Archive for 18th 2月 2016

フィギュアスケート全米選手権2016(8):アイスダンスFD

おりーぶ新鮮組。要さん働くなーと思うマイク松ですこんにちは。愛媛にもああいう人いないのかな。

今日は全米選手権、アイスダンスFDです。

フィギュアスケート全米選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は東野さん。

ダニエル・トーマス&ダニエル・イートン。「チャルダッシュ」。踊りがうまいですね。スピードもあるし。CuLiはのせるのがうまかったですが空中姿勢があぶなかった。CiStはもっと速さがほしいところ。つなぎの部分でツイズルをいれたりしてます。ツイズルはまずまず。SlLiはダイナミックに決まりました。うまいです。ダンススピンはちょっとシンプルか。RoLiは空中のポジションがきれいでした。ローテもなめらか。DiStは音楽に乗ってしっかりあわせてますね。SlLi+RoLiのコレオリフトでフィニッシュ。演技もうまいし今後が楽しみ。トラッドなよさがあります。145.01。

シャーロット・マクスウェル&ライアン・デベロー。「ファニー・ガール」より。ツイズルはいい感じですね。ユニゾンはよかった。マクスウェルの顔芸がすごい。CuLiはスピードに乗ってました。降ろし方もグッド。RoLiはスーパーマンみたいなポジション。CiStは曲にあわせた優雅さが出てました。SlLiはがんばってホールドしてます。デベローきつそう。ダンススピンはシンプル。DiStはちょっとデベローがバランス崩しました。そしてマクスウェルが終わり際に転倒。もったいない。RoLiでフィニッシュ。最後も手をついてました。体力的に限界まできてたのかな。128.98。

カリーナ・マンタ&ジョセフ・ジョンソン。「ジ・エンターテイナー」ほか。最初からアクロバティックな演技で攻めてきます。SlLiはこれまたアクロバティック。足だけのノーホールドで乗ってました。ここでDiStがきます。曲が変わってもちょっとしたつなぎ部分がおもしろい。ダンススピンは回転速いですね。ツイズルは3つめでおもしろいポジション。CuLi+RoLiはしっかりやってました。間もスムーズ。SeStはリンクを大きく使って滑ってますね。RoLiは降ろし方もアクロバティックでスムーズ。最後はこれまたお互いにブリッジしあうようなおもしろポーズでした。楽しませてくれましたね。のびていってほしい。142.70。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン・ルック・ベイカー。「博士と彼女のセオリー」より。ベイカーもよく動く。一体型のカップルですね。速い回転のツイズル。いいシンクロでした。CuLiは上がるまでが速かったし降ろし方もうまい。CiStは動きがよくそろってます。SlLiはバリエーションが多くてなめらかでした。つなぎ部分の表現も重要。ダンススピンは回転が速いしキレありますね。RoLiはワンハンドホールド。そのわりに安定。DiStは躍動感もある。もう少しスピードを落とさずにいきたい。RoLiから印象的な終わり方でした。がんばりましたね。158.86。SDはしょんぼりしていたらしいですが、こっちはうまくできたか。

アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。ベートーヴェン・メドレー。カヌーシオはベートーヴェンの音楽を表現しているらしい。むずい。のっけからいいスピード。DiStはスピードにのってあっという間に。RoLiはバリエーションがとてもスムーズ。そしてそのままダンスリフトにつなげました。これはおもしろい。意欲的です。つなぎ部分の表現もすばらしいですね。SlLiはカヌーシオ倒立。すごい。SeStは感情表現をしっかりがんばるほう。CuLiになっても苦悩するマクマナス。ツイズルはミラーの動き。ばっちり決まりました。最後のコレオムーブメントもすばらしかったです。きっちり滑りきりましたね!160.46!大喜びです。いいプログラムをやりきって大喜び。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。全米チャンプ守れるか。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。最初から芸術的な動き。ゆったりとした入りでもしっかり引きつけます。CuLiはチョックの動きだけで入ってますね。すごい。SeStはピアノの音をうまくつかみながらいいエッジワーク。ツイズルはまったくずれのないユニゾン。ダンススピンも入りがなめらかだしポジションもいいですね。DiStもつなぎ部分からのつながりが見事。PCSに影響しますね。そしてRoLiはローテが速い。すばらしい。SlLiは降ろし方も難しいです。テンション高く最後のコレオムーブメントにもっていってフィニッシュ。いい演技でした。186.93。しっかりトップ。

シブタニ兄妹。がんばれ。コールドプレイ「フィックス・ユー」。最初の部分みても調子よさそう。CuLiは大きな表現。降り方もむずい。ダンスリフトは加速しますね。見事な表現。SlLiはマイアのポジションがかっこいい。訴えかけるものがあります。CiStは音楽にのって表情もよくついてる。音楽が単調でもそのよさを引き出してますね。ツイズルはいつも通り完璧なユニゾン。音楽の盛り上がりに向けて観客も盛り上がってきました。RoLiは激しいポジションチェンジをやりきってます。DiStは自由で開放的な構成。浮遊感ある音楽にうまくあわせてます。いいフィニッシュ。すばらしい!より表現を高めてきましたね。やったやった。エレメンツは全部Lv.4とりました。勝てるかな。190.14!やった!勝った!!

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。最終滑走です。「トロン・レガシー」より。いい動きからツイズルに。ハベルの鳥っぽい衣装がいきてますね。CuLiはてきぱき。重厚な演技です。CiStは両者の関係がステップごとに変わるような深い表現。SlLiをいいポジションで決めています。DiStはしっかりテンション高く。RoLiはスムーズな回転。重厚です。ダンスリフトは軸が細く回れてます。コレオリフトでフィニッシュ。よくがんばりましたね。プログラムがとても難しいですが、それをしっかり解釈してました。意欲的です。178.81。

シブタニ兄妹が勝った!ついに全米チャンプになりました!!やった!

○最終順位:(チャイナタウン的に)
1. チャイナタウン この街を行けば シブタニ兄妹との想い出が 風のように頬を打つ
2. チャイナタウン 空のポケットに 夢ばかり詰め込んで 生きていたチョック・ベイツさ
3. ポニー・テールは もう切っただろう ハベル・ダナヒュー 泣きながら
4. 幸せならいいけれど カヌーシオ・マクマナス もう一度 お前に会いたい
5. チャイナタウン 若すぎた恋の あの香り 甦る ほろ苦い ハワイエク・ベイカー

悲願の全米チャンプになったシブタニ兄妹。あの曲もなんとも料理しづらい曲でしたが、深い解釈で完全に自分たちのものにしましたね。長いことみてきましたが、ついに全米チャンプ。感慨深いしほんとにうれしいです。よかった。

2位はハベル・ダナヒュー。レベルを取り切れなかったのはありますがいい演技でした。3位はチョック・ベイツ。難しいプログラムをあそこまでがんばれてるのはすばらしいです。そして4位のカヌーシオ・マクマナス、5位のハワイエク・ベイカーの将来性が感じられました。アメリカのアイスダンス結構おもしろくなってきた。今回のプレゼンターのベルビンちゃん・アゴストの時代のようになってくるかも。