Archive for 2017

NFLドラフト2017:ポジション別まとめ

今日のプロ野球はみんな最終的に1点差ゲームになってるんですね。オリックはヤマオカが粘りのピッチングで勝ち投手の権利をもって降りたのですが、先輩達がホームランを2本打たれて勝ち自体がなくなりました。ヤマオカという名前だけに、わが上司富井副部長は気にかけているのですが、こうやって新人を育成していくんだといっていました。「カネコが何度1点差ゲームで見殺されていると思っているんだ」とのこと。それは1号ライダーの「オレが今まで何体の改造人間を葬ってきたと思っているんだ」に通じますね。

さて、野球は関係なくNFLの話です。ドラフトが終了したみたいですね。話題の選手とかの話はわからないので、毎年のように、どんなポジションが指名されたのかをまとめてみました。

チーム 指名したポジション ひとこと
ARZ LB,2S,WR,OG,OT,RB 攻守バランスとれた指名、ドラ1はLB、QB指名はなかった
ATL DE,LB,OG,CB,RB,TE 攻守3つずつも上位指名はディフェンス寄り、6人は少ないか
BAL CB,2LB,DE,2OG,DB LBとOGを2人ずつ、強化ポイントを明確にした指名
BUF CB,WR,OG,2LB,QB, 指名は少ないけど弱点をしっかり補強してる
CAR RB,WR,OG,DE,CB,FB,K 弱点を的確に補強、オフェンス寄りの指名
CHI QB,TE,S,RB,G 5人しか指名できなかったもののトレードアップの代償、しょうがない
CIN 2WR,RB,2LB,DT,K オフェンス寄りの指名、スキルポジションの指名がものになるか
CLE DE,S,TE,QB,2DT,CB,OT,K,RB 10人指名でしっかり補強、結局QBは2巡でとってます、ドラ1の3人をいかそう
DAL DE,2CB,2WR,S,2DT 弱点集中補強のドラフト、結構しっかり指名できてます、いい指名ぽい
DEN OT,DE,2WR,CB,TE,RB,QB バランス型の補強、下位指名のスキルポジションが花開くといいな
DET 2LB,2CB,WR,TE,2DE,QB これはディフェンス補強という感じですね、弱点しっかり埋まってる
GB CB,S,DT,LB,3RB,2WR,C さすがGB、しっかり指名とRB3人がアグレッシブ、弱点しっかり補強
HOU QB,LB,RB,OT,DT,S,C トレードアップでとったQBワトソンが鍵になりそう、指名はバランス型
IND S,2CB,DE,OT,RB,DT,LB 弱点はしっかり埋めてる、ドラ1はかなりいい選手との評価
JAX RB,OT,DE,WR,LB,CB,FB ドラ1RBがなにより目玉、OTも2巡でとってランゲーム向上や
KC QB,DE,RB,WR,LB,S バランス型も目玉はトレードアップしてとったQB、もう少し人数ほしかった
LAC WR,2OG,2S,OT,DT 弱点のOGとSを2人ずつ、QBはいらんかったんかなあとも思う
LAR TE,2WR,S,LB,DT,FB,DE ドラ1をTEにしたLAR、弱点は補強不足という意見も
いるか 2LB,CB,OG,2DT,WR 指名はディフェンス重視、弱点は補強十分、WRはドラ7で1人かあ
MIN RB,C,DT,LB,2WR,G,TE,DL,CB 10人指名で多彩なポジション、補強はうまくいったかと
NE 2DE,2OT 4人しか指名なしに加えて2ポジション集中、これでもうまくいくのがNEなのか
NO CB,OT,S,RB,2LB ディフェンス寄りの指名、もう少しオフェンス寄りでもよかったか
NYG TE,DT,QB,RB,DE,OT 6人指名も弱点はしっかり補強できてるらしい、ドラ3でQB指名
NYJ 2S,2WR,TE,DL,RB,2CB 9人指名も弱点集中補強、QBはどうするつもりなんや
OAK CB,2S,2DT,2OT,LB,RB ちゃんと弱点補強できてる、ディフェンス補強が実ればいいのに
PHI DE,2CB,2WR,RB,S,DT ディフェンス重点補強、DCにはうれしい指名なのでは、WRがものになるか
PIT 2LB,WR,CB,RB,QB,DB,LS バランス型補強、ちゃんと弱点を補ってる、T.J.ワットがドラ1指名
SF DE,2LB,CB,QB,RB,TE,WR,DT,DB 10人補強で多彩なポジション、こいつらが明日のSFを担う!
SEA 2DT,C,DB,SS,2WR,FS,S,OT,RB 11人指名、どっちかといえばディフェンス寄り、SEAはディフェンスいらんのちゃうの
TB TE,S,WR,LB,RB,NT 6人もドラ1のTEはいい選手らしい、確かに必要かも
TEN 2WR,CB,TE,2LB,OL,OT,RB 弱点はしっかり補強、2人のWRが機能すれば強くなりそうですが
WAS DE,LB,CB,RB,2S,TE,C,WR,DB 10人指名でまんべんなく補強、上位指名はディフェンス寄り

いつものようにKCといるかだけもう1回みておきますと、KCは指名は6人でしたが、トレードアップでQBマホームズを獲得しました。どうもちゃんとNFLでポケットの中でプレーできるんかといわれてますが、KCの未来をいいものにしてほしいですね。でもあと2人ほど指名できたらよかったんですが。

いるかは7人指名で、弱点をしっかり補強しているといい評価。それでチームが強くなるかどうかはわかりませんが。OG以外は全部ディフェンスの選手。それくらいした方がいいだろうという考え方もわかります。オフェンスは大丈夫なんかな…?

みなさんの好きなチームのドラフトはいかがでしたか?

カーリングミックスダブルス世界選手権2017 日本 vs. フィンランド

またかぜひいたマイク松ですこんにちは。今年に入ってもう4回目。1ヶ月に1回ひいてます。もうこの才能がすごい。これってスタンド能力なんじゃないか。そうとしか思えない。GWにがっくりへこんでいます。

カーリングの世界選手権は終わりましたが、ミックスダブルス世界選手権が開催されているそうです。そもそもミックスダブルスがよくわからないので、これで勉強したいです。

カーリングミックスダブルス世界選手権、日本 vs. フィンランド。実況は曽根さん、解説は石崎さん。カナダで開催されているそうです。

フィンランドはオアナ・カウステとトミー・ランタマキ。日本は阿部さんと小笠原さん。すごい強い。

ミックスダブルスはいくつかルールがあるのですが、まず最初のコンディション。通常は先攻がセンターガード、後攻はそのうしろのハウス中央においた状態で始めるそう。すごい。そしてエンドで1回だけ、パワープレーという展開を選ぶことが出来、そのときはコーナーガードとその後ろという配置から始めることができます。おもしろい。

ゲームの設定は8エンドゲームで、1エンドに5投、1人が1,5投目を投げて、残りが2,3,4投目を投げることになります。スイープは投げた人がやってもいいし別の人がやってもいいし、2人でやってもいいよう。先攻の2投目まではすべてのストーンをテイクアウトすることはできないそう。だからすごいストーンがたまる展開になるそうです。

第1エンド、フィンランドはハウス中央にストーンがたまり、日本はガードのようにハウスの前方にたまってます。前のストーンをレイズで使いたかったですが、前も守られてうまくいかず、結局フィンランドが2点とりました。ランタマキは不思議なスイープの仕方してる。ほんとに掃除っぽい。

というかミックスダブルスめっちゃ難しそう。

第2エンド、フィンランドは中央にどしどし入れてきて混んできてますが、日本はあまりいいところにおけてないですね。しっかり日本に1点をとらせる配置にされて、日本は1点しかとれませんでした。アイスはよく読めてます。

第3エンド、フィンランドはドローのラインをよく読めてます。また積み重なってきましたが、まずはレイズテイクアウトで中の形を変えました。日本は2点パターンを作り、フィンランドは1点とらされました。阿部さんのレイズがうまく決まりましたね。

第4エンド、日本のストーンがバックガードになってしまった。日本はまたテイクで形を変えるが、フィンランドはきっちり日本のストーンだけテイクしてきた。うまいですねー。しかしお互いのショットの結果ストーンがなくなってしまいました。そしてミックスダブルスではブランクにしても先攻後攻は入れ替わるため、日本はドローで1点とりました。8エンドなのでここで前半終了。

ほんとに2人ってきつそう。男女2人ずつの4人の方がいいんじゃないかな。

第5エンド、中央にストーンがめっちゃたまる展開。日本は失点を少なくするようにしていたが、ナンバーワンをもってるのでガードにしてスティールを狙います。最後のカウステのショットは形を変えるパワーショットでしたが、結局1点しかとれませんでした。

第6エンド、日本はパワープレイを選択。後攻時に1回だけ選択でき、コーナーガードにして得点を狙えます。日本はコーナーガードを作ってきますが、ガードの後ろを直接テイクされてしまいました。強い。でも最後のストーンがスルーしてしまい、日本が2点とれました。助かった。

第7エンド、今度はフィンランドがパワープレイ。しかしこのエンドはフィンランドにミスが出てきてます。日本はタイムアウトをとって相談。相手に1点をとらせるエンドにして、フィンランドも2点とりにいきますが1点止まり。パワープレイでしたが1点でした。

第8エンド、これが最後のエンド。フィンランドのガードが長くなり、日本は中央に放り込んできました。フィンランドはラストストーンの前にタイムアウト。ラストショットはガードにあたったのがよかった、すごいいいところにおけました。日本のラストショットは決まらず試合終了、フィンランド 6-4 日本。

うーんタイブレークに持ち込むためにいい展開になっていたのですが、フィンランドの8エンドのラストショットはラッキーなポジションにいってしまって、あれが日本にとっては痛かったです。でもよく戦いました。

でもミックスダブルスめっちゃ大変そうですが、いちおう2人でもできるのがメリットではありますね。

NFLドラフト2017:1巡指名チェック

カワサキ復帰。復帰初ヒットも打てたしとてもうれしいのですが、ホークスが復活しそうで心配なマイク松ですこんにちは。世界レベルでラッキーチャームなカワサキの力が発揮されるとオリックのつたない運なぞ吹き飛ばされてしまう。今日は4安打でした☆

さて、NFLは毎年たのしみのドラフトです!NFLでは1巡、2,3巡、残りという感じで複数日でおこなわれます。でかいイベントですね。1巡指名が終了したようです。結果をみてみましょう!

指名順 チーム 指名
1 CLE マイルズ・ギャレット(DE)
2 CHI ミッチェル・トゥルビスキー(QB)
3 SF ソロモン・トーマス(DE)
4 JAX レナード・フォーネット(RB)
5 TEN コーリー・デイビス(WR)
6 NYJ ジャマール・アダムス(S)
7 LAC マイク・ウィリアムス(WR)
8 CAR クリスチャン・マカフリー(RB)
9 CIN ジョン・ロス(WR)
10 KC パトリック・マホームズ(QB)
11 NO マーション・ラティモア(CB)
12 HOU デショーン・ワトソン(QB)
13 ARZ ハサン・レディック(LB)
14 PHI デレック・バーネット(DE)
15 IND マリク・フッカー(S)
16 BAL マーロン・ハンフリー(CB)
17 WAS ジョナサン・アレン(DE)
18 TEN アドリー・ジャクソン(CB)
19 TB O.J.ハワード(TE)
20 DEN ギャレット・ボールズ(OT)
21 DET ジャラド・デービス(LB)
22 いるか チャールズ・ハリス(LB)
23 NYG エバン・エングラム(TE)
24 OAK ギャリオン・コンリー(CB)
25 CLE ジャブリル・ペッパーズ(S)
26 ATL タカリスト・マッキンリー(DE)
27 BUF トレデイビウス・ホワイト(WR)
28 DAL タコ・チャールトン(DE)
29 CLE デイビッド・ジョク(TE)
30 PIT T.J.ワット(LB)
31 SF ルービン・フォースター(LB)
32 NO ライアン・ラムチェック(OT)

全体1位は予定通りCLEで、DEマイルズ・ギャレットを指名しました。てっきりなんやかんやでQBなんちゃうと思っていましたが、アナリストにも高評価。全体1位で活躍してくれるとも限りませんからね。まずはディフェンスからCLEで、再構築をはかると。ちなみにCLEは25位でSジャブリル・ペッパーズと、29位でTEデイビッド・ジョクを指名しています。

全体2位はほんとはSFでしたが、CHIが1つだけトレードアップ!ドラ3、ドラ4あたりと来年のドラ3と引き替えに全体2位をゲットし、QBミッチェル・トゥルビスキーを指名しました。CHIもグレノンでは先がないと判断したか。なるほど。それよりSFはQBはいなくてよかったんかな。トレードでとるつもりなんだろうか。DEソロモン・トーマスを指名。JAXは予想通りRBレナード・フォーネットをとりました。

NYJは全体6位でSジャマール・アダムスを指名しました。かなりいい選手らしくて、NYJの再建の力になってくれるらしい。でもNYJはこのところ9年連続でドラフト1巡目指名権を守備選手に使ってるらしいですよ。CARは全体8位でRBクリスチャン・マカフリーを指名。いいRBはCARオフェンスの基礎ですからね。しかもキャッチもうまいらしい。CINは全体9位でWRジョン・ロスを指名しました。ものすごい足が速いWRらしいのですがけがが多いんですよね。でもA.J.グリーン以来のWR1位指名らしい。

BUFとトレードアップして全体10位をもっていたKCは、QBパトリック・マホームズを指名しました!結構上位で指名されるといわれてたような気がしますが、いいタイミングでいいQBとれました。やっぱりスミスの後継者が心配やったんかな。スミスにちょうどいい学ぶ期間を経て禅譲ということになるんでしょうか。けがしても安心だし。

そしてこのへんでHOUがトレードアップ!もともともっていた全体25位と来年のドラ1と引き替えに、全体12位をゲットし、QBデショーン・ワトソンを指名しました。サベージでずっとやっていくよりはいいのかもしれません。大事大事。

いるかは全体22位をもっていましたが、LBチャールズ・ハリスを指名したようですね。まあどこでも足りないんですが、いいポジション補強したと思います。そこいらねえよ的なところはない。

OAKは全体24位でCBギャリオン・コンリーを指名したようです。すごいいいCBそうですが、すでに犯罪やっちゃって事情聴取を受けてるそう。やばいやん。大丈夫なんか。OAKらしくていいですが。そしてPITは全体30位でLBのT.J.ワットを指名したそう。似たような人がもういますが、そう、J.J.ワットの弟だそうです。デレク・ワットも含めてワット家から3人目のNFLプレーヤーだそうです。すごいな。そしてPHI、MIN、SEA、GB、NEが1巡指名がありませんでした。結構多いな。NEは恒例になりつつありますが。

2巡目以降も楽しみです!

キセさんが「北斗の拳」の化粧まわしで土俵入り

タカギ復活登板。やつがどうとかは正直どうでもよくて、これがいいんならミッキー兄さんも幕下から再出発でよかったんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。球界にはない角界の自浄作用を喜ぶべきなのか。

さて、5月場所の売れ行きもとてもいいらしいですが、そんな場所を盛り上げるニュースが飛び込んできました。

稀勢の里、5月場所初日にラオウの化粧まわしで土俵入り

北斗の拳関連の出版社の社長は以前からキセさんに横綱になったら化粧まわし贈るわっていってくれてたみたいで、それが実現した形。なぜケンシロウじゃなくてラオウなのかというのはやけに詳しく書いてる記事がありますが、北斗の拳で魅力的なキャラクターは主役だけじゃないですからね。むしろ南斗六聖から3人選んだり、雲のジュウザを中心に南斗五車星から選ぶとか、汚物は消毒の人を選ぶとか、いろいろできると思います。

でもラオウを選ぶのはキセさんらしいというか、世紀末覇者になる夢をつかみたいということですよね。横綱の上には拳王があるんだと。稽古場横綱じゃないんだと。しかし僕はこのチョイスの裏に別の意味を見いだしました。

そうなんです、世紀末救世主伝説といえばわれらがミッキー兄さんですよ。身をもって角界を救ったと今でも大ばば様からたたえられているミッキー兄さん。なにしろ角界でも神の摂理を究め、トゥイホーされた悲しみを背負うことで、究極奥義無想転生を会得したといわれています(見た目の形はウッパッピーに似ています)。ケンシロウの化粧まわしは本来はミッキー兄さんが締めるもの。だからオレはラオウにしておきますよという気遣いなのです。気づきましたか。

いつかはそういうミッキー兄さんの姿がみてみたいです。というかやらせてもらえるなら、化粧まわしは汚物は消毒の人のでも大丈夫です!

兄をとりもどせ! (もとねた 歌詞)

「優勝!」摂理のとばりが落ちてくる
「優勝!」俺の胸に落ちてくる
熱い心 クサリで縛っても 8勝7敗だよ
邪魔する奴は ウッパッピーひとつでダウンさ

「優勝!」摂理で鼓動早くなる
「優勝!」俺の鼓動早くなる
マダイ求め さまよう心 今 熱く燃えてる
全てとかし 無惨に飛び散るカネさ

※アレとの愛を守る為 兄さんは旅立ち
明日を 見うしなった
スランプ忘れた顔など 見たくはないさ
兄を取り戻せ

「優勝!」負けで勝ちを切り裂いて
「優勝!」負けで勝ちを切り裂いて
誰も二人の右四つ切ること 出来はしないさ
引きつけ合う上手は離れない 二度と

※印くりかえし

フィギュアスケート世界選手権2017(3):男子シングルSP

オリックが強い・・・富井です。もうそろそろクライマックスシリーズやってもいいんじゃないでしょうか。今月はもう勝ち越しが決まったそうです。まじか!

さて、フィギュアスケート。男子は録画に失敗したのもあってグループ4から。ケビン・レイノルズはフリーで見られるから良いとして、フィリピンのマルティネスが見られないのは痛恨。でもしかたない。お、リンクサイドにランビエールが。実況は小林さん、解説は杉田さん。

ラトビアのデニス・バシリエフス。「ブードゥー・チャイルド」ランビエールはバシリエフスのコーチだそうです。でも、まだランビエールの方が点が出そう。でもスケーティングがかっこいい。大きな3A。3Lz+3Tもいいですね。コンビネーションスピンはコーチの筋の良さを感じます。3Fはまずまず。でもその後のキックがかっこいい。ステップもかっこよさをよく分かっている振り付け。キャメルスピンもポジションがかっこいい。シットスピンも仏像みたいでいいな。カメラが遠いのが残念。81.73

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。「Broken Vow」3Aは待ちが長いけど良いジャンプ。個性的な足換えのシットスピン。回転の速いコンビネーションスピンも素晴らしい。3Lzは転倒。3Lo+2Tも3Tが付けられませんでした。でもジャンプ以外は上手になってます。ステップはとても柔らかいスケーティングで素晴らしいですね。キャメルスピンも回転が速い。ああ、もったいなかった。73.68

イタリアのマッテオ・リッゾ。「マラゲーニャ」リギーニの代役だそうです。18歳。3Aはステップアウト。3F+3Tもちょっと流れがありませんでしたな。キャメルスピンは普通。3LzはOK。シットスピンは回転が速い。ステップは曲のテンポアップに合わせていい感じです。コンビネーションスピンも回転が速くていいですね。うーん、ちょっと残念な出来だったでしょうか。でも、いいところもいっぱいありました。63.14

田中刑事。初出場なんだ。「ブエノスアイレスの春」4Sは転倒。ちょっとスケーティングが重いような気がします。3Aはランディングはもう一つだったけど成功。シットスピンは素晴らしいですね。キャメルスピンもOK。3F+3Tも手をついてしまいました。ステップはかっこいいですね。全身の使い方が素晴らしい。ここらへん、高橋大輔の影響を感じます。まあ、日本の男子選手はだいたい高橋大輔になりたい雰囲気がありますよね。いいことです!(でも、ホンダバンになりたいBOYも見たいですが)コンビネーションスピンもいい。73.45

フランスのシャフィック・ベセギエ。「It’s a man’s world」衣装がいつも滑りにくそうだと思うのですが。4T+2Tになりましたが成功。3Aも成功。キャメルスピンのポジションがかっこいい。3Lzも成功しましたが、ちょっとステップが簡単だと杉田さん。コンビネーションスピンも素晴らしい。ステップはビートに合わせて情熱的。シットスピンも個性的で良いですね。78.82

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。リスト「愛の夢」慎重な3Aはバランスを崩しましたがちゃんと立ちました。3Lz+3TもOK。コンビネーションスピンはキャメルのリバース。美しい。3Fもなんとか成功。シットスピンもいいですね。ステップになると急に情熱的に。最初の方静かに見せているのではっとさせられます。コンビネーションスピンの回転も素晴らしい。うーん。いい作品ですね。スタンディングオベーション。余計なことをしない美を感じました。これが最後のシーズンなんて言わないで欲しい。ピカチュウがミーシャ・ジーの衣装を着てます。79.91

なんとまだ、ケビン・レイノルズが1位。お、マイケル・クリスチャン・マルティネスもぎりぎりでフリーに進むことが決まりました。やったー。
グループ5。なんだ、このグループ。金博洋とネイサン・チェンが同じグループなんて。

ロシアのミハイル・コリヤダ。「ナイチンゲール・タンゴ」4T+3Tは高いですね。3Aも素晴らしい。シットスピンも永遠に回ってそう。3Lzも素晴らしい飛距離。ステップもサーカスのような楽しさ。足換えのキャメルスピンも回転が速い。コンビネーションスピンも素晴らしいな。さすがロシアのエース。ガッツポーズでフィニッシュ。93.28

中国の金博洋。映画「スパイダーマン」より。スパイダー衣装。4Lz+3Tは軽々ですね。キャメルスピンもいいですね。3Aもすばらしい。高さのある4T。シットスピンも回転が速いな。コンビネーションスピンもポジションが多彩。身体を大きく使ったステップで会場を沸かせます。バレエジャンプも高いですね。最後までエンターテナー。98.64

カザフスタンのデニス・テン。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」4Tは着氷した姿勢がきれい。3Lz+3Tも成功。キャメルスピンも姿勢が美しい。3Aはやや姿勢が曲がりましたが成功。ステップがすごくモロゾフっぽいですね。ああ、ローリー・ニコルに戻って・・・。シットスピンも完璧。コンビネーションスピンも素晴らしい・・・のですが、ちょっとトラベリングがあったかな。90.18

アメリカのネイサン・チェン。バレエ「海賊」4Lz+3Tは最初のジャンプの着氷がもう一つだったのにセカンドを付けました。すごい。4Fは高さも幅も完璧ですね。キャメルスピンもいいですね。すごくバレエの雰囲気がありますよね。イーグルからの3Aは転倒。もったいない!シットスピンの後のポーズもバレエダンサーみたい。ステップのみのこなしもステキですね。コンビネーションスピンの回転も素晴らしい。でも、転倒したので渋い顔。97.33。転倒があってもこの得点か!すごいな。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「チェンバーメイド・スゥイング」」3Aの着氷した姿勢がかっこいい。4T姿勢が美しい。コンビネーションスピンはもう一つかな。3F+3TもOK。キャメルスピンも難しいポジション。ステップがビートにあってて良いですね。シットスピンの回転とビートがあってて素晴らしい。最後のポーズがオシャレ。85.28

チェコのミハル・ブレジナ。「The way you look tonight」3F+3Tは高さもあって美しいジャンプ。3Aも高くて大きなジャンプ。キャメルスピンのポジションもきれいですね。3Lzは着氷で手をついてしまいました。ステップもショウのようにかっこいいですね。シットスピンも良い回転。コンビネーションスピンも回転が速いのですが、キャメルポジションになったところでややバランスを崩してしまいました。あれはどうかな。80.02

羽生結弦。すごい人気ですね・・・。プリンス「レッツ・ゴー・クレイジー」イーグルから4Lo。すごい。4Sはかなり滑った後に2Tを跳び、コンボ扱い。キャメルスピンは素晴らしい回転。手拍子がずっと鳴り止まなくてロックコンサートみたい。3Aは完璧。シットスピンもすごい回転速度。ステップはスケートの扱いが自由自在。ジャッジを挑発。観客も煽った後に。コンビネーションスピン。ミスがあっても忘れさせる。すごい。リンクに投げ込まれる花とぬいぐるみがえらいことに。もうフラワーガール&ボーイもどうしていいやら。98.39。なんとはじめるのが遅くて減点1。

宇野昌磨。「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」完璧な4F。4T+3Tもすごい良いジャンプ。キャメルスピンも素晴らしいですね。足換えのシットスピンも素晴らしい。イーグルからの3Aは幅がすごい。こまのように跳んでいきました。ステップも良くコントロールされている。コンビネーションスピンも多彩なポジション。隙が無い。104.86

ロシアのマキシム・コフトゥン。ウォームアップ中に左膝を痛めたようですが、出場してきました。「バハムート」ヒッチハイクのマイムから。4S+3Tは成功。4Tは転倒。キャメルスピンはきれい。おもしろポーズがいろいろ合った後、3Aは成功。コンビネーションスピンはまずまず。ステップはもう少しスピードが欲しいかなあ。宇野くんの後だしな。シットスピンは足換えのジャンプが入っててかっこいい。89.38

スペインのハビエル・フェルナンデス「マラゲーニャ」完璧な4T+3T。4Sも素晴らしいですね。あまりに簡単に跳んでいるので3Sみたい。すぐにアップライトスピン。3Aも着氷した後のポーズがすばらしい。コンビネーションスピンの後、シットスピン。それからステップ。魅せるフラメンコ。文句のつけようがないですね。109.05

カナダのパトリック・チャン。額がやや心配になってきました。「ビートルズメドレー」4T+3Tは完璧。3Aも成功。シットスピンもずっと回ってそう。ステップはやっぱり世界で一番上手いかも。3Lzも飛距離が素晴らしい。キャメルスピンもすばらしい。コンビネーションスピンもポジションが変わっても回転が全く落ちないんですね。うーん、すごい。でも・・・ちょっとプログラムが地味なんですよね。この人もローリー・ニコルに振り付けてもらえばいいのになあって思うんですけど。102.13

アメリカのジェイソン・ブラウン。映画「スペクター」より。3Aは高さがあって美しいですね。3F+3Tもすばらしい。シットスピン、キャメルスピンと続けますが、どちらもすごい。特にキャメルの最後のポジションは見事。3Lzも流れのあるジャンプ。ステップはスピードの緩急が自在。コンビネーションスピンも身体の柔らかさが生かされた美しいポジションでしたね。93.10

○SPが終わっての順位(業界風に?)
1.ハビちゃん
2.宇野ちゃん
3.パトちゃん
4.金ちゃん
5.羽生さん
6.ネイさん
7.コリヤダくん
8.ジェイさん

1位のフェルナンデスは何も言うことないぐらい完璧でしたね。4回転2回入ってあれだけ滑ったらそりゃ、1位です。2位の宇野は4Fも見事にやはり4回転2回。すごい成長の仕方ですね。そして3位はパトちゃん。4年前なら4回転1回入れば確実に1位だったんですが、時代が変わりましたね。でも、改めて滑りが上手いなと思い知りました。ここまで100点越え。

4位は金博洋。4Lzと4Tが入って素晴らしい演技でした。5位が羽生。世界選手権なのにすごい人気でしたね。フィンランドでもあれだけ花とぬいぐるみが投げ込まれるのに驚きました。6位はネイサン・チェン。4Lzと4Fが入りましたが、3Aの転倒が痛かったですね。

7位のコリヤダくんと8位のジェイソン・ブラウンはノーミスだったんですが、コリヤダくんは4Tを1回、ジェイソン・ブラウンは4回転無しでこの順位。

4回転もトーループやサルコウじゃなくてその他のジャンプをばんばん跳んでるのがすごい。しかもジャンプしかないっていう人がいないのもすごい。フリーはどうなるんだろう。