Archive for 3月 2015

大相撲3月場所2015:千秋楽

毎日野球があってうれしいマイク松ですこんにちは。今日は中日が勝ったので、開幕して勝ち星がないのはオリックだけになっています。おかげで富井のテンションもまったく上がりません。いい加減勝ってほしいです。

もうとっくにおわっている春場所ですが、やっと最後までみました。いい場所でした。

千秋楽。実況は刈屋さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

結局大阪場所も15日間満員御礼。すごい。

勢×琴勇輝。いい踏み込みで中に入った勢でしたが、琴勇輝が突き放して押し出しました。あぶなかったですが。

阿夢露×旭天鵬。つかまえた旭天鵬でしたが、阿夢露に前まわしをとられて寄り切られました。両者ともダメージは最小限。

大砂嵐×千代丸。もろ手で突き放して、なおも前に出る千代丸を転がした大砂嵐。へんな相撲でした。大砂嵐も自分の相撲をまだ模索中か。

荒鷲×北太樹。荒鷲が右を差して一気に寄り切り。北太樹の踏み込みもよかったですが、自分の四つでつかまえられませんでしたね。荒鷲千秋楽に勝ち越しでハチナナ。

佐田の富士×時天空。佐田の富士はしっかり見て立って、のど輪から押し出し。今場所は佐田の富士もまずまずでしたね。来場所はもっとよくしたい。

松鳳山×嘉風。嘉風当たって一気に押し出し。松鳳山は今日はだめでした。起こされて。両者とも来場所は出直しですね。両者とも相撲は悪くなかった。

誉富士×蒼国来。誉富士がはず押しから突き出しました。最後にいい相撲。誉富士は序盤のペースでいければよかったんですが。蒼国来はそれでも9番は大きい。

豊響×魁聖。のど輪押しの豊響。腰の重さで残した魁聖が出ますが、さらにいなして寄り立てます。魁聖も突き落としに出ますが、最後の最後でなんとか豊響。最後はスローモーションのようでした。両者の粘り腰が出たいい一番。

臥牙丸×栃ノ心。ガガは11勝してます。栃ノ心は勝ち越しをかける。右四つに組み止めて栃ノ心が寄り切りました。勝ち越しよかったですね。両者に意義深い場所になりました。

高安×碧山。シュシュシュ突き押しを高安いいはたきではたき込みました。両者とも苦しい場所になりましたね。

旭秀鵬×宝富士。勝ち越しをかけた対決。旭秀鵬の突き押しをしのいだ宝富士ががっぷり組んで寄り切り。勝ち越したのは宝富士の方でした。

佐田の海×常幸龍。右四つ左上手。佐田の海はばんばん振り回して寄りをしのぎ、上手投げで下しました。ダイナミックな相撲。

千代鳳×逸ノ城。千代鳳は勝てば三賞。右四つ左上手に組み止めた逸ノ城が寄り倒しました。この一番で千代鳳が左膝を痛めました。伸ばしたかもしれないですね。千秋楽にけがは本当に残念。

栃煌山×豊ノ島。豊ノ島が中に入ろうとしたところで腰砕けになりました。動きのある一番だったのですが。

徳勝龍×妙義龍。妙義龍左四つで一気に出ますが、うまく寄りをしのいだ徳勝龍が突き落とし。あれにひっかかるようでは妙義龍もまだまだですね。ハチナナやし。

玉鷲×豪風。豪風が一気に突き押しで押し出し。これがなぜ最初からできなかったのかという出来。玉鷲も大負けしてしまいましたね。出直し。

照ノ富士×豪栄道。敢闘賞と殊勲賞をとった照ノ富士。ゴーエードーはもろ差しになりました。かかえた照ノ富士がきめて出てきます。そのたびにすくいでかわすゴーエードー、しかし照ノ富士が小手投げで下しました。力の入る一番でしたが、腰の重さとパワーを兼ね備えた照ノ富士。すばらしいです。ハルマが白鵬に勝てば決定戦。

稀勢の里×琴奨菊。その前のどうでもいい一番。左四つでがぶる菊。上手をとられますがキセも寄りをしのぎます。菊の突き落としをしのいだキセが寄り切りました。優勝には関係ありません。

白鵬×日馬富士。ハルマは部屋の後輩をアシストしてやりたいでしょう。お互い突き放していく。ハルマが先に中に入って右四つ左上手。白鵬は後手に回りました。出し投げで崩そうとするハルマ。いい形です。北の富士さんはハルマスピンを提案。寄りをしのいだ白鵬が上手をとって寄り切りました。熱戦でした。ハルマもこれはよくやったでしょう。白鵬の優勝です。

春場所はなかなか盛り上がりましたね。大阪でも15日間満員御礼はすごい。遠藤がけがで離脱しても続きましたね。この盛り上がりを必ずキープしていかないと。

優勝は白鵬でしたが、今場所はやはり照ノ富士の場所であったことは間違いないでしょう。ようやく開花したスケールの大きな相撲。初日に変化してがたがたになった場所をいい教訓にしたようですね。やらなくていいんですよそんなの。覚悟を決めればこれだけの相撲がとれる。やはりすごいです。逸ノ城とはいいライバルとして競い合いそうです。遠藤はもちろん盛り上がりに貢献できるし、期待の若手がどんどん出てきてる。ミッキー兄さんのツイホーから長い間たって、断髪したとたんにこのいい景気。もうミッキー兄さん神社を作って霊を慰めればいいと思いました。(死んでない)

大関の毒にも薬にもならない活躍はもうスルーで、他では千代鳳、ガガ、大砂嵐がひっそりと2けた勝っていました。その一方で謎の大負け松鳳山をはじめ、わりと大負けしている力士も多かったですね。勝ち越せた力士はよかったと思います。

地方場所がこれだけ盛り上がるのもほんと久しぶり。また来場所は東京で盛り上がり間違いなしでしょう。いい流れを持続してほしい。千秋楽に変化する力士がいなかったのも吉兆といえるでしょう。

世界カーリング選手権2015 ドイツ.vs.日本

The Covers吉井和哉再登場回みたマイク松ですこんにちは。すばらしかったー。「ピストル」をアルバムに入れてもよかったと思うくらいほんとによかったですが、ライブ映像でよさが伝わるところもありますよね。ジュリーはほんとに歌う人を選びます。

長い間行われてきたリーグ戦もついに最終戦。ドイツとの戦いです。最後はいい戦いしてほしいですね。

世界カーリング選手権2015、ドイツ.vs.日本。実況は田中さん、解説は敦賀さんと金村さん。

ドイツはシェル、ハイス、イエンチュ、ドリエンドル。サードとスキップはすばらしいめがねをかけています。そして脚が長い。シェップさんは若手育成のため、今回はこないそうです。

第1エンド、ハウスの中に入れてテイクテイクの展開ですが、日本のストーンがたまってきます。ドイツのテイクショットがガードに当たってそれ、日本が3点とりました。いきなりビッグエンド。

第2エンド、結構日本のウエイトコントロールがよくできてる。吉村のダブルテイクアウトで先攻ながら日本のストーンがいい位置になります。ドリエンドルのフリーズでいい位置をとられますがまだ1点とれる形。難しいショットを強いますが、ラストショットで1点とりました。さすがやりますね。

第3エンド、いいショットが続きます。こういう気持ちでずっとやれたらいいですね。テイク中心の展開に。日本は1点とる形になりましたが、ピールになってしまってドイツに1点スティールされました。

第4エンド、小野寺のあわやトリプルテイクアウトのグッドショットが決まって、またクリーンな展開。ドイツにストーンを置かれ、1点取らされる展開。今度はしっかり1点とれたのはいいですね。

第5エンド、すぐ日本はガードをはずしてクリーンな展開に持ち込む。ドイツ複数得点のチャンスを、フリーズショットによって防ぐ日本。少し押せばドイツ1点かと思ったが、結局日本が1点スティールする形になりました。これはラッキー。

第6エンド、日本は確実なテイクショットでストーンを減らしていく。そして相手に1点とらせる、しかもテイクではなくドローでとらせる形をしっかり作りました。ドリエンドルはしっかりドローで1点とりました。

第7エンド、日本後攻でストーンをためていく。ドイツがナンバーワンをもっていたが、小笠原のレイズテイクアウトで日本のビッグエンドのチャンス。ラストショットで確実にドローを決めて日本4点のビッグエンドを作りました!

第8エンド、小野寺のダブルテイクアウトがまた決まる。きれいに決まる。小笠原のダブルテイクアウトも決まった。今度はドイツがうまく形を作って

第9エンド、テイクテイクの展開。スティールを狙う展開に対して、小笠原の最後のショットがダブルテイクアウトになって、日本が1点とりました。ここでドイツがコンシード、ドイツ 5-10 日本。

最後はいい形で終われましたね。2つのビッグエンドを作ったこの試合は、毎回こういう試合をしなければという理想的な試合でした。やはりテイクテイクの展開に持ち込めば勝機も生まれる。ビルドアップも今日はしっかりできてましたし。

強豪相手に勝ち越したのも大きかった。収穫の多い大会でした。この経験でますます成長するでしょう。おつかれさまでした。

大相撲3月場所2015:14日目

長い間ちょっとした荷物を歩いて訪ねたお店が土曜日でお休みだったマイク松ですこんにちは。壮絶なムダアシ。

もうとっくに終わっていますが、大相撲は14日目です。4月までに終わらせたい。

14日目。実況は三瓶さん、解説は正面が九重親方、向正面が関ノ戸親方。

千代鳳×佐田の富士。いちおう優勝の可能性はあるらしい千代鳳。突き押しから右上手をとって寄り切りました。前に出てるのが今場所はいいですよね。本来の九重部屋の相撲。

大砂嵐×琴勇輝。大砂嵐がいなして出し投げっぽくすると琴勇輝がくるくる回りながら出て行きました。

臥牙丸×旭天鵬。ガガが四つに組んで寄り切りました。がっつり胸をあわせてもいけるんや。師匠もそういう相撲も指導しているらしい。

旭秀鵬×千代丸。旭秀鵬立ち合いでさっと左前まわしをとりました。押されても離さず寄り切り。本来の相撲でした。

阿夢露×北太樹。北太樹が相手の肩すかしについていって寄り切りました。いい足の運び。阿夢露は粘っていましたが負け越し。残念。

嘉風×豊響。つきおしあいになりました。どんどん追記押していく。嘉風が左を差しましたが、豊響がそのかいなを抱えて小手投げで倒しました。今日は激しくて全力をお互い出せましたね。すばらしかった。

勢×常幸龍。常幸龍の出足をがんばっていなして勢が送り出し。ようやく勝ち越しました。地元はじめてだそう。よかったですね。大阪の人はしっかり応援してくれてました。これは力になりましたね。あ、九重親方も同じこといってる。

松鳳山×荒鷲。まだ初日が出ない松鳳山。そろそろか。今日は立ち合いから一気に押し出しました。ようやく、ようやく勝てました。よかったな。

蒼国来×徳勝龍。徳勝龍右に動きながらとりますが、蒼国来がまわしをとって寄り切り。相手に展開がないから蒼国来もゆっくりとれますよね。

高安×豪風。豪風もろ手から引きで高安ばったり。あっさり相撲。

佐田の海×時天空。佐田の海がいい踏み込みから一気に寄り切り。いい立ち合いでした。

栃ノ心×宝富士。左四つでがっちり組み合って上手を探る。宝富士が先に上手をとっていい体勢。栃ノ心は絞りながら体勢を立て直し、相手が出てくるところを強烈な下手投げで下しました。力が入るいい一番。大相撲はこうでないとですね。

栃煌山×魁聖。栃煌山が二本差して軽やかにすくい投げ。あざやかです。

玉鷲×碧山。突き押し合いから碧山のタイミングいいはたきが決まりました。

誉富士×妙義龍。妙義龍どんどん出て行く。はたきも残して逆に下にはたき込みました。動きがいいし足が出ていますね。今日勝ち越し。来場所は勝負ですね。

照ノ富士×逸ノ城。今日の大一番。おもしろくないわけがないですね。右四つになりました。上手を狙っていきますが両者ともしっかりブロック。長い相撲になりそう。でも逸ノ城が先に上手をとりました。照ノ富士は体勢が悪いですが、下がりながら上手をとりました。これは力が入る。そして照ノ富士が上手を切って頭をつけました。逸ノ城ははずになってしのぎます。がっぷりになって時間が経過します。ここで水入り。うわーまたですか。先場所に続いて。再開後逸ノ城が攻めに出ますが、照ノ富士が上手を切って寄り切りました。すごい相撲でした。力強かった。

豊ノ島×豪栄道。中に入ろうとした豊ノ島ですが、腰が入ってしまってゴーエードーの押し倒し。やっと勝ち越しました。

白鵬×稀勢の里。白鵬右に動いて突き落とし。これは珍しいですね。変化というほどでもないですが、九重親方のいうようにキセがもろすぎますね。

琴奨菊×日馬富士。菊が右を差してつかまえて、がぶって寄り切り。菊の相撲でした。ハルマも完全にやられましたね。

世界カーリング選手権2015 カナダ.vs.日本

黒田初勝利。貫禄のピッチングでしたが、相も変わらず黒田の登板の時は援護がない。この無援護が今の黒田を作っているんだなと思うマイク松ですこんにちは。なんとか勝ててよかった。

もうとっくに終わっているカーリングですが、今日はカナダ戦です。4月までに全部見たい。

世界カーリング選手権2015、カナダ.vs.日本。実況は杉澤さん、解説は敦賀さんと石崎さん。

カナダはマキューアン、オフィサー、ローズ、ジョーンズ。ジェニファー・ジョーンズがついに登場。どんなカーリングをしてくるか楽しみです。

第1エンド、いきなりカナダがセンターガードおいてきました。中央にストーンをためていきます。第1エンドからカナダのショットは正確。日本がまだ読み切れない中で自分たちの形を作ってきます。1点とらせる展開にし、しかも簡単に1点とれないような配置にしてきます。しかし日本もしっかり1点とりました。とれるときにとっとかないと。

第2エンド、お互いにミスが出てる。曲がりが早いのに苦労してます。フリーズの応酬になりますが、カナダのラストショットで3人スイープのパワーで短いショットを伸ばして2点とりました。強い。

第3エンド、どうもホックラインを超えないショットが続いてる。がんばれ。吉村のガードの後ろに回り込むいいショットが出たが、カナダはレイズテイクアウトであっさり出してます。カナダは1点取らせる展開を作って、なおかつスティールも狙ってます。日本のラストショットはガードに当たってしまって、カナダが2点スティールしました。

第4エンド、ハウスの中に作っていた日本のストーンがテイクされます。難しいレイズテイクアウトも難なくこなす。しかしストーンが少なくなって、今度はブランクエンドにしました。

第5エンド、オフィサーがスルー。今大会は時々あるらしい。しかし日本が後攻だとガードがおけないしハウスの中にストーンがたまらないとのこと。お互いにミスもありましたが、日本のストーンで2点とれるチャンス到来。しっかりチャンスをものにして2点とりました。いい展開にしてる。

第6エンド、ハーフタイムをはさんでカナダの感覚がおいついてない。わりときれいな展開になります。ブランクを狙うかと思いましたが、カナダは1点とりました。

第7エンド、日本はコーナーガードを置いてきます。小野寺のダブルテイクアウトが決まる。これはすばらしいです。ストーンがたまってきて、日本はレイズテイクアウトを狙うが少し長すぎた。1点取らせる展開にされ、日本のドローショットが長すぎて、カナダが2点スティールしました。ジョーンズの十絶陣もほんとに確実。

第8エンド、先攻のカナダのストーンがたまってきてる。日本はナンバーワンをとってはいますね。テイクテイクの展開になりますが、日本のナンバーワンを出し切れず。最後のストーンは相手のストーンにティップして入れて2点とりました。このBプランに切り替えた吉村の判断がすばらしいとのこと。

吉田姉が応援してくれてる。ありがたいなー。

第9エンド、ガードを置いたけどウィックでずらされる。中央に回り込んだストーンはテイクされる。技術あります。ガードを作っては壊し作っては壊しの連続。日本は1点とらせる展開にしてプレッシャーをかけるが、ジョーンズがしっかり1点とりました。

第10エンド、カナダはどんどんテイクテイクしていき、ストーンがなくなった時点でコンシード。カナダ 8-5 日本。

カナダはさすがの技術。今日はそれほど調子がいいわけでもなかったですが、それでも確実にショットを決めて2点取るところはしっかりとる。日本は戦術面で負けているわけではないのですが、コントロールのよさはまだまだカナダに分があるようですね。

プロ野球2015シーズンが開幕です!

BS1でプロ野球開幕特集の全試合ハイライトをみているマイク松ですこんにちは。というかこれ毎日やってほしい。もはや放映権の細分化と地上波の撤退で、全試合を細かくチェックしてくれる番組がないのです。これ毎日お願いします。

今日は出先にいながらも楽しみにしていたのですが、今日からプロ野球が開幕しました!たのしい時間が戻ってきてうれしいです。

オリックは大型補強が話題になってますが、初戦は苦手の西武・マキタにばっちり抑えられました☆

そんなに貧打にならなくてもいいんじゃないのかと思うほど。標準性能が6回2失点(当社基準)のディクソンが無失点で粘っていたのに、まったく打撃で援護できませんでした。まだ光合成できてないのか。まだ寒いからかな。とりあえず様子見てみましょう。

ロッテ×ソフバンもみていましたが、開幕戦で荻野貴司がスタメンじゃないですか!これは超うれしい。しかも内野安打で出塁すると盗塁とエラーで3塁まで。鈴木のタイムリーで先制点をとっていました。異次元の走力が開幕からみられて大満足。今年はけがなく過ごせますように。

解説者になったサトザキさんが「今年は5年に1度のゴールデンイヤー」といっています。荻野の無事を祈りたいです。がんばれ荻野。

そして今日はカアプ.vs.ヤクルトを主にみていました。すごい人が入ってます。何年ぶりのカアプ本拠地開幕ですからね。しかもマエケンだし勝てると思いますよね。

しかしヤクルトには新型MSヤマダがいるのです。今日もいきなり先頭で塁に出て盗塁。チャンスを作ってユーヘイのタイムリーで先制。高機動型MSの機動力に悩まされました。そのあとツーアウトでしたがヤマダをフォアボールで出してから、盗塁と好走塁で追加点をとられています。

カアプはコゲパンマンのラッキーヒットで追いつくも、その後は点がとれず、最後はミレッジに勝ち越し点をとられて負けてしまいました。まあマエケンの負けは消せたし、試合も悪くなかったです。細かいミスをなくしていきましょう。

それよりもヤクルトの打線がすごい。オリックもこんな感じの圧迫感を出していかないといけないでしょう。オガワ以外のピッチャーがぴりっとしないことも忘れさせるほどの迫力です。ヤマダとユーヘイは今シーズンも注目したいです。

やっぱり野球楽しい。

世界カーリング選手権2015 デンマーク.vs.日本

コスプレ卒業式。なんかすごいなと思うマイク松ですこんにちは。記念日は心の中にあるのでしょう。

カーリング選手権予選もあと4試合。今日はデンマーク戦です。

世界カーリング選手権2015、デンマーク.vs.日本。実況は曽根さん、解説は金村さん。

デンマークはクレメンセン、リスダル、エレゴー、ニールセン。ニールセンめっちゃかっこいい。セカンドとサードが重量級でパワーありそう。

第1エンド、最初から日本もガード置いたりしていましたが、デンマークがハウス後方にごちゃーっとたまってしまい、なかなか難しい展開。少し間違えば大量失点のピンチでしたが、いいスイープでラストショットをボタンにもってきて1点とりました。これはこれでよかった。

第2エンド、小野寺のぎりぎり通り抜けるドローショットがすばらしいです。日本は先攻ですがストーンがハウスにたまってきました。ニールセンがいいショットでナンバーワンをとる。さすが技術あります。その半分だけガードから見えてるストーンを小笠原がナイステイクショット!デンマークも1点とるしかありませんでした。でもコントロールはいい。ガードをがっつりまわってドローで入れてきました。

第3エンド、日本は離れたところにストーンを2つおいて2点とる体勢。テイクテイクできましたが、しっかりハウスに入れて2点とりました。2点とれると大きいですよねー。

第4エンド、前にガードがたまる展開。日本がナンバーワンストーンをとったが、ニールセンがいい反射角度のレイズテイクアウトで日本のナンバーワンを撃墜。かっこいい。小笠原のショットはぎりぎりガードに隠れて、次のデンマークのショットはうまくテイクできず、日本が1点スティールしました。小笠原の調子はいいですね。

第5エンド、日本のストーンがハウスにたまっていきます。どーんと前の形を崩しますが、しっかり相手のストーンを出して、デンマークに1点とらせる展開に持ち込みました。デンマークがドローで1点とりました。

ハーフタイム、パイナップル食べてました。

第6エンド、日本が中にどんどん入れて形を作っていたが、ショートしたのをきっかけにデンマークがいいところにナンバーワンストーンを入れてきます。ガードが前に混み合ってテイクできそうにないということで、ドローで1点とりました。確実に1点。

第7エンド、ハウスの中での戦い。デンマークの2点を防ぐためにダブルテイクアウトを狙いますが惜しくも届かず。デンマークがテイクしますが、その反射具合で微妙な距離に。メジャーの結果デンマークは1点止まりになりました。これはなにげに大きい。

第8エンド、デンマークはガードを置いて攻撃的にきます。しかし小野寺のパワーショットでハウスのストーンが一掃されました。8エンドなので1点とるのも大事。しっかり1点とりました。スイープが効いてる。

第9エンド、少ないストーンでクリーンな展開に持ち込みました。ピールでどんどんきれいにしていきます。デンマークはブランクにすることもできましたが、ここは1点とりました。

第10エンド、デンマークはガードを置いてきます。近江谷のウィックがしっかり決まる。日本はクリーンな展開に持ち込みますが、デンマークがハウスの前方にストーンをためました。小笠原のラストショットでしっかりと1点とって試合終了、デンマーク 4-7 日本。

デンマークに勝てましたー。強かったですが、今日は大事なところでしっかりいいショットが決まりましたし、作戦のチョイスもよかった。これからは強い相手が続きますが、この調子でいきたいですね。

大相撲3月場所2015:13日目

スポーツ酒場語り亭のスポーツ実況の回みたマイク松ですこんにちは。超おもしろかったです。スポーツ実況ファンとしては刈屋さんや工藤さんの話は当然知ってましたが、内容はすごく楽しめました。先日の高校野球特集番組でも小野塚さんが同じような話をしていて、レベルの高さに改めて感心しました。

それはともかく僕の考えるハイパー解説の3大アイドル、山崎修さん(モーグル)、小林宏さん(カーリング)、オレたちの三浦豪太さま(スキークロス他いろいろ)の名シーンがいっぺんにでてきて感激でした。あれをとんでも解説などという陳腐な枠組みに押し込めてはいけない。そんなラベリングを軽々と突き抜ける3人の爽快さをわかってほしいです。個人的には、尾崎豊の歌う自由とはあれなんじゃないかと思います。自由になりたくないかい。熱くなりたくはないかい。

大相撲は13日目。ハイレベルのスポーツ実況が毎回楽しめる貴重な番組だと思います、相撲って。

13日目。実況は太田さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が稲川親方。

豊響×荒鷲。豊響突き放していきますが、荒鷲がはずから両まわしをとって強引な寄り切り。パワーもみせていかないとですね。

勢×千代丸。千代丸の突き押しをうまくやりすごした勢でしたが、自分が出たところで千代丸のはたき込みが決まりました。こういうのがあると思わないとですねー。それよりも立ち合いが今日はよくなかった。舞の海さんは勝ち急いでいると指摘。

千代鳳×蒼国来。千代鳳がいいおっつけで出て行きますが、蒼国来もうまく残します。低い体勢から頭をつけるような展開から、千代鳳がタイミングのいいいなし。最後は送り出しました。

旭天鵬×北太樹。引っ張り込んだ旭天鵬も北太樹がしっかりまわしをひいて寄り切りました。旭天鵬もがっつり引っ張り込みすぎましたね。

旭秀鵬×大砂嵐。思わぬ張り手の応酬になりましたが、大砂嵐もまわりこんでもろ差しから寄り切りました。相撲の動きではないと指摘。まあそうなんですが。

阿夢露×時天空。阿夢露が突き押しで最後は突き出し。いい出足でした。時天空はもはやボディに覇気がない。

誉富士×佐田の富士。佐田の富士のパワーが押し込んでいきます。突き押しがのどに入って押し出しました。いい突き押し合いだったのですが。誉富士も後半伸び悩んでしまいましたね。

臥牙丸×魁聖。でかい対決。ガガのボーンディスウェイが強烈に決まって、のど輪から押し出しました。あれがのど輪と合わさるとさすがに強い。

豪風×琴勇輝。琴勇輝の突き押しで押し込んでいましたが、豪風がいなしから押し出し。やっと豪風らしい相撲がでました。いい相撲ではないんですが。

常幸龍×碧山。常幸龍変化にいきましたが、碧山しっかり対応して押し出し。常幸龍もう少しだからがんばれ。

高安×嘉風。突き押し合いになりましたが、嘉風が一瞬の動きからうしろにつきました。送り出し。今日は嘉風のスピードが出ましたね。豪風といい尾車勢に何があったのか。

佐田の海×松鳳山。松鳳山すばらしい突き押しでどんどん押し込んで今日はいけたかと思いましたが、土俵際で佐田の海の突き落とし。ほんとに相撲は悪くないんですが、今日は佐田の海のすばらしい粘りもありました。

栃煌山×徳勝龍。もろ手から引きの徳勝龍の取り口をしっかり見て、押し出しました。落ち着いてとれば大丈夫ですよね。

逸ノ城×妙義龍。中に入ろうとする妙義龍をうまくいなす逸ノ城。妙義龍も攻め口を変えて、いなしから崩して押し出しました。いい相撲。逸ノ城は積極的にいきたい。

玉鷲×宝富士。玉鷲突き押しからもろ手で突っ張り棒にする体勢。宝富士は回転しながらよく動きをみて、いなしから押し出しました。宝富士の落ち着いた相撲。

栃ノ心×豪栄道。栃ノ心が肩越しの上手をとろうとする変化。ゴーエードーは右差しで一気にはもっていけませんでしたが、しっかり引きつけて寄り切りました。栃ノ心もしっかり当たらないと。ゴーエードーの左巻き替えがすばらしかったとのこと。

豊ノ島×琴奨菊。もろ差しの豊ノ島。菊もふりほどこうとしますが、もろ差しにこだわらず押して起こして押し出しました。この辺の攻めの姿勢を稲川親方も評価。

稀勢の里×日馬富士。ハルマのど輪でキセを強烈に押し出しました。意外にキセの苦手な攻めなのかも。

白鵬×照ノ富士。突き押しの白鵬に対して左上手を先に上手をとった照ノ富士。白鵬も下手で応戦しますが、右で抱えた照ノ富士が正面から寄り切りました!これはすごいですね!正面から白鵬を寄り切るとは。アクシデンタルな取り口じゃない、真っ向勝負で横綱に勝ったのは大きい。アミーの激励に応えたとのこと。伊勢ヶ濱部屋っていいところですね。

世界カーリング選手権2015 ロシア.vs.日本

ロキソニンの効能ってすごいなと思うマイク松ですこんにちは。何でも効くんや。感心。ロキソニンみたいな人間になりたい。

今日はロシア戦。ロシア今強くなってるんですよねー。いい戦いできるといいけど。

世界カーリング選手権2015、ロシア.vs.日本。実況は曽根さん、解説は石崎さんと金村さん。おっ金村さんきてくれたんですね。助かる。

ロシアチームはガルキナ、サイトワ、フォミナ、シドロワ。シドロワはすごい英語がうまいです。

第1エンドはちょっとずつアイスコンディション確認にあててる感じ。ブランクエンドになりました。

第2エンドはセンターライン上にストーンが並ぶ展開。吉村のナイスカムアラウンドでナンバーワンストーンがとれました。そのあとはガードガードの展開。ロシアはラストストーンで真ん中を強行突破しようとしますが、ここはうまくいかず、日本が1点スティールしました。

第3エンドは、日本のセンターガードの後ろをめぐるヒットアンドロール合戦。なかなかうまくいかなかったですが、サイトワのショットが成功。大して日本はレイズテイクアウトで対抗。それにフォミナがダブルテイクアウトでハウスにストーンがなくなりました。ブランクかと思いましたが、シドロワのドローがスルーしてしまって、日本が1点取らせる展開にしました。ロシア1点。

第4エンド、ロシアのドローショットがさえる。日本も負けじとストーンをため、小笠原のテイクショットで赤いストーンを一掃します。すごい。シドロワはヒットアンドロールで絶妙なポジションをとる。それを小笠原の狙い通りのテイクショットで2点とりました。今日は小笠原の調子がいい。

第5エンド、ハウスの中にストーンがたまる展開。少しずつ動いてますますごちゃごちゃします。日本は確実にナンバーワンを作っていくのですが、ロシアもすばらしいコントロール。最後はシドロワのダブルテイクアウトで2点とりました。クール。

第6エンド、ハウスのうしろの方にごちゃごちゃしている展開。ロシアのコントロールはさえる。ハウスの中心を含めしっかり3カ所をおさえて日本にプレッシャーをかける。日本のラストショットは少しだけずれてロシアが1点スティール。

第7エンド、またすばらしいガルキナのコントロールショット。氷を読み切ってる感じがありますね。しかしテイクショットが決まってクリーンな展開に。ブランクエンドにできました。

第8エンド、ロシアのストーンがごちゃっと中央にたまってきた。日本はパワーショットでごちゃごちゃを壊していく。しかし気がついたらロシアが日本に1点をとらせる展開になっていました。日本はいいショットはしているのですが、100点のショットでないとだめみたいな感じになってる。そしてラストショットが伸びすぎてしまって、ロシアが2点スティールになりました。これは痛すぎる。中央のラインが滑りすぎてる。

第9エンド、日本はコーナーガードから。ロシアはどんどんハウスに入れてきてますね。わりとクリーンな展開になりますが、ロシアは1点とらせる展開に持ち込みます。しかしダブルテイクアウトの可能性があったので狙いましたが、うまくいかずロシアが1点スティール。ここで日本がコンシード。ロシア 7-3 日本。

ロシア強かった。最初はエンジンかからない感じでしたが、ハーフタイム前後からすごい調子上がってきて、手がつけられなくなってきました。日本の調子は悪くなかったしむしろよかったけど、世界トップクラスとの差でしたね。次いきましょう。

大相撲3月場所2015:12日目

なぜか寒くなって困惑するマイク松ですこんにちは。目を覚ませ春。オマエが遠慮してどうするんだ。前に出てこい。

そんな前に出る春と力士を応援しています。今日は12日目です。

12日目。実況は沢田石さん、解説は正面が八角親方、向正面が竹縄親方。

勢×臥牙丸。ガガのいい立ち合いに押し込まれて押し出されました。今日の勝ち越しはなし。ガガはいい踏み込みでした。

大砂嵐×千代鳳。千代鳳少し動いて大砂嵐のもろ手をはずす。しかし大砂嵐が上手をとって組み止めました。いい体勢になりましたが常に千代鳳が動いて下手投げに仕留めました。どうも大砂嵐は合い口がいいらしい。

蒼国来×旭天鵬。旭天鵬持ち直してきましたね。左四つから蒼国来が上手をとって寄り切りました。蒼国来勝ち越し。旭天鵬はまた五分。これくらいのぎりぎりでいっても大丈夫でしょう。蒼国来うれしそう。

旭秀鵬×豊響。旭秀鵬いい立ち合いで起こしておいてのどん引き。いい相撲ではない。

佐田の富士×北太樹。佐田の富士がもろ手で押し込む。北太樹なんとかしのいで前まわしにくらいついて形勢逆転。寄り切りました。粘りが勝機を生みましたね。

嘉風×荒鷲。荒鷲が突き放して押し出し。嘉風もこういう相手には負けたくないでしょうねー。来場所はがんばらないと。

松鳳山×阿夢露。松鳳山いい踏み込みから押し込んでいきますが、回り込んだ阿夢露が突き落としました。松鳳山相撲は悪くないだけに袋小路ですねー。

千代丸×時天空。千代丸もろ手から引き落とし。あっさり。

おー!ジーターさんがみてるー!ありがとうージーターさん!横の彼女誰なん?

誉富士×琴勇輝。誉富士は引き落としを狙いますが、琴勇輝が突きだしました。しっかり相手に正対して突きだし。ジーターさんも喜んでいます。

豪風×常幸龍。もろ手がはずれて中に入られた常幸龍ですが、上手をとって体を預けるように上手投げ。豪風の調子がよかったらわからない一番でした。決まり手は寄り倒し。

碧山×宝富士。シュシュシュ突き押しで圧倒していた碧山でしたが、宝富士がすんでのところでよけて送り出し。決まってたのに。

栃煌山×高安。栃煌山押し出し。高安も悩みの中ですね。悩むと深く入ってしまうのが高安のしんどいところです。

徳勝龍×逸ノ城。右四つに引っ張り込んだ逸ノ城、寄り切りました。まあつかまえればだいじょうぶですね。

玉鷲×佐田の海。どんどん突き押していく玉鷲ですが、佐田の海が中に入って寄り切りました。佐田の海がどんどん前に出て行くいい相撲でした。しかし玉鷲は負け越し。結構粘ってたのですが。

魁聖×妙義龍。妙義龍いい踏み込みで押し込みます。左前まわしがいい位置。魁聖はちょっと起こされていますね。八角親方の読み通り出し投げで崩してはずについて寄り切り。すばらしい相撲でした。そうでないと。ただの当たりに頼った相撲だけじゃないところをみせてくれましたね。

照ノ富士×豊ノ島。豊ノ島二本入りましたが、そのかいなをきめた照ノ富士が小手投げ。狙い通りでしたね。あ、小手投げの前にきめだしで決まってたんですね。照ノ富士はほんとに今場所は流れがある。

稀勢の里×栃ノ心。左四つで栃ノ心が下手を軸に押し込む。キセが上手を引きましたが、投げにいったところで栃ノ心が逆に下手投げで挽回し、がっつり寄り倒しました!パワーでキセを圧倒、しかも必殺の上手投げを残して逆転したのは、力をつけたなという感じですね。

白鵬×琴奨菊。菊の立ち合いはよかったですが、白鵬が踏み込みで止めて、突き押しから押し出し。いい当たりでした。ああ最後はちゃんと差して寄り切ってるんですね。

豪栄道×日馬富士。ゴーエードーいい流れ。ハルマも寄りや投げをしのぎながらがっぷりになりました。ゴーエードーが起こしにかかって寄りにきますが、その勢いを利用しての下手投げが決まりました。ハルマいい相撲でしたがゴーエードーもちゃんと力は出しましたね。寄った時点で決めたかった。

世界カーリング選手権2015 アメリカ.vs.日本

実家から帰ってくる際の車、汽車、飛行機、電車すべてで乗り物酔いしまくったマイク松ですこんにちは。ほんとにきつかった。これだけきつかったのになぜか酔い止めを飲むという発想にまったく至らなかった自分が憎い。トラベルミン最高。次からちゃんと飲みます。

カーリングはアメリカ戦。今調子がいいだけに勝っておきたい。

世界カーリング選手権2015、アメリカ.vs.日本。実況は杉澤さん、解説は敦賀さん。

アメリカはハミルトン、ピーターソン、ソルムネン、ウォーカー。スキップのソルムネンは調子が悪いのでサードになったらしい。わりと若いチーム。これまで1勝もしてないです。

第1エンド、いきなりコーナーガードを置いてくる日本。ガードの後ろの展開、うまく中央に回り込んで2点の展開。アメリカはうまくナンバーワンになれなかったが、日本のラストショットはガードに当たって中に入れず、1点止まり。

第2エンド、前にガードがたまる展開でしたが、アメリカのピーターソンのダブルテイクアウトで展開が変わります。日本はハウス中央にストーンをためて、1点をとらせる展開。アメリカはウォーカーがナイスショットで1点とりました。小笠原に対してウォーカーのショットの精度が高いですね。

第3エンド、アメリカが最初に入れた中央のストーンをめぐる戦い。両方のダブルテイクアウトがあったりしてストーンが減っていき、ブランクエンドになりました。

第4エンド、アメリカのストーンがハウスの中にたまってきた。減らしたいところだったが吉村のデリバリーがファウルになってしまう。1点取らされる展開になったが、最後のショットがガードにあたって、アメリカが2点スティールしました。これは痛い。

第5エンド、どうもショットが短くなる。少し重いのか全体的に。またアメリカのストーンがたまってきてる。ガードの後ろを狙うショット、アメリカのはうまくいきましたが、その内側を狙ったラストショットがガードに当たってしまいました。またアメリカに1点スティール。

第6エンド、ストーンは少ないまでも、アメリカのテイクがうまくいかなくて、日本2点のチャンスだったが、ラストショットが失速してハウスに入らず1点止まり。中央のラインはすごく重いらしい。サードとフォースの成功率が高くない。

第7エンド、小野寺のダブルテイクアウトが決まっていい展開。ストーンが少なくなり、アメリカもブランクエンドにしました。

第8エンド、日本はダブルセンターガード。アメリカはガードを壊しにきます。なんとか2つ残ったので中に入れてきますが、相変わらず中央が重くて入らない。ガードの後ろに回り込む両チーム。お互い決め手を欠き、アメリカが1点とりました。

第9エンド、ガードのストーンを置いていく日本、そのあと中央をめぐりテイクテイクの展開。いつの間にかアメリカのストーンがたくさんあります。たいへん。アメリカはナンバーワンストーンを守りにきます。そして小笠原のドローがやっと決まって、日本が2点とりました。

第10エンド、日本はスティールを狙います。アメリカはガードをテイクテイクしますが、うまくストーンが残って、日本はドローのミス狙い。しかしアメリカはしっかり中に入れて試合終了。日本 4-6 アメリカ。

今日は中央のラインに苦しめられ、成功率がさっぱり上がらなかったですね。決められるときに複数得点できないときつい。アメリカがすごい調子がよかったかというとそうでもないだけにとりたかった。

大相撲3月場所2015:11日目

飛行機に乗り遅れたマイク松ですこんにちは☆

…久しぶりにやってしまいました。次の便に変更してもらったからよかったようなものの、6時間時間ができたので相撲レビューします。うふふ。(ダメージ)

11日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が中村親方。

アミーが休場。とてもうまくいっていただけに残念。勝ち越してるからよかったようなものの。おだいじに。

阿夢露×千代大龍。実は同期対決。阿夢露突き放して差したところですくい投げの打ち合いになります。なんとか阿夢露勝利。

豊響×旭天鵬。旭天鵬立ち合い差してぐるっと回り込むような肩すかし。これが決まりました。

大砂嵐×臥牙丸。さすがにガガのボーンディスウェイをもろ手で止めるのは無理でした。ガガが差して寄り切り。今場所は稽古もできてよかったというガガ勝ち越し。

千代鳳×北太樹。ふわっとした立ち合いから右四つになりました。北太樹は逆の四つですが、下手から出て寄り切り。いい動きでした。

旭秀鵬×荒鷲。右四つから旭秀鵬寄り切り。動きを止めたのがよかったですね。こういう相撲がどんどんとりたい。

千代丸×常幸龍。千代丸の出てからのいなしをうまく残した常幸龍、右四つで組み止めました。しかし足が悪いのか動きが出ず、逆に千代丸が寄り切りました。けがはしんどそうですね。

嘉風×蒼国来。差したい両者ですが、蒼国来が先に左上手をとりました。寄り切り。嘉風も差せたのですが、上手をやってしまったのがよくなかった。

松鳳山×佐田の富士。松鳳山は全然勝てないですね。そろそろか。突き押し合いになりますが、佐田の富士が左四つになりました。右上手をとった松鳳山が上手投げにいきますが、徐々に起こしていく佐田の富士。すくい投げで倒しました。松鳳山がんばってはいるんですけどねー。

琴勇輝×徳勝龍。琴勇輝変化。崩して出るが、逆に徳勝龍がいなして押し出しました。どうも合い口が悪いらしい。

誉富士×勢。たちあいかっぱじいて突き落とし。まあしょうがないか。

時天空×碧山。時天空立ち合いなんかしようとしましたがまったくだめ。碧山の押し出し。しょぼしょぼ相撲。

佐田の海×豪風。豪風はたきにいきますが、ちゃんと見ていた佐田の海が差して寄り切り。ばたばたしていますねー。

宝富士×逸ノ城。逸ノ城今日ははたき相撲。だめな相撲です。

栃煌山×安美錦。アミー休場で栃煌山不戦勝。というかアミーのけが重傷すぎますね。

玉鷲×高安。玉鷲が突き押して、高安の引きに乗じて出て、のど輪で押し出しました。そういう相撲とっていかないとですね。

照ノ富士×魁聖。でかい対決。右四つで魁聖が先に上手。引きつけてかいなを返して寄り切りました。考えすぎですねー。後手後手にまわりました。もったいない。

稀勢の里×豊ノ島。注目される照ノ富士に対して盛り上がらない大関その1。豊ノ島がもろ差しでキセはきめて出ます。きめだしを残した豊ノ島。振っていきますが全然動かない豊ノ島。最後は小手投げでキセ。豊ノ島もがんばったんですが、キセのきめが大変でしたね。

栃ノ心×琴奨菊。立ち合いすぐ右四つ左前まわしの菊。がぶって寄り切り。こういう相撲が毎日とれるといいんでしょうけどねー。

妙義龍×日馬富士。いい当たりから差し手争いの激しい攻防。左四つになって上手をとったハルマ、寄り切りました。両者いい相撲。

白鵬×豪栄道。ふわっと立ってしまった白鵬、まずい感じでしたが、はたき込みで下しました。まあまあ。

世界カーリング選手権2015 フィンランド.vs.日本

高橋大輔さん米国留学へ。がんばってほしいマイク松ですこんにちは。今更留学するあたり高橋らしい。またアイスショーとかでみられる日がたのしみです。

今日はカーリング、フィンランド戦です。

世界カーリング選手権2015、フィンランド.vs.日本。実況は曽根さん、解説は敦賀さんと石崎さん。

スタジオは南波さんと市川さん。この2人で固定してきましたね。今日の市川さんのポイントは集中力だそうです。確かに疲れてますものねー。

フィンランドはヒッピ、カウステ、ホッシ、プースティネン。すごい。世界ランキングは出場国中最下位ですが、前の試合はカナダ相手に健闘しています。あなどれない。

第1エンド、テイクテイクの展開。フィンランドはわりとドローを狙ってきて、がんがん攻めてくる。しかし日本が1点取らせる展開をばっちり作って、フィンランドが1点取りました。

第2エンド、フィンランドはすぐガードを置いて攻めてきます。いいチームですね。日本も2点とるチャンスを作りましたが、最後のショットが長すぎて1点止まり。

おー!客席に苫米地さんと小野寺のお父さんが。苫米地さんおもしろいゴリラのかぶりものをしています。解説陣「似合いますね」「似合いますね」。お父さんもかぶっていました。

第3エンド、日本はガードの後ろに隠れて、ガードを割ってきたらしっかりガードを置いてきます。スイープでしっかり伸ばせてますね。しかしフィンランドのショットで位置がだいぶ変わりました。次のスキップのショットでダブルテイクアウト。しかししっかり1点取らせる形は作りました。フィンランドのラストショットが短くて日本が1点スティールしました。ラッキーです。

第4エンド、ストーンが縦に並ぶ形。いいところにガードを置いていきます。小笠原の指示もここに置け!という感じになってます。吉村もしっかり指示されたところに置きました。2,3点スティールの形みたいになりましたが、フィンランドのラストショットはガードをかすって、絶妙な反射でナンバーワンになりました。あれはないわー。狙ったら絶対成功しないやつや。両チーム苦笑い。

第5エンド、両チームのショットがともに短い。滑らなくなってきているのか。吉村のBプランへの切り替えでうまく中に入ったりしています。Tラインの後ろに来たフィンランドのストーンがナンバーワンになり、前をごちゃごちゃ守られています。なかなか回り込んでナンバーワンになれず、ラストショットはぎりぎりでしたが届かず。フィンランドが1点スティールしました。

おやつタイム。リンゴとみかん食べてる。フィンランドはバナナ。フルーツは基本ですね。焼き肉とかないんだ。

第6エンド、またガードが前にたまり、ハウスの中にナンバーワン日本、ナンバーツーフィンランド。1点とらせる展開ですね。なんとか2点取ろうとしますが、ここは1点止まり。なかなかいい展開にならないですね。

第7エンド、例によってごちゃごちゃする展開。そしてハウスの中にストーンがたまってきます。またいやな展開でしたが、小笠原の真ん中に放り込むドローが決まっていい展開。フィンランド最後のショットも届かず、日本が2点スティールしました。これは大きい。

第8エンド、ストーンがまた中央にたまる展開。日本が中央でいいストーンを置いていくが、フィンランドのテイクで形勢逆転。ナンバーワンツーを作られてしまいました。フリーズショットがガードに当たって外れ、フィンランドが2点とりました。接戦になりますねー。

第9エンド、息詰まる戦い。ガードうしろのストーンのポジションがほんとに重要になる。少しずつ日本のストーンがたまりはじめた。フィンランドのストーンは自分で出てしまって、日本4点チャンス。ラストショットはナンバーワンストーンを出してしまうも、なんとか残って3点とれました。あぶねー。

第10エンド、日本は最初にスルー。フィンランドのガードをこわしていきます。最後に小笠原が相手のストーンを出してコンシード。フィンランド 5-8 日本。

いやーこっちもなんとか勝てましたね。ストーンがハウス内にたまり、前にごちゃごちゃガードもたまってしまうという展開は日本はあんまり得意じゃないですよね。第9エンドの3点はとても大きかったです。

世界カーリング選手権2015 ノルウェー.vs.日本

大阪駅前にいらないものガチャガチャ。いってみたいなーと思うマイク松ですこんにちは。いらないものをもっていくんですよね。このサイトはもっていけないしなー。コトミツキももう実体がないしなー。

今日はノルウェー戦です。

世界カーリング選手権2015、ノルウェー.vs.日本。実況は田中さん、解説は敦賀さん。

ノルウェーはダバンアー、キェアモルナー、スコルスモン、スカスリエン。1人としてすんなり読める名前がない。すごい。若いチームです。

第1エンド、テイクテイクの展開。ノルウェーが先攻でブランクにするかと思いましたが、ストーンが残ってノルウェーが1点とりました。

第2エンド、ガードの後ろのポジションをめぐる戦いになりますが、ガードがなくなってしまい結局テイクテイク。無事ブランクエンドにしました。

第3エンド、ガードを回り込みきれず、両チームのストーンがごちゃごちゃハウス前にたまってしまいます。日本はワンツーを作りますが、ノルウェーのテイクを狙ったショットがはずれ、自分たちのガードが強いナンバーワンになりました。日本はレイズテイクアウトを狙いますがはずれて、ノルウェーが1点スティールしました。これはノルウェーにはラッキー。

第4エンド、ガードの後ろに回り込む戦い。ノルウェーのレイズテイクアウトが決まってます。日本は回り込み、ノルウェーがテイク。ワンツーを作る展開に持ち込んだが、ノルウェーがまた真ん中に放り込んできました。うまく日本はガードをかわせず、ノルウェーはガードを作ってくる。ナンバーワンを押し込めず、またノルウェーが1点スティールしました。ショットの正確性が今日は高まりませんね。まだまだ。

第5エンド、ガードの後ろの攻防からノルウェーがまたいい反射からフリーズになったので、10時方向のストーンにフリーズする展開。ノルウェーがガードに当ててミスしてしまい、日本はワンツーを作ります。そろそろ点がほしい。今度は2点とれました。

おやつタイム。りんごたべてる。ぶどうみたいなのもある。ノルウェーはチョコみたいなのとバナナ。

第6エンド、お互いのショットが強すぎてTラインうしろの攻防。しかし小野寺のフリーズショットが決まってどんどん形が作れる。ノルウェーのテイクショットも逆に残っていたノルウェーのストーンを出したりしてる。とにかくガードガード!いい形ができた。3点スティールのチャンス。ノルウェーのラストショットがうまくとばして1つテイクされたが、日本が2点スティール。こういう形いいですね。

第7エンド、近江谷のナイスセットアップ。今日は調子いいですねー。ハウスの中をガードしているうちに、日本のストーンがもりもりたまります。もっととれる可能性もありましたが、小笠原のラストショットは自分たちのストーンをナンバーワンにするドロー。それが功を奏してまた日本が1点スティールしました。フジロイミキコーチのハーフタイムのアドバイスがよかったのではと敦賀さん。

第8エンド。ハウスの中で両チームのストーンが横に並ぶ展開。ノルウェーが少しずらしていきましたが日本のストーンがナンバーワンになりました。その後の展開からタイムアウトを要求。フジロイミキコーチの計略を授かります。ナンバーツーをつくるというのが策でした。しかしうまくデリバリーできず、ノルウェーのショットで2点とりました。これで同点。

第9エンド、近江谷がミスを帳消しにするレイズテイクアウトをみせました。小野寺も同じく成功。テイクテイクの展開になり、ブランクエンドにしました。それはともかくノルウェーの持ち時間がなくなってきてる。大丈夫か。

第10エンド、クリーンにしていく展開。ノルウェーはガードを作りますが、日本はピールでテイクしていきます。ここで小野寺がスルーしてしまい、苦しい展開に。うまく中のストーンを出そうとするがなかなか出ない。ノルウェーもおつきあいして、小笠原のラストショットにかかってきた。いいショットにいいスイープがあわさって、ナンバーワン取りました!ノルウェー 5-6 日本。

いやーぎりぎりでした。あぶなかったですが、なんとか勝てました。ショットの精度が後半上がって追いつけましたが、すんなりと勝てないもんですね。しかし1つ1つ勝ち星を積み重ねてこそです。

大相撲3月場所2015:10日目

あったかい!急に暖かくなって何を着たらいいのか戸惑う富井です。戸惑うと言えば稀勢の里も強いのか弱いのか戸惑いますよね。さて、今日は正面は玉ノ井親方、向正面は立田川親方(元豊真将)。実況は佐藤さん。

鏡桜×千代丸。両手付きからすぐひく千代丸の流れ。そんなにばったりいかないで。いつもどおりだから。

勢×荒鷲。荒鷲が前まわしを取ったところで勢の小手投げっていうか、自滅?

千代鳳×臥牙丸。立ち合いは互角でしたが、先に上手を取ったのは千代鳳、上手を取って前に出た臥牙丸でしたが、千代鳳の逆転の下手投げ。これで千代鳳は勝ち越し。

蒼国来×琴勇輝。両手付きで起こす琴勇輝、蒼国来がまわりこんでまわしを取りましたが、琴勇輝がはねのけ、また突き起こしますが、また回り込んで、蒼国来が腕を上手くたぐってとったり。蒼国来の胸が真っ赤だ。激しい突きだったんだな。

豊響×北太樹。低くあたった北太樹ですが、豊響がはたいてそれでも前に落ちず寄っていった北太樹でしたが、ばんざいさせられてすくい投げをくってしまいました。もったいないな。

嘉風×佐田の富士。佐田の富士の強い押しに下がってしまった嘉風。佐田の富士はよく見てついてましたね。嘉風に思うように動けないようにしたのが勝因かな。

阿夢露×常幸龍。阿夢露。右の前まわしを取るとすごい腕の力で引きつけて寄り倒しました。やっぱりパワーが違いますね。常幸龍も上手く取っていたのように見えたのですけど。

松鳳山×旭天鵬。松鳳山の付きをもろともせず、小手に振った旭天鵬。強いな。まだまだやれるな。

誉富士×大砂嵐。大砂嵐は勝ち越しがかかった一番。両手付きから上手を引いて押しだしました。勝ち越しに「久しぶりっす」と笑顔。

安美錦×徳勝龍。突き起こした安美錦でしたが、巻きかえに来たところを徳勝龍が前に出て、土俵際で引いたところでバランスを崩してしまいました。安美錦は膝を痛めてしまったようで土俵に戻れません。調子よかったのに、残念ですね。

豊ノ島×旭秀鵬。旭秀鵬のつきと引き落としのコンボに豊ノ島ばったり。うーん、あっさりだな。

高安×時天空。あたった後すぐに引く時天空ですが、高安がついていきます。得意の蹴手繰りも入りますが、高安のまわしを引いてのひねり技に時天空が膝をついてしまいました。腕と足の技術対決。

佐田の海×碧山。低くあたってから佐田の海の回り込みながらの引きに碧山がついて行けませんでした。佐田の海の髷が崩れて新撰組の沖田総司みたいな感じになっている。

栃煌山×宝富士。差し手争いでかった宝富士が寄り切りました。栃煌山も差し手争いで負けたてもひいてはいかんよー。

玉鷲×逸ノ城。玉鷲が速いつっぱりを見せますが、逸ノ城は上手くあてがって下がることなく前に出て押しだしました。何か、横綱みたいだな。

栃ノ心×妙義龍。低いあたりの妙義龍が一気の押し出し。踏み込みが良かったですね。

照ノ富士×琴奨菊。張っていった照ノ富士の左四つ。琴奨菊も左四つになってどんどんがぶっていったが、照ノ富士は半身になってしのぎます。我慢できなくなった琴奨菊がはたいて呼び込んでしまい、押しだされました。

稀勢の里×豪栄道。豪栄道が押っつけてでようとしますが、左四つになった稀勢の里が上手を取って寄り切り。

白鵬×豪風。白鵬の強いつっぱりに豪風も下がるだけでしたね。

魁聖×日馬富士。日馬富士が突き起こし、のど輪を見せますが、左四つになり、魁聖は右からかいなを抱えて寄っていきます。残した日馬富士が下手投げ。力の入る相撲でしたね。

大相撲3月場所2015:9日目

新しいリュックを買ったマイク松ですこんにちは。以前よりポケットが減っているので苦労しています。

大相撲は9日目。順調にレビューできているのですが、週末は所用で帰省するので結局遅れます。

9日目。実況は白崎さん、解説は正面が尾車親方、向正面が千賀ノ浦親方。

阿夢露×玉飛鳥。おっ玉飛鳥が幕内で。がんばれ。左からのいいおっつけが効いた。阿夢露は体を入れ替えにいったがその前に足が出ていました。いい相撲で勝利。

千代丸×荒鷲。もろ差しの荒鷲、どんどんあおって寄り切り。いつもこういう相撲がとりたいですね。

佐田の富士×琴勇輝。琴勇輝戻ってきましたね。立ち合いからどんどん突き押し、のど輪で崩して寄り切りました。距離を詰めたのがよかったと千賀ノ浦親方。佐田の富士は引き待ちではだめだと尾車親方。

千代鳳×勢。千代鳳の低い相撲に対して勢が体を開きながらはたき込み。勢の勝ちだなと思ったら物言いでまげをつかんでいて反則負けになりました。まじかー。

大砂嵐×豊響。大砂嵐が上手をとって出し投げで崩します。最後は送り出し。パワーがいいコントロールにつながりましたね。

旭秀鵬×臥牙丸。ボーンディスウェイでガガの勝利。一気にもっていくこの相撲こそガガ。

嘉風×旭天鵬。嘉風がもろ差し。いい体勢になりましたが、土俵際で旭天鵬キャスリング。気がついたら土俵を割っているという技。決まり手は小手ひねりになりましたね。

松鳳山×蒼国来。左四つになりました。蒼国来の寄りをこらえる松鳳山。いい残しです。松鳳山が出ますが蒼国来がこらえ、松鳳山の勇み足で蒼国来勝利。勇み足やー!

誉富士×北太樹。北太樹がいい立ち合いから押し出し。これはいい当たりでしたね。

安美錦×常幸龍。アミーいい立ち合いから十分に押し込んでおいてはたき込み。常幸龍も残せませんでした。アミー余裕の相撲で勝ち越し決めました。早くインタビュールームにきたかったのでがんばりましたとのこと。どないやねん。

徳勝龍×栃ノ心。栃ノ心立ち合いから引きましたが、残した徳勝龍が押し出し。昨日がよかったのに栃ノ心がだめな相撲をとってしまい、相撲は難しいと尾車親方。

時天空×宝富士。時天空いなしで攻めるが、宝富士は中に入って差し手を軸に残しました。寄り切り。

佐田の海×高安。高安がんばって佐田の海のいなしについていって寄り切り。ひざはしんどそうですがなんとか初日を出しました。

魁聖×逸ノ城。右四つがっぷりになりました。これは楽しみな展開。逸ノ城が出る時に魁聖が巻き替えましたがまた右四つに戻しました。逸ノ城が出て寄り切り。上手が魁聖は深かったのに対し逸ノ城の位置がよかったと尾車親方。

玉鷲×栃煌山。差し手争いから中に入った栃煌山が押し出し。あの技術では玉鷲も分が悪いです。

照ノ富士×妙義龍。これは楽しみな一番。勝ったらんかいと思いましたが、立ち合いからとったりで崩した照ノ富士。妙義龍も残しましたが胸を合わせてしまいました。寄りを残しますが、照ノ富士が腹にのせる形で寄り切り。妙義龍はもろ差しになりましたが、照ノ富士が外四つから引きつけという豪快な一番。アミーが勝ったから勝つしかないと思ったらしい。いいことです。

稀勢の里×豪風。キセ張り差しから押し出し。速い相撲でした。また尾車親方の解説時に嘉風・豪風負け。強く生きてください。

豪栄道×琴奨菊。菊右四つになりましたが、ゴーエードーのキレのいい肩すかしが見事に決まりました。突き落とし。

豊ノ島×日馬富士。ハルマは突き押しで攻めます。どんどん突き押していきましたが、土俵際で豊ノ島の見事な体のかわしから送り出し。これはハルマ土俵際の罠でしたねー。左のど輪がはずれました。見事。

白鵬×碧山。右四つで白鵬が右下手。碧山が巻き替えにくるところを左から上手出し投げ。いい反応でした。体が動いてますね。

世界カーリング選手権2015 スコットランド.vs.日本

サムギョプサルたべてきたマイク松ですこんにちは。サムギョプサル超おいしかったです。

世界カーリング選手権2015、スコットランド.vs.日本。実況は杉澤さん、解説は敦賀さん。

スタジオは実況は南波さん、解説は市川さんと石崎さん。今日のポイントは市川さんが戦術、石崎さんは先手をとる!でした。

スコットランドはリード、アダムス、スローン、ミュアヘッド。スコットランドのリードはリードっていう名前の人です。

第1エンド。早速スコットランドがセンターガードを置いてハウスの中をめぐる攻防。両チームのショットはまずまず正確性がある。しかしブランクを狙ったラストストーンはハウスの中に残ってしまいました。とりあえず日本1点先制。

第2エンド、スコットランドのストーンがハウスにたまりはじめました。これがミュアヘッドの十絶陣。日本もテイクしようとしますが、どうも出し切ることができません。最後は大事を取ってストーンを減らしましたが、スコットランドが3点とりました。さすが。

第3エンド、スコットランドは先行なのにどんどんストーンをためてきます。十絶陣続行中。もりもり中央にたまったストーンに対し、吉村の絶妙なドローショットが決まります。しかしミュアヘッドのいいショットでそれもテイクされる。小笠原のショットは1つテイクアウトできたにすぎなかったが、ミュアヘッドのショットがショートしてしまいチャンス到来。小笠原のラストショットがしっかり決まって日本が3点とりました。これはラッキーだった。

第4エンド、近江谷のドローショットがうまく真ん中に決まったのがきっかけで、日本は中央のストーンを守ってスティールを狙います。ちょっとずつ展開が変わり、逆に日本は1点とらせる展開に持ち込みたかったですが、小笠原のショットが伸びすぎてそれが果たせない。ミュアヘッドのドローショットも計算とは違ったが、うまく当たって2点とりました。日本のショットの成功率が低すぎる。でも1点差になってるのはラッキー。

第5エンド、日本はブランクエンドを狙います。テイクテイクの展開で無事ブランクエンドに。

ハーフタイム、両チームともバナナを食べていました。バナナの時間だ!

第6エンド、またハウスの中にストーンがたまる展開。なんでこうなるんやろう。スコットランドは日本に1点とらせる展開に持ち込み、日本も1点とりました。確実に点は取った方がいい。

第7エンド、ハウスの中に作っていったが、吉村のダブルテイクアウトで状況がよくなったと思ったら、スローンのダブルテイクアウトも出た。結局ブランクエンドになりました。

第8エンド。中央に日本のストーンがたまり、これを守る展開に。スコットランドもガードをうまく抜けられない。ミュアヘッドのショットでようやく崩れて、最後のショットでガードをかわせなかった。スコットランドのラストショットで2点とりました。

第9エンド、スローンのテイクアウトで固まっていたストーンがばらばらになり、遠いところでの攻防に。遠くを狙うところでスコットランドはハウス内にストーンを残せず、日本が最後に2点とりました。同点もスコットランドがラストストーンをもっています。

第10エンド、センターガードをめぐる攻防。リードがウィックでセンターガードをずらしにいく。センターガードを作ってはテイクされる展開にタイムアウトを要求。ここでフジロイミキコーチの計略を授かったか、コーナーガードの後ろに1つおいて、ラストショットにプレッシャーをかける計略に。12時と3時にストーンを置いて、12時のポジションをはじいても3時のストーンがナンバーワンになり、遠さからダブルテイクアウトも難しい状況を作って、ドローショットにプレッシャーをかけました。ミュアヘッドのラストショットは強すぎてしまい、日本が2点スティールで勝利しました!

石崎さんが話してるときに限ってインタビューが入ってきて中断されるのがかわいそうでした。オレたちの琴美を大事にしてやってくれ。本当にやってやってくれ。ありがとう。

日本がスコットランドに勝ちました。信じられないですねー。

第10エンドの計略はこれぞカーリングという深遠さでした。それをしっかりセットアップした全員の力がすばらしかったです。それ以前にとってはとられの展開でしたが、しっかり粘って、最後先行でスティールできたのは意義深いです。たまにはスコットランドも負ける。それでもやはり強豪国に勝ったのはいいことですね。

大相撲3月場所2015:中日

揚げ物大好き、富井です。たくさん作ったかき揚げを塩で食べたりめんつゆで煮たりして楽しみました。もっとあってもよかった!正面は北の富士さん、ゲストは西川きよし師匠。実況は太田さん。

佐田の富士×臥牙丸。踏み込んだのは臥牙丸。佐田の富士も上手を取ってお互いに右四つ。しかしそこからより力が強かったのは臥牙丸でした。

富士東×荒鷲。荒鷲のサッカーのような立ち合い変化の蹴手繰りにお客さんもぽかーん。つまらん!つまらん!(柱にてっぽうをしながら)

豊響×蒼国来。蒼国来ががっちりまわしを引いての力強い寄り。

旭秀鵬×阿夢露。立ち合いで身体が離れた後に旭秀鵬のはたき込み。うーん、これはしかたないか。

千代丸×北太樹。千代丸の引きについていった北太樹でしたが、そこから押しだす力がなく、ひいてしまった北太樹。2度目の引きに北太樹ばったり。

大砂嵐×常幸龍。立ち合いの両手付きから良く手が出ていた大砂嵐。徹底的にのどを攻めているので見ていて怖い。

松鳳山×勢。勢コールがわき起こる館内。両手付きの松鳳山でしたが、低くぶつかりすぎた松鳳山を上からつぶす感じで小手投げ。勢が勝つと盛り上がりますね。

琴勇輝×時天空。琴勇輝の急性胃腸炎のため、時天空の不戦勝。

誉富士×千代鳳。立ち合いは互角でしたが、誉富士を起こしておいてのはたき込み。

旭天鵬×徳勝龍。差しに行く旭天鵬ですが、徳勝龍が下がるところに乗じて寄り切り。流れがあります。初日が出てから旭天鵬の調子が上がったように感じます。

安美錦×嘉風。ここまで7連勝の安美錦。嘉風の細かいつっぱりに足がついていきませんでしたね。頭が低すぎましたかね。嘉風、良い取り口。でも連勝が止まって安美錦、残念。

高安×魁聖。胸をつく高安ですが、力がないように見えますね。魁聖にあっさり押しだされてしまいました。これで高安は8連敗。

佐田の海×宝富士。立ち合いの後差しで争いになります。攻めていたのは佐田の海でしたが、土俵を上手く使って体勢を崩されました。

栃煌山×逸ノ城。栃煌山が上手を取って攻めますが、出し投げを逸ノ城がこらえます。おお、これは逸ノ城ペースかと思いましたが、巻きかえてまわしを取らずにお腹をついて寄り切り。

玉鷲×妙義龍。立ち合いの後のど輪で玉鷲が上体を起こして攻めます。2度目の小手投げで妙義龍は残せませんでしたね。

稀勢の里×照ノ富士。押っつける稀勢の里がそこからもろ差しになり、巻きかえにきたところを大関らしい寄り切りを見せました。照ノ富士の方が強いかなと思ったんですが、やっぱり稀勢の里の方が強かったですね。優勝の芽がなくなってからはのびのびやってるね!

碧山×豪栄道。立ち合いの後引いてしまった豪栄道があっという間に押しだされました。豪栄道はもろ差しをねらったあとすぐに引いてしまいましたね。北の富士さんは「西川さん、これが豪栄道なんですよ」と言っていました。ディス・イズ・ザ・ゴーエイドー。

豪風×琴奨菊。まわしを取ったのは豪風でしたが、かまわずがぶり寄った琴奨菊。数年前に戻ったみたいな感じですね。

白鵬×豊ノ島。立ち合いの後また離れてよく見てのど輪で押しだしました。最近白鵬って距離を取りますよね。あれは何なんでしょう。

栃ノ心×日馬富士。立ち合いで上手に手がかからなかった日馬富士。そこで体勢が低くなったところを栃ノ心が上からのはたき込み。北の富士さん「(腕を気にしている日馬富士に)いやー、これは千秋楽まで持つかね」太田さん「いや、待って下さい!」とあせってスローリプレイを解説する太田さん。今日は北の富士さんも西川師匠も自由だったから大変でしたね。吉田さんみたいに自由にやれれば良いんですけど・・・難しいですよね。

大相撲3月場所2015:7日目

時差ぼけのマイク松ですこんにちは。これから寝ます。

せっかくなので相撲見ておきました。

7日目。実況は藤井さん、解説は正面がもと琴欧洲の鳴戸親方、向正面が雷親方。

豊響×旭日松。旭日松が幕内で。低い立ち合いからどんどん出て行きますが、豊響も押し返す。引きを残して逆に引いたところで足が流れて押し倒されました。相撲は悪くない。また戻ってくるか。

荒鷲×蒼国来。荒鷲一度引いたかと思ったらまわしをとって体を入れ替えました。テンポがよかったし速かった。

勢×阿夢露。いまいちなんと読んだらいいかわからない対決。はたきあいみたいになりますが、うまく中に入った勢が押し出しました。地元の声援を力に変えてますが、もっと勝ちを先行させたいですね。鳴戸親方は楽して勝とうとせず最初から前に出ろともっともな意見。

千代丸×旭天鵬。千代丸押し込んでおいての引き。うまくつかまえられませんでしたね。高見山の記録に並ぼうとしています。

大砂嵐×佐田の富士。大砂嵐が張り手からはたき込み。いまいちな取り口ではありますが、鳴戸親方は先に攻める相撲は評価している模様。

臥牙丸×北太樹。ガガが前に出ます。北太樹はとったりにいきますが、呼び込んだ形になりガガが寄り倒しました。北太樹はひざが気になる感じ。

琴勇輝×常幸龍。ひざを痛めている同士。しかし琴勇輝の前に出る相撲が今日は出ましたね。

千代鳳×時天空。時天空けたぐりから送り出し。汚い相撲ですが千代鳳ももうちょい警戒しておこう。

旭秀鵬×徳勝龍。徳勝龍つかまる前に左からの小手投げ。小手やとったりには注意したいところでしたが旭秀鵬もくらってしまいました。

安美錦×松鳳山。松鳳山の突き押しをうまくあてがいながら押し返し、土俵際の小手投げで下しました。かかとに目がついているとは藤井さんですが、ほんとに土俵感覚をつかんでいます。

豊ノ島×嘉風。豊ノ島が立ち合いから中に入って寄り切り。今場所調子いいですよね。踏み込みがいいから嘉風が間合いを一気に詰められてる。

魁聖×宝富士。右四つ。宝富士押し込んでおいて最後は巻き落としになりました。しっかり起こしたのが効きましたね。

佐田の海×誉富士。誉富士まともに引いてしまい、佐田の海が押し出し。やっと初日が出た佐田の海、ここからですよ。

栃煌山×妙義龍。栃煌山中に入って押し出し。妙義龍なんともだめな相撲になってしまいました。

照ノ富士×栃ノ心。右四つがっぷりになりました。期待通りの展開。引きつけあいになります。パワー対決では栃ノ心に分があるはずですが、照ノ富士は腰が重い。四つの力をいかして胸を合わせて寄り切りました。これは照ノ富士にとってもパワー面で自信になりそう。

逸ノ城×豪栄道。右四つから上手を先にとってゴーエードーがスピンします。どんどん動いていきますが、逸ノ城は上手がとれない。先に寄って腹を使って寄り切りました。先に攻めたのはよかったし上手のディフェンスがよかったです。理詰めでした。

高安×琴奨菊。もろ手をかいくぐった菊が一気に押し出し。高安は浅香山親方の上に落ちてしまいました。

稀勢の里×碧山。左四つで碧山先に出ますが、上手をとったキセが寄り切りました。攻めはよかったけどやっぱり突き押しの方がよかったです。

豪風×日馬富士。豪風土俵際で突き落としましたが、先に土俵を割っていました。ハルマもあぶなっかしい。

白鵬×玉鷲。白鵬張り差しから右上手をとって上手投げ。順序でした。

世界カーリング選手権2015 スウェーデン.vs.日本

お仕事で8月に海外にいくことになったのですが、まだまだ余裕でしょと思いながらも旅行社にいってみたらなんだかうまくとれなくてびっくりのマイク松ですこんにちは。みんなまだ3月なのに早すぎないか。まだ寒いよ。

さてカーリングは今日はスウェーデンです。強いですががんばってほしいです。でも初戦落としてるんですよね。ドイツ強いんかな。

世界カーリング選手権2015、スウェーデン.vs.日本。実況は田中さん、解説は石崎さん。

スタジオは市川さんの指摘するポイントはフォース対決とのこと。これはなるほどです。みよズチェックというコーナーが作られるあたりさすが。

スウェーデンはシグフリッソン、マクマヌス、ベルトルップ、プリッツの4人。

第1エンドはブランクになりました。今日はアイスを読むエンドにつきあってくれるようです。テイクテイクの展開ですが大きなミスもなく。

第2エンド、今度はスウェーデンがガードを置いてきます。早速攻める。しかしヒットアンドロールを狙うショットが両チームとも止まってしまってそれ以上進まない。そのうち日本のストーンが中央付近にたまってきました。ドローショットの打ち合いで中央にストーンが積み重なり、スウェーデンのラストストーンが少し短くなって日本が2点スティールしました。これは助かる。

第3エンド、小野寺のいいショットで日本のストーンがハウスにたまっています。前の方にスウェーデンのストーンが固まりますが、吉村のダブルテイクアウトが決まりました。スウェーデンはスルーが出たりして調子が出てない。回りを固めて、スウェーデンがやむなく1点とりました。いい流れや。

第4エンド、シグフリッソンのいいカムアラウンドが決まる。さすが。しかし小野寺のダブルテイクアウトが連続で決まって、あっという間にスウェーデンのストーンがなくなりました。強い。クリーンな展開で進み、結局ブランクエンド。いい流れです。

第5エンド、スウェーデンは中にどんどん入れていきます。小野寺のショットは今日はさえてますねー。テイクアウトからナンバーワンをとりました。ハウスのボタンをめぐる攻防、小笠原がしっかりラストショットをドローで決めて、2点とりました。いい流れです。このままいければいいのですが。

第6エンド、中央にうまくセットアップしていったが、ベルトルップのダブルテイクアウトが決まって形勢逆転。スウェーデンが2点とりました。流れとしては悪くない。ベルトルップが調子を取り戻していったら怖い。

第7エンド、サイドのストーンをめぐる戦い。ブランクエンドになるはずだったが、ハウス前のストーンがハウスにかかっているのではという考えに至り、1点とりました。結局どうだったんだろうか。

第8エンド、ハウスの周辺に両チームのストーンがちらばる展開。日本はスウェーデンに1点とらせる構図を作ったが、スウェーデンは複数得点を狙ったダブルテイクアウトを狙いにいきます。しかし1つしか出せず、逆に日本が1点スティールできました。

第9エンド、日本は最初はスルー。そして小野寺がスウェーデンのストーンをダブルテイクアウトしました。見事なショット。小笠原もストーンを全部テイクアウトするショットを決めています。ブランクにする考えもありましたが、スウェーデンは1点とることを選択。

第10エンド、スウェーデンのガードに対して近江谷がウイックを2回成功。2回成功はすごいですね。小野寺のテイクアウトショットも確実だし、吉村もダブルテイクアウトを決めています。1つ1つはじき出していって、最後のショットでスウェーデンのストーンをテイクしました。スウェーデン 5-6 日本。

スウェーデンに勝ちました。信じられないですねー。スウェーデンの調子がよくなかったのもありますが(時差か)、スイス戦と比べてミスが格段に少なかったです。いやな展開を小野寺と吉村のテイクアウトショットで未然に防いだり変えたりできていました。このメンバーは世界に通用するんですね。わかってましたが。

世界カーリング選手権2015 スイス.vs.日本

今日は職場でごはんたべにいったのですが、くじ引きで決まった僕らのテーブルがおもしろかったマイク松ですこんにちは。とにかく僕らのテーブルはなぜかはらぺこが集まっており、次々もってこられる料理をあっという間に取り分けて食べてしまいます。他のテーブルもあるのに、お店側もどんどん料理をもってきていました。

今日から世界カーリング選手権が始まります!カーリング三昧の日々がまた始まる。たのしみ~。あと日付的に追いつきました。

世界カーリング選手権2015、スイス.vs.日本。実況は杉澤さん、解説は敦賀さんと石崎さん。

今回は特設スタジオがあり、ここは市川さんが登場。きてくれるんですね。意外に当たり障りのないところをいってました。そんなにおもしろいこともいえませんよね。

日本は船山が出産の準備のため、リザーブにヒト・コミュニケーションズのが入ります。ありがたい。スイスはなんとレジェンドプレイヤーのオットーが引退してコーチになっていました。スイスチームは全員が20代の若いチームに。とはいえ強いんですよね。

第1エンドから日本はガードを置いてきます。小野寺のダブルテイクアウトが決まったりと結構いい展開。スイスもきれいな展開にしていきますが、小笠原のストーンが自分も出てしまいます。ここはスイスがガードの後ろにまわりこもうとしますが、少し強さが合わずストーンが出てしまいました。日本はスルーしてブランクエンドに。

スイスのレジェンド、オットーコーチは昔からコロンボの犯人役に出てるような昔っぽいお顔とヘヤーをしています。

第2エンドは日本のストーンが中に入って、それを守る展開。スイスはそのガードを使って中をテイクしようとしますがなかなか中には当たらない。当たっても日本のストーンが残ったりします。日本はうまく中にストーンをためていきます。しかしスイスのラストストーンをうまくはじけず、4点もあったエンドだったが1点止まり。

第3エンドはスイス後攻。すでに曲がりが変わってきているみたい。ガードの後ろをめぐる争い。Tラインの後ろに日本のストーンがたまりますが、スイスのレーマンがダブルテイクアウトで形勢逆転。しかし日本のストーンを出すのに自分たちも出てしまい、結局ダブルテイクになりました。助かった。これでこのエンドはブランクに。

第4エンドは日本が先にハウスに放り込んでいく。先に先にハウスに入れられるのはいいことです。ハウスの中のストーンをお互いに出していく展開。ハウスの外側のラインが両チームともうまく読み切れない。空調で場内を冷やしているのが原因ではないかとのこと。それでもスイスが内側にストーンを入れてきて、2点とりました。

第5エンド、近江谷のフリーズショットがばっちり決まる。すばらしいです。スイーパーとのコミュニケーションもいいです。小野寺のヒットアンドロールもすばらしい位置にきています。いい展開に持ち込んでいたのですが、日本のラストストーンがガードに当たって、相手のストーンを押し込んで、スイスが2点スティールになってしまいました。日本の2点チャンスが逆になってしまった。痛い。

第6エンド、スイスに先にハウスの中に入れられています。日本はガードを作りたいですがいまいちアイスの様子がハーフタイムを挟んで変わっているのを読み切れていない。しかしテイクアウトがうまくいって最終的にブランクにすることができました。命拾い。

第7エンド、中央にストーンがたまる展開。日本が先にタイムアウトをとって相談しますが、なかなかストーンをいいところにおけません。対してスイスもオットーコーチを呼びます。オットーの策もうまく実現ができず、日本は2点のチャンス。しっかり当てれば2点でしたが、ウェイトが足らず1点止まりになってしまいました。

第8エンド、日本はガードを置きにきます。スイスは後攻なのでテイクテイクの展開。日本は分散させてハウスに入れる展開に持ち込み、1点取らせることには成功しましたが、本来はスティールが目的だったので厳しいことには違いないです。

第9エンド、日本後攻ですがハウスにストーンをためられる。小笠原のダブルテイクでチャンス到来。しかし微妙にカールして1点止まりになりました。ここぞというときのショットの精度が足りない。

第10エンド、日本はスティールで2点とる必要がある。しかし日本の最後のストーンをハウスに入れられず勝負あり。スイス 5-3 日本。

今日は序盤はとてもいい流れできていたのですが、チャンスを確実にものにすることができませんでしたね。戦略もよかったし、スイスも出来としてはあまりよくなかったし、勝てるチャンスはありました。市川さんは「フロントの3人はよくやっていたと思います」「結果論ですがスキップのショット率ですね」とはっきりいっていました。さすが敵チーム。でも小笠原もそれを痛感していたようですし、次はいいプレーできるでしょう。

大相撲3月場所2015:6日目

イギリスに行ってきました。イギリスのごはんは悩まされますが、自分がジャガイモ好きであることを改めて認識させられた富井です。あと、豆も旨い。

さて、大相撲は今場所も満員御礼が続いているそうです。すごい人気ですね。しかし、遠藤が今日から休場だそうです。お客さんたちの何人かは遠藤目当てだろうし、良い場所になっていただけに残念。解説は舞の海さん、不知火親方。実況は刈屋さん。

佐田の富士×千代丸。両手付きの佐田の富士に下から攻める千代丸。千代丸は自分が引いた後にはたかれてしまいました。

勢×豊響。豊響の押し出しに勢があっさり下がってしまいました。豊響らしい取り口。

阿夢露×蒼国来。阿夢露のレスリングのような左差しでしたが、右をふりほどいて蒼国来の小手投げ。やっぱりもうちょっと阿夢露が身体をつけた方が良かったんじゃないかな。

臥牙丸×琴勇輝。臥牙丸をのけぞらせた琴勇輝でしたが、臥牙丸の両手付きの後は下がってしまいましたね。体勢を崩した後にすぐ攻めて欲しかったなあ。

大砂嵐×荒鷲。突っ張る大砂嵐。荒鷲がひらりとかわしましたが、大砂嵐もぴょんとついていきましたね。どちらも身軽。

千代鳳×旭天鵬。二本指すと力強い寄りきりを見せた旭天鵬。昨日初日が出て、気をよくしましたかね。勝つと若く見えますね。千代鳳は連勝が途絶えてしまって残念。

旭秀鵬×常幸龍。左の上手を取った常幸龍。そのまま寄り切りました。うまい。

北太樹×時天空。左を差したのは時天空でしたが、さがってしまい、北太樹に押しだされてしまいました。

誉富士×嘉風。ふわっと立ってしまった嘉風。待ったをしたつもりだったようですが、勝負が成立してしまいました。何とも残念な取り組みになってしまいました。

松鳳山×徳勝龍。両手付きの松鳳山を土俵際で組み止めた徳勝龍。さっと左四つにすると前に出てすくい投げ。

魁聖×遠藤。遠藤が休場のため魁聖不戦勝。2ヶ月の休業だそうです。痛い。

豊ノ島×栃ノ心。栃ノ心のつっぱりを丸くいなす豊ノ島。最後は後ろについてやさしく送り出し。

佐田の海×安美錦。のど輪で起こそうとする安美錦。しかし佐田の海が前に出て押し込まれると今度は突き落とし。押してだめならひいてみな、とばかりに重心をぐらぐらさせる上手い取り口ですね。この攻めを琴勇輝も見習って欲しいな。ちょっと卑怯っぽいけど。

宝富士×妙義龍。さっともろ差しになった妙義龍でしたが、すっと手をぬく宝富士。再びもろ差しになっても巻きかえます。宝富士上手い。何度かしのいだものの、疲れてしまったのか、最後はもろ差しに屈しました。しかし攻防のある良い相撲。面白かったなあ。2人とも良い力士だ。

照ノ富士×栃煌山。立ち合いは互角、そこから二本差し込んだ栃煌山ですが、照ノ富士がすごい粘りを見せます。下半身と上半身を別々に動かせるから残すことができると舞の海さん。栃煌山の攻めを終始しのいで最後は右を巻きかえて寄り切り。照ノ富士は新三役で初日から六連勝。さすが、北の富士さんがイチオシする力士ですね。

逸ノ城×琴奨菊。踏み込んで左の上手を取った琴奨菊。逸ノ城は立ち後れましたね。しかし土俵際で逸ノ城もしのぐ。左の上手を取るとすぐに寄り切り。うーん、照ノ富士と逸ノ城、どちらが先に大関になるのかな。

稀勢の里×玉鷲。張っていった稀勢の里。玉鷲をがっちり組み止めて大関らしい寄り切り。本当は稀勢の里は強いんだよね。でも、毎日ではないんだよね。

豪風×豪栄道。安易なはたきをやめろと舞の海さん。嫌な予感がする。張った豪栄道にまっすぐあたった豪風でしたが、それからすぐに引き落としにばったり。あわわー。

白鵬×高安。慎重に立ち合う白鵬。距離を取ってよく見ながら攻めています。しかし、攻めあぐねる高安にのど輪で体勢を崩すとさっと引き落としました。

碧山×日馬富士。低くあたる碧山のまわしをさっと取るとすぐに寄り切りました。横綱っぽい相撲でしたね。

本当のムラタじゃないらしい

世界ネコ歩き写真展開催。まずは梅田とのことで超たのしみなマイク松ですこんにちは。絶対見に行こう。

さて、時差ぼけのせいか最近夜に不意に眠くなる時があるのですが、そんな眠気も覚めるような不思議ニュースが目に入りました。またもやあの人です。

「あれは村田じゃない」

おもしろフェイスと不思議発言で一部に人気、大部分に不審のハラカントク。どうもムラタに対する発言が特におもしろいようで、過去には「四次元のことを言い出す人は衰退していく」発言が突き抜けすぎましたが、今回もムラタ関連のようです。

ムラタが打撃不振で2軍で調整することになったのですが、特に珍しいことでもない不定期の恒例行事ですよね。それに対してハラカントクがご発言召されたわけです。

「時間を与えた方がいい。あれはムラタじゃない。本人も分かっていると思う」

この発言に対する素朴な疑問としてはじゃあ誰だよというのがあると思います。ここには「あれ」と「ムラタ」と「本人」という3人の登場人物がいるわけですが、誰が同じなのかいまいちわかりませんよね。

いやいやそんなのムラタ=本人だろと思っておられるそこのあなた!ハラカントクは時をかけるカントク、四次元カントクなんですよ。ハラカントクの前では過去のムラタ、現在のムラタ、未来のムラタは全部違うのです。3秒前のムラタと3秒後のムラタも違うのです。ブッダもそんなこといってるみたいですよ。じゃあ一体誰なのか。ムラタに見える「あれ」は誰なのか。それらしい知ってる人をあげてみました。

・ハラカントク
・イカルス星人
・妖怪
・ピネダ(松やに)
・ソリス(減量)
・フレディ・ミッチェルさん
・キヨタケさん(まだ間に合います)
・エナツカサさん(電話)
・はとやまさん(トピック)
・ミッキー兄さん(エターナル)
・ムラタA(別人)
・ムラタB(埋伏)
・ムラタC(本人)

ハラカントクのお言葉を聞いていると、ムラタが複数人いるような気持ちになりませんか?そうなんです、きっとハラカントクの四次元理論からするとムラタは並行世界にまたがって複数いるのです。そうなるとわれわれも気をつけてみないといけません。

そうなんです。「あれ」が本当のムラタで、「本人」が本当じゃないムラタなのかもしれないのです。

時空にまたがって次々と現れ次々と去って行く無数のムラタ。その一瞬をとらえてのハラカントクのひと言。あなたにもみえますか、無数のムラタ。僕は見えません。

大相撲3月場所2015:5日目

大関総崩れ 序盤では13年初場所以来。結論先取りなのですが、それにしても前回が最近だなと思うマイク松ですこんにちは。どんだけよくある展開なんや。

ということで5日目です。

5日目。実況は船岡さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が放駒親方。

千代丸×臥牙丸。まるまる対決。ガガのボーンディスウェイに千代丸残せず。引きだけ気をつけてればいいですからね。

阿夢露×荒鷲。荒鷲が前まわしをとって下手から寄り切り。動きがよかった。阿夢露は相手の動きが止められませんダイス種。

豊響×琴勇輝。豊響が立ち合いからの突き押しで琴勇輝を圧倒。琴勇輝がやらなくてはいけない相撲ですね。

佐田の富士×旭天鵬。左四つ。旭天鵬はいい形にはできてるんですよね。佐田の富士も上手をとって出ますが、旭天鵬がその勢いをいかして上手投げ。やっと初日が出ました。ここからですね。

大砂嵐×蒼国来。突き押しから左上手をとった大砂嵐。蒼国来は出し投げから崩そうとしますが、しっかり上手を離さなかった大砂嵐が引きつけながら右をのど輪にして寄り切りました。体が動くようになっていると北の富士さん。上手が早くなってきたのもありますね。

勢×北太樹。北太樹がいい立ち合いから右もねじ込んで寄っていきます。これは勝ったなと思いましたが、勢が土俵際粘って逆転の突き落とし。北太樹の相撲ではありましたがタイミングよかったですね。

千代鳳×常幸龍。常幸龍左上手をとりますが、千代鳳が右下手でしのいで体勢を作ります。上手が切れたところで常幸龍が引いてしまい、千代鳳が出て寄り切り。今場所は体が動いてます。

旭秀鵬×時天空。右四つ。旭秀鵬が引きつけて寄り切りました。今場所は粘りがないですね時天空。

嘉風×徳勝龍。左を差して起こしていく嘉風ですが、体を入れ替えた徳勝龍が寄り切り。あの体を入れ替えるのを覚えましたね徳勝龍。

松鳳山×遠藤。もろ手で出る松鳳山をしっかりあてがって突き落とした遠藤でしたが、その時にひざをやってしまいました。スローで見るとひどい曲がり方してますね。ここまでほんとに好調だっただけにほんとに無念。

豊ノ島×誉富士。誉富士大きくいなされますが、豊ノ島もいけずに大きく間が開きました。そこからまた攻め込んでいきますが下から下から攻める豊ノ島が押し出しました。やりにくそうですね。

魁聖×栃ノ心。胸をあわせて右四つがっぷり。期待通りの力相撲になりました。でも四つの技術は栃ノ心が上。重心を低くして寄り切りました。ほんとうまくなった。

豪風×安美錦。アミーが立ち合いから押し込んで突き落とし。と思ったら決まり手は素首落としですね。いずれにしても踏み込みもいいしスピードもある。

碧山×妙義龍。立ち合いで碧山にシュシュシュ突き押しも出させなかった妙義龍。押し出しました。立ち合いの当たり一発で圧倒。これが妙義龍の強さです。

照ノ富士×佐田の海。佐田の富士さっと二本差しましたが、照ノ富士ががっちりきめて振ってきめだしました。パワー相撲も当然見せられる。

稀勢の里×逸ノ城。逸ノ城が立ち合いから突き押しでキセを吹き飛ばしました。これは力強い相撲の逸ノ城。それにしてもキセの状態の悪さが逆に気がかり。プロビデンスはオマエの心の中にあるのだよ。それを称して自縄自縛というッ!

玉鷲×豪栄道。お互いに距離を取ってすごい慎重にとってる。プロレスみたい。先に出た玉鷲が押して押し出しました。手押し相撲みたいな相撲でした。

栃煌山×琴奨菊。栃煌山が左差しから寄り切り。菊がとりたい相撲をばっちりとりました。オーゼキ全滅ですね。

高安×日馬富士。また上手を取りに行って押し出し。消極的ですね。

白鵬×宝富士。白鵬が左差しからすくい投げと一気の相撲でした。いい相撲です。厳しい相撲。

大相撲3月場所2015:4日目

VAIO Phone、気になるマイク松ですこんにちは。普通に応援したいです。なんとか端末だけでも買ってみたい。

春場所は4日目です。いつかいけないかなー。

4日目。実況は吉田さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が振分親方。

隠岐の海が休場。どうも動きが悪いなと思っていたのですが。残念。

千代大龍×臥牙丸。千代大龍が幕内ですが、ガガのボーンディスウェイをくらって押し出されました。ぶつかり稽古をみているようと吉田さん。

佐田の富士×阿夢露。阿夢露を中に入れない突き押しで押し出した佐田の富士。今場所はとても突き押しがいいですねー。何があったのか。

千代丸×蒼国来。さっと中に入ってもろ差しの蒼国来、しっかり寄り切りました。立ち合いからしっかりさせたのがよかったですね。

千代鳳×豊響。立ち合いはやや千代鳳でしたが、回り込む千代鳳を追いかける豊響。しかし中に入った千代鳳がかいなを返して寄り切りました。振分親方も「なんか…なんか形になって…」という感じでしたが、ほんとにそんな感じでした。

荒鷲×琴勇輝。琴勇輝は動きのいい荒鷲をどんどん追いかけて押し出しました。地理的には大阪は準ホームという感じになるんでしょうか。

勢×旭天鵬。しっかりまわしをとった旭天鵬でしたが、逆に勢に寄り切られました。元気がないですねー。まあゆっくり調子を戻していって、大負けしたらまた考えましょう。

大砂嵐×北太樹。大砂嵐が右差し左上手をとりました。引きつけて寄り切り。たぶん偶然だと思いますが、すばらしいまわしがとれました。いつもああなるわけではないですが。

嘉風×旭秀鵬。相手を見て引いた旭秀鵬ですが、嘉風ががむしゃらに突き押して押し出しました。今場所旭秀鵬はいまいち消極的ですね。

誉富士×常幸龍。突き押しから相手を起こした誉富士、どしどし突いて腰を落として押し出しました。吉田さんも手順通りという流れのよさ。吉田さんは誉富士は稽古場では強かったけど場所ではいまいちというのが続いていたとのこと。稽古場横綱だったのか。

安美錦×時天空。アミーが時天空の後ろについて送り投げ。うわー珍しい決まり手ですが、まったくあわてず相手をよくみてましたね。

松鳳山×魁聖。突き押し合いになりますが、魁聖が上から押しつぶすような突き押しで押し倒し。攻めもありますが妙に相手の正面にならない足運びでしたね魁聖。

豊ノ島×徳勝龍。引いた徳勝龍に対して豊ノ島押し出し。簡単なお仕事。

高安×栃ノ心。右四つで組み合う展開。高安は上手を警戒しながら、蹴返しで攻めました。一気に出たところで栃ノ心のすくい投げ。物言いで差し違えになり栃ノ心の勝ちになりました。

遠藤×碧山。遠藤立ち合いでは碧山に押されましたが、いなして押し出し。立ち合いのパワーは明らかに上がってますね。

照ノ富士×豪風。豪風はいなしまくりますが、照ノ富士が落ち着いて残して、いったんぽかーんとした間がありました。照ノ富士の押し出し。

玉鷲×隠岐の海。隠岐の海休場で玉鷲不戦勝。助かる。

栃煌山×豪栄道。ゴーエードーがもろ差しから寄り切り。ホームの声援を受けて勝ちました。

妙義龍×琴奨菊。菊の立ち合いを一度は妙義龍止めますが、がぶりから寄った菊が寄り切り。はずにまわりたかったところでしたが菊がそれを許しませんでした。

稀勢の里×宝富士。左四つ。宝富士もよく前に出ています。上手をしっかりケア。先に上手をとったキセが寄り切りました。長い相撲になる前に宝富士が何かしたかったところでした。

白鵬×逸ノ城。逸ノ城上手に手がかかりましたが、その時には白鵬がしっかり寄ってました。スピードが違いましたね。

佐田の海×日馬富士。ハルマ動いて上手をとって上手投げ。まあそういう相撲になりますよね。

大相撲3月場所2015:3日目

ひょっとして世に言うスカイプというやつが使えれば便利なんじゃないかと思ったマイク松ですこんにちは。ということで隣にいる富井とやってみました。声が遅れて届いてきます。それがわかるのは隣で話している声が聞こえるからです。スカイプの使い方をわかってないのでは。

大相撲は3日目です。

3日目。実況は白崎さん、解説は正面が二子山親方、向正面は舞の海さん。

輝×千代丸。輝が幕内で。しかし千代丸の圧力に中に入れませんでした。でも入幕待ってますよ。

豊響×阿夢露。阿夢露立ち合いで中に入れず、豊響の立ち合いを止められませんでした。まだ立ち合いを磨く必要がありますね。

臥牙丸×蒼国来。今日はガガのボーンディスウェイが炸裂!一気にもっていきました。こういう相撲が増えるといいですね。

勢×佐田の富士。立ち合いは勢。佐田の富士の突き押しをあてがいますが、引きに前に落ちてしまいました。足がそろってはいけませんね。佐田の富士はテンポがよかった。舞の海さんは突き押しをいやがる勢は苦手意識があるとのこと。

千代鳳×荒鷲。千代鳳が立ち合い低く入って荒鷲の中に入りました。荒鷲が引きにいきますがついていって寄り切り。二子山親方が中に入ったときに相手のまわしに指をかけることではたきをしのいでいたと解説。あれは技なんだそうです。なるほどー。

琴勇輝×北太樹。北太樹がさがりをつかんで攻め立てます。琴勇輝も突き押しで防戦しますが、腰が入ってなくて北太樹が寄り切りました。前への圧力があります。今場所は体調もいいみたい。意外にさがりをつかんでも引きつけられると二子山親方。

旭天鵬×常幸龍。右四つで引きつけた旭天鵬ですが、常幸龍が体を入れ替えて寄り切り。旭天鵬がとりたい相撲を取られてしまいました。悪い流れを変えたいですね。

嘉風×大砂嵐。大砂嵐もろ手から張り手を見舞いますが、嘉風が中に入ってすくい投げで倒しました。合い口のよくなかった大砂嵐に勝った嘉風、やっぱりこういうガムシャリズムが出てこないと。大砂嵐の攻めが強引で嘉風を呼び込んでしまったと二子山親方。

松鳳山×旭秀鵬。松鳳山突き押しでいきますが旭秀鵬のはたき込みに残せませんでした。足が出ないですねー。いい立ち合いはしてるんですが。

誉富士×時天空。張り差しにいこうとした時天空ですがその前に間合いを詰められて押し出されました。出足がよくないとこうなりますねー。

徳勝龍×遠藤。左をのぞかせながらの遠藤の立ち合いに徳勝龍はたいたところを遠藤押し出しました。張り差しがありましたが遠藤は小細工せずに立ち合いを磨くべきと二子山親方。今日の二子山親方の解説さえてますね。何かあったんだろうか。

安美錦×栃ノ心。少しずらして立ったアミー。栃ノ心の左下手に対して上手を取ったアミーが出し投げスピンで攻めます。栃ノ心もよく残しています。上手をとられそうになったところで体を開いて上手投げ。なんとか投げ勝ちました。アミーのひざを心配する二子山親方。

豪風×魁聖。魁聖が豪風の立ち合いをしっかり受け止めて寄り切り。左右に動かせませんでした。

豊ノ島×碧山。碧山のふところに入る豊ノ島。シュシュシュ突き押しをうまくかいくぐってはずから押し出しました。この技術。押されていても下がらせてました。

高安×妙義龍。高安の回転のいい突き押しをうまくあてがった妙義龍がはずからおっつけて寄り切り。高安は突き押しが通用しないと二の矢がないと二子山親方。

照ノ富士×玉鷲。照ノ富士の圧力に対して玉鷲がのど輪で逆襲。こらえた照ノ富士が胸を合わせて強烈な上手投げ。両者の相撲内容は今日一番よかったとのこと。舞の海さんは左下手が入っているおかげで攻められても残せるとのこと。

宝富士×琴奨菊。今日は菊は右差しからつかまえる前に寄りきりました。宝富士はとったりにいこうとしましたがその前に土俵を割ってましたね。

稀勢の里×佐田の海。左四つで胸を合わせたキセが寄り切り。ようやく初日が出ましたね。これくらいの方がこれから勝ち進むかも。優勝にはからまないけど。

隠岐の海×豪栄道。隠岐の海が前まわしをとりにいきましたが、その前にゴーエードーの下手出し投げ。動きはいいんですが相撲はあぶない。

逸ノ城×日馬富士。ハルマ立ち合いから押し込めず。逸ノ城の攻め手に対して防戦一方で最後は押し倒されました。立ち合いの失敗ですかねー。いなされて腰が入ったまま対応してしまいました。逸ノ城は立ち合いがんばったとのこと。

白鵬×栃煌山。白鵬突き押しからはたいたら栃煌山ごろーん。今日は離れてとりましたね。栃煌山の下半身は動きが固いとのこと。

大相撲3月場所2015:2日目

富井がしっかりみているダウントン・アビーですが、僕も断片的な情報ばかり得ていました。今日うっかりシーズン3の最初をみたら、いろいろ変わっていてびっくりしたマイク松ですこんにちは。トーマスが好きです。あのドラマはトーマスです。

春場所は2日目。時差ぼけなのでゆっくり追いつきます。

2日目。実況は三瓶さん、解説は正面が尾車親方、向正面は谷川親方。

阿夢露×鏡桜。鏡桜が幕内で。いい差し身で頭をつける展開にしたかったが、阿夢露がうまく引き落としました。

豊響×千代丸。豊響のグレートホーンをずらして受けた千代丸、突き落としで勝利。もう千代丸のいいときの相撲は見る影もないですね。

臥牙丸×荒鷲。荒鷲前まわしをとっていい形。しかしガガの重さに苦労します。体を入れ替えてしっかり引きつけて寄り切り。どうもガガは荒鷲に合い口がよくないみたいですね。荒鷲にはとてもいいことです。

佐田の富士×蒼国来。左四つになりました。佐田の富士の上手を警戒する蒼国来。上手をとって攻め手を探りますが、出し投げにいったところを佐田の富士が下手で寄り切りました。あのタイミングを待たれてましたね。

大砂嵐×勢。大砂嵐のもろ手をかいくぐった勢が押し出しました。踏み込みがよかったですね。ご当地だし勝ち越したい。

琴勇輝×旭天鵬。旭天鵬立ち合いで引いてしまい、呼び込んでしまいました。琴勇輝はあんまり得意じゃないみたい。

旭秀鵬×千代鳳。千代鳳が中に入りました。旭秀鵬も肩越しの上手を狙いますがそこは間に合わず。

嘉風×北太樹。左差しの嘉風も北太樹がいい体勢。寄り倒しました。今場所は嘉風の相撲がよくないですね。

松鳳山×常幸龍。松鳳山が立ち合いで圧倒しましたが土俵際で常幸龍が突き落とし。あれは勝っておきたかったですねー。

時天空×徳勝龍。徳勝龍左に動いてとったりに。よくやる手ですが時天空にやらなくてもいいですよね。

誉富士×魁聖。突き押しからいなした誉富士、押し出しました。手数が多いしテンポがいい。尾車親方「よかったですよー」。

豊ノ島×安美錦。もろ差し狙いの豊ノ島をしっかりおっつけでブロック。とったりで崩そうとする豊ノ島にはかいなをつきつけて押し出しました。技術を感じる両者のいい相撲。

豪風×遠藤。豪風どん引きに遠藤しっかりついていきました。尾車親方が解説のときに豪風はだめな相撲を取りがちなんですよねー。今日はがんばっとこう。

栃ノ心×逸ノ城。右四つの展開。栃ノ心が上手をとって寄り切り。栃ノ心に先に上手をとられたらさすがに逸ノ城も無理ですね。

照ノ富士×碧山。シュシュシュ突き押しを受けながらもあてがって間合いを詰めた照ノ富士、押し出しました。今場所はよさそう。あとは自分の相撲を取りきることでしょうね。

宝富士×隠岐の海。宝富士の左四つからの寄りをしっかりしのぐ隠岐の海。しかし攻め手が見つからないですね。宝富士はいい圧力をかけてる。長い相撲になりました。隠岐の海が中に入って出ていきますが、宝富士がいい回り込みで突き落としました。粘りの勝利。

稀勢の里×妙義龍。妙義龍立ち合いから右を入れてしっかり寄り切り。妙義龍の力ですが、キセも今場所は腰が高いですねー。ミッキー兄さんが断髪したから神の摂理が100%キセにきてるんだろうか。

高安×豪栄道。高安の張り差しにひるまないゴーエードー、一気に走って寄り倒しました。いい相撲とれてます。1つ1つや。

玉鷲×琴奨菊。菊が左差しからがぶって寄り切り。いい相撲がとれてますね。玉鷲は立ち合いがんばりたい。

白鵬×佐田の海。いい立ち合いの白鵬も佐田の海がしっかり差して出て行きました。土俵際白鵬が逆転の上手投げ。しかしいい出足を見せました。谷川親方も初挑戦で上出来とのこと。

栃煌山×日馬富士。ハルマが豪快につっかけます。あわせようとする栃煌山が立ち後れて相撲にならず押し出されました。これじゃ勝てないですねー。

大相撲3月場所2015:初日

ロンドンから帰ってきたマイク松ですこんにちは。伊丹でかつ丼セット食べて、そのおいしさに涙しました。ロンドンにはガーキンという愛称の不思議な形のビルはありましたが、あの中にフォルス・スタート商会の本社はありませんでした。あると思ったのに。あのビルが変形するとか。(それがV計画)

さて、僕らがロンドンにいる間に春場所が始まっていました。ぼちぼちおいついていきます。

初日。実況は大坂さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

鶴竜が休場。左肩の状態がよくないそうです。いないはいないで大変ですね。

阿夢露×千代丸。阿夢露が幕内に戻ってきました。めでたい。千代丸の九重メソッドをしのいだ阿夢露が差して寄り切りました。これはいい初日。

豊響×臥牙丸。ガガも戻ってきました。いきなり立ち合い対決になります。立ち合いは五分。いいおっつけでしたが、ガガが引いたところを豊響が逆襲からはたき込み。悪くない相撲でしたけどね。

佐田の富士×荒鷲。荒鷲はかいなをたぐって攻め手を探りますが、そのまま佐田の富士がかいなをつきつけて押し出しました。

勢×蒼国来。なぜか勢の応援団が多い。しかし蒼国来が中に入って前まわしから寄り切りました。応援で気合いが入ったか、すばらしい相撲になりましたね。北の富士さんは勢の勢いがないとのこと。そのままや。

千代鳳×琴勇輝。琴勇輝はとてもいい立ち合いでしたが、千代鳳がいなして逆襲。琴勇輝もまわりこみますが及ばず。両者体がよく動いていていい感じ。

大砂嵐×旭天鵬。大砂嵐のもろ手をかいくぐって左差しの旭天鵬が寄り切り。と思ったら物言いがついて大砂嵐の突き落としが先に決まっていました。相撲は勝っていただけに旭天鵬残念。

旭秀鵬×北太樹。北太樹がおっつけから足がかかるような形。決まり手は押し倒しになりました。

嘉風×常幸龍。常幸龍が落ち着いておっつけて嘉風を寄り切り。横に動かせませんでしたね。

松鳳山×時天空。時天空立ち合い動いていくも松鳳山は対応。しかし突き押しをはずしてはずについた時天空が寄り切りました。松鳳山の動きはよかった。

誉富士×徳勝龍。誉富士が回り込んではたきこみましたが、目に指が入ったのか大変そうでした。

安美錦×魁聖。アミーが前まわしから左差し、すくい投げで仕留めました。まわしに手がかかっていて決まり手は下手投げ。

豊ノ島×遠藤。突き押し合いになりますが、遠藤の突き押しに対して豊ノ島がいなして崩し押し出しました。このへんの技術は豊ノ島。遠藤は悔しそうでした。

豪風×栃ノ心。引き合いになりましたが、豪風の出てくるところをうまく栃ノ心がいかしてはたき込みました。

碧山×隠岐の海。いつの間にか関脇になっていた隠岐の海。びっくり。しかし碧山のはたき込みになんとも弱い負け方。

照ノ富士×高安。右四つになって高安が左上手。いい体勢になりますが照ノ富士がうまく残します。高安は相手の上手をしっかりブロック。あの上手をなんとかしたい。高安が出るところを下手でうまく対応した照ノ富士が逆に右からの突き落としで逆転。高安はうまく体勢作れたのに。

宝富士×豪栄道。宝富士が下手でコントロールしようとしますが、ゴーエードーが一度離れてもろ差しになりました。寄り切り。地元初日でよかったですね。

佐田の海×琴奨菊。さっと左を差した菊が出て寄り切り。問題なしでした。北の富士さんは「まこんなもんでしょうね」とのこと。もうちょっとなんかいってあげてよ。

稀勢の里×栃煌山。栃煌山立ち合いからとてもいい位置をおっつける。キセが下がって押し出しました。栃煌山の立ち合いとてもよかったですが、一気にキセも起こされてしまいましたね。

鶴竜×逸ノ城。鶴竜休場で逸ノ城不戦勝。ラッキー。

玉鷲×日馬富士。いつの間にか玉鷲が横綱戦。聞いてないよ。でもハルマがいい立ち合いから起こして寄り切りました。これも勉強。玉鷲まわしを明るい色に変えてますね。

白鵬×妙義龍。妙義龍はいい相撲とってほしい。しかしなんだか2人とも地に足がつかない感じの立ち合い。踊りながら相撲取っていたら白鵬が勝った感じですね。足が流れまくっていました。

世界女子カーリング選手権放送予定備忘録

寒さが緩んできて暖かい日が続いた後にちょっと寒くなると堪えます。もうずっとこたつに入って生きていきたい、富井です。でも、最近は着る毛布の上を行く着るこたつもあるらしいですね。ウェアラブルこたつ。

さて、世界女子カーリング選手権がもうすぐ始まりますね。日本が絡んだ予選は全て放送みたいですね。全部見るのは難しいなあ・・・。でも、楽しみです。楽しみなので予定をまとめました。

世界女子カーリング選手権2015(全て放送はBS1
3月14日 午後1:55- 「日本×スイス」
3月15日 午前9:00- 「日本×スウェーデン」
3月15日 午後6:55- 「日本×スコットランド」
3月16日 午後2:00- 「日本×ノルウェー」
3月16日 午後7:00- 「日本×フィンランド」
3月17日 午前9:00- 「日本×アメリカ」
3月17日 午後7:00- 「日本×ロシア」
3月18日 午前9:00- 「日本×デンマーク」
3月18日 午後2:00- 「日本×中国」
3月19日 午後2:00- 「日本×カナダ」
3月19日 午後7:00- 「日本×ドイツ」
3月23日 午前0:00- 決勝

ちなみに男子はカナダのハリファックスだそうです。男子も決勝だけで良いので放送して欲しいです。

フィギュアスケート欧州選手権2015(8):ペアFS

ロンドンにやってきました。マイク松ですこんにちは。フォルス・スタート商会の本社は見つかるのでしょうか。ちょうど1年前の本社探索の際はイギリスの食事情に悩まされましたが、今回は秘密兵器をもってきました。

チューブでバター1/3

モバイルで塗りやすく、しかもうまい。こっちの安いパンでもおいしいです。これでばっちりやで!

今日は欧州選手権のペアFSです。

フィギュアスケート欧州選手権、ペアFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

イタリアのアレッサンドラ・チェルヌスキ&フィリポ・アンブロシーニ。「トスカ」。3Twはいい実施。3Tを決めてきました。いい入りですね。リバースラッソーリフトはチェルヌスキがすごい難しいポジション。怖い。2F+2Tは予定通りみたいですね。きれいに決まりました。ソロスピンはしっかりずれていますね。わざとみたい。3FThは軸が傾いて転倒。ちゃんと投げてあげて。トゥラッソーリフトはポジションが難しい。でもこのへんでちょっとスピードが落ちてますね。休んでいるようなところが。コレオシークエンスは雰囲気出てる。グループ3リフトは上げ方も降ろし方も難しい。リフトは得意みたいですね。3SThはまた転倒。アンブロシーニはもうちょっと投げ方工夫しないと。Dsからペアスピン。最後は回転速度が落ちてしまいましたが、がんばりました。まだまだ伸びていきそう。カップルとしてよさそうですよね。123.19。

オーストリアのミリアム・ジーグラー&シベリン・キーファー。「ファンタジア」。3T+2T+2Tを決めてきましたよ。いい出だし。2Twはもっとスピード出していけそう。3LoThは高さはありましたが転倒。ソロスピンはまずまずのユニゾン。Dsは流れよく決めました。バックワードラッソーリフトは慎重に決めてますね。次は2Sになりました。最近までシングルやったのかもしれない。ジャンプはとても余裕があります。キャリーリフトもずいぶんそろそろとやってますね。コレオシークエンスはスパイラルポジションとかはうまいです。そこから3SThはきれいに決まりました。グループ3リフトはがんばってました。ペアスピンでフィニッシュ。まだまだ成熟には時間が必要みたいですが、表現力はのびていきそうです。136.80。

イギリスのケイトリン・ヤンコウスカス&ハーミッシュ・ゲイマン。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。2Twから入りました。3Tはゲイマンが派手な転倒。Dsでエッジが外れて転倒してしまいました。たぶんノーヴァリュー。2Aはシングルに。3LoThはステップアウト。がんばってー!アクセルラッソーリフトはうまくいきましたが降り方が肩に乗ってしまいました。ペアスピンで落ち着こう。ヤンコウスカスのポジションはきれいです。ソロスピンはゲイマンがんばれ。そしてあってない。3SThは手をつきました。ステッピングラッソーリフトはワンハンドで降ろしました。やっとちゃんと決まった。グループ3リフトもいい流れでできました。コレオシークエンスでフィニッシュ。今回はなかなかしんどい演技になりましたねー。こんなときもあります。123.42。

ドイツのマリー・ファルトマン&アーロン・ファン=クリーブ。コーチはウェンデ夫妻。「アランフェス協奏曲」。3Twはすごい高さで決まりましたが、3Tはお互いが1回ずつ転倒。3FThはまた転倒してしまいました。がんばれ。Dsはポジションもよかったしきれいな回転。次は1Sになりました。ソロスピンはとてもよくあってますね。武器になります。アクセルラッソーリフトはワンハンドで上げ下ろし。ファン=クリーブのパワーが生きてます。コレオシークエンスから3SThはきれいに決まりました。よかった。ジャンプは決まるときれいですね。バックワードラッソーリフトも難しい降ろし方。グループ3リフトはキャリーに変化。あぶないヴァリエーションは余裕もってできてます。ペアスピンは最後は止まりそうでしたががんばりました。155.27。ジャンプが決まりませんでしたね。でもエレメンツの出来がいいだけにそこを突き詰めれば上にいけそう。

ロシアのエフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。今回はSP5位。ライオネル・リッチー「ハロー」。3Twは高さもあったし降ろし方もスムーズ。3Sも決まりました。ステップからの3T+2Tも成功。こっちの方がロシア選手権に近いですね。リバースラッソーリフトはどうやって支えてるのかいまいちわからん。3LoThは高くてでかくてスムーズ。いいジャンプです。Dsは回転がスムーズでした。ソロスピンは最後の方ずれましたがまずまず。3SThはとてもいい流れですねー。このFSの出来はよさそう。アクセルラッソーリフト、グループ3リフトと連続でたたみかけてきます。ペアスピンでフィニッシュ。いい出来でしたね。SPの出遅れを取り戻しました。183.02。ソルコビーはコーチとしてもがんばってるみたいですね。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。「マスク・オブ・ゾロ」より。3Twはあまり高さ出ませんでしたがスピードは出てます。3Sはステップアウトでコンビネーションにならず。2Aはきっちり成功。タイミングもあってました。ペアスピンはいいポジション。ポジションチェンジもスムーズです。おもしろい。3LoThはステップアウト。Dsはもうちょっと低くなりたいですね。リバースラッソーリフトはそっと降ろしてますね。コレオシークエンスはなかなか工夫のある構成。アクセルラッソーリフトは降ろし方がヴァリエーションしながら。3SThはなんとかふんばって成功。グループ3リフトはキャリーに変化。ソロスピンはまずまず。最後に必殺っぽいゾロのアクションでフィニッシュ。155.77。どのへんがゾロやろうと思ったら最後につきましたね。

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モーガン・シプレ。「天使と悪魔」「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」。3Twは高さありました。やっぱりツイストリフトは上げる方ばっかりじゃないですね。3T+2T+2Tをまずは成功。テンポよく決まりました。次は2Sになりました。Dsはしっかり回転していてもたもたしてなかったです。ペアスピンは多様なポジションで回ってましたが回転軸はしっかりしてます。次のアクセルラッソーリフトは上まで上がりませんでした。これは痛い。3FThはきっちり決まりました。コレオシークエンスからソロスピンはしっかり合わせてました。3SThはぎりぎりセーフ。バックワードラッソーリフトはワンハンドで降ろしてます。そしてグループ3リフトはキャリーに変化。最後はリフトの連続で盛り上げていました。小さからぬミスがでてしまいましたが、自分らしい演技はできていたと思います。へこまないで。167.29。

ロシアのクセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ。SP1位。「パリのノートルダム」。3Twは豪快に成功。ツイストの域を超えてる。3LzThはステップアウト。大きなジャンプでした。3T+2T+2Tはしっかり決めました。リバースラッソーリフトはワンハンド。ヴァリエーションもスムーズ。ストルボワはDsのポジションがとてもきれいですよね。ソロスピンは少しトラベリングして寄ってしまいましたが、まずまずの出来です。コレオシークエンスはダンスリフト。とてもきれいです。ステップからの2Aをここで決めてきました。流れもいいです。バックワードラッソーリフトはちょっと上げ方があぶなかったですがいけました。ペアスピンはもうちょっとスピードがほしいかも。グループ3リフトは上げ方降ろし方ともに難しい。しかし最後にクリモフが何かにつまずいて転倒してしまいました。おまけにそこでやる予定だったスロージャンプができませんでした。今回はいつもの出来じゃないなと思いましたが、大きなミスが出てしまいましたねー。これは痛すぎる。落ち込むな。201.11。お通夜キスクラ。

イタリアのヴァレンティナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク。これはまじでびっくりしました。まさかペアでマルケイがみられるとは。ホタレクありがとう。「ラ・ストラーダ」。最初からいい演技できてますよ。ほんとに1年目か。3Lzは成功。そりゃ跳べるよね。3FThも流れよく成功。ちゃんと投げれば降りられますよね。2Twはこれで十分。しかもきれいに決まったし。グループ3リフトはマルケイのポジションいいじゃないですね。つなぎ部分もすごいうまくできてる。ソロスピンは最初ずれてましたがリカバー。2S+1Tに次はなりました。ここは決めたかった。リバースラッソーリフトはキャリーに変化。笑顔で上げられるマルケイ。3SThは流れもよかったですよ。アクセルラッソーリフトは降ろし方もスムーズでした。Dsはポジションもよかった。ペアスピンへの入り方も工夫がありました。まじか!こんな秘密兵器をもってたとは!マルケイの力思い知りました。こっそり練習してたんやろうか。びっくりびっくり。175.39。マルケイがまたみられるのもうれしいのにこんなビッグサプライズとは。点が出て大喜び。

ロシアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。勝てるかも。チャイコフスキー「マンフレッド交響曲」。3T+3T+SEQ決めてきました!よしよし。2Aも決まった。いいぞいいぞ。つなぎ部分も叙情ありますね。4STh決まりました!大技決まったわー!!今日はいいぞ。ソロスピンはばっちりユニゾン。コレオシークエンスはスパイラルで合流し、ハイレベルのCuLiを決めてきます。すばらしい。3Twはいつも通りキャッチがいまいち。アクセルラッソーリフトは難しい降ろし方。怖い。Dsも荘厳な雰囲気を醸し出す。これがいいんだ。そして足を踏みならすスミルノフ。バックワードラッソーリフトは難しい降ろし方。荘厳な物語の一部をナス。3LoThはステップアウト。グループ3リフトはうまくいきませんでした。ペアスピンでフィニッシュ。最後の方はうまくいきませんでしたが、いい演技できましたね。そして勝ったでしょう。あちこちを向上させて、ますます完璧に近づいてきました。この振り付けが最大限に発揮されればこの演技になります。207.67!きました!

○最終結果:
1. 川口・スミルノフ、赤福最高
2. ストルボワ・クリモフ、赤福最高
3. タラソワ・モロゾフ、赤福最高
4. マルケイ・ホタレク、赤福最高
5. ジェームス・シプレ、赤福最高

川口・スミルノフが優勝です!まあストルボワ・クリモフのミスに助けられたところはありましたが、それでも6点つけてますからね。今回の「タイスの瞑想曲」「マンフレッド交響曲」コンボはほんとにすばらしい。ロシア的な美を感じます。世界選手権ではもっといい演技がみられそう。ストルボワ・クリモフは残念。でもまあ次がありますよ。タラソワ・モロゾフは本来の力を発揮して3位に。ロシア勢が1,2,3とりました。

でも今回のビッグサプライズはなんといってもマルケイ・ホタレクでしょう!なんであそこまでできるんやマルケイ。ずっと練習してましたといってほしいくらい、すっかりペアスケーターになってましたね。今あそこまでできたら来年はGPSいけるでしょう。ほんとにもう引退したと思っていたらこんなところにいたとは。マルケイの苦闘を見守っていた自分としてはうれしいのひと言。まだまだイタリアにはマルケイが必要ですよ。後輩もいるみたいやし、ゆっくりやってほしいです。アンディアーモ!

フィギュアスケート欧州選手権2015(7):ペアSP

赤福、旨い。富井です。さて、うまいといえば欧州選手権のペアですよ(強引)。解説は岡部さん、実況は小林さん。

イギリスのケイトリン・ヤンコウスカス&ハーミッシュ・ゲイマン。「オペラ座の怪人」。ヤンコウスカスは元アメリカ代表。2Twなんですね。3Tはタイミングが合いませんでした。まだ間もないんでしょうね。でも、3SThはきれいに着氷。ソロスピンはあっています。リフトは素晴らしいですね。ステップは少しユニゾンが合いませんがまずまず。デススパイラルは美しい。ヤンコウスカスは上手くできてとても嬉しそう。49.29

ドイツのミネルヴァ・ファビアン・ハセ&ノーラン・シーゲルト。「ミュージック」。初出場だそうです。2Twはオッケー。3Sは2人ともランディングが乱れました。リフトは難しいポジション。3SThはオッケー。ステップはゆっくり慎重に。もう少しスピードが欲しいところですね。ソロスピンは少しトラベリングをしてしまいましたがそれぞれのポジションはきれいですね。デススパイラルもオッケー。42.13

イタリアのヴァレンティナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク。何と、この2人がペアに!「マラゲーニャ」。3Sは高さがありますね。3FThも決まります。さすが、マルケイ姐さん。2Twは、まあ、去年までシングルだし。ソロスピンはちょっと間隔が開きすぎですが、良くあってますよ。わー、両手を離すリフトまで!きれいですね。デススパイラルも上手いんじゃないですか。ステップも良くあってます。これどっちが偉いんだ。ホタレクか。宮原知子みたいな華奢な選手ならまだしも、良く普通サイズのマルケイを投げたり持ち上げたりできる。2人の表現の激しさがいいですよ。思った以上に素晴らしい。岡部さん&小林さんも絶賛。57.95

イタリアのアレッサンドラ・チェルヌスキ&フィリポ・アンブロシーニ。「ロミオとジュリエット」。18歳と22歳。3Twはちょっと高さがありませんでした。3Tでは女性が転倒。リフトは柔軟性を生かした複雑なポジション。デススパイラルのポジションがちょっと体勢に張るのが遅かったよう。3SThはランディングが乱れました。ソロスピンもちょと合いませんね。ステップはまずまず。39.70

ロシアのエフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。「サラバンド」。3Twはムチャクチャ高い。3Tは女性が2Tに。3LoThは高さはあったのですが、両足着氷。デススパイラルは女性の手の表現もステキ。リフトは空中でドーナツポジション。ソロスピンは回転も速くて揃ってますね。ステップは男性がちょいちょいバランスを崩してしまいました。もったいないところもありましたが、やっぱりロシアのペアはレベルが高いですね。57.13。コーチがロビン・ソルコビー。

オーストリアのミリアム・ジーグラー&シベリン・キーファー。しましまの衣装がかわいい。「セパラムール」ほか。3Fの予定が女性が1Fに。ダブルツイストはオッケー。デススパイラルはちょっと女性が氷につきそう。リフトは女性が上向きになるのが面白い。3SThは両手をついてしまいました。ステップは少しあってなかったですが、振りはとても面白いですね。スピンもちょっとあってませんね。でも、個性的でかわいいペア。43.79。コーチの表情が苦い。

ドイツのマリー・ファルトマン&アーロン・ファン・クリーブ。「ペテルブルグの秘密」。3Twは高さがありますね。3Tは男性がステップオーバー。3SThはランディングがきれい。デススパイラルはまあまあ。ソロスピンは途中から合わなくなってしまいました。もったいない。ステップはもう少しきちんと合うと良いなあ。リフトはこの人たちも女性が上向きだ。怖くないのかな。54.36

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モーガン・シプレ。映画「ムーランルージュ」より。3Twは美しい。3Tは2人とも大きなジャンプでタイミングも良かった。3FThもいいですね。リフトは降り方もきれい。ソロスピンは良くあってました。つい、見とれて書くのを忘れてました。ステップもドラマチックですがもうちょっとピタッと合うともっといいんだけどなあ。デススパイラルも曲にあってステキ。おお、すばらしい。でも、もっとよくなりそう。世界選手権が楽しみ。60.13

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。プロコフィエフ「シンデレラ」。3Twは高さはないけど回転が速い。3Sは女性が転倒。3LoThはオッケー。リフトは片手で下ろしてきました。きれい。ステップはユニゾンがとても良い。デススパイラルは男性がポジションを取れませんでした。これは大きい。ソロスピンは良くあっていてステキ。ああ、もったいない!ペアらしい美しさは今までで一番といってもいいと思うのですが・・・。48.43

ロシアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。「タイスの瞑想曲」。3Tは2人とも素晴らしいですね。3Twもオッケー。3LoThも着氷に流れがあります。それに繋ぎが素晴らしい。リフトも降り方がとても難しい。ステップはスピードのある中で良くあっています。デススパイラルの入り方も個性的。ソロスピンも素晴らしいし、最後のポーズが絵のようにステキ。心が洗われます。69.86

ロシアのクセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ。不思議衣装。映画「グリーン・ディスティニー」より。3Twは高いですね。3Tはタイミングがぴったり。3LzThもしごいね。リフトの入り方もスムーズ。流れによどみがありません。デススパイラルも終わった後に工夫が。ソロスピンはホントにピタッと合いますね。ステップは女性が少しだけよろっときたけど全く問題ないですね。最後まであっという間でした。71.38

SPが終わって
1 クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ、赤福旨い
2 川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ、赤福旨い
3 ヴァネッサ・ジェームス&モーガン・シプレ、赤福旨い
4 ヴァレンティナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク、赤福旨い
5 エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ、赤福旨い

1位のストルボワ&クリモフはすっかり貫禄がつきましたね。流れすぎぐらい演技がさらさら流れます。2位の川口&スミルノフは大人の魅力。曲も素晴らしいし2人の人生が見える瞬間もあり、泣きそうになります。でもフリーはもっと好きなので楽しみ。

3位のジェームス&シプレも最高でした。こんなに上手かったかな。しかもまだ良くなりそう。そして、4位のマルケイ&ホタレクは今シーズンに組んだばかりとは思えません。すばらしい!マルケイのジャンプスキルの高さが今後も楽しみ。5位のタラソワ&モロゾフはちょいちょいミスがあってもやっぱり良かった。うん、赤福もう一つ。

森脇監督の著書発売

気づけば3月。キャンプも終わってだんだん野球の季節が近づいてきてますね。富井です。梅が終わって桜が咲いたら開幕ですよ(うちの近所の感覚では)。その前に大相撲とカーリングとフィギュアスケートとがありますが。

さて、オリックス。FAとかキャンプインぐらいまでは、例年と違ってそこそこ話題を集めていたように感じていたのですが、気づけばカープの話題ばかりです。カープっていうか、だいたい黒田と新井の話ばかりのような気がします。そういう世間からオリックスはもう注目されてないなーっていうタイミングで、何と森脇監督の著書が発売されるそうです。

微差は大差 オリックス・バファローズはなぜ変わったのか

微差は大差ということはよく分かりますが、オリックス・バファローズが変わったかどうかはまだ分からないんじゃないかな、と個人的には思います。今年も去年と同じように優勝争いができたら良いですけど、まだ分からないですよね。確かにT-岡田はやせたけど、1年を通してちゃんと活躍できるのか。代打も守備固めも原タク頼みから何とかなるのか。伊藤が休んでもディクソン以外で勝てるのか・・・まだ変わったかどうか分かりません。

ま、それはともかくなぜ帯がムネリンなんだろ。やっぱりオリックスの選手では知名度がなかったのかな・・・・。糸井にお願いできないしな・・・。

フィギュアスケート欧州選手権2015(6):アイスダンスFD

あさってからロンドンに行ってきます。マイク松ですこんにちは。1年前もロンドンにいってきましたが、フォルス・スタート商会の本社はみつかりませんでした。しかし!今回また、イングランド北部で極秘で高性能ロボットを作っているV作戦というプロジェクトに本社が関わっているという情報を得ました。1年前のリベンジ、今度こそはそれなりに満足した食生活を送りたいです。あと首を痛めないようにしたいです。

今日は昨日に引き続いて、アイスダンスFDです。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

ロシアのクセニア・モンコ&キリル・ハリャービン。SD11位。「サラバンド」。テンションを感じる導入部分。いいですね。CiStはエッジは深いし2人の動きもいいけど、メロディにあわせて滑るのはよくないらしい。ツイズルはまずまず。CuLi+RoLiはモンコの上の動きがとても激しいし、ハリャービンのホールドも安定。理想的ですね。ダンススピンは入り方に工夫。SlLiはポジションがはっきりしてますね。モンコは逆さになるのが好きなんかな。DiStは音楽に乗ってスピードがある。最後までがんばりました。もっとメリハリのある演技ができればよくなりますね。149.29。

スペインのサラ・ウルタド&アドリア・ディアス。「つぐない」より。RoLiから入ります。とてもキレがあるし情熱的。CiStは2人の関係性が透けて見えるよう。こういうのがいいですよね。SlLiは減点要素をスカートで隠すおもしろさ。ツイズルはてきぱきと。技術上がってますね。それでいてつなぎの部分はとても情熱的。MiStは物語が存分に含まれているし、ただ情熱だけではなくてエッジで表現できてます。その流れのままダンススピンに入れる。いい流れが生まれています。CuLiはディアスのホールドがいい。コレオステップまで1つの物語として完成していました。がんばりましたね。それにしてもここまで上がってくるとは。よほどデュブレイユ・ロウゾンのコーチングがいいんでしょうね。それも含めてうれしい。155.81。パーソナルベスト。

イタリアのシャルリーヌ・ギナール&マルコ・ファブリ。「リバーダンス」。CuLiはポジションチェンジが激しくてもとても安定したエッジ。ツイズルがよくあってました。イタリアはそういうのあわせてきますね。すごくスピードがあるつなぎ部分。どんどん滑って気持ちいいです。MiStは音楽にしっかりあわせてテンポよく、歯切れよく。ダンススピンはポジションがとてもきれい。衣装も効果的です。CiStはMiStとはまた違った趣。心のつながりが見えてきます。SlLiはギナールのポジションが柔軟性ある。RoLiは垂直ポジションでいい回転。しっかりフィニッシュ。やりましたね!すばらしい演技!全力出せました。154.61。フーザルポリ姉さんも喜んでいました。

デンマークのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。「サマー・ノーズ」。いい雰囲気作ってますね。ツイズルはソレンセンが足つきました。CiStは少しメロディにあわせてるんじゃないかとのこと。でも雰囲気にあってると思うんだけど。RoLiは回転にキレ。ダンススピンはそのままStLiにつなげる技巧。これはすばらしいエレメンツ。DiStは曲のおだやかさをよりふくらませるような物語が感じられました。コレオステップからSlLiへのつながりもよかった。最後まで叙情を感じさせる演技でした。こんな雰囲気をアイスダンスで作れるとはやりますね。なんたる叙情か。デュブレイユ・ロウゾンは天才か。天才なんやけど。150.53。点にならなくても想い出に残る。

ドイツのネッリ・ジガンシナ&アレキサンダー・ガジおじさん。きたきた!今度は世紀末っぽい衣装だ。舞台「スワンレイク・リローデッド」より。ツイズルはまずまず。DiStはビートに乗ったキレがとても効果的。ダンススピンはもっと速く回ってほしいと滝野さん。CiStは1つめと明確に変えてるし、CuLiはびっくりするようなポジション。さすがなんでもやってくるぞ。SlLiは得意のポジション。入り方もうまい。コレオリフトもどんどんテンション上げてくるし。RoLiはちょっと疲れましたね。かっこよかったです。さすがランビエールの振り付け。超個性的でした。常識を打ち破ってこそガジおじさんですよ。でもまだまだやれることはあるよ。もっとやろうよ。152.57。

ロシアのエレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン。シークレット・ガーデン「アパッショナータ」「クレオパトラ」。RoLiは回転が速い。すごい。つなぎ部分もテンションが高いですが、ホールドをちゃんとしてほしいとのこと。CiStはよく表現ができてましたが、ツイズルはめずらしくずっとずれてました。次のリフトはあげられませんでした。これは痛い。またつまずいたりしてる。ちょっとリズムを失ってますね。DiStも一気にキレがなくなった。がんばれ。足が痛くなったのかもとのこと。そういえばジガンシンズボンが破れてますね。そこの部分をまた使ってCuLi。なんとか最後まで滑りましたが、本来の演技ではなかったですねー。あのミスは痛かった。リフトの失敗はエッジがズボンで滑ってあがらなかったんですね。159.83。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。もうきましたね。モーツァルト「ピアノ協奏曲第23番第2楽章」。またいい雰囲気あっという間に作ってきます。SlLiは上げるプロセスですら音楽にあわせてきます。ツイズルはパーフェクトにあわせてるばかりかメリハリまでいっしょです。CiStはホールドがツエンにダンスホールドだしエッジも深い。簡単に見える滑りが一番技術ありますよね。ダンススピンは回転がすごい速い。こんなの見たことないわ。シングルみたい。DiStもシゼロンのホールドがほんと安心感を与えます。それでいて音楽との完璧な調和。いつもいい目線をあわせてるし。CuLiは物語の一部。すぐつなぎの表現に入ってもまったく違和感がない。その延長のままRoLiはイグジットまで完璧な物語でした。すばらしいのひと言。フランスは安泰です。このカップルがいる限り。アイスダンスに必要なすべてを持ち合わせてるよう。呂蒙的にいうなら、彼らに必要なのは年齢だけです。デュブレイユが振り付けらしいですがこれも最高。179.97。

ロシアのアレクサンドラ・ステパノワ&イヴァン・ブキン。順番が悪い。「エリナ・リグビー」。ダンススピンは回転速いですしポジションがいいですね。お互いにホールドしあってるみたい。RoLiはステパノワの脚中心。ツイズルは必殺シットポジション。レベル上がってますねー。DiStは軽々と音楽のリズムにのってくるよう。SlLiは上で暴れ回ってますね。がんばれブキン。CiStは音楽のリズムの変化にしっかりあわせているとのこと。CuLiからコレオスピンでフィニッシュ。がんばりました。この順番でも結構いけてましたよ。よかった。160.95。ブキンも喜んでいます。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。たのむよL。サン=サーンス「死の舞踏」。Lの恐ろしい笑いでスタート。いい入り勝ったです。ツイズルはよくあってます。スーパーユニゾン。つなぎ部分も音楽との調和がすばらしい。CiStはいいステップ。もっとスピードを上げてほしいとのこと。ダンススピンは難しいポジション。回転速度が後半で上がってます。それでいい。SlLi+CuLiはヴァリエーションをよく出せてます。安定性。DiStは調和がよくとれている。RoLiから最後のスピンムーブメントも芸術的でした。今の力はしっかり出せてました。171.52。2位になりました。届かなかった。

スロバキアのフェデリカ・テスタ&ルカース・チェーレイ。「ウエルカム・トゥ・サーカス」。チェーレイのファンクネスがすごい。がらっと変えてきましたね。MiStは音楽世界、物語を十分表現。スピードもある。また出た、あぶないCuLi。これがまたストーリーにあってる。ツイズルはよく進んでます。曲の変化とともに衣装が替わりました。すごい!ダンススピンは難しいポジション。CiStはサーカスの別の側面を見せるような。SlLiはそのままコレオスピンに入っていきます。音楽が変わってクライマックスへ。最後まで芸術表現を貫きました。やりますね!これはすばらしい。1つの世界観を作り上げましたね。このカップルに本気のスピードとエッジワークがつけば世界で戦える。がんばってほしいです。150.57。

○最終結果:
1. パパダキス・シゼロン御膳
2. カッペリーニちゃんのラブリーランチ(Lつき)
3. ステパノワ・ブキン弁当
4. イリニフ・ジガンシン定食
5. ウルタド・ディアスのスパニッシュセット
6. ギニャール・ファブリメニュー

勝っちゃいましたねー。パパダキス・シゼロンが19/20歳で欧州選手権優勝してしまいました。しかも完全優勝。スーパーな演技みせてくれましたね。シゼロンのホールドがすばらしい。常にダンスホールドでパパダキスをしっかりリードして、その上でステップで物語を紡ぎ出す。このアイスダンスのベーシックでここまでのことができるんだということをみせてくれました。まだまだ強くなるとしたらどうなるんだろう。

カッペリーニちゃん with Lは2位。正直昨年までのアイスダンスの流れならカッペリーニちゃんたちが勝ってた。カッペリーニちゃんもLもしっかり戦った結果なら2位で大丈夫でしょう。世界選手権でまた当たるし、そのときにリマッチしてみましょう。

ステパノワ・ブキンがいつの間にか3位。よかったですねー。ステパノワの脚線美を武器にするという戦略が奏功。まだまだ技術は上がるだけに今後が楽しみ。ブキンもお父さんのあとを追ってがんばらないと。イリニフ・ジガンシンは大きなミスが出て4位。今回は仕方ないでしょう。ウルタド・ディアスはFDでもがんばって5位。

なんだかアイスダンスの潮流が変わりつつある気がしますね。リフトが1つ減ったのもありますが、ダンスホールドとステップの美しさに重点が置き直されてる感じがします。それはとてもいいことでしょう。このパラダイムシフトって本物なんでしょうか。

フィギュアスケート欧州選手権2015(5):アイスダンスSD

確定申告したマイク松ですこんにちは。なんでこんなに納税しなくてはいけないのかと思うとやりきれない気持ちになったので、富井と中華食べに行ったらすかっとしました。単純だ。

さて、欧州選手権はなぜか今頃アイスダンスとペアが放送されているので、見ておこうと思います。出遅れててもみておいてよかった。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

イタリアのミサト・コマツバラ&アンドレア・ファブリ。マルコ・ファブリじゃないファブリですね。弟らしい。コマツバラはもちろん日本人。なかなかいい出だし。ツイズルはまずまずあってます。MiStはよくあってるし、距離が均等だと滝野さん。パターンダンスからパーシャルステップはまずまずよかったのですが、RoLiの前に豪快に転倒してしまいました。いちおうRoLiはカウントされていたのですが痛かった。だいぶ落ち込んでいますが、きっちりやればいい演技だった。次がんばってほしいです。42.83。コーチはフーザルポリ姉さん。

滝野さんの解説、すごいわかりやすいですね!助かります!

ロシアのエレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン。ジガンシンはイリニフと組んでから元気になってると滝野さん。ちゃんとイリニフがよさを引き出してるんですね。MiStは軌跡自体がとてもおもしろい。ともすれば退屈なエレメンツがとてもエキサイティングです。ツイズルもダイナミックです。パターンダンスからパーシャルステップはオールイエス。当然とばかりに規定感はまったくないですね。つなぎの部分はちょっとおもしろい振り付け。SlLiはイリニフの躍動感がすばらしい。絶妙なバランスでした。スーパーな演技。69.94。ジガンシンの影の薄さが際立っている。

デンマークのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。パートナーをたくさん変えている2人のカップル。急成長しているらしい。ツイズルはよくあってます。そしてMiStはただのエレメンツじゃない物語を感じますね。パターンダンスからパーシャルステップはほんとにストーリー性をよく醸し出している。リズムも正確だしかっこいい。そしてオールイエス。盛り上げていくつなぎ部分からRoLiはポジションチェンジがスーパーかっこよかったです。おおーいい演技でした!コーチがデュブレイユ・ロウゾンなんですよね。あの2人がそろえばここまでのカップルは育ちます。61.69。

スペインのサラ・ウルタド&アドリア・ディアス。本場のスパニッシュ演技。SlLiはバリエーションを少なくしてすばらしい表現。手の動きが本場の動きと滝野さん。パターンダンスからパーシャルステップはYYY,YNY。このあたりもレベルが高い。ウルタドはスカートの使い方もうまい。ぱたぱたしなくてもすごいなびいてるし。そして手のたたき方がスーパー。MiStは物語性をすごく感じる。ツイズルもよくあってるし、最後までがっちりもりあげて雰囲気を作ってました。すばらしいー!!これだけのスパニッシュ・ダンスが踊れるのは本場ならでは。上から下まで、手の動きから目線、表情まで、スーパーな雰囲気に満ちあふれてました。滝野さんも氷の上とは思えないとのこと。そしてスケーティングの技術を支えるのがこれまたデュブレイユ・ロウゾン。まかせて安心ですね。62.59。

ロシアのクセニア・モンコ&キリル・ハリャービン。ツイズルはファーストでモンコがバランス崩しましたね。パターンダンスからパーシャルステップはスピードはキープされてました。YNN,YNY。DiStはスピードがあってあっという間に端から端まで。RoLiはがんばりましたが、少しタイムオーバーしてしまいました。ちょっと順番が悪かったですね。58.34。

スロバキアのフェデリカ・テスタ&ルカース・チェーレイ。テスタはイタリア出身。実力をあげてきているらしい。テスタの衣装がとてもきれいです。ツイズルはとてもキレがありました。CuLiはすごい失敗したかと思うもっていき方で場内も驚きの声。パターンダンスからパーシャルステップは音楽にしっかりあわせててタイミングもばっちり。メリハリがあってオールイエス。MiStはエッジが深いし滑りがパワフル。ぐんぐんのびています。いい滑り!こんなのが出てくるとは。62.91。テスタの衣装はカッペリーニちゃんが前に着てたやつを借りてきたんじゃないかとのこと。道理でかわいいと思ったわ。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノア&イヴァン・ブキン。ブキンは世界チャンピオンの息子さん。SlLiはヴァリエーションがすばらしく、ステパノアの脚がきれいきれいと実況陣。ツイズルはシットポジションを入れて。とてもよくなってきてますね。つなぎの部分も迫力を増してます。向上してますね。パターンダンスからパーシャルステップはNYY,NYY。いけてますね。DiStはエッジが深くて音楽をしっかり表現。最後までよく動けてました。シーズンをしっかり使って上達してきてるんですね。64.95。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。きました世界チャンプ。もう世界チャンプなんですよ。久しぶりL。あんまり調子出てないらしい。しかし最初のテンションの高さはすばらしい。あっという間に引きつけてきます。ツイズルはしっかり合わせてます。完璧との滝野さんの評価。パターンダンスからパーシャルステップはすごくスピードがある。縦横無尽にすべってる感じ。オールイエス。ホールドのぶれがまったくないらしいよL。MiStはカッペリーニちゃんのみせどころをよくわかってるし、影のように寄り添うLの存在感がすばらしい。つなぎ部分のダンスもしっかりアピールしてるし、常に表情で演技するカッペリーニちゃん。RoLiもすばらしかったです。いい演技できましたね。これまで苦戦してるとは思えない。69.63。Lグッジョブであるぞ。でも惜しくも2位。

イタリアのシャルリーヌ・ギナール&マルコ・ファブリ。マルコの方も出てきてるんですね。おっスピードがあるし情熱的な出だし。テンションが高いです。ツイズルはしっかりあってます。MiStはぐんぐん滑ってくるしあっという間に向こうにいってます。キレがあるし迫力があるから引き込まれると滝野さん。パターンダンスからパーシャルステップはすごく躍動感があって規定感がないですね。しかしYYY,NNN。パーシャルがスタート位置とずれてたみたい。RoLiは最近はやりの垂直に立って回るやつ。いい演技できました。62.10。ファブリも弟に負けてられないですね。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。若いのにフランスチャンプ、GPSでも2戦2勝らしい。最初からものすごい芸術的な手の動き。滑りのキレもあるのにすごい情熱的。パターンダンスからパーシャルステップは滑りがとてもなめらかでスピード満載。大きな軌道を描くので通ってるところが全然違うと滝野さん。SlLiは片足なのにものすごい安定感。シゼロンやりますね。ツイズルはすごい距離が近いしよくあってます。MiStあわせるところ、違うところ、すべてに意味があるしエッジの滑りが段違い。すごいやつらが現れたという感じですね。10月の時点でものすごい完成度だったらしいです。ほんとに19/20なんですかね。特にシゼロンがすごい。あんなに細いのになんであんなパワーあるんや。71.06。うわー1位とった。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。クームズはスパニッシュでも短いスカートのポリシーだとのこと。MiStから入りますね。気合い入ってるし技術も伴ったステップ。いつもイギリスは斬新です。パターンダンスからパーシャルステップはちょっとバランス崩してしまいました。痛いミスが出た。ツイズルから一生懸命スピードを出そうとしていても出し切れない。リフトも不完全になってしまいました。うーんいつもの演技ができませんでしたね。60.96。あと順番も悪かった。

ドイツのネッリ・ジガンシナ&アレキサンダー・ガジおじさん。なんかランニングの肌着で出てきたおっさんいますよ。だーれだ?(A.ガジおじさーん!)とりあえずそういうところで観客の度肝は抜きました。まずは小芝居から始まり、すごく場末感が出てきたぞ。2人の路線は誰も止められないさ。パターンダンスからパーシャルステップはまったく違う映画を見ているような新しい物語。これがいいんですよね。YYY, TYN。音楽が変わってまた新しいワンシーンのよう。MiStはあまりあってないところもありましたが、RoLiはクライマックスがありました。いい演技!振り付けはランビエールがやってくれたらしいですよ。61.98。今シーズン限りでの引退を考えているらしい。まじか。まだまだやれるぜ。

○SD終わっての順位:
1. パパダキス・シゼロン御膳
2. イリニフ・ジガンシン定食
3. カッペリーニちゃんのラブリーランチ(Lつき)
4. ステパノワ・ブキン弁当
5. テスタ・チェーレイセット
6. ウルタド・ディアスのスパニッシュセット

やっぱりアイスダンスは欧州選手権ですね!早くこれみたかったわ。アイスダンスファンは今回ばっかりはこれ必見ですね。乗り遅れてしまう。見ておいてよかった。

パパダキス・シゼロンがトップ。いきなりすごいやつらが現れた。今まで何してたんや。昨年15位やったらしいのに。ペシャラ・ブルザの後継者が一気にトップを狙おうとしています。2位はイリニフ・ジガンシン。安定感ある演技。ジガンシンがほめられていたのがうれしい。まだまだやれるよ。イリニフを高いところまで連れて行こう。カッペリーニちゃん with Lは3位。いい位置につけていると思います。FDでさらに上を狙おう。4位はステパノワ・ブキン。ロシアのときよりずっとよくなってますね。5位はテスタ・チェーレイ。このカップルもすごい。個人的にはこのカップルは将来期待しています。表現力がある。ウルタド・ディアスは得意のスパニッシュ・ダンスでジャンプアップ。そうでなくても結構よくなってますよね。

それにしてもデュブレイユ・ロウゾンの力はすごいですね。今モントリオールがアイスダンスの発信基地になっているそうです。そりゃあのレジェンドならできるでしょうけど。FDこそ彼らの力が発揮されるところ。たのしみです。

滝野さんの解説はとてもいいですね。結果をちゃんといってくれるし、もちろんジャッジだから解説も正確。なにより悪いところは悪いといいますけど、基本的にほめベースなのがいいです。お忙しいでしょうけど、ずっと担当して下さると助かります。

ケニアのご隠居ドゥングさんがおもしろかった

旅行から帰ってきたマイク松ですこんにちは。すごい疲れました。今日休みにしていてよかった。伊勢神宮にまたいってきました。

今日はびわ湖毎日マラソンをみていました。歴史の長いレース、冬の終わりのレースということで注目され、海外招待選手とともに日本選手もたくさん出ていました。

さて、今回のレースにはペースメーカーがついています。僕ペースメーカーが大好きなので、いつも離脱するまで応援しているのですが、今回は51番キムタイ・キプリモと、52番シラス・キムタイ、両方ともケニア出身、ハーフで1時間というタイムをもっています。1kmあたり3分くらい、30kmまで引っ張ります。

しかし今日は結構な雨。なかなかキプリモ&キムタイもペースをキープすることができず、上がったり下がったりしていました。うしろについている選手もしっかり従ってはいるのですが、合わせづらそうです。

するとどうでしょう、ゼッケン3番の選手がペースメーカーに対してもっと上げろとばかりに背中を押したりしています。この選手はサムエル・ドゥング選手。前から見ると頭巾みたいな帽子をかぶっているので、早速ご隠居というニックネームで追っていくことに。ご隠居はケニア出身で、昔日本の愛知製鋼で6年選手をやっていたそうです。初マラソンのびわ湖で優勝したことがあります。その時も雨だったので今回も大丈夫だといってました。

キプリモ&キムタイはケニアの先輩(たぶん)であるご隠居のいうことは聞くのですが、他の選手が前に出ようとすると手で制します。オレがペースメーカーだと。その割に5秒~10秒くらいでペースが上下するので大変そうです。

ご隠居はとにかくうしろをきょろきょろきょろきょろしています。そして頻繁にキプリモ&キムタイに話しかけます。言葉が通じるってすてき。給水ができなくてもジェネラルで補給。こんなに無駄な動きが多いとあとで大変なのではないかなと思いながら見守っていました。

折り返し地点があったのですが、キムタイが折り返しを把握してなくて、コースを間違えてしまい、だいぶ遅れてしまいます。がんばれキムタイ。するとご隠居がすっとキプリモの横について、ペースメーカーの役割を果たし始めます。ご隠居!ほんとに選手なんですか?キムタイはこれでだいぶ体力を使ってしまいましたが、なんとか先頭に戻ってきました。するとご隠居はまたキプリモ&キムタイと併走。

キムタイが疲れたせいでペースがなかなか上がらないのですが、ご隠居はキプリモ&キムタイを叱咤しペースをキープ。キムタイが下がってしまったあとはまたペースメーカーとしてがんばりました。まもなく30kmというあたりで、キプリモはご隠居に腕時計を渡しました。ご隠居は今まで時計もないのにペースを作ったり、キプリモ&キムタイに指示を出していたようです。腕時計をつけるのにご隠居はずるずる下がってしまったのですが、腕時計をつけたらささっと上がってまた先頭に。

とにかくご隠居は自由です。先頭グループを形成してからは、すすーっと反対側の道路にいってみたり、うしろに下がってみたり、また先頭に戻ったり。他の選手が前に出ようとするとすっと手で制したりしています。マラソンやから。出たい人は出ていいから。これだけ自由に走って大丈夫なんかなと思っていました。

するとペースメーカーもいなくなり、もう自分で自由に走っていいということになったとたんにご隠居が前に出て、どんどん走って行きます。みるみるうちに他の選手との差がついていきます。きょろきょろしなくなるとすごい速い。あっという間に2位集団を置き去りにし、ますます差がついていきます。2位集団はもうついていけないなと思うと牽制し合う展開になり、勝負はつきました。サブテンでゴールできたのはご隠居だけでした。すごい。

あとでご隠居にインタビューしてみると、2時間6分台でいきたかったんやけど雨やったし無理やった、雨風で大変やったけどペースメーカーともよく話し合ってがんばったといっていました。話し合ってたんや。そしてご隠居はほとんど日本語で受け答えしていました。途中英語になったけど日本語とそんなに変わらないクオリティでした。ありがとうございます。

びわ湖毎日マラソンは正直ドゥングご隠居の大会でした。マラソンはペースが大事とか、走りにリズムが大事とかいわれますが、ご隠居は無駄な動きは多いし、よく蛇行するし、ペースメーカーと話すしとペースやリズムとかとは無縁に見えます。それでもあれだけの力を残しているし、自分のリズムで走れるようになるとそこから他を圧倒する走りを見せました。世界との差を感じましたがそれよりご隠居には爽快な気持ちを感じました。そしてペースメーカーのキプリモ&キムタイ、おつかれさまでした。次は選手で走りみせてください!