Archive for 6月 2015

地球とコンパとなりたくない

今日は一日いろいろ手続的なことで疲れましたが、終わったあとにケーキ食べに行って達成感のマイク松ですこんにちは。ごほうびケーキ。OLか!

さて、今日はオリックは函館に移動したにもかかわらず雨で中止。ニシも投げたかったといってました。しょうがないですよね。

そんなチームを尻目に、有能なオリック企画部はどんどんイベントやらグッズやらを企画。チームは借金でも球団経営は貯金に向けて邁進しています。そんなナイスな企画をチェックしておきましょう。

1. 地球グッズもりもり発売

種いも錬金術の錬成陣、Bs夏の陣ですが、今年は「HIGH!」をテーマに、すごい地球をフィーチャーした内容になっています。いくらとりあげても地球は文句いわないからいいですよね。アメリカABCのニュースは毎日天変地異をとりあげているのですが。

そんな夏の陣グッズが今回大量発売。ラインナップにばんばん並ぶ「地球」の文字。キャップにはA地球、B地球、C地球。トートバッグは地球プリント。缶バッジもシュシュもHIGH、地球。これだけ地球のことをとりあげている球団がほかにあるでしょうか。とてもプロレス的です。地球に君臨するオリック。オリックは地球から消えるのか。

富井は「このまま地球と同化して盗塁してもわからなくなるんじゃないか」といっていました。母なる地球と一体になる、封神演義で妲己も同じようなこといってましたね。地球に擬態するオリック。どうやって野球するんだ。みんなが種いもっぽく地球に同化する。これが種いも補完計画の最終帰結なのか。

このぶんだとたぶん来年は宇宙ですね。宇宙球団オリック。土星アダチ。金星シュンタ。

2. Bsサマーコンパ開催

野球と合コンを融合させたイベントを企画する球団は多いですが、ついにオリックも合コンイベントを開催するそうです。その名もBsサマーコンパ。きたぞ!「食事を楽しみながら大好きな野球観戦だと、すてきな恋に出会えるかも!?」だそうです!

あの見晴らしのいいスターダイナーでの合コンイベント、お値段も汚職仕込み、いやお食事込みで男性8000円、女性6000円というお得イベントです。いいな!

問題は試合が勝てるかということです!

男:このスターダイナー見晴らしいいですよね!
女:ええとっても!なんだかお得な気分ですね!きてよかったです!
男:僕もなんだかすごくうれしいです!オリック好きなんですか?
女:ええ、なんだかオリックって借金も多いし、守ってあげたいみたいな気持ちになるんですよね。
男:すごくやさしい方なんですね。わかります、よくわかります!あの…もしよかったら今度別の機会に2人で…
(会場盛り上がる)
女:あ!マツバがフォアボールで満塁にしたわ!どうなってるの!
男:ま、まったくですよね!どうなってるんだこのいいところで!
(会場盛り上がる)
女:満塁ホームラン打たれたわ…。
男:初球をあんなに甘いところに…。
女:…。
男:…。
女:無償の愛にも限度ってありますよね!
男:ありますね…。

こんなしょっぱい展開にならないように、当日は万全を尽くしてほしいですね。ハムの合コンイベントが好評なのは強いからだと思います!

3. 「守備固め オレ!」チケット新登場

時々珍妙なチケットを発売して僕たちを驚かせるオリック企画部。またおもしろチケットを企画しました。「守備固め オレ!」チケットだそうです。カントクが休養してるからって勝手にカントク気分☆

…というのではなく、試合が終わったあとにグラウンドで外野フライをキャッチ・返球ができるというものだそうです。なるほど。でもちょっと気になるのは、「試合後のグラウンドで、気分は外野選手!」のあとに「あなたもシュンタ選手になれるかも?」というのが書いてあることです。

まずはシュンタになりたいかどうかをしっかりマーケティングしておいた方がよさそうです。そして金の斧・銀の斧的に、そのなりたいシュンタのイメージも正確にとらえておきましょう。今のシュンタは「ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がグラウンドの上で一人のシュンタに変ってしまっているのに気づいた」的なイメージなのかもしれませんよ。

あなたのなりたいのは、走攻守そろった上州のイチローこと期待の若手選手シュンタですか?それとも。

いずれにしてもオリック企画部の意気込みを感じます。みんな地球グッズを買って地球になろう!Be the Earth!

大相撲7月場所2015:番付発表チェック

NYMのスティーブン・マッツ、デビュー戦で4打点。上々のデビューだなと思っていたら、マッツはピッチャーでした。すごいいいバッティングでしたよ。ピッチングも7回2/3を5安打2失点で初勝利。えらいのが出てきたなと思ったマイク松ですこんにちは。マイク松もスティーブン松にしようか。

さて、今日は7月場所の番付発表がおこなわれました。軽くチェックしておこうと思います。

横綱は白鵬が東の正横綱、鶴竜は復帰して奮起が期待されますね。

大関は久しぶりに4人そろいました。照ノ富士は無理せず勝ち越しを狙ってほしいところですが、いつもそういっていて大関で滞留する人たちが増えているので、もう優勝目指してがんばってください。鶴竜を攻略することが大事かも。

関脇は栃煌山と逸ノ城。今場所の逸ノ城はやはり注目ですね。照ノ富士にめっちゃ刺激を受けてると思うし。小結は宝富士がついに新三役。地味ですが力つけてますね。妙義龍はなかなか一皮むけません。

前頭上位は国内勢が増えてきた印象。もちろん栃ノ心や碧山、魁聖といった強い一団はそのままですが、佐田の海がついに筆頭にきているし、高安、勢、アミーといった実力者も名を連ねています。今場所は上位は混戦が予想されますね。

前頭中位はガガがなにげに6枚目に戻ってきているし、旭秀鵬、玉鷲といった面々もそろってますね。大砂嵐も再ブレイクしたいところですがちょうどいい位置。いちおうラマダン近辺ですが、最初だけしのげばなんとかなりそう。このへんに大勝ちする力士が出る予感がしますよ。阿夢露も10枚目。

幕内下位では、木瀬部屋の英乃海と、錣山部屋の青狼が新入幕を果たしました。めでたいですね。木瀬部屋は幕内3人目とのびてきていますね。錣山部屋は久々の幕内力士。青狼にはがんばってもらいたいです。

返り入幕では時天空、千代大龍、鏡桜、里山と4人が戻ってきていますね。今回は入れ替わりが激しい。十両にも実力者が滞留しているようで、こっちも楽しみです。

今場所もけがのないよう、いい場所にして土俵を充実させたいですね。

オリックもお祓いしたほうがいいんだろうけど

オービキが復帰したそうですね。打撃はともかくセンターラインが安定するのはいいことです。あとタテヤマが戻ってきたそうで。本当によかったです。

復帰する人もいれば故障する人もあり。コヤノさんがデッドボールで骨折し、復帰まで2ヶ月との診断だそうです。せっかく戻ってきたというのに。光合成し始めたかと思ったらまた地中深くに戻っていってしまいました。おだいじに。試合もカネコチヒロの押し出しが決勝点という最悪の結果で敗北。負け方がこれ以上ないくらい悪いです。負け方を問題にするのは強いチームだけでいいんだなと思いました。弱いチームは負け方を気にしていては暗くなります。

そういえばラクテンはけが人が多いということでお祓いしてもらったようですが、もうけが人とかそういう問題じゃなく、オリックもお祓いしてもらった方がいいに決まってますよね。

しかしうっかり現在のオリックの不幸をリストにしてみたら、もうこれは神主さんを呼んでも呼んでも不幸が襲ってくるレベルですよね。今はそれを種いも錬金術で補っているわけですが、やはり等価交換の原則からは逃れられないようで、勝利の代わりにけが人が増えたりしています。

ということでもう種いもドームを神社にするしかないという結論に達しました。お祓いじゃなくてもう神社にしてしまうしかない。ドームを神社にしーてしまえというところです。

  • ご神体は誰かを即身仏にしておけばいいでしょう
  • ドーム全体を強力な結界で囲んでしまう
  • 入場する際には柏手を打って入る
  • ビーズガールズは全員巫女さんになる
  • ブルベルは狛犬になる
  • 選手も最初だけ羽織袴で入場
  • 応援団のたいこも雅楽用に
  • 応援歌も全部雅楽仕様に
  • 場内アナウンスも祝詞的に
  • それでもTは毎日お祓いを受ける

問題はこのような神社にしたところで、結界に阻まれて試合に出られない種いもがいるのではというところです。アダチやシュンタあたりは特に入れない感じがしますが、そこは命と引き替えに邪を祓ってから試合に参加して下さい。

ラミレス巡回コーチの初指導

雨、降りますねー。マイク松と話している途中で「雨も降ってますし」との言葉を受けて、「降り止まない雨はないんだよ。」と感情を込めて話すと「あーもー、うざ過ぎます!」ときっぱり言われた富井です。これだから最近の若者は・・・(若者?)

さて、調子が上がってくると試合がないオリック。今日は雨だからではなく、元々試合のない日でした。ということで早速ラミレス巡回コーチがQVCマリンフィールドで指導をしてくださったようです。教え子のカラバイヨ、元同僚のブランコだけでなく、日本人選手にも次々アドバイスを送ってくれたそうです。

ラミレスは技術もさることながら、メンタルが試合を支配するという考えの持ち主らしく、まさに今のメンタルに問題を抱えるオリックにぴったりのコーチを見つけたとも言えます。T-岡田もアドバイスをいただいたそうです。左足のつま先を内側に入れ、最も力が伝わる内角を狙うようにと言われたそうですが、明日はどうなるでしょうね。

「ラミレス巡回コーチのアドバイスで打線に粘りが出てきました」
「毎日すっきりヒットが出てきます」
「2ヶ月前ははぁ~(と暗い声)やったんが、はー!!!」
「するっと(結果が)出てます」
「毎日のすっきり感が不思議です」
「打席に立つだけで、するっと(ヒットが)」
「今となっては考えられないです。昔の自分が」
「すっきり快調シールが毎日貼れています」

みたいな声が届くと嬉しいです。
ミヤウチオーナーも55億円ぐらいもらったらしいですし、結果が出たら来年から監督と言うこともあるかもしれません。しかし、監督になりやすく、すぐに休養させられるチームなんで、その辺は契約とかいろいろ考えて欲しいです。
とにかく勝利を!

照ノ富士の永谷園新CMが完成

本当の大人の塗り絵。これは本当にすごい。場外ホームランですね。種いも塗り絵も作ってほしいマイク松ですこんにちは。おはよっす!借金が増えたっす!

さて、一時期のさっぱりな状況から脱した大相撲ですが、それにともなってCMの数も増えてきましたよね。白鵬のCMはほんとによく見ます。ありがたいことです。

大相撲の力士が出演するCMといえばオレたちの永谷園。就活するなら絶対受けたい企業の1つです。そんな永谷園に新大関、照ノ富士が出演することになりました。めっちゃ食べてたみたいですが、もうCMできてますね。かにたままーぼー春雨です。おいしそう。

永谷園のCMは食べっぷりが命。伝説のCM「ただいまお茶づけ中」に代表される、完全に食べたくなる食べっぷりが求められます。照ノ富士も遠藤振分親方のように、たくさん起用してもらえるよう、たくさん食べたいですね。

ところで永谷園の方では焼き肉関連の食品、あるいはマダイ関係の食品を作るご予定はありませんかね?そんな商品にうってつけの永世大関がいるのでご紹介したいです。新商品を仮に「焼き肉茶漬け」だとしましょう。少しアイディアを考えてみましょう。

(ミッキー兄さん、土俵で弟子に胸を出す)
M:今日は焼き肉茶漬けお願いします!
弟子:ごっつぁんです!
M:ごはん大盛りで!
弟子:ごっつぁんです!
(ウッパッピーで弟子が土俵の外に吹き飛ばされる)
(違う弟子に胸を出し)
M:あとは流れでお願いします!
弟子:ごっつぁんです!
(部屋でお茶漬け食べながら)
M:これうちの店のよりおいしいよ!

このコメントができるのは焼き肉店の店主ならではだと思いませんか?あとマダイ茶漬けなら、ミッキー兄さんが遠洋でマダイをつるところから始めますので、ご検討のほど、よろしくお願いいたします!

そういえばオリックスの株主総会で種いも関連の質問が

駅長たま死去。ご冥福をお祈りしたいマイク松ですこんにちは。いつの間にかグループの社長代理に昇進していたそうで、今後は名誉永久駅長としてその功績をたたえるとのことです。どこかの独裁国家元首みたいに扱われていますね。そして永久駅長って永世関脇に似てますよね。

さて、梅雨なのに種いも球団オリックは現在東北でラクテンと対戦しています。昨日はニシのいいピッチングでノリモトに投げ勝ちましたが、今日はトーメイがなかなかいいピッチングで、ブランコさんやナカジさんのホームランが効いて連勝とあいなりました

いつの間にかヘルマンやタケハラが二軍にいって、入れ替わりにテップさんとブランコさんがあがってきました。これは2人の命と引き替えに種いも錬金術を発動させるつもりかと思いましたが、テップさんはともかくブランコさんは2日連続でホームランを打ったりとがんばっているようです。

そういえばオリックス本社の株主総会で、なんと株主から種いもどもの惨状について質問があったそうです

「今年は優勝の期待が高かったが、現在は最下位。もう一度、頑張るというところをお伺いしたい」

これに対して球団社長は、補強しても種いもは種いもだが、CSにいけるようがんばるので株を売らないでください(意訳)と回答したようです。ハンシンの株主ならまだしも、オリックスの株主にもそんな人いるんですね。

と思ったら当社の名誉永久副部長(名誉じゃないし他になる人もいない)富井が、こんな当たり障りのない質問をする株主はそんなにファンじゃないといっていました。そんなおかねは1mmもありませんが、もし富井がオリックの株主になったら、

  • 補強したいもどもがみんなけがしていますが、補強の方針は間違っていませんか?
  • リリーフ陣のけがや不調が目立ちますが、勤続疲労じゃないですか?トレーナーの体制は間違っていませんか?
  • モリワキさんを解雇しても何にもならないのになぜ解雇したのですか?シーズン終わりまで待てませんでしたか?
  • バッティングの調子が上がらないのはコーチ陣の配置が間違っているのでは?
  • ベタンコートさんの補強の責任は誰がとっているのですか?

などという質問をするそうです。株主総会でする質問というより、日本記者クラブみたいな鋭い質問ばかりですね。ちなみに僕が株主なら、

  • オリックス・ポテトズにチーム名を変えませんか?
  • モリワキさんを復帰させませんか?休養なんでしょ?
  • 選手の光合成のために日サロ(日焼けサロン)をクラブハウスに作りませんか?
  • 地球ユニを作った意図は?エルニーニョに関係ありますか?
  • 球団で種いも錬金術を担当する人は何を生け贄に?
  • プロデュースデーの動物ユニは誰の発案ですか?
  • ぶっちゃけ借金返すの無理ですよね?

などの困惑させるだけの意見や質問をばんばんぶつけて、強制退場させられると思います。つまみだされる僕。

双子が取り違えられてるかもしれないって横溝正史っぽい

あまぞんの物流センターに新人大量参戦。頼もしい新人の姿がかっこいいマイク松ですこんにちは。仕事はたくさんありますが、がんばってほしいものです。

さて、今日は開幕まであと80日になったNFL。とはいえいつものおもしろニュースです。最近なんだか多いんですよね。

双子のライアン兄弟、実は入れ替えられた可能性ありか

現在のNFLで知名度の高い双子といえば、NOのロブ・ライアンDCと、BUFのレックス・ライアンHCですよね。昔はロンデ・バーバーとティキ・バーバーだったかもしれませんが。今の選手ではPITのマーキス・パウンシーといるかのマイク・パウンシーが双子ですよね。

さて、ライアン兄弟は出生時に入れ替えられた可能性があると盛り上がっているそうです。2人も「ひょっとしたらわしが別のやつやったかもしれへんな」と笑ったりしているそうです。今でこそレックスが激やせしてしまいましたが、昔は体型もそっくりでしたからね。

横溝正史っぽいですが、ひょっとしたら僕らがよく知っている有名人はその人じゃなくて、その辺にいる人が有名人なのかもしれませんよね。僕らがよく知っている(僕らというのは世間一般ではなくフォルス・スタート商会の2人)、4月1日に消息をお知らせしている、フレディ・ミッチェルさんは実はほんとはフレディ・ミッチェルさんではなく、その辺にいる人が実はミッチェルさんなのかも。えっ!?オレの上司がフレディ・ミッチェルさん!?的な人もいるのかもしれませんよ。

いちおう2000yds走っているけど、いけない葉っぱを使ったり、突然啓示を受けてヨガのインストラクターになったりしている方が有名なリッキー・ウィリアムズさんも、実はリッキーさんじゃなくて、その辺にいる人がリッキーさんなのかもしれませんよね。うそだろ!?オレの友達がリッキー・ウィリアムズさん!?的なこともあるかもしれませんよ。

ミッチェルさんやリッキーさんはあなたの近くにいるのです。隣人を愛せよ。隣人としてのリッキーさんやミッチェルさんを愛せよ。特にいいたいことは他にはありません。というかこのこと自体も別にいいたいことではありません。あ!そういえば今インドは国を挙げてヨガを広めようと、国際ヨガデーを作ったりしてますから、リッキーさんはインドで一儲けしてみたらどうでしょうか。誰かこのことをモールス信号でリッキーさんに伝えて下さい。

BCリーグ群馬からチャベス選手、ラミレス巡回コーチ獲得!

最近、夜ウォーキングに行って、帰りに飲むヨーグルトを買って帰るのが楽しみになっている富井です。歩いたカロリーを飲むヨーグルトで取り返す!体重がオリックの借金のように減りませんぞ!!

というわけで、5連勝の後、2連敗で借金16のオリック。本当に借金て減りませんね・・・。もう監督は休養してしまったし、もう打つ手がないな・・・と思ったらすごい手を打ってきました。なんと、オリックとは縁のないラミレスを巡回コーチとして獲得です。

今シーズン、開幕からずっと借金地獄で良いところはほとんどないオリックスですが、新人の西野とBCリーグから獲得したカラバイヨはとてもよい働きを見せています。特にカラバイヨはラミレスの影響で以前オリックにいたときよりよい選手になっています。また併せてBCリーグ群馬からチャベス外野手を獲得しました。

ということは、ブランコはベタンコートコースなのかなーと思いきや、ラミレスは横浜でブランコともチームメートであったことから、ブランコへのアドバイスも期待しての獲得らしいです。中村潤国際部長(←初めて聞く名前だ)曰く「・・・ラミレス巡回アドバイザーを師匠として仰ぐ外国人選手は多い。実績、キャラクターを含め彼の存在はオリックスにとってとても心強い。外国人選手のみならず、日本人選手、コーチも含め良いアドバイスをもらえることを期待しています。」

コーチも含めよいアドバイスをもらえることを期待しています!

すごい期待ですね。来年ラミレス監督の布石もあるのかなあ・・・と勘ぐってしまうぐらいの言葉ですが、カラバイヨも一時期の勢いがないし、じゃんじゃんアドバイスしてもらってパカパカ打たせて欲しいです。

これで群馬出身者が安達、駿太、中山、小島に続いてカラバイヨ、チャベス、ラミレスと一大勢力になりました。地方球場での主催試合が滅多にないオリックですが(人気がないから)、これを機に来年は群馬でも開催したいところですね。だるま弁当食べたい。

カワサキがダンスでチームを盛り上げているところがまたとりあげられた

イタリア人が認めなかったパスタ。広告の力を思い知ったマイク松ですこんにちは。こんな意欲的な広告作れる人いるんですね。「気にせず新発売」がまたすてき。気にするな気にするな!絶対買うから!ボロネーゼ!

さて、今日はいつもがんばっているカワサキのニュースです。カワサキはディッキーがお父様の死去(お悔やみいたします)によって忌引リストに入ったため、またメジャーに昇格しました。忌引リストは3~7日適用できて、その間は40人枠の選手と入れ替えることができるやつです。カワサキも忙しいですが相変わらず意気軒昂です。

そこでバティースタがホームラン打ったとき、ベンチでダンスしているところがMLBにとりあげられました。またかっこいいダンスやってます。でもちゃんと盛り上げているのがすばらしい。なにげにMLB公式にとりあげられるカワサキ。

現地メディアはしっかりとらえて爆笑していたらしいです。ここでは新しい成果指標を登場させ、もしこの指標があるならカワサキはたやすくリーグ首位になるだろうといっていました。なかなかおもしろいですね。そんなん、あの種いも球団ならたくさんもってますよ。たやすくリーグ首位ですよ。

  • 種いも指標:全選手における種いもの割合(全員)
  • 非光合成指標:全選手における光合成ができない人の割合(全員)
  • クリーンナップけが脆弱性
  • 補強選手けが脆弱性
  • クリーンナップ心の弱さ
  • スタッフにおけるエスパーの割合
  • 球団の種いも錬金術スキル
  • 二軍戦のカレーのうまさ
  • 球団の弱さにおける球団企画部の能力比率

CLEの新戦力LBにおもしろニックネームがついたみたい

伊調馨強すぎV。3人しか出なかったのもひどいですが、それでも2人ともテクニカルフォールとかホントに強いんだなと思うマイク松ですこんにちは。吉田もばっちり勝利。タックルは控えて勝ったらしいですね。白鵬がまわしとらずに優勝みたいな感じなんでしょうか。

さて、今日は弱いオリックの話題とかも考えたのですが(伊調や吉田は強いのに的な)、NFLで不思議なニュースがあったので取り上げておきました。

先発経験ゼロのLBソロモン評価急上昇

CLEはドラフト6位でLBバーケビアス・ミンゴを指名したのですが、そのミンゴにライバル登場だそうです。それはまだ先発経験がないLBスコット・ソロモン。これまでTEN, NYJ, TBと渡り歩いてきたそうですが、オニールDCが気に入っているそうです。

まあそのこと自体はいいのですが、ここで不思議なワードが登場しますよ。いいですか。

「スコットはごっついスピードでわしの大好きな選手の1人になってきてんねん。オフェンスのやつらはあいつのことをブラッド・バス(血の風呂)と呼んでんで。エッジから発射される誘導ミサイルみたいな感じやな」

ブラッドバス。血の風呂。いったいどういうことなのでしょうか。血の池地獄みたいなイメージでいいんでしょうか。まさかアメリカでも地獄の鬼のイメージが通用するとは思いませんでした。メタル的発想なんだろうか。

それにしても風呂とは身近ですよね。身近な地獄、安近短な地獄。HELクライムみたいな発想になってきた。これからつけるならもうその路線でCLEディフェンスを構成しよう。

  • 地獄キッチン
  • のろいの居間
  • 無限トイレ
  • 阿鼻叫喚洗面所
  • 冷蔵庫地獄
  • 死の玄関
  • 苦痛ベランダ
  • 永遠の寝室

さよなら、音羽山親方

出張で東京にきているのですが、東京のぶっくおふの品揃えのよさにびびるマイク松ですこんにちは。本もCDもいっぱいある。しかもいいのが。おもわずジェームス・ブラウンのベスト買ってしまいました。

そんな感じで少しほくほくしていたところに、悲しいニュースが飛び込んできました。音羽山親方が亡くなったそうです。

元大関貴ノ浪 音羽山親方が死去

ほんとにがっくりきました。早い。早すぎるわ。あまりに急な訃報に混乱しています。有能な人材をなくして大相撲にとっても大きな損失です。解説も軽妙かつ適格だったし、指導力もありそうだったし。これからというときに。浅香山親方もだいぶ沈痛なコメントを残してますね。

常々相撲のレビューでも、貴ノ浪の相撲を見習って取り入れろといってきました。でかいからこそあまり目立たない足腰の強さと、長身を利用した豪快な取り口、そしてかわずがけなどの繊細な技も持ち合わせる。時代が厳しくて優勝回数は増えませんでしたが、あの時代に大関をしっかり務められたのは、力あってのことでしょう。外国人力士は常に貴ノ浪の相撲から学ぶところはあるはずです。取り入れましょう。

思えば2006年に体調を崩してからも気をつけてはいたのかもしれませんね。ご冥福をお祈りします。あの世で先人たちと相撲界を見守ってください。現役力士たちは親方の功績を少しでも土俵の充実を図ることでたたえましょう。

フィギュアスケートグランプリシリーズエントリーチェック(4):アイスダンス

銀行で冷たくされて傷心の富井です。椅子に座らせてもらえる人と、さっさと帰される人の違いはなんでしょう。答えはお金です!(身も蓋もない)。
そんなバッドデイでも、フィギュアスケートはウキウキさせてくれますね。今日はアイスダンスです。今年も楽しそうです。

<アメリカ大会>
スケートアメリカは、ギルス&ポーリエ、王詩ゲツ&柳キン宇、シニツィナ&カツァラポフ、ヤノフスカヤ&モズゴフ、ナザロワ&ニキーチン(ウクライナ)、チョック&ベイツ、ハワイエク&ベイカーとアメリカの誰か。

優勝争いはチョック&ベイツとギルス&ポーリエの2組になると思いますが、2シーズン目のシニツィナ&カツァラポフにも注目しています。やはりアイスダンスは男性の技術がものを言うと思うので今年あたりブレイクすると思っているのですが。

昨シーズン、世界ジュニア選手権1位のヤノフスカヤ&モズゴフ、3位のナザロワ&ニキーチンとジュニアのメダリストもメダル争いに絡んでくるかもしれません。要注意ですね。

<カナダ大会>
スケートカナダは、ポール&イスラム、ウィーバー&ポジェ、ロランス・フルニエ・ボードリー&ニゴライ・サアアンスン(デンマーク)、ギニャール &ファブリ、ボブロワ&ソロヴィエフ、モンコ&ハリャーヴィン、シブタニ兄妹とカナダの1組。

昨シーズンの結果からして、地元のウィーバー&ポジェが優勝だと思いますが、ジュニア時代のライバル、ボブロワ&ソロヴィエフが復活するのでそんなにすんなりいきそうにないです。

個人的にはこのカナダ大会が一番見たいです。ボードリー&サアアンスンもステキだし、ギニャール&ファブリも面白いし、シブタニ兄妹も大ファンだし・・・レベル高い大会になるなあ。

<中国大会>
カップ・オブ・チャイナは、王詩ゲツ&柳キン宇、趙悦&鄭シン、カッペリーニwith L、イリニフ&ジガンシン、テスタ&チューレイ(スロバキア)、チョック&ベイツ、ハワイエク&ベイカーと中国の1組。

実績からするとカッペリーニ&ラノッテとチョック&ベイツの争いになりでしょう。割って入るとしたらイリニフ&ジガンシンですよね。

注目は昨年結成したとは思えないぐらいの成果を収めたイリニフ&ジガンシン。更にイリニフが色っぽく、ジガンシンの存在がうすくなっているんでしょうか・・・考えてみるとカッペリーニ&ラノッテと同じ路線ですね。立派にイリニフwith Zになっているのか確認しましょう。

<フランス大会>
エリック・ボンパール・トロフィーは、ギルス&ポーリエ、パパダキス&シゼロン、クームス&バックランド、ステパノワ&ブキン、ヤノフスカヤ&モズゴフ、ハベル&ダナヒューとフランスの2組。

昨シーズン彗星のように現れて優勝をかっさらっていったパパダキス&シゼロンが今年はどう成長しているのかが楽しみですね。優勝はパパダキス&シゼロンでしょうけど、ステパノワ&ブキンも急成長中(というか、ジュニアの頃は格上!)なので良い戦いをするかもなとちょっと期待しています。

若い選手が目立ちますが、クームス&バックランドのベテランパワーも楽しみにしていますよ。

<ロシア大会>
ロステレコム・カップは、ウィーバー&ポジェ、カッペリーニwith L、ギニャール &ファブリ、キム&ミノフ、イリニフ&ジガンシン、モンコ&ハリャーヴィン、ウルタッド&ディアスとロシアの1組。

ロシアの1組の候補はシニツィナ&カツァラポフ、昨シーズン結成したばかりのザホースキ&ゲレイロでしょうか。応援していたイリア・トカチェンコはカップル解消してイスラエル代表になったようです。トカチェンコは本当にパートナーに恵まれない・・・。ゲレイロもかわいそうだけど・・・。

さて、アイスダンス王国ロシアですが、優勝争いはウィーバー&ポジェ、カッペリーニwith Lになりそうです。ここはどうあってもイリニフ&ジガンシン、いやさイリニフwith Zにがんばって欲しいですね。

<NHK杯>
ポール&イスラム、パパダキス&シゼロン、平井&デ・ラ・アソンション、ボブロワ&ソロヴィエフ、ステパノワ&ブキン、ハベル&ダナヒュ、シブタニ兄妹と日本の1組。

まさかパパダキス&シゼロンが日本を選んでくれるとは!そしてボブロワ&ソロヴィエフも来てくれるなんてちょっとした驚きがありますね。ボブロワ&ソロヴィエフといい、ペアのヴォロソジャル&トランコフといい、なぜ前週のロシアでなく、日本に来てくれるんでしょうか。でも、うれしいです。NHK杯なら間違いなくテレビで見られますから!

リード姉弟は姉のキャシーが引退しましたよね。お疲れ様でした。それでクリスは妹のアリソン・リードとカップルを組むのかなと思ったのですが、なんと女子シングルで活躍していた村元哉中とカップルを結成したそうです。なので間に合えばここで村元&リードが見られそう!楽しみですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズエントリーチェック(3):ペア

新しくエアコンを買おうかどうしようかと思ってカタログをいっぱいとってきたマイク松ですこんにちは。今はエアコン高いですが、いろいろな機能がついててやばいです。

さて、グランプリシリーズのエントリーチェック、今日はペアです。

<アメリカ大会>
スケートアメリカは、ジュリアン・セーガン&シャルリ・ビロドー、スイ&ハン、王雪涵&王磊、クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ、ストルボワ&クリモフ、タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ、シメカ&クニエリム、アメリカの1組。

アメリカ大会はストルボワ・クリモフとスイ・ハンを軸に展開しそうですね。そしてシメカ・クリエリムが地元の意地を見せてくれるか。ケイン・オシェイもステップアップしておきたいところ。

<カナダ大会>
スケートカナダは、ミリアム・ツィーグラー&セヴィリン・キーファー、ドゥハメル&ラドフォード、ムーワ=タワーズ&マリナロ、マルケイ&ホタレク、バザロワ&デプタット、タラソワ&モロゾフ、カステリ&トラン、カナダの1組。

カナダ大会は地元に無敵王者ドゥハメル・ラドフォードがいるので1位はほぼいけてるとして、次に誰が入ってくるか。タラソワ・モロゾフが筆頭だと思いますが、ムーア=タワーズ・マリナロか、あるいはバザロワ・デプタットか。2位が熱いですね。

そして鮮烈なデビューを飾った(個人的に)マルケイ・ホタレクが登場します。このオフでしっかりトレーニングした2人がどうなってるかがとても楽しみ。カステリ・トランもそろそろきてほしいですよ。

<中国大会>
カップ・オブ・チャイナはイリュシェチキナ&モスコビッチ、スイ&ハン、王雪涵&王磊、于小雨&金揚、アスタホワ&ロゴノフ、フェドロワ&ミロシキン、川口&スミルノフ、マデリーン・アーロン&マックス・セットレージ。

中国大会はスイ・ハンがしっかり優勝しておきたいところ。それならファイナルは固いでしょう。そこに川口・スミルノフ、アスタホワ・ロゴノフのロシア勢がそうはさせじと対抗。そしてイリュシェチキナ・モスコビッチがからんできそう、というかからんでいきたいところです。

アメリカのアーロン・セットレージのアーロンは、想像通りマックス・アーロンの妹です。新勢力になれるかな。

<フランス大会>
エリック・ボンパール・トロフィーは、セイガン&ビロドー、彭程&張昊、ジェームズ&シプレー、デラモニカ&グアリーゼ、タラソワ&モロゾフ、ボロソザル&トランコフ、カステリ&トラン、フランスの1組。

ここはなかなかの混戦になりそう。もちろん現時点では彭程・張昊に、タラソワ・モロゾフが続く形にはなりますが、しっかり勝ちきれるかどうか。もちろんいってほしいんですが。デラモニカ・グアリーゼものびてきているし、もちろん地元のジェームズ・シプレーも張り切ってるだろうし。

そしてオリンピック後にゆっくりしていたボロソザル・トランコフがついに再始動してきます。前の強さをばっちりキープしていたらそりゃ優勝か。でも大丈夫か。表彰台を予想するのは難しいです。

<ロシア大会>
ロステレコム・カップはハイレー・ベル&ルディ・スィガース、ムーア=タワーズ&マリナロ、彭程&張昊、マルケイ&ホタレク、川口&スミルノフ、ストルボワ&クリモフ、ケイン&オシェイ、ロシアの1組。

ここはストルボワ・クリモフと川口・スミルノフで表彰台をがっちり固めておきたいところ。もちろん川口・スミルノフに勝ってほしいです。必殺のプログラムがどんなものなのか楽しみ。あと1組は誰になるんでしょうか。

しかし彭程&張昊は1位を狙ってくるでしょうね。ケイン・オシェイはがんばらないといけないし。マルケイ・ホタレクは楽にいきましょう。自分の演技。

<NHK杯>
NHK杯は、デュハメル&ラドフォード、イリュシェチキナ&モスコビッチ、于小雨&金揚、ジェームズ&シプレー、バザロワ&デプタット、ボロソザル&トランコフ、ジェシカ・カララング&ザック・シドゥー、シメカ&クニエリム。

今年は日本のカップルは出られないみたいですね。ざんねん。しかしデュハメル・ラドフォードがきてくれるのは熱いですね。絶対王者の滑りがみられる。そしてボロソザル・トランコフとの直接対決が実現しています。デュハメル・ラドフォードも以前の力ではないだけに、ここは超たのしみです。

そこにシメカ・クリエリム、ジェームズ・シプレーと次の座を狙うカップルもがんばってますし、バザロワ・デプタットもそろそろ大爆発しそうな気がします。どうせうまくなるんだろ的な。

ペアも徐々に次世代のカップルが台頭してきてますね。今のおもしろいペアの勢いをキープしつつ、活性化するといいですね。今年も特にマルケイ・ホタレクはマークしていきたいです。

フィギュアスケートグランプリシリーズエントリーチェック(2):女子シングル

オリックスの大河ドラマ「いも燃ゆ ~たねいも男子の育て方~」というのを考えたのですが、タイトル以外どう転がしてよいか分からなかった富井です。井伊直弼(ミヤウチオーニャー)の前で持論を述べる吉田松陰(モリワキさん)は果たして・・・次回君は時の涙を見る!

というとこで、モスクワは涙を信じない(関係ない)フィギュアスケート。調べていたらリプニツカヤがロシアのアディダスの広告を務めていることを知りました。リプニツカヤ、美しい。

<アメリカ大会>
スケートアメリカは、エレイン・チャートランド、今井遥、宮原知子、中塩美悠、エリザベート・トゥルシンバエワ、パク・ソヨン、ユリア・リプニツカヤ、エフゲニア・メドヴェデワ、ニコール・ラジコワ、マライア・ベル、グレーシー・ゴールド、アメリカの誰か。

スケートアメリカは宮原、リプニツカヤ、ゴールドの3人が優勝争いをしそう。昨年の実績で言えば宮原ですが、昨シーズンは不調のリプニツカヤ、怪我に苦しんだゴールドですから、今シーズン2人の調子が戻ればどうなるかわかりませんね。

個人的には今井遥の大復活を期待。それから昨シーズン、ジュニアの国際大会を完全制覇、ロシア国内選手権でも3位になったメドベデワ(15歳)のシニアデビュー戦も楽しみです。いきなりメダルもあります!

<カナダ大会>
スケートカナダは、ガブリエラ・デールマン、ケイトリン・オズモンド、エレーネ・ゲデバニシヴィリ、村上佳菜子、永井優香、エリザベート・トゥルシンバエワ、アレーナ・レオノワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ヨシ・ヘルゲソン、ポリーナ・エドモンズ、アシュリー・ワグナーと、カナダの誰か。

スケートカナダはオズモンドの大会になりそう。とはいえ、世界チャンピオンのトゥクタミシェワが優勝するでしょうね。この大会で3Aを組み込んでくるのかも注目です。

対抗はエドモンズ、ワグナーのアメリカ女子。特にワグナーのプログラムは毎年楽しみ。村上、永井もメダル争いに絡んで欲しいですね。ここで良い成績を残して評価を上げておいて欲しい。国内大会では厳しい立場のレオノワもグランプリシリーズで存在感を示しておかなければですね。

<中国大会>
カップ・オブ・チャイナは李子君、浅田真央、本郷理華、パク・ソヨン、アンナ・ポゴリラヤ、エレーナ・ラジオノワ、ニコール・ラジコワ、カレン・チェン、コートニー・ヒックス、ハンナ・ミラーと中国の誰か2人。

もうここは浅田真央でしょう!昨シーズン、いなくなって気づく横綱の存在感。久しぶりの大会なので試運転かと思いますが、浅田真央がいるというだけで華やか。

優勝候補はやはりラジオノワでしょうか。このメンバーだとベテランの雰囲気漂う李子君も良い成績を残して欲しいし、世界選手権で大活躍だった本郷も楽しみですね。

<フランス大会>
エリック・ボンパール・トロフィーは、ガブリエラ・デールマン、キーラ・コルピ、ローリン・レカヴェリエ、マエ=ベレニス・メイテ、今井遥、村上佳菜子、アンゲリーナ・クチヴァルスカ、ユリア・リプニツカヤ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、グレーシー・ゴールド、アンジェラ・ワンとフランスの誰か。

トゥクタミシェワがロシア大会を選ばなかったのが意外ですね。しかしここは若手が多いグランプリシリーズの中でも実績組の集うレベルの高い戦いが見られそうですね。トゥクタミシェワにリプニツカヤ、ゴールド、メイテ、村上が挑みます。

そして、なんといってもキーラ・コルピ。浅田真央に続き美しいスケーターが戻ってきて嬉しい限りですね。

<ロシア大会>
ロステレコム・カップはエレイン・チャートランド、ロベルタ・ロデジエロ、本郷理華、加藤利緒菜、永井優香、エフゲニア・メドヴェデワ、エレーナ・ラジオノワ、ダーシャ・ゲルム、ヨシ・ヘルゲソン、ポリーナ・エドモンドズ、ハンナ・ミラーとロシアの誰か。

フランス大会とは一転、若手が中心の大会ですよね。注目はロシアの「誰か」じゃないですか。この枠で出場するのはもちろんソトニコワです。足の怪我は既に回復しているとのこと。楽しみですね。

日本代表の本郷、加藤、永井の3人が一緒にでるというのも楽しみ。実績では本郷ですが、世界選手権日本代表の前哨戦の雰囲気もありますね。

<NHK杯>
ケイトリン・オズモンド、李子君、マエ=ベレニス・メイテ、浅田真央、宮原知子、マリア・アルテミエワ、アレーナ・レオノワ、アンナ・ポゴリラヤ、コートニー・ヒックス、ミライ・ナガス、アシュリー・ワグナーと日本の誰か。

ここは浅田、宮原と2人の日本チャンピオンが揃ってみられるというすごい大会になりました。レオノワ、ナガス、ワグナーのバンクーバーの頃から浅田と一緒にやってきた選手が来てくれるのもうれしいですね。個人的にはコルピにも来てほしかった。

浅田もこの頃には調整完了でしょう。優勝候補一番手は間違いありませんが、それを脅かす宮原が既に世界選手権メダリストになっているというのも2年前には予想しなかった嬉しい事態。

個性的な選手が多いので現地観戦が面白い大会になりそうです。アルテミエワはよく分かりませんが、その他は間違えようがありませんね。チケットを手に入れるのは難しそうですけど・・・。

フィギュアスケートグランプリシリーズエントリーチェック(1):男子シングル

阪急阪神HD株主総会。この時期恒例の株主質疑応答。このために株式をもっている株主もいることでしょう。そう考えるとすごい球団だなと思うマイク松ですこんにちは。いくら勝っていてもこのパートでしゃんしゃんで終わることはないでしょうね。

さて!(強引な切り替え) こちらもこの時期恒例の、フィギュアスケートグランプリシリーズのエントリーがようやく発表されました。ここ数日チェックしていたので。今日から4日にわたって、そのエントリーをチェックしていきます。今日は男子シングルです。

野球もちょうど休みに入るしなんてちょうどいいタイミング!

<アメリカ大会>
スケートアメリカは、ブレンダン・ケリー、ハン・ヤン、アモーディオ、ビチェンコ、無良、宇野、デニス・テン、メンショフおじさん、ピトキエフ、マックス・アーロン、ジェイソン・ブラウン、アメリカの誰か。

アメリカ大会はまずまずのメンツ。パトリックちゃんかフェルナンデスのどっちかは来るかもと思っていたのですが。この中ではデニス・テンが優勝争いではリードしそうですが、調子次第ではハン・ヤンかブラウンがとるかも。マックス・アーロンやメンショフおじさん、宇野、無良も表彰台ありですね。仕上がりの早い日本勢は有望です。

アメリカの誰かが誰になるかですね。アボットがくるかもと思ったのですが、アボットはアメリカ選手権と世界選手権に集中するらしいので。マイナーかダグラス・ラザーノ、あるいはキャリエールか。キャリエールこい。

<カナダ大会>
スケートカナダは、パトリックちゃん、ナム・ニューエン、カナダの誰か、ブレジナ、リーベルス、ロナルド・ラム、ハニュー、村上大介、ジュン・ヒョン・リー、ペトロフ、ファリス、リッポン。

パトリックちゃんがエントリーしてますね!やっぱりパトリックちゃんがいないとぴりっとしないです。調子もばっちりなようで、アイスショーに出まくって、ヴォーカル入りの曲をどのように滑るかを考えてきたそう。楽しみです。

普通ならパトリックちゃんが優勝争い筆頭になりますが、今はもうハニューが筆頭にくるでしょう。準ホームのカナダで機嫌良く調整していると思うので。いきなりパトリックちゃんとハニューの戦いがみられるとは。たのしみです。

1,2位は決まりとして、3位にはナム・ニューエンか、ブレジナか。リッポンはあくまで転倒しなければ筆頭でしょう。プレッシャーなしでいきましょう。

カナダの誰かが問題。レイノルズが全然エントリーしてないんですよね。世界選手権に集中とかいうやつか。1つくらい出てもいいんじゃないですかね。それかいっそサンデュせ(略)

<中国大会>
カップ・オブ・チャイナは、ジン・ボヤン、ハン・ヤン、中国の誰か、ダニエル・サモヒン、小塚、マイケル・クリスチャン・マルティネス、モリス・クビテラシビリ、ボロノフ、フェルナンデス、ドーンブッシュ、グラント・ホクスタイン、ミーシャ・ジー。

ハン・ヤンは地元で優勝しておきたいところですが、あいにくフェルナンデスがいるんですよねー。ここで2位だとするとアメリカ大会の結果が気になるところです。そこに小塚が割って入りたいところ。もう自分のために滑ればいいわ。

中国大会はミーシャ・ジーとマルティネスというユニークスケーターが2人そろってます。ここにドーンブッシュが小芝居プログラムで割り込んでくれば、かなりおもしろい(そのままの意味で)大会になりそうです。たのしみ。

<フランス大会>
エリック・ボンパール・トロフィーは、パトリックちゃん、イー・ワン、アモーディオ、ロマン・ポンサール、フランスの誰か、村上大介、宇野、デニス・テン、コフトゥン、ペトロフ、マックス・アーロン、ミーシャ・ジー。

パトリックちゃんとデニス・テンが直接対決。強力なライバルがいないところで、特にデニス・テンは優勝しておきたいですよね。これはたのしみです。

そこに割って入る存在としては宇野が筆頭になるか、それともコフトゥンかアーロンか。宇野はアメリカ大会が大事ですね。そしてここで表彰台にあがればファイナルも見えます。そろそろいけますよ。

フランスの誰かって誰だろう。

<ロシア大会>
ロステレコム・カップは、ナム・ニューエン、リーベルス、ビチェンコ、イヴァン・リギーニ、小塚、ピトキエフ、ボロノフ、ロシアの誰か、フェルナンデス、マヨロフ、ロス・マイナー、リッポン。

ここはフェルナンデスとニューエン、リッポン(無転倒なら)が争うことになりそうですね。地元でボロノフが存在感を見せたいところなのですが難しそう。コフトゥンも出ないし。もうロシアの誰かのところにプルなんとかいう人が入ってくるしかないですね。

ニューエンは兄弟子フェルナンデスがいるので優勝は無理っぽいですが、カナダで3位、ここで2位ならファイナルあるかもしれない。がんばらないと。

ロス・マイナーがここだけエントリーしてますね。NHK杯には今年は来ないみたい。ざんねん。

<NHK杯>
NHK杯は、エラジ・バルデ、ボヤン・ジン、ブレジナ、チャフィック・ベゼギエ、ハニュー、無良、日本の誰か、コフトゥン、メンショフおじさん、ジェイソン・ブラウン、ドーンブッシュ、ファリス。

まあここはハニューのための戦いになるでしょう。病気やけがだけが不安材料なので、弓弦羽神社に無事を祈りにいきましょう。日本の誰かって誰だろう。連盟のウェブサイトが工事中でわからんです。もうホンダバンでいいんじゃないかな。(よくないわ)

2位としてはジェイソン・ブラウンかコフトゥン、調子がよければメンショフおじさん、ブレジナあたりががんばってほしいところ。

毎年そうですが、GPSエントリーチェックすると、やっぱりテンションあがりますねー。パトリックちゃんは戻ってくるし。たのしみになってきました!

マリーンズ・カンパイガールズがビールを売りまくっているそう

家の本棚を捨てようと思ったのですが、組み立てるときに手抜きして接着剤を使わなかったらしく、持ち上げたらすぐばらばらになったマイク松ですこんにちは。分解の錬金術でも使ったような気分でした。組み立て家具に接着剤がついているときは必ず使う、これが教訓です。

さて、球団にはさまざまな付属ユニットが存在しています。チアもメジャーな存在になりましたし、びーずがーるずはもうアイドル扱いになっています。カアプのホームランガールも有名ですよね。そんなところに突き抜けた存在としてデビューしたのが、マリーンズのアイドルユニット、カンパイガールズです。

球場のビールの売り子を中心に結成されたカンパイガールズ。どんな戦略で盛り上げるつもりなのかと思っていましたが、そこはアイドルを売り出すスキームを維持しながらも、手段は普通にビールを売りまくるということだったようです。

カンパイガールズ、1カ月で売上8000杯

イマドキの苦労を乗り越えさせるスキームを持ち込み、8/30までに合計30000杯を売れば写真集が発売されるそうです。十分苦労しているはずですが、昨日現在で合計8431杯売っているようです。ペース的にはちょっと苦しいかもしれませんが、夏になって暑くなれば売れ行きも上がりそうですね。

6人はもとから売り子だった人もいればそうでもない人もいるので、現在の成績を見るとやはりもとから敏腕売り子だった人が多く売っているようですね。そりゃそうです。あれってすごいスキルと能力とノウハウと愛嬌が必要らしいですからね。うまく球場に使われている感もありますが、写真集作らせてやってほしいです。がんばれ!僕らはお酒飲まないから貢献できないけど!というかあの樽にカルピス入ってたら5杯くらい買ってあげるんですけどねー。

ところで種いも球団オリックのアイドルユニット、正確にはダンス&ヴォーカルユニットといえばびーずがーるずです。アシスタントMCの美緒ちゃんとともに球場を盛り上げています。種いもどもが光合成できないばっかりに知名度は低いと思いますが、いろいろやらされているみたいですね。

有能なオリック企画部の援助も得て、アルバム出したりライブやったりしているようですが、今のアイドルの売り方からいえば、目に見える苦労を克服する物語を作った方がよさそうですよね。そういう例は枚挙にいとまがないですし。それにびーずがーるずには克服すべき格好の苦労があるはずです。

種 い も ど も が 弱 す ぎ る

そうなんです!カンパイガールズは売り子的には大変ですけど、応援するチームの現在の成績は借金ゼロ、交流戦は4位という結果。ゴールデンイヤーのロッテとしては上々の成績ですよね。しかしびーずがーるずの応援するチームは借金15です。あんなにがんばってタオルを振り回しているのに借金15です。これが苦労といわずして何でしょうか。

この苦労を克服してこそ、びーずがーるずがブレイクする物語を生み出せるのです。今すぐ種いもどもの困難を拾い集めて克服させるのです。ぱっと思いつくところでは、

  • ブランコさんのひざ
  • バリントンの肩
  • イトイヨシオのいろいろなけが
  • ナカジさんの送球
  • ヒカルのパスボール
  • コヤノさんの笑顔
  • シュンタのブレイクしなさ
  • ヒラノの不安定さ
  • フクラ代行のいろいろな不安定さ
  • モリワキさんの怨念
  • カネコチヒロの手術痕
  • ニシの精神
  • Tの精神
  • アダチの存在

などがあげられます。半年1クールのレギュラー番組なら余裕で1年2クールもつくらいの問題を抱えています。応援しているのでがんばって解決してください。まずはブランコさんのひざからです。番組名は「球団のお悩み解決!?びーずがーるずの種いもHA☆TSU☆GA◎けいかく!」あたりにしておきましょう。

次の種いも錬金術は、Bs夏の陣

エミューがかわいい。確かにかわいいマイク松ですこんにちは。でもあれでなんでエミュー寄ってくるんだろう。やってみたい。

さて、種いも錬金術の発動で昨日大勝したオリックですが、今日もニシは10奪三振するし、打線も10点取るしで連日の大勝。どうしたんですか。まあ確かに錬金術は等価交換ですから、これまでたくさんの勝ち星を手放すことでいい意味でのリバウンドがきているのかもしれません。ブランコさんを材料に賢者のいもでも錬成しているんだろうか。

しかしこれではオリック錬成陣の外に出てしまっては効果が出ませんよね。このままではビジターでは粉ふきいもにされちゃう危険が。そこで地球ユニです。そうだったのか!まあこの珍妙なサイトをみてくださいよ。

Bs夏の陣2015

いったいどこの天気図かな?と思ったら、そうなんです、これが今年の夏の陣の特設サイトです。勘のいい方はもうお気づきでしょう。夏の陣とは巨大なオリック錬成陣のことなのです。この謎を知っている人はわずか。大総統に狙われないように気をつけて下さいね。

雲の動きが見えないから、サイトの真ん中の方にいる人たちはどいてもらえませんかといいたいでしょう。そのじゃまな9人を使って地球規模の種いも錬金術を発動させるつもりなのかもしれません。それは力の無駄遣いなのでやめてください。もうあと5球場に仕掛けるだけでいいんですよ。

しかしここまで壮大なスケールで挑むとなると、種いも錬金術も地脈の力をいかしてパワーアップを望んでいるのかもしれませんね。エルニーニョとかラニーニャのパワーを打撃にいかすとか、集中豪雨の余波をピッチングにいかすとか。もう種いも錬金術もプロビデンスの域に達しつつあるのか。地球の異変か、オリックの連勝かです!

そう思ってこの珍妙なサイトをみると、底知れぬパワーを感じることでしょう。それは地球のパワーです。まあそれが光合成にいかせるかどうかはわからないんですけどね。

ともかく交流戦も終わってまたパ・リーグとの戦いに戻ります。せっかく調子よかったのに間をあけてしまうのは惜しい気もしますが、そうなったら今度はタニあたりで賢者のいもを錬成すればいいでしょう。そういえば最近タニみないねーということになったらそういうことです。

ノー種いも、ノー光合成

ブラタモリみて函館にいきたくなったマイク松ですこんにちは。唯一無二の番組だ。とりあえず神戸の夜景でもみにいこうかな。

さて、先日種いも錬金術によるオリック錬成陣の発動を提案しましたが、そういえばあの日以降オリック勝ってますね。今日は何がどう間違ったのか16安打15点の大勝。さては発動したなと思いました。モリワキカントクの休養はカントクが実はお父様というオチだったのかもしれません。「ありえない」なんて事はありえないのです。

鋼の錬金術師の話はおいといて、オリックが瀕死的な弱さを示していてもビジネスを続けるオリック企画部。チームに力がないときはどんどんコラボしていきましょう。今回もいいコラボが出てきましたよ。

タワーレコード×オリック コラボ商品発売

そうです、今回のコラボの相手はタワーレコード。いわゆる「NO MUSIC, NO LIFE」キャンペーンとコラボして、なかなかいいコラボグッズができています。ブルベルのTシャツはよさそうですね。

しかし高らかにスローガンを打ち上げたところで借金が素敵な数字まで増えている状態ではなかなかしっくり受け止めてもらえないでしょう。現在では、

  • ノーバファローズ
  • ノー種いもライフ
  • ノーフューチャー
  • ノーモリワキさん
  • ノー補強選手
  • ノー勝利、ノーライフ
  • ノーヒット、ノーホープ
  • ノー種いも、ノー光合成
  • ノー得点、ノー勝利
  • ノー援護、ノー勝利投手
  • ノー企画部、ノーオリック
  • ノー谷、ノーオリック

という現状なのではないでしょうか。最後のやつだけちょっと無理があるなと思います。この状況を、

  • ノーけが人
  • ノー遊離軟骨
  • ノー炎上
  • ノーパスボール、よかったね
  • ノー借金、よかったね

小学生の標語みたいな状態に変えていかないといけないです。この小学生の標語みたいなのは富井が考えました。ねむくなっているようです。

ともかく種いもやファンがノーライフにならないように、とりあえず1つずつ借金を返していかないとですね。

気がつけばクロダグッズがいっぱいになっていました

クロダの登場曲「RED」が発売になりました。びーずの曲はほっといても1位になるのですが、このCDがカアプファンにどれだけ売れてるのか気になるマイク松ですこんにちは。

さて、そんなクロダですが、昨日は鬼のSBをやふおくドームで8回無失点に抑え込んで6勝目をあげています。本領発揮というところですね。

すでに全国区というか全日本規模の人気を得ているクロダ。商売上手のカアプがこの人気を使わないわけがないのですが、当初は急な復帰と高すぎる需要のために控えめにしていました。しかししばらくみないうちに、いつの間にかクロダグッズが充実していました。

もちろんユニフォームやタオルなどのベーシックなグッズは充実。クロダの漢気を身につけるというお守り的な効果もありますよね。

これらのクロダグッズの売り上げが4億円をこえれば、もう大丈夫ですね。なるほど、頼れるね!アクサダイレクトの堤真一のようにすがすがしく発声したくなります。

5/28以来のかがやこー

犬は飼い主に意地悪な人を嫌う傾向があるというニュースに驚いた富井です。けなげ、犬、けなげ。

けなげといえば、今日も京セラドームへ応援に行っていたオリ姫ならびにオリ達(この言い方、広まってます?)の皆様。今年のヤクルトは最初は強かったけどだんだん失速しているという話だったのですが、ここまでオリの2連敗。打たないという噂の山田はいつの間にか去年の山田に戻っているし、畠山のホームランなんて、すごいスピードじゃないですか。話が違う!

ということで、今日はスタメンをめちゃくちゃ入れ替えてきました。

1 左 宮崎
2 遊 安達
3 中 糸井
4 三 中島
5 一 小谷野
6 右 カラバイヨ
7 指 谷
8 二 縞田
9 捕 山崎

というメンバー。宮崎、谷、縞田は驚きました。しかし、宮崎、縞田はチームのピンチだけでなく、自分の今後もかかった出番ですから、生き生きと躍動してました。縞田のホームインでの自然なガッツポーズもやる気がみなぎっていて良かったです。ええ、いつも死んだような目をした選手を見慣れていましたから・・・。宮崎のものすごい日焼けもぎらぎらしていましたね。本当にヘルマンかと思いました(以前、ファン感謝デーで代打ヘルマンとして登場したことあり)。

そして、中島さんの本拠地初ホームラン!&初ヒーローインタビュー。ディクソンのヒーローインタビューは落ち着いたものでしたが、中島さんは「もっと早くここに立ちたかった・・・」と噛みしめるように言っていて、森脇監督休養などいろんな責任を感じているんだろうなと見ているこちらもしんみりしてしまいました。これから、大爆発して西武のおかわりくんに追いついて欲しいです。

ということで、5/28以来の「みんな一緒にかがやこー」を見届けることができました。先日、マイク松は「あれまだやってるんですかねぇ」とニヤニヤしてましたが、やってました。発声確認!良かった。KGYK(かがやこー)細胞はあります!借金18だけど、あります!

NFL選手のサプライズにファン大喜び、種いももやってみようぜ

ちぇんちぇん大丈夫。チェンの勝利はめでたいですが、苦労したぶんがおやじギャグに還元されているのは方向性を間違えてると思うマイク松ですこんにちは。これからもばんばん勝ってほしいですね。

さて、今日はスポーツのジャンルをクロスオーバーした記事にしてみたいと思います。NFLでおもしろ動画が紹介されていました。

受付でドッキリ!NFL選手のサプライズにファン大喜び

NFLはもちろんファンサービスにも熱心なのですが、このボルティモア・レイヴンズでは、スター選手の1人、スティーブ・スミスが、シーズンチケットをもっている人の特典のチーム練習見学の受付にこっそり座っていて驚かせるというおもしろ企画です。スティーブ・スミスがどの程度すごい選手かは、アイスショーの受付にホンダバンが座ってたり、大相撲の枡席に座っていたら隣に安美錦が座っていた、くらいのインパクトだと思います。

こんなファンサービスは種いも球団オリックも取り入れるべきでしょう。今日も追いつけない程度の反撃で敗戦、なんと借金19という惨状。ファンサービスくらいはやっておかないと。足にスランプはないとよくいいますが、ファンサービスにもスランプはないからです。

とはいえ今のスタメン種いもどもに受付に座ってもらっても、そんなことやってないで練習しろといわれるのがオチです。Tなんぞはますます悩みの迷路に入り込んでしまうこと請け合い。やっぱりここはベンチ入りしてないいもどもにがんばってもらいましょう。

  • チケット売り場にブランコさん
  • 手荷物検査場にコヤノさん
  • チケットもぎりにバリントン
  • パンフレットわたしにコマツ
  • お弁当売り場にヒガ
  • ラーメン売り場にナカヤマ
  • モスバーガーにテップさん
  • ケンタッキーにカズサク
  • ビール売り子にタニ
  • カントク席にモリワキさん

わかってたことでしたがやっぱりカントク替えても勝てないので、史上初、ほんとに休養だったをやってもいいんじゃないかと思います。ちょっと休んでリフレッシュしたので現場復帰させます的な。

種いも錬金術によってオリック錬成陣を発動しよう

今日友人と鋼の錬金術師の話で盛り上がったマイク松ですこんにちは。今思い出してもほんとにおもしろいまんがです。

さて、ラクテン×横浜は野球好きモードに突入してまだ続いてますが、今日も種いも集団オリックは負けました。今日も、また、負けましたね?というしじみ習慣的な流れが今日もまた。種いも習慣をつくろう。

もうここまで負けが込んでしまうと禁忌に手を出すしかないのではないかと思います。エスパーによってドラフトくじを当てようとしたり、もう捨て身の黒魔術でも使うしかないとか提案していましたが、いよいよ禁忌に手を出すときがきたようです。

種 い も 錬 金 術

鋼の錬金術師では高度な錬金術師を錬成陣に用いて、国全体を覆うような錬成陣を発動させています。そうなのです。オリックにもそんな錬成陣に使えるような補強選手がいるはずです。大半は動けませんが。

もう京セラドーム全体を覆うようなでかい錬成陣を、ナカジさん、コヤノさん、ブランコ、バリントン、そしてアダチを頂点にして構築するのです。1人思い切り頼りない人がいますが、そういう役回りなのでしょうがないです。加えて地面にたくさん埋まっている種いもを錬成して賢者のいもにしましょう。その力で種いも錬金術もよりパワーを増し、等価交換の原則を乗り越えることができます。

それによって種いもどもも文字通りヒットを生み出したり、三振をとったりすることができるでしょう。そういえば今度のプロデュースデーは動物がテーマでしたが、あれは種いも錬金術によって人造人間や合成獣を生み出すという暗示なのかもしれません。傲慢シュンタ、色欲イトイ、暴食T、嫉妬アダチ、強欲サトタツ、怠惰ヒラノ、憤怒カネコという七つの大罪軍団によって連勝が。勝てる!(運命に)

賢者のいもの量によっては、真理の扉を開けることにつながるかもしれません。扉の中には何があるのかな…?

借 金 1 7

今、唐突に理解した…これが真理…!(というか現実)

WRがいなくなるいるかと、どんどん人がいなくなるSF

冷蔵庫をみにいってきたマイク松ですこんにちは。今の冷蔵庫ってすごいでかいし、そのわりにすごい省エネなんですね。極東事務所の冷蔵庫はもう15年前くらいのものなので。SANYOの冷蔵庫です。SANYOいいメーカーだったのに。

さて、今日はNFLのニュースをまとめておきたいと思います。NFLのニュースというかいるか関連なのですが。

そういえばNFLよく知らないという方には、このサイトでよく出てくるいるかって何なん?という方もいらっしゃるかもしれませんね。NFLはアメリカのフットボールリーグでたくさんのチームがあるのですが、その1つにマイアミ・ドルフィンズというチームがあるのです。わたくしマイク松はこのドルフィンズ=いるかを、ミッキー兄さんやオリックと同じく生暖かく見守っているのです。いるかはこのサイトで見守っているやつらの例に漏れず、ここ数年は低迷が続いています。でも結構おもしろいチームなんですよ。

上記のように負け負けしているいるかですが、その原因の1つに頼りになるWRがいないということがあります。タネヒルはがんばっているのですが、投げるターゲットが頼りない。おまけにRBも走らない、OLもざるざる、それでいてタネヒルも大事なところでINTなど、多くの原因が考えられます。うふふ。

そんな中、今年はWRをドラフトでしっかり指名。なかなかいい指名じゃわいとほくほくしていたのですが、さすがいるか、そう簡単に僕たちを喜ばせてくれないようです。

まず今回のドラフトの目玉、ドラ1WRのデバンテ・パーカーが足を手術してしまいました。あれー?オマエここからばんばん練習するんやないんかい!どうももともと足に入っていた部品を交換するということで、開幕には間に合うとのことです。オフにやっておいてほしかったなー。

まあいいわい、もう1人指名してあるからと思ったら、そのドラ5で指名されたトニー・リペットがCBにコンバートされたそうです。おーい!WRおらんやんけー!!どうもCBの方が素質をいかせるということのようですが、それよりも人足りないという問題に目を向けてほしいものです。

このようにせっかく獲得した新戦力もおもしろく下降してしまう。これがいるかの魅力です。いるかはスティルスやグレッグ・ジェニングスといったWRをFAで獲得し、さらにドラフトで2人指名したため、もともとのWRマシューズがもう信頼できんわとトレードを要求したらしいですが、結局チームにいるようです。マシューズあわてるな。こういうチームだからオマエの力が必要になるんですよ。結局口だけやんけとチーム批判しているようですが、そうなんです、補強補強といっても結局口だけなんです。いるかのおそろしさがわかったか。ぐはははは。(乾いた笑い)

そんなおもしろチームいるかですが、こっちはまだ笑えますよね。他方でちょっと笑えない状態になっているのがSFです。知らない間に違うチームになっているそう。

なんだか知りませんがまず、もりもり選手が引退しています。ベテランの選手ならともかく、こないだは25歳のTデービスも引退。リッキーさんのように突拍子もない動機(と葉っぱ)で引退というのではなく、よく考えてのことのようです。でも考え直してよ。

加えて多くの選手がFAで移籍。2年前にスーパーボウルで戦った選手たちはほとんどよそへいってしまいました。ヴァーノン・デイヴィスとキャパニックはいますが、あとはボールディンくらいしか知ってる人がいなくなってる。びっくりです。何かにのろわれているとしか思えない。

いるかも選手がチームを見放してどんどん移籍という経験はあり、実はマイク・ウォレスもチームを見放してMINにトレードされてしまってます。見放すな。いるかを大事にして。なのでSFの現状は決して対岸の火事ではないのです。お互いがんばりましょう。

婚約、観光大使、ミスインターナショナル

BS1でよく再放送される料理研究家のコウケンテツさんの番組。結構好きでよくみているマイク松ですこんにちは。もうカンボジアやマレーシアの回めっちゃ見てる。ここで酒好きのジェニファーがお酒飲むんやなとか、ドリアンの街に来たのにドリアンがなくて塩漬けのタンポヤを見つけるんやなとか予知してしまいます。

さて、今日は大相撲のニュースを3つまとめておきたいと思います。結構おもしろい。

1. 豊響が婚約発表

関心を持たれるからなのか知りませんが、なぜか力士の結婚って記事にされますよね。そんなにみんな関心ある?ってところなのですが。もちろん相撲好きには関心ありますよ。今回は豊響が婚約発表ということです。おめでとうございます。

どうもお嫁さんは大阪場所でアイスクリームの売り子さんをしていた人らしく、場所中に目にとまったらしいです。相撲に集中しているのか若干不安ですが、まあちゃんと結婚までこぎつけたからいいでしょう。お嫁さんもこれから相撲に興味をもって支えてくれるととても助かります。

豊響もお嫁さんの力でもっと上を狙ってがんばってほしいです。グレートホーンのパワーが最近下降気味ですからね。ぶちかましなくして上昇なし。

ところでよく力士がお嫁さんを射止めるときに取り口が取り上げられますよね。今回も「あとは突き押しの一手」などといわれたり、「しっかりと寄り切った」みたいに。このへんは格闘技なんだなと思いますが、得意技が引き落としとかはたき込みとかだったり、変化ばっかりやっていると、お嫁さんができたときに「彼女のハートを肩すかし」とか「連絡先を知ったらあとは引きはたきの連発」とか「汚い変化で彼女の気持ちに注文相撲」とか書かれるので注意しましょうね。なんだ彼女に注文相撲って。

2. 伊勢ケ浜親方が観光大使に

新潟県弥彦村にある「弥彦神社」には土俵があるそうなのですが、これをいかして相撲で町おこしを企画、伊勢ケ浜親方を観光大使に任命したそうです。めでたい。

親方はもちろん青森出身ですが、今回のイベントには照ノ富士を同行させ、来年は部屋の合宿もやると、観光大使として結構コミットしていくみたいですね。町おこし成功するといいのですが。

プロスポーツが地域密着するのはもうセオリーになってますが、もともと地域とのつながりを大事にしてきた大相撲だからこそ、もっと部屋レベルで地域密着を掲げていきたいですよね。ゆかりの土地みんなにミッキー兄さん神社を作るとかね。あえてね。

3. ミス・インターナショナルが友綱部屋を訪問

なんだかよくわかりませんが、ミス・インターナショナル世界大会の入賞者5人が友綱部屋を訪問し、朝稽古を見学したそうです。なぜだ。どうしたらそうなるんだ。

ミス・インターナショナルは旭天鵬の若々しい肉体に注目し、「やっぱりエクササイズって大事やねんな」と興味を持っていたそうです。関心がないのは日本人だけで、実際相撲の稽古ってかなりトレーニング的・エクササイズ的な視点から考えても有効ですよね。海外からいろんなスポーツ選手が見学にくるのもわかります。どうせあとでちゃんこ食べてるんだと思いますが、エクササイズと食事をセットで考えているところも先進的です。こういうのをもっと世界に打ち出していくのが大事だと思うんですが。

ところで友綱部屋の力士どもはそれはそれは大喜び。旭天鵬は「きれいだなあ。みんないつもより稽古をやっていたな」とのことでした。普段からやってくださいね。でもそういうリズムみたいなのがうまく作れるといいのかもしれません。各部屋も引退した永世大関などを部屋に呼んでみたらどうですかね。

いもから動物に進化希望!またすごいプロデュースデー

ダウントン・アビー3の最終回の様子をきいて愕然とするマイク松ですこんにちは。そんなばかな。これだけ驚いたりしているのに実際のドラマはみていなくて富井にきいているのですが。僕としてはトーマスさえ無事ならまあ納得です。

さて驚愕の結果といえばモリワキカントクの休養でしたね。カントク替えても何にもならないのですがカントクとはそういうものでしょう。いつもよくわからないコメントをするモリワキカントクが好きでした。おつかれさまでした。それにしてもこの休養というのはなんなんでしょうね。解任というのが契約上無理なのなら、休養という言葉じゃなくても何でもいいんでしょう。全員が納得した上でおもしろい隠語みたいなのを考えればいいのです。隠居とか、義賊とか、彷徨とか、ルサンチマンとか、兼高かおる世界の旅とか。いろんな候補を考えてみたいです。

そんなモリワキカントクの自爆(候補の1つ)を経ても当分勝てなかったオリックですが、中日戦に入ってヤマザキとかカネコチヒロが好投し始め、やっと勝利をあげています。これで借金は16。停滞(候補の1つ)しているモリワキカントクが戻ってくるわけではないですが、カントクの壇ノ浦の合戦(候補の1つ)に報いる戦いをしたいですね。

さて、そんなごたごたして負け負けしているチームですが、優秀なオリック企画部はそんなのは関係なし。弱くても借金が増えても、ファンを笑わせる喜ばせる企画を考えるのみです。ということでまたすんごい企画が出てきました。

Bs選手会プロデュースデー開催!

これまで戦隊ものカードバトル、なぜか全員人形といった不思議な企画満載なプロデュースデー。悪い意味で毎年何かが起きています。その企画力には目を見張るものがあります。

そんなプロデュースデー、今年のテーマは「本能を呼び醒ませ」。なんと種いもどもが動物柄の珍妙なユニフォームを着て登場してしまいました。種いもどもの取り組むべきは本能というかたんに穀類から人間に進化することなのですが、ちょっと進化の過程で寄り道しているようです。どのあたりで好評なのかわかりませんが、ご好評におこたえしてアニマル柄プロモデルの販売も決定しています。ちなみに各選手の割り当ては、

  • アダチ…きりん
  • シュンタ…しまうま
  • マツバ…レッサーパンダ
  • サトタツ…ニシキヘビ
  • ヤマザキサチヤ…ひつじ
  • ニシ…パンダ
  • ヒカル…ひょう
  • トーメイ…フラミンゴ
  • カイダ…くじゃく
  • T…ツキノワグマ

企画自体つっこみどころが満載なのはいつものことですからそれはおいといて、まず動物のセレクトがあんまりこわくないことが気になります。確かに野性を発揮してもらえばきりんもしまうまもこわいでしょう。だいたいの動物はこわいです。しかし本能を呼び醒ましてもフラミンゴは片足で眠ったり、くじゃくは羽を広げたり、レッサーパンダは二本足で立ったりします。こどもは喜んでくれるかもしれませんが、だいじょうぶなのでしょうか。

あと今回のプロデュースデーには重要な告知がポスター的な画像のすみっこに書いてあります。

「諸事情により、トラ柄は採用いたしませんでした」

これが一番おもしろいですよね。まあこれがあんまり猛獣系の動物がいない理由でもあるんだと思います。すがすがしいメッセージ。へたにトラの球団を刺激するのも得策ではないし、諸事情という大人のワードでごまかしつつもネタを展開するあたりさすがオリック企画部。休養も大人のワードですよね。

そしてもうオリック企画部は、ユニフォームはどんな柄でも大丈夫だと思っていることは明らかになったといっていいでしょう。地球の次は動物ですよ。もうどんな柄がきても大丈夫。種いもどもは黙ってどんなユニでも着る。そのうち野菜プロデュースデーとか、プランクトンプロデュースデーとか、細菌プロデュースデーとか、きてれつな企画が続いた後、普通のユニフォームを着るというプロデュースデーに落ち着くでしょう。一周回って覚悟が決まる。これがプッチ神父が望んだ世界であり、黙想中(候補の1つ)のモリワキカントクの望んだことでもあるでしょう。オリックは生命のジャングルや!

ワイルド オリック (もとねた:「WILD RUSH」 歌詞)

掛け違えて ちょいキツめの負け数
返したいのに 自縄自縛 ナニユエだろう
借金に 首も回らない

補強以上に けが人目一杯
余裕よりも 主力ばかり足りなくなる
底なし沼の 低順位

目見えぬほどの 暗黒の世界で
透明な休養に気づいたら

気まぐれいもの収穫に 上を追いかけるJungle
野生のでんぷん弾けとぶ 農家よりも早くいもをつけろ

他チームが皆なエジキを待ってる
察しの悪いマスコミが 頭悪そうに喋る
記事に牙を隠して

勝ちのない投手は神経衰弱
打てぬヒットに 腰痛めて抹消
やっぱ無理無理 ホント無理

眠らぬ打線に 点を奪われても
執拗に光合成が 掻き立てて

捕かめない 勝ちの焦りが オリを震わせるJungle
ゲッツーの罠ならかかりましょー!
詰まらされ ショートゴロ 6-4-3

教えて 何投げるの? どうやって打つの?Jungle
次の負け越し もうできない 極楽の連勝に飛び込もう

無限のいもの収穫に 上を追いかけるJungle
野生のでんぷん弾けとぶ 農家よりも早くいもをつけろ

福良監督代行初勝利&ディクソンが5月の月間MVP

さむー。寒いですね、富井です。雨で甲子園の試合は中止、しかもすごく寒いです。これだけ寒いから、もうペナントレースを1からやり直しませんかね。だめですかね。だめですね。

とはいえ、今日は福良監督代行に代わってからの初勝利です。しかもピッチャーは今年ドラ1の山崎福也の初勝利にもなります。いろいろ長かったですね。勝ったのはめでたいですが、借金は17・・・。広島戦を見ていたら、解説の方が「借金が2桁になったら返すのが大変ですから、今日勝てて本当に良かったです。」というのを聞いて、0.2秒ぐらいで「やかましいわ!」と突っ込んでしまいました。まあ、普通返せないですけど、なんとか5割を目指して10連勝を2回ぐらいお願いしたいところです。

ともあれ、勝てたのはめでたい。いつまでもしょんぼり負け続けていたら、森脇さんだってしんどいに違いありません。サトタツがクローザーになって接戦に強くなれば今後が楽しみです。

それから、ディクソンが5月の月間MVPに選ばれました。受賞は初とのこと。素晴らしいピッチングを続けているにもかかわらず勝てないときもあるので、こんな形で報われてうれしいです。これからもがんばってください。

甲子園にハンシン×ロッテ戦を見に(おびえつつ)

Twitterにも書いたのですが、虎主将・鳥が犠飛。鳥とトリタニ兄さんは字数では1文字しか違わないのにわざわざ鳥。おかげで鳥なのか虎なのかみたいな感じですごいややこしくなっていておもしろいマイク松ですこんにちは。虎の集まりの中にすごい立派な鳥がいて、それが虎たちを仕切っている姿。たぶんハシビロコウみたいなイメージ。仕切るのも当然ですよね、主将ですから。しかもその仕切っている鳥が犠飛。鳥だけに飛ぶことで犠牲になるみたいな何かかもしれません。書けば書くほどわからなくなってくる状況。

さて、そんな鳥もいる虎の集団をみるべく、今日甲子園に野球を見に行ってきました。ハンシン×ロッテ戦。前回のラクテン戦はアルプスでみたのですが、甲子園はアルプス席と外野席はいすは同じです。それなら外野でもいいかなと思って、今日はレフトの外野席にいってみました。

外野はワンダーランドたる甲子園のコンクリートジャングル。さすがにライトはいかない方がいいだろうとレフトの人のいなさそうなところにいってみたのですが、そこにもただのユニフォームではなく、すてきな刺繍のたーくさん入ったユニをお召しの方々が大勢いらっしゃいました。応援歌の歌詞カードはもらっていたのですが、たいていは誰かの背中を見れば書いてあるので大丈夫でした☆

レフトなのでロッテを応援する人もいるのですが、そんな人に「ハンシン応援せえ」と文句つけるおばちゃんがいたり、それに対していってることは正しいのにひどすぎる言い方でがちで言い返すおっちゃんがいたり、マアトンニイサンを手ひどくやじるおっちゃんがいたりしていました。富井と2人でおびえていたのですが、そういう人もジェット風船を周りの人にあげたり、トリタニ兄さん(略して鳥)を必死に応援したりといい人だったりもするのです。さすがコンクリートジャングル。

しかしこんな人たちに囲まれていてもマリサポは意気軒昂。一糸乱れぬ応援でチームをサポートし、相変わらず子どもやおとなをマリサポにしていました。すごいです。尊敬。

外野で見ていて発見だったのは、マアトンニイサンがすごいファンと交流していたことでした。短い時間でもファンのところにいったり、ファンとアウトカウントを確認したりしていました。さすがマアトンニイサン。

僕らはそんな環境におびえつつも、冷やしきつねうどんとウエモトプロデュースの汁なし担々麺(すごいおいしい)を食べたりしながら応援していました。今日は寒かったのですが、ちゃんとウインドブレーカーもっていっておいたので安心でした。

試合は植松と岩貞という先発でしたが、なかなかの投手戦になりました。締まった試合でしたが終盤に追加点をあげたハンシンが逃げ切りました。こういうところの強さが出てきましたね。

またあのコンクリートジャングルにいけるだろうか。安いんだけど。

おお、もう…Tonight (もとねた歌詞)

たまにはこうして肩を並べて歌って
ほんの少しだけ応援してみたいよ
歌詞を背中に書いたようなとことんおそろしい服も
笑って話せるところはないね…
一塁側でもいこうなんて いつも話している
落ち着いたら仲間を見つけようなんて でも
全然なじめずに 誰かが追いかけてくる
コアなファンから 逃げたくなってる

おお、おお、もう…おお、もう…Tonight
おお、おお、もう…おお、もう…Forever
おお、おお、もう…おお、もう…Tonight
おお、おお、もう…おお、もう…Forever

刺繍ユニに触れることより 離れることで
ずっと ずっと 今までやってきた
それでも安全だなんて思ってないから
今夜もなんとか自分で自分を守れ

おお、おお、もう…おお、もう…Tonight
おお、おお、もう…おお、もう…Forever
おお、おお、もう…おお、もう…Tonight
おお、おお、もう…おお、もう…Forever

HeyHeyHey 時には歌えよチャンステーマ
がっかりさせる拙攻に応えて素敵で汚い
いつものヤジが飛ぶよ
自分で動き出さなきゃ何も起こらない夜に
何にも叫ばず自分を殺せ!

ジャングルつながりで選びました。(なるほど)あとイマナリの登場曲でもあります。(まめちしき)

オリのまま

森脇監督が休養を発表していたその頃、日ハムの栗山監督は広島市内で迷子になって警察のご厄介になっていたそうです。強いチームはほっこりエピソード満載で良いな・・・と思う富井です。今日も日ハムは日ハムらしい野球をしてました。代打で大谷が出てきてヒットを打つロマン!この人防御率リーグ2位、勝率リーグ1位(10割)、奪三振リーグ2位なんですよねー。ロッテは7回に8点取って同点に追いついているし・・・。パリーグの他球団が元気すぎです。

と、そんなところでオリは「監督代わっても弱いオリのまま」なんだそうです。ひどすぎるだろこのタイトル。監督代えたとたんにに快進撃って、どんだけ嫌われ者なんですかその監督。そういうんじゃないですから。

ところで、福良監督代行になったというのに、もう次の監督の話が出てますね。田口さん、梨田さん、イチロー兼任監督?とか。賢い梨田さんが引き受けると思えないし、2度もオリックスフロントにひどい目に遭わされた田口壮がこの状況で監督をするとも思えません。イチローもないでしょう。近鉄と合併したときにもう古巣はなくなってしまったみたいなこと言ってませんでしたっけ?

いくらでもOBに監督候補はいると思いますが、次はいい加減で明るい人が良いと思います。そして打たれ強い人。ということで監督にはパンチ佐藤さんがいいんじゃないですかね。意外にいける気がします。などといっている間に阪神が延長戦で勝ちました。うむ、和田監督はしばらく安泰そうですね。

森脇監督休養

スポーツ・インサイドストーリー「ジョーダン、バスに乗る」を偶然見た富井です。マイケル・ジョーダンがMLBに挑戦した話。当時の事はよく知らなかったのですが、2Aで1年過ごす間にめきめき上達し、あと2年も野球をしたらメジャーでプレーできたんじゃないかという事をフランコーナ監督(当時のジョーダンが在籍したチームの監督だったらしい!)が言ってました。もしあの時メジャーリーグがストライキをしていなかったら、ジョーダンがメジャーリーガーとしてデビューしたかもしれないそうです。でも、野球を経験してバスケットボールに戻ってきたジョーダンは以前に増して良いプレイヤーになったのだそうです。スーパースターはどんな経験も糧にできますね。

というマイケル・ジョーダンを褒め称えて終わりたいところですが、パリーグの最下位をひた走るオリックスの森脇監督が休養することになりました。監督代理はヘッドコーチの福良さん。あまりにも急な発表で、浮き足だったチームは今日もまた負けました。

もし、勝てるチームなのに監督とマッチせず連敗を重ねているならまだしも、オリックが勝てないのは去年つぎ込んだ中継ぎ陣の怪我・不調と、大金をかけて集めた補強選手達が全員怪我。また去年の怪我が治りきっていないような糸井の不調、坂口や平野という主力の怪我などなど、あまり監督は関係ないのです。むしろ、監督を問題にするなら去年の契約が満了したところでやめさせとけよ、と思います。

まあ、確かに一ファンとしては「森脇監督の采配がもうちょっとどうにかなればな」と思う試合もありました。4回球場へ行って、まだ一度も勝ち試合を見たことがないというのも不満ではあります。しかし、監督を変えてどうになるなら、もうとっくの昔に常勝チームになっているはずなのです。コリンズ、大石、岡田と同じような解任劇を繰り返して一体誰にメリットがあるというのでしょうか。あと2年は森脇監督に任せつつ、次の監督を擁立していった方が良いと思うんですけどね。

それにしてもこんなチームにオリ姫はついてきてくれるでしょうか。そういう意味でもここで森脇監督休養は悪手だと思いませんか。そしてこれでもついてきてくれるなら、別に監督変えなくてもいいと思いませんか。どうですか、オリックスファンの皆さん!(と、虚空に呼びかけてみる・・・)。森脇監督、またどこかで監督をして下さい。ありがとうございました。

フジカワがアメリカから四国IL高知に移籍

DJみそしるとMCごはん「ジャスタジスイ」聴いたマイク松ですこんにちは。うれしい。タイトルチューンは結構壮大でシンガロング系。さすがおみそはん、あなどれないです。

さて、今日は独立リーグのことについて。日本の独立リーグはBCリーグ四国アイランドリーグがあるわけですが、最近BCリーグの熱さでちょっと四国がおいてかれていました。

BCリーグの石川では先日ロッテでも活躍したフリオ・フランコが選手兼任カントクとして入団野球は90%がメンタルと言い切るフランコかっこいい。加えて富山では、みんな書いていいよでおなじみ、タフィー・ローズがコーチ兼任選手として入団。ビッグネームをどんどん入団させる戦略で人気を集めています。主だったもとプロをあげてみると、

  • 福島ホープス:岩村カントク、真田コーチ
  • 武蔵ヒートベアーズ:コバヒロカントク代行、石井コーチ、角の息子
  • 群馬ダイヤモンドペガサス:川尻カントク、平野コーチ、ロメロ、ソト、ラミレスの息子
  • 新潟アルビレックスBC:赤堀カントク、桑田の息子
  • 信濃グランセローズ:岡本カントク、高橋信二
  • 富山GRNサンダーバーズ:吉岡カントク、野原コーチ、ローズ、大家
  • 石川ミリオンスターズ:フランコ、渡辺正人、タダノ、西村憲、吉田えり
  • 福井ミラクルエレファンツ:吉竹カントク、荘コーチ

これは戦略が当たっているといわざるを得ないですね。注目も集まるし。デイリーポータルZにも取り上げられています。いいな。

それに比べて四国ILはプロを目指してがんばる若手を集めているので、なかなかプロ経験者というとカントクくらいなのですが、その路線変更へのビッグニュースが飛び込んできました。フジカワが高知ファイティングドッグスに入団することになったそうです。ハンシンが先発をやらせるという情報が飛び交う中、ハンシンにはお断りをして、故郷の高知にいくことにしたそうです。

故障明けとはいえ、大リーガーだったフジカワがいきなり四国ILにきてくれる。これはビッグニュースですね。高知も大喜びでトップにあげています。

これで四国ILも流れが変わるかもしれませんね。愛媛はプロ経験者よりも、有名な選手にきてもらう方が早いでしょう。岩村が戻ってくるまで粘ってほしい。そして優勝を勝ち取ってほしいです。四国ILも盛り上がってほしい。なかなか見に行けてないですが。