Archive for 10th 2月 2014

ソチオリンピック フィギュアスケート団体(7):女子シングルFS

やっとバイアスロンみられたマイク松ですこんにちは。今日は女子7.5kmみましたが、久しぶりにみてやっぱりバイアスロンおもしろいなと思いました。ペナルティループをまわる不条理さとか、1発当たるごとに盛り上がる観客とか。バイアスロンをみるためにぴょんちゃん考えてみたいと思いました。

さてフィギュアスケート団体もいよいよ最終盤。今日は女子シングルFSです。

フィギュアスケート団体、女子シングルFS。実況は振動、解説はジュンジュン。

カナダ代表、ケイトリン・オズモンド。楽にいきましょう。「クレオパトラ」。いい衣装ですね。3F+2Tからスタート。2A+3Tも成功。流れがありましたが、3Lzで転倒してしまいました。がんばれがんばれ。音楽変わって3Sはおっけー。そんなに派手な動きはしないですが、少しの動きで印象づける技術がありますね。後半最初は2Fになりました。3T+2T+2Tは決まりましたね。ビールマンスピンは手足が長く大きなスピンになります。2Aからステップ。よく動いてるし足下もなめらか。けがでだいぶ出遅れてましたが、よくここまで戻してきました。コレオシークエンスでフィニッシュ。しっかり役割を果たしましたね。110.73。もはやカナダの希望、大事に育ててほしいものです。パトリックちゃんカントクもまあまあちゃうかといっていました。

アメリカ代表、グレイシー・ゴールド。1つずつ滑っておいた方がいいですよね。初めてのオリンピック。「眠れる森の美女」。いい滑りしてますね。3Lz+3Tを最初に決めてきました。2A+3Tもいい流れ。テンポがいいです。3Loもキレがある。落ち着いてます。しっかりここまでピークコントロールができてる感じ。コンビネーションスピンは回転が速い。ステップは一転してなめらかで清らかなエッジワーク。つなぎの部分もスピードが落ちてない。3F、3Lzも回転のキレがすばらしい。こんなの全米の時にやってましたっけ。3S+2T+2Tももってきました。ジュンジュンも安定感があると評価。シットスピンも回転の速さが際立ってます。そしてスパイラルはリンクは大きく使って。2Aで笑顔。ビールマンスピンもいいポジションでフィニッシュ!うわー!ノーミスで決めてきましたね!勝ちに来てます。すごいうまくなってる気がする。キャロルおじいちゃんさすがです。129.38!うん、ゴールドはなんかやってくれる感じありますね。

町田戦国大名の髪型がアトムみたいになってる。プルートウにそういうアトムいたわ。

日本代表、鈴木明子。「オペラ座の怪人」。3F+2T+2Loから入りました。エッジどうだったかな。2A+2Tは無理せず。3Lzはいけてますね。キャメルスピンはちょっと動いてますね。ステップはさすがの物語がぎゅうぎゅうに詰まってます。すばらしいエッジワーク。紡ぎ出されているようです。3Fは成功。3Loはあぶないところでした。3S+2Tは成功。コレオシークエンスはほんとにすばらしいです。音楽に乗ってとても軽やか。3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよしいい演技でした。正直個人の前に一度滑っておくのは大きい。鈴木は特によかったと思います。キスクラでしっかり笑いをとっている高橋はすばらしい。おひょいさんのうしろで不思議な髪型の町田はもっとおもしろいです。112.33。TESがダウングレードでのびてないですね。

イタリア代表、バレンティーナ・マルケイ。なにげにマルケイの演技が女子シングルのポイントになりますね。でもいいコンディションぽいですよ。ついにマルケイがオリンピックの舞台に。「ミッション・インポッシブル2」より。2A+2Tから。2-3の予定だったでしょうか。3Lzは高さありましたねー。いいぞ。3Fも決まってます。2Aで前半のジャンプはいけてますよ。シットスピンは回転速くいけてる。レイバックスピンもキレありますね。マルケイもいいピークコントロールができてる感じ。ステップはアピールがうまい。振動は何してるんだ。マルケイに興味ないのか。3Sから後半のジャンプ。スパイラルから3Lz+2Tも決まりました。コレオシークエンスはスパイラルもポジションがいい。3S+2T+2Tでジャンプ終わり。まじか!ここでやっていいんかマルケイ!コンビネーションスピンでフィニッシュ!気合い入ってます!ちょっと心配するほど最高の演技ができてます。112.51!うわ2位です。大盛り上がりのキスクラ。

ロシア代表、ユリア・リプニツカヤ。FSもリプニツカヤ元帥が出てくるんですか。「シンドラーのリスト」。すばらしい滑りから3Lz+3T。失敗する気がしない。間の表現もますます充実してます。2A+3T+2Tをここで入れてきますね。なんという技術。フライングキャメルスピンはディフィカルトポジション。叙情あふれる表情もレベルアップ。ステップは高難度・高密度の構成にチェンジオブペースがすばらしい。3Fから後半。2Aとジャンプが続く中でもその軌跡が物語を生んでますね。3Loも終わりにのびがある。180度開脚のスパイラルから3Sの流れ。3Lz+2Tはちょっとあぶなかったですが大丈夫。レイバックスピンは安定しまくった軸からキャンドルスピン。コレオシークエンスに叙情のクライマックスをもってきて、コンビネーションスピンからウルトラI字スピンでフィニッシュ。あーやってしまいました。パーフェクトプログラム。141.51。すごいスコアでました。プル兄さんカントクもお喜び。

○女子シングルFSの結果:
1. ロシア
2. ユーエスエー
3. イタリー
4. ジャパン
5. カナダ

○女子シングルFS終わっての順位:
1. ロシア
2. カナダ
3. ユーエスエー
4. イタリー
5. ジャパン

リプニツカヤ元帥がすごい演技をみせてました。ジャパンのベンチもだいぶやばいやばいいうてましたが。すべての女子選手を生まれ故郷に送り返す「リプニツカヤのリスト」。スタンド能力みたいだ。そうなる予感がします。他の人どうするんでしょうか。2位はゴールド。ゴールドもいよいよ世界トップクラスの選手として覚醒しつつありますね。何かやってくれそう。

予想以上にがんばったのがマルケイですね。いい演技ができそう。個人のところもこうやってくれると助かります。鈴木は一度滑っていてよかった。ぶっつけじゃないのはいい。浅田も同じです。オズモンドはこの場を踏むことが重要。いきいきすべっていてよかったです。

順位もだいぶ決まった感じですね。最後のアイスダンスFDを待ちましょう。

ソチオリンピック フィギュアスケート団体(6):男子シングルFS

マーが旅客機チャーター。あとでそのぶんもらえるとは思うのですが、すごいなと思うマイク松ですこんにちは。無事につけてよかったです。今はマーの記事を書く余裕はないのですががんばってほしいです。

フィギュアスケート団体、今度は男子シングルFS。あえて誰が出るかを最初に見ないようにしているので、そういう楽しみもあります。

フィギュアスケート団体、男子シングルFS。実況は振動、解説はホンダバン。

日本は町田が登場します。すごいリンクサイドで気合い入っている町田が。戦国大名モード全開です。余の出番だな。

イタリア代表、ポール・ボニファチオ・パーキンソン。「クイーン・シンフォニー」。4Sに挑んできましたが転倒。練習しとこうぜ。3A+2Tはしっかり成功。3Aは成功しましたがそのあとで転倒。もったいないわ。コンビネーションスピン・キャメルスピンはてきぱきと決めてきます。ポジションもいい。ステップはリンクを大きく使ってます。3Lz+2Tは成功。ちょっと巻き足になってるんですよね。2A+1Lo+2Sにしてきました。3Fも、3Loも決めました。最初以外のジャンプは結構いい感じですね。最後の3Lzはダブルに。シットスピンでフィニッシュ。とにかくオリンピックの舞台で1回でも多く滑れるのはとてもいいことですよね。121.23。みんな喜んでくれてます。ありがとう。

アメリカ代表、ジェイソン・ブラウン。ジェレミーとかアボットとかいう人からチェンジしてきました。まあ大丈夫でしょう。「リバーダンス」。いい入りです。2Aから成功。3A+3Tを決めてきました。落ち着いて滑ってますね、ジェレミーとかアボットとかと違って。キャメルスピンはキャッチフットポジションで高速スピン。いいですねー。3A単独もしっかり。コンビネーションスピンも軸がいいですね。ステップは上下の動きもあるしリズムにのってます。3Lz+1Lo+3Sは最後で転倒。惜しいですねー。3F+2Tはしっかり成功。2Aもいけました。スパイラルから3Lzは片手あげ。コレオシークエンスもいきいき滑ってます。疲れてますががんばれ。3Loからコンビネーションスピンでフィニッシュ。おー上出来です!会心の笑顔。これはやりましたね。153.67。ワグナーがよくやったじゃない!みたいな声をかけてます。右端でオレいらんかったんちゃうん…という人がいます。

カナダ代表、ケビン・レイノルズ。オリンピック初登場ですね。がんばれ。「エクセルシウス」。4Sをスムーズに成功!トリプルみたい。4T+3Tもばっちり。3Aはステップアウト。キャメルスピンはドーナツポジションまで。音楽変わってもしっかりつなぎの部分も叙情的に演じてます。後半で4Tもきっちり決めました!いいのかケビン、ここでそんな演技して!2A、3F+2Loもテンポよくぽんぽんと成功。アップライトスピンもポジションがいいですね。3Lzは疲れてても跳べる。3S+2Tも決めた。コレオシークエンスも最後の力を振り絞る。がんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ!やりましたねケビン!パトリックちゃんがいなくてもカナダは戦えることを示しました。長年のケビンファンとしてはここでこんな演技して大丈夫かと思うのですが。167.92。おーいい点出ました!コーチがめっちゃ喜んでる。

裏でアップをすませ(具足をつけて)、(床机に)座ってゼリーを食べて(湯づけを食べて)いる町田。戦国大名や!なんなんだその威厳は。

ロシア代表、エフゲニー・プルシェンコ兄さん。ここで他の人たちに任せられればいいんですが、プル兄さんは出てくるでしょうねー。「ベスト・オブ・プルシェンコ」らしいですよ。4Tは詰まりましたが成功。3Lzも決めました。ここは自重してるみたいですね。3Aもキレあります。キャメルスピンはしっかりいいポジションで。「シェヘラザード」になって不思議な振り付けも披露。3A+2T+2Loは最後は微妙でしたが決めてます。3Lz+3Tも決めましたが、次は2Sになりました。「トスカ」になって2Lo、2Aと跳んできます。シットスピンの回転も速い。気合いの入ったステップからコンビネーションスピンでフィニッシュ。まあ団体だしフルで滑っているわけではないみたいですが、役目を果たしているというところですね。でもほかのやつらには任せないと。168.20。まじか。あれでケビンより上なんか。

日本代表戦国大名、町田樹。せっかくのオリンピックの舞台、得点関係なくいい演技してください。「火の鳥」。鳥っぽさに磨きがかかってますね。4Tは流れがあるいいジャンプ。次の4Tはトリプルになりました。計算大丈夫かな。3A+2Tはほんとは3-3だったような気もしますが、計算あわせてるんですね。スピンをてきぱき追えてステップに。ほんとに音楽をよく解釈して、鳥っぽいんですよね。スローパートに入り、3Aも大きなジャンプ。キャメルスピンは軸がぴったりきまってます。3Lo、3Lzもクリーン。いい演技してます。3F+2T+1Loから3Sでジャンプ終わり。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。最後の顔がすごい!余はやりきったぞ的な決意を感じましたね。すばらしい演技でした。きっと大名は次もやってくれるでしょう。165.85。PCSが伸びないですねー。うーん。

○男子シングルFSの順位:
1. ロシア
2. カナダ
3. ジャパン
4. ユーエスエー
5. イタリー

○男子シングルFS終わっての順位:
1. ロシア
2. カナダ
3. ユーエスエー
4. ジャパン
5. イタリー

プル兄さんがトップにきました。名前が効いてましたかねー。PCSの出方が違いました。2位のレイノルズは4回転3つ決めてるのに。町田大名もいい演技したのに。とはいえがんばりました。

団体全体の順位は1位ロシア、2位カナダはだいぶ決まってきましたね。3位から5位はまだわからんところ。

ソチオリンピック フィギュアスケート団体(5):ペアFS

2年間続けためんどくさい仕事をさらに2年間やってほしいという命令を受けて、勘弁してくれと懇願する夢をみたマイク松ですこんにちは。不吉不吉!もういや!

ということで今日もフィギュアスケート団体戦。決勝のFS/FDに入りました。まずはペアFSです。

フィギュアスケート団体、ペアFS。実況は振動、解説は若松さん。

高橋・木原。自由にやってほしいです。「レ・ミゼラブル」。3T+2Tを決めてきました!いい出だしです。2Twも堅実。ラッソーリフトはワンハンドで回転。3Sも成功。いけてますね。振動あんまりしゃべらんとって。3LoThはツーフットになりました。次のリフトもなんとか。ソロスピンはよくあわせてます。リフトはローテーションもスムーズ、降ろすのもスムーズ。3SThはステップアウト。Dsからペアスピンで、最後はお姫様だっこでフィニッシュ。よく役割を果たしてくれました。86.33。

アメリカ代表、カステリ・シュナピア。こちらもエースをもってきました。「007 スカイフォール」より。シュナピアの背中に007って書いてあると最高なんですが。3Twは高さありました。3Tはきっちり。4SThに挑みますが両足。さすがにすごい衝撃なんでしょう。でも挑んできましたね。ソロスピンはよくあわせてます。こういうところはしっかりできる。3Sはカステリが転倒か。リバースラッソーリフトはシュナピアがパワーでワンハンドホールド。3SThは余裕を持って決めました。Dsからペアスピンは音楽の使い方もうまい。スターリフトはいいポジション。キャリーへ変化。アクセルラッソーは大きなリフト。最後は銃を構えてフィニッシュ。ジュベールお父さんへのオマージュも入っていていい感じでした。117.94。これはいい仕事しましたねー。

イタリア代表、ベルトン・ホタレク。「魔神ドラキュラ」より。ホタレク入りがぼんやりしてますよ。映ってる映ってる。3T+2T+2Tから決めてきました!大技もってきてますね。3Twはまずまず。3Sはベルトンが転倒。軸が傾いてました。ソロスピンは意図的なのかというくらい最初から最後まであってませんでした。スパイラル部分で落ち着こう。3SThは余裕をもってメイク。スターリフトはポジションチェンジもスムーズ。1つ1つ決めていきましょう。Dsはベルトンのポジションもいい。リバースラッソーリフトはすごいワンハンドホールド。3LoThもしっかりふんばって決めました。最後のリフトもしっかり決めて、ペアスピンでフィニッシュ。アメリカの上にいくというミッションは果たせそう。120.82。ベルトンは転倒が痛かったみたいで冷やしています。

カナダ代表、カーステン・ムーア=タワーズ&ディラン・モスコビッチ。カナダは切り替えてきましたが2位に入ればおっけーです。「フェリーニ」メドレー。滑りが速い。3Twは高さを出しながら、スピードも全然落ちてない。3T+3T+SEQを成功。3Sは手をつきました。Dsは音楽の効果的なところで出してます。すばらしい。ペアスピンも物語の1つの要素になってる。3LoThは後半にもってきてます。つなぎの部分もとても効果的、リフトも入りも降りもスムーズでエレメンツとしてすばらしい。キャリーリフトは長い長いリフト。ソロスピンは高速スピン。速い。それでいてあわせてきます。3SThもドラマチックな部分できっちり成功。リフトを決めて、最後の部分で手がつなげませんでしたがまあいいでしょう。129.74。ほんとカナダのペアは2カップルで差があんまりないですね。この時点でトップで役目は果たしました。

ロシア代表、クセニア・ストルボワ&ヒョドル・クリモフ。ロシアも切り替えてきましたね。「アダムス・ファミリー」より。3Twは高さばっちり。3FThを決めてきました!2番手とはいえレベル高いです。3T+2T+2Tはストルボワが3-1-2になりました。リバースラッソーリフトは終わってからもすぐ表現に入れる。Dsはクリモフが持ち手をチェンジしてもまったくスムーズ。ソロスピンはまったくずれてない。ぴったりあってました。やりますね!CuLi的なつなぎの部分、スパイラルも効果的。音楽変わって新しいお父さんステップみたいなのをはさんで、2Aを成功。バックワードラッソーリフトは降ろした後の流れがスムーズ。ペアスピンはポジションチェンジを足替えなしであがったり下がったり。スターリフトは入り方がアグレッシブでした。3SThは距離がよく出ていました。クリーンプログラムで決めましたね!エース出さなくてもこの演技できました。135.09。トップにきました!エースなしで。

○ペアFSの順位:
1. ロシア
2. カナダ
3. イタリー
4. ユーエスエー
5. ジャパン

○ペアFS終わっての順位:
1. ロシア
2. カナダ
3. ユーエスエー
4. イタリー
5. ジャパン

1位はストルボワ・クリモフ。世界チャンプを出さなくても1位。というかこいつらもメダルにからみそうですね。2位はカナダ。しっかり2位を確保したのは大きい。イタリアは頑張りましたね。意外に強いベルトン・ホタレク。アメリカと日本は順当ですかね。

ソチオリンピック フィギュアスケート団体(4):女子シングルSP

せっかくの日曜、昼間にいろいろみて追いつきたいところでしたが休日出勤だったマイク松ですこんにちは。明日おやすみをとったので、明日バイアスロンみたいと思います。

さて、フィギュアスケート団体も盛り上がっていますね。チーム戦が結構おもしろいんだということはなんとなくわかってきました。今日は女子シングルSP。これで決勝進出チームが決まります。

フィギュアスケート団体、女子シングルSP。実況は振動、解説はジュンジュン。必ずしも各国がベストメンバーでくるわけではないんですね。

カナダ代表、ケイトリン・オズモンド。カナダの金メダルはオマエ次第なんやで。がんばれ。「スウィート・チャリティ」。3T+3Tをしっかり確実に成功。さすが調子戻してきてますね。3Fもしっかりもちこたえて流れ作りました。レイバックスピンは回転が安定してます。長い手足をいかした見せ方も上手い。つなぎの部分もしっかり踊れてます。イーグルから2Aと成功させてジャンプそろえました。ステップのエッジワークもなめらかです。しっかりジャッジへのアピールもできてる。シットスピンからコンビネーションスピンは回転の速さもありました。さすがカナダの希望!しっかりと自分の仕事はできましたね。62.54。カナダチームもほっとしているようです。

中国代表、張可欣。李子君じゃないんですね。まあいいか。「ペイント・イット・ブラック」。いい滑りから3T+3Tをしっかり成功。いいジャンプです。3Lzも高さがありましたね。レイバックスピンも回転が速いし安定してます。キャメルスピンはドーナツポジションも安定してます。2Aも決めて3つそろえた。ステップはよく上半身を使ってますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ノーミスで決めてますね。これはいい演技。キスクラではみんなが盛り上げてますね。54.58。PCSが出てないですねー。やっぱりスピードが足りないのとつなぎの部分が影響したか。

イギリス代表、ジェナ・マッコーケル。「イマジン・オーシャンズ」。がんばれマッコーケル。3F+2Tから入りました。よく決めた。3Tも流れがあってグッド。この前みたときは全部ミスってたのに。ちゃんと合わせてきてますね。ビールマンスピンでちょっと軸がずれましたが大丈夫。2Aも決めました!今日は全部決めましたね。コンビネーションスピンからステップ。今日はのってますね。久しぶりにこんなうれしそうなマッコーケルみましたよ。できればこれは個人にとっておきたかったですが、やっぱりそういうやつなんでしょう。あまりの演技にカップル競技のやつらが後ろで踊ってます。50.09。やったやった。

ウクライナ代表、ナタリア・ポポワ。「アランフェス協奏曲」。3F+2Tはしっかり成功。つなぎ部分もよく動けてます。ステップからの3Tもいい流れ。キャメルスピンは片手ビールマンにもっていきました。今日のポポワいいですねー。2Aも決めて3つそろった。コンビネーションスピンはI字スピンに。これもいい。ステップはチェンジオブペースも効いてるし。がんばってるポポワ。レイバックスピンはビールマンスピンでフィニッシュ。これはいい演技!やっぱ団体だとみんなのためにがんばろうってなるんかな。こんなポポワ久しぶりです。53.44。

ドイツ代表、ナタリー・ヴァインジール。結構いい選手ですよ。「フィーヴァー」。3T+3Tは間にターンが入りましたがなんとか。セカンドでトリプルつけましたよ。ステップからの3Lzもなんとかふんばりました。レイバックスピンは回転が速い。ビールマンになっても落ちませんでした。しかし2Aで傾いてしまって転倒。うわー。なんとしても決めたかった2Aでした。ステップは躍動感をよく出してます。体がよく動いてる。このスタミナも魅力のところ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やっぱりしょんぼりしますかね。大丈夫やで。52.16。

フランス代表、マエ・ベレニス・メイテ。「クエスチョン・オブ・ユー」。最初の動きからよくなってますねー。3T+3Tは高さありました。若干ステップアウト気味ですが大丈夫。3Loもしっかり成功。加点つきそう。キャメルスピンはいまいち。2Aはでかいジャンプでした。コンビネーションスピンは回転も速い。そしてステップ。ここは見せ場。上半身の動きでみせます。リズムをしっかりとれてるし。レイバックスピンからビールマンでフィニッシュ。しっかりいい仕事できました。55.45。オズモンドまだトップか。もうちょっと出るだろという顔のみんな。

アメリカ代表、アシュリー・ワグナー。「クレイジー・ダイヤモンド」。すごい気合いだ。3F+3Tをまず成功。ギターの音もなんかいつもと違うような迫力を感じさせる。コンビネーションスピンもしっかりまわりながら、気合いをみせてます。イーグルからの3Loも流れよく成功。小スパイラルから2Aもクリーンです。ステップも踊る1つ1つの振り付けに気迫を込めていますね。最後のレイバックスピンは回転速度を上げてフィニッシュ!いやー気持ち気持ち。気持ちを感じました。これでこそワグナー。一発一発が必殺技という気迫でした。63.10。あれ?あんまりのびない。1位にはなったけど。コンビネーションジャンプを回転不足とられてるらしい。

ロシア代表、ユリア・リプニツカヤ。すごい声援だ。こんなちっちゃいやつに国の威信がかかってるとは。「愛はまごころ」。いい滑りから3Lz+3Tを決めてきました。さすが。2Aは流れと終わりのポジションがすてき。キャメルスピンはディフィカルトポジションに。ステップはすごい難度のステップ。密度が濃すぎる。スパイラルから3Fも決めた。レイバックスピンはキャンドルスピンに変化。コンビネーションスピンはI字スピンに。しっとり決めました。さすが強い!緊張しつつも鋼のハートをもっていました。新型の性能は違うぜ。技術の粋を尽くしたSPでした。72.90。ぐわー。

日本代表、浅田真央。緊張してますかね。でも気合いも入ってる。「ノクターン」。滑りの質が高い。3Aはツーフットで転倒。まあここからです。3Fはしっかり成功。キャメルスピンの軸もしっかり。3Lo+2Loでコンビネーションにしてきました。ステップはチェンジオブペースがすばらしい。それをエッジワークで表現してる。レイバックスピンからビールマンスピンでフィニッシュ。よしよしいい演技でした。3Aは1つでも個人の前に跳んでおいた方がいいですからね。64.07。3Aはダウングレードになってるんですねー。町田が点差を計算して決勝おっけーやでといっていました。

イタリア代表、カロリーナ・コストナー。「アヴェ・マリア」。3T+3Tを流れよく成功!まじか!3Loも高い!成功!スパイラルもしっかり入れてキャメルスピンに。もはや教会音楽のような神聖さを出しています。レイバックスピンもゆっくりなスピンが効果的に。スピードに乗って2Aを流れよく成功!3つそろえました。ステップは深いエッジワークで密度じゃなく美しさとなめらかさ、清らかさで勝負。あたってます。コンビネーションスピンもしっかり決めてフィニッシュ!あまりにばっちりで、個人の前にこれやってしまっていいんかなと思ったくらい。すばらしいです!70.84。うわーキスクラにほとんど全員のイタリアチームが登場。おー!イタリア決勝進出ですか!

○女子シングルSPの結果:
1. ロシア
2. イタリア
3. ジャパン
4. ユーエスエー
5. カナダ
6. フランス
7. チャイナ
8. ウクライナ
9. ジャーマニー
10. ユーケー

○女子シングルSP終わって予選全体の結果:
1. ロシア
2. カナダ
3. ユーエスエー
4. ジャパン
5. イタリー
6. フランス
7. チャイナ
8. ジャーマニー
9. ウクライナ
10. ユーケー

1位はリプニツカヤ。鉄のハートをもってる。アップでなわとび跳んでるのはほんとボクサーかと思いましたよ。強いです。2位はコストナー。長年のコストナーファンとしてはこのへんでいっぱい転倒しておいた方がいいかなとさえ思いましたが、やっちゃったものは仕方ない。おかげでイタリアが僅差の中で決勝進出です!パーキンソンがびりだったのからよく持ち直した。日本は浅田が3位で決勝進出。上出来です。ワグナーが4位。こちらもジェレミーとかアボットとかのハンデをよく挽回しました。ありがとう。助かります。オズモンドは5位。あのメンバーの中でよくがんばりました。