Archive for 21st 2月 2017

ブレイディさんの映画を作るならいるかの映画も

宮崎にいく計画をたてているマイク松ですこんにちは。数年前におこなったトレ旅行。またがんがん食べてがんがん歩くという旅になってしまうのでしょうか。

さて、NFLはオフシーズンに入り、今はフランチャイズプレーヤー、トランジションプレーヤーのタグ付け期間に入っています。NFLの制度の中でもわかりにくいものですが、記事はそこそこわかりやすく説明してくれているので参考になりそうですね。

さて、NEはスーパーボウルをものすごい劇的な形で制したわけですが、そんなNEの活躍を映画にしようとかいう動きがあるそうです。

ブレイディ、バトラーの活躍が映画に?

スーパーボウルがあまりに劇的だったため、各地の実況解説は「ハリウッドでもこんな脚本は書けへんやろ!」とかいってたらハリウッドが「書けるわい!」と言い出した、ということのようです。これって日本でいう机が話してるという記事じゃないんですかね。でも確かにそれだけの出来事ではありました。

ブレイディさんは実写化してどしどし神格化すればいいと思いますが、バトラーはむしろアニメ向きじゃないかと。ディズニーに企画を売り込むといいでしょう。そしてアニメ向きの企画がもう1つあるので、ハリウッドのみなさんはお近くの日本人スタッフにこの続きをしっかり読んでもらって下さいね。ルックルック!ディスイズインポータント!

そうです、いるかの映画をつくればいいのです。(註:このいるかはマイアミのことですよ!)

いやいやページを閉じないで!まだ閉じないで。確かにいるかはプレーオフでもぼこぼこにされて弱いですが、だからこそ映画化することに価値があるのです。こんなオレたちでも一生懸命やってんだよという形で大衆の共感を得る。少しは興味が出てきましたか?あともう少しだけ読んでください。

でもいるかだろ?という方、ここからがアニメ化のアイディアなのです。つまりアメリカのアニメ技術を使って、フットボールチームを全部いるか(この場合はあのほ乳類です)にしてしまえばいいのです。いるかフットボールアニメです。そして弱小いるかチームががんばって成長して、最強いるかチームに挑むというストーリーですね。あとは海の生き物を適当にからめれば大丈夫でしょう。もちろんいるか(マイアミ)は全面協力。だってアニメ上とはいえ、強いいるかが実現できるのです。きっと2年くらいはファンも夢を持って生きられるはず。

あとはディズニーとかに企画を売り込むだけです。フォルス・スタート商会には売り上げの1%もいただければ十分です。ご検討ください。善は急げ!(この場合は急いで座禅を組めではなくて、いいことはすぐ実現に向けて動き出せという意味です)