Archive for 12月 2015

False Start アワード 2015

二人:輝け!False Start アワード 2015!

♪スポーツがあるから 笑いがある
 おちょくる心に 笑いがある

富井:さあ今年も始まりました、False Start アワード 2015!今年はどんなアワードになるんでしょうか?
松:副部長!副部長!
富井:なんだねマイクくん(吉本的会話)、なにをぐずぐずしてるんだね、盛り上がっていかないと!
松:副部長、まだ11月30日ですよ!

(間)

富井:なーんだ、まだ11月だったか!富井早とちりしちゃった☆
松:あわて床屋ですね副部長!今年もあと1ヶ月、やることいっぱいありますよ!
富井:まったくだな!やり残したことないように、これからしっかりがんばるか!かぜもなおったし!
松:そうですよ!忘年会もまだやってないし!何食べに行きます?
富井:こいつゥ!
二人:アハハハハハハ

***

富井:はい、ということでこんな年末だったらよかったのコーナーでした。もうあと何時間で今年も終わりだっつの!
松:信じられない。信じられない。ああ信じられない。
富井:結局時間を遅く感じる方法ってないんかね?初めてのことに挑戦するといいって聞いたんだけど。
松:今年は極東事務所の引っ越しや、バンクーバーに本社を探しにいったりと、わりと初めてのこと多かったんですけどね。結果的にもっと早くなりましたね。
富井:逆効果やった。
松:ええ。

富井:よっしゃ(振り切るように)、今年もアワード進めていこう。
松:はい、このアワードは今年のスポーツ界でがんばった人、変にがんばっちゃった人、やらかしちゃった人、あるいはがんばってなかった人などを勝手に表彰するという年末企画です。前半は各部門ごとの表彰、後半はアワードのノミネート者発表とFalse Start アワード 2015の発表になります。アワードに選ばれるとシェイムです。
富井:じゃあまずは各部門の発表から。こっちはわりとがんばった人を選んでますよ。
松:本当のシェイムは最後に。まずはNFLから。

<NFL部門>

いるか:全員絶望賞
バトラー:車もらえてよかったね賞
ブレイディさん:無効おめでとう賞
ティーボウさん:就活がんばって賞
チャールズ:おだいじに賞
CAR:強すぎる賞
マッカウン弟:CM賞
ポラマル:おつかれさま賞
ファーヴアニキ:チーム殿堂おめでとう賞

富井:いるかはもうアワードでいいんちゃう?
松:アワードはあくまで期待外れ的な意味合いなんですよ。いるかは誰か期待してました?
富井:してなかったな。バトラーはスーパーボウルで名をあげたけど、今年は苦労してるな。
松:もともとシャットダウンコーナーとかじゃないだけに、レギュラーになるとしんどいですよね。でもそれで成長するのがいいのかも。
富井:ブレイディさんは相変わらず強いけど、それもこれも処分無効になったからだよな。
松:いるかにとっては有効でもよかったんですが。でも1シーズン休まれたりしても困りますよね。
富井:ティーボウさんは復帰したり解雇されたり。QB困ってるチームなんかいくらでもありそうなのにな。
松:アナリストに就職できるのもそれはそれでラッキーだと思えてきました。
富井:チャールズは早すぎるシーズンアウトだったけど、今のところチームが強いからな。不幸中の幸いだ。
松:早く治してほしいです。いらないんならいるかにください。
富井:あーげない♪CARの強さはいったいなんだろうな。まだ負けてないとか。
松:プレーオフでこの強さが続くかどうかですよね。今年のニュートンならほんとにスーパーボウルいけそう。デローム以来の。
富井:デロームでもいけたんだからな。マッカウン弟はCM出ててびっくり。オリックでいえばイガワとかかな。
松:イガワは関西ローカルならCM価値十分ありますから。持ち前の倹約精神をいかして金融機関とかいいかも。
富井:ポラマルはほんとにおつかれさまだったな。
松:もっとハワイで存在感を出してほしいですね。ハワイのNFLのために。
富井:そしてファーヴアニキは長い道のりだったけどようやくチーム殿堂入り。めでたい。
松:これからはなんやかんやでチームの試合に顔出してほしいです。お、アニキまたきてるよ的な。守り神として。

<フィギュアスケート部門>

ハニュー:330点賞
宮原:自動人形賞
浅田・パトリックちゃん:ナイス復帰賞
アボット:おつかれさま賞
デニス・テン:四大陸チャンプ賞
パパダキス・シゼロン:おだいじに賞
川口・スミルノフ:欧州チャンプ賞
ロシア女子:ジオニック社特別賞
ペトロフ:ペトペトロフ賞

富井:フィギュアスケートではなんといってもスターだな。330点て。
松:センター試験とかと違うのは、なんぼとってもここまでやろというのがないように思えることですよね。センター満点はえらい人はできるんでしょうけど、フィギュアスケートは「え?そんな点とれるんですか?」という驚きがありますよね。
富井:理論上あってもみんなそれを意識しない。基本減点競技だからな。
松:最初から「満点だとこの点でしょ」みたいなの考えませんものね。だからハニューの点は衝撃でした。
富井:宮原はNHK杯と全日本を制し、GPSファイナルも2位。今強い選手だな。
松:いい意味で自動人形ぽいですよね。圧倒的な安定感。それでいて人を感動させる。白銀やフランシーヌ様の夢がかないましたよ。
富井:宮原は普通の人間だから。自動人形なら歯の矯正しなくていいからな。浅田は今季復帰してくれてうれしい。
松:もちろん浅田は勝つためにやるんですけど、その生き様を見せてくれるだけでうれしいですよね。国宝の仏像ばりに、見られてよかった的な要素が日に日に強まります。
富井:ありがたいんだな。パトリックちゃんも復帰。パトリックちゃんがいないと成り立たないわけじゃないけど、いるといないでは大違い。
松:聖☆おじさんみたいですね。
富井:違うよ。そこまでおじさんじゃないよ。ってこれだとほんとに聖☆おにいさんになっちゃうな。
松:ちょっとそういうところありますけどね。どこかといわれるとわからないけど。アボットはおつかれさまといいたいです。
富井:こうやって惜しまれて引退できるのはいいことだな。アイスショーとかでずっとみたい。
松:個人的にはジャンプでよく転倒するけど高い芸術性をもっているつながりで、やっぱりシズニーと同じカテゴリーに入るんですよね。
富井:オマエそういうスケーター大好きだからな。デニス・テンは四大陸を制し、川口・スミルノフは欧州選手権を制してる。
松:記憶にとどめたいという意味での賞ですね。もっと記憶に残る演技をみたい。
富井:パパダキス・シゼロンは登場が衝撃的だったな。今は療養中。早くけがなおってほしいな。
松:無理する必要全然ないですからね。ゆっくりしてほしいです。
富井:ロシア女子というのはまあ、どんどん新型モビルスーツを生み出してきてるということだな。
松:一年戦争という戦争ではアナハイム社が勝ちましたけど、たぶんビジネスをやれば圧倒的にジオニック社が勝てると思うんですよね。あの製品開発力。
富井:多様なスケーターがばんばん出てくるんだからかなわんよな。最後のはなんだ?
松:まあペトペトロフおもしろかったので。個人的には仮面無良会とか無良ンタイン・キッスとかの無良シリーズもわりと好きです。

<大相撲部門>

照ノ富士:早く横綱へ賞
白鵬:末永く賞
嘉風:スピードスター賞
鶴竜:よごれちまった悲しみに賞
菊:段ボール賞
旭天鵬・若の里:おつかれさま賞
北の湖理事長・音羽山親方:ご冥福賞
ミッキー兄さん:フォース・ゴースト賞

富井:個人的に今年よかった力士、だめだった力士はあるけど、やっぱり今年を象徴するのは照ノ富士だな。
松:ひざをやるまでは圧倒的な強さでしたからね。来場所はひざをしっかりなおしてほしい。ひざさえいければ大丈夫なんです。1場所休場しても、一度大関陥落してもいいくらい。
富井:すぐ取り戻せるんだからな。白鵬は今年休場したりしてるな。
松:まだまだ大相撲には強い白鵬が必要です。そろそろ力士寿命を延ばすことを考えながら優勝してほしいです。
富井:むずいな。嘉風の活躍は今場所目立ったな。
松:あのスピードは大相撲を変える原動力になりますよ。速い攻めとかではなくて、スピードで力士を圧倒する。一歩でいえば板垣とか冴木とかですかね。
富井:来場所は新関脇、がんばってほしいな。鶴竜はそれに引き替え…。
松:ダーティーなイメージになってしまいましたよね。わりと頭脳派なんだから、それを土俵の充実に使ってほしい。ダークサイドに墜ちてしまいました。
富井:まあライトサイドとダークサイドはひとつながりだから。戻ってくればいいんだ。菊も段ボールみたいになってたのに、最近ヘルシーだしな。
松:一時のよさが戻ってきたのは大きいですね。また段ボールにならないように。
富井:旭天鵬・若の里はほんとにおつかれさまといいたいな。
松:若の里も十分レジェンドなんですが、旭天鵬はあの天佑ともいえる優勝が大きいですよね。2人ともおつかれさまでした。
富井:北の湖理事長と音羽山親方はほんとに角界にとっては大きな損失だった。
松:ご冥福をお祈りしたいです。あの世場所では今頃楽しく相撲とっておられますよ。
富井:ミッキー兄さんはフォース・ゴーストなんだな?
松:まあ正確にはプロビデンス・ゴーストなんですが、もう摂理と一体化しているのです。そして角界を見守っている。誰の人身御供のおかげで今の人気があるのかを、力士一人一人は考えてほしい。そして神社を作ってほしいです。

<野球部門>

モリワキカントク:休養賞
大量勝利選手たち:破壊賞
ミヤウチオーニャー:幻賞
クロダ:男気賞
レアード:板前賞
スワローズ:ヤクルトスタイル賞
ヤマダテット・ヤナギダ:トリプルスリー賞
マリーンズ:摂理賞

富井:まあ最初にオリック関連が続くけど…。
松:だんだんアワードの行方がみえてきましたね。モリワキさんはほんとにフクラさんの次のカントクにしてほしいくらい。
富井:ちゃんとうまくいった年もあるからな。大量勝利選手たちが破壊されてしまったのが大きいよな。
松:まあ勝手に壊れてると思うんですが、目算は崩れてしまいましたよね。来シーズンがどうなるのか。
富井:その意味でミヤウチオーニャーの幻発言はちょっとおもしろかったな。
松:オーニャーは投資が無駄になるのが何より嫌いですからね。来シーズンは結果を出さないと。
富井:クロダの復帰はプロ野球を大きく盛り上げたな。ちゃんと2桁勝ってるし。
松:カアプの財政状況にも貢献しましたし。それあっての6億ですよ。
富井:レアードはおもしろかった。あんなにおもしろい選手がいたとは。
松:オリックにいたら間違いなく関連グッズ作られますよね。個人的にはハムのグッズ応援(でかいグッズを振り回して応援する:いるかやバナナとか)が復活してたのがうれしかったです。
富井:スワローズはよく優勝できたな。ヤクルトスタイルは全然はやらなかったけど。
松:ミンポーを巻き込んで10分に1回実況にいってもらうとかならはやったかもしれませんけど、じゃあそのスタイルって何といわれるとよくわかりませんからね。
富井:謎概念なんだな。ヤマダテットとヤナギダのトリプルスリーはすごい話題を提供したな。
松:ヤナギダの達成の瞬間は僕らみたんですよね。テットがオリックにきてくれたら…。
富井:Tさんやシュンタを悪くいうのはやめてもらおうか!
松:そっちこそぱっとわかりにくいボケはやめてくださいよ。マリーンズは今年のゴールデンイヤー、楽しませてもらいました。
富井:思うけど、毎年まあまあの成績で戦って、実力で何回かCSに出て、10年に1回ゴールデンイヤーがくるって、結構いい球団だと思うな。
松:優勝は時の運もありますからね。カアプなんかずっと優勝してないんですから。ゴールデンイヤー理論は結構ありがたいですよね。

<その他部門>

カーリング日本代表:大殊勲賞
サワさん:おつかれさま賞
ファイターズ(大学の方):来年はよろしく賞
高校駅伝:毎年見てます賞

富井:ほんとはもっとあるんやろうけど、まあこれくらいかな。カーリングは今年からしっかりレビューし始めたんだな。
松:ウインタースポーツのカテゴリー作りましたからね。いずれはバイアスロンとかも。
富井:テレビ中継してほしいよなバイアスロン。カーリングは北海道銀行今年はよくがんばったな。
松:いい戦いはしてたんですよね。もっとバックアップ体制も含めて、国レベルでサポートしないと。
富井:日本代表としたのは、みんなにがんばってほしいのもあるけど、いつも北海道銀行じゃないぞということもあるよな。
松:来年はまじでLS北見に期待したいです。藤澤がんばれ。
富井:サワさんは今年で引退。おつかれさまだったな。
松:僕らいちおうサワさんの試合なでしこリーグでみてますからね。熱かったです。
富井:ファイターズは今年は残念だったな。年始の楽しみ(ライスボウル)がなくなったわ。
松:来年は戦力の底上げがはかられるでしょう。負けたままじゃだめだ。
富井:高校駅伝はオマエは向井にあげたいんだろうけど、まあ走った人みんなって感じだな。
松:そりゃ向井には目がハートになりましたけど、他のみんなもがんばってたし、男子もがんばってましたからね。見逃さなくてよかった。来年もたのしみ。

***

富井:さて!いよいよFalse Start アワードの発表です!
松:ノミネートが即シェイムになる本アワード、誰がノミネートされるんでしょうか。

種いも球団オリック:優勝してしまうわけですよの呼び声も高く、普段は炭素繊維なみに固いさいふの紐を緩めて大量勝利選手たちを補強したにもかかわらず5位。せめてCSいきたかったです。
カアプ:前評判が高かっただけにCSはいってほしかった。世紀の誤審がホームランだったらCSいけてたんですけど、それ以前に余裕でね。
ミキタニオーナー:やっぱ現場介入はよくないっすわ。ここはジャパンやから。というか誰が得をして、誰が割りをくってるんですかね?オリックなんか誰出しても同じですよ?(あっ)
野球トゥバークに関わった人たち:東京オリンピックで野球が復活しなかったらオマエたちのせいなんですよ?わかってますでしょうか。でもまあうやむやにしてる球界もよくないですよね。
虎まね:いいんです、モデルのお姉さんたちが悪いわけじゃないんです、あそこは知識と技術が並外れて必要なところなんです。もう少し話せる人を呼びましょう。
ブレイディさん:空気圧の問題はうやむやになりましたけど、世間を騒がせてますからね。というか別にブレイディさんというよりNE全体なんですが。代表で。
キセ:こちらも今年だめだった力士代表で。優勝できない気持ちがわかるとかいってはいけません。早く縛られ地蔵を建立してください。

富井:今年はなかなかのメンバーがノミネートされてるな。
松:山本昌ばりに「このノミネートってやばくねえか?やばいよな?」みたいにいいたいですね。どうしますか?今年のアワード。
富井:ていうかどうせオリックなんだろ?はいはいわかったよー。
松:まってください!やさぐれて早とちりしないで。僕はミキタニオーナーだと思うんですよ。
富井:(顔が明るくなって)ほぅ!どうしてそう思う?
松:今琴勇輝みたいな声出ましたけど、そりゃミキタニオーナーがいなければダントツでオリックなんですけど、いちおうラクテンよりは順位上なんですよね。それにオリックはみんなでダメでしたけど、ラクテンはオーナーの影響がちょっと大きすぎます。
富井:なにげにオリックにひどいこといわれてるけど、確かにそうだな。ミヤウチオーニャーなんかあんなにひどいことになってるのに幻っていうくらいしかいってないからな。よし!気が変わらないうちにミキタニオーナーにしよ!おめでとー!
松:なんか押し切る感じですけどまあいいですね。おめでとうございまーす。(ほわーんほわーんほわーん)

富井:ああ今年終わってまう…やばくねえか?やばいよな…
松:もう山本昌はいいですよ。今年も結局野球以外あんまりみにいけなかったのが心残りです。
富井:ほかのスポーツをどのように情報収集するかということに尽きるけど、がんばりたいな。そろそろフィギュアスケートも。
松:今大変そうですけど、いけたらいいですね。駅伝もみたい!
富井:ということで今年1年お世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。
松:新しい年もFalse Startをよろしくお願いいたします!年末年始企画、どうぞよろしく!

表彰状

ミキタニオーナーどの

あなたはほっとけばいいのに打線オーダーとかに現場介入してしまったそうですね。その気持ちとってもよくわかります。アメリカとかでは普通らしいし。でもここは現場に任せてあげてくれませんか。権限委譲ってすてきな言葉だと思いませんか。来年はオリックといっしょに上位進出目指してがんばりましょう。

2015年12月31日
フォルス・スタート商会

2015年の記事を振り返る

さっきぴあから、「オマエの買ったお芝居のチケット早く引き取って」とメールがきたのですが、自分でも買ったのをすっかり忘れていたマイク松ですこんにちは。今年は過ぎるのがほんとに早い。やばい。

さて、False Startは毎年恒例の年末年始企画に入ります。ちょっと早めに書いたので「下書き保存しとこっ♪」などと思っていたら、もう公開日でした。これなら昨日公開してもよかったんや。今年は過ぎ(略)

ということでまずは今年の記事をざっくり振り返ります!

富井:知ってる?もう今年も終わりなんだぜ?
松:知ってますけど僕も信じたくないです。ディオのスタンドで時を止められて信じられないポルナレフの気持ちがよくわかります。
富井:気がついたら12月だからな。かぜのせいでこんなに早く感じるんかな?
松:はやくかぜの特効薬の開発が求められますね。
富井:ともかくこの1年を振り返ってみよう。今年1年長かったなと思えるかも。
松:大事ですよね。

<1月>
富井:1月だ。まずはライスボウル。よくがんばってはいたんだけどな。
松:でも出られるのがいいですよね。もう来年の話は今年はできないんですよね…。
富井:出るのが大事だな。なぜか新春からやせたTの話をしてるな。
松:やせるだけで期待させるってどんだけ太ってたんですかね。
富井:もう何か変化があるだけでいいんだなと思うな。続いていろんな壁ドンの話。壁ドンもぜんぜんいわなくなったなー。
松:壁ドンもちろんやる機会はないんですが、なんか身近に感じるスキルですよね。この話もわりと好きです。
富井:スキルなのか壁ドンは。NFLはプレーオフ、DAL@GBがおもしろかったな。
松:GBも今年もなんやかんやでがんばってますからね。そういう方がいいのかもしれないです。
富井:フィギュアスケートは全米選手権でアボットが最後の演技してるな。いいスケーターだった。
松:しばらくあそこまでの芸術性をもったスケーターは出てこないかも。あ、もちろんハニューは何でもできるからいいんですけど、表現にすべてをかけるスケーターは。

<2月>
富井:2月。まずはスーパーボウルだな。おもしろかった。
松:最後のINTは全然予測つかなかった。バトラーもあれでヒーローになりましたね。ブレイディから車をもらったときが一番おもしろかったです。もっと活躍して。
富井:フィギュアスケートはシーズンまっただ中だったけど、ロシア選手権が男子も女子もおもしろかったな。まあ女子の方がおもしろいんだけど。
松:まだこのあともりもり出てくるんでしょ?新型のモビルスーツが。その開発力がすごいです。あとこの記事ではお寿司のメニュー的に順位をまとめてますけど、それがおもしろいです。
富井:そしてミッキー兄さん断髪式。ちゃんとまげもなくなったのに、まだこのサイトでは頻繁にミッキー兄さんを復帰させようとかいってるよな?
松:もうミッキー兄さんは概念になっているのですよ。ちょうどフォース・ゴーストのことをいっていますが(今はタイムリー)、霊的な意味でずっとこのサイトで生きているのです。
富井:霊的な意味か。霊ならしょうがないな。
松:しょうがないっすね。
富井:カーリングは日本選手権があったけど、この頃とはまた勢力図がだいぶ変わってるな。
松:日本では珍しいくらいの移籍がダイナミックですよね。新たなチームを得た藤澤はどんな活躍を見せてくれるか。もう活躍してるんですけど。
富井:四大陸ではデニス・テンが優勝してるな。めでたい。ビッグタイトルの優勝を経験できて。
松:誰もが認めるスーパースケーターですからね。強い強い。いいときに優勝できました。来年はまた違った状況になりそうですからね。

<3月>
富井:3月は壮大にびわ湖毎日マラソンから始まったな。これおもしろかった。ご隠居。
松:来年もたのしみです。ほんとケニア勢から目が離せない。今年のペースメーカー誰かな~みたいな、完全に誤った楽しみ方ですよね。
富井:おもしろいからしょうがないな。フィギュアスケートは欧州選手権で、パパダキス・シゼロンの衝撃の登場がすごかった。
松:今シーズンはけがで出てないですけど、またみてみたいですよね。あとペアでは川口・スミルノフが優勝してます。
富井:これはうれしかったな。いいプログラムをばっちり演じればいけることがわかったし。
松:印象的なプログラム、またみてみたいですね。あれ、その近くに何かもやもやした記事が…?
富井:モリワキカントクの著書発売になってるよ。世間もめっちゃ期待しているよ。ああ。
松:まさかこの3ヶ月後に休養とか、誰も予想してませんでしたよね。副部長も「まだわからない」を連発してますが、ホントにその通りになりました。
富井:その通りにならなくてもよかったんだけどな。そして本当のムラタじゃないがきたよ。これオマエの好きな記事だろ。
松:その通りですね。平行宇宙とか好きなので。でもハラカントクが四次元カントクでなければ別にいわなくていいんですよ。
富井:ハラが悪いなハラが。ここでは世界カーリング選手権をずっとみてるな。カーリングブログでも通じそうだけど。
松:スウェーデンスコットランドに勝ったのはでかかったです。感激しました。

<4月>
富井:4月はまずエイプリルフールから。これなかなかおもしろいよな。
松:新しいコンバインドが結構いいですよね。最後は応援+座禅ていう精神修行になってますし。
富井:来年もちゃんと思い出して書きたいな。HOTホットメニューのレビューも結構がんばってるんだな。
松:4年連続でやってますからね。ここまでHOTホットメニューに関心を持ってるサイトもないでしょう。食べてないけど。
富井:食べに行かないとな。オリックの運試しチケットが紹介されてる。このあとまだまだあるけど、企画部はがんばってるな。
松:運試しチケットはオマエらの運が心配だよという観客のつっこみ待ちだったんじゃないかと思いますね。
富井:NFLではポラマルが引退してる。おつかれさまだったな。
松:もう長らくああいう選手は出てこないでしょう。ジオンにおけるシャアみたいな位置づけでしたからね。
富井:そうこうしているうちにフィギュアスケートは世界選手権。トゥクタミシェワが3A跳んで優勝してるな。すごい。
松:あれは結構衝撃でしたね。もっと実戦に向けて精度を高めているのかもしれませんね、今は。
富井:オリックでは試合を見に行って、輝けなかったところがあったな。でも輝けなくてもあの頃は勝ってたわ。
松:カガヤコーとサラニヒトツニナローの違いは、勝ってないと輝けないというシンプルなことでしたね。もっとヒトツニナル路線で来年はがんばりましょう。そのための研修も考えたりしてますから。
富井:NFLではティーボウさんが就職決まりそうをとりあげてるけど、これはあとの伏線ということでいいんかな?
松:あのときはほんとにめでたいと思っていたんですよ。めでたいじゃないですか。
富井:調子よかったときのオリックの思い出ではカラバイヨの日本語がうまいというのもあったな。
松:あれだけ日本語できれば引退しても働くところはありそうですよね。他方で人柱の話もしてますよ。
富井:人柱の話は否定できないけど、とりあえず効果はなかったな。4月はおもしろい記事がいっぱいあるけど、ショッカーのトライアウトはおもしろかったな。
松:なかなか隙がない記事になりましたね。自分でいうのもなんですが、ちょっと就活にも応用できそうで。
富井:ショッカー以外に入る人にむしろ参考にしてほしいな。そしてオリ達デーを本格的に企画。いちおう結論としてはだんじりを使うということになったんだけど。
松:神戸も撤退してしまうし、そろそろだんじりを各ゲーム1回ずつ転がすのはありだと思いますけどね。

<5月>
富井:5月だ。5月場所と野球。このあたりからオリックのやばい感じが明らかになってくる。
松:けが人続出ですからね。せっかく見に行ってもハーミッダの話しかできないくらい。それでもよく見に行ってる。
富井:そんな中で夏の陣が地球になったりしてるな。今思うと地球ユニもいやな思い出でしかないよな。
松:この時点で借金11なんですからね。夏はどうなってるのやらというところで。
富井:交流戦が始まって、広島まで試合みにいったりしてる。たのしかったな。
松:戦力整ってましたからね。安心して場内をうろうろして楽しんだりしてますね。
富井:横浜が少女まんが風イラストを作ってたみたいだけど、これは完全に誰かが通った道だな。
松:あれで女性ファンは増えたのかどうか、横浜ならマーケティングやってると思うので検証してほしいです。
富井:5月場所は照ノ富士が優勝、そして大関昇進。大きく盛り上がったな。
松:ちゃんとミッキー兄さんに学ぶ4箇条作ってますよね。守ってほしい。
富井:ロッテの交流戦ポスターをネタにまたオリック…って今年オリックの記事めっちゃ多いわ!
松:しょうがないじゃないですか、取り上げられるような活躍(悪い意味の)してるんですから。カアプ女子と戦って粉砕されたりするからそういうことになるんですよ。

<6月>
富井:6月だ。フジカワが四国ILに移籍したりしてるな。
松:今思えばただの経由地だったわけですが、結構いい決断でしたよね。四国ILにとってうれしいニュースでした。サンキュー。
富井:そして…モリワキカントク休養…。振り返るのもいやだわ…。
松:もうキューヨーというようにしましょう。キューヨー。今考えてもちょっと早すぎた感はありますね。もうちょっとやらせてあげたかった。
富井:そんなショックがあったからか、なぜか甲子園の交流戦に、あえて外野席に応援にいくという、このサイトではなかなかないチャレンジ企画やったりしてるな。
松:ちゃんと読み直すとおそろしさが伝わってきますね。田舎から出てきたわれわれには都会って怖いというエピソードとして記憶されます。
富井:内野はまずまず平和やから。今度は内野いこうな。そんなトラ柄は採用しない選手会プロデュースデーとかも今は蜃気楼みたいに思えるな。
松:もうそういう問題じゃなくなってましたからね。動物に進化するというより絶滅危惧種を救うみたいなシビアな問題に。
富井:シビアだったな。相撲ではちっちゃいニュースを取り上げていたら、音羽山親方が急死したりしてる。
松:今年は角界でも重要な人がなくなられましたね。ご冥福をお祈りしています。
富井:NFLではオフですが、いるかとSFから人がいなくなってるのを取り上げてるな。
松:やっぱりそういうことかと今更ながら考えますよね。暗闇は深いです。
富井:種いも錬成陣の話がここで出てるな。オレはよくわからんけど。
松:鋼の錬金術師おもしろいんですよー。読んでるとおもしろい内容になってるはず!
富井:そうなのかー。カアプはクロダグッズがすごい増えてるというのを取り上げてるな。そりゃ再契約してもらわんとな。
松:なんやかんやで球界の盛り上がりは1/3はクロダが作りましたね。貴重。
富井:そのあとも…うわっ!オリックの記事、多すぎ…?みたいな感じでオリックの記事続くな。
松:年収みたいにいわないでくださいよ。ちゃんとほかの記事からもってきてるでしょ?川崎のダンスラミレスコーチ株主総会お祓いとか。ラミレスコーチは今思うと貴重です。来年はカントクですからね。
富井:企画部は合コン企画とかしてたんだな。どうやってもカップルはできそうにないけど。
松:できたカップルは結構慎重なカップルでしょうね。「いつ何が起こるかわからないからとりあえず貯金」みたいな思考の人がいそうです。

<7月>
富井:半分終わった。7月だ。まずはとらまねの話。今のところ続いてるみたいだけど、来シーズンはどうなんかな。
松:他人事ながら心配ですよね。悩ましいジャッジです。アナウンサーを使うのが理想ではあるんでしょうけど。あ、もちろんオリックはいもマネでいいですよ。
富井:まあな。オリックネタではやっぱり7月はひも理論だな。わからんけどな。
松:こういうの好きですからね。ひもがグッズなのはおもしろいです。
富井:ホームセンターみたいにいろんなひもが並んでて、計り売りしてくれるんだろ?「このアダチ選手のひも、2mください」みたいな。
松:ひもならどんどん捨てて、どんどん買ってもいいし、持って帰るにしてもかさばりませんからね。その手があったか。
富井:ないよそんな手。相撲ではオマエはわからなくて結構が出た。おもしろかった。
松:残念ながら今年のキセもわかってしまって、その通りの結果になってしまいましたけどね。
富井:そしてブラタモリ的な展開の記事が大相撲フィギュアスケートと続いてる。すっかりスーパーコンテンツになったな。
松:まあおもしろすぎますからね。桑子さんをワラッチャオ!のときから応援してたわれわれもうれしいです。
富井:相撲の記事が続くな。射的とか、どっきりとか。
松:こうやってミッキー兄さんはサイトの中で生き続けるんですよ。
富井:霊的にな。旭天鵬若の里が引退したりしてる。
松:普通に引退できるって、すてきなことですよね。
富井:NFLではいるかが名実ともにいろんな意味で最下位チームに認定されたりしてる。
松:ほんとに大きなお世話の一言ですよね。ビッグケア。ビッグケア。
富井:絶対間違ってるわその英語。ファーヴがGBチーム殿堂に入ったな。これも意義深い。
松:ようやくという感じですね。これからはGBを強くするのに力を貸してほしいです。少なくともユニの売上げは多そう。

<8月>
富井:8月だ。この直前に引っ越ししてるからか、印象的な記事は少ないな。
松:プレシーズンゲームのレビューでお茶を濁しながら、極東事務所の片付けにいそしんでますね。しょうがない。
富井:暑かったなあの引っ越し。大変やった。
松:当分ないようにしてほしいですね引っ越し。やりたくないし。
富井:あとオマエがバンクーバーにいってるから、オレが短い記事を書いてつないでるんだな。
松:ありがとうございました。バンクーバーまたいってみたいです。
富井:いきなりあげるのはミキタニオーナー現場介入。アメリカではよくやってるというけど、別に日本でやっていいわけでもないよな。
松:デーヴでなくてもモティベーションは落ちますよね。かわいそうです。結局このあと辞意を固めて、ノムさんが再評価とかいわれたり。
富井:いろいろ遅いよな。オリックの成績が少しよくなって、最下位脱出!5位固めた!みたいな見出しを並べてるな。
松:もうこの頃には一時的であってもその瞬間を喜ぼうみたいな、積極的刹那主義を展開してましたよね。
富井:積極的平和外交みたいだな。オリック啓蒙ポスターがやっぱりおもしろかったな。
松:まあもとねたがおもしろかっただけですけどね。書いてあるせりふはほんとにひどいですよね。
富井:オマエが作ってるんだよ。NFLではマレットが遅刻。結局あのあと姿が見えなくなったな。
松:姿が見えないといえばセクシーさんもいちおう就職したんですが…。
富井:今なら必要としてるチームあるかもよ。
松:もうすぐレギュラーシーズン終わりますって。

<9月>
富井:2/3終わった。あと4ヶ月だ。9月。ブレイディさんの処分が無効になってる。アメリカらしいわ。
松:ほんとにAFC EASTのチームは現にしょんぼりしているわけですが、まあよかったですよね。
富井:しょんぼりといえばティーボウさん、セクシーさんも解雇されてるな。喜んでたのに。
松:今何をしてるでしょうね。あったかくしてればいいけど。
富井:そこまでか。大丈夫やって。NFLは開幕してるけど、ウィンストンとマリオタの戦いは熱かったな。
松:意地みたいなのをお互いに感じましたよね。あれはいい試合でした。いいマッチアップ。
富井:フィギュアスケートでは将軍の変顔が話題になったりしてる。すっかりフィギュアスケートの顔的存在になってきたな。
松:この記事は結構うまく書けたと思います。将軍含め、結構いい人材が競技を盛り上げてると評価されてるみたいですね。いいことです。
富井:オリックはトーメイが10勝したり、すごくいい形でソフバンを破ったりしてる。いいことだ。
松:もちろんいい結果のときにしか書かないからですけど、前向きですよね。そうでなくっちゃ!
富井:何がなくっちゃだよ。オマエが負けゲームをおもしろおかしくとりあげるからオレがバランスをとってるんだよ。
松:いっけね☆
富井:☆やめろ。なんか気になるのがヤクルトスタイルの話だな。
松:あんなに盛り上がったのに、ヤクルトスタイルが流行語大賞に上がったという話は聞きませんでしたね。
富井:いちおう9月場所もやってるんだけど、鶴竜が変化してどん引きして終わったな。
松:よごれちまいましたね鶴竜も。

<10月>
富井:10月はいい記事が結構多そう。まあいろいろ盛り上がってたからな。
松:そんな中盛り上がってなかったオリックは田口を二軍監督にしましたね。火中の栗という言葉がぴったりきますね。
富井:実際そうだからな。むしろNHKとか日経(コラム書いてた)が困ってるんじゃないか。ヤクルトが優勝。おめでとうやな。
松:ですねー。ヤクルトの優勝は何の含みもなくお祝いできます。おめでとうヤクルト。
富井:そしてCSに入っていくんだけど、中心はロッテだったな。ゴールデンイヤーという名のプロビデンスはCS進出決定先勝ハムも逆王手第3戦の死闘というドラマティックな展開を生み出したよ。
松:たのしかったですねー。もちろん日本シリーズには出られなくても、このファーストシリーズはほんとに野球の醍醐味でした。パ・リーグのCSはやっぱり格別です。
富井:レアードの板前もおもしろかったな。来シーズンもがんばってほしいわ。
松:板前は個人的に応援したいです。握れ!
富井:オリック以外でな。そういえば野球トゥバークのニュースあったな。思った通りうやむやにされてるわけだけど。
松:あの球団得意のしっぽ切りですよね。ミッキー兄さんはそれでトゥイホーされてるのに。もっとしっかりやってほしいです。
富井:NFLではいるかがHC解任されたり、KCが終戦したりしてるな。あははは。
松:でも年末現在、いるかは完全に終戦してるのに、KCはワイルドカード争いで上位にいるんですよね。何が起こったんでしょうか。
富井:オレもわからん。完全に終戦と思ったけどな。パスに変えてよかったんかな。
松:さすがアレックス・スミスっすね。がんばってるといえばマッカウン弟が意外にがんばったというのがありましたよ。
富井:もちろん勝ててないんだけど、CMに出てたのはおもしろかったな。野球はドラフト会議があって、吉田と佐藤をオリックが集めているというのがあったよ。
松:一時期のBALみたいにルイスばっかり集めているみたいな感じですかね。電光掲示板がめんどくさそう。
富井:ペット対象のファンクラブはすごいな。どれだけおかねを集めるのかと。
松:でも発想がとても自由ですよね。ベンチャー企業みたいに意欲的なアイディアが続々採用されてます。かわりに球団が続々けが人を出しているというところですかね。
富井:誰がうまいこといえいうた。あと野球は見逃すスポーツじゃないはおもしろかったな。
松:あれはヨシヒコがおもしろいだけですけど、名言ですよね。そのあとぱーてぃーぴーぽー的な盛り上がりをつけてみました。

<11月>
富井:11月だ。あとちょっと。ここはフォルス・スタート照会に蔓延する奇病、かぜのせいでさっぱりだったな。
松:ほんとに僕らの11月を返してって感じです。なんもできんかったです。
富井:まだ元気なころに種いもどもに言ってほしいフレーズを考えるトークを考えてるな。
松:大喜利のノリになって、プチ大喜利やってますね。今からいっておきますが、これお正月にも使いますよ。
富井:わりとおもしろいネタだからな。フィギュアスケートはGPS進んでるけど、中国大会で浅田が優勝してるな。
松:いい復帰戦になりました。シーズンはまだまだ続くし、じっくり調整してほしいです。もう自分のために滑ればいいんですからね。
富井:あとペトペトロフにさりげなくがおもしろかった。個人的に。
松:べとべとさんという妖怪がいるんですけど、それに似てますね。
富井:NFLではCARが相変わらず強いな。まだ負けてないとか。負けまくってるチームもあるのに。
松:ありますねー負けまくってるチーム。負けまくってるとマッドマックスって似てますね。
富井:そしてファイターズ.vs.パンサーズ。がっかり試合。
松:来年はなんとかなるんじゃないかと思うんですけどねー。とにかく西村をなんとかしないと。

<12月>
富井:最後12月だ。正直12月もかぜの影響もあるけど、あんまり面白い記事書けてないかも。
松:あの疫病、あの呪いの病、かぜ!!かぜがにくい!
富井:もうひかないようにしような。九州場所は場所中に理事長がなくなられたりしてる
松:来年はもっといい年にしないと。けが人はけがをなおす、そして土俵を充実させる。あの世の理事長にささげましょう。
富井:そんなところに嘉風が新関脇になったのはいいのかもな。ああいう相撲をみんながとれば。
松:もちろんマサヨや輝も新しい風を吹かせてほしいです。
富井:オリックはナカジさん改名フクラカントクのESPという形でとりあげてるな。
松:今でこそ笑い話ですけど、オリックもよういむちゃんよんをとらなかったですよね。ESPに救われてる部分は大きいです。
富井:ありそうな話だもんな。フィギュアスケートは宮原がNHK杯に勝って、そのあとファイナルでも2位全日本は優勝。強いな。
松:安定感がほんとにぱないですよね。自動人形的な強さを感じます。
富井:まあ強いといえばハニューの330.43。オーサーも苦笑い。
松:出て全然不思議じゃないというのがすごいです。こういう大きな壁を前にイノベーションは生まれる。新しいクワドルプルが出てくるのも時間の問題ですね。
富井:そうでないと勝てないよな。あと高校駅伝おもしろかったな。
松:おもしろかったです。向井最高。かわいい。都道府県対抗駅伝も絶対みます。

富井:おわったー!疲れたー!
松:でも今年は余裕を持って作れてますからね。しかしこのまとめがしんどくなるような、おもしろい記事をもっと書きたいです。
富井:それにはまずかぜの克服だな。人類はこんなに進化しているのに、まだかぜを克服できないとは。
松:サンタさん、特効薬ください!(クリスマスもう終わってる)

NFL2015 week15 BUF@WAS

明日実家に帰るマイク松ですこんにちは。AREYO-AREYOという間に年末。YAVAI。YAVAくないですか?聞かれても困りますよね。

最近フィギュアスケートのレビューをばんばんやっていたので、NFLの記事がしばらくなかったのですが、結構びっくりする展開。なんといるかが地区下位に沈んでいるのです!

…そこはびっくりするところじゃねえよというつっこみを待ったところで本当のところですが、KCが強いんですよ。チャールズを失って元気よく失速かと思ったら、なぜかワイルドカードを争って地区優勝もありうる展開。何が起こってるんでしょうか。

そこもびっくりなのですが、今日対戦するWASとBUFもまあまあ元気ということです。どういうことなんだ。

week15, BUF@WAS。実況は筒井さん、解説は高野さん。

どうもWASはQBカズンズがめっちゃ調子いいらしいです。RG3が沈んだらチームも沈む仕組みになっているんじゃないのか。カズンズが調子いいとかいわれても、今日は血糖値が高くないみたいなイメージしかもてないわ。

BUFはディフェンスもいいのですが、オフェンスではテイラーがめっちゃ調子いいみたいです。ばんばん走るらしい。テイラーが調子いいといわれても、今日はひざがあんまり痛くないみたいなイメージしかもてないわ。

そんな両チームの対戦。うわさは本当なのでしょうか。

序盤はホームのWASが力をみせます。本当にカズンズのオフェンスが機能してるんですよ。グルーデンHCのオフェンスにフィットしているのかもと思ったら、兄(チャッキーに似てる人)と同じくウエストコーストで、てきぱき投げてます。もともとモリスががんばってるわけですから、ランパス織り交ぜて進む。おまけにTEリード、そしてパスさえくれば活躍できるデショーン・ジャクソンがいるわけですから。

あっという間にエンドゾーン前に進んで、リードにTDパス!こんなの僕が知ってるWASちゃう!

BUFはマッコイがいい走りしているのは知ってましたが、確かにテイラーもいい走り。オフェンス止められたと思ったら自分で走って1stダウンとってきます。普通のときのヴィックさんくらいすごい。

しかし序盤はWASペース。エンドゾーン前まで攻め込んで、カズンズがスクランブル。無茶せんとってと思ったら、そのままディフェンスをかわしてTDとりました!こんなの僕の知ってるカズンズちゃう!もう5ランTDとってるらしい。

その次のWASオフェンスもリードにTDパスを通して押せ押せのWAS。まじか。いつのまにこんなにいいチームになってたのか。次のBUFオフェンスもパントに追い込んで、これは一方的な試合になるかと思った矢先、PRがファンブルロストしてBUFオフェンス継続。これは流れがくると思ったら、4thダウンギャンブルを失敗して点が入りませんでした。前半はWASが21-0でリード。

後半は点の取り合いになります。BUFがFGで点をとると、返しのWASオフェンスでカズンズからデショーンへ77ydsTDパスが通ります!すげーなカズンズ!

するとBUFも返しのオフェンスでRBギルスリーが60ydsランTDをかまして反撃。次のオフェンスもテイラーがワトキンスに48ydsTDパスを通して追加点。後半のBUFは熱かったです。

しかしWASは長く時間を使って、カズンズからガーソーンへTDパス!そういえばガーソーンいたの忘れてました。こまはそろってるんですね。

BUFは熱い4thダウンギャンブル失敗などもありましたが、終盤にワトキンスにTDパスを通して追い上げます。しかしオンサイドキックは決まらず試合終了。BUF 25-35 WAS。

こんな攻撃力あったって聞いてない!

WASはカズンズが22/28,319yds,4TD+3att,11yds,1TD。大暴れじゃないですか。もうRG3の戻る場所ないんじゃないですかね。スキームにあうとここまでオフェンスって機能するんですね。ランはモリスが14att,84yds。試合を作ってます。ジョーンズもナイスラン。レシーブはデショーンが6rec,153yds,1TD。パスが飛んでくればやりますね。リードは7rec,84yds,2TD、ガーソーンも3rec,34yds,1TD。すっかりパスのチームになってる。すげー。ディフェンスは後半はわりととられましたが、5sck,1FFで勝利に貢献。ホールの8タックルが相変わらず熱いです。

BUFも負けたとはいえいい活躍。テイラーは16/27,235yds,2TD+9att,79yds。鬼の走りですね。ランはギルスリーの60yds1発TDがなければリーディングラッシャーでした。ランがもっといけてればと思うと、けがをしてひっこんだマッコイをもっとつ勝ってればよかったという指摘もわかりますね。レシーブはワトキンスが5rec,111yds,2TDとエースレシーバーの活躍。ウッズも4rec,44ydsでチームを支えてます。もう少しパスターゲットがいればいいのに。ディフェンスは後半はよくおさえてましたが、WASのOLにあんまりプレッシャーがかかりませんでした。かかってますがQBに届いてなかった。

ともかくWASもBUFも戦力が整ってきた感じ。おいてかれてるのはいるかだけか!

全日本フィギュアスケート選手権2015(4):女子シングルFS

ローソンで肉まん買って食べたマイク松ですこんにちは。最近あんまりたべてなかったのですが、やっぱりおいしいですね。

今日は全日本の女子シングルFS。今年のフィギュアスケート納めです。

全日本フィギュアスケート選手権2015、女子シングルFS。実況は中村さん、解説は荒川姐さん。

木原万莉子。NHK杯をこえてほしい。「ブラック・スワン」より。3Lo+2T+2Loは手上げで決めました。3Fはシングルに。シットスピンはしっかり。3Lzは前向きに降りました。がんばれ。レイバックスピンはとてもいいポジションです。イーグルから2A+3Tをしっかり成功。3Sはいい感じ。3Loを決めてステップ。丁寧にがんばってますね。2A+3Tをもう1つ決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。うまくいかないジャンプはありましたがしっかり滑りきりましたね。170.69。シーズンベストでした。

松田悠良。「白鳥の湖」。こっちは白鳥の湖ですね。3F+3Tをまずは成功。3Lzも堅実に。3Loを決めてコンビネーションスピン。いい流れできてますね。シットスピンからスピードを上げてきてます。そこからコレオシークエンス。いいスパイラルです。3Loからステップ。音楽をよく聞いてます。2A+1Lo+3Sを決めてきました。ジャンプ決めてきてますね。3Lo+2Tも成功。2Aを決めてジャンプ終わり。コンビネーションスピンはビールマンスピンで決めました。ミスなく演じきりましたね。これは自信になりそう。165.84。回転不足が3つあったみたいですね。うーん。

永井優香。マンシーナ「八月の狂詩曲」。いいスピードから3Lzはステップアウト。でも動きはいいですね。3Fは流れよく成功。つなぎ部分もよく考えてます。動きがいい。3Loは成功。そこからステップにいきます。上下の動きもあればステップと上半身も連動してるし。永井は動ける選手ですね。コンビネーションスピンは回転速度を上げて。2A+3Tはセカンドの高さがありました。3Lz+2T+2Loは最初のコンビネーションをリカバー。いいですね。3Sも決めて2A+2Tからスパイラル。いい笑顔です。コレオシークエンスからレイバックスピン。いいポジション。コンビネーションスピンでフィニッシュ。自分の演技をして全体をまとめましたね。178.86。

新田谷凜。きれない緑の衣装です。「ロミオとジュリエット」。3Lz+2T+2Loを決めてきました。3Fは跳ぶタイミングがよくなかったか転倒。3Sは成功。すぐ次の演技にうつっていくのがいいですね。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションが明確できれいです。ステップは上半身の動きがしなやかでいいですね。3Loはしっかりこらえました。3Lzは成功。2A+3Tをここで決めました。コレオシークエンスものびやかに。2A+3Tの2つめはステップアウト。コンビネーションスピンからレイバックスピン。レイバックスピンのポジションがしっかり。最後は切腹でフィニッシュ。いい演技でしたね。雰囲気をもってる。シニアでもがんばれそうです。切腹をちゃんとスローで流しておなかにズームする。178.48。

本田真凛。きれいな赤い衣装。「ビートルジュース」より。3Lzは転倒。いい踏み切りかと思ったのですが。3S+3Tは荒川姐さんのいうようにおもしろい入り方でした。シットスピンは入り方にも工夫。確かに手の表現力ありますね。ステップはよく音をとらえてます。そのまま2Aを決めます。レイバックスピンはポジションのきれいなビールマンスピンに。3F+2T+2Loを成功。3Loも難しいステップから決めました。音楽が変わってスピードに乗ってきます。2A+3Tを成功。3Fは入り方のタイミングがずれたか転倒。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプのミスはありましたが、それよりもいい表現力が目立ちましたね。これからまだまだうまくなる。171.62。

青木祐奈。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。いい入り方。気迫を感じますね。かっこいい。3Lz+2Loは3-3の予定でしたが自重。いい判断。2A+3Tをしっかり決めてます。2Aからレイバックスピン。手の表現も見事ですね。ステップからの3Sはいい流れ。イーグルからコレオシークエンス。このへんの表現も結構印象的。コンビネーションスピンはいろんなポジションをスムーズに。つなぎ部分もしっかり動けてますね。3Lzはスピードが落ちてシングルに。3Loは転倒。がんばれ。ちょっと疲れたか。3F+2T+2Tをなんとか決めました。シットスピンからステップに。長く滑る形できれいなエッジワークでした。後半疲れましたが、とてもいい滑りでした。のびていってほしい選手。155.84。

宮原知子。最終グループはいきなり宮原。リスト「ため息」。3Lz+2T+2Loをまずはしっかり。つなぎ部分の表情も動きもしっかり作ってありますね。3Loからの動きもよく動けてます。ステップはめずらしくちょっとつまづきましたが大丈夫。3Fも問題なしですね。コンビネーションスピンは両回転。終わってからの表現が好きなところです。3Lzはしっかり。2A+3Tもテンポよく。すさまじい安定感。キャメルスピンもドーナツポジションで加速。ステップからの3Sも見事。2A+3Tを最後に決めました。振り付けの一部のような安定感。スパイラルはフリーレッグがとてもきれい。レイバックスピンはビールマンポジションで加速していました。いい演技でした!いやーなんという安定感。212.83。

樋口新葉。「マスク・オブ・ゾロ」より。樋口は自分にあうプログラムをもってきますね。スピードあります。3Lz+3Tを跳んできました!いいジャンプです。ステップからの3Sもいい。レイバックスピンは回転が速い。曲のリズムをしっかりとったつなぎ部分も考えられてます。ステップはエッジワークを正確にやってますね。密度も高いし。3Lz+3Tをもう1つ。2Aからのつなぎ部分も印象的。3Loも流れに乗って。キャメルスピンからコレオシークエンス。ばばーんとスパイラル。曲をうまく使ってる。3F+2T+2Loをここで跳んできた。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。メリハリのある演技で印象的でした。195.35。

白岩優奈。「ナイト・ワルツ ~悲しみのクラウン」。3Lz+3Tをまず成功。いいジャンプです。3Sは単独。3Fは流れがありました。跳び終わりもきれい。2Aからレイバックスピン。軸安定してますね。ステップは細かく丁寧に。音楽をよくきいてますね。3Loはその前のステップから工夫。コンビネーションスピンもがんばってる。コレオシークエンスはしっかり工夫。3Lz+3T+2Loを決めてきました!すげー。2A+2Tからシットスピンでフィニッシュ!いい笑顔でした。ぽんぽん跳びました。楽しそうにやってるのが一番。186.33。

本郷理華。「リバーダンス」。3F+3Tは確実に決めました。3Sは手上げ。なるほど。3Lzは前に傾きすぎて転倒。キャメルスピンからステップ。本郷のこのステップ好きです。賢二アニキ謹製。今日はまずまず。2A+3T+2Tをここで決めました。3Loもおっけー。コンビネーションスピンもいろいろなポジション。3Fもなんとか。ちょっと疲れてるのか、今日はキレがあんまりないかも。がんばれ。2A+2Tからコンビネーションスピンでフィニッシュ。珍しく転倒しましたがよくがんばりました。193.28。うーん2位に入れなかったか。

浅田真央。がんばれ。プッチーニ「蝶々夫人」。会場も息をのんでる感じですね。3Aは転倒。でも降りてました。すぐ演技に戻ってますね。ここから。3Fはコンビネーションにならず。3Lzはきれいに決まりました。キャメルスピンはポジションがいいですね。コレオシークエンスは感情表現がすばらしいですね。曲にしっかりフィット。2A+3Tはキレがありました。3Sも成功。3F+2Lo+2Loを決めました。3Loからレイバックスピン。見事なポジション。ステップにいきます。気持ちがよく入ってます。自分の物語を表現してる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。1つ1つのエレメンツをしっかり1つ1つ決めてました。193.75。おーぎりぎりかわしましたね。久美子コーチの福のおかげや。もう親子みたいになってる。

村上佳菜子。あ、今日のメイクはいいですね。「SAYURI」より。3Loはいい流れのジャンプ。2A+3Tもリズムよく成功。3Fは降りましたが転倒。ダイナミックすぎたか。キャメルスピンからステップに。リズムがよくとれてて曲にぴったり。コンビネーションスピンもいい回転でした。打席に入るようなポーズがあったあとで3Sは流れのあるジャンプ。3S+2T+2Loと決まってます。今日はジャンプの質が高いですね。コレオシークエンスの動きもいい。3Tは決まりましたが、2Aはシングルになりました。レイバックスピンでフィニッシュ。最後の2Aが決まったらもっと笑顔で終われたか。181.58。

○最終順位:(1986年ヒット曲ランキング的に)
1. 宮原よこんにちは
2. 熱き樋口に
3. なんてったって浅田
4. デカメロン本郷
5. 季節はずれの白岩
6. 空想村上

宮原が優勝。安定感が本当にやばい。このまま出家しそうな安定感です。僕もいっててよくわからないのですが。2位に樋口が入りました。よくがんばりましたね。自分のいいところをしっかり出せてる。浅田が3位に飛び込みました。ほんとにぎりぎりですが、ちゃんと3位に入るあたりさすが。本郷はぎりぎりですが表彰台に入りませんでした。惜しい。ほんとにぎりぎりなので気にしなくていいでしょう。自分の滑りはできてる。白岩が5位に入りましたね。結構好きな選手になりそう。このままじっくり成長してほしいと思います。村上のバッターボックスに立つような動きでほっこりしました。いい味出してる。

今年の全日本もいろんな選手をみることができました。女子のレベルの高さほんとにぱないですね。

全日本フィギュアスケート選手権2015(3):男子シングルFS

オリックス小松「安心して下さい」。まったく安心できないマイク松ですこんにちは。どこに安心材料があるのかがわからん。年の瀬ですね。ところで流行のギャグの実際にやってる場面をいつも見てないのですが、今回の安心うんぬんもみてないんですよね。世の中のはやりを3分で説明する番組をBS1で作ってほしい。

今日は全日本の男子シングルFSです。もっと気楽に見たいわ。

全日本フィギュアスケート選手権2015、男子シングルFS。実況は西岡さん、解説はホンダバン。

中村優。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。3Aは転倒。2Aは決めました。3Lzは成功。でももっとスピードがほしいですね。シットスピンは最後があぶなかった。コンビネーションスピンは安定してました。3Loも決めていい感じなってきた。2A+1Lo+3Sは最後でステップアウト。3F+1T、3Lz+2T、3Tと確実に決めてますね。キャメルスピンからステップに。丁寧に踏んでました。最初の転倒からすぐ立て直せましたね。194.84。

日野龍樹。新手の仮面ライダー(昭和)っぽい衣装。「キング・アーサー」より。4Tにチャレンジしますが転倒。ナイスチャレンジ。3A+3Tは決まりました。3Lz+2Tからつなぎの部分もしっかりしてますね。3Loの跳ぶときはちょっと変身ポーズっぽい。ステップは長い構成をがんばってます。コンビネーションスピンはいいポジション。3Aは降りていたのですがそのあと転倒。3Fはいけました。3Lzはなんとか。3S+2T+2Loは間にターンが入りましたがなんとか。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。アクセル決めたかったですねー。213.17。

山本草太。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」。自分で選んだ曲だそうです。3Aは転倒。高さ出てましたが。4Tに挑みますが転倒。ジャンプの力はあるんですけどねー。シットスピンは安定してます。ステップからの3Lzはいけましたね。コンビネーションスピンはきれいなドーナツポジションにも。リンクを大きく使って滑ってます。。3A+2Tはなんとかこらえました。3Loも成功。3Lz+3Tとジャンプ決まってきましたね。3F+1Lo+3Sも決めてきました。2Aからステップ。いいエッジワークです。細かな構成をがんばってる。コンビネーションスピンは拍手が起きていました。最初のジャンプはうまくいきませんでしたがそこからはしっかりがんばりました。215.15。

友野一希。「ムトゥ踊るマハラジャ」ほか。4Sに挑みますが転倒。もう4Sいけるんですね。3Aはしっかりもちこたえてますね。3Lz+3Tはセカンドで転倒。次のシットスピンはバランスを崩して入れませんでした。がんばれ。3Aは前向きに降りてしまいコンビネーションにならず。3Loはなんとか。転倒でどこか痛めたのかも。3Sは回りすぎて手をつきました。キャメルスピンからステップ。インド音楽をフィーチャーして盛り上げます。3Lzを決めて、3F+2Tからコレオシークエンス。こちらもしっかり表現してます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。転倒も多かったですが、自分の世界観をしっかり表現できてますね。それが何より。173.72。

無良崇人。シルク・ドゥ・ソレイユ「オー」より。4Tは手をつきましたがいいジャンプ。4T+2Tは決まりました。3Aはスピードが足りずシングルに。すると次にすぐ3Aを跳んできました。計算大丈夫かな。でもいいジャンプでした。コンビネーションスピンからステップは砂漠をテーマに。砂漠はよくわからんけどがんばってますね。3A+3Tはステップアウトも跳びましたね。3Loは決まった。シットスピンから3F+1Lo+3Sをここで決めました。3Lzも成功。コレオシークエンスもよくがんばってます。もうちょいもうちょい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。スピードが今日はいまいちでしたが、最後まで滑りきりました。3位守れるといいですが。263.46。

宇野昌磨。「トゥーランドット」。4Tが今日はダブルになりました。気をつけて。3Aはしっかり流れを作れてます。ステップからの3A+3Tは成功。これでのっていきたいですね。シットスピンもてきぱき。ステップはエッジワークもなめらかでよく滑ってるし、キレもある。そのままキャメルスピンにつなげる流れもさすがです。3Loは成功。3Sとぽんぽん決めます。そして4Tを今度は決めました!いいジャンプ。3Lzは軸が傾きましたがなんとかリカバー。あぶない。次はトゥーループのコンビネーションにするはずが抜けてダブルになりました。うーん。それでもコレオシークエンスからコンビネーションスピンでしっかりまとめました。苦笑いもかっこいいです。267.15。逃げ切ってコーチともども苦笑い。

田中刑事。がんばれディティクティブ田中。ヴェルディ「椿姫」。4Sはステップアウト。3Aをすぐに決めてきました。いいジャンプ。3F+3Tもきっちり。今日はいい感じだ。シットスピンのポジションもかっこいいです。ステップは強弱とメリハリが印象的。いいぞいいぞ。このステップはいい。3A+2Tは成功。3Lzもきっちり。ジャンプの軸が安定してますね。3S+2T+2Loもテンポいい。コンビネーションスピンは軸が動かないですね。こういうところもディティクティブのいいところ。3Loを決めて、最後のジャンプ3Fも成功。よっしゃ。コレオシークエンスも最後までエッジワークがんばってますね。スタミナもあるわ。キャメルスピンでフィニッシュ!やったぞディティクティブ!上々のFSです!242.05。

小塚崇彦。靴ひもを結び治して佐藤コーチの説教を受けていたら長すぎてタイムオーバーしそうでした。でも出てきたらすぐ位置につきました。かっこいい。「イオ・チ・サロ」。4Tは手をつきました。次も2Tになりました。3Aは転倒。がんばれ小塚。シットスピンは見事。ステップはおだやかな曲をエッジワークのなめらかさで印象的に滑ってます。さすが。3A+2T+2Loは成功!大きな歓声。3Lz+3Tも決まりました。いいぞ。3Fはしっかりリカバー。3Loも成功。3Sも決めました。よっしゃ。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。コンビネーションスピンは回転が速かったです。小塚の演技はみんなの応援する目線が集中しているのを感じますよね。228.82。うーん。

村上大介。YOSHIKI「アニーバーサリー」。最初の4Sはダブルになりました。しかし次の4S+2Tは成功!いいぞ。シットスピンから3Aは手をつきました。これは決めたかったですねー。つなぎ部分も印象的に滑ってます。キャメルスピンは回転が速い。3Aはステップアウト。このYOSHIKIの曲ってほんといいですよねー。3Fを跳んだところでひざを気にしています。だいぶ痛いのか。3F+1Lo+2Sを跳んでもしんどそうですが、3Lo、3Sと決めてきます。がんばれがんばれ。ステップは最後の力を振り絞ってる感じ。もうちょいもうちょい。コンビネーションスピンまで滑りきりました。おつかれさまでした。がんばった。214.56。

羽生結弦。「陰陽師」より。4Sはパーフェクトジャンプですね。加点もりもり。4Tも成功。3Fも難しいステップから。コンビネーションスピンも難しいポジション連発。ステップは音をよくとらえてますねー。難しい曲なのに。4Tは転倒。さっと立ち上がりました。3Aも転倒してますね。どんまいどんまい。3A+1Lo+3Sは成功。3Loは回転足りてないか。3Lzは決まりました。シットスピンは平たい独自のポジションですね。コレオシークエンスも大きく盛り上げながらも難しい構成。ハニューの演技をみるたびに、コレオシークエンスって素敵なエレメンツだなと思います。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ミスもありましたがまあ優勝だから。286.36。はーい。

○最終順位:(1986年ヒット曲ランキング的に)
1. ダンシング・ハニュー
2. 宇野のオペラグラス
3. 無良ンタイン・キッス
4. ディティクティブ・イン・ザ・サン
5. 小塚の涙
6. 山本は1000%

今日は最終グループもなかなかクリーンプログラムにはなりませんでしたね。でもまあそういう日もある。フィギュアスケートはそういうスポーツですからね。選手はよくがんばりました。

ハニュー1位、宇野2位はまあ動かないところでした。無良もしっかり3位を守れたし。ディティクティブ田中がいい演技で4位に浮上してます。意義ある4位だと思いました。息詰まる戦いでしたが、小塚が靴ひも結んでてタイムオーバーしそうなところをぱっと位置について笑いが起こったのがそんな中ほっこりしました。小塚も楽しそうなプログラムにしてみるのも1つでは。「マツケンサンバII」とかね。

全日本フィギュアスケート選手権2015(2):女子シングルSP

1日遅れのクリスマス会したのですが、ビンゴで早めに当たったマイク松ですこんにちは。いつもは圧倒的なビンゴ運のなさを発揮するのですが、今日は早かったです。たまにはいいですよね。

今日は全日本の女子シングルSP。選手のみなさんもグッドラックです。

全日本フィギュアスケート選手権2015、女子シングルSP。実況は中村さん、解説は荒川姐さん。

白岩優奈。14歳、全日本ジュニア2位。美栄ちゃんの弟子で、キャシー・リードが振り付けしています。「オズの魔法使い」より。いい笑顔でスタート。いいスピードから3Fは入りもよかったです。3Lz+3Tもきっちり成功。レイバックスピンは軸がしっかりしてるし手の表現もある。ステップは丁寧にやってるのはもちろん、音楽もよくとらえてます。なるほどー。スパイラルをはさんで2A。コンビネーションスピンも回転が速いですね。シットスピンでフィニッシュ。すばらしいSPになりましたね。14歳なのにわりと体もしっかりしてるのがいいです。61.92。

青木祐奈。13歳。全日本ジュニア7位。都築さんが振り付けしてるんですね。「タイスの瞑想曲」。3Lz+3Loは少し回転が足りないみたい。でもしっかり跳んできますね。ステップは体がよく動いてるし、難しい振り付けをしっかりこなしています。難しい曲なのに。シットスピンはポジションがきれい。ステップからの3Fも成功。2Aも流れありました。ジャンプしっかりそろえてる。レイバックスピンはきれいなビールマンポジションで回転も速い。コンビネーションスピンも難しいポジションをこなしていました。最後のポーズもきれいでした。いい演技でしたねー。もうここまでできるんか。58.96。

坂本花織。15歳。全日本ジュニア5位。「マラゲーニャ」。スピード出てますねー。3F+3Tは高さ出てました!シットスピンはてきぱき回ってます。コンビネーションスピンも回転とても速いし。レベルが高いわ。3Lzはダブルになりました。2Aは成功。レイバックスピンはポジション決まってるし。ステップも躍動感あるステップでした。あのジャンプだけでしたね。もったいないですがいい演技でした。けがなおしてほしいです。53.90。

新田谷凜。18歳、全日本ジュニア4位。おっ鈴木が振り付けしてるんですね。「レッド・ヴァイオリン」より。3Fは流れをすーっと表現してアピール。コンビネーションスピンは回転の速さに変化をつけてますね。かっこいい。シットスピンは大きなフライングから入っていきました。3T+3Tを後半で成功。すぐにステップに入ります。リンクを大きく使ってすいすい滑ってます。2Aは手上げ。最後のレイバックスピンが回転が速かったです。すばらしい演技でしたねー。ハイレベルにまとめました。60.10。

横井ゆは菜。15歳、長久保コーチの弟子。全日本ジュニア3位。紹介VTRが作られてました。「サウンド・オブ・ミュージック」。いい表情作れてますね。速い助走から。3T+3Tは高さがある加点のつきそうなジャンプです。音楽にもあわせてますね。コンビネーションスピンはてきぱきと。ステップはキレのあるエッジワークでどんどん進んでいく。難しいリズムを感じてますね。2Aは幅のあるいいジャンプ。ステップからの3Fは跳んでましたがあとでひざをつきました。惜しいー。シットスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。あのジャンプ跳べてたら。でもすごいいい演技でした。期待の次世代といわれるだけありますね。56.30。

加藤利緖奈。きれいな衣装。誰の手によるものか。「フラワー・デュエット」。3F+3Tをしっかり成功。いいジャンプ。キャメルスピンは確実に、コンビネーションスピンはいろいろなポジション。3Loはきっちり。ステップは強弱とチェンジオブペースが印象的にみせてますね。2Aはなんとか。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプはそろえましたね。堅実です。52.35。

本田真凛。14歳、ジュニアGPファイナル3位。ベートーヴェン「スプリング・ソナタ」。ズエワさんが振り付け。3Lo+3Tを決めてきました。しかも質が高い。シットスピンは回転が速い。みんな質が高いですね。つなぎ部分からの2Aもきっちり。レイバックスピンはポジションがきれい。エレメンツの密度が高いですね。ステップもそのつなぎの流れから。細かいエッジワークの中でも表現を入れてますね。ステップからの3Fは転倒。決めたかった。コンビネーションスピンもしっかり決めました。ジャンプミスはありましたがとても存在感のある選手ですねー。58.23。おー1つ転倒でもこの得点。PCSが高いんですね。

松田悠良。山田コーチの弟子。西日本選手権優勝。「ピアノ・レッスン」より。3F+3Tをまず決めました。シットスピンは軸が安定。レイバックスピンはとてもポジションがきれいです。見事。速い助走から3Loも成功。2Aは流れもしっかり。ステップは丁寧に、音楽に寄り添って滑ってますね。コンビネーションスピンも回転速く、しっかり音楽と同時にフィニッシュ。いい演技でした。58.76。

本郷理華。シルク・ドゥ・ソレイユ「キダム」より。今までとは違う力強さを感じますね。さすが世界で戦ってるだけある。3Fも高さ出てました。キャメルスピンはいいポジション。手足の長さを存分に使ってます。レイバックスピンも大きなポジション。鈴木の振り付けのポテンシャルをしっかりいかしてますね。3T+3Tは高さまた出てました。2Aも難しい入りから成功。そしてステップも力強い!本郷の武器を存分にアピール。最後のコンビネーションスピンもとてもパワフルでした。これはすばらしい!目の覚めるような演技でした。68.39。

今井遥。「マラゲーニャ」。さすが細部の表現はほんとにうまいですね。2Aを流れよく成功。3S+3Tをばっちり決めました!いいぞいいぞ。流れもあった。レイバックスピンは回転速く軸ばっちり。そして合間の表現が見事です。3Loはちょっと回転が足りなかったみたい。でも降りてる!キャメルスピンは加速してます。コンビネーションスピンも次々とポジションを決めてきます。ステップはほんとに難しい構成をキレのあるエッジワークで滑りきりました。今日はきっちりまとめましたね。55.20。うわー3-3も回転不足とられてるのかー。たのむわー。

永井優香。プッチーニ「蝶々夫人」。3Lz+3Tは余裕あるジャンプでした。レイバックスピンは回転速くてきぱき。キャメルスピンは軸安定してます。全然動かない。3Loは転倒。ちょっと傾きましたかねー。2Aは成功。ステップは密度の濃い構成をよく体を動かして滑ってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。転倒ありましたが演技全体の完成度はさすがでした。60.42。

村上佳菜子。「ロクサーヌのタンゴ」。ステップからの3Fは大きいジャンプでした。村上らしい。キャメルスピンは丁寧に。コンビネーションスピンも回転速くがんばってます。3T+3Tも大きなジャンプでした。2Aも流れよく成功。笑顔出ましたね。レイバックスピンは入りにも工夫。ステップはほんとに気合いが入ってるしエッジワークがキレてますね。がんばりました。66.02。これはいい点出ましたね。

浅田真央。がんばれー。「素敵なあなた」。3Aはステップアウトも回ってますね。やっぱり積んでるエンジンが今までと違う感じ。3F+2Loはファーストで詰まってしまいましたがなんとか。キャメルスピンはポジションが超きれいです。イーグルからの3Loはエッジワークのきれいさもしっかりアピールレイバックスピンは回転が速いです。ステップはチェンジオブペースでうまく表現。そういえば大人の表現って今までなかったわ。いろんな深いものが入ったステップです。コンビネーションスピンも速かったです。エレメンツの質が高いですねー。62.03。

木原万莉子。「さくらさくら」。3T+3Tは回ってましたが転倒。おしいー。3Loはステップからきれいに決まりました。シットスピンはキレあります。ステップは大きな体の動き。なんか音楽が壮大ですよね。それにうまくのってます。コンビネーションスピンもスムーズ。イーグルからの2Aを決めて、高速レイバックスピンでフィニッシュ。転倒はありましたが演技のまとまりはしっかりしてました。58.10。

樋口新葉。14歳。世界ジュニア銅メダル。「マンボ・ファンタジー」。いいエッジワークで音楽にのってますねー。ステップから入ります。よく動く動く。上半身もキレある動き。シットスピンはマンボの音楽で。明るいプログラムはいいことです。元気。3Lz+3Tはきっちり成功。コンビネーションスピンも勢いに乗って。ポジションチェンジがスムーズ。ジャンプは全部後半。3Fはオーバーターンもこらえました。つなぎの動きの中に2A。レイバックスピンはほんと軸ばっちりでした。なるほど!元気な滑りはとてもいいですね。67.48。おーいい点出ましたねー。

宮原知子。この中でもきっと自分の演技するでしょう。「ファイヤーダンス」。ステップからの3Lz+3Tをまず成功。気合いの乗りがいいですね。レイバックスピンは難しいポジションなのに軸安定。スパイラルからキャメルスピン。いいポジションです。ステップは音楽をより攻めて表現してますね。みるたびにステップが音楽と調和していってる。ステップからの3Fも成功。2Aも難しいステップから。両回転のコンビネーションスピンでフィニッシュ!パーフェクトでしたー!この中でも自分の滑りを見失わない。練習の積み重ねが演技に出てましたね。73.24。よっしゃー!

○SP終わっての順位:(1986年ヒット曲ランキング的に)
1. 宮原クイーン
2. 本郷ビート
3. OH!!!樋口
4. 青い村上
5. Song for M.A.O.

宮原がトップです。なんたる安定感だろうと思いますが、この強さはやっぱり努力のたまものなんだろうと思います。美栄ちゃんはじめチームで戦ってる感じもありますね。2位は本郷。今日は本郷のポテンシャルが大きく発揮できましたね。強さがどんどん増しています。樋口が3位。常に動いていた印象ですが、密度の高さが高得点につながったかも。村上は4位。今日はいい演技できました。FSもその調子や。浅田は5位。人のことは気にせず自分の演技を考えればいいでしょう。今更勝った負けたで浅田のスケートを判断したりしませんぜ。

全日本フィギュアスケート選手権2015(1):男子シングルSP

ハンシン藤井フロント入り。男前の経験は今のハンシンには必要なだけに、貢献してほしいマイク松ですこんにちは。早いとこコーチでもよかった気もするのですが。

さて今日から全日本フィギュアスケート選手権が始まります。いやーポエムがいなくなるとほんとに快適ですね。何事も世代交代ですよ。ポエムはふさわしい自分の場所でがんばればいいのです。むしろご活躍をお祈りしていますといいたい!

全日本フィギュアスケート選手権2015、男子シングルSP。実況は中村さん、解説はホンダバン。

中村優。字だけなら優ちゃんと同じですが読みは「しゅう」ですね。長光コーチとホンダバンの弟子。衣装はシャツがインしてる感じです。「リベルタンゴ」。3Aはしっかり成功。流れもあります。3Lz+3Loをコンビネーションにもってきました。シットスピンも軸が安定してますね。ステップからの3Fも成功。いい感じでジャンプそろいました。キャメルスピンは回転も安定。ステップも着実に丁寧に。コンビネーションスピンは回転が速かったです。上出来ですね!ノーミスでいけました。69.47。

友野一希。祭りっぽい衣装。よさこいみたい。「ジャパニーズ・ドール」。祭りっぽい振り付けからスタート。3Aはなんとかこらえました。足の力強そうですね。3Lz+3Tも成功。シットスピンもいい回転の速さしてます。ステップからの3Fは入りはあぶないかと思いましたがリカバーしました。そろえましたね。キャメルスピンはじっくりまわってます。しっかり細かくふみながらも表現忘れてませんね。よく動いてがんばってます。コンビネーションスピンも回転速かったです。いい演技でした!62.41。

山田耕新。美栄ちゃんの弟子ですね。SMBC所属。coba「真夏のカルメン」。音楽をしっかりとらえてますね。3T+3Tは余裕ありました。ステップからの3Lzも流れよく成功。しかしシットスピンはうまく入れずスピンになりませんでした。キャメルスピンもゆっくり。2Aは入りも難しく決めました。ステップも複雑に踏みながらよく踊れてますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプは全部決まったしがんばりましたね。53.02。

CMすごい入ってますねー。

佐藤洸彬。東日本選手権3位。キャロル・サマハ「ガーリ・アーリ」。明るい忍者的なゆかいな衣装です。いいダンスで場内を沸かせます。3Aはステップアウト。3Fからのコンビネーションは前向きに降りてダブル。シットスピンからステップ。スケートがよくすべってますね。しっかり観客にアピールする部分も。3Lz+2Tでコンビネーションをリカバー。コンビネーションスピンは高速スピンもあり。キャメルスピンもポジションがよかったです。昔なら光GENJIで滑っていたかもといういい笑顔でした。60.03。

笹原景一朗。西日本選手権8位。スカーフが仮面ライダーっぽい。「リベルタンゴ」。いきなりキャメルスピンから入ります。3Lz+2Tはしっかり決まりました。3Fは転倒。結構高さ出てたのに。コンビネーションスピンもいろんなポジションで回ってますね。ステップは大きな体の動きでアピール。2Aはクリーン。シットスピンも回転速くいけました。転倒はありましたがしっかり表現できていたと思います。51.28。

湯浅諒一。西日本選手権9位。フラメンコっぽい衣装。今度はフラメンコです。手の動きがなかなか表現できてますね。3Tはなんとかこらえました。キャメルスピンからシットスピンと連続でスピンにいきます。安定してますね。3S+2Tは3-3を自重。2Aも決まりました。ステップはわりと疲れてますが丁寧にがんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。コンビネーションをリカバーしてまとめましたね。50.69。横にいるのって澤田亜紀なんかなー?すごいきれいになってる。長光コーチのもとで修行しているとは聞いてましたが。

島田高志郎。14歳で初めての全日本。プッチーニ「トスカ」。最初から気迫のこもった表現ですね。スピードに乗ってる。3Lzはオーバーターンでコンビネーションにせず。3S+2Tでコンビネーションをリカバー。キャメルスピンもポジションがきれい。というか足長いですね。シットスピンもポジションが低くてしっかりしてる。2Aもばっちりですね。ステップはしっかり表現する意図を感じます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。これからどんどん成長していって、強い選手になってほしいです。なれそう。58.41。

日野龍樹。長久保コーチの弟子。西日本選手権2位。「アルメニアン・ラプソディ」。きれいな衣装です。3S+3Tを決めました。3Aも成功。キャメルスピンからシットスピンへ。とてもきれいなポジションですね。ステップからの3Lzを跳んでガッツポーズ。コンビネーションスピンは回転が速い。ステップは躍動感うまく出せてました。終わってガッツポーズ。会心の演技できたみたいでよかったです。74.03。よかったよかった。

川原星。GPSカナダ大会10位。「タンゴ・デ・ロス・エクシラドス」。3Aはなんとか。入るスピードが落ちてましたね。しっかりスピードにのって3Lo+3Tを成功。キャメルスピンは難しいポジションでしっかり回ってます。ステップからの3Lzもきっちり成功。流れありましたね。コンビネーションスピンからステップへ。よく踊れてますね。流れの中にも強弱があって、とてもみやすい。シットスピンでフィニッシュ。ちょっと終わりずれましたがいい演技にできましたね。66.72。

服部瑛貴。東日本選手権優勝。ベニー・グッドマン「ダウンヒル・スペシャル」。3T+3Tはセカンドでステップアウト。ステップからの3Loも決まってます。コンビネーションスピンもいろんなポジションで。会場をしっかり巻き込んでる。2Aは手をつきました。ステップはエッジワークがキレあります。体もよく動いてるし。アップライトスピンからシットスピンでフィニッシュ。ジャンプもばっちりではなかったですが、会場は魅了できましたね。61.94。

羽生結弦。いきなりスター登場。ぽーんとすごいのが放り込まれてますよ。ショパン「バラード第1番」。滑る滑る。競技が変わってるみたい。4Sは転倒。大丈夫大丈夫。気楽にいこうぜ。ステップからの4T+3Tはばっちり成功。質が高いですねー。キャメルスピンはドーナツポジションに。軸ばっちり。鬼難しいステップからの3Aは幅のあるでかいジャンプでした。シットスピンもきっちり回転速く回って音楽の終わりにあわせてます。ステップは速い音楽にもしっかり寄り添って鬼の密度のステップ。コンビネーションスピンも回転が速かったです。スターの演技もすごいけど、投げ込まれる花がすごいわ。もうそういう機械とか車で回収した方がいいんじゃないかな。102.63。転倒してるのに100点越え。オーサーよくきてくれてますね。

磯崎大介。西日本選手権3位。ごめんねこんな滑走順で。ベンジョール「マシュ・ケ・ナダ」。いい曲をいい解釈で滑ってますね。3Loは転倒。がんばれ。踊れるいい選手だ。3Lz+2Tはなんとか。フェンスが迫ってました。キャメルスピンもポジションいいですね。ステップはとてもよく踊れてますね。こんなに踊れる選手いたのか。2Aはすぐに跳んでました。シットスピンは回転がとても速い。コンビネーションスピンも軸が安定してました。いい滑りでした。この滑走順でよくがんばったわ。57.15。というかこのあと宇野なのか。

宇野昌磨。セイクリッド・スピリット「レジェンド」。さすがの滑りの速さ。イーグルからの3Aがばっちり成功!これはすごい高い質。また別の競技になってますね。キャメルスピンからシットスピンとてきぱき。あっという間に終わる回転の速さ。4Tはなんとかこらえました。よっしゃ!3F+3Tもとてもクリーンに決めてます。ステップも気合い入ってる。細かいエッジワークに加えて体も大きく動かしてますね。コンビネーションスピンもきれいにいけました。上々の演技!97.94!やりましたね!高い得点に驚いてます。

田中刑事。ディティクティブ田中。「ブエノスアイレスの春」。スカリが振り付けしてるんですよね。最初の振り付けは「犯人はオマエだ!」的な振り付けに。4Sに挑みますがダブルになりましたー。3Aは大きなジャンプでした。シットスピンはポジションがよく決まってる。キャメルスピンはちょっとぐらっときましたが大丈夫。3F+3Tはばっちりいけました。ステップはメリハリがあって強弱をうまくコントロールしてますね。コンビネーションスピンは回転速くいけました。4S決まってればすばらしかったんですが。74.19。今3位だ。

鈴木潤。地元・北大の選手ですね。東日本選手権2位。スティーヴ・スティーヴンス「デメンティア」。3Aはなんとかこらえました。がんばった。3T+2Tはきっちり確実に。キャメルスピンはいいポジションですね。ステップからの3Loはステップアウト。シットスピンからステップ。会場の声援にのってがんばってます。コンビネーションスピンも多くのポジションをがんばりました。61.82はシーズンベスト。

小塚崇彦。気合いみせてやってくれ。「レスペート・イ・オルグージョ 誇りと敬意」。気合いの入った入りです。4Tはツーフットでもよく降りました。3Aはしっかり。いいぞ。キャメルスピンはきれいなポジション。あと1つジャンプ決めてくれ。3Lz+2Tはなんとか。いいでしょう!シットスピンからステップ。さすがのエッジワーク。普通ではなかなかみられないステップ。コンビネーションスピンもとても回転が速かったです。がんばりましたー!上出来です!78.19。

村上大介。ファイナリストの力みせてやろうぜ。「レ・ミゼラブル」。4S決めてきました!よーし。スケートもよく滑ってますね。3Aもしっかり助走の力をいかしてました。キャメルスピンを経て後半。3Lz+2Tは3-3にはなりませんでした。でも着実に。シットスピンは確実に。ステップは音楽をしっかり聴いてますね。結構好きなステップです。ゆったりしてても気合い入ってる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。3-3はいけませんでしたがしっかりまとめました。83.49。

無良崇人。3位はとらないとな。「黒い瞳」。4T+3Tを成功!決めてきましたよ。3Aはスピードが落ちてましたがしっかり決めてます。いいぞいいぞ。コンビネーションスピンも回転速く。気分よく滑ってますね。キャメルスピンも勢いよく回ってます。大きく動けてるし。3Lzもばっちり流れよく。ジャンプそろえて気分よくステップに。躍動感あるしどんどん滑ってる感じが気持ちいいです。シットスピンでフィニッシュ!やりました!いいところにピークコントロールできました。93.26!いい点出ましたね。

山本草太。うわー大きくなりましたねー。ジュニアGPSファイナル3位。「ポエタ」。いいスピード出てますよ。3Aは軸が傾いて転倒。いい回転ではあったんですが。キャメルスピンはきれいなドーナツポジションも。シットスピンは回転がめっちゃ速いです。4Tに挑みますがダブルに。スピードに乗れませんでした。3Lz+3Tは決めました。ステップは手足の長さを存分にいかしてます。動きが印象的。コンビネーションスピンはすごい回転が速かった。全部高速スピンみたいでした。今日はジャンプが決まりませんでしたねー。62.92。うーん。

○SP終わっての順位:(1986年ヒット曲ランキング的に)
1. HA-NYU-NYU
2. UNOIRE
3. 仮面無良会
4. MURA KAMI DAI
5. KOZUKA Revolution

ハニューが強い滑りでトップ。勝てるわけない。宇野がすばらしい点数で2位につけました。滑るたびにうまくなる。3位に無良が食い込みました。3位以下がどうなるかわからない中、ファイナルを逃した借りを返した形。4位は村上。上位に入りました。小塚は5位。がんばりました。

結果はある程度予想はつきますが、無良がしっかり3位に入ったのがすばらしかったです。FSもそろえて3位をがっちりおさえてほしい。がんばってほしいです。

毎年そうですが、いい選手がたくさんみられました。まだまだいろんな選手が出てきてるんですねー。

大相撲1月場所2016:番付発表チェック

メリークリスマスイヴです!マイク松ですこんにちは。ハピハピバースデイジーザス。ジーザスの誕生日を祝ってケーキ食べました。ケーキおいしい。

さて、なぜかこんなジーザスの誕生日前日に、大相撲では初場所の番付発表がありました。聖なる夜に番付チェックです。世の中のカップルどもが愛を語り合っているところで、僕らは番付の上下について語り合います。

横綱はハルマが東の正横綱。白鵬は西です。東の正大関はキセ。まあ大関上がらず下がらずの人たちはチェック不要ですね。

関脇では栃煌山に加え、嘉風が新関脇になりました。スロー昇進らしいですが、先場所のような活躍ができれば場所もおもしろくなるでしょう。小結は栃ノ心に加え、勢が小結に昇進。勢もそろそろ上位に定着してほしいですよね。

前頭上位はなぜか筆頭にアミーと松鳳山。不思議。逸ノ城は3枚目まで下がってしまいました。でもなんやかんやで実力者がそろった上位。琴勇輝が西4枚目、蒼国来が西5枚目まで上がってきた。

前頭中位は微妙な感じの面々。妙義龍は東8枚目まで落ちてしまいました。いい意味でも悪い意味でも勝負のかかる人々。千代鳳と御嶽海がそろって10枚目にいます。こちらは飛躍の場所にしたいですね。御嶽海は髷が結えるようになったそう

前頭下位ではまず、マサヨこと正代と、輝が新入幕。ついにきましたね。マサヨはネガティブ思考で話題ですが、今回新入幕というめでたい出来事にも「対戦したい力士はいない」などとNHKにも変わらぬ弱気な一面といわれてしまっていますが、相撲は強いのでがんばってほしいです。がんばれマサヨ。輝はしこ名の由来である新幹線をもって、負けないようにがんばるとのこと。まずは新入幕の場所ですが、遠慮なく暴れてほしいですね。あと常幸龍と貴ノ岩が返り入幕。まあ戻ってくるでしょうね。下からもどんどん上がってくるだけに、下位の力士は幕内に残るためサバイバルが求められます。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(8):男子シングルFS

のみかいいって疲れたマイク松ですこんにちは。今年は例年になく忘年会が多くてびっくり。こんなはずではなかったのですが。

ファイナルは男子シングルFS。やっとファイナルのレビュー終わります。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、男子シングルFS。実況は振動さん、解説は将軍。

カナダのパトリックちゃん。ショパンメドレー。4T+3Tをきっちり成功。いいジャンプでした。本当の力をみせてやるんや。3Aもしっかりふんばって決めました。次の4Tはトリプルにしました。これでまた計算間違いしないといいけど。ステップはさすがのなめらかさ。エッジワークではほんとに世界トップですよね。感情表現もよくできてる。キャメルスピンもポジションがばっちり。3Lz+2Tから後半。これは予定通りらしい。3Lz+2T+2Loも決めました。3Lo、3Sと難なく決めています。シットスピンは軸ばっちり。機械的。3Fからコレオシークエンス。端から端までステップ。コンビネーションスピンも完璧でした。これはパトリックちゃんの滑りでしたね。面目躍如や。263.45。

村上大介。YOSHIKI「アニーバーサリー」。4Sはステップアウト。挑んできてます。次の4Sは転倒。シットスピンから3Aはステップアウト。スピードをもっとつけていきたいですね。イーグルからキャメルスピン。つなぎ部分もまずまずがんばってます。3A+2Tでコンビネーションをリカバー。3F、3Lz+1Lo+3Sと成功。3Lo、3S+2Tを跳びました。ステップは体を大きく使ってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。順番も悪かったかもしれませんが、スピードが十分でなかった感じ。でもファイナルをしっかり演じきりました。235.49。

宇野昌磨。「トゥーランドット」。いいスピードから4T+2Tを成功。高さもありました。3A+3Tも決めました。気合い入ってます。3Aもキレありますね。シットスピンは回転速い。ステップはエッジがよく滑っていてメリハリもついてる。キャメルスピンはポジションに一工夫。3Loは流れのあるジャンプ。このへんが向上してるところか。3Sもクリーンでした。4Tを終盤に来て跳んできました!盛り上がりにきっちりあわせてます。3Lzも成功。不思議な手の動きがあったところで2A+1Lo+3Fを決めてきました!すばらしいジャンプ。コレオシークエンスではみなごろしイーグルでがっつり盛り上げて、コンビネーションスピンでフィニッシュ!やったやった!ノーミスでこのプログラムを滑りきりましたね!276.79!これは一つ大きな壁を越えた演技になりましたね。

中国の金博洋。「ヒックとドラゴン2」より。4Lzは成功しましたがコンビネーションにはならず。でも十分ですよね。4Sはステップアウト。やっぱり緊張はあるんかなー。3Aは転倒しました。ステップで落ち着こう。足下は大変そうですががんばってますよね。難しそう。4T+2Tは決めてきました。落ち着いたか。4Tも成功。持ち直してますね。コンビネーションスピンから3Lz+3Tはなんとか。3A+1Lo+3Sをここにもってきました。コレオシークエンスから3Fを跳んで、キャメルスピン。いいポジション。シットスピンでフィニッシュ。最初はどうかと思いましたが、大崩れせずまとめました。263.45。おおーパトリックちゃんと同点や。FSはパトリックちゃんが上か。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「野郎どもと女たち」より。いい滑りです。4Tはちょっと勢い余ってあぶないところでした。パワーありますね。滑りが速い。4S+3Tはきっちり成功。3Aもクリーン。会場の声援も力に変えて気分よく滑ってますね。これはフェルナンデスの流れ。ステップもしっかり観客を盛り上げてます。シットスピンも回転速度をしっかりキープ。つなぎ部分はのりのりになってますね。いいぞ。4Sを後半で成功!複雑なステップからの3F+1Lo+3Sもテンポよく。手がつけられない方のフェルナンデスですね今日は。3Tは助走なしでぽーんと。3Lz+2Tは手上げをしてますね。工夫。コレオシークエンスも会場の声援でパワーアップ。イーグルからの3Loを決めてコンビネーションスピン2連発。最後は余裕でフィニッシュ。ばっちりでした!地元で存在感示しましたね。久しぶりにパーフェクトフェルナンデスでした。292.95。

羽生結弦。もうすごい応援団が盛り上げてます。SP110.95ってなんなんや。「陰陽師」より。結界を作って場内もぴりっとした感じ。4Sはクリーン。流れもすごいあったし何でもないように跳んでる。4Tも難しいステップから流れよく成功。3Fも難しい入り。コンビネーションスピンはもちろんハイレベルなドーナツスピン、ビールマンスピンも入る。おおー。つなぎ部分でもう拍手が。ステップは音楽に乗ってよく動いてますが、振り付けのすべてがかっこいいポイントを備えてる。これだからスターは。4T+3Tを後半で成功。きっちりコンビネーションにしてます。3A+2Tはセカンドで手あげ。3A+1Lo+3Sもテンポよく。3Lo、3Lzとまったく問題なく決めてます。もうこの空間自体がハニューの結界なのか。コレオシークエンスもよりかっこよくなってる感じがする。イナバウアーからコンビネーションスピン。最後はスターのキメでフィニッシュ。もう笑うしかないわ。笑うしかない。フラワーガール大忙しでした。330.43。オーサーも笑うしかないわ。

○最終順位:(1981年ヒット曲ランキング的に)
1. キッスはハニューにして!
2. 恋のフェルナンデスシート
3. 昌磨に決定!
4. パトリックちゃん・コネクション
5. 金のコリーダ
6. スローな村上にしてくれ

まんがではよく圧倒的な敵に出会ったり、主人公が圧倒的な力を手に入れたりすることってありますよね。そのときの描写は結構様々ですが、今男子シングルはそういう状態になっているのではないでしょうか。ドラゴンボールで今一番強い形態は超サイヤ人ゴッド超サイヤ人らしいですが、はたして対抗できる超サイヤ人ゴッド超サイヤ人は出てくるのでしょうか。

優勝はハニュー。優勝するのは当然としても330.43ですよ。しかもこんなに点が出てるのに特に違和感もない、ハニューの今日の演技ならしょうがないよなと思えるのがすごい。むしろ陰陽師としてリンクを自分の世界に変える力を手に入れたのかも。そんなスタンド能力はスルツカヤしか持ち得ないと思っていたのですが。しょうがないですよねスターですから。

2位はフェルナンデス。今日のフェルナンデスは最高の出来。地元で観客の声援も力に変えて、スーパーな演技をみせてくれましたが、それでもトータルでハニューとは37点くらいあいてるんですよね。どうすればいいんや。

3位は宇野。なにげにこのメンバーで表彰台に上がったのはすごい。今日の演技もよかったし、まだまだのびていけそうです。4位はパトリックちゃん。SPでの出遅れが響きましたが、復帰シーズンでまずまずの出来。計算間違いさえなければ宇野と表彰台を争えてました。5位は金。まだまだ先がある。6位は村上。この6人に入れてほんとによかった。今後の糧になるでしょう。

今年のGPSファイナルも楽しかった。6組は少ないような気もするけど、だからこそ価値もありますよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(7):アイスダンスFD

「ナイトライダー」ハイビジョンリマスター版、NHK BSプレミアムで放送!わーいわーいマイク松ですこんにちは。この勢いでエアーウルフも放送してほしいです。

今日はファイナル、アイスダンスFDです。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、アイスダンスFD。実況はシミズさん、解説は河合さん。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。「アンナ・カレーニナ」より。序盤のステップに入るまででもすごく叙情を感じます。ツイズルは回転もよくあってました。いいですね。スピードにのってSlLiはあれだけ上げてもノーハンド。あぶない。CiStはなめらかなエッジワークで曲によくあってます。そこからCuLi+RoLiに入ります。もう少し移行がスムーズにもできたかも。ダンススピンもとても音楽と調和していて、叙情を紡ぎ出してます。この芸術性は持ち味ですよね。DiStはターンの多さもあるがホールドしたり離れたりのバランスが物語性ありますね。RoLiから叙情あふれるフィニッシュへ。いい演技でしたー。堪能しました。166.73。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。「弦楽のためのアダージョ」。ツイズルは回転が速い!3つともばっちりシンクロしてました。CuLiは入りが素早くて実施がよかったのですが、終わったあとでダナヒューが転倒。まじかー。なんでもないところでしたが。CiStはしっかり演技に戻れてますね。小さなリフトを繰り返すような入りからSlLiはハベルのいいポジションをしっかりホールドしていました。音楽変わって力強いステップからDiSt。ちょっと重そうでしたが悪くない。RoLiはヴァリエーションがスムーズでした。最後はダンススピン。両回転でいってます。StLiでフィニッシュ。転倒はありましたが、アクシデントにも動じない強さをみせてくれましたね。163.20。

アメリカのシブタニ兄妹。NHK杯でとてもよかった演技。コールドプレイ「フィックス・ユー」。いい入りからマイアのポジションが美しいCuLi。いいですね。ダンススピンは回転が速い。キレあります。SlLiもいいポジションをしっかり見せられています。CiStはツイズルを入れながらでもリズムをしっかりとりながらなめらかなステップ。ツイズルは完璧なシンクロ。パーフェクトですね。勢いに乗ってRoLiにつなげてます。観客も盛り上がってる。DiStあっという間に進んでるし、中にツイズルを入れてます。小リフトでフィニッシュ!すばらしい演技!出し切った演技でした。間違いなく最高の出来。174.92。やりました。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。FDはじめてみます。「甘い生活」より。ツイズルから入ります。音楽に合わせたいいタイミングのツイズルになりました。SlLiは大きなリフトかと思ったら、カッペリーニちゃんが自分で支える分には大丈夫なんだとのこと。その手があったか。CiStはさすがの演技力。もちろんディープエッジですばらしいステップ。いいぞL。もっと一体になって消えるんだ。もっともっと白い影になれ。CuLiのポジションもすばらしいですね。ダンススピンはその前後でもしっかり表現がある。いいぞ。観客の目がカッペリーニちゃんに集中している。がんばれL。DiStもメリハリがあって、音楽にきっちりあわせてリズムをとれてる。それが映画のワンシーンというのにつながってる。RoLiは華々しいヴァリエーションをしっかり支えてる。コレオグラフィック・ツイズリング・ムーブメントを経てフィニッシュ。やりましたね!より完璧に近づきつつある。176.37。おつかれL。

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。とても叙情的な入りですねー。入れ替わりでも全然スピード落ちないし。CuLiは上げ方がとてもダイナミック。強みですねー。SeStはリンク全体を大きく使いながらも、1つのステップでどーんと進んでいきます。いちいち顔を合わせるのもアクセントになってる。ツイズルは少しファーストツイズルで乱れましたがもちこたえました。ダンスリフトはポジションがすばらしいです。DiStはスピードに乗ってるし、RoLiは大きな回転でした。そしてSlLiは降ろし方も工夫されてましたね。小リフトでフィニッシュ。ダイナミックで力強い演技でした。177.55。

カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。いい演技期待したいです。「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」。アイスダンスらしい入り。とてもアイスダンスぽいですね。ツイズルはサードでちょっと揺らぎましたが大丈夫。2人の距離が近いです。CiStは引き続き足が近い。2人の関係性を紡ぎ出してます。SlLiは降ろし方がすごいアクロバティック。あれいけるんや。ダンススピンはいいポジション。つなぎ部分も音楽をしっかり表現してます。物語が継続して紡がれる。RoLiはとてもパワーのいるホールドをなんなくこなしてます。DiSt疲れていてもスピードが落ちないしユニゾンもばっちり。CuLiはポジションをしっかりキープ。あぶないStLiでフィニッシュ。いやー勝ったなという感じ。がっつり逃げ切れるでしょう。2人の関係性を見せながらも、技術がばっちりでした。182.66。

○最終順位:(1981年ヒット曲ランキング的に)
1. ツッパリウィーバー・ポジェRock’n Roll(優勝編)
2. メモリーチョック・ベイツ
3. カッペリーニちゃんにさりげなく(そいつがLのやり方)
4. シブタニ・チーク
5. ブギ浮ぎボブロワ・ソロヴィエフ
6. もしもハベル・ダナヒューが滑れたなら

毎回思うんですが、ファイナルの演技は全部いいんですよね。特にアイスダンスはそう思うんですが、今回もそうでした。

ウィーバー・ポジェが優勝。結構点が開きましたね。でも納得の演技でした。技術と表現が融合してる。チョック・ベイツは力強くパワフルな演技でした。カッペリーニちゃん with Lは頼れるLのおかげでみんながカッペリーニちゃんの美しさを堪能できたようです。さすがL。今度は勝てるよ。シブタニ兄妹もほんとに今回は会心の出来でした。もっと強くなれる。ボブロワ・ソロヴィエフも重厚な演技だったし、ハベル・ダナヒューも演技自体はとてもよかった。うん。

高校駅伝みました&マジックナンバー38をめぐる動向

イチローはヨーダ。さすが本国、うまいこというてるなと思うマイク松ですこんにちは。イチローも名誉に感じていいでしょう。シディアス卿だけはもっといい人選んであげてほしいです。

さて、今日は都大路を走る全国高校駅伝がありました。大学駅伝もおもしろいのですが、ミンポーでビジネスビジネスしてるのもあって高校駅伝の方が好きです。今日はすごい楽しみにしてました。今年は京都開催30周年ということで出場枠が拡大されてよりおもしろかったです。

最初は女子駅伝。序盤からなかなかのペースで、有力校に新鋭校も混じっておもしろい展開。それでも西脇工、世羅、大阪薫英、常磐あたりの優勝争いになります。西脇は5区時点でトップだったのですが、粘り強く上位につけていた常磐がトップに立ちます。しかし世羅のダブルエースの1人、向井が驚異的な走りで32秒差を逆転して優勝しました。あんなにちっちゃいのにすごい走りでした。カントクが「早く男子のアップにいきたい」といっていたのがおもしろかったです。

男子駅伝は序盤は混戦でしたが、2区でトップに立つと世羅の圧勝でした。あとは大会新記録ができるかどうかの問題だったのですが、6区で貯金を作り、なんとか大会新記録樹立。連覇や男女優勝以上の価値ある勝利に結びつけました。粘って粘って2位に入った九州学院もすてきでしたし、スタートすぐ転倒した倉敷も粘って3位。がんばりました。

さて高校駅伝は、というか都道府県対抗も含めて駅伝にはもう1つの楽しみがあります。それは愛媛勢の戦いです。愛媛勢はもちろん上位に食い込んだりすることはないのですが、なぜか38位あたりに落ち着くことが多いのです。38は愛媛の県番号。ゼッケンにもそう書いてあります。序盤はともちゃんの一瞬でも輝く作戦で上位にいても、ずるずると落ちてきて38位とか、いったんは40番台に落ちても粘って38位とか。今年は出場枠が拡張され、順位も低下することが心配されますが、どの程度38位に近づけるかみていました。

女子は八幡浜が出場。1区はがんばって27位という高順位にいるものの、2区では定位置付近の36位あたりに。もう定位置か、これは大丈夫かと思ったら、それから粘って38位、36位。運命に導かれていますね。あとは38位にどれだけ近づけるかと思ったら、最後は38位でした。ぴったり賞。でも参加校が増えているので、実質向上しています。強くなってほしいですが、きっちり38位にくるあたりさすがです。

男子は宇和島東に加えて出場枠拡張で八幡浜も出場。愛媛2校とかボーナスだなと思ったら1区の時点で宇和島東57位、八幡浜59位。2校とも完全に最下位争いです。出場枠拡張がこちらは負の影響を受けてしまいました。やばい。繰り上げスタートだけは勘弁してほしいと思っていました。なんとか上にいけないか。

ところがその後も宇和島東も八幡浜も57,58位あたりをうろうろ。かえってよく映像には映るのでいいのですが、こんな展開になるとは。凄絶なびり争いを繰り広げます。ローカルCMの「それで成績はどうだったんだ?ビリか?」(標準語訳)というのが脳裏をよぎりました。

結局八幡浜は58位になるのですが、宇和島東は少しだけ順位を上げて56位でフィニッシュ。郷土の英雄たちがかなりよくみられてうれしくもありました。来年はぜひ38位あたりを目指してほしいです。

愛媛勢の動向も含めて高校駅伝めっちゃ楽しめました。次は1/17,24の都道府県対抗駅伝です。楽しみ。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(6):女子シングルFS

年賀状を作っていたマイク松ですこんにちは。25日までに出せば元旦に届くといいますが、もうちょっと早く出さないと。田舎の人が多いので。

ファイナルは女子シングルFS。あれ?SPとかの放送と順番が微妙に違うけどまあいいか。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、女子シングルFS。実況は森下さん、解説は将軍。

アメリカのアシュリー・ワグナー。点差は関係ないですね。ワグナーらしい演技を。「ムーラン・ルージュ」より。いい入りです。2Aから一気にテンションあげていきます。不思議な振り付けから3F+3Tをしっかり成功!2A+2Tを手早く決めてシットスピンに入ります。コンビネーションスピンもポジションがいいし、曲の雰囲気をうまく使ってますね。なんでもないところの滑りがさすがの表現力。スピードにのって3Lo+1Lo+3Sを成功。テンポいいですね。3Fも流れがあるいいジャンプ。スリーターンからの3Loもすばらしい。そして表現。静と動の切り替えが印象的。3Lzも確実に決めてコレオシークエンス。力強く音楽に乗って。コンビネーションスピンでフィニッシュ!よっしゃよっしゃ。これがワグナーですよ。点差は関係なく自分の演技ができる。199.81。いい演技でした。全米につながる。

アメリカのグレイシー・ゴールド。攻めていきたい。ストラヴィンスキー「火の鳥」。入りからスピードに乗っていく。3Lz+3Tはセカンドで手をつきました。3Loは音楽にうまく合わせて。ステップはエッジワークもなめらかだけどとにかく難しそう。がんばってます。2Aからキャメルスピンは回転が速い。うまく演技に入れてる様子。2A+3Tは手をつきました。おしい。ステップからの3Fはシングルに。スパイラルからの3Lzはステップアウト。そして大きなスパイラルを含めたコレオシークエンス。3S+2T+2Tを決めてレイバックスピン。いいポジション。そして回転の速いコンビネーションスピンでフィニッシュ。もう少し攻めていければよかったですねー。194.79。

宮原知子。いい演技みせてほしいです。リスト「ため息」。とてもスピードに乗ってますね。3Lz+2T+2Loを最初に成功。いい入り。3Loも安定してます。ここからステップ。体を大きく大きく使ってがんばってます。またスピードにのって3F。すばらしいですね。コンビネーションスピンは両回転。後半に入って3Lzも決めました。2A+3Tをここで成功。いいジャンプ。キャメルスピンはドーナツポジションから加速してますね。とにかく確実。ウォーレンから3S、2A+3Tとしっかり成功させました。コレオシークエンスからレイバックスピン。すばらしい回転速度のスピンでフィニッシュ。しっかり力を出し切りました!見事ですね。208.85!FSで140点出しました。よかった!

浅田真央。がんばれ。プッチーニ「蝶々夫人」。3Aはステップアウトも転倒しなかった。高さありますねー。3Fはダブルに。このへんのタイミングはまだまだか。3Lzはいけました。キャメルスピンは軸が安定していて質が高いですねー。コレオシークエンスは見事なスパイラル。2A+2Tを決めて3Sもいけました。滑りの質が高いですね。つなぎ部分もしっかり表現。3F+2Lo+2Lo、3Loと成功。レイバックスピンもずっと回転が速い。すばらしいスピンです。そしてステップ。このステップだけでも物語がある。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技できました。ちゃんとチャレンジできてましたよ。194.32。

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。「タイタニック」より。てきぱきとスピードに乗ります。3Lzはなんとか。コンビネーションにはならず。3Fも成功。滑りは気合い入ってますね。その調子。3Lz+3Tでコンビネーションをリカバー。コンビネーションスピンは回転が速いのにすべてのポジションがオリジナリティあります。ステップは力のメリハリがうまくついていて軽さとパワーが同居してるみたい。スピードもあります。つなぎ部分から3Lo+1Lo+3Sもてきぱき。2Aは決めましたが、3Loは転倒。がんばれもう少し!コレオシークエンスもしっかりステップ。2A+2Tからコンビネーションスピン、最後は高速レイバックスピンでフィニッシュ。新型MSの技術はしっかり見せましたね。201.13。

ロシアのエフゲニア・メドベデワ。しっかり頑張れるか。「ウォリスとエドワード」より。最初から滑りが速い。ツイズルのところでも表現があります。3F+3Tは手あげ。まじか。3Lzも難しいステップから成功。コンビネーションスピンも強烈なI字スピンがありました。ステップは手足の長さをいかしながらも動きのメリハリがあってリズムを作っていますね。3Fも手あげ。3Loもあまり予備動作なしに跳んできます。2A+2T+2Tは慎重に成功。3S+3Tをここで決めてきました。うわー。2Aでジャンプ終わり。結局全部成功。コレオシークエンスからコンビネーションスピン。ポジションが見事。レイバックスピンはほんとに高速スピンでした。うわー!ここで完璧な演技きました。ノー文句。見事見事。222.54!

○最終順位:(1981年ヒット曲ランキング的に)
1. メドベデワブラッサム
2. 宮原ジーンズメモリー
3. ラジオノ=Do!
4. ワグナーはかげろう
5. ゴールドの扉
6. 浅田ひとり旅

メドベデワが優勝。とにかくノーミスでSP/FSを高難度で滑ったら勝ちますよね。見事な演技。ロシアの新型MSはいくつ開発されてるんでしょうか。そんなところに宮原が割って入れたのはいいですよね。ノーミスだったし減点もなかった。1つステージを上がれた感じはあります。ラジオノワは3位。だいぶ悔しそうでしたが演技はよかったです。成長期で調子悪かったんじゃないの?

ワグナーは4位。自分の滑りをしましたね。困難に立ち向かっていくワグナーらしい。ゴールドは5位。この2人の全米選手権がまた楽しみになってきました。浅田は惜しくも6位でしたが惜しいところでした。復帰シーズンでファイナルで戦えたことを糧にしましょうや。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(5):ペアFS

あと12日で今年も終わりというのは一体どういうことなんだと思うマイク松ですこんにちは。いつも年末はあせりますが、今年は早すぎてあせりも出ない感じ。忙しいのに「戦国時代の兵粮事情」とか読んでました。

今日はファイナルペアFS。いい演技期待したいです。ファイナルですからね。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、ペアFS。実況は三上さん、解説は小山さん。

中国のチェン・ペン&ハオ・ジャン。FSに4回転の技を入れてきています。たのしみ。ビゼー「真珠採り」より。4Twは成功。ちょっとキャッチがうまくいきませんでしたが大丈夫でしょう。ソロジャンプは3T+2Tをしっかり決めました。タイミングもあってた。つなぎの部分はもっとスピードがほしいですね。4SThは回ってましたが転倒。ハオのパワーでもっていってますねー。コレオシークエンスから3Sはペンが回転不足。ソロスピンは結構2人が離れてますね。というかだいぶ離れてる。なかなかスピードが上がってこないですね。グループ4リフトはハオのワンハンドホールドがパワフル。3LoThも転倒。衝撃を受け切れてないか。Dsはいい出来でした。グループ5リフトはキャリーになっても余裕のワンハンド。ペアスピンはまずまず回転速い。リバースラッソーリフトもばんばん回してました。大技にチャレンジしたのはよかったです。183.04。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。上を狙いたいですね。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」より。4Twはいいキレでしたがうまくキャッチできず転倒になりました。うーん。3Sは降りましたがクリエリムがステップアウト。3SThはきっちり成功。いいキレでした。Dsは体勢が低い。この2人もなかなかスピードが出てないですね。もっといけるのに。3Tは両者がシンクロして転倒。これは珍しいですね。ちょっと加点があってもいいくらい。リバースラッソーリフトは移動もスムーズ。コレオシークエンスはCuLiも入れたりして工夫がありますね。3FThは大きなジャンプでした。いいですね。グループ4リフトは降り方が工夫。ソロスピンはだいぶずれてましたね。アクセルラッソーリフトはローテーションが安定。ペアスピンはもっと速くてもいいかもでした。大技もうちょっとうまくいってれば。177.42。

中国の于小雨&金揚。次代のエース候補。映画「クリエーション」より。最初に本当になんでもないところで于が転倒。いったいなんだ。3Tはしっかり成功。2A+2A+SEQはセカンドで于がシングルになりました。4SThは転倒。結構激しく転倒してました。大丈夫かな。3Twは高さもキレもありました。アクセルラッソーリフトはキャリーに。ちょっとあぶないところもあったか。Dsは回転がスムーズ。ソロスピンは両者ともだいぶトラベリングしてました。コレオシークエンスではスパイラルがいいし、つなぎの部分もダンスリフトを加えてます。リバースラッソーリフトは上のポジションが難しい。後半に3LoThはタッチがありました。グループ3リフトは上でばたばたしてる感じでした。ペアスピンでフィニッシュ。今日は実力通りとはいかなかったですね。最初の転倒で動揺あったかも。186.87。でもトップにはきました。

カナダのジュリアン・セイガン&シャルリ・ビロドー。思い切っていってほしいです。「青い影」。3Twはキャッチで少し当たってしまいました。3T+2Tはタイミングもあってました。グループ4リフトは難しい降り方。いろいろレベル上がりそう。3Sは踏んばって決めましたね。いい出だし。ソロスピンはきっちりずれてましたね。つなぎ部分は情感のこもった演技。3LzThは途中で軸が傾いて転倒。惜しいです。コレオシークエンスからDsに。ビロドーのホールドにも余裕ありますね。3LoThは大きく幅のあるジャンプ。ステップラッソーリフトはずっとワンハンドでした。アクセルラッソーリフトはキャリーにいってもビロドー余裕。笑顔でアピールです。ペアスピンもきっちりいけました。転倒はありましたがいい笑顔でできましたね。大きく成長しそう。200.98。ロウゾンがついてれば安心です。

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。上を狙おうぜ。アデル「ホームタウン・グローリー」。いい気合い感じる。3Twをまず確実に。3Lzを成功。決めることが大事。4SThにトライ。大丈夫か。決めてきました!デュハメルがんばりましたね。3T+2T+2Tも成功。これは上を追いそうですね。ソロスピンは回転をきっちり合わせてきます。合うんじゃなくて合わせてる。リバースラッソーリフトは安定したローテーション。3LzThはステップアウトも転倒はしない。アクセルラッソーリフトは降り方も工夫。確実です。コレオシークエンスがまたかっこいいんですよね。ツイズルを入れたりして。CuLiを入れたつなぎ部分からすぐにペアスピン。ポジションもいいけど回転が速い。グループ3リフトからローテーション、キャリーへとスムーズに移行。すぐにDsに入る工夫もあります。そのまま情感あるフィニッシュ。これが世界王者の力ですね。216.67。プレッシャーかけます。

ロシアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。がんばれがんばれ。チャイコフスキー「マンフレッド交響曲」。3Tは川口が転倒。2A+2A+SEQも転倒でした。4回転スロージャンプに2つチャレンジしてくるそうです。4SThはすばらしいキレで成功。すばらしいジャンプ。3LoThは自重ですがいい判断。ソロスピンは結構近くでやってますね。ユニゾンはばっちり。コレオシークエンスはスーパーなCuLiが見事。きれいです。3Twは音楽に乗って。アクセルラッソーリフトはおそろしい降ろし方。Dsは入り方が迫力あります。つなぎ部分の表現もバージョンアップですね。バックラッソーリフトは迫力をそのまま表現するような気迫。グループ3リフトもキャリーは片足。川口のポジションもビールマンですね。ペアスピンでフィニッシュ。このスーパープログラムもほんとに芸術の域に高めてきてるんですね。今回はソロジャンプが残念でしたが、もっとみてみたいです。206.59。タマラコーチにみかんあげたい。「マンフレッド交響曲」ってすごいいい曲ですよね。

ロシアのクセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ。SP1位。「ジ・アンノウン・ノウン」より。スピードに乗って3Twから。スムーズな実施。コレオシークエンスをここでもってきます。いい流れだ。3T+3T+2Tをなんとか決めました!すごい!3FThはすばらしい流れで成功。いいぞ。リバースラッソーリフトは安定したホールド。クリモフがんばれ。3Sもユニゾンばっちり。決まりましたね。3SThも幅のあるでかいジャンプ。これは勝てたか。Dsもなめらかだしソロスピンは回転がとても速かった。そして合わせてきました。バックラッソーリフトはずっとワンハンド。グループ3リフトは入り方に工夫、終わりもCuLiにつなげてます。ペアスピンもポジションがきれいでした。すばらしい演技!ついに努力が実を結んだでしょう。これは勝った。229.44!ファイナル初制覇です!

○SD終わっての順位:(1981年ヒット曲ランキング的に)
1. ルビーのストルボワ・クリモフ
2. デュハメル・ラドフォード慕情
3. 川口・スミルノフぶる~す
4. セイガン・ビロドー・ララバイ
5. 長い于・金
6. ペン・ジャンしぐれ
7. 街角シメカ・クリエリム

ストルボワ・クリモフが優勝。この日のために周到に準備してきたという感じですね。勝ちきりました。しっかり演技にも技術だけじゃない表現がありました。2位はデュハメル・ラドフォード。しっかり王者としての演技はできましたね。まあまだ終わらんでしょう戦いは。3位は川口・スミルノフ。3位はしっかりとれたし、スーパープログラムの進化はまだ続くでしょう。またみてみたい。4位にセイガン・ビロドーが入ってきたのは大きい。いずれカナダを支える存在になりそうです。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(4):女子シングルSP

親戚の用事ついでに、名古屋の東山動物園にいってきたマイク松ですこんにちは。でかい。すごい広大な敷地にたくさん動物がいました。とてもたのしかったです。僕が名古屋に住むなら絶対年間パスポート買って毎日いくと思います。

今日はファイナルの女子シングルSP。6人だけ出られるってもっと評価していいですよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、女子シングルSP。実況は森下さん、解説は将軍。

アメリカのアシュリー・ワグナー。最初にがつんとかましてやりましょう。「ヒップ・ヒップ・チン・チン」。速い助走から3Fはステップアウトでコンビネーションにならず。シットスピンもとても回転が速いです。リズムの深いところをとらえてる演技ですね。コンビネーションスピンもてきぱきとポジションチェンジでテンポが生まれる。ウォーレンからの2Aはばっちり。3Lo+3Tに挑みますがここは転倒。ステップは緩急織り交ぜてすばらしい演技。曲と一体になるとはまさにこのこと。レイバックスピンも回転が速かったです。ジャンプがうまくいきませんでしたが、このプログラムのポテンシャルはすごいですね。今日もチャレンジしてきました。60.04。この曲ってとてもいい曲ですね。アルバム買おう。

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。「ジュテーム」。速いスピードに乗って3Lz。しっかり踏んばりましたがコンビネーションは自重ですね。キャメルスピンはさすがのポジション。コンビネーションスピンもオリジナリティあるポジションだけでできてる。3Lo+3Tでコンビネーションをリカバー。2Aもきっちり決めました。ステップは激しい心の動きを大きなステップで表現。どんどん進んでいくなめらかなエッジワーク。最後のレイバックスピンもスーパーな出来でした。予定とは違うところでコンビネーション入れましたが、しっかりまとめてきました。見事。69.43。

浅田真央。「素敵なあなた」。3Aをきっちり決めてきました!破壊力ありますねー。3F+3Loは回転どうだったかなー。足りてますように。キャメルスピンもいいポジションとってます。3Lzはシングルになりました。うーんこれは決めておきたかった。レイバックスピンも軸ばっちりです。ステップは本当に全てを兼ね備えている。躍動感、エッジワーク、スピード。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーんルッツさえ決まっていれば。69.13。いい点出てますね。3Aのパワーや。

宮原知子。貫禄出てきましたねー。「ファイヤーダンス」。速い3Lz+3Tは決まりました。レイバックスピンの軸がほんとに細くて安定してますね。全然動いてないし。キャメルスピンのスピードもある。ステップはエッジワークだけではなく、ほんとに体を大きく使えています。ステップからの3Fも流れがあります。ウォーレンからの2Aもばっちり。ジャンプは出来がいいですね。両回転のコンビネーションスピンで締めました。さすがの安定感ですね。68.76。あれー?なんで点出てないんだろう。

ロシアのエフゲニア・メドベデワ。ファイナルに出てきましたね。「白夜の調べ」より。この序盤の演技もほんとに雰囲気出せてますね。コンビネーションスピンはI字スピンがすごい。脚が長い。ステップは自然に入りながらも大きく動けてますね。後半にジャンプを全部残しています。3F+3Tは片手あげでしっかり成功。2Aも片手あげ。なんともなく決めてきます。ステップからの3Loもばっちり。ジャンプの出来がいいです。キャメルスピンも加速する。レイバックスピンはほんとに高速スピンの部類でした。ばっちり決めてきましたね。さすがロシアの新型MS。74.58。

アメリカのグレイシー・ゴールド。「エル・チョクロ」。気合い入ってますね。3Lz+3Tはツーフットでしたがまわってます。レイバックスピンもとても回転が速いしキャメルスピンも同様。レベルの高いスピンです。速い助走から3Fはダブルになりました。2Aは成功。ステップはとても動きにキレがあるし、曲の解釈もいいですね。細部によく工夫されてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技だっただけに3Fを決めておきたかったですねー。66.52。うー。

○SD終わっての順位:(1980年ヒット曲ランキング的に)
1. メドベデワの一番長い日
2. ラジオノワはご機嫌ななめ
3. ロックンロール・浅田
4. 宮原の向こう側
5. How many ゴールド
6. ワグナーしぐれ

メドベデワがSPトップにきました。もちろん不思議ではないにせよ、これだけの面々でトップにくるのはさすが。しっかりミスなくいけましたね。FSでもこの流れを引き継ぎたい。2位はラジオノワ。ロシアでワンツーですが、ラジオノワの目指すのは一番上ですよね。浅田は3位。ジャンプ1つ抜けてもこの位置というのがさすが。決まるとでかいですよねー3A。宮原は4位。回転足りなかったんかな。安定感のある演技でとてもよかったです。ゴールドは5位、ワグナーは6位。2人とも演技はとてもよかった。上を狙っていきましょう。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(3):アイスダンスSD

ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」はフィギュアスケートでよく使われる曲ですが、いつか「仮面舞踏会」と思って身構えたら少年隊のが流れて「そっちかーい!」というつっこむ展開にならないかと思うマイク松ですこんにちは。アラフォー限定の壮大なボケ。なんて突っ込もうかなー。

今日はファイナル、アイスダンスSDです。シャイな言い訳は仮面に隠して。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、アイスダンスSD。実況はシミズさん、解説は河合さん。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」ほか。とる角度もありますが、もっと洗練されたような気がする。ツイズルもしっかり。パターンダンスもファイナルレベルになるとしっかりできてますね。正直わからん。みんなうまいと思う。RoLiはスムーズなバリエーション。ステップの終わり方もかっこいい。パーシャルステップは離れてはいけないという条件をしっかり守りながらも、入れ替わりでスピードが落ちないです。最後もかっこよかった。詰めてきてるみたいですね。65.43。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。初ファイナル。「ハレルヤ」。そろいの紫の衣装がかっこいいです。ちょっとしたつなぎの部分がとてもかっこいいです。パターンダンスもエッジワークが正確でスピードもある。ツイズルはスピードもあるし終わりのユニゾンもばっちりですね。パーシャルステップは曲にあわせた盛り上がりがいいですね。CuLiはクライマックスによく合わせてましたね。いい滑りでした。66.21。おおっ勝った。ロウゾンもうれしそう。

アメリカのシブタニ兄妹。「コッペリア」。ワルツ全開で入ります。このワルツのうまさはやっぱり別格。アレックスのホールドがほんとにワルツを表現してます。スピードもあるしつなぎ部分もしっかり表現。ツイズルはパーフェクトな出来。完全にシンクロしてます。パーシャルステップも滑りのなめらかさは変わらず。ホールドがマイアの自由さを引き出しています。RoLiは回転のキレもよかったです。これは素晴らしい出来!69.11。ワルツのシブタニズの面目躍如。

前半はNHK杯でみたことあるカップルばかり、後半は今シーズンはじめてみるカップルばかり。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。わーいみられる。フランツ・レハール「メリー・ウィドウ」。おー滑りの質が高い!優雅さを醸し出してる。Lのホールドの確かさもあり、どんどん進んでいきますね。パターンダンスはすごいなめらかで規定感ゼロ。エッジの正確性は群を抜いていると河合さん。パーシャルステップは音楽変化にあわせて雰囲気をしっかり変えてる。そのへんが評価の対象と河合さん。ステップの優雅さ、気品はさすが。RoLiも舞踏会を表現しているようでした。これぞベテランの味!Lもよくがんばってる。70.14。

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。イル・ディーヴォ「アンチェインド・メロディ」ほか。入れ替わりの華やかさみたいなのがありますね。テーマが明確でおもしろい。まずはパーシャルステップ。雰囲気をしっかり作ってきますね。曲がほんとによくあってる。ツイズルはユニゾンに加えて距離もほんとに一定。パターンダンスもぜんぜん規定感がなくて、むしろクライマックスに向けて作っているエレメンツみたい。CuLiもチョックのバリエーションがすばらしかったです。盛り上げてきますねー。71.64。

カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。きれいな衣装です。なんとも。ヨハン・シュトラウス・メドレー。すてきなワルツのステップで観客を引き込んで、CuLiでどーんとアピール。すぐパターンダンスに入ります。スピードもあるしフリーレッグの上がり方もばっちり。こういう優雅な課題曲は2人にあってると河合さん。ツイズルも華やかに決めました。パーシャルステップは音楽にしっかりとはまって優雅さがもりもり。最後はまたワルツに戻ってフィニッシュ。はーいすばらしい。ジ・アイスダンスというプログラムでした。72.75。

○SD終わっての順位:(1980年ヒット曲ランキング的に)
1. ダンシング・ウィーバー・ポジェ
2. チョック・ベイツのソネット
3. 不思議なカッペリーニちゃん with L
4. シブタニ酒
5. 私はハベル・ダナヒュー
6. よせばいいのにボブロワ・ソロヴィエフ

アイスダンスのファイナルってほんとに楽しい。最初から最後まで楽しめるから。

でもどのカップルもなんだか自分らしさをしっかり出せてる感じがしました。ウィーバー・ポジェのクラシカルなよさ、チョック・ベイツの物語性、カッペリーニちゃん with Lの信頼関係。どれもすばらしい。シブタニ兄妹のワルツは極上だし、ハベル・ダナヒューのドラマティックな展開もよかった。ボブロワ・ソロヴィエフが最初に出てくるあたり、このふぁいなるのレベルの高さがわかりますよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(2):男子シングルSP

富井と御堂筋のイルミネーションをみてきたマイク松ですこんにちは。そりゃイルミきれいですが、それより体調が回復したのがうれしい。それを実感できました。

今日はファイナルの男子シングルSP。6人だからレビューもらくらく!

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、男子シングルSP。実況は振動さん、解説は将軍。

村上大介。ファイナル出られてほんとによかったし、ほんとにうれしい。「ブリング・ヒム・ホーム」。ゆったりした入り。そして4Sを決めてきました!やるやん!次大事やで!3Aも成功!いい流れできてますね。キャメルスピンもしっかり。つなぎ部分もちゃんと意識しています。3Lz+2Tは手をついて3-2に。でもよく対応できました。ステップはエッジをしっかり使えてます。これはいいステップ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やったやった、上出来です!83.47。サンキューキャロルおじいちゃん。格好がちょっと芸人ぽいけど。

カナダのパトリックちゃん。結局ファイナルまで出てるあたりすごい。「マック・ザ・ナイフ」。すばらしいエッジワークから4Tにいきますが、3Tになりました。しっかりリカバーはしてますね。どんどん滑ってきます。3Aはおっけー。降りれば大丈夫。シットスピンは回転が速い。3Lz+3Tは決まりましたが、この時点で3Tを2回跳んでしまいました…。途中で少しバランスを崩しましたが、気づいたんだろうか。ステップもいつも通りエッジワークでどんどんリズムを作っていきます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。すばらしい演技でしたが、コンビネーション0点はほんとにきつい。70.61。うわー。このルールほんとにおかしいわ。

中国の金博洋。ファイナルまできました。「タンゴ・アモーレ」。なんか手の動きにもしなやかさが出てきてる気がする。4Lz+3Tは手をつきましたがちゃんとセカンドもトリプル跳んでました。ジャンプはすごいですね。3Aはだいぶスピード落ちてましたがしっかり成功。まじか。コンビネーションスピンからステップ。細かいステップをしっかり滑ってます。将軍も成長を評価。4Tはちょっとタッチしました。シットスピンでフィニッシュ。ジャンプは完璧ではないにせよしっかり力は出しました。ミスも最小限。86.95。

宇野昌磨。ファイナルについにきましたね。「レジェンド・ワールド」。エッジワークがきれいですぐスピード出ますね。イーグルからの3Aは流れがありました。いい出だし。キャメルスピンも回転速い。このへんの技術が宇野らしいです。コンビネーションスピンもなんとなくブルージーな音楽をとらえてさえいる。4Tは転倒。惜しいなー。3F+3Tはばっちり。ステップは難しい構成を激しく踊りこなしてる。ボディバランスがほんとにすごい。コンビネーションスピンは最後は高速スピンでフィニッシュ。クールでかっこよかったです。86.47。おしい。

羽生結弦。スター登場です。ショパン「バラード第1番」。すごい複雑なステップから4Sをばっちり成功、すぐイーグル。何事もなかったように。一気にスピードに乗って4T+3T。ばっちり決めて降りたあとのスターポーズ。どんだけすごいねん。キャメルスピンのドーナツポジションも普通にきれい。すごいことですよね。すんごい難しい入り方から3Aもハイクオリティで成功。うわー。シットスピンも回転が速いし安定。ステップはエッジワークで片足だけでもどんどん進んでいきます。コンビネーションスピンも曲にしっかり合わせながらまわってました。最後はスターフェイスでキメ。あー。すごいわー。110.95。世界最高得点が出てスターガッツポーズ。でもフェルナンデスを気遣ってあげるスター。まじでスター。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「マラゲーニャ」。スピードに乗って4Sはステップアウト。ちょっと軸が傾いたか。3Lz+2Tは3-3になりませんでしたね。ダンスは超絶うまいんだけどフラメンコじゃない別のダンスっぽい。本場ではこれがフラメンコなのかも。まあかっこいいからいいですよね。難しい難しいステップからの3Aもばっちりでした。コンビネーションスピンは技術を感じます。ほんとにうまい。シットスピンも全然軸がぶれないし。ステップはほんとに高難度な構成をよく踊りこなしてます。終わりもとてもかっこよかったです。やっとここがバルセロナであることがわかりました。仙台かと思ってたわ。91.52。普段ならこれでぶっちぎりで優勝なんですけどねー。

○SP終わっての順位:(1980年ヒット曲ランキング的に)

1. ハニューの詩
2. フェルナンデスタウン
3. 金さがして
4. ハッとして!宇野
5. 唇よ、熱く村上を語れ
6. パトリックの慕情

ハニューがトップです。あれだけの演技をしたフェルナンデスから20点差がついてます。ドラゴンボールみたいな強さのインフレ。こないだまで超サイヤ人ってめっちゃ強かったやん的な。でも全然不思議ではないんですよね。あれなら納得。わからない部分は全部スターオーラが埋めてます。

フェルナンデスも十分な演技をしてます。2位をとりましょう。3位は金。ジャンプがばっちり決まれば上にいけます。宇野は4位。表彰台を狙えるいい位置です。がんばれ。村上は5位。世界の中でしっかり戦えてます。パトリックちゃんが6位。ルールがおかしいからでしょう。FSは自分の演技をしてほしいです。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(1):ペアSP

甲子園ボウルを映像でみたマイク松ですこんにちは。もちろんレビューなどしないのですが、なかなかいい戦いでした。反則が勝敗に大きく影響する。反則の怖さは知っているつもりですが、やっぱり響きますね。

やっとグランプリシリーズもファイナルにたどり着きました。全部放送あるみたいなので助かります。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、ペアSP。実況は三上さん、解説は小山さん。

7組登場。なんでやと思ったらフランス大会での救済措置だそうです。いいことですね。

中国のチェン・ペン&ハオ・ジャン。おっ久しぶり。どうも代理出場みたいですね。ビートルズ「ノルウェイの森」。Dsから入ります。おもしろい作り。3LoThはしっかり投げてますね。3Tはチェンが転倒。これは決めたかった。グループ4リフトは上げ方もパワフルだしバリエーションも見事。ステップはすぐ間を置かずに。ミラーの動きもできてるし、難しい音楽をよく踊りこなしています。誰が作ったんだろう。終盤に3Tw。でかくて高い。難しいポジションのペアスピンでフィニッシュ。ソロジャンプのミスだけでしたね。65.60。趙宏博兄さん相変わらずかっこいい。

カナダのジュリアン・セイガン&シャルリ・ビロドー。シルク・ドゥ・ソレイユ「クリオス」より。スピードに乗った滑りから3Tw。いい流れできてますね。3Sはタイミングもばっちり。3LzThも余裕を持ったジャンプ。シニアデビューとは思えないですね。ペアスピンもまずまず。エッジワークがなめらかで、特別なことしてないのにスピード出ます。グループ4リフトはしっかりレベルとってる。Dsは回転速度もある。ステップもリズムよくしっかり盛り上げてフィニッシュ。71.16。ロウゾンが手がけてるんですね。さすがのおしゃれプログラムでした。

中国の于小雨&金揚。ファイナルに出てきましたね。「ユルンガ」。3Tはまずまず成功。ダンス的なつなぎの部分もある。スピードをあげて3Tw。軽さがありますねー。3LoThは高さも幅もあるしとても余裕あります。ペアスピンは2人のポジションもそろってるしきれい。グループ4リフトは降ろし方がダイナミック。Dsも安定してるし回転もきれい。ステップは構成がおもしろかったです。どんどん完成度が上がってるみたいですね。68.63。趙宏博兄さんの日焼けはどこでやってるんですか。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。NHK杯でも2位に入りました。メタリカ「ナッシング・エルス・マタース」。DsはY字ポジションから入ります。きれい。3Twも高さがすごい出てました。パワフルです。最近3Tw高くなってますよね。3Sはシメカがダブルに。グループ4リフトは実施がとてもスムーズ。流れるようなバリエーション。3FThは難しい入りから軽々と投げました。すばらしい出来。ステップもタイミングがあってました。ユニゾンの力がどんどん上がってきてる。全米チャンプの自覚ですかね。68.14。

ロシアのクセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ。「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。ダンスっぽい雰囲気で入ります。そしてあっという間にトップスピード。速い。3Twも流れがあります。3FThも予備動作がないようなスムーズさ。3Tはストルボワがちょっとステップアウトもうまくごまかしてます。Dsはクリモフのホールドが見事。ステップはお互いの動きが徐々に収束するような難しい作りです。エッジワークもスムーズ。グループ4リフトも一連の動きにまったく重さを感じないですね。ペアスピンでフィニッシュ。さすがの実力!この男女の関係の表現はアイスダンスみたいでした。74.84。

ロシアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。川口すごいきれいになってるしスミルノフもかっこいい。「アイ・ファイナリー・ファウンド・サムワン」。Dsはなめらかだし回ってる間に表現がありますね。ソロジャンプ3Tは決まりました。よっしゃ。3Twはなんとか。ダンス的なつなぎの演技から3LoThはでかいジャンプでした。スミルノフパワー。グループ4リフトは難しい降り方も難なく。ステップも情感をよく出せてるし、曲に寄り添うようなペアスピンでフィニッシュ。おー!今までにはあんまりみたことない、いい雰囲気のプログラムでしたね!楽しむがテーマとのことですが、こういうところにも表れてるかも。考えてみればこういうのなかった。73.64。タマラコーチも元気。みかんあげたい。

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。チャンプきました。赤い衣装。エルトン・ジョン「僕の歌は君の歌」。入り方がなんたる軽さ。一気に清浄な雰囲気を作ります。3Twはとても高いしキャッチが見事。3Lzはしっかり踏んばって成功。Dsに入るまで微妙でしたがなんとか。ペアスピンは回転が速い。これがすごいんですよね。ステップはCuLiも入れながらもユニゾンが細かい。3LzThは転倒してしまいました。ちょっと入りがうまくいかなかったですね。グループ4リフトでフィニッシュ。珍しくスロージャンプで転倒してしまいましたね。72.74。まあまだまだいけますからね。

○SP終わっての順位:(1980年ヒット曲ランキング的に)

1. ストルボワ・クリモフ・オールナイト
2. 大川口・スミルノフ
3. 贈るデュハメル・ラドフォード
4. セイガン・ビロドーとふたり
5. 于・金でいと
6. シメカ・クリエリムは秋色
7. 青いチェン・ハオ

1位はストルボワ・クリモフ。念願のファイナルチャンプが見えてきてますね。FSでは逃げ切る演技ができるでしょうか。でも差はわずか。2位の川口・スミルノフも十分射程圏内。FSが楽しみ。デュハメル・ラドフォードはジャンプミスが響きましたが、差は2点。FSの破壊力があるだけに楽しみです。4位のセイガン・ビロドーがいい演技してました。もちろん表彰台も狙えますが、純粋に演技がみてみたいです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(8):女子シングルFS

来年の大河ドラマ「真田丸」のキャストをみてほくそ笑むマイク松ですこんにちは。これはおもしろくなりそう。本多正信を近藤正臣がやってくれるとは。ちょっといいおじいさんみたいな最近の役柄をがらっと変える怪優ぶりをみせてほしいです。

NHK杯は女子シングルFS。やっとみられました。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、女子シングルFS。実況は鳥海さん、解説は荒川姐さん。

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ。なんでこんなところいるの?FSはうまくいくといいな。「シェヘラザード」。3Lzは手をついて単独になりました。3Lo+1Lo+3Sは決まりました。いいぞ。3Lz+3Tは間にターンが入りましたがコンビネーションにしました。ステップはしっかりレベルの高さを見せつけます。なんでポゴリラヤこんなところにいるんだ。シットスピンもしっかり姿勢を低くできてます。曲調が変わって2Aは降りました。3Lo+2Tは手あげ。今日はなんとかいけてますね。コレオシークエンスはいいスパイラル。2A、3Fは手をつきましたが、転倒はしませんでした。ばっちりではないにせよ立て直してきました。気持ちが強い。コンビネーションスピンから高速レイバックスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。164.63。すごい盛り返してる。わーい。

木原万莉子。「ブラック・スワン」。意欲的な作品選んできましたね。3Lo+2T+2Loを最初に成功。いい入りです。3Lzはダブルに。タイミングが合いませんでしたね。細かいところの雰囲気はよく作れてますね。シットスピンは不思議な終わり方でした。3Fは転倒。傾いてしまったか。レイバックスピンはとてもいいポジション。基本いけてますね。2A+3Tはなんとかいけました。3Sは流れがありました。3Loもいい流れ。音楽に乗れてますね。ステップもリンクを大きく使った動き。体力あります。2A+3Tをもう1つ跳んできました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい滑りでした。雰囲気作りができてましたね。表現力ある。というかやっぱり美栄ちゃんの弟子なんか。163.19。

ロシアのマリア・アルテミエワ。すごいシンプルな衣装。須磨あたりで泳いでる人みたいな格好だ。ショパンメドレー。スピードをしっかり出して、3Lz+2Tを決めてきました。3T+2Tも決まった。3Tは成功したけど3Sは転倒してしまいました。コンビネーションスピンはポジションがきれいでみせますね。ステップは大きくエッジを使っています。2A+1Lo+2Sは予定通りか。3Lzは手をつきました。回転も足りてないみたい。もうちょっとがんばれ。2Aからレイバックスピン。素晴らしいポジションですね。スピンは得意そう。スパイラルからコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。ジャンプのレベルが上がればしっかり戦えそう。がんばってほしい。158.33。

カナダのケイトリン・オズモンド。やっと戻ってきたオズモンド。「オブリビオン」ほか。スピードがあっという間に出ます。3F+2Tは高さ出てました。2A+3Tもしっかり。また雰囲気をよく作ってますね。これがオズモンドの強さ。3Lzはダブルに。コンビネーションスピンはいいキャッチフットポジション。つなぎ部分もしっかり表現。3Loは転倒。軸が傾いてしまいました。3Fはおっけー。大きなスパイラルをここでもってきてます。コレオシークエンスは表現力パート。しっかりがんばってますね。3Sは転倒。2A+2Tからレイバックスピン。これもいいポジション。ステップは片足で長く滑ってます。しっかり盛り上げる部分。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。滑りの美しさはレベルが高いだけに、絶対に戻ってきたい選手。168.48。トップにきました。さすが。

ロシアのアリョーナ・レオノワ。「サマータイム」ほか。3F+3Tはセカンドで転倒。最初はよかったんですが。3Lzはシングルに。2Aは決まりました。コンビネーションスピンで持ち直そう。曲はやっぱり明るい方がいいですね。キャメルスピンから観客を巻き込んでいきます。3T+2Tは成功。最初からこんな曲で滑ればいいのに。3Fもきっちり成功。いいぞ。コレオシークエンスもしっかり伝えてますね。3S+2T+2Lo、2Aといけてます。コンビネーションスピンもまずまずのポジション。ステップは明るい曲にして踊っていました。あんまり静と動織り交ぜるよりも得意なリズムでずっといきたいですね。165.75。

中国の李子君。「アーティスト」より。かわいい入り。3F+3Tはセカンドは回転不足。しっかり降りてはいたんですが。2A+3Tは決まった。3Loは入りもよかったです。全体のリズムをしっかり意識して滑ってますね。コレオシークエンスはスパイラルもすてきです。キャメルスピンは回転速度がほしいですね。後半に入って3Lzは決まりました。3Fは決まってますがスピードがちょっと落ちてますね。3Sは成功。2Aと続けました。ステップも細かいところをしっかり表現してます。エッジワークをもっと鍛えていきたいですね。コンビネーションスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。コンディションはあまりよくないみたいですが、それでもここまでしっかりまとめました。166.40。

アメリカのミライ・ナガス。ピンク・レディーみたいな格好だ。どこで習ったんだ。「華麗なるギャツビー」より。3F+3Tはいいジャンプ!いいぞ。2A+3Tはセカンドツーフットでもう1つつかず。3Loは高くあがってました。キャメルスピンは軸がしっかり。コレオシークエンスをはさんで3Lzは決まりました。しっかり成功させてますね。3Sはツーフットか。イーグルをはさんで3Lo+2T+2Tはここでコンビネーションをリカバー。かしこい。2Aからコンビネーションスピン。スピンの軸の確かさはさすが。最後のステップはしっかり観客の後押しを受けて、いい笑顔のレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技でしたね!175.64。いい点出ました。

浅田真央。登場しました。がんばれ。プッチーニ「蝶々夫人」。3Aは前向きに降りてしまいました。少しスピードが足りなかったか。3F+2Loは確実に。3Lzは決まりました。キャメルスピンはドーナツポジションもすてき。つなぎ部分は細かいところまで行き届いています。コレオシークエンスから2A+3T。きっちり成功。3Sも難しい入り。3Fはステップアウト。3Loは軽やかに上がりました。レイバックスピンはポジションが最高にきれいです。すぐステップに入る。アリアに乗って大きな表現。これはすばらしいステップ。密度といいエッジワークといい最高です。音楽にもよく乗ってる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はなかなかスピードがトップにいきませんでしたが、ベストは出せてましたね。182.99。

アメリカのアシュリー・ワグナー。ゴージャスなのきました。がんばれ。「ムーラン・ルージュ」より。2Aからの一連の動きはほんとにかっこいいです。気迫を感じる。スピードに乗ってます。3Fはツーフット。2Aからシットスピン、コンビネーションスピンは回転が速いです。つなぎ部分の感情表現もすばらしいです。3Lo+1Lo+3Sは決まりました。リズムもよかった。3F+3Tはツーフットでしたね。3Loからステップに。気迫を押し出した演技。やはり今までとは断然違いますね。3Lzから音楽の盛り上がりにあわせたコレオシークエンス。コンビネーションスピンでフィニッシュ。1つの物語を作れる力ですね。すばらしかったです。179.33。上にいってもよかった。取りこぼしが多かったか。うーん。

アメリカのコートニー・ヒックス。最近がんばってますね。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」より。3F+3Tはタッチありましたが、すごい高さ出てますね。スピードにもよく乗ってる。3Lzは転倒。キャメルスピンはいい回転速度。ステップはエッジを深く使ってますね。ステップはだいぶ長い感じがしますね。ステップからの3Lz+2Tは決まりました。高さあります。3Loはぎりぎり。2Aはよかったです。コンビネーションスピンはしっかり回ってレベルとってます。3Fはきっちり決まりました。最後に2Aを跳んでジャンプ終了。コレオシークエンスもしっかり感情出せてますね。スタミナがある。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。183.12。ぎりぎりトップにきました!結構ジャンプで加点がきたみたいですね。

宮原知子。リスト「ため息」。いいスピードが出てます。今日いちですね。3Lz+2T+2Loはぎりぎり。難しいプログラムをしっかりがんばってます。3Loは終わってからもすぐ演技。ステップのエッジワークもとてもなめらか。それでいて上半身もめっちゃ動いてるしスピードもキープできています。3Fは流れもありました。シットスピンは両回転。3Lzも流れがあった。2A+3Tをここで成功。余裕ありますね。キャメルスピンはいい軸ができてます。難しいステップからの3Sも決めました。2A+3Tを最後に跳んできました。最後のスパイラルはいろいろ質が高いですね。レイバックスピンでフィニッシュ。素晴らしい演技でしたね!曲の雰囲気にベストマッチしながらも、スピードを最後までキープしていました。203.11。おー200点超えましたね。

○最終順位:(1984年ヒット曲ランキング的に)
1. 宮原知子七変化
2. ヒックス・おぼえていますか
3. 浅田恋しぐれ
4. ワグナー節だよ人生は
5. ミライのハートはマリンブルー
6. 艶姿オズモンド娘

宮原が優勝しました。全体的に高いレベルでしっかり安定していましたね。こういうスケートで勝つのが宮原の戦い方でしょう。別に他の選手にならなくてもいい。宮原の戦い方で勝てばいいのです。

2位にヒックスがきました。なぜか最近いけてるヒックス。ジャンプがすごいよくなってます。パワーある。浅田は3位。なんやかんやで表彰台に乗ってきました。1年ブランクあるのに。いろいろ考えてる途中という今日の出来でした。

ワグナーは4位。惜しくも表彰台は逃しましたが、あの滑りはやっぱり目が覚めます。ミライが5位。今日の滑りはよかったです。満足そうでした。オズモンドは6位。ちょっとずつ復活すればいいでしょう。さすがカナダの至宝。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(7):女子シングルSP

みかんを配って歩く富井です。みかん一箱をいかに腐らせないか・・・みかんマネージメントは難しいですね。

さて、NHK杯も最後、女子シングルです。実況は鳥海さん、解説は荒川さん。

カナダのケイトリン・オズモンド。少しやせましたか?「バラ色の人生」。3F+2Tは間にターンが入ってしまいました。3Lzは転倒。もったいない。でも、キャメルスピンは回転が速くて美しい。イーグルからの2Aはオッケー。レイバックスピンもいいですね。ステップはさすがの上手さだなあ。ジャンプが決まれば表彰台もありました。コンビネーションスピンまで優雅。57.07

木原万莉子。「さくらさくら」。3T+3Tは2つめで回りきる前に転倒。3Loは見事。曲がゆっくりなのでもうちょっとスピードがあればいいんだけどな。シットスピンはオッケー。ステップはいろいろやっているけどやっぱりスピードが欲しい。コンビネーションスピンは最後のポジションが面白かったです。イーグルからの2Aはきれい。最後は美しいビールマンポジション。シニアのグランプリシリーズデビューはまずまずの出来だったんではないでしょうか。54.96

ロシアのマリア・アルテミエワ。22歳。「AT LAST」。3T+3Tは流れが素晴らしいジャンプ。シットスピンは途中でもフライングが入る珍しいスピン。ロシアらしい良く伸びるステップ、でも途中でちょっとつまずいてしまいました。3Lzは転倒。2Aもバランスを崩しましたがなんとかこらえました。最後のコンビネーションスピンもシットスピンが入っている。シットポジションが得意なのかな。最後のレイバックスピンはちょっと音楽からはみ出してしまいました。55.68

中国の李子君。あいかわらずかわいいなあ。「月の光」ほか。3F+3Tは成功。おお、久しぶり?3Loもいいですね。レイバックスピンの回転も速くて美しい。イナバウアーから2Aも流れがあって良いジャンプ。キャメルスピンもオッケー。ステップも音楽に良く合っていて李子君の上品な魅力にあふれています。でも、もうちょっとスピードが欲しい。コンビネーションスピンもI字がきれい。いいできだ!60.78。コンビネーションジャンプが回転不足だったのかな?

アメリカの長洲未来。強そうな衣装。「ディーモンズ」。3F+3Tは久しぶりでは?続くキャメルスピンも勢いがあります。3Loも成功。コンビネーションスピンの回転も速いなあ。力強い演技が続きます。2Aも着氷までがきれい。ステップもうれしそうにこなしています。レイバックスピンもビールマンまで回転が上がっていくようで素晴らしかったです。長洲未来もノーミスは久しぶりじゃないですかね。61.10

浅田真央。「素敵なあなた」。3Aは残念ながら転倒。すごい悲鳴が上がります。3F+3Loはちょっと助走にスピードがなかったような。しかしキャメルスピンはいいですね。3Lzは1Lzになってしまいました。ちょっとタイミングが合わなかったかな。しかしレイバックスピンからステップは素晴らしい。特にステップはすごい。コンビネーションスピンも回転が速い。62.50

アメリカのコートニー・ヒックス。19歳。「フィーリング・ビギンズ」。イーグルがかっこいい。3F+3Tは間にターンが入ってしまいました。レイバックスピンも音楽のテンポに合っている。キャメルスピンもオッケー。3Lzも危なげなく。2Aも成功。ステップもオリエンタルな雰囲気がありますね。コンビネーションスピンも複雑なポジション。最後音楽と合わなかったのが残念、でも、いいできでしたね。65.60

ロシアのアリョーナ・レオノワ。「チャップリンの映画メドレー」。マイムが上手い。3T+3Tは幅のあるジャンプですね。キャメルポジションがきれいなスピン。小芝居付きのステップまるでジュベールのような・・・いや、芝居的にはジュベールより上手い。3Fは転倒。ここまで良い流れだったのに。でも笑顔で2Aを成功させるのはさすが大人だ。レイバックスピンも回転が速い。コンビネーションスピンもオッケー。でも演技が終わると笑顔がすっと消えました。59.63。

アメリカのアシュリー・ワグナー。「Hip Hip Chin Chin」。このプログラムいいですよね。3Fはセカンドジャンプがつきませんでした。シットスピンは回転が速くてよかった。コンビネーションスピンも曲にあってる。スピードがありますね。2Aはきれいなジャンプ。イーグルのあと3Lo+2Tとコンビネーションにしました。さすが。ステップもずっと踊ってるみたいにかっこいい。レイバックスピンも回転が速くて素晴らしい。あー、ジャンプが残念でした。でもやっぱりかっこいいわ。63.71

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ。「ヴァイオリンと管弦楽のためのボレロ」。3Lz+3Tは転倒してしまいました。3Loも着氷した後にパタンと倒れてしまいました。キャメルスピンはいつも通り。2Aは成功。コンビネーションスピンもいつもに比べるとちょっと不安定な感じ。ステップは手足のうごか仕方がダイナミックですが、このステップでも途中で転倒。最後のレイバックスピンはこなしましたがショックがすごく伝わりました。ポゴリラヤといえば安定感が素晴らしかったのですが、意外。3転倒は生まれて初めてぐらいかも。コーチもショックを受けている感じが伝わります。47.35。泣かないで・・・。

宮原知子。ポゴリラヤのあとだと一層小さく感じますね。「ファイアダンス」。3Lz+3Tは簡単に成功。レイバックスピンもポジションが美しい。キャメルスピンも回転とポーズが素晴らしい。ステップも一つ一つのポーズが美しさが素晴らしい。3Fもオッケー。2Aもいいですね―。コンビネーションスピンまで流れが全く途切れませんでしたね。なんかますますよくなってる!細部まで手が込んでいる工芸品のような美しさ。濱田コーチが嬉しそう。69.53

○SP終わっての順位:(1984年ヒット曲ランキング的に)
1.桃色宮原
2.おヒックスぶりね
3.渚のはいからワグナー
4.浅田真央物語
5.長洲、未来、ついた
6.前略、李子君より

1位の宮原は素晴らしかったですね。パフォーマンスは素晴らしくてもキャラが地味なのであっという間に羽生や浅田の影になってしまいますが、そうです、ロシア女子全盛の時代に世界選手権銀メダリストなんです。これぐらいやっても全く当然なんです。毎年調子を崩すことなく進化し続けているのが本当に素晴らしい。

そして2位のヒックスも今シーズンのSPは安定してますね。いいプログラムでジャンプがきちんと入ればこの順位も納得です。課題のFSでがんばって欲しい。そして3位のワグナーはジャンプが残念でしたね。まあ、そういうときもある。それでもきちんとまとめて3位。さすがの安定感。

4位の浅田は常に勝って当然でもはや白鵬みたいになってますね。まあ、横綱だからしかたない。でも、中国杯では確かに進化を感じたのでFSで巻き返せばそんなに上と差がついてないので難しくありません。

そして5位、6位の長洲と李子君はいいパフォーマンスでしたね。2人ともポスト浅田といわれてから成長期でジャンプを崩していましたが、これからまた世界選手の最終グループで戦っていけそうな感じを出し始めました。FSもがんばって!

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(6):男子シングルFS

香川出張から帰ってきたマイク松ですこんにちは。以前にいったときと同じように、うどんをたべて栗林公園を散策してきました。栗林公園が家の近くにあったら絶対年間パス買って毎日歩きにいきますね。紅葉がきれいで最高でした。

さて、遅れておりますNHK杯、今日は男子シングルFSです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、男子シングルFS。実況は曽根さん、解説はホンダバン。

オーストラリアのブレンダン・ケリー。ワンリパブリック「シークレット」。クワドルプルに挑みますが転倒。ナイスチャレンジ。3Sは単独で成功。キャメルスピンはポジションがいいですね。回転速度をあげたい。3Aはいいジャンプでした。ステップはわりと緩急ついてますね。もう少し複雑なのがいい。3Lzは決まりました。3Aはステップアウト。まだコンビネーションが入ってないですね。3Tも成功。3Loもなんとか。シットスピンは回転が速かったです。2Aでジャンプ終わり。あらーコンビネーションがありませんでしたね。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。なんとか2つくらいはつけてほしかったです。177.98。

カナダのエラジ・バルデ。「ガリシア・フラメンカ」ほか。4Tに挑みますが跳ぶ前にかかとがひっかかってジャンプになりませんでした。3A+2Tは成功。3Aも決めてます。これは得意なジャンプですね。フラメンコの雰囲気はよく出てます。ステップもそれをキープしながら表現。シットスピンから細かい動きで雰囲気づくり。さすが2年目のプログラム。3Lz+1Lo+3Sはサルコウで転倒。もったいない。3F+2Tは決めました。3Lo、3Lzと決めてきます。コンビネーションスピンはテンション高く。2Aからコレオシークエンス。コンビネーションスピンもよく盛り上げてました。もう一息ジャンプが決まってれば。一時の調子を取り戻してほしいです。211.09。いい笑顔で観客にお礼。

フランスのシャフィック・ベセギエ。「リボーン」ほか。4Tはコンビネーションではありませんでしたが降りてますね。4T+2T+2Loを決めてきました。いい出だしですね。この調子でいきたい。3A+2Tはキレありました。キャメルスピンはゆっくり。つなぎの演技でおもしろいポーズがありました。フランスらしい小芝居。ステップは体が動いてるし手足の長さをいかした表現が効果的です。3Aはなんとかリカバー。3Lzはダブルに。3Fは決まった。3Sもいけました。よく決まってますね。シットスピンから一気に音楽もテンポアップ。コレオシークエンスもリズムをとっていたのですがちょっとつまづきましたね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプはしっかり決めてきただけにちょっと取りこぼしてしまいましたかね。215.82。

田中刑事。ディティクティブ田中がんばれ。ヴェルディ「椿姫」。4Sを決めてきました。3Aと連続で成功。そして3F+3Tと成功してます。大変いいですね。シットスピンからステップ。1つ1つのポーズがよく決まっていますね。2Aは予定通りだったか。3Lzもキレあります。3S+2T+2Loを決めてコンビネーションスピン。ポジションがきれいです。3Lo+2T、3Fと最後までジャンプの調子がいいですね。コレオシークエンスは会場をしっかり巻き込んでいます。キャメルスピンでフィニッシュ!やったディティクティブ!最高の演技できましたね!234.90。やったやった!すべてのエレメンツで加点をもらっているようです。

アメリカのグラント・ホクスタイン。ほっほちょっとアウェイの雰囲気だけどがんばれほっほよ。「レ・ミゼラブル」。優美ほっほな演技。4Tを最初に成功。3A+2Tもいけてます。3Lzもいけましたがもう少しスピードがつくといいほっほよ。つなぎ部分もよく考えられてるほっほ。ステップはよく上下の動きもつけてたし、そのままキャメルスピンにつなげています。いい調子ほっほ。3Aを決めてシットスピン。3Lz+1Lo+3Sを決めてきました!いいほっほ!3Lo、3Fと決めて、3T+1Tに最後はなりました。コレオシークエンスはすばらしいほっほイーグルにもっていき、コンビネーションスピンでフィニッシュ!やったほっほ!ディティクティブの演技におされず、自分のほっほ演技を貫きました。235.63。わずかにかわして1位にきました!ナイスほっほ!

アメリカのリチャード・ドーンブッシュ。相変わらず地味な衣装。コールドプレイ・メドレー。4Tは転倒。3Aは高さと幅ありましたね。3Lzは手あげもダブルになりました。ステップは音楽をよく表現。前回中国大会よりもキレ感じますね。キャメルスピンから3Aは派手に転倒してしまいました。がんばれ!3Lz+2T+2Loは手あげできました。シットスピンは回転速度をあげたい。3F+2T、3Loとジャンプをきっちり決めてきます。ステップからの3Sは決まった。コレオシークエンスは観客を盛り上げます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。2転倒はきつかったですが、自分の滑りをしようとがんばっていたのはよかったです。217.50。

ロシアのコンスタンティン・メンショフおじさん。ジャンプで推して参る。「狂気の世界」。4T+3Tは高さありました。ばっちり成功!曽根さんは「ベテランならではの表現力」といいますが、メンショフおじさんにはそんな機能は備わってません。4Sはトリプルでオーバーターンになりました。3Sはオーバーターン。3Aもステップアウト。今日もジャンプはあんまりですね。コンビネーションスピンからステップ。1つのエッジで長く滑ったり、がんばって上半身を動かしたりとよくがんばっています。おっつなぎの演技も前よりがんばってる。いいぞ。3Lzは決まった。3A+2Tは成功。いけるいける。がんばれおじさん。3Lo+2T+1Loは決まりましたがだいぶ疲れてますね。2Aからシットスピン。短く終わります。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。なんとか最後まで滑りきりました。よくがんばりましたね。233.58。うーん。

チェコのミハル・ブレジナ。「海賊」。かっこいい衣装ですよねー。気合い感じますね。3Aはホントにでかいすばらしいジャンプ。クワドルプルは3つもってきているそうですが、最初は3Tになりました。4Sはダブルになりました。タイミングがずれましたね。コンビネーションスピンは変に時間があまりましたね。ステップはさすがの難度をしっかり滑ってきています。雰囲気も出せてる。4Sは転倒。回ってはいたか。3A+2Tは手をついてます。3Lzはいいジャンプでした。3Loも手をつきました。2F+1Lo+3Sのあとシットスピンからコレオシークエンス。疲れていても見事なステップ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。もう少しジャンプを決めていれば勝負をもつれさせますね。222.49。

マキシム・コフトゥン。ベートーヴェン・メドレー。4Sはキレがあってばっちり流れてました。原始時代に火をつけるようなジェスチャがあったあと3Aも成功。少し停滞したあと4Sに挑みますが1Sになってしまいました。シットスピンからコンビネーションスピンは回転も速いです。このへんは上位陣。そのあとの表現も質が高いです。酔っ払いが電柱に寄りかかっているような演技のあと、3Aはステップアウト。3Lzもシングルになりました。急にジャンプも崩れてくる。3Lo+2A+SEQは決まりました。「第9」にのってコレオシークエンス。長くしっかりステップで盛り上げます。3S、2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。いいプログラムですがちょっと崩れてしまいました。212.63。うわー。だいぶ落ちてしまいましたね。

無良崇人。すごい歓声です。がんばれ。シルク・ドゥ・ソレイユ「オー」より。4Tは高くジャンプできました。しっかりまわってますね。4T+2Tはしっかり2Tつけてますね。SPがよかったあとのFSはよくないと自分で認識しているようですね。がんばれ。3Aは決まりましたが次の3Sはダブルに。次のスピンは入りが悪かったのですがなんとかリカバー。あぶない。ステップは音楽をよくつかんでます。いいステップ。3A+2Tは高さ出たいいジャンプ。さすがのアクセルですね。3Loはステップアウト。シットスピンもしっかり。3Fはツーフットに。もうちょい。3Lzはなんとかこらえました。少し疲れてきたか。コレオシークエンスからコンビネーションスピンまでしっかり演じきりました。惜しいミスがいくつかありましたが、音楽の解釈は進んでいる感じ。242.21。トップにきました!

中国の金博洋。中国期待の新星だそうです。「ヒックとドラゴン2」より。4Lzはばっちり!キレもあって流れも最高です。4Sはステップアウト。3A+1Lo+3Sは少しぐらっときました。ステップは躍動感はありますね。これを武器にしていかないと。つなぎ部分もがんばってます。4T+2Tはしっかり当たり前のように跳んできますね。4Tはダブルになってしまいました。決まれば4つめだったんですね。3Lz+3Tは決まりました。だいぶ疲れてきたか。がんばれ。3Aからコレオシークエンス。よくがんばってます。キャメルスピンからシットスピンでフィニッシュ。さすがのジャンプをみせてくれましたが、今日はこれだけのすばらしい演技でも調子は今ひとつだったところかも。266.43。それでもこれだけ出る。

羽生結弦。何点出るのやら。「陰陽師」より。最初のポーズだけで何か結界が張られたような。スピードに乗った滑りから4Sは完璧な質。術かな?イーグルをはさんだ4Tもスーパーな出来。術かな?3Fからキャメルスピンはドーナツポジション、ビールマンにもっていくコンビネーションスピン。なんかすごいわ。ステップはエッジワークの巧みさとのびのよさに加えて曲表現もいいですね。曲にしっかり合わせる部分もあり。4T+3Tを後半で成功。がつんときましたね。術かな?3A+2Tはセカンドで手あげ。でかい。難しいステップからの3A+1Lo+3Sを決めてきたぞ。3Lo、3Lzを決めてジャンプは完璧すぎる。シットスピンもすばらしいポジション。コレオステップも会場が一体となった表現に。イナバウアーですごい歓声。コンビネーションスピンでフィニッシュ。すごーい!曽根さんの「次元が違います」がすべてですね。体力ももったし。いうことはないですね。フラワーガールの忙しさがほんとにすごい。そしてスターの振るまい。322.40。圧倒的ですね。ドーミネイトですね。

○最終順位:(1984年ヒット曲ランキング的に)
1. ハニューの愛ランド
2. ピンクの金博洋
3. 無良くんがとまらない
4. ギザギザほっほの子守歌
5. 迷宮のディティクティブ田中
6. 渚のはいからメンショフおじさん

ハニューが優勝。まあ各所で報じられてるわけですが、322点はほんとにびっくりの出来ですよね。でもあれならしょうがない。2位の金博洋もすごい演技をしているんですが、あれだけの高難度の技術を披露してもこれですからね。しばらくは強く生きて下さい。

3位は無良。いい出来ではなかったですが、3位を死守したのは喜ぶべきことでしょう。歴史の変わった表彰台に登れるんですからね。4位はほっほ。いつの間にやらアメリカ代表ほっほ。何が起こったのか。とりあえずがんばれほっほよ。ディティクティブ田中は5位。声援を力に変えられました。メンショフおじさんはなんやかんやで6位。この力。

フクラカントクがESPで球団の危機を回避か

イトウ、選手への食事改善を要求。さすが選手会長だなと思うのですが、なんかこのやりとりに釈然としない気持ちがあるマイク松ですこんにちは。どこがといわれるとわからないのですが、練習場にバナナやドライフルーツを持ち込んだらいいのかというと、そんなことで強くなる種いもはいないんじゃないかと。菓子パンで強くなってほしいです。

さて、野球トゥバーク@野球がすごく有耶無耶パゥワーでうやむやにされている感が強い中、よその国でも違うトゥバークが問題になっているようで、もとヤクルトのいむちゃんよんさんがトゥバークで球界をトゥイホー、おすんふぁんさんも阪神にあきらめられてしまったようでトゥイホーの可能性もあるとのことです。なんか以前にも書いたのか、トゥバークやトゥイホーとかがスムーズに変換できるんですが…。

そんな中オリックが命拾いした話がとりあげられていました。

フクラカントクの直感がチームの危機を救った

どうも今騒動の渦中にいるいむちゃんよんさんが、オリックで野球をしたいといい条件で売り込んできたそうです。しかしフクラカントクは新戦力で底上げをしたいと、いむさんの売り込みを断っていたそうです。

1年前のオリックなら、超大型補強とかでむやみに高い条件でいむさんと契約→来年オリックやばい、オリックぱない→いむさんのトゥバークが発覚→黄泉瓜と並ぶトゥバーク関与球団としてやり玉にあげられる→有耶無耶パゥワーでもみ消し、というルートをたどっていたことでしょう。しかし今回は難を逃れました。

やはりこれはA-岡田の時代から続いてきたエスパー開発がようやく役に立ったということでしょう。A-岡田のくじ運を高めるために始まったエスパー研究は、種々の超能力に広がり、種いも錬金術の力も借りて、そのクオリティはかなり高まっているとみていいでしょう。予知能力者(プレコグ)はその代表です。

おそらく今回も、いむさんが売り込みにくる→球団そろってこらお得やがな!と盛り上がる→いきなりフクラカントクの耳が回転し始める→トラブルを予知、売り込みをお断りする、という流れだったのではないかと推察いたします。フクラカントクの耳が回るようになればもう安心ですね。あとはフクラカントクが不吉な予感ばかりして耳がまわりっぱなしになり、ストレスで休養することのないよう気をつけるだけですね!

北の湖部屋は山響部屋に

4.5億減俸。まあ確かに年俸が4.5億下がるので間違いではないんでしょうけど、減俸は基本的に罰だと思うのでほかの言葉にしてやりたいマイク松ですこんにちは。黄泉瓜の選手に同情の余地は1mmもないですが、4.5億下がるとかもう果てしないなと。思わずスギウチに同情してしまいました。

さて、九州場所中になくなられた北の湖理事長。今頃歴代の横綱たちに挑みかかっている頃だと思いますが、北の湖部屋は山響親方が継承し、山響部屋になることになりました。山響親方はもと巌雄です。なつかし~巌雄。というか角界にまだいたんですね。よかった。

ともあれ北の湖部屋も名前を変えて存続することになり、よかったですね。北太樹も一安心でしょう。もちろん天国場所で活躍している北の湖親方も。

あとは琴光喜部屋を誰が立ち上げるのかという問題を残すのみになりましたね。誰がというか部屋の名前からするとミッキー兄さんが立ち上げるんでしょうけどね。そろそろいいでしょう。ね。

でも琴光喜部屋というとなんだか一代年寄みたいなので(ある意味永世大関も一代ですけどね)、新しい名前とかつけるといいでしょう。自縄自縛部屋とか、真鯛部屋とか、摂理部屋とか。応援したいな~摂理部屋。

ナカジさんが微妙な改名でカモン運気

かぜがなおってきて仕事が忙しくなったマイク松ですこんにちは。あらゆるものを置き去りにしてかぜで伏せっていただけに、取り戻さなくてはいけないのですが、それでまたかぜをひいたりしたらどうしよう。芸術家とかは病に苦しむことも多いですが、かぜに苦しんでいる芸術家とかはきいたことがないですよね。

さて、富井も僕もなかなか時間がとれなくて、NHK杯のレビューができないので、ちょっとオリックの記事で、文字通りお茶を濁そうと思います。便利な言葉。

中島、心機一転「裕之」から「宏之」に改名

思わず二度見した方も多いのではないでしょうか。発芽するどころか地中生物に進化してしまったかのように浮上しなかった昨シーズンの種いも球団オリック。深海魚に進化するのも時間の問題ぽいですが、そんなオリックの中でも見事な地中生物ぶりを発揮したナカジさん。期待が大きかっただけに戦犯扱いされることもしばしばですが、来シーズンはもうちょっとがんばってくれるのではないかと。期待したい。願望だけ。

そんな僕たちへのアンサーが改名でした。まあ野球選手では珍しい話ではないですが、やっぱり姓名判断なんですかね。名前を変えたらものすごい打つようになったら楽なんですけどね。

今回は微妙な変更ですが、もし姓名判断がはやったら、オリックのスタメンもずいぶんキラキラネームで占められるようになるでしょう。

1. 瞬☆旬◎シュンタ
2. アダチ・関白・RYO-ICHI
3. 天上天下イトイヨシオ
4. ティーオ
5. 中島宏之
6. 小屋NO!A1
7. リバー・バター
8. 泣かぬなら泣くまで待とうウェストフィールド
9. イトウ”ライト”ヒカル

これらは登録名ではなくあくまで本名です。戸籍上いけるのかどうかはわかりませんが、こうみるとナカジさんが一番普通にみえますよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(5):男子シングルSP

全国一律でお坊さんを手配。なんか便利だなと思うマイク松ですこんにちは。ちょっとお経の意味がわからんとか、そういう用事でもお呼びしていいんだろうか。あ、定額のお布施が必要なのか。質問50問くらいしたらもとがとれるかな。(関西人的発想)

NHK杯はやっと男子シングルSPです。普通に楽しみ。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、男子シングルSP。実況は曽根さん、解説はホンダバン。

オーストラリアのブレンダン・ケリー。ジェイソン・ブラウンの代わりに出場。GPSは今年が初めての年。「ブルー・ドラッグ」ほか。なかなかいいステップからスピードに乗ります。4Tは前向きに降りてしまいました。3Aはなんとか成功。よく踏んばりました。キャメルスピンはなかなかいい出来。ステップからの3Lz+2Tはなんとか2Tつけました。あぶなかった。ステップは上下の動きもあってダイナミックですね。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。4Tはいけませんでしたが、ほかはがんばりました。61.20。

アメリカのグラント・ホクスタイン。きましたほっほ。サンキューほっほ。「ふたつの夕暮れ」。しっとりほっほとした曲。4ほっほTはなんとか降りました。いいほっほよ。3Aも今回はきれいな回転ほっほでした。キャメルスピンはドーナツほっほポジションも入れて。しっかり練習してるほっほね。シットスピンも安定してたほっほ。きれいな軌跡のほっほイーグルから、3Lz+2Tを成功。いけたほっほ。ステップはツイズルがおもしろほっほな出来でした。コンビネーションほっほスピンでフィニッシュ。いい出来でしたね!しっかり前よりもレベルほっほアップしていた。74.30。いいほっほ笑顔。

カナダのエラジ・バルデ。デューク・エリントン「エコーズ・オブ・ハーレム」。慎重に4Tに挑みましたが前向いて着氷。ステップから3Aは流れよく決めました。シットスピンは軸も安定していい出来。つなぎ部分も意識してますね。3Lz+3Tをしっかり成功。今日はいい出来ですね。練習ではあんまりうまく決まってなかったそうですが。コンビネーションスピンからステップ。のって滑ってますね。キャメルスピンでフィニッシュ。69.47。悪くない出来。

田中刑事。ディティクティブ田中。「ブエノスアイレスの春」。4Sを決めてきました!朝はあまり決まってなかったそうですが。いいぞディティクティブ!3Aもいい流れ。すてき!シットスピンはいいポジション。キャメルスピンもドーナツポジションに。あとはコンビネーションを決めたいですね。3F+3Tは最初がダブルになりました。もったいないー。ステップもタンゴ感をよく出せてるし、コンビネーションスピンもいい表現ができてました。73.74。あのコンビネーション決めたかった。

フランスのシャフィック・ベセギエ。「ウナ・マティナ」。4T+2Tはなんとかもちこたえてコンビネーションにしました。3Aもこらえて降りました。キャメルスピンはゆっくり。3Lzもなんとかもちこたえました。コンビネーションスピンも多彩なポジション。すてっぷもよく体が動いてます。動いてはいるんですが。シットスピンでフィニッシュ。大きなミスはなかったのですが、特に書くことが見当たらないという演技でした。72.51。

中国の金博洋。きました中国の新型MS。「タンゴ・アモーレ」。スピードに乗って4Lz+3Tをきっちり成功!ほんとにしっかり決めてきますね。高さもあるし。3Aは高さも幅もありました。コンビネーションスピンの回転も速い。ステップはよく動いています。まだ伸びる余地があるとすればステップですかね。ステップからの4Tをきっちり成功。キレあるジャンプです。キャメルスピンはキャッチフットポジション、シットスピンでフィニッシュ。今日もすばらしい出来でしたねー。技術で大きく点出しましたね。95.64。きました。

アメリカのリチャード・ドーンブッシュ。「ムーラン・ルージュ」より。4Tはなんとか踏んばりました。ナイス。キャメルスピンも入り方がダイナミックでした。3Aは手をつきました。でかいジャンプでしたが。コンビネーションスピンは足替えもあり。ジャンプとスピンをしましまにやってきます。3Lz+3Tはしっかり。シットスピンは姿勢が低かったです。ステップは動きが大きかったです。よく滑ってはいたのですが、でもなんだか展開が単調でしたね。ドーンブッシュらしからぬ。78.20。

ロシアのコンスタンティン・メンショフおじさん。おじさんの力をみせてやれ。「ロッティング・ロマンス」。3T+3Tは4-3を変更してますね。空中でやめても3-3跳べるのはすごいんですが。4Sは成功。しっかり。キャメルスピンはゆっくりです。おじさんだから。3Aも決めました。ステップはがんばってますね。おじさんにしては。コンビネーションスピンは多様なポジション。結構うまいんですよねスピン。おじさんでも。シットスピンでフィニッシュ。最初は4-3にしておきたかったですが、大きなミスなくいけました。79.79。

無良崇人。「黒い瞳」。4Tはコンビネーションの予定が単独も、きっちり成功。3Aはすばらしいジャンプ。でかいし高いし。スピンはしっかり軸も決まってるし、いいスピンです。練習してますね。キャメルスピンも軸がしっかり。ポジションもいいです。ステップからの3Lz+3Tでコンビネーションをリカバー。ジャンプそろいました。ステップは細かい密度のぎゅうぎゅうなステップ。がんばって踊りこなしてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。今回はしっかり自分の演技できましたね。こうでないと。88.29。

チェコのミハル・ブレジナ。ジェローム・カーン「今宵の君は」。3Aは大きなブレジナらしいジャンプ。4Sはステップアウトも大きなジャンプでした。おしゃれプログラムがよりおしゃれになってる。キャメルスピンはまずまず。ステップからの3F+2Tは3-3にしたかったですねー。しかしステップは音楽をよく解釈したかっこよくおしゃれなステップ。ブレジナのよさがよく出てます。これくらいできる漢。シットスピンも低く速く回れてました。コンビネーションスピンは音楽の終わりに合わせるしっとりとした出来でした。雰囲気が作れるようになってきましたねー。81.64。

ロシアのマキシム・コフトゥン。ジェネシス「アイ・キャント・ダンス」。4S+3Tをしっかり成功。攻めたジャンプですね。4Tは軸が傾いて手をつきましたがすぐ滑りに戻れました。3Aは転倒してしまいました。これはどうしたか。あんまりみたことないですね。コンビネーションスピンはゆっくりになりました。ステップは音楽にあわせた独創的な振り付けを軽々踊りこなしています。これはいいステップ。人を引きつける細かな工夫がありますね。シットスピンから最後のアップライトスピンまで、雰囲気をよく作れていました。3Aの転倒は想定外でしたねー。82.27。

羽生結弦。スター登場。少しプログラムを変えてきたそうです。それがどうでるか。ショパン「バラード第1番」。あっという間にトップスピードに入ります。滑りの質が違う。静かな音楽の中すごいスピード出てる。イーグルから4Sそしてすぐイーグル。しっかり持ちこたえてます。またすごいスピードから4T+3Tは楽々成功。すぐ演技に戻ってますね。キャメルスピンも見事なドーナツスピンに。普通にポジションがきれい。鬼難しい入りからの3Aもステップの1つのように決めてきました。シットスピンも独創的なポジション。そしてステップ。移動距離も長いし1つのスケートののびもすばらしい。別の競技みたい。あっという間に終わります。コンビネーションスピンも最初から最後まで回転が速かったです。そして最後のスター的な決めポーズ。何から何まで完璧でした。106.33!えー!点出ましたねー。出るから出るんですが。

○SP終わっての順位:(1984年ヒット曲ランキング的に)
1. もしもハニューが…。
2. ワインレッドの金
3. 無良のリクエスト
4. 哀しくてコフトゥン
5. 星屑のブレジナ
6. おじさんはメンショフの調べ

ハニューが1位。100点超えてるんですからね。しかもこりゃ出過ぎやろとかいうのがまったくない。納得の100点超え。FSが楽しみ以外のコメントはありません。演技がすべて。

金が2位。金も95点出してるのに2位。これ以上何をすればええねんというところでしょうね。お察しします。無良が3位。大会が大会ならトップでもおかしくない点数。コフトゥンが4位。ジャンプきっちり決めて表彰台を狙いたいです。ブレジナもSPプログラムの本領を発揮し始めてる。いいペースで仕上げてきてました。メンショフおじさんが6位。FSでは何にも考えず、ジャンプのことだけ考えて滑って下さい。どうせ優勝はハニューですからね。

でも今日のSPは総じていい演技が多かったです。氷のコンディションがよかったんかな。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(4):アイスダンスFD

回転寿司をたべにいったマイク松ですこんにちは。結構おいしいお店(だと思うところ)にいったのですが、考えてみれば外食も久しぶりで感激でした。極東事務所のかぜも終息に向かってきています。応援して下さい!

今日はアイスダンスFDです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、アイスダンスFD。実況は浅井さん、解説は賢二アニキ。

平井絵己&マリエン・デ・ラ・アスンシオン。マリエンはどうも腰をけがしているらしくて万全じゃないそう。がんばれ。「トゥーランドット」。ツイズルはまずまずいけましたね。CiStは丁寧に滑ってます。もっとスピードがほしいところ。CuLiはポジションがしっかりしててなめらか。ダンススピンもポジションがいいですね。SlLiはポジションチェンジでもしっかり安定。マリオンがんばってますね。DiStはユニゾンもよくあってますね。RoLiは長い回転をしっかり安定させてました。FDは力出せましたね。115.59。おだいじに。

村元哉中&クリス・リード。もう演技に入ってるんですね。チャレンジングです。「ライムライト」ほか。そういうことですか。CiStはスピードある入り。丁寧でいい感じです。CuLiは片足でもっていきました。そしてなにしろ表情がうまくついてる。思い切ってやってます。ダンススピンもまずまず。ツイズルはクリスが足ついてました。どうもよくないですね。DiStはテンポもいいしよくなってると思ったらクリスが転倒。どこか悪いのかもしれないですね。なんとかRoLiに間に合わせました。SlLiは安定してたし、最後のRoLiも雰囲気があってよかったです。村元の適応力がすばらしいですね。がんばってます。134.97。自信もっていいわ。

アメリカのアナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。ベートーヴェン・メドレー。スピードに乗って入ってますね。DiStから。エッジも深いしフリーレッグもあわせてます。RoLiは回転がきれいだし、そのままダンススピンに入る技術をみせてます。とてもきれい。つなぎ部分もしっかり表現してるし、SlLiは難しいポジション+片足ホールド。思い切った技です。SeStも音楽に合わせてなめらかなエッジワーク。CuLiはイーグルで。工夫ありますね。しかし交差する形のツイズルで転倒がありました。もったいないなー。最後はフライングキャメルとRoLiが合わさったようなすごい技でフィニッシュ。演技はよかったのであのツイズルはもったいなかったです。138.41。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。きれいな衣装。ステンドグラスみたいです。ミューズ「エクソジェネシス交響曲」。のっけからすごい動き。イギリスらしい独創的な動きです。CuLiはゆっくりしたポジションチェンジが宇宙を感じます。CiStもオーソドックスな動きじゃなく独創的なステップです。RoLiも上下の動きを片手ホールド。パワーありますね。ツイズルはしっかりいけました。ダンススピンもなんだかすごい宇宙。宇宙を感じる。SlLiはイーグルで入りました。MiStはクライマックスにもってきてます。なめらかだしスピードも落ちてない。最後のポーズに至るまで独創的でした。おーすばらしい!独創的なイギリスが帰ってきた。やっぱりUKアイスダンスといえば宇宙ですよ。155.88。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。ステファノワの頭痛はよくなったようです。「ラフマニノフズ・リベンジ」。シットポジションから入るツイズルからきました。よくあってます。CiStは深いエッジ。SlLiはステファノワの動きがよくできてる。CuLiはいいポジションでした。ダンススピンも軸がばっちりで回転してるのがすごいきれい。衣装も生かせてますね。DiStはよくあった動き。RoLiの前に不思議な動きがありましたが最後までいけました。今日はしっかり力出せましたね。がんばれブキン。160.64。いい笑顔のブキン。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。「アンナ・カレーニナ」より。滑りのよさが別次元ですね。ツイズルは長くてきれいな回転。SlLiはふわっと上げましたね。全然重さがなくて逆にすごい。CiStはアイスダンス的なホールドが雰囲気をよく出してます。CuLi+RoLiはボブロワのポジションがすばらしいですね。ダンススピンもいい雰囲気。DiStはホールドも独創的だしその中での心の動きもよくみせてます。クライマックスに向けてのコレオステップからRoLiまでの動きがすばらしい叙情でした。少しずつ復活してきてますね。もっとよくなりそう。169.33。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。白と黒の衣装。「弦楽のためのアダージョ」。ツイズルはポジションがすばらしい。回転も速いし。質が高いです。CuLiはイーグルでもとてもなめらかです。つなぎの部分でもよく表現してるし、そのままCiStに入ってます。とても感情表現がうまいし、つなぎの部分とシームレスに物語を作ってる。そしてSlLiのポジションもいいですね。MiStはまったくテンションもスピードも落ちてない。RoLiは入りも降りもとてもなめらかでした。最後のダンススピン、コレオステップまでが一つの物語になってました。わかりづらいプログラムをしっかり演じてましたね。167.49。おー上にいけませんでしたか。

アメリカのシブタニ兄妹。コールドプレイ「フィックス・ユー」。CuLiは上がり方がふわっと軽々。とてもきれいでした。ダンススピンも回転が速いし1つのエレメンツの中の変化がいいですね。SlLiはポジションがとてもよかった。CiStはステップの美しさでしっかり表現してます。ツイズルはユニゾンが完璧。RoLiは回転のキレがすばらしい。コレオステップからのDiStはクライマックスの雰囲気をとてもよく出せてました。解放感、浮遊感のような部分がうまく出せた。よかったです!174.43。おー点でましたね。

○最終順位:(1983年ヒット曲ランキング的に)
1. シブタニ・ロ・カ・ビ・リー
2. ボブロワ・ソロヴィエフスペシャルII
3. ドラマチック・ハベル・ダナヒュー
4. ステファノワ・ブーキン・サスピション
5. 夏色のクームス・バックランド
6. 冬のカヌーシオ・マクマナス

シブタニ兄妹が優勝。しっかりとれましたね。SDがワルツということで、だいたいしっとりしたFDな傾向になれば、ステップの技術で勝てますよね。でも今回のプログラムは普遍的な美しさを感じました。すばらしかった。

2位はボブロワ・ソロヴィエフ。強さ戻ってきましたねー。まだ途中でスピードがなくなるところもあったりして、逆によくなる余地もある。世界選手権にあわせていきましょう。3位のハベル・ダナヒューは2位でもよかったくらいのいい演技でした。アメリカぽかった。

今回の中ではクームス・バックランドの宇宙的なスケールのプログラムが光りました。カー姉弟から続くUKアイスダンスの無闇なスケール感が大好きなのですが、しっかり引き継いでほしいです。そして村元・リードの意欲的な演技もよかったです。最初だからといって守りに入らず、お互いを高め合ってるようでした。うれしいですね。がんばれ村元。

演技のあとで浅田舞お姉ちゃんがきてましたが、散髪屋のサインポールみたいな服でした。あれでスピンまわったりしたら、髪の伸びたお客さんが寄ってくるのかな。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(3):アイスダンスSD

川崎トークショー。いまだに88歳のおばあちゃんのハートを掴んで離さない魅力をもっていることに驚愕するマイク松ですこんにちは。三国志にいれば間違いなく魅力100。

今日はNHK杯、アイスダンスSDです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、アイスダンスSD。実況は浅井さん、解説は賢二アニキ。パターンダンスはラベンスバーガーワルツだそうです。わからん。

村元哉中&クリス・リード。ついに結成した新カップルです。「ウインナー・カフェ」ほか。すごくエッジワークがなめらかで雰囲気も出せてますね。パターンダンスもとてもスムーズな印象。ツイズルはクリスがセカンドツイズルでバランスを崩しましたが大丈夫。今年からはパーシャルステップはいったん止まってから始めるそうになったそう。スピード感もキープできてますね。RoLiは安定した回転でした。上々のデビューですね。53.44。

平井絵己&マリエン・デ・ラ・アスンシオン。「僕の大事なコレクション」より。ツイズルから入ります。うまくいけましたね。パターンダンスもスピードが出てるしエッジも深く使えてますね。表情もついてる。パーシャルステップは丁寧なステップももっと滑っていけそう。RoLiはパワフルな回転でした。前半の勢いをキープできてたらよかった。43.61。

アメリカのアナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。アメリカ大会5位。ポール・イスラムが欠場して代理に来てくれたようです。バレエ「シンデレラ」より。ツイズルはミラーの形。珍しいですね。パターンダンスはやはりよく滑ってる。減速する要素が少ないですね。リフトはRoLiは右回転で難しいそう。パーシャルステップの前もよく表現できてるし。音楽もとらえる部分もある。ユニークな振り付けをしっかりこなしてますね。クリエイティブな演技でした。55.21。シーズンベスト。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。けがからの復帰戦。たのしみです。カナダ大会3位。ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」ほか。のっけからパワフルな演技。さすが。一蹴りの推進力が全然違う。ツイズルも問題なしですね。体の傾斜がついてるのでインアウトをはっきり出せると賢二アニキ。まったく規定感がない。そしてRoLiにシームレスにつながります。ステップの終わりもかっこよかった。パーシャルステップは曲が変わって力強さと迫力を前面に押し出して。最後までパワフルでした。でもまだ詰め切ってないし、まだよくなりそう。ピークコントロールしてるところですね。66.19。貫禄ですね。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。今朝はステファノワの頭痛で練習なしだったそう。がんばれ。映画「スタントマン」より。まずパターンダンス。ユニゾンがしっかりあってるし滑りもなめらか。ツイズルはシットスピンのようなツイズルが入っていて、しかもばっちりあってました。SlLiも安定してました。ステファノワもがんばってポジションチェンジ。パーシャルステップは音楽が変わって明るい雰囲気。うまく切り替わってる。むしろブキンが頭痛かったんじゃないかという感じでした。まだやれるよ。61.96。でも成長してきてる。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。フランス大会4位。スメタナ「売られた花嫁」ほか。最初のステップも複雑な入れ替わりで物語を作ってます。パターンダンスはスピードありますね。賢二アニキは少し正確さが足りなかったという判断。ツイズルはあってましたね。パターンダンスはとても優雅な振り付け。大きな動きがお互いにスピードを増してる。最後はCuLi。降り方もかっこよかったです。まだ細部は詰まってないにせよ、勢いのある演技でした。61.00。惜しい。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。フランス大会で優勝してるそうです。「ハレルヤ」ほか。ダンスっぽい目線のコントロールがうまい最初。ユニゾンと距離感がいいですね。パターンダンスは難しいことはしてないのにどんどん滑ってますね。シームレスにツイズルにいきました。うまくずれをリカバーしました。パーシャルステップはディープエッジのまま、2人の距離がとても近くて、それだけで物語を作っていけてる。2人の関係で演技に深みを与えてました。CuLiでフィニッシュ。すばらしいプログラムですね。これはいい。エレメンツ感が全然なかった。66.57。トップにきました。

アメリカのシブタニ兄妹。「コッペリア」。さっそくマイアはポーズとってますね。でも最初の入れ替わりでいきなり引き込んできます。そういえば大得意のワルツでした。もうパターンダンスも全然ぎこちなさもないし、FDのような華やかさとなめらかさ。ツイズルは長くてもばっちりユニゾン。パーシャルステップは音楽が変わってより華やかに。スピードというよりもう1つのバレエの演技。RoLiは入り方がクリエイティブでした。すばらしい!ばっちりでした。やっぱりシブタニ兄妹のワルツはひと味違いますね。68.08。すごいリラックマをもらってる。

○SP終わっての順位:(1983年ヒット曲ランキング的に)
1. ミッドナイト・シブタニ
2. ハベル・ダナヒューも濡れる街角
3. ボブロワ・ソロヴィエフやね
4. ステファノワ・ブーキンに、胸キュン。
5. クームス・バックランドなのに
6. カヌーシオ・マクマナス笑っちゃいます

シブタニ兄妹がトップ。ピョンチャンオリンピックのときには絶対にFDはワルツにしたほうがいいでしょう。それだけ最高の武器。ホンダバンが宇宙刑事ギャバンのテーマで滑るくらい。(滑ったことないわ)ハベル・ダナヒューが2位。カップルとしての関係性をしっかり見せられれば物語が生まれますよね。ボブロワ・ソロヴィエフが3位。ゆっくりコンディションを戻していきましょう。

7位の村元・リードは想像以上の出来でした。上々の滑り出し。この時期をしっかり有意義に過ごして上達してほしいです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(2):ペアFS

ハニューがあんあんの表紙この号売れるんだろうなと思うマイク松ですこんにちは。あんあん買わないのでわからないのですが、僕が読んでいる少年サンデーなら誰が表紙になったら同じインパクトなんだろうと考えています。

今日はNHK杯のペアFSです。かぜでずっといけてなかったのですが、久しぶりにさんぽにいってきました。そんな野戦病院@極東事務所からお送りしています。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、ペアFS。実況は船岡さん、解説は若松さん。

イギリスのアマニ・ファンシー&クリストファー・ボヤジ。ミュージカル「ゴースト」より。2A+2A+SEQはセカンドで手をつきました。きれいに入れたのですが。3Twは落とし気味になりました。2Tは予定通りできっちり。無理しない。3Fは空中で軸がだいぶ傾いて転倒。あぶない。アクセルラッソーリフトは確実に。3SThも転倒。まだスロージャンプは調整中ですね。ソロスピンは後半はユニゾンとれてました。トゥラッソーリフトも慎重に成功。Dsは低い姿勢です。ペアスピンは回転がゆっくりもポジションがよかったです。コレオシークエンスを経てスターリフトは途中で降ろしましたね。でもまずはこういうところからでしょう。じっくりカップルを作っていって下さい。125.80。

アメリカのジェシカ・キャララング&ザック・シデュ。「ロミオとジュリエット」。2A+2T+SEQで最初はきました。きっちり成功。3Twは高さ出てましたね。いい出だしだ。3Sは抜けてシングルに。アクセルラッソーリフトは降ろし方もがんばる。Dsまでの流れもよかった。ソロスピンは前半はよくあってました。リバースラッソーリフトはワンハンドで降ろしました。3SThはきっちり成功。コレオシークエンスからスターリフト、キャリーに変化。いい流れできてるぞ。最後の3LzThは転倒しました。ペアスピンでフィニッシュ。結構出来がよかったほうでは。シデュの負傷がなおったらもっといけるでしょう。150.26。

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ。SPはペアスピンが0点になったそうです。「ロミオとジュリエット」より。3Twは高さ出てましたねー。いい武器です。ここでコレオシークエンス。そして3T+3Tはタイミングがずれましたが成功。3-3もってたとは。3SThはタッチありました。ソロスピンはとてもあっていました。こうでないとですね。バックワードラッソーリフトもさすがのレベル。3Sは手をつきましたがなんとか。いい流れです。Dsも回転がなめらかで速い。アクセルラッソーリフトはポジションもきれい。ジェームスって上達してますね。3FThは今度は成功しました。ペアスピンからローテーショナルリフト。キャリーでフィニッシュ。フィジカルな強さを見せつけましたね。すばらしい。180.20。

カナダのルボフ・イリュシェチキナ&デュラン・モスコビッチ。とりあえずトップにきておきたいですね。ラフマニノフ「交響曲第2番」。カナダっぽいプログラムですねー。3Twは実施がスムーズ。3T+3Tはファーストがダブルになりました。もったいない。3Lzは手をつきましたが大きなジャンプでした。ローテーショナルリフトはイリュシェチキナの上げ方とポジションが独創的。やりますね。つなぎの部分もしっかり感情表現ができてます。3Sはなんとか。アクセルラッソーリフトはワンハンドでバリエーション。3LoThはおっけーです。ペアスピンはいいポジション、ソロスピンはよくあわせてますね。コレオシークエンスもしっかりつなぎとして成立。スターリフトからキャリーリフトはワンフットからまたローテーショナルリフトに戻りました。モスコビッチのパワーみせました。Dsでフィニッシュ。力のあるところをみせましたね。あとはジャンプだけですか。180.63。なんとかかんとかかわしました。

ロシアのベラ・バザロワ&アンドレイ・デプタット。がんばれ。ビートルズ・メドレー。バザロワ姉さんの足細すぎますね。すごいわ。3Tから入りました。3Twもキレありました。小ステップを経て2A+2A+SEQはオーバーターンがありましたね。細かいつなぎの部分もしっかり。アクセルラッソーリフトはバザロワ姉さんのポジションの見せ所です。3FThも成功。Dsはイーグルから入ってますね。デプタットもしっかり成長してます。ソロスピンは中盤から合わせました。ペアスピンは上からの視点でよくわかりませんでしたが回転も速い。コレオシークエンスでも柔軟性をアピール。3LoThはステップアウト。リバースラッソーリフトはワンハンドですごいローテーション。ハンドトゥハンドリフトから最後はお姫様だっこでフィニッシュ。おーペアの成熟度が上がってきた感じですね。デプタットの演技も自信がついてきたか。181.70。

中国の于小雨&金揚。FSでどんな演技みせてくれるか楽しみ。衣装もきれいですね。映画「クリエーション」より。3Tはうまくいきましたが、2A+2A+SEQは最初がシングルになりました。4SThにトライしましたがここは転倒。ナイスチャレンジですね。ステップからの3Twは十分余裕ありました。アクセルラッソーリフトはキャリーのときはビールマンポジションに。技術みせますね。Dsも回転が速いし安定してます。ソロスピンは静かな音楽の中できっちりあわせてきてます。見事。細かなステップによるつなぎ部分も見応えあり。コレオシークエンスはダンスリフトも交えて。リバースラッソーリフトは降り方も難しそう。3LoThはすごい高さ出してました。スターリフトは最初から最後まで流れありました。そして素晴らしいポジションのペアスピンでフィニッシュ。攻めの姿勢がとても頼もしかったです。そのうち世界チャンピオンになるでしょうね。191.02。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」より。4Twは最後は少し乱れましたが4回回ってますね。3Sはキレよく成功。つなぎ部分のステップもレベル高いです。3SThは高さも幅もよく出てました。Dsも音楽にあわせてなめらかにまわってました。表現部分もしっかりできてる。プログラムの完成度も高いです。3T+2Tはステップアウトもありましたがなんとかコンビネーションにしました。スターリフトはワンハンドで。コレオシークエンスはダンスリフト。質が高いです。3FThは高さ出てました。ローテーショナルリフトは降ろし方が高度。ソロスピンは途中ずれましたが修正。アクセルラッソーリフトも壮大な音楽にあわせるような表現。ペアスピン回転がとても速かったです。いい演技できましたね。190.66。あー惜しい!惜しくも上にいけず。

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。普通にやればいけそう。アデル「ホームタウン・グローリー」。3Twはキレよく流れもある。そして必殺3Lzもタイミングよく成功。ばっちりですね。4SThはスピードが落ちてたか転倒。3LzThは4回転を自重。ソロスピンはきっちりあってる上に回転速い。すぐ表現に移れるのも強み。リバースラッソーリフトは振り付けの1つのようになめらか。3T+2T+2Tはデュハメルがステップアウトでコンビネーションにできず。アクセルラッソーリフトは降ろし方もきれい。コレオシークエンスでもカーブリフトはとても高度。ペアスピンも多彩なポジション。スターリフトは両回転プラスキャリー。Dsでフィニッシュ。今日はいっぱいチャレンジしてきましたが、まあ余裕ですね。202.72。

○最終順位:(1983年ヒット曲ランキング的に)
1. セカンド・ウィン デュハメル・ラドフォード
2. 于・金組のひと
3. 時をかけるシメカ・クリエリム
4. バザロワ・デプタット恋しぐれ
5. イリュシェチキナ・モスコビッチがいっぱい
6. 秘密のジェームス・シプレ

デュハメル・ラドフォードが余裕の優勝。新しい技にはどんどんチャレンジしたほうがいいし、世界選手権に向けてたかめていかないと。于小雨・金揚が2位に入りました。ぎりぎりであれ2位は立派。上を目指す真摯な姿勢を感じます。3位はシメカ・クリエリム。ぎりぎり3位でしたがファイナルは決めました。洗練されてきてます。全米チャンプになるともりもり強くなるのがアメリカ。

バザロワ・デプタットは4位。ペアとして成熟していてほっとしました。いつデプタットが刺されるか心配してたので。成熟といえばイリュシェチキナ・モスコビッチもうまくなってました。ジェームス・シプレも高度な技にチャレンジする素地が整ってきた。今回のNHK杯のペアはレベル高かったです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(1):ペアSP

そういえば天野喜孝さんがハニューをイラストに。なにげにすごいイラストですよね。マイク松ですこんにちは。他の選手も描いてほしい。ホンダバンとか。

さて、かぜ野戦病院からお送りしておりますFalse Startですが、今日からNHK杯をちょっとずつみていこうと思います。もう世間からは遅れていますがお許し下さい。かぜが悪いのです。かぜのウイルスが。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、ペアSP。実況は船岡さん、解説は若松さん。ボロソザル・トランコフは欠場したそうです。ざんねん。

カナダのルボフ・イリュシェチキナ&デュラン・モスコビッチ。中国大会は7位だったらしい。レッド・ツェッペリン「あなたを愛し続けて」。3Twはスピードも出てるしいい感じ。スピードに乗って3Tは手をつきました。振り付けはデヴィッド・ウィルソンだそうです。3LzThはきっちり成功。ステップはエッジワークはいいですね。もっとユニゾンが高まってきてほしいところ。Dsはイリュシェチキナがみなごろしイーグルから合流。工夫があります。リフトはきっちりこなしてました。ペアスピンでフィニッシュ。いい演技できてましたね。63.80。いい点出てます。力からして前半グループはいやなはず。

イギリスのアマニ・ファンシー&クリストファー・ボヤジ。GPS初参戦。イギリスペアとあって期待したいです。ルイ・アームストロング「バラ色の人生」。3Twはちょっとかついだ感じもありますが大丈夫。2Aはファンシーが手をつきました。2013年結成だそうです。リフトはポジションチェンジもしっかりできましたが、ステップは途中でつまづいてしまいました。なんとか持ち直した。3SThはまた手をつきました。ジャンプはまだ仕上がってない感じですかね。Dsからペアスピンでフィニッシュ。ペアとしてこれから成熟していくはず。42.52。

ロシアのベラ・バザロワ&アンドレイ・デプタット。カナダ大会は5位だそう。ショパン「ノクターン」。3Tはぎりぎり大丈夫でした。バザロワ姉さんがんばった。3Twは高いというか前に投げてる感じでした。リフトはさすがのポジションの美しさ。ダンスっぽいつなぎを入れて3LoThは高さと幅が出ていました。Dsは入りからなめらかに回転していました。今日はかなり演技よさそう。ステップはもう少しユニゾンを高めたいところ。ペアスピンはバザロワ姉さんのポジションでみせていました。今日はいけましたね。かえってFSが心配になるくらい。64.06。お喜びになっておられる。

アメリカのジェシカ・キャララング&ザック・シデュ。こちらもNHK杯初参戦。ジェームス・ブラウン「もし僕をまだ愛しているのなら」。3Sはシデュが転倒。どうも腰を痛めて手術したらしい。3Twは高さがとてもあってばっちりでした。ここでペアスピンを入れてきます。後半の回転はよかったです。リフトはまずまずの出来。Dsはしっかりまとめて。ステップは音楽をうまくつかってます。もっとのびていってほしいです。もう実は6年目のカップル。最後の3LzThはばっちり決まりました。まずまずいい演技でしたね。55.19もシーズンベスト。

中国の于小雨&金揚。世界ジュニアチャンプとして注目されています。なんかすごい演技しそう。入ってきた時点で。「ユルンガ」。3Tはタイミングもばっちり。きれいなジャンプでした。3Twは異次元の高さで、キャッチもとてもスムーズです。3LoThは高さと幅がすごい。ペアスピンはポジションチェンジがたくさん。リフトは最初から最後までスムーズ。ほんとにあぶなそうなところがないですね。Dsも回転が名ケラか。そしてステップはお互いをしっかり感じながら滑っていました。安定感ばっちり。期待の若手というだけあります。67.00。中国のジャージってジオンぽいですね。

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ。フランス大会は2位。「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。スピード出てますね。よく滑ってる。3Tは降りるタイミングもばっちり。つなぎ部分もよく考えられてます。リフトは上でのバリエーションがすばらしい。3FThは入り方もよく考えられてるし着氷も見事。Dsはシプレのホールドが工夫あり。ステップはユニゾンがとてもありますね。というかこのカップルこんなにうまかったっけ。すばらしいです。ペアスピンでフィニッシュ。フランスSP2位はまぐれじゃないんですね。61.91。あれ?

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。アメリカ大会は2位だったそうです。メタリカ「ナッシング・エルス・マタース」。Dsから入る構成。回転が速くて力強かったです。3Twは空中でのキレがありました。3Sはなんとか。リフトは移動が早くてスムーズ。動きもきれい。実は全米チャンプなんですよね。3FThも問題なし。ステップは音楽をよく聞いて踊り込んでいる感じがします。いいユニゾン。と思ったら4月に婚約してるんですね。なるほど。ペアスピンでフィニッシュ。安定感ありました。68.43。トップにきました。

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。チャンプきました。赤い衣装。エルトン・ジョン「僕の歌は君の歌」。スピードに乗って3Tw。難しい入りからかバランス崩しましたがもちこたえました。3Lzは手をつきましたがなんとか。Dsは回転も速いし安定した軸。ペアスピンはやはり物語を感じる構成。このへんの強みはありますね。ステップはダンスリフトも入れながら、音楽をしっかり表現。物語を感じるステップです。3LzThはスピードが落ちてましたが降りました。リフトでフィニッシュ。いつもの出来ではなかったですが、それでも横綱相撲でした。71.04。

終わってのスタジオトークで、鈴木と将軍が「あのスロージャンプのすーっていくのっていいよねー、すー、すーって」といっていました。すー。

○SP終わっての順位:(1983年ヒット曲ランキング的に)
1. デュハメル・ラドフォードの宿
2. シメカ・クリエリムの渡し
3. 于・金の兄妹
4. バザロワ・デプタット物語/すこしだけやさしく
5. イリュシェチキナ・モスコビッチ・アイ
6. ジェームス・シプレの林檎

デュハメル・ラドフォードは貫禄のトップ。FSではもっと大きな感動を呼べるでしょう。ルッツで逃げ切るスキームはまだ有効。シメカ・クリエリムが2位。ちゃんと2位につけたのがキャリアですね。于小雨&金揚が3位。さすが期待の若手、ちゃんと優勝を狙う位置につけてますね。

バザロワ・デプタットは4位。いつもSPでつまづいて不機嫌そうなバザロワ姉さんをみてきたような気がするので、ごきげんな姉さんは久しぶり。逆にFSが不安です。がんばれデプタット。イリュシェチキナ・モスコビッチもいい位置につけました。上を狙いましょう。ジェームス・シプレはもっと上かと思いました。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 ロシア大会(4):女子シングルFS

スピッツ「ハチミツ」トリビュート、参加アーティストの演奏曲発表。なるほどの組み合わせと思うマイク松ですこんにちは。個人的には赤い公園の「ハチミツ」、NICO Touches the Wallsの「歩き出せ、クローバー」、indigo la Endの「愛のことば」が期待大です。アルバムたのしみ。

今日はロシア大会の女子シングルFSです。高いレベルの戦いです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ロシア大会、女子シングルFS。実況は森下さん、解説はジュンジュン。

スロベニアのダーサ・グルム。手の表現力がありますね。「ポンズ」。3Lzは成功。慎重に跳びましたね。3Fも慎重に。2Aはシングルになりました。3T+1Lo+2Sを跳んで序盤はジャンプまずまず。コンビネーションスピンはがんばってます。少し体が固いとジュンジュン。1A+2Tになりました。3T+2Tからキャメルスピン。ポジションはいいですね。しかしシットスピンはうまく入れませんでした。ステップで盛り返そう。よく体も動いてます。2Fからコレオシークエンスでフィニッシュ。ミスはありましたが体の動き的に品がある感じですね。これが12位とかレベル高い大会ですね。

アメリカのハンナ・ミラー。プッチーニ・メドレー。3T+1Lo+3Sを決めてきました。ぽんぽんいきたいですね。2A+2Tを決めていい出だし。3Lzはダブルに。少し入りがよくなかったですね。キャメルスピンからレイバックスピン。いい回転軸です。後半に入って1Fに。3Loは決まりました。ステップはチェンジオブペースもいい。滑りが伸びているとジュンジュン。3F+2Tを決めてきました。高いバレエジャンプから3T。コンビネーションスピンは回転が速かったです。なかなかいい滑りでした。ジャンプがしっかり決まってほしかったですが。145.21。

加藤莉緖奈。GPSはこの大会だけだそう。「マイ・フェア・レディ」より。3F+3Tから成功。3Sからキャメルスピン。そこからステップにいきます。以前と比べてスピードがない印象。もっとできるぞ。でもエッジワークはきれいですね。コンビネーションスピンはさまざまなポジション。2Aは手上げ。3Loはオーバーターン。3Lzはツーフットでコンビネーションになりませんでした。おしい。3Lo+2T+2Loは回転どうだったかな。コレオシークエンスから3T+2Tを最後に跳びました。レイバックスピンでフィニッシュ。今日は少し慎重だった感じありますね。155.56。

永井優香。「奇跡のシンフォニー」より。3Lzはシングルでコンビネーションにならず。タイミングを失ったか。3Fはとてもいいジャンプでした。3Loも高さ出てます。持ち直してきました。ステップは体もよく動いてるし表情もついてますね。コンビネーションスピンは安定した回転。丁寧にまわってます。3Lzは転倒。2A+3Tはなんとか。3S+2Tもいけてますね。2A+2Tは最後に付け足したコンビネーション。よく計算できてますね。コレオシークエンスからレイバックスピンはポジションがとてもきれいでした。コンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はルッツがよくなかったですが、それ以外はよかったですよね。159.62。

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。「レジェンド・オブ・メキシコ」ほか。3Lz+2T+2Loは成功してます。3Fは成功してますがどうもスピードが出てこないですね。がんばれ妹。3T+2Tからコンビネーションスピン。しっかりアピール。3Lzは転倒しました。3Loは慎重に決めてます。2S+2A+SEQというめずらしい組み合わせも。キャメルスピンは手足の長さをいかしてます。妹の武器。3Tからコレオシークエンス。できればこのへんでもっとアピールしていきたいですね。コンビネーションスピンから最後は忍者みたいなポーズでフィニッシュ。点を出すためにしっかり全体をまとめた感じです。157.54。永井の上にはいきませんでした。

イタリアのロベルタ・ロッテギエーロ。「エビータ」より。3Lz+2Tを確実に決めてスタート。3Loはなんとか。3T+2A+SEQを跳んできました。やっぱり補欠じゃなく、第3のイタリア選手というところなんでしょうね。レイバックスピンからステップ。そうか前はフランス大会だったからFSみてないんですね。ステップはクラシカルな動きを感じる。3Fは転倒してしまいました。跳んでいたんですが。3Loはダブルに。ここで踏んばろうぜ。2Aは成功。3Sからシットスピン。回転も速い。最後までがんばれ。コンビネーションスピンも1つ1つポジションを正確に回りました。ジャンプでところどころミスがありましたが上出来。もう演技全体をまとめる力がありますね。162.72。

ここから後半グループ。

本郷理華。これだけ点とってるのに6位ですか。「リバーダンス」。3F+3Tから入りました。3Sはダブルになりました。ちょっと慎重すぎるか。3Lzも転倒しました。スピードが上がってない感じですね。キャメルスピンで落ち着こう。ステップは手拍子が後押し。もっと乗っていきたい。攻めていきましょう。2A+3T+2Tを決めてきました。いいぞ。3Loも決まった。コンビネーションスピンはビールマンスピンにもっていってます。3Lz+2Tはツーフットでしたか。コレオシークエンスはこのプログラムの見せ場。3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ。コンディションがあまりよくなかった感じですが、それでもしっかりまとめてきました。179.12。

ちょっと実況のあおりがうざい感じですね。普通にいってほしい。

アメリカのポリーナ・エドモンズ。「風と共に去りぬ」より。いまいち映画のテーマが伝わりにくいんですが演技はいいんですよね。3Lz+3Tからしっかりスタート。そして次はステップシークエンスです。表情をうまく使えるようになりました。3F+1Lo+3Sは一度タッチがあったか。コンビネーションスピンは安定してます。3Loからキャメルスピン。ポジションいいですね。スピンは表現力ついてきたかも。3Fはなんとか。2Aもいけた。3Lo+2Tも成功。レイバックスピンは衣装をうまく使ってきれいですね。そして2Aを跳んでコレオシークエンス。スパイラルもよかったです。上出来の演技ですね。じっくり仕上げてきてる印象。全米にピークはくるでしょう。183.20。

ロシアのアデリーナ・ソトニコワ。地元の期待感じますね。はじっこからスタート。「恋のやまい」。滑りがスピードもあるし思い切りがいい。3Lz+3Tを跳んできました。まずまず。3Fはばっちり。攻めてる滑りですね。3Loからコンビネーションスピン。1つ1つのポジションの質が高いですね。ステップは入りの部分がかっこよかった。体がよく動いてるし。2A+3Tはしっかり降りました。2F+1Tになりました。ちょっと疲れてきたか。がっくりスピードが落ちてる。がんばれ。3Sからレイバックスピンは片手ビールマンに。しっかりクライマックスにコレオシークエンスをもってきてます。いい表現力。2Aは転倒してしまいました。キャメルスピンでフィニッシュ。疲れましたがいい滑りでした。スタミナさえもってれば。どこの名選手かと思ったらリプニツカヤ元帥がみておられました。もうすっかり大人になりましたね。185.11。

ロシアのエフゲニア・メドベデワ。新型MS。「ウォリスとエドワード」より。きりきりと密度の高い滑り。3F+3Tから。片手あげ。スピードに乗って3Lz。なんかジャンプの質が違いますね。コンビネーションスピンはI字スピンに。構成としては元帥のプログラムと同じなんですよね。ステップは音楽をしっかりいかしてメリハリがあります。滑りもよく伸びてる。3Lzは片手あげ。3Loも入り方がかっこいい。つなぎの部分もみっちり。2A+2T+2Tも決まりました。3S+3Tを跳んできました。ぎゃー。2Aは着氷乱れましたがまあいいでしょう。コレオシークエンスはI字スパイラルをしながらチェンジオブペース。すごい。コンビネーションスピンからレイバックスピンまで全てのポジションに驚きがありました。えらいこっちゃ。ジオンはまだまだ戦えるって感じですね。206.76。うわー。

カナダのアレン・チャートランド。チャートランドがこんなところに出られるようになってるんですね。サンキューオーサー。「風と共に去りぬ」より。3Aにいきなりトライしてきました。転倒ですがナイスチャレンジ。3Lzは前向きに降りてしまいました。スパイラルで落ち着こうぜ。3Fはステップアウト。でも明らかに滑りの質はよくなってますね。コンビネーションスピンで落ち着こう。あまり落ち着いてないか。3Lzは転倒。2A+1Lo+3Sは決まりました。ここからここから。3Lz+3Tはセカンドでツーフット。ステップは音楽をよくとらえてますね。3S+2A+SEQを決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はジャンプ決まらない日でしたね。まあそういうこともあるよ。カナダのためにちょっとずつがんばろうぜ。173.42。元気出せ。

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。がんばれラジオノワ。「タイタニック」より。てきぱきとした滑りから3Lz+3T。決まりました。3Fも成功。いい出だしですね。3Lzも決めた。今日はスピードをしっかりキープできてますね。コンビネーションスピンはなんかすごいポジションばっかりですね。それでいて回転も速い。ステップは力強いですね。こういうのも出せるようになってきた。それでいてエッジワークも流れるよう。つなぎの部分のダンスも感情豊かです。3Lo+1Lo+3Sを決めてきました。2Aは助走なしで成功。3Lo+2Tも決めてクライマックスに。スパイラルもよく伸びるコレオシークエンス。またあまり助走のない2Aからコンビネーションスピン、そしてミラクルなレイバックスピンでフィニッシュ!やりましたね!完璧に演じきりました。前の大会でうまくいかなかったところをしっかり修正。わたしがジオンの主力MSなのだというところでしょうか。211.32。参りました。

○最終結果(引き続き1982年のヒットソングで)
1. ホレたぜ!ラジオノワ
2. メドベデワに薔薇薔薇…という感じ
3. NINJINソトニコワ
4. エドモンズひとり旅
5. $百萬本郷
6. 少女チャートランド

ラジオノワが優勝。ロシアで勝つというのはそれなりの意味があるでしょう。しかもすごい面々を抑えて、新型MSを抑えての勝利。力が入りました。身長が伸びてジャンプがとかいう話はいったいどうなったんでしょうか。

2位はメドベデワ。跳ぶたびにパーソナルベスト更新するすごい勢いで進撃してきてますが、今日は先輩に譲りましたね。シニアに慣れてくればもっと強くなるでしょう。3位はソトニコワ。体力が最後までもってれば優勝いけたかもという滑りでした。出ることが大事ですよね。

4位はエドモンズ。今季のエドモンズについては富井と意見が分かれるところなのですが、僕はあれくらいの体重でいいんじゃないかというところです。スタミナもつくし。本郷は5位。今日はコンディションよくなかったんじゃないかと察しますが、ロシアじゃなければ優勝でも大丈夫くらいですよね。チャートランドは6位。あれだけミスって6位も立派ですよね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 ロシア大会(3):男子シングルFS

現在野戦病院(患者2人)となっているフォルス・スタート商会極東事務所。先にかぜをひいた側としては、弱った富井を看病しなくてはなりません。早くよくなるため、今日はビタミンがいっぱい入っているというジュースをいやいや飲んだマイク松ですこんにちは。すっぱいのいやなのですが。

ロシア大会は男子シングルFS。NHK杯まであと少しお待ち下さい。もしくは僕らのかぜをなおしてください。

フィギュアスケートグランプリシリーズ ロシア大会、男子シングルFS。実況はシンドーさん、解説は将軍。

イスラエルのアレクセイ・ビシェンコ。「レ・ミゼラブル」より。4Tはまずまずの出来。3Aは転倒してしまいました。次は2Tになってしまいました。ジャンプ決めないとビシェンコは苦しいですね。コンビネーションスピンもこれで点取るという感じではないだけに。ステップは気持ちを込めてがんばってます。SPではLv.4とってるんだぜ。3Lz+2S+SEQになりました。3-3いきたかったところ。3F+3Tはなんとか降りてます。3Loからキャメルスピン。もうちょいまわりたい。3Lz、2Aと決めてコレオシークエンス。スピードをもっと出したい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。良くも悪くもまずまず。186.00。

イタリアのイヴァン・リギーニ。「クレイジー・ダイヤモンド」ほか。しっかり助走して臨みましたが2A。もうちょい早く跳びたかった。4Tは転倒。3Loはいけましたね。つなぎの部分もがんばってキャメルスピンにつなげてます。ステップはリンクを大きく使ってますし、しっかりレベルをとろうとしてますね。音楽をうまく使って「マネー」を表現。2A+3Tは予定通りではなかったか。3Lzはなんとか。次は2Aの予定でしたが3Fに変更。ちゃんとわかってますね。3Sからシットスピン。つなぎの演技はできるんだからもうちょっと入れた方がいいでしょう。3Lz+2Tは手あげ。コレオシークエンスではよくみせられてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。力を十分出せてましたが、ジャンプのとりこぼしはなんとももったいないですね。204.16。

小塚崇彦。佐藤コーチの気を背中に受けて。「イオ・チ・サロ」。4Tはツーフットながらなんとか。滑りはとてもきれいですが、なかなかスピードにつながってこないですね。3Lz+3Tは成功。3Aもふんばりました。序盤はジャンプいいですね。シットスピンは相変わらずのクオリティ。ステップのエッジワークなどはレベルの違いをみせてますね。すばらしい。後半のジャンプが決まればいいのですが。3Aは抜けて前向きに降りて転倒。3Lzもシングルに。ここで踏んばりたい。3Fはきっちり。3Loはダブルになりました。3Sはなんとかがんばりました。シットスピンは途中でバランスを崩しましたね。コレオシークエンスもがんばってます。最後のコンビネーションスピンまでなんとか滑りきりました。けがの影響はまだまだありそうですが、前半はジャンプいけてた。これをプラスにとらえてほしいです。195.48。

カナダのナム・ニューエン。ここから巻き返していこう。バッハ「パッサカリアとフーガ ハ短調」。4Sはなんとか成功ですね。さい先いい。4Tもしっかり降りました。3Aはキレあるジャンプでした。シットスピンはもっと回転速度あげたい。ステップはもっと攻めていけそうな気がしますがどこかけがしてるんだろうか。3A+3Tを決めてきました。ジャンプはきまってますね。3Lzはだいぶ傾きましたが手をつくだけにとどめたといっていいかも。3F+2T+2Loはしっかり。3Loからコンビネーションスピン。背が伸びてどこかしんどいのかもしれませんが、もっとスピードがほしいな。コレオシークエンスから3F+2Tを跳んで、コンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はジャンプいけてよかったですね。231.67。上出来。

アメリカのアダム・リッポン。よりジョジョっぽくなってるような気がする。もうよそでは4回転ルッツ跳ばれてるからね。がんばれ。ビートルズ・メドレー。2Aは4Lzを変更したもんらしい。3A+2Tは成功。キャメルスピンについて将軍が、リッポンは回転軸をすぐつかめるとのこと。なるほど。3Lzからステップに。いいリズムです。3Aは成功。3Lz+3Tも決まってます。3Loも問題なし。3F+2T+2Loもいけました。皮肉ですがこんなにジャンプのいいリッポン久しぶりです。コンビネーションスピンも軸ばっちり。コレオシークエンスで場を盛り上げて、3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ!おーいけましたね!4Lzなんかいらんかったんやー!248.63!

ロシアのミハイル・コリヤダ。目つきの悪いポーズからスタート。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」より。スピードありますね。4Tはステップアウト。最初にジャンプをまとめてきます。3A+3Tも高さとキレがありました。3Aもとてもキレありました。得意なジャンプなんかな。そういえば地元だったわ。拍手に盛り上げられて3Lzはなんとかうまくまとめてます。3Loはきっちり成功。コンビネーションスピンもビールマンスピンにもっていけます。そんなのできるんや。3Lz+2T+2Tを跳んで、不思議なつなぎの演技もしっかり入れてます。2A+2A+SEQ、3Sと決めてきました。ジャンプをしっかりまとめてますね。シットスピンはもう少し回転速度がほしいです。コレオシークエンスでも結構特徴的な表現を入れてきます。だいぶ疲れてますがキャメルスピンでフィニッシュ。よしよしがんばりました!粘り強くがんばった感じです。247.97。惜しくもちょっとだけ下。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。青い衣装。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より。4T+3Tを決めてきました。ジャンプあってこそのボロノフじゃ。3Aもキレと幅がありました。つなぎはないに等しいですが。4Tはオーバーターン。3Lzも成功。ステップはいい動き。ジャンプ間のつなぎよりも動きにキレがある感じですね。そのままキャメルスピンにつなげてます。音楽にあわせておもしろ演技を多少したあと、3A+1Tを決めてきました。ジャンプはでかい。3Sからシットスピン。歓声が後押しします。3Lo+2T+2Loはオーバーターンをはさんでます。コレオシークエンスから2A、コンビネーションスピンでフィニッシュ。よくがんばりましたね!244.60。あんまり点出ませんでしたねー。

アメリカのロス・マイナー。がんばれマイナー。クイーン・メドレー。4Sは転倒。でもナイスチャレンジ。3A+2Tはいけましたね。攻めていこうぜ。3Lz+3Tはでかいジャンプでした!それでなければ。コレオシークエンスに入ります。盛り上げてシットスピンに。回転軸ばっちりです。ステップからの3Aは手をつきました。おしい。3Lz+1Lo+3Sを決めてきました!2Aから細かいステップをはさんで3Lo。いいと思ったらちょっと氷に引っかかりました。あぶない。ステップは感情をしっかりこめて。実はこういうのできるんですよねマイナー。ステップから3Fをそのまま跳んで、キャメルスピンから最後のコンビネーションスピン!よっしゃいけましたね!マイナーの自分の滑りができました。248.92!ぎりぎりトップにきました!

スペインのハビエル・フェルナンデス。まあきっちり優勝しましょうや。「野郎どもと女たち」より。4Tは余裕ありますね。4S+3Tを跳んできましたね!すばらしい。3Aもばっちり。音楽にあわせてかっこいいです。ステップは気をよくして楽しさをよく表現できてます。切れ目なくシットスピンに入ります。曲が変わってもしっかり曲を使った表現。余裕あります。4Sを狙いましたが軸が傾いて転倒。珍しい。3F+1Lo+3Sはしっかり成功。3Tはまったく助走なし。小芝居パートもいい感じ。すぐに3Lz+2Tに入ってます。コレオシークエンスもフェルナンデスにとっては表現の場。イーグルから3Loも余裕。コンビネーションスピン2つでフィニッシュ。強さ見せてくれましたね。フェルナンデスは限界まで力を使うような滑りじゃなく、軽い感じがよくあいますよね。271.43。強いです。

ロシアのアディアン・ピトキーエフ。SPの勢いをいかそうぜ。「ミッション」より。4Tは軸が細くてキレありましたね。スピードもよく出てる。3A+2Tもステップに工夫。3Aは転倒してしまいました。ステップは流れるようなエッジワーク。シットスピンも手足の長さ、というか細さをいかしてますね。イーグルから3Lz+3Tを成功。3Sも跳んだ後がかっこいいですね。3Lz、3Loとぽんぽん跳んできます。キャメルスピンはキャッチフットポジションにしっかりもっていきます。またポジションがきれいだわ。2A+2T+2Loをリズムよく跳んでコレオシークエンス。大きな体の動きでしっかり表現。そのままコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね!これだけジャンプに安定感あるとは思いませんでした。250.57。すごいパーソナルベスト更新。

○最終順位(引き続き1982年のヒットソングで)
1. 哀愁のフェルナンデス
2. 小麦色のピトキーエフ
3. ロス・マイナーのように
4. 色つきのリッポンでいてくれよ
5. い・け・な・いコリヤダマジック
6. ボロノフ小町ドキッ

フェルナンデスが優勝。軽く滑るのも大事。ゆっくりピークコントロールしていきましょう。2位はピトキーエフ。前回よりも確実にレベルアップしてますね。ジャンプの安定感もあるし、これから武器が増えていきそうな滑り。期待したいです。

3位はマイナー。表彰台に乗りました。マイナーの滑りはもっと認められてもいい。アメリカっぽくないけどいい滑りしてますからね。4位はリッポン。4Lz自重したら4位に入ったでござる。衣装や髪型が十分チャレンジングやから、それでもいいのかも。5位はコリヤダ。これからの選手ですががんばってほしいです。気がつけばロシアも次世代が出てきてますね。しかし!まだまだボロノフおじさんは負けないぜー。

大相撲11月場所2015:千秋楽とプチ総括

にんにく注射がにんにくが入ってないことを今日知ったマイク松ですこんにちは。おかしいなと思ってたんだ。まあいつものようにかぜをなおす方法を調べていたんですが。あれいいのかなあ。

九州場所の千秋楽をみるのを忘れるところでした。あぶなかった。

千秋楽。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

豪風×高安。豪風ののど輪がいいところに決まって高安下がるだけでした。最後の相撲にしては情けない。

蒼国来×朝赤龍。蒼国来が上手をとりにいきました。左四つの体勢ですが、朝赤龍に下手を絞ってとらせなかった蒼国来が寄り切り。

北太樹×佐田の富士。北太樹当たって左おっつけから寄り切りました。最後に少しはいい相撲見せられたか。

千代大龍×宝富士。宝富士引いてくるのを待って左を差そうとします。千代大龍も十分ブロックしてる。しかし攻め手がないのか膠着します。しかし宝富士が小手投げにいって呼び込んでしまいました。千代大龍が出て行くところをはたき込みました。宝富士は余裕ありましたね。

徳勝龍×千代鳳。低く当たった千代鳳が押し込んで押し出し。千代鳳は今場所10番。いい場所になりましたね。

魁聖×豊響。豊響が押し込んで上手をとって出ますが、魁聖が逆転のすくい投げ。豊響負け越してしまいました。できれば押しでいきたかったですが組んでしまいましたね。

御嶽海×誉富士。御嶽海が突き押しから両おっつけで押し出し。千秋楽で勝ち越しを決めましたね。御嶽海これは大きい。勝ち越しが自信を与えてくれそうです。

臥牙丸×佐田の海。佐田の海ふわっと立ってしまって押し込まれましたが、もろ差しから寄り切りました。ガガも不運。ちゃんと立った方がやりやすかったかも。

阿夢露×大栄翔。大栄翔が一気に押し出し。藤井さんもいうようにいい相撲とれましたね。

松鳳山×安美錦。松鳳山が敢闘賞。しかしアミーが立ち合いしっかり当たってはたき込みました。勝ち越しをここで決めるあたりさすがアミー。松鳳山ここまで優勝の可能性残していたのは本当に立派です。決まり手は素首落としなんですね。

十両はマサヨが優勝。おめでとうマサヨ。

玉鷲×隠岐の海。玉鷲少し動いた後押し出しました。なんとか勝ち越しつかんだ。よかったわー。

逸ノ城×碧山。碧山シュシュシュ突き押しからいなして押し出しました。でも2人とも負け越しなんですねー。

勢×嘉風。嘉風技能賞、勢敢闘賞。いいですね。しかし今日は勢の引き落としが決まりました。早い勝負にいきましたね。でも両者ともいい場所になりましたね。嘉風の応援団は「俺たちは風」っていう名前なんですね。すげー。勢は12番勝ちました。

栃ノ心×旭秀鵬。旭秀鵬いつの間にか9勝してました。でも今日は栃ノ心に十分の左上手を引かれて寄り倒し。

遠藤×妙義龍。今場所期待外れ対決。突き押しから妙義龍が出ましたが、遠藤逆襲で寄り倒しました。ひざが相撲をとれる状態ではなかったと北の富士さん。でもそれに負ける妙義龍もどうなんだ。

栃煌山×豪栄道。7-7のゴーエードー。どうせカドバンパゥワーで勝つんだろと思いましたが、栃煌山のもろ差しに対して首投げで逆転しました。やられたかと思いましたが、ゴーエードーにはこれがあるんですよね。これこそカドバンパゥワーです。実況陣は「相撲が雑」「自分が何をしたいのかわからない」といってました。

照ノ富士×琴勇輝。琴勇輝これより三役に。よかったね。でも今日は照ノ富士に吹き飛ばされてしまいました。いつかやり返せ。オマエならできる。照ノ富士もなんとか今場所しのげましたね。ひざをなおそう。

日馬富士×稀勢の里。ハルマ正面からいったらキセが左差しからばっちり寄り切りました。場所をおもしろくするのに貢献はするんですよねキセは。えらいんですが。

鶴竜×白鵬。白鵬勝てば決定戦。これは楽しみ。白鵬立ち合いで上手をとりましたが、鶴竜がすくいで崩して、もろ差しから寄り切りました。ありゃー。これでハルマが優勝ですね。優勝にからんだ力士3人とも負けたのか。

ともあれハルマおめでとう。なんだかんだで7回優勝してるんですからね。

九州場所は理事長がなくなられるという悲しい出来事もありましたが、なかなかフレッシュな風も吹き、いい場所になりました。世代交代も進んできたし、九州場所では久しぶりに満員御礼も出たし。

ハルマが久しぶりの優勝というのもありますが、やはり白鵬のコンディション次第だなというところはありますね。来年もこの展開は変わらなさそう。オーゼキどもは菊の復調といういいニュースはありましたが、上がらず下がらずの展開。照ノ富士のひざ次第ですね。

三役陣はぴりっとしない成績ですが、このあたりがめまぐるしく入れ替わってるのも大相撲の活性化につながってますね。妙義龍以外はどんどん争ってほしいのですが、その妙義龍が今場所大負けしてしまったのですが。今場所大勝ちした勢はじめ、逸ノ城、碧山、栃ノ心、栃煌山、隠岐の海、そして嘉風がからんでくるといい場所に間違いなくなるでしょう。

そして若手がどんどんきてほしい。御嶽海も勝ち越したし、阿夢露も悪くない。下位には最近強くなってきた宝富士や琴勇輝、復活した松鳳山や千代鳳もおもしろい存在になってきました。遠藤はとにかくひざをなおしてください。

しかしいい流れを全力士がもたらさないと。相変わらず変化も多いし、あっさり相撲ばかりの力士もいます。大事なのは土俵の充実です。それ以外にはないのです。

来年は新しい理事長のもとでもっと盛り上げていかないと。一時的なブームに終わらせてはいけませんね。