Archive for 10月 2016

カアプ検定始まる

11月になって急に寒くなった気がするマイク松ですこんにちは。というか冬だわー。いやだわー。

壮絶な日本シリーズが終わり、突然プロ野球のない日々がやってきました。困ります。NFLではスーパーボウル(NFLの頂上決戦にして最後の試合)の前にプロボウル(オールスター戦)があるのですが、昔はどうなんだろと思っていましたが、あれは「次の試合でNFLシーズン終わりだぞ」と認識させるという機能があったのかもしれないと思いました。

ということでプロ野球はオフシーズンに入っていますが、なんといっても今ブームなカアプはビジネスチャンスを逃しません。クロダの永久欠番というめでたいニュースに続いて、検定はじめました。

球団公認「カープ検定」始まる

「球団の歴史からシーズン戦績まで、カープに関する幅広い知識が問われる。制限時間は50分、4択方式で全100問中70問以上正解すれば合格」だそうです。合格すると認定証がもらえるらしいです。

70問で合格というあたり、ものすごい難しそうで、ものすごい自信がありそうですね。球団の歴史も長いだけにすごい難しそう。知識に自信のある方はぜひ挑戦してほしいものです。

ちなみにオリック検定があるとすれば、弱い球団を受け止めなくてはならないので、半分くらいはかわいそうな事実について問われます。16年シーズンは何敗したかとか、10勝した投手は何人いたかとか、3割打ったバッターが何人いたかとか、レギュラーシーズン終了時点で首位と何ゲーム差離れていたかとか、ナカジさんの年俸はいくらかとか。

あとの半分はじゃがいもにかんする問題です。じゃがいもの原産地はどこかとか、この写真のおいもの種類は何かとか、肥料に適している化学物質は何かとか、じゃがいもの芽に含まれる有毒物質は何かとか、選手を発芽させるにはどうすればいいかとか。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 アメリカ大会(4):女子シングルFS

日帰りで東京に出張してきたマイク松ですこんにちは。今日がハロウィンの当日で、東京はおそろしいことになっているのではと覚悟していったのですが、昨日で全部終わったのか、僕がいったところは正直怖いことはありませんでした。助かったマイク松ですこんにちは。ハロウィンの経済規模ってもうバレンタインデーに匹敵するようになったらしい。でも古い人間なので、今日何をすればいいのかまったくわからないのです。

ということで普通にレビューします。今日は女子シングルFS。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子シングルFS。実況は森下さん、解説は織田信成将軍。

村上佳菜子。SPは10位でした。「トスカ」より。3Loから入りました。3Sもまずまず。3Fも決めました。高さはいまいちですが確実性ですね。キャメルスピンもスムーズ。1A+2Tになりました。うーん。コンビネーションスピンはもっと回転の速さがほしい。3Fは着氷どうだったか。3S+2Lo+2Lo、2Aとテンポよく決まってます。ステップは力強さがよく表現できてます。レイバックスピンでフィニッシュ。うーんまずまずという感じですね。というかもうちょっと自分のよさを出せるような曲にしてみたらどうかなあ。145.03。

ラトビアのアンジェリーナ・クフワルスカ。SP11なんですね。FSはがんばってほしい。「カルミナ・ブラーナ」。なかなか緊張感ある出だし。3Fは転倒。3Lzも転倒。ジャンプがよくなくなってるんですね。2A+3Tは回転不足になりましたね。シットスピンはきびきびしてます。3S+2T+2Loは間にターンが入りました。なんとか跳んだ。3T+2Tもまずまず。コンビネーションスピンは回転が速いですね。このへんはいいエレメンツ。ステップはちょっとつまづきましたね。エッジを深く使ってほしいと将軍。3Sは決まりました。コレオシークエンスから1A、レイバックスピンでフィニッシュ。うーんシーズンがかわってジャンプがあかんなってるんですね。徐々に取り戻していきましょう。まだまだ始まったばっかり。134.97。

ロシアのセラフィマ・サハノビッチ。世界ジュニア銀メダル。新型MSですが今回はうまくいってないみたい。けがでもしてるんかな。「マン・ウィズ・ハーモニカ」ほか。MWAMみたい。こんな曲だったのか。3Fはステップアウトでコンビネーションにならず。3Lz+1Lo+2Fになりました。ステップはもうちょっと表現力があってもいい。ほんとにロシアの新型なのか。2Aからキャメルスピン。これはうまくいってますね。技術ある。3S+2Tはなんとか。コンビネーションスピンは回転の速さがある。さすが。イーグルから2A。3Loは両手あげ。工夫ある。3S+2Tも決まりました。レイバックスピンはポジションがよかったです。うん、きっとすごい力をもってるんだと思う。今はコンディションがよくないけど。163.84。

イタリアのロベルタ・ロッテギエーロ。「ノン・ディメンティカール」。ロッテギエーロは自分にあう曲はわかってますね。3Lz+2Tは高さありました。3Fは手をついたので単独に。3Loはダブルになりましたが転倒しなかった。だいぶ傾いてましたが。レイバックスピンからステップは雰囲気がよく作れてるし曲をよく聴いてますね。みててたのしい。コレオシークエンスはいいスパイラル。3Fは転倒してしまいました。3T+2A+SEQはステップアウト。3Sはいいですね。2Aと跳んで、最後はシットスピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。これから徐々に上げていけばいいでしょう。自分の滑りはしてるからいいですね。149.13。

韓国のパク・ソヨン。SP7位。ロドリーゴ「恋のアランフェス」。地上波では放送がなかったやつですね。3Lzはいい入り。2A+2Loになりましたがまずまずいいジャンプ。3Lzは転倒しました。うーん。ノー実況なのでジャンプは自分で判断しないといけませんね。がんばろう。きっとあってるはず。ステップは音楽にもっとあわせてほしい。キャメルスピンはいいポジション。こういうのはできる。3Lo+1Lo+2Sはもっとテンポよくいきたい。3S+2Tはいけました。3Loはいいジャンプ。3Sからコレオシークエンス。わからんでもないですがもっと表現力ほしい。コンビネーションスピンからレイバックスピンでフィニッシュ。なんともいえない感じですね。もちろん悪くはないのですが。161.36。

カナダのガブリエル・デールマン。SP4位。「ラプソディ・イン・ブルー」。3T+3Tは幅のある大きなジャンプ。どんどんうまくなってきてますね。さすがオーサー。手あげの3Lzは転倒。あらー。3Fも入り方に工夫があります。キャメルスピンとレイバックスピンは回転の速さで勝負。スピードありますね。3Lz+2T+2Tは決まりました。いいジャンプ。3Loはダブルに。コレオシークエンスはスパイラルとイナバウアー。ダイレクトに2A。3S+2A+SEQも決まりました。いいですね。ステップは躍動感があるしおもしろ表情もついてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うんうん、デールマンの力を最大限に出してますね。できないことはできないから。186.63。

浅田真央。SPは5位。SPの最後のポーズから始まります。「リトゥアル・ダンス」。いい滑りから2Aの入り。今はこれでいいでしょう。3F+2Loは3-3の予定が自重。まだスピードに乗り切れてないか。3Lzは決まりました。ジャンプをみても今は調整段階ですね。キャメルスピンはさすがのポジションの美しさ。スパイラルは大きくしっかり見せる。しっかりこんなふうに見せてほしいですよねスパイラルは。2Aはシングルになりました。3Sは手をついた。なかなかスピードが出てこない。2Fになりました。3Loは決まりました。コンビネーションスピンはいいですね。レイバックスピンはポジションがいいからゆっくりまわっても優雅に見えますね。ステップはいいエッジワーク。このへんも仕上がってくるとすごい演技になりそうです。あわてずじっくり見守りましょう。あわてないあわてない。176.78。

アメリカのマライア・ベル。おでこちゃんもだんだんかわいくなってきましたね。「エデンの東」。3Lz+3Tいけましたね。うまくなってる。3Loも成功。スパイラルから2A+2Tを決めました。いい序盤。ステップはゆっくりみせる構成。悪くないですよ。アンジェラ・ワンの欠場でチャンスがまわってきたんですね。なるほど。3F+1Lo+2Sもいけるようになりましたか。コンビネーションスピンはポジションいいですね。そろそろミスるかと思ったら3Lzも成功。いいぞいいぞ。レイバックスピンはしっかり確実に。2Aも成功。コレオシークエンスはいい笑顔のスパイラル。これはみどころですからね。3Fも決めました!よっしゃよっしゃ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。やったやった。これでも前よりすごくよくなってるんですよ。急遽出場でここまでやれるとは思わなかった。グッジョブです。191.59!よしよし。アメリカのおでこと覚えてください。

三原舞依。シニアデビューでSP2位ですからね。でものびのびいきましょう。映画「シンデレラ」より。スピードありますねー。3Lz+3Tを決めてきました。いいぞ。よく氷に乗れてます。3Fもきれいに成功。スパイラルをはさんで2Aを決めました。ステップは結構エッジが深い。コンビネーションスピンは1つ1つ。2A+2Tは2-3の予定でしたかね。3Lz+3Tはセカンドでツーフット。コレオシークエンスも自由にスパイラルやってますね。ここでもっとみせていきたい。シットスピンから疲れてきてるか。がんばれがんばれ。3Loも成功。3Sはダブルに。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後は疲れましたが上々のFSでしょう。がんばりました。189.28。うおー!ベルが表彰台に乗ってもうた!

アメリカのアシュリー・ワグナー。「エクソジェネシス交響曲第3番」。この曲は滑っていい人とよくない人がいますけど、ワグナーは滑っていい人ですね。2Aから入りますね。でも曲の清らかさをよく表現してる。3F+3Tもきっちり決めます。2Aからシットスピンもてきぱき。雰囲気をキープしてますね。ステップもすばらしい曲表現。いつもと違ってゆっくりやるのが難しいといってるみたいですが、ゆっくりな中にも気迫を感じます。3Loあたりから気迫がジャンプに乗ってきます。降りたぞ!的な。3Fも成功。スピードにも乗ってる。3Lo+1Tはなんとかコンビネーションにしました。3Lz+2Tも成功。そして曲の変化にあわせてコレオシークエンス。心憎い振り付けですね。コンビネーションスピン2つでフィニッシュ。見事です。完成型がかなり楽しみ。アボットを超えよう。196.44。

アメリカのグレイシー・ゴールド。うわーゴージャス!金色の仏像みたいになってる。「ダフニスとクロエ」。コレオシークエンスから入ります。2Aもとてもなめらか。涅槃が見える。3Lz+2Tはいいですね。高さもある。3Loは転倒。斜めになりました。コンビネーションスピンは見事な回転軸。極楽が見える。2A+3T+2Tを決めてきました。ジャンプのコンディションはまずまずといったところですね。どこか痛めてるのかも。3Lzはスパイラルから跳んできました。沙羅双樹の樹が見える。2Fはもともとコンビネーションの予定でした。3Sは転倒。これも軸が傾いてる。ステップもちょい精彩を欠いてますね。がんばれがんばれ。レイバックスピンはいいポジション。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。ここからあげていきましょう。184.22。えー!?

三原3位で表彰台ですか!めでたいけど、それよりもベルが2位ですか!

○最終結果:(真田丸的に)
1. ワグナー丸(要害の出城)
2. ベル丸(ただの陣)
3. 三原丸(新城)
4. デールマン丸(砦)
5. ゴールド丸(総構の城)
6. 浅田丸(名城)

ワグナーが順当に逃げ切って優勝。さいさきいいですね。あのプログラムはほんとによさそう。たのしみです。

マライア・ベルが2位になりましたよ…。そりゃ三原の3位もすごいんですけど、とはいえ期待の新型MSですから。衝撃のデビューというやつですよ。ベルの2位はなんだろう、旧ザクがサラミスを落とすとか、アッガイがジャブローを攻略したとか、そういうレベルですよ。ほんとによくやりました。これで自信をつけてほしい。まじで。

三原は3位。これからよくなるばっかりでしょう。成長期をうまく乗り切って日本を支えてほしいです。デールマンが4位。これもなにげにすごい。サンキューオーサー。ゴールドが5位なのはまだ序盤だし。コンディションをあげていきましょう。浅田が6位なのもまったく問題なし。GPSとかは練習段階ですからね。無理せずゆっくりやりましょう。浅田が何回GPSファイナルを制しているかっていう話ですよ。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 アメリカ大会(3):男子シングルFS

今日はアメリカ大会男子シングルFSのレビューをするんですが、どうも富井の話では、SPのリッポンの演技のときに客席に大型の鳥っぽいのがいたらしいですね。確かに「ほあーほあーほあーほあー」とかいう鳥の声が聞こえますね。リッポンの人気は鳥類にも及んでいるんだなと思うマイク松ですこんにちは。今日もしっかりチェックします。

さて、ようやくフィギュアスケートのレビューをします。日本シリーズがいい試合が多すぎて。しょうがなかったです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016、アメリカ大会男子シングルFS。実況はカクザワ、解説は織田信成将軍。

ロシアのマキシム・コフトゥン。大丈夫かな。「アイアン・スカイ」。4Sはきっちり決めてきました。スピードはそれほどですが決まるのはいいですね。4Tも成功。いいじゃないですかコフトゥン。SPは散々でしたが。これからきっちりいこう。3Lo+3Tからコンビネーションスピン。軸はしっかり。もっとがんがんスピード出してほしいですね。3A+1Lo+3Sからキャメルスピン。3Aはしっかり降りて、3S+2T。堅実にいこう。3Lzは転倒。今いうたばかりなのに。ステップは上下の動きがもっとほしいか。コレオシークエンスから2A、シットスピンでフィニッシュ。だいぶ疲れてますね。コンディションはいまいちですが、自分の力はこっちということでしょう。ようがんばった。230.75。おー。

オーストラリアのブレンダン・ケリー。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。海賊というよりは宅配便屋さんという感じの衣装です。なかなかいい滑り。4Tは単独になりました。4Sはトリプルに自重。スピードに乗りきれなかったか。キャメルスピンは軸しっかりしよう。3A+2Tはアクセルは大きいジャンプ。表現はもっとがんばりたいですね。コレオシークエンスはなかなかいい雰囲気。3Lz+3Tはいけました。もともとは4回転だったか。3Aはステップアウトももちこたえた。3Fは転倒。跳び急いでますね。シットスピンで落ち着こう。3Tと3Loを決めてステップに。足下はまずまずですね。疲れてきていると将軍。なんとかコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。211.76。コフトゥンの上にいけませんでした。

アメリカのティモシー・ドレンスキー。マリオ・フラングリス「サムタイムズ・アイ・ドリーム」。ゆっくりした入り。4Sに挑みますがダブルになりました。3A+1Tはなんとか1Tつけましたが。工夫した入りから3Lzは手をつきました。コンビネーションスピンはまずまず得意そう。ステップは慎重に丁寧にいってますね。もっと思い切りいきたい。3Aはいいジャンプ決めました。3Lz+2Tも成功。3-3いきたいですね。2A+1Lo+3Sも成功。コレオシークエンスはいいイーグルですね。3Fからキャメルスピン。スピンはいけてる。3Loからコンビネーションスピンでフィニッシュ。高速スピンよかったです。しっかりまとめてきましたね。ここからどう得意技を見つけていくかかも。226.53。パーソナルベスト。

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。おもしろい髪型。「バトル・オブ・ライフ・アンド・デス」。3Aはステップアウトでコンビネーションにならず。3A+2Tはコンビネーションをリカバー。3Sからシットスピン。なかなかいい表現ですね。ステップはよく進んでる印象。動きもいいですね。3Lz+3Tはなんとかコンビネーションにしました。3Lzは助走短い。3Fと決めてきた。3Lo+2Tを決めてキャメルスピン。大きなスピンです。コレオシークエンスはいいスパイラル。こういう柔軟性もあるか。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。おーがんばりましたね。ヘンドリクスも成長してきてます。224.91。

中国の金博洋。SP8位は意外でしたが、きっと追い上げてくるでしょう。「ラ・ストラーダ」より。4Lzを決めてきました!でかいジャンプです。すごい高さ。4Sはステップアウト。3A+1Lo+3Sは成功です。いいですね。FSは本来の演技か。おっ笑顔できてる。キャメルスピンから音楽変わって、コミカルさもみせてきてますね。4Tは転倒。あらー。4T+2Tは決めてきました。でかいですねー。シットスピンから3Lz+3Tもなんとか成功。クリーンではないですがなんとか。3Aはステップアウト。3Fでジャンプ終わり。ステップはやっぱり表現力つけてきてますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし。今日はリベンジできましたね。245.08。

カナダのナム・ニューエン。コーチ変えたらしいですね。どういう影響があるかな。「パリのアメリカ人」。4Sは詰まりながらも成功。ちょっとプログラム自体がシンプルになってますね。ゆっくりになってるし。3Aは成功。確実な演技です。3Sからシットスピン。ここはてきぱきですね。コレオシークエンスはさすがの表現力といいたいですがまだいけるでしょう。3A+3Tは決まりました。これはいいジャンプ。3Lzはなんとか降りてます。3Loといい感じ。そして3F+2T+2Loを決めました。ゆっくりですがしっかり確実に。ステップはもうちょっとスピードがほしいですね。3Lz+2Tから最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。今は自信と技術を回復させてる途中なんでしょうねー。またいい滑りが戻ってほしいです。これが精一杯とはいえない。239.26。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。もう29才ですかー。「エクソジェネシス交響曲第3番」。4Tは結構安定していいジャンプでした。3A+2Tも成功。もっとつなぎがほしいですね。みんなアボットのこと思い出しますよん。3T+3Tは4-3の予定でした。跳びすぎ注意ですね。キャメルスピンはわりとゆっくり。ゆったりした気分になりますね。コレオシークエンスから3Aはいい高さ出してました。みんなこういこうぜ。3Fもいい。3Lzは成功。3Lo+2T+2Loから2A。ジャンプをとにかく確実に決めてきますね。それがボロノフさんの戦い方でしょう。ステップはスピードあります。がんばれがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よっしゃいけましたね。上出来でしょう。最後はばんざいでした。245.28。おっ現時点で1位!

アメリカのアダム・リッポン。鳥っぽい声は聞こえるけど。おもしろいポーズからスタート。「フラミンゴの飛来」ほか。こっちが鳥だったか。ますます客席の人も鳥っぽい。4Tは転倒。3F+3Tは成功。やっぱり鳥いますね。3Sからキャメルスピン。もうちょいスピードを出したいですがわりとゆっくりですね。ステップはさすがの表現力。印象的な動きです。3A+2Tは成功。静かな曲なのに滑りにスピードが出てないですね。3Aは成功。鳥いますね。3Lz+2T+2Loも決めました。ジャンプは悪くないんですが。3Loから鳥を表現。コンビネーションスピンはさすがのレイバックポジション。これが持ち味です。3Lzは両手あげ。見事ですね。コレオシークエンスは思い出したようにスピードが出てきてる。コンビネーションスピンのポジションも独創的でした。持ち味は出てましたが、プログラムの完成にはもうちょいかかりそうです。261.43。トップにきましたね。

宇野昌磨。楽しみです。あれ?こっちにも鳥がいるぞ?リッポン鳥じゃないのかな。というか宇野の衣装かっこいいですね。「ブエノスアイレス午前零時」ほか。いい曲選んでる。さすが印象的な入り。4Fは成功。すごいキレですね。4Tも全然安定してる。3Loからキャメルスピン。終わりもかっこいい。ステップはいいエッジワーク。これこれ、こういうのがみたかったんですよ。コンビネーションスピンはメリハリのある終わり方。よく考えられてます。3A+3Tで後半。パワーとテクニックを兼ね備えてます。4T+2Tは難しい入りから決めてます。ジャンプも決めながら、雰囲気をキープして演じてますね。3Lzからすばらしい雰囲気のイーグル。こういうのができるようになってるのか。3連続は3Aで転倒してしまいました。3Sは成功。コレオシークエンスではさすがのイーグル。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし!これはいい演技ですね!こういう雰囲気に満ちた演技がみたかったです。279.34。本人は3連続の転倒が不満そう。

アメリカのジェイソン・ブラウン。よく戻ってきましたね。そして見た目も進化したかっこよさになってきてる。「ピアノ・レッスン」より。さすがにブラウンも4回転挑んでますね。4Tをきれいに決めてきました!なんやできるんやん。あとは自分の滑りするだけですね。3A+2Tも成功。ほーいい曲の解釈しますね。キャメルスピンも加速するいいスピン。ステップはメリハリとチェンジオブペースがいい味出してる。スピードを出しながらもなめらかな部分はなめらかに滑ってます。そうでないと。3Aは成功。コンビネーションスピンも回転がいいし大きなポジションがいけてる。スパイラルも180度開脚。そのまま3Lzにつなげてます。3F+3Tも成功。2Aとジャンプ決めてますね。コレオシークエンスはさすがの表現力。3Loを跳んで、最後は3Lz+1Lo+3Sを成功!これがブラウンの滑り、ブラウンの戦い方ですね。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。これはすばらしい滑りです!いやー自分の滑りですね。さすがブラウン。よう戻ってきました。268.38。

おー宇野優勝です!グッドグッド。

○最終結果:(真田丸的に)
1. 宇野丸(出城要塞)
2. ブラウン丸(要害)
3. リッポン丸(平城砦)
4. ボロノフ丸(見張り台)
5. 金博洋丸(山城)

宇野がさい先よく優勝。金博洋がいきなりよくなかったのもありますが、わりと楽勝でしたね。すばらしい雰囲気をもったFSプログラム。完成型がたのしみです。宇野もすっかりかっこよくなってるし、世界の強豪の一角です。

2位はブラウン。昨シーズンの全休からようやく戻ってきましたが、さすがアメリカの戦力ですね。戻ってきてよかった。4回転もとてもよかったし、少しずつ4回転の数を増やしていくのでいいでしょう。1つ増えるごとに強くなれるからね。

3位はリッポン。今日はよくなかったですね。SPがよかっただけに。そんなむらのあるところもしょうがないリッポンだから。鳥が少なかったからかな。もっと呼んできましょう。4位はボロノフ。表彰台は逃しましたが悪くない滑りでした。ジャンプまかせ風まかせ。ボロノフさんの滑りです。金博洋は5位。SPで大爆発でしたが、FSはさすがの追い上げ。こういうこともありますよね。次いきましょう。

あとリッポンファンの鳥はどうもいるみたいですね。でも宇野のときにもほあーほあーいうてたような気がします。ものわかりのいい鳥だな。

ハム優勝、軍神がネクストで勝利をたぐり寄せる

どうもここ数年、ハロウィンの日に東京に行く用事があることが多いマイク松ですこんにちは。正直ハロウィン怖い。人が恐ろしいメイクをしてうろうろするなんか治安的に怖い。関西にいても多少怖いのに、なぜか最も恐ろしい東京にいくことになってます。家でじっとしてたいのに。

今日は家でじっとして、日本シリーズをみていました。

先発はハムがマスイ、カアプがノムスケでしたが、バックの乱れもありなかなか両者とも波に乗れず。

ハムはニシカワとナカシマの1,2番がすごい活躍。カアプにプレッシャーをかけ続けるばかりか得点にからんでいきました。カアプもマルのようやくホームランが出たり、シモズルのタイムリーが出たりで4-4の同点で終盤戦に。

そして8回、2アウトから連続ヒットで満塁に。そして打席にショーさんが立ちます。そこでネクストに軍神オータニが登場。ぶんぶん素振りをしながらプレッシャーをかけた結果、押し出しの四球をもぎ取りました。そのあとバースがそのまま打席に入り、甘いボールをタイムリー。そして板前がとどめの満塁ホームランをたたき込みました。カアプは投手交代が遅かった。2点差なら終盤わからなかっただけに悔やまれます。

最後はタニモトが締めてハムが日本一になりました。MVPは板前。でもネクストでぶんぶんしているだけでプレッシャーをかける軍神がなんなんだと思いました。関羽や孔明の仕業や。

日本シリーズは第7戦にもつれ込むと思いましたが、1つ早く決まりましたね。クロダの登板みたかったです。両チームともおつかれさまでした。これでたまった録画番組みられます。

ハム王手、ニシカワの派手な決勝弾で決着

スニッファーみたマイク松ですこんにちは。おもしろいです。音楽もいい。富井がもとねたのウクライナ版をみようとしています。ミステリー熱高まってきた。

さて、熱が高まってきたといえば日本シリーズですが、ついにハムが王手をかけましたね。内弁慶シリーズになってきてます。

先発はハムはカトー。しかし1回にセイヤのタイムリーでカアプが先制、2回に押せ押せになったところで早々にメンドーサにスイッチしました。このままカアプが攻略するかと思ったら、メンドーサにのらりくらりと抑えられ、その後点がとれません。

カアプの先発はジョンソン。中4日でしたがしっかりと投げ、攻め込まれてもしのいでしのいで結局無失点。さすがジョンソンです。

しかし7回にハムが犠牲フライで同点に追いつきます。ケンスケのいい走塁が出ました。そのあと9回に、満塁のチャンスでニシカワ。まさかのサヨナラ満塁ホームランで決着しました。ニシカワはさすがに喜んでいました。今日はしっかり喜んでいいでしょう。

ついに王手をかけたハム。しかしまた広島に戻ることになります。あの球場で勝てるかどうかですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 アメリカ大会(2):男子シングルSP

野球の日本シリーズは地上波でしか見られないことが多いのでCMも見てるのですが、某銀行のCMが怖くてたまらない富井です。あんな感じがよくて話を聞いてくれる銀行員がいたら、気がついたら全財産投資信託と外貨預金にされてしまいそう!と震えます。私の話を聞く人がいたらおかしい。いつまでも肝に銘じたいです。

さて、残念な情報が。デニス・テンと村上大介が棄権だそうです。まだシーズン始まったばかりなので世界選手権に向けて調整して下さい、待ってます。解説は引き続き織田信成将軍。実況は角澤さん。

オーストラリアのブレンダン・ケリー。21歳。「雨に唄えば」。4Tは転倒してしまいました。3Lz+3Tは大丈夫。キャメルスピンは姿勢がきれいですが、もう少し回転が速いといいかな。3AはなんとかOK。シットスピンは入り方が工夫されています。ステップは雨に唄えばっぽい。コンビネーションスピンはきれいなスピン。なんか、前より上手くなってますね。最初のジャンプの転倒が残念。71.62

中国の金博洋。19歳。「スパイダーマン」。衣装もスパイダーでハロウィンぽい。4Lzは転倒。珍しい。キャメルスピンはOK。3Aもステップアウト。金君でもこんな事が。と思っていたら、4Tでも転倒。うーん・・・こんな事が。シットスピンはきれいだし、コンビネーションスピンも素敵。スケートのスピードも速いし、ステップの躍動感があって良いですね。かっこいいプログラムなんだけど、シーズンの最初だし、まだまだ難しいのか、それともどこか痛めているのかな。72.93

アメリカのティモシー・ドレンスキー。24歳。「Awake My Soul」。映画みたいなドラマチックな振り付け。3Lzは片手をあげての美しいジャンプ。跳ぶ前もよかった。3Aはちょっとスピードが遅くなったけど成功。低い姿勢からのキャメルスピン。面白いですね。振り付けがかっこいい。3F+3Tは2つめのジャンプが両足着氷。でも、いいですね。ステップも体を上手く使っていいですね。シットスピンも手の動きがいい。コンビネーションスピンの回転速度が速い。最後の高速スピンなんて!いい。この選手。このプログラム好き。77.59

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。29歳。いつまでも体型を保っててすごい。映画「私が、生きる肌」より。4Tは転倒してしまいました。キャメルスピンは大丈夫。ステップは情感がこもっていますが、スピードが欲しい。慎重な3Aは成功。3Lo+3Tは成功。コンビネーションスピンは回転速度が速くていいですね。足換えのシットスピンも難しいポジション。最初は転倒してしまいましたが、それ以外はきちんとまとめましたね。78.68

カナダのナム・ニューエン。18歳。ヘンな髪型だね。「Love Me or Leave Me」。4S+3Tは慎重に跳んで成功。3Aも成功。キャメルスピンをはさんで軽快なスケーティングの後3Lz。これは楽々。ステップはニューエンらしい芸達者なステップですね。シットスピンのポジションも難しいけど、ちょっとバランスを崩し気味。コンビネーションスピンもちょっと疲れてしまったかな。でもここ最近では会心の出来。コーチがオーサーからデイヴィッド・グリン(?)コーチに変わったらしいです。79.62

ロシアのマキシム・コフトン。21歳。「Bahamut」。いきなりヒッチハイクのマイムから。4S+3Tは高さがある!これはいいコフトン!と思ったら4Tの予定でしたが2Tになってしまいました。その後3Aも1A。心なしかすべりもしょんぼり。コンビネーションスピンはいいんだけど、音楽もさびしいパートなのが・・・。ステップはオシャレでいい感じなんだけどなあ。スピードが無いなあ。シットスピンもさみしい。最後のヒッチハイクのマイムもさびしそう。ううん・・・将軍、悩めるコフトンを助けてあげて!67.43

ベルギーのヨリック・ヘンドリックス。24歳。「Broken Vow」。3Aは大きなジャンプ。シットスピンもよいですね。コンビネーションスピンは途中で大きなトラベリング。だけど、回転スピードはすごい。3Lz+3Tはステップアウトしてしまいましたが、大丈夫。3Loもちょっとバランスを崩しましたが、こらえました。ステップはもっと深いエッジがあればもっと見応えがあるんだけど。キャメルスピンは手の使い方が優雅。おお、でもいいできですね。76.62

アメリカのジェイソン・ブラウン。21歳。なんか、ちょっと太ってかっこよくなったです。映画「007 スペクター」より。やっぱりスケーティングが上手ですねえ。4Tで転倒してしまいましたが、4回転に挑戦してるんですね。3Aはきれい。そしてバレエジャンプの開脚!キャメルスピンはOK。3Lz+3Tも美しいジャンプ。イナバウアー、スパイラルと女子以上の美しいステップシークエンス。コンビネーションスピンもきれいですね。はー、美しかった。85.75

宇野昌磨。18歳。映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より。紫!すごい紫!!この衣装着せた人、分かってるぅ。もうラヴェンダーの妖精だ。4Fは見事な着氷。磁石が入っているみたいに立ったね。4T+3Tは2つめで転倒したけど4回転は回ってましたね。すぐ立ち上がってキャメルスピンも背中が美しい。シットスピンもうつむく姿勢が美しい。音楽に良く合った構成ですね。イーグルからの3Aもひやっとしたけど着氷。ステップも高橋大輔ばりの情感のあるステップ。コンビネーションスピンも最後の手の降ろし方とか太田由希奈並みに美しいですね。なんだこれは!羽生結弦だけでもすごいのになんだよ、宇野昌磨までいるとは。これ以上の日本男子黄金期は私の生涯で訪れないんじゃないかな。89.15

アメリカのアダム・リッポン。26歳。全米チャンピオンアダム・リッポン。横綱稀勢の里ぐらいにわかに信じられないのですが、そうでした。でも、背中透け素材のノースリーブってそれ大丈夫な衣装なの?私はギリシャ彫刻並みのフリフリ王子様のリッポンがみたいんですけど。「Let Me Think About It」。3F+3Tは成功。3Aも成功。コンビネーションスピンはレイバックポジションが美しいですね。(ポーズを入れて)すみません、さっきから女子の絶叫がすごすぎるんですけど。前からこういうファンの人、いましたっけ?リッポンの視線が決まる度に「ぎゃああああああぁぁぁぁぁ」って言ってる人が2人ぐらいいるんですけど。途中で死んじゃいそうで怖いです。すみません、戻ります。両腕をあげた3Lzもばっちり決まってキャメルスピンも美しい。ステップも個性的。シットスピンも音楽のリズムに良く合ってます。すげぇぇ。さっきの女子の絶叫もすげえぇ、まだ叫んでる。それにしても、リッポンの余裕がすごい。こんなのびのびしたリッポン見るのはじめてかも。87.32

○SPが終わっての順位(大好きなおにぎりにちなんで)
1.宇野鮭むすび
2.リッポン昆布むすび
3.ジェイソン梅むすび
4.ニューエン塩むすび
5.ボロノフきゃらぶきむすび

1位の宇野君とリッポンを分けたのは4Fでしたね。3Lzと基礎点が6点近く違いますから。転倒があっても1位というのはすごい。転倒も4回転はOKでしたからね。やっぱりジャンプの得点は大きいな。でも、それ以外も上手なんですよね。全部着氷したら羽生結弦も危ういかも。

2位は自信満々のリッポン。こんなに変わるんだろうか。コーチや振り付け師が変わる度にその色に染まっていたリッポンですが、今回は俺色。あれは、やらされてやってる感じじゃない。そんな自由になったリッポンもいいです。それにしてもワグナーといい、リッポンといい、ラファエル・アルトゥニアンコーチの手腕というか、バトルの振り付けのせいなのか、今年もすごいよ、とにかく。

3位のブラウンも4回転の挑戦がアツイ!でもスケーティングが美しいのであまり無理はせずまとめて欲しい気も。4位のニューエンもここ数年苦しい時期が続きましたが、コーチも変わって心機一転、まとめてきましたね。今までちょっと難しいプログラム多かったしね。5位のボロノフは諦めなくなったのがえらい。継続は力なりって本当ですね。コフトンもボロノフを見習って。まだまだ時間はある。

日本シリーズ第4戦、ショーさんと板前の活躍で2-2に

NIKKEI STYLEって物欲がかきたてられるサイトだなと思うマイク松ですこんにちは。いいもの紹介します。

今日は日本シリーズ第4戦。先発はタカナシとオカダでしたが、接戦になりました。両方ともなんとかおさえていく感じ。

カアプは4回、エルドレッドのものすごい大飛球がエラーを誘って1点とりますが、今日はいいところで全然点がとれませんでした。ランナーは出るんですが。

ハム投手陣が粘っている間に、6回にショーさんのソロホームランが出て同点に。オカダはこの1点だけでしたからほんとによくがんばりました。さすがショーさん。

そして8回、ショーさんをランナーにおいて、板前れあーどがすばらしいホームランを打ってついに勝ち越しました。さすが板前。強烈なすし&焼き鳥ポーズがでてました。カアプは最後に満塁まで攻めますが、ミヤニシが抑えてハムの勝ち。ついに2-2に戻しました。

昨日までは軍神オータニの活躍が目立っていましたが、ついにショーさんと板前がお目覚めとなると、カアプも苦しいですね。明日はジョンソンを中4日で使ってきます。きっと大丈夫でしょう。

日本シリーズ第3戦、大接戦を軍神の力が制する

今日はスタバが近くにあるところでお仕事だったのですが、移動に失敗していけなかったマイク松ですこんにちは。マイタンブラーもっていったのに。

さて、今日は日本シリーズ第3戦。今日から札幌ドームです。そのはずなのですが、カアプのファンがすごいきています。赤い。

カアプの先発はクロダ。今日が現役最後のマウンドになるのではといわれていました。そのせいかカアプファンは大声援。1回に点を取られますが、その後はいい感じで打たせてとるピッチング。なぜか軍神オータニには2塁打を2本打たれていました。塁上の軍神、カアプならすぐTシャツか下敷きにしますね。

ハムの先発はアリハラ。エルドレッドにホームランを打たれますが、それからはなんとかおさえていきます。1点差で終盤に向かいますが、カアプは8回に軍神を敬遠してナカタショーさんとの勝負を選んだのが失敗でした。CSでの戦いで学んでおこう。ショーさんというヤンキーを怒らせてはいけない。タイムリーで逆転しました。

9回はなぜかタニモトがマウンドに上がるのですが、セイヤの3塁打のあと、アベがタイムリーで同点に追いつき、延長戦に入りました。なかなかの大接戦。これは引き分けもあるかなと思いましたが、10回にニシカワが出塁し、軍神オータニに打席が回りました。軍神のタイムリーでニシカワが生還。ハムがサヨナラ勝ちしました。レアードがすごい勢いで水かけていました。

今日の解説はフルタさん、イナバさん、前田先生だったのですが、みんな最後のオータニのバッティングに大盛り上がり。「あーボール打ってるわー」「あの足を引くフォームで」「あののけぞるバッティングフォームにだまされちゃだめだわ」など。あんまりみんなバッティングフォームは感心してなかったみたいですが、改めて打者としての軍神を評価したようです。

もちろんオータニはヒーローインタビューに登場。軍神的にまとめると「ハルキ大儀、ショーさん大儀。クロダさんには楽しく学ばせていただいておる。余の領土を脅かす者は必ずや万倍の報いを受けるであろう。これ以降は負けるつもりはなく、3-2にして広島に戻るので、者ども働くがよい」とのことでした。

今日は軍神オータニがチームにエネルギーを与えていました。クロダの登板を白星でまとめたかったですが、しょうがないですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 アメリカ大会(1):女子シングルSP

日ハムが2連敗してがっかりしています、富井です。カープが優勝して黒田が引退するというのは魅力的な筋書きですけど、パリーグファンとしてはパリーグが弱いのは我慢ならない!明日はとにかく1勝だ!

さて、いよいよフィギュアスケートのシーズン到来!オリンピックの前年、ということで、いつも以上に楽しみですね。解説は現役復帰を期待してしまう織田信成将軍、実況は森下さん。

ラトビアのアンジェリーナ・クチワルスカ。17歳。「If You Go Away」。3Tは連続ジャンプの予定でしたが転倒。3Sは成功。コンビネーションスピンはポジションが難しいですね。フライングシットスピンもきれいですね。2Aは入る前も力強くていい。ステップもいいけど最後に行くにしたがってちょっと流れてしまっているような・・・。最後のレイバックスピンもきれい。47.80。

ロシアのセラフィマ・サハノビッチ。16歳。2年連続世界ジュニア選手権銀メダル。「Goodbye」。スピードがありましたが、3Fは軸が傾いてしまってコンビネーションになりませんでした。コンビネーションスピンはスピードが速い。続いてフライングキャメルスピン。こちらも回転が速い。ステップから3Lz+2Tとこちらをコンビネーションに。イーグルから2Aは軽々と。ステップはきれいだけどもう一つ印象に残らないなあ。レイバックスピンも回転がすごい。スピンが美しい選手ですね。56.52

浅田真央。アメリカなのにすごい声援。もう26歳なんですか!びっくり。「Ritual Dance」。2Aはふわっと上がる美しいジャンプですね。3F+2Loはどうだったかな。フライングキャメルスピンは背中が美しい。ステップからの3LoもOK。レイバックスピンもいいですね。コンビネーションスピンは回転が速い特にI字スピンの美しさ。緩急のあるステップは見応えがあります。素晴らしい。フリップはちょっと回転不足が取られてしまったようですね。でも、振り付けも素晴らしいいいプログラムですね。64.47

アメリカのマライア・ベル。20歳。映画「シカゴ」より。3Lz+3Tはセカンドが回転不足気味。レイバックスピンがきれいですね。フライングシットスピンも難しいポジション。スピードのあるスケーティングから3F。最後の2Aはいいですね。ステップもすごいアメリカっぽい。キャメルスピンはちょっとバランスを崩してしまいましたけど、ベルのピチピチした感じを生かした勢いのあるプログラムでよかったです。60.92

韓国のパク・ソヨン。18歳。映画「黄金の腕」より。3S+3Tは幅がありますね。3Loはやや回転不足。フライングキャメルスピンはOK。2Aも良いジャンプですね。レイバックスピンの回転も速い。しかしステップになると急にスピードが落ちてしまったような印象。ここがもっとスピードに乗ればいいのにな。コンビネーションスピンはI字スピンがきれいですね。58.16

アメリカのグレーシー・ゴールド。21歳。お、衣装がいつもの感じと違う。映画「Mr.&Mrs.スミス」より「アサシンズ・タンゴ」。3Lz+3Tは大きな美しいジャンプ。レイバックスピンも回転が素晴らしい。フライングキャメルスピンもポジションがいいですね。ホップが入った後に3Fでしたが、転倒してしまいました。2Aは成功。コンビネーションスピンはOK。ステップは転倒の影響からかもう一つかな。でも最初のコンビネーションジャンプはさすがはゴールド。64.87。

イタリアのロベルタ・ロッデギエーロ。26歳。「A levare」ほか。衣装がかっこいい。3T+3Tの予定が3-2になってしまいました。レイバックスピンは手のポジションが優雅ですね。スパイラルから2Aは危なかった。フライングシットスピンはOK。ステップはちょっと簡単かなあ。コンビネーションスピンはいいですね。全体的によくまとめましたね。52.62。でも、点が伸びず頭を振るロッデギエーロ。

村上佳菜子。21歳。「カルメン」。冒頭の3Fは回転不足。フライングキャメルスピンは最初のポジションがきれい。コンビネーションスピンはもう少しインパクトが欲しい。3T+3TはOK。2Aも成功。レイバックスピンは回転が速くていいですね。ステップは曲の速さに負けてませんね。最後のポーズの入り方がかっこいい。しかし、3-3が回転不足を取られてしまいましたね。47.87

三原舞依。17歳。「ロンド・カプリチオーソ」。スピードがありますね。3Lz+3Tは高さがある。フライングシットスピンもきれい。コンビネーションスピンのシットポジションもきれいですね。得意なんですね。2Aはそっと入りましたが成功。レイバックスピンはまずまず。一度止まるところがいいですね。ステップが終わって3Fは着氷でバランスを崩しかけましたがこらえました。しかし、この人はジャンプに高さと幅がありますね。日本もロシア女子並みに次々出てきはじめましたね。すごいなあ。65.75

カナダのガブリエル・デールマン。18歳。コーチがオーサーだそうです。歌劇「エロディアード」より。エロ?3Lz+3Tは詰まってましたが、高さで回りましたね。レイバックスピンの回転がきれい。バタフライからのフライングキャメルスピン。ステップからの3Fも高さがありますね。2Aも成功。オーサーのとこの人はみんなスケーティングがきれいですね。ステップもおもしろい。コンビネーションスピンの回転が速い。最後の高速スピンがもうちょっと見たいぐらい。衣装はコブラが2匹?どんな話なんだ「エロディアード」。64.49

アメリカのアシュリー・ワグナー。25歳。もはやワグナー姐さんの貫禄。衣装もサイコロ振りそうな雰囲気。「よござんすか、よござんすね」。「Sweet Dreams」。3F+3Tは見事。レイバックスピンも曲にぴったり合って素敵。フライングシットスピンもいいですね。3Loも幅が合って美しいジャンプ。2Aも着氷した後がピタッと決まってすごいね。ステップも迫力がありますね。最後のポーズ。のあと、アップになるのはお約束。69.50

○SPが終わっての順位(大好きな亀田製菓にちなんで)
1.アシュリーの柿の種(梅しそ)
2.ハッピーターン三原
3.ゴールドつまみ種
4.デールマンのぽたぽた焼
5.浅田の技のこだ割り
6.ベルのこつぶっこ

1位のワグナーは今年もワグナーらしいプログラムを作ってきましたね。なんか、イメージがスルツカヤに重なります。ずっと自立した強い女性を表現しているのに見ている側を飽きさせない。まだまだ若いのには負けへんでーという心の声が聞こえます。2位の三原はフレッシュな魅力。癖のないスケーティングと高さのあるジャンプで高得点がでやすいタイプ。勢いにのっていってほしい。

3位のゴールドは珍しく転倒してしまいましたが点数敵にはそんなに影響はありませんでしたねワグナーと違ってやや新鮮みが無いのが気になりますが、ま、オリンピックの前の年だし、とっておきは来年だしてくるのでしょう。4位のデールマンは見る度に上達しているように思います。でも、やや印象に残りにくいのですよね。キャラを確立するフリーが見たい。

5位の浅田は回転不足を取られたのが残念でしたが、もう評価を気にするポジションではなのでゆっくりやって世界選手権にあわせていけばいいと思います。芸術的なフリーも楽しみ。6位のベルはかわいかった。フリーも思い切りやって。

日本シリーズ第1,2戦、カアプがいい戦いをする

この週末は東京にお芝居をみにいっていたマイク松ですこんにちは。今日は浜松町の恩賜公園を2つめぐってきました。高層ビルに囲まれた庭園ってここしかないようなおもしろい光景でした。

その土日にちょうど日本シリーズの第1,2戦がありました。第1戦は最後だけ、第2戦は全部みられたのですが、なんかカアプがホームでいきいきやってたみたいですね。

第1戦はハムは軍神オータニが先発。ハムとしては確実にものにしたい試合ですが、あいにくこの日は雨模様。普段ドームの軍神としてはなかなか難しいコンディション。加えてカアプの先発はジョンソン。上杉謙信も武田信玄とは決着をつけられなかったのです。

ジョンソンはたくさんヒットを打たれながらも1失点。対してオータニは重盗で1点失ったあと、こげぱんまんとエルドレッドにホームランを打たれました。雨もあって100%のボールを投げられなかった模様。結局カアプが5-1で勝ちました。強い。

第2戦はノムスケとマスイの投げ合いになりました。カアプが先にコクボ(打撃コーチが出せといったらしい)のタイムリーで先制しましたが、ハムもエラーで同点に追いつきます。ショーさんはホームランはまだですがヒットは出てました。

試合が大きく動いたのは6回。タナカのツーベースのあと、キクチのバスターがタイムリーになりますが、タナカがホームでタッチアウトになります。カアプは1回にもタッチアップをアウトにされていて2回目かと思いましたが、オガタカントクがチャレンジを要求、レビューの結果判定が覆ってセーフになりました。確かに追いタッチになってましたね。カアプが勝ち越し。

これで流れがカアプの方にいってしまい、送球エラーがでて1点。ワイピーのあとでセイヤの犠牲フライで1点。そしてエルドレッドにホームランが出てこの回4点、一気に突き放しました。そのあとはイマムラ、ジャクソン、ナカザキのリレーで無失点に抑え、カアプが5-1で勝利しました。

チャレンジから一気に流れがカアプにいって2連勝。すばらしい流れになってますが、ハムは札幌に帰って逆襲ができます。ここでどんな戦いができるか楽しみです。

ゆっくりしない語り亭がおもしろかった

昼間に地震がありました。結構揺れました。被害に遭われた方お見舞い申し上げます。マイク松ですこんにちは。エルドレッドもびっくりしてたみたいですね。

ドラフト会議が終わっていよいよ日本シリーズが近づいていますが、そこでNHKのおもしろスポーツ番組語り亭が日本シリーズ特集を組んでいました。

通常語り亭はすごい長い時間かけてだらだら収録しているらしいのですが、それもあっていつもすごくリラックスムードで展開します。しかし今回は緊急特集ということで、絶対に1時間で終わらせないといけない回なんだそうです。いつものだらだらムードじゃなく、生放送のトーク番組的にてきぱきと進めていきます。

みっつさんはそんなに野球は得意分野ではないようで、とにかくフルタとサトザキに話を聞くスタイル。フルタとサトザキもよくわかっているので、てきぱき進めていました。途中までは。途中で驚きのゲストが乱入します。

ノ ム さ ん

誰ですかノムさん呼んだの。1時間で終わるわけないじゃありませんか。案の定昔の話をぽんぽん持ち出したり、もうすでにフルタが話した話を蒸し返して味わったり、違う話に移ろうとしたところで「昔阪急にな…」などと昔の話を挟んだり。しょうがない、ノムさんそういう人だから。

アシスタントの人が必死に介護、じゃないサポートしてなんとか進めていきましたが、ばたばたしながら終わっていきました。たまにはそういうのもおもしろい。

でもサトザキがいってましたが、セ・リーグから始まる日本シリーズは、軍神オータニにとって理想的な日程になっているそうですね。第1戦に軍神が投げて、第2戦はDHがないから自動的に代打待機、札幌ではDHに入って、第6戦の広島で投げるとしてもその前の日が移動日でゆっくり休んで登板できるという。第7戦まで仮にいったら強行外野手出場あるいはリリーフ登板もあるかと。さすが軍神、運まで味方につけているみたいですね。

ドラフト会議が終了したけどみんなオリックのこと知ってるかな?

阿部寛のホームページがついに移転なんでこんなデザインのままなのかとっても気になりますが、阿部寛がちゃんとお仕事してれば別に問題ないですよね。False Startも社章以外画像がまったくないウェブサイトなので親近感あります。nifty出身というのも共通点。ひょっとして僕って阿部寛?などと考えるマイク松ですこんにちは。違います。

さて、今日は野球のドラフト会議がありました。タナカジャスティスがソフバンなどなど。あまり詳しく知らないです。

種いも球団オリックもドラフトに参加していたのですが、投手6人、捕手・内野手・外野手1人ずつに加え、育成ドラフトとして投手2人、捕手・内野手・外野手1人ずつ指名しました。みんなオリックにきてね。発芽してね。

でも指名された人たちが全然オリックのことについて知らなさそうなのが気になります。

小林がかろうじて凶世羅ドームのことに言及しているのですが、オリックの印象とか誰かいってくれないんですか。

ひょっとしてオリックは球団として認められてないのかもしれない。野球はできるけど所属するのは球団じゃなくてリース会社とか不動産会社とか。あかんきみら!それオリックちゃう、オリックス本体や!

オリックス本体でのインターンシップとかと間違えてるのであればだいじょうぶ、オリックはそんなことしないしもうみんな内定やから。受ければプロ野球いも選手になれるよ。

あとはウェブサイトとかうぃきぺでぃあとかをみて、ゆっくりオリックがパ・リーグの種いも球団であることを理解して認識してください。すべてはそこからだ。そのあとも発芽してない先輩とかに失望するとかの試練はあるけどな。

私立探偵マイク松「在阪生活」

星野源「恋」聴いてるマイク松ですこんにちは。ドラマはみてないしダンスが有名なのは知ってますが、しっかり楽曲聴いてからにしたいと思います。もちろんいい曲。

さて、ドラマは契約結婚がテーマらしいですが、種いも球団オリックも今契約で振り回されています。イトイヨシオがFA権を行使するか否か、というか行使はするけど残留するか否かというので。そしてハンシンがイトイを狙っているというのです。

黄泉瓜も含め他の球団とハンシンが違うのは、スポーツ新聞が既成事実作りに提灯記事で外堀を埋めにかかることです。毎日。ハンシンの機関誌デイリースポーツと、御用新聞さんすぽの記事攻勢は、もとの所属球団のファンに多大なストレスを与えたあげくに移籍が実現しないという結果に終わることが多いです。あの心配なんやってん的な。

そんなメディアどもの提灯記事ですが、今回はすごいですよ!

オリックス・糸井獲りへ 国内FA権行使決意で在阪2球団争奪戦

もう見出しから猛烈な提灯ぶりが伝わってきますが、記事によるともうイトイは在阪2球団の争奪戦になっているそうです。他のメディアだと黄泉瓜も興味的なことを書いているところもありますが、もう「ハンシンに移籍か残留か」の二択になっているそうです。そしてこれらの事実はみな、関係者による情報だそうです。誰だよ関係者。

こういう記事はオリックファンはもう読まないか受け流すしかないのですが、ネットユーザの意見として、「在阪球団とは2球団に限らない」というのがあったと富井から聞きました。なるほど!こういうときこそ私立探偵マイク松の出番です。もとねたの見出しがあと4つしかないのですが、今回はなんとかできました。ザイハンってなんだってことです。

(1)在阪球団はそもそも1球団しかない
 ハンシンはどう考えても甲子園が本拠地。そして甲子園は兵庫県西宮市にあるのです。ハンシンは在神球団か在兵球団です。ということは在阪球団に絞ったということはもうオリック残留ということです。ばんざーい!

(2)大阪以西ってことでしょ
 在阪とはいえそんな狭い範囲で考えていいものでしょうか。ハンシンも大阪の西の県にあるわけですし、もう西日本で考えましょう。そしたらカアプとソフバンも選択肢に入ることになります。うわー!ますます強敵増えちゃった☆

(3)罪犯球団ってこと?
 罪犯球団とかいっちゃだめですよね。えーっと、罪犯球団ってことはつまり野球トゥバークに関わった力士、じゃなくて球団ってことでいいですよね。まあイトイを狙っているといううわさもある球団ですが、トゥバーク・ダメ・ゼッタイですよ!

(4)座位半球団ってこと?
 半分腰掛けている球団ですから、あれだ、コシカケ的にすぐ他に移籍したり引退したりする球団ってことか。それならもうオリックで十分。引退まで半分くらいのコシカケ方で十分。残留まったなし!

(5)ザイ・ハーン球団ってこと?
 これを書いていたら突然富井が「ザイ・ハーンってことじゃないか?」と言い出しました。もちろん僕もわからないし、富井自身もわかってないんだと思います。顔見ればわかりますからね。

意外に巨大ロボットアニメなのかもしれない。超人ロボ ザイ・ハーン。いける。つまりイトイは超人ロボになりたいということなのかもしれないな。それくらい強くなりたいのなら別にオリックでもいいはず。

でもザイ・ハーンで考えてみれば、たぶん明石海峡あたりに沈んだ幻の王国みたいなイメージが出てきました。富井も「そうだな。ザイ・ハーン、チンギス・ハーンラフカディオ・ハーンが、オレの考える三大ハーンだ」といい出しました。ザイ・ハーンは人名なのか、地名なのか。

イトイヨシオのFAから、海底に沈む幻の王国までたどり着きました。もう私立探偵マイク松じゃなくてインディアナ・ジョーンズになってきましたね。ザイ・ハーン球団の落ち着く先はいったいどこなのか。おちをつけずに終わります。

NFL2016 week5 NYG@GB

THE YELLOW MONKEY「砂の塔」聴いてます、マイク松ですこんにちは
・すごいいい、イエモンにしかできない曲って確実にある、だから復活がうれしいんだと思います
・NFLはweek5, NYG@GB。今年のGBどうですかね

・week5, NYG@GB、実況は中村さん、解説は大杜さん
・GBもCBスターターが欠場したりしていますが、どうもNYGはベッカムが絶不調で、プレーが楽しめないとかいってるみたいです
・試合はレイシーのランがよく出て、前半はGB優位に進みます
・ランが出ればパスも決まって、まずはネルソンにTDパスが通りました
・NYGはRBがけがで、なんとかFGとるもののうまく進まず
・そして今度はアダムスがいいランアフターキャッチでTDをとりました
・しかしレイシーが足を痛めてからは互角の展開に
・ベッカムはパスはとれるのですがTDはとれず、グローブには「Just Smile」と書いてあります
・フィギュアスケートでいえば「笑え!武史」みたいなもんですかね
・後半はお互いのディフェンスがよくなって、FGの取り合いになっていきます
・ひたすらFGを取り合う展開
・そして4Q終わり際に、ついにベッカムにTDキャッチが生まれました
・ベッカムは前の試合でFGの練習ネットに八つ当たりしていたのですが、今日はTDのあとネットにハグしにいきました
・GBのオフェンスを止めてTDとりたいNYGでしたが、がんばってコッブが1stダウンとって勝負を決めました、NYG 16-23 GB

・終わってみれば1TD差の接戦でした
・GBはロジャースが23/45,259yds,2TD,2INT、レシーバーのドロップも多かったですが、今日は2INTとられました
・レイシーは11att,81yds、あのままレイシーが元気ならもっと楽にいったでしょう、FBのリプコウスキーはいい武器です
・レシーブはコッブ、アダムス、ネルソンはいいんですが、もっとシュアにキャッチしてほしかった
・ディフェンスは4sck,1FF、よくプレッシャーかけてました
・でも今日はノーサックに抑えてランも出したOLの試合でした

・NYGはイーライは18/35,199yds,1TD,1FL、まずまず
・ランがもうちょいでてれば楽にいけたんですが
・レシーブはベッカムが待望のTDキャッチが生まれましたが、むしろシェパードやクルーズがキャッチが少ないのが気になる
・ディフェンスはジェンキンスが2INTかましてますが、いうほどよくなかったです

日本シリーズはカープ×ファイターズ

サンデースポーツで福留、松井稼頭央、斎藤隆が日本人野手のメジャーリーグでの活躍の可能性について話していたのですが、福留さんが(私の中では)最高に愛想がよかったのでびっくりした富井です。あんなにニコニコする人だったんですね。なんでも松井稼頭央はPLの2つ上の先輩だったとか・・・そうか、そのせいなのかな。

さて、日本シリーズがカープとファイターズに決まりましたね。マイク松も書いてましたが、「指名打者、オータニがピッチャー」には度肝を抜かれました。もし、今日何かの間違いで逆転されたらどうするんだ・・・ここまで大谷を使いたおしていいんだろうかと思いましたが、ま、シーズン中それほど投げても無いからいいのかな。身体の疲労は3日ぐらいで取れるのかな。若いってすごい。それにしても165キロのまっすぐと151キロのフォークって、チャップマンと比べてもそれほど遜色ないのでは・・・。リアルタイムで見られて幸せです。

カープとベイスターズは全く中継が見られず、田中が打率8割とか記事では読みましたが、なーんにもわかりません。さすがに日本シリーズは全国中継してくれるのでしょうね?NHKで1~3試合の中継はないらしいので不安だなあ。テレビ中継を見るために広島へ旅行する、とか?Jスポーツをさっさと解約したのが失敗でした。

半速球の鬼若虎改造へ速球の鬼になれ

昨日は結婚式に出てきたマイク松ですこんにちは。関西の冠婚葬祭のしきたりがよくわかってないことに気づきました。誰か教えてほしいです。

さて、今日のタイトルは実際何をいっているのかよくわからないと思いますが、特に暗号でもないようです。

半速球の鬼若トラ改造へ速球の鬼になれ

どうもカネモトカントクはハンシンの若手が速球に強くないのが不満のようで、それを「半速球の鬼」と表現しています。鬼?半速球はすごい打てるということなんでしょうか。

その上で若手を秋季キャンプでしっかり鍛えて、速球に強いバッティングを会得させるようにしたいということです。ときどきさんすぽに登場する、どういう文章なのかよくわからなくなる記事ですが、たぶん強引にカントクの言葉を引用しているのが原因とは思います。

でもなんといっても「半速球の鬼」「速球の鬼」がよくわからないですよね。まずそんな鬼はいないということです。赤鬼とか青鬼とかはいますが、鬼は速球の速さで分類はしません。

次に両方の鬼がいたと仮定して、それはだいたい「半速球を投げる鬼」「速球を投げるのが得意な鬼」なんだと思います。「半速球を打つのが鬼のように得意な選手」略して「半速球の鬼」とはならないでしょう。キックの鬼はキックが得意な鬼ですからね。

そこまで踏まえたところで、「半速球の鬼」はだめな例ですからね。こういう例、どこかで聞いたことありませんか?

た ね い も

そうです、種いも軍団オリックの発芽しない選手、種いもです。でもいかに種いも軍団オリックでも、発芽しているいもと発芽しないいもを分けたりはしません。まあだいたい発芽してないので分ける意味がないのですが。

カントクがいう以上、ハンシンでは「半速球の鬼」「速球の鬼」という分類が当てはまるのかもしれません。むしろ来シーズンは半速球の鬼を探してみたいと思います。ハラカントクは以前、「四次元のことを言い出す人は衰退していく」という超絶名言を残しましたが、カネモトカントクが鬼のことを考えて衰退しないように見守りましょう!

ハムが日本シリーズ進出、軍神オータニがクローザーに

昨日はいろいろはしゃぎすぎて今日はぐったりしていたマイク松ですこんにちは。

ということでパ・リーグCS第5戦を今日はゆっくりみていました。

ハムの先発はカトーでしたが、いきなりソフバンの猛攻を受け、マツダに3ランを打たれて4-0とリードされます。この時点でオータニは明日の登板に向けて休ませた方がええんちゃうかなどと思っていました。

しかしすぐにショーさんが無慈悲なホームランで追撃態勢。スギヤのタイムリーに続いて、オーノの代打のヒロミ・オカがすばらしいタイムリーで同点に追いつきました。そしてナカシマのスクイズで逆転。なんか強いです。

コンドーのタイムリーで突き放したあとは、手堅い継投で9回まできました。このちょっと前あたりからオータニの姿が見えなくなっていたのですが、9回になんと、「指名打者、オータニが、ピッチャー」というアナウンスで、軍神オータニがなんとクローザーとして登場しました。明日のことはいいんですね。

そしてオータニはこれぞ軍神という日本新記録、165km/hを連発していました。そして151km/hのフォークとかも投げていました。9回を3人で片付けて試合終了。ハムが日本シリーズに進出しました。オータニ出すのはどうかと思いましたが、確かにこれで投げないと登板間隔があくので、いいのかもと思いました。

ハムはなんだかんだで強かった。ホームの強みもいかせたし、チーム力もあったし。ショーさんの活躍が効いていました。

カーショーが男気スクランブル登板

ホフディランをお祝いする事案発生。すてきな勘違いだと思うマイク松ですこんにちは。だいたいお祝いモードですが、国際報道とかではフランスの小説家が痛烈に批判してたりもしてました。

さて、日本でもプレーオフやってますが、アメリカでも現在プレーオフ真っ最中です。NL地区シリーズではWASとLADの争い。最終第5戦までもつれました。

WASの先発はシャーザー村、LADはヒルとかいう人で、ロッテ対オリックにたとえればワクワクさんとマツバの投げ合いみたいな感じです。もちろんWASは勝つ気まんまんです。

案の定マツバ、いやヒルとかいう人は早々に崩れだし、3回で早くも交代。第5戦だから仕方ないですね。その後はWASのまずい攻撃もあって試合は膠着します。

7回にピーダーソンがホームランを打ってその時点でWASはシャーザー村を交代させてしまいます。もうちょっと投げられたのではないかという。その後LADはリリーフを打ち崩して4点とります。

WASもあとに続いたピッチャーからホームランを打って、4-3になったところで、LADは7回なのにもうクローザーのジャンセンを投入。オリックでもヒラノを7回にもってきませんよね。コーディエファーマシー(帰国)ならわからんでもないですが。期待に応えてジャンセンは7,8回を抑えます。

でもジャンセンは基本イニングまたぎで使われたことがないクローザー。9回1アウトとったところでコントロールが乱れ始めます。そこでブルペンから現れたのは、おととい110球投げていたカーショーでした。カーショーは残り2人を抑えて、LADが勝利。リーグ優勝決定シリーズに進出させました。

どうもカントクはカーショーを登板させるつもりはなかったらしいのですが、カーショーが試合展開をみて「1イニングなら投げられるで、いけるか様子みてくるわ」と直訴して自らブルペンに向かったそうです。アメリカのプレーオフでは決してない話ではないですが、すごい男気です。さすがクロダのお友達。すばらしいです。

日本ではタナカマーがラクテン時代にクローザーで出たことがありますが、カーショーは自分で直訴してますからね。その男気。今でいえばオータニが9回に出てきたら全北海道が泣くでしょうね。

リーグ優勝決定シリーズはCHCと対戦ですが、第1戦はマエケンになるそう。カブスはマエケンと戦ったことがないそうで、これは地区シリーズの負けを取り返すチャンスです。

軍神を敬遠してショーさんを怒らせたらパーフェクトヒューマン

ボブ・ディランがノーベル文学賞。おめでとうボブ。マイク松ですこんにちは。お祝いに意外に電子書籍になってた村上春樹の作品買います。アルバムはもってた。

さて、今週のしんどいしんどい仕事が一段落して、またパ・リーグのCSみていました。

先発のマスイは意外に点を取られて、そのあと意外に持ち直していたのですが、5回に板前のホームランで追いついて、6回に逆転しました。

1アウト2塁で打席には軍神オータニ。軍神だからというのもあり敬遠してしまいます。4番はもちろんショーさん。ここでパーフェクトヒューマンが大音量でかかっていました。やってくれたらいいのになと思っていたことが現実に。NA・KA・TA!で盛り上がる札幌ドーム。映像もまじかっこいい。まあショーさんを怒らせるのは一番あかん。そこでしぶとくタイムリーを打って逆転しました。

でも実はそのときソフバンのマウンドにいたのもナカタだったんですよね。ひそかに盛り上がっていたかも。普通の人はショーさんを怒らせるのはだめですが、なにしろナカタはヤンキーはまだ善良な人種だと思えるようなクライムシティの出身。かろうじて人の形を保っている悪が街を彷徨しています。恐ろしい人への対応は大丈夫でしたが、疲れていたので打たれました。

試合は9回にソフバンが逆転して勝利。ハムは勝てた試合を落としてしまいました。まあマスイかアリハラのどっちかで勝てれば、あとは軍神がもう1回投げて計算は合いますからね。

セ・リーグはカアプがまたシャットアウトで勝ちました。強い。第3戦にクロダが出てきたら決まってしまいそうです。

NFL2016 week5 泥MNF TB@CAR

将棋竜王戦の挑戦者が変更。残念なマイク松ですこんにちは
・そういう時代の流れなんですかねー
・NFLはぼんやりみてましたが、悪い意味ですごい試合でした

・week5, MNF, TB@CAR、実況は三瓶さん、解説は大橋さん
・なかなか勝ててない両チーム、なかなかの泥仕合になりました
・そもそもCARはニュートンが痛んでいてデレック・アンダーソンが先発QB(泥要因)
・両チームともランを多く使ってなかなかじっくり進む
・TBがFGでリードしますが、Kアグアヨはぜんぜん安定せず、はずしたりもしてる
・もちろんCARもオフェンスがなかなか形にならない、前半は6-0
・CARのRBアーティスペインがどんどんいい感じになってきて、後半まずランTD
・そしてまたアーティスペインのTDで逆転するも、その返しのTBオフェンスはなぜかスムーズにいってエヴァンスがTDキャッチ&2pt
・ここからデレック・アンダーソンがINTやファンブル連発していきます、TBチャンス
・しかしKアグアヨが勝ち越しFGをはずしてしまいます、ずーん
・ここでオレたちのデレック・アンダーソンは3&out、TBはサヨナラFGのチャンス、CARがフェイスマスクでアシスト
・今度こそアグアヨが決めて勝ち、TB 17-14 CAR

・TBはウィンストンが18/30,219yds,1TDとわりと試合を作りました
・ランはロジャースが30att,101ydsといい働き、レシーブはエヴァンスが6rec,89yds,1TD
・アグアヨは3/5,どっちか決めてたら楽に勝ってました、自作自演
・CARはデレック・アンダーソンが18/28,278yds,2INT,1FL、さすが
・ランでアーティスペインが18att,85yds,2TDといい活躍、レシーブはオルセンが9rec,181yds
・泥MNFでした

・いるかの今シーズンも泥のよう

DH解除の軍神オータニと、完封ジョンソン

スカウトだと思われたい。ほんとにおもしろいマイク松ですこんにちは。突然スカウトが現れたらざわざわしますよね。僕もスピードガンほしいなと思いました。

かぜと会議でへとへとになって帰りましたが、今日からプロ野球はプレーオフのファイナルステージです。BS1でパ・リーグの方はみました。ハムの先発は軍神オータニ。しかもプレーオフでDH解除、8番でバッターもです。やってきましたね。

もちろん軍神はソフバンを1安打に抑えます。ぜんぜん打てる気がしない。そして5回、板前のヒットに続いて軍神がヒットで続くと、御屋形様に続けとばかりに者どもがタイムリー。とどめはショーさんのホームラン。6点とって試合を決めました。

軍神は7回1安打。あとは者どもが引き継いで完封勝ち。さすが軍神ですね。上杉謙信は自身の武力もさることながら、軍勢が全員神の軍団と化してしまうところがすごいらしい。まもなくハムのライトスタンドに毘沙門天の旗がはためくことでしょう。両チームとも第2戦が鍵になりそう。

他方セ・リーグは全然BS1で中継がなく(ラジオだけ)どういうことだと思いますが、試合は苦労して上がってきた横浜に対して広島・ジョンソンが完封しました。さすがジョンソン。ちゃんと援護点も入ってるし、カアプの準備は万端ぽいですね。横浜はカジタニが骨折をおして出場してます。休んでる場合じゃないな。

NFL2016 week5 NE@CLE

らみれすカントク采配ずばり。さすがらみれすカントク。ありがとう。マイク松ですこんにちは。

しばらくNFLみられてないのですが、手近なものを先にみてしまいました。NE@CLEです。ブレイディさんがいなくても1敗しかしてないのか。

・week5, NE@CLE、実況は横井さん、解説は高野さん
・サスペンションだったブレイディさんがついに復帰、CLEにとってはほんと災難
・ブレイディさんの紹介VTRで、チャンピオンリングを4つつけてる映像が流れていました、だいぶおそろしかったです
・CLEは気がついたらRG3もマッカウンもけがで、新人のケスラーとやらが先発になってる、大丈夫なのか
・ブレイディさんは手下どもにてきぱきパスを通していきます、まったくブランクを感じさせない
・あっという間にレッドゾーンに進めて、最後はブラントのランでTD、NE先制、CLEがんばれ
・CLEオフェンス、クロウェルのいいランにケスラーもなかなかいいパスで、最後はホーキンスにパスを通してTD、いいやんか
・次もてきぱき進めるブレイディさん、最後はさっき痛んでいたようなベネットが元気にもどってきてキャッチ
・そしてケスラーがつかまってセーフティをとります、そしてケスラー痛んだ、これはしんどい
・セーフティから返しのNEでもロングパスで大きくゲイン、最後はまたベネット
・最初は出ていたクロウェルのランも出なくなるし、代わったQBはホワイトハーストでさっぱりだしといつもの八方ふさがりに
・後半にまたベネットにTDキャッチが生まれて突き放しました、ベネット3TD
・4QにCLEはTDとりますが、あとはがっちり抑えられて、結局NE 33-13 CLE

・NEはブレイディさんが28/40,406yds,3TDと通常運転の強さ
・ランはブラントが18att,37yds,1TDなどなど、レシーブはホーガンが4rec,114yds、グロンカウスキーが5rec,109yds、ベネットが6rec,67yds,3TDなどなど
・ディフェンスもトータル262ydsに抑えました

・CLEはとうとう急遽契約したホワイトハーストまで使わないといけない事態に
・ホワイトハーストは14/24,182yds,1TD,1INT、ケスラーは5/8,62yds,1TD、ケスラーがんばりました
・ランはクロウェルが13att,22yds、もっと出したかったですね、レシーブは結構がんばったんですが
・ディフェンスは501ydsやられました、ご愁傷様です

オーストラリア戦でのかもめがほんとかわいかった

世界ネコ歩きのイングランドの回が超かわいかったマイク松ですこんにちは。パブには僕は用はないんですが、でてきたねこが山ほどいるパブはほんとにいってみたいです。

さて、お仕事でぼろぞうきんのようにへとへとになり、うつろにさっかーの代表戦、オーストラリア戦をみていたのですが、ぼんやりみている僕の目に、なんか白いものがとびこんできます。幻覚かな?

か も め

さすが大自然のオーストラリア、ピッチ内外にどんどんかもめが進入してくるし、上空もどんどんとんできます。どうもスタジアムが海の近くっぽいのですが、とてもたのしいです。

よくみるとディフェンスのうしろのスペースをかもめが埋めていたり、トップ下に入ったと思ったらいい感じでゴール近辺にあがるし、かもめをもっと活用していたらいいのにと思っていました。

こんなこと思ってるの僕だけかと思ったら、意外に多くの人が気になっていたようです。やっぱりそうか。

かもめの悪気のない表情がとてもすてきです。

チアより目立ちたい

急に涼しくなりましたね。そのせいなのかやたら食欲が増してます、富井です。

さて、クライマックスシリーズもファーストステージが終わって、セリーグがカープ×ベイスターズ、パリーグがファイターズ×ホークスに決まりました。パリーグはよく見るカードですが、セリーグはすごいですね。こんなになると誰か予想していたのでしょうか。カープファンはもちろんのこと、ベイスターズファンも燃えるでしょう!楽しみですねー。

さて、そういう本気とはすでに全く無縁な我らがオリック。カネコチヒロさんがトークショーを行ったそうですよ。そこで「来年はビーズガールズ(オリックのチア)より目立ちたい」とおっしゃったそうです。ハハハ・・・そんな自虐ネタ言わんでも、と思って球団のページに行ったらトップページがビーズガールズでした。

しかし、チヒロさん、言っときますが現在オリックで一番人気があるのはビーズガールズじゃ無いんです。ポンタなんです。その次がベルとブルなんです。その次がビーズガールズなんです。ビーズガールズに勝ってもまだ上がいるんです。狙うなら一番を狙って下さいよ。

ということで、来年は二刀流に挑戦して下さい。チヒロが投げて、チヒロが打つ。大丈夫、もうそういう人いますから。

横浜がプレーオフ初戦に快勝している

クアッカワラビーの写真を送ってもらったマイク松ですこんにちは。ぜひ画像検索していただきたいのですが、すごいかわいい顔で写真に写るらしいです。すごいな。世界一幸せな動物かどうかはともかく。

昨日今日と東京にいっていたのですが、帰りの飛行機を待っていたら、どこからか野球の実況らしい音声が聞こえてきます。そういえば今日はプロ野球のプレーオフが始まる日でした。

あとで結果をみたら横浜が黄泉瓜に快勝していますね。トゥトゥゴーはどんどんホームランバッターとして成長している感じですね。大事なところで打つ。横浜あと1つです。がんばれ。

黄泉瓜はいつも上から目線の記事が多いのに、今回は珍しくクリーンアップ猛爆予告などと盛り上げていたのですが、ちょっとした爆発程度。むしろ猛爆したのはサワムラとかいう埋伏でした。助かりました。

猛爆予告程度ならハンシンはいつでも記事に使っています。予告で使って、予告の20%が実現したら大成功、0%でも小さい成功を拾い集めて50%にしています。この錬金術すごいですよね。明るい錬金術。

パ・リーグはソフバンが接戦を制しました。まあこのまま終わるロッテじゃないでしょうし、そろそろプロ野球界のプロビデンスが目を覚ます頃でしょう。この場合のプロビデンスは実在の人間じゃなく概念ね。

陸奥部屋がコーヒー朝稽古導入

瀬戸内48誕生。さすがに愛媛は7県に入ってるとは思うのですが、船上劇場は南予の方まできてくれるのかなと思うマイク松ですこんにちは。佐田岬をこえてこい!

マイク松は多忙と体調の悪さで更新が滞っています。おゆるしください。小さなニュースを取り上げます。

陸奥部屋が「コーヒー朝稽古」導入

陸奥部屋で朝稽古の前にコーヒーを飲んでからやるという取り組みが始まったそうです。力士は疲れにくいとか汗の出方が変わるとかの感想があるそうです。

すでにコーヒーが身体に悪いとかいうのはほぼ迷信で、実際は身体にいいことも多いというのは定説になりつつありますね(日経Goodayの特集がいいです)。でも稽古前に飲むといいというのは何がいいことがあるんですかね。

実際食べるのも仕事というのが一番しっくりくるスポーツ、相撲にはもっともっと食事関連の実践が関わってきてもいいと思います。研究者の関与は願ったり叶ったり。その結果を一般人にも適用するといいでしょう。

10年後の相撲部屋は、朝から晩までひっきりなしに何か食べたり飲んだりしているかもしれないですね。

イチローの古巣はオリックでは無いのか?

漫画は「3月のライオン」を読みあさっていますが、将棋より断然囲碁派の富井です。囲碁、めちゃくちゃ面白いですよ。毎日パソコンと死闘を繰り広げています。

さて、Yahoo!で「イチロー、古巣ファン復帰を望む」ていう見出しがあったので、そうそう、いい加減オリックに戻ってくれないかなあと思って、開いてみると、マリナーズのファンが復帰を望んでいるという話でした。え、そっちか。

イチローの予定では50歳までやりたいとのことだから、マーリンズで何年か過ごした後にマリナーズへ帰るの?じゃ、その後でオリックスバファローズですか。
まあ、オリックは50歳だろうと喜んでイチローを迎えると思いますが、今オリックの監督が福良さんで、2軍監督が田口さんなのはきっとイチローが近々戻ってきやすいようにブルーウェーブカラーにチェンジしているのだと思うんですよね。じゃあ…このまま…あと7年ぐらい?がんばる?それまでオリックスが球団を保有しているかしら…?それまでハッピー&グッドやりつづける?

多少不安がよぎるポストシーズンです。秋ですね。

NFL2016 week3 LA@TB

・引き続きかぜのマイク松ですこんにちは
・よく仕事のメールに「引き続きよろしくお願いいたします」って書いてあるんですが(うちだけかな?)、こんな引き続きはいやです
・はやくなおしたいです
・今日もNFLみてメモしました

・week3, LA@TB、実況は浅井さん、解説は生沢さん
・率直にこの試合見て思ったのは、LAもTBも強くなってていいなーということでした
・ディフェンスはどっちもぴりっとしないところもあって点がいっぱい入ったんですが、どっちも未来がみえてる
・LAはキーナムが14/26,190yds,2TD,1INT、ランでガーリーが27att,85yds,2TDといい活躍してました、これでゴフが仕上がったらもっとよくなるのかも
・TBはウィンストンが36/58,405yds,3TD,1INTと結構がんばってる、試合には負けたけど
・ランはダグ・マーティンがけがしてるらしいけど、シムズが13att,55yds,1TDで結構がんばってたし、エヴァンスが10rec,132yds,1TDと大暴れしてました
・ディフェンスはTBではアレキサンダーがINTリターンTDかますし、LAはウェストブルックスが77ydsファンブルリターンTDかますし、まだ構築中とはいえ厳しいDLもあったりして
・試合はLA 37-32 TBで、点がいっぱい入って楽しい試合でした、いるかはこんな未来ある戦いをしているのかなあ

・Eテレの新番組、ねほりんぱほりんがすっごいおもしろかった
・Eテレ攻めてますねー、毎週絶対みよう

NFL2016 week2 MNF ATL@NO

・かぜをひいたマイク松ですこんにちは
・台風もあってめっちゃ気持ち悪いです、しんどい
・ぼんやりみたNFLのメモをしておきます、ATL@NO

・week2、MNF、ATL@NO、実況は曽根さん、解説は高野さん
・ハリケーンカトリーナから10年という区切りの試合で、NOはすごい気合いが入っていたのですが、負けてしまいました
・両チームともランを強化していて、NOもイングラムのランをGBから移籍したクーンがサポートする形でがんばったのですが、ATLが一枚上手でした
・フリーマンは単独でのランもいけるのですが、パスキャッチもうまかった
・もちろん両チームともパスアタックは健在、こちらはある程度互角でしたが、ランで差をつけたATLが45-32で勝利
・でも節目の試合でNOもスペシャルプレーをいっぱい用意したりしていて、見応えのある試合でした
・気合いが空回りしたのか、PRに味方のカバーチームがタックルしてボールをATLに渡してしまうミスがなければ、流れはNOだったかもしれないです

・はやくかぜなおしてNFLみたいです

誰かが決めた小さな世界にとらわれてほしくないらしい

レアード2年契約。日本に残ってくれてうれしいマイク松ですこんにちは。こんな外国人いてくれればねーとどこのチームでも思いますよね。

さて、秋冬定期のかぜをひいた僕ですが、ぐったりしながら日本女子オープンみたりしていました。畑岡すばらしいゴルフしてました。若い世代がすごく育ってる。若い世代育ってればねーとどこのチームでも思いますよね。

どこのチームもというかまあ種いものことなんですが、ハラタクが戦力外になったりしています。ハラタクあんなにがんばってくれたのに。弱くてごめんなさいと関係ない僕でも思います。おつかれさまでした。ありがとう。

史上初の完全最下位まで達成したオリック。もうここまできたらファンの人は何を楽しみにすればいいのかと思っていたら、優勝したクリヤマカントクがいいことをおっしゃっていました。

ときどきよくわからないことを口にして、モリワキさんが懐かしくなるときがあるクリヤマカントクですが、軍神オータニが規定投球回数に届かなかったことについて、「誰かが決めた小さな世界にとらわれてほしくない」とおっしゃっています。「(オータニには)もっと大切なものがあるはず。みんなが喜べるために、感動とか涙とか勇気とか元気とか」とのことです。

そうか、優勝とかは誰かが決めた小さな世界なんですよね。オータニが感動とか涙とか勇気とか元気とかのためにがんばるなら、オリックは発芽とか穀類とか光合成とか幻とか霊とかのためにがんばればいいんですよね。もう誰かの決めた小さな世界から突き抜けて野球をせよとのお言葉と受け止めましたぞッ!!(ギャラリーフェイクの地蔵的に)(時々出てきます)

そう考えると今年の夏の陣のテーマはゲットオーバー(突き抜けろ)でした。ここにつながってたかー。あの霊的な雰囲気のトップも早く誰かが決めた小さな世界=現世から突き抜けろというメッセージだったかー。最終戦もぼこぼこにされたあとフクラカントクは、「変わった姿を見せていかないといけない」といっていました。現世を突き抜けた結果、オリックは何に変わっていくのか。この話の流れだと妖怪ですが、来シーズンは妖怪球団か種いも球団の二択になりそうです。もしくはひも。

織田信成将軍が今頃自己ベスト更新したぞ

今日は広島に日帰り旅行にいってきたマイク松ですこんにちは。もちろんカアプ戦は速攻でチケットがなくなっていて、球場の周りをうろうろしていたのですが、すでに午前中の段階で人が並んでいて、その中には優勝記念Tシャツなどのレアアイテムを身につけている人が多かったです。

そんな旅行はめっちゃ充実していたのですが、おかげでフィギュアスケートジャパンオープンを見逃しました。どこか再放送してくれればいいけど、テレトーには難しいかな。BSもっと使ってあげて。ごらんになった方、様子教えてください!

そんなジャパンオープンではジャパンチームが優勝したらしいですが、北米も欧州もかなりいいメンバー。まだ調整段階とはいえよく勝てたなと思いました。ジャパンチームは宇野が4Fを成功させたり、宮原が壮大な音楽でいい演技をしていたりしたらしいのですが(ニュースで見た)、一番驚いたのはこっちでした。

織田信成将軍、現役さながらの滑りで自己ベスト

OB枠で登場している将軍。北米ではアボット、欧州ではアモーディオとこないだまで現役だった2人に対して将軍は大御所になってから(=引退してから)もう3年たってて不利だなと思ったら、4T+3Tもばっちり、3Aも2回跳んで、参考記録とはいえ自己ベストを更新したそうです。すごいすごい!それでこそわれらが将軍!

演技後は「何も言えねえ。あの涙の引退は何だったのか」といっていたようです。それは僕らがいいたいことなんですが、やはりご先祖からの血を受け継いでいて、奇襲が得意なんだろうと思います。現役復帰とはいかないまでも、どんどんみんなの前で滑ってほしいと思います。ところで記事の中で「近く3人目も授かる予定」とありますが、生まれる予定だったらいいけど、授かる予定を報じるのは予知能力ですよね。

ハニューはカナダの大会で4Loを成功させているみたいです。あの高さでよく4回回れるなというジャンプのキレでしたが、高さを上げればもっといいジャンプにはなりそう。なんやかんやで今シーズンも楽しみが多そうですね。