Archive for 10月 2014

NFL2014 week8 GB@NO

・親知らず抜いたあともまだ痛いのに、今度はのどが痛くなってきたマイク松ですこんにちは
・悪化しませんように

・今日はNFL、week8, GB@NOみました
・結構好調なGBに対して、いまいち波に乗れないNOの対戦
・途中まではGBがTDとるとNOもTDとるし、GBがFGとるとNOもFGとるという、ほんとに互角の展開
・GBはロジャースは調子いいし、レイシーのランもよく出てる、NOはブリーズはいつも通りだし、なんか知らないけどイングラムのランがよく出てます
・後半、NOが相手陣で4thダウンギャンブルしますが、これはランをディフェンスがばっちり止めてギャンブル失敗に
・これでGBに流れがいったかと思いました、実際エンドゾーン近くにまで進んだのですが、TDを狙ったパスをレシーバーがはじいてINTされてしまいました
・返しのNOオフェンスで、てきぱきとグレアムに通したあと、クックへの50ydsTDパスが通ってついにNOリード
・GBは点をとりたかったですが、今度はGBが4thダウンギャンブルを狙い、ばっちり止められてしまいました
・その返しのNOオフェンス、今度はグレアムに通してTD!突き放します
・ロジャースはスクランブルのときに足を痛めたらしくいまいち調子が出ず、またレシーバーがはじいてINTされてしまいました
・もちろんその返しのNOオフェンスもヒルにTDパスを通して一気に突き放しました
・その後はTDを取り合って試合終了、GB 23-44 NO

・GBは痛い試合を痛い形でおとしてしまいました
・ロジャースは28/39,418yds,1TDも2INT、ランでも2att,21yds,1TDあげてます
・調子は悪くなかったけど、レシーバーのはじいたところを2INTは別にロジャースが悪いわけでもない
・レイシーは後半ランを封じられて13att,59ydsも、パスで8rec,123ydsとターゲットとして活躍、レシーブではコッブが5rec,126yds,1TDとがんばってます
・しかしディフェンスが粉々に44失点、結構がんばってるような気もしたのですが
・NOはブリーズが27/33,311yds,3TDと一気に突き放す活躍、見事でした
・ランはイングラムが24att,172yds,1TDと大爆発、やっと開花したんでしょうか
・レシーブはクック、グレアム、ヒルが1TDずつ、たくさんのレシーバーがキャッチしてました
・ディフェンスは4sck,2INT,1FFと流れをがっつり呼び込むプレーができてました

・今日の試合の実況はオレたちの野瀬さん、解説は大杜さん
・野瀬さんのいかにも試合を楽しんでいる実況はほんとに楽しそう、大杜さんもおつきあいするようにまったり解説でした
・試合にプラスアルファの楽しみを提供できるのもベテランならではですね

阪神百貨店は明日から「ご声援感謝セール」

福岡ソフトバンクホークス、日本一おめでとうございます!最後まで強かったですね、富井です。・・・ということで残念ながら優勝が決まってしまい、阪神はもう一度甲子園に帰ってくることができませんでした。ああ、今週の虎バンはどういう放送になるのでしょうか。というか、放送するのでしょうか。

大々的なバーゲンを期待していたので、阪神が負けてしまってしょんぼりしているのですが、阪神百貨店は「ご声援感謝セール」があるそうです。なんと、優勝しても優勝しなくても同じセールを用意していたようです。さすがは阪神百貨店!危機管理が徹底しています。そりゃ株式総会を毎年やっていれば危機管理能力も磨かれますよね。

ということで、明日から7日間セールが開催されます。ぱーっとお金を使ってハッピーになりましょう!
たくさん買い物をしてくれると、阪神百貨店もハッピーになりますからね!

町田樹のお母さんがステキすぎ

金子千尋が沢村賞獲得しました!これを読んでいるフィギュアスケートファンの方はまず間違いなく関心がないと思うので、無理矢理書きました。金子千尋一応まだオリックスバファローズのピッチャーです。名前だけでも覚えて帰って下さい。富井です。

野球といえば、ゲスト解説も務めたカープ男子の町田樹。あの後しばらくカープはホントに強かったんですよね。今シーズン世界選手権で優勝したら、ズムスタに町田樹人形を設置して欲しいですね。勝利を運んでくれそう。町田樹といえばスケートだけでなく、そのユニークな発言でも人々を魅了していますね。かねがねこの才能は一体どこから来るんだろうなあと思っていましたが、分かりました。それはお母さんです。日刊スポーツにこうあります。

優勝直後は「ライバルにボールを投げることができた。羽生選手らがどう打ち返し、僕に投げ返してくるか」と町田語録を披露。この日、大阪空港に出迎えにきた母弥生さんは「投げたボール、場外ホームランで打ち返されたりして…」と息子のことを心配していた。

場外ホームランて・・・お母さん、面白すぎる!ホームランならまだしも、場外ホームランって完敗じゃないですか。ビッグマウスが相手の闘争心に火をつけてしまうところをすっと消火して笑いに変えてしまうところがいいですね。まあ、町田くんの言葉は聞いても腹立たしくなる言葉じゃなくて、一回考えないとピンとこないんで大丈夫なんですけど。というか、余計な一言が火をつけて・・・という競技でもなく、他のスケーターたちへの叱咤激励ですからね。だとしても母、ナイスコメント。

それにしても、日刊スポーツは町田樹が好きすぎませんか。町田語録、充実しすぎでしょう。いつか町田樹の本がみすず書房から出版されるのが私の夢なのですが、日刊スポーツなら関係の深い朝日新聞出版からですかね。文庫よりは新書がいいなあ。今年も町田樹のスケート(グランプリシリーズアメリカ大会のSP、FS共に素晴らしかった!)&発言から目が離せませんね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014 アメリカ大会(4):女子シングルFS

ようやく口内炎が治ってきたマイク松ですこんにちは。親知らずを抜いた跡もしんどいですが、口内炎の方がしんどかった。おいしくたべられる喜びです。

今日はアメリカ大会、女子シングルFSです。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子シングルFS。実況は森下さん、解説は荒川姐さん。

オーストラリアのブルックリー・ハン。赤い衣装。台湾映画「言えない秘密」より。3Lo+2Tから入りました。3Lzも決まりました。いい出だし。3Tは予定ではコンビネーションだったらしいけどちゃんと決まってます。キャメルスピンから3S+2T+1Lo。ここでコンビネーションをリカバーしたか。レイバックスピンもてきぱき回ってますね。技術は結構上がってる印象。3Lo、2Aとジャンプしっかり決めてきてる。ステップはリンク全体を大きくまわっていくような。それでいてスタミナもある。アメリカぽい滑りですね。3S+2A+SEQでジャンプ終わり。スパイラルのポジションもいい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これはいい出来!SPとそろってれば結構上にいけたような。上々のGPSデビューでした。150.37。

ミライ・ナガス。SP10位は受け入れられませんね。「蝶々夫人」。3F+3Tはセカンドはタッチあったか。滑りもよくいけてる。2A+3Tも決まりました。3Lzも流れがある。今日はよさそう。ステップはもう少し躍動感がほしいですね。キャメルスピンはドーナツポジションもきれいにとれてますね。3S+2T+2Loから後半。ステップからの3Fもてきぱきと跳んでます。スパイラルからの3Loも成功。いいぞ。ここしばらくないいい出来。I字スピンがきれいですね。イナバウアーからコレオシークエンス。2Aからレイバックスピン。素晴らしいポジションのビールマンスピンでフィニッシュ!おーいい出来!慎重に1つ1つエレメンツを決めていく感じでしたね。そういうのから調子を取り戻していきましょう。158.21。時々回転不足とられてるんかな。

ウクライナのナタリア・ポポワ。グラデーションの効いたいい衣装。「サムソンとデリラ」。3Fから入りました。いい流れ。3Loはオーバーターン。3F+2Tは決まりました。フリップ得意なんですかね。キャメルスピンはキャッチフットポジションがいい趣。こういうのはポポワの武器ですよね。コレオシークエンスでスパイラルをいいポジションで。そこからジャンプ続く。3Tはステップアウト。3S+2A+SEQは高さをもっと出したいところ。3S+2Tはいけました。2Aからコンビネーションスピン。がんばってI字スピンにもっていってます。ステップは最終盤でもスタミナは残ってますね。片足で滑る箇所が多い。最後のレイバックも雰囲気ありました。ジャンプに高さとパワーが加われば、もっと点とれそうなんですが。148.15。

今井遥。今井らしいいい衣装ですね。「ジゼル」。今までと比べてもスピードが出てますねー。速い。2A+3Tをなんとか決めました。3Fもまずまず。着氷が安定してくれば。3S+2Tも決まった。スピンから音楽変わります。つなぎのステップではなかなかかわいい演技。今までのジゼルとは少し違いますね。キャメルスピンから3Lo+2Tを成功。昨日をうまくリカバーできてますね。3Lo単独も決めた。3Sから2Aとジャンプは今日はいいですね!コレオシークエンスでもエッジが深く使えてる。大きなステップ。最後は安定した軸のコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。これからもっと仕上がってくればもっとよくなりそう。157.97。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「宇宙征服」ほか。すごい曲ですね。確かに衣装も宇宙っぽい。3Loは高いジャンプですね。その調子や。3Lzは軸が傾いて手をつきました。3Fと2Aは流れよく決まりました。ジャンプの安定度が増してる気がする。前からこれくらいできてたか。レイバックスピンは加速していました。そしてすぐスパイラルにつなげています。2A+2Tは間にターンが入りました。3Lo+2Tはすぐコンビネーションにできました。3Sはしっかり踏んばった。やはりつなぎの部分はずっと課題としてありますねー。このへんでもっとばんばん踊ったりするとおもしろいのに。ステップは長い手足を使って大きくみせています。ちょっと疲れてますね。コレオシークエンスからコンビネーションスピンへ。1つ1つのポジションをしっかりとっていました。いい出来でしたね!プログラムの密度が上がればもっといい演技にできそう。152.71。

エレーネ・ゲデバニシビリ。「バーレスク」より。3Lz+2Tはルッツの高さよく出てました。これはいいジャンプ!エレーネのジャンプをほめるときがくるとは。3Sはステップアウト。ほめなかったらよかった。3T+2Tは流れよく成功。いいぞ。シットスピンは小さくなったポジション。いいですね。曲が変わってしっかり表現するステップ。もともとこれくらいの表現はできてますよね。エッジがなめらかに使えていて、それで曲表現をうまくできてます。あとはジャンプの連続がんばれ。3Lzは高さ出てた。2A+1Lo+1Sはうまくバランスとれなかった。3Tはいいですね。2Aでジャンプ終わり。今日はよくできてます。音楽変わってコレオシークエンス。よく踊れてますね。最後のコンビネーションスピンまでしっかり元気に演じきりました。いいですね!ジャンプさえ安定すれば、これくらいの表現はできますよね。158.10。

韓国のパク・ソヨン。映画「ロミオとジュリエット」より。3Lzまでの入りがなめらかな滑りでした。3S+3Tを決めてきました。入るスピードも速かったです。3Fと出だしは好調。スピンはがんばろうポイントですね。ステップはなかなか音楽をとらえてますね。表情もつけてる。ジャンプもてきぱきと確実性がありますね。しかし3Loで転倒してしまいました。ほめたとたんに。2A+3Tは成功。レイバックスピンからコレオシークエンス。まだまだ動けてます。2Aからコンビネーションスピン。最後のスピンはまずまずスピードも出てました。切腹してフィニッシュ。ジャンプの安定感を軸に、他もよくしていけばもっといけますね。170.43。

アメリカのサマンサ・シザリオ。カルメン組曲。衣装ですぐわかりますね。最初は3Lo+1Lo+3Sから入りました。ループ得意なんかな。3Tも跳び終わりのアピールがいいですね。跳んだぞー!みたいな。3F+2Tも決めてきます。詰まり感がないですね。コンビネーションスピンはいろいろなポジションがスムーズ。シットスピンもてきぱき。音楽が変わって手拍子が出てきました。3Lzは成功。3Loもいけました。3F+2Tからレイバックスピン。スピンはもうちょっとがんばれそう。ステップはジャッジへのアピールを欠かさない。長いステップをがんばってます。イーグルからの2Aでジャンプ終わり。コレオシークエンスではいいイーグルができてました。そこでフィニッシュ。がんばりましたね!ジャンプもほぼよかったし、曲があってるのかも。174.58。おーいい点でました。

グレイシー・ゴールド。紫の衣装ですね。さすがなんでも似合う。「オペラ座の怪人」より。今年はこれですか。スピード出てます。3Lz+3Tはフェンスにぶつかりそうになりましたが決まりました。2A+2Tは2-3の予定だったか。スパイラルで大きくみせたあと3Lo。コンビネーションスピンも今日はよろってしなかった。スピン苦手な印象はないんですが。キャメルスピンは終わりにふわっとしたいい終わり方ができます。3Fは難しいステップをその前に入れてます。スパイラルからの3Lzもなんとか。2S+2T+2Tに次はなりました。ステップはつなぎ部分も含めていい物語が含まれています。最初から全力でいかずに音楽のタイミングを待っているみたい。2Aからビューティフルなレイバックスピン、最後はコレオシークエンスでフィニッシュ。おもしろい構造ですね。世界観をしっかり表現できていました。演技力は上がっている感じですね。成長してます。179.38。

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。青い衣装できました。気合い入ってますね。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」。スピードがみるみる出てます。3Lz+3Tはファーストで詰まりましたが3Tつけました。3Fも成功。ジャンプの間も何か難しいことを常にしてますね。3Lzもこらえました。そこからステップ。よく動けてるし足下も相当忙しそう。コンビネーションスピンではさまざまなポジションをどれもしっかりやっていました。自由自在の滑りから3Lo+1Lo+3Sを決めてきました。しっかりいけてます。2Aもその前のステップが難しそう。3Lo+2Tとジャンプはほとんどいけてますね。キャメルスピンからコレオシークエンスはスパイラルのポジションをしっかりとれてました。レイバックスピンはパールポジションからビールマンにもっていきました。さすが技術の結晶。新型MSの性能がすごい。195.47!ぎゃー!すごいの出たわ。

エリザベータ・タクタミシェワ。またすごいマダムっぽい衣装だ。そういう衣装しかもってないのか。「Batwannis Beek」アラビアのダンスミュージック。3Lz+2T+1Loから入りました。悪くない。3Lz単独も成功。そうそう、1つ1つエレメンツを決めていこう。3Fはいけてます。レイバックスピンは衣装ともあいまってすばらしい表現力。ただのスピンじゃないですね。シットスピンは小さくなってるのがいいですね。音楽変わって表現パートをしっかりふまえてますね。3T+2Tは3-3の予定だったか。3Loは決まってます。ジャンプが抜けることもあるけど、基本的に転倒もしてないし。2S+2A+SEQは最初は3Sの予定でした。荒川姐さんは緊張というより慎重にいきすぎてるとのこと。ステップはメリハリの効いた演技で楽しめる。とても丁寧に、しかも音楽をとらえてます。最後は高速スピンでフィニッシュ、とおもったら最後によろけてしまいました。いい笑顔になりましたね。189.62。うーん勝ちきれなかったか。

○最終結果:(カレーっぽく)
1. カレーショップラジオノワ
2. タクタミシェワ熟カレー
3. ゴールド上等カレー
4. シザリオカレーアメリカ店
5. パク・ソヨンのカレー
6. ミライカレー

ラジオノワが逆転優勝。技術の結晶で勝ちきりました。もうこんなに点出てますね。でも技術だけかといわれるとそうでもない。ロシア選手なのにいい笑顔で滑れるし。なによりまだまだ成長途中というところがすごいです。

タクタミシェワは2位。逆転されてしまいました。今日はジャンプが抜けてしまいましたが、別に転倒しまくってるわけじゃないし。まだまだいけるでしょう。シーズンは長いですよ。

3位はゴールド。きっちり地元で表彰台とりました。安定してるし、あの華やかさは現在誰も出せない。自分の道をいきましょう。4位はシザリオ。何がいいかといわれると難しいですが、堅実な演技です。それはパク・ソヨンも同じ。お互いどういうふうに成長するか楽しみです。ミライが10位から一気に6位に上がってきました。まあ実力からすると当然ですが、ここから上はどうやって勝っていくかを考えていかないとですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014 アメリカ大会(3):男子シングルFS

そういう選択肢も。むしろ国内ではなくそういう選択肢を選んだ方がいいんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。それよりもヒラノがみせてもらったすごい誠意というのが気になります。山吹色のおかしとかを想像します。

今日はアメリカ大会、男子シングルFS。町田の新FSが気になります。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、男子シングルFS。実況はカクザワ、解説は将軍。

ベルギーのヨリク・ヘンドリックスから。ラヴェル「左手のためのピアノ協奏曲」。3Aを最初に転倒。まわってはいたみたいですが。3Lo+2Tは最初は3Aの予定でしたが変更。3Lz+3Tは決まりました。スピードは落ちてますが成功重視。ステップはもうちょい上半身を使いたい。でかいんやから。シットスピンから後半。3F+1Lo+3Sを決めてきました!いい流れでいけましたね。でも次の3Lzはダブルに。2Aからキャメルスピン。これは安定してますね。3Loはダブル。単独ジャンプはがんばって決めたい。2Aからステップ。最後のコンビネーションスピンはいろんなポジションでした。結構ビッグジャンプ決まってただけに、もっと普通のジャンプで取りこぼさないようにしたいですね。177.43。

イスラエルのアレクセイ・ビシェンコ。「ノストラダムス」。おもしろいポーズからスタート。3Aはいいジャンプで跳べましたね。4T挑んできますか。4Tは手をつきましたがしっかり持ちこたえましたね。ステップからの3Lz+1Lo+3Sも決まりました。なかなかの出だしですね。コンビネーションスピンはずっと回転速度を維持。曲が変わってステップ。よく大きくリンクを使ってます。3Loは空中でばらけてダブルに。3F+2Tは3-3の予定でした。3Lzもダブルに。後半ちょっと疲れてきましたか。スピンを挟んで3Fはいけました。2Aからコレオシークエンス。がんばれがんばれ。シットスピンでフィニッシュ。前半はかなりいけてましたが、疲れてからはきつそうでしたね。でもがんばりました。185.98。

アメリカのダグラス・ラザーノ。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。3Aからしっかり決めてきました。SPではミスしただけに大きい。4Tはステップアウトでおさめましたね。3Lzはだいぶ傾いていましたがなんとかリカバー。つなぎの演技がもうちょいほしいですね。キャメルスピンはポジションがナイス。ステップは普段の滑りともう少し元気さを出してほしいですね。手が基本的に広げてるだけですからね。3Aから後半。手をつきましたが。3T+3Tはいいジャンプでした。イーグルからの3Sも決まった。3Lo、2A+2T+2Loと決めてきました。コレオシークエンスは大きな滑り。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプはまずまず決まってただけに、他のところでもっと加点していきたいですね。204.48。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。「オペラ座の怪人」より。3Aは高いジャンプでしたが転倒。3A+2Tでコンビネーションをリカバー。なんとか跳びました。3Lz+3Tはセカンドで手をつきました。もうちょっとジャンプ決めていきたい。コンビネーションスピンはしっかり軸が安定してました。ステップはエッジをよく使えてるし上半身も上下に動いてる。昨年よりうまくなってると将軍も。曲が変わって後半。3Fはシングルになりました。3Lzはクリーンジャンプになりました。この調子。スパイラルから3S+2A+SEQを跳んできました。いいぞ。3Loからシットスピン。コレオシークエンスもしっかり音楽に乗って演技してますね。みなごろしイーグルから2Aはステップアウト。I字スピンからビールマンスピンでフィニッシュ。今日はジャンプが決まりませんでしたねー。でもマルティネスらしい滑りはできました。このプログラムジャンプが決まったらすごいな。197.58。

フランスのシャフィック・ベセリエ。「ロードゲーム」。スピード出てますね。4Tはトリプルになりました。これは跳びすぎ注意ですね!4T+2T+2Loは最後はよろっとしましたがジャンプは跳べてます。3Lzはまずまず。キャメルスピンはゆっくり。パントマイムぽい動きからステップ。ベセリエの持ち味ですね。リズムをよくとれてる。3Aから後半。これは高さ出てましたよ。3A+2Tも成功。スタミナありますね。3Fと成功しコレオシークエンスに。ここもしっかり速いステップいけてますね。2Aにそのままつなげます。3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ。だいぶしんどそうですが最後まで滑りきりました。ジャンプは結構よかったですねー。もっとほかのところで点を細かくとっておきたいですが贅沢はいわないようにしましょう。208.70。

カナダのナム・ニューエン。「ラ・ストラーダ」。4Sを最初にばっちり決めてきました!いいですね!ステップからの3A+3Tも成功。今日はよさそうですよ。3A単独もいけた。将軍「ジャンプがキレキレです!」。シットスピンのポジションがいいですね。ステップは細かいエッジワークの中でも演技を忘れてない。とても好感の持てるステップです。3Sもいけたし、3F+2T+2Loも成功。3Lz+2Tと今日はよくジャンプ決めてますね。3Loからコンビネーションスピン。安定してます。3Lzでジャンプ終わり。コレオシークエンスも笑顔で、しっかり音楽に乗ってます。このへんのセンスはニューエンならでは。コンビネーションスピンでフィニッシュ!これはいい演技でしたね!いい笑顔。まあ今解説の将軍に似た好感度がありますよね。232.24!おーいい点でました!サンキューオーサー。ニューエンも今日は納得の演技か。

後半はアルトゥール・ガチンスキーから。ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」。今日は4T決めたいですね。しかしダブルになりました。跳びすぎ注意報。4T+2Tは成功もここで2Tつけました。3Lzもパワフルなジャンプ。このパワーはガチンスキーならいけますよね。キャメルスピンはキャッチフットポジション。ステップはチェンジオブペースがよく使えてますが、速いところはもっと速くてもいいですね。3Aは高さ出てましたがダブルに。コンビネーションの予定の次は1A単独になりました。後半崩れてきましたね。3F,3Loと成功。持ち直せ。シットスピンは回転速い。ステップはまだ動けてますね。がんばれ。スタミナはある。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。後半ちょい崩れましたが、今のガチンスキーの力は出せていたような気がします。200.13。タラソワは不満顔ですね。

ロシアのアディアン・ピトキーエフ。ナイスなヘヤー。「エクソジェネシス交響曲第3部」。アボットの曲ですね。4Tは高さありましたが転倒。次の3A+2Tは3-3の予定でしたがアクセルはでかいジャンプでした。3Aも流れいいですね。すごく高いジャンプを跳ぶ。キャメルスピンは足の長さが際立つ。シットスピンは低いポジション。ステップはよくエッジを滑らせてますね。もっと大きく使えそう。3Lz+2T、3Loと問題なく成功。3S+1T+2Loを跳んできました。3Lzはシングルに。これはもったいない。2Aは成功。だいぶ疲れてますね。はーってなってました。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよしがんばりましたね。もうちょっとつなぎの演技でがんばって表現力つけたいですが、まあこれからでしょう。212.07。

デニス・テン。あんまり調子よくなさそう。がんばれ。ヨーヨー・マ「十面埋伏」ほか。なんだこの曲は。そんなに埋伏いるのか。4Tは空中で軸が傾いて転倒。高さはいけてました。次も2Tになってしまいました。キャメルスピンはまずまず。3A+3Tはなんとかもちこたえました。アクセルの高さ出てましたよ。コレオシークエンスはなめらかなエッジワークでしっかり表現してます。3Aもしっかり降りました。3F+1Lo+2Sは最後がダブルになりましたね。3Lzはすぐ次の演技につなげる流れの良さ。3Loは手つきました。2Aからステップにいきます。終盤になってもしっかり表現するし、途中で曲が変わってもそのチェンジオブペースをしっかり演技に取り込んでる。いいステップです。最後までがんばりました。このままコンディションをあげていけばシーズン終わりにいいコンディションになります。あせらず見守りましょう。224.74。ニューエンの上には行けませんでしたね。

アメリカのジェイソン・ブラウン。ホームの地の利をいかしたい。ふろしきを活用した衣装みたいに見える。「トリスタンとイゾルデ」。FSもクワドルプルは入れないそうです。3Aは成功しました。結構ブラウンファンいるんですね。大歓声。2Aは入りのステップもとてもいい。キャメルスピンはキャッチフットポジションもいいし回転も速い。無理せず自分の武器の質を高めてる感じですね。3Lz+1Lo+3Sはルッツは手上げ。これはいいですね。調子よさそう。3Loから音楽が変わります。ステップは情感たっぷりに表現。いい切り替えができてる。つなぎの部分も充実してて退屈しない。3Aは転倒。これは珍しい。3F+3Tはセカンドでステップアウト。3Lzはなんとかふんばりました。コレオシークエンスは大きな演技です。そのまま2Aにつなげ、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。よかったですね。234.17。いい点出ました。結構大歓声。そんなにファンがいるとは。

ジェレミー・アボット。まあ無理せず自分の演技を。「弦楽のためのアダージョ」。4Tはダブルになりました。まあいいでしょう。2F+3Tはもちろん3-3の予定。取りこぼしてますね。アップライトスピンは高速回転。すーってすべっていくだけで芸術です。3Aはばっちりのジャンプ。3Loをすぐに跳んでいます。シットスピンから1F+1Lo+3Sとジャンプは決まりませんねー。まあ転倒してないからいい。1Aからステップ。しかしこのエッジワークと表現をみてくださいよ。なにげなく手を使っているのではない、すべてが表現。2Aから最後の3Lzはしっかり決まりました。コレオシークエンスは大きくリンクを使っています。ただまっすぐ滑ってくる中にも物語を感じる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。さっぱりジャンプが抜けていってしまいましたが、それでも大歓声ですね。まあまだまだシーズンはこれからやでー。219.33。なかなか点が出ずに、有香ちゃんとのトークが繰り広げられていました。

最後は戦国大名町田樹。ベートーヴェン「交響曲第9番」。最初の部分、大きくアピールできる部分で気迫を感じますね。そして4Tすばらしい高さ!ジャンプの前が抑制されていただけに余計にそう思いますね。4T+2Tは最初詰まりましたがしっかりコンビネーションにしました。3A+3Tは慎重に跳んでもしっかり決めてきますね。そして強烈なアピール。キャメルスピンはポジションがきれいです。3Sは入りもしっかり。ステップは1つ1つのエッジワーク、1つ1つの振り付けも明確に演じてますね。3Loも成功。シットスピンは回転が速いです。合唱パートに入り盛り上げていきます。3Aはダブルに、3Fは手をつきました。がんばれがんばれ。コレオシークエンスではスパイラルも入れて。まだまだ気迫は衰えてない。3Lzから最後は高速コンビネーションスピンでフィニッシュ!やりましたねー!!限界まで自分を追い込んでいくプログラム、町田らしいチャレンジングな滑りでした。将軍はつなぎの部分を充実させていたと評価。269.09。えいえいおー!

○最終結果:(カレーっぽく)
1. 町田戦国大名カリー
2. まろやかなコク、ブラウンカレー
3. ニューエンのおいしいカレーライス
4. デニス・テン食堂のスパイスカレー
5. 大人の辛さ、アボットカレー
6. 伝説のピトキーエフカレーとやら

町田が優勝しました。圧勝ですね。第9はまだまだのびる可能性を秘めたプログラム。これから細部が詰まっていけば、もっと点も出るでしょう。この時点でジャンプに大きなミスはないし。ふんだんにちりばめられたキメ顔がすがすがしいです。

ブラウンが2位にきました。クワドルプルがなくても確実に、いやもっと高いクオリティでエレメンツを決めてきた成果ですね。それにしてもあれだけファンがいるとは。びっくり。いつの間に。

なにげにニューエンが表彰台!滑りのよさとあふれる表現力で、3位に飛び込んできましたよ。さすがカナダの新星。パトリックちゃんは休んでていいぞということですかね。4位はデニス・テン。コンディションはこれから高まっていくでしょう。あせることないわ。

アボットは5位。今日はことごとくジャンプが抜けましたね。まあ予定通りといえば予定通り。大事なのは自分の滑りです。ほしいものはそれだけ。今回のプログラムも完成がたのしみです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014 アメリカ大会(2):女子シングルSP

また大阪にいっておいしいカレー食べてきたマイク松ですこんにちは。大阪はくいだおれの街といいますが、間違いないその中の側面の1つがカレー王国。カレーキングダム。もうすごいおいしそうなところがいっぱいあります。今日いったところもインド系でありながら日本のよさも取り入れてて超絶おいしかったです。薬膳ぽくて食べるごとに元気になる感じが最高でした。

今日はアメリカ大会の女子シングルSP。初戦ですがどれくらい煮込んだ演技がみられるでしょうか。煮込んでなくてもカレーはおいしいですけどね。…なんか富井が書くような文章ですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子シングルSP。実況は森下さん、解説は荒川姐さん。よろしくお願いいたします。

最初はエレーネ・ゲデバニシビリ。もう24になりましたか。でもコンスタントにGPSに出てきてる。「タイスの瞑想曲」。なかなかキレのある動き。しっかり準備してますね。3Lz+2Tをしっかり成功。3Tも決まりました。荒川姐さんもいっしょに戦ってる。確かにそうですね。2Aをしっかり決めてジャンプそろえました。助かるなー。コンビネーションスピンもてきぱきと流れよく。ステップはディープエッジを使いながら、この曲をしっかり演じられてますね。構成もしっかり長く詰まってる。そこからレイバックスピンにスムーズにもっていきました。シットスピンでフィニッシュ。これはいいですね!仕上がりもいいし、今年は速く仕上げてますね。55.39。

韓国のパク・ソヨン。GPSは今年デビューだそうです。「序奏とロンド・カプリチオーソ」。スピード出てますね。3S+3Tを決めてきましたね!前半グループで3-3をもってきてるのはパク・ソヨンだけだそうです。3Lzはステップアウト。これはもったいない。キャメルスピンから小ステップもしっかり演技できてますね。2Aは流れある。レイバックスピンからステップに入ります。元気に躍動感出せてますね。すぐコンビネーションスピンでフィニッシュ。上々ですね。アメリカの選手みたいな構成。55.74。

ウクライナのナタリア・ポポワ。よくこういう虎っぽい衣装ですよね。と思ったらプログラムも去年と同じ「アランフェス協奏曲」。3Fは確実に。3S+2Tは跳ぶタイミングがあぶなかったですが成功。キャメルスピンはいいポジション。ステップからの2Aもきっちり決めました。コンビネーションスピンは回転が速く安定してます。これはいいですね。ステップはもっとエッジで長く滑ってほしい。でも演技にまとまりはありますね。レイバックスピンでフィニッシュ。2シーズンめだからもっとまとめていってほしいですね。50.70。

オーストラリアのブルックリー・ハン。GPSデビュー。「シングルマン」より。3Lz+2Tから入りました。次は2A。流れの中で跳んでますね。キャメルスピンはドーナツポジションも結構独創的。3Loは着氷乱れてしまいました。なんとか。コンビネーションスピンはてきぱき。ステップは持ち前の元気さをもっと出していきたいところ。がんばれがんばれ。レイバックスピンはビールマンポジションもきれいでした。47.38。エレメンツ以外の部分も充実させていきたいですね。

ミライ・ナガス。やっときましたね。なぜかずっとアメリカ大会にはデビュー以来出てなかったらしい。そういえばそうですよね。ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」。スピード出てますね。3Fは転倒でコンビネーションにならず。もうちょっと上に跳びたかったですね。キャメルスピンは表現力あります。ただ回ってないですからね。コンビネーションスピンはポジションチェンジがスムーズ。ステップからのジャンプは3Lo+1Tになりました。2Aは流れのある高さもあるジャンプ。全部こんな感じでそろえたかったですねー。ステップはもっと動きを取り入れていきたいけどこれからでしょう。いいシットスピンでフィニッシュ。これから高めていきましょう。49.29。

アメリカのサマンサ・シザリオ。「ダンザ・モラ」。ちょっとワグナーっぽい表現力を身につけようとしているか。3F+3Loは回転微妙ですが成功しました。いい出だし。ジャンプは後半にとってありますね。スピンもそつなくてきぱき。2Aは流れよく大きなジャンプが跳べました。3Lzも決めてジャンプそろいました。ステップはとても元気さが出せてますね。大きなエッジワークも見栄えがします。コンビネーションスピンはいろんなポジションで滑ってました。ジャンプもそろったしこれはいいSPになりましたね。58.96。やっぱちょっとジャンプの回転足りてないか。両側のコーチが怖い。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。初戦から出てきましたね。仕上がりはどうか。「ホザンナ」ほか。3T+3Tは大きなジャンプで成功。いけてますねー。3Loもしっかり回ってから降りてますね。ジャンプの安定感増したか。レイバックスピンもよく回れてます。2Aも問題なし。ジャンプが安定してくると強いですよ。キャメルスピンからコンビネーションスピン。ポジションの美しさが増してるような。フランスを背負う選手ですからね。しっかり高めてきてます。ステップはよくアピールしてる。初戦でしっかりこれだけ滑れるのはいいですね。これからもっとよくなりそう。53.98。もうちょっと出るんじゃないかな。最初のコンビネーションの回転かな。

今井遥。メイク気合い入ってますねー。新しい世界を見せてくるか。「マラゲーニャ」。コンディションはばっちりか。2Aから入りました。十分仕上げてきてる。3-3に挑戦するみたい。3S+3Tも決まりました!練習はうまくいかなかったみたいですが。レイバックスピンはさすがの出来。見事ですね。気迫も感じます。しかし3Loは斜めになってしまいました。もったいない。キャメルスピンはすばらしいポジション。このへんの質の高さは今井ですね。そして曲の世界観をしっかり表現できてる。こんな気迫あふれる演技もできますね。ステップはしんどい中がんばってフィニッシュ。うーん3つめのジャンプが惜しかったですねー。跳んでたらトップいってたかも。でもいい演技でした。次はいけるわ。53.79。

エレーナ・ラジオノワ。もう十分すごいのはわかってるのですが。「フラメンコ」。最初から雰囲気のある演技できてますね。15なのに。3Lz+3Tはぎりぎりタッチなかったか。シットスピンもエレメンツ感がなくててきぱきこなしてます。ここでステップ。よく動いてるししっかり表現もできてる。ジャンプ前のステップも速い。3Loは流れがあります。跳び終わりのアピールもきっちり。2Aは問題なし。コンビネーションスピンはすごいポジションを入れてます。どうなってるんや。最後のレイバックスピンは速い!最後は小ステップでフィニッシュ。気迫もすごいし密度の高いプログラムをきっちり滑りましたね。荒川姐さんもいろんなエレメンツがレベルが高かったと評価。65.57。きましたね。

エリザベータ・タクタミシェワ。マダームっぽい雰囲気ですね。ラヴェル「ボレロ」。3T+3Tは流れのあるいいジャンプ。幅も出てましたねー。加点つきそう。ステップからの3Lzはフォロースルーがばっちり。シットスピンは軸が安定してるし、衣装がうまく使えてる。つなぎの演技もとてもアピールがありますね。プル兄さんのようです。ステップは技術感じますねー。荒川姐さんは年齢のわりに貫禄があると表してます。まさに。ステップからの2Aは手あげ。レイバックスピンは軸ばっちり。クライマックスに向けても気迫を押し出してる。コンビネーションスピンも1つ1つのポジションをばっちり回ってました。これはもう、17歳でここまでの表現を出せるんですね。期するものがあるんでしょう。あとは誰か衣装をもっといい感じのものにするだけですね。67.41。ラジオノワの上にいきましたね。

グレイシー・ゴールド。グリーグ「ピアノ協奏曲イ短調」。去年と同じですね。リンクをいい雰囲気で満たしたあと、3Lz+3Tはセカンドでツーフットですかね。レイバックスピンはとてもいいポジション。加点つきます。ゴールドのスピンはとても見せるスピンになってますよね。フライングキャメルスピンもまさに。エッジもよく滑ってる。3Loはきっちり成功、スパイラルをはさんで2Aもばっちりでした。ステップはほんとよく動いてる。昨年からの引き続きで構成もばっちりだし、余裕を持って難しいステップを演じてます。しかし最後のコンビネーションスピンでバランスを崩してうまく入りませんでした。2つもったいないところがありましたね。キャロルおじいちゃんも渋い顔でした。と思ったらキスクラで爆笑してました。めったにないキャロルおじいちゃんを堪能できてよかったわ。60.81。

○SP終わっての順位(カレーっぽく)
1. タクタミシェワ熟カレー
2. カレーショップラジオノワ
3. ゴールド上等カレー
4. シザリオカレーアメリカ店
5. パク・ソヨンのカレー
6. ゲデバニシビリフォン・ド・ヴォーディナーカレー

1位はタクタミシェワ。きましたねー。もう最初からしっかり仕上げてきてるし、気合い入ってました。ジャンプさえ戻れば他にはない表現力がありますからね。滑りの質もいいしこれはいけそう。

と普段ではいえるのですが、2位にはラジオノワがきています。ほんとになんでもできる新型モビルスーツ。FSではその力がより発揮されそうで、タクタミシェワも油断できませんね。

3位はゴールド。もったいないミスがなければ2位、トップもいけたかも。やはりアメリカの希望ですね。FSで上を狙うにはいい位置。4位はシザリオ。手堅い演技という感じですね。5位はパク・ソヨン。こちらも確実な演技。

6位にゲデバニシビリが入りました。今日は一番曲の表現ができていたかも。ジャンプが安定すればあれだけのことはできますよね。ゲデバニシビリがこの試合の最年長だそうです。まじか。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014 アメリカ大会(1):男子シングルSP

口内炎に苦しんでいるマイク松ですこんにちは。親知らずの次は口内炎。しんどいですが、今日は大阪の街をウォーキングしてきました。新しいグリコの看板みてきましたよ。きれいでした。

さて!いよいよ今日からフィギュアスケートのグランプリシリーズが始まります。たのしい。初戦アメリカ大会には結構いい感じのメンバーがそろいました。現役続行のアボット、そして戦国大名町田樹。たのしみです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014、アメリカ大会男子シングルSP。実況はカクザワ、解説は織田信成将軍。おー!将軍解説デビューですね。うれしい。

ダグラス・ラザーノから。しばらくみてませんがどうなってるかなー。「ameksa」。最初の4Tは転倒。でもさらっと演技。いいぞ。キャメルスピンはなかなか安定してますね。ステップは上半身もよく踊れてる。この辺は持ち味ですね。ジャンプは後半に残してますが、3Aは転倒。次は決めたい。3T+3Tはいけました。シットスピンはポジションが低くていいです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプは決まりませんでしたが、他はしっかりできました。66.23。

ロシアのアルトゥール・ガチンスキー。久しぶりガチンスキー。というかまだ21歳なんやね。「クライ・ミー・ア・リヴァー」。4Tで転倒してカメラの方に突っ込んできました。ある意味かっこいい。3Lz+3Tは成功ですね。キャメルスピンから、3Aはなんとか成功。今年からタラソワに教わってるそうです。今度のスピンはうまくいった。ステップはまだ構築中なところもみえますね。もっと音楽にシンクロしたい。シットスピンでフィニッシュ。結構いい演技できてましたね。75.71。タラソワきてくれてますね。左の男性誰やったっけ。ウスペンスキー?

イスラエルのアレクセイ・ビシェンコ。GPS初参戦らしいですね。「椿姫」。3Aは高さも幅もありましたね。そして4T跳んでくるようです。がんばれ。4Tはステップアウトでしたがもちこたえました。まずまずや。コンビネーションスピンは軸もしっかりしてる。3F+2Tは間にターンが入ってしまいました。ここは決めたかったけどなー。スピンからすぐステップに。曲にあわせようという努力がよくされてます。よく動けてましたね!64.54。

ベルギーのヨリク・ヘンドリックス。結構からだ作ってきてますね。パワーが増しているか。映画「1900年」より。3Aは転倒。でもエッジはよく滑ってるぞ。2Lz+3Tでセカンドで転倒。うーんきつい。キャメルスピンはダイナミックですね。手足の長さをよくいかしてる。3Loはステップアウト。でもステップはよくエッジが滑ってる。これからもっとよくなるからジャンプがんばってほしいです。55.99。

カナダのナム・ニューエン。でかくなりましたねー。どんどん成長してる。シニア初参戦。「シナーマン」。おおっ相変わらずよく踊れてる。3Aは決まりました。しっかり会場にアピール。スターの影響がみえますね。キャメルスピンはキャッチフットポジションがいいですね。そしてステップは相変わらず音をよくつかんでる。そして笑顔。将軍に通じる笑顔ですね。オーサーも喜んでる。3Lz+3Tも決まりました。いいぞ。3Fもしっかり成功。いけましたね。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ!ミスなくいけましたね。もっともっとエッジが滑っていいけど、この初舞台で上出来すぎますね。73.71。サンキューオーサー。

ロシアのアディアン・ピトキーエフ。こっちもジュニアからきましたね。ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」。4Tはステップアウトもさらっと決めてきましたね。スピンは回転が速くキレあります。ロシアの正統派の動きしますねー。リプニツカヤ元帥と同じコーチに師事してるらしい。ステップは動きも技術を追い求める感じの緻密な構成。3Aは高さ出てましたよ。3Lz+3Tはしっかり決めましたね。コンビネーションスピンは軸も安定してました。キャメルスピンは入りがすごく大きかった。いい演技でしたねー。抑制された感情表現がなかなかいいですね。リプニツカヤ元帥も喜んでおられよう。76.13。

スターのおもしろCMでたぞー!!ありがとうロッテ!

後半はシャフィック・ベセリエから。ハンシンのイマナリに少し似ています。イマナリに似ている人結構いるんですが。「ヒート」ほか。4-3に挑戦するらしい。4T+3Tいけましたね!がんばりました。3Aももちこたえました。キャメルスピンはまだまだか。今手ついたけどあれは振り付けやろうか。3Lzは手ついたしエッジもどうだったかな。スピンからステップはアモーディオのようにどんどん踊っていく感じ。リンクを大きく使えてますね。スピンはもっとがんばろう。上々の演技でした。3つめのルッツ決めたかった。73.57。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。きましたねマルティネス。どれくらい成長してるかな。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。3Aは転倒もでかいジャンプでした。いい滑りできてる。3Lz+3Tはきっちり決めました。コンビネーションスピンはI字スピンに加えてスーパーなビールマンスピン!これは速いスピンです。次のキャメルスピンもポジションがすばらしい。ドーナツポジションもいいですね。イナバウアーから3Loはよかったですね。シットスピンからステップに入ります。大きくエッジを使いながらもしっかりした表現ができてました。いい演技でした!ちょっとずつ成長してる。あせらんでもいいぞよ。72.81。

ジェレミー・アボット。よく出てきてくれたアボット。というかひげだ。そうきたか。「レイ・ミー・ダウン」。特に何をしているでもない最初の演技がすばらしすぎますね。3F+3Tを決めてきました!上々じゃねえか!ステップからの3Lzも流れがありますね。そうそう、これがみたかった。アップライトスピンも回転スピードアップが芸術的。3Aはオーバーターンも転倒しなかった。今日はいけるな。コンビネーションスピンは回転が速い。そしてステップ。なにげに音楽にしっかりフィットして、きたきた音楽表現!リンク全体から伝わってきます。うわーやっぱりすごいわ!いいもんみたわー。この音楽表現はまだまだみていたい。81.82。有香ちゃんも少し満足げ。

ジェイソン・ブラウン。リトル・ウォルター「ジューク」。3Aは転倒。降りたかったですね。でも結構このプログラムは練習してそう。3F+3Tはしっかり決めました。スピンへの入りがスムーズで、軸もばっちり。おもしろ演技も中に入ってるぞ。さすが芸達者。スピンからステップはしっかりショーアップされた振り付け。メリハリもチェンジオブペースもしっかり入れ込んである。3Lzは手上げ。キャメルスピンからシットスピンでフィニッシュ。ブラウンの演技がしっかりできてますね。この路線突き進んでくれてるようで何より。79.75。

カザフスタンのデニス・テン。いつも体調を心配してしまいますが、今は大丈夫かな。「カルーソ」。4Tはまわってましたが転倒。おしい。ほんとにおしい。3Aもステップアウト。まわれてるのになー。キャメルスピンは加速する終わり。エッジはよく滑ってますね。3Lz+3Tはがんばりました。シットスピンはてきぱき。コンビネーションスピンからステップ。スピードをキープしながら、エッジをうまく使った大きな滑り。音楽もよく解釈してました。そんなにがっかりしなくていいぞ。ヴォーカル入りの曲をよく使ってました。77.18。キャロルおじいちゃんも元気そう。

最後は戦国大名町田樹登場。後ろ髪がヒデキ西城みたいな感じでかっこいいぞ。「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」。4T+3Tを決めてきました。これはなかなかいいジャンプ。3Aも流れがいいしすぐ演技に戻れる。キャメルスピンは軸がしっかりしてますね。ステップでつないでシットスピン。そこからステップ。しっかり場内にアピールしながら、メリハリのついた、しっかり得点も意識した構成になってますね。見せることをしっかり考えてる。そこからすぐ3Lzを決めました!コンビネーションスピンでフィニッシュ!きましたー!!初陣をいい演技で飾りましたじゃー!!ちゃんと自分で考えて構成し、演技してますね。セルフプロデュース力がどんどん演技に反映され始めてる。93.39!まじかー!

○SP終わっての順位:(ハンシンタイガース的に)
1. 町田ティムシェルズ
2. アボットカムバックズ
3. ブラウンダンサーズ
4. デニステンズ
5. ピトキーエフ期待のホープズ
6. ガチンスキー突き上げがすごいズ

町田がトップにきましたね。アボットと比較するとよくわかりますが、達観して自分の演技をするだけというアボットに対し、町田のわかりやすく表現したアピール満載の演技はやっぱり見栄えはしますね。戦国大名らしい下克上戦略がとても好感が持てます。でも戦略だけでは天下はとれませんからね。ジャンプばっちりでした。FSも楽しみです。

2位はアボット。よくぞよくぞ続けてくれた。1年続けてくれるだけでほんとにうれしいです。演技後の有香ちゃんのリアクションからしてもまだまだ構築中のようですが、それでもあそこまでの音楽表現。誰も追いつけない。あまり達観せずに完成させてほしいです。サンキュー。

3位はブラウン。最初はこれくらいでいいでしょう。うれしそうに滑ってくれるだけでいいです。なかなか今他の人もできないから。デニス・テンは4位。あれだけジャンプがうまくいかなくてもしっかり点とってきますね。GPSはまだ表彰台がないらしい。十分射程距離です。

5位はピトキーエフ。リプニツカヤ元帥と同じコーチ。今伸びてるチームですね。シャア大佐に対するシャリア・ブル大尉みたいな感じと考えていいのか。とにかく次々演技をやっていく詰め詰め戦略は通用してます。6位はガチンスキー。こんな感じで後輩も伸びてきてるぞ。どうするんだ。

織田信成将軍は解説デビューですが、無難にこなしてますね。おもしろはリンク外で十分なので、解説は無難がいちばんです。ありがとうございます。

投手だらけのドラフト

もうすぐフィギュアスケートグランプリシリーズですね。ジェレミー・アボットが引退せず今期も続けてくれるようなのが嬉しい富井です。今年はどんなプログラムなんだろう・・・楽しみ。

さて、もう心はフィギュアスケートに移りつつありますが、プロ野球のドラフトが行われました。といってもドラフトはよく分かりません。高校野球を熱心にみていた年は、あの子はあそこへ行くのか!と言う楽しみがありますが、今年は知っている名前が安楽くんぐらい。安楽くん、ヤクルトと楽天の競合で楽天入りが決まりましたね。毎年楽天はすごいピッチャーが入団しますね。愛媛の星なのでヤクルトへ入団してくれると毎年みられたのになあと少し残念ですが、パリーグにいてくれると私は見に行きやすいので嬉しいです。ヤクルトはクジを外した方がラッキーなイメージ(というか山田のこと)もありますし。

さて、オリックス。見事に有名選手を今年も一本釣り。くじ引きでは11連敗だかしてますからとてもめでたいです。それにしても左腕を取りましたね。ドラ1、5、6が左。確かに今年は左不足に泣きました。それ以外もドラ3、4、9が右投手。ピッチャーが6人。DeNAやヤクルトより多いんですよ。こんだけ取るということは金子、平野佳、馬原が出て行ってしまうって事でしょうか。なんかこわいよー。

そして残りの3人の野手はみんな守備と脚力がいいって書いてあります。うん、脚力はそんなに伸びないからあるに越したことはないけど、このチームに足りないのは何だったでしょう。それは打力ではありませんか?と、聞きたいんですけど!でもドラ2の宗くんは打力もあるらしいな。内野の駿太みたいになってくれるといいなあ。

NFL2014 week7 マンデーナイト HOU@PIT

阪神はメッセ、ソフトBはスタンが先発。これでスタンリッジが勝ったらハンシンもどうしたらいいんやろうと思うマイク松ですこんにちは。まあ交流戦でも完封されてるんですけどね。

NFLはマンデーナイト、HOU@PITです。久しぶりにPITの試合みます。

・week7, MNF, HOU@PIT
・どうもPITは調子が悪いらしく、カウワーやウォードといったOBから、激しさが足りないとかいわれているようです
・対してHOUはJ.J.ワットが絶好調でMVP候補だそう

・1QまではHOUペースで進行
・さっそくフィッツパトリックからブルーにTDパスが通り、FGで着実に加点
・PITは激しいプレッシャーを受け、サックされたりファンブルロストしたりしていました
・PITはようやく前半終了近くにFGを決めて得点するのですが、そこから大変なことが起こります
・まずPITオフェンスで、ロスリスバーガーからルーキーWRブライアントに35ydsTDパスが通ります、なかなかいいWR
・そのあとのエンドゾーン前でのHOUオフェンスで、それまでしっかり走っていたフォスターがファンブルロスト、PITがリカバー
・あまりレッドゾーンオフェンスが今シーズンよくないPITはスペシャルプレーを使い、ピッチされたWRブラウンがエンドゾーンのムーアにTDパスをヒットしました、ワットに追われていたのにすごいいいパスでした
・そして返しのHOUオフェンスで、投げたパスがディフェンスに当たって、もう1回ディフェンスに当たって跳ね返ったところをキーゼルがINT!
・最後はRBベルに通してTD!すごい短い間にばんばん点を取って逆転、さっきまで13-0で負けていたのに、前半終了でHOU 13-24 PITになりました
・後半はHOUディフェンス結構がんばっていたのに、オフェンスが点に結びつけられず
・勝負の4Qオフェンスでもファンブルロストしてしまっていました
・なんとか最後にTDとるも、オンサイドキックはPITがリカバーして試合終了、HOU 23-30 PIT

・PITはロスリスバーガーが23/33,265yds,2TD、しっかりドライブするというよりも、ターンオーバーで得たチャンスを決めました
・ブラウンのTDパスは超うまかったです
・ランではベルが12att,57ydsもパスで8rec,88yds,1TD、使い勝手のいいRBです
・レシーブはブラウンが9rec,90ds、新人ブライアントもTDとってます
・ディフェンスは前半いまいちでしたが後半はしっかりアジャスト、ティモンズが11タックル1sckとすごい活躍でした
・HOUはフィッツパトリックが21/32,262yds,2TD,1INT
・フォスターは20att,102ydsとヤードは出ています
・レシーブはホプキンスが6rec,108yds、アンドレも5rec,77ydsと結構がんばってました
・でも要所でフォスターとホプキンスがファンブルロストしてしまい、フィッツパトリックのINTとあわせて、主力選手のターンオーバーが勝敗を分けてしまいました
・HOUディフェンスは悪くないですよね

NFL2014 week7, SF@DEN、おでこ記録達成

親知らずを抜いたマイク松ですこんにちは。抜くときも工事現場のように大変でしたが、夜になって出血し始め、夜通し出血していました。ちょっとうとうとしたと思ったら、30分ごとに目が覚め、口の中が血痰でいっぱいになっているというのを繰り返していました。朝になって歯医者に行って止血してもらいました。助かった。ずっと血を飲み続けるようないやな気持ちでした。もう鮮血をはき続けるのとおさらばです。

そんなわけで今日はめっちゃねむいですが、NFLみます。

・week7, SF@DEN、実況は船岡さん、解説は河口さん
・なんと今日はファーヴアニキのもつTD記録をおでこが抜くという日、どうせ抜かれると思うけど、ファーヴアニキの記録もすごいというのをわかってほしい
・ファーストドライブでいきなりてきぱきと進めて、サンダースに通してTD!あと1本
・RBヒルマンをうまく使ってる
・DENディフェンスもしっかり守って、次のオフェンスでウェルカーのランアフターキャッチであっさり記録に並びます
・早すぎやせんか
・そして次のドライブでDトーマスに通して新記録達成!まだ前半終わってないのに
・そのときはチームのみんながおでこを祝福、そのときは509TDという旗をもってサンダーくんが走ったらしい
・ようやくキャパニックからジョンソンに通してSFもTD、ジョンソンいいですね、今まではジャーニーマンだったのに
・後半に入ってアキブタリブがパスをINT、その返しのオフェンスの最初のプレーでDトーマスに一気に通しました、510こめ
・そのあとはヒルマンのTDランも出て、あとは時間使っておわりました、SF 17-42 DEN
・フォックスHCのおでこがQBのときと、そのほかのQBの戦績が全然違う、おでこあり:30-7、おでこなし:81-79というひどい勝敗
・フォックスの傀儡ぶりが明らかになるような数字を出して盛り上がったりしていました

・今日はおでこ祭りでした
・おでこは22/26,318yds,4TDと記録更新とかではなくただの試合のようにばんばんTDとってました
・そんな中でもRBヒルマンが14att,74yds,2TDは結構立派
・レシーブではDトーマスが8rec,171yds,1TD、ウェルカーとサンダースが1TDずつ、使ったレシーバーはすくなくてもすごい勢いでキャッチさせてました
・相手はSFディフェンスですからね
・ディフェンスはSFをほぼ封じ込めてました、プレッシャーが結構かかって、ウェアが3sckはじめ、6sck,1INTの活躍
・SFは引き立て役になってしまいました
・キャパニックは24/39,263yds,1TD,1INT、最後はギャバートに交代していました

オリックスの今後を期待する

今シーズンは8月まで3回しか試合に行かなかったくせに、9、10月で6回京セラドームへ行ってました、富井です。楽しくて、苦くて、思い出せばやっぱり楽しかったなあ・・・負け試合多かったけど。

「勝てるとしたら今年が最後のチャンス」「ここ10年で一番強い」「今年優勝できなかったら生きているうちに優勝が見られるかどうか」と言いながら試合に通いました。だって、金子、平野佳、馬原、坂口がFAですよ。全員いてくれるかというと・・・なかなか難しいだろうなあ。特に金子を欲しくない球団はないでしょうからね。そして糸井。どうなるのか一番心配です。

まあ心配してもしかたないので、ちょっと若手を覗いてみましょう。激闘を重ねたオリックスでしたが、なんと駿太は既にフェニックスリーグに参加していました。今年は疲れがたまっていそうなものなのに、試合に出てホームランも2回打ってます。来年こそはセンターのスタメンをゲットして欲しい。本当に守備がうまいんですよ、3割打てば誰もかないやしません。

外野で言うと武田も期待されている選手なんですけど、どうでしょう。川端を代打に押しのけるぐらいの活躍をみたいところです。奧浪、伏見の打力も期待したいです。特に終盤戦は代打がいなかった。野手が少なく感じるのがオリックスの特徴でした。稲葉みたいにとは言いませんが、戦況を変えるような打撃が欲しかったなあ。

投手陣は良かったと思いますが、東明、吉田一はフェニックスリーグにも出てるし、来年はもっとよくなってくれると期待してます。東明は何か起用法がかわいそうだったから、来年は役割をきちんと与えてあげてほしいし、さっさと下ろさないでもうちょっと経験を積ませてあげて欲しいです。塚原、前田も来年こそはやるでしょう。信じたい。

ずっと上位につけて盛り上げてくれましたが、最後にファイターズに持っていかれ、おまけに阪神が日本シリーズ出場を決めてまたしても関西の空気扱いになりつつあります。今年きてくれたお客さんが、来年も応援してくれるかどうかは若手にかかっています!がんばれ、オリックスバファローズ!(やはり阪神百貨店のペルソナカードを握ったまま)

日本シリーズは阪神×SB!

2日遅れの記事ですみません。富井です。

いやー、セリーグはあっさり決まりましたが、パリーグはもつれにもつれましたね。戦っている選手やコーチ陣はともかく、球団運営の方々にすれば、ここまできっちり戦ってもらってホクホクですね。しかし、日ハムは遠征続きで大赤字なんでしょうか?・・・いやいや、例え短期的には赤字でも、稲葉・金子の引退と日に日に成長していく若手を全国的に売り出せたことは大きな収穫だったと思いますよ。「強いファイターズ」の復活を印象づけました。来シーズンが待ちきれませんね。

ホークスも短期決戦に弱い印象を払拭する見事な横綱相撲。粘られても押し返す強さがありました。勢い云々ではなく地力の強さですね。そして、大隣がすごすぎました。肝心な試合を全て大隣が救ったな!10.2のバファローズ戦も、10.20のファイターズ戦も大隣でなければ結果が違ったのではないかと思ったりします。吉村も良いけど、MVPは大隣でないかなあ。

さて、セリーグは阪神。完全に期待していませんでした。セールもグッズもビールかけもないのは本当に2位だからでしょうか。9月ぐらいから全く当てにしてなかったから準備してなかったというのが真相ではないでしょうか。阪神百貨店本店では10月の初めぐらいにセリーグ応援感謝セールという微妙なセールはやってたんですよ。しかも、今本店は改修の真っ最中。どうせならフルで営業してるときに日本シリーズへ行ってくれよと思っているのではないかと阪神百貨店ファンは思います。それにしても道頓堀ではおまわりさんが準備していたのには驚きました。さすが警察が不意を突かれるということがあってはいけないですからね。

日本シリーズ、楽しみです。私はパリーグファンだからホークスを応援しつつ、阪神百貨店のペルソナカードを握りしめながら見守ります!がんばれ、がんばれ、阪神百貨店!安売りで新しい靴を買うぞ、阪神百貨店!!

NFL2014 week6 マンデーナイト SF@STL

ハンシンの日本シリーズ進出を祝うさんすぽの記事がうかれすぎだと思うマイク松ですこんにちは。「Gボッコボコ4連倒や!」「さすが4番&打点王!ゴメス、Gメッタ撃ち」「まさに石神様や!」「西岡、下克上日本一へ猛虎けん引」「福留、マートンに続いたG粉砕弾!」「マートン、電光石火の先制3ラン!」「能見、G斬りで屈辱の開幕戦リベンジ」などとここぞとばかりにうかれまくっています。Gボッコボコて。おもろいやん。

今日はweek6のMNF。STLボッコボコや!とかSTLメッタ撃ちとかやめてほしいです。

・week6, MNF, SF@STL、実況は小宮山さん、解説は宍戸さん
・試合の前にSTLのこれまでの惨状を振り返るアニメーションが、ワーニャーおじさんのいたときはよかったですね
・というかマイク・マーツがいたときはよかったですね!
・でも今は悲惨な状況、ブラッドフォードとNo.2のヒルもけがで離脱、今のQBオースティン・デイヴィスは2試合連続で3TDとってるらしい、がんばれ
・まずは好調なオフェンスを披露、どしどし前に進み、カニンガムのランでTD!これはいい滑り出し
・しかもSFのマクドナルドのファンブルロストからケンドリックスへのTDパスにつなげました!なかなかいいオフェンスもってるやんか
・しかしデイヴィスにすごいディフェンスのプレッシャーがかかり、よくサックされてます
・SFは3点で前半終了かと思いましたが、終了間際にキャパニックからロイドにパスが通り、一気に抜けてTDになりました、ディフェンスあれはあかん
・うわー!今日はスーパーボウルを勝った時代のSTLのOBが勢揃い、ワーニャーおじさんもいるし、ブルースもいるし、フォークもいる、マイクさんか
・というかヴァーミールがいるー!!すごい若い!ほんとにヴァーミールなのか、若い
・これだけSTLOBがきてるんやから!がんばれ!

・しかし後半からはしっかりアジャストしたSFがオフェンスでもディフェンスでも圧倒
・STLはいいところなくパントパント
・あっさり逆転したSFが、SF 31-17 STLで勝利

・SFはキャパニックが22/35,343yds,3TD+ランでも3att,37yds、普通にパスで撃破してますね
・ランはゴアが16att,38ydsとひかえめ、レシーブはボールディンが7rec,94yds,1TDと活躍、ロイドも80ydsTDキャッチをきめました
・ディフェンスは5sck,1INT,1FFとプレッシャー、ジョンソンは終了間際にINTリターンTDをあげてます、ディフェンスの勝利
・STLはデイヴィスは21/42,236yds,1TD,1INT、前半は結構よかったのに、後半ばっちりアジャストされました
・ランはメイソンが5att,40ydsなどもうちょっとランを出したいところ、ステイシーが止められました
・レシーブはクックが4rec,74ydsなど結構いいレシーバーがそろってるんですね
・ディフェンスは後半ばっちりアジャストされて逆転されました、もう少しオフェンスに流れをもっていきたかった

・久しぶりにワーニャーおじさんやブラザーズをみられてよかった、あれはほんとにヴァーミールだったんだろうか

NFL2014 week6 DET@MIN

ハンシン日本シリーズ進出。超めでたいマイク松ですこんにちは。何がめでたいって黄泉瓜をスイープしたのがすばらしい。そして道頓堀では早速ダイブが始まっているようです

今日はNFL。今週は忙しくて、今朝からちょっとずつみたDET@MINしか見られませんでした。

・week6, 実況は三瓶さん、解説は大橋さん
・DETはメガトロンとブッシュがけがでおやすみ、MINにもチャンスあるかも
・と思ったのは最初だけでした
・いきなりDETがいいオフェンスを展開、RBリディックがランアフターキャッチでロングゲイン、そのあとスタッフォードからリディックにTDパスを通しました
・MINのQBブリッジウォーターは期待しているのですが、肝心なところでINTされます
・前半最後にFGレンジまで進もうとしたのですが、これで次FGやというところでパスをホワイトヘッドにINTされてしまいました
・でもDETも今話題のFGミスが続いていますが、今日のKプレイターも決めたりはずしたりしていました
・後半はDETもオフェンスが進まなくなり、パントパントになってしまいます
・しかしその分DETディフェンスが強力になり、すごいプレッシャーでブリッジウォーターをサックしまくります
・なんとかFGは1本決めるのですが、最後の方はDETディフェンスがやりたい放題でした
・試合終了、DET 17-3 MIN

・DETはスタッフォードは19/33,185yds,1TD
・ランはベルが18att,74yds,1TD、結構がんばってました
・リディックはRBですが、今日は5rec,75yds,1TDとリーディングレシーバー
・そしてなにしろディフェンス、7sck,3INT,1FFと大暴れでした

・MINはブリッジウォーターが23/37,188ydsも3INT、しんどいです
・RBマキノンはランで11att,40yds+パスで6rec,42ydsとがんばってました
・パスは結構通ってたんですが
・そしてディフェンスも粘り強くDETオフェンスを止めていたのですが、なにしろオフェンスが点をとってくれませんでした

・あ、今MIA@GBの結果が
・あーあ

野球頭を磨けというオーナーのアンサー

福岡の雲行きがあやしくなってきているなと思うマイク松ですこんにちは。おりっくがせっかくヨーだけはすやすやと寝かせておいたのに、セッツさんが豪快に起こしてしまいましたね。バッターオータニまで起こしてしまい、何がこうなったらなのかよくわかりませんが、ピッチャーとして第5戦に投げるかもしれません。

さて、そんなストロングなハムに負けてしまったオリックですが、ミヤウチオーナーが試合を振り返ったようです。そりゃくやしいだろうなと思いますが、しっかり苦言も呈していました。

「野球頭を磨いて、本当の賢いチームになってほしい」

これはきっと先日のモリワキカントクの「ノーヒットで追い越してやろうぐらいの気持ちでいた」に対するアンサーなのでしょう。さすがにノーヒットで逆転を意図的にするのは無理やろと。あのファニーアイディアを聞かされると、そういいたくなるのも無理もないです。

しかしカントクに「察して」というのはよくありません。日本人の察する文化を求めるあまり、モリワキカントクが誤った察し方をしてしまうかもしれません。つまり「頭を使ってノーヒットで追い越す方法を考えろ」と考えるかもしれないのです。

先日はエスパーの力でもないと無理だと思いましたが、確かに絶対的な選球眼と、絶対にアウトにならない走力があればノーヒットで得点は理論上可能です。健大高崎の機動破壊に似ていますが、あっちはとりあえずヒットは狙ってますからね。何が何でも四死球で出塁。そこから盗塁。最大の得点方法はもちろんホームスティールです。

…やっぱりエスパーの力が必要かなと思うのですが、それよりも改造手術の方がいいような気がしてきました。サイボーグ009みたいな。ちょうど9人だ。

ということでミヤウチオーナーは「野球頭を磨いて」という表現ではなく、「打って点を取れ」などの率直な表現でコミュニケーションした方がいいと思います。

いつの間にか「ファイターズ讃歌」が新バージョンになってた

スタートレックを今更見始めたマイク松ですこんにちは。WOWOWの一斉放送を録画しているのですが、富井がすごい気に入ってます。なんでも見始めるのに遅すぎることはないですよね。

さて、有料放送じゃない方のCS、ハンシンがすごいがんばってて頼もしい限りですが、オリックを破ってCSに出た日本ハムもなかなか健闘しています。1戦目はもうちょっとで勝利というところまでいきましたし、今日はしっかり圧倒して勝ちました。ナカタショーさんがすごい好調ですね。目覚めさせてあげたオリックに感謝しな!

オリック戦で気づいたことなのですが、というか今更気づくなよという感じなのですが、日本ハムの球団歌が、なんかすごいいい感じになってるような気がしました。そもそもアウェイでしか聴いたことがないので、これまでもちゃんと流れてたかなあと思うくらいなのですが、CS(悪い想い出)で聴いたときに、すごい朗々と流れていて、こんなんやったっけと思いました。

それもそのはず(言い訳)、今の球団歌は2014年に新しくレコーディングしたものだそうです。3代目の「ファイターズ讃歌」(そんな名前なんだ)になるんですね。ちなみに初代はオレたちのささきいさお先生、2代目は速水けんたろうお兄さんです。

球団歌はハンシンやカアプ、ラクテンみたいに合唱形式になってるやつと、西武や中日、オリックのように単独のヴォーカルになってるやつの2種類があると思うのですが、3代目ファイターズ讃歌は後者にあたるやつです。3代目は北海道のソウルロックバンド、THE TON-UP MOTORSのヴォーカル、上杉周大さん。バンドは怒髪天やウルフルズの系譜に連なる感じの音楽ですが、とてもいい声してるし、なにより気持ちがすごく伝わってきます。富井もついつい口ずさんでしまいます。

そのヴォーカルの上杉さんとハムの選手たちの対談記事がナタリーに載っていました。ハムからはオーノ、ナカタショーさん、クリヤマカントクが出てきています。CS始まったときにタイミングよく出てきました。これを聴いても上杉さんの気持ちがそのまま歌に乗ってるなという感じがしました。

稀代のスターオータニもいるし、現在フォルス・スタート商会内でハム株が上昇しています。まだの方は一度新しい「ファイターズ讃歌」、聴いてみてください。

尾車親方のナイスユーモアで巡業が盛り上がったらしい

明日超早朝からのお仕事で、ホテルで前泊しているマイク松ですこんにちは。結構いいところですが、そこでやっているのはいつもと同じく野球をみていることでした。ハム今日はいけると思ったけどなー。

さて、今日は大相撲の不思議な記事を取り上げておこうと思います。

遠藤タオルが懸賞旗に変身

現在大相撲は秋巡業の最中ですが、遠藤が土俵にあがっているときに、巡業部長の尾車親方が、遠藤のタオルが永谷園からもらったお茶づけ海苔のデザインになっているのをめざとく発見。松鳳山と栃乃若に懸賞旗のように持って土俵を回るよう指示したそうです。そう、懸賞みたいになって、場内は盛り上がったそう。

巡業のこういう自由な雰囲気はもっと活用していいのかもしれませんね。本場所ががっつり伝統にこだわる分、地方巡業は自由におもしろを発揮していいでしょう。それが土俵に人を引きつけ、子どもの相撲が盛り上がっていくことでしょう。

そう、練習であれば意外な人が土俵に上がってきてもいいじゃありませんか。たとえば昔めちゃくちゃ強くて優勝争いをするかと思ったらめちゃくちゃ自縄自縛で結局ハチナナという力士がいたとして、そういう人を練習台として土俵にあげてあげるのです。力士はどんどん申し合いをしていくのですが、ものすごい強くて全然歯が立たない。内無双で転がされたりします。ついにはあの最強横綱が相手に。うん、盛り上がる。まんが的だ。

横綱ともいい稽古ができた、むしろ稽古場ならこの人が横綱なんじゃないかという強さを発揮したその元力士をもっとみたいという声が高まり、大相撲に復帰。そして大事なところでまたハチナナという。歴史は繰り返す。それも含めてまんがっぽい。

巡業から始まるキセキ。変な映画っぽいコピーも考えました。機が熟していると思いませんか。肉が焼けていると思いませんか。食べ頃ですか。

見た!また負けた・・・CS1st第3戦

「スタジオパークからこんにちは」にますだおかだの岡田さんが出てて、オリックスの負けをもう一度確認しました、富井です。

さて、台風で1日延期になった14日。ファンクラブ会員へ「当日券あります」のメールが送られてくるほど売れ行きが怪しかったようですが、私も含め当日券を買い求めた観客で8割ぐらいは埋まりました。中には両チームのファンでない野球ファンもいらっしゃってました。ありがたいことです。

試合は到着したときは既に駿太のホームランが飛び出し、1点入っていた後で、オリックスファンの盛り上がりがすごかったです。押せ押せムードで優位に試合を進めていけそうでしたが・・・そうはいきませんでしたね。

ハムの先発メンドーサは調子を上げていくのと対照的に、西は粘りのピッチングを見せてくれたものの、テンポが悪くて守備の時間が長かったです。攻撃もチャンスを作ってはつぶすの繰り返しでじりじりとハムに流れがやってきます。1点入っていれば西のピッチングも変わったと思うんですよね。投手、野手のどちらかで5回ぐらいに雰囲気を変えて欲しかった。

そして雰囲気を変えるといえば稲葉。なぜ引退するのか。オリックスなら代打でまだあと2、3年はやれます。オリックスも北川がいればなあ!北川の引退までにこのチームを作りたかったです。

最後は2日目のお返しのように中田翔さんのホームランで万事休す。ああ、いつもあと少しが足りない。本当に残念です。良いシーズンだったと思いますし、この10年では間違いなく一番強いチームだったけど、最後に負けると何にもなくなってしまうものなのです。「勝利しかない」ということを知ったシーズンでした。

来年はどんなチームになるのか分かりませんが、今年得た物を生かしたチームになって欲しいと思います。
まずはたねいもを畑に植えなきゃ・・・。

侍ジャパン野球マンガ代表が選出される

試合のことはのちほど富井が書いてくれると思いますが、はっきりしていることは、稲葉さんは引退しなくていいということです。なんすかあれ。稲葉さんいなかったらオリックが勝ってた。代打でもうしばらくやっていいでしょう。引退セレモニーは稲葉引退ということで、来シーズンはイナバとか胃名場とかすればいいんですよ。木村タツヤ的な感じで。

さて、CSでハムとオリックが死闘を演じているよそで、さむらいじゃぱん、略して侍Jのニュースが飛び込んできました。

夢コラボ!「タッチ」上杉達也ら5選手が侍ジャパン入り

どうやら侍Jが「侍ジャパン野球マンガ代表」を選出したらしいです。これはいい企画。野球まんがという資産をいかしていくことは大事ですよね。今回選ばれたのは、

の5選手とのこと。ちょっと野手が不足していますが、老若男女納得のセレクションですね。星飛雄馬(ATOKは変換できる)や山田太郎を入れないのは現球団に関わるからか。なかなか良識があります。子どもたちに夢をもってもらうという観点からは、アストロ球団アパッチ野球軍を入れるのは難しいか。非常におもしろいんですが残念。

無難かつ誰もが納得するというセレクションはいわゆるドリームチームといわれるやつなんでしょう。侍Jまんが版の人たちはがんばってほしいものです。…考えませんよ!茂野吾郎がオリックにいてくれさえすればとか!考えませんよ!

テレビで見た!負けたと思ったら勝った!CS1st第2戦

PL野球部消滅危機にびっくりしています、富井です。最近は大阪桐蔭出身のプロ野球選手が多いですが、PLの人文字を見ていた世代の人間としては信じられません。

さて、クライマックスシリーズのファン第2戦。今日は昼間に用事があったのでリアルタイムで見られず、マイク松と録画で見ました。幸い二人とも結果を知らなかったのですごく楽しめました。序盤は上沢に見事にやられていたので、このまま完全試合でシリーズが終了するのかと思いましたが、山崎の気迫あるプレー、比嘉の見事な火消しとこのまま終わってもいい思い出を残そうと海岸で貝殻を拾うようにプレーを心に刻んでいました。しかし、代打稲葉のタイムリーで勝ち越されたところで全ての思い出が稲葉一色になってしまい、これで終わりだなあと覚悟を決めました。

ところが、8回原拓也が四球で出塁すると糸井敬遠でバッターT-岡田がホームランを打ったではありませんか。

あ の、 T - 岡 田 が チ ャ ン ス で ホ ー ム ラ ン

一塁側の観客総立ちでしたね。

どう考えても勝つ展開でなかったのに、オリックスの粘りが勝利を引き寄せましたよ。現地で見たいいい試合でした。なぜ、昨日はその粘りを見せてくれなかった。

明日は西とメンドーサ。野手として大谷も出場するといいます。すごい試合になりそうですが、台風も近づいているのでドームなのに試合中止の恐れもあります。
ああ、どうなるんだ。明日が楽しみすぎます。

CS2戦目をテレビでみたマイク松ですこんにちは。休日出勤でしたががんばって結果をみないようにし、同じく用事だった富井と極東事務所で録画をみました。Tの3ランはロマンを感じる一発でしたね。浪花の豪砲とはよくいったものです。普段は雨の日の火縄銃ばりに点火しないのですが。何度見てもかっこいいです。

さて、僕が富井の記事のあとに追記するのは、またモリワキカントクのすばらしい名言が出てきたからです。富井には「オレそういう芸風じゃないからオマエが書いてよ」といわれました。芸風?

森脇監督「ノーヒットで追い越してやろうぐらいの気持ちでいた」

試合が終わってからのインタビューですが、僕も聞いて耳を疑う感じでした。今日は勝ったもののほんとに崖っぷちに追いつめられるという比喩がぴったりきすぎるくらい追いつめられていたのですが、終わってカントクはこのようにおっしゃいました。

「劣勢ではあったが、ヒットが出ないなら出ないでノーヒットで追い越してやろうぐらいの気持ちでいた」

無理でしょ。ノーヒットで追いつくのは相手頼みだから。追い越してやろうじゃないですよ。むしろ戦略的にノーヒットで追いつくのはもうエスパーの仕事ですよ。ボールのコースを念動力で変えるとか、投球動作を乱してボークを連発させるとか、配給をテレパシーで全部言い当てて動揺させるとか、テレポートで盗塁するとか、ヒュプノで幻覚を見せてワイルドピッチやパスボールを誘発するとか。超能力用語は絶チルを参考にしてください。

それよりもヒットを打ちましょう。第3戦はヒットを打って点をとり、ヒットを打って追いつき、ヒットを打って勝つように。ニシを楽に投げさせてあげましょう。

見た!負けた!CS1st第1戦

阪神なんば線の電車にはクライマックスシリーズのファンが全て乗っていたのですが、他を圧倒していたのはなぜかカープファンでした。富井です。やっぱり赤って目立ちますね。日本中でプロ野球をしているのは関西だけだなんて、すごいですね。

さて、ファンクラブに入っているので発売初日に予約してS席の3列目といういい席を確保しました。が、予約できたのは3塁側。ということで、試合前から大谷をじっくり見ることができました。もう見るからに普通の選手じゃないということがびんびん伝わります。神々しいよ。

そして試合は・・・・もう残念な限りです。オリックスはとにかく運がなかった。当たりはほとんど野手の正面を突くし、ストライクゾーンもちょっと辛かったような気もしましたが、日ハムの選手がのびのびやってたのが勝敗を分けたような気がします。

終わったことはどう言ってもしかたないので明日に向けてどれだけ気持ちを切り替えられるだけですね。明日はオリックスの選手がのびのびやってくれることを望みます。

序盤で期待を裏切った選手たち ほか

富井とCS1戦目をみてきたマイク松ですこんにちは。オリックの選手どもはどいつもこいつも普段通りのプレーができてない感じでした。カワバタはがんばってましたが。野手は超新星オータニ(まさに超新星でした)対策で自分を見失い、投手はCK19のあとはほぼ総崩れ。もっと自分たちが種いもだったことを思い出し、光合成することからはじめてはどうでしょうか。のびのび野球ですよ。

さて、指をやけどして記事が書けなかったので、NFLのニュースをまとめておこうと思います。試合はみてたんですが。

1. ハービンが味方の反則でTDを3回も取り消される

MNFの中だったので僕もひどいなと思っていたのですが、相変わらずの強さをみせるSEAのパスオフェンスを支えるWRハービン。week5のMNFでもがんばっていたのですが、TDキャッチをするたびに味方の反則でそれがノープレイになり、1試合に3回も取り消されてしまいました。こんなにがんばってるのに。

ハービンも「まじで信じられへん。サイドラインで見ていた連中も、こないなことは経験ないいうてたで。今日のわしらはいろんな理由で反則を多く取られてもうた。もっとクリーンにプレイせなあかん。1ぺん目はわしもクールに『OKやで』と流せてん。2へん目は『ほんま?』って気分やった。そして3べん目はさすがに怒らざるを得んかったわ。本当に信じられへん。けどそないいうても、反則はフットボールに付き物やからのう」といってたそうです。まあ切り替えていってください。

そういえばFacebookに関西弁が導入されましたが、関西弁といっても結構細分化されていて、京都と大阪と神戸は違うし、大阪の北の方と南の方は違うし、神戸と播州も違います。そしてだいたい他の地域の関西弁は好きじゃないので、一部で評判がよくないようですね。僕が上で使ってるのはどこの地域かわからんくらいなので、軽く流しておいてください。にせ関西弁にするの好きなんです。

2. NFLでもレーザーポインタ騒動

サッカーW杯でもありましたが、NFLでも選手にレーザーポインタを照射する事件がBUF@DET戦であったそうです。ダメゼッタイ。

DETは早速調査に乗り出しその犯人を特定。その選手を永久出入り禁止にするとともに、その犯人にシーズンチケットを転売した人もそのチケットを無効にすることにしたそうです。早いですね特定。

それにしてもレーザーポインタはだめ。失明するかもしれないし。それにNFLはスポーツの中でも、ファンの声援で敵チームにダイレクトに負の影響を与え得る唯一のものでしょう。敵をじゃましたいならクラウドノイズを作ればいいんだ。

3. キャパニックが契約外のヘッドフォンを使っていて罰金

相変わらず凶悪なQBランをみせているキャパニック。こないだはKCをぼこぼこにしたわけですが、そのときの会見で、契約してないメーカーのヘッドフォンをつけていたとして、罰金10000ドルを科されたそうです。KCに勝ったりするからや。

ところでNFLはBoseと独占契約を結んでいて、会見の時はどうもBoseのをつけてないといけないらしいのですが、同時にキャパニックは個人で別のメーカーとコマーシャル契約を結んでいるらしいです。ということはヘッドフォンを2つもっていないといけないわけですね。

めんどくさいです。

4. 序盤で期待を裏切った選手たち

week5まで終わったわけですが、ここでNFLのアナリストが、序盤で期待を裏切った選手たちやチームなどなどというのをまとめてくれているようです(前編後編)。アナリストって時々それまとめてどうすんのという記事書きますよね。期待はずれの人たちは、

1.ニューオリンズ・セインツ
2.CLEの1巡指名選手たち
3.BUFのE.J.マニュエル
4.DETのKたち
5.NYJのQBジーノ・スミス
6.OAKのベテランたち
7.PHIのQBニック・フォールズ、RBルショーン・マッコイ
8.NEのオフェンス
9.TBのQBジョシュ・マッコウン
10.DALのCBモリス・クレイボーン

があげられていました。

やっぱり期待されていないと裏切れないので、そういう意味ではいるかやKCがここにはいってこないのは仕方ないということでしょうね。まあだいたい期待されている人たちですが、マッカウンに期待する方がどうかしてると思います。

ジーノ・スミスはSD戦での遅刻がランクインの引き金になったのではないかと思います。いろんな理由からミーティングが終わってからやってきたらしく、試合も負けてしまいました。なんか最近スポーツ選手の遅刻のニュースがはやってるみたいですが、メッセさんみたいに大遅刻しても勝てばまだいいんですが。遅刻気をつけましょうね。

おつかれさま、平井

やけどをして記事が書けなかったマイク松ですこんにちは。金属製のおたまが熱くなっていて、うっかりもってしまいました。冷やしてないと痛くなったので、夜間診療当番医にいってきました。いい薬ありました。

さて、ちょっとおそくなりましたが、とりあげるべきニュースをとりあげます。オリックスの平井が引退するそうです

引退会見では仰木カントクと上甲カントクにふれ、僕の人生の中で絶対に外せない2人。教えを守りながらやっていきます」といったそうです。郷土の英雄。愛媛出身の選手がまた1人引退していきましたが、すぐ2軍コーチに就任するそうです。助かります。

オリックや中日で活躍し、郷土と高校の名を全国に広めてくれました。本当にありがとう。おつかれさまでした。来年は二軍にあいにいきます!

NFL2014 week5 CIN@NE

皆既日食みてきたマイク松ですこんにちは。ちゃんと暗くなってました。すごい。ところでロッテの宇宙通ことフルヤがまた取り上げられていました。すっかりさんすぽの鉄板ネタになりつつあります。

今日はNFL。帰りが遅くなったのでメモにします。勝手に1つ録画失敗したと思ってましたが、この試合が今週1試合目でした。よかった。

・week5, CIN@NE、実況は早瀬さん、解説は河口さん
・最初にここ数試合の不振でメディアから厳しい指摘を受けるブレイディとベリチックHCが出てきて、ブレイディが鼻で笑ったり、ベリチックHCが「次のCIN戦に備える」と繰り返したりしていました
・まあいるかとKCに負けたのが大きいんですかね
・しかし今日はそんなあとだったので怒りのブレイディがみられました
・最初のドライブでロングパスを通し、エンドゾーン前で怒りのスニーク2連発、気合い入ってます
・そのドライブはリドリーのランでTD、攻撃の手を緩めないNE
・次のドライブではグロンカウスキーへのパスから、ライトにパスを通してまたTD
・そのあとはお互いFGで加点しあい、2ミニッツに入ってもう前半終わりかなと思っていたところで、CINがグリーンにパスを通したあとリーヴィスがファンブルフォース、NEリカバーで残り1分、これもFGに結びつけました
・ブレイディさんはパスヤード50000ydsに到達、それでも気を緩めない
・CINもドルトンからサヌーにTDパスを通したりしますが、ブレイディもグロンカウスキーに通して取り返す
・そのあとのキックオフでKRテイトがファンブルロストして、リカバーしたアリントンがリカバーTD、たたみかけました
・そのあとドルトンもグリーンにTDパス通しますが、そのあとはバリーンのランで時間を使ってNEが勝ち、CIN 17-43 NE
・ブレイディさんは23/35,292yds,2TDと活躍、これで本領発揮で溜飲を下げたことでしょう、いるかもKCも先にやっといてよかった
・CINはドルトンは15/24,204yds,2TDと悪くないですが、3ファンブルロストがとにかく痛かったです
・とにかくブレイディさんとベリチックHCを怒らせないようにしましょう

カーニバル・オン・アイス 2014

山田、日本選手の右打者新記録192安打。さすが山田だなと思うマイク松ですこんにちは。おめでとうございます。

さて、先日ジャパンオープンがあったわけですが、カーニバル・オン・アイスもあります。短いですが中継あったのでチェックしてみます。わりと紹介VTRもなくストイックな作りでした。さすがテレ東。

カーニバル・オン・アイス2014。実況は小島さん、解説はジュンジュン。

最初に鈴木明子登場。ライザ・ミネリ「ステッピング・アウト」。滑りはまったく変わってないですね。プロになってもっと表現力が増している気がする。演技力の部分がとてもいいですね。コートを脱いで3Sからスピン。すばらしいポジション。ルールから解き放たれ、表情もすばらしいです。ジャンプで転倒してもかっこいい。帽子をもらっていい小道具として使えている。練習を楽しめるようになっているそう。スピンからタップの要素を取り入れた小ステップでフィニッシュ。楽しそう。こっちがうれしくなります。

織田信成将軍。「アディオス・ノニーノ」。3Fがダブルになりましたが、相変わらず着氷がやわらかいですね。違う惑星の類人猿みたいでナイスなフォルムですが、スピンはポジションも速度も最高。このスピンは誰か受け継がないと。すごいわ。滑りもジャンプの流れもとてもいい。こんなに伸びてたっけという感じです。ステップでは手拍子。最後のスピンはポジションもばっちりだし速度もあります。いい演技でした。

リード姉弟。「フラメンコ」。けがはよくなったか心配ですが、クリスはまだ完調ではないみたいですね。大事にしてほしいです。無理せず少しずつコンディションをあげていってほしい。日本のアイスダンスを一身に背負っているわけですからね。最後もひざに負担かけるフィニッシュ。おだいじに。

宮原知子。ジャスミン・トンプソン「レット・ハー・ゴー」。この衣装きれいですね。滑りは速いし2Aは流れがあります。普段から黙々と練習するらしいです。3Lzからの流れでスピン。演技に切れ目がないし、エキシでも密度の高いプログラムです。美栄ちゃんの弟子らしく細部にも気を遣ってますね。アップライトスピンのポジションも表現力がある。いい演技でした。由希奈はんの指導も受けてみたらいいのに。受け継いで。

無良崇人。「フィーリング・グッド」。4Tはでかいジャンプでした。そして3Aはほんとにでかい。3Lzからの流れはエッジを意識したいい滑り。もっとステップの部分でもいきるといいですね。どうやって自分の味を出すかという問題にもこのエキシはいきるとジュンジュン。確かに。

高橋成美・木原龍一。エルヴィス・プレスリー「ボサノヴァ・ベイビー」。今シーズンはスピードがテーマだそうで、確かに滑りは速くなってますよね。木原のホールドも安定してきてますね。3SThは高さもあったし試合で十分点がとれますね。ソロスピンがぴったりあってるじゃないですか!やっぱ上達してるんですね。あと選曲のよさをジュンジュンが指摘してました。確かに。Dsもよかったです。ゆっくりうまくなっていってほしい。

村上佳菜子。「ネクター・フラメンコ」。5シーズン前のジュニア時代のSPのナンバーらしい。3Fは力強いジャンプ。とても集中して演じてますね。フラメンコはあうのかもしれませんね。かっこよさの部分だけはよくできてる。切れ目のない演技をがんばってましたね。

小塚崇彦。「エバリスト・カリエゴ」。タンゴのプログラム。3Tから入る。よく滑ってますね。3Aもむしろかっこいい転倒。スピンから小ステップ、そしてスピンの流れはとても滑りのよさを感じますね。3Lzも決まった。これってSPなんですね。曲とあってくればもっとよくなる。最後は高速スピンでフィニッシュ。期待したいですねこのプログラム。

エレーナ・ラジオノワ。なんかシスみたいな人が出てきたと思ったらラジオノワでした。ホイットニー・ヒューストン「クイーン・オブ・ザ・ナイト」。すごい存在感や。めんどくさそうな衣装のまま3S。しっかり会場を盛り上げて、「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラヴ・ユー」になって一気に衣装を脱ぎ捨てます。早替えや。氷を前進で滑ってから転がり、そこからイーグル。そしてスーパーなビールマンポジション。最後は衣装のところまで戻ってフィニッシュ。すごいな。ある意味またショック・ザ・ワールドや。そこまでやってくるかというのはプル兄さんの系譜を継いでますね。

ハビエル・フェルナンデス。「ブラック・ベティ」。いきなりノースリーブでさりげない色気とかではないあからさまな色気。というか脇毛。軽く3Sは余裕たっぷり。滑りもすごいし、エッジワークも異次元な使い方。それでいてやってることは、ただ楽しく滑るだけ。それでいてここまでみせてくれるとは。最後は脇毛でフィニッシュ。ありがとうございます。

町田樹。「エデンの東」。もう曲の入りで歓声が上がってますね。たまアリに縁のあるプログラムとのこと。どこに注目するでもなく1つの演目としてみてしまいますね。大きな物語の中で滑っている感じ。この演目としての表現力は町田ならではでしょう。物語を追って演技をみています。最後のフィニッシュまで、知っているけどいつも新鮮な目で見られる。いい演技でした。アンコールでは「ロシュフォールの恋人たち」のステップ部分を滑ってくれました。

パトリックちゃん。「エスクアロ」。ぐるぐるまわって軽くジャンプ跳んでるだけですが、それでもしっかり演技になるのがさすが。滑りの美しさを堪能できます。それ自体が味がある。流しそうめんみたい。違うか。今シーズンはしっかりリフレッシュしてください。

上に「このあと プルシェンコ」って書いてあるのが気がかり。

安藤美姫。「ラヴィン・ユー」。衣装がハワイっぽい。すいすい楽しそうに滑っているのがうれしい。そしてジャンプが高い。リラックス感がとてもいいですね。こんな表現今みられるとは思いませんでした。すばらしいです。

エフゲニー・プルシェンコ兄さん。けがはよくなりましたか。「ベスト・オブ・プルシェンコ」。楽に3T跳んでます。これは状態はよさそう。あれ?なんかうどんみたいなの食べたぞ。3Loからてきぱきステップ。ステップはスローながらもしっかり表現。ジャッジに謎の目配せをしてどんどん滑って、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。ありがとうございますプル兄さん。木下グループの字幕が上にかぶってしまってごめんなさい。

フィナーレではベルネルやバトルもみられました。みんな元気。いいもんみられました。

フィギュアスケート ジャパンオープン2014

BS3で「ハングオーバー!」みたマイク松ですこんにちは。めっちゃおもしろかったです。考えるとかはない、あるのが笑いだけというのが理想です。虎がおもしろかったのと、中盤でピアノ弾き語りの曲があるのですが、それがやけに印象に残りました。

さて、フィギュアスケートの開幕戦なのかなんなのかいまいちわからないジャパンオープン。いい選手がたくさんきてくれてありがとうございます。いつものように軽くみてみますね。

フィギュアスケートジャパンオープン2014。実況は板垣さん、解説はジュンジュン。スペシャルリポーターとして鈴木と将軍がきてくれています。サンキュー。今シーズンからはヴォーカル入りの曲を使ってもよくなったそうです。

最初にジェフリー・バトルがきてくれました。スクリャービン「ピアノコンチェルト」。3F+1Lo+3Sをいきなりもってきましたよ。いけるんや。2Aは余裕。でも相変わらず滑りがスムーズで美しいです。3Lz+2Tと確実に跳んでます。スピンはポジションがいいですねー。つなぎの部分もよく考えてます。自分で考えてるんやろうか。3Lzはおっけー、3Sはステップアウト、2Loになりました。そして出た、笑顔のステップ。曲にしっかりあってますねー。3Tからコレオシークエンス、2Aからスピンでフィニッシュ。さすがに疲れたみたいですが、これが現役じゃないとかほんと信じられん。さすがでした。みんな見習おう。メモメモ。136.08。ミライもワグナーもジェフリーさんさすがっすという感じでした。

無良崇人。最初に出てきました。「オペラ座の怪人」より。最初からスピード出てますね。4Tはでかいジャンプでした。いけてます。次の4Tはツーフットですね。3Aはさすがの出来。スピンは軸が安定してます。ステップはみっちり作り込んでいる構成。3Loはスムーズ。おっヴォーカルが入ってますね。3A+2Tは高さ出てました。3Fからキャメルスピン。2Sになりました。疲れるな疲れるな。3Lzからスピンでフィニッシュ。初戦にしてはよく仕上がってますね。がんばりました。146.41。よしよし。

トマシュ・ベルネル。また日本きてくれよとかいっていたらすぐきてくれました。コンディションはどうやろうか。「タンゴ・セレクション」。4Tはオーバーターンもパワフルなジャンプ。3F+2Tもジャンプのパワーはキープしてるみたいですね。2A、3Fからステップ。今日はいい感じでいけてますよ。観客のパワーを吸収していこう。つなぎの部分はなにげなく滑っていてもエッジワークでしっかり語ってます。3Aはきっちり決めました。3Loもいけた。3Lzはツーフット。まだまだいけるで。3S+2Tはおっけー。スピンはスピードが落ちない。そしてコレオシークエンス。手拍子を受けてスピンでフィニッシュ。よっしゃよっしゃ。ぜんぜんコンディションはいい感じですね。137.50。ラジオノワとポゴリラヤがもっと出せるでしょーってみてました。

パトリックちゃん。今シーズンはおやすみで、ここだけ出てくれるそうです。サンキューです。ショパンメドレー。いいスピードとエッジワーク。4T+3Tはフェンスにぶつかりそうでしたが成功。休養中なのか?3Aもしっかり決めました。3Lzも流れがある。ステップもエッジワークがなめらか。すごい。楽に滑ってます。曲調が変わってつなぎの部分はゆっくり。3Lz+2Tはなんとかコンビネーションにしました。3F+2Tもしっかり。3Loからのチェンジオブペースもメリハリがある。3Sからスピン、回転速度もある。3Fからコレオシークエンス。スタミナもある。アップライトスピンでフィニッシュ。はーいありがとうございまーす。北米チームも喜んでいます。休養中とかもっとゆっくりやってくれていいのに。178.17。

小塚崇彦。ボチェッリ「Io Ci Saro」。4Tはランディングが乱れましたが降りてますよ。滑りも力強い。4T+2Tはツーフットでした。3Aはシングル。スピンは質が高い。ステップはよくエッジが滑ってます。3Aは転倒。3Lz+1Tはよくこらえて1Tつけましたよ。3Fは上手く決まりました。3S、2Aからスピンでちょっとよろっとしました。あぶない。ステップにいくところで転倒してしまいました。あらー。でも躍動感はよく出せてる。コンビネーションスピンは安定してます。フィニッシュ。最初にしてはまずまずでしょう。ここからあげていこうぜ。119.51。

ハビエル・フェルナンデス。ひげや。「セビリアの理髪師」。きましたねー。最初からコンディションのよさがわかる滑り。4Tは余裕ありますねー。3S+3Tは予定変更ですかね。いいですね。というかリンクが狭そう。3Aはランディングなんとかふんばりました。スピンからステップに。激しくはなくても華麗なエッジワーク。しっかり曲にあわせてます。遊び心が入ってこそフェルナンデス。4Tは転倒しましたがでかいジャンプです。3F+1Lo+3Sはしっかり。3Loも回転が速い。場内を盛り上げてステップからの3Lz+2T。3Sの前も複雑な構成が入ってますね。あれ?また3Sってだいじょうぶか。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。みっちり詰まったプログラム。がんばれがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたー。155.47。やっぱり1つカウントされてないか。でもこれだけぎゅうぎゅうのプログラムをしっかり作ってきてますね。これが完全に滑れたらと思うとたのしみです。

続いて女子。

アンナ・ポゴリラヤ。リプニツカヤ元帥の代役、しっかり頼むよ。ストラヴィンスキー「火の鳥」。いいコンディションぽい。3Lz+3Tをしっかり決めてきましたよ。今の時期なのに。3Lo+1Lo+3Sをしっかり成功。コンビネーションスピンもポジションがきまってます。これでも元帥の代役ですからねー。ステップもよくエッジを使ってるし。早く仕上げてきてますね。3Fも成功。3Lz+2Tはセカンドで手上げ。いいですね。2Aからドーナツスピン。ポジションがいいですねー。2Aはシングルに。3Loはのびがあります。スパイラルもよく滑ってます。レイバックスピンもしっかりいけました。ミスもほとんどなく、いい演技できましたね。これで下克上目指したいところ。122.52。

ミライ・ナガス。逃げ切るにはオマエががんばらんと。「蝶々夫人」より。3F+3Tをしっかりメイク。2A+3Tも決めました。いいコンディションですね!3Lzもいけました。今年は仕上がりが早いのか。ステップはまだ構築段階かも。ドーナツスピンからつなぎもいい。どうもソチに出られなかったことで仕上がりを早くしているらしい。3Sは転倒。ステップからの3Fも流れがあります。ジャンプのキレがいい。スパイラルからの3Lo+2Tもいけました。シットスピンもいけてる。コレオシークエンスもしっかり体力もたせてます。2Aからレイバックスピンでフィニッシュ!おーいけましたね!今シーズンはやってくれそうな感じ。106.85。ここからもっと仕上がるはず。

宮原知子。「ミス・サイゴン」。オリエンタルなプログラムですね。3Lz+3Tはとても質が高いですね。出だしがいい。3Fはステップからの流れもいいし、3Loものびてる。滑り全体がなめらかです。もうすっかり仕上がってる。ステップは足下だけじゃなく表現もメリハリがある。よく作ってます。3Lz+2T+2Loを後半で決めてきました。リズムのあるジャンプ。2A+3Tもスムーズです。ビールマンスピンも回転が上がってます。3Sからコレオシークエンス。大きなスパイラルが印象的です。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ!よっしゃよっしゃ!これは素晴らしい演技ですねー!131.94。美栄ちゃんも喜んでいます。この時点でここまで仕上げてる。勤勉ですねー。

エレーナ・ラジオノワ。日本にきてくれてありがとうございます。現時点でのラジオノワはどうか。ラフマニノフ「ピアノ三重奏」。冒頭の滑りからして存在か。3Lz+3Tが高い。でかい。3Fも軽く跳んできますね。つなぎのステップでもしっかり表現があります。3Lzも成功。ステップは密度が高い。ぎゅうぎゅうです。そういえばちょっとみないうちに大きくなって、手足も長くなってますね。コンビネーションスピンが1つ1つのポジションは明確で移行がスムーズ。無理矢理感がないですね。速い滑りから3Lo+1Lo+3Sをてきぱきと。2Aからステップを経て2Aもう1つ。3Lo+2Tは回転にキレ。おっしっかり笑顔見せてますね。コレオシークエンスもまだまだ体動く。レイバックスピンは回転が速い。フィニッシュも笑顔でできました。はーい新型MSがまた出てきましたよ。136.46。でかい点でましたね。ロシアの新型MS特有の「ショック・ザ・ワールド」、しっかりみられました。

アシュリー・ワグナー。「ムーラン・ルージュ」。ワグナーの曲のセレクトはいつも正しいんですよねー。おお重厚な表現。これこれ。3Fもジャンプが重くてでかい。2A+3Tはセカンドでツーフットだったか。3Sはステップアウト。スピンも重力を感じる。迫力あります。つなぎの演技にも主張がありましょね。3Lo+2A+SEQを入れてきてます。3Lzもいけた。大きなイーグルから3Loも成功。視線の使い方がとてもアーティスティック。そうでないと。3F+2Tからコレオシークエンスにつなげます。スパイラルの使い方がうまいな。スピンでフィニッシュ!ワグナーらしさがでてました。おねえさんの滑り。若手にあわせるまでもない、大人の滑りもまたフィギュアスケートですよ。100.99。まじか。回転不足とられたか。さっさと帰って行きました。それもまたよし。

村上佳菜子。「オペラ座の怪人」より。力強い表現ですね。3Loは大きなジャンプ。2A+3Tは高さすごい出てますね。スピンも安定。レイバックスピンは回転速度をキープ。コレオシークエンスもよく体動いてる。今シーズンからChSqをStSqの前にやっていいらしいですよ。3Fはシングルに。3Lo+2Tはまずまず。3T+2T+2Loも決まりました。2Aもすぐ次の演技にいける。3Sからここでステップ。緩急がよくできてますね。このへんは向上しているところかも。スピンでフィニッシュ。ジャンプの質がもっと高まれば、もっといい演技はみられそうですね。114.38。

いちおう結果:
1位:欧州 2位:北米 3位:日本

いちおう試合形式なので順位は出ますが、あんまりこの時点で競わなくてもと思っているので別にいいでしょう。NFLならプレシーズンゲーム、大相撲なら稽古総見、プロ野球ならオープン戦くらいのイメージですよ。きっちり仕上がってる人もいれば途中の人もいる。それでいいでしょう。

ヨーロッパはみんなそれなりに仕上げてきてるくらいでしたがさすがの出来。ベルネルががんばったのが1位になったのに影響してますよね。ベルネルのファンの方はトマシュのおかげで勝てたんやでと威張ってもらって大丈夫でしょう。

アメリカは女子でうまく点が出ませんでしたが、ワグナーもぷんぷん怒って大丈夫。シーズンは始まったばっかりです。パトリックちゃんはゆっくり休んでもらって大丈夫です。帰ってきていい演技してオマエちゃんと休んでたんかとかいうのがもうありうべき未来として見えます。

ジャパンは小塚の点が出なかったのが響きましたが、まだ始まったばっかりでしょう。早く仕上げればいいのかといっても必ずしもそうじゃない。ファンはわかってますよ。無良がまずまずの仕上がりなのと、宮原がもう開幕OKなのが驚きました。ここからどうプログラムの完成度をあげていくかでしょうね。

テレトーの中継は紹介VTRは長いしあんまりよくなかったですが、ヴォーカル入りの曲になったことは、中継にも結構影響しそうですよね。みんな歌が聴きたいのに死の呪文満載の中継とか、考えただけでも胃壁が溶けそうです。そういう時代がくることを考えると、硬派に副音声は会場音のみを設定するテレトーは立派だといいたいですね。

NFL2014 week4 PHI@SF

台風がきていますね。お気をつけ下さい。マイク松ですこんにちは。

NFLはweek4, PHI@SF。やっとSFの試合みられます。

week4, PHI@SF。実況は曽根さん、解説は大杜さん。

PHIオフェンス。1回1stダウンをとりましたがパント。早速SFがチャレンジをして失敗しています。早い。

SFオフェンス。キャパニックがサックされもうちょっとでセーフティというところでした。そしてPHIがパントをブロックしてそのままTD!ディフェンスとスペシャルチームでとったTDですね。思わぬ形でPHI先制。

ふたたびSFオフェンス。ゴアのランで1stダウン。オーディブルが当たりましたね。ゴアのランはよく出てます。ロイドにパスが通って前進。ボールディンのランアフターキャッチでごりごり1stダウンとりました。1st&goalからは止められますが、FGで得点。

SFは開幕3試合で300yds罰退してるらしい。大丈夫か。

PHIオフェンス。アーツに通して1stダウン。そのあとは止められてパント。ランが止まってますね。

SFオフェンス。キャパニックのランで1stダウン。そのあとグレアムがまたサックしました。ノーチェックやん。キャパニックはプレッシャーから逃げて、逆サイドにいるゴアにパス、そしてゴアがディフェンスを吹き飛ばしてTDまでもっていきました!これは力強い。SF逆転です。

PHIオフェンス。反則でもりもり下がっていきます。ロングパスも通らずパント。

SFオフェンス。パスをジェンキンズがINT!そしてタックルをかいくぐってかいくぐってそのままリターンTD!タックルミスが続出しましたねー。

ふたたびSFオフェンス。反則もあってぜんぜん進めない。それどころか後退してる。パントになりました。今度もブロックされそうになり、スプロールズがそのパントをリターンTDしました!うわー強い。さすがスプロールズ。オフェンスの本筋とはあまり関係ないところでPHIが引き離していく。

みたびSFオフェンス。ランもパスも進んではいます。でも反則でいちいち下げられたりノープレイになったり。ボールディンのスーパーキャッチで前進します。しかしそのあとディレイ。クラブツリーのキャッチで前進という感じです。51ydsFGになりますが、これをドーソンがしっかりメイクしました。遠いのにがんばった。

PHIオフェンスは残り1分。パスパスで攻めていきますが、ファンブルフォールからリカバーされました。前半終了、PHI 21-13 SF。

後半、SFオフェンス。プレッシャーがきつくてパント。

PHIオフェンス。アーツにファンブルフォース、ちょうど前にいたコックスがごっつぁんリカバー!ラッキーですねー。

SFオフェンスはレッドゾーン前からでしたが、キャパニックがサックされました。ディフェンスホールディングで救われました。ランで前進。キャパニックのスニークで1stダウン。そしてエンドゾーンぎりぎりにスティービー・ジョンソンにパスを通してTD!スーパーキャッチでした。無理せずxpはキック。

PHIオフェンス。ようやくマッコイに持たせ始めましたね。パスをしっかり守られてパント。

SFオフェンス。ゴアのランで前進。いいブロックありました。PHIのイリーガル・ユース・オブ・ハンズで前進したり、フォルススタートで後退したりしています。ランは出ずFG。46ydsでしたが、ドーソンがしっかり決めました。逆転。

PHIオフェンス。ロングパスにいきましたがそれをベセイがINT!フォールズも直前にサックされてコントロールがつきませんでしたか。

SFオフェンス。ランはよく守られてますが、ボールディンへのパスが通って前進。ゴアのいいランもありました。フォールズがひざを痛めているらしい。いちおうオフサイドを狙ってみますが通らずパント。

PHIオフェンス。マッコイのランをロスタックル。SFディフェンスのプレッシャーが伝わってますね。パント。

SFオフェンスは自陣40ydsから。クラブツリーに通して1stダウン。ハイドのランをソーントンがロスタックルします。反則で下がりますが、ついに出たキャパニックのランで1stダウン。ランで時間を使いながら前進。ディレイで下がったのがありFGに。

PHIオフェンス。マクリンに通して1stダウン。パスパスで攻めます。やっと相手陣に入りました。マクリンのキャッチがすばらしいですね。レッドゾーンに入りました。マシューズのキャッチで1st&goal。パスが通らず4thダウンギャンブルにいくも通らず。

SFオフェンス。タイムアウトを全部使わせてパント。

PHIオフェンスは残り1分強。最後のパスもコックスがINTしました。試合終了、PHI 21-26 SF。

反則が多い!両チーム10個ずつ!あわせて150yds罰退!罰退ショー!

SFはキャパニックが17/30,218yds,2TD,1INT+7att,58yds。まずまずいい活躍。ランはゴアが24att,119yds+パスで55yds,1TD。エースRBの働きですね。レシーブではボールディンが5rec,62yds、クラブツリーが5rec,43yds。ディフェンスは1sck,2INT,2FF。がんばってました。

PHIはなにしろ得点が、パントブロックリカバーTD、INTリターンTD、パントリターンTDと、オフェンスでとった得点はなかったんですよね。ばんばんTDとって押していたとは思うのですが。フォールズのひざが心配です。

なにより両チームとも反則が多くて波に乗れませんでしたね。なんとかしないと。

フィギュアスケートジャパンオープン2014:今更出場選手チェック

オリックが終戦してしょんぼりしているマイク松ですこんにちは。僕は特にオリックを応援しているわけではないのですが、上司の夢は部下の夢ですからね。あそこまでいったのにというよりは、あそこにいくまでに1勝でもしていればと悔やまれてなりません。でも昨年までの惨状を考えれば大躍進。CSもあります。ぜいたくは敵だ。

さて、そんなこんなで季節は秋、フィギュアスケートの季節ですね。今年もジャパンオープンが開催されます。というか明日です。とりあえず中継でみることにしています。

今年の出場メンバーはこんな感じ。

  • ジャパン:村上、宮原、小塚、無良
  • ノースアメリカ:ワグナー、ミライ、パトリックちゃん、バトル
  • ユーロ:ポゴリラヤ、ラジオノワ、フェルナンデス、ベルネル
  • ゲスト:プル兄さん、デイヴィス・ホワイト

ちょっと北米と欧州が強力すぎやしませんか。ユーロはこれでもリプニツカヤ元帥がコンディションがよくないとかでポゴリラヤになってもこれです。元帥はハンデということでおやすみになったのかもと思わせます。ベルネルは早速日本にきてくれてますね。めっちゃコンディションよかったらおもしろいのに。ノースアメリカは万全の布陣。ワグナーとパトリックちゃんに里帰りもかねてミライ、そしてプロスケーター枠にばっちりおさまるバトル。強い。それに比べると若手主体のジャパンチームは大変そうですが、ここはチームワークで乗り切ってほしいものです。今までのように浅田も鈴木もスターも高橋も出ないというのは逆に若手にはチャンスですよね。

ゲストにプル兄さんがきているのも気がかり。もう北米と欧州が強すぎるから、反乱軍みたいな感じで別のチームを率いているというのもおもしろいですね。プル兄さん、クチピー、サンデュ先輩、織田信成将軍という面々とか。絶対反乱軍応援するわ。あるいは「あれ…?今日のベルネル、なんか鼻が高くてヘヤーもおかっぱやん…?」みたいなことにならないようベルネルを誰か守ってください。

ともかくフィギュアスケートの雰囲気が味わえるのがうれしい。選手のみなさんにはがんばってほしいですね。

NFL2014 week4 マンデーナイト NE@KC

家のネットがつながらなくて苦労しているマイク松ですこんにちは。すぐ接続が切れてしまう。

でもテレビはみられるのでいいです。今日はNFL、なんとKCのゲームをやってくれるのです。MNFだから。がんばってほしいですKC。誰ですか、血のにおいがするとかいう人は!ぷんぷん!

week4, MNF, NE@KC。実況は早瀬さん、解説は輿さん。

KCオフェンス。ボウに通して1stダウン。チャールズのランも堅実に出てます。そしてプレイアクションからTEケルシーに通してダウン更新。いいですね。しかしスミスがジョーンズズ(チャンドラーとクリス)にサックされました。スミスのスクランブルで挽回しますがパント。オフェンス悪くない。

NEオフェンス。なかなかよく守ってる。3&outになりました!よっしゃ。

KCオフェンス。チャールズのいいランが出ました。ナイル・デイヴィスのランもいい。ケルシーのパスキャッチもいけてる。真ん中のレーンをあけるパスですかね。結構投げ分けてるし。ボウに通して1st&goal。結構リーヴィスに投げてるのが勇気。そしてチャールズがごりごり押し込んでTD!よっしゃ!KC先制です!

NEオフェンス。ディフェンスはがんばってますね。しかし3rdダウンでパスが通って前進。中央付近でヒューストンがしっかり止めてパントに。

KCオフェンス。デイヴィスのランでロングゲイン。デイヴィスいいじゃないですか。そしてケルシーのランアフターキャッチで1st&goal。最後はチャールズへのパスでTD!おおー!いけてますね!

NEオフェンス。パスを通されてもあわてない。中央あたりでしっかり止めてパント。いっぺんギャンブルするそぶりをみせました。

KCオフェンス。KCはクラウドノイズ、142デシベルで世界記録を更新したらしい。よかったね。いいよね、SEAはスーパーボウルとってるし。ランランで攻めますがパント。いいスペシャルチームのカバーがありました。

NEオフェンス。4分弱です。グロンカウスキーに通して前進。しっかりプレッシャーをかけてパントに追い込みました。

KCオフェンスは2分強。サイドライン際のパスを続けて前進。エイヴリーもいいランアフターキャッチ。しっかり前進しレッドゾーンに。がんばって攻めてFGにしました。ぎりぎり。前半終了、NE 0-17 KC。勝ってる勝ってる。

後半、NEオフェンス。ブレイディがファンブルロストかと思いましたが、NEリカバーでパントでした。あれKCリカバーでいいでしょう。

KCオフェンス。チャールズはもちろん、デイヴィスがよくラン出してますね。そのあとパントになりますが3yds付近のスーパーパント。

NEオフェンス。ハリが後ろからサックしてファンブルフォース!自分でリカバー!よっしゃよっしゃ!今シーズン初めてのターンオーバーを奪いました!

KCオフェンスはもう1st&goal。チャールズがランアフターキャッチでエンドゾーンに飛び込んでTD!ばっちりでーす!

NEオフェンス。ロングパスにいったところでCBスミスがINT!よっしゃー!粘り強いリターンもありました。助かります!どうもミスコミュニケーションのよう。

KCオフェンスは相手陣13yds。そこからは進めませんでしたがFGで加点。

NEオフェンス。バリーンのランアフターキャッチで前進し、ラフェルがタックルをかわしてTD!やっとNEがTDとりました。というか油断するなよ。プレーオフを忘れるな。

KCオフェンス。ケルシーはほんといいレシーバーになってますね。デーヴィスのランアフターキャッチで1stダウン。ランで時間を使って、エイヴリーへのパスで1st&goal。一度チャールズがもっていってエンドゾーン前でファンブル、KCがおさえてTDとなりましたが、その前にチャールズがダウンしていました。そしてケルシーにパスを通してTD!ばっちりでした!今日はスミスもいいですねー。

NEオフェンス。ブレイディのパスをFSアブドゥーラがINT!そのままリターンTD!もうすごいわ!失禁しそう!

ふたたびNEオフェンス。あー!ガロポロが出てきましたね。RBも新人を出してきたりしてる。やっぱりリリース早いですね。最後はグロンカウスキーがキャッチしてから粘って粘ってTDとりました。ガロポロのキャリア初TD!

KCオフェンス。ランで時間を使います。パント。

NEオフェンス。アメンドーラがアンネセサリーラフネスとられてる。そりゃそうか。ガロポロをヒューストンがサック、パント。KCオフェンスはニーダウンして試合終了、NE 14-41 KC。

なんだ!キセキか!

KCのいいところばっかりでました。MNFでこれだけいい試合ができてよかった。チャールズが戻ってきたのが大きいですが、スミスの調子もばっちりだったし、デーヴィスやケルシーなどの新戦力も活躍できました。ディフェンスも圧倒。3ターンオーバーをすべて得点に結びつけましたね。

対してNEはブレイディの調子がさっぱり。レシーバー陣とのコミュニケーションミスが多かったし、OLが結構プロテクションできませんでしたね。きつい。

KCが勝って富井も喜んでいるどころか、これってほんとかなと怪訝な顔をしています。毎回こんな感じのいい試合だったらいいのに。

大相撲9月場所2014:千秋楽とプチ総括

オー質屋 GO質GO! 質GO!質GO!。この衝撃的なCMで電話番号を覚えてしまったマイク松ですこんにちは。特に質入れする予定はないのですが、どうせフォルス・スタート商会の財政は火の車、覚えておいて損はないかも。そういえば質入れするものがないですけどね。

9月場所もいよいよ千秋楽です。よく盛り上がりました。

千秋楽。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

双大竜×鏡桜。鏡桜がはさみつけてつかまえたあと、とったりで倒しました。今日は前に出ていましたね。

時天空×若の里。若の里が幕内で。あー惜しくも負け越してる。右四つに組み止めた時天空が左上手をとってます。若の里は時天空の下手を封じますが、じわじわと前に出た時天空が寄り切りました。

旭秀鵬×貴ノ岩。左四つになりました。旭秀鵬が投げにいったところを貴ノ岩がふりほどいて押し出しました。もうちょっと旭秀鵬もとりようがあったような。

千代丸×誉富士。誉富士が幕内で。誉富士が一気に出て押し出し。千代丸がとらないといけない相撲をとりました。

蒼国来×北太樹。北太樹立ち合い当たっていなします。左四つになって北太樹が下手を切って寄り切り。合い口のいい蒼国来を倒しました。

玉鷲×旭天鵬。玉鷲の突き押しをあてがう旭天鵬ですが、玉鷲の小手投げが決まりました。おっつけばかりではなくこれもあるんですよね。でも旭天鵬よくやりました。

佐田の富士×千代鳳。押し合う両者。佐田の富士の引きに乗じて出る千代鳳。起こして寄り切りました。引かずにがんばった千代鳳勝ち越し。

佐田の海×魁聖。佐田の海魁聖の当たりに引いてしまいました。魁聖は千秋楽で勝ち越し。ハチナナ。

安美錦×逸ノ城。逸ノ城最後はアミーですか。逸ノ城は敢闘賞と殊勲賞、アミーが技能賞で2人が三賞独占。少し左に動いたアミーですが逸ノ城動じず、おっつけから押し出しました。いい出足でしたね。これでいちおう優勝への可能性を残している。アミーの肩すかしにしっかりおっつけで対応して押し出しました。落ち着いたいい相撲と北の富士さん。

隠岐の海×勢。左四つで勢が小手投げで崩し、最後は回り込んで小手投げで下しました。勢は来場所三役も見えてくる。今場所はよかったですよね。

宝富士×栃煌山。下からおっつけて起こした栃煌山が押し出し。いいおっつけでした。ぐぐっと下から起こす。

松鳳山×嘉風。今日は嘉風がスピードで勝りました。突き押しからすぐ突き落とし。速かった。

栃乃若×豊ノ島。がばっともろ差しになった豊ノ島が寄り切り。最後は得意な形に持ち込めましたね。

高安×碧山。激しい突き押し合い。高安もどんどん顔を張っていきます。どんどん押し込んでいく高安、しかし土俵際で碧山がいなして、高安が土俵の外へステップアウト。勝ち越しがすり抜けていってしまいました。よくがんばったんですが。

大砂嵐×遠藤。大砂嵐が左上手をがっちりとって寄り切りました。今日は遠藤も立ち合いの戦略が見えなかった感じですね。

照ノ富士×荒鷲。前まわしをとった荒鷲が出て行きますが、照ノ富士が強烈な小手投げで逆転しました。照ノ富士らしさがようやく出た感じ。

常幸龍×豊響。常幸龍がグレートホーンをいなして逆襲しますが、つきひざがありました。ちょっとひざから崩れたか。

豪風×豪栄道。ゴーエードーが電車道で最後はいい相撲。やっとハチナナで勝ち越しました。なんとかかんとか。

琴奨菊×稀勢の里。色あせてしまった大関戦といわれています。事実だから!左四つで菊ががぶっていきます。しかしキセが右を固めてつかまえ、胸を合わせて寄り切りました。なんもいえねえ。

白鵬×鶴竜。白鵬が勝てば優勝ですね。まあ固いでしょう。立ち合いから左四つになりました。鶴竜が出てくるところを白鵬が下手で体を入れ替えて、最後は掛け投げで倒しました。力強かったです。

***

今場所は満員御礼14日あったそうですね。いよいよ相撲人気も高まってきました。次の九州場所ではあまり入らないかもしれませんし、この勢いを地方にもっていくことが求められます。あれや、地方創成とかいうやつや。

白鵬は相変わらず強かった。今場所危ないところはそれほどなかった。ゴーエードーに敗れたのはなんとかしたいですが、順当ですね。今場所はわりとはたきで勝つことが多くなってるのはチェックしたいですね。わりと省エネを考えてるんだろうか。

場所を盛り上げてくれたのはなんといっても逸ノ城でしょう。強かった。攻め込まれてもしっかりディフェンスして勝機を探る取り口がいいですね。本人も立ち合いをもっと強くしたいといってますし、先手をとりたいということなんだと思いますが。白鵬のいうように来場所が真価が問われることになるでしょう。がんばってほしいです。

逆に期待に添えなかったのが遠藤と照ノ富士ですかね。両筆頭にはもっと場所をかき回してほしかったのですが。まだ勉強ということでしょうか。特に照ノ富士には初日の注文相撲からがっかりさせられましたが、やっぱり相撲の流れを失ってしまった感じはありましたね。

大負けするであろうと思っていた豪風や嘉風がいい活躍をしたり、旭天鵬がすばらしい活躍で勝ち越したり、いつものように大関どもが優勝争いから後退したり、新大関ゴーエードーもやっとハチナナで勝ち越したりと、予想外なことや予想通りのこともありましたが、おおむね土俵は活発であったように思えます。でもこの勢いをしっかり次につなげる努力は必要ですよね。

全員がいいコンディションで熱戦を繰り広げれば、最近負け続けている九州場所も盛り上がるはず。今場所にハルマと妙義龍が加わるわけですからね。今度こそ、満杯の福岡国際センターをみてみたいものです。

大相撲9月場所2014:13日目

今日サンテレビで、関西学生アメリカンフットボールリーグの関学ファイターズ.vs.神戸大学レイヴンズの試合がありました。これはお得だと思ったマイク松ですこんにちは。なんでも関学は創立125周年だそうで、その記念という意味もあったようですが、毎回やってくれればいいのにと思うマイク松ですこんにちは。頼むぜオレたちのサンテレビ&KBS京都!

オレたちの秋場所は13日目。14日目は録画に失敗しました。噴火早くおさまってほしいですね。

13日目。実況は吉田さん、

時天空×臥牙丸。ガガが幕内で。時天空が上手を引いて上手出し投げ。ガガもしっかり当たっていきたかったですね。

佐田の海×鏡桜。鏡桜が張り差しから二本差してわたしこみました。物言いがついて協議の結果、鏡桜が足の甲が先についていて差し違えで佐田の海の勝ち。なるほどー。

千代丸×旭秀鵬。右四つに組み止めた旭秀鵬、寄り切りました。右ひざを痛めているらしいのですが、今日は自分の相撲とれました。

旭天鵬×栃乃若。右四つ左上手をとった旭天鵬。今日は頭をつけて攻めます。栃乃若も右下手をとりますが、上手投げで下しました!これで勝ち越し。すばらしい!40歳での勝ち越し。強烈な上手投げでした。インタビューでも晴れやかでした。終わってガッツポーズしてました。

玉鷲×蒼国来。玉鷲はもろ手で距離をおきながらおっつけていきます。蒼国来は中に入りたい。頭四つの形から膠着します。玉鷲は小手投げで崩し、中にくるところを右からのおっつけから突き落としました。体が動いてましたね。よしよし。

佐田の富士×荒鷲。荒鷲がまわしをとりましたが、佐田の富士が突き放して突き出しました。荒鷲も中に入りたかったんですが。

栃煌山×北太樹。栃煌山がいなしてはたき込み。北太樹もつかまえきれなかった。

松鳳山×貴ノ岩。突き押し合いから松鳳山がもろ差し。しかし貴ノ岩ががんばって残してはたき込みました。不利な体勢でもあきらめなかったですね。

安美錦×隠岐の海。おっつけで攻めるアミー。隠岐の海も左おっつけで対抗。しかし完璧な肩すかしでアミー勝利。これは見事。キレ味最高。

碧山×千代鳳。千代鳳がもろ差しで一気に出ますが、土俵際で碧山が体を開いて小手投げ。逆転しました。千代鳳もったいない。

魁聖×豊ノ島。豊ノ島はもろ差しになりますが、魁聖に左をバンザイさせられて、土俵際で突き落とされました。もっとがんがん寄ってもよかったかも。魁聖も粘り腰出ましたね。

高安×嘉風。高安が厳しい相撲で突き押し。嘉風の回り込みを許しませんでした。足を使う前に倒した。

照ノ富士×遠藤。もろ差しになった遠藤、寄って寄って寄り切りました。今日はいい相撲。立ち合いがよかったですね。

常幸龍×宝富士。宝富士が後ろにつきました。決まり手は送り引き落とし。珍しいですねー。ぱっと決まり手が出る吉田さんすごいな。

豊響×豪風。豪風突き押しからいなしで引き落とし。どうしてくらってしまう。

大砂嵐×稀勢の里。大砂嵐かちあげにいきます。小手投げにいきますが、それに乗じて浴びせ倒し。キセ勝ち越し。よかったね勝ち越せて。逸ノ城の割崩しが効いた。

琴奨菊×勢。立ち合いは互角。勢が引いたところを菊が出ますが、土俵際で勢の突き落としが決まりました。ハチナナに向けて順調ですね菊。

白鵬×豪栄道。ゴーエードーがいいところをとって左四つ。右上手をとりました!すごい引きつけから正面から寄り切り!おー!がんばりましたね!強烈な絞りで横綱の左を殺してましたし、玉ノ井親方も白鵬の上手が肩越しで、力が出せなかったと指摘。ゴーエードーに3連敗してるんですか。どういうことや。

逸ノ城×鶴竜。ついに逸ノ城が結びで横綱戦。すごいな。一度逸ノ城がつっかけて、立ち合い変化ではたき込みました!うわーよくないけど鶴竜もくらってはいかん。41年ぶりに新入幕力士が横綱を破ったそうです。これは大変なことやと思うよ。