Archive for 22nd 4月 2017

カーリング男子世界選手権2017 3位決定戦 アメリカ vs. スイス

海外でスマホを安く使う方法格安SIMもとてもいいですが、海外での使用はあまり得意じゃないみたいですね。でも安くすむからどうしようかなと思うマイク松ですこんにちは。こういうのを考えるのが大好きです。

そんないきたい海外の上位に位置するカナダでおこなわれているカーリング世界選手権、今日は3位決定戦です。

カーリング男子世界選手権、アメリカ vs. スイス。実況は塚本さん、解説は土屋さん。そしてゲストに山口を呼んでいます。導入からやる気を感じます。

第1エンド、アメリカが入れてきたので様子見かと思ったら結局攻め合いになりました。スイスは2点パターンに持ち込もうとするが、アメリカのシャスターが真ん中に2つ入れてフリーズかましてきました。スイスはプロモーションテイクアウトで逆転を狙うが、アメリカが1点スティールしました。しかし1つは出したから1点にとどめた。

第2エンド、アメリカは中に入れてガードを置くが、スイスはダブルテイクアウトで応戦。中に入れてきたストーンをアメリカはガードにひっかけてテイクできず、スイスが2点とりました。

第3エンド、スイスはガードを作ってきます。ガードの後ろに隠れ合う感じの展開。両チームともうまいですねー。アメリカがうまく2点パターンを作れず、1点とらされる形になりました。

山口は好き放題に話してます。でもおもしろいからいいですね。そういう解説でいいと思います。土屋さんともうまく両立してます。

第4エンド、スイスはうまくテイクアウトできず、アメリカは縦に並べていい形をつくります。スイスはなかなかうまくテイクできない。アメリカはスティール目指してどしどしガード。最後もしっかり隠しています。スイスはドローで1点狙いますが、ぎりぎりナンバーワンになれず、アメリカが1点スティールしました。

第5エンド、アメリカはフリーズの連続で形を作っていく。ナンバーワンをすぐ出せばいいのにと思われるかもしれないが、それがカーリングの深みなんだと山口。スイスはダブルテイクアウトを決め、2点パターンを作りにいきましたが、もう1つのストーンが残らなかった。結局ここからはテイクテイクでブランクエンドになりました。

第6エンド、スイスは2点パターンを作りに行くが、作り続けることがなかなか。アメリカはサードのジョージがダブルテイクを決めた。結局ここもブランクエンド。

第7エンド、フリーズの連続でハウスの中にストーンがたまってきた。なかなか前のガードをかわせなかったりもするが、両チームとも中に入れてくる。最高にごちゃごちゃしていた段階でシャスターのショットでだいぶ配置が変わった。山口も「やっちゃいましたねー」という、どっちかというとスイスに有利な形。スイスのシュワルツのショットでナンバーワンツースリー全部とった。アメリカはレイズテイクアウトで1つしかテイクできず、スイスはしっかりテイクして、4点のビッグエンドを作りました!スイス逆転!

第8エンド、スイスはクリーンな展開に。アメリカはガードを作ってきます。両方とも厳しいところをしっかりヒットアンドロールを決めたり、ガードの間をすり抜けたりしてきます。すごい技術の応酬。スイスは難しいショットを強いる形にしましたが、シャスターはダブルテイクを狙います。しかし1つしか出せず、1点にとどまりました。

第9エンド、スイスは中に入れてアメリカはガード。ガードの後ろをとりたいところだが、スイスはガードをはずしたあと、ダブルテイクアウト2発でアメリカの苦労しておいたストーンを出してしまいました。アメリカは仕方なく全部出してブランクを狙いますが、スイスは9エンドなので1点とりました。

第10エンド、スイスは徹底してテイクテイク。アメリカはミス待ちの展開。アメリカのストーンがなくなったところでコンシード。アメリカ 4-6 スイス。

鮮やかな逆転勝ちでしたねー。第6エンドまでは結構接戦だったのですが、7エンドのビッグエンドが勝敗を分けました。あれだけごちゃごちゃしたら形を変えないといけませんが、アメリカにとって悪い方に変わってしまいましたね。