Archive for 1月 2018

大相撲1月場所2018:5日目

小室引退会見。小室を引退させるような社会どうなんだと思うマイク松ですこんにちは。このあふれる閉塞感。小室引退させてなんか得あるんですか。もっとゲットワイルドでいいんじゃないのかな。おつかれさまとか絶対にいわん。

初場所は5日目。みんなゲットワイルドや。この場所でやさしさに甘えるな。

実況は船岡さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が阿武松親方。

白鵬が休場。なんだかみんないなくなっていくな。

旭大星×朝乃山。旭大星が幕内で。しかし朝乃山が右差しから左上手で寄り切り。旭大星立ち後れてしまいましたね。

石浦×竜電。竜電左差しから強烈におっつけて寄り切りました。連敗止めた。前に出る相撲は迷わず続けてください。

大奄美×豊山。大奄美がのど輪で押していきますが、豊山の攻めのしのいだあとでどん引き。物言いの結果大奄美のかかとが先に出て軍配差し違え。あれは見えないと思いますが、豊山の圧力が効いていたんですね。

錦木×大栄翔。大栄翔突き押しから攻めますが、錦木がはさみつけるように前に出たところを回り込んではたき込みました。動きがいい。よく動けてます。

阿炎×輝。阿炎突き押しから思い切った引き落とし。輝もああいうのくらうほどでもないのに。

豪風×大翔丸。豪風当たって引き。大翔丸が出たところをもう一度いなして突き落とし。大翔丸もちゃんと最初のはもちこたえたのですが。

琴勇輝×蒼国来。琴勇輝が重い突き押しで圧倒。蒼国来も防戦一方でした。琴勇輝押しが戻ってきたか。

松鳳山×千代丸。千代丸いなしいなしで松鳳山の攻めをしのいでいきますが、逆に松鳳山がいなしたところでうしろにつかれました。動けてはいますが攻めをみせていかないと。

安美錦×千代の国。アミーは千代の国の突き押しをしのいでいきますが、前にでたところで千代の国のいなしでひざを痛めてしまった模様。なんとかがんばってほしいですが、無理するところでもないかも。

千代翔馬×魁聖。千代翔馬のいなしをしのいだ魁聖が上手をとりますが、千代翔馬にもろ差しになられてしまいました。投げの打ち合いは千代翔馬の下手投げ。あれ得意なんですよねー。

栃煌山×勢。勢いい立ち合いで押し込んでいきますが、栃煌山がいなして突き落としました。どうも最近前に落ちがち。

隠岐の海×遠藤。オッキー兄さんが遠藤に挑みます。左四つで先に上手をとったオッキー兄さん。しかし遠藤にも上手をあげる親切設計。遠藤が上手を切って寄り切りました。弱いですねオッキー兄さん!上手を先にとったのに。

宝富士×荒鷲。荒鷲を中に入れない宝富士の突き押し。押し出しました。

正代×逸ノ城。北の富士さんに低迷してるといわれたマサヨ。右四つになりました。巻き替えあったところで逸ノ城が出ましたが、出し投げと同時に俵の上でスピンして勝ちました。さすが北の富士さん!

貴景勝×阿武咲。両者当たりあったあとで阿武咲が引き落とし。これはタイミングよかったけど、2人の相撲にしてはあっさりですね。

御嶽海×玉鷲。これも好取組。御嶽海引く場面もありましたが、徹底したおっつけで玉鷲を起こして寄り切りました。玉鷲も密着されると結構きつい。御嶽海がうまくとったということでそふか。

北勝富士×高安。高安かちあげで起こし、いなしからさらに押して押し出しました。これは力強い。大関らしい相撲ですね。

豪栄道×栃ノ心。右四つになりました。自分の上手を先にとりましたが、栃ノ心に上手をやってしまいました。胸を合わせた渾身の寄りで栃ノ心の勝ち。力相撲でした。見事な相撲。

白鵬×琴奨菊。白鵬休場で菊の不戦勝。ラッキー。

鶴竜×千代大龍。立ち合い千代大龍が立ち後れました。上手をとった鶴竜が寄り切り。まあ楽な相撲でした。

嘉風×稀勢の里。なかなか大変なキセさん。でも相手は嘉風ですからね。キセさんつかまえたのですが、逆に嘉風がもろ差しになりました。もろ差しはいかん。決まり手は押し倒しですか。気力は充実してるんですがなかなか。

キムショーがクリケットに挑戦、先見の明あるわ~

関西になじめるかどうかのハードルはいくつかありますが、その1つにPiTaPa(Suicaみたいな交通系電子マネー)になじめるかというのがあります。オートチャージできるのでチャージの心配もなく便利なのですが、払うときに「ピタパで~」といわないといけないのが若干恥ずかしいからです。そんな電子マネーないわと思っていましたが、新しく発表された「d払い」はピタパよりもいやなんじゃないかと思うマイク松ですこんにちは。でぃーばらいで~。

さて、今日は野球ファンの大部分は???という感じですが、一部だけ盛り上がるニュースです。一部というのはここです。というか僕です。

木村昇吾がクリケット選手に転身!NPB所属の選手で史上初の挑戦

昨年オーストラリアでテレビを見てわくわくしっぱなしだったクリケットに、キムショーがNPB選手として初めて挑戦するそうです。

もうバッツマンとしての練習は積んでいるようで、ボールを素手でとらないといけないのにがんばっているそう。もとクリケット選手もやっていけると太鼓判だそうです。まあキムショーですからね。

それにしてもキムショー先見の明あるわ~。クリケットは今のところオリンピック種目じゃないですが、近い将来必ず入ってくると思います。競技人口は多いのに入らない理由はとにかく試合時間が長いことですが、トゥエンティトゥエンティという短時間のルールも整ってきてますからね。

のんびりみられるし、野球場があればオーバルとしてもなんとかいけるはず。日本でもどしどしはやっていけるのです。というか今年は絶対試合みにいきたいと思っているのです。

クリケットはルールがわからない?野球もたいがい難しいスポーツだし、どうして点が入っているのか、みんながなんで喜んでいるのかわからないというのはすごいおもしろいのです。まずはぜひネットで動画みてみてください。僕もNFL好きになったのって、今まで一生懸命ボールもってわちゃわちゃしてたのに、なんで突然蹴って相手に渡してしまうのん?と思ったからです。

とにかくキムショーの挑戦応援したいです。とにかく英語がんばって。ティータイムも優雅に楽しむんやで。僕らもルール覚えます!False Startのカテゴリーに「クリケット」が入る日も近いわァ!

大相撲1月場所2018:4日目

ロフトでねほぱほのグッズ買ってきたマイク松ですこんにちは。うれしい。というかねほぱほの本が出てるって初めて知りました。はやく電子書籍にしてほしいです。

初場所は4日目。力士だもの。

4日目。実況は大坂さん、解説は正面が鏡山親方、向正面が友綱親方。

大奄美×妙義龍。妙義龍が幕内で。低く入り過ぎて大奄美に上手をとられてしまいました。出し投げで負け。うーん普通に通用してない。

石浦×錦木。錦木がまっすぐおっつけていきます。石浦一本背負いにいった感じでしたが先に押し出されました。

阿炎×竜電。新入幕同士。阿炎の突き押しに対して中に入ろうとする竜電。引きについていきますが、回り込んだ阿炎が上手をとって上手投げで勝ちました。これはいい相撲。新入幕らしいです。

朝乃山×豊山。豊山押していきますが、朝乃山が左ですくって体を入れ替えて寄りきり。なんか次の世代のいい相撲が続きますね。

豪風×大栄翔。大栄翔突き押しから左四つで寄り切り。豪風も間合いを詰められて組んでしまいましたね。

蒼国来×輝。輝いい突き押しから突き出し。強烈なもろ手で突き放しましたね。

琴勇輝×大翔丸。大翔丸が最近勝っている対戦。しかし今日は琴勇輝をもろ手ではじき飛ばして押し出しました。これはいい相撲。そういう相撲いつもとりたい。

松鳳山×安美錦。松鳳山張り差しもアミーディフェンス。松鳳山に中に入られて、投げの打ち合いになりましたが、松鳳山がすくい投げで勝ちました。アミーにずっと勝ってなかったんですね。アミーがんばれ。

千代丸×魁聖。魁聖前に出て行きますが、千代丸がうまくいなして最後は引き落とし。魁聖が前に出てるけど、千代丸がうまくとりました。

千代翔馬×栃煌山。千代翔馬は栃煌山に勝ったことがないらしい。しかし今日も栃煌山がもろ差しから寄り切り。がばっと差されました。

千代の国×勢。突き押し合いになりましたが、勢が得意の右差しからすくってすくい投げ。いい形になれました。

隠岐の海×宝富士。オッキー兄さん宝富士の得意の左四つになりました。上手をとった宝富士が寄り切り。ばっちり組んでしまいましたが、特に対策はなかったのか。

遠藤×荒鷲。遠藤が突き押しから押し出しました。荒鷲も突き押し合いは予想してなかったか。

千代大龍×正代。千代大龍が当たったのですが、なぜかひざをつきました。決まり手はつきひざ。どこか痛めてないといいがと鏡山親方。とにかくマサヨは初日。

御嶽海×貴景勝。これは注目の対戦。突き押し合いで貴景勝どんどん突いていきますが、御嶽海が引き落としました。貴景勝をしっかり下した。今場所はやれそうですね。

阿武咲×玉鷲。阿武咲がおっつけていきますが、玉鷲は突き押しで押し込みます。しかし土俵際で阿武咲がはたき込みました。玉鷲いい感じで押し込めただけに勝ちたかった。阿武咲は涼しい顔がいいと鏡山親方。

豪栄道×北勝富士。先輩後輩対決。ゴーエードー中に入ろうとしますが、北勝富士は突き放します。しかし右を差したゴーエードーがかいなを返して最後はすくい投げ。流れがよかったです。さっと差した。

栃ノ心×高安。高安引きから体勢が悪くなりますが、まわりこんで左四つに。高安出たところで栃ノ心が突き落としました。物言いはつくかなと思いましたがつかず。巻き替えにいったところで高安に出られたそう。

鶴竜×逸ノ城。引っ張り込んだ逸ノ城も、鶴竜は逆にもろ差しからがぶって寄り切りました。引っ張り込むのは悪くなかった。

琴奨菊×稀勢の里。キセさんなかなか気持ちが盛り上がってくる感じでもなさそうですが。左を差した菊ががぶっていく前に右からの突き落としで勝ちました。菊はいい相撲でしたがキセさんの攻めが出てこないですねー。右が使えてないと友綱親方。

白鵬×嘉風。ふわっとした立ち合いから右をのぞかせた嘉風がはたき込むと白鵬手をつきました。やっぱり立ち合いからのリズムがばらばらですね。

大相撲1月場所2018:3日目

富井の取り上げるカネコおこづかい20万円問題ですが、確かに僕らからしたら20万円はお給料ですよね。フォルス・スタート商会はお給料もないし、IT業界のて○みくらぶとかは○のひみたいだなと思ったことは内緒です。また温泉いきたいマイク松ですこんにちは。

初場所は2日目が録画できていませんでした。しょんぼり。3日目です。

3日目。実況は沢田石さん、解説は正面が境川親方、向正面が不知火親方。

照ノ富士が糖尿病で休場だそうです。そうやったんか。

竜電×朝乃山。朝乃山がいい右差しをみせました。すぐそのまま出て行ってスピード相撲で寄り切り。朝乃山も負けてられないですよね。

石浦×大奄美。石浦変化からまわしをとって、うしろにつきながらこまたをすくって最後は下手投げ。これは流れのある見事な連続攻撃。スピード勝ちでした。

錦木×豊山。豊山が突き押しからのど輪で出て行きます。いい攻め。錦木が土俵際ではたき込みましたが、物言いの末取り直し。取り直しは逆に錦木がのど輪から起こして押し出しました。豊山も取り直しはもう少しがんばらないと。

豪風×阿炎。阿炎が立ち合いから鋭い突き押しで押し込んで最後は突き出しました。ようやく阿炎初日。よくがんばりました。不知火親方もひじが伸びた突き押しだったと評価。インタビューで「疲れた…」といってました。

大栄翔×輝。頭での当たりから輝の突き押しをあてがって、おっつけから一気に起こして押し出し。これはいい相撲。輝のいいところを出させませんでした。

蒼国来×安美錦。アミー立ち合いはたきにいきましたが蒼国来ついていって寄り切り。アミーめずらしく立ち合いにキレがない。

照ノ富士×大翔丸。照ノ富士休場で大翔丸不戦勝。ラッキー。

琴勇輝×千代丸。同タイプ力士対決。突き押し合いになりますが、千代丸の突き押しが重く、押し出しました。琴勇輝もあれで負けてはいけないんですけどねー。

栃煌山×魁聖。栃煌山もろ差し。あおっていってはずおっつけから押し出しました。これはいい相撲。今場所は栃煌山よさそうですね。

松鳳山×千代の国。突き押し合いから松鳳山が起こして突きだし。千代の国は動いていきたいですが正面から受けられました。

宝富士×勢。左四つになりました。これは宝富士もいける。上手をとって寄り切りました。右上手さえとれば。勢ももっといろいろ仕掛けていきたいところでした。

千代翔馬×遠藤。千代翔馬上手をとりにいって上手投げ。ハルマみたいな取り口。遠藤からしたら変化ですかねー。

正代×荒鷲。荒鷲左上手右差しからすくい投げ。攻めが速かった。どうもマサヨは受けにまわってますね。どこか悪いのかな。

隠岐の海×栃ノ心。オッキー兄さん差しはブロックして左四つにしたのですが、栃ノ心がかまわず逆の四つで寄り切りました。ディフェンスはよかったのですがオフェンスが出なかった。しょうがないオッキー!(語尾)

貴景勝×玉鷲。中に入って突いたあとで引いて、また例の微妙な距離が何度かあきました。貴景勝張り手(空振り)からもろ手で押し出し。はなから空振りを意図したフェイントだったか。

御嶽海×阿武咲。阿武咲いい突き押しで御嶽海を起こしますが、土俵際で御嶽海がいなして突き落としました。阿武咲とてもいい相撲でしたが、御嶽海は余裕ありましたね。不知火親方は押されても御嶽海が右下手を脇の下に常に入れていたと指摘。これは技術ですねー。

千代大龍×高安。千代大龍突き押しで出ますが、高安手を引っ張り込むような突き落としで勝ちました。余裕あり。あしらってる感じでした。

豪栄道×琴奨菊。ゴーエードーもろ差しになってすくい投げ。菊の攻めを落ち着いて受け止めていました。今場所は調子いいってのはほんとなんかな。

逸ノ城×稀勢の里。今日はキセさんも動かない相手だからとりやすいかも。と思ったら右四つで完全に胸を合わされました。

白鵬×北勝富士。突き押しから北勝富士が中に入って押し出しました。あれー!?白鵬上手とれずに引いてしまいましたね。

鶴竜×嘉風。鶴竜しっかり前さばきから突き落とし。問題にしませんでしたね。横綱はなんとか1人勝てました。

改めて堅実な金子を見習おう

お正月も遠い昔の出来事になったというのに、まだ年末の風邪を引きずっている富井です。とにかくやる気が出ない。やる気が出ないものだから、隙があればネットばかりしています。昨日もそうやってふらふらしていたら、「大金を稼いだのに破産…米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚」という記事を見つけました。

どうやらこのサイトでもたびたび名前が出ていたテレル・オーウェンスやたまに名前が出ることもあったかな?というヴィンス・ヤングも自己破産だそうです。テレル・オーウェンスなんか、選手生活長かったけどな。素行は悪いけど結構頭は良いと思っていたので意外です。確かに堅実そうなタイプには見えないけれども。

さて、そこで見習いたいのが日本球界ではおそらく一番年俸をもらっている金子千尋(オリックスのエースですよ)。年俸は5億円という話です。マーくんとか何年かで100億円以上とかよく分からない数字が出るのでそんなに多く感じないかもしれませんが、庶民から見るとかなりお金持ち。それにもかかわらず、お小遣いは月に20万円だそうです。

20万円と言えば私から見るとお小遣いじゃなくて月給だろ!と言いたくなる金額ですが、それで若手におごったりしているとしたらかなりキツキツの生活のはず。でも、それこそ数百億円の資産を持っていたはずのNFL選手達でもあっさり自己破産してしまうところを考えると、月20万円でやりくりさせる金子の奥様はかなりのやり手といえます。

金子の奥様と言えば、金子はドラフトにかかる時点で肩が悪く他球団が見送る中、オリックスが指名して、初年度は怪我を治すために費やしたのですが、この奥様はその金子と高校時代からつきあってたとかで「スカウト以上の目利き」とオリックスファンの友達と盛り上がったことがあります。それから15年以上経っても金子をコントロールしているところがとても素晴らしい。いろいろこの夫妻に見習いたいものです。

今年はまず犬野球!オリックが年賀式でわんわんわわんわん

都道府県対抗女子駅伝、愛媛は結構いい戦いしてて、特に1区の宇都宮が区間7位でがんばってたのですが、ノーマークだったのか全然名前あげられなかったです。でも愛媛も近いうちに上位にいけそうな気がしているマイク松ですこんにちは。男子とか高校駅伝とかはいいので、ここだけは勝たせてほしい。宇都宮は特に毎回ここにフォーカスして練習するように。

さて、新年にあたって決意を新たにするのは大事ですよね。種いも球団オリックでも年賀式とやらが開催されました。ナガムラ本部長は、さすが種いもどものリーダーだけあって、新年から不思議なことを言い出しました。

「今年は戌年。闘犬のように、食らいついたら離さない。そのぐらいの執念で行かないと」

種いも球団は今度は犬野球という方針を出してきました。どうしても犬野球といわれるとMAKE-INUというワードが思い浮かびますが、まずあやつらを闘犬にしたとしても、食らいついたら離さないという以前に何も食らいついてないということです。まず食らいつく方法を学ばないといけないのです。

首脳陣は「すべての面で物足りないからBクラス。心技体。同じ状態なら去年と同じ」「勝ちにこだわる執念。理屈じゃない」「全員が同じ気持ちにならないといけない」「ファンの人の期待に応えることが大事」などといろいろいっていますが、いずれもどうやったら勝てるかを考えていないのです。それがわかっていればあやつらも発芽しているのです。MLBでは各球団が勝つための方法をいろいろ考えて実践しているというのに。

その意気込みだけが高ぶって、「2月からのキャンプで私が担当コーチのケツをたたいていく。福良監督だけでなく、選手1人1人が鬼にならないと」といっています。さんすぽにまで「同本部長は闘犬だけでなく、鬼化も要望」などといわれてますよ。マネジメントで大事なのは命令一元化だといいます。鬼なのか犬なのか、あるいはいもなのかどれかにしてもらえると助かります。

まあ鬼よりはなりやすそうなので、今年はまず犬野球にしてみましょう。もともとペットデーなどを実践してドームを犬で埋めようとしていた球団ですからね。他球団におすわりといわれたらおすわり、お手といわれたらお手。従順やん!

犬のテーマの歌ってそんなにないのかもと思っていたら、そういえばクロマニヨンズの歌がありました。すごいロックなんですよね。

ワンゴー (もとねた 歌詞)

*ワンゴー ワンワンゴー ワンゴー ワンワンゴー
ワンゴー ワンワンゴー ワンワン ワワンゴー*

タカのマネしても タカく飛べない
オリはやっぱ犬 すぐにしっぽふる
オリはやっぱ犬 ワンワンワワンワン

*繰り返し*

バットは遠くまで 飛ばせるけど 当たらん
オリはやっぱ犬 自慢の拙攻で
暗いトンネルも ワンワンワワンワン

*繰り返し*

ぜんぜん勝てない チームもあるけど
オリはやっぱ犬 ぜんぜん気にしない
ぜんぜん困らない ワンワンワワンワン

*繰り返し*
*繰り返し*
ワンワン ワワンゴー

大相撲1月場所2018:初日

都道府県対抗女子駅伝みたマイク松ですこんにちは。ほんとにおもしろかったです。各区ともみどころありました。最近の中学生は速いんですねー。来週の男子も楽しみです。

さて、今日から初場所始まります。一連の不祥事とかに対して激しいメディアの血も涙もないバッシングで、さぞかし気が重い相撲ファンもいらっしゃることでしょう。こういうときこそ場所にいったらいいのですが、初場所はまだ不祥事とかの起きる前でチケットが売られてますのでだいたい無理です。なのでせめてダイジェストじゃなく本場所をみることにしました。

初日。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。リポートは東が藤井さん、西が高野さん。

大奄美×朝乃山。右四つ同士で組んで、朝乃山がまず左上手。スピンしながら上手投げで仕留めました。朝乃山いい初日。

竜電×錦木。新入幕の竜電張り切ってまず突っかけていきました。左を差してかいなを返し、おっつけから上手をとって上手投げ。いい流れでした。竜電は苦労して幕内に上がってきたんですね。がんばってほしい。なかなか賢そうなやつだ。

石浦×豊山。石浦いい動きから肩すかし。豊山残しますが左差し手からどんどん動いて、最後は中に入って寄り倒し。いい動きしてました。舞の海さんは豊山の突き押しがうわ突っ張りでさっぱりとのこと。

阿炎×大栄翔。阿炎もついに新入幕ですね。いい四股じゃないですか。突き押し合いになります。両者ともどんどん動いていきますが、大栄翔のはたき込みが決まりました。阿炎は「三賞3つとりたい」といっていましたが、上位との対戦がないから2つにしたそう。でもいい相撲とるし、寺尾の突き押しに近づいてきてる。

豪風×輝。豪風当たって引きますが、ここは輝ついていって押し出し。読んでましたね。
翔天狼、北太樹、双大竜が引退したそう。おつかれさまでした。特に翔天狼はがんばってほしいです。

蒼国来×大翔丸。蒼国来差しに行きますが、大翔丸が絞って許さず、押し出しました。これは考えた相撲。北の富士さんは蒼国来高かったとのこと。

琴勇輝×安美錦。アミー登場に盛り上がります。しかし琴勇輝の突き押しからのはたきで足が流れてしまいました。足が流れてなければ。

照ノ富士×千代丸。照ノ富士東10枚目から。右四つで組み合いました。照ノ富士がじっくりとって下手を引きます。千代丸が先に出て、下手を切って寄り切り。うわー千代丸に四つで寄り切られるとは。

松鳳山×魁聖。松鳳山いい立ち合いで中に入りましたが、魁聖が小手投げで仕留めました。松鳳山がすくい投げにいったのをうまく打ち返した。

栃煌山×千代の国。栃煌山が低い姿勢からおっつけて押し出し。栃煌山らしい相撲でした。北の富士さんから「大関になると思ってたけどねえ」などといわれていますよ。見返そう。

千代翔馬×勢。勢いい形の踏み込みに対して、千代翔馬はたき込み。なんとか体をかわしながらはたき込みました。

キセさんへのインタビューでは濃厚な字幕がついていました。何言ってるかほんとわからないですからね。おもしろい。

宝富士×遠藤。遠藤左差しからたぐって突き押し。低くなったところを宝富士はたきにいきますが、持ちこたえた遠藤が中に入って最後はすくい投げ。前に落ちそうになりましたがよく残しました。土俵際の投げの打ち合いなかなか見応えありました。

隠岐の海×荒鷲。オッキー兄さん稽古は順調で、三役に戻って勝ち越したいとのことです。充実している様子。立ち合い左四つになりましたが、荒鷲の下手投げでごろーんとなってしまいました。

正代×栃ノ心。右四つから左上手をとった栃ノ心。がんがん引きつけて寄り切りました。マサヨもあの立ち合いはよくないわ。北の富士さんになんか考えないとといわれてますよ。考えましょう。

千代大龍×玉鷲。千代大龍確かにいい体してますが、玉鷲を押し込んでおいて九重メソッド。玉鷲ついていって押し出しました。なーんだ体だけだったかー。

御嶽海×琴奨菊。御嶽海立ち合いからもろ差し。しっかり寄り立てて寄り切りました。菊も土俵際粘りましたが、あのもろ差しはさせたらあかんわ。御嶽海調子よさそうですね。

嘉風×高安。高安かちあげも嘉風左を差していきます。よく動いていきますが、高安が小手投げ。悪い体勢になりましたが落ち着いてとりましたね。高安ものんびりしてられへんし。

豪栄道×逸ノ城。北の富士さんは「今場所は期待していいと思うよ」といってました。北の富士さんは舞の海さんが「あんまりほめると伸びない」といってるけどほめるよと忖度していましたが、それなら「北の富士さんが期待すると」というところを自分で忖度してほしい。ゴーエードー立ち合いから左差し。逸ノ城引っ張り込んで長引かせようとしますが、しっかり前に出たゴーエードーが寄り切り。悪くないですね。

鶴竜×北勝富士。ここからの3番は横綱試練の取組。鶴竜久しぶりの本場所での一番でしたが、いい踏み込みで北勝富士を押し込んで、のど輪で起こして引き落とし。問題なく勝ちましたね。

貴景勝×稀勢の里。突き押し合いになりますが、貴景勝の突き押しにキセさんも圧倒されてます。キセさん押し込みますが貴景勝はしっかり回り込む。土俵際でキセさんがいなして逆転しそうになりますが、そのかいなを土俵際で貴景勝がとったり!逆転しました。ちょっと最後が雑だったか。貴景勝はよく動けてます。インタビューでは「覚えてないですけど」を繰り返してました。

白鵬×阿武咲。白鵬立ち合いは受けましたが、阿武咲が右差しで一気に走りました。白鵬なんとか土俵際で突き落としました。かちあげ禁止令?が出てほんとにとりにくそうでしたが、上手を取りに行ったのか。リズムが悪すぎる。

場所中継はやっぱり情報量が多くて助かりますね。もっとおもしろい情報とかみたいわ。

カサイの偉業をたたえる祝賀会開催

お風呂の栓をしないままお湯を入れてしまうマイク松ですこんにちは。しばらくすると知らせてくれるのでいいのですが、ほんとに水を無駄にしたとへこんでしまいます。

さて、もうすぐ冬のオリンピック。いろいろ楽しみな種目があるのですが、スキージャンプはカサイがまた代表に選ばれました。おめでとうございます。

もう45歳のカサイを代表に選ぶとかどうかしてると思っていませんか?カサイは本当の意味でレジェンドらしく、先日カサイの偉業をたたえる祝賀会があったそうです。日本よりも欧州で先にやられたわ。

いっしょに戦ってきたゴルトベルガーやシュリーレンツァウアーも祝福にきてくれたそうで。ありがたい話です。カサイもあと5年10年と続けていくと意気込んでいました。

得意のフライングヒルで普通に5位に入ったりしていて、オリンピックでも旗手を務めることになったそうです。ジャンプ団体はなんとか上位に食い込んでほしい。なんやかんやでカサイが飛べば勝てる。がんばってほしいです。というかそろそろオリンピックでもフライングヒルやっていいんじゃないかな。

NFL2018 NFCワイルドカードプレーオフ CAR@NO

ねほぱほみたマイク松ですこんにちは。というかTOって結構がんばらないとなれないんですね。プロボウルみたいな選考基準なんですよね。人は承認欲求で生きられるもんだなと思います。おかねが尽きるまでは。

今日はNFCワイルドカードプレーオフ、同地区対決のCAR@NOです。

・NFCワイルドカードプレーオフ、CAR@NO、実況は笠井さん、解説は大杜さん
・同じ地区のWCPO、この対戦ははじめてらしいです、どっちもコンディションは同じくらい
・予想通り強烈なディフェンス合戦から始まりましたが、CARが先にリズムをつかみオフェンスを進めます、オルセンがんばれ
・しかしすごい近距離のFGをはずしてしまい、逆にその裏のNOオフェンスで、テッド・ギンに80ydsTDパスが通りました、さすがブリーズ
・そのあとはCARがFGきめるとNOがTD決める感じで少しずつ差がついてきました
・FGも50ydsオーバーのFGを決め合って熱い展開
・4QになってCARがついにオルセンにTDパスを決めて追い上げます
・しかしNOもカマラにTDパスを決めてこれで決まったと思ったら、さらにCARがマキャフリーにTDパスを決めて追いすがります、さすがマキャフリー
・NOは4thダウンギャンブルでとどめをさそうとしますがこれは失敗、CARは逆転TDを狙いますが、最後はディフェンスがニュートンをサックして試合終了、CAR 26-31 NO

・どっちもランが出ずにパスパスの展開になるという驚きの展開
・NOはブリーズがいつも通り23/33,376yds,2TD,1INTも、自慢のRB陣はトータル41yds
・それでもレシーブはトーマスが8rec,131yds、テッド・ギンが4rec,115yds,1TDなどなどがんばりました
・ディフェンスはまずまずだったのですが、反則が増えてしまって終盤もつれる原因になりましたね
・CARはニュートンが24/40,349yds,2TD+8att,37ydsと精一杯やりました
・でもランはトータル107yds,もう少し大事なところで走りたかった
・レシーブはオルセンとマキャフリーが1TDずつ、序盤にけがしたファンチェスがもう少しやれれば
・ディフェンスはランはばっちり止めてパスでやられましたが、もうちょっとでした

・これでワイルドカードプレーオフみましたが、意外な展開ってありました?
・ありましたよね?KCとか!

NFL2018 AFCワイルドカードプレーオフ BUF@JAX

最近夜中まで仕事をする機会が多くて、なかなかフットボールみられません。というかなんでこんなに大変なんだと思うのですが、にっけいに数日に1回徹夜っぽいことをすると免疫力が上がるという研究が紹介されていました。ほんとかなと思うマイク松ですこんにちは。ブラック環境はもちろんだめですが、免疫力が上がるならなんでもやろうと思います。

さて、NFLはワイルドカードプレーオフ。今日はBUF@JAXです。

いやいや書き間違いじゃないですよ。BUF@JAXです。びっくりですよね。何のことかわからない方は、昨年のプロ野球でいえばヤクルトとオリックがCSに出た、くらいの衝撃だと思って下さい。JAXは10年ぶり、BUFは18年ぶりのプレーオフだそうです。

・AFCワイルドカードプレーオフ、BUF@JAX。実況は野地さん、解説は大橋さん
・両方ともディフェンス自慢&ランオフェンス自慢なのですが、BUFはいるかとの最終戦で頼みのマッコイが負傷、万全じゃないそうです
・試合は予想通りかなりしぶーい試合、全然オフェンスが進みません
・ようやくFGを両方とも入れあって、前半は3-3、しぶい
・後半はRBのコンディションの差が出たか、JAXがランで進みます
・しかも大事なところでQBボートルズのランが出て前進、最後にパスを決めてようやくTD
・BUFはなかなかランが出ず、テイラーのランを粘り強くマークして、なかなか走らせませんでした
・最後はダウンしたテイラーの代わりのQBのパスをINTして試合終了、でもやっぱりJAX 10-3 BUFでした

・JAXは久しぶりにプレーオフ勝利、ガラードとかモーリス・ジョーンズ・ドリューがいた頃ですね、一瞬だけ強かった
・次はPIT戦、大丈夫かな

NFL2018 NFCワイルドカードプレーオフ ATL@LAR

都道府県対抗女子駅伝、愛媛は結構いい戦いしてて、特に1区の宇都宮が区間7位でがんばってたのですが、ノーマークだったのか全然名前あげられなかったです。でも愛媛も近いうちに上位にいけそうな気がしているマイク松ですこんにちは。男子とか高校駅伝とかはいいので、ここだけは勝たせてほしい。宇都宮は特に毎回ここにフォーカスして練習するように。

先日は城崎温泉にフォルス・スタート商会慰安旅行にいってきました。すごい雪で短時間ならとても楽しかったです。城崎シーワールドにいってきたのですが、一番よかったのは荒れ狂う日本海でした。もうざっぱんざっぱん波が押し寄せてて、普通に命の危険を感じるほど。日本海ってすごいんだなと思ったマイク松ですこんにちは。

NFLプレーオフ、今日はATL@LARです。

・NFCワイルドカードプレーオフ、ATL@LAR。実況は松野さん、解説は河口さん
・LARは久しぶりのプレーオフ、テンアゲです
・LARはオリンピックメモリアルスタジアムで、聖火を点灯させてます、これは激エモですね
・しかし試合ではLALにあんまりエモいところはありませんでした
・まずスタジアムが芝生を張り替えたためかすごい滑りやすくて、みんなが滑ってドロップしていました
・もともとカレッジでこのスタジアムで試合をしていたATLのコーチは「このスタジアムは滑りやすいのはわかってる」といいながら滑ってました、わかってるだけでしたね
・あとスペシャルチームでパントをファンブルしたりといった細かいミスが多かったです
・ATLはLARの強力なディフェンスもあって前半はいまいち波に乗れなかったのですが、LARのミスに乗じて細かくFGを重ねていきました
・後半ランを起点に得点を重ねていきます、これがきいた
・LARもなんとか追いすがっていくのですが、引き離されてATL 26-13 LARになりました
・久しぶりのプレーオフ楽しかった、LARはもっと強くなりそう
・ATLは普通に力ありました、カンファレンスチャンピオンシップには出そう

NFL2016 AFCワイルドカードプレーオフ TEN@KC

怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー。どっちかでも成り立ちそうなのに組み合わせるとは。クリエイティブだなと思うマイク松ですこんにちは。進化してるんですねー。

さて、ちょっと切羽詰まりすぎたお仕事のおかげで、NFLプレーオフが始まっていたにもかかわらず見られてませんでした。今日からみます。最初はTEN@KCだよ!

あ、毎回確認ですが、僕らはここにレビューするまでは、プレーオフの結果を知りません。ご高配のほどよろしくお願いいたします。あとまだ見てねえよという方はこの先はごらんになってからみてくださいね。

・AFCワイルドカードプレーオフ、TEN@KC。実況は別井さん、解説は輿さん
ほんとにひどい試合でした

・いきなり結論からいってしまいましたが、KCは前半と後半で別のチームになってしまいました。
・ってそれいつもやないかーい!

・前半はハントのランが出て、ヒルとケルシーのレシーブもさえていました、特にケルシーのキャッチがやばい。ほんとによかったです
・前半終わってKC 21-3 TEN、こりゃ楽勝かなと思っていました
・そりゃ思うでしょ!いつも楽勝じゃなくても!
・後半、ケルシーが脳しんとうで下がってからムードは逆転してしまいました、あれ絶対反則とらんとあかんやろ
・TENもパントリターンミスとかありながらも粘り強く戦っていましたが、エンドゾーン前でマリオタのパスをリーヴィスがはじいて、それをマリオタがキャッチしてTDというすごいプレーで流れは完全にTENへ
・KCは攻めを全部封じられた感じで、ドロップしまくるし反則で相手を助けるし、ほんとに珍しいFGミスが出たりしました
・TENは2ptを2回失敗しても1点リード、そしてこのリードを守り切ってTEN勝利

・KCはレギュラーシーズンがシーズンで、地区優勝がハイライトなのです
・また来シーズン会おう!地区優勝おめでとうー!

全日本フィギュアスケート選手権2017(4):男子シングルFS

早速キングスマン・ゴールデンサークルを見てきました。面白かったです。なんか、Twitter見てたらこのサイトを見ている人は映画好きが多いらしいのでこれから映画の事もちょいちょい入れていこうと思います、富井です。
さて、全日本のフィギュアスケートも最後、男子FS。解説はホンダバン、実況は西岡さん。
男子は個人的にファンなので(女子の白岩優奈も同じ理由)山本草太から。

山本草太。「ジキルとハイド」それにしてもこの人、人気ありますね。3Lz+2Tですが流れの良いジャンプ。3Loも成功。3Tはスピードがなかったけど成功。コンビネーションスピンはキャメルポジションはもう一つだったけどシットポジションは回転が速い。ステップシークエンスはSPのようなスピードはないけど無駄のない滑り。2Aも成功。3SもOK。3T+2Tも着実に。2A+1Lo+2Sのあとフライングシットスピンはきれいですね。コレオシークエンスも美しい。2LoもOK。コンビネーションスピンもいいですね。慎重、かつジャンプは女子でも低いレベルの構成でしたがノーミスでかつ流れのあるジャンプで揃えたのは素晴らしい。力を出し切りました。怪我を乗り越えた今後が楽しみですね。208.27

ここから最終グループ。

友野一希。「ウエストサイド・ストーリー」4S+2Tは高さのあるジャンプ。2Sになってしまいましたが続く3A+3Tは成功させました。フライングシットスピンも回転が速い。ステップシークエンスは踊っているような躍動感。3A+2T+2Loも高さがある。3LoもOK。3Sも成功。3Lzはやや詰まった感じ。コンビネーションスピンはOK。コレオシークエンスも躍動感があります。3Fも成功。コンビネーションスピンもOK。最後まで勢いがありました。若さが爆発してます。231.21

村上大介。オペラ「道化師」より。4Sは高さがあります。良いスタート。しかし次が1Sに。もったいない。3A+2Tは幅のあるジャンプ。バレエのような振り付けのステップシークエンス。シットスピンは回転が速くて良いです。3LoもOK。ここのパートがちょっと物足りないな。3Aはバランスを崩してしまいました。3Lz+1Lo+2Sは成功。3Fはすぐに足をタッチしてしまいました。3TはOK。フライングキャメルスピンはきちんとレベルが取れています。コレオシークエンスをはさんでコンビネーションスピンは上から撮影しているのでよくわかりませんでした。何で上から撮るのかな。でも、村上は以前より高級感が増しましたよね。格が上がったというのかな。230.95

佐藤洸彬。「セビリアの理髪師」より。3A+2Tはちょっと流れがありませんでした。4Tは手をついてしまいました。2回目の4Tも転倒。ちょっと焦ってしまっているような。持ち直して欲しい。ステップシークエンスは丁寧。シットスピンも回転が速いしユニーク。3Aは成功。3Sもいいですね。3Lzもバランスを崩してしまいました。コンビネーションスピンは曲に合わせて非常にユニーク。3Loは飛び上がる前にバランスを崩してしまってました。3Fは成功。歌っているようなコレオシークエンス。最後のコンビネーションスピンも曲調をよくとらえてます。ああ、完璧とは言えませんでしたが、良くやりました。214.85

無良崇人。送り出すお父さんが笑顔。つい、お父さんばかり見てしまいます。お父さん、まさかこの子が小塚崇彦より長く選手生活をおくると思いませんでしたよね!ほんと、もうはじまる前から親戚の気分。崇人はがんばりましたよ。
「オペラ座の怪人」4Tは何とか着氷。3Lz+3Tは素晴らしいジャンプ。良く滑っていますね。3Loも成功。ステップシークエンスも上手くはないけど丁寧にがんばっています。シットスピンの回転も速い。3A+2Tも成功。無良らしい高さのある3Aも成功。3F+1Lo+2Sも成功。フライングキャメルスピンはやや止まりそうだったけどOK、OK。3Sも幅のあるジャンプ。3Lzはステップアウトしてしまったけど良くやりました。コレオシークエンスもスピードがある。コンビネーションスピンも丁寧に回っていました。がんばりました、3Lzが残念だったけど、無良の全てを出し尽くしました。これ以上はできないよ・・・。258.41

田中刑事。この後はやりにくい。でも、やるしかない。「フェデリコ・フェリーニ・メドレー」4Sは余裕のあるジャンプ。美しい。4Sは単独でステップアウト。しかし3Aは高さのあるジャンプで立て直しました。足換えのシットスピンも回転がいい。ステップシークエンスも高橋大輔を思い出すなめらかな足裁き。無理なく滑っている。4Tも加点のつく大きなジャンプ。3Aも良いジャンプでしたがバランスを崩して単独に。3F+3Tもステップアウト。フライングキャメルスピンもOK。3Loは良いジャンプ。3Lzも成功。コレオシークエンスもユニーク。最後のコンビネーションスピンは音楽にあった素晴らしいスピン。うーん、迷うな。完成度の無良か、難度の高い田中か。全体的な滑りは田中刑事に分があるんだけど、無良の情熱的な滑りはオリンピック出場に値すると思う。267.15。あー、やはり田中ですよね。

宇野昌磨。「トゥーランドット」素晴らしいスピードですね。4Loも難なく成功。イーグルからの3Aの飛距離のすごさよ。弾丸みたい。3Loも素晴らしい。フライングキャメルスピンも回転が速い。コンビネーションスピンも一つ一つのポジションが美しい。うっとりとしてしまうスピードを自在に操るステップシークエンス。4Fは転倒ですが美しいアリアに全く負けないこの滑りはどうでしょう。4Tもコントロールされています。2A+2Tですが、滑りに戻るとすぐに美しさが戻ってきます。3A+1Lo+1Fのあと、3S+3Tは成功。クリムキンイーグルの後加点がいくらあっても足りないと思えるコンビネーションスピン。うーん、すごい。ミスはたくさんありましたが、あの無良と田中のバトルもありましたけど、やっぱり優勝者はこの人だと思えるジャンプだけでない素晴らしい滑り。すごい。すごいという言葉じゃ足りないぐらいすごい。283.30

○最終順位(将棋にちなんで)
1.うの王将
2.けいじ飛車
3.むら角
4.ともの銀
5.むらかみ金
6.すもと香車

1位の宇野は別格ですね。もう2A+4Tに挑戦とか別次元の戦いをしていました。その上、日本には羽生結弦がいるのです。忘れるわけ無いんだけど忘れてた。羽生が絶好調ならヤグディン、プルシェンコみたいな感じになる・・・と思いきや、あの時代と違ってライバルはいっぱいいるんですが。まあ、それはさておき。

2位の田中と3位無良もすごかった。2人ともよくやりました。もう7人だけだけど見てて疲れました。4位、友野、5位村上、6位須本もお疲れ。もうお腹いっぱい。女子の激戦もすごかったけど男子はなんか、より疲れました。知ってたのにこれだけ疲れるなんて。男子もレベルが高いなあ。無良も村上もあと4年やれそう。やってください。

全日本フィギュアスケート選手権2017(3):女子シングルFS

年末年始に録り溜めた番組を適当に見ているので、一体今がいつなのか分からなくなる富井です。フィギュアスケート的にはまだクリスマスでもない。でもすっかり結果を知ってても面白い。
解説は荒川さん、実況は中村さん。もうすっかり終わっているので最終グループ+白岩、三原から。

白岩優奈。「展覧会の絵」スピードがあります。3Lz+3Tは成功。イーグルからの2Aも流れがあります。フライングシットスピンのポジションも美しい。ステップシークエンスも伸びのあるスケーティング。3Lz+3T再び。3Sも成功。足換えのコンビネーションスピンもポジションがきれい。コレオシークエンスのイーグルも良い。3FもOK。2A+1Lo+2Sは着氷した後で転倒。もったいなかった。レイバックスピンももう一つ。最後の3Loは成功。ジャンプミスがありましたが、3Lz+3Tが2回入るのはすごいですね。191.69

三原舞依。映画「ミッション」より。3Lz+3Tは流れのある美しいジャンプ。コレオシークエンスの滑りがやっぱり上手い。2Aも成功。コンビネーションスピンは回転が速い。フライングシットスピンもすぐにポジションが取れます。3Fも予備動作無くすぐに跳んでいます。2A+3Tも美しい。3Loも高さがある。3Lz+3T+2Loも素晴らしい。最後の3Sも両手を上げて。ステップシークエンスもエッジワークが素晴らしい。フライングコンビネーションスピンも回転が速い。流れの途切れない美しいプログラム。三原舞依らしいフリーでした。ああ、SPもこれができていれば。でもやれることはやりきった。204.67

ここから最終グループ。すごいことになってる。

樋口新葉。映画「007 スカイフォール」より。2Aは幅のあるジャンプ。3Lz+3Tも高い。足換えのコンビネーションスピンも速い。低い姿勢のイーグルがかっこいいコレオシークエンス。2Sと3Sになりませんでした。でも流れは良いままです。3Lz+3Tは見事に決めました。さすが。3Loはややバランスを崩したかな。2A+2T+2LoもOK。3Fも流れのある大きなジャンプ。フライングキャメルスピンもOK。ステップシークエンスも曲に良く合っています。この人、こんなに上手だったかな。レイバックスピンも回転が速い。すばらしい。でも、2Sになってしまったのがもったいなかった。でも、それから崩れずステップは今までより良くなっていたのがすごい。206.96

紀平梨花。映画「道」より。3A+3Tは見事。アクセルに幅がありますね。続く3Aもしっかり着氷。やりますね。片手を上げた3Fも加点のつくジャンプ。フライングシットスピンもOK。コンビネーションスピンもOK。3Lo+2Tも成功。3Loはステップアウト。コレオシークエンスもスピードのあるスパイラル。3Lz+2T+2Loも成功。3Sも流れのあるジャンプ。ステップシークエンスは若々しい。レイバックスピードはスピードを増していく美しさ。208.03

本田真凜。紀平と本田って似ていますよね。「トゥーランドット」3Lzは大きなジャンプ。3Fも成功。足換えのコンビネーションスピンも形がきれい。ステップシークエンスはステップが細かい。フライングシットスピンも美しい。2A+3Tも流れのある美しいジャンプ。2Lz+2T+2Loは最初が残念。3Sは成功。スパイラルが美しいコレオシークエンス。2A+3Tも流れがあります。しかし、最後が2Loと残念。レイバックスピンは美しいですね。やっぱりこの人は華がありますね。ジャンプミスが2回は痛かったけどでもプログラムは良くなっていました。193.37

宮原知子。「蝶々夫人」3Loは成功。スピードがあります。3Lz+3Tもそのスピードを殺さずに跳べました。3Fも成功。フライングキャメルスピンは終わるところがかっこいい。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスは複雑。3Lz+2T+2Loは幅があります。2A+3Tはセカンドジャンプが高い。3Sもきっちり回っています。スパイラルが美しい。2Aも見事。レイバックスピンも回転が速い。素晴らしい。スピードがよどむところが全くありませんでした。濱田先生が泣いているのもすごい。あの先生が!でも努力をプログラムの隅々から感じました。220.39。ああ、もうこの瞬間で宮原は代表決定ですね。ま、本当はまだだけど、この点を抜いても宮原を外せない。

本郷理華。「フリーダ」素晴らしいスピードからの3F+3Tは大きい。3Sも片手を上げた美しいジャンプ。慎重に跳んだ3Lzで転倒。しかしすぐにステップシークエンス。ダイナミックさが良く出ています。フライングキャメルスピンも見事。2A+3T+2Tも高い。3Loも手をついてしまいます。3F+2Tは良いジャンプ。フライングコンビネーションスピンも美しい。コレオシークエンスも音楽に良く合っています。2AもOK。コンビネーションスピンも複雑な形。ああ、良いプログラムだったんだけどな。ジャンプミスが痛かった。197.62

坂本花織。「アメリ」力強いスケーティング。高さのある3F+3T。3Sも急に跳べるのがすごい。ステップシークエンスは体力あるなあという感じ。フライングシットスピンも回転が速い。3Lzは高い。3F+2Tも幅があります。足換えのコンビネーションスピンも良い回転。2A+3T+2Tも成功。コレオシークエンスの後すぐに3Loも成功。2AもOK。コンビネーションスピンも回転が速い。すごい。ノーミスか。心臓が強いな。コーチが本人以上に嬉しそう。213.51。

○最終順位(会場の調布市にちなんで)
1.宮原・都立神代植物公園
2.坂本・深大寺
3.紀平・近藤勇生家跡
4.樋口・武者小路実篤記念館
5.三原・天然理心流道場 撥雲館
6.本郷・味の素スタジアム

1位は宮原知子。完璧でした。やはり他の選手に比べるとジャンプは小さいですが、スピードに乗って跳べば回転不足も大丈夫ですね。いや、すごかった。そして2位の坂本は心臓の強さを感じました。SP1位のFS最終滑走でこれだけの演技ができる人はなかなかいないんじゃないでしょうか。見事、掴みました。

3位の紀平は3A跳ぶわ、かわいいわ、何かすごいスターが現れちゃったなと思います。後は成長とどう付き合うかですね。意外にフジテレビが騒いでないのが吉兆。上の世代の厚みがあるからよかった。生まれが2年早かったら危険だった・・・。
4位の樋口は最高だったんだけどな、ジャンプミスが残念だった。5位の三原も良かったんだけどな・・・4、5、6位の3人は昨年の世界選手権で3枠取ってこられなかったのが直で影響してしまった感じです。その点も1回しかないチャンスを掴んだ坂本が評価されるところでもあるんでしょう。オリンピックのチャンスは本当に少ない。とはいえ、6位の本郷も含めみんな立派でした。オリンピックだけが人生じゃない。

これから平昌オリンピックですが、4年後の北京オリンピックがはやくも心配になるぐらい。年齢的に全員残ってる。そこがすごい。

False Start ディスコグラフィー 2017

Mike:ハーイ!ハッピーニューイヤー!オレたちは替え歌ユニット「勇み足」さ!僕は替え歌担当のMike!
Tommy:おやつ担当のTommyだよ!
Mike:僕たちの出番はだいたい新年と4月1日だから、早速出番だなと思って海外から戻ってきてみると、いきなりアジアブランチが野戦病院みたいになっててびっくりしたよ!
Tommy:しかもご飯が出てこないタイプの病院だったよ!
Mike:どうもクリスマスプレゼントにウイルスをもらったみたいだね!純粋に悪いことしかないプレゼントってなかなかない。めったにいないブラックサンタだったのかな。
Tommy:ブラック企業だけにね!
Mike:それはともかく、毎年恒例のディスコグラフィーだね。僕らの1年間の成果をアルバムにする日なんだけど…今年はこんなのです!

False Start ディスコグラフィー
アルバム#13 “Itadakenai e.p.”


Mike:少ない!ベリー少ないね!
Tommy:ブラックベリーでもあればよかったのにね!
Mike:昨年はほんとに忙しくて、今までほんとに時間が同じ24時間だったのかなと思うほどだよ。今年はちゃんと時間とりたいね!
Tommy:糖分もとりたいね!
Mike:あと年始にあたって野戦病院が片付くまで以前の作品を見返してたんだけど、そろそろベストアルバムができそうだねって話してたんだ!まあ売れるわけじゃないけどね!
Tommy:お気に入りを集めるってだけだよね!チロルみたいに!
Mike:なにはともあれ、今年もクリエイションがんばるよ。そういえばEcho Dot買ったんだけど、「90年代のJ-POPヒット曲をかけて」みたいに頼むと、意外な曲が流れてきておもしろいんだ。替え歌はかどりそうだね!早速1つ作ってみたよ!この曲は90年代関係ないけどね!
Tommy:関係ないけどタニタ食堂のおせんべい甘辛味が好きだよ!
Mike:ということでまた今年はあいたいね!それじゃまた、チャオ!
Tommy:ごちそうさまでしたー!

戦えミッキー兄さん (もとねた 歌詞)

渦巻く焼き肉 (屋ー) 肉の煙
ウッパッピーで切り裂いて
やってきたのは ミッキー兄さん ミッキー兄さん
カルビ一丁!塩タン一丁!
焼き肉店から ミッキー兄さん レッツゴー!
輝く霜降り 平和の肉質
戦え!われらのミッキー兄さん ミッキー兄さん ミッキー兄さん

轟く焼き肉 (屋ー) 客の声
左おっつけで受け止めて
とんできたのは ミッキー兄さん ミッキー兄さん
ロース一丁!ハラミ一丁!
焼き肉店から ミッキー兄さん レッツゴー!
まわるロースター 自由の換気
戦え!われらのミッキー兄さん ミッキー兄さん ミッキー兄さん

広がる焼き肉 (屋ー) 飲み物オーダー
高速突き押しで片付ける
焼き肉店主は ミッキー兄さん ミッキー兄さん
上ミノ一丁! テールスープ一丁!
焼き肉店から ミッキー兄さん レッツゴー!
焼き肉店組合 同業仲間
戦え!われらのミッキー兄さん ミッキー兄さん ミッキー兄さん

(ミッキー兄さんはおいしい焼き肉を追求する摂理な運命の店主である)<ナレーション

全日本フィギュアスケート選手権2017(2):男子シングルSP

クリスマスが終わった当たりで風邪をひき、気づいたら新しい年がはじまっていました。富井です。あけましておめでとうございます。フィギュアスケートは結構がんばったんですけど、全日本が完全に遅れてしまいました。あーあ。
解説はホンダバン、実況は西岡さん、ナビゲーターが高橋大輔さん。
もう旬を過ぎたのも良いところなので第4グループから。

山本草太。17歳。「アンセム」良い滑りしてますね。3T+3Tは慎重に着氷。2Aではありますが、流れのあるジャンプ。フライングキャメルスピンはポジションがきれい。3Loも成功。足換えのシットスピンは回転が速い。ステップシークエンスは身体を大きく使ったちょとパトリック・チャンを思わせる素晴らしいステップ。コンビネーションスピンも美しい。ジャンプのレベルは低いですが、さすがの美しさでした。72.88

村上大介。26歳。レ・ミゼラブル「彼を返して」4Sは高さのあるジャンプ。3Aも高い。キャメルスピンも素晴らしい。3Lz+2Loはクリーンですが、3-3にしないとオリンピック代表は難しいんじゃないかな。足換えのシットスピンのあとステップシークエンス。もう少しスピードがあればな。コンビネーションスピンもOK。80.99。やはりもう一つ点が伸びません。

日野龍樹。22歳。映画「恋に溺れて」3Lzはステップアウトしてしまいました。3Aも軸が傾いてしまって転倒。キャメルスピンも最後がちょっとバランスを崩してしまう形に。ステップシークエンスはダンスを踊っているような面白いステップ。曲に良くあっています。3Lo+3Tは成功。コンビネーションスピンは回転が速くて素晴らしい。シットスピンも回転が速くて良いですね。終わった後にショックを受けたような表情が印象的。最初のジャンプの失敗が響いてしまいました。68.22

中村優。21歳。「エレナ・リグビー」振り付けがジェフェリー・バトルだそうです。3Aの予定が1Aに。フライングシットスピンは回転が速くて良いです。足換えのキャメルスピンもOK。3Lz+3Tは成功。3Loは成功。ステップシークエンスもなかなか。コンビネーションスピンはポジションの変化がいいですね。65.75

田中刑事。23歳。「Memories」4Sは空中の姿勢がやや乱れましたが成功。すごい力業。3F+3Tも成功。フライングキャメルスピンもOK。シットスピンはまずまず。3Aは流れのあるジャンプ。ステップシークエンスもキレがあります。コンビネーションスピンの回転も速い。ノーミスでした。持てる力を発揮しました。91.34

無良崇人。26歳。お父さんが笑顔。「ファルーカ」4Tは何とか成功。3Aは高さのあるジャンプ。横から見たかった。フライングキャメルスピンはまずまず。足換えのシットスピンもレベルは取れてた。3Lz+3Tもやや着氷が乱れましたが成功。ステップシークエンスはよく身体が動いています。コンビネーションスピンは最後がちょっとトラベリングしてしまったけどよかった。85.53

友野一希。19歳。「ツィゴイネルワイゼン」4Sは着氷が乱れました。3F+3TはOK。足換えのシットスピンはOK。ステップシークエンスは音をよくとらえています。フライングキャメルスピンもOK。3Aは高さのあるジャンプ。コンビネーションスピンは回転も速くて素晴らしい。78.16

鈴木潤。23歳。「月の光」3Aは着氷の後のイーグルがかっこいい。3F+3TもOK。フライングキャメルスピンもいいですね。ステップシークエンスも工夫があります。ツイズルが上手。2Lzになってしまい、その後のシットスピンもちょっとトラベリングしてしまいました。コンビネーションスピンはポジションの変化が早いですね。66.83

佐藤洸彬。22歳。シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」より。3Aは高さのあるジャンプ。4Tは着氷がやや乱れましたがこらえました。フライングキャメルスピンもOK。ステップシークエンスが独創的。上半身も良いけどエッジワークが良いですね。3Lz+2Tも成功。足換えのシットスピンもおもしろい。コンビネーションスピンのポジションもユニーク。3-2になっているのがちょっと残念だったな。77.98

宇野昌磨。20歳。ヴィヴァルディ「四季より冬」4Fは成功。回転の速いフライングキャメルスピン。ステップシークエンスもスピードといい、エッジワークといい、格段にレベルが上がっています。4T+1Tはバランスを崩しながら良くセカンドジャンプをつけました。3AはOK。足換えのシットスピンも素晴らしい。コンビネーションスピンもポジションの変更がなめらか。コンビネーションジャンプは1Tではカウントされなかったようですがそれ以外はすごかったですね。96.83

本田太一。19歳。真凜の兄。「マンボ」振り付けはキャシー・リード。3Aは何とか成功。フライングキャメルスピンはまずまず。足換えのシットスピンもまずまず。3Lzはなんとか着氷。3T+3Tは間にオーバーターンが入りました。ステップシークエンスはおもしろポーズも入れながらがんばります。うすうす気づいていましたがこの曲難しい。コンビネーションスピンは上から撮っていたのでよくわかりませんでした。59.75

中野耀司。20歳。映画「フットルース」より。3Aは転倒。3T+3Tは間が空きましたが何とかコンビネーションに。キャメルスピンは普通かな。3Lzは持ちこたえました。足換えのコンビネーションスピンはなかなか。ステップシークエンスもOK。コンビネーションスピンはOK。なぜこんな若者がフットルースなのか中年は悩むところです。実況の人が映画のストーリーを説明しているのにも泣けます。みんな知りませんよね・・・。56.56

○SPを終えての順位(将棋にちなんで)
1.うの王将
2.けいじ飛車
3.むら角
4.むらかみ金
5.ともの銀
6.さとう桂馬

1位は宇野。別格でした。少々ミスがあって良かったぐらいです。ノーミスだと100点超えてました。2位の田中はノーミス。グランプリシリーズの勢いのまま伸び盛りですね。3位の無良も迫力があったのですが、少々ミスがあったのが残念。実力的にはそんなに田中と差があるとは思えないのですが。

4位の村上は残念でした。セカンドの2Loが戦略としてどうだったのかな。あとは素晴らしかっただけに。5位友野も惜しかった。4Sがちゃんと着氷していたら80点はでてたんですけど。6位の佐藤もコンビネーションジャンプのセカンドが2Tだったのが残念。きちんと3Tが入っていれば3位も有りだったのかもと思います。個人的には佐藤のプログラムが一番心に残りました。

AbemaTVが大相撲取組を無料中継

なかなか富井の咳が止まらないのですが、フライングで来週フォルス・スタート商会の保養旅行を企画したマイク松ですこんにちは。そこまでにかぜをなおしつつお仕事を片付けたいです。

さて、先日ミッキー兄さんと朝青龍の大一番を企画したAbemaTVですが、さらに大相撲にしっかりコミットしてきました。

AbemaTVで大相撲配信、序ノ口から結びの一番まで

いやーいちおうトゥイホーされたミッキー兄さんと引退勧告前に引退したドルジの対戦を企画したわけですから、協会と関係がよくないんじゃないかなと思っていたら、こういうプランがあったわけですね。安心安心。もともとテレアサもかんでますしね。

ということで大相撲の中継をすることになったそうです。白鵬やキセさん、鶴竜もコメントを出してくれているようで。角界もしっかりコミットしているようです。さらに「これまでの大相撲中継とは異なる“老若男女、誰もが自由に楽しめる”大相撲を目指し、斬新かつダイナミックな映像で取組の様子をお届けするほか、オリジナルの力士紹介VTRや若い世代のタレント及び女性解説者の起用」を考えているようです。

大事な取り組みですし、これはNHKの方にも参考になるかも。コンサバティブな中継は変わらないにしても、新しい中継の方法は考えてもらっていいですよね。

MLBではスタットキャストの導入でデータ革命が起きているわけですが、同様の取り組みはすぐ大相撲でも導入できますよね。なにしろスタジアムは同時に1つしかやってないわけですし、国技館に導入すれば年3場所はすぐ可能です。そうなると大相撲のデータ革命もすぐ起きそう。たとえば立ち合いの角度と圧力の組み合わせを割り出すとか、反応速度の割り出しとか。突き押しや張り手のパワーとかを割り出さればもっとエキサイティングな解説もできそうです。

あと将棋の世界ではどちらが優勢かをすぐに数値化でき、1手ごとにその数値が変わったりするんですよね。あれが導入できれば。長い相撲になったときに数値が出せれば、どっちがのんびりしていられないとかが指摘できたり。AbemaTVはこういうデータ化には長じてそうなのでたのしみです。

オリジナルの力士紹介VTRでは個性が打ち出せて、イケメン魔術師とかの異名が与えられたりするかもしれません。個人的にはどっち四つかと得意戦法、けが情報をいつもみられるようにしてくれると助かりますね。タレントと解説者にはNHKの方がネットワークもってるかもしれませんが、スー女とかの起用はあるかもしれません。

そこでAbemaTVに提案できる、フォルス・スタート商会のオリジナルコンテンツを2つご披露しておきますね。

1. 変化注意報!
 仕切っている間に、マイク松が「こいつ変化しそう!」と思ったときにボタンを押すことで、それをお知らせできます。兆候の把握はなんとなくですが、変化の常習犯には結構当てることができますよ。

2. 神の摂理予報
 朝青龍との大一番を経て、すでにプロビデンスと1つになったミッキー兄さん。焼き肉屋さんを経営しているのはすでに霊体です。これからは直接場所の行方に影響を与えることになるでしょう。特に注目したいのはキセさんとオッキー兄さんの暗黒卿候補の2人。プロビデンスの力に通じる2人の取組は、当サイトなら独自の解釈が可能です。特にキセさんの顔色だけで3分程度盛り上がったり、オッキー兄さんの取組だけ盛り上げたりすることができるでしょう。2年後にはプロビデンス専門チャンネルの立ち上げも視野に入ります。

なにはともあれおかねが入りそうな今回の契約。大相撲を盛り上げるためにがんばってください!

新春お好み野球

ハコネエキデンみたマイク松ですこんにちは。にってれは首筋の汗でコンディションを判断しているのと、用意してきた原稿を全部読み合うのは相変わらずでしたが、CMをとばしとばしみてたらテンポよくみられました。

さて、お正月の楽しみといえば例年ならライスボウルですが、今年の場合は新春お好み将棋囲碁ですよね。小学生と女流棋士のペア対局とか独自のルールがあって楽しいですが、普段と違う棋士のみなさんの素顔がみられて楽しい。そして実力差を埋めるためにナイスなイベントがあるのが特徴です。

  • 一度だけプロのアドバイスが受けられる
  • 一度だけ手を戻してアドバイスがもらえる
  • ルーレットで当たると手番が逆になる
  • おみくじで好きな駒が1つもらえる
  • おみくじで2手指せる
  • おみくじで何も起こらない
  • AIのアドバイスがもらえる
  • 目隠しで打ってて、30秒だけ盤面をみられる

さすがに公式戦では無理っぽいですが、オープン戦やファン感謝デーとかで、こういう野球の試合とかやってみるといいかなと思いました。種いも球団オリックと高校野球の試合を考えてみましょう。普通にやっても高校野球勝てるかもとかいわないであげてくださいね。

  • 1アウトだけプロのピッチャーに投げてもらえる(ユーセイとか)
  • 1アウトだけプロのバッターに打ってもらえる(ヤナギタとか)
  • 好きな選手を1人ずつ交換できる(カネコチヒロと富井副部長とか)
  • 1度だけアウトをなかったことにしてコーチのアドバイスがもらえる
  • 金属バット打席がもらえる
  • ボールがゴムボールとかにかえられる
  • 1回だけ4アウトまで攻撃できる
  • ルーレットで当たると得点差が逆になる
  • 配球か待ち球についてAIのアドバイスがもらえる
  • バッターに目隠しをできる(ボールも軟球に変わる)

ルーレットはもっとエキサイティングなルールにできるかもしれないですね。選手のメンタルが全部ネガティブになるとか。

スモー・ウォーズ エピソード87:ミツキの帰還

引き続き養生しています。マイク松ですこんにちは。ひょっとしておせち料理って何も用意してなくてもごはんがたべられるから、病人にもいいのではと思いました。でも年末からかぜなので作れなかったですけどね★(黒星)

さて、AbemaTVの企画、ドルジを押し出したらおかねがもらえる企画ですが、最後の挑戦者は最初の暗黒卿、ザ・プロビデンスことミッキー兄さんでした。結果はドルジが寄り倒しで勝ったようですね。ミッキー兄さんにあんな晴れの舞台を用意してくれて、AbemaTVありがとうございました。

動画が勝負の前まであったのでみてみましたが、ミッキー兄さんは165kgくらいあって、かなり大きさがあるなという感じでした。それよりも長年土俵を離れてそのプロビデンスにも焼き肉の煙を加えてきたようで、見る者を圧倒するほどでした。対するドルジも鍛えてきたようですが、体の充実はミッキー兄さんとみました。

しかしここでミッキー兄さんが勝ったとしても1000万円を得るだけです。そんな番組の企画に反するような空気のよまなさは発揮しないのです。ミッキー兄さんがどれだけハチナナを続けてきたと思っているのですか。今のプロビデンスの力を用いればドルジといえど手を触れずに倒してしまう。フォース・グリップと同じ原理のプロビデンス張り手ですね。しかしテレビ的にも問題だし、おかねのためにドルジを倒すのはそれこそ暗黒面に近づいてしまう。一度トゥイホーされたミッキー兄さんはそれをよくわかっているのです。

ミッキー兄さんは寄り倒されましたが、それによってライトサイドに帰還したのです。スモー・ウォーズ:ミツキの帰還です。シディアス卿もベイダー卿も、並み居るジェダイ・マスターも、フォースと1つになることが大事なのです。ミッキー兄さんも「これで気持ちよく引退できました」といっていたそうですが、あのときはすでに霊体となり、プロビデンスと1つになっていたのです。

ともかく年末におつかれさまでした。プロビデンスと1つになったミッキー兄さんはもはや角界かどうかではなく、角界の一部になりました。なーんだ。よかったよかった。

False Start お年玉小喜利 2018

新年あけましておめでとうございます。2018年もFalse Startをよろしくお願いいたします。2018年がこのサイトをごらんのみなさまにとって、またスポーツ界にとって、よい1年になりますように。

新年第1回の記事は、毎年恒例の「False Start お年玉大喜利」のはずでしたが、フォルス・スタート商会極東事務所のかぜ蔓延により、ミニサイズになります。なのでお年玉小喜利ですね。

富井:あけましておめでとうございます…。
松:あけましておめでとうございます…。どうですか今日は…?
富井:関西だとその質問は「今日のハンシン勝てそうですか」という意味になるが、ここでは体調はどうかということだよな?
松:そうです…僕はまだまだです…。
富井:オレもだよ…ニューイヤー駅伝みてたけどしんどくて。あいつらなんであんなに元気なんだよ。
松:ランナーは元気うんぬんじゃなくあんなに走れる人たちなんですよ。ところで一応お聞きしますが、今年の目標どうしますか?
富井:健康に決まってんだろ!元気とか贅沢いわんよ。健康であればおっけーだよ。
松:そうなりますよね。このあともし少し体力できれば近くの神社に行こうと思いますけど、初詣で何お願いします?
富井:健康に決(略)
松:そうな(略)こんな感じの新年ですけど、首領はこれでいいっていってるんですか?(註:フォルス・スタート商会の本社は世界のどこかにあるらしいが、首領から壁のランプ越しに時々指示がくる、アバウト参照)
富井:もちろんだよ。首領は国民が忖度を繰り返した結果何が起こるかによって価格が上下する忖度ビットコインのマイニングをやってるらしいんだよ。オレたちの体調を忖度することで大もうけできるんだってよ。さすが首領!フィンテックを駆使したブロックチェーン構築で金融市場の未来を先取りやー!
松:今年はずいぶん遠いところにいった感のある首領…でもしんどくてつっこめない…。

ということで今年もよろしくお願いいたします。ということで今年のお年玉小喜利です。まず小喜利なので問題数が少ないのと、われわれのおこたえは体力が回復したらということになります。よろしくお願いいたします。

・2018年飛躍を期待している人はだれですか?
・2018年ネタを提供してくれそうな人はだれですか?
・2017年一番エキサイトしたスポーツシーンを教えてください。
・2017年一番がっかりしたスポーツシーンを教えてください。
・2017年、選手の話で一番心に残った言葉は何ですか?
・書き初めを贈りましょう。誰になんて書きますか?
・2018年楽しみな対戦・対決・マッチアップは何ですか?
・10文字作文。テーマは「忖度」。

・2018年、オータニはどのくらい活躍すると思いますか?
・ずばり、今年2月のスーパーボウルを制覇するチームはどこですか?
・2月のオリンピックのフィギュアスケート、それぞれ誰が制しますかね?
・2018年、大関か横綱に昇進しそうなのは?
・2018年、活躍を期待しているプロ野球選手は誰ですか。

***

たくさんのお年玉、お待ちしています!われわれの答えはこの下にあります。

False Start お年玉小喜利 2018 富井と松解答編