん、解説は輿さん
・シカゴの気温は-8℃だそうです

寒 い

・お客さんもめっちゃ重装備してるし、ほんとに生きた心地がしません
・特に普段ドームのDALにはきつそう
・しかしCHIは先発QBは小僧マッカウン、もちろんDALはロモ、いいハンデになってますね
・それにしてもカトラーさんはだいぶけがが長引いていますね、憎まれアスリート全米4位の実力をもつカトラーさんも、いざいなくなるとさみしいものです
・でもゆっくりなおしてください、たぶんマッカウンと先発争いをすることはないし
・あと両チームとも地区首位を争っているのに、わりとディフェンスがしんどい、このへんもみどころです

・1QはDALがランで攻めていきます、マレーのランよく出る
・CHIは「経験不足のLB」とかいわれてて、アーラッカーの穴が全然埋まってないみたいで大変そう
・ランで先制につなげたDALでしたが、返しのCHIオフェンスでランパス織り交ぜてすぐにTDとります
・DALもディフェンスの成績はさっぱりよくないみたい、これは点の取り合いになるのか
・次のCHIオフェンスで、まさかのマッカウンのQBドローでTD!うわーすごい、マッカウンそんなことできたっけ
・負けじとDALもロモがウィッテンにパスを通して同点に
・しかし前半終了間際、時間を使えずにパントになったDALに対して、残り1分未満からジェフリーにすごいTDパスが通ります、ジェフリーがいいとは聞いてましたが、あんなスーパーキャッチができるとは
・後半、DALが盛り返すかと思ったらすぐにパント、対してCHIオフェンスはマッカウンがフォーテイにパスを通してTD、2ポイントも決めて3TD差にします、すごいぞCHIオフェンス
・DALはINTかましたと思ったら反則で取り消しになったり、大事なところでラフィングザパサーしたり、アンネセサリーラフネスで助けたりしてあっさりTDをとられます
・終盤はロモが下がってオートン登場、もとCHIにいたこともあるオートン、あたたかく見守られているうちに試合終了

・CHIはマッカウンががんばった、27/36,348yds,4TDプラス3att,16yds,1TDと大暴れ、どうしたんや
・ランはフォーテイが20att,102ydsと十分、ブッシュとともにボールコントロールしました
・レシーブはマーシャルが6rec,100yds、ジェフリーが5rec,84yds,1TD、フォーテイ、ブッシュ、ベネットもTDとってました、パスオフェンスが光りましたね
・ディフェンスは試合に勝ちはしたものの328ydsとられてますからね、特にランディフェンスは評判通りやられてます

・DALはロモが11/20,104yds,3TDとTDはとってるのですが、チームが勝てませんでした
・ランはマレーが18att,146ydsとすばらしい活躍、もっとマレー使ってもよかったと思いますが
・レシーブはTDは3つ、ビーズリー、ブライアント、ウィッテンととってるのですが、ヤードがいまいち
・ディフェンスは490yds,45点とられては言い訳無用ですね、ランもパスもどっちもしんどかったです

・とにかく寒そう、あれでは気持ちもなえますよね
・でもDET@PHIは完全に吹雪の中での試合になってました
・いつもウーとかガンダーとかの光景を思い浮かべるのですが、あの中で試合やろうとした人たちがすごいし、見に行ったお客さんがすごいと思いました
・無理無理無理無理

力士が宇宙的なカプセルに入っていた

レキシのライブいってきたマイク松ですこんにちは。ほんとにすばらしかった。見に行けて良かった。

さて、大相撲は今オフですが、体のケアにも気を遣っていかないといけないですよね。それでなくても力士はハイカロリーな生活を送ってますからね。そんなことを考えていたら、衝撃的な画像がネットを駆け巡りました。

日本相撲協会の力士測定マシーンが未来的だと話題に

これを初めて相撲協会のTwitterで見たときはなぜか玉飛鳥の写真だったのですが、ほんとにネットでみたときは、ついに玉飛鳥も改造手術に踏み切ったか、文字通り仮面力士だなと思ったのですが、どうも違うみたいです。

どうもこれは体脂肪率を測定する測定器らしいです。体の割に意外に低いといわれる体脂肪率聞いてみたいですが、かなり未来的な、宇宙的なカプセルですよね。こんなのではかれるんですね。それにしてもこのカプセル、いろんなことを考えさせます。

  • スーパー1のチェックマシンみたいなので、入って出てくるとけがが治る
  • 酸素カプセルみたいなので、入って出てくると疲労が回復している
  • テレポートカプセルで国技館まで歩かずにいける
  • 新しい宇宙船で、大相撲月面場所が始まる
  • モビルスーツのパイロットとなる(新手のボールみたいな)
  • ついにマジンガーZが実用化
  • 力士が運転できるエヴァンゲリオンが開発され、エントリープラグに入った
  • 巨大な保育器で、生まれたばかりなのにもう力士的な感じ
  • 入って出てくるとみんなミッキー兄さんになる

これで全員ミッキー兄さんになる。そしたらその中に本物が混じっていても…。

大砂嵐が幼稚園で新しいタイプの稽古

謎の通訳。不思議だと思うマイク松ですこんにちは。どういうふうに通訳してるのか、誰かに読んでほしい。ちょっとヒップホップっぽいグルーヴを感じました。

さて、お仕事が一段落したのですが、あまりに疲れて帰ってきたので、ちょっとニュースをとりあげたいと思います。

大砂嵐「稽古よりキツイ」

人気の力士大砂嵐。今はオフですが、幼稚園を訪れて園児たちと餅つきをしたそうです。そういうの力士的にすごい大事だからがんばってほしいです。

しかしわりとハードだったそう。みんなといっしょに相撲をとったあと、自分だけで力強く餅をついて、園児といっしょについて、記念撮影をしたあと、園児たちと遊んだそうです。

でかい大砂嵐に園児が頼むことといえばやはり高い高いですよね。でリクエストに応えていると、気がついたら長蛇の列ができていたそうです。絶対いっぺんやってもらった園児も後ろに並んでるはず。列が尽きないわけで、いっこうに終わらなかったそうです。

大砂嵐も「稽古よりきつい」とへとへとになっていたそうですが、これこそいい稽古になりそうですね。人柄のいい大砂嵐らしいエピソード。子どもと遊んで強くなれれば一石二鳥。がんばってほしいです。

このエピソードを聞いてぱっと、漱石の『夢十夜』の第十夜を思い出しました。『夢十夜』すごい好きなので。青空文庫でも読めます。第十夜を今回のエピソード的に考えてみました。

 大砂嵐が幼稚園に出かけてから七日目の晩にふらりと帰ってきて、急に熱が出てどっと、床に就いているといって親方が知らせに来た。
 大砂嵐は角界一の好男子で、至極善良なエジプト人である。まわしをつけて、朝に鳴戸稽古場の土俵に降りて、そばで四股を踏んでいる。そうしてしきりに稽古している。そのほかにはこれというほどの特色もない。エジプトには後援会ならぬファンクラブがある。
 ある夕方一人の女が、不意に店先に立った。保育士のような服装をしている。その要望がひどく大砂嵐の気に入った。そこで丁寧に挨拶をしたら、女は保育所で餅をついて下さいというんで、大砂嵐はではつきましょうといって、女と一緒に部屋を出た。
 いかな大砂嵐でも、あんまり呑気すぎる。ただ事じゃなかろうといって、親方や弟弟子が騒ぎ出していると、七日目の晩になって、ふらりと帰ってきた。そこで大勢よってたかって、金太郎さんどこへいっていたんだいと聞くと、大砂嵐は電車へ乗って保育所へ行ったんだと答えた。
 何でもよほど遠い保育所に違いない。大砂嵐のいうところによると、電車を降りるとすぐに保育所に出たそうである。非常にいい幼稚園で、どこを見渡しても園児ばかりいた。女と一緒に幼稚園の中を歩いて行くと、急に運動場へ出た。その時女が大砂嵐に、ここで子どもたちと遊んで御覧なさいといった。大砂嵐はまわしを締めて餅をついた。すると女が、もし子どもたちと遊んだら、いい稽古になりますが好うござんすかと聞いた。大砂嵐は稽古が大好きだった。すると子どもが一人、目を輝かせて来た。大砂嵐は喜んで、高い高いをしてやった。子どもはきゃっきゃきゃっきゃといいながら、満足して帰って行った。大砂嵐が喜んでいるとまた一人の子どもが目を輝かせて来た。大砂嵐はまた高い高いをした。子どもはきゃっきゃと喜んで帰って行った。するとまた一人あらわれた。この時大砂嵐はふと気がついて、向こうを見ると、運動場の尽きる辺から百数十人か数えきれぬ子どもが、群をなして一直線に、この運動場に立っている大砂嵐をめがけて目を輝かせている。大砂嵐は喜びながらも恐縮した。けれども仕方がないから、近寄ってくる子どもを一人一人丁寧に高い高いをしていった。不思議なことに高い高いをすれば子どもはきゃっきゃと喜んで帰って行く。よく見ると一度高い高いをした子どもが大喜びで列の後ろに並んでいく。大砂嵐は我ながら怖くなった。けれども子どもは続々くる。無尽蔵に目を輝かせてくる。
 大砂嵐は必死の勇をふるって、子どもたちを七日六晩高い高いをした。けれども、とうとう精根が尽きて、手が蒟蒻のように弱って、しまいに子どもたちに相撲で負けてしまった。そうして部屋に帰ってきた。
 親方は、大砂嵐の話をここまでして、でもいい稽古になったからよかったといった。自分ももっともだと思った。けれども親方は大砂嵐に三役に上がってもらいたいといっていた。
 大砂嵐は強くなる。三役は大砂嵐のものだろう。

子どもに好かれてこそ力士。忘れられがちですが、相撲人気の回復に一番大事なことですよね。こうなったら子どもと遊ぶ稽古プログラムを作ってみたらどうでしょうか。高い高い100人×3セット、ちびっこ相撲50人×2セット、もちつき10分。普通に鍛えられそうです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(6):女子シングルFS

最近、切り干し大根の煮物を旨いと思うようになりました、富井です。子供の頃はがっかりメニューの常連だったのに、味覚は変わりますね。豆腐もしみじみ旨い。さて、しみじみ上手い女子シングルです。解説は荒川さん、実況は森下さん。

ロシアのアンナ・パゴリラヤ。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」。3Lz+3Tは着氷がやや揺れましたが、たいしたミスではありません。3Lo+1Lo+3Sもオッケー。3Lzは流れのある良いジャンプ。ドーナツスピンも形がきれい。ステップもスピードがありますね。上半身もよく使えています。3Lo+2Tは片手をあげて。2Aはステップアウトになってしまったのが残念。スパイラルも雄大。2Aはやっぱりもう一つ着氷がなめらかではありませんね。苦手なんでしょうか。そして最後の3Fで転倒。うーん、後半ちょっと疲れてしまいましたかね。ロシア人ばっかりのファイナルだと緊張するなという方が難しいでしょう。171.88

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。映画「フリーダ」。3Lz+3Tはオッケー。3Fもオッケー。3Lo+1Lo+3Sも成功。しかし3Lzは転倒、これもめずらしい。しかしその後の2A、3T+2T、2Aと成功させます。しかしニコニコ滑っているのが大物感たっぷり。ステップは華やかでラテンのリズムを陽気に表現してます。スピンの回転が速い。最後はちょっと音楽が足りない感じだったのかもしれませんが、上手く合わせました。オリンピックがかかってないから余裕があるとはいえ、来年からもこの笑顔のまま滑り続けて欲しいものです。183.02

ロシアのユリア・リプニツカヤ。映画「シンドラーのリスト」。滑りがいい!3Lz+3Tは高さのある良いジャンプ。2A+3T+2Tは3Tの高さが印象的。スピンは軸がきれい。繊細なステップが素晴らしい。体の使い方が上手。体幹が強いんでしょうね。3Fもオッケー。2Aもいいですね。3Lo+2Tのジャンプのあとに手を伸ばすところが切ない。3Sはちょっと高さがありませんでしたが何とかこらえました。3Lzはオッケー。そして圧巻のスピン。スパイラルは最近みんな短いけど持ち味を生かして見応えがあります。最後のスピンの回転も素晴らしい。福岡のお客さんもスタンディングオベーション。すごい出来だ。192.07

アメリカのアシュリー・ワグナー。「ロミオとジュリエット」。3F+3Tはスピードも幅も申し分ないジャンプですね。2Aが終わってすぐバレエジャンプ。3Sも良い。ステップはさすが円熟の味。3Lo+2A+SEQ、もオッケー。しかし次の3Lzは転倒。ちょっと元気がないかな。そして続く3Loは両足着氷になってしまいました。3F+2Tも最初が両足着氷。後ろに滑っていくスパイラルが良いですね。最後への盛り上がりにもやや欠けますが、最後まで投げやりになったりしないところがワグナー。キスクラの態度も堂々としていて素敵。187.61

ロシアのアデリナ・ソトニコワ。「ロンド・カプリチオーソ」。3Lz+3Loは高い。3Fは両足になってしまいました。そして1Loになってしまいました。3Lz+3Loは負担が重すぎたのではないでしょうか。モダンバレエのような表現のステップ2A+3Tは素晴らしい。3Fは転倒。今日はフリップがだめな日だ・・・とおもったら3Sも転倒。2Aはこらえましたがちょっとミスが大きくて残念。最後のステップはいつもよりスピードがありませんね。どこか痛めたのかな。最後のスピンも回転が上手くいきませんでした。うーん、めずらしい。でも、最初の3Lz+3Loを決めたのはすごいですね。173.30

浅田真央。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。最初の3Aは転倒しましたが、何事もなかったように3A+SEQは両足着氷になってしまいました。3Fは見事。スピンも回転がきれいでぴたっと止まるところが美しい。2A+3Tはいいですね。3Sもオッケー。3F+2Lo+2Loはバランスを崩しながらも崩れないところがすごい。3Loは見事。ステップはすごい密度ですね。最後スパイラルで終わるところも印象的。うーん、やっぱり3Aを2回は大変なんですね。3A以外はいつも通り完璧。204.02

○最終結果(和食が無形文化遺産になったらしいので)
1.浅田定食
2.リプニツカヤ定食
3.ワグナー定食
4.ラジオノワ定食
5.ソトニコワ定食
6.パゴリラヤ定食

浅田真央はもう別次元だなと思う一方、個人的には3Aを1度にして完璧なプログラムを目指す方が確実に金メダルがとれるような気がしますが、勝ち負けより道を極めるのが浅田のやり方なのでしょう。日本の選手で誰が武将ぽいって一番は浅田真央なのでしょう。

で、2位にリプニツカヤ。次世代のエースに推したいとマイク松が書いてましたが、2位になったんですね。今年のプログラムはどちらも名作だと思いますし、身体の柔らかさだけの選手じゃなくなったのがすごいと思います。私はトップペア選手の張り詰めたような美しさがあるのが魅力だと思います。

3位のワグナーは今日はちょっと精彩を欠いていましたが、それでも大きく崩れないのがさすがワグナーだと思います。

ラジオノワはあのまますくすく育って欲しいし、ソトニコワはもうちょっと周りが勝てるようにプログラムを手直ししてあげるべきだと思います。なんか要求レベルが高すぎるような気がします。上手くいくときは良いのですが。パゴリラヤも普通の大会なら優勝してもおかしくない出来。あの優雅さを生かして個性的な選手に育って欲しいです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(5):アイスダンスSD

優作、涙の初V。ほんとよかったと思うマイク松ですこんにちは。長らく勝てずに、妹はあんなに勝ってるのにとかいわれてたと思いますが、ようがんばりました。それにしても妹はほんといい人、いい娘です。

今日はファイナルのアイスダンスSDです。地上波はどうか知らないのですが、BSアサヒではあとでやってました。ペアは半分だけだったのに、アイスダンスは6組全部流れてました。たぶんペシャラ姉さんのおかげです。メルシーナタリー。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、アイスダンスSD。実況はシミズさん、解説は若松さん。

イタリアのカッペリーニちゃん with L。さすがカッペリーニちゃん。滑りもとてもいいし、スピードあります。ツイズルはよくあってますね。回転も速い。パターンダンスはとてもスピードがありました。以前なら慎重にやってたところですが、さすがキャリア積んでます。MiStは表情もよくつけてますし、エッジワークも今日ははっきりしてます。RoLiは回転も大きいし、終わりもスムーズで乱れがありませんでした。最後までばっちりでした。昔からみている身としてはほんとにうまくなったなと思いました。赤い髪の先生ありがとう。でも61.57。あれ?減点が2ある。イリーガル・エレメンツ?なんだろう。

カナダのウィーバー・ポジェ。ウィーバーの青い衣装があざやかです。いい雰囲気を作っている出だし。カナダの得意な雰囲気ですね。ツイズルはとても回転が速い。ユニゾンもきっちり。パターンダンスはエッジがあってるかどうかはわからないけど、よく滑り込んでいて表情もよくついてます。つなぎの部分もしっかり表現。MiStはこっちもユニゾンがいいですね。CuLiは演技の流れにしっかりフィットしてました。いい演技でした。67.68。満足そう。

フランスのペシャラ・ブルザ。ぎゃーおしゃれー。わかったから!君らが美男美女なのはわかったから!ツイズルは2つめでブルザがよろってなりましたね。あぶねー。DiStはよくあわせてます。その過程の表現も世界観をもりもり表現。そりゃ注目を引きますよね。パターンダンスはエッジも深いし、そこの中の表現もまったく手を抜かない。1つの芸術作品としてのまとまりがあります。RoLiは入り方に工夫がありました。いやーすばらしいです。あんまり調子がよくなかったみたいですが、それでもみせるところがすごくありましたね。66.63。

ロシアのボブロワ・ソロヴィエフ。おっと、ボブロワが今の時点でだいぶふっくらしてますが大丈夫でしょうか。昨日ラーメンでもたべたんかな。まあまだ時間ありますからね。しかしそんな心配を払拭する、のっけからのスピードある滑り。最初からパターンダンスに入ってますが、あっという間に終わってます。早い。ツイズルもしっかりあわせてますね。よく滑り込んでるみたい。MiStは滑りもなめらかな上に、シンクロ率が高い。SlLiはソロヴィエフがしっかりホールドしながらポジションをチェンジしてました。ソロヴィエフの安定感。どんなに重くても支える。結果的にすごいいい演技でした。プログラムがすごいすてきで、アイスダンスの王道をしっかり追求してました。68.90。うーんもうボブロワが日本にきて何を食べたのかがすごい気になってます。

カナダのヴァーチュー・モア。いよいよトップ2が登場です。最初のヴァーチューの動きがとてもキレありますね。技術感じます。MiStはユニゾンはもちろん、音楽との調和がすばらしい。エッジも深いです。ツイズルは速い。速いわ。そして組んだらもっと強くなる。パターンダンスでもモアの顔芸がすごい。ヴァーチューの笑顔もいい。RoLiはエントランスもいいし回転が速いし。隙がありませんでした。さすがの技術。77.59。いい点が出てうれしそう。

アメリカのデイヴィス・ホワイト。ノエビア姉さんのヘヤーがすばらしい。衣装だけじゃないこだわりを感じます。曲は「マイ・フェア・レディ」です。最初からすごい世界観。映画をみているようです。これSDなんですよね?MiStはディープエッジに加えてちゃんとストーリーの一部になってる。ツイズルも曲にあわせた入り方。このあたりはさすが。パターンダンスはやっぱりうまい。曲との調和もしっかり考えられていて、ぜんぜん技術のことを気にしなかったです。最後のRoLiも華やかに決めました。さすがさすが。特にSDのすばらしさはデイヴィス・ホワイトの特徴ですが、やっぱりよく作ってありますね。77.66。世界最高得点らしいです。

○SP終わっての順位:(エヌ山くんとティティ川くん的に)
1. デイヴィス山さんとホワイト川くん
2. ヴァーチュー山さんとモア川くん
3. ボブロワ山さんとソロヴィエフ川くん
4. ウィーバー山さんとポジェ川くん
5. ペシャラ山さんとブルザ川くん
6. カッペリーニ山さんとラノッテ川くん

さすがオリンピックイヤーのファイナル、みんなレベル高かったですねー。

トップはデイヴィス・ホワイト。しっかり得意分野をSDでかましてくるあたりさすがです。2位はヴァーチュー・モア。まったく逆転可能ですしFDもたのしみです。モアの顔芸はそういうものとして楽しみたい。

中でも特に気になったのがボブロワ・ソロヴィエフ。というかボブロワでした。あのふっくらぶりはすごい。日本でソリスみたいにいっぱい食べたのか、まだまだ勝負は先だからと体重管理をしっかりした上でのアレなのか気になりますが、要は本番にしっかりしてればいいわけですからね。ソロヴィエフのホールドはほんとにすばらしい。安定感ありました。カストマロフやアゴストの安定感に通じるところがありましたね。とにかくボブロワの今後が楽しみです。

ウィーバー・ポジェはよく世界観を作ってきて、勝負の年だなと感じさせます。ペシャラ・ブルザはもうわかったからとキレさせる作戦かと思います。SDは出遅れましたがまあファイナルですからね。カッペリーニちゃん with Lはすごいがんばったと思ったのに、上位も同じようにのびているんですねー。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(4):ペアSP

JCDみていて気がついたのですが、三代目のヴォーカルの人って、場面によっては町田樹に似てるなと思ったマイク松ですこんにちは。共感はいりませんよ。というか最近の戦国武将然とした気迫はまさにJ SOUL。戦国大名の末裔とタッグを組めば、まさにブラザーズですよ。ちょっとアイスショーでユニット組んでみるのはいかがでしょうか。

さて、GPSファイナルはもう終わってますが、BSアサヒでみていると、ペアとアイスダンスもやってくれてました。助かる。メモ程度ですが書いておきます。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、ペアSP。実況は振動、解説は若松さん。

最初3組はダイジェストでしたが、ちょっとみる限りでもいい演技してました。

中国のほう清・とう健。ついにソチまでたどりつきそうですねこのカップルも。エンリオ・モリコーネ「ラ・カリファ」。最初からユニゾンばっちり。同じポーズです。3Tをしっかり決めてきました。降りるタイミング同じ。3Twも高い。すごい高い。スピードに乗った助走からの3LoThはすごい流れがいいですね。のびがあります。Dsへの入りもなめらか。なによりすごい音楽に調和してます。得意分野の切ない物語を存分に表現してますね。リフトもパワフルだし、ステップもいろいろな動きをしっかりこなしながらも目線で表現する物語がどんどんあふれでてきます。ペアスピンの最後まですばらしい表現でした。これがフィギュアスケートですよ。表現の可能性は無限です。75.40。

ドイツのサブチェンコ・ソルコビー。両方とも白い衣装。かっこいい。「ウェン・ウィンター・カムズ」。3FThはでかいし高いし。すごいです。サブチェンコのひざ大丈夫かなと思わせます。3Twも高かった。3Tはタイミングばっちり。とぶタイミング、降りるタイミングばっちり。Dsも曲にあわせていい雰囲気。リフトは迫力がある。空中姿勢も演技もいいです。ステップは大きなユニゾンからダンスステップの部分も技術感じます。ペアスピンもしっかり。最後は抱き合ってフィニッシュ。うーんものすごい愛の物語。ここまでできる、フィギュアスケートの可能性をいつも教えてくれます。ほんとに今シーズンで引退なのかな。79.46。パーソナルベストを更新。

ロシアのボロソザル・トランコフ。出てきただけですごい存在感。ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」。アイスダンスのようになめらかに2人で滑ります。しかしそこから強大な3Twを見せられると、そういえばペアだわと思い知らされます。高すぎるやろ。3Tもタイミングばっちり。3Loも流れがきれい。距離もでかい。Dsも回転が安定しています。ペアスピンにすぐ以降。曲に合わせて逆回転。なにげないポジションもすごいきれいです。ラッソーリフトは空中姿勢もいいしホールドも安定。ステップはアイスダンス的なステップもしっかり。普通にアイスダンスでもいいところいけるかも。ノーミスでフィニッシュ。いいことしか書けない。圧倒的な力。82.65。はーい。

○SP終わっての順位:
1. ボロソザル・トランコフ
2. サブチェンコ・ソルコビー
3. ほう清・とう健
4. デュハメル・ラドフォード
5. 彭程・張昊
6. ムーア=タワーズ・モスコヴィッチ

トップはボロソザル・トランコフ。あまりに強いので怖いくらい、このへんで2位くらいになっておいた方がいいのにと思ってしまいます。それにしても隙がない。フィギュアスケートでは一番の横綱相撲になりそうです。

2位はサブチェンコ・ソルコビー。これもいい演技なんですけどねー。王道のストーリーを演じるボロソザル・トランコフに対して、ストーリーの独創性はぴかいち。いつもこのカップルにはその世界観に驚かされます。ほんとすばらしい。ほう清・とう健は3位。満を持して一番の得意分野のプログラムですね。その戦略は大歓迎。そしてまたすばらしい演技でした。FSもたのしみ。

あとの3組もみたいなー。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(3):男子シングルFS

将軍のFSの曲は「ウィリアム・テル序曲」ですが、昔ウィリアム・テルはウィリアム輝みたいな日本人だと考えたことがあったマイク松ですこんにちは。ダルビッシュ有みたいな感じですよ。ウィリアム輝ならきっとリンゴじゃなくて流鏑馬やってると思います。

今日はファイナルの男子シングルFS。毎年いってるような気がしますが、ファイナルって6人しかいないからレビューが楽です。助かります。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルFS。実況は振動、解説はサノさん。

町田樹。ストラヴィンスキー「火の鳥」。持ち前の鳥っぽさは健在。気合い入ってます。4Tをしっかり決めました!よしよし。4T+2Tもしっかりコンビネーションにしてきましたね。いい出だしだ。3A+2Tは3-3にしたかったですが、まあ大丈夫。スピンからステップ。音楽によく乗ってます。そしておだやかな鳥モード。3Aをなんとか成功。がんばりましたね。落ち着いてきてます。3Lo、3Lzとリズムよく。3F+2T、3Sも決まりました。ジャンプをしっかり大事に決めましたね。コレオシークエンスからスピンまでのすべてに気迫を感じました。いやー十分の演技です。まだできることはあるにせよ、今の精一杯を出せました。236.03。おおいい点出ました。すごい汗だ。

マキシム・コフトゥン。今日の演技は思い切ってやってほしいです。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」。4Sはオーバーターン。まあいいでしょう。3Fはコンビネーションになりませんでした。つなぎの部分もがんばってますよ。そこから4Tをしっかり降りました。今度は大丈夫。昨日とは心境が違うみたいですね。スピンも回転が速い。ステップはよく体が動いてます。これからのジャンプが安定してくれば。3Aは曲とのタイミングもばっちり。3A+2Tも安全に。3Lzもまずまず、3S+2Tも決めました。スピンも安定してますねー。ぶれがなくて。コレオシークエンスでもよく動いてます。スタミナも十分。2Aからスピンでフィニッシュ。今日はしっかりできることをやりましたね。233.24。おー町田に届きませんでしたね。PCSの方かな。

ハン・ヤン。今日はやってくれるでしょう。「美しき青きドナウ」。すっかり音楽に乗った滑り。そして3Aはすごい高さですが転倒。でかいジャンプです。4T+3Tは止まりましたが決めてきましたね。最後つま先で降りてました。3F+2Tは堅実に。がおーってするところがありました。ステップもエッジのなめらかさが際立ってますね。すいすいと進んでいきます。スピンはちょっと最後が雑になったか。不思議なステップパートから後半。3Loを予備動作なしで決めてます。滑りもいい。3Lz+2T+2Loも成功ですね。3Fはしっかり流れができてました。スピンからワルツのリズムにのって3Lzは手をつきました。めずらしいですね。3Sでジャンプおわり。コレオシークエンスではいい表現ができていました。スピンでフィニッシュ。最初は転倒しましたが、あとはまとめられてよかったです。やはり底知れないポテンシャル。232.55。

織田信成将軍。「ウィリアム・テル序曲」。4Tは転倒。ちょっと入りのタイミングで迷ってましたね。次はがんばれ。4T+3Tはばっちり成功!オケハザマやー!3A+2Tも持ち前のやわらかさでしっかりランディング。スピンはてきぱき。ステップは足下を丁寧にやってましたね。3Aは流れのあるいいジャンプ。さすが将軍。3Lz+1Lo+3Sをばっちり成功!こういうのもしっかり取り入れてますね。3Fも流れがある。今日のジャンプはいいですねー。3Loは足つきましたが踏んばりました。2Aから笑顔でコレオシークエンス。明るく演じきりました。今日はジャンプがよかったですねー。将軍クオリティのソフトランディングがすばらしかった。出られなかった高橋の代わりに存在感を示せましたよ。255.96。

パトリックちゃん。SP87.47で2位なんですよねー。「四季」ほか。風景の流れる速度がすごい。4T+2Tはコンビネーションにしましたね。4Tもばばーんという感じの見事なジャンプ。3Aは今日はいけましたね。ステップはとにかく音楽の解釈が進んでますね。曲にあってるしそのダイナミズムもすばらしい。抑揚がよく表現されてます。スピンから曲が変わりますが、上からとってるとあっという間に遠ざかります。3Lz+1Lo+3Sもテンポ良く決めました。3Lzも成功。3Loも余裕があります。3F+2Tの前のステップも高度。スピンも早い。つなぎ部分もよく考えられてるし。2Aからのコレオシークエンスはずっとこれくらい動いてるのにさらに高めてます。スピンは最後にバランスをくずしましたがフィニッシュ。でもこういうときにいい笑顔が出るので好きなんですけどね。いやー今日はさすがの出来でした。280.08。はーいありがとうございまーす。

羽生結弦。スター登場。「ロミオとジュリエット」。4Sは転倒しました。転倒もスターっぽいですが。しかし次の4Tはばっちり。ばばーん。3Fも持ちこたえました。ひざのやわらかさももってる。ステップはしっかり難しい構成をこなしながらも、随所にストーリー性を盛り込んでます。コンビネーションスピンもドーナツポジションからビールマンスピンも。つなぎの部分の表現力も高めてます。3A+3Tをしっかり成功!爆発力のあるジャンプ。イーグル、カウンターからの3A+2Tはセカンドで手上げ。3Loも高かった。3Lz+1Lo+3Sも決めてます。ぎゃー。3Lzからコレオシークエンス。イナバウアーのインパクトをうまくいかしてますね。クライマックスにがっつり盛り上げてフィニッシュ!ぐわーすごい。最後ちょっとおつきあいでよろっとしましたが、すばらしい演技でした。演技全体の構成、アクターとしての、というかスターとしての表現もハイレベルでした。293.25。ぐーわー。すごーいでーすねー。1回転倒してこの点数か。あ、誕生日おめでとうございます。

○最終順位:
1. スターとジュリエット
2. フォー・パトリックちゃん
3. 織田信成将軍序曲
4. 火の鳥・町田
5. コフトゥン協奏曲第1番
6. 美しき青きハン・ヤン

優勝はスター。パトリックちゃんがある程度いい演技をしても、自分が転倒しても勝ちました。これは結構大きい。課題の4Sをなんとかすればかなりいい展開ですね。すべて出し切る滑りでしたが、オリンピックに向けていい弾みがつきました。

2位はパトリックちゃん。FSはさすがの出来でした。ひざも万全ではないみたいだし、カナダ選手権は目をつぶってても代表だと思うので、ゆっくり養生してほしいです。完調ならまだハニューとのアドバンテージはあるでしょう。

3位は将軍。気がつけば3位。さすがです。今日はジャンプのよさが光りました。ハニューと高橋に続く3人目は誰かが話題ですが、これを続けられればいけるかも。町田は4位。SPで出遅れた分を取り戻しましたね。全日本ではSPからがっつり決めてほしいです。チャンスはある。コフトゥンもハン・ヤンも、今日は自分の滑りができました。これは今後につながるでしょう。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(2):女子シングルSP

ワールドカップ抽選、日本はC組。特に組み合わせに興味はないのですが、富井が「くじびきが好きだから」という理由で夜更かししようぜといいだし、みてしまったマイク松ですこんにちは。ざっけろーにカントクもだいぶ退屈そうな前座イベントが長かったですが、抽選自体はめっちゃてきぱきしてて好感が持てました。

さて、記事はGPSファイナルの女子シングルSPです。抽選だけレビューするのもおもしろいですけどね。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、女子シングルSP。実況は森下さん、解説は荒川姐さん。

エレーナ・ラジオノワ。パイナップルみたいなヘヤーです。「アンナ・カレーニナ」。滑りはイイ感じですね。3Lz+3Tをしっかり決めました。緊張してたみたいですがこれで楽になるか。スピンはポジションがすてき。かっこいいポジションをしっかりとれてます。ステップもしっかり笑顔でできてるし、音楽との調和もまずまず。シットスピンもてきぱき。後半にジャンプを2つ残してます。3Loもしっかり確実に。イーグルからの2Aも決めました。すごい大事に決めてますね。レイバックからビールマンスピンでフィニッシュ。すごい慎重に確実に、ミスなく決めました。64.38。よかったわい。

アデリーナ・ソトニコワ。今回のロシア選手最年長17歳。「カルメン」。3T+3Tはルッツを自重して成功。3Fもしっかり。こちらも慎重に。独創的なスパイラルから2Aをきっちりと跳んで、レイバックスピンはフリーハンドの表現力がありますね。ステップはメリハリがとてもあってかっこいい。笑顔で滑ってます。いちおう先輩ですからね。キャメルスピンから独創的なポジションでフィニッシュ。これはいい演技でしたね!ステップの充実ぶりがよかった。徐々にジャンプも高めていきたい。キスクラでもうれしそうでした。68.38。ラジオノワをかわしました。

アンナ・パゴリラヤ。ロシア続きますね。「エル・チョクロ」。3Lz+3Tは余裕ありましたね。終わって手の表現もつける余裕。3Loも流れの中でさっと跳んで、フライングキャメルスピンは終わって音楽にしっかりあわせる。プログラムのぎゅうぎゅう感がないから余裕あります。しかし次の2Aが抜けてAになってしまいました。これは痛い。スピンの回転が速い!高速スピンです。ステップは足下もいいですがダンスができますねー。手の動きがすばらしいし常に芸術性をもってますね。音の取り方もうまい。最後のビールマンスピンはトラベリングしていました。きっちりそろえることはできませんでしたね。59.81。スピンのレベルをあげられなかったか。

アシュリー・ワグナー。やっとロシア以外がでてきた。頼みますよ。「クレイジー・ダイヤモンド」。3F+3Tはパワフルなジャンプ。アメリカらしいダイナミックなジャンプですね。キレだけでジャンプを跳ぶと思ったら大間違いやと。スピンもしっかり軸をきめてるし。3Loからの決め方がまたパワフル。2Aも流れの中ですがメリハリをしっかりつけてます。ステップはメリとハリの落差がすごい。握り拳を振り回したりするのがインパクトを高めてます。ビールマンスピンでフィニッシュ。うーんすばらしい!あっさりした料理ばかりでおいしいの?的なパワーを感じましたね。それでいいでしょう。68.14。ぎりぎり2位。

ユリア・リプニツカヤ。「愛はまごころ」。いい演技から始まるプログラム。繊細さにパワーを備えた滑りから、3Lz+3Tを決めてきました。2Aも特に反動もなく成功。そのあとのスピンがすばらしい。軸がぜんぜんぶれない。すごいなー。そして表現の中にしっかり自分を入れているのが感じられます。物語をしっかり表現。役に入ってます。複雑なスパイラルをさらっと入れて、3Fもしっかり。キャンドルスピンから高速I字スピンでフィニッシュ!すごいぎゅうぎゅうのプログラム。よく演じられるなというところですが、1つミスがあっても遅れるのに全然遅れない。体操的な演技なのに、表現力の充実が感じられました。66.62。

浅田真央。いい演技期待したいですね。「ノクターン」。普段と変わらないですね。3Aをばっちり決めてきましたね。キレがあって全然回ってました。よしよし。3Fも流れがありました。スピンもキレだけじゃないダイナミズムがある。ロシア勢のキレとアメリカ勢のパワーを両方とも融合させてますね。滑りもめっちゃ速いし。3Lo+2Loは流れの中ですっきり。ステップはエッジワークのなめらかさがすばらしい。その割に上半身の動きがまた大きく表現できてます。最後のビールマンスピンからフォロースルーまで、しっかり演じきりました。いやーすばらしかったです!完璧の中の完璧。ついに佐藤夫妻の長い指導が実を結んだなというところ。そしてまだよくできるところもあるでしょう。オレたちの佐藤夫妻を信じてよかったです。つい佐藤夫妻のことを考えてしまいますが、浅田よくやりました。72.36。

○SP終わっての順位:
1. 浅田どの
2. ソトニコワどの
3. ワグナーどの
4. リプニツカヤどの
5. ラジオノワどの
6. パゴリラヤどの

というかすごいハイレベルなSPでしたね。全員すごい高い。

トップは浅田。完調のプログラムはやはりすばらしいです。これくらいの高い高いレベルで安定すれば十分です。

2位はソトニコワ。これだけ新型MSがぞろぞろ出てきてもやはり基本は赤いザクだなと思わせる。元祖新型MSの力をみせてくれました。たんに余裕があっただけかもしれませんが。3位はワグナー。ちびっこばかりにやらせはせんぞとパワフルな演技でした。そうでないとね。

4位はリプニツカヤ。そんなに離れてなかったですが、なんかちょっと工夫するだけでどーんと点があがりそうな雰囲気です。次代のエースにはリプニツカヤをおしたい。ラジオノワはちょっと緊張してましたかね。ニュータイプの筆頭ですし、あせることはないですけどね。パゴリラヤは2Aが抜けたのが痛かった。まあいいでしょう。

個人的にはしつこいようですが、佐藤夫妻の指導が実りつつあるようでよかった。きっちり間に合ってますからね。浅田が回り道で苦しんでいても、長い目でみよう、佐藤夫妻を信じようと言い続けてきたつもりです。サンキュー信夫先生。サンキュー久美子。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2013(1):男子シングルSP

古田敦也のプロ野球ベストゲームみたマイク松ですこんにちは。斉藤和巳のプレーオフゲームだったのですが、なにより当時のヘッドコーチ、白井さんの知略の力ですよね。別に和巳のせいじゃない。そして今、白井さんがハムに復帰してめっちゃしごいてるんですよね。こりゃ強くなる。イハラ.vs.白井さんは孔明.vs.司馬懿の戦いみたいになりそうです。

さて、今日からグランプリシリーズファイナル。福岡でやってるんですよね。みにいきたかったです。というか福岡いきたい。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルSP。実況は振動、解説はサノさん。

織田信成将軍。「コットン・クラブ」。最初に4Tにいきますが転倒。カメラが近すぎてよくわかりませんでしたが悪くなかった感じ。3Aはばっちりでした。スピンはポジションを変えながらしっかり。ステップからの3Lz+3Tは流れのあるいいジャンプ。将軍らしさが出てました。スピンからのステップは楽しそうに滑っていました。世界の趨勢とは異なる道を歩んでも、将軍らしさが出せるというのはすばらしいですね。80.94。

ハン・ヤン。「バイパーズ・ドラッグ」。おもしろい入りからの3Aは流ればっちり。さすがいいジャンプ跳びますねー。4Tはすばらしい入りでしたが豪快に転倒しました。これは珍しいですね。すごい距離の出た豪快な転倒。というか今年GPSデビューですし無理ないか。お客さんがいっぱいなのもわりと珍しいですからね。3Lz+2Tは当然3-3の予定でしたが、ルッツで詰まってしまいました。でも小芝居もおもしろいし、表現力も高めてますね。ステップから高速スピンでフィニッシュ。まあしょんぼりしますよね。次々。77.75。

マキシム・コフトゥン。こちらもGPSデビュー。「フラメンコ」。4Sはステップアウトでコンビネーションにならず。でもまわってます。続く4Tは転倒でコンビネーションにできませんでした。やっぱ固いですね。そして3Aもシングルに。やはり緊張してますね。しかしステップは細かいし勢いもあります。やはり脚も長いし。スピンでフィニッシュ。ファイナルで緊張しなくてもいいんですが。68.92。だいぶしょんぼりしてますね。どんまい。

羽生結弦。はーいスターでましたー。たのしみですね。「パリの散歩道」。いい滑りですねー。今日は気分良くいってほしい。スピードに乗った滑りから4Tばっちり!完璧ですね。ドーナツスピンもポジションがきれいだしサノさんがいうように回転が速い。シットスピンのポジションもユニーク。ステップからの3Aもばっちり。入りも工夫してますね。3Lz+3Tもクリーンすぎる。もうノリノリでステップ。動きにも確かにアクセントがついてるし、スターオーラ満載。最後のスピンまでやってくれました。うわーすごい!人が上の方からどどーって降りてきて、プレゼントを投げ入れています。相撲の呼出を連れてきて、危険ですのでプレゼントを投げ入れないでくださいとかいうてもらいたい。足の踏み場がない感じでした。スタースタースター。今日はオーサーもほくほくですね。99.84!あらー。すごい点でましたー。あはははは。

町田樹。ここではやりにくい。でもがんばれ町田。「エデンの東」。いい雰囲気作ってますね。4Tは前向きに降りてきました。ダブルのカウントかな。3Aはしっかり降りました。これはいいジャンプ。この音楽に乗ったスピンがいいんですよねー。3Lz+2Tはなんとかコンビネーションにしました。3-3にしておきたかった。ステップも大きく盛り上げていきました。スピンでフィニッシュ。うーん4回転跳んでおきたかったですねー。65.66。うわー出ない。これはひどい。

パトリックちゃん。今日はいつもとは心境が違いますよね。100点出すか。「エレジー」。一気にスピードに乗りました。4T+3Tをしっかり決めてきました!やはり決めるかー。エッジワークもすばらしい。どんどんスピードに乗せてきます。しかし3Aで手をついてしまいました。今日は3Aうまくいかなかったかー。スピンからいいステップで入ったのですが、次が2Lzになりました。タイミングがよくなかったですね。ステップはほんとに物語をしっかり紡いでくる。音楽の解釈が深いです。スピンでフィニッシュ。いつもならまあまあいいんじゃないのとかいうんですが、今日はスターがあの点数ですからね。87.47。十分とはいえ、ハニューに10点以上差がつきました。

○SP終わっての順位:
1. スター
2. パトリックちゃん
3. なにげに将軍
4. はんやん
5. コフトゥン
6. 火の鳥

トップはスター。今回はほんとにハニューさんめっちゃえぐいなという感じの、すばらしい演技でしたね。歴代最高得点もまあ仕方ないなというところですが、オリンピック前にいいニュース。FSもがんばってほしいです。あの最後にスピンでよろってしなかったら、100点いってたかもしれないですね。

パトリックちゃんは2位。ジャンプが入らなかったですが、今までなら余裕でトップだったはず。やはりハニューの存在は大きいですね。しかも10点以上差がついてるし。3位はなにげに将軍。気がつけば将軍。霧が晴れたら織田軍。考えてみればそういう強さでした。4回転の失敗は慢心が原因といってるみたいですが、どのへんが慢心できるのかわからないです。富井に聞いてみたら、慢心の意味をわかってないとか、鰻心と間違えてるとかいってました。これはおもしろいです。

ハン・ヤンとコフトゥンは初ファイナルということでだいぶ固かったですね。でもFSはあれこれ気にせず滑ってほしいです。町田は6位。SPでは同じジャンプを2回跳んではいけないのですが、最初の4回転がダブルになり、コンビネーションが3-2になったことで、2Tを2回跳んだことになり、3Lz+2Tがまるまるノーカウントになってしまったようです。これは不運。気にせずFSでがんばりましょう。火の鳥期待しています。

NFL2013 week13 MNF NO@SEA

失格コーラ男。ソリスにいろんな異名がついておもしろいマイク松ですこんにちは
・がぶ飲みソリスの方がおもしろいですが、いろいろつけてみたい
・というかこのおもしろさ、CMとかでいかした方がいいでしょう、コカ・コーラとかペプシとかは早くソリスに連絡を
・ダイエットフードとか、おいしい水関連の企業も要検討・要連絡

・今日はNFLのMNF、NO@SEAです

・week13, MNF, NO@SEA、実況は星野さん、解説は高野さん
・今一番成績がいいSEA、どこが強いのかやっと確かめられます
・NOのオフェンスを止めた後、SEAオフェンス、リンチのランで攻めますが、大事なところではウィルソンのQBランが効きます
・結局最初のオフェンスはFGも、オフェンスはいい感じ
・と思ったらブリーズをSEAのエイヴリルがサック!ベネットが早速ファンブルリカバーTDをかましました!ディフェンス強いですねー
・次のSEAオフェンス、3rd&1からのプレイアクションにディフェンスが総出でひっかかり、ロングパスがミラーに通り、もうちょっとでTDというところまで前進
・最後のパスもやっぱりミラーに通してTD!オフェンスでようやくTDにつながりました
・NOもだまってなく、やっとブリーズからグレアムにTDパスが通るも、返しのSEAオフェンスではFGを決めます
・NOオフェンスはSEAのセカンダリにばっちり守られ、パスが通らない
・前半終了間際に今度はボールドウィンにパスを通しTD!ボールドウィンのぎりぎりのエフォートがTDにつながりました、前半はSEAが圧倒
・後半はパントパントの展開でしたが、SEAオフェンスでロングパスが通るのと、ラフィングザパサーのアシストで前進、最後はコールマンがキャッチしてTD!ほんとはコールマンは一度外に出たのですが、違う人がさわったあとにキャッチしたのでセーフ、ラッキーでした
・このあとNOオフェンスはがんばって攻めるのですが、4thダウンギャンブルを失敗したりして追いつけず、SEAオフェンスも止められましたが、点が入らず試合終了、NO 7-34 SEA

・SEAはウィルソンが22/30,310yds,3TDに加えて、ランでも8att,47yds、このランが要所で効きました
・もちろんリンチも16att,45yds、タービンも後半はボールコントロールに貢献、レシーブはミラーの5rec,86yds,1TDはじめみんながんばってました
・でも今日はなんといってもディフェンス、早めのタックルで1stダウンをとらせず、あの鬼のNOオフェンスをトータル188ydsに抑えたんですからね、そりゃ強いわ
・NOはブリーズが23/38,147yds,1TD、ずっと続いてきた200ydsオーバーの記録が途切れました
・ランはそろいもそろって出ず、レシーブもがんばってましたが、グレアムとスプロールズを徹底的にマークしていた印象
・ディフェンスも悪くない活躍だったように思えるのですが、リンチをケアしていてパスを通されたり、ウィルソンのQBランを止められなかったりと、要所でやられていた感じでした

ミッキー兄さんがタ・イ・ホ☆2013・冬

ソリス勝利。減量に負けて試合に勝った。近頃なかなかないおもしろいエピソードだなと思うマイク松ですこんにちは。楽しませてもらいました。階級上げてがんばってほしいです。カメダも王座は守れてよかったですね。

さて、そんなソリスでもかなわない、おもしろアスリートがジャパンにはいるんですよ、母国に帰ったらコトミツキの名前を伝えてくれると助かります。

そう!みなさんはお忘れかもしれませんが、相撲界に燦然と輝く実力者(特に稽古場)であり、もっとも悲惨なレベルで角界をツイホーされた、永世大関ミッキー兄さんのことですよ。もう番付とか関係ない。永世の冠をつければミッキー兄さんはいつでも大関なのです。便利だな永世。

そんなミッキー兄さんはあきらめない気持ちを世間に教えるために係争中なのですが、家族を支えるために焼き肉店を経営していたのですが、久しぶりに名前を聞いたと思ったら、なんとタイホされてしまったようです。ツイホーのあとはタイホ!さすがミッキー兄さん!オレたちがやらないことを平然とやられてのけるッ!そこにシビれる!あこがれないィィィ!

永世大関のコトミツキを逮捕、不法就労助長した疑い

どうもお店を任せていたもと力士の人もいっしょにタイホされたみたいですが、不法就労していた外国人を店員として雇っていたようです。店員ももと力士でも雇ってあげれば美談だったのですが、番頭役の人はもと力士なので、半分いい話って感じですね。半分はいい話、半分は犯罪。グレーグレー。

もちろんミッキー兄さんは脳的にあずかり知らぬことなので否認。もう否認は慣れてますからね。たいへんですががんばってしらばっくれてほしいと思います。

まあ聞く話によるとかなりダークサイドに墜ちているなという感じですよね。まもなく暗黒面シスの刺客として巡業に乱入して上位陣を次々と破っていくというようなプルートウ的な展開が待っていると思います。ダース・モール的な両おっつけでゴーエードーと栃煌山を同時に相手にして倒すとか、キセとのおっつけあいからベイダー卿のフォース・ライトニング的な右上手投げで未来の横綱を無残に土俵にはわせるといった感じの。稽古場や巡業では無敵なんだぞ!

しかし!ミッキー兄さんのこのご乱行を悪として片付けてはいけないのです。常に神の摂理に翻弄されている導かれている、ザ・プロビデンスことミッキー兄さん。6場所連続8勝7敗という恥ずかしいグランドスラムを達成しているのもそのせいですよね。

そしてミッキー兄さんに悪いことがあるときは、いつでも角界の危機なのです。そして角界の悪い気を常に感じているからこそ、なぜかオールウェイズゴルゴダの丘なミッキー兄さんに危機が発生するのです。トバーク問題ではM喜の黙示録を派手に締めくくり、それによって角界は破壊的創造的な再生の道を歩み始めました。しかしまだ安心はできないのです。

今回もそうでした。九州場所はさっぱり客が入らず、佐渡ケ嶽部屋ではけが人が続出、菊やカロヤン含め多くが休場。出場している力士もコンディションが悪く、ひきはたきといった消極的な相撲が多かったです。そんなときに出てきたこのミッキー兄さんのタイホ。偶然とは思えません。易きに流れる姿勢の果てにはこのような運命が待っている。相撲をとれる環境に感謝し、土俵の充実を図れ。相撲の神様の叱咤の声が聞こえてくるようではありませんか。

今こそ角界が一丸となって、さらなる土俵の充実を図るべき時。そんなサインが読み取れるミッキー兄さんの久しぶりの登場。もう何一つ見逃さない。そうやって暮らしていこうではありませんか。協会も力士も気を引き締めるときです。そう思えばミッキー兄さんを角界に復帰させてあげようかなというあたたかい気持ちも生まれるはず。だいじょうぶ、仮面力士で結構ですから。

まあいろいろこんな背景があるはずなんですよ。ということで愛知県警の関係者の方々、よろしくお願いいたします。ダークサイドに墜ちていますが、あながち悪い人でもないはずなんです。

NFL2013 week13 DEN@KC

ソリス減量失敗。すてきなニュースだなと感じたマイク松ですこんにちは
・統一世界戦で計量アウトってなかなかない、しかもそのあとがんがん水飲んでいるのがすばらしい
・あまつさえコーラを自販機で買って飲む、すごい
・もう「がぶ飲みソリス」とかいうおもしろネームまでついてました
・どうせチャンピオンには戻れないけど、今後に幸あれって感じです

・さて、NFLはDEN@KCをみました
・week11はデンバーでやられてしまいましたが、今度はアローヘッド、いいようにはやらせはせんぞ!

・やられましたー

・早速結果を書いてしまいましたが、しょうがない

・week13,DEN@KC、実況は船岡さん、解説は生沢さん
・1Qでいい感じでオフェンスを続けますが、エンドゾーンへのパスをINTされてしまいました、あれは痛かった
・しかしそのあとのロングパスをINTして取り返します
・そして最初のTDはKC、ヘミングウェイにいいパスを通して先制しました
・すぐTDを取り返されますが、そのあとデイヴィスがキックオフリターンTDをかまします、これはすごい
・そのあとまたおでこのパスをINTし、返しのオフェンスでファサーノにパスを通してTD、TD2つ分リードします
・ずっとこのままいい展開が続けばいいのに…僕たちはそう思ったんです

・前半最後の方でおでこからモレノにパスが通ってTD、前半終了
・後半はミスマッチになっていたデッカーを徹底的に使って攻撃するDEN
・4Qまでにデッカーに3TDパスを通されてしまいました、きつい
・それでもチャールズのランTDを決め、残り3分でがんばってエンドゾーンに近づきます
・4th&4でクリアすればまだいけたんですが、そのパスも通らず万事休すでした

・1TD差まではいったんですが
・とにかくデッカーへのマークがざるになってしまったのが全て
・DENはデッカーは8rec,174yds,4TDの大暴れ、きつい
・モレノはしっかりおさえていたんですが、なぜかボールに13att,117ydsもやられました
・まあとりあえずおでこは22/35,403yds,5TD,2INT

・KCはスミスが26/42,293yds,2TD,1INT、悪くなかった
・チャールズは19att,93yds,1TD、ヘミングウェイやファサーノもTDキャッチしてました
・でもこの日はすごいでかいドロップが多くて、流れを失ってしまいました
・これで3連敗、そろそろ止めたいですね

フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 ロシア大会(4):男子シングルFS

先日の記事で「あなたのいきたい女子会はどれ?」という問いかけをさせていただきました。

1. コフトゥン女子会
2. 町田女子会
3. フェルナンデス女子会
4. メンショフおじさん会
5. ガチンスキー女子会

まあ僕はメンショフおじさん会ですけどね。マイク松ですこんにちは。富井に聞いても「おじさん会一択だな」といってました。イケメンロシア選手や火の鳥町田があってもメンショフおじさん。スパシーバ!

ということで今日はロシア大会の男子シングルFSです。

フィギュアスケートグランプリシリーズロシア大会、男子シングルFS。実況は振動、解説はサノさん。町田は4位以内に入るとファイナルだそうです。きっとだいじょうぶ。

ミーシャ・ジー。なんかヘヤーの前の方が赤くなっています。紅葉?ワールドダンス・コレクション。3Aをやばい感じで転倒。がばいよー。もう1つも転倒。がばいよー。3Fはいけました。よかった。GPSデビューだし滑りはうまくなってるんですが。3Loからスピン。ルンバになってからはいい顔しています。こんなに表情もつけられるようになりました。ルンバは得意そう。3Lzはなんとか。3F+2Tのセカンドは手あげ。2Aから3S+3T+2Loを決めてきました!よしよし。スピンからステップシークエンス。いい表情をしっかりつけてるし、体も良く動いてますね。あとはジャンプに安定感が出れば。ロックになってからはさらに激しくなってきました。おもしろい。応援したいです。190.28。

リチャード・ドーンブッシュ。「ビートルズ・メドレー」。最初は手上げの3Lz。勢いがありました。4Sに挑みますがここは豪快に転倒。切り替えましょう。3Aは流れよく成功。スピンはなかなか軸が安定してます。ステップは曲をよく聴いてます。このへんは小芝居スキルがいきる部分ですね。後半になり、3Loはいけました。3A+3Tは着地微妙でしたがなんとかいけたか。3Lz+1Lo+1Sは3-1-3のコンビネーションだったか。もったいない。曲が変わって3Fは成功。2A+2A+SEQもいけました。コレオシークエンスはだいぶ疲れてるみたいですが、なんとかがんばりました。4Sの転倒はありましたがほかはしっかりまとめましたね。215.45。

ペーター・リーベルス。背中が青いです。ジャーマンパワーという旗が出てます。「リヴ・フォーエヴァー」。4Tは回ってましたが踏みとどまれず手をつきました。2A+3Tは予定は3-3。3Lzはいけてます。ステップは躍動感をしっかり出してます。まずまずの序盤。つなぎの部分でもうちょっと動いてほしいですね。3Aは転倒。ちょっと痛そうですね。がんばれ。3Lz+2Tはほんとは3連続。ステップからの3Sは流れよく決めました。3Loもなんとか。スピンから2Aを決めてコレオシークエンス。最後のスピンまでがんばりました。ジャーマンパワーをもっと発揮できたらよかったんですが、スピードがなかなか出ませんでした。197.65。

アルトゥール・ガチンスキー。地元選手の登場に盛り上がる。「アンナ・カレーニナ」。4Tは決まりませんでした。そんなに簡単にジャンプ戻りませんよね。3Sは自重してます。3Aはステップアウト。スピンの終わりとかは見事な姿勢なんですけどねー。3A+2Tを決めた後、おもしろガッツポーズみたいな振り付け。3Lzも決まりましたが、どうもエレメンツごとに切れてる感じですね。ステップはさすがにうまいし存在感がある。3Loからつなぎの部分には存在感があるのですが、コレオシークエンスの中でかっこいい振り付けがあり、場内ももりあがりました。最後はしょんぼりポーズでフィニッシュ。持ち直したとかがんばったとかいわれてますが、ロシアのエースとしてはこれではしんどいんですよねー。211.49。サノさんは衣装の材質をほめていました。

コンスタンティン・メンショフおじさん。がんばれー!「アレグロ」ほか。おじさんの衣装にはノーコメント。最初の4Tはばっちり!流れありましたからここは単独でしょう。次の4Tはトリプルに納めました。3Aはちょっとうしろに体重かかってましたがリカバー。3Lzは手をつきました。どうもジャンプの軸が傾いてますね。3A+3Tは予定をアップグレードして成功させました。いいぞ。3Sからつなぎの部分にも工夫があります。3Lo+2T+2Tを成功。スピンも工夫があります。年の功。ステップは後半で疲れてますがよく動いてます。2Aからスピンはいいポジションでした。最後はコレオシークエンスでフィニッシュ。やった!がんばりましたね。223.03。お・じ・さん!お・じ・さん!

ハビエル・フェルナンデス。「ピーター・ガン」より。スパイ的なやつですね。4Tはまわりすぎてフェンスにあたりました。足だいじょうぶかな。4Sはステップアウト。キレはいいんですけどねー。3Aで転倒。まじか。3A転倒とか。ステップはなめらかなエッジワークを自在に使ってます。後半、4Sに挑みますがこちらも転倒。3Lz+2Tは成功しました。セカンドは手あげ。3Lo+2Tも決まりましたが3-2。3Fはダブルに。コレオシークエンスはさすがに盛り上げてきますね。3Sを間に入れています。スピンでフィニッシュ。うーんジャンプが決まりませんでしたが、確かにこのプログラムはばっちり決まったらかっこよすぎますね。オリンピックまでにどう立て直してくるか。きっとやれますよ。226.99。ChSq前の2F+1Lo+2Sは跳びすぎでノーカウントになりました。あー。

町田樹。きました。がんばれ!ストラヴィンスキー「火の鳥」。最初の猛烈な鳥パートを経て4Tは手をつきました。流れは切れてないですね。4T+2Tは決めてきました!実況どもうるさいよ。音楽との調和も高まってますね。3A+3Tもキレ抜群でしたね。ヘヤーの乱れがちょっと鳥っぽいのもすばらしい。ステップは躍動感が鳥がはねるよう。技術感じます。音楽変わって鳥のおだやかさが。こういう表現力もいいです。3Aはステップアウトも演技の一部みたい。それだけ雰囲気作れてます。安定したスピンから3Loは確実。3Lzも間をおかずに成功。3F+2T+2Loもてきぱき成功。3Sも決まりました。すぐコレオシークエンスにいきますが、音楽と調和した演技。コンビネーションスピンでフィニッシュ!最後のポーズが戦国武将と鳥の雰囲気が出ていました。すばらしいです!これはいい演技でしたね。257.00。よしよし。キスクラではいつもの床机座り。ちょっと足を気にしてますが大丈夫でしょうか。

最後はマキシム・コフトゥン。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」。スピードにのった滑り。4Sはまわってましたが転倒。ちょっと傾いたか。惜しい。次の4Sはダブルになりました。どこか痛めてなければいいけど。4Tは成功させました。こらえましたね。スピンも回転が速い。ステップはピアノによくあわせてます。こういう滑りもできる。3Aは成功。3Aはステップアウトでコンビネーションにならず。3Lzはシングルになりました。調子よくなさそう。3S+2Tからスピン。コレオシークエンスでも一生懸命滑ってます。もうちょいもうちょい。がんばれ。2Aからスピンでフィニッシュ。なんとか滑りきりました。240.34。おおー!ファイナル出場ですね!

○最終結果:
1. 町田女子会
2. コフトゥン女子会
3. フェルナンデス女子会
4. メンショフおじさん会
5. ドーンブッシュ女子会

火の鳥・町田が逆転優勝ですね。これでGPSファイナル進出も決定しました。どんどん風格、というか戦国武将度が上がってきている町田。今は本物の戦国武将の末裔よりも戦国武将っぽいです。ファイナルでもがんばってほしい。負けられぬ戦いが続きます。

2位はコフトゥン。FSは力を出せませんでしたが、しっかり2位確保。強さが光りました。3位はフェルナンデス。あんなひどい演技でも3位。逆にすごい。オーサーなんとかしてあげてー!

4位はメンショフおじさん。がんばりました。振動は「オリンピック代表はプルニイサンとメンショフの一騎打ちとかいってますが、とんでもない。メンショフおじさんを忘れないで。KYMOでいきましょう。空気読まないメンショフおじさん。5位はドーンブッシュ。いい演技でしたし。ガチンスキーは6位になりました。あー。

宇宙通ロッテ古谷

片岡黄泉瓜へ。この補強狂いはほっとくとして、またオリックスが断られています。上司は憤慨しています。いや憤慨というよりもおとなしく嘆息という感じです。この嘆息をなんとすると考えるマイク松ですこんにちは。

なんともできないので、おもしろニュースを紹介したいと思います。もうタイトルのインパクトがすごい。

宇宙通ロッテ古谷が球界初科学館一日館長

ロッテといえば最近はGG48のダンスがあって話題になったり、ワクワクさんがわくわくの交渉を行ったりしていますが、こんな話題もあるわけですね。これでこそロッテ。

古谷はどうも宇宙に対してかなり造詣が深いようで、それを聞きつけた千葉市科学館が一日館長のオファーをしたそうです。もちろん古谷も前向きに考えているようで。いやいいことですよね。

それにしても宇宙通ですよ。フットボール通、フィギュアスケート通、大相撲通、野球通。スポーツ以外にも蕎麦通などいろんな通があるわけですが、宇宙通は意外な展開です。古谷は宇宙の起源に興味をもったり、今度の彗星にしょんぼりしたりしているようです。

でも宇宙通ですからね。どのくらいのレベルまで追い求めれば宇宙通といえるのか。たとえば僕らはフィギュアスケートの試合をみてブログに記事を書き、ときどき試合やアイスショーを見に行き、あまつさえ宇宙刑事ホンダバンとかサンデュ先輩とか勝手にいっているわけです。人によっては通といってもらえるかもしれませんが、実際まだまだですよね。

フットボールで考えると、毎週フットボールの試合をみて、スーパーボウルの日は国民の祝日にしてほしいと思っていたり、あまつさえ、フレディ・ミッチェルを探せとか考えているわけですが、フットボール通の分岐点はやはり、過去にプレーしたことがあるかというのが結構影響していると思います。知識量が全然違う。宇宙通もやはり、「これがあるならそりゃ宇宙通っていってもいいよな」というのがほしいですね。たとえば宇宙の名前を冠した決め球をもっているとか。

  • ギャラクシアン・ストレート
  • ネビュラ・カーブ
  • アトミック・サンダー・カットボール
  • ブラックホール・フォークボール
  • コズミック・スライダー
  • スペースインベーダー・チェンジアップ

ほとんど聖闘士聖矢のフィニッシュブローみたいになってしまいましたが、どれか実現したらそれは宇宙通かも。

ほかにも行動で示してみましょう。

  • 毎週プラネタリウムに通っている
  • 新しい星や銀河をみつけてみる
  • 星の写真をみただけで名前がいえる
  • 宇宙にいってみる
  • 自主トレはNASAで
  • 宇宙語検定3級
  • 友達の友達が宇宙人
  • 宇宙人のサインをもっている
  • メトロン星人と対話してみる
  • 実は宇宙人だった

最後のは宇宙通というか星人ですね。異星人は登録的には外国人扱いになるんでしょうか。