Archive for 2018

大阪のためにがんばれオリック

大阪で強い地震がありました。極東事務所がある地域もかなり揺れたのですが、本が何冊か落ちてきた程度でなんともありませんでした。しかし大阪北部はかなり被害もあるようです。被害に遭われた方お見舞い申し上げます。

なぜかオリックの本拠地凶世羅ドームの屋根にひびが入っているというデマが流れたようです。どうもはしごがそう見えたみたいですが、あの屋根は動かないけど丈夫ですよ。(本当は動きます)

思えばオリックがブルーウェーブだったときに阪神大震災が起こり、神戸の人たちを励ますためにがんばって優勝したときからもう長い間たっています。そこから違う球団と合併したり、本拠地を移動したりしましたが、そこでもまた地震に見舞われてしまいました。

しかしここで野球をがんばることで大阪の人たちを励ますことができるでしょう。オリックがそのように作られた球団なら、今こそ野球で人々を元気づけるときです。

大阪のためにがんばれオリック。できる範囲でかまわないから。

BALがダブルQBセットを試しているらしい

耐え子の日常買ったマイク松ですこんにちは。でも記事に紹介されているネタの方が結構好きなものが多い。2巻がんばって出してほしいです。

さて、NFLはミニキャンプやらなんやらの時期ですが、謎なニュースがあったので取り上げておきたいです。

レイブンズが試す『ダブルQBセット』

ダブルQBセットというと新しいマクドのメニューみたいに思えますよね。「ダブルQBセット1つ」「はいダブルQBセットがおひとつ、お飲み物は?」みたいな。おいしそう。でもこれは新メニューではなくてフォーメーションなのです。

BALはジョー・フラッコというQBがいるのに、ドラ1でラマー・ジャクソンというQBを指名しました。別にフラッコもがっつり衰えたりはしていないので入れ替えるわけではないですが、ジャクソンもいいQB。どうしようってなったときに、「両方使えばよくね?」って考えるのは普通ですよね。ダウンによって使い分けたり。でもNFL(というかアメリカプロスポーツ)は先発というのにかなり価値を置くスポーツ。どっちが先発なんだとか、どっちが多く使われるんだとか、もめそうです。

そんな中でハーボウHCは、同時に2人のQBをセットするというフォーメーションを考えているそうです。なるほど。どっちにスナップされるかわからなかったり、ワイルドキャットのように使ったり、フリーフリッカーにしたりできますよね。逆にどっちかのQBがすごい危険にさらされますけど。

実は今一生懸命事態が風化するのを待っているフェニックスが、前のカントクの時に「ドラゴンフライ」という2人QBフォーメーションを考案していたそうです。さすが。日本の大学フットボールならなんとかできるかもしれませんが、NFLでは逃げるしかなさそうですね。

ジャクソンはかなり走力のあるQBなので、RBとして使えば幅も広がりそうです。でもそれだと逆は無理だからなー。

おもしろいフォーメーションは大好きです。どしどし考えてほしいですね。

凶世羅ドームからものすごいビームが出ているポスター

「ピーター・ラビット」みたマイク松ですこんにちは。人から聞いて見に行ったのですが、すごいおもしろかったです。動物もほんとに動物っぽいし、激しいところは激しく、かわいいところはかわいい。うさぎはかわいい。

休日出勤でワールドカップしかみていないので、メヒコにベラという選手がいて、あちこち探したらきっとベムとベロもいるんじゃないか、くらいしかいえません。なのでいくつか仕入れた情報を。

オリックはあちこちにおもしろポスターをはりまくっています。今年はオールスターが凶世羅ドームであるので「オレたちと球宴をみよう!」的なポスターもありましたが、たぶんそんなにオリックの人はいないと思います、試合にいったら。

そんな中気になるポスターがありました。「凶世羅ドームにいこう!」的なやつでドームが真ん中にあるのですが、なぜかドームのあちこちから、ものすごい勢いでビームがでているのです。イメージ的にはブラウ・ブロのメガ粒子砲みたいな感じですが、勢い的にはシン・ゴジラ第4形態というところです。

あのドームはそんな機能はないはず、もう屋根も動かないのに(ほんとは動くらしい)と思ったのですが、近くにいってみると変な丸いはしごみたいなのがあって、ビームが出るならあそこかなと思います。

凶世羅ドームは球場に擬態してはいるものの、実はホワイトベースみたいな攻撃力を備えていて、いざとなったら変形して大阪を救うように作られているのかもしれません。あのビームがあればミサイルの波状攻撃も防げるし。それならどこかに巨大ロボもかくしてあるのかも。地球防衛の任務があるのなら、点が取れなかったり相手にとられたり連敗したりしてもしょうがないですよね。野球では発芽しないけど地球を守る能力はあると。

できれば有事じゃないときも能力を発揮してほしいです。さすがに有事がないからか、今日はタケダが狂い咲いていましたが。

種いもの筋肉アピール戦略、いいと思うよ

ナシダカントク退任。全然やめなくていいと思うマイク松ですこんにちは。オリックなんか何敗していると思っているの。でも柔和に見えて計算高いところもあるナシダカントク。ここでやめておくのは戦略的にはありでしょう。とりあえずおつかれさまでした。

さて、昨日はオリックの試合を見に行ったのですが、昨日はおもしろ応援グッズがデビューした日でもありました。

Bs正尚チャンスダンベル発売

まあにわかには信じられない応援グッズだとは思うので説明しますと、種いもの中でも新たなる希望(New Hope)であるヨシダマサタカ。あやつのチャンスの時の登場曲は、ヴィレッジ・ピープルの中でも名曲の誉れ高い「マッチョ・マン」です。いろいろ考えてしまいそうですがそこは積極的に思考停止して楽しみたいところです。

そこでヨシダ=筋肉というイメージで売っていこうとしたオリック企画部がこの応援グッズとTシャツをつくったわけです。浮き輪っぽい素材のダンベルが2つで、ふくらまして使用します。そしてチャンスには「マッチョ・マン」に乗ってヨシダがあやしくダンベルで筋トレをするムービーが流れ、それにあわせてファンはこのチャンスダンベルで踊ったり振り回したりするというわけです。祭りに理由や合理性はいらないのです。

ものすごい筋肉をもっている割にはあまり筋肉アピールしないスポーツの野球。この筋肉ブルーオーシャンを精一杯活用したいところです。種いも球団をマッスル種いも球団にするのです。

まず選手は全員、ビリー・ブランクス隊長の指導のもと、筋肉だけで増量します。あとコーチは全員ボディビルダーになります。ボディビルダーでもベンチから指示は出せますからね。ブルベルも頭以外は全部本物の筋肉にします。

びーずがーるずはあのままで大丈夫です。筋肉を輝かせるには応援も大事なのです。でも名誉びーずがーるずとしてジョアニー・ロシェット姉さんを起用するのはぜひおすすめしたいです。

試合において、選手は普通に野球します。ですがちょいちょい筋肉アピールを繰り出していきましょう。ヒット打ったりしたら筋肉アピール。いいキャッチしたら筋肉アピール。三振とったら筋肉アピール。

そしてチャンスが来ますよね。そしたらおもむろにベンチの中のコーチはユニを脱ぎ捨ててポージングを始めます。すでにオイルもばっちり。控え選手は筋肉アピールの人と応援の人にわかれます。塁上の選手もその場でポージング。そして打者は筋肉アピールしながら打席に立つという具合です。

他の人とびーずがーるずとファンは声援です。筋肉は応援で輝きを増すからです。「血管バリバリ!」「キレてる最高!」「でかい!」「丸い!」などが代表的なかけ声です。なので登場曲は「マッチョ・マン」かオリビア・ニュートン・ジョン「フィジカル」、そしてキン肉マン関連、北斗の拳関連でまとめましょう。シャバイありがとうソングとか厳禁。

そうこうするうちにファンの中にも体を鍛え始める人が続出。これにあわせてオリック本体もフィットネス事業を展開しましょう。経営にシナジーを与えるとともに、ファンも総出でポージングするようになるでしょう。選手もファンも妙にヘルシーになるし(肉体的に)、応援も盛り上がることでしょう。そういえばカアプのスタジアムの横に試合をみながら鍛えられるフィットネスクラブがあるので、もうオリックはスタジアムに併設。試合が終わるまでダンベルを上げ続けるとか、トレッドミルを走り続けるとかにしましょう。

最終形はヨシダの応援ダンベルが本物になることですね。みんなレッツ・トレーニングや!

おかねさえあれば なんでもてにはいる (横浜@オリック戦)

さっかーのワールドカップみていたマイク松ですこんにちは。やっぱりおもしろいですね。急に始まった感じありますが、ぽつぽつみていきたいです。レビューはしませんが。

さて、今日は富井と僕、両方とも大阪でお仕事があったので、合流して凶世羅ドームに横浜戦をみにいってきました。早めにいったのに結構人がきてました。

今回はちょっと変化をつけようと、バックネットのうしろの方のちょいお高い席を買いました。こーしえんでものすごいアウェイ感と席のぎゅうぎゅうさを感じたので、もうちょっと落ち着いてみようと思ったわけです。

そしたらそこはほぼスポンサー関連の人がいっぱいきていました。みんな僕らの席のうしろにあるビュッフェってやつ?その食べ飲み放題のスペースをいったりきたりしていました。なにしろみんながいったりきたりするので、通路そばの席だったわれわれは常に視界が遮られるという感じでした。大変。

でもさすがちょっとお高い席、客層がすごいよかったです。誰もがーがー叫んだり歌ったりしない。ましてやヤジったりしない。あとスポンサー関連の席だからか全然あいていて、ほんとにゆっくりみられました。これぞ凶世羅ドーム!だからいったりきたりする通路そばの席でなければ大丈夫という感じです。

あと他球団のスタッフの人が視察にきていました。そんなにいいことしてばかりというわけではないのに、オリックのスタッフだったら後ろで「あったかいコーヒー売りに来てほしいな~」とか「お好み焼きとか焼きそばとか、焼きたてスペースがあるといいのにな~」などと要望を連発するところでした。

ちなみに僕らは全然食べ飲み放題とかではないので、普通にジュース買って飲んだりしていました。おかねさえあればなんでもてにはいるんだなと思いながら。

さて、今日の試合はとっても驚くことがありました。なんと!オリックが初回から効率よく点をとったのです。種いも球団に似合わない修辞が続いてますが、ほんとなんです。僕らもはじめてです。そしてあやつらが点をとる試合はそれなりに楽しいということです。みんなで点を取ったことを喜び合う的な。新鮮~!!

今日は横浜は東、オリックはニシという、本当に東西対決。関ヶ原の戦いでは東軍が勝ちますが(あっ)、今回は奇襲に成功したニシ軍が優位に試合を進めます。中盤でも加点したオリックはこのまま楽々勝利かと思ったら、終盤に失点して満塁ホームランが出れば同点というところまで追い込まれ、マスイがなんとか締めました。僕らが球場を出たあとでそんなことになったようです。

富井も今日はさすがにご満悦!「味方が点をとって勝つとうれしいんだな!スポーツって楽しいな!」などと、毎回なんのために見に行っているのか見失っている発言がありました。喜んでいただけて何より。

かつてオチアイカントクは「勝つことが最大のファンサービス」という名言を残しています。もちろんいつでも勝てるわけではないし、他のファンサービスも大事ですが、今日は何よりこの言葉が身にしみました。

これでオリックが貯金4になったせいか、台風が近づいてきています。お気をつけ下さい。