Archive for 2月 2016

フィギュアスケート欧州選手権2016(6):ペアFS

ノブヒコ引退。おつかれさまでした。マイク松ですこんにちは。いつかはこういう日がきますが、ノブヒコらしい引退でした。オリックならできたかもしれないですが。昨年ならとってましたね。

欧州選手権はペアFSです。

フィギュアスケート欧州選手権、ペアFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

オーストリアのミリアム・ジーグラー&シベリン・キーファー。「ムーラン・ルージュ」より。3Lzから決めてきました。いいですね!2Twも無難に。3T+2Tはファーストで転倒。ここは決めたかった。Dsは雰囲気よくできました。3FThも転倒。スロージャンプは決めたいですね。グループ5リフトはワンハンドで決めました。ソロスピンは中盤できれいにずれました。逆にかっこいい。コレオシークエンスはもっと動きがあっていい。グループ5リフトはイーグルのキャリーに変化。このへんの技術ある。ペアスピンは回転速度がほしい。3SThはきれいに決まりました。グループ3リフトはお姫様だっこの降ろし方。このままフィニッシュ。まだまだ発展途上ですが、技術はしっかりもってますね。149.07。ヨーダのぬいぐるみもってる。

リトアニアのゴーダ・ブトクテ&ニキータ・エルモーラエフ。「スカイフォール」より。エルモーラエフが時計をみてスタート。説明的でいいぞ。3Twはまずまず。3Sは転倒。3FThはツーフット。がんばって決めてほしい。グループ5リフトは上でのバリエーションはとてもよかったのですが、キャリーの時間が短いと岡部さん。3LoThはまたツーフット。3T+2T+2Tは決まりました。コレオシークエンスは曲をしっかり聴いてるのですが。岡部さんはペアらしい動きを入れろとのこと。グループ5リフトはワンハンド。グループ4リフトはとても難しいバリエーションを入れてます。ブトクテの柔軟性がいきてます。ソロスピンはすがすがしくずれてます。Dsはもっと引き上げて回してやりたい。ペアスピンのポジションはよかったです。これをきっちり滑れるようになれば。リトアニアを背負ってがんばってほしい。139.51。

ベラルーシのタチアナ・ダニロワ&ミカライ・カミャンチュク。「パリのノートルダム」。2Twからスタート。きっちりいけてます。3T+2Tは決まりました。いいぞ。3FThは高さもありました。Dsはいいホールド。そのあと音楽をゆっくり使ってます。5秒くらい手が動くだけの時間が。グループ4リフトはスターポジションがきれい。ちょっと滑ってるだけのところが多いか。3Sは決まりました。ソロスピンは途中からずれました。3SThはちょっとタッチありました。ここまではいい感じできてますね。グループ5リフトは降ろし方に工夫、コレオシークエンスも工夫があります。トゥラッソーリフトはワンハンドでキャリー。ペアスピンはいいポジションでした。エレメンツをきっちりできたのはよかった。プログラム全体のまとまりをもっと作っていきたいですね。147.36。

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ。「ロミオとジュリエット」より。結構大技に挑むみたい。がんばれ。3Twはキレよく成功。コレオシークエンスがここで来てます。このエレメンツもっと充実させたい。3T+3Tはセカンドがダブルになりました。ナイスチャレンジ。4SThはステップアウト。挑んできてます。ソロスピンはよくシンクロしてました。グループ5リフトはローテがきれいにいけてました。3Sはきっちり成功。ときどきもっさりした普通の動きがありますね。Dsはジェームスのぎりぎりの位置がテクニカル。グループ5リフトは上げ方・降ろし方ともに難しい。3FThはツーフット。ペアスピンは速く回れてます。ペアの経験がいきてますね。グループ3リフトはキャリーに移行してそのままフィニッシュ。チャレンジはよかっただけに、可能性をもった演技になりました。185.55。もっと出してほしいみたい。

イタリアのヴァレンティナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク。「追憶」ほか。3Lzは回転が足りないみたい。3Twはまずまず。グループ5リフトはがんばってバリエーションしてます。マルケイはまだ怖いだろうに。3LoThはきれいに決まりました。ホタレクがおっさんぽい動きをしているぞ。3S+2T+2Tはマルケイは決まってました。ホタレクは映ってなかった。ソロスピンは途中でアジャストしました。リバースラッソーリフトはがんばってバリエーションしてる。キャリーに変化。続いてグループ3リフトはお姫様だっこの降ろし方。Dsは音楽によく合わせてました。おもしろな動きから終盤。3LzThを決めました。コレオシークエンスはしっかり踊ってます。そうでないと。ペアスピンでフィニッシュ。よくがんばりました!みるたびに技が増えてるし成長してる。がんばれ。182.61!おー!みんな大喜び。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。イタリアが続きます。そろいの衣装。「ロミオとジュリエット」の音楽。3Sはきっちりそろってました。いい出だし。3Twはキレありましたね。3Tは転倒。ペアスピンはバリエーションが豊か。3LoThは流れよく成功。Dsはてきぱきしています。グループ5リフトはスムーズ。コレオシークエンスはダンスリフト的なところもある。というかもう少しスピードあげていかないと。グループ3リフトは降ろし方が危ない。グループ3リフトはワンハンドでも実施がスムーズ。3SThはツーフット。ソロスピンはよくあってました。もっときっちり演技しないと。178.97。マルケイたちに負けてるやん。がんばれ。

ロシアのクリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ。リンゼイ・スターリング「シャッター・ミー」。おもしろい最初の動き。スピードにのって3T+2T+2Tはステップアウト。3Twは高さ出てました。3Sは決まりました。ソロスピンはいろんなポジションでもしっかり合わせてました。リバースラッソーリフトは認定されたかどうか微妙とのこと。認定されてないみたい。痛い。コレオシークエンスは小芝居がしっかりできてます。このへんのダンスリフト的なのもかっこいい。3LzThは成功。3LoThも決まりました。Dsはきれいなポジション。ペアスピンもバリエーションが高度。グループ5リフトも大きなリフトでした。グループ3リフトもたたみかけていきました。やっぱり完成度は高いですね。174.72。うーん1つエレメンツが足りないからか。

エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。期待したいです。ショパンメドレー。3Twはすごい高さ。4Twももってますが自重してるだけありますね。3Sも成功。余裕あります。2T+2T+1Tに次はなりました。ちゃんと最後は1つにしてきた。グループ5リフトはスムーズ。3LoThはステップアウト。Dsは回転速度もありますね。ソロスピンは途中から合わせてきました。静かな音楽で場内が静まりかえってます。3SThはきっちり決まりました。質の高いジャンプ。コレオシークエンスも音楽の変化をしっかり表現。グループ5リフトは難しいことやってるのに安定しています。グループ3リフトは片手でしっかりキープ。ペアスピンでフィニッシュ。ミスもありましたがやはり安定感ありましたね。197.55。

タチアナ・ボロソザル&マキシム・トランコフ。こちらが先。「ドラキュラ」より。トランコフのドラキュラ、雰囲気ますます出てますね。スピードが違う。3Twも高さありました。安定感も高い。3S+2Tをきっちり成功。いいですね。3FThは高さと幅がでかいジャンプ。すごいな。3Tはステップアウト。Dsは入るまでの表現がすばらしいですね。ただ回してるだけじゃない。ソロスピンはよく合わせてました。距離も近いし。つなぎの部分も小リフトがあったりして独創的。スピードにのって3LoThも問題なく成功。加点つきますね。コレオシークエンスしっかり表現に使って、グループ5リフトはキャリーに移行。ペアスピンもまわりながらしっかり表現。グループ5リフトはずっとワンハンドでした。グループ3リフトでつかまったままフィニッシュ。テーマ表現がすばらしい。これがトップの演技ですね。222.66。

ドイツのアリオナ・サブチェンコ&ブルーノ・マッソ。赤い衣装。ワックス・タイラー「サムタイムズ」。3Twはすごい高さ出してました。余裕ありますね。3T+3T+SEQは最初がダブル。3Sはいけました。Dsは入り方もきれいでした。そのままペアスピンにもっていきます。衣装も効果的。グループ5リフトは十分にバリエーションしたあとでキャリー。コレオシークエンスも芸術性高いですね。ダンスリフトのあと3FTh。高さも幅もばっちり。パワーありますね。3SThは少し足つきましたね。グループ5リフトは途中で降りてしまいました。これは残念。ソロスピンは回転速度が速い。すごいな。グループ3リフトも認定されるかどうかでした。終盤にちょっと崩れてしまいましたが、それでも復帰してここまできてるわけですからね。200.78。でも2位には入りました。2つリフトがノーバリューになったみたい。

ドイツのマリー・ファルトマン&ルーベン・ブロマールト。「ウエストサイド物語」。3Twから入ります。すぐ3SThにいきました。3T+3T+SEQも決めてきてます。リバースラッソーはなんとか。ちょっとかっこわるかった。3LoThはステップアウト。つなぎ部分ではやわらかな雰囲気をよく作ってます。3Sは転倒。ソロスピンはすがすがしくずれてました。グループ5リフトは今日はなんか重そうですね。がんばれ。コレオシークエンスからDsにもっていきました。ペアスピンは回転まずまず速い。グループ3リフトにいけずに終わりました。どこか痛めてるのかもしれない。最後はふわっと終わってしまいました。171.30。うわーだいぶ下がってしまいましたね。もったいない。

○最終結果:(ホレたぜ!乾杯的に)
1. 赤い日除けの港のカフェで トランコフの手紙をボロソザルに渡した
2. 破り捨てずに読みなよ サブチェンコ 俺を哀しく 見るなよ マッソ
3. 裏切れないぜ タラソワだけは 言っちゃいけない I love モロゾフ くちびるかんで 海を見るぜ
4. 抱いちゃいけない You love ジェームス シプレだから よろしく頼む
5. I shoot マルケイ girl-hunt 頬に ホ!タ!レク! つめたいね つめたいね
6. ホレたぜ! デラモニカ 狙っても 愛の引き鉄 引けないグアリーゼさ

1位は圧倒的にすばらしい演技でボロソザル・トランコフ。強かったです。2位はサブチェンコ・マッソが残りました。終盤あぶなかったですがなんとかかわせましたね。大きな意味があります。3位はタラソワ・モロゾフ。急な出場でしたが表彰台でした。

なにげにジェームス・シプレが4位。これはいい結果でしょう。フランスもがんばれてる。5位にマルケイ・ホタレクが入りました。ちょっとラッキーだったところもありますが、この順位は大きい。みるたびにうまくなってますからね。デラモニカ・グアリーゼもうかうかしてられません。

オリックのショートが居ない

あべのハルカスへ初めて行きました、富井です。豪華な建物ですね。難しくて迷いました。

さて、迷うといえばオリック。安達が開幕に間に合わないのでショートを新戦力に期待していたところ、ミスを連発して即2軍へおくったそうです。そしてショートの候補は縞田じゃなくて中島らしいです。なお、その中島は体調不良で28日はお休みでした・・・。

あー、こんな時に大引が居ればなあ・・・。なんで大引ひきとめんかったんやろうって、3年越しに大きな穴が空いてしまいました。マイク松は「大引ホイホイつくったらどうですかね」と適当なことをいってましたが、もう返ってくるわけないじゃないですか。逃した大引はやっぱり大きかったですね。外野もあー、こんな時に坂口が居ればなあ・・・ってことになりそうで怖いです。

でも、縞田も元気だしてやってるし、堤もそろそろいい感じなんじゃないですかね。出してあげて下さいよ。縞田か堤を。いまさら、ショート中島なんてそんな開幕・・・ま、見に行きますけどね。

フィギュアスケート欧州選手権2016(5):ペアSP

フリーザ編のベジータフィギュア化。バンダイの突き抜け方がとてもすがすがしいマイク松ですこんにちは。このシリーズの原型師さんのコメントがほんとに好きなのですが、全部含めてバンダイすごいです。

欧州選手権はペアSPです。

フィギュアスケート欧州選手権、ペアSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。お二人ともフル回転ですね。よろしくお願いいたします。

川口・スミルノフとストルボワ・クリモフが欠場したそうです。残念。でもかわりはいるんですよね。

ベラルーシのタチアナ・ダニロワ&ミカライ・カミャンチュク。欧州初出場。映画「ドン・ファン」より。2Twから入りました。3Sはタイミングはともかく成功しました。いい出だし。3FThも決まりました。1つ1つのエレメンツを的確に。グループ4リフトは降ろし方が危なっかしいですがおっけー。Dsからペアスピン。後半は加速してます。ステップはユニゾンに重点。まだまだスピードが足りませんが、スタート地点としては上出来でしょう。48.72。世界選手権のミニマムポイントもクリアしてます。

リトアニアのゴーダ・ブトクテ&ニキータ・エルモーラエフ。水玉そろえてます。「シング・シング・シング」。なかなかいい動き。3Twはキャッチがうまくいきませんでしたがまわってます。3Sはブトクテが転倒。3FThはなんとか。グループ4リフトは空中のポジションはよかったです。ステップは2人のコンビネーションの部分がうまくできてます。ユニゾンはもっとがんばれそう。Dsからペアスピンでフィニッシュ。まずまずがんばりました。結構踊りはうまかった。46.85。

ドイツのアリオナ・サブチェンコ&ブルーノ・マッソ。サブチェンコが帰ってきました。すごい歓声。マッソはフランス人。「シルク・ドゥ・ソレイユ」より。3Twはすごい高さ。余裕で4Twいけそうな勢い。3FThは高さも幅もいけてた。マッソも安心して投げられますよね。3Tはタッチありましたか。グループ4リフトは降ろし方もいいですね。ペアスピンも安定。ステップはダンスっぽいところから展開していきました。一工夫してます。Dsも回転が速い。いい感じで終われました。見事見事。75.54。最初からこの得点出せれば。

ドイツのマリー・ファルトマン&ルーベン・ブロマールト。ファン=クリーヴはクビになったんですね。サラ・ブライトマン「ストレンジャー・イン・パラダイス」。3Twから3S。まあこちらは変わっても劇的によくなるわけじゃないですが、3Sはばっちり決まりました。グループ4リフトは途中からローテに変化。タワーブリッジぽかった。Dsの入りもいいし、ペアスピンも振り付けが曲にあってます。雰囲気出てる。ステップもダンスっぽい雰囲気を残しながらもユニゾンもいけてる。うん、パートナー変更の効果は出てるみたいですね。ダンスっぽいのが気になりますががんばれてる。62.90。ウェンデ夫妻がコーチなんですね。

イタリアのヴァレンティナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク。きましたね!今年もたのしみ。ベートーヴェン「月光」のヴォーカル曲。3Sはばっちり。そりゃ跳べます。3Twはまずまず。グループ4リフトはホタレクもポジションチェンジをしっかりホールドできてます。やっぱりマルケイリンク映えするな。3FThは転倒してしまいました。Dsからステップ。後半のユニゾンの部分もしっかりあってますね。ペアスピンでフィニッシュ。あのスロージャンプは降りたかったですね。あとはよかっただけに。58.47。楽しそうなのはいいことです。

というか衝撃的なニュースが。ホタレクはカッペリーニちゃんと結婚したそうです!まじか!去年の夏か!

ロシアのクリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ。ストルボワ・クリモフが欠場になって代わりに出てきた。「アーティスト」より。3Twからきっちり。3Sはダブルになりました。もったいない。3FThは確実に。おもしろステップからペアスピンに。うまい構成です。グループ4リフトは堅実に。レベル高い。Dsも姿勢がいいし、ステップは華麗なエッジワークに加えてうまい構成を楽しくこなしてますね。やっぱり1つレベルが高い。60.63。タイムバイオレーションをとられてるみたい。

オーストリアのミリアム・ジーグラー&シベリン・キーファー。ジーグラーかわいい衣装。ビョーク「イッツ・オー・ソー・クワイエット」。3Twは抱えてしまいました。3Sはばっちりタイミングもあってました。3FThは流れのあるいいジャンプでした。グループ4リフトは空中姿勢もよかった。Dsからペアスピン。一度しっかり決めて、それからステップ。ユニークなストップアンドゴーが印象的です。この振り付けとてもおもしろい。もっと技量をつけてばっちり滑ってほしいです。52.96。

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ。「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。スピードのある滑り。3Twも難なく成功。3Tもスピードにのって決めました。いいぞ。グループ4リフトはバリエーションもスムーズ。3FThも流れよく。1つ1つ確実にきめてましたが、Dsは途中で終わってしまいました。これはもったいない。ステップはいいユニゾン。男女に個性もありながら合わせるところが合わせてます。ペアスピンはポジションもよかったです。あのDsだけでしたね。62.10。だいぶへこんでますね。

ロシアのエフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。川口・スミルノフの代わりに出場。「ロード・オブ・ザ・ダンス」。3Twは上がり方もスムーズだし。浮遊感あります。3Tはしっかり降りました。3LoThは少し手をつきました。Dsはタラソワのポジションがいいし、ペアスピンも回転が速いです。代理出場でこれですからねー。グループ4リフトは降ろし方が難しい。すごい。ステップはもう躍動感満載で踊る踊る。みていて楽しかったです。さすがですね。70.17。ソルコビーがコーチでいますね。オマエなにしてるんや。

タチアナ・ボロソザル&マキシム・トランコフ。ボリウッド・セレクション。最初からよく踊ってますね。難しいステップからの3Twもスムーズ。3Sもイーグルから入ってます。決めるのは当たり前と。3FThも安定してます。グループ4リフトは難しいバリエーションからおごそかに降ろしてます。またインドっぽい踊りも堂に入ってる。ステップも2人で自由に踊ってるところからユニゾンパートに。Dsも回転が速い。すぐペアスピンにつなげてます。両回転でフィニッシュ。いやはや見事ですね。前に比べてすごくなじんでました。79.77。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。イタリア選手権で優勝してるそうです。「マニフィカト」。3Sはステップアウト。3Twはまずまず。3FThは手をつきました。グループ4リフトは空中姿勢グッドですね。Dsはいい回転。ステップはダンスっぽい入りがよく雰囲気出せてました。ペアスピンでフィニッシュ。うん、いい演技だったのですが、ただ順番がよくなかったです。違う種目みたいに見え方が違う。不運でした。61.51。

○SP終わっての順位:(情熱☆熱風[三日月マーク]せれなーで的に)
1. 名前さえ知らないのにボロソザル・トランコフに恋したのさ(名前知ってる)
2. ゆれてハラハラ サブチェンコ&マッソ 眠れない
3. ムーンライトにキラリ タラソワ・モロゾフの胸が
4. ファルトマン・ブロマールトが シャイで歩けない
5. さめてドキドキ 夢はジェームス・シプレ気分

ボロソザル・トランコフがトップなのはまあ当然ですよね。ノーミスであれだけの演技すれば。でもけがからよくここまで立て直してきました。このへんもさすが。

2位にサブチェンコ・マッソが入りました。マッソもサブチェンコが選ぶわけですから技量はあるんでしょうけど、とっとと2位に入ってくるとは。まだまだやれますね。3位はタラソワ・モロゾフ。代理出場でもこの順位に入ってきます。ファルトマン・ブロマールトは一気にこの順位に入ってきました。下のジェームス・シプレがしょうもないミスでとりこぼしたのもありますが、ドイツがぽんぽんと復活してきてますね。

フィギュアスケート欧州選手権2016(4):男子シングルFS

今日の「真田丸」をみて富井が「昌幸なんてひどいやつなんだ…」と憤慨していました。それが戦国の世というものですよといっておいたマイク松ですこんにちは。僕が疲れをためるたびにかぜをひかせるウイルスたちの方がよっぽどひどいです。(養生中)

今日は欧州選手権、女子シングルFSです。

フィギュアスケート欧州選手権、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

イタリアのマテオ・リッゾ。FSたのしみ。オペラメドレーですね。ステップからの3Aはステップアウト。3F+3Tはターンが入りましたが決まりました。3Lz+2Tはまずまず。シットスピンからステップに。このへんはまだ細かくレベルアップできそうですね。エッジはよく滑ってるのですが。2A+1Lo+2Sはもともとは2-1-3だったか。3Fは決まりました。やっと流れよく。3Lo、2Aのジャンプはいい感じ。もうちょっと。3Lzはダブルになりました。キャメルスピンはもうちょい速く回りたい。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はジャンプがあまりよくなかったですが、滑りのよさはありました。これからがたのしみ。200.81。200点いきましたね。

スウェーデンのアレクサンダー・マヨロフ。FSは昨シーズンと同じ骨っこ天使。「アーク・エンジェル」。最初の4Tをばっちり決めてきました。これはいいジャンプ!やるなほねっこ!3Lz+2Tはなんとか。3A+2Tはスピードどうかなと思いましたが高さでカバーしました。コンビネーションスピンは速く回れてます。ステップはもうちょっと難しいのにできそうです。3Fはしっかりひざでこらえて決めました。3Aはシングルになりました。ちょっと考えすぎた。3T+2T+2Loは決まりましたが、2Tが3回目ですね…。うーん。シットスピンから3Sはステップアウト。2Aは決まりました。コレオシークエンスはよく動いてがんばってます。最後のコンビネーションスピンはいい回転でいけました。うーん2つめが3-3の予定だったんでしょうけど。このルールなんとかならんのかな。最初のほねっこ4Tがいけてただけに残念。204.27。あれが決まってたら。

フランスのフローラン・アモーディオ。これが最後の演技ですね。楽しくいこうぜ。「メモリーズ・オブ・ソブラル」。4Sは着氷微妙でしたが決めてきました。いいぞ。3Aもしっかり成功。キャメルスピンは安定していいポジション。不思議な動きからステップ。今日はなかなか攻めてきてるぞ。最後やしどんどん踊れ踊れ。本人もそのつもりかしっかり踊れてますね。3Aはきれいに決まりました。1Lo+2Sはあとでつけてますね。大丈夫かな。3Lz+2Tはいけました。シットスピンからつなぎでも踊れてます。3S+3Tをここで決めました。3Lzも決まった。今日はとてもよく決まってますね。3Fはロングエッジぽい。2Aからコレオシークエンスは踊りまくり。それでいいんや。それがアモーディオや。思う存分踊れ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。タイミングあいませんでしたが、今日は会心の演技でしたね。ジャンプも素晴らしく決まったし。自分らしく滑ることができてよかったでしょう。今日は240.96。おー!いい点でました。モロゾフめっちゃ泣いてる。

ロシアのミハイル・コリヤダ。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」より。最初の4Tにチャレンジしてステップアウト。3A+3Tはばっちり決まりましたね。いいぞ。3Aを決めて道化っぽい動き。よくできてる。3Lzは成功。3Loもキレよく成功。今日はよさそうですねコンディション。コンビネーションスピンは最後にビールマンスピンにもってきました。岡部さんのいうようにスピードキープで質が高いです。3Lz+2T+2Loもキレありましたね。2A+2A+SEQもリズムよく成功。この調子と思ったら2Sになりました。シットスピンも安定してますね。技術もってる。ステップはちょっと疲れてきてますががんばってます。音楽がとぼけた感じなのがマイナスに影響してる。なんとかならんか。キャメルスピンはドーナツスピンにいけてる。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね!いい演技になりました。236.58。大きな結果になりそう。

チャンプ席のマヨロフとアモーディオがうかれてる。小林さん「感動して泣いていた私たちはどうなるんでしょうか」。その通りや。

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。「タイタニック」より。ひざの手術から復活。3Aはステップアウト。助走がまわりこんでしまいました。3Aもう1回も転倒。助走が慎重すぎる。3Lz+3T+2Loはきれいに決まりました。シットスピンはせりふにまぎれてよくわからず。ステップはまたよくわからないところ使ってる。この編集やったの誰やろ。3F+2Tは手あげ。3Lzは手をつきました。不思議なつなぎの動きから3Loはまずまず。3S+2Tはいけてます。曲がだめって結構致命的な影響を与えると思うんですが。またよくわからんところをチョイスしてる。キャメルスピンから2A。曲がずっとセリフで構成されてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。もっとヘンドリクスの力引き出してあげて。221.39。曲がよければあと10点は上がるね。

ロシアのアレクサンドル・ペトロフ。「オブリビオン」。3A+2Tはキレありました。いいジャンプ。3A単独も成功。3Lz+2Tもきれいに成功。もう2T跳ぶなよ。キャメルスピンから終わりがかっこいい。ステップはなかなか音楽にあわせてきれいに滑ってます。3F+1Lo+3Sは最後に手をつきました。でも結構ジャンプいいですね今日は。3Lzも流れよく。3Tも成功。シットスピンはもう少し低いポジションのがあるといい。コレオシークエンスはイーグルもきれいでした。3Lo、2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技でした!ジャンプも確実でしたが、曲は1つでもそのまま使った方がいいということがわかりました。229.69はシーズンベスト。

最終グループ。

イスラエルのダニエル・サモヒン。「シャーロック・ホームズ」より。出て行くところをコーチにつかまえられていました。はやくはやく。4T+2Tはなんとか2Tつけました。4Sはステップアウト。おしい。3Aはシングルに。それじゃあかんねん。コンビネーションスピンはゆっくり。キャメルスピンはいい回転速度でした。後半に4Tを成功させました。このジャンプもよかった。しかし次が3Lzがダブルに。うーん。3Lz+2T、3S+1Lo+2Sは最後2Tの予定をしっかり回避したみたい。えらいわ。コレオシークエンスから3Loに。シットスピンから最後のステップ。スタミナはまだあるみたい。いいぞいいぞ。なんとかフィニッシュ。ジャンプの取りこぼしがもったいなかったです。クワドルプルは3つとも決まってただけに。232.08。

3位だけが入れ替わってきてる。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。先輩として負けられない。「レ・ミゼラブル」より。4T+1Tは大きいの狙ってましたが1Tになりました。3Aはしっかり。4Tは転倒。コンビネーションスピンはシットポジションが高かったと岡部さん。確かに。ステップは音楽をよく聴いてますがもう少し複雑な方がいいかも。3Lz+1Lo+3Sはリズムよく決まりました。ジャンプは悪くない。3F+3Tも成功。3Loからキャメルスピンもしっかり。これで終わりかと思ったらまだあります。3Lz、2Aをしっかり決めて、コレオシークエンス。すぐシットスピンでフィニッシュ。ミスはそんなに多くなかったですが、どうしても単調になってしまいました。でも242.56でトップにきました。

イタリアのイヴァン・リギーニ。がんばれー。「クレイジー・ダイヤモンド」ほか。昨シーズンと同じ。3Aはきれいに決まりました。キレありますよ。SPで入れなかった4Tにする予定でしたが3A+2Tにしてきました。なかなか慎重ですね。3Loを決めてキャメルスピン。そこからステップに入ります。よく体が動いてる。気合いは入ってますね。「マネー」の音にうまくあわせてます。3Tから後半。3Lzは両手あげ。きれいなジャンプ。コレオシークエンスから2A+1Lo+3Sを決めてきました。いいぞ。3Fも両手あげ。ジャンプいいですね。シットスピンから2Lz+2Tになりました。決めておきたかった。激しいコレオシークエンス。いい表情もしてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。2シーズン目だからか、曲を結構自分のものとして演技してましたね。こうでなければ。236.36。

スペインのハビエル・フェルナンデス。まあきっちり決めてもらいますか。「野郎どもと女たち」より。素晴らしい滑りから4Tは手をつきました。勢いつきすぎたか。滑りはとてもいいです。4S+3Tをばっちり決めました。いいジャンプ。3A+2Tも問題なく。今までがなんだったのかと思わせるレベルの高さ。ステップも軽快だし、音楽にあわせてシットスピンに入る細かさ。以前のこのプログラムよりもぐっとレベルアップしてます。4Sを後半でばっちり成功。ステップからの3F+1Lo+3Sもリズムよく。強い。3Aは転倒。軸が傾いてましたが、ぱっと立って音楽には合わせる。あらもう1位とTESが並んでる。3Lzも成功。コレオシークエンスはもう1つのステップとして。緩急とチェンジオブペースが抜群。3Loはちょっと着氷乱れた。コンビネーションスピン2つでフィニッシュ。最後も結構踊ってました。いい演技でしたね。まあ決まりましたね。302.77。はじめて300点を超えましたね。でも敵はもっと高いですからね。がんばり続けないと。

ロシアのマキシム・コフトゥン。ベートーヴェン・セレクション。運命でちょこちょこ歩くのがうろたえてるみたいでおもしろい。4Sはステップアウト。火起こしをするポーズから4Tは転倒。だいぶ腰を打ったみたいで動きが悪い。大丈夫かな。がんばれ。次は2Sの途中で降りました。シットスピン・コンビネーションスピンはとてもいい出来。これで落ち着こうぜ。しょんぼりする演技がほんとにしょんぼりしているようにみえる。あんだけこけたらもうあかんわー的な。3A+3Tは決まりました。3Lzも決まったし3F、2Aからステップ。このステップはよく解釈した構成ですね。そのままコレオシークエンスにつなげてる。3S、2Aからアップライトスピンでフィニッシュ。あの転倒が文字通り痛かったですね。242.21。

チェコのミハル・ブレジナ。よく最終滑走にあたる印象あります。「海賊」より。赤い海賊。3Aはオーバーターン。3Tは4Tの予定だったか。4Sは転倒。跳び急いでますね。まあ落ち着いて。コンビネーションスピンはいい感じ。ステップはいい質キープしてますね。4Sに後半で挑みますがまた転倒。イーグルからの3Aは1A+2Tになりました。3Lzはステップアウト。なんか跳ぶ予定だったか。2Loから、3F+1Lo+1Sになったりしています。なかなか立て直せない。シットスピンからコレオシークエンスはバレエっぽい動きを取り入れててすてきです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん今日はジャンプが決まりませんでした。残念。チャレンジはよかったのですが。211.81。

○最終滑走(時の流れに身をまかせ的に)
1. もしも フェルナンデスと逢えずにいたら
2. ビチェンコは何を してたでしょうか
3. 平凡だけど コフトゥンを愛し 普通の暮らし してたでしょうか
4. 時の流れに 身をまかせ アモーディオの色に 染められ
5. 一度の人生それさえ 捨てることもコリヤダ
6. だから お願い そばに置いてね いまは リギーニしか 愛せない

フェルナンデスは60点差をつけて優勝。でかいですね。でもハニューを倒すためレベルアップしないとですね。敵は欧州にはいない。

ビチェンコが2位に入りました。これは大きいですね。1位以外は混戦の欧州でしっかり2位とれました。3位はコフトゥン。惜しいところでした。1つでもジャンプが決まってたら。4位はアモーディオ。なにげに4位に入れてますね。いい終わり方だと思います。コリヤダも5位は立派。コフトゥン先輩のあとに続きましょう。6位のリギーニは惜しくも6位ですが、イタリアにいい風を吹かせています。

最近のオリック

寒い日が続きますが、もうすぐ3月ですね。富井です。あまり見てなかったのですが、プロ野球のキャンプもいつの間にか練習試合へ変わってます。サンスポでは相変わらず阪神のことばかりですが、我らがブランコももう少しで実弾を日本へ持ってくるところだったというエピソードでわりと大きな紙面が割かれていました。

さて、一方日刊スポーツでは斗山との練習試合で新外国人のモレルやボグセビックの調子が良く四番打者が決められないという記事が出ていました。が、慌ててはいけません。このぐらいの時期はいつもそういう記事が出て、「優勝候補オリック」ということになるのです。そして、4月には「やっぱり今年もホークスやな」ということになるのです。ということで、経験上悠然とこの記事を読み飛ばすことができるわけですが、昨年補強した選手たちの名前が全く出ないのはやや不安です。

不安といえば金子、6年ぶりの2月実戦!もかなり不安です。もう6年もやってないんだから、金子は投げなくて良いんです。むしろ今の時期ちょっと調子が悪いぐらいの方が普段通りで良いんです。今後肩に違和感があるということで二軍調整になって、4月からローテに加わるというのが理想的な状態です。福良さんも3位ぐらいを目指して、今シーズン監督の座を守って下さい。

フィギュアスケート欧州選手権2016(3):女子シングルFS

ナイトライダーみてるとなんか落ち着くマイク松ですこんにちは。もちろんわくわくしたりするんですが、シンプルでわかりやすい。マイケルかっこいい。K.I.T.Tおもしろい。なんも考えずにみられます。

今日は欧州選手権、女子シングルFSです。

フィギュアスケート欧州選手権、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

スロバキアのニコル・ラジコワ。きれいな衣装です。「ドクトル・ジバゴ」より。3Lzはダブルになりました。3Fはきれいに流れました。地元の歓声も力になりますね。3Lo+2T+1Loになりましたがまずまずの序盤。キャメルスピンは力強い。表情がよくついてるんですよね。コレオシークエンスもその流れで。3Lzはステップアウトで手をつきましたがスムーズに続いてる。3Lo+2Tは間にターンが入りました。コンビネーションスピンは音楽の盛り上がりにしっかりあわせてます。3Tはダブルに。ジャンプがどうも抜けますね。ステップはちょっとシンプルですがよく動けてます。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。最後はいい表情でした。146.10。がんばった。

ハンガリーのイヴェット・トート。きましたね。がんばってほしい。スパニッシュ・タンゴほか。いいスピードから3T+2T。3Fはシングルに。スピードが落ちてしまいました。3Lzもダブルに。コンビネーションスピンで落ち着こう。いいスピンしてますね。つなぎ部分の表現力もあります。3Loは決まりました。2A+1Lo+3Sを決めてきました。よしよし。コレオシークエンスではいい柔軟性をみせてます。3S+2Tも決まった。いい感じになってきたぞ。レイバックスピンもポジションがとてもいいですね。ステップは音楽によくあわせてますね。なるほど。このあたりの表現力をもっといかせそう。2Aからコンビネーションですが途中で足をついてしまいました。序盤のミスをよく挽回しましたね。ハンガリーどころかヨーロッパを背負って立てる選手。がんばれ。150.65。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「トリスタンとイゾルデ」。2Aはいい高さ出してました。3F+3Tはなんとか降りました。このへんのリカバー力はさすが。3Lzはエッジがどうだったか。キャメルスピンから3Loとエレメンツはいいんですけどね。3S+2Tも決めてるけどなにしろ演技に流れがないですね。もっとつなぎ部分をがんばりたい。レイバックスピンは手足の長さをいかしてます。コレオシークエンスもまだまだがんばれる。2A+3Tはセカンドの回転が微妙。3Fは転倒。流れに乗り切れないですね。ステップからコンビネーションスピンでフィニッシュ。もっとコーチがメイテの勝ち方を考えないと。身体能力の高さだけでは伸びていかないです。161.23。

イタリアのジアダ・ルッソ。「レッド・ヴァイオリン」より。ぐにゃぐにゃした始まり。よく体が動いてますね。2Aも流れよく成功。序盤から結構激しい表現してますね。踊れるみたい。3Tは転倒。だいぶ斜めになりました。3T+2Tは間にターンが入りましたがまずまず。3S+2Tは決まりました。シットスピンは回転も速い。コレオシークエンスから3Sを決めてます。ジャンプのレベルは高くないけどがんばって決めてますね。2F+2Lo+2Loを決めました。転倒以外は予定通りですね。と思ったら1Aになりました。コンビネーションスピンも速く回れてます。この曲すごい難しい。ステップも曲のわりにがんばってます。体動いてるし踊りの能力が高いですね。レイバックスピンのポジションもよかったです。いい選手。なんか男子といいイタリアに何かが起きてるのか。143.40。小林さんと同意見。ルッソは覚えておいた方がよさそう。

メイテが椅子で喜んでる。もっとやりたいようにやればいいよな。

ドイツのナタリー・ヴァインズィール。SP見なかったですがいい演技していて上位につけてます。花のようなすごいきれいな衣装。「タイスの瞑想曲」。コレオシークエンスから入ります。曲にあってますね。2A+3Tはオーバーターン。ステップからの3Lzは決まりました。ジャンプは力強い。3Lz+2Tはファーストでステップアウト。コンビネーションスピンはいいポジションで美しいです。1つ1つのポジションが明確ですね。ステップは洗練されてて美しい。ドイツっぽい。3Loはダブルに。3Tは決まりました。2Aも成功。3S+2Tを決めてシットスピンから、最後は叙情あるレイバックスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。まとまった演技できました。160.64。

フィンランドのヴィヴェカ・リンドフォース。「エビータ」より。初出場でこの順位。3Tはステップアウト。次も2Lz+2Tになりました。まだそんなに得意じゃないのかも。3Fはステップアウト。まずはキャメルスピンで落ち着いて。3Lzは成功。やっときっちり跳べました。2A+1Lo+2Fになりました。これは予定通りか。レイバックスピンはとてもいいポジション+回転速い。さすがフィンランド、スピンはすばらしいですね。ステップはまだ躍動感を出すにははやいか。3S+2T、2Aと決めてきます。コレオシークエンスあたりはだいぶ疲れてるか。とても高い質のコンビネーションスピンでフィニッシュ。フィンランドのスケーターはしっかり育ってほしい。155.49。ジャンプをもっと勉強したいとのこと。

メイテはまだチャンプ席。たのしそう。

最終グループ。

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。身長が伸びたせいか衣装をかえてきました。これもすばらしい。「タイタニック」より。スーパープログラム、決められるか。速い。すごいスピード。3Lz+3Tはまずまず。ステップからの3Fも決めました。3Lzはなんとか踏んばった。キャメルスピンはオリジナリティあるポジションからコンビネーションスピンにもっていきました。そしてステップ。感情がよくこもった構成を表情豊かに滑ってます。このプログラムはほんとにステップがかっこいい。つなぎ部分もしっかり物語を紡いでます。3Lo+1Lo+3Sを楽に決めてます。2Aから3Lo+2Tを決めました。音楽もうちょっとちゃんと編集したれよ。コレオシークエンスから2Aにつなげるいい構成。コンビネーションスピンからスーパーなレイバックスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。ジャンプは完璧ではないにせよ、ほぼノーミスでいけました。209.99。

ロシアのエフゲニア・メドベデワ。逃げ切れそうですね。「ウォリスとエドワード」より。あの最初のところのうにゃうにゃうにゃしたやつはいつも疑問ですが、そのあとはすごいスピードで忘れさせます。3F+3Tは片手あげでばっちり。ステップからの3Lzも片手あげ。しかも入りもダイナミック。コンビネーションスピンは180度開脚。つなぎの部分も見事です。そこからステップに。上下の動きにリズムが加わっていい味出してます。片足で滑る部分も長い。3Fは片手あげ。3Loから音楽が変わってうまく対応。2A+2T+2Tは全部片手。3S+3Tをここで成功。強いですね。2Aで転倒。これは珍しいですね。キャメルポジションからのコンビネーションスピンも独創的。最後は高速回転のレイバックスピンでフィニッシュ。勝ちましたね。ラジオノワにあそこまでしっかり勝てるとは。PCSも16歳なのにもりもり出せてますね。215.45。それはこのスコア出るわ。喜んでます。

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。いつもヨシは順番が悪いね。「バンディダス」より。3Lz+2T+2Loを最初に跳んできます。3Fも成功。3-3は入れないんですね。3T+2Tからコンビネーションスピン。もっと速くいきたいです。3Lzは成功。3Loも決まりました。ジャンプは決めているんですが。3Sはタイミング悪くて転倒。あいませんでした。コレオシークエンスはもっと豪快にいってほしい。2A+2A+SEQはセカンドで転倒。キャメルスピンからステップは笑顔で滑れてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん姉が引退していまいち気合いが入ってない感じ。まだまだやれるのに。153.29。

ラジオノワはめっちゃへこんでる感じ。演技は楽しそうだったのに。

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ。忘れてないよ。「シェヘラザード」。3Lz+3Tから、3Lo+1Lo+3Sを決めてます。いい出だしだぞ。3Lzはだいぶ軸が傾いてしんどい感じで転倒。大丈夫かな。ステップはダメージがあるのかちょっとバランス崩しました。でも気合いで滑る。コンビネーションスピンも1つ1つきっちり滑ってます。ステップからの2Aも流れがありますね。3Loはステップアウトで転倒。これも痛そう。特訓ぽい悲壮感ある。がんばれ。コレオシークエンスもしっかりみせるし、2Aもいいジャンプ。3F+2Tは片手あげ。コンビネーションスピンはきっちりしたポジション。持ち味ですね。レイバックスピンでフィニッシュ。転倒多かったですがしっかり最後まで滑ってます。この辺の気合いはすばらしいですね。187.05。

イタリアのロベルタ・ロッテギエーロ。がんばれ。「エビータ」より。3-3に挑みますが、3Lz+2Tになりました。いいジャンプでしたが。ステップからの3Fはなんとか。3T+2A+SEQは流れよく成功。いけてますね。レイバックスピンは回転が速いです。草津の湯もみっぽい動きのあとステップ。ここでもっとキレ出せたらもっといける。3Fはステップアウト。コンビネーションにしたかったですね。3Loはいけました。音楽が変わって3S、2Aをしっかり決めてきました。こういう音楽の方がいいわ。シットスピンもいいスピン。コレオシークエンスからコンビネーションスピンで、最後は筋肉ポーズでフィニッシュ。いい演技でした。170.76!4位にきました!ますますイタリアで何が起きてるのか。

ラトビアのアンジェリーナ・クフワルスカ。期待の新星。がんばれ。「ロクサーヌのタンゴ」ほか。いい気合いの乗った最初の部分。いいステップから3Loを決めてきます。細部まで意識の行き届いた演技。3Lz+2Tも成功。3-3に挑んできます。3S+3Tを決めてきました。よっしゃ。3Fもきれいなフォロースルーでいいですね。シットスピンはてきぱき。コレオシークエンスではいいスパイラル。スピードにのって2A+3T+2Tを決めてきました!ジャンプよく決まってる。コンビネーションスピンのポジションも正確。満を持してステップ。ステップが得意なんですよね。メリハリがあってキメがうまい。音を掴んでるからそれができるんですよね。音楽のつなぎ方がおかしい。もうちょっとちゃんとしてあげて。3Sを決めて、2Aを決めました。ジャンプ決めたぞ。最後のレイバックスピンはゆっくりでしたがいい演技でした!コーチが泣いてる。やったやった。会心の演技でしたね。新鮮さもあるし芸術性も高い。やりました。リンクサイドのコーチが熱すぎる。おもしろい。176.99。パーソナルベストいけました。

○最終順位:(別れの予感的に)
1. 泣き出してしまいそう メドベデワが好きだから どこへも行かないで 息を止めてそばにいて
2. 身体からこの心 取り出してくれるなら ラジオノワに見せたいの この胸の想いを
3. 教えて悲しくなる その理由 ポゴリラヤに触れていても
4. クフワルスカ それだけだから 海よりも まだ深く 空よりも まだ青く
5. ロッテギエーロを これ以上 愛するなんて
6. メイテには出来ない

メドベデワが優勝。そりゃ喜んでますがやはり強いですね。1つ1つのエレメンツの質が高い。転倒してもラジオノワに差をつけてます。ラジオノワはだいぶつまらなさそう。あれだけがんばったのに。でもそんな境地から抜け出たようなポゴリラヤがおもしろいです。

今回はクフワルスカが驚きでした。技術一辺倒ではない、芸術性を兼ね備えた選手がラトビアにいるとは。ヨーロッパにおさまらない選手になるでしょう。このままのびていってほしい。リンクサイドのコーチも名物になりそう。ロッテギエーロは大躍進の5位。ルッソとともにイタリアが何かが起きてる。男子もいいし。ハンガリーのトートも要注目の選手です。やっぱりこういう選手に出会えるのが欧州選手権のいいところです。

レアードがすしで存在感、オリック助っ人種いももがんばれ

そういえば台湾でりすをみたマイク松ですこんにちは。あれがタイワンリスか。大きかったです。

さて、プロ野球もキャンプが進み、選手がオープン戦に出たりしています。まだまだキャンプ中とは言え、調子は気になるところですね。

そんな中で調子とは関係ないのですが、ハムの板前、レアードが存在感を高めています。すしパフォーマンスで。おこめをもらったら「すしパフォーマンスを続けていきたいね」などとサービスし、プロレスラーのSUSHIが来訪したらSUSHIのマスクをつけて出たいなどとサービスしています。この写真の顔すごい笑顔。

レアードは結果を出しているのにこれだけサービスしていますよ。オリックの助っ人種いもどもは何をしているかというと、ブランコがオレもあやうく実弾どころか弾倉もちこんでタイホされるところだったなどといったりしています。そんなクライムサービスいらん。

そのうち有能なオリック企画部でプロデュースデーにいじられることにはなるんでしょうけど、もっとレアードみたいなおもしろを積極的にがんばってほしいです。オリックではおもしろも実力のうち。おもしろしかない人はどうなのという前に、オリックには何もしない&発芽しないいもが多すぎるのです。

一人一人が自覚がないのなら、もう全員で種いもパフォーマンスに乗り出すしかないでしょう。すしほどキャッチーじゃないにしても、みんなでやれば怖くないし、チームのまとまりもでてくるはず。レッツポテト!

  • 打ったら塁上で粉吹きいもパフォーマンス(なべをゆするポーズ)
  • 打ったら塁上でポテトチップスパフォーマンス(何枚か一度に食べるポーズ)
  • 打ち取ったらマッシュポテトパフォーマンス(いもをつぶすポーズ)

よく考えても3つしか出ませんでしたが、ほかにも何か考えてください。もうじゃがいも料理をどんどん生み出す方向で。ポテティング。

フィギュアスケート欧州選手権2016(2):男子シングルSP

台湾から帰ってきたマイク松ですこんにちは。台湾は暑かったり寒かったりでなかなか服装が大変でした。もちろんいいところでしたが。観光地とかに無理していくよりも、台北でゆっくりしてた方が楽しいです。あ、本題のフォルス・スタート商会の本社ですが、どこかに蓬莱島のようなワープトンネルをもっていることが推測されましたが、今回も捕捉することができませんでした。金鰲列島のレーダーがあれば…。

さて、今日は戻ってきて早々ですが、欧州選手権の男子シングルSPはみておこうと思います。

フィギュアスケート欧州選手権、男子シングルSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

なんぼなんでも多すぎるので、グループ5から始めます。もしグループ4までにこの人はみておけという人いましたら教えてください☆気にはなるんですが…。

イタリアのマテオ・リッゾ。鼻が高い。「マラゲーニャ」。いい滑りしてますね。3Aもキレがあっていいジャンプ。エッジがとてもきれい。3F+3Tも成功。シットスピンは少しトラベリングしてましたが回転も速いぞ。イタリアにこんなのいたとは。3Lzも決めてジャンプそろえました。キャメルスピンも少し軸がぶれてる。スピンはあんまり得意じゃないのかな。ステップはエッジがよくすべってるし動きも大きい。難しい構成にもっと挑んでいけそう。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いいじゃないですかー!お父さんがアイスダンスやってたそうで、滑りのよさはそこからきてるのかも。74.91。コーチ含めて3人でガッツポーズ。

ロシアのミハエル・コリヤダ。メロンパンナちゃんみたいな衣装。「ナイチンゲール・タンゴ」。さすがいい滑りしてる。4Tは転倒。いいジャンプではありました。3Aは軸が傾いてステップアウト。ジャンプうまくいかないですね。シットスピンは技術みせますね。3T+3Tはしっかり決めました。ステップは不思議な音楽にのって音楽をよくとらえてます。キャメルスピンはドーナツポジションにもっていける。コンビネーションスピンも最後はビールマンにもっていってフィニッシュ。最後はまゆげポーズ。愛らしい顔でした。77.58。ジャンプミスってる割には高得点。

フランスのフローラン・アモーディオ。水玉模様。この大会を最後に引退するそうです。そうなのかー。ファレル・ウィリアムズ「ハッピー」。最初の4Sはトリプルに。3Aは決まりました。シットスピンはいいポジション。アモーディオらしい。ステップから3Lz+3Tはステップアウト。キャメルスピンもまずまず。そしてステップでは思う存分踊ります。さすがのエッジワークとキレ。ここまでのステップ。高橋レベルです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後は自分らしい滑りで演技していいですよね。78.28。

スウェーデンのアレクサンダー・マヨロフ。マヨロフさんがすごいおっさんになってるぞ。だいじょうぶか。「タンゴ・アモーレ」。3Lz+3Tはなんとかふんばって成功。おっさんパワー。3Aも降りました。気合いで降りてる。キャメルスピンは妙にゆっくりになってしまいました。3Fはきっちり成功。なんか妙に音がよくないぞ。テレビの前にラジカセおいて録音したのかな。シットスピンはいいポジション。このへんはマヨクオリティ。ステップはエッジワークはまずまずですが、振り付けがおっさんくさいぞ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なんだかメンショフおじさんにつぐおっさんが誕生していて驚きました。マヨおじさん。76.34。

イタリアのイヴァン・リギーニ。網網の衣装。ジョシュ・グローバン「ユー・レイズ・ミー・アップ」。3Aからスタート。いい入りです。ステップからの3Fは両手あげ。工夫してますね。キャメルスピンはゆっくりでしたが妙に音楽にはあってる。つなぎのステップから3Lz+3Tも手あげでした。そろえてガッツポーズ。セクシーポーズから始まるステップも気合いが入ってますね。今までのリギーニじゃないみたい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やったリギーニ!後輩が出てきて自覚が出てきたのか。82.23。ものすごいガッツポーズでした。ボクシングぽい。

ラトビアのデニス・ヴァシリエフス。16歳。ジュニアとの掛け持ちで大変そう。「踊るリッツの夜」。浅田のエキシビションの曲ですね。なかなかいい動きしてるしスピードもある。3Aはなんとか成功。3Lz+3Tもふんばって決めました。キャメルスピンはポジションもいいし手の動きがきれい。なかなかの新星ですね。ステップからの3Fは転倒。惜しい。ステップもよかったのですが。シットスピンはほんとに見たことのないポジションの連続。おおっすごい!ステップは途中で転倒してしまうのですが、キレもあるしリズムを体で表現できる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これは注目株ですね!これで初出場とは。覚えておいた方がいいでしょう。68.32。

最終グループ。

チェコのミハル・ブレジナ。ジェローム・カーン「ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト」。3Aは相変わらずでかいジャンプ。これで弾みをつけましょう。ステップから4Sは転倒。ちょっと突っ込みすぎたか。キャメルスピンはゆっくりですが見栄えがします。3F+3Tはきっちり成功。ステップはこのジャズナンバーによくあった、優雅で品のある、それでいて躍動感もある。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。転倒はありましたがまずまずの出来。84.30。あれでもトップがとれる、さすがブレジナ。

なんか不思議なマスコットみたいなのがいる。こわい。しかも口の中に人の顔が!空気読めカメラ!

ロシアのアレキサンダー・ペトロフ。黄色い。いもようかんぽい色。ペトペトロフカラー。ラウル・ディ・ブラシオ「ラ・レイエンダ・デル・ベソ」。3Aはしっかり。3Lz+3Tはいい感じです。ステップはスムーズ。手の動きがなめらかで、とてもメッセージ性があります。ペとペとスキル。3Fも流れよく成功。シットスピンは手早く。コンビネーションスピンも安定してました。最後はじゃじゃんとフィニッシュ。すんなり演技全体が流れていくようなあっさりした演技。岡部さんもまだ色がついてないとのことでした。76.95。

スペインのハビエル・フェルナンデス。きっちりひげでがんばってます。現在欧州3連覇中。「マラゲーニャ」。滑りの質はいつも通り高い。4T+3Tはステップアウトもすごいキレでした。ステップからの4Sは問題なし。アップライトスピンは少しトラベリング。フラメンコの動きもしっかり入れている。ステップから3Aもばっちりでした。コンビネーションスピンからシットスピンも音楽にあわせて。質が高くて向こうでオーサーも拍手です。ステップは徐々に本格的なフラメンコの動きとスケーティングが融合してきてますね。そのままフィニッシュ。さすがでした。102.54。100点台出せましたね。サンキューオーサー。

イスラエルのアレクセイ・ビシェンコ。ゲイル・ロニング「オール・アローン」。3Aから入りました。しっかり。4Tも成功。いいジャンプでしたね。キャメルスピンはポジションをキープしてまわってます。3F+3Tも決まりました。ジャンプそろえましたね。いいぞ。シットスピンはてきぱき。ステップはメリハリの効いたいい力強い表現。曲との調和がもっとできそう。長くがんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ビシェンコはベストを尽くしましたが、順番が悪かったですね。84.09はシーズンベスト更新。やった。

イスラエルのダニエル・サモヒン。気合いの入った衣装やと思ったら、スコーピオンズ「スティル・ラヴィン・ユー」。4T+3Tを決めてきました!がんばってます。4Sも踏んばって決めました!がんばったがんばった。キャメルスピンはゆっくり。ここはスコーピオンぽく決めたらいいのに。3Aは転倒。それじゃあかんねん。そこは決めないと。コンビネーションスピンは安定してました。ステップは上下の動きもあるししっかり動けてます。元気。シットスピンでフィニッシュ。あー本人もやってるように3A決めておきたかったですね。82.73。

ロシアのマキシム・コフトゥン。最終滑走です。ジェネシス「アイ・キャント・ダンス」。最初からいい動きで引きつけます。動きいいな。4S+3Tを決めてきました。いいキレ。4Tも決めました。空中の姿勢もいい。しかし3Aは転倒してしまいました。ここは先輩として決めておこうや。「やっぱ先輩は違う」とか書かせてや。コンビネーションスピンはてきぱき。ステップはエッジワークもいいしよく踊れてますね。このへんはコフトゥン。岡部さんは感情をもっと入れろとのこと。シットスピンからアップライトスピンでフィニッシュ。いいポジションでした。88.09。これでも2位。

○SP終わっての順位:(つぐない的に)
1. 窓に西陽があたる部屋は いつもフェルナンデスの 匂いがするわ
3. ひとり暮らせば 想い出すから コフトゥンの傷も 残したまま おいてゆくわ
3. 愛をつぐなえば 別れになるけど こんなブレジナでも 忘れないでね
4. 優しすぎたの ビシェンコ
5. 子供みたいな サモヒン
6. あすはリギーニになるけれど

フェルナンデスが100点オーバーでトップ。まあ優勝ですね。コフトゥンやサモヒンがきっちりノーミスでいければまだ追えたかもしれませんが。それにしても強い。

しかしコフトゥンはすばらしい滑りで2位。ジャンプよかったです。ブレジナはなにげに3位。FSは攻めていく必要があるでしょう。ビシェンコとサモヒンのイスラエル勢があとに続きます。リギーニは先輩の力みせてやらないとですね。

5,6グループしかみてませんが、ラトビアのデニス・ヴァシリエフスと、イタリアのマテオ・リッゾは要チェックの選手ですね。

フィギュアスケート欧州選手権2016(1):女子シングルSP

明日から台湾にいってきます。マイク松ですこんにちは。崑崙山脈と金鰲列島に続く第3の存在としてフォルス・スタート商会の本社があるという情報を得ましたので、台湾に探しにいってきます。そもそも崑崙と金鰲がどこにあるかわからないのですが…。そういえば今ちょうど台湾で四大陸やっているらしいですね。ロス・マイナーとかほっほとかがうろうろしてないかなー。

フィギュアスケートはやっと欧州選手権にかかります。今日は女子シングルSP。

フィギュアスケート欧州選手権、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

なんぼなんでも多すぎるので、グループ5から始めます。もしグループ4までにこの人はみておけという人いましたら教えてください☆

ドイツのルトリシア・ボック。おもしろいデザインの衣装。「パッチ・アダムス」。なかなか優雅な入り。3T+3Tは間にターンが入りました。でもジャンプ力あります。コンビネーションスピンは柔軟性のあるバリエーション。シットスピンもてきぱき。ステップはいいエッジワーク。まだ16歳、このままドイツを背負っていける選手になってほしいですね。2Aもちょい斜めになりましたがしっかり降りました。ステップからの3Fは結構痛そうな転倒。腰大丈夫かな。レイバックスピンは手足の長さをいかしてました。3つめのフリップ決めてほしかったなー。43.77。なんか泣いてます。痛かったんかな。

スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。エラ・フィッツジェラルド「トゥー・ダーン・ホット」。なかなか渋い曲選んでる。ステップからの3Lzは成功。3T+2Tは3-3の予定でしたが自重。コンビネーションスピンはしっかり安定してます。2Aをきっちり決めて、レイバックスピンは手足の長さをいかしてる。ヨシもうまくなってますね。ステップはいい表情ついてました。キャメルスピンでフィニッシュ。3-3をなんとか跳んでおきたかったですが。58.13。さすがに3-2でもトップに来る力あります。

フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「フィーリング・グッド」。昔のプログラムに戻してます。3T+3Tはセカンドも高く成功。3Fはステップからリズムよく成功。キャメルスピンはもうちょっとがんばりたい。ステップはさすがの力強さ。このへんでもっとスピードが出せれば。2Aからレイバックスピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。きっちりSP演じられましたね。57.35。うわーぎりぎり3位。何が悪かったんやろう。

アルメニアのアナスタシア・ガルスチャン。ガルスちゃん16歳。そして曲は「アナスタシア」。3Lz+3Tを決めてきました!やりますねー。滑りがロシアマナーって感じで、3Fもステップから決めました。シットスピンはちょっと入るのが遅れたけど2回転以内なら大丈夫と岡部さん。ステップは音楽をよくとらえてますね。でももっとエッジワークにキレがつけられそう。スパイラルも印象的。2Aも決めました。コンビネーションスピンからレイバックスピン。ポジションもよかったし、ビールマンスピンでフィニッシュ。やりましたねガルスちゃん!こんな逸材がアルメニアにいたとは。しかし得点は48.93。ブーイング起きてますね。全部のジャンプで回転不足がついてたらしい。きついですが逸材であることは確かですね。

ハンガリーのイヴェット・トート。アレサ・フランクリン「アイ・セイ・ア・リトル・プレイヤー」。コーチはシェベスチェンですね。後継者を育ててるんですね。いい動きからスタート。3T+3Tはツーフットでしたがまずまず。3Lzは高さありました。終わりもかっこいいし。レイバックスピンは回転がとても速かったですね。2Aも流れありましたね。シェベスチェンぽい。とてもいいところを受け継いでる。シットスピンもてきぱき。ポジションもいい。ステップは音楽にうまくのってすがすがしい表現。よく動けてる。コンビネーションスピンもとても速かったです。最後はI字スピンでフィニッシュ。とてもいい演技でしたね。55.54。4位にきました!昨年は33位だったから大きな進歩です。シェベスチェンも大喜び。

フランスのロリーヌ・ルカヴァリエ。「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」より。3Tは大きなジャンプですが単独。コンビネーションにしませんでした。3Lz+2Tは間にターンが入りましたがコンビネーションにはなってます。キャメルスピンはてきぱき。コンビネーションスピンはさまざまなポジションをきっちりまわってます。2Aはしっかり。レイバックスピンも回転が速いです。上達してますねルカヴァリエ。しかしステップで転倒してしまいました。うーんもったいない。あそこまでいったらきっちりいきたかった。52.84。シーズンベストは更新しました。

最終グループ。

ロシアのエレーナ・ラジオノワ。ララ・ファビアン「ジュテーム」。おー気合い入ってますね。研ぎ澄まされた表現。スピードがすごい。3Lz+3Tは決まりました。まずはしっかり跳んで。キャメルスピンもドーナツポジションがきれい。コンビネーションスピンもバリエーションがいい表現になってますね。ただいろいろやってるわけじゃない。3Fはきっちり。問題なし。2Aもしっかり成功。ジャンプそろえてステップ。動きもさることながら絶妙なメリハリと強弱がいい感情表現。順調にピークにもってきてる感じがします。レイバックスピンも高速回転でした。クリーンプログラムでしたねー。手応えありという感じでした。70.96。

スロバキアのニコール・ライチョヴァー。自国開催ですごい歓声です。青い衣装。ニーノ・ロータ「ロミオとジュリエット」。昨シーズンのプログラムに戻しました。3Lz+2Loを跳んできました。ループ得意なんですね。3Loはステップアウト。キャメルスピンのポジションもいいぞ。動きもいいしなかなかやりますね。ステップは1つ1つのステップを丁寧に踏みながらも躍動感は出せてる。ステップ後半戦から2Aも決まりました。レイバックスピンもいいポジション。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最終グループでしたががんばりましたね。57.24。いい演技でした。左のコーチの目のくまがすごい。

ロシアのエフゲニア・メドベデワ。もう優勝候補筆頭なんですね。「白夜の調べ」より。エレメンツに入る前から高度な表現。コンビネーションスピンから入ります。またすごいクオリティだわ。ステップは動きのよさももちろん、エッジがよく滑ってますね。3F+3Tは手あげ。2Aはステップアウト。めずらしい。そういうこともあるよね。3Loも手あげ。キャメルスピンは難しいポジションに移行してスピードアップ。レイバックスピンもものすごい回転速度でした。いやーみるたびにレベルアップしてますね。72.55。

ラトビアのアンジェリーナ・クフワルスカ。プッチーニ「トスカ」。昨年初出場で7位。結構スピードありますね。3Lzから入りました。3T+3Tもパワフルで助走からパワー感じますね。2Aも幅のあるいいジャンプ。コンビネーションスピンも1つ1つのポジションをしっかりまわってます。こんなパワーのある選手久しぶり。ステップはいい躍動感。シットスピンはいい姿勢。そしてレイバックスピンも音楽の盛り上がりに合わせるような気合い溢れる演技でした。いいですねー。58.99。ここまでの3位に入りました。結構有望なんだから音楽はもっとうまく編集してやってくれ。本当にやってやってくれ。ありがとう。

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ。「ヴァイオリンと管弦楽のためのボレロ」。いいスピードから3Lz+3Tを決めてきました。しっかり。3Loがダブルになってしまいました。まじか。キャメルスピンはまたおもしろいポジションを。2Aはしっかり。あとは取りこぼさないように。コンビネーションスピンも安定してます。衣装もうまく使えてますね。ステップはどんどん滑っていく。スピードとエッジのなめらかさ。こういうのがポゴリラヤですよね。終盤に向けてどんどんパワーアップしていく。レイバックスピンは回転速度ありました。あのジャンプがもったいなかったですね。63.81。うーんジャンプが1つ抜けるとこうなりますよね。だいぶしょんぼりしてる。

イタリアのロベルタ・ロッテギエーロ。リーゼントですね。「プリティ・ウーマン」ほか。3T+3Tから入りました。しっかり跳んでる。3Fもステップから流れよく成功。安定感ありますね。レイバックスピンはまずまず。ステップは音楽に乗って楽しそうに。なかなか音楽にもあわせてます。2Aも成功。ジャンプそろえました。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。ミスなく演技できましたね。よかったわ。61.01。やったやったっていってる。

○SP終わっての順位:(異邦人的に)
1. メドベデワが空に向かい両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている
2. その姿は きのうまでの何も知らないラジオノワ
3. ポゴリラヤに この指が届くと信じていた
4. ロッテギエーロと大地が ふれ合う彼方 過去からの旅人を 呼んでいる道
5. クフワルスカにとって私 ただの通りすがり
6. ちょっとふり向いてみただけの ヨシ・ヘルゲソン

まあ予想通りロシアがトップ3独占。実質メドベデワとラジオノワの一騎打ちですね。ポゴリラヤはちょっと離されてしまいました。がんばれ。ロッテギエーロが大躍進、4位にきてます。このままいきたいですね。クフワルスカもとてもいい演技してますね。FSも楽しみ。ヨシもがんばれ。

10位にトートがきました。いい演技してたし、FSもがんばってシェベスチェンを喜ばせてあげてほしいです。

菊のルーティンが琴バウアーに決定(してもらった)

島耕作をつたやで借りたのですが、まんがは郵便返却できないんですね。不便。ともかく取締役まで読んだマイク松ですこんにちは。ビジネス色がどんどん強くなってきてます。

さて、菊の優勝で盛り上がる大相撲。菊はいろんなところに引っ張りだこのようですが、このたび日本記者クラブで記者会見があったそうです。そういえばここで会見するの、魁皇以来ですよね。

いろんな話があったんだと思うのですが、メディアの関心は菊のルーティンをなんと呼称するかだったようです。ほんとにどうでもいいし名前は別に必要でもないのですが、大相撲ではキャッチーさも大事ですよね。

その候補は「菊バウアー」と「琴バウアー」。どっちもイナ・バウアーさんにあやまれというような脱力感ですが、あまつさえこの2つのどっちかでもめるという。そしたら菊が未来の横綱らしくばしっと決めて…くれればいいのに、なんとその場にいた女性記者に決めさせるという暴挙決断をしました。

その記者さんは「琴バウアー」を支持したようで、めでたくあのルーティンは「琴バウアー」に決まったようです。よかったですね。女性記者もいっそ「琴光喜はどうですかね?」などといってくれるとよりもめてたのしかったのですが。

あれをまねする力士が出るともあんまり思えないのですが、もし部屋の誰かがまねするとしたら、あるいは一門の誰かが取り入れるとしたら、琴バウアーは取り入れやすいですよね。記者さんもなかなか英断だったと思います。

とはいえ次の問題が。実際菊が琴バウアーとやらをやったとして、まわりはどう反応すればいいのでしょうか。実況は「さあ得意の琴バウアーで気合いを入れて」などといわなくてはいけないのか。ものすごい蛇足感というかミンポー感が漂うのですが。

それにあれは必ず勝利につながるかというとそうでもないルーティンですからね。イナバウアーは少し点になりますが。英語実況とかではちゃんと説明したりするのでしょうか。

あとは部屋のみんなが琴バウアーをそろってやってみるみたいなムーブメントが起きると、変に盛り上がりそうですね。みんなでやる。

それにしても琴バウアーですか。摂理上体そらしとかミッキーストレッチとか奥義・自縄自縛破りとかの方がよかったんじゃないかなあ。

福本さんの臨時コーチ終了

たまにしか見ませんが、「ちかえもん」おもしろいです。時代劇なのに「ピュアすぎる!」って言ったり井上陽水の歌を歌ったりするわりに、しっかり人形浄瑠璃魅せたりするバランスが面白いけど受けないんだろうな・・・富井です。

さて、いよいよ野球シーズンの開幕!「どないしよう」と言いながらキャンプにやってきた福本さんは、監督の指導と真逆の指導など、3日間大いに語りながら指導していただいたようです。ありがとうございます。まあ、「頭から塁に突っ込むな」っていうのはサンテレビ見てる人ならみんな知ってることやからね。今更あたふたしてもしかたないし、世界の盗塁王には逆らえないんで、みんな足から帰塁して下さい。

帰る前に「駿太、小田には頑張ってもらいたい。指導料はいい成績で返してもらいたいね」と言ってたようです。福本さん、盗塁するまでにはまず出塁が・・・・。まず2人にはバッティングを教えて欲しかった・・・しかし、奧浪、杉本の打撃は指導していただいたようで、ありがたいです。奧浪はそろそろ一軍でやってもらわないとな。

そういえば、オーナーもキャンプにやってきたらしく、「年俸の年俸の高い方から復調してもらわないと」「20数年のオーナー生活で最もがっかりした年」と言ってたらしいです。そりゃそうですね。それにしても、私も8年ぐらいはオリックウォッチャー(決してファンというわけじゃなく)やってますが、去年と同じぐらいがっかりする年は他にもいっぱい有ったような気がするけどな・・・と思いました。でも、私はお金出してないから、やっぱりオーナーは投資に見合った成果が出なかったのにお怒りなのですね。今、「損したくないニッポン人」という本を読んでいますが、オーナーも損には敏感ですよね。それでこそケチックスの名に恥じませんぞ。

フィギュアスケート全米選手権2016(8):アイスダンスFD

おりーぶ新鮮組。要さん働くなーと思うマイク松ですこんにちは。愛媛にもああいう人いないのかな。

今日は全米選手権、アイスダンスFDです。

フィギュアスケート全米選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は東野さん。

ダニエル・トーマス&ダニエル・イートン。「チャルダッシュ」。踊りがうまいですね。スピードもあるし。CuLiはのせるのがうまかったですが空中姿勢があぶなかった。CiStはもっと速さがほしいところ。つなぎの部分でツイズルをいれたりしてます。ツイズルはまずまず。SlLiはダイナミックに決まりました。うまいです。ダンススピンはちょっとシンプルか。RoLiは空中のポジションがきれいでした。ローテもなめらか。DiStは音楽に乗ってしっかりあわせてますね。SlLi+RoLiのコレオリフトでフィニッシュ。演技もうまいし今後が楽しみ。トラッドなよさがあります。145.01。

シャーロット・マクスウェル&ライアン・デベロー。「ファニー・ガール」より。ツイズルはいい感じですね。ユニゾンはよかった。マクスウェルの顔芸がすごい。CuLiはスピードに乗ってました。降ろし方もグッド。RoLiはスーパーマンみたいなポジション。CiStは曲にあわせた優雅さが出てました。SlLiはがんばってホールドしてます。デベローきつそう。ダンススピンはシンプル。DiStはちょっとデベローがバランス崩しました。そしてマクスウェルが終わり際に転倒。もったいない。RoLiでフィニッシュ。最後も手をついてました。体力的に限界まできてたのかな。128.98。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。「ジ・エンターテイナー」ほか。最初からアクロバティックな演技で攻めてきます。SlLiはこれまたアクロバティック。足だけのノーホールドで乗ってました。ここでDiStがきます。曲が変わってもちょっとしたつなぎ部分がおもしろい。ダンススピンは回転速いですね。ツイズルは3つめでおもしろいポジション。CuLi+RoLiはしっかりやってました。間もスムーズ。SeStはリンクを大きく使って滑ってますね。RoLiは降ろし方もアクロバティックでスムーズ。最後はこれまたお互いにブリッジしあうようなおもしろポーズでした。楽しませてくれましたね。のびていってほしい。142.70。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン・ルック・ベイカー。「博士と彼女のセオリー」より。ベイカーもよく動く。一体型のカップルですね。速い回転のツイズル。いいシンクロでした。CuLiは上がるまでが速かったし降ろし方もうまい。CiStは動きがよくそろってます。SlLiはバリエーションが多くてなめらかでした。つなぎ部分の表現も重要。ダンススピンは回転が速いしキレありますね。RoLiはワンハンドホールド。そのわりに安定。DiStは躍動感もある。もう少しスピードを落とさずにいきたい。RoLiから印象的な終わり方でした。がんばりましたね。158.86。SDはしょんぼりしていたらしいですが、こっちはうまくできたか。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。ベートーヴェン・メドレー。カヌーシオはベートーヴェンの音楽を表現しているらしい。むずい。のっけからいいスピード。DiStはスピードにのってあっという間に。RoLiはバリエーションがとてもスムーズ。そしてそのままダンスリフトにつなげました。これはおもしろい。意欲的です。つなぎ部分の表現もすばらしいですね。SlLiはカヌーシオ倒立。すごい。SeStは感情表現をしっかりがんばるほう。CuLiになっても苦悩するマクマナス。ツイズルはミラーの動き。ばっちり決まりました。最後のコレオムーブメントもすばらしかったです。きっちり滑りきりましたね!160.46!大喜びです。いいプログラムをやりきって大喜び。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。全米チャンプ守れるか。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。最初から芸術的な動き。ゆったりとした入りでもしっかり引きつけます。CuLiはチョックの動きだけで入ってますね。すごい。SeStはピアノの音をうまくつかみながらいいエッジワーク。ツイズルはまったくずれのないユニゾン。ダンススピンも入りがなめらかだしポジションもいいですね。DiStもつなぎ部分からのつながりが見事。PCSに影響しますね。そしてRoLiはローテが速い。すばらしい。SlLiは降ろし方も難しいです。テンション高く最後のコレオムーブメントにもっていってフィニッシュ。いい演技でした。186.93。しっかりトップ。

シブタニ兄妹。がんばれ。コールドプレイ「フィックス・ユー」。最初の部分みても調子よさそう。CuLiは大きな表現。降り方もむずい。ダンスリフトは加速しますね。見事な表現。SlLiはマイアのポジションがかっこいい。訴えかけるものがあります。CiStは音楽にのって表情もよくついてる。音楽が単調でもそのよさを引き出してますね。ツイズルはいつも通り完璧なユニゾン。音楽の盛り上がりに向けて観客も盛り上がってきました。RoLiは激しいポジションチェンジをやりきってます。DiStは自由で開放的な構成。浮遊感ある音楽にうまくあわせてます。いいフィニッシュ。すばらしい!より表現を高めてきましたね。やったやった。エレメンツは全部Lv.4とりました。勝てるかな。190.14!やった!勝った!!

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。最終滑走です。「トロン・レガシー」より。いい動きからツイズルに。ハベルの鳥っぽい衣装がいきてますね。CuLiはてきぱき。重厚な演技です。CiStは両者の関係がステップごとに変わるような深い表現。SlLiをいいポジションで決めています。DiStはしっかりテンション高く。RoLiはスムーズな回転。重厚です。ダンスリフトは軸が細く回れてます。コレオリフトでフィニッシュ。よくがんばりましたね。プログラムがとても難しいですが、それをしっかり解釈してました。意欲的です。178.81。

シブタニ兄妹が勝った!ついに全米チャンプになりました!!やった!

○最終順位:(チャイナタウン的に)
1. チャイナタウン この街を行けば シブタニ兄妹との想い出が 風のように頬を打つ
2. チャイナタウン 空のポケットに 夢ばかり詰め込んで 生きていたチョック・ベイツさ
3. ポニー・テールは もう切っただろう ハベル・ダナヒュー 泣きながら
4. 幸せならいいけれど カヌーシオ・マクマナス もう一度 お前に会いたい
5. チャイナタウン 若すぎた恋の あの香り 甦る ほろ苦い ハワイエク・ベイカー

悲願の全米チャンプになったシブタニ兄妹。あの曲もなんとも料理しづらい曲でしたが、深い解釈で完全に自分たちのものにしましたね。長いことみてきましたが、ついに全米チャンプ。感慨深いしほんとにうれしいです。よかった。

2位はハベル・ダナヒュー。レベルを取り切れなかったのはありますがいい演技でした。3位はチョック・ベイツ。難しいプログラムをあそこまでがんばれてるのはすばらしいです。そして4位のカヌーシオ・マクマナス、5位のハワイエク・ベイカーの将来性が感じられました。アメリカのアイスダンス結構おもしろくなってきた。今回のプレゼンターのベルビンちゃん・アゴストの時代のようになってくるかも。

今シーズンの虎バンに有能そうなとらまねが就任するそう

鉄平が楽天のジュニアコーチ就任。やっぱり鉄平さんは東北に戻りますよね。新しいお仕事がんばってほしいマイク松ですこんにちは。オリックのこと忘れないで。ちょっとしかおらんかったけど。

さて、関西ではハンシン戦の中継はどこかがやってるのですが、中でも熱心なのがABC。そこにはかなりハンシンをプッシュする番組、虎バンがあります。

虎バンの女性アシスタントはこれまでアナウンサーがつとめていたのですが、いろんな理由でモデルさんを虎のマネージャー、略してとらまね制度を採用しました。しかし関西のハンシンに携わるにはいかんせん知識不足。いつしか多くて3回、少なくて1回しか番組内で話さないというすごい楽な仕事になってしまいました。当サイトではオリック担当になって修行したらという提言をしたりしていました。なんか気になるから、いつの間にかとらまねウォッチャーになってしまったほどでした。毎回何回しゃべったかをチェックするのです。

しかし番組もさすがにもっとからめる人にしようと思ったのか、今シーズンはなんと、えぬえむびい48の人たちを新しいとらまねに起用したようです。うわー。

コメントとかみてても普通に有能そう。むしろ必要以上に話さないように打ち合わせておかないとというレベル。番組の活性化にもつながりそうです。よかったよかった。

さて、将来的に牛バンをやってもらいたいなあと思いながらも現在はケーブルテレビでミニ番組をやってもらっている種いも球団オリック。もちろんアイドルグループがきてくれるはずもなく、いもまねはどうすればいいのでしょうか。びーずがーるずに任せておいたらいいのでしょうか。

もうこうなったらすべて逆転の発想をしてみたらどうかと。球団を取材するのではなく、球団が取材すればいいのです。牛バンはオリックの種いもどもがさまざまなことを取材するのです。カントクにインタビューではなく、フクラカントクが誰かをインタビュー。これならいもまねはいらない。そもそも取材する人のマネジメントがいらないからです。新しい!

  • フクラカントクが他球団のカントクに突撃、アドバイスをもらう
  • ナカジさんが他球団の4番にインタビュー、復調を探る
  • イトイヨシオがレジェンドたちにインタビュー、成長を探る
  • イトウヒカルが企業訪問、マネジメントを教わる
  • カネコチヒロが美容院を訪問、ヘヤーメイクを学ぶ
  • シュンタがじゃがいも農家をお手伝い、発芽を模索する
  • Tさんがカウンセラーを受診、精神の強さを暗中模索
  • アダチが胃腸科に入院、病気を治して退院(5月復帰見込み)

最後は近況報告になりましたが、牛バンは野球以外のスキルがいっぱい身につきそうですね。手に職!

フィギュアスケート全米選手権2016(7):アイスダンスSD

The Coversクレイジーケンバンドがブルーライトヨコハマ歌ってました。なんかわかりませんがとっても好きな歌のマイク松ですこんにちは。

今日は全米選手権のアイスダンスSDです。

フィギュアスケート全米選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は東野さん。

ダニエル・トーマス&ダニエル・イートン。今シーズン組んだばかり。名前は同じですが綴りは違います。「シンデレラ」。動きもいいし笑顔で楽しそうに滑ってますね。パターンダンスはエッジ深くいけてます。YYY。ワルツ部分もいいですね。RoLiはいいキレしてました。57.98。あとでYNYがYYYに変わりました。

全米はパターンダンスの判定もすぐ出てくるのです。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン・ルック・ベイカー。ベイカーはいいひげです。「くるみ割り人形」。ツイズルはよくあってますね。きれいにまわれてます。パターンダンスはスピード出てますね。YNYとYYY。パーシャルステップはもっとスピード上げたい。RoLiでフィニッシュ。63.02。よく動けていたのが評価されてますね。

アメリカのシブタニ兄妹。今度こそ全米勝ちたい。「コッペリア」。パターンダンスではワルツ部分の優雅さをしっかり出せてるし、アスレティックでもある。当然全部YYY。ツイズルは完璧なユニゾンですね。ホールドが自然で無駄がない。パーシャルステップも音楽にすごくフィットしてます。RoLiは片手で上げていくようなすごい上げ方でした。しっかり演技できましたね。全部LV.4でした。74.67。よし。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。ジョジョだ。プロコフィエフ「シンデレラ」。ツイズルはファンキーなポーズでした。おもしろい振り付けです。パーシャルステップは順番がゆっくりに見せますね。しょうがない。パターンダンスはNNY,NYY。RoLiから最後はぐったりしてフィニッシュ。技術が上がっていけばもっとおもしろくみせられるいいカップルになりそう。54.57。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。バレエ「シンデレラ」より。シンデレラ多いな。何が起こっているんだ。ツイズルは両回転でミラーの動き。目立ちますね。パターンダンスはスピードを落とさずにいけてる。NYY,NYY。RoLiは回転が大きくても安定してます。パーシャルステップはよく滑っていてステップに無理矢理感がない。木魚みたいな音楽でおもしろい。しっかり演じられました。63.12。終わって拍手。2位に入れましたね。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。全米チャンプ登場。イル・ディーヴォ「アンチェインド・メロディ」ほか。さすがすぐにいい雰囲気を作ってきますね。パーシャルステップはホールドしててもスピードがある。全然規定感がないですね。音楽が変わってしっかりアジャスト。ツイズルはきっちりシンクロ。ロマンをすごい表現してきます。パターンダンスは表現も忘れずに入れながら技術はばっちり。YYY,YYY。CuLiもアピールするすばらしい形でした。これは強い。75.14。

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。「ハレルヤ」。さらにGPS時から表現を強化してきてる感じ。強弱がある動き。パターンダンスまでにしっかり表現を入れながら、その勢いでパターンダンスも踊ってます。YYY,YYY。ツイズルは動きを大きくみせています。パーシャルステップは振り付けにしっかりなってる。手の動きもきっちり音楽にあわせてるし。CuLiはイーグルで。見事でした。自分の演技できた様子。71.10。ロウゾンの指導が行き届いているようです。

シャーロット・マクスウェル&ライアン・デベロー。「アダムス・ファミリー」より。そういえばワルツなのかこの曲は。パターンダンスは動きはよく考えられてるし音楽表現もいいですね。YYN,NYY。ちょっとスピードを出していきたいところ。ツイズルはキレを出したい。音楽はでもよく表現できてるんですよねー。パーシャルステップは躍動感出てるし、そのままRoLiにつなげました。自分たちの味をしっかり出せてました。51.18。

○SD終わっての順位:(ブルーライトヨコハマ的に)
1. 街の灯りが とてもきれいね チョック・ベイツ ブルーライト・チョック・ベイツ あなたとふたり 幸せよ
2. いつものように 愛の言葉を シブタニ ブルーライト・シブタニ 私にください あなたから
3. 足音だけが ついて来るのよ ハベル・ダナヒュー ブルーライト・ハベル・ダナヒュー やさしいくちづけ もう一度

僅差で3組が並んでますね。特にチョック・ベイツとシブタニ兄妹は0.5点程度。FDでの逆転はあるんでしょうか。

福本さんはなにをどないしようと考えておられたのか

どん兵衛バレンタイン特設サイト。最近日清の広告は攻めてきてるなと思うマイク松ですこんにちは。どんばれンタイン相関図はすごい曼荼羅っぽい。

さて、どんどん攻めていかないといけないのに攻めているのは企画部ばかりのオリック。富井に今シーズンのファンクラブ会員証が届きましたが、勝てる試合を増やさないといけません。そのために今シーズンは球団のレジェンドを臨時コーチとして招聘しています。山田久志さまと福本豊さまです。何か学んでほしいのですが。

そして本日ふくもっさんが宮崎入りしたらしいのです。がんばってほしいのですが、どうも「どないしよう…どないしよう…」とつぶやきながらチーム宿舎に到着したらしいのです。どないしょうもなにも好きなようにしたらいいのに。現にカントクから話を受けるとすぐ明快に答えていました。

ということはどないしょうとかいってたときは、他のことを考えていた可能性大です。それを2人で考えてみました。

<富井の推理>

  • 晩ご飯のメニュー(お好み焼きとか)
  • もててもててこまっちゃう(MMK)
  • どっこいしょの間違い(寄る年波)
  • 真田昌幸が信之に「さっぱりわからん!」と言った時の心境(すがすがしいほどの意見なし)
  • 土内翔という選手がいるという勘違い(あいつ誰やったかな)
  • ドナドナしようの間違い(二軍行きの選手?)
  • ドライにしようの間違い(ビール?)
  • ドバイにしようの間違い(優勝旅行?)

<マイク松の推理>

  • 熱血!タイガース党の仕事(党首)
  • オリックが完封負けしたときのうまいいい方(たこ焼きみたい、とか)
  • アダチの顔を忘れて思い出せない(そもそもキャンプにいないから大丈夫)
  • シュンタは日本語がわからないとだまされている
  • T-岡田のTは何のT?というクイズを出されている(たこ焼きのT?)
  • イトイにカラオケでJSB3rdを歌おうといわれているが、盗塁王なのにランニングマンができない
  • ナカジさんに「福本さん、その指導はないっすわ!さて、なんといわれた?」という大喜利を振られている(ケータイ大喜利的に)
  • どう考えても「優勝できる」という答えに行き着かない

最後のが結構可能性高いなと思うのですが、まあそうおっしゃらずに、少しでも種いもの発芽に力を貸してください。

今日は他のこと書こうと思いましたが、うっかり「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」みてしまいました。複雑な話をよくまとめていました。デロリアンかっこいい。

日本カーリング選手権2016:男子決勝 SC軽井沢.vs.チーム東京

オータニは地球最高の有望株の1人。地球ときたか。もし地球外最高とかを選んだらイトイヨシオとかアダチとかシュンタとかも入るのかもしれないなと思うマイク松ですこんにちは。いも類最高ならほとんどのオリックが。

ずいぶん今日はあたたかい日でしたが、寒いところで熱い戦いを繰り広げるカーリング、今日は男子の決勝です。

日本カーリング選手権、男子決勝。実況は田中さん、解説は小野寺さん。さっきまでLS北見のコーチしていました。もしLS北見が負けたら誰に頼んでたんだろう。

もはや国内では無敵のSC軽井沢は順当に、チーム東京は初優勝を狙います。東京は東大生2人が中心の、国立大卒業のメンバーで構成されてるらしい。

なんか両チームともすごいクレイジーパンツはいてますね。軽井沢は青のチェック、東京はいろんな色でトロピカルでさえある。やっぱり形から入るべくクレイジーパンツにしたんだろうか。

第1エンドはブランクエンド、第2エンドはいきなりチーム東京も中に入れてきました。そこからお互いテイクテイク。後攻の軽井沢が2点パターンになってきたぞ。東京はラストストーンでダブルテイクに成功。神田ナイスショット。最後はスルーでブランクエンドになりました。

第3エンド、東京はまた中に入れてきます。ガードよりもディフェンシブな戦術らしい。軽井沢はヒット&ステイを繰り返してきます。いつの間にか軽井沢のストーンがたまってきた。そこで東京はダブルテイクアウトで応戦。テイクテイクの展開になりますが、最後はドローで軽井沢が2点とりました。

軽井沢は10ゲーム戦ったことが今回ないらしい。すごいな。チーム東京はなかなか全体練習ができないらしいが、しっかり東京間の往復でコミュニケーションしているそう。

第4エンド、軽井沢のストーンがたまってきた。ラストストーンでステイできず、軽井沢が1点スティール。これはもったいない。

第5エンド、センターガードを置いて軽井沢のミスを誘う東京の作戦が成功。慎重に2点パターンを作ってキープし、最後に2点とりました。やりました。

第6エンド、先攻の東京がミスを誘ういいストーン配置。清水も前に当ててしまいました。東京はヒットロールしたいのですがなかなか。両者てきぱきテイクテイクして、最後は軽井沢が1点とらされました。東京はスティールしたかったですが。

第7エンドはブランクエンド、第8エンドはガードをすり抜ける攻防。先に軽井沢がガードにひっかけてしまいました。ガードが前でごちゃごちゃする中、ハウスのナンバーワンをめぐる争い。すばらしいショットの連続です。なかなか真ん中のルートのウエイトがつかめないのが影響してる。軽井沢がスティールのパターンを作って、東京のラストショットがガードにかかってしまいました。軽井沢2点スティール。

第9エンド、両角兄のトリプルテイクアウト炸裂。東京もやむなく1点とりました。

第10エンド、東京もハウスの中に入れてきます。しかし清水のダブルテイクアウトが炸裂。テイクテイクで最後はコンシード。軽井沢 6-3 東京。

軽井沢強かったですが、東京も結構がんばってました。ミスを誘うトラップを戦術的にうまく使ってましたね。もっと強くなりそう。

男女あわせて実況は田中さんでしたが、すごい取材してすごい勉強してました。すばらしい実況でした。カーリングの実況にNHKも力入れてるんですね。ありがたいです。

日本カーリング選手権2016:女子決勝 LS北見.vs.富士急

富井とフォルス・スタート商会社員旅行にいってきたマイク松ですこんにちは。今度は仕事もスポーツも関係ないただの旅行でした。とてもたのしかったです。デジタル・デトックスもかねていたのですが、やっぱりいいもんでした。おすすめです。

さて、日本カーリング選手権がおこなわれてました。まずは女子の決勝です。

日本カーリング選手権、女子決勝。実況は田中さん、解説は市川さん。

北海道銀行が準決勝で敗退するという驚きの結果に。まじか。かわって決勝に来たのは富士急。西室さんと小穴が率いるチーム。普通に出てきたLS北見と決勝を戦います。小穴がすごい大人になってる。LS北見はもともと充実している吉田姉妹と鈴木に加えて、藤澤が加入しました。おやすみ中の本橋も含め、北海道銀行に対抗しうる戦力を備えています。なんだかおもしろくなってきてるぞ。

第1エンドは様子見かと思ったらいきなりガードおいてハウスの中での展開。富士急のストーンがたまってきたので、藤澤はドローで1点とりました。全力で押し通るのかと思ったら。

第2エンドはいきなりサイドガードを置いたりしています。西室さんと小穴も今のところ仲良くやってる。大人になるってすてき。今度は北見のストーンがたまる展開で、スティールに向けてセットアップ。ラストストーンでしっかり1点をとって富士急が同点に。

第3エンドもセンターガードから。アグレッシブな展開ですが、まあ両スキップが両スキップですからね。北見がいい位置にナンバーワンストーンを置いて、4時方向での攻防。1つ前の藤澤のショットはいまいちでしたが、それがビッグチャンスを招いてラストストーンで3点とりました。

第4エンド、またコーナーガードから始まる。そしてどんどんストーンがたまってきた。ナンバーワンどうやって作ろうか。しかし反対側のルートからのストーンが伸びすぎ、富士急は中に入れませんでした。北見が2点スティール。

第5エンド、北見はわりとクリーンな展開に持ち込みます。終盤にスティールの展開を作って、難しいシチュエーションを強います。富士急のラストショットはナンバーワンにならず、北見が1点スティール。どうも曲がりをコントロールできない。

ハーフタイム。わりとみんなゼリー食べてる。

第6エンド、富士急がフリーズショット連発でタイムアウトとりました。ガードをピールする選択。ナンバーワンをめぐってテイクテイクな展開になります。藤澤がトリプルテイクを狙って惜しくもダブル。いい笑顔です。ようやく富士急が2点のチャンス。今度はきっちり決めて2点とりました。やっと。

第7エンド、ガードを作ろうとするところでの攻防からハウスのはじっこでの攻防に。西室さんがしっかり1点スティールの展開を作ったので、ここは北見が1点とりました。

第8エンド、北見はスルーから始めます。富士急はコーナーガードを置いて、北見はテイクテイクの展開。富士急は2点とりました。しっかり点とってきます。

第9エンド、富士急はスティールを狙い、北見はガードをこわしていく展開。富士急は1点とらせる展開にします。北見は1点とりました。でもこの時点での1点はでかい。

第10エンド、北見はテイクテイクで、富士急のストーンが残り4つを切った時点でコンシード。LS北見がついに初優勝しました。

LS北見強かったです。アグレッシブな展開は藤澤にとって望むところ。大事なところでのショットの精度が勝敗を分けた気がします。

LS北見はずっとがんばってきてようやく初優勝。メンバーにとってほんとによかったし、藤澤もよくまた表舞台に戻ってこられた。よく藤澤を連れてきてくれました。ありがとう。そして富士急は2位は立派な成績。西室さんも小穴も決勝を戦えるようになってきてます。まだまだ強くなりそう。

フィギュアスケート全米選手権2016(6):ペアFS

記憶イラストリレー。もとに似せる気がないというのもありますが、やっぱりおもしろかったマイク松ですこんにちは。れんこんがおもしろい。

全米選手権はペアFS。結構上位はいい戦いしてます。全米とるのはとても大きいですからね。

フィギュアスケート全米選手権、ペアFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

ブリアンナ・デ・ラ・モラ&マキシム・クルデュコフ。ベートーヴェン「5つの秘密」。3Sはなんとか降りました。2Twは高さありました。もうすぐ3Twできそう。3SThはツーフットでしたね。2A+2T+SEQですが、うまくつながらなかったです。グループ3リフトはてきぱき。2LoThに次はなりました。なかなかエレメンツがきっちり決まらない。グループ5リフトはスムーズ。リフトは得意。ペアスピンからコレオシークエンス。このへんはよく表現できてる。グループ4リフトはバリエーションもいいですね。Dsは大きくできました。ソロスピンは結構よろよろしてしまいました。まあまだまだうまくなっていくでしょう。130.09。

エリカ・スミス&A.J.ライス。「クレオパトラ」より。スミスがクレオパトラっぽいけどライスは王じゃなく雑兵ぽい。3Sはきっちり成功。いいですね。3Twも高さありました。結構パワーあります。3LoThはツーフット。投げ方が悪かった。グループ5リフトは降ろし方がスムーズじゃなかった。酔拳ぽいポーズから2A+2T+SEQは最初がシングルに。コレオシークエンスはダンスリフト的にスムーズ。CuLiから3LzThは転倒。グループ5リフトは途中からキャリー。Dsは入りが遅いと岡部さん。ソロスピンは見事にずれてましたね。グループ3リフトは大きな実施。ペアスピンでフィニッシュ。ちょっとエレメンツが単調になってしまいましたね。152.18。今のところトップ。

ジェシカ・キャララン&ザック・シドゥ。ニーノ・ロータ「ロミオとジュリエット」。2A+2T+SEQは最初で転倒。3Twはキレありました。3Sはシングルになりました。ジャンプうまくいかないですね。グループ5リフトはいい感じ。Dsもきれいなポジションでいけました。スケートはジャンプだけじゃないからね。ソロスピンは途中できっちりずれてました。ずいぶん離れてるし。グループ5リフトはワンハンドで。3SThは余裕あるジャンプ。決まりました。コレオシークエンスからグループ3リフトはキャリーに。ポジションチェンジもがんばってました。3LzThをここで決めてきました。後半持ち直しましたね。ペアスピンでフィニッシュ。前半からよくリカバーしました。156.77。おっトップに。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。「だったん人の踊り」。いい入り方。雰囲気ある。3S+2A+SEQをきっちり決めてきました。なんかすごいことのように思える。2Twは成功。ツイストは苦手。3Tもしっかり成功。いいぞ。CuLiから3LoThはステップアウト。グループ4リフトは持ち上げきれずリフトになりませんでした。重いのか。Dsで盛り返そう。ソロスピンは途中で合わせました。グループ5リフトはなんとかリフトにしました。なんか上げきらない。ひじが悪いのかも。コレオシークエンスから3SThは転倒。こっちは途中からしんどくなってきましたね。グループ3リフトは途中で降ろしてしまいました。ペアスピンも途中で崩れてしまいました。時間を余らせてフィニッシュ。ファンドはだいぶ怒ってるみたいですが強く生きてください。133.79。

マデリン・アーロン&マックス・セットレイジ。アーロンはアーロンの妹です。「ラ・ボエーム」。3Twはなんとか成功。3Sは手をつきました。グループ4リフトはポジションがいいですね。3LoThはステップアウトのあと転倒。もちこたえたかった。2A+2A+SEQは最初が1A。リバースラッソーリフトは結構短く降ろしてしまいました。重いのかな。Dsはセットレイジがもっとアピールして。3SThは手をつきました。ソロスピンは今までで一番あってました。コレオシークエンスは曲にもあってるしいいと岡部さん。グループ5リフトはずっとワンハンドでした。ペアスピンは両回転。もう少しエレメンツを決めていきたかったですががんばりましたね。157.81。なんとかトップに。

マリッサ・カステリ&マービン・トラン。上を狙おうぜ。ジャーニー・メドレー。3Twは高さ出てました。RoLiをつなぎに入れてます。グループ5リフトは上げ方も難しいしワンハンドでローテしてました。いいぞ。3Sは決まりました。ここを決めれば。2AThという珍しい技。最終的には3Aいくんだろうか。SlLiをはさんでペアスピン。つなぎ重視してますね。3Tは転倒。もったいない。グループ3リフトはカステリがすごい難しいポジション。がんばりますね。グループ5リフトは降ろし方も難しい。3SThは転倒。ソロスピンは途中からきれいにずれました。コレオシークエンスはかっこいい作り。コレオリフトにもっていきます。Dsでフィニッシュ。とても高度な作りのプログラム。ばっちり決められればいいですね。代表に入れるかな。179.04。

アレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」より。4Twはキレもあるしすばらしい。決まりました。3Sもタイミングよく成功。3SThも余裕ありましたがタッチしました。Dsは回転も速い。いい流れできてます。3T+2Tは転倒。決めたかった。グループ4リフトはすべてがスムーズ。CuLiのレベルも高いコレオシークエンスを経て、3LzThは手をつきました。後半はよくないですね。グループ4リフトはしっかり。ソロスピンはよく合わせてました。グループ5リフトは大きな実施。最後はペアスピン。いい表現でした。もうちょっとばっちりな出来で締めたかったですね。196.80。

タラ・ケイン&ダニー・オシェア。逃げ切れるか。「オペラ座の怪人」。3Twはちょっと抱えてしまった。3Sはイーグルから決めました。RoLiから3SThは成功。グループ4リフトは降ろし方がきれいでした。いい流れできてる。2A+2A+SEQを決めました!ソロジャンプきめてきてますね。SlLiを含めたコレオシークエンス。CuLiもいい。つなぎ重視してます。難しい入りから3LzThを決めてジャンプそろえましたね!Dsからソロスピン。きっちりずれてますね。グループ4リフトは大きなローテ。そしてグループ5リフトはイーグルで降ろす技。ペアスピンまできっちり演じました。すばらしい!がんばりました!今日一番の出来。211.65。勝ちました。すごい喜んでる。ケインまた泣いてる。

○最終順位:(青いスタスィオン的に)
1. ケインだけをそっと着替えて オシェアの夢を探して
2. 細く光る銀のシメカに クリエリムの青さが映ってる
3. 流れるカステリ トランの後を ずっとついて行きたかった
4. 抱きしめてくれたけど アーロンはふいにセットレイジの腕から逃げた

ケイン・オシェアが優勝。ほとんどクリーンプログラムがなかったペアでしたが、納得の出来でした。2位はシメカ・クリエリム。まずまずの演技でしたが、技術はあるので期待。カステリ・トランは3位。でもここまで上がってきてます。あせらずちょっとずつですね。アーロン・セットレイジはピューターを励みにがんばろう。

フィギュアスケート全米選手権2016(5):ペアSP

明日から松山に行ってきます。マイク松ですこんにちは。ブラタモリも松山にきてくれたし、昔はわからなかったよさげなところにいってきたいです。デジタル・デトックスもかねて。

その前に全米選手権。今日はペアSPです。

フィギュアスケート全米選手権、ペアSP。実況は小林さん、解説は岡部さん。

デニー&フレイザーはけがで欠場だそう。おだいじに。

マリッサ・カステリ&マービン・トラン。トランでてきましたね。結構体を鍛えてきてる。「サマータイム」。3Twから。しっかり成功。ソロジャンプは3Sですがカステリがダブルに。3SThはばっちり。いいジャンプでした。グループ4リフトは実施がスムーズ。トランのホールドも安定してます。ペアスピンは回転速いですね。両回転。ステップでもあまりカステリは調子がよくないみたい。コレオリフトからDsでフィニッシュ。無難にいけました。トラン元気そうで何より。64.12。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。今シーズンからのペア。「グラヴィティ」。3Sは決まりました。タイミングもあってた。3LoThもいい流れです。入りがいいですね。ここで2Tw。あんまりTwは得意じゃないみたいですね。ステップはもっとユニゾンがあればいいと岡部さん。グループ4リフトはがんばってました。Dsはシンプル。ペアスピンはしっかりいろんなポジションでできました。組んだばかりにしてはよくできてるところもありましたね。54.20。

ブリアンナ・デ・ラ・モラ&マキシム・クルデュコフ。「クライ・ミー・ア・リヴァー」。3Sはデ・ラ・モラがステップアウト。2Twはしっかり。3SThはしっかり降りました。グループ4リフトは大きな実施。クルデュコフはがんばってホールドしてますね。Dsからペアスピン。キャメルポジションがきれい。ステップはがんばってあわせようとしてました。そのままフィニッシュ。シンプルなプログラムをよく演じました。45.04。

ジェシカ・キャララン&ザック・シドゥ。3Sはダブル。3Twはうまくいきましたね。ペアスピンは回転速くいけてます。いいぞ。グループ4リフトは降ろし方に工夫。Dsで転倒してしまいました。これは珍しい。初めて見た。ステップはよくユニゾンとれてますね。3LzThを決めてフィニッシュ。うーんDsの転倒がなければ。もったいない。50.53。2人とも転倒してるから2点減点なのか。

マデリン・アーロン&マックス・セットレイジ。エディット・ピアフ「愛の讃歌」。3Twはまずまず。3Sはセットレイジが転倒。これは回転速くキープできてます。3LoThはきっちり。グループ4リフトはもっとスピードをキープしたかった。ステップをみても、セットレイジがもっとがんばらないと。Dsはとても効果的に入ってました。2010年からということでわりとキャリア長いんですね。57.47。

まだカステリ・トランがトップ。

アレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。もうすぐ挙式だそうです。メタリカ「ナッシング・エルス・マタース」。最初にDsから。クリエリムのしっかりしたホールド。3Twは高さ出てました。ダイナミックですね。3Sはクリエリムがスライディングタックルみたいに。グループ4リフトは大きな実施。てきぱきしてます。3LzThを決めてきました。スムーズ。そしてステップはユニゾンとそうでないところのメリハリ。ペアスピンでフィニッシュ。最後は回転速かったです。転倒はありましたがさすがいい演技できました。レベルがぐんと上がった。67.35。

エリカ・スミス&A.J.ライス。27/24なのに組んだばかりです。スミスは4年ぶりに戻ってきたらしい。「バーレスク」より。3Sはライスがダブルに。3Twは高さ出せてました。3Loはまずまず。ペアスピンはいいポジション。4年ぶりでもがんばってますね。グループ4リフトは降ろし方が工夫。ステップの入り方もいいしユニゾンもある。いいステップです。Dsでフィニッシュ。結構いい演技になりましたね。戻ってきてよかった。51.09。

タラ・ケイン&ダニー・オシェア。衣装も色合わせてます。「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」。新しいプログラムで挑みます。これが初披露らしい。Dsからスタート。いい出来。3Twはちょっとかついでしまいました。3Sはしっかり成功。つなぎ部分のステップが難しい。そこから3LzThにつなげました。グッド。ステップはしっかりユニゾン。アイスダンスみたい。グループ4リフトは両回転してました。ペアスピンでフィニッシュ。いい出来でした。目立ったミスなし。それが何より。69.61。ケイン泣いてるわ。

○SP終わっての順位:(青いスタスィオン的に)
1. 夏の前の淡いケインが 駅のオシェアにこぼれてる
2. シメカは今都会へ向う 地図を持たないクリエリムね
3. カステリの頃に見た 小さなトランが忘れられない

ケイン・オシェアがトップにきました。もうちょっとぴりっとしてほしかったですが、大きなミスなくいけました。トップを守れるでしょうか。シメカ・クリエリムは2位。がんばってトップにいきたい。カステリ・トランは3位。結構よくなってきてるんですね。カステリがんばれ。

オリックスのキャンプは通常営業の模様

オリックスからヤクルトへ行った坂口が「練習量が多いので、体が若返ってきた感じ。キャンプ後に29歳、シーズン終了時で26歳くらいになっているといい」という謎の発言をしていましたが、なんだか活躍しそうな予感がする富井です。

さて、われらがオリックス。去年は宮崎キャンプ初年&前年パリーグ2位&いつもはこないFA選手がわんさか…ということで宮古島キャンプでは考えられないぐらいのたくさんのお客さんが押し寄せたそうですが、今年は控えめのようです。補強も控えめ。話題も露出も控えめという通常営業に戻った模様ですよ。

たまにちょっと大きなニュースが出るかと思えば、「吉田正、2日で2軍落ち」とか「T-岡田に福良監督失望」など景気の悪いニュースばかり。ま、T-岡田に冷たくあたるというのは森脇監督から続くツンデレ路線なんでしょう。ヤクルトでいえば畠山みたいな存在なのかな。と、いいように考えています。

その他の大きなニュースといえば、「B’s Girls」メンバー8人、入れ替わり阿斗里と育成契約、それからこれを忘れてはいけません、安達が退院(おめでとう!)。安達は開幕に間に合わないので新人やらなかじさんやらが試されるらしいです。・・・安達には早く帰ってきて欲しいです。

まあ、そんなこんなで目立たないオリックス。目立つとろくなことはないので、目立たないぐらいでちょうどいいんですが、目立たないから強いということはないのがオリックスなので、今年も4位ぐらいを期待しています。

フィギュアスケート全米選手権2016(4):女子シングルFS

BS3のドラマ「わたしのウチには、なんにもない。」みたマイク松ですこんにちは。おもしろかったです。片付けたくなります。やりませんが。

今日は全米選手権の女子シングルFSです。

フィギュアスケート全米選手権、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は中庭さん。

時間の関係でグループ3からみました。1,2でおもしろい選手がいたら教えて下さい。

コートニー・ヒックス。青い衣装です。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」より。3F+2Tは3-3の予定でした。もったいない。ジャンプのパワーはありますね。3Lz+1Lo+3Sはサルコウで転倒。ルッツでだいぶ体勢を崩してしまいました。キャメルスピンで落ち着こうぜ。そしてステップにいきますが、なんでもないステップで手をついてしまいました。どこか痛めてるのかも。3Lz+1Tにまたなりました。ジャンプがもうちょっと決まってほしい。3Loはいけました。2Aからコンビネーションスピン。これは安定してましたね。3F、2Aと決めました。後半少し落ち着いてきたか。コレオシークエンスはバレエジャンプも高い。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプが不調でしたが、後半はいい演技になりましたね。キスクラでファンキーな振り付け師が後ろに立ってました。168.04。

カレン・チェン。今成長期にありますね。みるたびに大きくなってきてる。「レ・ミゼラブル」セレクション。3Lzはいい感じ。3Fは転倒。タイミングあわなかった。キャメルスピンからステップ。スケートはよくすべってますね。もっと表現力はのびていきそう。表情がよくつけられるんですよね。2A+3Tはいいジャンプでした。流れもあった。コンビネーションスピンもてきぱき。スパイラルがいいですね。3Lz+2T、3Loと調子に乗ってきました。と思ったら3連続ジャンプが途中で終わってしまいました。3S+2T+2Tでコンビネーションをリカバー。あれ?でもさっきのコンビネーションカウントされたら…ああやっぱりノーカウントでした。うーん。レイバックスピンでフィニッシュ。でも全体的にはいい演技になりました。168.75。ぎりぎりかわしました。

アンジェラ・ワン。結構昔からやってる感じしますがまだ19歳です。「アランフェス協奏曲」。最初に手あげの3Loから。3Lzは転倒。途中で降りてきてしまいました。3Fはステップアウト。今日もあんまり氷がよくないのかも。コンビネーションスピンは安定してます。ステップはワンにしてはちょっと簡単かも。と思ったらステップの終わりで転倒してしまいました。3T+2A+SEQ、3Lo+2T、3S、2A+2Tと短い間にぽんぽん連続して決めています。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。もったいない転倒がありました。163.17。

ブレイディ・テネル。この全米でアピールしたいですね。「タンゴ・イン・エボニー」。3Lz+3Tを最初に決めてきました。いいぞ。2A+3Tも成功。いい流れでキャメルスピン。3Loも決めました。回転のキレがいいですね。コンビネーションスピンは最後ビールマンにいってますね。意欲的です。3Fから後半。3Lz+2Tは間にターンが入りました。イーグルからの2Aは成功。コレオシークエンスはだいぶ疲れてきましたね。もうちょい。3Sからステップ。がんばれがんばれ。最後の力でコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました!会心の演技でしょう。181.33。やりましたね!

ハンナ・ミラー。プッチーニの曲。3T+1Lo+3Sから入りました。いいジャンプ。2A+3Tと決めてきます。いい出だし。3Lzもきっちり。この調子でいきたいですね。キャメルスピンは加速。レイバックスピンはビールマンまでもってきました。質が高いですね。そして表現の部分もしっかりがんばってる。イーグルからの3F+2Tをしっかり成功。3Loも決まってますね。今日はジャンプが安定してます。この調子キープやで。ステップはしっかり笑顔作りながらもよく体が動いてます。中庭さんも感心。これがミラーの力ですね。3Fはツーフットでした。コレオシークエンスはまだ高いバレエジャンプ跳べてる。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。これもすばらしい演技でした!しばらくうまくいかなかったですが、今日はばっちりでしたね。174.42。あれー?もうちょい出てもよかったのに。

フランチェスカ・キエラ。「アット・ラスト」。そんな感じの赤い衣装。3Fはコンビネーションの予定だったと思いますが単独。3Lzは転倒。踏んばりきれませんでした。3Loはシングルに。ちょっとスピンで落ち着こう。ステップはよく体が動いてると思ったらどこかでつまづいて転倒。あそこなんかあるんちゃうか。3Lzは成功も3Fは転倒。ちょっと流れに乗れないですね。レイバックスピンから3Tは前向きに降りました。2A+2A+SEQはようやく成功。シットスピンからコレオシークエンスでフィニッシュ。今日はよくなかったですね。元気出せ。140.38。

最終グループ。

マライア・ベル。「7月4日に生まれて」より。マライア大きくなりましたね。3F+2Tから。いいジャンプです。2Aは転倒してしまいました。結構痛そうだったけど大丈夫か。3Loは決まりました。ステップは中庭さんも繊細な表現力をほめています。大きくリンクを使ってますね。レイバックスピンはポジションがきれい。手の表現力も足の長さもあります。3Lz+2T+2Tを決めてコンビネーションスピン。ってうわー!さっき2T3回目だったわ。ほんとにあのルールあかん。3Lz、3Fと跳んできますがあのビッグジャンプがノーカウントとは。コレオシークエンスから2A+2Tってまた2T跳んでるやーん!計算ができない子だったか。160.03。しっかり点が入ってたらすばらしい表現力でいい演技だったのに。ドリルやろう。

アシュリー・ワグナー。がんばれワグナー。「ムーラン・ルージュ」より。素晴らしいスピードです。2Aから決めてしっかり盛り上げます。3F+3Tをきっちり成功!いいぞ。2A+2Tからシットスピン。このポジションいいですね。コンビネーションスピンにつなげます。相変わらず後半にジャンプ残しています。3Lo+1Lo+3Sから後半。ジャンプのキレがいいですね。3Fも3Loも流れがあるし、音楽にばっちり寄り添う感情表現がすばらしい。ステップは一度止まってしまう表現。最後の3Lzはシングルになってしまいました。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。最後のルッツは気合い入り過ぎましたが、演技はばっちりでした。197.88。

ミライ・ナガス。「グレート・ギャツビー」より。3F+3Tから入りました。パワーありますね。3Lzもしっかり流れあり。いいスピードから3Sを決めてます。キャメルスピンもしっかり。音楽変わってコレオシークエンスをここにもってきます。スパイラルいいですね。2A+2Tから後半。3Loもきっちり。今日はジャンプよさそうですね。3Lo+2T、2Aと安定感あります。すばらしい。コンビネーションスピンでフィニッシュとみせかけてまだまだ。曲が変わってステップ。しっかり踊ろうぜ。観客も声援で後押し。だいぶ疲れてますががんばれ。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。よっしゃー!すばらしいです!今のベストは尽くせましたね。188.84。やったやった。

タイラー・ピアース。「死の舞踏」。3Lz+3Tから入りました。踏み切りが力強かったです。うまく上への力に変えてる。3Fは転倒。これは高さが足りなかったですね。2Aを流れよくきめてコンビネーションスピン。つなぎ部分ではわりと笑顔で。コレオシークエンスはいいスパイラルも。3Lzから後半。結構ジャンプ残してます。2A+3Tを決めてきました。結構ジャンプ力ありますね。3Loもぐわっと上に上がります。シットスピンから3S+2T+2Loを決めてきました。そしてステップ。まだまだ体力ありますね。よく動いてる。コンビネーションスピンから最後はI字スピンでフィニッシュ。いい演技!SP3位はまぐれじゃないんですね。やりました。キスクラでもすごい喜んでますね。188.50。おーぎりぎり3位。

ポリーナ・エドモンズ。トップ守れるか。「風と共に去りぬ」より。最初3Lz+3Tからきっちり成功。そしてステップ。よく表現できてますね。このへんが成長してるところ。3F+1Lo+3Sを成功。入りも工夫ありました。コンビネーションスピンはいろんなポジションでがんばって回ってます。3Loも安定。キャメルスピンは加速してましたね。3Fをここで決めて、2A、3Lo+2Tをなんとか決めました。レイバックスピンは手足の長さをいかすところ。2Aからコレオシークエンス。大きなスパイラル。勝利のコレオシークエンスですね。最後も決めました。大舞台で安定感ある演技みせてくれましたね。207.51。

グレイシー・ゴールド。ストラヴィンスキー「火の鳥」。スピードありますねー。3Lz+3Tを成功!レベル高いです。3Loもキレありますね。ステップも音楽に乗って躍動感を十分に表現してます。ステップ感の移動も速い。2Aからキャメルスピン。加速しています。ここまではとてもいい出来。2A+3T+2Tを後半で決めてきました。勝負かけてますね。3F+2Tも成功。スパイラルからの3Lzも決めました。コレオシークエンスもスピードが落ちてない。大きなスパイラルにつ投げてます。3Sを決めてレイバックスピン。これも速い!最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。うわー!ノーミスで完璧な演技!うわー!きたきた!なんという気持ちの強さ。210.46!逆転優勝です!キャロルおじいちゃんも喜んでいます。

○最終順位:(DESIRE的に)
1. Get Up,Get Up Get Up,Get Up グレイシー・ゴールド
2. やり切れない程 退屈な時があるわ ポリーナ・エドモンズと居ても
3. 喋るぐらいなら踊っていたいの 今は 硝子のアシュリー・ワグナー
4. そうみんなミライ・ナガスね 汗が羽のかわりに飛んでる
5. 何にこだわればいいの 愛の見えない時代のタイラー・ピアースね
6. まっさかさまに堕ちて ブレイディ・テネル

すごい逆転劇でした。おもしろかった。

エドモンズが安定感ある演技でトップに立って、もう逆転は難しい、というかノーミス以上が必要でした。それをゴールドがやってくれました。やっぱり演技のスピードってほんとに重要なんですね。エドモンズがいい演技したからこそできたのかも。

いつも通りワグナーもとてもよかったし、ミライが4位でピューターもらえたのもうれしかったです。ピアースとテネルはこれからのアメリカを背負っていきそうな存在。おねえさんたちに追いつくようがんばってほしいです。

第50回スーパーボウル DEN .vs. CAR

今日は会議やら会議やら会議やら、はたまた会議やらで全然家に帰れなかったマイク松ですこんにちは。うっかり結果を知らないように、もう今日は携帯をみないようにしていました。

ということでスーパーボウルみます!どっちが勝つのか。

第50回スーパーボウル、DEN.vs. CAR。実況は曽根さん、解説は河口さん。

最初に歴代スーパーボウルMVPが集まってきました。これは熱い。すごい感激しました。ワーナーが出てきたときとか。

国歌斉唱はレディ・ガガ。めちゃくちゃうまかったです。

DENオフェンス。予想に反してパスパスで攻めます。よく通ってる。レッドゾーン手前でランもよく出てます。レッドゾーンに入りますが、ここからCARオフェンスがしっかり止めました。FGは決まってDEN先制。

CARオフェンス。パスは通りましたが、しっかりキャッチした時点で止められてわずかに届かずパント。

DENオフェンス。今度は3rdダウンをきっちり止めてパントに。

CARオフェンス。3rd&ロングで盆ミラーがサック&ファンブルフォース!ジャクソンがエンドゾーンでおさえてTD!うわー!ビッグプレー出ました!その前にパスが通っていたのにチャレンジで認められませんでした。あれが響いた。

ふたたびCARオフェンス。パスがどうも浮いて通らない。そこにまたプレッシャーが届いてサック!パントかと思いましたが、トーンティングで1stダウンをもらいました。これで落ち着いていきたい。しかしそのあとも止められてパント。

DENオフェンス。キークリーがブリッツからおでこをサック!パントにしました。

CARオフェンスはいいポジションから。今度はパスがよく決まる。よく投げ分けてます。ブラウンのランアフターキャッチで1st&goal。そしてスチュワートのダイブでTD!やっとCAR得点。これは大きい。

DENオフェンス。おでこがサックをくらって下がります。あとはパスをしっかり守られてパント。キークリーのディフェンスがのってきてる。

CARオフェンス。しっかり守られてパント。攻撃が両チームとも落ち着いてきました。そしてPRノーウッドがギャンブル的なリターンで大きく伸ばしました!

DENオフェンスはレッドゾーンから。ちょっとずつ進みますが、4th&1でホールディングで罰退したのでFGになりました。

CARオフェンス。いいニュートンのランが出て前進しますが、トルバートがファンブルロスト!トレベイサンのタックルが効きました。

DENオフェンス。アンダーソンのランがよく出ました!タックルされてもしっかり走ってゲイン。しかしマニングのパスをアーリーがINT!片手で止めました!

CARオフェンス。パスをしっかり守られてパント。でも押し返しました。

CARオフェンスは2ミニッツ。少しでもFGを狙おうとしますが、最後はウェアがサックして前半終了。DEN 13-7 CAR。DENペースですね。

ハーフタイムショーはコールドプレイ。ライブはよかったですが、なにしろブルーノ・マーズがよすぎました。スーパーボウルはこうやって盛り上げるんやでという強さを感じましたね。

後半、CARオフェンス。テッド・ギンのいいキャッチで前進しますが、44ydsFGをはずしてしまいました。痛い。

DENオフェンス。いいパスが通って前進。そこからは守られますがFGは決めました。

CARオフェンス。ブラウンに通してロングゲイン。しかしレッドゾーン前でトレベイサンがINT!そのあとまたファンブルしましたが結局DENがおさえました。うーん。

DENオフェンス。おでこがサックされパント。無理しません。

CARオフェンス。すごいプレッシャーがかかってニュートンがサックされパント。盆ミラーがすごい。すごい。

DENオフェンス。CARのアンスポーツマンライクコンダクトで前進。何やってるの。しかしディフェンスがおでこにファンブルフォース!CARリカバー!ディフェンスはまだまだがんばってる!

CARオフェンス。いいポジションからランパスで前進。レッドゾーンに入りました。しかしパスがそこから通らず。今度はFG決めました。

DENオフェンス。パント。

CARオフェンス。すごい勢いでディフェンスが迫ってくる。よく守ってます。パント。

DENオフェンス。これもパント。時間は使ってます。

CARオフェンス。盆ミラーがものすごいプレッシャーでボールをかき出して、DENリカバー!すごいディフェンス!

DENオフェンスはもう1st&goal。CAR守ったかと思ったらホールディングで1stダウン。そしてアンダーソンがTDランとりました!オフェンスみんなでとったランTDですね!2ptにいって今度はタウラーへのパスでとりました。これで14点差。

CARオフェンス。ウェアがサック!全然ニュートンにプレーをさせません。投げ捨てるのが精一杯。

DENオフェンス。時間を使ってパント。

CARオフェンスは時間がなく試合終了。CAR 10-24 DEN。MVPは盆ミラーでした!納得。

きっちりDENディフェンスがCARを封じてしまいましたねー。

DENはおでこは13/23,141yds,1INT,1FLとよくはなかったのですが、試合は作れました。このへんがキャリアの差か。オフェンスでよかったのはアンダーソン。23att,90yds,1TD。最後のTDは熱かったです。もちろん勝利の立役者はディフェンス。7sck,1INT,4FFですからね。プレッシャーを常に与え続けて、CARに流れを渡しませんでした。

CARはニュートンが18/41,265yds,1INT,2FL+6att,45yds。さっぱりでした。スチュワートも12att,29yds,1TDとランで試合を作れず。レシーブはブラウンとテッド・ギンががんばってました。ディフェンスは5sck,1INT,2FFと途中までは互角の戦いをみせていました。最初のオフェンスのパスが通っていたら(チャレンジでひっくり返った)また流れも変わったかも。

おでこは絶好調なときはどんどん自分でプレーを進めていき、それはそれは憎たらしかったものですが、それでもスーパーボウルは1回しか勝てませんでした。今回はおせじにもオフェンスを牽引したとはいえない出来でしたが、仲間のおかげでスーパーボウルを勝てました。不思議なものです。

ニュートンはだいぶ落ち込んでいると思いますが、よくがんばりました。相手が悪かった。来シーズンもいいプレーみせてほしいです。

ハーフタイムショーはとにかくブルーノ・マーズがすべてもっていった感じ。何度もみてます。

こうやって盛り上がっているうちに今シーズンのNFLは終わります。まじか。実感ないわ。

オリックのチェックユニがMLBで注目される

真田丸みたマイク松ですこんにちは。伊賀越えは家康三大危機の1つにしては、三方ヶ原に比べると危機が足りないなと思っていましたが、今日の伊賀越えは最高でした。ギリギリ感はんぱなかった。

さて、ギリギリ感はんぱない球団といえばわれらが種いも球団オリック。発芽できるかどうかがギリギリなんですが、有能なオリック企画部の企画によって、球団でいられるかどうかもギリギリなところです。そんなギリギリ度がなんと、MLBによって取り上げられました。グローバルゥ!日本のマスコミは気づかなかったかスルーしていたのに!

オリの斬新チェック柄ユニが米国でも話題

今シーズンのおりひめ&おりたちデーで着るユニは、野球界の常識を激しく突き抜けるチェック柄なのですが、あ、この厳然たる事実知らなかったオリックファンの方はファンをやめないでいただきたいですが、それがMLBで取り上げられました。まあ平たくいうといじられているのですが、シーズンが始まる前に世界を驚かせてしまいましたね。ショック・ザ・ワールド!

どうもMLBではもっと激しい柄のユニがこれからでてくるかもとした上で、オリックの今年のがんばりを促しています。

「種いもどもに関していえば、いもどもはこのユニフォームが去年の61勝80敗のまったく残念なシーズンからの復活を助けることを願っている。どうあろうと、多くの人が着れば、チェック模様にはある種の改革性があるはずだ、ね?」

ちょっとわかりづらいですが、要はもっとチェックユニを着る人を増やして革命を起こせという理解でいいでしょうか。あれだ、オリックチェッカーズ作戦だ。チェックユニのときにチェッカーズを呼ぼう。ファンの人は試合を見に行くときは、チェックユニか、チェックの服か、チェッカーズのコスプレをしていくようにしたらいいのかもしれません。革命が起きるかどうかはわかりませんが。

チェック種いもの子守歌 (もとねた 歌詞)

ちっちゃな頃から種いもで
4月で絶望といわれたよ
助っ人みたいの雇っては
使う先から傷ついた

あーわかってくれとはいわないが
そんなにアダチが悪いのか
ララバイララバイ最下位よ
チェック種いもの子守歌

喜んだオーナーとみんなして
優勝しようと決めたのさ
開幕早々つかまって
力まかせに負かされた

あーわかってくれとはいわないが
そんなにシュンタが悪いのか
ララバイララバイ最下位よ
チェック種いもの子守歌

カントクが不振で休養さ
とってもいいやつだったのに
ヘッドコーチが代行に
モリワキアバヨと泣いたのさ

あーわかってくれとはいわないが
そんなにTさんが悪いのか
ララバイララバイ最下位よ
チェック種いもの子守歌

フィギュアスケート全米選手権2016(3):女子シングルSP

最近コーヒーが体にいいということで飲んでいるマイク松ですこんにちは。もともと飲んでいたのですが、体にいいと思って飲むと気分がいいです。先ほどまでなんか眠気がとれないなと思っていたら、カフェインレス飲んでました。それは無理ですね。

さて、今日は録画失敗で遅れていた全米選手権、女子シングルSPです。

フィギュアスケート全米選手権、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は中庭さん。

エイブリー・カーツ。ビートルズ「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」。リーゼントぽいヘヤーです。結構いいスピード出てる。3Lz+2Tは決まりました。ステップからの3Fは転倒。だいぶ傾いてました。シットスピンは表現を意識してますね。結構手の動きが印象的。2Aはシングルに。レイバックスピンはシンプル。ステップは中庭さんもいうようにちょっと簡単ですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これから自分だけの武器を身につけていくでしょう。41.27。

カーリー・ゴールド。なんとグレイシー・ゴールドの双子の妹だそうです。でもあんまり雰囲気は似てない。リスト「ハンガリー狂詩曲」。いきなり2Aを成功。結構体はできてる感じです。3S+2Loはジャンプはよかったけど回転足りてたかな。3Loはシングルに。レイバックスピンは加速してます。シットスピンはいいポジションだし、イーグルやイナバウアーもきれいにいってます。ステップは体は動いてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。スピンはうまいですね。もっと全体的にスピードをつけていかないとですね。姉が活躍してて少々複雑だったそうで、これでがんばれそうです。42.41。

マリア・ヤン。「タイスの瞑想曲」。いいステップからスタート。3Fは転倒。スピードが足りなかったですね。3Lz+1Tはファーストでバランス崩しました。ステーショナルスピンはもう少し安定させたい。スパイラルからの2Aはいけました。コンビネーションスピンは回転が速いですね。ステップはよく動いてます。レイバックスピンはビールマンまで安定してました。ジャンプ決めておきたかったですねー。36.34。

クリスティーナ・クリーブランド。「ロンリー・ハート」。3Lz+2Tはいけましたが、3Fは豪快に転倒。スピードが足りてないんですね。シットスピンはてきぱきも、ステップがまたスピードが足りてない。コンビネーションスピンはいいポジションでした。形はよくできてるんですね。2Aは決めました。レイバックスピンもポジションはよかったです。手足の長さをいかすスピードが出ればいいんですが。41.49。

マライア・ベル。今年は予選パスでした。「ストーム・クライ」。3Lz+3Tはセカンドで転倒。いいジャンプだったんですが。レイバックスピンは軸ばっちりでした。ステップからのシットスピンは工夫がありますね。3Fは流れよく成功。2Aはいけました。すぐステップに入ります。曲もよく聴いてるし、体がとてもよく動いていて見応えあります。コンビネーションスピンでフィニッシュ。コンビネーションは失敗しましたが演技のレベルは高かったです。58.85。

第2グループ。

コートニー・ヒックス。「フィーリング・ビギンズ」。最初から力強さをアピール。3F+3Tは高さありましたが、セカンドで転倒。跳んでおきたかった。レイバックスピンはまずまず、キャメルスピンももうちょっとポジションの美しさが増してくれるといいのに。3Lzも転倒。今日は緊張してるのか2転倒。2Aはいけました。ステップはエッジが深くていい滑り。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いいスピンでした。うーん2転倒はうまくないですね。54.93。

ハイディ・マンガー。「ザ・ウィンター・テイクス・イット・オール」。いいメリハリの効いた動きから。2Lz+2Tになってしまいました。次も2F。ジャンプは苦手みたいですね。シズニーの系譜なのか。シットスピンはやはりキレあります。2Aは決まりました。やっとジャンプ決まった。コンビネーションスピンはもっと回転速度がほしい。ステップは構成にメリハリもあるしチェンジオブペースがうまくつけられる。そして雄大なイーグルもできます。レイバックスピンは軸ばっちりでいいポジションでした。ジャンプを鍛えれば結構戦える選手かも。41.48。

フランチェスカ・キエラ。「ニャー」。滑りにキレありますね。スピードにのって3F+2Tはセカンドで手上げ。いい滑りですよ。2Aは流れよく成功。今のところいい感じです。コンビネーションスピンは安定しています。3Lzはステップからの流れもスムーズでした。ジャンプそろいましたね。レイバックスピンからステップ。これも力強い動き。少し疲れてきたか。シットスピンでフィニッシュ。いい滑りできましたね。57.94。

アレクシス・ギャグナン。「エレファント・ウォーク」。最初にステップをもってきています。結構ゆかいな動きも入れたりして、表現力があります。シットスピンはてきぱきと回ります。2Aはきっちり。1T+1Tになってしまったコンビネーションスピン。点が入らない。レイバックスピンはよく回ってます。3Sはツーフット。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプがうまく入りませんでした。もう少し成功確率を上げたいです。33.24。笑うしかないなー。

ミライ・ナガス。「デモンズ」。3F+2Tは3-3の予定ではありましたが自重。キャメルスピンはやはりキャリアがものをいう出来。3Loはきっちり成功。ベテランの出来。コンビネーションスピンは自由に作っていきました。2Aも安定してる。さすがです。スパイラルを入れたりしてつなぎを充実させてステップへ。ちょっと疲れてきましたがスピードの分は表現でカバー。レイバックスピンもしっかり安定してました。ベテランの力を見せた感じですね。59.64。

第3グループ。

カレン・チェン。まゆげですが昨年の銅メダリスト。「トゥーランドット」。よくスピードが出てます。3Lzは転倒。勢いはありました。キャメルスピンもスムーズに回ってますね。ここでステップ。曲にあわせながらも片足で長い間滑ってます。3Loは回って降りていましたが転倒。もったいない。2Aは勢いありました。スパイラルは雄大で表現力あります。コンビネーションスピンは回転速かった。レイバックスピンでフィニッシュ。今日はジャンプ決まりませんでしたね。54.86。3Loは回転が足りなかったみたいですね。

アレクシー・ミエスコスキー。赤いです。結構充実した下半身ですね。3Loは転倒。上がりきってないですね。3T+2Tは決まりました。キャメルスピンはもう少しレベル上げたい。レイバックスピンはまずまず。ステップはリンクを広く使って動いてますね。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。最初の転倒を引きずりませんでした。初の全米はいい記念になったか。41.63。

タイラー・ピアース。きれいな衣装です。青がよく似合う。「ヴォイス・フロム・ザ・フォレスト」。丁寧なエッジワークでスタート。3T+3Tを跳んできました。いいですね。ステップからの2Aもしっかりリカバー。レイバックスピンは安定した回転軸。つなぎの部分も意識して作ってますね。3Loも成功。キャメルスピンはもう少しレベルをあげていきたい。ステップはがんばって動いてます。まだ体力はもちそう。コンビネーションスピンでフィニッシュ。多様なポジションでまわれましたね。62.45。やっと60点越えがでてきました。

ブレイディ・テネル。全米ジュニア「ザ・ストーム」。てきぱきした導入。ジャンプ跳びそうな雰囲気です。3Lz+3Tをなんとか成功。3Fは壁に当たりましたが成功はしてますね。みんなびっくり。シットスピンからステップへ。アスリート能力が高くて持久力もある。2Aはきっちり。レイバックスピンも回転が速くてポジションがよかったです。コンビネーションスピンも1つ1つのポジションをしっかり回ってました。これはいい演技でした。グッドグッド。58.26。

アシュリー・ケイン。「スキニー・ラブ」。シードかと思ったら予選通ってるんですね。3Lzはゆっくり転倒。3Loはステップアウト。シットスピンからコンビネーションスピンとスピンをつなげてきます。ここはスムーズ。2Aは成功。レイバックスピンは回転速くいけました。ステップは上下の動きもあるし躍動感もありました。このままフィニッシュ。48.35。ジャンプが点にならなかったのはしんどかった。

エレーナ・プルキネン。ピアノ・ガイズ「カンフー・ピアノ」。いい曲選んでますね。ゆったりした入りからレイバックスピンで始めました。曲によくあったきれいなスピン。続いてステップ。メリハリも効いてるしゆったりしてると思ったら曲の雰囲気がカンフーっぽくなってきて力強くなります。3Tは回転が足りてたか。シットスピンもいいポジション。次は1S+2Tになってしまいました。ジャンプ決まりません。2Aは成功。コンビネーションスピンでフィニッシュ。なかなか表現力があっていい選手ぽい。ジャンプさえ決まれば上にいけそうです。がんばってほしい。38.22。

最終グループ。

アンジェラ・ワン。「ペイント・イット・ブラック」。3T+3Tはなんとか成功。ぎりぎりでもしっかりチャレンジしました。3Loは両手あげで決めました。毎回このプログラムのような気がするからか、滑り慣れてますね。レイバックスピンは安定。キャメルスピンもとても回転が速いです。2Aもしっかり決めてジャンプそろえました。ステップはリンクを大きく使って、曲にうまくフィットさせようとしていますね。最後のコンビネーションスピンからきっちりフィニッシュ。演技にまとまりがありましたね。滑り込んでるだけある。55.23。おーブラッドレイがコーチに入ってるのか。

ポリーナ・エドモンズ。ベートーヴェン「月光」。気合いが入ってますね。3Lz+3Tをきっちり成功。やっぱ少しレベルが違いますね。3Fもステップから安定して決めました。シットスピンもてきぱき。ステップは月光のリズムにあわせて、激しくなくもしっかり曲表現してます。そしてリズムが変わってまた躍動感ある滑り。コンビネーションスピンにつなげてます。回転が速い。2Aもきっちり。レイバックスピンも素晴らしい回転でした。ばっちりです!体をきっちり作ってきたという印象がもっと強くなりました。70.19。意外にも初めての70点台。

ケイティ・マクビース。「スウェイ」。いい顔芸できますね。これはおもしろい。踊れる選手ですね。そしてレイバックスピンからスタート。いいスピンです。3Lzは手をつきました。シットスピンも回転速度をキープ。ステップはもっと踊ってますね。柔軟性もあるし鈴木明子みたいなタイプ。3F+2Tは間に手をつきました。2Aは決まりました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。スピンは武器になるから、あとはジャンプを決めることでしょう。個人的にもっと演技がみたいタイプ。近づいてみると結構体つくってきてます。46.94。

アシュリー・ワグナー。頼むよ。「ヒップ・ヒップ・チン・チン」。芸術性のレベルが違いすぎますね。すごい。スピードにのって3F+3Tはセカンドで転倒。惜しい。シットスピンで点を取っておこうぜ。コンビネーションスピンも表現に組み込まれてますね。音楽に乗って細かい表現を入れながら2A。この辺もクールです。3Loはきっちり決めました。よっしゃ。ステップはまた表現力を見せつける。1つ1つのエッジワークから紡ぎ出すような物語。レイバックスピンでフィニッシュ。転倒はありましたが自分の演技はできたでしょう。62.41。まずまずだ。もうちょい出てもよかった。

グレイシー・ゴールド。姉登場。「エル・チョクロ」。3Lzはシングルになりました。まじか。レイバックスピンはすばらしいポジションです。キャメルスピンも回転速度アップ。曲に合わせてスピードを変化させたりするのがいいですね。3F+2Tでコンビネーションをリカバー。2Aも決まりました。ステップは密度と細かさが違う。それでいて音楽をきっちり聴いてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプは抜けましたがしっかりまとめましたね。62.50。

ハンナ・ミラー。「アラベスク」。3T+3Tはセカンドでツーフットでした。コンビネーションスピンはしっかりレベルをとりにいきます。キャメルスピンも安定。3Fは慎重にきっちり成功。2Aも決めました。ジャンプうまくいってる。レイバックスピンは回転速度ある。スピンは得点源になるかも。ステップはよく動いてますね。ミラーはよく動いてアピールする方ですが、それでもフィニッシュまで動きまくりました。いい演技でしたね。57.86。そんなもんかー。

○SP終わっての順位:(CHA-CHA-CHA的に)
1. 街で噂の辛くちポリーナ・エドモンズ
2. 甘い誘いはねつけるグレイシー・ゴールド
3. 花の金曜日(ウィークエンド)匂いもタイラー・ピアース
4. 格好だけならまた今度アシュリー・ワグナー
5. I wanna dance Do You Like ミライ・ナガス
6. Romancin’ 気分 マリア・ベル

エドモンズがSPトップにきました。今日はほんとに転倒が多かったしジャンプが決まりづらい日でしたが、それでもしっかりジャンプそろえるあたり自信もついてきてるみたい。FS逃げ切れますかね。

2位はゴールド。妹も出場した全米、優勝したいですね。ピアースもワグナーもほんとに僅差。全然入れ替わる可能性あるだけにがんばらないと。ミライはなんやかんやで5位。上を目指そう。マリア・ベルもいいところにつけてます。

ハニューが時代劇に殿役で出演

BS3の大好きな番組、釣りびと万歳でもと黄泉瓜のヨシムラが太刀魚釣りに挑戦していました。太刀魚を釣って喜んで、干物を食べて喜ぶヨシムラ。人にはちょうどいいくらいの幸せがあり、それを甘受すべきだなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、ちょっと遅れましたが、いいニュースにふれておきたいと思います。ハニューが時代劇映画に役者として出演するそうです。

写真で見ると普通に似合っていて違和感ゼロですよね。こういう若殿いてくれれば藩も安泰でござる的な安心感あります。

さすがにハニューも演技、しかも時代劇は難しかったようですが、どうせすぐ適応してばっちり演じたことでしょう。役者の道もひらけそうですね。

ところで時代劇といえばオレたちの織田信成将軍。先日真田丸ではご先祖様が登場してすぐ討たれてしまいましたが(吉田鋼太郎の信長ほんとにかっこよかったです)、時代劇といえばオレだろという気持ちがあってもいいでしょう。

真田丸は今のところ超おもしろいですが、主なキャストをスケーターで考えてみてもいいかもしれません。人数が全然足りないけど。でも織田信成将軍はきっと秀吉になるでしょうねー。こんな信長はいない。

いろんな豆まき、菊の豆まき

富井と大阪で待ち合わせたのですが、お互いがうろうろしてなかなかあえなかったマイク松ですこんにちは。でもおいしいトンテキ食べることができました。けがのコーミョー。

さて、昨日は節分でした。いろんなところで豆まきをしています。増上寺ではバットマンとスーパーマンが、大阪の成田山不動尊ではびっくりぽんの人たちが、中山寺ではタカラジェンヌが豆をまいてくれています。スポーツ選手もわりと参加しているので取り上げてみましょう。

千葉の成田山新勝寺では白鵬が豆まきをしてくれています。今回は草刈正雄さまといっしょにまいてます。結構いろんなところでまいてますからね。手慣れたものです。

こちらは知りませんでしたが、浅間大社では鶴竜が豆まき。最近は毎年まいてくれてるみたいですね。いいことです。

しかし今年一番の注目は。椿大神社では毎年佐渡ケ嶽部屋の力士が参加しているそうです。今年は例年より2000人多い5000人が集まって、初優勝をした菊にあやかりたいと手を伸ばしていたそうです。まじか。菊にあやかろうとか、1年前は考えたこともなかった人が多いのでは。むしろ両ひざとか大胸筋に豆まいてもらえといわれていたと思います。優勝はいいことです。みんなに夢を与えられるんですね。

過去にはミッキー兄さんもまいていたのかなあ。今ではないた赤おに的に豆をぶつけられる側になっていると思いますが、それでいいのです。大相撲を沈没の危機から救い、菊を優勝させる助けになっている兄さんの功績は名を秘してなお輝く。

菊と同じくおもしろかったのは、カアプの新外国人、ジャクソンとヘーゲンズが豆まきしたというのがありました。どうも昨年までは恵方巻きを食べていたらしいのですが、昨年たべた翌日にザガースキーが故障するとかのアクシデントが続いたらしく中止になったそうです。全然福呼べてないわ。ということで今年はピーナツを投げるということになりました。かっこいい。でも2人とも鬼の面かぶってる。それは投げられる側がつけるんやで。でも豆を投げる鬼はすなわち無敵ですよね。その調子で野球もがんばってほしいです。

あと西武の高橋はライバル退治を誓って、パ・リーグ残り5球団のTシャツを着た鬼に向かって豆を投げたそうです。とてもいいことですが、写真をみると、Tシャツを着た鬼の前にはだかの鬼がいますよね。あれはどこの球団なんでしょうか。あるいは今話題の人の役なのかも。

スーパーボウルは近づいてきて、マンジールは遠くなりそう

キヨハラさんタイホ。昨日は普通にテレビみてたのですが今朝まで知りませんでした。びっくりしたマイク松ですこんにちは。もうスポーツ新聞はキヨハラ一色。しばらくこの状況は続くでしょう。

False Startはわりとスポーツ選手の事件についてはてきぱきとりあげるのですが、キヨハラさんはちょっと生々しすぎて笑えないので扱いが難しいです。いつか復活してほしいと思います。

さて、NFLはもうすぐスーパーボウル。盛り上がってきています。

おもしろいのはCARのLBデービス。CCで腕を骨折してしまったのですが、そのときから「スーパーボウルには絶対欠場しない」と言い続けています。速攻手術して腕には12本ほどのボルトが埋め込まれているらしいのですが、練習に復帰したそうです。できるだけプレーできるようになおってほしいですね。

あとレディ・ガガ国歌斉唱するみたいですね。ハーフタイムショーのコールドプレイとあわせて楽しみ。

そんな盛り上がってる中で、CLEのマンジールが来月解雇されるらしいというニュースがありました。CLEはほんとにいいQBにあたりませんね。QBだけの責任だけじゃないですが。

それにしてもマンジールは早すぎる。リリースの理由は普通に成績がよくないのに加え、素行が問題視されているそうです。素行。DAL以外に興味を示すチームは見当たらないそうで、早くもノーフューチャーという意見も出ています。この記事はファーヴアニキとの比較がされていますが、環境が大事ということですよね。

キヨハラさんほどの素行の悪さじゃないかもしれませんが(あっちは刑事事件)、やっぱりスポーツ選手は素行大事なんですよね。と書いてから、スポーツ選手じゃなくても素行大事だなと思いました。素行ってなんだ。

プロ野球キャンプイン、ショーさんは現地になじめず苦労しているよう

理由あって課長島耕作を読み始めたマイク松ですこんにちは。もちろんおもしろいのですが、島耕作の女性関係がすごすぎる。女性方面でのインモラル、アンエシカルな行動がいい方にいい方に転がっていきます。いったいなんなんだ。僕の知らないセカイがあるのか。

さて、2月に入りプロ野球の球団が一斉にキャンプインしました。長い間待ちましたがついに球春到来です。わーい。キャンプ見に行きたい。

種いもどもについては、新外国人のコーディエとやらが話題になっています。自称103マイルというかなり痛い感じの紹介のされ方ですが、実際に球は速いようです。てきぱき抑えてくれると助かります。

おもしろかったのはラクテンの安楽が地元愛でグラブにみきゃんを入れているというのがありました。まあみきゃんかわいいですからね。

でも一番おもしろかったのはハムのナカタショーさんのでした。

中田、異国で不満MAX

今年からハムはアリゾナでキャンプをやることになったのですが、始まる前からかなり不満が高まっているようです。最初の点はこれです。

ウ ォ シ ュ レ ッ ト が な い

わかりますよショーさん。海外にはウォシュレットがないんですよね。もちろん日本資本のホテルとかもないし。記事では「心を落ち着かせる、何げないひとときが奪われている」と書いています。そこまでかなと思いますが、大事ですよね。旅行用とかもありますが、ショーさんはガチの携帯ウォシュレットもっていってもいいんじゃないですかね。

次は朝晩の寒暖差。アリゾナは最高20度、最低7度という寒暖の差が激しいようです。僕なら一発でかぜひいてそうですが、ショーさんも悩まされているそうです。

そして外出ができないこと。昨年まではチームメイトと外食していたのですが、アリゾナでは土地勘もないし出かけられないとのこと。わかりますよショーさん。もちろん観光地なのでるるぶアリゾナとかもないだろうし。リアルに「部屋でゆうちゅうぶ見るしかない」といっているようです。

これに対してクリヤマカントクは言葉だけのポジティブさで、「不自由があるからこそ、知恵が生まれる」などといっているのですが、それこそ島耕作でも読ませてみればいいかもしれません。

でも日頃から北海道で暮らしていればおいしいものは事欠かないし。MLBに挑戦する選手が多い中で、ショーさんは日本でがんばってくれそうですね。MLBでウォシュレットをもっているのは、ウエハラが契約で設置してもらったのが1つだけあるBOSしかないんですからね。

NFL2015 プロボウル2016

今年のスーパーボウルの日は全力でお仕事です。夜に帰ってからみることになりそうです。情報封鎖が課題のマイク松ですこんにちは。

さて、スーパーボウルの前にプロボウルがありました。今年のプロボウルはハワーイに戻りました。やっぱりプロボウルはハワイですよね。もう理由とか考えなくていい。

このプロボウルはウッドソンにとって最後の試合になるとのこと。しっかり楽しんでほしいです。

今年のプロボウルはジェリー・ライスおじいちゃんチーム(JR)と、マイケル・アーヴィンおじいちゃんチーム(MU)に分かれました。最初も両方とも威勢がよかったわけですが、さすがにライスおじいちゃんが相手だとアーヴィンもやや控えめ。昨年は「最高のチームとそこそこのチームの違いを教えてやる!」とかいってたのですが、今年は「選手に『ずっと背中を追い続けてきたんだ、勝たせてくれ』と頼んだよ」とかいっていました。

先発QBはJRがイーライ、MUがラッセル・ウィルソン。JRはKCのケルシーにTDパスを通して先制しますが、ウィルソンはジョーンズにTDパスを通して、早速2ptに挑んで失敗するなどアグレッシブなMU。そのあとINTでふたたびチャンスをつかんで、フリーマンにTDパスを通して逆転します。また2ptにいって今度は成功。

JRはOAKのカーがQBにきます。がんばっていたのですが、プロボウルはそれぞれのクオーターごとに2ミニッツがあって、クオーターが終わるとどこでも攻守交代になってしまうのです。時間切れでした。

そのあとはINTしあったり、点を取り合ったりしていたのですが、徐々にMUがリードを広げます。ウィルソンからブリッジウォーターにかわって、スプロールズにTDパスを通しました。カーは挽回しようとしますが、またクオータータイムになってしまいました。

後半はダグ・マーティンのランでTDをとりますが、すぐMUはブリッジウォーターがJAXのロビンソンにTDパスを通して突き放します。JRはテイラーにかわりますがまたINTくらったりしていました。

MUはTBのウィンストンにかわって、2TDとったりして、結局JR 28-49 MUとアーヴィンが勝ちました。よかったねアーヴィン。

おもしろとしては、マイケル・ベネットがマスコットと踊ったり、QBの位置に入ってTDとろうとしていたりしました。シャーマンがエンドアラウンドに入って22ydsマイナスしたりしていました。

プロボウルはほんとにピースフルな雰囲気で、こういうのはやはりハワイじゃないと。これからもハワイでいてほしいです。そしてライスおじいちゃんとアーヴィンの戦いというのは今後根付いていくでしょう。来年は誰になるかはわかりませんが、AFCとNFCの垣根をこえられるのが意外におもしろいですよね。