Archive for 25th 11月 2014

大相撲11月場所2014:14日目

カネコ右ひじ手術へ。なんか激動ですね。マイク松ですこんにちは。確かにこれはメディカルチェックでひっかかってしまうからメジャーは無理か。こんなことならFAしなかったらよかったね。

九州場所は14日目。

14日目。実況は刈屋さん、解説は正面が九重親方、向正面が稲川親方。

千代丸×荒鷲。千代丸との間合いを詰めてくいついた荒鷲。抱きかかえるように差して寄り切りました。荒鷲勝ち越し。

松鳳山×蒼国来。連日の松鳳山コール。突き放しから左を差した松鳳山が寄り切りました。蒼国来も差し手から体勢を作りたかったですが、だいぶその前に土俵に詰められていましたね。コールに答えた。

旭天鵬×玉鷲。玉鷲のど輪で押し込みますが、旭天鵬が引いたところでばたばたと土俵を割りました。ふところが深い。

千代大龍×旭秀鵬。右四つ。体をゆすりながら千代大龍に反撃の余裕を与えませんでした。今場所の調子の良さを象徴する相撲。

北太樹×徳勝龍。北太樹が左四つでいい体勢。徳勝龍も土俵際での逆転を狙いますが、最後は小手投げで北太樹。やっと勝てましたね。

栃ノ心×妙義龍。妙義龍いい形で押していきますが、栃ノ心が右からのすくい投げを打つと妙義龍ひっくり返りました。強烈なパワーがありますね。

貴ノ岩×遠藤。左四つにすぐなった遠藤、左からすくって崩しながら寄り切り。万全ですね。遠藤のいい相撲が出ました。稲川親方は右上手がポイントだと指摘。左差しじゃなく右上手なのか。

隠岐の海×琴勇輝。勝った方が勝ち越し。隠岐の海いい立ち合い。いつも土俵際で突き落とされますが、今日は左からすくいながら寄り切りました。隠岐の海やっと勝ち越し。

豊ノ島×誉富士。左四つで豊ノ島が先に上手をとりました。すぐ出て寄り切り。相撲が速かったですね。九州場所はげんがいいらしい。

阿夢露×常幸龍。阿夢露いい立ち合いで当たりますが、そのあと足が出ない。常幸龍の圧力を受け後退し、寄り切られました。立ち合いからの攻めをいかしたいところ。

栃乃若×嘉風。嘉風の応援団がいますね。栃乃若の引きに乗じた嘉風、突き出しました。今日はいい相撲。栃乃若はだめな相撲。

宝富士×千代鳳。左四つ。宝富士が上手をとっていますが寄られています。徐々に体を入れ替える宝富士。下手投げを千代鳳が打ったところで出た宝富士が寄り切りました。どうにもならんかったですね。

栃煌山×高安。栃煌山がもろ差し!速いです!高安も巻き替えを狙いますが、その前にすくい投げが見事に決まりました。こういう相撲いつもとりたいですね。

佐田の海×安美錦。アミーがいい立ち合いで押し込み、突き押しから押し出しました。佐田の海は負け越し。立ち合いを受けきれませんでした。

豪風×大砂嵐。大砂嵐はかちあげから相手をよく見て押して押し出しました。けがはしんどそうですががんばってます。あと1日や。

豊響×勢。2人とも段ボールみたいにテーピングが多いです。立ち合いから豊響が押し込みますが、土俵際で勢がはたき。物言いがつきましたが、取り直しになりました。審判長が不思議な言い方で場内が混乱していました。取り直しは勢が立ち合いでかっぱじいて突き落とし。うーん。

碧山×照ノ富士。碧山が体力で押し込みますが、左上手をとった照ノ富士が残し、逆転の寄り切り。あれが受けられるのはさすがです。

魁聖×豪栄道。ゴーエードーが左前まわしをとりました。寄っていきますが魁聖残し、今度は左四つに。上手を引いた魁聖が上手投げでつぶしました。あれで寄り切れないか。

逸ノ城×稀勢の里。キセが待ったします。例のやつだ。今度は立ち合いキセが当たっていきますが、逸ノ城がまわりこみながらはたくとばったり。あー。あせらなくていいのに。結局逸ノ城も勝ち越し。関脇なのに。

白鵬×日馬富士。立ち合いハルマの突き放しのかいなをたぐった白鵬が送り出しました。これは相撲を完全に読んでましたね。あの突き放しをたぐれるとは。

琴奨菊×鶴竜。菊いい立ち合い。左四つになりましたが、鶴竜が上手をとって右上手出し投げ。転がしました。優勝争いはとりあえず千秋楽に。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2014 フランス大会(2):男子シングルSP

先日、初めて宝くじのCMを見ました。織田信成さん、すごいタレントっぷりですよね。羽生結弦とか石川遼などはいかにもアスリートのCMだなと感じますが、織田信成は完全にCMの世界観になじんでますね。10年後には「え、この人オリンピアンだったの?」て、言われるようになるんじゃないかと心配な富井です。織田くんは全日本チャンピオンだったし、トリノオリンピック出場もあと一歩だったんだよねー。
さて、実況は進藤さん、解説はその織田信成将軍。

アメリカのダグラス・ラザノ。目力すごい。「Ameksa」。4Tはステップアウト。フライングキャメルスピンではドーナツスピンも。ステップはパトリック・チャンぽいゆったり大きなステップ。3Aはオッケー。3T+3Tは途中で足をついたのでコンビネーションにならず。コンビネーションスピンもなかなかいいですね。64.98

ロシアのアディアン・ピトキーエフ。今年の世界ジュニア銀メダル16歳。まだ幼い感じが残ります。ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」。4Tはステッピングアウト。シットスピンもポジションが多彩ですね。ステップは一生懸命な感じが伝わってきます。3Aはバランスを崩しかけましたが、ちゃんと着氷しました。3Lz+3Tもオッケー。コンビネーションスピンのポジションもきれい。まだまだ細い身体で4回転までがんばりました。76.21

アメリカのアダム・リッポン。ヘンな髪型。「タキシード・ジャンクション」。3Aは回転がきれいではありませんでしたが、見事に着氷。3Lz+3Tはルッツで手を上げて見事なジャンプ。スピンの回転も速い。3Fもステップから片手をあげて跳ぶきれいなジャンプ。ジャズの曲調に合ったつなぎからのスピンも素晴らしい。ステップも全身で曲を表現していて素晴らしいですね。今日のリッポンは良いリッポンでしたね。でも、曲調と衣装があってない感じがするんですけど、衣装はこれであってるのかな。76.98

フランスのシャフィック・ベセリエ。阪神の今成に似ているっていつも思うんですが、タイガースファンの信成さんはいかがですか。「ヒート」ほか。4T+3Tは簡単な感じで決まりましたね。3Aはほんの少しバランスを崩していましたが成功。3Lzは良いジャンプでしたね。コンビネーションスピンはやや遅いかなあ。ステップはリズムに良く合っています。最後のシットスピンからのポーズがかっこいいです。すごいいいできじゃないですか!78.22。コーチがめちゃくちゃ嬉しそう。

フランスのフローラン・アモディオ。映画「オーケストラ!」(この映画好き)より。3Aはステップアウト、惜しい。キャメルスピンはさすがに上手い。シットスピンもいいですね。ステップも軽くやっているように見えるのが良いですね。3S+3Tはオッケー。3Lzも流れがあります。最後のコンビネーションスピンもいい。良い意味でアモディオっぽくないプログラムでした。でももうちょっとスピードの緩急が欲しいなあ。75.07

中国のハン・ヤン。身体は大丈夫かな。「もし金持ちなら」。滑りが良い。3Aは高さのあるビッグジャンプ。4Tは途中で膝をつくような転倒で3T。足換えのシットスピンは難しいポジション。3Lz+2Tとコンビネーションは3Tから2Tに変更しました。計算できて偉い。スピンも難しくていいですね。コミカルな動きも軽やか。ストーリーがあるプログラムを上手く滑っていますね。ジャンプにミスが続いて表情は暗いですが、能力の高さを感じます。そして最初の3Aは見事でした。73.18

ロシアのコンスタンティン・メンショフ。「Rotting Romance」。4T+3Tは高さがありますね。ステップからの4Sも完璧。キャメルスピンも無難にこなして3Aはちょっと詰まったけど成功!すごい!メンショフおじさん!!ステップも身体が良く動いています。常に成長するメンショフおじさん!旭天鵬みたいだ。コンビネーションスピンもいい回転。シットスピンもちょっと疲れたっぽいけどすくっと立ち上がってガッツポーズ。信成さんも素晴らしいと感嘆しっぱなし。87.47。

アメリカのリチャード・ドーンブッシュ。キャイーンのポーズから。「The sounds of Italy」。3Fは流れのある良いジャンプ。3Aもオッケー。フライングキャメルスピンのポジションがきれいですね。軽やかなステップは持ち味ですね。緩急が素晴らしいですね。3Lz+3Tも流れが良い。シットスピンの回転もきれい。最後のコンビネーションスピンまで全体が音楽に良く合って、プログラムとしてまとまっていました。美しい。80.24。4回転がなくてもこの点は納得。

ロシアのマキシム・コフトン。「ボレロ」。身体の動きが大きいですね。4S+2Tのコンビネーションジャンプはちょっと詰まったけど成功です。4Tは転倒。でもスケートのスピードが見事ですが、3Aも転倒してしまいました。スピードを出しすぎたのでしょうか。ステップはダイナミックで美しい。リズムに良く合ってますね。コンビネーションスピンも加速していくのがかっこいい。ジャンプは残念でしたが、それ以外はとても良かったと思います。77.11。点は出たと思うのですが、両コーチの顔が渋いよ。

カザフスタンのデニス・テン。「カルーソ」。4Tはきれいですね。最後にちょっとぴょんと跳ぶのもかっこいい。3Aは流れがある美しいジャンプ。キャメルスピンのポジションもきれいですね。3Lz+3Tもオッケー。シットスピンの回転もきれい。コンビネーションスピンも美しいし叙情的。ステップも優雅で緩急の変化が見事。男の哀愁と色っぽさがありますね。最後のポーズもドラマチック。久しぶりに力を発揮。21歳なのに中年男性のような(褒め言葉ですよ)雰囲気がすごい。渋い。あ、映画「テッド」のぬいぐるみを抱いている!91.78。これは当然ですね。

町田樹。「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」。4T+3Tは成功。3Aの高さがすごい。キャメルスピンのポジションも美しい。ツイズルからのシットスピンの流れも素晴らしい。それからすぐにステップ。途切れのないプログラムですね。最後の3Lzはちょっと手をついてしまいました。その後のコンビネーションスピンは回転も速くて良かった。ジャンプはちょっと残念でしたが一篇の詩のようなプログラムでしたね。密度がすごい。88.70

渋い面々が上位に並んだのでコーヒーのキャッチフレーズ的に。
1 こだわりの苦みデニス・テン
2 違いが分かる男の町田樹
3 熟成された香りコンスタンティン・メンショフ
4 軽やかな味わいドーンブッシュ
5 ストロング・ベセリエ
6 有機栽培コフトン

1位のデニス・テンは最高の出来でしたね。大人の魅力にあふれるプログラム。演じているとしか言い様がありません。人生を感じたなあ。2位の町田も甲乙つけがたい魅力がありますが、順番的にちょっと不利だったかも。そして最後に手をついてしまったのも。

3位のメンショフは上の二人に比べると滑りはもの足りませんが、4回転2回はもう少し点を上げてもいいかなと思います。31歳だし。そして対照的な4位のドーンブッシュもジャンプが3回転までしかないということを除けば上位3人に少しも劣るところがありませんでした。上手。

5位のベセリエのジャンプも見事だったし、6位のコフトンはジャンプをミスってもいいプログラムだったと大満足です。フランス大会、レベル高くないですか。