Archive for 7th 12月 2015

フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(4):アイスダンスFD

回転寿司をたべにいったマイク松ですこんにちは。結構おいしいお店(だと思うところ)にいったのですが、考えてみれば外食も久しぶりで感激でした。極東事務所のかぜも終息に向かってきています。応援して下さい!

今日はアイスダンスFDです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、アイスダンスFD。実況は浅井さん、解説は賢二アニキ。

平井絵己&マリエン・デ・ラ・アスンシオン。マリエンはどうも腰をけがしているらしくて万全じゃないそう。がんばれ。「トゥーランドット」。ツイズルはまずまずいけましたね。CiStは丁寧に滑ってます。もっとスピードがほしいところ。CuLiはポジションがしっかりしててなめらか。ダンススピンもポジションがいいですね。SlLiはポジションチェンジでもしっかり安定。マリオンがんばってますね。DiStはユニゾンもよくあってますね。RoLiは長い回転をしっかり安定させてました。FDは力出せましたね。115.59。おだいじに。

村元哉中&クリス・リード。もう演技に入ってるんですね。チャレンジングです。「ライムライト」ほか。そういうことですか。CiStはスピードある入り。丁寧でいい感じです。CuLiは片足でもっていきました。そしてなにしろ表情がうまくついてる。思い切ってやってます。ダンススピンもまずまず。ツイズルはクリスが足ついてました。どうもよくないですね。DiStはテンポもいいしよくなってると思ったらクリスが転倒。どこか悪いのかもしれないですね。なんとかRoLiに間に合わせました。SlLiは安定してたし、最後のRoLiも雰囲気があってよかったです。村元の適応力がすばらしいですね。がんばってます。134.97。自信もっていいわ。

アメリカのアナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。ベートーヴェン・メドレー。スピードに乗って入ってますね。DiStから。エッジも深いしフリーレッグもあわせてます。RoLiは回転がきれいだし、そのままダンススピンに入る技術をみせてます。とてもきれい。つなぎ部分もしっかり表現してるし、SlLiは難しいポジション+片足ホールド。思い切った技です。SeStも音楽に合わせてなめらかなエッジワーク。CuLiはイーグルで。工夫ありますね。しかし交差する形のツイズルで転倒がありました。もったいないなー。最後はフライングキャメルとRoLiが合わさったようなすごい技でフィニッシュ。演技はよかったのであのツイズルはもったいなかったです。138.41。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。きれいな衣装。ステンドグラスみたいです。ミューズ「エクソジェネシス交響曲」。のっけからすごい動き。イギリスらしい独創的な動きです。CuLiはゆっくりしたポジションチェンジが宇宙を感じます。CiStもオーソドックスな動きじゃなく独創的なステップです。RoLiも上下の動きを片手ホールド。パワーありますね。ツイズルはしっかりいけました。ダンススピンもなんだかすごい宇宙。宇宙を感じる。SlLiはイーグルで入りました。MiStはクライマックスにもってきてます。なめらかだしスピードも落ちてない。最後のポーズに至るまで独創的でした。おーすばらしい!独創的なイギリスが帰ってきた。やっぱりUKアイスダンスといえば宇宙ですよ。155.88。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。ステファノワの頭痛はよくなったようです。「ラフマニノフズ・リベンジ」。シットポジションから入るツイズルからきました。よくあってます。CiStは深いエッジ。SlLiはステファノワの動きがよくできてる。CuLiはいいポジションでした。ダンススピンも軸がばっちりで回転してるのがすごいきれい。衣装も生かせてますね。DiStはよくあった動き。RoLiの前に不思議な動きがありましたが最後までいけました。今日はしっかり力出せましたね。がんばれブキン。160.64。いい笑顔のブキン。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。「アンナ・カレーニナ」より。滑りのよさが別次元ですね。ツイズルは長くてきれいな回転。SlLiはふわっと上げましたね。全然重さがなくて逆にすごい。CiStはアイスダンス的なホールドが雰囲気をよく出してます。CuLi+RoLiはボブロワのポジションがすばらしいですね。ダンススピンもいい雰囲気。DiStはホールドも独創的だしその中での心の動きもよくみせてます。クライマックスに向けてのコレオステップからRoLiまでの動きがすばらしい叙情でした。少しずつ復活してきてますね。もっとよくなりそう。169.33。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。白と黒の衣装。「弦楽のためのアダージョ」。ツイズルはポジションがすばらしい。回転も速いし。質が高いです。CuLiはイーグルでもとてもなめらかです。つなぎの部分でもよく表現してるし、そのままCiStに入ってます。とても感情表現がうまいし、つなぎの部分とシームレスに物語を作ってる。そしてSlLiのポジションもいいですね。MiStはまったくテンションもスピードも落ちてない。RoLiは入りも降りもとてもなめらかでした。最後のダンススピン、コレオステップまでが一つの物語になってました。わかりづらいプログラムをしっかり演じてましたね。167.49。おー上にいけませんでしたか。

アメリカのシブタニ兄妹。コールドプレイ「フィックス・ユー」。CuLiは上がり方がふわっと軽々。とてもきれいでした。ダンススピンも回転が速いし1つのエレメンツの中の変化がいいですね。SlLiはポジションがとてもよかった。CiStはステップの美しさでしっかり表現してます。ツイズルはユニゾンが完璧。RoLiは回転のキレがすばらしい。コレオステップからのDiStはクライマックスの雰囲気をとてもよく出せてました。解放感、浮遊感のような部分がうまく出せた。よかったです!174.43。おー点でましたね。

○最終順位:(1983年ヒット曲ランキング的に)
1. シブタニ・ロ・カ・ビ・リー
2. ボブロワ・ソロヴィエフスペシャルII
3. ドラマチック・ハベル・ダナヒュー
4. ステファノワ・ブーキン・サスピション
5. 夏色のクームス・バックランド
6. 冬のカヌーシオ・マクマナス

シブタニ兄妹が優勝。しっかりとれましたね。SDがワルツということで、だいたいしっとりしたFDな傾向になれば、ステップの技術で勝てますよね。でも今回のプログラムは普遍的な美しさを感じました。すばらしかった。

2位はボブロワ・ソロヴィエフ。強さ戻ってきましたねー。まだ途中でスピードがなくなるところもあったりして、逆によくなる余地もある。世界選手権にあわせていきましょう。3位のハベル・ダナヒューは2位でもよかったくらいのいい演技でした。アメリカぽかった。

今回の中ではクームス・バックランドの宇宙的なスケールのプログラムが光りました。カー姉弟から続くUKアイスダンスの無闇なスケール感が大好きなのですが、しっかり引き継いでほしいです。そして村元・リードの意欲的な演技もよかったです。最初だからといって守りに入らず、お互いを高め合ってるようでした。うれしいですね。がんばれ村元。

演技のあとで浅田舞お姉ちゃんがきてましたが、散髪屋のサインポールみたいな服でした。あれでスピンまわったりしたら、髪の伸びたお客さんが寄ってくるのかな。