Archive for 1st 2月 2014

フィギュアスケートカナダ選手権2014(2):女子シングルSP/FS

宇都宮がギョーザ日本一奪還。おめでとうございます。マイク松ですこんにちは。また食べに行きたい。浜松も好きな街なのでがんばってほしいですが、うなぎもあるしお茶もあるしなんでもある。ぎょうざは宇都宮にあげてください。

今日はカナダ選手権、女子シングルです。男子ほど盛り上がらないかもしれませんが。

フィギュアスケートカナダ選手権、女子シングルSP/FS。実況は赤平さん、解説は由希奈はん。久しぶりー!

ジュリアン・セガン。顔が丸いです。久石譲「人生のメリーゴーランド」。3F+3Tはファーストで詰まってセカンドは回転が足りなさそう。2Aは流れがありますね。レイバックスピンは難しいことはやってないけど軸は超安定してます。3Lzはなんとか成功。コンビネーションスピンはまずまず。ステップはもっと難しくできそうだけど、全体的に笑顔で滑っているのはとてもいいことです。スピンでフィニッシュ。がんばりました。51.50。顔がすごい赤い。のびやかなスケーティングができるようにがんばれと由希奈はん。

ベロニク・マレー。3Lo+2Tから入りました。ゆったりとした音楽の雰囲気をよく出せてます。3Fはしっかり踏んばって成功。いい流れです。コンビネーションスピンはとても質が高い。2Aも流れよく決めて3つそろえました。レイバックスピンも軸が安定。マレーこんなにうまかったでしたっけ?ステップはまだのびるスケーティングができそう。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いいSPになりましたね!57.00。両端のコーチガッツポーズ。由希奈はんも今後に期待だそう。

アメリー・ラコステ。2枠目に飛び込めるかな。「フィーリング・ビギンズ」。3Lo+2Loから入りました。見た感じなかなかパワーのある体を作ってきているみたい。3Fもしっかり成功。テンポがいいです。シットスピンはまずまず。ステップから2Aもとても流れがいい。しっかりここにあわせてきてますね。ステップもスピンもさすが安定してますね。良くも悪くも。SPはこれでいいでしょう。61.27。

オズモンドの特集VTRが作られていますさすが現カナダのエース。

アレイン・チャートランド。バトルとウィルソンが振り付けだそうです。「トロン」。3Lz+3Tはセカンドで転倒。最初はいけてただけにもったいない。3Loはその前のステップから流れよく成功。シットスピンは回転が速いですね。レイバックスピンはいいポジション。チェンジエッジもがんばってます。ステップはキレのある動き。こんな選手いたのか。ステップからの2Aもきっちり跳んで、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。音楽にもよくあってましたし、しっかりできました。でも転倒が痛かった。53.89。

ガブリエル・デールマン。まだジュニアでもやってるらしい。すごいスピードの助走から、3Lz+3Tを決めてきました!すごいジャンプですねー。ステップからの3Fはダブルに。もったいない。レイバックスピンも回転速度がある。動きにすごくキレとパワーがあっていいですね。キャメルスピンから片手ビールマン。前にターンを入れての2Aも流れがあります。ステップもエッジののびもあるし、もちろん動きはパワフル。コンビネーションスピンもしっかり表現していました。なるほど。58.38。勢いのある選手で楽しみと由希奈はん。

ケイトリン・オズモンド。間違ってもオズモンドがオリンピックにいけないという事態は避けてほしいです。「スイート・チャーリー」より。速い助走から3T+3Tを決めました。しっかりふんばって。ステップからの3Fはビッグジャンプでした。流れもおっけー。レイバックスピンはさすが手足の長さで見栄えがします。つなぎの部分の余裕はさすがエース。2Aもきっちり決めて3つそろえました。ステップは観客を巻き込む表現力がありますね。カナダはこれでいいでしょう。コンビネーションスピンまでしっかりやりきりました。よしよし。70.30。よかったよかった。

FS。

ジュリアン・セガン。「ジジ」より。3Lzは転倒。左にいがんでしまいました。3Sは流れに乗っていいジャンプ。加点つきます。3Fは手をつきました。ちょっと跳ぶのが遅かったか。コンビネーションスピンはがんばってレベルをあげてます。2A+3Tを跳んできました!これはがんばりました。3Lz+2Tは今度は成功。がんばりました。3Tはツーフット。ジャンプが得意なのか苦手なのかよくわからんです。レイバックスピンは軸がしっかりしていました。ステップは細かくいっぱい踏んでますね。動きのあるプログラムではあるのですが、もっと全体に単調にならないようにしないと。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。151.25。

アレン・チャートランド。地元なので声援が多いです。「ドクトル・ジバゴ」より。3Lz+Lo+3Sをなんとかかんとか。予定と近いのかな。3Fは流れがあります。終わってからの姿勢がいいですね。3Loは転倒。コンビネーションスピン2つは回転が速いしがんばってレベル上げてます。ステップはもっと音楽にあわせていきたいところ。2A+3Tは手をつきました。3Lzは転倒。3S+2Loと跳んできます。全部決まってないですが恐れず跳んできますね。コレオシークエンスはよく表現できています。2Aを跳んでフィニッシュ。ジャンプをもう少し決められれば。161.46。でもいいトライアルでした。スピンで得点がとれてるとのこと。

ベロニク・マレー。「ファニー・ガール」。3F+2Tから決めました。3Lzはエッジがどうだったか。由希奈はんも「トリプル…ルッツ!」っていってました。3Loも成功。出だしがいいです。スピンもいいしつなぎの部分の滑りにも流れがある。3Tも成功。つなぎも工夫してます。3Fは手をつきました。シットスピンは回転が速い。ステップはほんとに細かくて、表現力もある。由希奈はんはカナダの大会だと周りが赤い色が使ってあってすぐわかるといっています。演技みて。3Loはクリーン。大きなイナバウアーを挟んで、2A+2A+SEQは2つめで転倒してしまいました。あー痛い。スピンでフィニッシュ。なかなか演技全体にいい解釈がありました。165.20。もう少しミスが少なければ。惜しいです。

ガブリエル・デールマン。上を狙っていきましょう。2位はそんなに難しくない。3Lz+3Tはすごいビッグジャンプ!高くてすごいですね!これは持ち味。2A+3Tもしっかり成功。3Fは手をつきました。キャメルスピンは回転の速いドーナツポジションになりました。レイバックスピンは回転も速いし。ビールマンで少し遅くなりました。3Lzも跳ぶ前の流れがありました。そして高い。2Aもいいし、3S+2T+2Tはなんとか。由希奈はんは「トリプルサルコウ、ジャンプが続きまーす」と豪快に省略。新しい。3Loからコレオシークエンス。ここも激しい動き。コンビネーションスピンから最後は高速スピンでフィニッシュ!これはいい演技でしたね!転倒ととられないか心配ですが、持ち味をいかしたいい演技できました。182.47!おーいい点でましたね!転倒はとられてないみたい。

アメリー・ラコステ。大きなミスは許されないですね。「アメリ」。最初の滑りはさすがベテランです。最初は3Loから。じっくりいきましょう。3Lzはダブルに。3F+2Tはいけました。スピンを堅実に決めて、ステップはさすがに音楽をよくとらえています。解釈も進んでる。後半、ここから大事。3Fはシングルに。シングルはやめてくれ。2Aは足をつきましたね。3Lo+2Lo+2Loを続けてきました。レイバックスピンからコレオシークエンス。このへんの表現力いいですね。3Sは前向きに降りてきました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。終わってがっかりしていました。間違いなく技術はあるのですが、ジャンプが決まりませんでしたね。166.69。

ケイトリン・オズモンド。すっきり1位で決めましょう。衣装がきらきらしています。しっかり最初から雰囲気作ってますね。3F+2Tからスタート。たぶん入りは3-3のような気がしますが自重してます。2A+3Tはオーバーターン。3Lzはしっかりふんばってます。オズモンドもわりと足首でリカバーできるタイプなんだろうか。つなぎの部分もしっかり演技してますね。3Sはパワーでリカバー。3Fも高さがありました。3T+2T+2Tをここでもってきました。レイバックスピンは手足の長さがいきますね。2Aでジャンプ終わり。ステップはよく雰囲気作ってるし。コンビネーションスピンからコレオシークエンスでフィニッシュ。もう終わる前から大歓声でした。十分でしょう。プレッシャーに勝った演技でした。207.24。由希奈はんが「はー、すごかったなー」っていってました。客か。

○最終結果:(イズミヤ的な)
1. オズモンドヤ
2. デールマンヤ
3. ラコステヤ
4. マレーヤ
5. チャートランドヤ

オズモンドがみんなの期待にこたえて優勝、ソチオリンピック出場を決めました。オマエがロシェット姉さんのあとのカナダを支えるんだ。いつかまたフィギュアスケートの選手がたくさん出てくる日まで。

もう1人のオリンピック代表はデールマンになりました。あのパワフルなビッグジャンプが効きました。武器を磨くためにオリンピックの経験がいきるでしょう。がんばれ。ラコステは3位でオリンピックに届きませんでした。カナダも世代交代ですね。4位はマレー。マレーはもっと長く、もっといい選手になってほしいです。チャートランドもなかなかよかった。

由希奈はんは久しぶりに出陣してましたが、あいかわらずはんなりしていました。選手のセカンドキャリアについて「現役時代に苦労した人は、次のステップでいい結果に…なる場合もありますし」と、引退したら誰でも必ずがんばるわけでもないぞというのを匂わせていたのが印象的でした。さすが貴族。もっとみたいぜ!