Archive for 7th 12月 2017

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 フランス大会(2):男子シングルSP

あれ?このサイト、このままじゃグランプリファイナル間に合わなくない?安心してください、アメリカ大会録画し忘れました、富井です。今更いうなよっていう感じです。すみません。なんとか、ファイナルは忘れずに録画&レビューしたいです。さて、解説は2009年フランス大会優勝者織田信成さん、実況はしんどうさん。

フランスのロマン・ポンサール。「Je suis malade」すごくシンプルな黒の上下。小塚くんに憧れているのかな。4Tは転倒。3Aはステップアウト。フライングキャメルスピンはポジションがきれいですね。3Lzも手をついてしまい、コンビネーションにならず。足換えのシットスピンはなかなか良いです。ステップシークエンスはツイズルが上手。コンビネーションスピンも回転が速くて良いですね。ジャンプが残念でした。63.81。コーチの眉間のしわが深い。

フランスのケヴィン・エイモス。20歳。去年のフランス選手権優勝者。「Wicked Game」イナバウワーからの3Aは何とか持ちこたえました。3Lz+3Tも成功。この普段着みたいな衣装はどうなんでしょうか。足換えのキャメルスピンはなかなかステキ。3Loは両足着氷だったかな。フライングシットスピンもきれい。コンビネーションスピンもいい。ステップシークエンスはバランスが難しい動きをこなしていて見応えがあります。70.00

カザフスタンのデニス・テン。「Tu sei」4Sは転倒。3Aは美しい着氷。足換えのキャメルスピンは素晴らしい。3F+3Tも流れがあって美しい。コンビネーションスピンは回転速度が素晴らしいですね。ステップシークエンスは優雅なのにターンが素早くてさすがデニス・テン。曲の柔らかさを上手く表現しています。最後のフライングシットスピンまであっという間。前回よりはかなり良くなってますね。良かった。83.71

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「Feeling good」衣装と曲があってないけど・・・。3Aは素晴らしい。4S+3Tも成功。フライングキャメルスピンはもう少し回転が速いと良いな。シットスピンは最後のポジションがちょっと腰が高いかな。4Tは高さはあったのですが転倒。ステップシークエンスは振り付けがステキですね。コンビネーションスピンは最後がちょっとトラベリング。でもなかなか良かったんじゃないかな。86.98

アメリカのビンセント・ジョウ。「Chasing cars」4Lzは転倒。4Fも転倒でコンビネーションにならず。フライングキャメルスピンはちょっと短いかな。3Aはやや着氷が乱れましたが何とか大丈夫。ステップシークエンスは素晴らしいですね。足換えのシットスピンのポジションも良い。コンビネーションスピンも回転が速い。ああ、ジャンプが残念。コンビネーションジャンプは3-3に変えたら良かったんじゃないかな。66.12

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。「Ave Maria」3Aは着氷姿勢が美しい。3Lz+3Tもスピードはないけどきちんとしてます。足換えのキャメルスピンもポジションがきれいですね。3FもOK。フライングシットスピンは回転が速くて良い。ステップシークエンスは緩急がいいですね。単調な曲に上手くスパイスが。コンビネーションスピンは回転が速くてはっとします。クリーンプログラムですね。85.41

アメリカのマックス・アーロン。「レ・ミゼラブル」より。4T+3Tは途中ターンが入りましたがセカンドジャンプをつけてきました。4Sは着氷がもう一つ。フライングキャメルスピンはまずまず。3AはOK。足換えのシットスピンはポジションが面白いですね。ステップシークエンスは曲に良くあった振り付け。コンビネーションスピンも曲の盛り上がりにあったスピン。まずまずの出来かな。78.64

ロシアのアレクサンドル・サマリン。「月光」ほか。4Lz+3Tは成功。4Tも成功です。すごいな。フライングキャメルスピンもOK。3Aも流れのあるジャンプ。足換えのシットスピンの回転も速い。ステップシークエンスもスピードがあります。すごい才能だな。コンビネーションスピンも素晴らしいですね。おお、完璧じゃないですか。キスクラでもみんな嬉しそう。コーチも熊のぬいぐるみで遊んでいます。91.51

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「ハバ・ナギラ」3Aは構えずに成功。4TもOK。コンビネーションスピンもポジションが多彩で良いです。サマリンに比べて味わいがあります。スピードを増して3Lz+3Tも成功。フライングキャメルスピンのポジションも良い。ステップシークエンスもスピードの緩急が素晴らしい。シットスピンの回転も速い。ジャンプの難易度は低いですがつなぎ目のないプログラム。86.79

スペインのハビエル・フェルナンデス。「チャップリン・メドレー」4T+3Tは幅のある美しいジャンプ。4Sも大きくて美しい。アップライトスピンも回転が速い。3Aもコントロールされたジャンプ。良いですね。シットスピンもポジションが美しい。ステップシークエンスもすごいなあ。コンビネーションスピンも難しい。あっという間に終わってしまいました。滑りが素晴らしいですね。107.86

宇野昌磨。ビバルディ「四季」より。4Fは転倒。フライングキャメルスピンは素晴らしい。ステップシークエンスも美しい。素早いターンのアクセントが効いています。4T+3Tはステップからすぐに跳んでていいですね。イーグルからの3Aもちょっとバランスを崩しかけたけど大丈夫。足換えのシットスピン、コンビネーションスピンと素晴らしいスピンを2つ並べています。最初のジャンプは転倒してしまいましたが、研ぎ澄まされた素晴らしい演技でした。93.92

○SPを終えての順位(フランス菓子にちなんで)
1.フェルナンデス・クイニーアマン
2.宇野昌磨ミルフィーユ
3.サマリン・マドレーヌ
4.クビテラシビリ・ブラ・ド・ヴェニュス
5.ビチェンコ・クレーム・ブリュレ
6.ミーシャ・ジー・フレジェ

1位のフェルナンデスは完璧でした。良い時のフェルナンデス。この最高のフェルナンデスに勝つのは難しいですが、転倒しながらもそれほど離されなかった宇野昌磨はやっぱりすごい。転倒がなかったら5点差ぐらいだったのかな。持ち味が違いますが、やはりドラマチックな宇野の演技は心を揺さぶりますね。

3位のサマリンはジャンプが素晴らしすぎる。ジャンプ以外は正直ビチェンコやミーシャ・ジーの方が上ですが、若さあふれる演技はすがすがしかった。4位のクビテラシビリもジャンプ以外はもう一つかなと思いますが、難しい曲に天才的な振り付けがついてて見ていて楽しい。スピンとステップが良くなればメダルもある。5位のビチェンコ、6位のミーシャ・ジーは持ち味を発揮。フリーでは若手には負けないぞ。