Archive for 23rd 2月 2017

全米フィギュアスケート選手権2017(2):ペアFS

球辞苑みたマイク松ですこんにちは。左殺しといえば遠山、もっといえば遠山・葛西・遠山のリレーですよね。ほっこりした気持ちになります。遠山・葛西・遠山。

全米選手権、続いてペアFSです。アメリカのペアもなかなかしんどい時期ですね。

全米フィギュアスケート選手権2017、ペアSP。実況は小林さん、解説は杉田さん。

やっぱりケイン・オシェイはFS欠場だそうです。転倒で脳しんとうがあったらしい。おだいじに。

カリー・フジモト&ニコラス・バルシ・ライン。SPは10位。「王様と私」。3Twは少しずれましたか。2人の回転が逆になっていて、いつも対照的にあっていきます。3Tはダブル、3FThは回転足りませんでした。リバースラッソーリフトは安定した回転。Dsはもっと長くやりたいところ。ソロスピンは回転が逆なのでミラーのようになってます。こういうのあったらいいなと思っていましたがほんとにやる人いるんですね。アクセルラッソーリフトはもっと移動したい。3SThはステップアウト。コレオシークエンスはダンスリフトのようでこちらはスムーズ。3Tもダブル。ペアスピンは両回転。これは強みかも。グループ3リフトはキャリーが工夫されていてスピードいけてました。なんだか技術的に高まれば差別化しやすいペアかも。138.90。フジモトがぱんだもってる。

エリカ・スミス&AJ・レイス。「マレフィセント」より。スピードに乗って3Sは2人とも転倒。回転も足りないですね。3Twは高さも出たいいジャンプ。3LoThはツーフット。リバースラッソーリフトはわりとシンプルな出来。ソロスピンは回転速度ありましたがあってませんでした。ペアスピンのスムーズさもほしい。2A+2A+SEQはシングルに。アクセルラッソーリフトはよかったですが3SThは足つきました。どうもエレメンツがかっちり決まりません。コレオシークエンスからグループ3リフトはキャリーが効果的。スミスががんばってました。Dsでフィニッシュ。もう少し技術的確度をあげたいですね。159.59。これでもトップにきました。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。「エビータ」より「アルゼンチンよ泣かないで」。3Tはあぶないところでしたがなんとか。2Twはしっかり。アクセルラッソーリフトはスムーズな移行。3SThは幅が出せてました。いいぞ。ソロスピンはずれてるところもありましたが回転速度でごまかそう。ペアスピンはただ回るだけにならないようにしたいですね。リバースラッソーリフトはスピードをキープしてます。3Sは転倒。Dsから3LoThは入り方も工夫しててよかったです。コレオシークエンスからグループ3リフトはキャリーからお姫様だっこで終わりました。がんばりましたね。終盤はまとめました。またパンダがおる。168.90。

誰もソロジャンプをちゃんと決めてこない。誰か決めてくれ。

チェルシー・リュー&ブライアン・ジョンソン。「美女と野獣」より。美女役にしてはすごい黄色い衣装ですね。2A+2A+SEQは回転不足ですね。3Twはきれいに決まりました。3Sは転倒。Dsからペアスピンもなんとかレベルを上げてきてほしいです。アクセルラッソーリフトはスターに変化。コレオシークエンスから3LoThはなんとかランディングまとめました。ソロスピンは声かけあったりしてるのですがさっぱりあいません。苦手なのかも。リバースラッソーリフトはリューの難しいポジションでレベル高める。3SThはこれまたがんばってランディングしました。グループ3リフトはキャリーしまくり。終わりにダンスリフトに変えてフィニッシュ。がんばりましたね。159.96。

デアンナ・ステラト=デュデク&ネイサン・バルソロメイ。ストラヴィンスキー「火の鳥」。いくらでもよみがえるということか。3Twは抱えてしまいましたね。3Sは手をつきましたがなんとか。ダンスリフトをはさんで3LoThは転倒。うーん。リバースラッソーリフトは無難に。がんばりました。3T+2Tは間にターンが入りました。Dsにスムーズにつなげてペアスピンに。ポジションはがんばってるんですよね。スパイラルからリフトにつなげるつなぎ部分。アクセルラッソーリフトはダイナミックな終わり方。3SThはなんとかランディングしました。ソロスピンはまずまずあってましたね。グループ3リフトはキャリーでフィニッシュ。よくがんばりました!FSもここまでできれば上出来でしょう。173.50。トップにきました!上出来!

マリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン。ジャーニーのメドレー。ヤンキー座りからスタート。3Twはふわっと上げてました。ダンスリフトはほんとにこのペアはうまい。リバースラッソーリフトは難しいポジション。これはカステリの技術ですね。3Tはトラン転倒で回転足りない。3LzThはツーフット。ダンスリフトをはさんでペアスピン。両回転もまずまずです。3Sはツーフット。回転も足りてないですね。この氷はどうにかなってるのかな。グループ3リフトはさすがのポジション。アクセルラッソーリフトから3SThはきっちり決めました。ソロスピンはもうちょいまわってもいいのかも。コレオシークエンスからDsでフィニッシュ。いまいちでしたけどトップには立てるでしょう。186.28。

アシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク。でかいカップルです。アンドレア・ボチェッリとセリーヌ・ディオン「ザ・プレイヤー」。3Twから入ります。これはまずまず。3LoThはなんとか。いちおう決まってる。スパイラルからのアクセルラッソーリフトは安定してます。2A+3S+SEQは回転が足りませんでした。3LzThは転倒。助走スピードがなかったです。というか全体にスピードが足りないと杉田さん。ステップインラッソーリフトは無難に。3SThは決まりました。グループ3リフトはもうちょっと頑張れそう。やっぱり緊張してるんかな。ソロスピンは難しいポジション。I字スピンとかできるのは強みです。コレオシークエンスはいいスパイラル。DsはI字ポジションから。ペアスピンでフィニッシュ。ちょっとずつ取りこぼしがありましたね。SPのような動きじゃなかったから。トップに立てるか。184.41。あー逆転されました。

ヘイブン・デニー&ブランドン・フレイザー。「ある日どこかで」より。いいスピードに乗ってます。3Twはとてもいい出来でした。カーブで入ってました。3LoThは踏んばりました。高さも出てた。3S+2Tはセカンドがシングルに。ダンスリフトを連続で入れてきます。2Aはシングルに。3SThはぎりぎりでした。アクセルラッソーリフトはまずまず。スピードあげていこうぜ。ソロスピンはゆっくりですがあってました。ペアスピンはいいポジションです。リバースラッソーリフトはワンハンドホールド。技術あります。グループ3リフトはまたワンハンド。Dsのポジションはよかったです。できるだけのことはやれましたね。188.32。逆転で優勝しました!フレイザーは信じられないみたいな顔。

○最終結果:(インスタント味噌汁的に)
1. デニー・フレイザー・ひるげ
2. カステリ・トラン・ながねぎ
3. ケイン・ルデュク・あさげ
4. ステラト=デュデク・バルソロメイ・ゆうげ
5. ファンド・サンティラン・とうふ
6. リュー・ジョンソン・赤だし

デニー・フレイザーが混戦を制して優勝。なかなかきっちり演技が決まらない中、まずまずの演技ができました。カステリ・トランは2位。もってる個々の力からしてこれくらいはいけますが、まだまだあわせていく必要はありそうです。ケイン・ルデュクは3位。トップ守れませんでしたが意義深い表彰だと思います。そしてステラト=デュデク・バルソロメイは4位。いつもなら表彰台惜しかったとかいうんですが、アメリカはピューターメダルがもらえるんですよね。よかったですね!この国内ならまだやれますよ。ちょっとおもしろくしてほしいです。ファンド・サンティランやリュー・ジョンソンも上を目指そう。

結局世界選手権の代表はシメカ・クリエリムに決まったそうです。実際ロシアと比べるとだいぶ差がありましたからね。あ、さっき言い忘れてましたが、シメカとクリエリムは結婚して、シメカはクリエリムになったので、クリエリム・クリエリムになるんですかね。