Archive for 27th 11月 2014

大相撲11月場所2014:千秋楽とプチ総括

日程調整に便利なLINEスケジュール。これは便利そうやなーと思うマイク松ですこんにちは。僕はLINEやってないですが、やってる人が日程調整をして、決まったら僕に教えてくれると便利です。(勝手)

のびのびになってましたが、やっと九州場所千秋楽みられました。これで今年の大相撲も終わりですね。

千秋楽。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

7回目の満員御礼だそうです。九州場所なのに。

千代丸×旭天鵬。旭天鵬は勝てば敢闘賞。張り差しから左上手をとって寄り切りました。さすが三賞がかかってるだけあって、とても気迫をみせてくれましたね。40歳で三賞ははじめてだそう。体みてもつやつやでぱんぱんですよ。

妙義龍×琴勇輝。強烈な琴勇輝の突き押し。あてがう妙義龍、そこから押していきますが、土俵際ではたき込まれました。物言いで琴勇輝の勝利。まったく。

蒼国来×玉鷲。玉鷲いいおっつけ。蒼国来は低い姿勢から差しにいきますが、玉鷲の小手投げが決まりました。相変わらず蒼国来の粘り強さはすばらしい。玉鷲も粘られましたね。

松鳳山×旭秀鵬。左四つに組みました。これは旭秀鵬有利か。松鳳山も右上手をとって寄っていきますが、旭秀鵬が下手投げで下しました。あのコントロールはいいですね。

千代大龍×阿夢露。千代大龍が立ち合いから一気に押し出し。阿夢露も反撃の機会がなかったですね。

誉富士×遠藤。誉富士いい立ち合いでしたが、遠藤受け止めて引き落としました。遠藤は10勝。一時の自信が戻ってる感じですね。

荒鷲×佐田の海。立ち合いでもろ差しになった佐田の海、速攻で寄り切りました。こんな相撲もとれるんですね。

栃乃若×常幸龍。しっかりあたっていった栃乃若ですが、常幸龍がはずについて寄り切りました。相手を起こしていきましたね。

貴ノ岩×大砂嵐。貴ノ岩左を差していきますが、右上手を引いた大砂嵐しっかり体勢を作ります。貴ノ岩も右上手を引いた。両者とも上手がのびてますね。と思ったら待った。貴ノ岩の鼻血がづごい出てますね。貴ノ岩が外掛けにいきますが、それをしのいで大砂嵐が引きつけて寄り切りました。両者がんばりましたね。

高安×栃ノ心。三賞受賞同士の対決。左四つに組む展開。高安が上手を引きました。そこから栃ノ心の捨て身の下手投げにいきますが、投げの打ち合いになったところで高安の上手投げが勝ちました。高安は10勝。栃ノ心は負けたものの11番。

北太樹×豊響。今日はグレートホーン炸裂!北太樹を一気に吹き飛ばしました。これがアルデバランのグレートホーンやー!!千秋楽にいい相撲とれましたね。

宝富士×隠岐の海。左四つ。上手を狙う展開。宝富士がうまく肘を張って上手をブロックしてますね。隠岐の海は右が封じられています。宝富士が上手をとって寄り切り。勝ち越しました。

嘉風×安美錦。アミー当たってはたき込み。ふところの深さを見せました。

栃煌山×千代鳳。栃煌山はたきにいきますが、千代鳳はしっかり残します。前まわしに切り替えた栃煌山が起こして寄り切りました。

魁聖×勢。勢がもろ差しになりましたが、魁聖が外四つから寄り切りました。もろ差しになられて体勢が悪くなる前に先に出ましたね。魁聖の勝負感。

豪風×徳勝龍。徳勝龍の突き押しが空振ったところでさっともろ差しになった豪風が寄り切り。勝負が速かったです。

照ノ富士×逸ノ城。高校の先輩後輩対決。立ち合いは照ノ富士が上手を取りました。逸ノ城はしっかりもちこたえてこちらも上手。がっちり組みました。長くなりそう。照ノ富士の寄りをしのぎ、逸ノ城も出ます。投げを打ちながら中央に戻りました。照ノ富士の寄りをうまくしのいでます。そして照ノ富士が上手を切って寄り切りました。これはすばらしい一番でしたね。お互い負けたくないという意地を感じました。名勝負。

碧山×豊ノ島。碧山シュシュシュ突き押しで豊ノ島を中に入れず押し倒しました。碧山勝ち越し。新関脇が2人とも勝ち越しました。

豪栄道×稀勢の里。ゴーエードーいい立ち合い。押し込んだあとでゴーエードーとったりにいきますが、それをしのいだキセがとられたかいなを突きつけて突き落としました。まあ優勝争いに影響はありません。

日馬富士×琴奨菊。ハルマ左上手。スピンから上手出し投げ。いい動きでした。まあ優勝争いに影響はありません。菊は来場所カドバン。

白鵬×鶴竜。白鵬当たって肩すかしから左差し右上手、かいなを返して寄り切りました。厳しい相撲!この一番を絶対に勝つという気迫を感じましたね。ザ・厳しい相撲。

白鵬が32回目の優勝を達成し、大鵬の優勝記録に並びました。これだけ強いんですから、並ぶ資格が十分あると思います。このままなら40回いけそうですね。あとはモティベーションをどう保っていくかでしょう。

鶴竜も今回は悪くないというかいつも通り弱くもないけど強くもないけどなにげなく勝っている感じだったのですが、12日目の変化で白鵬に挑む資格を失いましたね。相手は大鵬の記録に挑んでいるのに。この悪い流れは来場所も続きそう。ハルマは序盤で負けすぎですね。

大関陣はいつものように安定の失速ぶり。マンガのザコももうちょっと活躍しますよ。2人カドバンになって、来場所も負け越すと大関1人になりますね☆

関脇2人は勝ち越し。ぎりぎりでしたが勝ち越すのは大きい。特に逸ノ城はまだ幕内2場所目で関脇で勝ち越しですからね。キセを破って勝ち越したのはおもしろいです。

三賞受賞の高安と栃ノ心は来場所も活躍しそう。栃ノ心はここまでよく戻ってきてくれました。この回り道が無駄ではなかったことを、来場所は上位陣で証明しないとですね。あと終盤の8連勝で10勝をあげた遠藤は来場所はリベンジの場所になりそう。今場所の手応えをしっかりおぼえておきたいですね。

10勝をあげて40歳にして敢闘賞受賞の旭天鵬はすごいというよりおもしろい。今場所も誰よりも体調がよさそうやったし。まだまだいけるでしょう。

来場所は結構番付が大きく変動しそうな星取表ですね。

今年は新戦力の台頭が目立った年になりましたねー。土俵に活気も戻ってきているけど、この流れを来年も引き継いでいかないと。九州場所がこれだけ埋まったのもうれしいニュース。油断しないようにしてほしいです。