Archive for 12th 2月 2014

ソチオリンピック 競技いろいろみました

奈良の廣瀬神社でおこなわれた砂かけ祭の映像をニュースでやっていました。かなりハードコアな奇祭に見えました。ただ砂をかけあうだけなのでそれほど奇祭じゃないはずですが、みんな砂を防御するためにかなりあやしい格好をしているのが原因だと思います。かっこいい。

今日はフィギュアスケートがないので、遠慮なくほかの競技をみたいと思います。フィギュアスケートをやる日とほかの競技をやる日は、明確に分けておいてもらえると助かるのに。

昨日の夜から今朝にかけては男子モーグルみていました。もう世界の潮流はダブルフルツイストとコーク1080をそろえないと優勝が狙えないんですね。ターン点重視なのは変化がないにしても、エアでいい実施だけでは勝てないのはむしろいい傾向だなと思いました。

実況はにってれの寺島さん、解説はオレたちの三浦豪太さま(以下豪太)ですが、豪太は相変わらずの要領を得ない解説で助かります。わかってない人が解説するといらっとすると思いますが、豪太はわかっていないのではなくいってることが要領を得ないだけです。そして何よりモーグル含めスキーが大好きです。だからすてきなのです。だから楽しめるのです。

とにかく豪太は海外の選手の名前もよく知ってるし、歴史にも詳しいし、技の解説ははずさないのですが、選手の名前をファーストネームで呼びます。「アレックスの滑りは完璧です」「ミカエルのおかげでモーグルは別次元に」など。なぜか日本選手だけは西選手とか遠藤選手とか丁寧に呼んでいるのですが。それをにってれの寺島さんはいちいち「ビロドーですね」「キングスベリーが与えた影響は」などとラストネームをフォローします。寺島さんは普段何しているか知りませんが、モーグルをよく勉強していてよかったです。
フリースタイルスキー女子スロープスタイルもみました。あのショーン・ホワイトもあぶないからやらないといった殺人的なおそろしいコース。中でも3つあるキッカーの3番目は一番でかいだけにスピードがつかないと飛び越えられず転落するという、ほんとに誰得な厳しいコースです。それでも果敢に挑戦する選手達。3位になったラメーアの「ゼロスピン」、スイッチからキッカーにはいって、回転せずに後ろ向きに降りるというのがすばらしかったです。一見簡単な技にみえますが、後ろ向きに入って回転しないのは実はすごい怖いんだと豪太の解説で納得。ちゃんと評価されてよかったです。

女子カーリングの初戦、韓国戦もみました。頼みの小野寺がインフルエンザで倒れたらしくこの試合は欠場。吉田がセカンドで出場しますが、いつの間にか小野寺がいないといつもの攻めができなくなっていました。さすが小笠原が三顧の礼で迎えただけありますね小野寺。早く戻ってきてください。おだいじに。

そして今は男子ハーフパイプみていました。ショーン・ホワイトってすごい昔からやってますけどまだ27歳。そして予選から圧倒的な得点をたたき出していました。さすがレジェンド。平野も平岡もいい滑りしていました。

もっとゆっくり、2ヶ月くらいかけてやってくれればいいのになー。