Archive for 16th 2月 2014

ソチオリンピック フィギュアスケート:男子シングルFS

昨日の深夜はフィギュアスケート男子シングルFSがありました。ご存じですね。昔なら全部見てから寝るのですが、今はなかなかそれもできません。なので早めに寝て、朝起きてみることにしました。昔ならこっちの方が難しいですが。

朝食べるものも準備して、なるべく早く寝て、朝から見始めれば早送りすれば会議に間に合う。万全のスケジュールを組んで、早めに寝て、朝を迎えました。

番組が録画できていませんでした。

いや昨日確認したって。絶対したって。なぜ失敗する。番組が始まるまで見届けないといけないのか。それってタイマーの意味ない。寝るのも遅くなるし。なぜ失敗する。

ここまで自問自答して、厄年のせいだと思い当たった次第です。厄年ならしょうがない。万全の準備をして録画に失敗する。これが厄年じゃなくてなんでしょうか。

もう燃え尽きた感半端ないですが、起きてしまったので、早めに出社して仕事してました。仕事に向かうときウォークマンをかけたら、いきなり「スリラー」がかかりました。そんなスリラーモーニングを経験したマイク松ですこんにちは。マイケルは偉大です。

ということであとで録画しても半分くらいしか放送されていませんでした。ということで急遽NHKオンデマンドであみることにしました。もはや選択肢はないのですが、みてみたら結構いい画質。いい時代になったものです。これでポエムカット機能があるともっといいのですが。

そう!なんかしらないけど実況はポエムなんです。SP鳥海さんやったやん。なんでオマエがしゃしゃり出てくる。鳥海さんがダークサイドに墜ちたのかと思いましたが、なんぼなんでも人にはなれるでしょう。頼むからあまりしゃべらないで。

フィギュアスケート、男子シングルFS。実況は無念ながらポエム、解説はホンダバン。

イスラエルのアレクセイ・ビシェンコから。「ノストラダムス」。3A+2Tは間にターンが入りましたがおっけー。ここで4Tに挑みますが転倒。ナイスチャレンジ。2Aは軽々決めました。コンビネーションスピンからステップ。結構軽快。いい選手です。3F+3Tを後半に決めてきました。ジャンプは得意なんですね。と思ったら2Lz。3Fも決まりました。3S+1Tでジャンプ終わり。コンビネーションスピンでフィニッシュ。第一滑走にしてはよくがんばりました。結構今後に期待。177.06。

ウクライナのヤコブ・ゴドロザ。「ウエストサイド物語」。シンプルな衣装です。3A+2Tから入りました。いい出だし。3Lz+2Tはなんとか成功。3A単独も成功。3F+2T+2Tは間にターンが入りましたがなんとか。いけてますね。キャメルスピンはキャッチフットポジション。ステップは上半身はよく動いてます。3Lzはなんとか。3Loは手をつきました。2Aは決まりましたね。コンビネーションスピンからマンボパート。ステップを入れながら3S。ステップは苦手そうですねー。でもコンビネーションは回転が速かったです。がんばりました。182.19。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。フィリピンの新星。富井のお気に入りです。「マラゲーニャ」。ちょっとした動きもうまいですね。センスあります。3A+2Tを最初にメイク。プチスパイラルを挟んで3Lz+2T。これも決まりました。3Fはダブルに。キャメルスピンはドーナツポジション。そこからコンビネーションスピンになりました。いろいろ技もってる。ステップも上下の動きを入れてよくがんばってる。3Fは手をつきました。3Aは微妙でしたがなんとか。もっとつなぎの動きがほしいが、3Lzもふんばりました。2A+1Lo+3Sを終盤に決めてきました。ジャンプを1つ1つ決めてます。シットスピンからみなごろしイーグル。クチピーに捧ぐ!2Aをダイレクトに決めて、コレオシークエンスも動きがいい。コンビネーションスピンは最後はビールマンスピンでフィニッシュ。やりますね!フィリピンのリトルハニュー。まだまだ成長しそうです。184.25。

ポエムはホンダバンをまったく無視してるのが気に入らない。無視するならしゃべらないやで。

ルーマニアのゾルタン・ケレメン。158.76。3A+3Tから入りました。これは決まりましたが、次の3Lzは転倒。でもすぐ立ち上がります。3Fはステップアウト。3Aもステップアウト。SP同様ジャンプがうまく決まらないですね。高さが足りないのかな。キャメルスピンのポジションはきれいです。ステップもリンクを大きく使った長いステップ。3Loはスライディングのように転倒。がんばれ。3Lzも転倒。回ってはいますね。3Sはなんとかふんばりました。コレオシークエンスもがんばってます。2A+2A+SEQは決まりました。最後まで演技したのは立派です。次につながるでしょう。どんまいや。

NHKオンデマンド、超いいじゃないですか!みてない人でラキムの演技が見たい人、ラキムが気になる人、あとラキムって誰?っていう人はぜひ!

カザフスタンのアブザル・ラキムガリエフ。きましたー!!ちょっと冬ソナっぽいぞ。何か間違えてないかラキム!「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」。なかなか叙情ある導入。3S単独から入ります。独創的ィ!スピードに乗った滑りから3F+2T+2Tを決めてきました。よしよし。おちゃめなステップに入るときのどかな音楽になりました。3Aはステップアウト。キャメルスピンは音楽に乗っていい雰囲気。まあラキムが滑ればそうなりますけどね。ステップはシリアスな音楽なのに謎の笑顔。ラキムクオリティ。つなぎの部分もよくやってる。3A+1Lo+2Sはついコンビネーションをつけてしまったみたいな感じになってますが、やっぱり3連続を2回やってるといわれてます。数えてやって。3F、3Lo、2A+2T+SEQとジャンプを跳んできます。コンビネーションスピンから質の高いシットスピンでフィニッシュ。十分に自分の演技をやってくれましたね。世界にもこれがラキムだといえそうです。しかし!後半の3連続がやっぱりノーカウントになってしまうらしい。ラキム特例で認めてやってほしい。でもまあ世界の舞台でそんなぽかをやってしまうのもラキムだ。174.40。おつかれさま。

エストニアのヴィクトール・ロマネンコフ。「カルメン」。パンチでスタート。3Aは腹ばいに落ちてきました。大丈夫か。音にあわせてパンチキック。2A+3Tはセカンドでツーフット。3Lzはシングルに。A字スピンのポジションはいいですね。ステップはいつもの音楽ですがもう少し工夫がほしい。次のジャンプは転倒。次も1Lz、1Aとシングルジャンプが続きます。こういう演技なのか。2T、2Sとなかなか苦しい。がんばれ。シットスピンは回転速く回れてる。コレオシークエンスでは会場も盛り上げていました。このままフィニッシュ。しょんぼりしていましたががんばりました。139.99。

第2グループ。

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。オマエの演技見られてよかったよ。ワールド・ダンス・セレクション。最初はタンゴ。このへんの踊りもちゃんとできるんですよね。3Aはなんとか。ちょっと回転が不安。3Lzはいけました。つなぎ部分もちゃんと表現。いいぞ。3Fも決まりました。ステップの振り付けも自分で考えてるんですよ。そこから3Loは流れがありました。キャメルスピンはポジションがいい。そこからマンボに変わります。3Lz+2T+2Loは音楽の「ウッ!」にあわせて。見事。3F+2Tを決めてますます元気。ステップからの2Aもいい流れ。3T+3Tを後半でなんとか決めてきます。今日はいい滑り。ステップシークエンスを満を持して展開。このへんもがんばってる。最後はロックンロール。すごい盛り上がってます。コレオステップはなんだかわからんけどテンション高い。そのままフィニッシュ!すごいいい演技でした!点は出ないかもしれないけど、ほぼノーミスでしたよ。ばっちりでした。最後の曲は今までボーカル曲とみなされて減点されていたのですが、やっぱり替えてきませんでした。いいでしょう。それでこそです。世界にはこういう減点覚悟で自分のやりたい放題スケーティングをする人がいるんです。203.26。おっ!減点されてないです。やっぱオリンピックやしね。

ベルギーのヨリク・ヘンドリックス。「ラプソディ・イン・ブルー」。3A+2Tは間にターンが入りました。3Aはオーバーターン。3Lz+3Tはちゃんと決まりました。しかもいいジャンプ。ステップはよく体が動いてます。大きな動きができてますね。ホンダバンもスケートがよくのびているとのこと。そしてドーナツスピン。そんなんできるんや。3S+2T+2Tを決めました。3Lz、3Fと決まってきてますね。後半は持ち直してきてる。3Loからシットスピンへ。思い切ったイーグルからコレオシークエンス。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。もう少しつなぎ部分と表現があればよかったですが、結構ジャンプがよく決まりましたね。214.04。パーソナルベストを更新。コーチとともに喜んでます。

アメリカのジェレミー・アボット。きました。とにかく自分と有香ちゃん、ジャンセンコーチのために滑るんだ。オマエの演技みせてくれ。「エクソジェネシス交響曲」。叙情的な導入。最初は3Tからきました。流れがある。それでいいわ。3A+3Tを決めてきました。シットスピンは安定している。これだけでレベルとれますね。複雑なステップから3F+2Tと堅実なジャンプ。それでいい。難しくなくていいから。オマエの演技をするんだ。ステップは持ち前の表現力がエッジワークに出ている。よく音もとれてますね。これがアボットの滑りです。2Aから後半に入ります。大きな3A、3Sとジャンプを決めてきてます。3Lz+2T+2Tも決めた。そうだアボット。オマエの滑りできてる。その調子だ。2Aからアップライトスピン。静かな終盤のコレオシークエンス。いろいろなものが伝わってくる。すごく迷いを振り切った表情。大事なのは金メダルじゃなくて。オマエの滑りなんだ。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。納得の滑りでした。それが見たかった。僕を含めて、会場の人たちに記憶されることでしょう。232.70。4T跳んでないのにFSのパーソナルベスト。

フランスのフローラン・アモーディオ。「バラ色の人生」ほか。顔芸で場内が沸きます。すごいな。3Sから入りました。4Sに挑みますがダブルになりました。3Aはもちこたえました。キャメルスピンからつなぎ部分。ここがアモーディオの見せ所。ステップにいきます。今までとは違った躍動感。このへんの切り替えは見事。曲が変わって3Aは手をつきました。2Aは成功。3Lzはステップアウト。3Fはアウトエッジだったか。次は2Sになりました。スピンの後投げキッスでコレオシークエンス。スピンでフィニッシュ。場内は盛り上げましたが、アモーディオはもっとおもしろい滑りを取り戻さないと。ミーシャ・ジーとは違う覚悟を取り戻そうぜ。フランスチャンプなんだから。198.64。

チェコのトマシュ・ベルネル。「オブリビオン」。ポエム黙って。静かに。4Tで転倒。がんばれ。「次はどうか」とかもいらん。一言もしゃべるな。4Tはツーフットか。3Aもいけました。3Fといい流れできてますよ。ステップはさすがの表現力。特別なことはしてないのに。スムーズなエッジワークはそれだけで語るものがあります。アップライトスピンから音楽変わります。3A+3T決めてきました!ベルネルのなめらかな滑りが戻ってる。3Loも安定してます。3Lzはダブルに。どんまい。2A+1Lo+2Sからシットスピン。静かに回転したあとで音楽変わってコレオシークエンス。すばらしいですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。この大舞台で、自分の滑りができる、そしてチャレンジできるまでに戻ってきた。もうそれだけで十分です。232.99。

カナダのケビン・レイノルズ。もう挑むだけですね。転倒しませんように。4Sは流れよく決まりました。よっしゃ。4T+3T+2Loをここで成功!4-3-2ですよ!でも転倒しなければいいから。3A+2Tも跳んでキャメルスピンに。ちょっとゆっくりか。つなぎの部分もしっかり入れてますよ。ステップは足下でも結構がんばってるんですが。後半で4Tを決めてきました!3つ入れましたね。2Aはトリプルの予定だったか。3Fからコンビネーションスピンはディフィカルトポジション。曲が変わって手拍子もらった。3Lzも決めてる。もうちょっとだ。がんばれ!3S+3Tも決めました!きたきた!コレオシークエンスでもしっかり盛り上げる。高速スピンでフィニッシュ!やった!やった!転倒しなかったわー!自分の演技できました。ここでもう1回、自分の演技ができる運もってたわ。でもだいぶアンダーローテあったみたいですね。でもいい。転倒しなかったから!222.23。

第3グループ。

カザフスタンのデニス・テン。きたきた。いい演技できますように。「お嬢さんとならず者」。4Tをきっちり降りてきました。よっしゃ。3A+3Tもいいジャンプ。いけてますよ。3Aも流れがある。しっかりピークあわせてきてますね。ステップは軽やかかつしっかり表現できてる。しっかり難しい音をとれてますね。すばらしい。キャメルスピンはドーナツポジションも。ここまでいいデニス・テンも久しぶりです。3F+1Lo+3Sをリズムよくてきぱきと成功!よっしゃ!3Lz+2Tも成功。このままいこうぜ。3Loも成功。がんばれ。3Fは手をついた。2Aはステップアウト。だいぶ疲れてますね。がんばれ。カザフスタンの人たちのために。シットスピンをてきぱきと周り、またコレオシークエンスで音楽表現がすばらしい。最後の力を振り絞ってコンビネーションスピンでフィニッシュ!やった!デニス・テンがやった!ほんとにほんとに久しぶりのいい演技を、この大舞台で!キャロルおじいちゃんも喜んでます。255.10。よっしゃ!キャロルおじいちゃんのマフラーかわいい。

フランスのブライアン・ジュベールお父さん。お父さんイズムみせてくれ。「アランフェス協奏曲」。4T+2Tは詰まりましたが成功!いいぞ。4T単独も成功!お父にゃーん!3Aももちこたえてますよ。3Loとジャンプ連続して成功。いけてる。スピンを手早く終えて、ステップにいきます。さすがのエッジワーク。お父さんステップとかに隠れがちですが、確かな技術あります。3Lzはダブルに。どんまい。2Aとジャンプが抜けてますね。3Fは決まりました。会場に力をもらって3S+2T+2Tを決めました。シットスピンも速い!コレオシークエンスも情感がこもっています。チェンジオブペースも素晴らしい。コンビネーションスピンから、最後は小さいステップでフィニッシュ!すばらしかったです!なんか深く心を揺さぶられました。お父さんの滑り、王者の滑り、王者の表現でした。やっとここまでたどり着いたんですね。ただのジャンパーじゃない、スーパーな存在になれた気がしました。お父さんありがとう。231.77。

スウェーデンのアレクサンダー・マヨロフ。ここまできたら上狙おうぜ。場内の声援も大きい。「アーク・エンジェル」。スピードに乗って4Tはオーバーターン。悪くない。速いしうまくなってるぞマヨロフ。3Lz+3Tは間にターンが入りましたが成功。ジャンプの質は高い。3Loはなんとかかんとか。コンビネーションスピンも軸が安定してます。ステップは間の表現がちゃんとできてる。ただステップやるだけじゃない。このへんはきっとマヨロフの強みになる。後半に入って3Lz+2T+2Tを成功。しかし次は1Aになりました。がんばれ。ここまできたらもうちょっとだ。3F+2Tを決めました。コンビネーションスピンはちょっとトラベリング。3S、2Aを連続してメイク。コレオシークエンス。疲れてるけどがんばれ。シットスピンでフィニッシュ。なんとか滑りきりました。この舞台の経験は大きく成長させることでしょう。がんばったよマヨロフ。224.86。

チェコのミハル・ブレジナ。「シャーロック・ホームズ」より。ヤンキー座りからスタート。4S+2Tを決めてきました。いいぞ。ブレジナもこの大きな舞台で。と思ったら3Aはシングルに。4S単独も決めた!よっしゃ。シットスピンからステップ。このステップは大きくて躍動感があります。ブレジナのいいところが出てる。前見たのよりいいですね。3A+2T+2Tは成功。さっきの失敗はひきずってないです。3F+3Tはセカンドで転倒。うーんきつい。ほめるといかん。3Loもいけました。3Lzからコレオシークエンス。よく動けてます。2Sからコンビネーションスピン。めいっぱい表現してフィニッシュ。ジャンプが抜けるところもありましたが、ここにしっかり仕上げてきてました。233.62。

ポエムは3連続とか2連続とか、回転数をいうだけなら黙ってて。そのほかも黙ってて。頼む。4年に1回やから。

中国のハン・ヤン。「美しき青きドナウ」。3Aはでかい!すごいジャンプ。加点つきまくりそう。4T+3Tをまたいい形で決めてきます。いいぞ。上を追っていこう。3F+2Tはクワドルプルを変更。いいかもしれない。がおーってして音楽変わります。ステップは軽やかな構成。ただのジャンプマシンじゃないところがハン・ヤンのいいところ。作り込んでます。キャメルスピンはキャッチフットポジション。3Loがシングルになりました。3Lz+2T+2Loは決まりました。持ち直していこう。3Fも踏んばりました。クロスフットスピン音楽変わる。3Lzは手をつきました。中盤からちょっと疲れてきてますね。それでも3Sも決めてます。コレオシークエンスはバレエジャンプも高い。シットスピンでフィニッシュ。がんばりました。初めてのオリンピックでいい演技できました。ハン・ヤンは大きくなりそう。246.20。

戦国大名町田樹。がんばれ町田。鳥になれ。「火の鳥」。いいスピードで入っています。4Tは転倒。これは珍しいですねー。さすがオリンピック。4T+2Tは今度は成功。ここからいこうぜ。3A+3Tも決めました。よっしゃ。シットスピンは質が高い。回転も速い。ステップはよく体が動いています。音楽変わって3Aは踏んばりました。3Loも成功。3Lzと安定してきましたね。3F+2T+2Loも跳んできた。3Sと決めてジャンプおわり。コレオシークエンスで全部出し切れ。コンビネーションスピンはさまざまなポジションを1つ1つ丁寧にまわって、最後の武将顔でフィニッシュ!助かります!253.42。おー!思ったよりいい点出ました。ちゃんと評価されました。

最終グループは全部やってくれるみたい。さすがにね。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ピーター・ガン」より。4Tを決めてきました!さすがフェルナンデス!4S+2Tはキレ抜群です。のっていこうぜ。3Aはぎりぎり踏んばりました。シットスピンは回転速くポジションもいいです。ステップはエッジワークの見事さ。楽しんで滑ってます。このへんはさすが。スローパートもしっかり切り替えられてますね。4Sはトリプルになりました。それでもいいわ。次も2Lz+2Tになってる。3Loは決めた。立て直していこう。3F+1Lo+2Sは最後がダブル。スピンもてきぱき回ってコレオシークエンス。場内も盛り上がってます。その流れで最後の3Sを決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ!いつものパーフェクトな演技ではなかったけどいい滑りできました。でも僕もおかしいなと思いましたが、最後の3Sはコンボ扱いになるのでノーカウントになるそうです。なんかおかしいなと思っていたんですが。253.92。うわー。デニス・テンに届かないのか。最後4S跳んだらよかったのに。

高橋大輔。もう何もいわない。がんばれ。「ビートルズ・メドレー」。4Tはツーフットですね。次は3Lzに変更。ホンダバンはわかってますね。それでいい。3Aも流れがありました。ステップはメリハリの付け方がほんとにすばらしい。高橋軍も盛り上がります。別次元の表現です。コンビネーションスピンも安定してます。3A+2Tはアクセルがツーフット。3Lz+3Tは決まりました。がんばれ高橋。3Loもぱぱっと。3Fと成功です。いけてる。3Sはあぶなかったですがなんとか。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。高橋のよさがすごく出てる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ここまでくる大変さを考えるとほんとすばらしい演技。よかったです。コレオシークエンスは胸を打ちました。もっと楽に滑らせてやりたかった。250.67。

羽生結弦。いい演技になりますように。「ロミオとジュリエット」。スピードに乗ってますね。4Sは転倒!最近みてないです。緊張してるんかな。4Tは流れよく成功。その調子です。3Sはステップアウト。あー珍しい。ステップで立て直そう。でも音楽をよく表現してます。コンビネーションスピンはビールマンポジション。よく考えるとすごいですこのスピン。つなぎの部分の表現もしっかりできてる。3A+3Tを決めてきました!よしよし。3A+2Tは難しい入り方ですがふんばりました。3Loのあとの表現がすばらしい。ジャンプを順番に跳ぶだけじゃない。3Lz+1Lo+3Sは決まりました!よっしゃ。3Lzでジャンプ終わり。もうちょっと。がんばれ。イナバウアーが万人を目覚めさせる。コレオシークエンスは珠玉の出来ですね。最後のシットスピンもテンション高い。コンビネーションスピンでフィニッシュ!よっしゃ!ミスはあったけど十分でしょう!スターの演技できましたよ。280.09。すごい点出てるんだから、元気出せ。

カナダのパトリックちゃん。ノーミスなら逆転できますね。気負うなよ。「四季」。いい滑りできてる。4T+3Tを決めてきました!ぎゃー!これはいけそう。気負うなよ。4Tは手をつきました。3Aはステップアウト。ここは決めておきたかった。ステップは伸びやかな滑り。このエッジワークですね。スピンから音楽が変わる。このつなぎ部分もよく音楽の変化をとらえてますね。3Lz+1Lo+2Sは最後がダブルに。3Lzは決めたが3Loは詰まった。3F+2Tと跳んできます。その調子。キャメルスピンはポジションが安定。きっちりしてます。軽いステップシークエンスのようなつなぎから2Aにいきますがこれもステップアウト。コレオシークエンスは弾むような滑り。最後のスピンもトラベリングしていました。なかなか万全とはいえない滑りでしたがどこか途中で痛めたのかも。275.62。うーん。いい点なんですが。

ドイツのペーター・リーベルス。オマエがどこまでやれるか見せてくれ。4Tは転倒。どんまいや。3A+3Tは決まりました。3Lzもいいですね。もう昔のリーベルスじゃないわ。ステップもいいぞ。しっかり作り込んでるし体も動いてる。つなぎの部分もとてもいいです。3Aはオーバーターン。3Lz+2T+2Tもなんとか。3Sも跳んでる。がんばれリーベルス。3Loは斜めになりましたがこらえた。コンビネーションスピンはだいぶ疲れてますね。1つ1つのジャンプを丁寧に跳んできてここまできた。2Aでジャンプ終わり。コレオシークエンスもここまできた自分を確認するかのよう。コンビネーションスピンでフィニッシュ!いい演技できました。リーベルスの滑りできました。世界で戦える選手になったんだ。がんばったよ。239.87。滑るたびに成長してる。

アメリカのジェイソン・ブラウン。「リウィール・アラウンド・ザ・サン」。最初にスパイラルも入れながら入ります。2Aから成功。3A+3Tはセカンドでツーフット。キャメルスピンはキャッチフットポジションがかっこいい。オリジナリティあります。3Aはツーフット。レイバックポジションからコンビネーションスピン。スピンのよさは武器ですね。ステップは身のこなしがしなやか。いつも笑顔で滑ってるのもいいですね。3Lz+1Lo+3Sはなんとか。バレエジャンプは高いです。3F+2Tも跳んだ。A+2A+SEQになった。3Lzは片手あげ。コレオシークエンスの方が細かいステップで魅了。3Loからコンビネーションスピンでフィニッシュ!気負いなく、自分の滑りができました。ジャンプは決まらないところもあったけど、自分を表現できました。これでいいでしょう。238.37。

○最終結果:
1. スター
2. パトリックちゃん
3. デニス・テン
4. フェルナンデス
5. 町田戦国大名
6. 高橋
7. ハン・ヤン
8. ペーター・リーベルス!?

ハニューがついに優勝です。トリノの荒川姐さん以来だそうで。おめでとうございます。2転倒とらしくなかったですが、あいにくハニューだけじゃなくみんな転倒してましたからね。オリンピックですしよく転倒もあります。でもそれでもトップに立った。がんばりました。スターですからね。フィギュアスケートの女神にも愛されるのでしょう。

パトリックちゃんが2位。つい1年前は誰もパトリックちゃんが優勝することを疑わなかったと思うのですが、時は無情です。今までのがんばりを考えると、優勝させてあげたかったです。これからどうするかわからんけど。優勝にふさわしい選手でした。今までのことがなくなったわけじゃないよ。

そして!デニス・テンが!デニス・テンが3位ですって!?すごい!なんだかわからんうちに3位に飛び込みました。満身創痍の体で戦ってきたテンに、オリンピックの大舞台で最高の演技ができました。いやもうできるだけでよかったのに、まさかの3位。カザフスタン大喜びでしょう。今でも信じられない。でも今までがんばってきましたからね。おめでとうテン。おめでとうキャロルおじいちゃん。

4位はフェルナンデス。最後の3Sがこんなところで大きく響くとは。フェルナンデスを優勝候補にあげる人も多かったと思います。でもまだまだフェルナンデスのスケート人生は続くからね。これからもっともっと大きくなる選手です。

5位は町田。ナイスチャレンジでした。いつでも堂々としていて、人生をかけて挑む姿勢はほんとにすがすがしい。オリンピックは最後なのかもしれないけど、僕らはまだまだ町田の滑りが見たい、声が聞きたい。もっといじらせてくれ。

高橋は6位でした。よくないコンディションの中で、ベストの演技をしようと最大限の努力をしてくれました。ほんとオリンピック近辺は大変そうでしたが、よく最後まで滑ってくれました。メダルなんかいらん。メダルがないと高橋を応援できないファンなんぞこの世にはおらん。

ハン・ヤンも7位。これは次につながるでしょう。リーベルスが8位。…ほんとかなあ。完全に覚醒したと考えていいのかなあ。あとアボット、レイノルズ、転倒しなくてよかった。いい滑りみられました。ジュベールお父さん、ブレジナ、すばらしい演技でした。ミーシャ・ジーのむやみなテンションにも元気づけられました。ラキムはラキムでした。そのほかの選手も含めて、やっぱりFS全部みられてよかった。サンキューオンデマンド。

ハニューはみんながこぞってお祝いしてくれるでしょう。それだけのことをやってのけました。デニス・テンは3位でしたがすでにカザフスタンの英雄になるでしょう。だったら僕はパトリックちゃんとフェルナンデス、町田と高橋、アボットとレイノルズ、そしてプル兄さん。彼らの多かれ少なかれある悔しい気持ちに思いをはせようと思います。いい演技を見せてくれましたよ。自分の演技できたと思いますよ。悔しくてもそのことだけは変わりません。プル兄さんもさぞ無念かと思いますが、楽しませてくれましたよ。僕は彼らのことをずっと覚えていようと決めました。

選手のみなさん、ほんとにおつかれさまでした。