Archive for 3月 2016

世界カーリング選手権2016:日本 vs. アメリカ

T.M.Revolutionのベストが気になるマイク松ですこんにちは。ナイスなジャケット。これで買ってしまいそう。普通にマストアルバムやし。

カーリング世界選手権はアメリカ戦。油断できない相手です。どこもできないけど。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. スイス。実況は杉澤さん、解説は松平さん。日本カーリング協会副会長。

アメリカはニコルソン、ジョーランスタッド、ポッティンジャー、ブラウン。日本は変更なし。

第1エンド、アメリカはハウスの中に入れてきました。クリーンな展開と思いましたが、アメリカのストーンがショートになったのを起点にオフェンシブな展開に。アメリカのストーンをテイクするつもりが自分のストーンがたくさん入ったりしたり、逆に自分たちのストーンをテイクしてしまったりしています。ドローで1点とらされる展開でしたが、しっかり1点とりました。

第2エンド、今度はアメリカもガード置いてきました。中央を巡る争い。姉のショットはものすごい精度が高い今回ですが、今度もダブルテイクアウトして、シューターは既存のストーンに縦に並びました。すげーわ。しっかりアメリカに1点とらせる展開にできました。

第3エンド、日本はコーナーガード。アメリカのストーンがたまってきたのでテイクテイクする。しかしアメリカはテイクがうまく、いい感じでゲームを進めている印象。しかし姉のダブルテイクアウト成功でまた流れが日本に。アメリカはレイズで狙ってきますが2つは出せず。日本が2点とりました。

第4エンド、アメリカがダブルテイクアウト成功。アメリカはほんとにミスがないですね。1発で出されないように並べますが、アメリカもダブルテイクで2点とりました。アメリカ強い。

松平さんつぶやき系の解説ですが結構おもしろいですね。

第5エンド、日本は2点パターンの形を作っていきます。アメリカがようやくガードにひっかけてくれた。しかし日本も難しいショットを迫られ、手玉が出てしまいました。アメリカが1点とらせる形を作りましたが、しっかり1点とりました。アメリカ強い。

第6エンド、日本は中に入れてきて、アメリカはコーナーガード。9時方向に日本のストーンがたまるが、そこにフリーズしてきた。日本は中央にガードに隠れる。これは結構作戦が要求される展開。藤澤のラストストーンはあまりガードに隠れなかったのですが、それでアメリカが迷うところに。ドローでラストストーンを投げたのですが、これが伸びてしまって、姉のスイープでのばしたのか日本が2点スティールしました。これは大きい。

松平さんによると藤澤は北見の出身だけど、藤澤のお父さんは常呂町出身で松平さんといっしょにやってたから実質みんな常呂町だといってました。狭い地元意識。でもよくわかります。

第7エンド、ガードを置いてくる日本に対して日本はスティールに向けて中に入れてきます。そのうちハウスの前にストーンがごちゃごちゃしてきました。日本はハウスの中のストーンを守るガードを置いていく。そして両チームともガードの間をすり抜ける難しいショットが要求される。万全に1点とらせる形を作れました。あやうくスティールになるところでしたが、アメリカが1点とりました。

第8エンド、妹がセンターガードをウイックでずらす。次のアメリカのガードはハウスに入ってしまって、次はホックラインをこえませんでした。動揺があるんかな。とにかくクリーンな展開に持ち込む日本。アメリカはハウスに入りませんでしたが、日本もスルーしたりしています。でもアメリカのストーンもスルー。両チーム笑うしかない感じでブランクエンドになりました。

第9エンド、妹がウイックショットを2つきめる。そしてアメリカは粘り強くガード、日本はガードをテイクする展開。そして反省を生かして藤澤がアメリカのストーンをダブルテイクアウトしました。アメリカがラストストーンをいいところにいれてきたので、日本はドローで1点とりました。

第10エンド、妹のストーンは2つスルー。松平さんは「勝つと思うと胃が痛くなってきた」「心臓が口から飛び出しそう」といってます。喜んで。最後のストーンを藤澤が打ち出して試合終了。日本 7-5 アメリカ。あれ?7-5?

アメリカ強かったです。どうも相性がよくないみたいですが、今回はしっかり試合をものにできました。あのスティールが大きかった。これで決勝T進出も見えてきました。すごいすごい。いってほしいです決勝T。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. ドイツ

オータニが1号3ラン。映像見てても軽く流してる感じですが、入ってるんですよねー。さすがスター。注文をつけるとするなら、打つ相手の球団が間違ってるぞということです。マイク松ですこんにちは。種いもどもをいじめないで。

カーリング世界選手権はドイツ戦。ドイツ手強いですからね。勝ちたいところですが。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. スイス。実況は曽根さん、解説は敦賀さん。

ドイツはシェル・トレッティン・イエンチュ、ドリエンドルの4人、日本は変更なし。

第1エンドはクリーンな展開。ドイツはピールになることもありましたが、結局ブランクエンド。

第2エンドは日本がガードを置いてきます。ハウスの中のナンバーワンを巡る攻防ですが、ドイツのラストストーンが自分たちのストーンを全部テイクアウトしてシューターも出てしまいました。まじか。藤澤のラストストーンはガードになっていた自分たちのストーンも押し込んでシューターも入って、4点プレーになりました。ドイツにとっては痛恨のプレーでしたが、それにだめ押しするような2点プラスのショットでした。

第3エンドはハウス中央でのナンバーワン争い。日本はハウスの中にぽいぽい入れていきますが、ドイツが強いナンバーワンを作ることができました。日本はそれを押し込もうとしてガードに引っかかってしまいますが、ドローで2点とるはずのドイツのラストストーンがショートして1点止まりになりました。もったいない。

第4エンドは妹のウイックショットが早くも決まる。序盤でもうウイックが出るとは。日本のストーンがたまってくる。ドイツのストーンはどうもステイできないですね。それどころかわりと日本に有利なテイクをすることになってる。ドイツのラストストーンも日本のダブルテイクができず、日本は3点とりました。

第5エンド、日本はクリーンな展開を狙う。そしてそんな感じになってきました。ハウスの中のドイツのストーンを日本のレイズテイクアウト2連発で出してしまいました。ドイツはブランクエンドにしました。いい展開です。

第6エンド、ドイツは点差を縮めるべくハウスの中での戦いを仕掛ける。しかし姉のダブルテイクアウトが決まってクリーンな展開になる。レイズテイクアウトも決まる。ドイツは1点とらされるエンドになりましたが、ラストストーンが曲がって日本が1点スティールしました。ここでドイツがコンシード、日本 8-1 ドイツ。

今日は日本がばっちりな調子で、ドイツの調子が悪すぎましたね。6エンドで終わりとは。両チームのコンディションの差がありすぎて、ちょっともったいないくらいでした。本来ならもっといい試合になってたはず。とはいえこの試合短い時間で終わって、休む時間もとれてよかったです。連戦続きですしここまできたらそういう割り切りも大事かも。

大相撲3月場所2016:12日目

オリックのファームの試合を見に行ってきたマイク松ですこんにちは。やっぱり野球はいいものですね。試合は有望な中日の若手にやられてしまいましたが。オリックのファームの試合はカレーを食べに行くのが目的の半分です。おいしかったわー。

春場所は12日目。いい相撲をみるのがお客さんの目的の8割くらいですよ。

12日目。実況は沢田石さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が放駒親方。

里山×御嶽海。突き放す御嶽海にあてがう里山でしたが、しっかり御嶽海がつかまえて寄り切りました。手堅く。

大栄翔×玉鷲。突き押し合い。しかし突き押しなら玉鷲。しっかり押し倒しました。まだまだ技術は上ですね。はははは。

豊響×明瀬山。グレートホーンで押し込む豊響ですが、土俵際で明瀬山が突き落としました。豊響もあそこまでいってて詰めが決まらないですね。

英乃海×佐田の海。もろ差しになりたい佐田の海でしたが、右四つになって英乃海が寄り切りました。英乃海は勝ちましたが、落ち方で肩を痛めたみたい。だいじょうぶかな。

北太樹×千代大龍。今日は受けた千代大龍、肩越しの上手からはたき込みました。やっと勝てた。

豪風×大翔丸。豪風当たってはたきにいきますが、逆に大翔丸にはたき込まれました。因果応報。

千代鳳×魁聖。下から当たってもろ差しになった千代鳳。魁聖もなんとか残しますが、最後は千代鳳が下手投げで倒しました。立ち合いで決まりましたね。

妙義龍×阿夢露。いつの間にか優勝にからんでいる妙義龍。いい当たりから阿夢露が引いてしまいました。押し出し。いい相撲で相手に何もさせず。

徳勝龍×正代。がばっと左四つがっぷりになりました。マサヨがのびた上手を引きつけて寄り切りました。先に攻めたのがよかった。いいぞ。

旭秀鵬×逸ノ城。右四つになりました。相四つだから。上手を先にとった旭秀鵬が頭をつけて寄り切りました。逸ノ城の上手をしっかりケアしてましたね。

勢×貴ノ岩。先に左をとられた勢でしたがすぐ切って、逆に中に入って寄り切り。相撲に流れがあるし攻めが速い。貴ノ岩は首投げにいって呼び込んでしまいましたね。

碧山×松鳳山。突き押し合いになりますが碧山のシュシュシュ突き押しで完全に松鳳山起こされてしまいました。返しの引き落としも決まった。

隠岐の海×臥牙丸。左四つで上手をとった隠岐の海が寄り切り。ガガもつかまってはどうにもならんですね。隠岐の海こそ突き押しでばーんといってもいいのに。

蒼国来×栃ノ心。栃ノ心の中に入った蒼国来が両まわしからひねりました。決まり手はすくい投げ。素早い相撲で先手とれました。

栃煌山×琴勇輝。琴勇輝が突き押しで押し出し。いかに今場所元気ないとはいえ、栃煌山を寄せ付けませんでした。

嘉風×宝富士。嘉風ステップでまわりこんだりはずから攻めたりしているのですが、宝富士は相手に正対して逃さないようにして圧力をかけていました。寄り切り。うまい取り口。

高安×豊ノ島。高安が前まわしに手がかかりましたが、豊ノ島振り切ってもろ差しから寄り切りました。うまく圧力をかわせた。

琴奨菊×安美錦。今日はアミーも変化せず、左を差した菊が寄り切りました。ここで変化するようでは暗黒卿じゃないんですよね。変な話ですが。

豪栄道×白鵬。1敗同士の対戦。新鮮にびっくりしますが、ゴーエードーの張り差しが失敗して一気に白鵬が押し出しました。残念な立ち合い。もっと白鵬を倒すために考えないと。

日馬富士×稀勢の里。突き押し合いになりますが、ハルマの引きでキセ足が出ず。はたき込まれました。まあ因果応報ですね。菊に変化したときから、もうキセに大義はない。

鶴竜×照ノ富士。照ノ富士少し動いて上手をとりました。鶴竜も逃れようとしますがそのまま上手投げが決まりました。照ノ富士だからこそできる相撲。

大相撲3月場所2016:11日目

昨日録画していた「007/スカイフォール」をみたマイク松ですこんにちは。そんなに007に詳しくないのですがとてもおもしろかったです。あのけれんみが007だなと思いました。そして007といえばいつもジュベールお父さんを思い出します。けれんみとかを軽々こえて突き抜けていたお父さん。

春場所は11日目。けれんみかつ強い相撲をみせてほしいものです。

11日目。実況は太田さん、解説は舞の海さん。ゲストは野村忠宏がきてくれました。

北太樹×英乃海。英乃海がもろ差しで寄っていきますが、上手をとった北太樹。体勢を立て直して寄っていきますが、英乃海もしっかり残します。そして豪快な下手ひねりが決まりました。英乃海も粘りましたね。

里山×玉鷲。どんどん突き放していく玉鷲。里山はこらえて左からのおっつけでいなして送り出しました。里山がんばってますね。

臥牙丸×大翔丸。ガガのボーン・ディス・ウェイが炸裂。大翔丸も何もできませんでした。

阿夢露×佐田の海。おっつけあいから佐田の海が二本差して寄っていきますが、阿夢露が下手投げで逆転。物言いがついて阿夢露のつまさきが先に出ていたとのこと。佐田の海よく攻めました。

豊響×徳勝龍。豊響のグレートホーンで徳勝龍も押されますが、そこから粘って体勢を立て直し、胸を合わせて寄り切りました。簡単にやられそうでやられない。

明瀬山×千代大龍。千代大龍が押し込みますが明瀬山が土俵際突き落とし。物言いがついて明瀬山の勝ち。千代大龍は2日続けて差し違えで敗れています。因果ですね。

御嶽海×魁聖。左四つで魁聖が寄り切りました。魁聖も勝ち越しでご機嫌。よかった。

大栄翔×正代。左四つで大栄翔上手。マサヨは左右に振って、胸を合わせて寄り切りました。さすがマサヨ。

妙義龍×千代鳳。妙義龍が差しに行きました。強烈におっつけて押し出し。千代鳳も突き落としましたが及ばず。

勢×逸ノ城。勢立ち合いからしっかり押し込んで寄り切り。逸ノ城に何もさせませんでした。まわしをやらずにおっつけで勝利。

貴ノ岩×安美錦。のど輪で押し込むアミーですが、貴ノ岩は望む展開。いなしに気をつけていくところをアミーがしっかり押し込んで最後は貴ノ岩の足が流れました。守ってばかりだと勝てないんですよね。

碧山×豪風。わりと豪風が苦手な碧山ですが、今場所なら大丈夫。しっかり突き放して引き落としました。

松鳳山×栃ノ心。突き押し合い。栃ノ心もいなしから強烈に突いて突き出しました。昔の栃ノ心みたい。こういう相撲もとれる。

旭秀鵬×高安。突き押し合いから高安もろ差し。一気に出たところを旭秀鵬が突き落としました。勝ったかと思ったらいちおう物言いで確認がありました。旭秀鵬の勝ちでおっけー。

蒼国来×宝富士。おっつけで中に入ろうとする蒼国来。うまくブロックした宝富士が右上手をとって寄り切りました。蒼国来はインフルなければよかったんですが。

琴勇輝×豊ノ島。琴勇輝強烈なもろ手から引き落としました。あれ?豊ノ島は簡単な相手じゃないと書こうとしたらおちていました。やっぱり強烈なんですね。これで琴勇輝勝ち越し。三役も見えてきました。

嘉風×隠岐の海。嘉風左を差しました。隠岐の海はその差し手をうまくつかまえて動きを封じ、のど輪から押し出しました。こういう器用さと懐の深さ。

琴奨菊×照ノ富士。照ノ富士変化。どんどん上位陣が暗黒面に誘われているような気がする。大丈夫なのか大相撲。

日馬富士×豪栄道。ゴーエードーが立ち合いで押し込んで、おっつけあいになります。寄りをしのいだハルマが出たところで、ゴーエードーがおっつけから首投げで逆転勝ち!いつもの窮地の技ですが、今日はしっかりいけてました。

鶴竜×栃煌山。栃煌山立ち合いからどん引き。鶴竜もついていって押し出しました。

稀勢の里×白鵬。キセが一度待ったしました。駆け引きか。しかし白鵬がいい踏み込みから左差し、一気に出て寄り倒しました。まあ暗黒面に墜ちているキセの策などいい方に回りませんよね。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. スウェーデン

徳川秀忠役は星野源。秀忠はスーパー大事な役だと思っていましたが、想像の斜め上のキャスティングでした。これで決まった。このドラマはきっと歴史に残ると思うマイク松ですこんにちは。

カーリング世界選手権はスウェーデン戦。スウェーデンあんまり調子よくないみたいだし、なんとか勝てないかな。

スウェーデンはシグフリッソン、ウェネルストーム、ベルトラップ、プリッツのスーパーメンバー。日本は変更なし。

藤澤が始まる前にブラシでストレッチしてる。こういうのがみられるときは安心。

第1エンド、きれいな展開になるところが、スウェーデンのスルーがあって日本は1点とらせる展開に持ち込みます。しかしプリッツのすばらしいショットでブランクエンドに持ち込まれました。

第2エンド、日本はスウェーデンの2点以上を防ぐ展開。日本のレイズテイクアウトが失敗して、スウェーデンはストーンをためてきます。しかし藤澤のダブルテイクアウトが成功しました。そしてガードの本当に狭い間をすり抜けてスウェーデンのストーンをテイクアウトしました。スウェーデンは1点とらされました。今日は調子よさそうですね。

第3エンド、スウェーデンは最初からガードを置いてきます。日本も複数得点を狙いますが、スウェーデンはまたスルーがありました。しんどい。手堅く投げて2点取れました。よし。

第4エンド、なんだかガードがたまっていく展開。このエンドは両チームともガードに引っかけてしまいます。そのガードがじゃまで藤澤のテイクショットもスルーに。しかし次のショットでしっかりフリーズショットを決めました。スウェーデンは打つ手がなくなりラストショットはスルーにしました。うまくいってますね。

第5エンド、9時方向のナンバーワンを巡る争い。このエンドはガードをうまくすり抜けてきます。スウェーデンもいいショットを連発しますが、最後に藤澤のショットがうまくガードをすり抜けてテイクアウト。2点とりました。

第6エンド、ハウスの中でスティールを狙います。スウェーデンはまたスルー。結構難しい。ハウスの中でごちゃごちゃし始めました。日本はハウスの中でナンバーワンをとりました。そしてスウェーデンのラストストーンがスルーしてしまい、日本が1点スティール。ちょっと早かったですかねー。

第7エンド、日本はいい展開でしたが、ガードをテイクしようとして自分たちのストーンもテイクしてしまいました。あらー。しかし姉のショットが日本のコーナーガードに当たってハウスの中に入ってきました。おもしろい。ナンバーワンを巡る攻防ですが、藤澤のショットがダブルテイクアウト成功。スウェーデンは1点とらされました。いい感じで進んでるなー。

第8エンド、妹のウイックショットがばっちり決まる。うまいー。2つめは惜しくも失敗。日本のストーンがたまってきてる。スウェーデンのラストショットはいいフリーズでしたが、藤澤のラストショットでそれをきっちり出して、2点とりました。すばらしい。

第9エンド、日本は最初にスルー。スウェーデンのガードをしっかりテイクしていきます。中に入ったストーンもうまくテイクしていきました。しっかり1点とらせる状況を作りました。スウェーデンに1点、10エンドは後攻になります。

第10エンド、妹がウィックをきっちり決めました。コーナーガードに。あとはしっかりテイクするだけでした。しかしスウェーデンもしっかりスティールできるよう作り込んできます。さすが。しかし最後はダブルテイクで1点とって試合終了。日本 8-4 スウェーデン。

スウェーデンはほんと調子悪かったですね。もちろんスウェーデンにしてはというところでしたが、それでも日本のいいショットが4人それぞれができてました。総合力で相手を上回ってましたね。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. スイス

鈴木亜美が始球式。始球式の人選はどうやって決まってるのかなと思っているのですが、オカダとのつながりで実現したそうです。やっぱりロッテもみんなでBe Togetherということなのかと思うマイク松ですこんにちは。すずきあみの代表曲ってそもそもBe Togetherなのかな。

ともかくカーリング世界選手権はスイス戦です。スイス強いと思う。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. スイス。実況は曽根さん、解説は敦賀さん。

スイスはウーレック、カウフマン、ショリ、フェルチャー。日本は変化なし。スイスは現在世界選手権を2連覇しています。

第1エンド、日本のストーンがガードになってガードの後ろをめぐる戦いになりますが、結局ブランクエンドになりました。お互いにミスなし。

第2エンド、ハウス後方での争い。結構難しい形を作りましたが、きっちりガードの間をすり抜けてフェルチャーが見事なダブルテイクショット。2点とりました。

第3エンド、日本がガード、それをテイクするスイスという展開。すばらしいフリーズショットが決まって展開が変わります。しかしフェルチャーのダブルテイクが決まりました。強い。ブランクエンドにしました。

第4エンド、ガードの後ろにまわりこもうとしていたが、ヒットアンドロールがまたうまくできなかった。しかしハウスの中がクリーンな展開になり、またブランクエンド。結構高度なブランクの戦い。

第5エンド、ハウス下の方でフリーズ合戦。どっちもなかなか大きなミスをせず、ストーンがたまっていきます。すごいごちゃごちゃしてきた。スイスもタイムアウトとって考えたりしてる。ごちゃごちゃの中でダブルテイクアウトで2点を狙う。藤澤のナイスショットが決まってダブルテイクアウト成功、2点とりました!前半最後にすばらしいショットが決まりました!

スイスチーム、イメージと違って結構明るい。

第6エンド、日本は1点とらせる展開を狙うが、ハウスの中央に両チームのストーンがごちゃごちゃしてくる。スイスもなかなかラインが読めてこないが、日本はラストストーンで不利な展開打破を狙うが失敗。スイスは3点とりました。ビッグエンドやられた。

第7エンド、わりとクリーンな展開に。日本はフリーズを狙って結構いい感じなのに、スイスはぽんぽん出してきます。ダブルテイクなら2点という感じだったが、フェルチャーのラストショットはダブルテイクが難しいところに残りました。さすが。日本は1点とらされました。

第8エンド、日本はスティールを狙います。ガードをしてそれをスイスがはずす展開。どんどんテイクされてしまったが、日本はいい位置において1点とらせる展開にしました。そして最後のショットが伸びすぎて1点スティールできました。フェルチャーはドローが苦手みたい。

第9エンド、ショリのダブルテイクアウトが見事に決まって日本のストーンが全部出て行ってしまいました。スイスが2点とりました。なかなか息詰まる展開。

第10エンド、スイスはスルー。ストーンを全部出されてしまってコンシード。

スイス強い。大きなミスがない。むしろ日本も10エンドまでしっかり戦えたし、これからの戦いにはむしろいい影響あると思います。次のスウェーデン戦がポイントになりそう。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(8):男子シングルFS

今チェックしたら自分の音楽ライブラリにWinkが入ってないことがわかったマイク松ですこんにちは。いやもちろんアルバムもってるわけじゃないけど、「愛が止まらない」と「淋しい熱帯魚」はなんやかんやでもってると思ってました。いろんなアルバムのついでに入ってたりして。くやしいから今度仕入れておきます。なにげに♪Heart on Wave~でみんながあの振り付けできるのはすごいと思います。

四大陸は男子シングルFS。これで四大陸おわり。世界選手権に間に合った…と思ったら世界選手権はJSPORTSでは4/12からなんですね。まだまだ時間あったわ。

フィギュアスケート四大陸選手権、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

第3グループから。ちなみにここまで第1グループで滑ったケビン・レイノルズがずっとトップです。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。久しぶり。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」。3Lz+3Tはセカンドでステップアウト。もっとスピードがほしいですね。3A+2Tはいまいち。3Fはステップアウト。キャメルスピンはドーナツポジションにきれいに。そこからシットポジションのコンビネーションスピン。ジャンプしっかり決めていきたいですね。気がついたらでかくなってるんですねマルティネス。ステップはもっとスピードがほしい。みなごろしイーグルから2Aはオーバーターン。3Lzは決まりました。2A+2Tもおっけー。3Sからシットスピンでフィニッシュと思ったらまだあるわ。3Loからコンビネーションスピン。最後はきれいなビールマンポジション。これは持ち味ですね。ほんとにきれい。コレオシークエンスでフィニッシュ。多彩な技はいつも通りですがもっとスピードがほしかったですね。211.59。やっとレイノルズを抜けた。

田中刑事。ディティクティブ田中。「KG」の旗が出てる。そんなことになっていたか。ヴェルディ「椿姫」。4Sに挑みますが転倒。3Aは決まりました。いい滑りしてますねディティクティブ。3F+3Tもいい流れで。シットスピンは回転もいい。ステップはいいエッジワーク。強弱とメリハリがうまくつかえてますね。こんなのできたか。後半に入っての3Aはシングルになりました。3Lzはいいジャンプ。うまくリカバー。3S+2T+2Loを決めました。コンビネーションスピンは安定してます。結構滑りうまくなってる印象。成長してますねディティクティブ。3Lo+2T、3Fを決めてコレオシークエンス。まだまだ体力ある。キャメルスピンでフィニッシュ。がんばりましたねディティクティブ!最初の転倒がありましたが演技全体をしっかりがんばった。222.70。

アメリカのマックス・アーロン。「ブラック・スワン」より。4Sは手をつきました。3A+2Tは流れよく成功。3Loも決まった。コンビネーションスピンはだいぶトラベリングしてました。まあアーロンやから。ステップも軽快に。ほいほいと。シットスピンはトラベリング。やっぱりアーロンも時差ぼけがきついんだろうか。4Sはステップアウト。3Aもシングル。3Lz+1Lo+3Sはきれいに決まりました。3Lz+3Tを跳んで、コレオシークエンス2Aから、最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。最後までがんばりました。でもなかなか全米からの調整は難しいよね。220.94。

韓国のイ・ジュンヒョン。「ロミオ&ジュリエット」。3Aはあぶないところでしたがなんとかもちこたえました。3A+1Lo+2S、ということになるのかあれは。3F+3Tはうまくいきました。キャメルスピンはすごいゆっくりまわってました。ステップは妙にアゲアゲの音楽。3Lzはまずまず。3Fは転倒しました。3Lo+2T+2Loは決まりました。シットスピンはゆっくり。ステップからの3Sは転倒。コレオシークエンスから2Aはシングルに。トラベリングするコンビネーションスピンでフィニッシュ。まだまだぴょんちゃんの強化は途中のようですね。180.92。おー樋口地蔵尊の弟子なんですね。まずは仏門からだ。

韓国のキム・ジンソ。「雨に唄えば」より。4Tはステップアウト。すごいもちこたえようとしていたのですが手つきました。3A+2Tは途中で足ついたようです。3Lzはオーバーターン。なかなかクリーンな着氷ができないですね。3Loはいけました。シットスピンはいいですね。キャメルスピンもまずまず。コレオシークエンスはモダンなつくり。でもてくてく動いてますね。3Aは足つきました。けがでもしてるんかな。3Lz+2Tはいけました。3Sはステップアウト。2A+1T+1Tと着氷がすべてうまくいってません。けがですね。ステップはちょっとした小芝居がうまい。そこからコンビネーションスピンでフィニッシュ。今日のコンディションは本調子じゃないでしょうね。201.43。無良お父さんがコーチなんですね。

中国のナン・ソン。マタギっぽい衣装。「セブン・ソード」。4回転は入れないとのこと。けがかな。3Aはまずまず。3A+2Tはなんとか。3Loもなんとかもちこたえてます。ステップはいい動きしてます。足がよくあがりますよね。演技もしっかり。キャメルスピンから後半。3Lzはステップアウト。ステップからの3Lz+2T、3Sと跳んできます。2A+3Tは決まりました。とにかく1つ1つや。シットスピンはわりとゆっくり。コレオシークエンスから2A。コンビネーションスピンまでしっかり滑ってフィニッシュ。最後は味わい深い表情でした。194.81。

チャンピオンボックスの3人もっと楽しそうにして。観客席の選手達はめっちゃ盛り上がってます。あんなのいたらびっくりするよね。

最終グループ。

グランド・ホックスタイン。がんばれほっほ。でも時差ぼけで体調を崩しているらしい。「レ・ミゼラブル」。ほっと4Tは転倒。3Aはシングル。3Lzはいけました。がんばれほっほ。ほっほステップはあまり動きはよくないですがしっかり表現はしてますね。キャメルスピンのポジションはめっちゃきれい。なにげに手足も長い。ほっほスピン。3Aは手をつきました。シットスピンは回転が速い。3Lz+1Lo+3Sは決まりました。ここからやでほっほ。3Loはダブルに。ステップからの3Fは決まりました。3T+2Tからコレオシークエンス。しっかりがんばってます。これは大きな演技。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばったほっほ。スピンが今アメリカ男子で一番うまいのはほっほなんじゃないかな。216.34。

宇野昌磨。すごい歓声です。「トゥーランドット」。滑りがいいですねー。4Tはステップアウト。キレありますよ。イーグルからの3A+3Tを決めてきました。これはすごい。3Aも流れよく処理。シットスピンもただまわってるだけじゃないですね。いい表現。ステップもエッジが深いしこまかなエッジワークがさすが。リズムの変化にもしっかり対応。そのままキャメルスピンに盛っていきます。3Loも流れがある。3Sにいくにもすぐステップがあるし、だから止まったとき印象的です。4Tは途中で降りてしまいました。3Lzは成功。スピードも落ちないし、2A+1Lo+3Fは難しい組み合わせ方。みなごろしイーグルで会場を沸かせ、コンビネーションスピンでフィニッシュ。さすがの演技でしたね。ジャンプのミスはあったけどすばらしい演技でした。269.81。

中国のハン・ヤン。「ロミオ&ジュリエット」。3A+3Tはセカンドでバランス崩しました。でもでかいジャンプ。4T+2Tを成功。なるほど。4Tもいけましたね。キャメルスピンもしっかり回転数まわってます。コレオシークエンスをここで入れてきます。これは短く。3Aは難しい入り方でした。3Loから3Lz+2T+2Loと決めてきます。ちょっとジャンプの間がんばりたいですね。3S、3Fと跳んでシットスピン。なんかエレメンツ多いような気がするけど大丈夫だよね。コンビネーションスピンから最後はステップ。よく表現できてました。ミスは最小限に、しっかりまとめましたね。271.55。トップにきました。

無良崇人。シルク・ドゥ・ソレイユ「オー」より。4Tをきっちり成功。4T+2Tと跳んできました。いい入りですねー。3Aは助走スピードが落ちててステップアウト。3Sはいけました。キャメルスピンは難しいポジションにもっていきました。ステップは難しい音楽によくあわせてます。無良の表現力もほんと上がってますね。後半の3A+3Tを決めてきました。3Loも成功。シットスピンも安定してます。3F+1Lo+2Sを跳んできました。3Lzもステップのあとで。コレオシークエンスはもっとテンション高くいきたいですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これはいい演技できましたね。できることはやった。268.43。まだまだいける。

中国の金博洋。「ヒックとドラゴン2」より。4Lzをまずきっちり成功。すごいですね。4Sも流れありますね。レベル高く跳べてるのがいい。3A+1Lo+3Sはちょっと乱れました。ステップもなかなか軽快。軽々いってますね。後半に入って4T+2T。4T単独も決めて4回転全部成功しましたね。シットスピンから3Lz+3Tとまだ跳んできますよ。3Aも成功。コレオシークエンスもまだ体力ありますね。そこから直接3F跳んでジャンプ終わり。キャメルスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。すごい滑り出ましたねー。途中でTES100点いってましたものね。289.83。でかい点でました。

カナダのパトリックちゃん。最終滑走。まだ氷の質になれてないとのこと。ショパンメドレー。4T+3Tをまずは成功。3Aはきれいに決まりました。4Tもクリーンに決めてきました。さすがやりますね。ステップはさすがのエッジワーク。一人だけ靴が違うみたい。キャメルスピンは加速しています。いいぞ。3A+2Tをきっちり決めてきました。今日はアクセル調子いいですね。3Lz+2T+2Loも成功。3Loは跳んだ後ストップで印象的。3Sも音楽に合わせて跳ぶ心憎さ。シットスピンも回転が速いです。さすがの技術。3Fでジャンプおわり。コレオシークエンスでもまだ動きがいい。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。ここでノーミスかましてきますか!さすがパトリックちゃん!氷の質とかどういうことなんや。290.21!逆転で優勝です!コーチ大喜び。

○最終順位:(淋しい熱帯魚的に)
1. Stop 星屑でパトリックちゃんを飾り
2. Non-stop 優しい金を待つわプールサイド
3. ZUKI-ZUKI 切なくふるえるハン・ヤン
4. 幻の宇野でもいい逢いたいのに
5. ※Heart on MURA Heart on MURA あなたは来ない
6. 私の思慕いをディティクティブにしないで

そりゃ普通に考えれば金が優勝ですよ。4回転4つ跳んでるんですからね。300点越えも見えてくる選手。だからといって戦う前から負けを認めるべきじゃない。

今回はとびっきりの負けず嫌いパトリックちゃんの神髄を見せてくれました。4回転は2つ。でもいつもミスるアクセルもきっちり決めたし、氷のコンディションも難しい中ノーミスですよ。簡単には勝たせないと。心意気をみました。もちろん高い滑りの技術があってのこと。見事でした。

トークによるとSPのあと、パトリックちゃんは整氷責任者と話をして、コンディションを高めるよういろいろ働きかけたそうです。行動力は大事と実況席もいってましたが、それはいいことですよね。みんなにとってもいいことやし。

金は2位。まあ近いうちに勝てるから。それはみんな認めるところでしょう。むしろ今日はハン・ヤンがすごかった。いい演技できましたね。宇野は4位。まあ宇野も近いうちに。今回はぎりぎり4位でした。それよりも無良の5位、ディティクティブ田中の6位もすばらしいことです。

みんな難しいコンディションの中でよくがんばりました。あのリンク作った人ある意味すごいわ。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. 韓国

今日からプロ野球が始まりましたね。どこかの種いも球団は新クローザーが大炎上してサヨナラ負けしましたが、まあそこまで持って行けるのもいいことですよね。この寒い時期の炎上はありがたいね!(誰が?)

カーリング世界選手権は韓国戦。連敗はしたくないところです。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. 韓国。実況は曽根さん、解説は石崎さん。

韓国はキム(スキップ)、イ、オム、ギム(フォース)。日本は変化なし。

第1エンド、韓国は早速ガードをおいてきます。ハウスの中に韓国のストーンがたまってきました。日本は1点をとらされる展開でしたが、しっかり1点はとりました。

第2エンド、ハウスに入れてきた日本に対して韓国はコーナーガード。韓国はレイズテイクアウトですばらしいショットを決めてきました。姉も負けじといいダブルテイクアウト。ハウスの中にストーンがない状況で、7時方向のストーンが入ってると思って韓国は1点とりにいきましたが、やっぱり入ってませんでした。ブランクでもよかったような。

第3エンド、ガードを置く展開。途中でストーンのランプがつくつかないでもめてました。だいぶ時間かかった。これだけ時間とっててこのエンドはブランクエンドになりました。

第4エンド、日本は8時方向で複数得点のセッティング。しかし1個スルーがあってあまりうまく作れず、1点をとるエンドになりました。

第5エンド、韓国はどんどんテイクで日本のストーンを出しにきています。日本も中に入れて最少失点におさめようとしているのですが、なかなかうまくいきません。最後に韓国がスイープでショットを修正して2点とりました。韓国強いですねー。

第6エンド、クリーンな展開になりました。ブランクエンド。

第7エンド、次に後攻をとりたいということでゲームが動く気配。でもなかなか日本はヒットアンドステイがうまくいかない。最後にダブルテイクアウトを狙いますが、惜しくも届かず。惜しかった。

第8エンド、藤澤がスイープに参加していいショットにする。チームを鼓舞しているのか。韓国のセカンドがダブルテイクアウトを決めてくる。あやうくトリプルだった。日本は中央のストーンをガードで守る、韓国はダブルテイクアウトを狙う展開。日本の中央のストーンは出されてしまいましたが、韓国のラストストーンが残って1点とりました。

第9エンド、妹の1投目はスルー。なかなかきついですね。スイープでがんばってまっすぐにしていいテイクショットにしたりしています。粘って戦う。韓国はしっかりダブルテイクアウトしますが、このエンドは2点とりました。しっかりいけた。

第10エンド、これは延長も視野に入れないといけないですね。日本のフリーズショットがはずれたところで韓国がタイムアウト。また藤澤も参加してスイープしてます。今度は日本がタイムアウト。リンドコーチの指示でいい位置においてきました。もう大きなミスは許されない。なんとか韓国に1点とらせるポジションに置くことができました。息詰まる戦いだ。韓国は1点とってエクストラエンドに。

第11エンド、妹のウイックは惜しくも無効に。しかし中央に入れることができました。韓国がガードして日本がはずす展開。姉のダブルテイクが決まりました。これは大きい。エクストラエンドということでもう1回タイムアウトをとれました。すると韓国もタイムアウト。最後は藤澤がしっかりヒットアンドステイで1点とりました。やっと終わりました。

なんだか死闘でしたねー。みてる方も疲れました。なかなかアイスに対応できなかったのですが、アキュラシーの差を粘りでカバーしました。勝てるのはすばらしいことです。それにしても韓国強いわ。

大相撲3月場所2016:10日目

今日は甲子園の中継みていたのですが、小野塚さんがとても元気にやっていました。もはや名人芸、人間国宝レベルになってきました。小野塚さんの実況を裏の裏まで読んで聞いているのが好きなマイク松ですこんにちは。

春場所は10日目。一日一日春になっていきますね。

10日目。実況は吉田さん、解説は正面が二子山親方、向正面が朝日山親方。琴錦はいくつ名跡が変わるんだろう。すごいわ。

徳勝龍×御嶽海。左四つの展開ですが、胸があったら徳勝龍が力を発揮。寄り切りました。御嶽海もそうならないようにがんばろう。

逸ノ城×千代鳳。逸ノ城が両まわしからつかまえて寄り切りました。まあこのへんでうろうろしている場合ではないですからね。

北太樹×阿夢露。北太樹立ち勝ちましたが、阿夢露が押し込みます。北太樹が上手をとっていい体勢。両者投げの打ち合いになりましたが、阿夢露の下手投げが勝りました。自分のいい体勢になっていた北太樹は勝ちたかったですね。

臥牙丸×里山。だいぶ体格差がありますね。ガガは突き放していきます。しかしいなしてはずについた里山、下手投げで倒しました。吉田さん「なんだか一寸法師が、大きな鬼を仕留めたような」。

大翔丸×玉鷲。玉鷲が終始突き押して押し出しました。まあ大翔丸とはキャリアが違いますからね。

明瀬山×佐田の海。明瀬山はさみつけてつかまえますが、左右にゆさぶって前まわしを引きつけた佐田の海が寄り切りました。四つの力はだいぶ上ですね。

妙義龍×大栄翔。大栄翔ってそんなに勝ってるんですね。今日も前に出ましたが、妙義龍は余裕の突き落としでした。これで妙義龍勝ち越し。今場所は安心してみていられますね。

貴ノ岩×正代。貴ノ岩いい踏み込み。前まわしとりました。マサヨも起こそうとしますが、前まわしを引きつけた貴ノ岩が寄り切りました。あの体勢になるとさすがにマサヨもきついですね。

旭秀鵬×豊響。突き押し合い。豊響が左四つに組んで出ましたが、旭秀鵬が逆転のすくい投げで倒しました。どうも分が悪いのは変わらないですね豊響。

英乃海×松鳳山。松鳳山のど輪からおっつけで押し出しました。英乃海につかまらないように速い攻めでしたね。

勢×魁聖。魁聖いい前まわしとりました。勢もそれを切りましたが、しっかりつかまえた魁聖が寄り切りました。合い口ってあるんですねー。どうも勢は魁聖に勝てない。

千代大龍×蒼国来。突き押していく千代大龍ですが、土俵際で蒼国来が突き落とし。物言いがついて蒼国来の勝ちになりました。あれは行司さんもみてほしかったな。

豪風×安美錦。ダーティー対決。アミーどん引きしてしまいますが、豪風ついていって押し出しました。安易だなー。

琴勇輝×碧山。これはいい一番。シュシュシュ突き押しをかいくぐった琴勇輝が中に入って突き押し。どんどん押し出しました。吉田さん「まさに伸び盛り!」。下から下から出てるのがすばらしいですね。ライトサイドの相撲。

栃煌山×隠岐の海。隠岐の海が左四つになって最後はわたしこみで倒しました。今日は前に出る相撲できましたね。栃煌山は負け越し。

栃ノ心×宝富士。右四つになりました。宝富士が巻き替えてもろ差し。宝富士がつりあげて栃ノ心も首投げにいきますが、これは宝富士が勝ちました。いい相撲。

嘉風×高安。高安が変化。押し出しました。高安もダークサイドが見えてきたかな?暗黒面への転落が。

琴奨菊×豪栄道。ゴーエードー張り差しからもろ差し。そしてすくい投げで倒しました。地元に帰って息を吹き返したゴーエードー。菊も差し負けてしまいましたね。朝日山親方は昨日のキセの変化があって、立ち合いに消極的だったとのこと。

鶴竜×稀勢の里。突き押す鶴竜にしのごうとするキセですが、もろ差しになった鶴竜が押し込んでいます。もう少しということでキセが小手投げで逆転しました。あれはキセというよりも鶴竜があそこまで攻めておいて逆転される方が悪い。

照ノ富士×白鵬。白鵬すばらしい左前まわし。引きつけて寄り切り。厳しい相撲です。立ち合いが攻めの姿勢という二子山親方。今吉田さん「雅山さん」っていってました。

日馬富士×豊ノ島。豊ノ島がもろ差しから突き押しに。前に出て最後は押し倒しました。どうもハルマは足の状態が悪いみたい。でも豊ノ島いい突き押しでした。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(7):女子シングルFS

チャットモンチー「こなそんフェス」NHK特番は土曜深夜です。録画チェックお忘れなく。マイク松ですこんにちは。武道館公演と同様DVDでそろえたい。

さて、レビューが遅れている四大陸選手権、やっと女子シングルFSです。世界選手権までに間に合わせないと。

フィギュアスケート四大陸選手権、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は杉田さん。
第3グループから。

最初はアメリカのグレイシー・ゴールド。SPは時差ぼけでしんどかったらしい。わりと目の下にもくまができてますね。ストラヴィンスキー「火の鳥」。3Lzはちょっとツーフットっぽい。ステップからの3Loはしっかり。ステップは悪くない動き。2Aへのつながりもよくできてます。キャメルスピンはいけてました。音楽変わって2A+2T+2T。ここで2つも2T跳んで大丈夫かな。3Fはエッジがあやしいと杉田さん。3Lz+1Tはいけてました。シングルはわざとですね。さすがかしこい。コレオシークエンスから3S。レイバックスピンは軸安定しています。いいポジション。コンビネーションスピンでフィニッシュ。速い回転でした。今のコンディションでできることはやりましたね。帰ってよく寝て下さい。178.39。

カナダのアレイン・チャートランド。カナダ選手権ではSPもFSも2位だったけどチャンプらしい。「風と共に去りぬ」より。いいスピードで入ってきてますね。3Lz+3Tはセカンドでツーフット。3Fはアウトエッジで前向きに降りました。こいつも時差ぼけなんかな。小ステップからコンビネーションスピン。いろんなポジションを回転速くできてますね。3Loも前向きに降りてる。2A+1Lo+3Sは回転が足りてないです。3Lzはまずまずいけました。ステップはよく動けてます。このへんはチャートランドの持ち味。3Sは転倒。2A+2Tはいけました。シットスピンはおもしろいポジションもありました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。たぶん時差ぼけだと思います。もっといけるし。帰ってよく寝て下さい。165.73。スコアみながら寝てた。

韓国のダビン・チョイ。ぴょんちゃんの期待の星。「レ・ミゼラブル」より。3Lz+3Tから入りました。ステップからの3Fも成功。キャメルスピンもいけてますね。スピードは抑えめですが。2A+3Tはセカンドで回転不足か。コレオシークエンスから3Lz+2T+2Tは手あげで。3Sも決まってます。ジャンプよく決まってますね。2Aからステップはもっと躍動感出したいところですがまだジュニア世代ですからね。レイバックスピンはポジションがよかったし。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ベストな演技はできてましたね。173.71。パーソナルベストいけました。

アメリカのカレン・チェン。「レ・ミゼラブル」より。また出てきた。杉田さんが「これからのホープさん」っていってる。ホープさん。3Lzは高さ出てました。3Fはアウトエッジだそう。高かったけど。コンビネーションスピンはいい回転軸してます。曲が変わってステップ。2A+3Tは転倒。シットスピンは短く。コレオシークエンスは大きなスパイラル入れてます。3Lz+2Tはステップアウト。回転が微妙に足りてないのが多いですね。3Lo、2A+1Lo+2Sはいけてました。3Sは転倒。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプがきっちり跳び切れればいいところいきそうです。161.52。

誰か早く1位になってゴールドをホテルにかえしてあげて。

韓国のキム・ナヒョン。「グレート・ギャツビー」ほか。3Lo+3Loを跳んできました。回転足りてるといいですが。3Lz+3Tは回転は足りてなさそう。2Aはいけてましたがスピードがないですね。シットスピンはもっと回転速度がほしいところ。レイバックスピンはいけてました。ポジションもいいし。木魚っぽい音が入ってます。先祖が供養できる。3F+2Lo+2Loを跳んできました。ループ得意なんですね。3Sは回転足りてないそう。3Fは成功。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。全部エレメンツやってたかな。いずれにしてもちょっと単調でしたね。これからがんばらないと。170.70。

ゴールドがぼんやりみてる。

カナダのケイトリン・オズモンド。「オブリビオン」ほか。身のこなしはさすがですね。3F+2Tはやばかったですがまとめました。2A+2Tは2-3の予定でした。計算がんばれ。もう2T跳べないからね。3Lzもなんとか着氷。キャメルスピンのポジションもきれい。病み上がりとはいえ身のこなしに品がありますね。ちょっとずつや。3Loは成功。3Fときっちり。コレオシークエンスはスパイラルやイーグルでしっかり印象づけます。3S+1Lo+2Loとちゃんと計算はしてるみたいですね。2Aからレイバックスピン。これはさすがの力。ステップはレベルをとるようしっかりがんばってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。おーやりましたね!今のコンディションなら十分です。さすがカナダの至宝。175.63。ぎりぎり抜けなかった。

最終グループ。

アメリカのミライ・ナガス。オマエなら1位になれるはず。「グレート・ギャツビー」。ストレッチみたいなポーズからスタート。3F+3Tを跳んできました。いいぞ。3Lzはロングエッジのよう。ステップからの3Sもいけてます。キャメルスピンはポジションもっとがんばりたいですね。スパイラルはアメリカらしい思い切ったポジション。2A+3T+2Tを後半で最初に。3Loも決まってます。いいぞジャンプ。3Lo+2T、2Aとしっかり跳んでジャンプおわり。コンビネーションスピンからステップ。このリズミカルな表現いいですね。いいところがでてる。最後のレイバックスピンは見事でした。がんばりましたね!ミライもいいコンディションになってきた。コーチって大事ですね。193.86。よかったよかった。おやすみゴールド。

村上佳菜子。「SAYURI」より。3Loは手ついたか。2A+3Tは回転が足りてないぽい。高さは十分にあるんですが。3Lzはなんとかこらえました。今日はジャンプがクリーンじゃないですね。キャメルスピンからステップはなかなかキレよくいけてます。個性出していく。コンビネーションスピンもまずまず。バッターボックスっぽい演技があったあと3Loはシングルに。3F+1Tも回転が足りないぽい。3Sは流れよく決まりました。コレオシークエンスから3S+2Tへの流れはとてもよかったです。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプがきっちり跳べてればなー。175.12。うーん。

ゴールド、ミライとめっちゃ話してるやん!早く寝ればいいのに。目がさえてきたんかな。

本郷理華。「リバーダンス」。スピードありますね。3F+3Tはセカンドで転倒。やっぱスピードの出ないリンクなんかな。3Sは手あげ。3Lzはロングエッジ。キャメルスピンからステップに。昔に比べて身のこなしがきれいになってきましたね。ふとした瞬間の表情もいいです。2A+3T+2Tは回転微妙。3Loは高さありました。コンビネーションスピンはいろいろなポジションでできてました。3Fからコレオシークエンスはダンスプログラムっぽかったです。2A+2Tを決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。やっぱりミスも出ましたが、なんか力を出せない感じでもがんばってました。181.78。2位に入りました。

ゴールドとミライはまだ話してます。楽しそうになってきたぞ。

中国の李子君。「アーティスト」より。2A+1Lo+3Sから入りました。幅のあるジャンプでしたね。2A+3Tは手をつきました。3Fは助走スピードが落ちてましたが決めてます。3Loもリズムに乗った中で決めてます。キャメルスピンを終えて音楽が変わりますが、やっぱり李子君もしんどそうですね。かぜひいてるからかな。気持ちはわかります。3Lzはインサイドエッジ。3F+2Tは決まりました。3Sは転倒。がんばれ。ステップは必死で楽しそうじゃないですね。もうちょいもうちょい。コンビネーションスピンはしっかり1つ1つ。レイバックスピンでフィニッシュ。おつかれさまでした。167.88。おだいじに。でもだいぶ下がってますねー。

宮原知子。リスト「ため息」。この入り好きなんですよね。リストをよく解釈してる。速いですねー。3Lz+2T+2Loから入りました。ステップからの3Loもしっかり。キレで跳んでますね。ステップはリズムをよくつかんでます。このキレがとてもすばらしい。1つ違う次元にいるんですね。3Fもリズムの延長で。コンビネーションスピンは両回転。3Lzもきっちり回転してます。2A+3Tも成功。キャメルスピンはそれぞれのポジションでも十分まわってます。難しいステップから3Sも決めた。2A+3Tをこの終盤で成功。コレオシークエンスでしっかり叙情も表現。最後のレイバックスピンまで1つの演技でした。すばらしいです!完全に滑りを自分のコントロール下に置いてる。あくまで四大陸ですが、圧倒的に強いですね。強い。214.91。この会場でこのスコア出せるか。美栄ちゃんもご満悦。

韓国のパク・ソヨン。「ロミオとジュリエット」。3Lzから入ります。2A+3Tもしっかり幅と流れがあるいいジャンプです。3Fは転倒。うーん。キャメルスピンからステップ。力強いです。3S+2T+2Loは回転不足。3Loは回転どうだったかな。レイバックスピンはいいポジションです。コレオシークエンスの感情表現はがんばってますね。3Sからコンビネーションスピンで、切腹してフィニッシュ。がんばりました。順番が悪かった。178.92。でもいい点でました。4位上出来です。

○最終順位:(世界でいちばん熱い夏的に)
1. 8月の宮原を両手で抱きしめたら イマジネーション飛び立つのサヴァンナへ
2. 輝く銀色のミライはふたりを乗せ 遥かな国境を今越えるよ
3. たいくつなイルミネーションざわめく都会の本郷
4. ステレオタイプのパク・ソヨンがほら蜃気楼の彼方に消えてく
5. One and only darling 駆けぬけるゴールドのストライプ
6. Fly with me darling 舞い上がる砂のオズモンド

宮原が優勝。まあ四大陸で負けてられないですよね。今回のリンクはなかなか選手の100%を出させてくれない感じですが、これまでの練習は宮原にそれを可能にしてるんですね。さすがです。

ミライが2位に入りました。演技に安定感が出ればここまでやれるんですね。今のコーチは厳しいらしいですが、もう現役の終わりまでしっかり腰を据えてがんばりましょう。今大会は最年長でもまだまだやれるよ。3位は本郷。表彰台は死守できましたね。これも試練でしょう。きっと成長するし、これまでも成長してる。4位はパク・ソヨン。なにげにこれは収穫の4位でしょう。ゴールドは5位。あんなにSPであかんかったのに結局5位ですか。時差ぼけがなければどうなってたか。6位はオズモンド。え?オズモンド6位?って感じです。カナダの至宝が順調に輝きを取り戻してきてますね。

時差ぼけって怖い。みんなおだいじに。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. デンマーク

ラン×スマで優ちゃんが卒業してしまいました。ラン×スマをもり立ててきた功労者が卒業とは。これからどうなるんだろうと思うマイク松ですこんにちは。おつかれさまでした優ちゃん。

カーリング世界選手権はデンマーク戦です。デンマーク強いぞー。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. デンマーク。実況は杉澤さん、解説は敦賀さん。

デンマークはクレメンセン、リスダル、デュポン、ニールセン。日本は変化なし。デンマークはドーピングでひっかかったとかでデュポンはそのあとに加入した選手だそう。

第1エンド、日本はハウスの中に入れてきます。アイスリーディングをしながらハウスの外側でやってる感じ。デンマークのストーンをテイクできず、デンマークが2点とりました。

第2エンド、最初に両者ともガードを置いてきます。なかなか日本は微妙なアイスコンディションをつかめない感じ。デンマークのストーンが中央にある状況でレイズテイクアウトを狙いますが、これがはずれてデンマークが2点スティールしました。チャレンジは立派。

第3エンド、真ん中の曲がりをうまくコントロールできない。ハウスの前にストーンがたまる展開。日本はなんとか2点を模索しますが、てきぱきとデンマークがテイクテイクしていき、1点とらされる展開になりました。なんとか1点とれたのはよかった。

第4エンド、スティールを狙ってガードを置く展開。いい感じで中央にストーンをためてスティールを狙いますが、最後のニールセンのストーンが日本のストーンをきれいにテイクして、なんと3点とりました。さすがニールセン、きついです。

第5エンド、相変わらず正確なショットで日本の得点をうまくさばいてくる。今回は藤澤のいいショットで真ん中にナンバーワンができたが、最後のストーンがうまく曲がらず、1点止まり。

第6エンド、12時方向にデンマークのストーンがたまっているが、藤澤がその後ろにきっちりナンバーワンストーン。デンマークのストーンが少しだけ長くて、日本が1点スティールしました。助かった。

第7エンド、同じような展開。日本はガードを置いて、デンマークはそれをはじき出す展開。中央にセットしていいラインコールから真ん中に置いていく。デンマーク最後のショットは1つのみで、日本が連続スティール。結構調子よくなってる。ハーフタイム後に復活すること多いですね。

第8エンド、ハウスの前に両チームのストーンがごちゃごちゃし始めました。日本は1点スティールの形にしますが、ニールセンがガードの間をすり抜けて日本のナンバーワンストーンをテイクして4点とりました。ここで日本がコンシード。日本 11-4 デンマーク。

最初に2点2点ととられてしまったのもありますが、中盤からは十分戦えるコンディションにもってこられました。なにしろデンマークは強かった。切り替えて次いきましょう。いけるいける。

大相撲3月場所2016:9日目

知人男性関連で、ヤマダテットとハタケとカワバタが立ち食いそばにいってたという記事も今更みましたが、これはスクープじゃなくてただの近況ですよね。殺伐としたパパラッチ雑誌にそんなほんわか記事を書かせるヤクルトってなんなんだと思うマイク松ですこんにちは。オリックも生活状況は似たり寄ったりだと思いますが、そういう記事は出ません。スターがいないから。

春場所は9日目。だめなスクープはされないように気をつけましょう。

9日目。実況は三瓶さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が立田川親方。現在はもと豊真将です。

千代鳳×明瀬山。差し手争いになりましたが、右を差した千代鳳が、明瀬山の小手投げに乗じて寄り切りました。明瀬山流れが悪いですね。まあまだまだ勉強することは多そう。

徳勝龍×北太樹。中に入ろうとした北太樹を徳勝龍はたきにいきましたが、逆に引き落とされました。立ち後れた時点できつい。

御嶽海×阿夢露。阿夢露が引いたところを御嶽海が中に入って押し出し。阿夢露を引かせるほどの圧力ということか。

臥牙丸×大栄翔。ガガの当たりを逃げ回る大栄翔、離れたところでガガの押しをいなして押し出しました。ガガもあそこまでいかなくてもいいかも。

里山×千代大龍。千代大龍いい当たりで押し込みますが、里山が土俵際で突き落としました。小さい相手には思い切っていけると思ったのでしょうが。

貴ノ岩×大翔丸。大翔丸のいい当たりと小さくなる立ち合いに貴ノ岩が引いてしまいました。最後は押し倒し。大翔丸いい相撲でしたねー。貴ノ岩は相手を甘くみたかもと舞の海さん。

豪風×玉鷲。押して突き落としの豪風ですが、はずからの玉鷲の突き押しに倒れてしまいました。今場所の豪風はみられてますね。

逸ノ城×正代。マサヨ組み合いますが、逸ノ城がしっかりつかまえて寄り切り。まだ差がありますね。でもいつか追いつく。

豊響×松鳳山。今日はグレートホーン炸裂。一気に押し込んで最後は豊響の突き出し。理想の相撲ですね。

旭秀鵬×佐田の海。佐田の海が立ち合いからもろ差し。旭秀鵬突き落としにいきますが、しっかりついていった佐田の海が寄り倒しました。よくまわし離さなかった。

英乃海×蒼国来。立ち合いで右を差した蒼国来、英乃海がまわりこもうとしてもがんばって足を送り、右を離しませんでした。寄り切り。

魁聖×安美錦。アミーいい立ち合いから肩すかしにいきますが魁聖がなんとか残しました。決まり手はわたしこみ。

碧山×妙義龍。突き押し合いになりますが、シュシュシュ突き押しをかいくぐった妙義龍がいなして押し出しました。いい相撲。あの圧力でも相手が見えてますね。

隠岐の海×栃ノ心。右四つで引きつけあい。両者ともパワーで相手をコントロールしようとします。いい相撲。隠岐の海の上手が切れてしまいました。投げの打ち合いになりますが栃ノ心が上手投げ。力の入る相撲でした。

高安×宝富士。右四つになりましたね。高安がうまく肩すかしから送り出しました。キレある技でした。

嘉風×琴勇輝。立ち合いの引き落としで決まりました。これはいくらなんでも嘉風が低すぎましたね。

豊ノ島×照ノ富士。差し手争いの激しい争いでしたが、照ノ富士がすくい投げでひっくり返しました。なかなかいい一番。

琴奨菊×稀勢の里。キセ注文相撲。なんかただのゲス野郎の心に墜ちてしまいましたね。それで勝ってどうなる。これも摂理のなせるダークサイドの影響なのか。暗黒卿への最後の修行が始まる。

栃煌山×白鵬。立ち合いから白鵬が一気に押し出しました。

日馬富士×勢。激しい相撲になりましたが、勢はなんとか中に入ろうと思っていたようですね。でも張り手やのど輪で中に入れませんでした。

鶴竜×豪栄道。ゴーエードー一気に中に入って寄り切り!今日はゴーエードーいい相撲でした。鶴竜も踏み込む前に入られてしまいましたね。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. ロシア

今更ながら(ほんと今更)、ヤクルト上田の「知人男性」事件を知って、めっちゃ笑ったマイク松ですこんにちは。詳細は検索してほしいのですが、ヤクルトコミュニティ全体でやんわりいじっていくプロセスが最高です。知人男性最高。

カーリング世界選手権、今日はロシア戦です。強いだろうなー。がんばれー!

世界女子カーリング選手権、日本 vs. ロシア。実況は杉澤さん、解説は敦賀さん。

ロシアはヨーロッパチャンプ。イエゼ、ラエバ、フォミナ、シドロワ。日本は変化なし。

第1エンドはブランクエンド。両チームとも探る展開でした。

第2エンドは早速ガードストーンを置いて攻撃態勢に。大事なストーンをテイクテイクする展開になりますが、姉のテイク&フリーズショットが決まっていい展開に。最後はきっちりテイクして日本が2点とりました。

第3エンド、ロシアはスルーもあったがそのあとダブルテイク。両チームともクリーンな展開になり、ブランクエンドになりました。

第4エンド、ガードの後ろをめぐる戦い。日本がいいロールを見せますが、ロシアはガードとの間にドローしてきました。そこで姉のレイズテイクアウトが見事に決まりました。いい調子してます。日本はスティールの展開を作り、ロシアにプレッシャーをかけますが、ロシアのシドロワのラストストーンは見事なヒットアンドロール。しかし成功しても1点。スティールできなかったのは残念ですが、ここまでプレッシャーをかけられるようになったんですね。

第5エンド、最初はテイクテイクでしたが、ガードの後ろのドロー合戦になってきました。双方ともレベル高いですが、ラストストーンがロシアが短かったのに対し、藤澤のストーンはばっちり。2点取れました。このロシアのレベルに対して2点とれるだけで十分や。

第6エンド、日本はテイクテイクの展開。そこからハウス中央に日本のストーンがたまってきました。シドロワはダブルテイクアウトで対抗。うまい選手ですねー。藤澤はレイズテイクアウトでばっちりスティールのお膳立てはしました。次はダブルテイクアウトならず、日本が1点スティールしました。構図は単純でしたがこっちでスティールできるんですね。

第7エンド、わりとクリーンな展開でハウスの中央での攻防。藤澤がラストストーンでテイク&フリーズショットを決めてプレッシャーをかけます。ロシアのラストストーンも同じくテイクにいきますが、結果はぎりぎり日本が1点スティール。すごい攻防です。

第8エンド、日本はすでにスルーさせてきました。ロシアに対してすごい。ガードを1つ1つはずしてきます。ダブルテイクが惜しくも足りずロシアのストーンが残ったのですが、次のストーンが短くてハウスに入らず。ロシアのダメージが大きくなってると敦賀さん。序盤の展開からするとちょっと考えられないですね。結局このエンドはブランクエンド。でも内容の濃い展開でした。

第9エンド、日本はスルー。ロシアのビルドアップを姉がダブルテイクアウト。ほんとに姉は絶好調ですね。ロシアは1点とらされる状況でストーンを残せずブランクエンド。ここでロシアがコンシードで試合終了。日本 6-1 ロシア。

相手はヨーロッパチャンプだったのですが、こんなに勝てるとは。しかも2点スティール。理想的な展開はフォースに大きなプレッシャーをかけることでしょうけど、それが常にできていました。逆に藤澤はかなり楽なショットの状況で投げることができていました。もちろん妹も鈴木もすばらしいですが、何より姉がすばらしいです。

大相撲3月場所2016:中日

BSのミニ番組に「水・族・館」というのがあります。水族館のいきものの姿を延々ピアノ演奏とともにながすだけの番組ですが、すごい落ち着くし眠くなります。レギュラー放送してほしいマイク松ですこんにちは。あ、ピアノだけじゃなくて今ボッサ的な音楽にもなってる。

春場所は中日です。なかび。

中日。実況は刈屋さん、解説は正面が鳴戸親方、向正面が稲川親方。

千代鳳×大翔丸。大翔丸はたきにいいきますが、千代鳳が右前まわしをとってつかまえ、寄り切りました。大翔丸は離れてとった方がよかったのかどうなのか。

明瀬山×御嶽海。明瀬山のいい当たりで押し込みますが、御嶽海がもろ差しから寄り切りました。明瀬山立ち合いはよかった。

大栄翔×阿夢露。大栄翔に中に入ってくいついた阿夢露。大栄翔がまわりこみながらはたき込み。物言いがつきましたが、阿夢露の足が先に出ていました。相撲は阿夢露だったんですが。

豊響×里山。里山は中に入り、豊響は上手をとりました。先に里山が攻めて下手投げで下しました。きれいな投げでした。里山の相撲。

北太樹×佐田の海。左四つ。北太樹は右上手をとって寄っていきます。佐田の海がうっちゃりにいって物言いはつきましたが、北太樹の足が先に出てしまい佐田の海勝利。行司さんよくみてますね。

英乃海×千代大龍。英乃海が左差しから寄り切り。あっさり。厳しい相撲が目立つ英乃海。

豪風×徳勝龍。豪風中に入りますが離れてしまいます。はたきにいきますが押し出されました。

玉鷲×魁聖。はずから押していこうとする玉鷲でしたが、魁聖がどんどん押して押し出し。まだ余裕ありました。

妙義龍×逸ノ城。ちょっと前の好取組。妙義龍少し動いてのど輪からもろ差しで寄りきりました。こういうふうにどんどん展開が出て行くのが妙義龍のいいときですね。とてもいい相撲でした。逸ノ城は後手の相撲になったと稲川親方。

臥牙丸×正代。ガガにおっつけでいくマサヨ、出てきたところをすくい投げで逆転しました。どうもガガは腰が高いみたいですね。

旭秀鵬×貴ノ岩。右四つの展開、貴ノ岩が先に上手をとりました。上手をブロックしながら引きつけて寄り切り。しっかり旭秀鵬の上手をケアしてましたね。

琴勇輝×安美錦。アミー変化にいきますが、琴勇輝の突き放しで先に土俵を割ってしまいました。ぎりぎりでしたが琴勇輝の圧力勝ち。

松鳳山×高安。突き押し合いから松鳳山がもろ差しを狙いますが、左を差したところで高安が突き落としました。

宝富士×豊ノ島。豊ノ島がもろ差しからおっつけて押し込んでいきます。宝富士はかいなをきめにきます。かいなを抱えてしのぐ。豊ノ島はもろ差しになりたいところ。長い相撲になってきました。最後は宝富士がきめだし。

豪栄道×栃ノ心。ゴーエードー変化。ホームでしょうもない相撲とりますよね。それで大阪の人たちが喜んでくれるとでも思ってるのかな。

勢×稀勢の里。調子のいい両者の対決。左四つになりました。勢はもろ差しになられ小手投げでしのぎます。キセは上手をとって上手を切って寄り切りました。これは厳しいかつすばらしい相撲。絶対に負けないという気持ちを感じましたね。この調子でいってほしい。

琴奨菊×栃煌山。栃煌山もろ差しで菊苦しい体勢も、左を巻き替えて一気に寄り切りました。こういう前に出る姿勢はとてもいいこと。さすがにもろ差しはきついかと思いましたが休みませんでした。

隠岐の海×照ノ富士。隠岐の海の肩すかしで照ノ富士あっさり勝利。うまく決まりすぎでしょ。

日馬富士×蒼国来。左四つで蒼国来が下手からもろ差しにいこうとします。ハルマは小手投げで崩して寄り切り。蒼国来の相撲も悪くない。

鶴竜×碧山。碧山シュシュシュ突き押しでがんばりますが、鶴竜がもろ差しになって寄り倒しました。

嘉風×白鵬。白鵬は突き放して中に入れないようにし、突き押しから最後は押し出しました。すごい量の鼻血が白鵬についてました。なかなかダーティーな取り口になりましたね。

世界カーリング選手権2016:日本 vs. イタリア

体調よくないので病院にいってきたマイク松ですこんにちは。近所にいるわりとやぶ医者のところにいってきたのですが、あの先生といまいちうまくコミュニケーションがとれずにもう15年くらいになります。

カーリングの世界選手権はイタリア戦。前のいい流れをもってきたいところです。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. イタリア。実況は杉澤さん、解説は石崎さん。

イタリアはガスパリ、オリビエリ、メナルディ、アポローニオ。イタリアのリザーブはアポローニオのマンマらしい。日本は不変。

第1エンドはブランクエンド、第2エンドはイタリアのガードストーンが残ってしまってからは攻撃的な展開に。イタリアのストーンがぎりぎりスルーしてしまって2点パターン、ラストストーンが回り込めず、それをテイクして日本が3点とれました。これは最初から大きいですね。姉のラインコールがいい。

第3エンド、前にガードがたまる展開で、そこをすり抜けるようなショットの連続。日本がごちゃごちゃさせて大量スティールの展開を作るが、イタリアは今度はきっちり1点はとれました。

第4エンド、序盤はきれいな展開でしたが日本が平行において複数得点を狙います。スイープのコントロールがすばらしく、いいショットが次々と決まります。最後は藤澤のストーンでヒットアンドロール。また3点とれました。助かる。

昨年から曲げる伸ばすの役割で2種類のブラシを使い、人で使い分けるというやり方が浸透しているらしい。イタリアはそれができてないから結構きつい。あれができるとすごい便利。

第5エンド、こちらは比較的きれいな展開。また日本がスティールの展開を作りますが、イタリアはしょうがなく1点とりました。

イタリアは数字がわかりやすいのでウエイトがわかってみやすいです。

第6エンド、もうウイックにきてる。妹のウイックほんとにうまいですね。最後にうまく真ん中において日本が2点とりました。どうもイタリアのウェイトコントロールがうまくいってないみたい。

第7エンド、日本はテイクテイクの展開。イタリアは1点とらされました。そうとしかいいようのないセッティング。

第8エンド、きれいな展開。藤澤のきっちりフリーズショットが決まる。そしてイタリアのフリーズが割れて、それをテイクして2点とりました。ここでイタリアがコンシード、日本 10-3 イタリア。

今日は順当に勝てました。やっぱりスイープ分業制はかなり効いてるみたい。いい流れできている感じです。

大相撲3月場所2016:7日目

わかめごはんが好きです。富井です。今日は俳優の三宅弘城さんがゲストということでダイジェストじゃなくて本放送を見てみることにしました。ナイロン100℃の時代からファンです。って、まだナイロンの人ですけど。実況は大坂さん、正面は北の富士さん、ゲストは三宅弘城さん。北の富士さんも「あさが来た」を見ているそうです。さすが、北の富士さん、話を合わせるのが上手だ。そして、北の富士さんは波留さんからのコメントに嬉しそう・・・。

北太樹×大栄翔。立ち合いで北太樹が当たり負け、そのまま押しだされてしまいました。うーん、大栄翔の若さですかね。

雑談1。審判はよく怪我をするという話。北の富士さんも現役の頃足の指を骨折させたことがあるそう。敏捷な人が審判になった方がいいね。

大翔丸×里山。里山が10歳日大の先輩。中に潜ろうとする里山ですが、それを許さず突き放しながらよく見て押しだしました。

秋瀬山×玉鷲。秋瀬山も日大出身。玉鷲の両手付きでバランスを崩す秋瀬山。しかし土俵際で秋瀬山の逆襲。玉鷲もバランスを崩しましたが、立て直してまた秋瀬山を押しだしました。攻防があると面白いですね。

臥牙丸×御嶽海。ゆっくり立った臥牙丸ですが、余裕で押し返しました。御嶽海が子どもみたいだ。

雑談2。臥牙丸はラーメン替え玉だと13杯たべる。臥牙丸は一度も身体を大きくしたいと思ったことがない。本当は195キロまで体重を落としたい(公称は199キロだけど、本当は200キロこえているらしい)

千代鳳×佐田の海。千代鳳の低い姿勢からの押しに佐田の海が引いてしまいました。身体が大きいのに小さくなって押すのが上手。

豊響×英乃海。立ち合いから一方的に豊響が押しだしました。のどに頭が入ると下がるよね。

徳勝龍×千代大龍。手を出して徳勝龍が左をさし、その後両まわしを取って寄り切り。ここまでずっと押し出しだったから新鮮。

貴ノ岩×阿夢露。貴ノ岩が立ち合いから攻めていましたが、阿夢露が上手く左を入れると下手出し投げ。まわしを取ると力強いですね。

逸ノ城×魁聖。左の上手を取った逸ノ城。なかなかせめないうちに魁聖も左をとり寄りますが、土俵際で逸ノ城がしのぎます。もう一度魁聖が寄ったところで左をきって逸ノ城の下手投げ。

雑談3。逸ノ城と魁聖は2人あわせて400キロ以上。膝を痛めると大変だ。

豪風×松鳳山。両手付きの松鳳山が一気に前に出ましたが、土俵際で引いて頭を低くさせた豪風がひらり。

雑談4。北の富士さんによると町でどこでもちゃんこ鍋をたべられるけど、部屋でお相撲さんと食べるのが一番美味しい。

旭秀鵬×正代。手をつかない旭秀鵬に行事待ったがかかります。2度目はあたった後、正代が素早く巻きかえたところ旭秀鵬がなげを打ったのですが、正代がうまく体をよせてよりきり。

勢×妙義龍。立ち合いが合わず、待ったをかける勢。立ち合いで妙義龍の左が入りましたが、右をとれてないまま勢が小手投げ。勢は右を取らないと相撲にならなかったのに・・・と北の富士さんも成長を褒めていました。これで勢は7連勝。

琴勇輝×高安。バチ、バチと手をたたき合う両者。立ち合いは高安がよかったですが、横から琴勇輝が押してバランスを崩すと上手く押しだしました。

栃煌山×宝富士。立ち合いでもろ差しになった栃煌山。そのまま左からのすくい投げで2勝目。宝富士は初日に白鵬に勝ったのにもったいない。

隠岐の海×稀勢の里。立ち合いは互角でしたが、両まわしを取って見事な寄り切りでの7連勝。まあ、稀勢の里はこれからですよね。

琴奨菊×豊ノ島。40回目の対戦。立ち合いで抱えに行く琴奨菊、しかし豊ノ島がもろ差しになり、巻きかえに来るところを前に出るという豊ノ島の完璧な形だったのですが、琴奨菊がよく残し、はずから突き落としました。おお、すごい。完全に豊ノ島が勝ったと思いましたが。この危ない相撲に勝ったことで菊の自信になっていくんじゃないかと北の富士さん。

蒼国来×照ノ富士。蒼国来が左を巻きかえにいくのですが、それをゆるさず逆に照ノ富士が左からおっつけて寄り切り。

豪栄道×安美錦。安美錦がふわっと立ち合ってしまい、豪栄道がよく見てついていきました。安美錦は立ち合いの思惑が外れてしまったようですね。

鶴竜×嘉風。低くあたった嘉風でしたが、鶴竜のかちあげで上体がおきてしまい鶴竜の張り手を浴びてバランスを崩してしまいました。

栃ノ心×白鵬。立ち合いから隙のない寄り切り。さすが横綱。

日馬富士×碧山。立ち合いが合わずつっかけてしまう横綱。碧山が両手付きで距離を取ろうとするが、見ながらさっと中に入って寄り切りました。

大相撲3月場所2016:6日目

春物のコート買ったマイク松ですこんにちは。10年着られるようがんばります。

大相撲は6日目。追いついていきたいです。

6日目。実況は白崎さん、解説は正面が尾車親方、向正面が待乳山親方。まつちやま親方です。

北太樹×御嶽海。御嶽海がいなしからすくいで崩す。そしてもろ差しからはず攻めと柔軟な取り口で北太樹を寄り切りました。体が動いてる。

徳勝龍×里山。潜ってまわしをとった里山、前まわしで攻めますが、徳勝龍も上手をとって出て行きますが、里山がかいなをたぐるようにして倒しました。決まり手はかいなひねり。逆転に場内大歓声。

大翔丸×英乃海。大翔丸出て行きますが、体格にまさる英乃海が突き放して突き出しました。英乃海結構大きいんですね。

逸ノ城×大栄翔。引いた大栄翔に対して逸ノ城もどん引きで呼び込んでしまいました。このあたりでそんな相撲とってどうする気なんだろう。

明瀬山×阿夢露。正面から突き押していく明瀬山ですが、阿夢露の突き落としに落ちてしまいました。冷静な阿夢露に一気にいってしまいましたね。

臥牙丸×千代鳳。千代鳳が前まわしからしっかり左差し。がぶって寄り切りました。ガガももうちょっと粘ろう。

貴ノ岩×佐田の海。突き押しから右四つに組み止めた貴ノ岩。しっかり引きつけて寄り切りました。四つも成長してきてますね。佐田の海はつかまらないようにしながらとりたかった。

玉鷲×千代大龍。千代大龍いなしてかわそうとしますが、玉鷲が突き出しました。やっと千代大龍に勝った。まあ偶然ですよね。

豪風×豊響。豪風押し込んでおいてはたき。今日は決まりました。親方の前で勝てた。

妙義龍×魁聖。妙義龍右差しから攻め込みます。魁聖もすくいで崩そうとしますが、しっかりくいついた妙義龍が寄り切り。今場所は自分の相撲とれてますね。

旭秀鵬×松鳳山。突き押しからはたきの旭秀鵬。旭秀鵬って取り口をよく研究している印象。いやがる相撲をとる。

正代×安美錦。アミーに挑むマサヨ。マサヨが出て行きますが、アミーは右上手でコントロールします。くいついて出て行くアミーですが、マサヨがおっつけで突き落としました。粘り強さの勝利。

隠岐の海×蒼国来。左四つで組み止めた蒼国来が隠岐の海にくいついて寄り切りました。速い攻めで初日出した。

勢×宝富士。左四つは宝富士の体勢ですが、勢が強烈な右上手から出て寄り倒しました。違う四つでもしっかり勝てる。調子のよさがうかがえます。

琴奨菊×碧山。左差しの菊、がぶって返しの突き落とし。今日は万全でしたね。

琴勇輝×照ノ富士。琴勇輝がどんどん押して照ノ富士がつかまえられない。最後はもろ差しで寄る体勢になりどうかなと思ったが、かいなをつきつけて寄り切りました。のど輪や突き押しの力が上がってる。挑戦する気持ちがいい方に出ているとのこと。

豪栄道×高安。ゴーエードー変化。高安対応しましたが突き落としでゴーエードーの勝ち。どっちもいまいち。

栃煌山×稀勢の里。キセが立ち合いから一気に寄って寄り倒し。珍しいスピード相撲ですね。

豊ノ島×白鵬。白鵬突き押しで豊ノ島を中に入れませんでした。それなら大丈夫。

日馬富士×嘉風。嘉風がステップで下がったところでハルマの足が流れてしまいました。いちおうはたき込みなのか。あっさりでした。親方の前で勝てた。

鶴竜×栃ノ心。鶴竜もろ差しで栃ノ心は外四つに組み止めますが、鶴竜の寄り切りでした。胸を合わせる前に仕留めたかったですね。

カネコチヒロはマウンドの芸術家らしい

日本ハム新マスコット発表。あんまり変わり映えしない感じもしますが、きっとグッズではバリエーションが増えるでしょう。オリックも早く種いもとかじゃがいもとかメークインとかのマスコットを増やすべきと考えるマイク松ですこんにちは。

さて、もうしばらくするとプロ野球のペナントレースが始まりますね。オープン戦も終了してますし。各球団はオープン戦をいろいろがんばったようですが、オリックも悪かったり悪かったりの成績だったようです。

そんな中で奮闘しているのが種いもエースカネコチヒロ。調整は順調のようです。そしたらメディアがよくわからないことを言い出しました。

「マウンドの芸術家」カネコチヒロ、7回0封で開幕へ万全断然

書いた人の文章力がちょっと気になる感じのタイトルですが、マウンドの芸術家だそうですよ。高橋のイケメン魔術師にちょっと通じるところがありますよね。

だいたいマウンドの芸術家はどんな作品を作り出すのでしょうか。

  • 土を集めてお城を作る
  • ボールを積み重ねてタワーを作る
  • ロージンバッグを駆使して文字を作り出す
  • シュンタの上半身をマウンドに埋めてスケキヨを作り出す

だいたいマウンドにいるのはピッチャーです。他の人も適当な名称をつけてごまかしてしまいましょう。

  • 本塁上のいも農家
  • 一塁上のいも農家
  • 二塁上のいも農家
  • 三塁上のいも農家
  • 右翼のいも農家
  • 中堅のいも農家
  • 左翼のいも農家
  • 療養中のアダチ

世界カーリング選手権2016:日本 vs. フィンランド

運動会とかで、小麦粉の中にあるあめとかを探す競技?ってあると思います。人生で初めて、あれにトライしてきたマイク松ですこんにちは。ふわふわして気持ちいいし、自分は何もわからないのに周りが結構笑ってたので、おいしいなと思っていましたが、写真をみるとすぐ絶望しました。

さて、そんなところから帰ってきたらなんと!世界カーリング選手権が始まっていました。早速みていきます。

世界女子カーリング選手権、日本 vs. フィンランド。実況は曽根さん、解説は敦賀さん。

日本はLS北見、吉田妹、鈴木、吉田姉、藤澤。フィンランドはヒッピ、サルミオビルタ、ヘルステン、カウステ。フィンランドはヨーロッパの強豪。結構強いらしいです。

第1エンドからストーンがたまる展開。ごちゃごちゃしてきますが、先攻の日本は藤澤のラストショットでいいところにおいて、フィンランドに1点をとらせることができました。

残りストーンの動きが全然出てこない。わかりにくい。

第2エンド。わりとクリーンな展開で8時方向にストーンがたまるが、フィンランドのストーンがスルー。しかし次のラストストーンはトリプルテイク。強い。しかし日本が2点とることができました。

第3エンドはガードの後ろをめぐる戦い。鈴木のガードの間をすり抜けるスーパーショットがでましたが、終盤にフィンランドのナイスなフリーズショットが決まりました。なんとかナンバーツーをとりましたが、最後のフィンランドのストーンがワンとれず、1点止まり。

第4エンド。日本が離れたところにストーンを置いて複数得点を狙う。フィンランドはこのエンドはあまり思うとおりのショットができない。と思ったら終盤に中央にキーストーンをどんどん置いてきた。日本のラストストーンはガードに当たって、フィンランドが2点スティールしてしまいました。

第5エンド、なかなかアイスリーディングに苦労する日本。ストーンがたまってきますが、最後の藤澤のストーンで2点とれました。同点で前半終了。

第6エンド、フィンランドもスルーしたりとミスも出てます。気がついたら日本のストーンがハウスの中に縦に並んでたまってきました。外側のラインをフィンランドが読み切れず、日本が2点スティールしました。助かる。

第7エンドは静かな展開。フィンランドはブランクを狙ってるのか。フィンランドのダブルテイクが効いてこのままブランクエンド。

第8エンド。ハウス中央にストーンがたまる展開。藤澤のストーンでいい位置にストーンを置いて1点取らせる展開。しかしこれも難しく、フィンランドのラストストーンは流れて、日本が1点スティールしました。これは大きい。

第9エンド、日本は最初のストーンをスルー。そしてフィンランドのストーンをテイクする展開。でも気がついたら日本のストーンがたまってきました。フィンランドはタイムアウトをとって対応、しかし最後は1点とらされる展開になりました。

第10エンド、日本はテイクテイクの展開。妹のスーパーウィックショット、鈴木のダブルテイクといい展開。しっかりテイクテイクで試合終了。日本 7-5 フィンランド。

なかなか両チームともアイスリーディングに苦しむ展開でしたが、日本はいち早く適応したのに対し、フィンランドはハーフタイムを経て対応に苦労した感じでした。

大相撲3月場所2016:5日目

魂を抜かれた花京院典明人形が商品化。なんかほしいマイク松ですこんにちは。プレミアムバンダイ、なんかほしいと思わせるもの、やっぱ選んでるのかも。

春場所は5日目。あすあさってのお仕事が終わったら追いつけそうです。

5日目。実況は吉田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が千賀ノ浦親方。

大翔丸×明瀬山。新入幕&大学同じ同士。はずから攻めた大翔丸がうまく明瀬山を崩して押し出しました。吉田さん「丸い顔の大翔丸売り出し中」。

千代鳳×北太樹。右四つから左上手を北太樹がとりますが、逆の四つということで千代鳳が右下手から寄って寄り切りました。やっぱり自分の四つってあるんですね。

里山×英乃海。里山中に入ろうとするのを英乃海きっちりブロック。最後はすくいなげで仕留めました。

徳勝龍×大栄翔。がばっと左四つに組んでしまった大栄翔。胸を合わせた徳勝龍が寄り切りました。引き込まれるように組んでしまいましたね。

逸ノ城×御嶽海。逸ノ城はたいてはずから押し出し。あ、送り出しでした。期待の若手をぶっつぶす的ニュアンスが漂う。摂理に導かれているのか。

臥牙丸×阿夢露。中に入りたい阿夢露ですが、ガガの突き押しに阻まれました。今日はガガの押し出し。

佐田の海×千代大龍。千代大龍が押し込みますが、回り込んだ佐田の海が逆に突き放して押し出しました。うまい回り込みスキル。

貴ノ岩×玉鷲。突き押し合いから頭四つの体勢に。また押して頭四つ。しかし玉鷲の腰が入って押し倒されました。いい取組であったのですが。

豊響×魁聖。立ち合いの当たり対決は魁聖の圧力がまさって押し出しました。魁聖もこういう相撲が持ち味の1つであるはず。

旭秀鵬×豪風。当たってすぐはたきの旭秀鵬。豪風のやりたい相撲をやられてますよ。

松鳳山×蒼国来。蒼国来がインフルの休場から戻ってきました。しかし今日は松鳳山の立ち合いからの押しで一気にやられました。おだいじに。

勢×正代。右四つ。勢の体勢です。マサヨも上手をとっていい体勢になったのですが、勢が得意のすくい投げで崩して寄り切りました。勢には大歓声も味方。

妙義龍×安美錦。吉田さん「なんとも玄人受けする一番」。待ったのあとアミー注文相撲。どよめく場内。このアウェイでようやるわ。さすが現役の暗黒卿ですね。

栃煌山×豊ノ島。栃煌山の圧力がまさる。豊ノ島も必死にまわりこむのですが、しっかりついていった栃煌山が押し出しました。豊ノ島も攻めに転じる時間がなかった。

高安×照ノ富士。高安が前まわしをとって引きつけたのですが、照ノ富士が土俵際ですくい投げ。腰が高かったですね。惜しい。

豪栄道×琴勇輝。のっけからはたきはたきのゴーエードーに琴勇輝がしっかりついていって、強烈な突き倒しが決まりました。見苦しいゴーエードーのオーゼキ相撲を一蹴。ライトサイドの相撲ですね。迷いのない突き押しです。

嘉風×稀勢の里。キセ順序通り。嘉風もステップは踏んでいるのですが、キセの手のひらの上でした。寄り切り。

琴奨菊×隠岐の海。吉田さん「人呼んで、琴バウアー」。菊もいい立ち合いだったのですが、土俵際で隠岐の海が突き落とし。物言いつきましたが軍配通り隠岐の海の勝ち。どうもあのふところの深さにやられるみたいですね。次次。隠岐の海は「平幕は大関倒すのが仕事なんで」。仕事かな?

日馬富士×栃ノ心。ハルマのど輪から一気の引き落としでした。簡単な相撲。

鶴竜×宝富士。宝富士は右上手をとってどんどん出て行きます。鶴竜もまわりこんでまわりこんで、まわりこんで最後はすくい投げで逆転しました。宝富士の力は確かに高まってるんですよね。

碧山×白鵬。碧山の突き押しを冷静にうけとめた白鵬、右下手をしっかりとって、下手投げにいきますが、碧山しっかり残してもろ差しから胸をあわせにいきます。いい体勢。しかし出たところを白鵬が上手投げで仕留めました。碧山大善戦。もろ差しは収穫でしたよ。

大相撲3月場所2016:4日目

ポーランド語って難しそうだなと思うマイク松ですこんにちは。第一どうやって勉強すればいいのか。

春場所は4日目です。これからごはんいってきます。

4日目。実況は藤井さん、解説が正面が芝田山親方、向正面が宮城野親方。

青狼×北太樹。青狼が幕内で。すぐ青狼が左上手を取って、上手投げのまま寄っていきました。いい立ち合いからの攻めでした。

明瀬山×大栄翔。大栄翔がすばらしい突き押しから一気に押し出し。大栄翔の相撲でした。ここから巻き返そう。

千代鳳×里山。里山もぐっていって起こします。脇の下に入りかけて、引き落としで里山の勝ち。早い勝負を考えたのがよかったかも。

徳勝龍×大翔丸。突き押しあい。徳勝龍の突き押しをよくみて、大翔丸がいい突き落としで勝利。しっかり粘れましたね。

御嶽海×英乃海。差し手を許さない御嶽海の突き押し。英乃海がかいなをとって小手投げにいきますが、御嶽海がかいなを突きつけて寄り倒しました。先手をとれたのがよかった。

逸ノ城×阿夢露。逸ノ城右差しからずんずん寄って寄り切りました。阿夢露ももう少し動きたかったけど、立ち合いでつかまってしまいましたね。

豊響×玉鷲。実は誕生日がまったく同じの同年齢らしい。そうだったか。突き押し合いから玉鷲のはたきが決まりました。

臥牙丸×千代大龍。千代大龍が左四つからがんがんがぶって寄り切りました。おーおもしろい取り口。ガガも胸があったら前に出ないと。

豪風×佐田の海。豪風どんどん動こうとしますが、右四つに組み止めた佐田の海。豪風内掛けにいきますが及ばず。

妙義龍×貴ノ岩。妙義龍のど輪で押し込んで、突き押し合いからはたき。流れがありますね。貴ノ岩は立ち合い悪くなかったですが後手にまわりました。タイミングがよかったと宮城野親方。

魁聖×正代。もろ差し狙いのマサヨですが、右四つ左上手をとった魁聖が胸を合わせて寄り切り。魁聖はいい形になれました。

碧山×旭秀鵬。碧山がシュシュシュ突き押しで圧倒。いい相撲です。

松鳳山×安美錦。アミー左変化も松鳳山がついていきます。差しにいきましたが、アミーの小手投げで仕留めました。ダークサイドの力だ。

嘉風×栃煌山。嘉風何度か引きますが、もろ差しになった嘉風が寄り切り。あんまりいい相撲じゃないですが、初日が出たのは大きい。

豪栄道×豊ノ島。ゴーエードーうまく踏み込んで押し込みます。豊ノ島は左差しから攻めますが、右上手から出し投げで崩して押し出しました。休まなかったのがよかったと宮城野親方。

栃ノ心×稀勢の里。おっつけで押し込むキセ。栃ノ心もふりほどいて突き押したりしますが、左差しから右上手をとって寄り切りました。落ち着いてましたね。

琴奨菊×宝富士。菊強烈な出足で押し込んでいました。あとはちょっとだけ寄れば寄り切り。いい出足でした。

勢×照ノ富士。右四つ。先に勢が左を突きつけて起こし、寄り切りました。照ノ富士は上手を切られてしまいましたね。小手投げにいって呼び込んでしまったか。

鶴竜×琴勇輝。琴勇輝すばらしい当たりでしたが、鶴竜のいなしで土俵際に転落。当たりはよかったです。もっと足が出ないと。

隠岐の海×白鵬。突き押しあいからいなしあいの展開。白鵬のいいいなしから押し出してだめ押しました。だめ押しだめ。

日馬富士×高安。高安のはたきに乗じて寄り切り。落ちそうな高安を抱き留めるハルマ。比較。

大相撲3月場所2016:3日目

旅行にいっててはじめて人狼ゲームとやらにふれたのですが、ややこしくて大変そうでした。知ってるメンバーでやるとだいたい見当はつくのですが、それをどうやってみんなにうまく説明するかが難しい。マイク松ですこんにちは。

春場所は3日目。人狼でも市民でもいい相撲をとってくださいね。

3日目。実況は佐藤さん、解説は佐渡ケ嶽親方、向正面が雷親方。

明瀬山×大砂嵐。十両の大砂嵐が幕内で。上手をとれないと張り手で攻めて、上手をとって出て最後は押し出し。しっかり厳しくいけましたね。すぐ幕内に戻ってくるでしょう。

里山×北太樹。もぐって左は差せた里山でしたが、北太樹ののど輪押しをしのげませんでした。粘り強く中に入るしかない。

千代鳳×御嶽海。突き押し合い。おっつけで押し込む御嶽海。千代鳳もうまくディフェンス。御嶽海が引きから送り出しました。おっつけで攻めきりたかったところでした。決まり手は肩すかし。

大栄翔×英乃海。大栄翔いいタイミングでの引き落としが決まりました。あっさり。

大翔丸×阿夢露。少し動いた大翔丸、おっつけて押し込みますが、阿夢露が土俵際で突き落としました。相撲はよかった大翔丸ですが、阿夢露もやすやすとやられない。

徳勝龍×玉鷲。右四つ。徳勝龍が胸を合わせてきました。引きつけて寄り切り。そうくるとは思いませんでした。くせ者。

豊響×逸ノ城。右四つで逸ノ城左上手。豊響もよく残します。一度寄り立てますが逸ノ城は残します。引きつけあいになりますが、逸ノ城の上手投げが決まりました。

貴ノ岩×臥牙丸。貴ノ岩がいい左差しをみせますが、ガガの強烈な小手投げが決まりました。あれは無理。しのいだら骨折。

佐田の海×魁聖。魁聖が起こして突き押しから押し出し。

豪風×千代大龍。後ろに立った豪風でしたが、ぶつかっていって一気に押し出しました。千代大龍も警戒しすぎて何もしませんでした。

妙義龍×正代。個人的好取組。妙義龍がどんどんおっつけて崩し、一気に押し出しました。マサヨもこれだけうまく片付けるとなると、妙義龍の調子の良さも本当でしょうか。

勢×松鳳山。松鳳山中に入って突き押し、左四つになります。勢が右からの小手投げで下しました。中に入るまでは松鳳山よかったんですが。

旭秀鵬×安美錦。旭秀鵬はたきますがアミーは落ちず。逆にアミーがはたいてはたき込みが決まりました。ダークサイドの力が。

碧山×宝富士。碧山がどんどん突き押していきますが、宝富士うまく逃れます。しかし碧山のシュシュシュ突き押しが休まずどんどん出て押し出しました。よく宝富士も動いていたのですが。

豊ノ島×稀勢の里。左四つでキセがつかまえて上手をとろうとしますが、その前に豊ノ島が逃れました。しかしキセすぐ追って捕まえ、最後は上手をとって寄り切りました。豊ノ島のいい相撲でしたが、攻めの転換がみられませんでしたね。

琴奨菊×栃ノ心。右が入って押し込む菊。栃ノ心も振って上手を引きます。チャンスでしたが休まず菊が攻めて寄り切り。とにかく休まないことですね。

栃煌山×照ノ富士。栃煌山の差し手を抱えてそのままきめ出しました。栃煌山も芸がないですね。

豪栄道×嘉風。ゴーエードーかちあげからはたき込み。あっさり相撲。

高安×白鵬。白鵬張り差しから右差し。すぐ白鵬出て寄り切り。張り差しが効きましたね。わりと高安には苦しめられていますが、今回は先手先手でいけました。

日馬富士×琴勇輝。琴勇輝が一方的に出て押し出し!ハルマに何も差せず押し出しました。やったやった!初金星に感極まっているようですね。自分の相撲を貫いての金星。しかも親方が解説にいるときに。やりましたね。インタビューでも涙涙でした。よかった。暗黒卿ミッキー兄さんのあとに、立派なジェダイが育ちつつありますよ。

鶴竜×隠岐の海。鶴竜左四つ右上手。隠岐の海も遠く回り込んでなんとか体勢を立て直し、左下手を軸にディフェンス。圧力もかけていきます。少し膠着します。隠岐の海が出るところを鶴竜が返しの上手投げで勝ちました。いい相撲でしたね。

大相撲3月場所2016:2日目

以前のThe Coversのクラムボンの回みたマイク松ですこんにちは。ほんとに天才。その雰囲気からして突き抜けてますね。

春場所は2日目です。よく入ってますね。

2日目。実況は大坂さん、解説は正面が高砂親方、向正面は舞の海さん。

里山×明瀬山。里山と比べると明瀬山も大きく見えますね。左四つで指した里山ですが、明瀬山が右上手をとりました。離さず寄り切り。落ち着いてました。

大翔丸×北太樹。ちょっとはたこうとした大翔丸ですが、右四つ左上手につかまえた北太樹が寄り切り。ちょっと大翔丸安易。

大栄翔×御嶽海。御嶽海の応援団がきてるらしい。突き押し合いから御嶽海がうまい引きで引き落とし。応援団も大喜び。

徳勝龍×千代鳳。徳勝龍はたきにいきますが、千代鳳差して最後は後ろを向かせて送り出し。十分はたき警戒してました。

英乃海×阿夢露。突き押しで阿夢露押し込みます。英乃海はいなしから右を差しに行きましたが、動きながら体勢をよくしていった阿夢露が右もまわしをとって寄り切り。英乃海が突き落としにいき物言いがつきましたが、軍配通りでした。

臥牙丸×逸ノ城。初顔なんですね。体重の合計は413kg。ガガが当たっていきますが、がっちり受け止めた逸ノ城が寄り切り。こういう受けの相撲はいいんでしょうけど。

玉鷲×佐田の海。なぜか佐田の海に合い口が悪い玉鷲。今日も押し込んでいきますがいなされます。しかし辛抱強くのど輪で押し込んで押し倒しました。今日は勝てましたね。

貴ノ岩×豊響。貴ノ岩が右前まわしから左上手。左からの上手出し投げが決まりました。投げてスピンの貴ノ岩。

千代大龍×魁聖。突き押し合い。魁聖は千代大龍のいなしをしのぎ、四つに組んで寄り切りました。慎重にとりましたね。それでよし。

妙義龍×豪風。右が素早く入って一気に寄り倒しの妙義龍。今日は妙義龍の相撲。思い出してそういう相撲。

正代×松鳳山。張り差しの松鳳山にひるまないマサヨ、一気にでて最後は突き出しました。ちょっと松鳳山も簡単にいきすぎましたね。マサヨいい相撲。

勢×旭秀鵬。突き押しから右四つがっぷりの体勢になりました。めずらしい展開。勢が先に寄りますが旭秀鵬残す。そして投げの打ち上げになったところで勢の下手投げが決まりました。すごい盛り上がり。

蒼国来×安美錦。蒼国来インフルエンザでアミー不戦勝。ラッキー。

栃ノ心×豊ノ島。豊ノ島もろ差しになりますが、外四つでとらえた栃ノ心、寄って寄って寄り切りました。さすがの豊ノ島も、両上手をとられてはきついですね。栃ノ心も迷わず出て吉。

琴奨菊×嘉風。左差しをブロックした嘉風、動き回りにいきますが、菊も逃さず、突き押しから起こして押し出しました。先に先に攻めていったのがよかったですね。

碧山×照ノ富士。碧山シュシュシュ突き押しで突き放しますが、照ノ富士組み止めます。小手投げをしのいで逆転を狙いますが、左上手をとった照ノ富士が寄り切りました。碧山もまずまずいい相撲でした。

豪栄道×栃煌山。ゴーエードーに大きな歓声。張り差しでいきますが一度両者離れて、差し合いになります。栃煌山も自分の形になりかけましたが、そこで引いて呼び込んでしまいました。ゴーエードー寄り切り。張り差しは効果なしと舞の海さん。

宝富士×稀勢の里。左四つの展開。両者上手を狙います。キセが先に上手をとりますが一枚。宝富士も粘って上手をとりにいきます。体を開いて投げにいきますが、キセが寄り切りました。

日馬富士×隠岐の海。左に動いて上手をとりにいったハルマ、上手をとってすぐ上手投げ。うーん。

鶴竜×高安。鶴竜が踏み込んで高安が引いてしまいました。鶴竜押し出し。

琴勇輝×白鵬。琴勇輝初めての結びの一番。がんばれ。しかし白鵬の張り差しから突き押して最後は送り出し。もうちょっとなんとかしたかったですね。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(6):男子シングルSP

野球賭博にからんで、いろんな賭け事が出てきてますが、全く無縁の球団もあるんでしょうか、心配な富井です。ま、某球団とか某球団はあまりにお金をもらう選手が少なすぎて賭け事とかできなかったんじゃないかとか思うんですけど・・・。

解説は岡部さん、実況は小林さん。知っている選手もいますが、スキップしてグループ2の途中からのレビューですみません。

カナダのケビン・レイノルズ。久しぶり!引退してなくて嬉しいです!!ほんの少しふっくらというか細すぎじゃなくなりましたね。「Tankl」。もう25歳。個性的な滑り出し。4Sは転倒。3Aもスピードが出てなくて転倒。まだ調整不足かな。でもスピンは速くて美しい。4Tもダウングレードで転倒、せめて2T付けたかった。ステップは面白い振り付け。しかし、キャメルスピンに入る前に転倒してしまいました。続くコンビネーションスピンはオッケーだと思いますが・・・うーん、残念。氷が合わなかったかな。減点が4点ついて55.14。残念な出来ですが、FSで巻き返せるだけ巻き返して欲しい。

マレーシアのジュリアン・ジ・ジェ・リー。18歳。「I put a spell on you」。3Aは転倒。3F+3Tはランディングがもう一つでしたが、着氷。フラインクシットスピンはなかなかいいですね。足換えのキャメルスピンは身体が硬いけど難しいポジション。3Lzは斜めになってしまって転倒。ステップもスピードはないけど一生懸命さが伝わります。皆殺しイーグルも50センチぐらい入りました。足換えのポジションはちょっと時間オーバーだけど大丈夫かな。ファンのバナーがある!59.70

韓国のキム・ジンソ。ベートーベン「月光」。3Lz+3Tは最初のジャンプでバランスを崩したかと思いましたが、見事に立て直しました。3Aはステップアウト。キャメルスピンはバランスを崩してやめてしまいました。もったいない。3Loはオッケー。シットスピンはポジションが良いですね。ステップはやや雑ですが、音楽をよく表現していると思います。フライングキャメルスピンはちょっと回転が少ないかな。大丈夫かな。あれ、コーチが無良くんのお父さん?65.13。日本で練習をしているそうです。

フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス。もー楽しみ。四大陸は彼のために見ていると言ってもいい!ベートーベン「エグモント序曲」。3Lz+3Tはステップアウト。3Aは転倒。うーん、ジャンプが上手くいかない。キャメルスピンはオッケー。でも、衣装が空気抵抗大きそう。イナバウアーがきれい。3Loはオッケー。ステップはドラマチックな曲に良く合ってます。フライングシットスピンの入り方が美しい。コンビネーションスピンでは美しいビールマンポジション。初めて見た時からこの人はフィリピンの羽生結弦だと思っているのですが、上手くなっている部分もあり、ジャンプでは残念なところもあり・・・次はノーミスで見たいです。69.15

アメリカのグラント・ホッホスタイン。ホッホさん。4Tは転倒。やっぱり氷かな。3Aはステップアウト。キャメルスピンはポジションが素敵。フライングシットスピンも良い回転ですね。イーグルが美しい。3Lz+3Tはオッケー。ステップもスケーティングが良いですね。すごくなめらか。コンビネーションスピンも良い回転でした。75.79。シーズンベスト更新。

アメリカのロス・マイナー。ビリー・ジョエル「New York State of Mind」。アダム・リッポンの代理。3Fは高さはあったのですが、転倒。ちょっとバランスを崩して2Aになってしまいました。ステップは上手い。全米選手権のSPは最高だったのですが、なかなかあんなには滑れないですよね。キャメルスピンも美しい。ルッツもシングルになってしまいました。うーん。シットスピンの回転も速い。最後のコンビネーションスピンも難しくて美しいスピンなのですが、ちょっと気持ちがついていかなかったようですね。調整が間に合わなかったのかな。58.27

韓国のキム・ジュンヒョン。韓国チャンピオン。ミューズ「エクソジェネシス交響曲」。3Aは両足着氷になってしまいましたね。キャメルスピンはもう少しスピードが欲しいな。シットスピンはポジションが美しい。イーグルから3F+3Tは見事。3Loは手をついてしまいました。ステップは丁寧。音楽の変化と振りが良く合っています。コンビネーションスピンはポジション変化が多いですが、ちょっとトラベリングしてしまいました。おお、コーチが樋口先生!お久しぶりです。67.35

田中刑事。「ブエノスアイレスの春」。前髪が素敵。3Sは4回転のはずでしたが、やめました。3Aはダイナミックなジャンプ。シットスピンの回転が良いですね。キャメルスピンもオッケー。3F+3Tはオーバーターンになってしまいましたが大丈夫。ステップはちょっと高橋大輔風、足の裁き方とか。コンビネーションスピンは素晴らしいですね。完璧ではないですが、なかなかよくやれましたね!74.82。シーズンベスト更新だそうです。

中国のハン・ヤン。四大陸は出る度に3位だそうです。「Sing Sing Sing」。スピードがすごいなあ。4Tが美しい。コンビネーションスピンも素晴らしいスピード。キャメルスピンはこんなもんかな。3Aは幅も高さもある美しいジャンプ。3Lz+3Tは少しだけランディングが乱れましたがビッグジャンプ。シットスピンはもう一つポジションが。ステップはスケーティングが伸びますね。ジャッジを指差してアピール。よかったですね!89.57

宇野昌磨。「レジェンズ」。4Tはオーバーターンでしたが、着氷しました。キャメルスピンは背中のラインがいいですね。シットスピンも良い回転。イーグルからの3Aはお見事。3F+3Tもいいですね。ステップもエネルギッシュ。ハン・ヤンの後なのに彼以上にスピードがあるように感じます。コンビネーションスピンも回転が素晴らしい。うぁー。羽生結弦を超えるとしたら宇野昌磨なのかな。すごい時代だ・・・。92.99。でも反省してる・・・。

アメリカのマックス・アーロン。「誰も寝てはならぬ」。4Sはバランスを崩してコンビネーションになりませんでした。3Aは成功。キャメルスピンはややゆっくり。3Lzは転倒。やはり氷なのか?ステップは少し気持ちが切れてしまったみたいな感じ。コンビネーションスピンもちょっとトラベリングしてしまいました。69.48

無良崇人。「黒い瞳」。5年連続出場。良いアクセルが見たい。4Tは成功。3Aも大きなジャンプ。いいですね!コンビネーションスピンも良いですね。すごい歓声だ!キャメルスピンはちょっとバランスを崩しましたがなんとかまとめました。3Lz+3Tも成功。ステップもエネルギッシュで良いですね。フライングシットスピンも少しよろっとしたけど大丈夫。ノーミスでしたね!すごい応援団が来てますね。89.08。お父さんも嬉しそう。

金博洋。「タンゴ・アモーレ」。この人もいいですよね。4Lz+3Tも普通通り決めました。すごいな。3Aも楽々ですね。ランディングの背中のラインが美しい。コンビネーションスピンもいいですね。ステップの動きも前より見栄えがしますね。手拍子がすごい。4Tは助走スピードなしに飛んだ感じ。リンクが小さすぎるよ。キャメルスピンもいいですね。シットスピンにいたるまであっという間。すごい、すごすぎる。解説の岡部さんも「どうしましょう」「アメージング」と困惑。ジャンプ以外も全て入るのがね。その上ジャンプが4回転のルッツですからね。98.45

カナダのパトリック・チャン。「マック・ザ・ナイフ」。4Tは手をついてしまいましたが成功。3Aも両足かな。しかしシットスピンの回転は速い。3Lz+2Tになってしまいましたね。しかしステップはフリーレッグがきれいですね。片足で滑るのが長い。コンビネーションスピンも複雑。うーん、最高のパトリックではありませんが、なんとかまとめましたね。ちょっと身体が重そう。86.22

○SP終わっての順位(工夫なく)
1.金博洋
2.宇野昌磨
3.ハン・ヤン
4.無良崇人
5.パトリック・チャン
6.ホッホ

1位の金博洋はあれだけみんなが苦戦している中、普段通り4Lzを決めましたね。ま、そりゃあの点出るよね、という感じ。2位の宇野はものすごいスピードでいながら色気のある演技でノーミスでって、すごかったな。

ハン・ヤンはシットスピンがノーカウントだったのが残念。無良はお父さんも大喜びのノーミス。フリーが楽しみですね。パトちゃんは全盛期のスピードがなかったけどアクセルで転倒しなかったからオッケー。6位のホッホは素晴らしい出来でした。

大相撲3月場所2016:初日

うちのチームから暗いニュースばかりヨシノブの業を感じるマイク松ですこんにちは。でも結構ヨシノブがフォースにバランスをもたらす者のような気がするんですよね。もっと悪を噴き出させてほしい。

さて!(強引な切り替え)いよいよ大相撲は春場所です。フォースにバランスをもたらした暗黒卿ミッキー兄さん(暗黒卿なんだ)のおかげで、春場所も安寧に開催されます。みんなライトサイドでいい相撲とろうぜ!

初日。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

明瀬山×北太樹。新入幕の明瀬山。北太樹が前まわしをとりますが、明瀬山もいいところをとって左四つの展開。まわしがのびたところで北太樹が両まわしをとってロック。明瀬山のまわしものびていましたが、北太樹がひいたところを一気に出て寄り切りました。明瀬山初日に初日。苦労人らしい明瀬山のインタビューでした。

里山×大栄翔。返り入幕同士の対戦。里山もぐろうとしますが、大栄翔突き放して、最後は押し倒しました。里山いい相撲。熱いぞ。

大翔丸×御嶽海。新入幕の大翔丸。御嶽海の突き押しからいなしてはずにつきます。いい相撲でしたが大翔丸の思い切ったすくい投げが決まりました。初日で初日。大翔丸は大阪出身。張り切りますね。

千代鳳×英乃海。千代鳳が右差しを軸に展開。英乃海もうまくいなして崩して崩していきます。相手の差し手をほどいて引き落としました。英乃海理詰めの相撲。

徳勝龍×阿夢露。阿夢露いい出足で押し込みます。徳勝龍突き落としを狙いますが、前に出続けた阿夢露が寄り切り。今場所はいい初日。

逸ノ城×玉鷲。突き押し合い。玉鷲いい出足でしたが、右四つに組み止めた逸ノ城。十分ですがなかなか攻めきれない。徐々に胸を合わせていきますが玉鷲も不利な体勢でよく残します。すばらしい粘り。最後には逸ノ城寄り切りましたが、あの組み手で、しかも玉鷲を寄り切れないとは。どうなってるんでしょうか。

臥牙丸×佐田の海。ガガのボーン・ディス・ウェイが効いて引いた佐田の海。押し出されました。いい相撲ガガ。

豊響×千代大龍。豊響もグレートホーンで千代大龍を引かせました。完勝。

貴ノ岩×魁聖。貴ノ岩右四つ左上手。魁聖がどんどん出てきますが、体を開いて上手投げで逆転。力強くてガッツィーな相撲。

豪風×正代。マサヨは豪風の当たりといなしを全部受けても崩れない。引きに乗じて押し出しました。さすがマサヨ、稽古は十分ですね。

妙義龍×松鳳山。妙義龍いなしにいって松鳳山の突き押しをしのぎ、はずについて寄り切りました。激しい相撲でしたが、妙義龍はよく相手をみてましたね。

旭秀鵬×蒼国来。旭秀鵬が胸をあわせて右上手から寄り切り。稽古は十分のよう。体が強そうです。

勢×安美錦。勢はご当地、気合い入ります。アミーがはたいたところをしっかり出て寄り切り。大歓声です。

嘉風×碧山。右をねじ込んだ碧山、嘉風の動きを止めて寄り切りました。嘉風も動く前に止められましたね。

栃ノ心×照ノ富士。右四つで照ノ富士左上手。両者上手をとりました。照ノ富士強引な投げで上手が切れてまた右四つ。強烈な引きつけあいですが、さすが照ノ富士の四つの技術、しっかり腰を落として寄り切りました。最初からあの形でいきたかったところですが、栃ノ心も強いし仕方ないか。

豪栄道×隠岐の海。立ち勝ったゴーエードー、左差しから右おっつけで押し込んで押し出し。ご当地パゥワーで白星発進。隠岐の海は中に入られてしまいましたね。

琴勇輝×稀勢の里。琴勇輝どんどん突き押していきますが、キセが右からの突き落としで仕留めました。まだまだ差はありますね。でも正々堂々いくしかないわ。

琴奨菊×高安。両者気合い十分。立ち合いから左差し。返してがぶって返してがぶっての連続。止まらなければ勝てる。その確信がありますね。いい精神状態のよう。サンキューワイフ。

鶴竜×豊ノ島。豊ノ島もろ差し狙いから左四つの展開。鶴竜上手をとっていきます。豊ノ島もしのいでいきます。少し膠着しますが、鶴竜も寄りながら相手を逃さない。巻き替えにいく豊ノ島、鶴竜が嫌って離れたところを豊ノ島が一枚まわしとっていました。拝んで寄り切り!粘って自分の体勢を作りましたね。ダッキングから拝むタイミングがベスト。インタビューも笑顔。宝富士と稽古したのがよかったとのこと。

宝富士×白鵬。宝富士左差しから出て寄り切り。あれ?相手白鵬だよね?あっさり宝富士が勝ちました。ちょっと立ち後れたのかな。舞の海さんに雑といわれてますので、また奮起するでしょう。北の富士さんも弱ったなといってる。初めて白鵬に勝ってうれしそう。学生時代は近大なのでホームっぽい雰囲気があるよう。

日馬富士×栃煌山。強烈な頭からの当たりで栃煌山を吹き飛ばしました。痛そう。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(5):女子シングルSP

平野監督侍、4月に現役引退。ついに監督侍も引退ですか。日本の卓球界を文字通り支えてきた。監督侍がいたからこそ女子の躍進があったといえます。おつかれさまは早いですし、引退しても監督侍ですから。すぐ監督になればいいと思います。マイク松ですこんにちは。

今日は四大陸選手権、女子シングルSPです。

フィギュアスケート四大陸選手権、女子シングルSP。実況は小林さん、解説は杉田さん。

カナダのベロニク・マレー。春らしいピンクの衣装。ショパン「ワルツ第7番」。3T+3Tは確かにセカンドが回転不足かも。高さが足りなかったか。3Loはオーバーターン。シットスピンは音楽に合わせて回転も速かったです。レイバックスピンも軸が安定。やはりスピンは武器です。2Aは成功。ステップはゆっくりした動きで曲を表現しようとしています。最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。いまいちぴりっとしない演技でしたが、持ち味は出せてました。51.88。

オーストラリアのブルックリー・ハン。コーチがカンガルーのおもちゃをもっています。「危険なプロット」より。3F+2Tはゆっくり決めました。3Loは成功。レイバックスピンはなかなかいい出来でビールマンにもっていきました。2Aはいけました。ステップはもっとキレとスピードがほしいところ。シットスピンに続いてキャメルスピンでフィニッシュ。以前に比べて演技にまとまりを出せるようになった感じ。ジャンプもまずまずでした。52.80。カンガルーのおもちゃがもう一人のコーチみたいな存在感。カンガルーというかウルトラ怪獣ぽい。

アメリカのカレン・チェン。今伸び盛りの選手でエドモンズの代理。「トゥーランドット」。3Lz+2Tはジャンプの間で間を置いてしまいました。あのまま3-3にいきたかったけどいいジャンプではある。キャメルスピンはいいポジション。ステップは音楽ののびをいかしながらしっかり体を動かしてます。3Lzがシングルになりました。あーもったいない。2Aは決めました。スパイラルはとてもいいポジション。アメリカっぽい。コンビネーションスピンも少しバランスを崩してしまいました。レイバックスピンでフィニッシュ。あのジャンプがもったいなかった。できたら万全のスケジュールで出してあげたかったですね。53.55。タイムバイオレーションもとられてるのか。

韓国のダビン・チョイ。2000年生まれ。そんなにビッグじゃないけど「ママ、アイム・ア・ビッグ・ガール・ナウ」。3Lz+3Tを決めてきました。まずまずのジャンプ。キャメルスピンはドーナツポジションはいいですね。コンビネーションスピンはいろんなポジション。丁寧に回ってます。ステップからの3Fも成功。2Aも決めてジャンプそろえました。ステップは曲にもっとのっていきたいところ。レイバックスピンはきれいなポジションでした。初出場で上々の演技でしたね。56.79。

韓国のパク・ソヨン。世界選手権の代表ではあります。「黒いオルフェ」。3Lzはまずまず。3S+3Tも決まりました。しっかり跳べるジャンプを決めてます。キャメルスピンやレイバックスピンとポジションがいいし、その間もよく演技してます。ステップは力強い演技。そうそう、もっとパクあたりがしっかりがんばらないとね。ジュニア世代に追われているようですが。2Aも決めてコンビネーションスピンでフィニッシュ。これはいい演技できましたね。まだまだ若いやつらには負けられない。62.49。60点台ははじめてだそう。

中国の李子君。ドビュッシー「月の光」。今年は体調を崩したりかぜをひいたりしているそうです。親近感わく。3Lz+3Tを決めてきました。いい入り方。ステップからの3Fもいけました。ジャンプ調子いいですね。レイバックスピンは片手ビールマンにもっていく質の高さ。いつも回転が速いです。イーグルからの2Aもきっちり。ジャンプそろえました。キャメルスピンからステップへ。大きなエッジを描いていきます。最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい出来でした!久しぶりにノーミスの演技見た気がする。体には気をつけてほしいです。60.04。コンビネーションのセカンドが回転不足をとられてるらしい。

本郷理華。シルク・ドゥ・ソレイユ「キダム」より。最初からいい動きしてますねー。キレあります。手足が長い。3F+3Tはセカンドが詰まりました。キャメルスピンも手足の長さが存分にいかせてる。ひと言で言うとでかいですね。レイバックスピンは手の動きもできてます。3Lzはもっとスピードにのって跳びたいところ。でも決まってました。2Aは問題なし。ステップはさすがよく体が動いてます。近頃あまり見ない野性味があります。うなずくような不思議な振り付けのあと、コンビネーションスピンでフィニッシュ。さすが本郷の力は目を引きますね。64.27。やっぱりコンビネーションは回転不足とられました。お通夜みたいですがもっと喜んで。

アメリカのグレイシー・ゴールド。体調どうですかね。大丈夫かな。「エル・チョクロ」。スピードありますね。3Lzは転倒。珍しいしりもちですね。レイバックスピンはさすがのポジション。キャメルスピンは加速する。3Fも転倒しました。どうも体調は万全じゃないみたい。2Aはきれいに決まりました。ステップはしっかりキレのある動きを見せます。のびのあるスケーティング。コンビネーションスピンでフィニッシュ。57.26。ゴールドにしては白すぎるなと思ったのですが。

宮原知子。ジャパンのチャンプ。「ファイヤーダンス」。いいスピードにのって3Lz+3Tを決めてきました。絶大な高さがあるわけではないけどしっかりと決めてくる。キレのなせる技。レイバックスピンは1つ1つのポジションでも回転の速さを変えたり。キャメルスピンはまた加速。細部の表現も見るたびによくなっていきます。ステップは細かい音をよく拾えてる感じ。チェンジオブペースも印象的です。ステップからの3Fもスムーズ。つなぎの動きから2Aもまったくなめらかに。コンビネーションスピンから決めポーズでフィニッシュ。さすがの安定感ですね。72.48。美栄ちゃんもお喜び。

村上佳菜子。浅田のかわりに出場。「ロクサーヌのタンゴ」。なかなかいい集中。3Fも高さ出てました。キャメルスピンもスムーズかつ加速。コンビネーションスピンまで流れが切れない。今日はよさそうです。3T+3Tも流れよく成功。2Aはあぶないところでしたがもちこたえました。ジャンプそろいましたね。レイバックスピンもてきぱき。ステップも気迫を前面に出してます。それが村上の滑りです。よっしゃよっしゃ!久々にいい演技見られました。68.51。パーソナルベストいけました。

アメリカのミライ・ナガス。もう女子シングル最年長。「デモンズ」。3F+3Tはしっかり成功。キャメルスピンは軸がしっかりしてます。いいぞ。3Loはバランス崩しましたがもちこたえました。あぶねー。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションをしっかり。シットポジションがいい。イナバウアーから2Aも流れありました。ステップにつなげるまでの演技もエモーショナル。ステップは躍動感出せてますよ。レイバックスピンはきれいなポジションでした。いい演技でしたね。ジャンプもまずまずだったし、安定感ありました。66.06。コーチ大喜び。

カナダのアレイン・チャートランド。実はカナダチャンプ。「ピナ・バウシュ」より。3Lz+3Tはすごい高さ出てましたが、セカンドでは手をつきました。もったいないわ。レイバックスピンはポジションチェンジがユニーク。シットスピンは足のたたみ方が小さいと杉田さん。スピードは少し落ちてますが、3Fは決まりました。2Aはいい流れ。そこからステップにいきます。よく体動いてる。これはいい動き。しなやかな動きと強い振り付けをうまく使えてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。雑なところもあったけどそれも含めて力強い演技でした。59.71。やっぱりセカンドは回転足りなかったみたい。

○SP終わっての順位:(Diamonds的な)
1. 冷たい泉に 宮原をひたして 見上げるスカイスクレイパー
2. 村上を着てるだけ 悪いことしてないよ
3. 金の本郷で 街を飛びまわれ 楽しむことにくぎづけ
4. ブラウン管じゃわからない ミライが見たい
5. 針がおりる瞬間の パク・ソヨン焼きつけろ
6. それは素敵な李子君 もっともっと並べたい

宮原がトップ。貫禄ありますね。四大陸で負けるわけにはいかないでしょう。FSもがんばってほしいです。

2位は村上。代理で出てきたのがよかったのか、今日の集中はとてもよかった感じです。代理作戦成功。これから全部代理にしよう。3位は本郷。存在感ある選手ですよね。もっといける。ミライも4位にきました。今日は調子がよかった。最近よくなってきてます。5位はパク・ソヨン。そろそろオリンピック効果が出てきているのか。李子君は6位。おだいじに。

いつの間にかオリ姫、オリ達に続くオリっ子が登場していた

時差ぼけで夜中に起きるマイク松ですこんにちは。早くなんとかしたい。体内時計っていいますけど、実際に時計があればいいのに。

さて、もうすぐ開幕が迫っているプロ野球、ドイツにいる間に新たなトゥバーク問題が起こったりしていましたが(蔓延してますねあの球団は)、どうせ有耶無耶にされてしまうでしょう。球春ですね☆

そんな暖かな春を待ちわびつつも発芽が思いやられる種いも球団オリック。さっぱり前向きなニュースは聞こえてこず、ディクソンが西武ドームで8失点し「オリッ”苦”」などとののしられています。うまいこといいますね!もう汚痢苦とかにしたほうがいいんじゃないかな。

どんなにつらくてもビジネスは続く。それを体現するようにオリック企画部は次々とシーズン中の企画を打ち出しています。そんななか気になる記述が。

GWにはオリ姫&オリ達も、オリっ子も大集合!

オリ姫、オリ達は聞いていたのですが、なんですかねオリっ子って?

  • 芽の出ない子ども
  • 実力が伸びない子ども
  • 期待はずれな子ども
  • けががちな子ども

一瞬にしてこれだけのことが頭をよぎりましたが、これはどうもオリックファンのおこさまを指すようですね。そんなのいるのかいやーこれはありがたい。オリックを応援するとあらば、そのお心もきっと清いはずです。慈愛に満ちていますね。

まあそんな清いお子をオリっ子などと呼んでしまってこっちが申し訳ないですが、GWの5/1にいくとBsオリっ子デーキャップがもらえるようですよ。よろしければもらってあげてください。

でもこの調子でいくと、次々とオリック関連の呼称が誕生しそうです。

  • オリ爺
  • オリ婆
  • オリ孫
  • オリ叔父、オリ叔母
  • オリ甥、オリ姪
  • オリいとこ、オリまたいとこ
  • オリ中2
  • オリJK、略してOJK
  • オリサラリーマン、略してオリーマン
  • オリ主婦、略してオリ婦(おりぷ)
  • オリ選手

最後のは普通に種いもどものことですが、出した中ではオリーマンがおもしろそうですね。ミラーマンみたいで。

オリーマンの歌 (もとねた 歌詞)

拙攻の 闇の中に 立つ影は オリーマン (オリーマン)
最下位の世界を通り抜け
「いまだ!バントを使え!送りだ!」
オリーバントで1-6-3
送れ 僕らのオリーマン

炎上の 光の中に 立つ影は オリーマン (オリーマン)
満塁のランナーが 走り抜け
「いまだ!アウトのチャンス!ゲッツーだ!」
オリースローが 悪送球
拾え 僕らのオリーマン

連敗の 闇の中に 立つ影は オリーマン (オリーマン)
連敗記録を 突き破り
「いまだ!止めのピッチャー!守護神だ!」
オリークローザーが 大炎上
また明日 僕らのオリーマン

全日本綱引き選手権2016、今年もみられました

ドイツまでの飛行機はゆきは10時間以上あって大変なので、Kindleにたっぷり本を入れていっていたのですが、機内でみられる映画に、スター・ウォーズのエピソード4-6と7が入っていました。ということで4本連続で見たらドイツに着いていたマイク松ですこんにちは。国際線には全ての便に1-7まで全部入れておいてほしい。

帰ったらいろいろ録画があるのですが、今日放送された全日本綱引き選手権を富井が録画しておいてくれました。ダンケシェーン!

全日本綱引き選手権2016、実況は上野さん、解説は山田さん。

まず女子の方。9連覇(鬼)しているマドラーズ大阪は順当に決勝に進出したのですが、5年連続準優勝の神戸PULL-BARが、福井のファンキーガールズに敗れました。ファンキーガールズも4年連続3位の強豪。ついに初の決勝進出。山田さんが「ファンキーはですね、」といっていたのがおもしろかったです。ファンキー。

男子は準決勝、まず第1試合は長野・進友会と金沢レスキュー隊。男子はカントクのマネジメントも見物です。あと進友会の太鼓の応援。両チーム1セットずつとって、第3セットは互角の引き合い。結果スリーコーションでノー・プルになりました。決勝に向けてこれは痛い。実質第4セットは金沢レスキュー隊もよく引きましたが、カントクのナイスマネジメントで逆転勝ち。横内カントクカメラを威嚇しないで下さい。

第2試合は京都消防ろぶすたぁと滋賀のBIWAKO同志会。常連ですね。第1セットはBIWAKO、第2セットもディフェンス重視のようです。京都もしっかり引いたのですが、勝負所を見定めて逆転勝利。またいつもの2チームの決勝になりました。

女子決勝。マドラーズ大阪 vs. ファンキーガールズ。第1セットはしっかりディフェンスしていたマドラーズ大阪が一気に攻撃に転じて第1セットをとりました。下に落ちてもすぐ立って引いていけるのが強さとのこと。なるほど。第2セットも危なげなく勝って10連覇達成しました。強かった。ファンキーガールズもよくここまでがんばりました。

男子決勝は進友会 vs. BIWAKO同志会。5年連続同じカードです。第1セットはディフェンス合戦。1分30秒ごろからBIWAKOが引き始めます。そして一気に引きにいくも進友会はディフェンス。そして進友会がすぐ一気に引き返します。体勢の崩れを見逃さない判断で進友会が第1セットをとりました。両チームとも持久力があるだけに長い試合になりがちとのこと。第2セットも持久戦。進友会が引き込んでいきますが、BIWAKOも引き返しました。引き込んでいく中で進友会にスリーコーションで第2セットはBIWAKOがとりました。息詰まる戦い。勝負の第3セット、両チームとも持久戦。横内カントクが一気に引きの号令をかけますが、引き返したBIWAKO。両方とも2コーションで、最後にスリーコーションが入ったのは進友会。BIWAKO同志会が優勝しました。壮絶な結末でした。

今年もとてもいい試合でした。正直もっとわかるようになりたい、綱引き。決して体重の重いチームが勝つわけじゃないから。

びわ湖毎日マラソン2016:今年もペースメーカーコスゲイがおもしろかった

ドイツから帰ってきたマイク松ですこんにちは。ドイツにはユーロの形をしたおもしろいオブジェがあったりしましたが、フォルス・スタート商会の本社はありませんでした。あと僕らがドイツにいる間に欧州中央銀行がゼロ金利政策を導入して、ユーロが下がっていました。やめてほしいです。

さて、帰国してチェックしたのが真田丸とびわ湖毎日マラソンです。今年も楽しかったです。びわ湖といえば昨年も大フィーチャーしたペースメーカー。僕らはマラソンのペースメーカーが大好きなのですが、びわ湖にはついてくれます。これが陸連の思惑とは異なる行動をしたり、させられたりするのでとても楽しいです。

今年はペースメーカーに外国人のコスゲイと日本人の圓井と設楽弟が入ってくれています。昨年は全然コミュニケーションがとれない(ご隠居ドゥング以外は)ペースメーカー、今年は日本人を入れて3人入れてきました。昨年の反省経験をいかしていますね。

いざスタートすると、必ずいますよね、一般参加の中に最初だけとばして一瞬でも輝こうとするともちゃんみたいな人。このレースでももちろんいるわけですが、そこにさっと対応するコスゲイが数人の外国人選手とともに飛び出します。まてまてコスゲイ。ペースメーカーはそういうんじゃないから。しばらくしたら全体集団に戻るまではよかったのですが、また集団から抜け出して第1集団を形成します。もう外国人招待選手のペースメーカーと、日本人のペースメーカーに分かれています。なるほど。もちろん圓井と設楽はペースを守っています。

トップを走るキタタはどうもコスゲイがスピードを落とそうとすると前を走ってもっととばせといってるようで、コスゲイが飛び出してるのはそれもあるみたい。そもそもキタタはこれまでこれといったスポーツはやってなかったのに、初めてマラソンに出て2時間8分台。「家から学校まで毎日30km走っていたから」だそうです。なんかすごいわ。中本とかがオリンピックの優勝とかまったく口にしないのはそういうのもあるのかな。

10km時点で第1集団と第2集団の差は20秒くらい。意図してタイプの違うペースメーカーを3人用意したとしかいえない感じになってきました。そしてそんな第1グループとコスゲイをぼーんと引き離して、キタタが独走態勢に入りました。いったいどうなってるんだ。

20km時点で圓井がペースメーカー終了。設楽が集団を引っ張ります。すごく力強い走りで安心します。しかしこのままでは25km過ぎた時点で、第2グループの選手たちは自分の力で走らなければなりません。当初のプランにはなかったですが…。

と思ったら、ここでキセキが起きます。大げさに言いました。

なんとコスゲイが第2グループに戻ってきたのです。実際コスゲイも自分がペースメイキングやってもキタタはおいていかれるし、当初の考え方に従えば、日本人のペースメイクをやった方がいいということになったのでしょう。ともかくコスゲイイズバック。設楽も安心して終了。というか設楽はレースに出た方がいい。

30kmに近づいてレースが一気に動きます。直前でみんなコスゲイのペースメイクを振り切ってどんどん前に出始めたのです。コスゲイは速い先頭と走ったことで体力を消耗していたみたい。まあ昨年のご隠居ドゥングならおいていかずにコスゲイを叱咤激励するところだったのでしょうけど。コスゲイは人知れずペースメーカーを終了。

そんなペースメーカーの努力もあって、終盤はどんどん順位が入れ替わる展開。トラック勝負までもつれ込んで、日本人は北島が2位でフィニッシュ。3位のイシカワもとてもいいタイムでした。日本人4人がサブテン達成といういいレースになりました。前半独走だったキタタは結局ものすごい失速してしまったのですが、東京オリンピックの有力候補になるかも。

みんな3人のペースメーカーに感謝するように。いきなり飛ばしすぎるコスゲイの走りも含めて楽しめました。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(4):ペアFS

7人に1人が猫バンバンしたら猫が隠れてた。車お持ちの方は特に気をつけてばんばんしてやってほしいマイク松ですこんにちは。僕は車もってないですが、猫バンバンステッカーは超ほしいです。

さて、四大陸選手権、今日はペアFSです。途中から勝手にリフトのグループ判断しはじめました。杉田さんがいってくれないので。間違ってたらごめんなさい。

フィギュアスケート四大陸選手権、ペアFS。実況は赤平さん、解説は杉田さん。

デュハメル・ラドフォードは体調不良でFSを棄権したそうです。まじか。でも調子悪そうでしたからねー。おだいじに。僕もおだいじに。

北朝鮮のテオク・リュム&ジュシク・キム。チャイコフスキー「くるみ割り人形」より。チャイコフスキー好きですね。3Twはまずまず。キャッチはしっかりしたかったところ。3Tはしっかり決まりました。慎重に。スピードに乗ってますね。3SThも流れのあるランディング。ちゃんと技術もってます。アクセルラッソーリフトは空中姿勢が安定してます。Dsはホールドをもっと低くがんばりたい。ソロスピンはちょっとずれてしまいましたね。基本的に2人の回転速度が違うみたい。2Lo+2Tは決まりました。スターリフトは難しいポジションにもっていきました。3LoThは結構吹っ飛ばされましたがしっかり降りました。着地力あり。コレオシークエンスはスパイラル。もう1つリバースラッソーリフトはキャリーにもっていきました。ペアスピンはゆっくりでした。でもこれからもっとよくなっていきそう。可能性を感じます。157.24。上出来の初四大陸。

須藤澄玲&フランシス・ブードロ=オデ。「シェルブールの雨傘」。水色の衣装であわせてます。みずみずしさのある入り。2Twは高さがありました。ダブルでも加点つきそう。3Sはダブルに。3SThはしっかり降りました。いいぞ。グループ5リフトは降ろし方でめっちゃしょってしまいましたね。どっこらしょ的な。ソロスピンはきっちりずれてました。ダンスリフト的なつなぎを入れて3T+2Tにいきましたが、ステップアウトでコンビネーションにならず。アクセルラッソーリフトはお姫様だっこの降ろし方。3LoThは手をつきました。がんばれ。Dsは回転速くいけてます。つなぎ部分もきれい。スターリフトはキャリーにいってます。須藤のスターポジションいいですね。ペアスピンはよく軸が安定してました。雰囲気は作れていますし、あとはエレメンツをきっちり決めていくだけですね。がんばれ。145.33。

カナダのヴァネッサ・グレニエ&マキスム・デシャン。映画「ドン・ファン」より。グータッチで始めます。そしてコマネチから入りました。ほんとに。3Twはキャッチできませんでした。3TThはいい感じ。リバースラッソーリフトはどっこらしょっとあげました。相変わらず重そうだ。富井はあまりSPでいいませんでしたが僕はいいます。グレニエが重そう(ばばーん)。3Sは転倒。痛い。ペアスピンは軸が安定していました。ソロジャンプが2T+2Tになりました。アクセルラッソーリフトはほんと重そう。なんとか降ろしていました。筋肉が必要だ。ソロスピンは途中から回転をあわせてました。3SThはツーフット。エレメンツがなかなか決まらない。スターリフトはどっこらしょとあげました。キャリーに変化しても力自慢みたいになってた。ダンスリフトからDs。遠心力にしっかり対応しました。デシャンが結果にコミットしてパワーをつければいけるでしょう。パンプアップ。148.82。

アメリカのタラ・ケイン&ダニー・オシェア。「オペラ座の怪人」。今年なかなかないオペラ座。3Twはもっとしっかりキャッチしたかった。ソロジャンプは3S。しっかり成功。ダンスリフトから3SThは余裕を持って降りました。いい感じです。リバースラッソーリフトはワンハンドローテ。やさしく降ろしてます。2A+2A+SEQもばっちり成功。いい流れできてますね。CuLiを織り交ぜてつなぎもがんばる。ダンスリフトからの3LzThはかなり痛そうに転倒しました。大丈夫かな。Dsからソロスピン。まずまずあってました。ハンドトゥハンドリフトも音楽にしっかりあわせて。アクセルラッソーリフトはまたランディングがソフト。オシェアのホールドいいですね。ペアスピンでフィニッシュ。あのスロージャンプの転倒以外はいけてましたね。あれ決まってたらすばらしかったですが。182.02。

アメリカのマリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン。がんばれ。ジャーニー・メドレー。いいユニゾンの入りだ。3Twはばっちり成功と思ったらうしろに倒れてしまいました。押し倒し。アクセルラッソーリフトはカステリのポジションいいですね。3Sは手をつきました。2AThはトランがバランス崩してました。不思議なダンスリフトからペアスピン。こっちはいい出来。3T+1Tに次はなりました。リバースラッソーリフトはキャリーに。これもいいポジションですね。ハンドトゥハンドリフトもきっちりいけました。安定してきた。ソロスピンはずれをリカバー。コレオシークエンスはもっと元気にいきたい。ダンスリフトからDsにもっていきました。これでフィニッシュ。まあ最初で流れに乗れませんでしたが、よくがんばりました。175.08。

カナダのリューボフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコヴィッチ。ラフマニノフ「交響曲第2番」。3Twはばっちり。きれいなリフトです。3T+2Tは2-2になりました。3LzThは流れよく成功。グループ3リフトは入り方が難しい。それでもモスコヴィッチはしっかり余裕であげてますね。こうでないと。3Sはツーフットで回転不足ぽい。グループ5リフトはいい降ろし方。3LoThは成功。おもしろい入り方のペアスピン。両回転です。ソロスピンはよくずれてました。あったり戻ったり。ダンスリフトはとてもうまいです。グループ3リフトはひざから立つ難しい入り方。Dsでフィニッシュ。179.67。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。上位狙っていこう。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」より。4Twはすばらしい出来!4Twなのに質もばっちりです。3Sもしっかり成功。いいぞ。3SThは高さと幅が大きく決まりました。加点つきそう。Dsもポジションばっちり。クリエリムのポジションを杉田さんはほめてました。3T+2Tも成功。整氷が入ったのか、すごい氷がよく滑ってます。グループ5リフトはいいバリエーション。スムーズです。ダンスリフトもワンフットで。3FThもしっかり決まりました。今日はスロージャンプの出来がいいですね。グループ3リフトはアクロバティックでかつ安定。ソロスピンはやっとよくあってるカップルが出てきました。グループ5リフトもとてもスムーズ。ペアスピンも工夫があったし。最後のスピンもとても速かったです。やりましたね!2人とも大喜びです。207.96。きたきた!

中国の于小雨&金揚。いい演技して表彰台つかもう。映画「クリエーション」より。3Tは手をつきました。2A+2A+SEQも手をつきましたがまずまず。3LoThは転倒しました。着氷してたかと思いましたが。どんまいやで。3Twもいまいち。グループ4リフトはキャリーでスピードが落ちてます。Dsで落ち着こう。ソロスピンはきれいにあってました。コレオシークエンスはスパイラルがきれいに決まった。グループ5リフトも高々とあげてましたね。3SThは決まりました。後半落ち着いてきましたね。グループ3リフトもうまく回転できてました。ペアスピンはちょっとトラベリングしてましたね。今日は珍しいミスも多かった。まだまだのびていける余地はありそう。187.33。表彰台は勝ち取りました。

中国の隋文静&韓聰。あれ?隋メイク変わった?「サムソンとデリラ」。3Twはキレありました。3T+2Tもリズムよく成功。先にコンビネーションを跳んできました。つなぎの演技もうまく作ってあります。4SThも安心してトライできますが、ばっちり決まりました。大技成功。グループ3リフトは難しいポジションからバリエーションしてますね。コレオシークエンスもきれいなダンスリフトにつなげてます。3Sは転倒してしまいました。さっと韓が迎えに行きます。3FThは手をつきました。Dsもいい回転です。ペアスピンは難しい入り方。あとでスピードアップ。グループ5リフトは降ろし方が難しかった。ソロスピンはあとでしっかりずれをリカバー。グループ5リフトから最後はすだれのような降ろし方でフィニッシュ。このラストもびっくりでした。とにかく圧倒してましたね。あとは隋のメイクだけですね。221.91。あ、もちろん趙宏博兄さんがむやみに日焼けしているのも気になりますよね。

○最終順位:(Diamondハリケーン的に)
1. うずまく隋 嵐を呼べ ちっぽけな韓を吹きとばして
2. そうさ降り続くシメカなどないのさ 前髪のクリエリム ふいてごらん
3. 波をけ散らす 于小雨のしぶきに 震える金が 愛しいのさ
4. 今はケインだって少し恐いよ だけどオシェイを My girl ずっと My love 守ってるよ
5. 夢はイリュシェチキナ 愛はモスコヴィッチ

スイ・ハンが結構な差をつけて優勝。四大陸を制して、世界選手権にいよいよチャレンジですね。でもデュハメル・ラドフォードもそのときにはいい感じだと思うので対決が楽しみ。

シメカ・クリエリムは会心の演技で2位。これは自信になるでしょう。于・金も四大陸で表彰台です。ケイン・オシェアもいいところまできてる。もうワンランクアップするには課題もありますね。イリュシェチキナ・モスコヴィッチはこういうときこそ存在感を出したかったのですが。

なんかスピードの出ないリンクだなと特にペアの時は思っていたのですが、そういうときは下位の選手もいい結果になりますね。これはこれでいいこと。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(3):アイスダンスFD

山本昌の引退試合が行われたそうですね。大変盛り上がっていたようで、嬉しい富井です。さて、昨日に引き続きアイスダンスです。実況は小林さん、解説は東野さん。今回はドイツ出張を控えていますので、グループ1、2をすっ飛ばしてグループ3から。ダンケ・シェーン。

中国のシーユエ・ワン&シンユー・リウ。「Crouching Tiger Hidden Dragon」中国のナンバー1カップル。中国武術のようなポーズから入ります。カーブリフトは足をわきでホールドする形。シンクロナイズドツイズルは良く合っています。上半身の動きはとても良いのですが、もう少し滑りにスピードがあればなあと思います。ストレートラインリフトは入り方が難しい。ダンススピンもちょとスピードが足りないな。ローテーショナルリフトも準備動作が無い。と、エレメンツはいいと思います。後は滑りの部分かな。135.57

カナダのエリザベット・パラディ&フランソワ=ザヴィエ・ウェレット。「Bridge Over Troubled Water」。カーブリフトは女性のポジションが美しい。シンクロナイズドツイズルはとてもなめらかで良く合っています。ステップも振り付けが工夫されていますね。と、途中でコスチュームが外れてしまい、演技が中断してしまうのですが、曲が流れ続け、演技がリフトから始まりました。でも、ステップでは笑顔で滑っているのがすごい!ダンススピンもちょっとトラベリングしたけど回転が速くて良かった。すごい精神力ですね。146.94。中断で-3点なのに、シーズンベストを更新です。

カナダのパイパー・ギルス&ポール・ポワリエ。「She Said,Neverland」。これも個性的な衣装。モダンバレエのような不思議な振り付けです。シンクロナイズドツイズルはスピードがあってすてき。ステーショナリーリフトは低い位置で独創的。サーペンタインステップシークエンスも難しい振り付けですね。ダンススピンはポワリエのポジションが美しい。ストレートラインリフトも低い位置。ローテーショナルリフトはワンハンドとどれもあまり見ない形。最後まで予想がつかない動きで面白かったです。東野さんも「インテリジェンスを感じる」とのコメント。162.19

村元哉中&クリス・リード。「チャーリー・チャップリン」他。顔芸から始まります。上手ですね。サーキュラーステップも映画のように雰囲気を作っていますね。カーブリフトもただエレメンツをこなしているのでは無いのがすごい。ダンススピンはもうちょとスピードが。シンクロナイズドツイズルはちょっとバランスが悪いところがあったかな。ダイアゴなるステップも顔の表情がすごい。ローテーショナルリフトはスピードがあって美しいです。ストレートラインリフトはもう少しトップのポーズが長いと良かったな。しかし村元さんは良くやっていますね。すばらしいダンサーに成長しています。クリスもとても楽しそうで良い雰囲気。145.83

アメリカのマディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー。ダフトパンク「トロン・レガシー」。男性が天使に救いを求めるというストーリーだそう。素敵なプログラムですよね。シンクロナイズドツイズルは腕の表現も素晴らしいですね。回転もスムーズ。カーブリフトもスピードがあって美しい。サーキュラーステップはポジションが変わっていくのが面白い。ストレートラインリフトは女性のポジションが美しい。ダイアゴナルステップはもう少しスピードが上がって欲しいなあ。ローテーショナルリフトは良い回転。ダンススピンもポジションがきれい。コレオグラフィックムーブメントまでドラマチック。172.29

アメリカのマイア・シブタニ&アレックス・シブタニ。コールドプレイ「Fix you」。良い滑り出しですね。カーブリフトのポジションが難しい。マイアちゃんの表現がデービスに似てきましたよね。ダンススピンも回転が速い。ストレートラインリフトのポーズも美しい。サーキュラーステップもスケートが良く伸びる。すごく丁寧な滑り。シンクロナイズドツイズルも曲の盛り上がりと共に回転が速くなっているところがいい。ローテーショナルリフトも素晴らしいスピード。ダイアゴナルステップも良く2人の息が合っています。最後まで流れが途切れませんでした。さすが全米チャンピオン!だんだん良くなってますね。181.62

カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。「On the Nature of Daylight」。座って始まるドラマチックな構成。シンクロナイズドツイズルは難しいのに良く息が合っている。サーキュラーステップはフリーレッグがきれいに見えますね。足が長いからな。ストレートラインリフトも足の長さが生きる美しいスプレッドポジション。ダンススピンは途中でバランスを崩してしまいました。もったいない。ワンハンドアームのローテーショナルリフトは途中で足をついてしまいました。ダイアゴナルステップはちょっとスピードが落ちてきたかな。カーブリフトも難しいポジション。うーん・・・ちょこちょことミスがありましたね。173.85

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。カーブリフトは飛び込んでからのすごく難しい入り。音楽の強弱に良く合ってますね。サーペンタインステップシークエンスも流れるようなスケーティング。シンクロナイズドツイズルもスピードがあるのにぴったり合わせてきますね。ダンススピンの回転も速いなあ。ピアノの音とスケートがよく合っていますね。ダイアゴナルステップも曲の迫力に負けない滑り。ローテーショナルリフトもすごい移動距離。ストレートラインリフトも難しいポジションですね。最後まであっという間。迫力がありました。174.64

○SD終わっての順位(台湾土産と言えばヌガーも有名なので)
1.シブタニ兄妹ヌガー
2.チョック・ベイツヌガー
3.ウィーバー・ポジェヌガー
4.ハベル・ダナヒューヌガー
5.ギルス・ポーリエヌガー

ついに!シブタニ兄妹ヌガーが全米チャンプから四大陸チャンプへ!!フリーダンスはますます良くなっていましたね。私は初めて見たとき、どうにも冴えない曲なのでコーチたちはシブタニ兄妹を勝たせないつもりなのか?って思いましたがいやー、素晴らしい。マイアちゃんがほんと、メリル・デービスみたいになってきててすごい成長だなと思いました。まあ、デービス・ホワイトも姉弟カップルみたいなものだったし、良い目標になりますよね。

さて、チョック&ベイツ、ウィーパー&ポジェはそれぞれSD、FDにミスがあったのが残念でした。また、世界選手権で実力を発揮して欲しい。ハベル&ダナヒューもどんどん素晴らしくなっているし、アメリカは本当に激戦ですね。そして、ギルス&ポーリエは独自路線を進めて欲しい。サフチェンコ&ソルコビーみたいに次のテーマは宇宙だな。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(2):ペアSP

台湾に行ったときにちょうど四大陸選手権をやっていたのに行けなかったのが心残りな富井です。好物のパイナップルケーキをかじりながらペアを見ることにします。解説は杉田さん、実況は赤平さん。

須藤澄玲&フランシス・ブードロ・オデ。18歳と22歳。ルイ・アームストロング「ラ・ビアン・ローズ」。2回転ツイストですが高さがあって美しい。3Sはタイミングもオッケー。3sthも見事な着氷。デススパイラルもポジションが良い。ペアスピンも回転も速くて良いですね。見つめ合う笑顔も素敵。ステップシークエンスもスピードは無いけどユニゾンがあって良いですね。リフトはちょっとスピードが無かったかな。でも、ノーミスでしたね。52.70。おお、良い点が出ましたね。

アメリカのマリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン。「サマータイム」。素晴らしいスピードから3回転ツイスト。降ろし方がもう一つかな。3Sはちょっとバラバラになってしまいました。3SThは流れがあって美しい。リフトは片手で難しいポジション。ペアスピンはポジションがきれいで速度が速い。ステップもスピードがあってミラーの動きも良く合ってますね。ダンスリフトからのデススパイラルもきれい。タイムバイオレーションで1点減点されてしまいましたが、61.34。

北朝鮮のテオク・リュム&ジュシク・キム。チャイコフスキー「愛の挨拶」。北朝鮮から初めてのエントリーらしいです。3回転ツイストはちょっとキャッチできませんでしたね。3Tはタイミングも良く合っています。3SThは姿勢も美しい。ペアスピンはまあまあ。リフトは難しいポジションもはいってますね。ステップはちょっと不思議な間がありましたがなかなか素敵。デススパイラルもよかったですね。こう言ってはなんですが、上手ですね。曲もあってロマンチックでびっくりしました。53.83

カナダのリューボフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコヴィッチ。レッドツェッペリン「Since I’ve been loving you」。トリプルツイストはスピードがありますね。3Tは女性が転倒。3LzThは高さがありますね。すぐにステップは良く2人の動きが合っています。ミラーの動きもきれい。チェンジオブペースも印象的。皆殺しイーグルからデススパイラルへ。すごいな。男性が片膝をついたところからリフト。その後すぐリバースのペアスピン。レベルがぐっと上がりましたね。61.97。モスコビッチが転倒さえなけりゃなーという笑顔。

カナダのヴァネッサ・グレニエ&マキスム・デシャン。「Por una cabeza」。トリプルツイストはちゃんとキャッチできませんでした。リフトもよいしょっと持ち上げるかんじで重そうですね。3SThも重そうに投げましたが、転倒してしまいました。3Tはバランスを崩しましたが着氷しています。ペアスピンも重そうな回転。ステップはスピードもあって良い動きですね。デシャンが持ち上げなくて良いので言い笑顔。デススパイラルもちょっとバランスを崩していましたね。50.07

アメリカのタラ・ケイン&ダニエル・オシェイ。「Espana Cani」。デススパイラルから始まる面白い構成。イーグルからのトリプルツイスト。イーグルからの3Sはケインが転倒。ダンスリフトから3LzThは美しい。ステップはダンスのように組んでやっていて美しいですね。リフトはバリエーションがありますね。ペアスピンもバリエーションが豊富。最後はプラトーンみたいなポーズで終わりました。いいですね。59.72。転倒がもったいなかった。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・ケネリム。メタリカ「Nothing else matters」。ここもデススパイラルから。スピードがあってパワフル。スケーティングのスピードが良いですね。トリプルツイストも高さがすごいですね。3Sは男性が手をついてしまいました。リフトもバリエーションが難しい。ダンスリフトから3LzThは両足着氷。すぐステップに入りますがやや動きが合ってないですね。疲れているように見えます。ペアスピンは入りがもう一つですが、途中からものすごくスピードが上がりました。さすが。67.61。

中国のウェンジン・スイ&ツォン・ハン。「Spanish Romance」。スイの化粧が濃くて誰か分からない。手品っぽい動きからすごいスピードのステップから3T。3LzThの高さがすばらしい。ダンススピン的な動きからのペアスピンもすごいスピード。スピードを上げてトリプルツイスト。移動距離もすごい。リフトも難しいポジションですごい移動距離。デススパイラルの回転もいいですね。ステップはミラーの動きでピタッと合っています。最後までスピードが落ちませんでした。78.51

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。エルトン・ジョン「ユア・ソング」。ダンスリフトからピタッと止まるところからのスピードに乗ったトリプルツイスト。一連の流れが素晴らしい。3Lzはなんとか着氷。3LzThも成功。ペアスピンもいいスピード。バリエーションも難しい。ステップシークエンスも曲に良くあって良いですね。リフトも終わり方が素晴らしい。デススパイラルもドラマチック。しかし終わった後のちょっとデュハメルが苦しそう。体調が悪いんでしょうか。71.90

中国のシャオ・ユイ&ヤーン・ジン。「Yulunga」。3Tは女性が転倒。もったいない。トリプルツイストは高さがありました。3LoThは高さがありますね。ペアスピンは軸が美しいですね。女性の手の動きが美しい。リフトもポーズは美しいのですが、もうちょっとスピードが欲しい。デススパイラルもきれいなんだけどちょっと高いかな。ステップは振り付けは美しいのですが、もう少し勢いが欲しい。もう少し体調が悪いのかな。タイムバイオレーションも取られて2点減点になってしまいました。趙宏博兄さん怖い。64.99。

○SD終わっての順位(台湾土産と言えばパイナップルケーキなので)
1.スイ・ハンパイナップルケーキ
2.デュハメル・ラドフォードパイナップルケーキ
3.シメカ・ケネリムパイナップルケーキ
4.ユイ・ジンパイナップルケーキ

1位のスイ・ハンはスイの化粧の濃さに一体何があったのかと驚きましたが、相変わらず素晴らしかったですね。ちょっと怪我に悩まされた時期もありましたが、ジュニアの頃の勢いを持続させていて素晴らしいと思いました。デュハメル・ラドフォードも素晴らしかったのですが、いつもの元気がありませんでしたね。フリーは体調を整えていつもの演技を魅せて欲しいです。3位のシメカ・ケネリムももう一つぴりっとしなかったし、4位のユイ・ジンも元気が無かった・・・それでもすごい演技だったんですけど。

それより下位の須藤澄玲&フランシス・ブードロ・オデや北朝鮮のペアが良かったですね。ジャンプミスも無く、これから伸びそうなペアで楽しみだと思いました。困難に負けずがんばって欲しい。これからも成長を見守りたいと思います。

フィギュアスケート四大陸選手権2016(1):アイスダンスSD

来週ドイツにいくので、その準備をしているマイク松ですこんにちは。ドイツのいち地方で新型モビルスーツを組み立てて新造艦に搬入する作戦があり、その作戦にフォルス・スタート商会本社が関わっているという情報を得たのでいってきます。本当はザク小隊でも割いてくれればよかったのですが、無理なので丸腰でいってきます。

その前にできるだけ四大陸選手権をみていこうと思います。今日はアイスダンスSD。

フィギュアスケート四大陸選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は東野さん。会場は台湾です。先日本社を探索にいったときはまだやってたんですよねー。

村元哉中&クリス・リード。なかなかいいエッジでなめらかにいけてますね。パターンダンスは自信もってやれてる感じ。あまり固さは感じないですね。ツイズルはまずまず。パーシャルステップは1つ1つのステップをしっかり。音楽もいかせてます。RoLiは回転速かったですね。いい演技でした!RoLiはよくなってる。57.13。よしよし。

カナダのエリザベット・パラディ&フランソワ=ザビエル・ウレット。読みが難しい。カナダ選手権3位。ツイズルはしっかりユニゾンいけてます。パターンダンスはスムーズに。スピードもある。RoLiは対照的に激しく回転してました。ストップ部分はもうちょっと表現がほしいですね。パーシャルステップの方が感情表現できてる感じ。そのままフィニッシュ。この音楽は難しそうですが、ちゃんと踊りこなしていましたね。60.15。

平井絵己&マリエン・デ・ラ・アスンシオン。ツイズルはファーストツイズルで足をついてしまいました。もったいない。パターンダンスはスピードをキープできてる。パーシャルステップはマリエンがもっとホールドでがんばれそうな印象。音楽にはよくあわせてます。RoLiは入り方が難しかったです。47.09。もっと2人の関係性を見せられるようになれれば。

韓国のレベッカ・キム&キリル・ミノフ。どっちもロシアに関係があり、練習もロシアで行っているそうです。早速RoLiから入りました。もっと勢いよくいってもよかった。ツイズルは無難に。パターンダンスはしっかりエッジに気をつけながらやってましたね。パーシャルステップでもっとばっちり切り替えればよかったと思ったら、ステップの終わりで2人で転倒してしまいました。もうちょっとで終わりやったのに。44.69。うかない表情。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。2人の一体感とかは今までと全然違う。パターンダンスで一気にスピードに乗る感じ。これは工夫してるかも。ツイズルもキレのある回転プラス腕の使い方もうまい。パーシャルステップはさらにスピードに乗れてますね。CuLiは音楽の終わりをうまく使った印象的なフィニッシュにつなげていました。さすがですね。69.36。シーズンベスト出せました。喜んでます。

中国のシーユエ・ワン&シンユー・リュー。中国チャンプ。「ピアノ・マン」ほか。パターンダンスはエッジを深く使えてますね。終わりがどうだったか。パーシャルステップはもっとスピードがあるといいですね。ツイズルはよくシンクロしてました。CuLiはうまく音楽使えてました。56.49。

最終グループ。

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。イル・ディーヴォ「アンチェインド・メロディ」ほか。パーシャルステップが最初に。豊かでリッチな音楽を存分に使いながら、表情もいいですね。見合わせるタイミングがすてき。ツイズルはまずまず。パターンダンスは音楽の盛り上がりにあっても足下は確かに。CuLiは降ろし方が危険で技術ありました。アイスダンスのよさを教えてくれるようなプログラム。67.05。ハベル・ダナヒューの下ということで浮かない顔。

カナダのパイパー・ギルス&ポール・ポワリエ。うわー!すごい派手なカラーの衣装!助けてー!しかし技術は確か。ツイズルのシンクロ度が高いですね。パターンダンスは速いですね。どこにもスピードを落とす要素がなさそう。スムーズです。RoLiからおもしろポーズ。いいですね。ストップからパーシャルステップ。そこでもおもしろホールドや変顔で推して参る。それでいて格調を失わないのが不思議。ユニゾンのある動きのままフィニッシュ。最後はピースサイン。なんたるプログラム。ついにカナダにもおもしろプログラムがあらわれたか。63.92。あれー?もう少し出てもいいのに。パターンダンスがLv.1と3だったみたい。

アメリカのシブタニ兄妹。全米チャンプですよ全米チャンプ。おなじみ「コッペリア」。おもしろな導入からパターンダンス。さすがワルツは他の追随を許さないですね。雰囲気で圧倒する。加えてスピードのあるステップ。ツイズルはもうみなくても完璧なシンクロだということがわかりますものね。どうせ完璧なんだろと。パーシャルステップもよどみなく流れるエッジ、エッジ。RoLiも上げ方に工夫ありました。もはや貫禄もでてきてる演技。四大陸で負けてなるかという気迫も感じますね。72.86。オールLv.4だったよう。

カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。とはいえまだこのカップルがいるんですよね。ヨハン・シュトラウスII世のセレクション。はーいすばらしい王道ワルツ。CuLiも大きくみせていて演技の流れは妨げない。パターンダンスもエッジの深いこと。そして2人とも脚が長いからワルツが引き立ちます。ツイズルもばっちりユニゾン。滑る音も聞こえてこない感じです。パーシャルステップはまた違ったリズムでのステップを見せてくれます。いろいろなステップをよどみなく。最後に向けてさらにスピードを上げてフィニッシュ。完璧なワルツでしたねー。すばらしいです。72.42。おーぎりぎり2位ですね。でも同じくらい。

○SD終わっての順位:(パラダイス銀河的に)
1. ようこそここへ 遊ぼうよシブタニ 胸のりんごむいて
2. 大人は見えない しゃかりきウィーバー 夢のポジェまではさがせない☆
3. 空をほしがるハベルたち さみしそうだね そのダナヒュー ついておいで
4. しぼんだままの風船じゃ チョックの広さを計れない ましてベイツは飛ばせない
5. ギルス・ポーリエの中に おもしろの言葉を掛けて 入れて行こう

いい戦いになってきてますね。

トップは僅差でシブタニ兄妹。とはいえウィーバー・ポジェとの差はわずか。FD勝負になりそうですね。勝てるかな。3位はハベル・ダナヒュー、4位はチョック・ベイツとアメリカ勢が続きます。2組とも全米の借りを返したいところ。そしたら5,6位はカナダ勢になってますね。村元・リードは7位。いいところつけてます。

フィギュアスケート欧州選手権2016(8):アイスダンスFD

確定申告のあとに富井とコメダいってきたマイク松ですこんにちは。フォルス・スタート商会には申告するようなことは何もないのですが。申告が終わったうれしさで頼みすぎてみそかつサンドが食べられなかったので持って帰りたいといったら、店員さんがアルミホイルと袋をくれました。こういうのってコメダらしくて大好きです。持ち帰ったみそかつサンドは知らない間に富井が片付けていました。

欧州選手権はアイスダンスFD。これで欧州選手権も終わりですね。やっぱり欧州はアイスダンスです。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は東野さん。

ポーランドのナタリア・カリシュク&マキシム・スポディエフ。期待したいです。「クリスタライズ」。背中のにおいをかいでいるポーズからスタート。ついで手のにおいをかいでいます。CiStもいきいき滑ってますね。そのままRoLiをスムーズにつなげました。結構得意ですね。ダンスリフトは両回転。いいポジションです。SlLiはよじ登る感じです。ツイズルはちょっと間があいてしまいました。DiStは前半と後半で構成が違う。StLiも特徴的です。得意。最後にRoLiを入れてフィニッシュ。いい演技できましたね。147.07。減点が1つある。タイムオーバーか。

イスラエルのイザベラ・トビアス&イリア・トカチェンコ。すごいきれいな衣装。オペラ「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」。ダンススピンから入ります。いいポジション。ステップ前の動きも軽快。SlLiはスムーズに入りました。ツイズルはちょっと離れてしまいました。CuLiはトカチェンコがイーグルで。SeStはもっとスピード上がりそう。引っ張り合ってるところがあります。DiStはぱぱっとRoLiは入り方にすごい工夫がありました。あぶない。最後はコレオムーブメントでフィニッシュ。うまく全体をまとめるところはさすが。もっとこれからよくなるでしょう。151.67。あんまり浮かない表情。

イタリアのシャルリーヌ・ギナール&マルコ・ファブリ。弟の分までがんばれ。「シンドラーのリスト」。テンション高い入りです。ツイズルは入りのポーズがかっこいいしよくシンクロしてました。SeStはスピードを失わずにエッジがのびてますね。さすがレベルが少し上です。難しい動きをはさんでダンススピン。物語表現もしっかり入ってます。SlLiはずっとイーグルでした。でも安定。CuLiは飛びついていくような難しい入り方。パワフルです。ペア的なアクロバティックさがあります。DiStはスピード感あります。RoLiもスピードをキープ。最後までドラマティックに決めました。すばらしいですね!テンション高くいけました。会心の演技でしょう。162.58。フーザルポリ姉さんもほめていました。

イギリスのペニー・クームス&ニコラス・バックランド。これもきれいな衣装。ミューズ「エクソジェネシス交響曲」ほか。より音楽表現を重視した入り方ですね。やっぱりイギリスはFDが見所。CuLiは入り方がスムーズです。CiStはエッジが深い。躍動感を失わない。RoLiはすばらしくパワフル。バックランドのパワーいきてますね。ツイズルはよくあってます。そのままダンススピン。出方も工夫あります。SlLiはクームスのポジションがいいぞ。MiStは動きも多い。コレオムーブメントでフィニッシュ。パワーのある演技でした。162.75。ぎりぎりでトップにきました。

デンマークのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。注目ですね。ショーン・フィリップス「ウーマン」。印象的な演技からStLiに入りました。予備動作がないのも難しい入り方に入るそう。ツイズルはてきぱき。CiStはスパイラル的な動きで入りました。エッジも深いし2人の関係性をうまく作ってます。SlLiは降ろし方の叙情が感じられます。ダンススピンはじっくりと見せます。RoLiはポジションチェンジがスムーズ。DiStはスピードに乗ってます。ステップでもっと一体感を出したいですね。RoLiでフィニッシュ。まだまだうまくなっていきそうですね。152.79。

スロバキアのフェデリカ・テスタ&ルカース・チェーレイ。大歓声が後押しします。「マレーナ」より。ツイズルもよくあわせてますね。音楽の最後にもぴったり合わせました。MiStからステップ。チェーレイもよくがんばってます。わりとL系なのかも。テスタの美貌をしっかりアピールしないと。SlLi+RoLiのロングリフトにもっていきました。上がり方もスムーズでした。ダンススピンはここはもっとスムーズにいきたい。SeStはダンスステップをしっかりやってますね。このへんはまだまだスピードあがりそう。CuLiからコレオムーブメントでフィニッシュ。いい物語でした。とても情熱的な内容でした。158.03。いい点出ましたね。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。Lの力を見せてやるがいい。「バラ色の人生」。ツイズルから影のように寄り添うL。それだよ。SlLiはかなり難しいポジションでLがワンフット。ベネ。CiStはステップごとにすごくリズムがとれてるし、エッジがきれいです。CuLiはしっかりカッペリーニちゃんをみせておいてゆるやかに降ろす。ダンススピンも速さの違いを出してますね。Lががっくりした演技。いいぞ。DiStはゆるやかできれいなエッジワークを存分に堪能できますね。スピードをあげてRoLiにもっていきます。コレオムーブメントはツイズルを入れてますね。最後まで楽しいプログラムでした。Lもしっかり影に徹してた。178.01。さすがでした。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。「アンナ・カレーニナ」より。相変わらずの心病み的なプログラムです。最初から叙情的な雰囲気をもりもり作ります。ツイズルもしっかり。SlLiは途中からホールドなし。CiStはボブロワ姉さんのポジションがいちいち決まってますね。CuLi+RoLiは空中でしっかりポジション。ダンススピンは回転速いです。DiStはスピードを失わない。終盤の感情表現は見事でした。RoLiから印象的なフィニッシュ。すばらしい演技でした。176.50。FDの得点はシーズンベスト。よかったよかった。コーチが感激しています。

アレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。「ラフマニノフズ・リベンジ」。まずはツイズル。いい感じです。CiStはよく体が動いてます。メリハリもある。SlLiはポジションをうまくバリエーション。すぐCuLiにつなげています。ダンススピンはブキンの柔軟性がよく出せてますね。DiStは若さと勢い。RoLiからそのままコレオムーブメントにつなげてフィニッシュ。若さがよく出ていてフレッシュな演技でした。165.55。リフトのタイムオーバーをとられました。まずブキンはひげをそってみたらどうかな。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。「レイン・イン・ユア・ブラック・アイズ」。なんとも印象的な導入。StLiがまたすばらしい。入り方がきれいです。入れ替わるたびに物語が紡がれる。ツイズルはキレがあります。終わりもそろってたし。CiStは滑りもきれいだけどなにしろ物語がすごい。よく考えられた構成です。SlLiはてきぱきしてて演技の流れを切らない。ダンススピンは回転が速い。すばらしいですね。DiStはまた男女の関係性を濃密かつ繊細に打ち出してきますね。RoLiもその先にあるから物語がまします。CuLiでフィニッシュ。すごい演技でした。この芸術性は本当にこのカップルにしか出せない。「僕らの強みはFDだから暴れたい」とのことでしたがその通りのスーパープログラムですね。デュブレイユ・ロウゾンの指導をさらに上のステージに引き上げて表現してます。182.71。トップにきました。破壊力のあるFDや。

ロシアのヴィクトリア・シニシナ&ニキータ・カツァラポフ。「イオ・チ・サロ」。テンション高い入り。かっこいい。ツイズルはものすごい回転速度ですがちょっとばらけました。CuLiがアクロバティックな入り。すごい。ダンススピンはこれまた回転速度ある。CiStは今までわりと別々に動いていたようで、ステップに入ると一体感を出せますね。RoLiはすごい回転速度。相変わらず激しいですね。必殺技感ある。SlLiはしっかり支えてます。DiStはスピード感あるしそのままCuLiにつなげてます。いい演技なんですが、順番が正直悪かった。172.65。3位に入りたかった。

○最終順位:(探偵物語的に)
1. あんなに激しいパパダキスが シゼロンの背後で黙りこむ 身動きも出来ないの 見つめられて
2. 夢で叫んだように カッペリーニちゃんは動くけれど 言葉はLになる
3. 話を外らして歩いても ボブロワはそのまま置き去りね 昨日からはみ出した ソロヴィエフがいる
4. 波の頁をめくる シニシナの見えない指さき カツァラポフはないけれど
5. まだ早い夏のステファノワが あとずさるわ 透明な水のブキン
6. クームスの破片が光る だから気をつけてねバックランド

パパダキス・シゼロンの復活で欧州は終わりました。すごかった。アイスダンスにコンテンポラリーのような繊細な表現を持ち込んでますよね。リフトはまねできるかもしれないけど、あれはちょっと無理です。いずれにせよ帰ってきてよかった。

2位はカッペリーニちゃんwith L。Lは精一杯やってくれました。2位も納得でしょう。まだ世界選手権がある。3位はボブロワ・ソロヴィエフ。強さを見せつけました。4位はシニシナ・カツァラポフ、5位にステファノワ・ブキンとロシア勢が続きました。なんとか上に行きたかったところでした。クームス・バックランドが6位。アイスダンスにイギリスの強さが戻りつつあるのでしょうか。入ってませんが7位のギナール・ファブリもとてもよかった。アイスダンスもイタリアがんばってます。

オリックオープン戦 その1

今秋のアメリカ大統領選の記事を読んでいて、「トランプ氏が大統領になったときにはカナダの島への移住を!」と、売り込んでいる記事を見つけました。すごい面白いところに目を付けたジョークだなと読んでいたら、3日で5万件の問い合わせがあったとか。国民皆保険で銃を持っている人がいない・・・これだけで、もう誰が大統領か無関係にアメリカよりカナダに住みたいと思った富井です。

さて、アメリカの大統領選挙とは関係ありませんが、オリックですよ。
オープン戦の中継がJスポーツであったので見ていましたが、私の推し遊(安達の代役遊撃手)縞田がまずまずの活躍をみせていました。このままオープン戦打率8割ぐらいキープしてしまったら使わざるをえないのでまずはオープン戦だけでもがんばって欲しい。宮崎もホームランを打ったし、まだまだチャンスがあるな。逆に今日打席がもらえなかった駿太は・・・やばい。福本さん、盗塁の前に2543安打(歴代5位!今更だけどすごすぎる!!)打てる技術を教えて欲しかった。

ピッチャーでは大山がいい感じでしたね。左の中継ぎがなんとしても欲しいのでシーズンもこんな感じで投げて欲しいなあ。楽しみ。

フィギュアスケート欧州選手権2016(7):アイスダンスSD

お仕事休んで確定申告したマイク松ですこんにちは。今年はめんどくさい書類が増えて大変でしたが、e-taxでスムーズにいけました。積み重ねてきているのか、e-taxも簡単になってきてますね。

欧州選手権はアイスダンス。今日はショートダンスです。欧州はアイスダンス!

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は東野さん。

イスラエルのイザベラ・トビアス&イリア・トカチェンコ。あれ!?トビアス・スタグニュナスのトビアスと、リアザノワ・トカチェンコのトカチェンコがイスラエルでペアになってる。すごいな。離れ業って感じです。ともかくトカチェンコの復活に富井歓喜。おじさんになってるけど。ツイズルはまずまずですね。パターンダンスはなめらかにいけてます。パーシャルステップはまずまず。もうちょいスピード出せるよ。CuLiは微妙な上げ方でした。とはいえまだまだよくなるでしょう。64.46。

イタリアのミサト・コマツバラ&アンドレア・ファブリ。ファブリ弟。今年はFDに残ることが目標。ツイズルは大きくできてますね。コマツバラのスカートが超きれい。さすがイタリア。パターンダンスは規定感なくいけてますね。もっとスケートを滑らせたい。RoLiはいいポジションできれいな回転でした。パーシャルステップは2人のタイミングがもっとあえばいいなと思いました。フーザルポリ姉さんももうちょっといい顔させてあげたい。49.56。コマツバラももっとがんばってほしいです。

ポーランドのナタリア・カリシュク&マキシム・スポディエフ。2人ともきれいな衣装の着こなし。いきなりツイズル。なんか急にレベルが上がった感ありますね。エッジがきれいです。パターンダンスはなぜか上からとられてますが、ホールドが自然でスピードもよく出てる。StLiを間にはさんできました。かっこいい。パーシャルステップはちょっとスピードが落ちてる。つなぎ部分のかっこいいステップがありました。ポジションがとてもきれいなカップルですね。59.57。コーチも2人も大喜び。

ロシアのヴィクトリア・シニシナ&ニキータ・カツァラポフ。このカップルとしては欧州初出場。「白鳥の湖」ほか。ぐーうまい。のびが違う。パターンダンスもすごいなめらか。そしてカップルとして成熟が進んでるみたいですね。よかった。ツイズルはちょっとあってないけど回転速度がある。パーシャルステップは軽やかなステップを使ってますね。RoLiはカツァラポフが軽々あげてますね。最後のポジションもさすがでした。技術あります。68.33。

スロバキアのフェデリカ・テスタ&ルカース・チェーレイ。地元の大歓声。チェーレイは完全に地元の選手らしい。SDを新しくしたそう。ツイズルはポジションもいいけどまたテスタの衣装がきれい。イタリア仕様かな。パターンダンスは入る前にしっかり勢いがついてました。パーシャルステップの前のストップがかっこいい振り付けになってました。まずまずの出来。音楽をよく使ってます。RoLiは降ろし方がスムーズでした。いい演技できましたね。62.24。相変わらず鼻がすごい。

デンマークのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。デュブレイユ・ロウゾンがコーチしてます。パーシャルステップを一新して臨んできます。最初の入りかっこいい。ツイズルもとてもスムーズでした。パターンダンスは曲が全然雰囲気がないのにワルツしっかりできてます。とても現代的。作り直したパーシャルステップは確かによくスピードに乗れてる。つなぎの部分もしっかり。RoLiはポジションチェンジが見事でした。独創的でしかも雰囲気はしっかりですね。さすがです。62.19。パーシャルステップはLv.4とれたみたい。よかった。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。「スタント・マン」より。パターンダンスはばっちり正統派。そして必殺シットポジションのツイズル。問題なくいけました。SlLiはポジションチェンジもしっかり。ストップ部分はキレあるダンス。パーシャルステップはブキンを頭でホールドするステファノワ。おもしろかったです。66.65。どうもとっても仲がいいらしいです。

イタリアのシャルリーヌ・ギナール&マルコ・ファブリ。ファブリ兄。メリハリのある動きからスタート。ツイズルも問題なし。というかまたスカートの布地がきれい。CuLiは超難しい入り方。あぶねー。パターンダンスはスピードよく出てます。ストップ部分は華麗なステップでした。パーシャルステップはスムーズ。最後の動きもスピードがキープされてました。ギナールもなかなか会心の笑顔。フーザルポリ姉さんもお喜びのご様子。64.87。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。やっと戻ってきてくれました。大丈夫かな。フランス選手権で復帰したらしい。なんとも静かな立ち上がり。浮遊感のあるステップからツイズルにつなげます。とてもなめらかなステップ。独特の雰囲気があります。それはパターンダンスも同じ。いかに表現するかに意識はいってますね。ストップ部分もしっかり表現の一部。パーシャルステップでもしっかり物語が見えてきますね。すばらしい。男女の関係性をSDでも見せてくる。RoLiからフィニッシュまでの表現もよかった。よう戻ってきてくれました。70.74。トップにきました。

イギリスのペニー・クームス&ニコラス・バックランド。プログラムを変更して臨みます。なんとも正統派なプログラム。パターンダンスもとてもわかりやすいワルツです。つなぎの部分の方がおもしろい。ツイズルは大きな回転。パーシャルステップはスピードアップ。音をうまくとらえながらいろいろなステップ。RoLiは入り方も複雑でした。なんとも真面目なプログラム。順番からしてもそう感じますね。64.26。64点台になんかたくさん集まってますね。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。カッペリーニちゃんが結婚したとしても!オマエのやることは変わらないぞL!「メリー・ウィドウ」より。なんともなめらかさのある入り方。そこから高速ツイズルにもっていく構成。もうトップカップルの1組やもんな。パターンダンスもエッジの滑りがほんとのびてますね。パーシャルステップはよく表情もついてる。スピードというよりエッジの深さとなめらかさで勝負。RoLiの回転もすばらしかったです。いやーいい演技ですわ。72.31。トップにきました!華やかでした。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。オールバックのソロヴィエフ。その顔やめて。「仮面舞踏会」。ツイズルは回転にキレ。パターンダンスはさすがのエッジの深さ。スピードに乗ってます。RoLiもその激しさでしっかり表現しているようです。止まるまでもテンション高いです。「ロミオとジュリエット」になってパーシャルステップ。こちらの演技もテンション高かった。気迫のあるままフィニッシュ。いい演技でした。怖いくらい。68.71。

○SD終わっての順位:(セーラー服と機関銃的に)
1. カッペリーニちゃんは 別れの言葉じゃなくて 再びLまでの遠い約束
2. 夢のいた場所に パパダキス残しても シゼロン寒いだけさ
3. このまま 何ボブロワでも抱いていたいけど ただこのまま ソロヴィエフを暖めたいけど
4. シニシナは 秒刻みの あわただしさ 恋もカツァラポフの篭の中
5. ステパノワがめぐり逢う ブキンに疲れたら きっともどっておいで
6. 愛したギニャールたちを 想い出に替えて いつの日にか ファブリのことを想い出すがいい

さすがの充実ぶり。やっぱり欧州はアイスダンスですね。

混戦の中でカッペリーニちゃん with Lがトップにきました。貫禄ですね。出始めのときはトップカップルに押されながらもがんばっていたのですが、今や自分たちがトップカップルになってます。カッペリーニちゃんも結婚したし!2位はそんな貫禄とかを無視してパパダキス・シゼロン。戻ってきてよかった。3位はボブロワ・ソロヴィエフ。緊張感ある演技。4位はシニシナ・カツァラポフ。やっぱりこのへんに入りますよね。ステパノワ・ブキンは5位。上狙える位置。ギニャール・ファブリもいい位置につけてます。

ナカウシロがダイヤモンドバックスとマイナー契約

ノブヒコの引退にいろんな人がおつかれさまといってくれています。助かります。川崎のいうとおりこれからの人生がいいものになることを願っています。ありがとうノブヒコ。マイク松ですこんにちは。

さて、スーパーチューズデーのニュースを見ながら、なんかおもしろいニュースはなかろうかと探していました。オリックはナカジさんがショートということで、アダチが戻ってくるまでがんばってほしい、けがをせずにがんばってほしいということなのですが、意外にみんな、このままナカジさんがショートのポジションを奪ってしまうという可能性を考えてないですよね。あるかもよ。

今日はオリックではなく違うニュースです。

中後、Dバックスとマイナー契約

ロッテのナカウシロはいいキャラクターだったのですが、ロッテでは種いもでもないのに芽が出ず、トライアウトでも声がかからず、BCリーグに所属していました。残念。

しかしどうも戦力外通告を受けた人の特集番組をみていた人がMLBに売り込み、そこからキャンプの招待選手として声がかかり、アリゾナとマイナー契約に至ったようです。戦力外通告の番組、意外な効果があったもんですね。売り込んだ人がえらい。助かる。

マイナーは厳しいですが、1つずつ乗り越えてがんばってほしい。メジャーでなくても野球が続けられるのは素敵なこと。がんばってほしいです。メジャーでのサバイバルは田口壮の著書が参考になりますよ。打者だけど。