Archive for 22nd 2月 2017

全米フィギュアスケート選手権2017(1):ペアSP

そういえばフィギュアスケートの解説だった藤森さん、お亡くなりになったそうですね。いい解説でした。やすらかに。マイク松ですこんにちは。藤森さんの解説にふれることができたわれわれはしあわせでした。

今日から全米選手権をみていきます。最初はペアSPです。

全米フィギュアスケート選手権2017、ペアSP。実況は小林さん、解説は杉田さん。よろしくどうぞ。今年は次々と選手がけがで欠場してしまって、シメカ・クリエリムも欠場してるそうです。アーロン・セトレッジはペアを解消したそう。

チェルシー・リュー&ブライアン・ジョンソン。初出場のペア。マイケル・ジャクソン「ブラック・オア・ホワイト」ほか。MJに最初から取り組むとは意欲的。Dsからスタート。3Sはシングルになってしまいました。3Twはいいキャッチでした。3SThもいいランディングで成功。ソロスピンはミラーみたいにきっちりずれていました。ステップは2人のユニゾンはまずまず。そしてアクセルラッソーリフトは降り方に工夫がありました。あの部分はがんばってました。57.02。

ヘイブン・デニー&ブランドン・フレイザー。久しぶりと思ったら昨年はけがで欠場だったそうです。フェリックス・グレイ「ドン・ファン」。3Twはスピードに乗ってました。3LoThは手をつきました。ここは決めたかった。3Sはステップアウトで回転が足りないぽい。Dsはデニーのポジションいいですね。ソロスピンはまずまず合ってました。ステップはアイスダンスっぽいホールドも入れながら。このへんから動きがよくなったと杉田さん。アクセルラッソーリフトはいいバリエーションでした。まずまずの演技。ジャンプに不安があったのかも。65.39。

アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク。ケインはシングルと掛け持ちらしいですが、ようやくこっちでもみられますね。アニー・レノックス「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。Dsはイグジットがかっこいい。勢いのあるDs。3Twは降りで足をつきました。3Loはきっちり成功。リバースラッソーリフトも流れがとてもスムーズでスピードを失わないですね。ペアのスパイラルを間に入れて工夫もある。3FThを決めてきました。これは大きい。ステップはユニゾンを合わせるところもメリハリがある。ソロスピンはポジションが難しかったです。これはレベルの高い演技ですね。69.33。ノービスやジュニアでも実績があるらしい。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。プリンス「パープル・レイン」。ダンスっぽい動きからソロスピンに。なるほど。回転もまずまず速いしよくあってます。2Twですが高さは出てます。3Sも決まりました。ダンスリフトをはさんで3LoThはステップアウトになりました。降りてはいたんですが。リバースラッソーリフトはなかなか激しいバリエーション。あぶない。ステップはもうちょっと難しい構成にできるかも。Dsでフィニッシュ。ちゃんと力出せてたのでは。58.05。

デアンナ・ステラト=デュデク&ネイサン・バルソロメイ。ステラト=デュデクは33歳、もとシングルで16年休んでいたそうです。カナディアン・テナーズ・メドレー。3Twはいいキレではありました。3Tを決めてきました。ダンスリフトをはさんで3LoThは流れのいいランディング。Dsは入りが重厚で雰囲気出せてます。曲もよくつかんでいる印象。ステップはしっかり、軽いリフトも入れながら。リバースラッソーリフトはキャリーに変化。ソロスピンはずれてもしっかりリカバーしていました。がんばりましたね!若いやつらとぜんぜん遜色ないし。65.04。いい点でました!

エリカ・スミス&AJ・レイス。エルトン・ジョン「タイニー・ダンサー」。歯切れのよい入り方。スピードもありますね。3Twは高さ出せてました。3Sは両者ともダブルに。3SThは大きな幅のあるジャンプになりました。ソロジャンプは最初離れてしまいました。リフトはレイスのパワーでがんがん回してました。ステップもよく動けてるしDsでフィニッシュ。あっという間に終わった感じでした。59.30。タイムバイオレーションで1点引かれてる。

マリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン。トラン久しぶり。今はアメリカです。アリシア・キーズ「フォーリン」。3Twは入り方も工夫ありました。つなぎの部分も雰囲気出してます。3Sは転倒。3SThはまずまず。トランはパワフルになってると杉田さん。確かにパワーありますね。ソロスピンはまずまずのユニゾン。ステップは間にダンスリフトも入れながら。このへんのリードがとてもうまい。リフトはローテもスムーズでした。Dsはダンスリフトから。いい演技でした。カステリがもう少しがんばれば結構上にいけそう。64.29。

タラ・ケイン&ダニー・オシェイ。ディフェンディングチャンピオン。「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」。3Twはちょっと高さが出ませんでしたね。あまりいい出来ではないか。3Sはきれいに決まりました。Dsも無難に。3FThは入り方がすごい工夫あったのですが、転倒で回転不足になりました。やっぱりけがで出遅れてるのが響いてるのか。ステップももう少しスピードでればいいのに。アクセルラッソーリフトはさすがのバリエーションでした。ソロスピンは結構ずれてましたね。実力が出てるとはいえませんでしたねー。61.80。というかケインがすごいつらそう。

○SP終わっての順位:(インスタント味噌汁的に)
1. ケイン・ルデュク・あさげ
2. デニー・フレイザー・ひるげ
3. ステラト=デュデク・バルソロメイ・ゆうげ
4. カステリ・トラン・ながねぎ
5. ケイン・オシェイ・豚汁
6. スミス・レイス・納豆汁

ケインが2人いるのでまぎらわしいですが、ケイン・ルデュクがトップにきました。混戦の中で抜け出してますね。いきなり出てきてトップ。デニー・フレイザーもそれほどの演技でもなかったですが2位。話題のペア、ステラト=デュデク・バルソロメイが3位に入りました。このままいけば表彰台も狙える。しかしカステリ・トランやケイン・オシェイはしっかり上を狙っていけばまだまだいけそうです。