Archive for 3rd 10月 2017

大相撲9月場所2017:プチ総括

夕方は御屋形様のライブにいってきたマイク松ですこんにちは。たのしかったです。すかっとしました。おわったあと洋食屋でおいしいごはんたべました。偶然入りましたがおいしかったです。

さて、もう1週間たってますが、秋場所のプチ総括をしておきますね。もう忘れたわいという方すみません。というかいつの間にこんなにあいたんだろう。

今場所はなんといっても休場がすごいというのがありますね。どんだけ休むんやという感じで。大相撲にけがはつきものですが、さすがにあんなに上位陣が休場するとなんかせなあかんと思いますね。横綱大関7人中最後まで出たの2人て。

それもあってか今場所は若手が活躍する場所になりました。これはこれでよかった。できればそのまま優勝してほしかったのですが。ゴーエードーはこれは漁夫の利かなと思ったら、急失速で優勝を逃しました。これはプロビデンスの影響かなと思いましたが、ただの自縄自縛の可能性もありますね。縛られ地蔵にお参りにいっていれば結果は違ったかもしれません。

その代わりにハルマがほんとに責任を果たしてくれました。4敗してますが。やっぱり追う立場のハルマは目が違います。かっこよかった。

そして活躍した若手、阿武咲、貴景勝、新入幕の朝乃山に今場所は盛り上げてもらいましたね。若手の台頭が上位の物足りなさを補ってくれたかも。遠藤や大翔丸、大栄翔、千代の国もよくがんばりました。宝富士いつの間に9勝もしてたんや。これでもっと幕内が混沌としてくればおもしろくなってくるでしょう。

来場所はさすがに上位陣も戻ってくるのではないかと思います。そこでどんな戦いが繰り広げられるか、たのしみです。

最後に新たな摂理面の弟子、オッキー兄さんについてです。最初の暗黒卿というかザ・プロビデンスであるミッキー兄さん亡き後(死んでない)、キセさんがその座を引き継いだはずでしたが、めでたくキセさんはそのポテンシャルを開花させ、横綱になってしまいました。そのあともけがをしたりしてプロビデンスのとばりの影響は受け続けているようですが。そしてそのあとはカロヤン(琴欧洲)や菊などに少しずつ影響しながらも、新たな亜摂理面での弟子はなかなか出てきませんでした。

そんな中で登場したのが隠岐の海ことオッキー兄さん。もともと素質に恵まれながらも調子に波があり、魁皇の「強い魁皇、弱い魁皇」を真っ先に引き継いだことでも知られています。角界におけるプロビデンスのとばりの影響を考える世界唯一の国際機関、われらがフォルス・スタート商会は(そうやったんか)、その影響がオッキー兄さんに現れているのではと、観測を続けて参りました。

そして今場所、なかなかの質のハチナナを達成することができました。

○○●●●●○○●●○○●○○

ハチナナとは8勝7敗のことですが、それを繰り返すことで摂理と一体になるという星勘定です。ミッキー兄さんは6場所連続ハチナナという偉業を成し遂げ、ザ・プロビデンスの称号とともにトゥイホーされました。オッキー兄さんは今場所は上位陣がいないし14枚目だしで大勝ちも期待されたのですが、さい先のいい2勝から一気に4連敗して優勝戦線から早々に脱落。その後は勝ったり負けたりを繰り返し、13日目の時点で6-7と十両陥落の危機さえ訪れます。しかしその後2連勝してなんとかハチナナ。これで新たな摂理面の弟子の資格を得たといえるでしょう。

しかしハチナナの達成の仕方がよくない。なんですか早々に2-4とか。理想のハチナナはほんとにいえばなんのケガもなく○○○○○○○●●●●●●●○なのです。優勝が見えてきた時点で急に自縄自縛で調子を落とし、終わってみれば千秋楽になんとかハチナナ。美しいです。オッキー兄さんの場合は最初と最後はいいのですが、もっと優勝にからんでこそザ・プロビデンスに近づけるのです。

なんとか十両陥落は免れたオッキー兄さん。いろいろなコンディションを整えて、次こそはいい形でハチナナになってもらいたいものです。